X



トップページ創作発表
1002コメント1148KB
連続ドラマ小説「ニホンちゃん」66クール目
レス数が1000を超えています。これ以上書き込みはできません。
0001創る名無しに見る名無し
垢版 |
2023/01/19(木) 22:51:28.02ID:g9Oqawup
本ドラマは全くのフィクションであり、実在の国家・指導者とは何の関係もありません。
前スレ:連続ドラマ小説「ニホンちゃん」65クール目
https://mao.5ch.net/test/read.cgi/mitemite/1641561360/
<丶`∀´>このスレのまとめページニダ
 目次+ログ 現在紛失中。
 1〜1095話 http://web.archive.org/web/20080604192332/http://funshei.at.infoseek.co.jp/index.html
 1072話〜  http://nihonchan.himegimi.jp/index.html
連続ドラマ小説「二ホンちゃん」補完・議論用スレ9
http://echo.2ch.net/test/read.cgi/bun/1436312372/
0002創る名無しに見る名無し
垢版 |
2023/01/19(木) 22:52:19.27ID:g9Oqawup
◇主な登場人物◇ (一部抜粋、順不同)
二ホンちゃん‥‥‥‥本編の主人公。可憐で弱気な美少女。
カンコ君‥‥‥‥‥‥二ホンちゃんになにかとちょっかいを出すが自滅する事多し。強きに従い弱きをいたぶる。
アメリー君‥‥‥‥‥クラスの番長。一番大好きの陽気な暴れん坊。
エリザベスちゃん‥‥権謀術数に長けたお嬢様。ちょっと嗜虐的なところがある。
ゲルマッハ君‥‥‥‥金髪碧眼の知性派。マイスター並みの器用な手をもつ。
アーリアちゃん‥‥‥ゲルマッハ君の双子の妹。暗殺者として養成された暗い過去を持つ。二ホンちゃんが大好き。
フランソワーズちゃん‥ワガママいっぱいのクラスの女王様。エリザベスちゃんとの仲は宿敵と書いて友と読む。
マカロニーノ君‥‥‥美女と美食をこよなく愛するプレイボーイ。
ロシアノビッチ君‥‥良家の御曹司のはずが、家が破産して今は貧乏暮らし。小学生なのに呑んだくれる日々。
チューゴ君‥‥‥‥‥クールで不気味な策士。クラスの不良的存在。
タイワンちゃん‥‥‥二ホンちゃんの親友。元気印の拳法娘。チューゴ君に絡まれて困っている。
ベトナちゃん‥‥‥‥昔アメリー君とけんかしたときの後遺症なのかどこか影のある少女。
トル子ちゃん‥‥‥‥菓子処『おすまん堂』の看板娘。二ホンちゃんの親友だけど時々・・・・。
フラメンコ先生‥‥‥五年地球組の担任。情熱的指導で子供たちを導く。
ウヨ君‥‥‥‥‥‥‥二ホンちゃんの弟。姉を心配しつつ見守っている。三年地球組。
ラスカちゃん‥‥‥‥アメリー君の義理の妹。幼さを色濃く残す無垢な少女。三年地球組。
ハプスブルク先生……三年地球組の担任。没落した旧家のお嬢様で、保母さんタイプ。

こちらに詳しい人物紹介等があるニダ。
http://members.at.infoseek.co.jp/nihonchanjiten/jinbutsu.html
二ホンちゃんwiki(人物編)
http://nihonchan.jp/cgi-bin/pyukiwiki/index.cgi?%bf%cd%ca%aa%be%d2%b2%f0
0003創る名無しに見る名無し
垢版 |
2023/01/19(木) 22:53:22.23ID:g9Oqawup
◇ろーかるるーる◇
●スレの進行はsage進行でよろしくお願いします。ただし下がりすぎはageもよし。
●連投は控えましょう。即席小説では読者も面白くありません。
●雑談もOK。でもほどほどにね。
●面白かったら感想をつけてあげると、作者達が泣いて喜びます。
●作者個人への批評はやめましょう。人格攻撃とみなされる書き込みも慎みましょう。
●根拠のない認定や罵倒は荒らし行為だと認識しましょう。
●新人や古参というのはありません。皆同じ住人です。
●作者は作品を離れれば同じ住人です。読者にもなります。どちらが偉いというのもありません。
●新参叩きや批評と称して、他の住人を排除しない。
●二ホンちゃんは皆のものです。誰がえらい、というのはありません。
●議論の結論は時間をおきましょう。いきなり、では納得しない人もいます。議論を経ていない、または迅速なスレ立ては認められない場合もあります。
●今あるサイトのリンクの拒否や新規リンクの申請、作品ナンバリング辞退は自己申告です。
●自分の気に入らない書き込みを無闇に認定する事は止めましょう。論理的かつ理性的な反論を。

★荒し、粘着、気に入らない書き込みや作品、特定個人に対して。
専用ブラウザの使用をお勧めします。ギコナビ、ホットゾヌ等お好きな物をお使い下さい。それで
見えなくなります。自分が気に入らない書き込みが他人もそうだとは決して思わない事です。人と
あなたは違う人格だと認めるのも大人です。スレはあなただけのものではありません。
0004創る名無しに見る名無し
垢版 |
2023/01/19(木) 22:54:34.35ID:g9Oqawup
●ニホンちゃんの利用
・ニホンちゃんの著作権は全て2ちゃんねると掲示板運営者に帰属します。
・ニホンちゃんのキャラクター・世界観・及び作品を利用した2次的創作活動は原則自由です。
 ただし、スレ内での告知・宣伝活動は一切禁止とします。
・投稿されたSS作品などの商業利用は、2ちゃんねると掲示板運営者の了承を得てください。
 尚、著作者への無断使用は厳禁とし、議論スレへ御一報の上、著作者の意向に従って下さい。
・本スレはあらゆる関連書籍・他板のニホンちゃん・同人誌・ファンサイトは一切関知せず、その行動により生じたいかなる責任も負わない物とします。
0005創る名無しに見る名無し
垢版 |
2023/01/19(木) 22:55:15.69ID:g9Oqawup
ニホンちゃんQ&A
Q.ニホンちゃんは何を取り扱っていますか?
A.日韓関係及びその他の様々な時事や文化、風物、習慣、出来事等様々のものを取り扱っています。
Q.作品を書いてみたいですがいいですか?
A.誰でも構いません。是非書いて下さい。
Q.スレにいて具体的に慎むべき事は?
A.一般人に相応しいマナーを守る事です。罵倒や新人いびり、誹謗中傷、そういった行いはやめましょう。
Q.ニホンちゃんの事を詳しくないけれど作品やイラストを書いてもいいでしょうか。
A.初心者大歓迎です。
Q.ニホンちゃんは誰の物ですか?
A.2ちゃんねるハングル板を利用している皆の物です。
Q.ニホンちゃんはハングル板にあるべきスレですか?
A.日韓関係を主に扱っています。ですからいいのです。
Q.重複スレが立ちました。どうしましょう。
A.そのスレが2ちゃんねる、日本国のルールや法律に違反している場合はすぐに正規スレを立て
ます。作品はその正規スレに移動となります。ルール違反のスレは論外です。
0006創る名無しに見る名無し
垢版 |
2023/01/19(木) 22:56:04.22ID:g9Oqawup
★重複スレが立った場合の作品の処置
投稿確認
・投稿者は、投稿に関して発生する責任が全て投稿者に帰すことを承諾します。
・投稿者は、話題と無関係な広告の投稿に関して、相応の費用を支払うことを承諾します
・投稿者は、投稿された内容及びこれに含まれる知的財産権、(著作権法第21条ないし第
28条に規定される権利も含む)その他の権利につき(第三者に対して再許諾する権利を
含みます。)、掲示板運営者に対し、無償で譲渡することを承諾します。ただし、投稿
が別に定める削除ガイドラインに該当する場合、投稿に関する知的財産権その他の権利、
義務は一定期間投稿者に留保されます。
・掲示板運営者は、投稿者に対して日本国内外において無償で非独占的に複製、公衆送信、
頒布及び翻訳する権利を投稿者に許諾します。また、投稿者は掲示板運営者が指定する
第三者に対して、一切の権利(第三者に対して再許諾する権利を含みます)を許諾しな
いことを承諾します。
2ちゃんねるのこのルールに従い、本スレに移管される事となります。重複スレの確認は、
そのテンプレ等が2ちゃんや日本国の法律に準拠しているか否かを基準とします。ないスレの作品は、本スレに移管される事になります。
0007創る名無しに見る名無し
垢版 |
2023/01/19(木) 22:56:56.08ID:g9Oqawup
Q.正規スレの定義は?
A.テンプレが2ちゃんねるのルールに即しているかどうかが重要です。
Q.ハングル板なのに色々な国を擬人化キャラが出ているけれど?
A.そうしたキャラクターが出る作品においてはできればニホンちゃんのお家の人かカンコ君の
お家の人が絡む様な作品を御願いします。これは作者の方の書き方にお任せします。
Q.何か気に食わない人がスレにいてストレスが溜まります。
A.ここは個人のストレスを発散させる場所ではありません。最悪板で好きなだけ吼えて下さい。
Q.お話のソースとかは?
A.できるだけ付けて下さい。ソースがほしいと言われても貼らないというのは読者の方にも不親切です。
Q.住人とはどういう人ですか?
A.2ちゃんねるのルールに従って利用する人です。マナーも守って下さい。
0008創る名無しに見る名無し
垢版 |
2023/01/19(木) 23:00:20.66ID:g9Oqawup
       「地鎮祭」
カンコ「久し振りにハン板に戻るんじゃなかったニダか」
コユン「スレ立ての時に余所でやってくれと言われてまたこちらになった」
カンコ「5ちゃんの謎規制ニダか?最近色々書きこもうとしても無理な板増えてるニダが」
コユン「そうだな、そのせいでハン板復帰も出来なかった」
カンコ「ううむ、AA貼ったら書き込み出来なくなったり最近の5ちゃんの規制は訳わからないニダ」
コユン「全くだな、だが何はともあれな」
カンコ「ニホンちゃん66クールスタートニダな」
コユン「そうなる、引き続き頑張っていこう」
ニホンちゃん66クールスタートです。
0009創る名無しに見る名無し
垢版 |
2023/01/19(木) 23:00:59.36ID:g9Oqawup
     「どっちに行くか」
ロシアノビッチ家は今プーチンさんが
ガードマンの人達を引き連れてウクラ
イナちゃんのお部屋の中に上がり込ん
で大暴れして逆にどんどんやられてい
っていて大変なことになっています、
それで当然ながらロシアノビッチ君に
も影響が出ていてです。
ロシアノビッチ君はかなり弱っていま
す、学校にも碌に行けない様な状況に
なっています。
そんな状況なのでシューキューについ
てもです。

「もうEU丁の方からはか」
「ええ、爪弾きにされてるでしょ」
傍に残っている数少ない妹さんのお一
人であるシベリアちゃんが病床のロシ
アノビッチ君に言います。
「だからね」
「親父もお袋もか」
「アジア丁の方に行ったらどうかって」
「EU丁の方はもう完全に敵ばかりに
なっててな」
ロシアノビッチ君は病床でもウォッカ
を飲んでいます、それでも普段のコワ
モテさは殆どありません。
0010創る名無しに見る名無し
垢版 |
2023/01/19(木) 23:01:36.16ID:g9Oqawup
「試合なんか出来ねえしな」
「これからもね」
「茨の道なんてものじゃねえな」
「そうよね、だからね」
「今後はか」
「シューキューの方はね」
まさにと言うシベリアちゃんでした。
「もうね」
「それこそか」
「アジア丁の方に移って」
そうしてとです、シベリアちゃんは
さらに言うのでした。

「やる方がいいかって言ってるの」
「俺はずっとEU丁でやってきたん
だがな」
ロシアノビッチ君は複雑な表情にな
って答えました。
「シューキューだけじゃなくてな」
「他のゲームでもね」
「というか元々ロシアノビッチ家は
な」
「私のお部屋はアジア丁にあるけれ
どね」
ロシアノビッチ家はとても広いので
EU丁にもアジア丁にも敷地がある
のです。
0011創る名無しに見る名無し
垢版 |
2023/01/19(木) 23:02:07.24ID:g9Oqawup
「他のお部屋もね」
「あっちにある部屋が多いな」
「だからね」
それでというのです。
「あそこに移ればどうかって」
「そうか、正直今の俺にはな」
どうにもとです、ロシアノビッチ君
はシベリアちゃんに答えました。
「どうもな」
「言えないのね」
「そこまでの元気さはないからな」
こう言ってベッドから出ない出られ
ないロシアノビッチ君でした。

ロシアノビッチ君はこうですがこの
お話はアジア丁にも届いてです、ま
さに賛否両論でした、お家の会社の
人達がロシアノビッチ家を批判して
いるニホンちゃんもです。
どうかというお顔になってです、そ
れで言うのでした。
「どうなのかしらね、喧嘩と遊びの
ことはね」
「ニホンちゃんは一緒にしたくない
わね」
「ええ、カンコ君のお家の人達もよ
くやるから」
こうタイワンちゃんにお話します。
0012創る名無しに見る名無し
垢版 |
2023/01/19(木) 23:02:47.79ID:g9Oqawup
「だからね」
「こうしたことについてはなのね」
「正直遊びの場合はロシアノビッチ
君を除け者にするのはよくないかも
って思うし」
「それでアジア丁に移ることも」
「シューキューでもその他のことで
もね」
「反対なの」
「とはいってもプーチンさん達がし
ていることはよくないからね」
このことは事実でというのです。
「中々ね」
「難しいところよね」
タイワンちゃんも言います。

「あたしもね」
「どう言っていいかなのね」
「わからないわね、しかし今回の喧
嘩ってね」
あらためて言うタイワンちゃんでし
た。
「誰にとってもよくないわね」
「そうよね、最悪って言っていいわ
よね」
「全くね、早く終わって欲しいわ」
「そうよね」
こうお話するのでした、今回のこと
でも。
0014創る名無しに見る名無し
垢版 |
2023/01/21(土) 22:55:42.03ID:mWEAZTtZ
    「とっくにやっていないか」
エジプト君は日直をしながらこんなこ
とを言いました。
「うちの学校皆でお掃除したりこうし
て日直したり学級会もやってるけれど」
「ああ、それってね」
実はとです、ニホンちゃんが応えまし
た。
「わたしのお家の考えでね」
「他のお家のことじゃないのよね」
「そうなのよね」
「実はこのことには秘密があったのよ」
こう言ってきたのはアテネちゃんでし
た。

「書いてる作者さん達の殆どがニホン
ちゃんのお家の人達だから」
「ここでもメタ発言ね」
「そしてメタ設定よ、だから設定もね」
アテネちゃんはさらに言います。
「ニホンちゃんのお家のね」
「考えがなのね」
「出てね」
それでというのです。
「そうなっているのよ」
「それで僕も今こうしてやってるんだ
ね」
エジプト君もしみじみとして言いまし
た。
0015創る名無しに見る名無し
垢版 |
2023/01/21(土) 22:56:45.19ID:mWEAZTtZ
「成程ね」
「そういう秘密があったのよ」
「そうなのね、けれどこれがね」
アテネちゃんはそれでもとここで言い
ました。
「これがね」
「中々いいわよね」
「そうなのよね、面倒臭いと思う時も
あるけれど」
それでもと言うのでした。
「いいわよね」
「そう言ってくれてわたしも嬉しいわ」
「先生もよ」
ここで、でした。

フラメンコ先生が出て来てです、こう
言うのでした。
「皆がそうしたところでお話したり一
緒に頑張ったりして成長していくから
ね」
「先生もですか」
「嬉しいですか」
「凄くね、だから嬉しいのよ」
こう言うのでした、しかしです。
三人のお話を聞いてです、カンコ君は
憮然としてこんなことを言ってきまし
た。
0016創る名無しに見る名無し
垢版 |
2023/01/21(土) 22:57:29.26ID:mWEAZTtZ
「皆お掃除の時はこの学校では制服が
ないから私服か体操服でやっているニ
ダな」
「それが一体どうしたのかな」
エジプト君は頭にクエスチョンマーク
を出してカンコ君に聞き返しました。
「別におかしくないじゃない」
「エジプト、お前は何もわかっていな
いニダな」
「何がわかっていないのかそもそもい
つも通り急に出て来てるし」
「神出鬼没はウリの得意技ニダ」
こう言ってです。

スケバン刑事のサングラスにロングヘ
アのスーツの人のコスプレになります、
そのうえでまた言います。
「このキャラの様にな」
「だからカンコにロングヘア系とかク
ール系の美形キャラ似合わないし。そ
れで本題何?」
「うむ、もうこの学校の体操服は女子
はスパッツか半ズボンになっているニ
ダな」
「ああ、それで私服の時にもスカート
の下に穿くから」
「ブルマだとよかったニダ」
この頃がというのです。
0017創る名無しに見る名無し
垢版 |
2023/01/21(土) 22:58:22.98ID:mWEAZTtZ
「お掃除の時のブルマの動きと連動し
た形の変化もスカートからのチラリも
ないニダ、半ズボンなぞ見て何になる
ニダか、あとウリの日直のパートナー
はニホンだけにしておけニダ」
「何を言うかと思えば」
「いつものカンコじゃない」
エジプト君もアテネちゃんも力説する
カンコ君にやれやれと返します。
「全く以てね」
「そんなことどうでもいいじゃない」
「あと日直は色々な組み合わせをして
こそいいでしょ」
フラメンコ先生も言います。

「だからカンコ君今度はタイワンちゃ
んとよ」
「うう、あいつと組んだらしょっちゅ
う喧嘩ニダ」
「そうならない様にするのも勉強のう
ちよ」
「というかカンコ君って何でこうもわ
たしと日直したがるのかしら」
ニホンちゃんも頭にクエスチョンマー
クを出します、ですがカンコ君はそん
なニホンちゃんに何でもないニダとフ
ァビョーーンしてです。
他の皆はやれやれとなりました、です
が何だかんだで日直やお掃除はするの
でした。
0019創る名無しに見る名無し
垢版 |
2023/01/23(月) 23:03:16.33ID:R8iNGnli
    「最悪のコンビでも」
カンコ君とタイワンちゃんが日直とな
りました、ですがこのクラスは生徒数
が一学年レベルでいますので。
「何組かあるニダな」
「そう、あたし達以外にはね」
タイワンちゃんはカンコ君に答えまし
た。
「アメリーとフランソワーズ、チュー
ゴとエリザベス、ベトナにタイランよ」
「物凄い顔触れニダな」
カンコ君も聞いてドン引きします、タ
イワンちゃんのお話を聞いて。

「今日は嵐が起こるニダ、ウリもお前
と一緒にやるのは嫌過ぎるニダ、そも
そもニダ」
「何よ、一体」
「お前の今の恰好は最早許されないレ
ベルニダ」
タイワンちゃんに忌々し気に言うので
した、見ればです。
タイワンちゃんはミニスカートの下に
黒スパッツを穿いています、そのガー
ド百パーセントの恰好を見て言うカン
コ君です。
0020創る名無しに見る名無し
垢版 |
2023/01/23(月) 23:04:40.03ID:R8iNGnli
「ミニスカートの下のスパッツ、お前
は自分の声を高橋李衣さんにしたいニ
ダか」
「あんた高橋さん好きでしょ」
「いい声優さんニダがその恰好は断固
反対するニダ」
これがカンコ君の意見でした。
「ミニスカートの下のちらり、それを
全く無視した格好に一体何の魅力があ
るニダか」
「それがいいんでしょ、ちらりがなく
て」
タイワンちゃんはそれで?というお顔
で反論します。

「トモちゃんは女の子名作よね」
「面白いニダがその恰好だけは嫌ニダ」
「見えないのがいいんでしょ」
「見えないのが嫌ニダ」
お話は平行線です、のっけからこうで
日直のお仕事がはじまりますが。
水と油というか喧嘩ばかりで進んでい
きます、何をするにもこうです。
「ここはこうニダ」
「こうでしょ」
起立とかを言う際にも言い合う位です、
しかもこの二人席がすぐ傍同士なので
余計にまずいです。
0021創る名無しに見る名無し
垢版 |
2023/01/23(月) 23:05:21.66ID:R8iNGnli
体育の用具を運ぶにも言い合いますし
お顔を見合わせるとです。
すぐに言い合います、そんな二人を見
て皆思いました。
「あの二人が一緒に日直なんてな」
「こうなるに決まってるし」
「見ているだけでやれやれだよ」
「どうしたものかな」
「しかも止められる顔触れが」
こうした時はクラス委員の五人かニホ
ンちゃんですが。
まずクラス委員はといいますと。

「アメリー、早く運びなさいですわ」
「わかったYO」
「チューゴ、早く黒板を消しなさい」
「そうするある」
完全にカカア天下の組み合わせです、
この四人の顔触れもこれはこれで、な
のでした。
「アメリーとフランソワーズ、チュー
ゴとエリザベスって」
「二組共なあ」
「カンコに一番強いロシアノビッチは
今学校来れないし」
体調が悪くてです。
0022創る名無しに見る名無し
垢版 |
2023/01/23(月) 23:06:32.54ID:R8iNGnli
「後はニホンちゃんだけれど」
「カンコとタイワンのことになると」
「ちょっと」
二人がニホンちゃんにどういった感情
を持っているかはニホンちゃん以外の
誰もが知っていることです。
「結果的にあの二人を止められるって」
「後は先生だけれど」
「先生は危ない時にしか出ないしね」
「こうした組み合わせもやることよ」
これがフラメンコ先生のお考えでした、
こう言って各日直のお仕事を見守って
います。

「いい経験になるのよ」
「そうですか」
「そうしたものですか」
「どの組み合わせもね。まあどうしよ
うもなかったら先生が動くわ。あとニ
ホンさんは皆で止めてね」
ここでニホンちゃんがカンコ君とタイ
ワンちゃんの間に入ると三角関係にな
って余計にややこしくなるからです。
こうしてこの日の日直業務は続いてい
きます、どう見ても問題しかない四組
の組み合わせのままで。
0024創る名無しに見る名無し
垢版 |
2023/01/25(水) 20:11:47.55ID:jT+1uZyp
    「日直業務は続き」
カンコ君とタイワンちゃん、アメリー
君とフランソワーズちゃん、チューゴ
君とエリザベスちゃんそしてタイラン
君とベトナちゃんの四組の日直業務は
続いています。
何かなくてもガウガウといがみ合うカ
ンコ君とタイワンちゃんにカカア天下
の二組を見て皆最悪の組み合わせばか
りだと項垂れます、そして残る一組も
です。
「タイランとベトナって」
「これもまた」
実はです。

この二人お家単位でライバル関係にあ
ります、お互いお家単位で何も言うこ
とはないし表面上は穏やかにお付き合
いをしていますが。
「あ、あの二人の間に入ったら」
「一瞬で黒焦げよ」
常に二人の間には火花が散っています、
見えない筈ですがはっきりと見えてい
てバチバチと音すらします。
「視線交えなくても凄いな」
「どれだけお互いにライバル視してい
るのよ」
この二人もこんな関係で。
0025創る名無しに見る名無し
垢版 |
2023/01/25(水) 20:12:42.29ID:jT+1uZyp
結果として四組共かなりまずいです。
ですがそれでもです。
やっぱりフラメンコ先生は見ているだ
けです、カカア天下も火花もでして。
「お前があっちをやれニダ!」
「あっちはあんたが向いてるわよ!」
作業にどちらが行くかで言い合いなが
らも作業をしているカンコ君とタイワ
ンちゃんにも言いません、兎に角今は
監督だけです。
そうして日直をさせていきます、その
うえでなのでした。

放課後になるとです、先生は日直だっ
た子達にこう言いました。
「今日のことは忘れないでね」
「はい、忘れられないです」
「全くニダ」
今もいがみ合う二人でした。
「こいつと一緒に日直をするなんてと
ても無理と思っていたニダ」
「何とかやれましたけれど」
「世の中そんな組み合わせもあるのよ、
けれどそれでもやるべきことをしてい
くことよ」
先生は微笑んで言いました。
0026創る名無しに見る名無し
垢版 |
2023/01/25(水) 20:14:34.15ID:jT+1uZyp
「大事なのはね」
「どんな奴と一緒でもですか」
「やるべきことをやっていくことニダ
か」
「そう、皆日直のやることを投げ出さ
なかったからいいわ」
フランソワーズちゃんとエリザベスち
ゃんにしても指示だけでなく動いてい
ました。
「投げ出していたら先生も怒っていた
わよ」
「責任感ニダか」
カンコ君はここで気付きました。

「どうあれちゃんとやるべきことはや
っていくことニダな」
「そうよ、皆それが出来ていたからい
いのよ」
「何かです」
「今回の日直は特別でした」
タイラン君とベトナちゃんも言います、
今回はずっと火花が散っていましたが
二人共お互いに何も言わないでちゃん
と日直のお仕事をしていました。
「何かこうです」
「緊張しました」
「その緊張も乗り越えてね」
そうした相手同士でやってもです。
0027創る名無しに見る名無し
垢版 |
2023/01/25(水) 20:15:19.70ID:jT+1uZyp
「何かをすることも大事よ、そしてそ
れを成功させることもね」
「大事なんですね」
「そういうことですね」
「そうよ、だから今日のことは忘れな
いでね」
そうしてというのです。
「また日直のお仕事してね」
「わかりました」
「そうしていきます」
八人共先生に応えました、そうしてそ
れぞれ帰りますが。
下校中カンコ君はタイワンちゃんにこ
んなことを言いました。

「非常に不愉快ニダが」
「あたしもね」
「まあそれでもニダ」
「今回のことはね」
「参考にしてニダ」
「次はもっとましにやっていきましょ
う」
「そうするニダ、お前とは二度と一緒
にしたくないニダがな」
それでもと言うのです、それでいてま
た一緒にやったら次はもっとよくしよ
うと。そんなお話をして帰るのでした。
0029創る名無しに見る名無し
垢版 |
2023/01/27(金) 20:36:51.41ID:hNjFqTyx
    「誰かいると」
エリザベスちゃんもフランソワーズち
ゃんもマイペースでしかもお嬢様です、
しかも強いのでクラスでの顔役のうち
二人となっていてです。
それぞれアメリー君やチューゴ君にも
強くてです。
特にエリザベスちゃんはチューゴ君に
フランソワーズちゃんはアメリー君に
相性がいいので一緒に日直となった今
回は二人をかなり動かしていました。
ですが動くべき時は二人共ちゃんと体
操服と半ズボン姿になってです。
0030創る名無しに見る名無し
垢版 |
2023/01/27(金) 20:37:36.13ID:hNjFqTyx
しっかりと動きます、それも率先して
です。
「やりますわよ」
「やるからには全力ですわ」
「それならずっと動いてくれYO」
「命令されるのは嫌ある」
「レディーだからいいのでしてよ」
「やっぱり殿方がまず動くことですわ」
二人のクレームをあっさりとスルーし
つつです。
動くべき時は動きます、それでまた元
の私服に着替えてです。
ちゃんと動いた二人にもお茶を振る舞
います。

「やることやってくれましたし」
「お礼ですわ」
「体操服でも膝までの半ズボンって色
気の欠片もないYOな」
「ブルマはうる星やつらだけになって
しまったあるか」
こんなことを言いながらもお茶とお菓
子は頂く二人です、何だかんだ言って
動いてちゃんと動いてくれた分は振る
舞いますが。
それは何故かといいますと。
「先生がいますし」
「それにですわ」
二人で先生からのお話が終わってです。
0031創る名無しに見る名無し
垢版 |
2023/01/27(金) 20:41:47.01ID:hNjFqTyx
クラスに戻った時にクラスの中でクラ
スメイトのうち何人かと楽しくお話を
しているニホンちゃんを見て言いまし
た。
「ニホンさんに注意されますと」
「かなり怖いですわ」
「いつもにこにことしていてとても優
しいですけれど」
「怒ったらわたくし達ではどうにもな
りませんわ」
実はニホンちゃんには弱い二人なので
す、それで今も笑顔でいるニホンちゃ
んを見て言うのです。

「動いていないと先生にもニホンさん
にも言われますわ」
「ニホンさんはそっと言うだけですけ
れどそれがかえって迫力ありますの」
「やっとジョジョ六部の脚本が終わっ
たしね、ほっとしてるの今は」
ニホンちゃんは自分が書いたアニメの
脚本のお話をしています。
「一部から六部まで書かせてもらって。
六部最終回のEDの画像見てわたしも
嬉しいわ」
「ニホンさんには勝てませんわ」
エリザベスちゃんは言いました。
0032創る名無しに見る名無し
垢版 |
2023/01/27(金) 20:43:00.98ID:hNjFqTyx
「わたくし達では」
「普段から何でもない様で強烈なプレ
ッシャーを放っていますし」
ニホンちゃん自身は自覚していなかっ
たりします。
「先生にニホンさん」
「お二人に言われるのが怖いですわ」
「結局あれか、二人も苦手な人がい
るんだな」
「そうした人に見られてると動くあ
るな」
アメリー君もチューゴ君も納得しま
した。

「カンコとタイワンはお互いに言い
合うから動くことになっているある
が」
「エリザベスとフランソワーズは先
生だけでなくニホンちゃんの目が気
になるんだな」
「そうですわ、ニホンさんはクラス
の女子最強ですし成績はクラス三位」
「しかもご本家も含めて物凄いお嬢
様ですし」
ニホンちゃんはこのことを全く意識
していなかったりしますが町全体か
ら見るとかなりなのです。
0033創る名無しに見る名無し
垢版 |
2023/01/27(金) 20:44:03.71ID:hNjFqTyx
「そのニホンさんがおられるだけで」
「わたくし達も身構えますわ」
「そうか、じゃあニホンちゃんがブル
マがいいって言えばか」
「この二人もブルマになるあるな、か
つてにカレンダーの時みたいに」
「それはないから安心なさい」
「女の子でそう言う人はもういません
わ」
ブルマのお話はあっさりとかわされま
す、ですが二人も意識する相手がいて
その人がいると動くのです。これもま
たお仕事とわかる四人でした。

ソースは某おーぷんで
0034創る名無しに見る名無し
垢版 |
2023/01/29(日) 21:51:32.32ID:u1mDSsTt
    「一番大人な二人」
タイラン君とベトナちゃんの二人も今
回日直でしたが。
何気にライバル関係の二人は何も起こ
ることなくちゃんとお仕事をしました、
今回の四組の中で一番ちゃんとしてい
たとも言えます。
それで先生にお話された後もです。
「またね」
「一緒にする時は宜しく頼むわ」
別に何もいがみ合うことなくお別れし
ました、表面上は。
ですがそんな二人を見てです。

インドネシアちゃんはそっとです、ニ
ホンちゃんにお話しました。
「あの二人は確かにお互いライバルだ
と思っていてね」
「お家同士でね」
「実は仲いいかっていうと」
「二人も周りも言わないけれど」
「決してそうじゃないからね」
「そうなのよね、昔から」
それこそ二人の間にはいつも火花が散
っている位です。その間に入ると本当
に黒焦げになったりします。
0035創る名無しに見る名無し
垢版 |
2023/01/29(日) 21:53:02.82ID:u1mDSsTt
このことはニホンちゃんも知っていま
すが。
「ただ二人共言わなくて」
「態度にも出さないでしょ」
「物凄く緊張していても」
「それがね」
そうした間柄だからというのです。
「いいのよ」
「日直になった時も」
「二人共ライバル視し合っていてもね」
「出さないから」
「それでね」
まさにその為にというのです。

「上手にやっていけてるのよ」
「普段もそうで」
「日直の時もね」
「言わないでそれで表面にも出さなか
ったら」
「問題は起こらないのよ」
「何事も」
「そう、大人って言うと」
ここでこの言葉を出したインドネシア
ちゃんでした。
「あの二人はね」
「まさによね」
ニホンちゃんも応えます。
0036創る名無しに見る名無し
垢版 |
2023/01/29(日) 21:53:58.53ID:u1mDSsTt
「大人よね」
「そうよ、よく大人ぶってる子もいる
けれど」
何気に紫苑ちゃんを見てです、インド
ネシアちゃんは言いました。
「その実はね」
「子供だったりするのね」
「すぐ感情に出したらね」
インドネシアちゃんは今も紫苑ちゃん
を見ています、クラスの端で一人でい
ますがこの娘はかつて酷いいじめを受
けていてです。

普段はクールぶって強がっています、
ですが何かあると物凄く泣いて昔自分
がされたことを喚いて止まらなくなり
ます、揉めると猛者怒を出しますしど
う見ても感情を抑えられていません。
それでインドネシアちゃんも紫苑ちゃ
んを見て言うのです。
「大人じゃないのよ」
「痩せ我慢でもクールでいろね」
ニホンちゃんはリンかけイタリア戦の
台詞を思い出しました。
「そうよね」
「そう、普段はそうでも」
まさに紫苑ちゃんの様にです。
0037創る名無しに見る名無し
垢版 |
2023/01/29(日) 21:54:55.49ID:u1mDSsTt
「嫌いな相手と対したり一緒に何かす
ることになってもそれを守れていたら
ね」
「大人ね」
「それが出来ているのがね」
「タイラン君にベトナちゃんね」
「そういうことよ。だから日直をして
も上手くいったのよ」
「そういうことね」
「そうよ、しかしうちのクラスで子供
っていうとカンコかっていうと」
その実はです。

「違うからね」
「そうよね」
「やっぱり一番子供なのは」
インドネシアちゃんは今も紫苑ちゃん
を見ています。
「言わないでおくけれどね。トラウマ
もあるし」
「わたし達にお話してくれたらいいの
に」
「それが出来るのも大人なんでしょう
ね」
クラスメイトを頼って心を開くことも
というのです、今回のことでこうした
ことも言われてわかるのでした。
0039創る名無しに見る名無し
垢版 |
2023/01/31(火) 22:23:33.17ID:8I3KsL8l
     「メヒコ家は安全か」
メヒコ家は煙草を売っている人の柄が
悪いことで有名です、それで大丈夫か
という人もいますが。
メヒコ君は皆にこう言いました。
「そんなの杞憂だよ、うちは安全だか
らね」
「あの、それはね」
「正直疑わしいです」
キューバちゃんとハイチちゃんがメヒ
コ君に突っ込みを入れてきました。
それで二人でメヒコ君にこう言うので
した。

「お邪魔する際ボディーガードに執事
さんを連れて行きますね」
「釘バット許可してくれる?」
「ハイチのお家の執事さんって生きて
る人?あとキューバのそれってモナリ
ザのクルミさんじゃないから」
「じゃあリーゼントと短ランで金属バ
ットにするわね」
S級ヒーローで返すキューバちゃんで
した。
「あたしは武装していくから」
「私は執事さんと一緒にです」
ハイチちゃんも引きません。
0040創る名無しに見る名無し
垢版 |
2023/01/31(火) 22:24:13.05ID:8I3KsL8l
「お邪魔させて頂きます」
「皆気にし過ぎだよ、メヒコシチーの
間なんて安全だよ」
メヒコ君は笑って応えます。
「フラメンコ先生のバレンシアの間や
UAEのドバイの間にも負けないよ」
「だから煙草屋さんが問題なのよ」
キューバちゃんはむっとした目でこの
人達のお話を出しました。
「あの人達がどうかよ」
「私もキューバと同意見ですから」
ハイチちゃんもでした。

「危険過ぎます」
「安心出来ないわよ」
「だから大丈夫だって」
メヒコ君は二人に言われてもまだ言い
ます、そして五年地球組の困った時は、
の娘を呼んできました。
「ニホンちゃんもそう思うよね」
「えっ、わたし!?」
いきなりお話を振られたニホンちゃん
は呼ばれていきなり言われてびっくり
となりました。
ですがお話は聞いていてそれならと答
えました。
0041創る名無しに見る名無し
垢版 |
2023/01/31(火) 22:25:47.85ID:8I3KsL8l
「メヒコ君の言う通りならね。一度行
ってみましょう、キューバちゃん達も
いざという時のバットとか執事さんも
一緒でいいわよね」
「心配し過ぎだと思うけれどいいよ」
これがメヒコ君の返事でした。
「僕もね」
「それじゃあね、そうしよう」
「わかったわ、それじゃあね」
「今日学校が終わったら三人でメヒコ
シチーの間にお邪魔しましょう」
二人もそれならと頷いてでした、その
うえで。

三人でメヒコ家にお邪魔しました、キ
ューバちゃんは釘バットを持っていて
ハイチちゃんは執事さんが一緒です。
ニホンちゃんは何も持っていませんが。
「ニホンちゃん握力四百で武道の達人
だからね」
「何も心配はいりませんね」
二人でニホンちゃんを見ながらこっそ
りとお話します、何はともあれ三人で
メヒコ君のお迎えを受けてです。
そのうえでメヒコシチーの間でおもて
なしを受けますが。
0042創る名無しに見る名無し
垢版 |
2023/01/31(火) 22:29:37.80ID:8I3KsL8l
「確かにね」
「楽しくて快適でね」
「安全ですね」
「そうだよ、このお部屋は安全なんだ
よ」
メヒコ君はこれはといったお顔でおも
てなしを受ける三人に笑顔で答えまし
た。
「皆心配し過ぎだよ、だからこれから
はね」
「皆でなのね」
「こうしてお邪魔して」
「楽しめばいいですね」
三人も言います。

「じゃあ皆さんにお話しますね」
「メヒコシチーの間は平和だって」
「それで楽しめるってね」
「そうしてね、じゃあ帰りは見送る
からね」
メヒコ君は三人の返事ににこにこと
して応えました。
「お部屋によっては危ないから注意
してね」
「それ答えよね」
キューバちゃんはメヒコ君の今のお
言葉を聞き逃しませんでした、後の
二人もそういうことかと苦笑いにな
ってしまいました。そのうえでメヒ
コ君の言う通りにして帰りました。
0044創る名無しに見る名無し
垢版 |
2023/02/02(木) 22:52:02.43ID:F0B9P/pv
    「このお菓子いい」
アメリー家のハワイさんはとても明る
い人でニホンちゃんもよくこの人のお
部屋に遊びに行きます。
お部屋もとても明るい感じでニホンち
ゃんのお家からアメリー家の家族にな
った人も一緒にいます。
そんなハワイさんは最近あるお菓子が
マイブームですが。
「あっ、そのお菓子は」
「いやあ、美味しいよね」
ハワイさんはそのお菓子を食べつつニ
ホンちゃんに笑顔で応えました。

「このお菓子は」
「ガムかキャンデーみたいで」
「その間の感じでね」
「不思議な感じですよね」
「これがよくてね」
それでとです、ハワイさんはニホンち
ゃんにもあげつつ言います。
「それでなんだ」
「ハワイさんもですか」
「お気に入りなんだ」
こう言いつつさらに食べるハワイさん
です。
0045創る名無しに見る名無し
垢版 |
2023/02/02(木) 22:52:54.06ID:F0B9P/pv
「本当にね」
「そうなんですね」
「これからもどんどん買って食べるよ」
ハワイ産は笑顔で言いながらお菓子を
食べてです。
そのうえでニホンちゃんをおもてなし
します、ニホンちゃんはハワイさんの
お家で楽しんでからです。
お家に帰ってウヨ君にこのことをお話
しますとウヨ君からこう言われました。
「ラスカやベガスが食べているのを見
たよ」
「そうなの」
ニホンちゃんはそう言われて少し驚き
ました。

「あの娘達もなのね」
「そうなんだ」
「それは意外ね」
「どうもハワイさんがアメリー家の人
達にも薦めているらしいんだ」
「美味しいって」
「それでみたいだよ」
こうお話するのでした。
「ラスカ達も食べてるみたいだよ」
「そうなのね」
「いや、実際にね」
ウヨ君はニホンちゃんにこうも言いま
した。
0046創る名無しに見る名無し
垢版 |
2023/02/02(木) 22:53:27.40ID:F0B9P/pv
「あのお菓子美味しいよね」
「そうなのよね、不思議な食感でね」
実はニホンちゃんも結構好きだったり
します。
「オオサカの間から出て来たけれど」
「オオサカの間のああしたお菓子って
いうとキャラメルだけれどね」
「一粒三百メートルのね」
「あれとはまた違った」
そうしたというのです。
「食感そして甘さがね」
「いいのよね」
こんなお話をしているとです。

ニホンちゃんも食べたくなってそのお
菓子を出します、それでウヨ君と食べ
ますがこの時食べてもでした。
「美味しいよね」
「ハワイの間で食べても美味しいし」
「うちで食べてもね」
「美味しいわよね」
「本当にそうだね」
ウヨ君も笑顔で応えます、日之本家で
そんなお話をしている時です。
カンコ家ではカンコ君がアニメ鑑賞を
していますが。
0047創る名無しに見る名無し
垢版 |
2023/02/02(木) 22:55:12.78ID:F0B9P/pv
やや憮然としてです、こんなことを言
いました。
「今期アニメ多過ぎでないニダか?も
うチェックするのが大変ニダ」
「殆どチェックしている兄さんも凄い
ニダよ」
チョゴリちゃんがそのカンコ君に突っ
込みを入れます。
「それでどの作品にどの声優さんが出
ているかとかわからなくなってきてい
るニダな」
「そうニダ、もうこんがらがってきた
ニダ」
カンコ君がこう言うとです。

チョゴリちゃんはカンコ君にニホンち
ゃん達が食べているそのお菓子を出し
て言いました。
「これ食べて落ち着くニダ」
「ニホンのお家のお菓子ニダか」
「そうニダ、美味しいニダよ」
「チョゴリが言うなら食ってやるニダ、
むっこれはニダ」
食べてみて言うカンコ君でした。
「美味しいニダ」
「ではこれ食べて落ち着きながらニダ」
「アニメをチェックするニダな」
「アニメも落ち着いて楽しむニダ」
お菓子も食べてです、何とこのお菓子
カンコ君にも効くみたいです。
0049創る名無しに見る名無し
垢版 |
2023/02/04(土) 14:12:04.10ID:1WAnFGb2
    「ニホンちゃんを選んで」
ベトナ家は南北に細長いお家です、そ
れがこのお家の特徴とも言われていま
す。
そのベトナ家で今度お家全体に鉄道模
型それもかなり速いものを通すことに
なりましたが。
「どのお家に助けてもらうか」
「それが問題ね」
ベトナちゃんはお兄さんのホーチミン
君の言葉に応えました。
「やっぱり」
「そうだね」
ホー君は考えるお顔で言いました。

「うちの事情とかも考えてね」
「お願いするべきね」
「チューゴ家はまだ不安があるしね」
「そうね、チューゴのお家は基本平た
いから」
「うちは林も多いし段差もあるから」
「チューゴもお家の西の方は段が多い、
いえ全体的に高くなっているわね」
「うちとどうしても事情が違うから」
だからだというのです。
「ちょっとね」
「そうね、ふとアメリーを思ったけ
ど」
ベトナちゃんはこう言いました。
0050創る名無しに見る名無し
垢版 |
2023/02/04(土) 14:12:48.55ID:1WAnFGb2
「アメリーも鉄道模型は平たいところ
に」
「一気に通してね」
「走らせているわね」
「だからアメリー家にとしても」
「駄目ね。こうした時に何かと出て来
るのはカンコだけれど」
「言うまでもないからね」
「ええ、カンコはね」
これまで散々お話のネタになってきた
通りです、もうカンコ君に頼むとそれ
こそです。

「止めるべきね」
「絶対にね」
「そうなるとどのお家にお願いするべ
きかしら」
「もうここは一つしかないね」
ホー君は意を決したお顔で言いました。
「そうだね」
「そうね、それじゃあ」
「明日学校でお話しよう」
「その娘に二人でね」
兄妹でこうしたことをお話してでした、
そのうえで。
0051創る名無しに見る名無し
垢版 |
2023/02/04(土) 14:13:37.18ID:1WAnFGb2
翌日ベトナちゃんはホー君と一緒にニ
ホンちゃんの席に行ってそのうえでお
家で高速の鉄道模型を走らせたいとお
話しました、そのうえでニホンちゃん
にお願いするのでした。
「ニホンちゃんがよかったら」
「一緒にやってくれるかな」
「シンカンセンみたいな感じで」
「どうかな」
「そう言われたらね」
頼まれるとそれならと応えるニホンち
ゃんです、それでです。

二人にもです、笑顔で応えました。
「一緒にやらせて」
「うん、それじゃあね」
「お願いするわ」
二人も笑顔で応えます、こうしてなの
でした。
ベトナ家の高速の鉄道模型はニホンち
ゃんが助けて一緒に作ってそのうえで
走らせることになりました、そのこと
が決まってからです。
ホー君はベトナちゃんでお家の中でこ
んなことを言いました。
0052創る名無しに見る名無し
垢版 |
2023/02/04(土) 14:14:22.37ID:1WAnFGb2
「ニホンちゃんならね」
「安心ね」
ベトナちゃんも微笑んで応えます。
「何かと」
「うん、うちの事情とか安全を考える
とね」
「やっぱりニホンちゃんね」
「特に鉄道模型と橋の模型はね、何と
いってもだよ」
「ニホンちゃんそうしたもの作るの大
好きだし」
このことには定評があります。

「それじゃあね」
「ニホンちゃんでよかったよ、それじ
ゃあね」
「パパンとママンにお小遣い貰って」
「そのうえで作っていこう、お小遣い
もかなりかかってしかも時間もかかっ
て他にも何かとあるだろうけれど」
「ニホンちゃんが助けてくれるなら」
「百人力だよ」
まさにというのです。
「だからね」
「三人でやっていきましょう」
兄妹でお話しました、ニホンちゃんと
いう頼もしいパートナーを迎えられた
ことに喜びながら。
0054創る名無しに見る名無し
垢版 |
2023/02/06(月) 22:06:51.80ID:PQnfYqS7
    「元凶はあの人」
日之本家では時折変な名前をつけたが
る人がいます、その代表と言えるのが
です。
「可愛い名前がいい感じ?」
「だからそういうのがよくないんだ」
ヲタ君がドキュソちゃんに突っ込みを
入れます。
「あまりね」
「そうなの?」
「うん、アニメのキャラならまだいい
けれど」
「それも駄目だろ」
今度はチンソー君が言います。

「やっぱりバリバリ夜露死苦なのがい
いだろ」
「三人共程々にしてね」
ニホンちゃんは穏やかなお顔と声で言
いますが。
「わかりました・・・・・・」
「三人共わたしの言うことはいつも素
直に聞いてくれるのよね」
「だってねーちゃん握力四百で一八〇
キロのベンチプレス上げられて古武術
免許皆伝で柔道空手剣道全部有段」
にーちゃんはお姉さんの武道家な一面
を言います。
0055創る名無しに見る名無し
垢版 |
2023/02/06(月) 22:07:28.89ID:PQnfYqS7
「怒ったら滅茶苦茶怖いし」
「そう言うけれどわたし弱いわよ」
「自分でそう思っているだけ」
三人がニホンちゃんには何があっても
逆らわないのが何よりの証拠でしょう
か。そのニホンちゃんが三人にあらた
めて言います。
「お名前はつけられる方は一生だから
ね、ちゃんと考えてつけないとつけら
れる子が大変よ」
「じゃああれか」
チンソー君が真顔で言ってきました。

「自分だけで考えないで周りとも話し
て」
「そのうえで決めないとね」
「字画とかも考えて」
今度はヲタ君が言いました。
「しっかりとだね」
「そうしていかないとね」
「ううん、自分が可愛いとかじゃなく
ね」
流石のドキュソちゃんもニホンちゃん
には逆らいません。
0056創る名無しに見る名無し
垢版 |
2023/02/06(月) 22:08:36.32ID:PQnfYqS7
「その時の流行じゃなくて」
「考えていかないとね、わたしだって
名前はさくらで」
ニホンちゃんは自分のお名前のお話も
ます。
「実はカードキャプターの人から取ら
れてるけれど」
「ニホンちゃんもそれ言われるしな」
「うちのお名前に相応しいけれど」
「だから言える感じ?」
「そうなの」
このことがというのです。


「それでうちのこうしたお名前の元凶
は」
「あのヤブ医者」
にーちゃんが怒ったお顔で言ってきま
した。
「小説家でもあった」
「バロンモリさんなのよね」
「あいつお子さん達に変な名前つけて
いた」
「町際化とか言ってね」
「それでお子さん達皆強引な当て字だ
った」
このことは日之本家で有名です。
0057創る名無しに見る名無し
垢版 |
2023/02/06(月) 22:09:27.98ID:PQnfYqS7
「ああした名前を思えば」
「止めた方がいいわね」
「あんなヤブ医者チョベリバって感じ
よね」
ドキュソちゃんもバロンモリさんにつ
いてはこう思っています。
「文豪ストレイドッグスでもロリだし」
「そうだね、あの人みたいとなると」
「止めた方がいいな」
ヲタ君もチンソー君も言います、作品
は兎も角人間としてはどうも評判が悪
いバロンモリさんです。

「じゃあな」
「うん、考えよう」
「そうした方がいい感じ?」
「効果てきめん」
にーちゃんは考えを確かにした三人を
見て思いました。
「バロンモリさん偉大」
「こうした意味でね。どうかっていう
人も効果があるのね」
ニホンちゃんも思いました、今回は作
品よりも悪い見本として貢献したバロ
ンモリさんでした。
0059創る名無しに見る名無し
垢版 |
2023/02/08(水) 20:32:57.26ID:WINtIX4Z
    「元凶はあの人」
日之本家では時折変な名前をつけたが
る人がいます、その代表と言えるのが
です。
「可愛い名前がいい感じ?」
「だからそういうのがよくないんだ」
ヲタ君がドキュソちゃんに突っ込みを
入れます。
「あまりね」
「そうなの?」
「うん、アニメのキャラならまだいい
けれど」
「それも駄目だろ」
今度はチンソー君が言います。

「やっぱりバリバリ夜露死苦なのがい
いだろ」
「三人共程々にしてね」
ニホンちゃんは穏やかなお顔と声で言
いますが。
「わかりました・・・・・・」
「三人共わたしの言うことはいつも素
直に聞いてくれるのよね」
「だってねーちゃん握力四百で一八〇
キロのベンチプレス上げられて古武術
免許皆伝で柔道空手剣道全部有段」
にーちゃんはお姉さんの武道家な一面
を言います。
0060創る名無しに見る名無し
垢版 |
2023/02/08(水) 20:34:12.65ID:WINtIX4Z
「怒ったら滅茶苦茶怖いし」
「そう言うけれどわたし弱いわよ」
「自分でそう思っているだけ」
三人がニホンちゃんには何があっても
逆らわないのが何よりの証拠でしょう
か。そのニホンちゃんが三人にあらた
めて言います。
「お名前はつけられる方は一生だから
ね、ちゃんと考えてつけないとつけら
れる子が大変よ」
「じゃああれか」
チンソー君が真顔で言ってきました。

「自分だけで考えないで周りとも話し
て」
「そのうえで決めないとね」
「字画とかも考えて」
今度はヲタ君が言いました。
「しっかりとだね」
「そうしていかないとね」
「ううん、自分が可愛いとかじゃなく
ね」
流石のドキュソちゃんもニホンちゃん
には逆らいません。
0061創る名無しに見る名無し
垢版 |
2023/02/08(水) 20:35:00.96ID:WINtIX4Z
「その時の流行じゃなくて」
「考えていかないとね、わたしだって
名前はさくらで」
ニホンちゃんは自分のお名前のお話も
ます。
「実はカードキャプターの人から取ら
れてるけれど」
「ニホンちゃんもそれ言われるしな」
「うちのお名前に相応しいけれど」
「だから言える感じ?」
「そうなの」
このことがというのです。

「それでうちのこうしたお名前の元凶
は」
「あのヤブ医者」
にーちゃんが怒ったお顔で言ってきま
した。
「小説家でもあった」
「バロンモリさんなのよね」
「あいつお子さん達に変な名前つけて
いた」
「コクサイカとか言ってね」
「それでお子さん達皆強引な当て字だ
った」
このことは日之本家で有名です。
0062創る名無しに見る名無し
垢版 |
2023/02/08(水) 20:36:40.78ID:WINtIX4Z
作品間違えたので訂正。
     「このハゲーーー」
日之本家では人の髪の毛の量から怒っ
た人がいました。
「この〇ゲーーーってね」
「それね、流石に頭のこと言うのはね」
タイワンちゃんがニホンちゃんに言い
ます。
「よくないわよね」
「そうよね」
「髪の毛のことは言わないで欲しいよ」
マカロニーノ君が出て来て言いました。
「うちのカエサルさんだって滅茶苦茶
気にしていたい」
「あの人ね」
タイワンちゃんが応えます。

「有名だからね」
「そうだからね」
「あの、そのお話はご本家ではお止め
になって下さいな」
今度はエリザベスちゃんが出てきまし
た。
「ウィリアムお兄様が」
「代々だからね、あんたのところ」
「まだお若いですのに」
エリザベスちゃんはタイワンちゃんに
残念そうに答えます、実は弟のヘンリ
ーさんも現ご当主のチャールズさんも
叔父さん達もお祖父さんのフィリップ
さんもです。
0063創る名無しに見る名無し
垢版 |
2023/02/08(水) 20:37:31.11ID:WINtIX4Z
「悲しいことですわ」
「カンコ君ですらこのお話しないしね」
「ええい、ウリは禿げない禿げないニ
ダよ!」
カンコ君は必死のお顔で出てきました。
「間違ってもそうならないニダ!だか
らこの話もしないニダ!」
「う、うん。わかったからね」
「落ち着きなさいですわ」
マカロニーノ君もエリザベスちゃんも
それはと宥めます。
「最近貴方のお父様も戻ってきました
し」
「まあ大丈夫だよ」
「アボジの髪の毛も復活してきたニダ」
ムンさんがお家の会社の社長さんだっ
た時は大変で。

それでカンコパパさんもどんどん抜け
ていっていましたが最近はです。
「もう頭皮が見えなくなってきている
ニダ」
「それって毛生え薬塗ってもならない
わよ」
タイワンちゃんも聞いてびっくりです。
「あんたのお父さんも回復力凄いわね」
「だからウリも安心ニダ、抜けてもま
た生えてくるニダ、しかし髪の毛のこ
とは決して言わないニダ」
そのことは誓ってと言うカンコ君でし
た。
0064創る名無しに見る名無し
垢版 |
2023/02/08(水) 20:38:28.69ID:WINtIX4Z
「こんな怖いお話はないニダからな」
「そうだね。そういえばあのプーチン
さんも」
マカロニーノ君はふと今町を一番騒が
せている人のことを思い出しました。
「髪の毛は」
「禿げていない!」
ですがここで、でした。
マカロニーノ君が言おうとするとここ
でなのでした。
ロシアノビッチ家からこの声がしてマ
カロニーノ君の声を消してしまいまし
た、その声を聞いてです。

皆はすぐに思いました。
「今の声ってね」
「本人さん?」
「そんな声だったわね」
「まずそうですわね」
「いいタイミングだったニダしな」
「違う!」
また声がしてきました。
「私はプーチンさんではない!」
「・・・・・・・・・」
この返事にはです、誰もがです。
唖然となりました、それでこう言うの
でした。
0065創る名無しに見る名無し
垢版 |
2023/02/08(水) 20:43:53.07ID:WINtIX4Z
「まあそういうことでね」
「いいわね」
「うん、わかったしね」
「ではこのお話はですわね」
「終わりニダよ」
こうお話します、ですが。
カンコ君はあらためて言いました。
「そういえば今期杉田さん出演作多い
ニダな」
「そうよね、主演作もあるし」
タイワンちゃんが応えます、本当に今
期多いです。

「ファンとしては嬉しいわね」
「あの人一時期減ってネタにされてい
たニダが」
「増えてきたわね」
「それでもネタになっているニダ」
「ご本人もそうされている感じだし」
「こうした人にウリはなりたいニダ」
皆カンコ君のその言葉には頷きます、
そうしたお話をするとです。
謎の声の気配がしました、今度はどう
も苦々しい感じです。そうしたことを
ネタに出来る度量にご自身を見てか。
0067創る名無しに見る名無し
垢版 |
2023/02/10(金) 21:54:25.69ID:utUquhHe
     「再登板否定」
日之本家の会社の社長さんは今はキシ
ダさんです、この人についてはどうか
という人もいます。
それでウヨ君もこんなことを言います。
「俺はアベさんがよかったと思うし」
「アベさんもそう言ってくれて嬉しい
と思うけれど」
それでもとです、ニホンちゃんはウヨ
君に答えました。
「残念だけれどね」
「そうだね、けれど」
それならと言うウヨ君でした。

「スガさんでもね」
「いいってよね」
「思ってたし」
それでというのです。
「出来たらね」
「今もなのね」
「スガさんがまた社長さんやってくれ
たら」
それならというのです。
「いいと思うけれどね」
「重役さんの時にこんな人いるんだっ
てね」
ニホンちゃんも言います。
0068創る名無しに見る名無し
垢版 |
2023/02/10(金) 21:55:40.14ID:utUquhHe
「思ったわよね」
「いきなりって感じで出て来てね」
「一見目立たない様で」
「それでいてそつなくお仕事してくれ
てね」
「凄い人がいるのねって思って」
「社長さんになってくれて」
アベさんの次にです。
「一生懸命頑張ってくれたから」
「よかったわよね」
「だからね」
それでというのです。

「もう一度ね」
「スガさんに社長さんやって欲しいの
ね」
「そう思いもするよ」
こうお姉さんにお話します、ウヨ君だ
けでなくです。
お家の人の中でこうしたことを言う人
が他にもいました、ですが。
スガさんご本人はこう言うのでした。
「私はもういいですから」
「社長さんはですか」
「ならないよ」
ニホンちゃんにも穏やかに言います。
0069創る名無しに見る名無し
垢版 |
2023/02/10(金) 21:56:31.50ID:utUquhHe
「パスといえばね」
「そうですか」
「うん、これからはね」
ニホンちゃんにさらに言うのでした。
「若い人を育てていくことにね」
「専念されますか」
「そうしていくよ」
「そうですか」
「言うことは言うしね」
こうも言うスガさんでした。
「キシダさんにもね」
「言われますか」
「そうするけれど」
それでもというのです。

「社長さんはやらないよ」
「わかりました」
「ウヨ君にも伝えておいてね」
「武士がそう思っていることもご存知
ですか」
「気持ちは嬉しいけれど」
ウヨ君のそれはというのです。
「私はそういうことだから」
「そのこと伝えておきます」
ニホンちゃんもこう答えて実際にでし
た。
ウヨ君にお話しますとウヨ君はかなり
残念そうになりました。
0070創る名無しに見る名無し
垢版 |
2023/02/10(金) 21:57:44.31ID:utUquhHe
そのうえで、です。こう言いました。
「残念だけれどね」
「スガさんご自身がそう言われるな
ら」
「もうね」
それならというのです。
「仕方ないよ」
「そうよね」
「ではこれからのね」
「スガさんが育ててくれる人達にね」
「期待するよ、シューキューもボー
キューも会社の人達もね」
全部というのです。

「育ててこそだからね」
「だからボーキューの鷹チームなんか
四軍までもうけたのよ」
「あそこ補強無茶苦茶えげつないこと
したけれどね」
ヨミちゃんの兎チーム真っ青な位にで
す。
「けれど育てることもしてるし」
「今の人も大事だけれど」
「これからの人も大事だね」
「だからスガさんがそう言われるなら」
スガさんの気持ちを汲み取ろうという
のです、こうしたお話をして実際に汲
み取った二人でした。
0072創る名無しに見る名無し
垢版 |
2023/02/12(日) 23:38:57.27ID:uY52bVXD
     「ベートーベンさん」
カンコ君はお家でクラスの皆と一緒に
ニホンちゃんのお家の少し昔の音楽家
の人達が出ているアニメを観て言いま
した。
「トラブルメーカーの集団ニダな」
「特に主役二人だYO」
「傍若無人あるな」
アメリー君とチューゴ君も言います。
「モーツァルトさんとべーとーべんさ
んあるが」
「実際お二人共かなり問題のある人だ
ったんだよな」
「リアルではお会いしたくないニダな」
カンコ君も言います。
0073創る名無しに見る名無し
垢版 |
2023/02/12(日) 23:39:31.39ID:uY52bVXD
「アニメの方も町の方の人達でもニダ」
「実際にこうした人達だった」
お二人と縁の深い特にベートーベンさ
んとそうであったゲルマッハ君が言っ
てきました。
「アニメではかなり誇張されているが
な」
「ううむ、恐ろしいニダ」
カンコ君がこう言う程です。
「シューベルトさんもワーグナーさん
もニダが」
「台風の集まりだYOこれ」
「はた迷惑にも程度があるある」
皆で言いつつです。
0074創る名無しに見る名無し
垢版 |
2023/02/12(日) 23:40:05.59ID:uY52bVXD
その作品を観ています、兎に角モーツ
ァルトさんとベートーベンさんのお二
人がです。
暴れ回っています、その傍若無人さが
物凄い作品です。
その作品を観た後で、でした。皆でカ
ンコ家を後にしてそのうえで今度はど
のお家に行こうかとお話していますが。
ふとここでエリザベス家の敷地内に出
ているアメリー家がやっているハンバ
ーガー屋さんの屋台の前と通ると店員
さんがです。

「何かいるか?」
「!!」
皆その店員さんのお顔と屋台の中から
流れている音楽を聴いてです。
思わず飛びずさりました、そのうえで
言うのでした。
「ベ、ベートーベンさんニダ!」
「ムジークも聴こえるぞ!」
「これは危険ある!」
「皆大変だ、下がるんだ!」
「あの、ただお面と音楽だけですわよ」
騒ぎを聞いたエリザベスちゃんがトウ
エイワープでやって来てそのうえで言
ってきました。
0075創る名無しに見る名無し
垢版 |
2023/02/12(日) 23:40:53.99ID:uY52bVXD
「クラシカロイドではありませんわよ」
「それでもニダよ」
「この人の脅威は凄いからな」
「驚いてしまったある」
「ご本人とアニメを観てそうなってし
まった」
「どうもですわね」
エリザベスちゃんはまだ驚いているク
ラスの男組を見て思いました。
「ヒャッハーな人に至ってはベートー
ベンさんの音楽自体が苦手ですし」
「お面付けたら尚更ニダ」
カンコ君が言ってきました。

「身構えるニダ、オリジナルの人もか
なりだったニダ」
「物凄く尊大で頑迷で気難しく癇癪持
ちだった」
ゲルマッハ君が一番よく知っているこ
とです。
「クラシカロイドの人と性格はどちら
がだった」
「そんな人のせいかですわね」
「お店にいたら驚く」
「どうも魔除けみたいになっています
わね」
エリザベスちゃんも自覚しました。
0076創る名無しに見る名無し
垢版 |
2023/02/12(日) 23:41:36.16ID:uY52bVXD
「これは東京卍繪の人達でも逃げ出す
かも知れませんわね」
「いや、そこ何度もやりなおして遂に
解散しただろ」
「結局第一話でタケミッチー突き落と
した人誰だったあるか」
その組織についてはアメリー君もチュ
ーゴ君も知っていて言います。
「巻頭カラー最終回だったあるが」
「マイキーを救うのに必死だったな」
「まあ少なくともおかしな人が前にた
むろしなくなりましたので」
ベートーベンさんのお面と音楽で、で
す。

「いいですわね」
「というかだ」
またゲルマッハ君が突っ込みを入れま
した。
「その人の個性は強烈過ぎる」
「効果はあっても普通の人も引かない
ニダか?」
「では音楽だけにしますわ」
カンコ君のお話も聞いてです、実際そ
れだけにしました、するとです。
変な人だけ来なくなりました、それで
よしとなるのでした。
0078創る名無しに見る名無し
垢版 |
2023/02/14(火) 22:33:29.18ID:IZh8gRW0
   「最近アラブ丁が」
アラブ丁は喧嘩が多いと言われていま
す、ですが最近は。
「アブダビの間とかね」
「安心出来るわね」
タイラン君が言うとニホンちゃんが応
えました。
「そこにいると」
「そうだね、最近うちもね」
タイラン君はニホンちゃんに笑顔で言
いました。
「安全になってきてるよ」
「虫とか出ないのね、実はね」
ニホンちゃんは言いました。

「最近ウチのトウキョウの間とかオオ
サカの間とかゴキブリが出るから」
「ああ、ゴキブリ出るとね」
それならとです、タイラン君も頷きま
した。
「嫌だよね」
「だから気を付けてるけれど」
それでもというのです。
「最近多くて」
「わかるよ、僕のお家も虫は多いから
ね」
「そこを気を付けないとね」
ここでシンガ君も出て来て言ってきま
した。
0079創る名無しに見る名無し
垢版 |
2023/02/14(火) 22:38:53.86ID:IZh8gRW0
「駄目なんだよね」
「ゴキブリへの対策はちゃんとしてお
かないと」
心からです、ニホンちゃんは思いまし
た。
「わたしも気を付けてるわ」
「それ僕もだよ」
「僕だってね、悪い虫がお部屋にいる
とね」
ゴキブリだけとは限りません、悪い虫
は他にもいたりします。それで三人で
お話するのでした。

「お互い気をつけていこうね」
「三人でね」
「そうしていきましょう」
こうお話してでした。
ニホンちゃんは実際にトウキョウの間
にゴキブリホイホイ等を置いたりしま
した、その他にも奇麗にしますがどう
してもです。
トウキョウの間は何かと混んでいて難
しいです、それでもやっていくのがニ
ホンちゃんです。
少しずつ奇麗にもしていきますが。
0080創る名無しに見る名無し
垢版 |
2023/02/14(火) 22:39:35.74ID:IZh8gRW0
ここでUAE君のアブダビの間に行っ
てみますとです。
本当に奇麗でなのでした、ニホンちゃ
んは思わず唸りました。
「いや、本当にね」
「奇麗だっていうんだね」
「ええ、これはら悪い虫も出ないわね」
まさにというのです。
「徹底して奇麗にしてるから」
「僕もね」
UAE君もそれならとです、ニホンち
ゃんにお話しました。

「そこは本当にね」
「気を付けてるのね」
「そうだよ、細心のね」
そう言っていいまでにというのです。
「やってるんだ」
「そうなのね、じゃあわたしも」
ニホンちゃんはあらためて思いました。
「少しずつでもね」
「お部屋奇麗にしていって」
「それでね」
そのうえでというのです、かなり真剣
なお顔でした。
0081創る名無しに見る名無し
垢版 |
2023/02/14(火) 22:50:49.18ID:IZh8gRW0
「悪い虫、ゴキブリにしてもね」
「出ない様にしていくんだね」
「退治もして」
そのうえでというのです。
「やっていくわ」
「そうするといいよ」
UAE君も賛成してです、ニホンちゃ
んに笑顔で応えました。
そしてお家に戻ってまたお部屋を奇麗
にしますが。
やっぱりトウキョウの間は何かと混ん
でいます、それで悪い虫もどうしても
いますが。

ニホンちゃんは努力して少しずつ奇麗
にしていきます、ですがその傍からま
たゴキブリが出たりします。
「堂々巡りにも思えるけれど」
「うん、頑張ってね」
「皆もやってるし応援もしてるからね」
タイラン君とシンガ君はそのニホンち
ゃんにエールを送ります、ニホンちゃ
んもそれを受けてです。
また頑張っていきます、いつも頑張っ
てこそお部屋は奇麗になって悪い虫も
出なくなるものなので。
0083創る名無しに見る名無し
垢版 |
2023/02/16(木) 22:29:35.97ID:qURvYyuL
  「半分こしたい」
カンコ君は日之本家のそのお話を聞い
て思わずニホンちゃんに言ってしまい
ました。
「遊んでるニダか?」
「いや、そう言われたら」
ニホンちゃんも返答に困りました。
「わたしも否定出来ないわ」
「巨大サイズにしたり前も激辛があっ
てニダ」
「今度はもっと辛いのよ」
「もうウリでもニダ」
辛いお家のお料理で有名なこの子でも
というのです。

「激辛は辛かったニダ」
「それがなのよね」
「獄ニダか」
「そうなの、食べてみる?」
「・・・・・・覚悟して食べるニダ」
何だかんだ言ってニホンちゃんのお家
のものなら何でも興味を持つカンコ君
です。
かくして日之本家に同じ様なもの好き
さん達を連れて来ましたが。
その面子はといいますとこれまた強烈
な面子でした。
0084創る名無しに見る名無し
垢版 |
2023/02/16(木) 22:30:32.63ID:qURvYyuL
「さあ、今度はどれだけ辛いんだYO」
「前も凄かったあるがな」
「もう美味しいまずいじゃないのよね」
「全く、面白いことになりそうですわ」
「今回はどんな味でして?」
アメリー君、チューゴ君、タイワンち
ゃん、エリザベスちゃん、フランソワ
ーズちゃんという顔ぶれです、三毛さ
んの噴水の時の面子でしょうか。皆も
うどれだけ辛いのかを楽しみにしてい
ます。
そのうえでいざ食べるとなりますが。

何とこれまでの激辛ソースにさらに唐
辛子を加えています、その赤いにも程
がある焼きそばを見てでした、カンコ
君は思わず卍繪の初代一番隊隊長さん
のコスプレになりました、そのうえで
あの名台詞を言いました。
「ペヤング半分こニダ」
「あっ、一人一つだから」
ニホンちゃんはそこはしっかりと答え
ました。
「宜しくね」
「これ一つね」
さしものタイワンちゃんも真っ青にな
っています。
0085創る名無しに見る名無し
垢版 |
2023/02/16(木) 22:31:24.02ID:qURvYyuL
「半分でも辛いけれどね」
「いやあ、半分だったらな」
アメリー君も同感でした、彼のお顔は
青どころか白くなっています。
「まだましだったかもな」
「これを一つは本当に辛いある」
シセンの間のお料理のチューゴ君でも
です。
「食べる前からわかるある」
「ですがこれを食べる為にお邪魔しま
したわ」
エリザベスちゃんはお顔からかなり汗
をかいています、まだ食べていないの
に。

「ではいただきますわ」
「皆さん完食しますわよ」
フランソワーズちゃんは自分だけでな
く皆の退路まで断ちました。
「生まれた時は違えど死ぬ時と場所は
今ここですわ」
「じゃあ今から食べよう」
最後にニホンちゃんが言ってでした。
皆食べました、そして。
翌日クラスの席が七つ空いていました、
フラメンコ先生はその空いている席を
見て言いました。
0086創る名無しに見る名無し
垢版 |
2023/02/16(木) 22:32:11.10ID:qURvYyuL
「何かあったの?昨日ニホンちゃんの
お家で物凄い絶叫が聞こえたけれど」
「はい、どうもです」
アーリアちゃんが答えました。
「ニホンのお家でペヤングの新商品を
食べまして」
「ああ、あの物凄く辛いっていう」
フラメンコ先生もそれは知っていまし
た。
「半分こせず食べたのね」
「場地さんの言うことを守らずに」
アーリアちゃんもこう言います。

「そしてです」
「無茶しやがってね、こうした時こそ
半分ずつにしないと」
「駄目ですか」
「そうよ、まあ皆丈夫だから」
このことはこのクラス皆だったりしま
す。
「一時間目が終わったら出て来るわね」
「普通無理ですか」
「場地さんでもね」
そして実際に七人共死にそうなお顔で
も一時間目が終わったら出てきました、
皆場地さん以上にタフみたいです。
0088創る名無しに見る名無し
垢版 |
2023/02/18(土) 21:49:24.13ID:idCSuhOi
     「どっちにするの」
アメリー家の人達はコーラが好きです、
それでよく飲んでいますが。
「コカとペプシの違いは何だ」
「何だろうな」
「わからないよね」
パツキン君もクーロイ君もコユンちゃ
んに質問に答えられません。
「そう言われてもね」
「どうもな」
「そうか、実はだ」
コユンちゃんは二人に微妙なお顔にな
ってお話しました。

「この前アメリー家のウィスコンシン
の間でハンバーガーをご馳走になった
が」
「ああ、カンコと一緒だったよな」
パツキン君はコユンちゃんのそのお話
を受けてこのことを思い出しました。
「頑張れよ、応援してるからな」
「済まない、まあカンコは相変わらず
だがな」
ニホンちゃんばかり見ていて全く気付
いていません、もっと言えばニホンち
ゃんも気付いていません。
0089創る名無しに見る名無し
垢版 |
2023/02/18(土) 21:50:24.23ID:idCSuhOi
「それでも僕もな」
「ああ、何とかな」
「気付く様にしていく、それでその時
飲んだコーラはコカと聞いたが」
「あのお部屋のコーラそれに代わった
んだよね」
今度はクーロイ君が答えます。
「実はね」
「わからなかった」
コユンちゃんはクーロイ君に真顔で答
えました。それでさらにお話するので
した。

「代わっていたことに」
「やっぱりそうなんだね」
「僕も気付かなかったしだ」
コユンちゃんだけでなくです。
「カンコも気付かなかった、二人共言
われてそうだったかと思った」
「それでも代わったんだよ」
パツキン君はそこはしっかりと言うの
でした。
「コカにな」
「そうなのか」
首を傾げさせてでした。
0090創る名無しに見る名無し
垢版 |
2023/02/18(土) 21:51:15.33ID:idCSuhOi
コユンちゃんは応えました、それでな
のでした。
二人のそのコカとペプシを出してそれ
ぞれ目隠しをしたうえで飲み比べても
らってです。
そのうえでどっちがどっちかと尋ねま
したが。
「やっぱりおいら達もな」
「わからないよ」
その違いはです、結局二人もわかりま
せんでした。それでコユンちゃんはで
す。

お家に帰ってカンコ君にこのことをお
話しますとカンコ君も言いました。
「違うと言われてもニダ」
「本当にわからないな」
「あんな区別がつかないものもないニ
ダ」
こうまで言うのでした。
「松田利冴さんと松田颯水さんの声を
聞き分けるより難しいニダ」
「お二人は双子だしな」
息もぴったりで共演が物凄く多いので
聞き分けるのは本当に至難の業です。
0091創る名無しに見る名無し
垢版 |
2023/02/18(土) 21:52:18.90ID:idCSuhOi
「僕もわからないぞ」
「声質が似ているニダ」
「かげきしょうじょEDのデュエット
はかなりだったしな」
「それ以上にわからないニダ」
カンコ君は大真面目に言いました。
「ペプシからコカに代わってもニダ」
「作っている人は違うが」
「全くわからないニダよ、これとそれ
ぞれの違いはわかるニダ」
カンコ君がこう言って出してきたもの
はといいますと。

メッコールでした、それを出してコユ
ンちゃんに言います。
「メッコールならニダ」
「それなら誰でもわかるな」
「そうニダ、冗談抜きにコカとペプシ
の違いがわかるならニダ」
「その人に会ってみたいな」
「全くニダ」
コユンちゃんにもメッコールを出して
です。
それを飲みながら言うカンコ君でした、
本当にこれなら違いがわかると。
0093創る名無しに見る名無し
垢版 |
2023/02/20(月) 21:47:47.70ID:2StpnM+9
    「遠くを見ても」
ニホンちゃんのお家のミヤギの間にあ
るボーキューチームの鷲チームの持ち
主はミキタニさんという人です、実は
ザイちゃんザイニー君と一緒にフクオ
カの間の鷹チームを持っているソンさ
んと同業者で携帯電話のお店をやって
います。
そのミキタニさんがニホンちゃんにこ
んなことを言いました。
「ずっと先、来年のことなんてわかる
かな」
「ううん、わからないです」
こうです。

ニホンちゃんは首を傾げさせてそのう
えでミキタニさんに答えました。
「そう言われますと」
「そうだね、けれどそれだけ先を見て
考えないとね」
「駄目なんですか」
「もうそこに行った気分でね」
一年先をというのです。
「そこから考えてやっていかないと」
「駄目なんですか」
「お店をやるにはね」
ミキタニさんは笑ってお話しました。
0094創る名無しに見る名無し
垢版 |
2023/02/20(月) 21:48:30.04ID:2StpnM+9
「そうしたものなんだ」
「そうなんですね」
「僕はそうしているよ、ほら去年の今
頃なんて今とは全然違うね」
ニホンちゃんもこうも言いました。
「そうだね」
「確かに」
ニホンちゃんも否定しませんでした。
「かなり変わっています」
「三ヶ月先かと思ったら一ヶ月だよ」
「それで、ですか」
「変わるから」
地球町はというのです。

「もうどんどん先、来年でもね」
「考えてですね」
「やっていくことだよ」
こんなことを言うのでした、ミキタニ
さんは笑顔で胸を張ってお話していま
した。
そのお話を聞いてからです、ニホンち
ゃんはご両親にお話しますが。
そのお話を聞いてでした、ニホンパパ
さんもニホンママさんも思いました。
「ううん、リスクがね」
「あの人もわかってると思うけれど」
こう思うのでした。
0095創る名無しに見る名無し
垢版 |
2023/02/20(月) 21:49:13.91ID:2StpnM+9
「あの人のお店今どうかっていうお話
を聞くしね」
「鷲チームを手放すことになるんじゃ
ないかっていうお話も聞くわ」
人生送りバントというユーチューブの
動画チャンネルで度々言われていたり
します。
「どうなのかしら」
「リスクが問題だね」
「ずっと先を見ても」
「それだけでは駄目なんじゃないかな」
こうニホンちゃんにも言います。

「確かにあの人もやり手だよ」
「そのことは間違いないにしても」
「最近あのお店のことを聞くとね」
「危ういところもあるわね」
「そういえば」
ニホンちゃんはご両親のお話を聞いて
思い出したことがありました、それは
何かといいますと。
「あの人のお店って中ではエリザベス
ちゃんのお家の言葉よ」
「町際化というけれど」
ニホンパパさんが応えました。
0096創る名無しに見る名無し
垢版 |
2023/02/20(月) 21:49:57.05ID:2StpnM+9
「このことも言われてるね」
「うちのお店なのにって」
「確かに町でエリザベス家の言葉はか
なり使われているよ」
「けれどお店の中は全部それだけって
いうのは」
「何か違うんじゃともね」
「思えるわね」
「そうしたところがなのかしら」
ニホンママさんも考えるお顔になって
でした、そのうえでニホンちゃんにお
話しました。

「ライバルと言っていいソンさんにも
負けてる原因かしら」
「ソンさんもソンさんで言われている
けれど」
「お店の売り上げ違うわね」
「ソンさんは損失も大きいみたいだけ
れど」
「売り上げもだか」
「ううん、ミキタニさんは危うい部分
もある人なのね」
ニホンちゃんも思いました、かなり先
を見る様にすることはいいことでもそ
れだけでは駄目かもと。
0098創る名無しに見る名無し
垢版 |
2023/02/23(木) 22:24:04.64ID:d544nBlg
      「座敷牢から出して」
プーチンさんがロシアノビッチ家のガ
ードマンの人達を引き連れてウクライ
ナちゃんのお部屋で暴れる様になって
もうすぐ一年です、ですがその一年の
間にです。
「まさかね」
「うん、プーチンさんがここまでやら
れるとは思っていなかったよ」
「そうよね、最初はウクライナちゃん
まずいって思ったけれど」
すぐに負けるとです、これは町の多く
の人が思ったことでしょう。

「それがね」
「思わぬ位にだよ」
「ウクライナちゃんもお部屋の人達も
頑張って」
「かえってプーチンさん達の方がまず
くなっているね」
「そうよね、どうもガードマンさん達
が怪我していって」
喧嘩をすれば怪我をする人が出る、こ
れは言うまでもないことです。だから
こそ喧嘩は大変なことなのです。お金
もかかりものも壊すしで。
0099創る名無しに見る名無し
垢版 |
2023/02/23(木) 22:24:47.27ID:d544nBlg
「確かな人がいなくなってるのよね」
「そうしたらね」
「ええ、ロシアノビッチ君のお家って
ね」
ニホンちゃんはウヨ君に暗いお顔にな
って答えました。
「そうした時はね」
「お家の中から無理にでも誰でも引っ
張って来るからね」
「そうよね、第二次町内喧嘩なんてそ
れで無茶苦茶だったし」
もう誰でもガードマンさんにしてです。

「それでよね」
「今回もね」
「それをやっているわよね」
「そうだよ」
まさにとです、ウヨ君はお姉さんに答
えました。
「それで座敷牢からだよ」
「悪いことをした人達を出してよね」
「ガードマンさん達にしているんだ」
「本当に第二次町内喧嘩と同じね」
「そうだね」
ウヨ君もまさにと答えます。
0100創る名無しに見る名無し
垢版 |
2023/02/23(木) 22:25:31.92ID:d544nBlg
「今はガードマンさんってプロでね」
「誰もなれないけれどね」
「うちだってそうじゃない」
リクジさん、カイジさん、クウジさ
んのジエイタイ三兄弟の人達です。
「いつも身体を鍛えてくれていて」
「ラジコンや色々なガードマンさん
のお仕事に必要なこと勉強されてい
てね」
「そうした風になっているから」
ガードマンさんの人達はです、ただ
制服を着て道具を持つだけでは駄目
なのです。

「座敷牢から出した悪いことをした
人達なんて」
「数合わせね」
「もうそれだけだよ」
「今はね」
「そんなのだとね」
それこそというのです。
「やる気もないし」
「本当に何でもないわね」
「そうだよ、どう考えてもね」
こう言うウヨ君そして頷くニホンち
ゃんでした。
0101創る名無しに見る名無し
垢版 |
2023/02/23(木) 22:26:24.10ID:d544nBlg
二人だけでなく町の殆ど誰もがこれ
は駄目だと思うことでしたがまさに
その通りでした。
プーチンさんが連れてきた座敷牢か
ら出した人達はです。
必死の覚悟でしかも考えているうえ
に鍛えてお勉強もしているウクライ
ナちゃんやお部屋の人達に全く敵う
ことなくです。
一方的にやられそれ以上に逃げ出す
人達が出ています、それを見てでし
た。

ニホンちゃんもウヨ君もやっぱりと
なって言いました。
「こうなるわよね」
「今だとね」
「座敷牢から出した人をガードマン
さん達にして喧嘩させても」
「プロじゃにから全く何でもないよ」
こうお話するのでした。
喧嘩は続いています、ですがプーチ
ンさんのこのやり方はどうも大失敗
みたいです。そして状況はどんどん
ロシアノビッチ家に悪くなってきて
いるかも知れません。
0103創る名無しに見る名無し
垢版 |
2023/02/24(金) 21:40:01.87ID:g8iFxkmf
 「言うこと自体は悪くないのでは」
アイヌちゃんは日之本家のホッカイの
間に住んでいます、代々このお部屋に
住んでいますが。
「あれっ、アイヌちゃん達って昔から
このお部屋に住んでいたのかな」
「はい、そうですが」
アイヌちゃんはその疑問に即座に答え
ました。
「私達は」
「どうなのかな、このことは」
こんなことを言う人がいました。

アイヌちゃんはこの疑問に特に何も思
うことなく率直に答えただけでした。
ですが。
このことを日之本家で差別とか言う人
達がいました、その人達の声を聞いて
でした。
答えた他ならぬアイヌちゃんは首を傾
げさせてニホンちゃんに言いました。
「別に疑問持つことはね」
「おかしいかしら」
ニホンちゃんも首を傾げさせています、
そのうえで言うのでした。
0104創る名無しに見る名無し
垢版 |
2023/02/24(金) 21:40:55.10ID:g8iFxkmf
「どんなことでも本当にそうなのかし
らって疑問を持ってね」
「自分で調べて勉強してこそよね」
「何かがわかるし」
「それがいいからね」
「疑問を持つなおかしいとか」
そうしたことを言ってというのです。
「差別だとか言うとね」
「それで考えることを止めるとね」
「かえっておかしいんじゃないかしら」
ニホンちゃんはまた首を傾げさせまし
た。

「逆にね」
「私もそう思うけれど」
「言った人が偏見から言ったとしたら
問題だけれど」
それでもというのです。
「純粋にどうなのかしらって疑問を持
ってね」
「それで確かめるのならね」
「いいんじゃないかしら」
そこから調べて学ぶならというのです、
ニホンちゃんもアイヌちゃんもこう思
うのでした。
0105創る名無しに見る名無し
垢版 |
2023/02/24(金) 21:44:36.83ID:g8iFxkmf
「それならね」
「そうよね」
二人で思います、ですがこの疑問につ
いて攻撃する人達はです。
お家の皆が決めたことと言います、で
すがこのこともです。
「皆が決めても」
「その決定が正しいかどうか確かめる
ことは必要よね、そんなこと言ったら
ね」
ニホンちゃんはアイヌちゃんにお話し
ました。

「委員会と同じよ」
「委員会って自分達が好き勝手に決め
たことを決まったとか言って他の人達
に押し付けていたしね」
「挙句嘘まで吐いてね」
そうしてこの作品を自分達のものにし
てやりたい放題していました、排除に
スレの勝手な移転に独占に新人いびり
に盗作にとです、何も知らない人に嘘
まで吐いて騙そうとさえしていました。
過去スレ参照です。
「あの人達と同じよ」
「まさにね」
そうしたことを言うと、というのです。
0106創る名無しに見る名無し
垢版 |
2023/02/24(金) 21:45:24.93ID:g8iFxkmf
「もうね」
「元々そんなことを言う人達を風刺す
る作品でね」
「そんなことする人達が出て来て何年
も悪いことしてきたから」
「そうした人達と同じことをするのは」
「よくないわね」
「何があっても」
ああした人達と同じになることはとい
うのです。
そうしたことをお話してです、ニホン
ちゃんはアイヌちゃんにあらためて言
いました。

「こうしたことも含めて」
「どんなことでもね」
「ちゃんとした意見なら聞く」
「自分達が気に入らない都合の悪い様
なものでもね」
「委員会の人達みたいなことは何があ
ってもしない」
「そうしていかないとね」
二人でそのことを強く思うのでした、
今回のことでです。
二人共このことを再認識しました、そ
うしたことをしてこそちゃんとわかる
のだということを。
0108創る名無しに見る名無し
垢版 |
2023/02/26(日) 15:08:54.69ID:Oxpoie6L
    「関係ない人には」
日之本家でも男の人同士女の人同士で
結婚してもいいんじゃないかというお
話が出ています、こうしたお話につい
てはです。
「うちって別に結婚は兎も角としてね」
「別に駄目ではなかったダスな」
「ノブナガさんもやし」
オージー君とニュージー君がニホンち
ゃんに言います。
「シンゲンさん、ケンシンさんにや」
「マサムネさんもダスな」
「あの頃の人達にね」
ニホンちゃんも言います。

「トクガワさんがずっと社長さんだっ
た頃もアシカガさんの頃ももっと言え
ばフジワラさんの頃で」
「ずっとダスな」
「そういうのもよかったんやったな」
「それで座敷牢に入れられるとかもな
かったし」
日之本家では全く無縁のことでした。
「こうしたことはね」
「特にダスな」
「抵抗ないな」
「嫌いな人はいても」
そうしたことがです。
0109創る名無しに見る名無し
垢版 |
2023/02/26(日) 15:09:24.75ID:Oxpoie6L
「それでもね」
「そうダスな」
「ニホンちゃんとこはそうしたとこや
な」
二人もそれはと頷きます、ですが。
ニホンちゃんはここでこうも言うので
した。
「けれど男の人同士女の人同士の結婚
はどうかってね」
「今言われてるダスな」
「そやな」
「わたしは別に、かしら」
ニホンちゃんの考えはです。

「そうした趣味ないし迷惑でもないし。
武士もチンソー君もそうした考えで」
「ヲタやドキュソちゃんだとダス」
「むしろそうしたネタ好きかも知れん
な」
「腐女子の人達もいるしね」
日之本家名物の一つのです。
「わたし達も別にね」
「そやな、結局そっちの趣味がない人
にとっては関係のないことやねん」
ニュージー君がまさにとなって言って
きました。
0110創る名無しに見る名無し
垢版 |
2023/02/26(日) 15:10:04.92ID:Oxpoie6L
「こうしたことは」
「まあお隣さんが男の人同士でも女の
人同士でもダス」
オージー君はニュージー君のお話を聞
いて言いました。
「悪いことしないとダス」
「問題ないやろ」
「そうダス」
「わいも家族単位で昔はあかんわやっ
たけど」
「別にワス達自身に関わりないダス」
この件はというのです。

「何が変わる訳ではないダス」
「そやったらな」
「いいダスな」
「それよりもお隣さんがはた迷惑な吸
血鬼かオータム出版の人の方が問題や」
こうした人達の方がと言うニュージー
君でした。
「何かあると目の前でいやがらせの芸
をアルマジロとしたりな」
「遅れたら笑顔でバトルアックス持っ
てアイアンメイデンとお仕置きとか怖
過ぎるダス」
そして異世界にいても迎えに来ます。
0111創る名無しに見る名無し
垢版 |
2023/02/26(日) 15:11:33.03ID:Oxpoie6L
「ああした人達の方がやばいダスな」
「そや、別にヤマジュンさんでも田亀
さんでもな」
そうした人達の世界なご夫婦がお隣さ
んでもというのです。
「ええやろ」
「そうね。まあわたしの脚本結構そっ
ち臭いとも言われるし」
靖子ちゃんモードの時です。
「別に結婚していても問題ないわね」
「というか結婚ならダス」
ここでオージー君はこの言葉からふと
思いました。

「声優さんのご結婚にどうか言う人の
方がダス」
「問題よね」
「男の人同士女の人同士がお隣さんで
もワス等には問題ないダス」
「けれど声優さんのご結婚はプライベ
ートダス」
「それは大事にせんとな」
「騒ぐって声優さんご本人に迷惑だか
らね」
そうした人達の方が問題だと思う三人
でした、男の人同士女の人同士の結婚
で迷惑しないので。
0113創る名無しに見る名無し
垢版 |
2023/02/28(火) 22:02:02.76ID:46l+F83j
     「言うことは誰でも」
相変わらずカンコ家では日之本家を悪
役として出す紙芝居だのが大人気です、
それで中にはです。
「ニホンさんのお家に勝つ展開はもう
お約束ニダが」
「それでも何かニホンちゃん達を克服
したとか言う人がいるとか言う人が出
ているな」
チョゴリちゃんとコユンちゃんがお話
しています。
「そうだな」
「そうニダな」
チョゴリちゃんはコユンちゃんのその
言葉に頷きました。

「とはいっても公平に見るとやっぱり
ニホンさんのお家の方が何もかも大き
いニダ」
「一人当たりのお金がカンコ家の方が
多くなるとか言う人もいるが」
「物価とかあるニダ、一部の人が持っ
ていて殆どの人が持っていなくてその
うえで家族の人数で割って平均で多い
と言ってもニダ」
「一部の人ばかり持っていてどうする
んだ」
コユンちゃんは鋭い目になって指摘し
ました、カンコ家でお家のお店の店長
さん達だけがお金を持っているので。
0114創る名無しに見る名無し
垢版 |
2023/02/28(火) 22:02:49.07ID:46l+F83j
「やはりどう見てもな」
「ニホンさんのお家の方がかなり大き
いニダ」
「それでニホンちゃんのお家を克服し
たと言ってもだ」
それでもというのです。
「果たしてだ」
「どうニダか」
「多くのデータを見て考えるとそうな
す、そもそもだ」
コユンちゃんはチョゴリちゃんにさら
にお話しました。

「克服した人がその相手のことをやた
ら言うか」
「言わないニダな」
「自分で克服したと言っているうちは
克服にはならない、カンコを見るんだ」
ここでコユンちゃんはカンコ君を指し
示しました、見ればです。
カンコ君は今はドンブラザーズウヨ君が
脚本を務めているこの作品を観ています
が。
「もう響鬼騒動は過去ニダ、どうでもい
いニダ」
「どうでもいいなら言わない」
コユンちゃんははっきりと言いました。
0115創る名無しに見る名無し
垢版 |
2023/02/28(火) 22:03:30.65ID:46l+F83j
「あの騒動は僕から見ても非常に不愉快
なものだったからな」
「兄さんも間違っていると言っていたニ
ダ」
「その記憶が今も鮮明に残っていてその
時叩かれたウヨ君が脚本を書いた作品を
目にするとだ」
カンコ君はです。
「ああ言う、あの通り克服していないか
らこそだ」
「言うニダな」
「そうだ、カンコと同じだ」
今も響鬼後半騒動を忘れられないカンコ
君と、というのです。

「まさにな」
「克服している人は自分から克服したと
言わないニダ」
「そうだ、現に僕達はそんなことを言っ
ていないな」
コユンちゃんは自分達のお話もしました。
「ニホンちゃんのお家がどうとかな」
「というかウリはむしろ好きニダ」
チンイルパといいますかウヨ君が好きな
チョゴリちゃんらしい言葉です。
「そうニダ」
「それで何も言わないならな」
それならとです、コユンちゃんは言いま
した。
0116創る名無しに見る名無し
垢版 |
2023/02/28(火) 22:04:11.05ID:46l+F83j
「いい」
「そうニダな」
「よくないのは本当に囚われてな」
「そればかり言うことニダな」
「そうだ、だから僕達はな」
「言わないことニダ」
「ニホンちゃんのお家はニホンちゃんの
お家でだ」
それでというのです。
「僕達は僕達だ」
「ウリナラニダな」
「そういうことだ、僕達は僕達でやって
いけばいい」
日之本家のことは気にしないでというの
です。

「何だかんだ言うということはそれだけ
心が囚われている」
「その証ニダな」
「そうだ、カンコを見るんだ」
「作品について言うのはいいニダがもう
二度とあんな騒動は起こすなニダ」
「気持ちはわかるが流石に響鬼のことは
もう忘れてもいいだろう」
「確かに酷い騒動で嫌なことだったけれ
どニダな」
チョゴリちゃんはコユンちゃんにそんな
お兄さんを見る様に言われて見て頷きま
した、囚われてはよくないという実例を
見て。
0118創る名無しに見る名無し
垢版 |
2023/03/02(木) 22:21:10.39ID:mF3ePsqd
     「じゃあ撃つな」
キッチョム君の趣味はおもちゃの風船
ロケットを飛ばすことです、それこそ
自分の食べる分まで注ぎ込んでそのう
えで飛ばしています。
「これと花火を作ることは絶対に止め
られないニダ!」
「そんな暇あったら食べろ」
ウヨ君はそんなキッチョム君を見てお
顔を顰めさせて言いました。
「まずは」
「そうよね」
ニホンちゃんも完全に同意でした。

「普通はそうするわよね」
「そこがキッチョムのおかしなところ
だよね」
「うん、普通はまず食べることだよ」
「自分の身体のことを何とかしてお勉
強だってして」
「けれどあいつは首領様が言う訳のわ
からないトレーニングして」
欠食児童で身体もまともに動けない様
な状況で、です。勿論訓練になんてな
っていません。それでも首領様の言う
ままにしているのです。
0119創る名無しに見る名無し
垢版 |
2023/03/02(木) 22:22:06.77ID:mF3ePsqd
「ああして風船ロケットと花火のこと
ばかりでね」
「食べることもしないで」
「たまにカンコの家の冷蔵庫漁る位で
ね」
「よくなる筈ないわよね」
「根本からおかしいよ」
お口をへの字にさせてニホンちゃんに
言うウヨ君でした、そんなキッチョム
君を見て。
そんなキッチョム君ですがある日コク
レン先生にお手紙を送りました、その
お手紙は。

「えっ、食べものおくれって?」
「コクレン先生にお手紙送ったらしい
よ」
皆が通っている地球小学校の校長先生
であるこの人にというのです。
「しかも首領様からもお電話が入って
ね」
「あの、本当にね」
そのお話を聞いてでした。
ニホンちゃんは流石に目が点になって
でした。
そのうえで、です。こうウヨ君に言い
ました。
0120創る名無しに見る名無し
垢版 |
2023/03/02(木) 22:23:10.82ID:mF3ePsqd
「風船ロケットとか花火の前にね」
「うん、食べることだよ」
ウヨ君も言います。
「まずはね」
「そうよね」
「兎に角あいつはね」
「そっちを先にしないとね」
「そういうのとか訳のわからない訓練
なんかよりもだよ」
「お勉強とか」
「それにだよ」
ウヨ君はさらに言いました。

「首領様、噂だけれど自分だけはいつ
もお腹一杯食べてるんだよね」
「そうみたいね」
ニホンちゃんもそのお話は聞いていま
す。
「噂だけれど」
「それで丸々と太っているそうだし」
「まあ太ってるのはキッチョム君も同
じだけれどね」
「あれ設定が矛盾してるから」
このことは以前も作中で言われていま
した、ユニバーシアードを元ネタにし
た作品だったでしょうか。
0121創る名無しに見る名無し
垢版 |
2023/03/02(木) 22:24:08.80ID:mF3ePsqd
「普通はないから」
「まあそうしたネタ設定ってことね」
「そうだよ、けれどキッチョムは欠食
児童にしても」
それで太っていてもです。
「あの首領様はね」
「本当に食べて太ってるみたいね」
「自分だけはね」
キッチョム君を餓えさせてです、まる
でマニマニピーポに出て来る様な毒親
の如き所業と言うべきでしょうか。俺
はアントンとは姉妹チャンネルです。

「じゃあだよ」
「その食べる分をキッチョム君に分け
ないと」
「全く以てお話がおかしいよ」
「そうよね、この町ってどのお家も何
かと問題があったりするけれど」
「あいつのところは極めつけだよ」
「何処がおかしいかじゃなくて」
「何もかもがおかしいよ」
「そうよね」
「それじゃあ論外だよ」
このこともお口をへの字にさせて言う
ウヨ君でした、そして今回も弟さんの
お言葉に頷くニホンちゃんでした。
0123創る名無しに見る名無し
垢版 |
2023/03/04(土) 21:56:19.00ID:6jelVSFo
     「三番目タイワンちゃん」
ニホンちゃんのお家の会社は町中広く
様々な事業でお仕事をしています、そ
の中で一番沢山のものを売っているお
家はといいますと。
「やっぱり一番は僕あるな」
「そうなのよね」
ニホンちゃんはチューゴ君に応えまし
た。
「何かとあるけれど」
「そこでそれ言うあるか」
「まあそれでもってことね」
少しむっとなったチューゴ君にさらり
と返すニホンちゃんでした、強くなっ
たと言うべきか。

そのうえで、です。ニホンちゃんはさ
らに言いました。
「その次がね」
「僕なんだYO」
今度はアメリー君が言いました。
「長い付き合いだしな」
「色々とあったけれどね」
「何かニホンちゃん今毒ない?」
「そうかしら」
今回もあっさりと返すニホンちゃんで
した、そうしてそのままお話を続けて
いきます。
0124創る名無しに見る名無し
垢版 |
2023/03/04(土) 21:57:15.53ID:6jelVSFo
「三番目はね」
「遂に出番ニダな」
「ヤアヤアヤア!」
この掛け声と共にでした。
何処かの絆が出来たなのぞんざいなレ
ッドのコスプレで踊る人達まで引き連
れて輿に乗ってカンコ君登場です、そ
うしてその上から言うのでした。
「ウリしかいないニダな、最終回記念
でこの登場ニダ」
「あっ、カンコ君じゃないから」
今回もあっさり返すニホンちゃんでし
た。

「それにもう新番組はじまるわよ」
「それを言うなニダ、では三番目は誰
かニダ」
「あたしなのよね、これが」
ここで、でした。
今度はタイワンぢゃんが出て来てです、
得意満面のお顔でカンコ君に言ってき
ました。
「残念だったわね、バカンコ」
「くっ、タイワンお前だったニダか」
これには物凄く悔しそうになるカンコ
君でした。
0125創る名無しに見る名無し
垢版 |
2023/03/04(土) 21:58:10.52ID:6jelVSFo
「流石にチューゴ君やアメリー君には
と思ったニダがよりによってお前に負
けるとはニダ」
「正確に言えばお家同士のことだけれ
どね。それでこんな時はねえねえどん
な気持ち?って煽るけれど」
「好きなアニメ作品が延期になった様
な気持ちニダ」
本当に悔しそうに返すカンコ君でした。
「今期多いニダがな」
「色々あるからね」
そこはタイワンちゃんも知っています。

「まあ来期まで待ちましょう」
「仕方ないニダな」
「異世界おじさんは三月最終回放送だ
し」
「待ちに待ったニダ、そして今のウリ
はニダ」
何だかんだでタイワンちゃんと息の合
ったやり取りをしてから言うカンコ君
でした。
「お前にだけは負けたくなかったニダ」
「あたしはあんたに勝てて嬉しいわ」
容赦なく煽るタイワンちゃんです。
0126創る名無しに見る名無し
垢版 |
2023/03/04(土) 21:58:56.50ID:6jelVSFo
「三番目でもね、トップにならなかっ
たにしても」
「トップを目指すニダ、今度は」
「精々頑張りなさい」
「あれっ、何で二人共トップ目指すの
かしら」
ここでいつもの鈍感さを発動させたニ
ホンちゃんでした。
「こうしたこと別にトップでもなくて
もいいんじゃない?」
「いや、それはある」
「違うからねニホンちゃん」
その鈍感さにです。

チューゴ君もアメリー君も流石にどう
かと言いました。
「まあカンコもタイワンもだよ」
「思うところがあるあるよ」
「思うところって?しかもカンコ君っ
ていつもわたしのこと大嫌いって言う
のにやたらわたしのこと意識してるか
らわからないのよね」
「ええい、わかれニダ!」
「それはね、あたしとしてもよ」
相変わらずのニホンちゃんにこれまた
いつもみたいに返す二人でした、三番
目を争う二人も何かと大変です。
0128創る名無しに見る名無し
垢版 |
2023/03/06(月) 21:57:40.46ID:RtH5kFxa
    「何があっても食べる」
バレンタインがありました、カンコ君
は例によってまずはニホンちゃんから
貰ってそれから他の娘達から貰いまし
た、そのうえで胸を張って言いました。
「ウリと狐のライダーの人どっちがも
てるニダか」
「兄さん、そこにニホンさんのがない
とどうでもいいニダな」
チョゴリちゃんもあげてからお家の中
で突っ込みを入れました。
「そうニダな」
「ニホンから貰ってやらずしてニダ」
カンコ君も否定しません。

「何が嬉しいニダな」
「それニホンさんにも言ってるニダな」
「しかしニホンは何も気付かないニダ」
相変わらずこうしたことにはとことん
鈍感なニホンちゃんです。
「どうしたものニダか、しかしそのニ
ホンから最初に受け取ったニダ」
いつも通り他の娘達はあえて待たせて
最初にニホンちゃんが渡すというのが
バレンタインでのカンコ君への渡し方
です。他の娘達は全く、とお口に出し
て言いますがそこで行いをあらためる
カンコ君ではありません。
0129創る名無しに見る名無し
垢版 |
2023/03/06(月) 21:58:42.69ID:RtH5kFxa
それで今年もなのですが。
「だから今もこう言うニダ、皆からも
貰ったしチョゴリそれにコユンからも
だな」
「それはいいのだが」
キッチンからそのコユンちゃんの声が
きました。
「貰ってもか」
「コユンが作らなくてもウリが作るニ
ダが」
「これ位僕が作ってやる」
「どうしてニダか?」
今度はカンコ君がわかっていないとこ
ろを見せました。

「ウリが食べるものなのにニダ。しか
もエプロンまで着けて奥さんみたいニ
ダな」
「兄さん、それ以上言うと兄さんのお
部屋で爆轟さんと緑谷さんにやり合っ
てもらうニダよ」
「何っ、来週どうなるニダか」
「原作参照ニダ」
「それではクラス全体のバトルニダ、
あんなのやられたらお部屋が無茶苦茶
になってしまうニダ」
原作参照と聞いて即座に返すカンコ君
でした。
0130創る名無しに見る名無し
垢版 |
2023/03/06(月) 22:00:39.44ID:RtH5kFxa
「アニメの岡本さんの手前は笑ってい
るのかよという台詞は感激したニダが」
「次回楽しみニダな」
「しかしあんなバトルはお部屋でして
もらう訳にはいかないニダ」
「それが嫌ならそれ以上は言わないで
コユンさんが作ってくれたものをその
まま食べるニダ」
「わかったニダ」
カンコ君も頷きました、そうしてなの
でした。
コユンちゃんはエプロン姿でいそいそ
と作ってくれるお料理を待つことにし
ました、そのお料理は。

ジャージャー麺でした、コユンちゃん
はカンコ君にそれを出してから言いま
した。
「チョコーレートは貰ったから食べな
くていいだろう」
「これはこれで美味しいし様式美とい
うものニダ」
カンコ君はお箸を取って自分の傍にエ
プロン姿のまま立っているコユンちゃ
んに答えました。
「だから食うニダ」
「それで毎年食べているか」
また言うコユンちゃんでした。
0131創る名無しに見る名無し
垢版 |
2023/03/06(月) 22:01:37.12ID:RtH5kFxa
「そういうことか」
「そうニダ、では早速食うニダ」
こうしてでした。
カンコ君はジャージャー麺を食べます、
するとチョゴリちゃんが尋ねてきまし
た。
「兄さん美味しいニダか」
「美味しいニダ」
実際に食べながらの感想です。
「コユンは料理上手ニダな
「それは何よりニダ、では有り難く頂
くニダよ」
チョゴリちゃんは真面目に言いました。

「いいニダな」
「ではそうさせてもらうニダ」
「今年もいいバレンタインだったな」
コユンちゃんは自分が作ったジャージ
ャー麺を美味しく食べているカンコ君
を見て微笑んで言いました。
「来年もこうしたいな」
「そうニダな、三人でそうしていくニ
ダよ」
チョゴリちゃんもにこりと笑って頷き
ました、そうしてカンコ君にホワイト
デーのお話をするのでした。
0133創る名無しに見る名無し
垢版 |
2023/03/08(水) 20:34:51.25ID:hel0MPeO
    「毎年言われるのが嫌」
カンコ君はこの日クラスの皆をお家に
招いています、ですが。
皆微妙なお顔でいます、その中でタイ
ワンちゃんがカンコ君に言いました。
「あのね、あんた毎年冬になったらい
つも異常に気にするけれど」
「ええい、だから言うなニダ」
「オンドゥルってよね」
「ウリナラのものはオンドルニダ」
物凄く強く言うカンコ君でした、そこ
は間違えるなというのです。それでタ
イワンちゃんにあらためて言いました。

「オンドゥルではないニダ」
「このネタ一体何年言ってるんだYO」
アメリー君もどうかというお顔になっ
てカンコ君に言います。
「仮面ライダー剣って言っても十九作
前のライダーだろ」
「名作あるがそれ故にネタも存在して
いるある」
チューゴ君も同じお顔になってそのう
えでカンコ君に言います。
「一々気にするなよろし」
「確かにあの作品は名作ニダ」
最終回まで観るとかなりです。
0134創る名無しに見る名無し
垢版 |
2023/03/08(水) 20:35:47.51ID:hel0MPeO
「しかしあのネタを出されるとどうに
もニダ」
「どうにも我慢出来ないんだな」
「そうあるな」
「ウリナラ式床下煖房と言って欲しい
ニダ」
かなり強引に言うカンコ君でした。
「では皆あったまるニダ」
「全く、もう仮面ライダーもギーツに
なってるのにね」
タイワンちゃんはお口をへの字にさせ
て言いました。

「何時までそのネタを気にしているの
よ」
「気にならない筈がないニダ、今度あ
の言葉を出したらお前の家に悠木碧さ
ん声の雪女送り込むニダ」
「それってご褒美だろ」
「そうあるな」
アメリー君とチューゴ君はその雪女と
聞いてこう返しました。
「まさか悠木さんがあんな色気のある
演技出来るなんてな」
「キャラも凄いあるが中の人もかなり
あるぞ」
こうカンコ君に言うのでした。
0135創る名無しに見る名無し
垢版 |
2023/03/08(水) 20:36:34.23ID:hel0MPeO
「悠木さんは小柄で可愛い系の外見あ
るがああした演技も出来るとはある」
「流石って言うべきだYO、早見沙織
さんにも負けてないな」
「・・・・・・なら杉田智和さん声の
化け猫にしておくニダ」
カンコ君それならと言い返します。
「兎に角ウリナラ式床下煖房と言うニ
ダよ」
「あたし杉田さん好きあからそれでも
いいけれど別にこんなことであんたに
嫌がらせするつもりないし」
タイワンちゃんは冷めた目で言いまし
た。

「そこまで言うならいいわ」
「それならいいニダ、ではこれからも
っとあったまる為にプテチゲを出すニ
ダ」
このカンコ家のお料理をというのです。
「皆心ゆくまで楽しむニダよ」
「それじゃあね。しかしあの時からあ
んた毎年冬はこんなこと言ってるわよ
ね」
あらためて言うタイワンちゃんでした。
「毎年付き合うあたし達の気にもなり
なさいよ」
「ええい、さっさと食うニダ」
もうプテチゲを出すカンコ君でした。
0136創る名無しに見る名無し
垢版 |
2023/03/08(水) 20:37:22.36ID:hel0MPeO
「飲みものも出したニダ、マッコリも
あるニダよ」
「ああ、マッコリジュースな」
「流石に小学生でお酒はないある」
「そうニダ、お鍋にジュースであった
まるニダ」
こう皆に言ってでした。
皆で楽しく飲んで温まりました、その
うえでカンコ君は皆に尋ねました。
「ウリナラ式床下煖房よかったニダな」
「ええ、よかったわよ」
物凄く憮然としたお顔で答えるタイワ
ンちゃんでした。

「その強引な長ったらしい名前以外は
ね」
「強引ではないニダ、その名前の通り
ニダ」
「それはそうだけれどね、じゃあまた
冬までよね」
「この煖房はお休みニダ」
「また寒くなったらよね」
「使うニダ」
こう言って煖房を消したカンコ君です、
兎に角皆にその名前で煖房を呼ばせる
ことはないのでした。
0138創る名無しに見る名無し
垢版 |
2023/03/10(金) 22:15:43.82ID:vdlYphyw
    「お金は大事だよ」
プーチンさんがロシアノビッチ家のガ
ードマンの人達を連れてウクライナち
ゃんのお部屋で暴れる様になって一年
です、その間町全体がとんでもないこ
とになり続けています。
それは当然ながら日之本家も同じでし
て。
ニホンママさんは夜にリビングでテー
ブルに座って向かい合っているニホン
パパさんに困ったお顔で言いました。
「もうガス代電気代にね」
「物価もだよね」
ニホンパパさんもわかっています。

「何もかもがね」
「ええ、今はね」
ニホンママさんはさらに言いました。
「高くなってきていて」
「苦しいよね」
「本当に上がるばかりで」
「お茶までそうなったしね」
「ペットボトルのね」
「こんなことがずっと続く様ならね」
ニホンパパさんも腕を組んで困ったお
顔になって言いました。夫婦でどうに
も暗い感じです。
0139創る名無しに見る名無し
垢版 |
2023/03/10(金) 22:16:56.42ID:vdlYphyw
「何かと切り詰めないとね」
「ええ、プーチンさん達が暴れるのが
終わらないと」
「こうした状況が続くね」
「もっと言えば終わっても暫くはだと
思うわ」
こうしたお話は日之本家だけでなく他
のお家でもしています、お家によって
はもっと大変です。
そんなお話をした次の日に今の日之本
家の会社の社長さんのキシダさんがニ
ホンパパさんに言いました。

「ウクライナちゃんとお部屋の人達が
大変ですから」
「我が家でもですか」
「はい、助ける為に」
まさにその為にというのです。
「この度です」
「お金を送って」
「そうしてです」
そのうえでというのです。
「助けようと思います」
「うちはラジコンとかは送れないです
からね」
アメリー家やゲルマッハ家と違ってで
す。
0140創る名無しに見る名無し
垢版 |
2023/03/10(金) 22:17:45.18ID:vdlYphyw
「だからですね」
「お金でもいいですね」
「お金は大事ですよ」
ニホンパパさんはキシダさんにその通
りと答えました。
「本当に」
「そうですね、ですから」
「今回は貸すのではなくですね」
「あげます」
そうするというのです、こうした場合
は貸すケースが多いのですがそうでは
ないというのです。

「そうします」
「そうして助けますね」
「さもないとウクライナちゃん達が大
変ですし」
「今回の喧嘩も続きますね」
「それにうちが何もしなかったと言わ
れるのではなく」
「お金をあげたことがですね」
「この事実もありますし」
要するに何かと考えがあるということ
です、善意だけではないことは世の中
の常でしょうか。
0141創る名無しに見る名無し
垢版 |
2023/03/10(金) 22:18:45.00ID:vdlYphyw
「そうします、それで兎に角早く終わ
れば」
「それはキシダさんも同じですね」
「当然です、やり繰りも大事ですがま
ずは終わることです」
その元凶がというのです、こうお話を
してでした。
キシダさんは実際にウクライナちゃん
とお部屋の人達にお金をあげました、
そうしてウクライナちゃん達を助けま
す。そのことを見てニホンパパさんと
ニホンママさんはまたお話をしました。

「今回はね」
「ええ、プーチンさん達が勝つのじゃ
なくてね」
「ウクライナちゃん達が勝ってこそだ
し」
「キシダさんの決断は正しいわね」
「アベさんと比べられて何かと言われ
るけれど」
「今回はいい判断そして行動ね。この
ことが喧嘩が早く終わることの一つに
つながればいいわ」
「全くだよ」
二人でお話しました、兎に角今はこの
喧嘩が早く終わることを願うのでした。
0143創る名無しに見る名無し
垢版 |
2023/03/12(日) 23:36:13.75ID:72mM/q09
    「バケモノカード」
もうすぐ町のボーキュー大会がはじま
ります、この大会にもニホンちゃんは
出場しますが。
今ニホンちゃんが持っているカードに
は物凄いカードがあります、ニホンち
ゃんはそのカードを見てアイヌちゃん
ににこりと笑って言いました。
「オオタニカードがね」
「今のニホンちゃん最強のカードよね」
「ええ。やっぱり投げるだけじゃなく
てね」
こちらも何かおかしいんじゃないかと
いう能力ですが。

「打つ方もね」
「物凄いからね」
「オオタニカードをどう使うか」
「それ次第で違うわね」
「これまでのイトウカードやマツザカ
カードも凄かったけれど」
「オオタニカードは別格よ」
「そのカードがわたしのところに戻っ
てきたから」
それでというのです。
「いよいよね」
「戦力揃ったわね、いやまさかね」
アイヌちゃんはこんなことを言いまし
た。
0144創る名無しに見る名無し
垢版 |
2023/03/12(日) 23:37:00.05ID:72mM/q09
「私が最初熊チームに入れた時はね」
「果たして両方いけるかしらだったわ
よね」
「ピッチャーかバッターか」
「どっちかにしようってなってたわね」
「それでどうなるかって思っていたけ
れど」
それでもというのです。
「いざ使ってみたら」
「これがね」
「どんどん能力が上がって」
最初はどうなるのかと思われていたと
ころです。

「圧倒的戦力だった鷹チームやっつけ
て」
「あの時ザイ君唖然となっていたわ」
鷹チームを持っていたこの子がです、
他には何かとこのチームを手助けして
いるタイワンちゃんもでした。
「オオタニカードはバケモノかって」
「池田秀一さんの声で言ってたわね」
「そう、赤い彗星のね」
まさかこんなに凄いカードが出て来る
そしてそうなるとは思っていなかった
ので。
0145創る名無しに見る名無し
垢版 |
2023/03/12(日) 23:41:34.05ID:72mM/q09
「唖然となってね」
「ええ、それでアメリー家に行って」
「もっと凄くなったのよね」
「いや、私もこんなカード見たのはじ
めてよ」
持っていたアイヌちゃんもこう言いま
す。
「投げる方も打つ方も規格外で」
「水島先生の漫画でも出ないわよね」
「流石にね」
本当にこんなバケモノカード見たこと
ない、それがオオタニカードです。

そんな桁外れのカードについて二人で
楽しくお話していますがそのオオタニ
カードを見てです。
ボーキューははじめたばかりで今回大
会に予選参加資格を手に入れたチェコ
ちゃんは仰天して言いました。
「あんなカードあるの!?ボーキュー
には」
「いや、あれは特別ダスよ」
同じ予選組み合わせのオージー君が答
えました。ちなみにこの組み合わせに
はニホンちゃんもいます。
0146創る名無しに見る名無し
垢版 |
2023/03/12(日) 23:42:57.03ID:72mM/q09
「ボーキューの歴史でもあんなカード
はないダスよ」
「ないの」
「伝説のベーブ=ルースカード以上か
も知れないダス」
「えっ、ベーブ=ルース以上って」
そう聞いてです、チェコちゃんはさら
に仰天しました。
そうしてです、こう言ったのでした。
「そんなに凄いの」
「だからワスも言うダス」
オージー君真顔でした。

「あのカードはもう常識外ダス」
「というとパワプロで改造コード使っ
て造った選手?」
「もうその域ダス」
「そこで否定しないのね」
「ピッチャーとしてもバッターとして
もチートダスからな」
「両方チートって」
「どうしたカードと戦うということを
意識するダスよ」
心から言うオージー君でした、相手に
とっては恐ろしい脅威に他ならないオ
オタニカードなのでした。
0148創る名無しに見る名無し
垢版 |
2023/03/14(火) 22:04:59.58ID:31qim/0e
   「そういえばそうだ」
カンコ君はこの時ノストラダムスとか
他の地的生命体とか影の組織とかにお
箸が転がっても強引に結び付けてその
うえで町の人達滅亡の序曲だと喚き散
らす雑誌編集者の人達が出ている漫画
を読んでいました、そのうえで腐れ縁
で一緒にいるタイワンちゃんに言いま
した。
「この主人公達正気ニダか」
「最近のあんたにはそう言う資格ある
わね」
この作品初期のカンコ君を思い出しな
がら返すタイワンちゃんでした。

「昔のあんたも何かとね」
「騒いでいたニダな」
「だからその頃のあんただとまさにね」
「お前が言うなだったニダな」
「ええ。けれどあんたも随分落ち着い
たしね」
最近のカンコ家ではソ先生とかそんな
人達が凄いです。
「そう言ってもそうよねって言えるわ」
「そうニダな」
「その漫画の主人公とお仲間の人達ど
う見ても正気じゃないわよ」
タイワンちゃんも断言します。
0149創る名無しに見る名無し
垢版 |
2023/03/14(火) 22:05:47.60ID:31qim/0e
「何が何でも町の人達滅亡でしょ」
「陰謀論喚き散らしてニダ」
「こんな人達リアルでいたら確実に病
院行きよ」
「即刻入院ニダ」
「自分が言ってること、頭の中でのイ
メージとか客観視出来てないわね」
「過去も振り返っていないニダ」
二人でこんなことをお話します、そう
したお話をしているとです。
ポーラちゃんがやって来てこんなこと
を言いました。

「やっぱりね」
「やっぱりってどうしたニダか」
カンコ君はポーラちゃんに漫画を読み
ながら応えました。
「一体」
「いや、その漫画陰謀とかそういうお
話滅茶苦茶信じてるわね」
「どんな胡散臭いお話も鵜呑みにして
くれるニダ」
カンコ君はこうポーラちゃんに答えま
した。
「陰謀論を疑うことをしないニダ」
「この主人公達ってね」
特に主人公を見て言うポーラちゃんで
す。
0150創る名無しに見る名無し
垢版 |
2023/03/14(火) 22:06:40.34ID:31qim/0e
「感情的過ぎるでしょ」
「っていうか理性とか落ち着きとかと
は全く無縁よ」
今度はタイワンちゃんが答えました。
「冗談抜きでお酒飲み過ぎか危ないお
薬してるかもね」
「そうよね、実はアメリーやエリザベ
スと調べたけれど」
ポーラちゃんはあらためて言いました。
「こうした人って陰謀を信じやすいの
よ、結局いつも不安だから感情的にな
っていて」
「それでニダか」
カンコ君が応えました。

「騒ぐニダか」
「それで不安にさせたりすることがあ
ったら」
その時はというのです。
「何かのせいにして」
「この漫画の主人公みたいになるニダ
か」
「その主人公まさにその典型的よ」
そこまで酷いというのです。
「もう私達が調べたことのね」
「サンプルニダか」
「これ以上ないまでに」
そこまでというのです。
0151創る名無しに見る名無し
垢版 |
2023/03/14(火) 22:07:33.04ID:31qim/0e
「サンプルよ」
「そうニダか」
「まあこの主人公さん達どう見てもだ
しね」
今度は二人でポーラちゃんの言葉に頷
きました。
「感情しかないし」
「情緒不安定にも程があるニダ」
「それで本当に陰謀論無茶苦茶信じて
るから」
「何でも疑わずそうして町の人達滅亡
の序曲だって喚いてるニダからな」
「もうまんまよ」
また言うポーラちゃんでした。

「陰謀を信じる人っていうのはね」
「こうした人ニダな」
「この漫画読めばよくわかるのね」
「ええ、それで町でリアルでこんな人
がいたら」
「病院送りニダな」
「すぐに救急車呼ぶべきね」
「そこまで酷いとね」
それこそというのです、そしてポーラ
ちゃんもその漫画を読みますが。
あらためてサンプルと言いました、こ
こまで酷いとなると、と。
0153創る名無しに見る名無し
垢版 |
2023/03/16(木) 22:00:28.25ID://TTkw4a
    「他の人達が駄目過ぎる」
サヨックおじさんの周りはあまりいい
人がいません。
「そういえば喫茶店やってるっていう
設定なかった?」
「あのどぜうが言ってるだけで公式じ
ゃないよ、この作品公式設定ないから
ね」
ウヨ君はお姉さんにこの作品で散々悪
いことをしてきた委員会のメンバーの
一人の名前を嫌そうに出してお話しま
した。そういえばツイッターをやって
いたとか。

「無職かもっていう場合もあったよ」
「まあおおむねこうなってるっていう
設定ね」
「俺達はね、それでだけれど」
さらにお話するウヨ君でした。
「何かサヨックおじさんの周りでまた
ノダさんに頑張ってもらおうかってい
うお話出てるらしいよ」
「そうなの」
「あの人もうちのお家の会社で社長さ
んやってたことあるし」
あのポッポおじさんやカンさんといっ
た人達の頃です。
0154創る名無しに見る名無し
垢版 |
2023/03/16(木) 22:02:15.49ID://TTkw4a
「それでキシダさんにもね」
「対抗出来るからっていうの」
「そう、それでね」
その為にというのです。
「そんなお話が出ているらしいよ」
「そうなのね」
「まあね」
ここでウヨ君はこんなことを言いまし
た。
「今あの人の周りの人達の中ではね」
「ノダさんが一番まともというか」
ニホンちゃんも言いました。

「他の人達がね」
「あんまり過ぎるからね」
「オカダさんにエダノさんにで」
「その人達もかなり酷いけれどね」
「アズミさんもね」
「そして最悪なのは」
オカダさん達より酷いというその人達
はといいますと。
「レンホーさんツジモトさんだからね」
「あとコ〇〇さんも」
「ジオンに人なしっていったけれど」
レビル提督の言葉です。
0155創る名無しに見る名無し
垢版 |
2023/03/16(木) 22:03:14.92ID://TTkw4a
「あの人の周りもね」
「人なしよね」
「流石のサヨックおじさんも呆れだして
るみたいだし」
あまりにも酷くてです。
「あんなどうしようもない人達ばかりだ
と」
「ノダさんは遥かにましね」
「さっきどぜうの名前出したけれど」
作品世界をスレごと散々荒らし回ったこ
の人物と、というのです。ウヨ君はさら
にお話しました。

「どぜう、マキナ、黄鉄鉱、難波久美、
青風、無銘仁、北極星ときてシェロって
なったらシェロがましだよね」
「ええ、他の人達が最低過ぎてね」
「あさぎりにしてもね、最初に挙げた連
中はウルトラマンで言うとヤプールだよ」
「シリーズ最低最悪の敵だったわね」
「それでシェロやあさぎりは普通の敵だ
よ」
「それ位違うから」
「だからね」
それでというのです。
0156創る名無しに見る名無し
垢版 |
2023/03/16(木) 22:03:56.96ID://TTkw4a
「ノダさんは社長さんとしてはどうにも
ならなくても」
「他の人達に比べればましね」
「少なくとも人間性は見られるよ」
「他の人達は人間性もだからね」
「〇ニシさんなんて間違い指摘されたら
それだけで弁護士出して訴えるなんだよ」
これは実際にありました。
「どうかってなるよね」
「レンホーさんツジモトさん見るだけで
嫌って人もいるし」
性格に問題があり過ぎてです。

「今回コ〇〇さん伏字入れてるのは本当
に訴えられるって心配してだしね」
「言い間違い指摘されて訴えるなんてい
う人何してくるかわからないからね」
「本当にそんな人達の中だと」
「ノダさんは遥かにましだよ」
こうお話しました、そしてです。
二人であらためてサヨックおじさんの周
りの人達を見て思いました。
「本当にあんまりよね」
「どの人達もね」
確かにノダさんがましだとわかる、心か
ら思うのでした。
0158創る名無しに見る名無し
垢版 |
2023/03/18(土) 22:00:05.37ID:Yyb2M9zr
 「そして誰もいなくなった」
アイヌちゃんはホッカイの間で熊チー
ムが使うグラウンドのことでお部屋の
管理人の人と揉めていました、この人
はグラウンドのおもちゃカードを使う
そこのことでアイヌちゃんに何かと偉
そうでかつ一方的なことを言ってきま
した。
それがあんまりにも酷くてです、アイ
ヌちゃんはニホンちゃんに言いました。
「もう私が自分で造るから」
「グラウンドのおもちゃをなのね」
ニホンちゃんも応えて言います。

「そうするのね、管理人さんがあそこ
まで一方的だとね」
「もう使いたくないから」
「あのグラウンド何かと問題もあるし」
「そのこともあるから。シューキュー
の方はまだ使うけれど」
それでもというのです。
「ボーキューはね」
「別のグラウンドを造って」
「そっちでやっていくわ」
こう言ってそうしてでした、アイヌち
ゃんはです。
0159創る名無しに見る名無し
垢版 |
2023/03/18(土) 22:00:36.35ID:Yyb2M9zr
本当に自分でグラウンドを造ってしま
いました、そのうえでニホンちゃんに
言いました。
「もうね」
「これからはなのね」
「ええ、このグラウンドを使って」
そうしてというのです。
「やっていくわ」
「それがいいわね、ただね」
ニホンちゃんはアイヌちゃんに少し真
面目なお顔になって言いました。その
言うことはといいますと。

「管理人さんは強気みたいよ」
「私がボーキューで使わなくなっても
やっていけるっていうのね」
「そう言ってるけれど」
「じゃあやっていったらいいわ」
アイヌちゃんはこう返しました。
「私はもう決めたから」
「新しいグラウンドでやっていくって」
「ええ、管理人さんは管理人さんでね」
こう言ってでした。
アイヌちゃんは本当にチームをそちら
に移しました、そうしてです。
0160創る名無しに見る名無し
垢版 |
2023/03/18(土) 22:01:14.37ID:Yyb2M9zr
そこでボーキューをはじめますとゲー
ムを観たいという人が出て来てお名前
を書きたいという人も集まってきまし
た、ですが。
「あっ、もう消しますんで」
「ここで試合しないんですよね」
「それならいいです」
「さよならです」
管理人さんのグラウンドはです。
皆集まらなくなりこれまで書かれてい
た名前もです。
どんどん消されていっています、そう
してでした。

閑古鳥が鳴いています、そんな状況に
なりまして。
管理人さんは今更ながら慌てふためい
てこんなことを言いました。
「どうすればいいんだ!」
「あの、あんなことしたらアイヌちゃ
んも怒りますよ」
ニホンちゃんは管理人さんにもお話し
ました。
「それこそ」
「熊チームの本拠地はあのグラウンド
だけだと思っていたからああしていた
のに」
本音を出す管理人さんでした。
0161創る名無しに見る名無し
垢版 |
2023/03/18(土) 22:02:11.21ID:Yyb2M9zr
「それがこうなるとは」
「そんなお考えだからですよ」
また言うニホンちゃんでした。
「こうなるんです」
「自業自得なのか、私の」
「はい、何か漫画ぷらーざみたいな展
開ですけれど」
漫画動画にあてはめて考えると、とい
うのです。
「相手がそうするしかないと思って好
き勝手しますと」
「こうなるのか」
ニホンちゃんに言いました。

「今の私みたいに」
「はい、本当にヒュウガさんを見てい
るみたいです」
漫画ぷらーざでの悪役担当です、本当
に最低な役が多いです。
「もうこれはです」
「破滅しかないのか」
「大赤字になりますよ」
ニホンちゃんもこの人にはこう言うだ
けでした、何しろこの人がしてきたこ
とをよく見て来たので。それでアイヌ
ちゃんには応援の言葉をかけるのでし
た。
0163創る名無しに見る名無し
垢版 |
2023/03/20(月) 22:15:33.21ID:BwWxTgWD
     「準備万端清潔に」
明日声優さん達のライブに行くという
時になってです。
ヲタ君は一緒に行くチンソー君それに
ドキュソちゃんに言いました。
「今日はもう寝よう」
「ああ、明日ライブ行くしな」
「ずっとたちっぱでペンライト振って
動くしーー」
二人も納得したお顔で頷きます。
「それじゃあね」
「もう寝ようか」
「もう明日の会場の場所はチェックし
たかな」
ヲタ君は二人に尋ねました。

「それで」
「勿論だしーー」
「ちゃんとマップ見ておいたぜ」
「爪も切ったかな」
「切ったし」
「ちゃんとな」
「じゃあお風呂は」
このことも尋ねるヲタ君でした。
「どうかな」
「ああ、入ったぜ」
「隅から隅まで洗って匂いもオッケー
って感じ?」
二人は笑顔で答えました。
0164創る名無しに見る名無し
垢版 |
2023/03/20(月) 22:16:09.97ID:BwWxTgWD
「清潔第一だしね」
「もう大丈夫だぜ」
「それならいいよ、じゃあもう寝よう
ね」
まだ寝るには早いです、ですがそれで
もなのでした。
三人共この日はぐっすりと寝てそうし
てでした。
服装もちゃんとしてライブに行きます、
そうして真面目に応援してそのうえで
帰りました。そしてお家に帰ってから
でした。

三人でライブのお話をしました、その
お話を聞いてです。
ニホンちゃんは三人に微笑んで言って
きました。
「三人共真面目にライブの準備して応
援してきたのね」
「周りも人がいるしそうしたこともち
ゃんとしないとってね」
ヲタ君が答えました。
「声優さんが仰っていたし」
「そうなのね」
「言われてることはまともな」
ヲタ君はさらに言いました。
0165創る名無しに見る名無し
垢版 |
2023/03/20(月) 22:16:51.34ID:BwWxTgWD
「常識のことで」
「特になのね」
「問題のあることじゃないけれど」
「というかライブ前でなくてもお風呂
はちゃんと入っておかないといけない
んじゃない?」
ドキュソちゃんが言ってきました。
「爪だって伸ばしてると危ないし」
「会場の何処に何があるかのチェック
だってな」
チンソー君はニホンちゃんにこちらの
お話をしました。

「当然だしな」
「それにライブって確かに体力を使う
からね」
ヲタ君がまたお話しました。
「ちゃんと寝ておかないとね」
「前日にはね」
「そうしたことは全部ね」
まさにというのです。
「常識だから」
「言うまでもないことね」
「けれどそうしたことがね」
どうにもというのです。
0166創る名無しに見る名無し
垢版 |
2023/03/20(月) 22:17:30.21ID:BwWxTgWD
「出来ていない人がね」
「いるのね」
「アニメファンの人達の中にもね」
「まあ一番酷いのはな」
「鉄道模型の人達?」
チンソー君とドキュソちゃんは言いま
した。
「撮る人達ね」
「あの連中はもうマナーもへったくれ
もない奴いるからな」
「そういう人達見てたらって感じ?」
「俺達は最低限のこと位って思うしな」
「だから三人で気をつけてるんだ」
ヲタ君はニホンちゃんにお話しました。

「以前からだったけれど」
「声優さんも言われたから」
「そうしてるんだ」
「いいことね、それじゃあね」
「うん、僕は鉄道模型もやってるし」
「そっちも気をつけていくのね」
「そうしていくよ」
こうニホンちゃんに言います、そうし
て実際になのでした。
チンソー君ドキュソちゃんと三人で気
をつけていきます、そのうえでライブ
に行くのでした。
0168創る名無しに見る名無し
垢版 |
2023/03/22(水) 21:14:12.25ID:xJzI4Xbw
     「これだけで変わる」
ネットでの悪質な書き込みには本当に
困ったものです、このことはザイちゃ
んとザイニー君が管理しているサイト
でも同じです。
それで、です。ザイちゃんはザイニー
君にこう言いました。
「書き込み考える?」
「っていうと?」
「書き込みに」
これにとです、ザイちゃんはザイニー
君に自分も考えながらお話しました。
言葉にもそれが出ています。

「セーブかける様な」
「それだと誰も書き込めないよ、そん
なことしたら委員会と一緒だよ」
ザイニー君は眉を曇らせて言いました。
「あの連中は誰それ書き込むなとか言
い出してね」
「テンプレ改竄したわね」
「5ちゃんルール違反のね」
当時は2ちゃんねると言いました。
「それだよ、僕達もあんな連中みたい
になったら駄目だよ」
「当たり前よ」
ザイちゃんも答えました。
0169創る名無しに見る名無し
垢版 |
2023/03/22(水) 21:15:00.37ID:xJzI4Xbw
「だからあの連中二度目の分裂仕掛け
た後すぐにルール戻されてそれからそ
のことを批判されてるでしょ」
「連中全然反省してなかったね、特に
どぜうかな」
「ああした連中みたいなことは何があ
ってもしないから」
ザイちゃんもそれは否定しました。
「私だってね」
「じゃあどうしてそう言うのかな」
「だから。誰もが書き込んでもいいけ
れど」
それでもというのです。

「書き込みの際に書き込める番号をね」
「それをなの」
「その番号をセットしないといけない
様にするのよ」
「そうするんだ」
「例えば委員会とか魔神閣下みたいな
自作自演をする連中でもね」
かつて避難所管理人だったあの人物の
名前も挙げます。
「何も出来ない様な」
「そうした風にだね」
「するのよ」
こうお話するのでした。
0170創る名無しに見る名無し
垢版 |
2023/03/22(水) 21:15:39.47ID:xJzI4Xbw
「例えて言うなら皆コテにしてそのコ
テがよ」
「変わらない様にするんだ」
「そうしたらね」
「誰が悪質な書き込みをしたのかわか
って」
「そう、それでね」
そのうえでというのです。
「そうした書き込みを止めるのよ」
「成程ね」
ザイニー君もお話を聞いてそれはと頷
きました。

「それだといいね」
「そうでしょ、じゃあね」
「うん、そうしていこう」
二人で頷き合ってでした。
サイトの掲示板やコメントの際には書
き込むものがあってそれを書き込んで
からでないと書き込めない様にしまし
た、するとです。
実際に悪質な書き込みが激減しました、
それを見て二人は大喜びでニホンちゃ
んもその二人に対してこう言ったので
した。
0171創る名無しに見る名無し
垢版 |
2023/03/22(水) 21:16:13.99ID:xJzI4Xbw
「考えたわね、ちょっとしたことでも
悪質な書き込みってね」
「ええ、こうしたら減るから」
「ニホンさんもやっていこうね」
「そうね、昔からそうした書き込みっ
てあってね」
ニホンちゃんはどうかというお顔にな
って言いました。
「本当に委員会もね」
「そうしてきたからね」
「あの時そうまでしてやりたい放題し
てきたから」
委員会のことが個々でもお話されます。

「あの時のことを思ったら」
「こうしたことも必要よ」
「そうね、ただサイト管理といっても
ね」
「そう、無銘仁みたいなことはね」
「やったらいけないだよね」
その委員会とグルだったという管理人
です、この人も反省していません。
「常識はモラルは守る」
「ウリ達もね」
二人でニホンちゃんに応えます、今回
は昔のことも思い出しながら行った二
人でした。
0173創る名無しに見る名無し
垢版 |
2023/03/24(金) 21:34:20.33ID:NlWGPuNA
   「反対する人達も」
ゲルマッハ家はプーチンさん達がウク
ライナちゃんのお部屋で暴れ回る様に
なったのを受けてウクライナちゃんを
助けることにしました。
それでラジコン等も送っていますが。
ゲルマッハ君もアーリアちゃんもとて
も困ったお顔になってニホンちゃんに
お話しました。
「ラジコンを送ったりすることに反対
の人達もいる」
「家族の中にそうした人達にいるんだ」
こうお話します。

「若しウクライナが負けるとプーチン
さんはいよいよ他のお家にも何かして
きかねないが」
「そこから第三次町内喧嘩も考えられ
るというのに」
「その人それぞれの考えがあるからな」
「立場もな」
「そうよね、うちもアメリー君のお家
から斧買ってね」
ニホンちゃんもお話します。
「備えようとしたら」
「うちと同じだな」
ゲルマッハ君も応えます。
0174創る名無しに見る名無し
垢版 |
2023/03/24(金) 21:36:42.64ID:NlWGPuNA
「ニホン君のお家もな」
「うん、何かとね」
「色々な考えの人もいるな」
「というかうちはどうもゲルマッハ君
のお家よりもね」
見ればニホンちゃんはお二人よりも困
ったお顔になっています、そのお顔で
言うのでした。
「困ってるかも」
「そうした人達にか」
「サヨックおじさんの周りには」
それこそです。

「困った人達がね」
「集まっているな」
「キョーサン君もだしね、最近キョー
サン君サヨックおじさんとも仲良くし
ていて」
昔は仲が悪かったです。
「一緒になってね」
「動いていてか」
「そう、それでね」
その為にというのです。
「斧についても。リュー君のお家にリ
クジさんが行っても」
そうしたこと全てに対してです。
0175創る名無しに見る名無し
垢版 |
2023/03/24(金) 21:39:10.36ID:NlWGPuNA
「何かとね」
「文句を言っているか」
「そうなのだな」
「それでゲルマッハ君のところにもっ
てね」
その様にというのです。
「思って聞いてるわ、中にはよからぬ
ことを考えてる人もいるし」
それで反対しているというのです。
「気を付けないとね」
「そうだ、私もああした人達には胡散
臭いものを感じる時がある」
アーリアちゃんは真剣に言いました。

「どうもな」
「それで実際によね」
「胡散臭かったりするしな」
「怖いのよね」
「全くだ」
アーリアちゃんは今度は深刻なお顔で
応えました。
「誰かと裏でつながっているのではな
いかとな」
「純粋に喧嘩に反対するのならいいの
だが」
ゲルマッハ君も深刻なお顔になってい
ます。
0176創る名無しに見る名無し
垢版 |
2023/03/24(金) 21:43:11.31ID:NlWGPuNA
「そうでなくな」
「裏にあるとかね」
「その場合は大問題だ」
「本当にそうよね」
「そもそも今回のことで誰が一番問題
かというとな」
それはといいますと。
「言うまでもない」
「プーチンさんなのよね」
「ああした人がウクライナに勝ったな
ら何をするか」
それからはというのです。

「そう考えるとな」
「ここでウクライナちゃんを助けない
とね」
「そうだ、トランプさんも助けること
はしないと言っているが」
自分がアメリー家の会社の社長さんに
戻ればというのです。
「とてもな」
「それは出来ないわね」
「だから反対する人はいても」
「ウクライナちゃん達は助けないとい
けないわ」
ここでプーチンさん達を止める為にと
です、ニホンちゃんも頷きました。今
の状況を見て。
0178創る名無しに見る名無し
垢版 |
2023/03/26(日) 20:19:43.16ID:0uR3JN+/
    「マナーも学ぼう」
ヲタ君はウヨ君に深刻なお顔でお話し
ました。
「本当に鉄道模型の撮影ってマナーが
悪い人が目立つからね」
「それで、ですね」
「学校の方でね」
地球小学校のというのです。
「クラブ活動で鉄道模型のもあるけれ
ど」
「ヲタさんそちらの活動もされていま
すしね」
「そう、だからね」
それでというのです。

「そこでなんだ」
「皆にですね」
「うん、鉄道模型の撮り方と」
そちらのというのです。
「それにね」
「マナーもですね」
「知ってもらうよ」
「それがいいですね、正直言ってです」
ウヨ君はヲタ君に難しいお顔になって
言いました。
「鉄道模型を撮るにしても」
「ウヨ君が見てもだね」
「はい」
実際にという返事でした。
0179創る名無しに見る名無し
垢版 |
2023/03/26(日) 20:20:24.53ID:0uR3JN+/
「洒落にならない位です」
「マナーが悪い人が多いね」
「ディオラマを勝手に弄ったり」
作った人の許可を得ないで、です。
「迷惑な行動を取ったり中にはご本家
もです」
「はい、あれには私も怒りました」
ここで側仕えたんがトウエイワープか
るーみっくわーるどキャラみたいに出
てきました。
「思わずバールの様なものを出すとこ
ろでした」
「流石にです」
ウヨ君も怒って言います。

「ご本家に無礼は」
「あってはならないです」
「呼び止める様に撮影なぞ」
「何を考えているのか」
「あの時は俺も驚いたぞ」
「マジ有り得ないし」
今度はチンソー君とドキュソちゃんも
出てきました。
「あたしでもご本家にはちゃんとして
るし」
「そんなの日之本家の人間なら常識だ
ろ」
「全くです」
側仕えたんもその通りと応えます。
0180創る名無しに見る名無し
垢版 |
2023/03/26(日) 20:21:07.79ID:0uR3JN+/
「それすらも弁えないとは」
「あの、やり過ぎはよくないですが」
「俺もあの時はねえって思いましたし
ね」
「今度やる奴いたらマジやって下さい
って感じ?」
ヲタ君だけでなくチンソー君それにド
キュソちゃんも言います、バールの様
なものはやり過ぎでもご本家即ち陛下
たんへの敬意を守ることは日之本家の
人間として当然のことなので。
それで、です。ヲタ君はあらためて言
いました。

「皆にそうしたマナーのことも知って
もらっていきます」
「いいことです、私も大賛成です」
側仕えたんはヲタ君のその考えに頷き
ました。
「むしろ全面的に協力させて頂きます」
「二度とご本家に無礼を働く人が出な
い様にですね」
「はい、若し今度その様な不逞の輩が
出ましたら」
その時はとです、側仕えたんはその背
中に紅蓮に燃え上がる炎を背負って言
いました。
0181創る名無しに見る名無し
垢版 |
2023/03/26(日) 20:21:47.01ID:0uR3JN+/
「私も黙ってはいません」
「そうしたことがない様に努力します」
ヲタ君も約束しました、そのうえで実
際にそうしたことをしていってです。
多くの人のマナーを改善させていきま
した、ウヨ君はその状況を見てヲタ君
に言いました。
「お見事です」
「そう言ってくれて僕も嬉しいよ。た
だね」
ヲタ君はそれでもとです、ウヨ君に応
えて言いました。その言うことはどう
いったことかといいますと。

「こうしたことを最初から言わないで
済むなら」
「それに越したことはなかったですね」
「こうしたお話をすること自体が残念
だよ」
「マナーを守ることは常識ですからね」
「そうだよ、本当に僕は残念に思ってる
よ」
悲しいお顔で言うヲタ君でした、そうし
てです。
今も皆に教えていっています、鉄道模型
の撮り方だけでなくマナーのことも。
0183創る名無しに見る名無し
垢版 |
2023/03/28(火) 22:01:17.68ID:luRklLrg
     「しゃもじは鯉の命」
キシダさんが本当にいきなりです。
アメリー家のバイデンさんがそうした
様にウクライナちゃんのお部屋を訪問
しました、そのうえでウクライナちゃ
んを励ましてです。
喧嘩に必要なお金や喧嘩には直接使わ
ないですがそれでも必要なものをあげ
ました、そしてです。
もう一つ何かをプレゼントしました、
それは何かといいますと。
しゃもじでした、ニホンちゃんはその
しゃもじを見て思いました。

「ううん、必勝祈願とかにね」
「ヒロシマの間でしゃもじ縁起担ぎに
使うね」
「そうよね、キシダさんってヒロシマ
の間の人だから」
「それでボーキューは鯉チームなんだ
よね」
「大好きなのよね、ボーキューも鯉チ
ームも」
「そうだよ」
ウヨ君はその通りだとお話しました、
このことは二人も知っています。
0184創る名無しに見る名無し
垢版 |
2023/03/28(火) 22:02:02.70ID:luRklLrg
「あの人は」
「そのしゃもじだったのね」
「ヒロシマの間それに鯉チームってい
うと」
「そういうことね、けれどね」
そのしゃもじを見ながらです、ニホン
ちゃんはウヨ君に言いました。見れば
です。
オザワさんにあの駝鳥に無理矢理人の
歯をくっつけて怒らせたみたいな禍々
しい人相を持っているレンホーさんと
いった人達がです。

そのしゃもじについて言っていますが
ニホンちゃんは思いました。
「そもそもあの人達ウクライナちゃん
に何かしたかしら」
「今会社の会議室でタカイチさんに対
して言い掛かりつけてるだけだよ」
ウヨ君は冷たい声で言いました。
「もうね」
「本当にそれだけよね」
「何か注意されただけで訴えるとか言
うコニ〇さんを中心にしてね」
さてこの人はこれからどうなるか。
0185創る名無しに見る名無し
垢版 |
2023/03/28(火) 22:02:32.19ID:luRklLrg
「そうしているだけだよ」
「何もしてないわね」
「この喧嘩がはじまってから」
それからというのです。
「もうね」
「何もしてないわよね」
「ああした人達はね」
「風邪が流行ってる時はもりかけさく
らダンスばかりで」
こうしたことばかり言って風邪のこと
は時間が余れば、でした。それでかな
り人気を落としました。

ですが今回もなのです。
「全く懲りないで」
「同じこと繰り返してるわね」
「そうだよ、ナガタさんの時もそうだ
ったけれど」
「今回もね」
「しかも自分達はキシダさんみたいに
しないじゃない」
こうも言うウヨ君でした。
「喧嘩が行われているところにあえて
行くとか」
「デヴィさんはしたけれど」
この人はいつも半端ではないです。
0186創る名無しに見る名無し
垢版 |
2023/03/28(火) 22:03:05.02ID:luRklLrg
「ああした人達はね」
「自分達は絶対に安全な場所にいてそ
うして文字通りテコでも動かないで」
「そんなことばかりしているわね」
「それにあの人達トウホクの方にダン
プが通ってね」
そうしてフクシマやイワテの間が大変
なことになってもです。
「雲隠れしたり作業服で襟立てて恰好
つけて叩かれたり」
「そんな風だから」
それでというのです。

「そんな人達が何言ってもね」
「意味ないわよね」
「じゃあお前等行って来て」
にーちゃんは二人以上にクールでした。
「ウクライナさんにプレゼントしろ」
「助けてね」
「そうしないとな」
「何の意味もないことしているより誰
かの為に何かしろ」
こうも言うにーちゃんでした、そして
です。
三人でしゃもじを持って鯉チームのオ
ープン戦を観ました、ただこの時鯉チ
ームは鷹チームに負けてしまいました。
0188創る名無しに見る名無し
垢版 |
2023/03/30(木) 22:10:25.28ID:BqFaU4mE
    「だからその話はするな」
ゲルマッハ君のお顔立ちは整っていま
す、ですがその額は。
「誰も言わないな」
「いや、こういうこと言ったら普通に
自分に返って来るだろ」
「家族見て自分は絶対に大丈夫と言え
る人少ないあるぞ」
そのゲルマッハ君にアメリー君とチュ
ーゴ君が突っ込みを入れます。
「うちでも多いある」
「うちもだYO」
「そうか、僕もかなり気にしている」
ゲルマッハ君も否定せず言います。

「このままいくとな。我が家では本当
に深刻な問題だ」
「将来はわからないからな」
「こうしたことはある」
「そうだな、だがまだ子供のうちから
気になるとはな」
どうにもと思うゲルマッハ君でした、
ですが。
ここでカンコ君が出て来てゲルマッハ
君に真顔で言いました。
「兄さんを見ろニダ」
「キッチョムか」
すぐに応えたゲルマッハ君でした。
0189創る名無しに見る名無し
垢版 |
2023/03/30(木) 22:11:29.17ID:BqFaU4mE
「外見が変わったがな」
「太ってるのは相変わらずニダ、しか
しニダ」
今の黒電話みたいな髪型になってもと
いうのです。
「額は誤魔化せないニダ」
「ずっと昔に言った気がするが彼はあ
の生活だからな」
ゲルマッハ君はカンコ君にも真顔で答
えました、見ればその額はキッチョム
君よりましです。

「肥満もそうだが髪の毛にくることも
当然か」
「というか何で何も食ってないのに太
ってるんだYO」
「作品初期でも矛盾した設定と言われ
ていたがおかしいあるな」
アメリー君とチューゴ君は彼のそのこ
とについて言います。
「どういうことあるか」
「食べ過ぎだから脂肪つくだろ普通」
こうお話します、そしてカンコ君がま
た言いました。
0190創る名無しに見る名無し
垢版 |
2023/03/30(木) 22:12:46.64ID:BqFaU4mE
「それで髪型と額のことを言うと兄さ
んはガチギレするニダ、ただ髪の毛が
どうでも別に健康に問題はないのでは
ないニダか?」
「そうだ、だからキッチョムの場合は
肥満と欠食が問題だ」
ゲルマッハ君が言いました。
「何があっても相反する設定だがこの
二つだ」
「本当になじぇ兄さんは太っているニ
ダか、公式設定のない作品でも本当に
無理があり過ぎるニダ」
カンコ君も思うことでした。

「気になって夜の睡眠時間が一分位短
くなってしまうニダ」
「いや、一分かYO」
「殆ど変わらないあるぞ」
「もう今更ニダからな」
カンコ君はアメリー君とチューゴ君の
突っ込みに身も蓋もない返事で応えま
した。
「それ位ニダ、まあ髪の毛がどうなっ
ても健康自体には問題はないニダな」
「そうだ、しかしだ」
ゲルマッハ君はカンコ君に言葉を返し
ました。
0191創る名無しに見る名無し
垢版 |
2023/03/30(木) 22:13:24.54ID:BqFaU4mE
「気になる人は避けられないな」
「そうそう、私のお家なんてね」
ここで女の子登場です、出て来たのは
チェコちゃんです。
「そうした人の割合が見事町で一番に
なったみたいだからね」
「それ自分で言うニダか」
「いや、そうした事情でこうしたお話
はうちでは禁句なのよね」
「気持ちはわかるニダがやっぱり健康
自体には関係がないニダ」
カンコ君はチェコちゃんにもお話しま
す。

「だからチェコも気にしたら負けニダ、
キッチョム兄さんも肥満の方が問題だ
とここでお話しているニダな」
「そうだな、もうそれで話を収めよう」
「こうした話は慎重にだYO」
「波風立てないのが一番ある」
「そうね、うちもそう言える位になった
らいいわね」
チェコちゃんはゲルマッハ君、アメリー
君、チューゴ君の言葉も聞きました、で
すがカンコ君は思いました。
「女の子も気になることニダか」
「家族に多いとね。あと女の子も」
最後に怖いことも言うチェコちゃんでし
た、実は女の子も心配することかも知れ
ません。
0193創る名無しに見る名無し
垢版 |
2023/04/01(土) 21:52:41.30ID:bLwE3RXO
    「誰が書いた」
ボーキュー大会が行われてニホンちゃ
んが優勝しました、最早オオタニカー
ドがそのチートぶりを遺憾なく発揮し
た大会で。
参加した皆特に日之本家チームと戦っ
た皆は唸るしかありませんでした、そ
してかつてオオタニカードが所属して
いた熊チームに圧倒的戦力とゲーム差
を持ちながらも逆転優勝をされた鷹チ
ームを持っているザイちゃんはフクオ
カの間であの時の記憶がフラッシュバ
ックして大変でした。

「あ、あの時よりさらにバケモノ度が
アップしているニダ」
「な、何なのよ。あたし今回ニホンち
ゃんのチームと戦ってないけれどあの
時は悪夢だったわよ」
オウカードが監督カードの時から鷹チ
−ムに関わっているタイワンちゃんも
一緒です。二人でオオタニカードにや
っつけられたあのシーズンのことを思
い出して悶絶しています。
そんな中で大会の凄かったカードがあ
らためてです。
0194創る名無しに見る名無し
垢版 |
2023/04/01(土) 21:55:46.79ID:bLwE3RXO
選ばれましたがオオタニカードはピッ
チャーと指名打者で選ばれました、そ
うしてです。
カンコ家のカードは一枚もなかったの
ですがそれで騒ぐ書き込みがあってそ
れを見たザイちゃんはまさかと思って
タイワンちゃんに言いました。
「兄さんがニダ」
「それね、あたしも思ってたけれどね」
タイワンちゃんもそれはと言ったので
した、そのうえでザイちゃんがカンコ
家のコユンちゃんに尋ねましたが。

コユンちゃんは携帯からザイちゃんに
答えました。
「確かにカンコは負けて残念がってい
たが今はそれどころではない」
「どうしたニダ?」
「アニメのクールが変わるな」
コユンちゃんはこのことをお話しまし
た。
「今期はニクールのアニメも随分終わ
るから余計にな」
「今期滅茶苦茶作品多かったニダし」
このことも言うザイちゃんでした。
0195創る名無しに見る名無し
垢版 |
2023/04/01(土) 21:57:05.11ID:bLwE3RXO
「観る方も大変だったニダ」
「そしてカンコは今新作アニメのチェ
ックに集中しているが来期はT橋N子
さんが関わっている作品もある」
「なっ、あの人ニダか!?」
「洒落になってないわよ、それ!」
そのお話を聞いてでした、ザイちゃん
だけでなく横でお話を聞いていたタイ
ワンちゃんも驚きの声をあげました。
「あの人関わる作品あるの!」
「地雷にならないか心配ニダ!」
二人で言います、ある意味安定の評価
のT橋N子さんです。

「では兄さんもニダな」
「あの人とあの人が関わっている作品
にかなり警戒しているのね」
「そのうえでアニメの新作のことに神
経を集中させている、キングオージャ
ーのこともあるし今カンコはボーキュ
ーどころではない」
「ううむ、そんな事情があったニダか」
「あの人が関わる作品あるのはあたし
達も安心出来ないわ。正直どうなるか
心配よ」
「僕も同じだ、ベストナインのことで
言っているのはだ」
コユンちゃんは二人にお話しました。
0196創る名無しに見る名無し
垢版 |
2023/04/01(土) 21:57:48.31ID:bLwE3RXO
「また別の人だ」
「それは誰ニダか」
「壁新聞の人だ、大会のことでチーム
にあれこれと言ってだ」
その言い様たるやまさに安定の、でし
た。
「そしてだ」
「今回もニダか」
「そう書いている、まあ一々相手にし
ないことだ」
コユンちゃんは憮然としていますがク
ールに言いました。

「それでいいな」
「わかったニダ、ではウリ達は鷹チー
ムのことに専念するニダ」
「大型補強して四軍ももうけたし今期
は優勝奪還よ」
タイワンちゃんも言います。
「あらゆるカード使っていくわよ」
「無慈悲に戦うニダ」
「そっちも頑張ってくれ、あとT橋N
子さんは酷くならない様に祈ることだ」
そんな二人にこう言うコユンちゃんで
した、ボーキューのことは兎も角脚本
家さんのことはどうなるかカンコ君で
なくても心配なのでした。
0198創る名無しに見る名無し
垢版 |
2023/04/04(火) 22:05:09.79ID:BLz3tmvu
     「自主規制か」
ニホンちゃんは今ユゴーさんのある作
品を読んでいます、そのうえでこんな
ことを言いました。
「何でせむし男って言ったら駄目なの
かしら」
「ああ、ノートルダムですわね」
ユゴーさんのお家の娘であるフランソ
ワーズちゃんが応えました。
「ニホンさんのお家ではそう呼んでは
いけませんわね」
「そうなってね」
ニホンちゃんも言います。

「駄目になったのよ」
「ですがその作品は主人公がせむしだ
からでしてよ」
フランソワーズちゃんは肩を竦めさせ
答えました。
「意味がありましてよ」
「そうよね」
「そこをなかったことにしますと」
「作品としてね」
「それはリゴレットもですわね」
マカロニーノ君のお家のヴェルディさ
んのオペラです。
0199創る名無しに見る名無し
垢版 |
2023/04/04(火) 22:05:44.92ID:BLz3tmvu
「考えてみればこれの元ネタもユゴー
さんですけれど」
「お気楽な王様だったわね」
「主人公はせむしの道化師さんですわ」
リゴレットもです。
「身体のことでも身分のことでも差別
される」
「そうした作品でね」
「そこでせむしをどうとか言いますと」
「かえって作品のテーマがおかしくな
るわ」
「それにでしてよ」
フランソワーズちゃんはさらに言いま
した。

「当時は当時で言葉がありまして」
「差別とかの考えも違うしね」
「今の感覚で昔の作品にあれこれ言い
ますのも」
「よくないわね。ジャングル大帝にし
てもね」
ニホンちゃんは自分のお家のお話もし
ました。
そうしたお話をしてそのうえで考えて
いくとでした。
二人共深いお考えになりました、そこ
ででした。
0200創る名無しに見る名無し
垢版 |
2023/04/04(火) 22:06:20.45ID:BLz3tmvu
紫苑ちゃんはどうかというお顔になっ
てエリザベスちゃんに言っていること
に気付きました。
「あの、私も別に気にしていないから」
「クリスティーさんの作品ですわね」
「私のお家の人だとか言われてもね」
それでもというのです。
「昔の作品だし気にしないわよ、そも
そもポアロさんって」
「主人公の方ですわね、わかりまして
よ」
エリザベスちゃんも頷いて答えました。

「髪の毛と身長のことですわね」
「髪の毛なくて小柄よね」
「はっきりと言うとハゲでチビですわ
ね」
「この設定なしにしてポアロさんは成
り立つ?」
「ミルキィホームズみたいに女の子に
するという手段もありますわね」
「それってかなり強引でしょ。ミルキ
ィホームズも推理要素なかったし」
トイズで解決していました。この作品
での探偵さんはそれが武器でした。
0201創る名無しに見る名無し
垢版 |
2023/04/04(火) 22:07:14.43ID:BLz3tmvu
「だからね」
「それで、ですわね」
「私についてもいいから」
こうお話していました、ニホンちゃん
とフランソワーズちゃんはそんな二人
を見てあらためて思いました。
「変に規制してもね」
「おかしくなるだけですわ」
「そうよね」
こう思うのでした、自分達のお話でも
紫苑ちゃんとエリザベスちゃんのやり
取りでも。

昨日規制がかかったので今日投稿。ソースは某おーぷんで
0202創る名無しに見る名無し
垢版 |
2023/04/05(水) 14:30:43.21ID:ZCzAp61n
    「そういうネタあった」
最近地球町では性別についての議論が
湧き起こっています、そして今度はど
うもです。
「えっ、生きものとなの」
「結婚してもいいとかいうお話になっ
てるそうよ」
タイワンちゃんがニホンちゃんにお話
します。
「どうもね」
「それを言ったら」
どうなるかとです、ニホンちゃんはタ
イワンちゃんに言いました。

「ワンちゃんや猫ちゃん達とも」
「そうなるわね」
「それっていいのかしら」
「どうかしらね、何か違うんじゃない
かってね」
タイワンちゃんも言います。
「思いもするわね」
「アニメとかだと種族は違ってもって
なって」
「獣耳の女の子なんか定番よね」
「ファンタジー作品だとね」
それこそとです、ニホンちゃんは言い
ました。
0203創る名無しに見る名無し
垢版 |
2023/04/05(水) 14:31:25.02ID:ZCzAp61n
「普通だしね」
「それならいいにしても」
「純粋にワンちゃんとかならね」
「どうなのかしらってなるわね」
「そうよね」
二人でこんなお話をしていました、で
すが。
二人でそうしたお話をしているとそこ
にインドネシアちゃんが来て言ってき
ました。
「うちはそういうの駄目っぽいけれど
家族ならね」
「いいわよね」
ニホンちゃんも言います。

「自分の息子さんや娘さんだってね」
「生きもの家族に迎えて言うでしょ」
「そうよね」
「SFだとアンドロイドとかもあるし
ね」
「そうよね」
「何かこうししたお話ってどんどんと
拡大して」
「色々言われるわね」
「そうしたお話よね」
「そういえばね」
またタイワンちゃんが言ってきました。
0204創る名無しに見る名無し
垢版 |
2023/04/05(水) 14:32:14.58ID:ZCzAp61n
「二次元嫁とか」
「あっ、それね」
「そうしたこと言う人いるしね」
「でしょ?まあ自分で家族だ旦那さん
だとか奥さんだとか言って本人さんが
幸せなら」
それならとです、タイワンちゃんは二
人に言いました。
「いいかもね」
「そうなのね」
「そうなるのかしらね」
二人は考えるお顔になりました、ここ
で。

ふとです、三人の前にタイラン君が来
ましたが。
金髪碧眼の青いドレスの女の子のぬい
ぐるみがランドセルにあります、ニホ
ンちゃんはそれを見てタイラン君に尋
ねました。
「リーゼロッテさんよね」
「今期の僕の嫁だよ」
タイラン君はニホンちゃんににこりと
笑って答えました。
「いいキャラだったからね」
「楠木ともりさんも好演だったしね」
脚本も他の声優さん達もよかったです。
0205創る名無しに見る名無し
垢版 |
2023/04/05(水) 14:32:55.62ID:ZCzAp61n
「それでなのね」
「うん、好きになったから」
それでというのです。
「今期はね」
「そのキャラがなのね」
「僕の嫁だったんだよ」
ニホンちゃんに笑顔で答えます、そう
したお話をしてでした。
タイラン君は自分の席に向かいました
がニホンちゃん達はそんなタイラン君
を見てからあらためて三人でお話しま
した。

「二次元もご本人ならいいし」
「それならね」
「生きものもいい?」
「それでアンドロイドも」
「将来はね」
「結婚してもね」
こうお話するのでした、ですが。
この時は結論が出なくてそのうち授業
となりました、それでお話は終わりと
なってです。
それから三人共この日は何かと忙しく
手このお話をすることはなく忘れてし
まいました、ですが次にお話した時も
結論は出ないで今に至るのです。
0207創る名無しに見る名無し
垢版 |
2023/04/07(金) 13:26:34.85ID:bfbb9SyE
     「自分で考えろ」
日之本家のサヨックおじさんの周りの
人達はそのサヨックおじさんですらど
うかと思う程最近酷いです。
「その中でもコ〇シさんはね」
「何しろ関係なさそうなこと言っただ
けで訴えるとかだしサンケーにも脅し
かける位だし」
「そうは言えないわね」
「だからあの人については今はあれこ
れ言わないでね」
訴えられるとか言われるのが鬱陶しく
ないとです。

「これはこれで恫喝だけれどね」
「やったらいけないことよね」
「そうだけれどね」
それでもというのです。
「けれどね」
「あの人はここで触れない様にしよう」
「伏字にしてね」
「まあ委員会そっくりだとは言ってお
こう」
こうしたお話をして一旦この人のお話
は止めました、そうしてからなのでし
た。
0208創る名無しに見る名無し
垢版 |
2023/04/07(金) 13:27:15.99ID:bfbb9SyE
ニホンちゃんとウヨ君はあらためてサ
ヨックおじさんの周りの人達を見まし
たが。
何とです、今度は。
「社長さんに聞くべきことをパソコン
に尋ねてみようか」
「うん、それがいいね」
「そうしよう」
「それで解答があったことを聞いてい
こう」
こんなことをお話して実際にパソコン
で聞いてみてです。

日之本家の会社の社長さんであるキシ
ダさんに質問します、にーちゃんはそ
んなサヨックおじさんの周りの人達を
見て言いました。
「あいつ等本物の馬鹿」
「自分でどう質問するかすら考えつか
ないのね」
「いや、質問するだけなら誰だって出
来るし」
ニホンちゃんもウヨ君もにーちゃんと
一緒に言います、そのお顔は呆れ返っ
ています。
0209創る名無しに見る名無し
垢版 |
2023/04/07(金) 13:27:52.95ID:bfbb9SyE
「それを自分で考えないで」
「パソコンに尋ねるって」
「そもそも質問するより代案出してそ
れをキシダさんにぶつけるでしょ」
「自分達はもっといい案があるってね」
「そうしたこともしないで」
「どういった質問をするかすか考えつ
かなくなっているって」
「あれこそ本物の馬鹿、本物の無能」
にーちゃんはさらに言いました、その
人達を指差してこのうえなく軽蔑しき
った目で。

「そんなことも自分で考えられないの
ならもう辞めちまえ」
「そう言われても仕方ないわね」
「いや、幾ら何でもあんまりだよ」
二人はまたにーちゃんに応えて言いま
した。
「質問をするよりも代案だし」
「その質問すら自分で考えられないな
んて」
「本当に無能過ぎるよ」
「そうよね」
二人でこうしたお話をしました、そし
てです。
0210創る名無しに見る名無し
垢版 |
2023/04/07(金) 13:28:38.33ID:bfbb9SyE
にーちゃんは今度はこんなことを言っ
たのでした。
「もうその頭は帽子を被る飾りか」
「ううん、ニーの言葉は酷いと思うけ
れど」
「今の有様見たら否定出来ないよ」
「ポッポおじさんもあんまりにもだっ
「たけれど」
「これはあんまりだよ」
「これじゃあ絶対にね」
「経営陣になれないよ」
ここまで無能ならというのです、確信
を以て言いました。

「何があってもね」
「誰も支持しないから」
「本当に頭が帽子の飾りなら」
「何か経営陣目指すとか言っていても」
「人も見てるからね」
日之本家の人達もです。
「ちゃんとね」
「それじゃあね」
「自分で考えられない奴が何かになる
ことなんて有り得ない」
にーちゃんは最後にこう言いました、
三人でその人達を見てこうお話するの
でした。
0212創る名無しに見る名無し
垢版 |
2023/04/10(月) 00:02:44.50ID:1WU/+d3c
     「怪しい雲」
お空には雲があります、その色や形は
その雲によってそれぞれで。
形もそれぞれです、雲の名前もあれこ
れとあります。
それを学校の授業でも習いますが。
「これ中学校で勉強しなかった?」
「そうだった?」
「その辺りはお家や学校によるんじゃ
ないかしら」
ニホンちゃんにブルネイちゃんとベト
ナちゃんが応えました。三人共今一つ
はっきりしない感じです。

「だからね」
「別に小学校五年生で習ってもいいん
じゃないかしら」
「まあそうした設定は色々言っても仕
方ないってことかしら」
三人でこうしたお話をしました、です
がその後で。
三人で一緒に学校を帰りましたが近頃
何かと話題になっているロシアノビッ
チ家のところで。
黒い輪っかになっている雲がありまし
た、しかもその雲は。
0213創る名無しに見る名無し
垢版 |
2023/04/10(月) 00:03:37.73ID:1WU/+d3c
上に徐々に上がっていっています、そ
の雲を見てです。
そしてです、三人で眉を曇らせてお話
をしました。
「あの、あの雲って」
「かなり危ないわね」
「不吉な感じがするわ」
三人共その雲にはそうしたものを感じ
ました。
「何かありそうな」
「よからぬことが」
「そう思うわね」
こうお話しました。

「あの雲は」
「えも言われぬ不吉な感じがして」
「何か起こりそうね」
「それも起こることって」
「今のロシアノビッチ家のことを考え
ると」
「喧嘩のことね」
三人共すぐに思いました。
「これはね」
「間違いなく」
「そうとしか思えないわ」
「負けるとか」
ニホンちゃんは言いました。
0214創る名無しに見る名無し
垢版 |
2023/04/10(月) 00:04:34.15ID:1WU/+d3c
「ロシアノビッチ君のお家が」
「正直プーチンさんかなり危なくなっ
てきているみたいだし」
ブルネイちゃんも言います。
「これまでもそうだったけれど」
「それでこの雲は」
ベトナちゃんはいつもの表情と口調で
すが目で語っています。
「不吉以外の何でもないわね」
「こうした雲ってたまに出て来るみた
いね」
ニホンちゃんは二人に言いました。

「エリザベスちゃんのお家やパキスち
ゃんのお家でも見たわ」
「そうなの」
「前にも出たの」
「ええ、それでね」
二人にさらにお話しました。
「今度はロシアノビッチ君のお家にだ
けれど」
「不吉ね」
「今の状況考えると」
「そうよね、喧嘩に負けるだけならね」
それならと言うニホンちゃんでした。
0215創る名無しに見る名無し
垢版 |
2023/04/10(月) 00:05:25.56ID:1WU/+d3c
「まだいいけれど」
「そうそう、問題はね」
「その時プーチンさんが何をするか」
二人もニホンちゃんに応えて言います。
「ベラルーシのお部屋に花火を置いた
し」
「本当に花火使うかもね」
「若しそうなったら」
「その時は」
ニホンちゃんに深刻なお顔になってお
話しました。この娘達も心配で仕方な
いのです。

「町が大変なことになるわ」
「滅茶苦茶にならなければいいけれど」
「そうよね。本当にどうなるのかしら」
ニホンちゃんはまた言いました、そう
してでした。
三人であらためてその雲を見ました、
その雲は見れば見る程不吉なものを感
じさせるもので。
どんどん不安になりました、プーチン
さんが今以上におかしなことをしない
かと心配で仕方ないのでした。
0217創る名無しに見る名無し
垢版 |
2023/04/11(火) 22:54:17.54ID:fgSANIdb
    「呪術なのか」
キシダさんがウクライナちゃんにしゃ
もじをあげたことは日之本家において
何かと言われました、ですが。
「ウクライナちゃんがいいって言うの
らよくねえか?」
「他の人関係ないって感じ?」
「正直どうでもいいよね」
チンソー君にドキュソちゃん、ヲタ君
がお話します。
そしてです、三人でこうも言ったので
した。見れば三人とも考えるお顔にな
っています。

「言っている人達は何をしたか」
「ウクライナちゃんのところに行って
もないし」
「あれこれ言ってもじゃああんたはど
うなんだ、だよ」
「問題はウクライナちゃんでね」
「ウクライナちゃんが満足したらオッ
ケーな感じ?」
「ったく、あれこれ外野で文句つける
のは恰好悪いぜ」
三人でこんなことをお話します、そし
てです。
0218創る名無しに見る名無し
垢版 |
2023/04/11(火) 22:54:53.15ID:fgSANIdb
当のウクライナちゃんは笑顔でこんな
ことを言いました。
「キシダさんがらいいもの貰ったわ」
「ああ、しゃもじだよな」
「それよね」
「ウクライナちゃんも嬉しいんだね」
「凄くね、キシダさんには色々助けて
もらうことを約束してもらってお金ま
で貰ったし」
喧嘩に必要なそれをです、キシダさん
はウクライナちゃんのお部屋の人達に
送ったのです。

「それにあの木の板もね、先が丸くて
細長くなってる」
「それだよな」
「しゃもじね」
「あれだよね」
「そう、あれに呪術の文字も書かれて
いたから」
こうも言うウクライナちゃんでした、
それもとても嬉しそうに。
「満足よ」
「呪術?」
最初に疑問を持ったのはチンソー君で
した。
0219創る名無しに見る名無し
垢版 |
2023/04/11(火) 22:55:29.82ID:fgSANIdb
「しゃもじにかよ」
「あそこにそんな大層な言葉書かれて
た?」
ドキュソちゃんも首を傾げさせました。
「あたし知らない感じ?」
「ひょっとしてあれかな」
最後に言ったのはヲタ君でした。
「必勝の文字かな」
「そうよ」
まさにとです、ウクライナちゃんはに
こりと笑って答えました。そのうえで
言うのでした。

「必ず勝つ、よね。あの呪術の言葉が
あったら」
「それならか」
「ウクライナ勝つっていうのね」
「それも絶対に」
「それが出来るわ、私本当に最後は絶
対に勝つから」
強い声で言うウクライナちゃんでした。
「頑張るわね」
「その気になってくれたならいいさ」
チンソー君はウクライナちゃんの言葉
に笑顔で応えました。
0220創る名無しに見る名無し
垢版 |
2023/04/11(火) 22:56:03.68ID:fgSANIdb
「頑張ってくれよ」
「正直呪術っていうと何かって思った
けどね」
ドキュソぢゃんも笑顔で言います。
「ウクライナが元気ならいいよ」
「うん、確かに大変な状況だけれどね」
それでもとです、ヲタ君も励まして言
うのでした。
「キシダさんも他の人達も出来る限り
のことはするから」
「私勝つから」
三人にもです」

ウクライナちゃんは言います、そうし
てなのでした。
そのしゃもじを手にして三人にお礼を
言いました、三人はそんなウクライナ
ちゃんとお話をしてから思いました。
「あの娘がそう思ってくれたら」
「それならね」
「いいよね」
三人で笑顔で言ってでした。
そのうえでお家に意気揚々と帰りまし
た、そして一緒にあの娘がそう思うな
らよしと頷き合いました。
0222創る名無しに見る名無し
垢版 |
2023/04/13(木) 22:58:29.48ID:k0Su7haQ
  「つまらない発言は」
ボーキュー大会ニホンちゃんは見事優
勝しましたが。
もう誰が見てもでした。
「オオタニカード壮絶だったYO」
「有り得なかったね」
「いや、噂以上だったよ」
「本物のチートだったダス」
「ボーキューにもこんなカードあるの
ね」
「警戒しても駄目だったニダ」
「脱帽したある」
ニホンちゃんと対戦した子達はといい
ますと。

アメリー君、メヒコ君、マカロニーノ
君、オージー君、チェコちゃん、カン
コ君、チューゴ君の誰もがオオタニカ
ードについて言いました。
「あれだけ投げて打ってあるよ」
「無茶苦茶だったニダ」
「一六〇キロ越えて変化球もえげつな
くて」
「全試合打ったダス」
「それで足も速いしね」
「守備もいいし」
「ここぞって時にも強かったからな」
七人共感嘆しかありません。
0223創る名無しに見る名無し
垢版 |
2023/04/13(木) 22:59:06.25ID:k0Su7haQ
「特に最後の一六四キロとスライダー」
「あれないよ」
「トラウトカードも手も足も出なかっ
たね」
「あんなの誰が打てるダスか」
「完全に魔球じゃない」
「フォークもえげつないニダが」
「あんなボール他の誰にも投げられな
いある」
オオタニカードと戦った七人だからこ
そ言えます、ですが。

ここでアメリー家の誰かがトラウトカ
ードがわざと負けたとか言いました、
ですが。
七人共その言葉にはジト目になってそ
のうえで言いました。
「僕トラウトカード持っていたから言
えるYO、そんなカードじゃないYO]
「全く。下らないこと言うね」
「人間性も知れてるよ」
「しょうもない人ダス」
「全く、何なのよ」
「わざとである筈がないニダ」
「試合よく見るよろし」
こう言うのでした。
0224創る名無しに見る名無し
垢版 |
2023/04/13(木) 22:59:42.73ID:k0Su7haQ
「あの勝負はもう伝説の勝負になるあ
るよ」
「フルカウントからニダ」
「あのスライダーよ」
「そんな漫画みたいな勝負がわざとダ
スか」
「人間こんなこと言ったら駄目だね」
「勝負はちゃんと見て認める」
「そうでないとな」
こう言って七人共その人の発言につい
てそれ以上何も言うことはありません
でした。

そしてです、またオオタニカードのお
話をしました。
「これからどうなるかある」
「きっともっと凄くなるニダ」
「あんな立派なカードないわよ」
「チームの雰囲気もよくしてくれるダ
ス」
「敵に回したら怖いけれどね」
「見ていて惚れ惚れするよ」
「もっともっと成長しそうだYO」
こんなことをお話するのでした、その
うえでそれぞれの開幕を迎えましたが。
0225創る名無しに見る名無し
垢版 |
2023/04/13(木) 23:00:28.79ID:k0Su7haQ
開幕戦とその次の試合でもでした。
オオタニカードは桁外れの活躍をした
のでした。
「鷹チームのザイとタイワンがいつも
言ってるあるが」
「つくづく桁外れニダよ」
「本当に普通のカード?」
「チート過ぎるダス」
「いや、凄過ぎてね」
「言葉もないよ」
「全くだYO」
オオタニカードを知る七人はこう言う
ばかりです。

「まさか二百勝二千本安打達成すると
かな」
「いや、出来るかも」
「オオタニカードなら出来そうだね」
「そうダスな」
「何しろあの能力だからね」
「カードに傷がつかない限り夢ではな
いかもニダ」
「オオタニカードならわからないある
よ」
こうも思うのでした、下らない意見の
ことは七人共忘れていました。
0227創る名無しに見る名無し
垢版 |
2023/04/15(土) 21:55:18.94ID:Pd2U7Ms7
     「怪しい雲」
お空には雲があります、その色や形は
その雲によってそれぞれで。
形もそれぞれです、雲の名前もあれこ
れとあります。
それを学校の授業でも習いますが。
「これ中学校で勉強しなかった?」
「そうだった?」
「その辺りはお家や学校によるんじゃ
ないかしら」
ニホンちゃんにブルネイちゃんとベト
ナちゃんが応えました。三人共今一つ
はっきりしない感じです。

「だからね」
「別に小学校五年生で習ってもいいん
じゃないかしら」
「まあそうした設定は色々言っても仕
方ないってことかしら」
三人でこうしたお話をしました、です
がその後で。
三人で一緒に学校を帰りましたが近頃
何かと話題になっているロシアノビッ
チ家のところで。
黒い輪っかになっている雲がありまし
た、しかもその雲は。
0228創る名無しに見る名無し
垢版 |
2023/04/15(土) 21:56:01.27ID:Pd2U7Ms7
上に徐々に上がっていっています、そ
の雲を見てです。
そしてです、三人で眉を曇らせてお話
をしました。
「あの、あの雲って」
「かなり危ないわね」
「不吉な感じがするわ」
三人共その雲にはそうしたものを感じ
ました。
「何かありそうな」
「よからぬことが」
「そう思うわね」
こうお話しました。

「あの雲は」
「えも言われぬ不吉な感じがして」
「何か起こりそうね」
「それも起こることって」
「今のロシアノビッチ家のことを考え
ると」
「喧嘩のことね」
三人共すぐに思いました。
「これはね」
「間違いなく」
「そうとしか思えないわ」
「負けるとか」
ニホンちゃんは言いました。
0229創る名無しに見る名無し
垢版 |
2023/04/15(土) 21:56:46.41ID:Pd2U7Ms7
「ロシアノビッチ君のお家が」
「正直プーチンさんかなり危なくなっ
てきているみたいだし」
ブルネイちゃんも言います。
「これまでもそうだったけれど」
「それでこの雲は」
ベトナちゃんはいつもの表情と口調で
すが目で語っています。
「不吉以外の何でもないわね」
「こうした雲ってたまに出て来るみた
いね」
ニホンちゃんは二人に言いました。

「エリザベスちゃんのお家やパキスち
ゃんのお家でも見たわ」
「そうなの」
「前にも出たの」
「ええ、それでね」
二人にさらにお話しました。
「今度はロシアノビッチ君のお家にだ
けれど」
「不吉ね」
「今の状況考えると」
「そうよね、喧嘩に負けるだけならね」
それならと言うニホンちゃんでした。
0230創る名無しに見る名無し
垢版 |
2023/04/15(土) 21:57:30.09ID:Pd2U7Ms7
「まだいいけれど」
「そうそう、問題はね」
「その時プーチンさんが何をするか」
二人もニホンちゃんに応えて言います。
「ベラルーシのお部屋に花火を置いた
し」
「本当に花火使うかもね」
「若しそうなったら」
「その時は」
ニホンちゃんに深刻なお顔になってお
話しました。この娘達も心配で仕方な
いのです。

「町が大変なことになるわ」
「滅茶苦茶にならなければいいけれど」
「そうよね。本当にどうなるのかしら」
ニホンちゃんはまた言いました、そう
してでした。
三人であらためてその雲を見ました、
その雲は見れば見る程不吉なものを感
じさせるもので。
どんどん不安になりました、プーチン
さんが今以上におかしなことをしない
かと心配で仕方ないのでした。
0232創る名無しに見る名無し
垢版 |
2023/04/18(火) 22:05:42.39ID:0GW0/WZ6
昨日規制かかってたので今日投稿

    「バリウムを空に」
ホクオウ丁の名物の一つはオーロラで
す、夜空そしてお昼でもこれまたホク
オウ丁名物である白夜の時に見ること
が出来ます。
このオーロラは本当に寒いお家でしか
見ることが出来ませんが。
それでもです、カンコ君はこんなこと
を言いました。
「ウリナラでも見たいニダ」
「無理だ、諦めろと言いたいが」
「今ちょっと実験中だよ」
ノーベル君とノルウェー君が言ってき
ました。

「何かと考えてね」
「それでしているが」
「?ウリナラでもオーロラが見られる
ニダか」
カンコ君は二人の返事を聞いてすぐに
反応を見せました。
「それなら見せて欲しいニダ」
「カンコ家で見られるかどうかは別だ
が」
「すぐに見られるけれど」
こう二人で応えます、しかもからかっ
ている気配はありません。
0233創る名無しに見る名無し
垢版 |
2023/04/18(火) 22:06:26.96ID:0GW0/WZ6
「どうかな」
「うちに来るか」
「ウリナラで見られるかどうかは別に
してすぐに見られるのなら是非共ニダ
よ」
カンコ君は二人に答えました、そうし
てなのでした。
二人についていってそのうえでノーベ
ル家のキルナの間に来ました、そうす
るとでした。
そのお部屋の窓からです、ノーベル君
は紙風船のおもちゃを飛ばしました、
すると。

おもちゃの中に入れていたあるものが
白夜に撒かれました、そうするとそこ
にでした。
オーロラが出来ました、これにはカン
コ君もびっくりでした。
「何と、オーロラが出て来たニダ」
「紙風船にバリウムを入れておいた」
「それで飛ばしたニダか」
「そうしてみたが」
ノーベル君はカンコ君に冷静に答えま
した、ノルウェー君も冷静に見守って
います。
0234創る名無しに見る名無し
垢版 |
2023/04/18(火) 22:09:37.72ID:0GW0/WZ6
「どうだ」
「これはいいニダな」
「紙風船とかあとお空のことを調べる
為になんだ」
ノルウェー君もここでカンコ君にお話
しました。
「それでやってみたけれど」
「そうニダか」
「人工でもね」
バリウムを使えばそれで、というので
す。カンコ君に落ち着いた声で言って
きます。

「出来るね」
「そうニダか、それでこれをウリナラ
でもやってみれば」
「どうだろうね」
ノルウェー君はここでも冷静に応えま
した。
「それは」
「カンコ家の空は僕の家の空よりも暖
かい筈だ」
ノーベル君はまさにこのことを言って
きました。ホクオウ丁といえば何とい
ってもです。
0235創る名無しに見る名無し
垢版 |
2023/04/18(火) 22:10:42.25ID:0GW0/WZ6
物凄く寒いです、それでそのことを言
うのでした。
「それでだ」
「オーロラが出るかどうか」
「それはわからない」
「寒いところでないと出ないニダか」
「人工でもな、しかし何でもやってみ
ないとな」
「わからないニダな」
「僕達が言えることは一つだ」
カンコ君に対して極めて冷静に言うの
でした。

「試しにだ」
「やってみることニダな」
「そうだ、自分でな」
こう言うのでした。
「やってみろ」
「やり方はわかったね」
ノルウェー君はこのことを確認してき
ました。
「そうだね」
「バリウムをお空にニダな、わかった
ニダ」
カンコ君も頷きやってみることにしま
した、さてカンコ家の夜空にオーロラ
は出来るのでしょうか。
0237創る名無しに見る名無し
垢版 |
2023/04/19(水) 15:16:16.10ID:Omaszttd
     「あの肉を」
オージー君のお話を聞いてです、それ
でもでした。
ニホンちゃんはまずは半信半疑でオー
ジー君に尋ねました。
「あの、本当にね」
「食べられるかどうかダスな」
「若し食べられるのならわたしもね」
ニホンちゃんは半信半疑ながらかなり
期待している風でした、そのうえで言
うのでした。
「食べたいわ」
「ではダスよ」
オージー君はニホンちゃんにそれなら
と言ってです。

この日の放課後ニホンちゃんを自宅に
招待しました、そこにはニホンちゃん
だけでなくクラスの他の皆もいます、
そこにいる子の一人であるフィンラン
ちゃんがオージー君に尋ねました。
「いや、まさかと思うけれど」
「そのまさかダスよ」
オージー君はフィンランちゃんにシェ
フの恰好で答えました。
「あの毛深い象さんのお肉をダス」
「食べられるのね、今から」
「まさにあれになってもらうダス」
オージー君はこうも言いました。
0238創る名無しに見る名無し
垢版 |
2023/04/19(水) 15:16:52.07ID:Omaszttd
「はじめ人間にダス」
「あの漫画でわたし達一度はマンモス
のお肉食べたいって思ったのよね」
「皆そうダスな」
「あの輪切りにしたね」
石包丁や石斧で見事に切ったそれをと
いうのです。
「食べられるなら」
「いや、あんな輪切りにしたものでも
ないし生でもないダス」
そこは断るオージー君でした。
「あんなに切れないダスよ」
「まあそうよね」
フィンランちゃんもそれはと頷きまし
た。

「あれはないわよね」
「それに流石に生では無理ダス」
「そうよね」
「実は今回はシベリアにかなり助けて
もらったダス」
オージー君はここで種明かしをしまし
た。
「シベリアのお部屋のお庭はかなり広
くてダス」
「自然豊かでね」
「時折凍ったあの象さんも見付かるダ
ス、それでシベリアもたまに食べてい
るダス」
あくまでたまにです。
0239創る名無しに見る名無し
垢版 |
2023/04/19(水) 15:17:27.47ID:Omaszttd
「それでワスはニホンちゃんの豆腐バ
ーグやがんもどきの技術にです」
「シベリアが食べるあの象さんのお肉
の味を入れてみたのね」
「シベリアのアドバイスを受けて試食
もしてもらってダス」
「今回作ってみたの」
「そうダス、あの象さんのミートボう
ルだましといったところダス」
豆腐だましならぬです。
「ついでに言うと元ネタと作品へのア
レンジに苦労したダス」
「メタ発言はちょっとね」
ニホンちゃんも少し苦笑いで言います。

「止めておいて」
「おっと、そうダスな」
「じゃあ今からなのね」
「皆で食べるダスよ」
あの毛深い象さんのお肉の味を再現し
た食べものをです。
こうお話して皆でオージー君が作った
そのお料理ミートボールに見えるそれ
を食べてみました。するとオージー君
は皆に言いました。
「食感も再現したダス」
「シベリアに言われてなのね」
フィンランちゃんは食べつつ応えまし
た。
0240創る名無しに見る名無し
垢版 |
2023/04/19(水) 15:18:15.70ID:Omaszttd
「そうなのね」
「そうダスがどうダスか」
「いや、何と言っていいか」
「こんな味なのねってね」
ニホンちゃんも言います。
「思うけれど」
「それだけダスか」
「美味しいと言えば美味しいわ」
ニホンちゃんはこうも言いました。
「ただあのお肉じゃないから」
「ミートボールだましだからダスか」
「生でもないし」
結局ここに行き漬くニホンちゃんで
す。

「イメージ違うかなってね」
「それを言われると困るダスが」
「けれどこうした味なのね」
「それがわかってくれたらいいダス」
オージー君としてもです。
「ワスも満足ダス」
「それならね」
「何はともあれ再現出来たのは凄い
ことよ」
フィンランちゃんはこのことを素直
に評価しました。
「じゃあ今度ははじめ人間で」
「だからそこに行き着くと困るダス」
それはと言うオージー君でした、で
すが皆あの象さんのお肉を食べられ
た気持ちになって満足しました。
0242創る名無しに見る名無し
垢版 |
2023/04/21(金) 22:59:12.23ID:1IG5zNNK
    「アストロロボ」
今ウヨ君達はスコット君のお部屋にい
ます、そうしてスコット君のバグパイ
プを聞いたりお庭の風景を楽しんでい
ますが。
ウヨ君はお庭のお池に出て来た首の長
い生きものを見てスコット君に言いま
した。
「おい、やっぱりいるぞ」
「いないと言う人もいるんだがな」
「あれだけ写真と見たという人もいて
だ」
そうしてと言うウヨ君です。

「流石にいないというのもな」
「無理があるか」
「現に俺達は今見ているぞ」
その生きものをです、まるでトウエイ
さんの時代劇のセッティングのお堀か
ら出て来る恐竜さんの模型みたいです。
「正体はどんな生きものかわからない
が」
「恐竜という人もいればな」
オーソドックスにです。
「首の長い哺乳類とか流木とか死体が
腐ったものとかいう人もいるな」
「そこは色々だな」
ウヨ君もこのことを知っています。
0243創る名無しに見る名無し
垢版 |
2023/04/21(金) 22:59:55.19ID:1IG5zNNK
「そうだな」
「ああ、しかし実は今回皆に見せたい
ものはこの生きものじゃない」
最早スコット君のお部屋のお庭の名物
もっと言えばスコット君の代名詞にさ
えなっていてもです。
「実は凄いぬいぐるみを見付けたんだ」
「ぬいぐるみが喋るダスか?」
キャンベラちゃんが言ってきました。
「スコットのお部屋というかエリザベ
ス家ではよくあることダスし」
「確かによくあるが今回は違う」
そこは断るスコット君でした。

「喋らないが機械仕掛けで動くぬいぐ
るみでな」
「そうなのか、それでどんなぬいぐる
みだ」
「このぬいぐるみだ」
ウヨ君に応えてそのぬいぐるみを出し
ます、それはホルスタインのぬいぐる
みですが。
一緒に出したワンちゃんのぬいぐるみ
を向けるとです。
何と首を動かしてその角でワンちゃん
のぬいぐるみを上に放り投げます。
0244創る名無しに見る名無し
垢版 |
2023/04/21(金) 23:00:50.11ID:1IG5zNNK
その様子を皆に見せてです、スコット
君は皆に言いました。
「凄いな」
「これがフラメンコ先生のお家の闘牛
とか牛放つお祭りならわかるけれどダ
ス」
キャンベラちゃんもその様子を見て頷
きながら言いました。
「ホルスタインだから凄く見えるダス
な」
「そうだな、凄いものを見付けた」
スコット君も言います。

「俺もな」
「いや、これは俺の家でもあったぞ」
ウヨ君は極めて冷静に言いました。
「昔の俺の家のゲームでな」
「何っ、どんなゲームだ」
「宇宙開発用のロボットが主人公のア
クションゲーム、ファミコンのゲーム
だが」
「ファミコンか、懐かしいどころじゃ
ないな」
「最早神話と言っていいがな」
ファミコンの作品になるとです。尚元
はさらに神話のMSXのソフトでした。
0245創る名無しに見る名無し
垢版 |
2023/04/21(金) 23:01:33.79ID:1IG5zNNK
「その最初の方に敵として出ていた」
「ホルスタインがか」
「近寄ると突進してきた、そうしない
と何もしてこない至って大人しい敵だ
ったが」
それでもというのです。
「このぬいぐるみは角で放り投げるが
な」
「その違いはあってもか」
「その敵キャラがいたからな」
そうだったからとです、ウヨ君はスコ
ット君に答えました。

「俺は特に違和感はなかった」
「そうなのか」
「しかしそんなゲームがあるのならや
ってみたいダスな、一度物置からファ
ミコンを出してプレイしてみるダスか」
キャンベラちゃんが言って皆もそうし
てみましたが。
「操作が物凄く難しいな」
「しかし慣れれば楽しい奥深いゲーム
ダス」
プレイしてみた感想はそうでした、そ
してその牛さんの敵は近寄らないと可
愛いと言われました。
0247創る名無しに見る名無し
垢版 |
2023/04/23(日) 20:37:36.89ID:SnCnKDlr
    「体のいいデート」
カンコ君が学校でニホンちゃんにいつ
も通りいきなり言いました。
「ニホン、今度ツウシンシさんを再現
するニダ」
「鶏肉取るの?それならわたしがお料
理作るから止めてね」
「ええい違うニダ、ソウルの間からト
ウキョウの間まで一緒に歩いてそれで
再現するニダ」
「そうするのね」
「お前と一緒に歩いてやるニダ、感謝
汁」
こんなことを言うカンコ君を見てです。

クラスの皆は素直に言えばいいだろ、
とか相変わらず誘い方が駄目駄目だな
とお顔に出してさえいました、ですが
基本生暖かい目でした。
そして皆ここはカンコ君を見守りまし
たがニホンちゃんもこれまた何も気付
かないままそれならと応えてでした。
カンコ君と一緒にツウシンシ、トクガ
ワさんの頃にカンコ家から日之本家に
来ていた人達と一緒の道を歩いてそれ
を再現することにしました、ですがカ
ンコ君がこうしたことをしますと。
0248創る名無しに見る名無し
垢版 |
2023/04/23(日) 20:38:26.10ID:SnCnKDlr
何かが起こるのもいつものことでその
お話を聞いたチョゴリちゃんがです。
ウヨ君に自分達もと目をきらきらさせ
て提案しました、するとウヨ君はこう
答えました。
「そうだな、友達同士で一緒にやるか」
「友達同士ニダか・・・・・・」
ウヨ君のこの返事にはがっくりとなる
チョゴリちゃんでした、ですが何はと
もあれです。
この子達もツウシンシを再現すること
になりました、それで一緒にソウルの
間からトウキョウの間に行きますが。

カンコ君はそんな二人、あからさまに
ウヨ君との距離をカンコ家の服で着飾
ったうえで詰めているチョゴリちゃん
を見てウヨ君に言いました、二人もそ
れぞれのお家の正装です。
「ウヨ、チョゴリに何かしたら異世界
に転生してもらうニダ」
「もうそうした作品が多過ぎてどの作
品のことを言っているかわからないぞ」
「なら転生貴族にしておくニダ」
「待て、T橋N子さんが関わっている
ぞ」
そのことに眉を顰めるウヨ君でした。
0249創る名無しに見る名無し
垢版 |
2023/04/23(日) 20:40:23.55ID:SnCnKDlr
「南條愛乃さんが主役なのはいいが」
「そっちの異世界に送るニダ、そうさ
れたくなかったらニダ」
「待て、チョゴリとは友達同士だ。ど
うしておかしなことになるんだ」
見事にいつも通りの返事で返すウヨ君
でした。
「そもそも俺は疚しいことはしない、
しかも友達同士で何があるというのだ」
「それはそれで許せない発言ニダ、そ
んなお前にはT橋N子さん脚本より恐
ろしい魔法戦争全話を観せるニダ」
カンコ君本気で怒りました。

ですがやっぱりそんなことは全くわか
らないウヨ君は何故怒るのかと首を傾
げさせるばかりです、そしてここでな
のでした。
五年地球組の皆が来てそれでカンコ君
を取り押さえて日之本家のトクガワさ
んの頃のお姫様の格好になっているニ
ホンちゃんの方に連行していきました、
そのうえで皆を代表してタイワンちゃ
んが言いました。
「今回お花持たせてやってるんだから
余計なことしないの」
「ええい、皆を呼んだつもりはないニ
ダ」
カンコ君はタイワンちゃんに抗議しま
した。尚四人以外の皆もカンコ家の服
です。
0250創る名無しに見る名無し
垢版 |
2023/04/23(日) 20:41:11.20ID:SnCnKDlr
「特にタイワン、お前は来るなニダ」
「だからあたし今回はあんたにお花を
持たせてやるって言ってるでしょ。皆
もあんたを応援しないまでも見守る為
に参加してるのよ」
「だからニダか」
「そのままニホンちゃんとデートして
なさい、それが目的でニホンちゃんに
も言ったんでしょうが」
「ニホンが誰にも相手にされてないか
ら仕方なく誘ってやっただけニダ」
「はいはい、とにかくニホンちゃんと
一緒に歩きなさい」
こう言ってです。

カンコ君をニホンちゃんのところに連
れて行きました、そして二人をトウキ
ョウの間までデートさせてそうしてな
のでした。
ウヨ君とチョゴリちゃんも見守ります、
チョゴリちゃんは気付いてくれないウ
ヨ君に残念そうですがそれでもトウキ
ョウの間まで一緒にいて二人きりの時
間を楽しみました、そしてカンコ君も。
「またしてやるから楽しみにしている
ニダ」
「いつも思うけどカンコ君わたしのこ
と嫌いって言うのにこうして誘うのよ
ね」
「ええい、ウリの優しさニダ」
あくまで素直でないカンコ君でした、
そして皆の生暖かい視線を受けました。
0252創る名無しに見る名無し
垢版 |
2023/04/27(木) 23:25:55.79ID:HsCzZAJv
規制かかったので代行してもらって投稿、火曜の分も

    「出番もない筈」
五年地球組のクラス担任はフラメンコ
先生です、ですが。
「最初ニッキョーソ先生だったのよね」
「そうそう、この作品が生まれた時は
ね」
ニホンちゃんの今の言葉にタイワンち
ゃんが応えます。
「そうだったのよね」
「そうよね、けれどニッキョーソ先生
って滅多に出ないのよね」
「すぐにフラメンコ先生が担任になっ
てね」
そして定着しました。

「あのサヨックおじさんをやけに美化
してたどぜうも書かなかったわね」「
「さよくびとさんの書き方とまた違っ
てたのよね」
どぜうのサヨックおじさんの書き方は
です、そういえば煙管と三毛さんが同
じ人かもと言っていて当の三毛さん自
身が違うと言っていたことに対しては
どぜうはどう思っているのでしょうか。
「どうにも」
「さよくびとさんはまともだったけれ
どね。そのどぜうも書かなかったけれ
ど」
ニッキョーソ先生についてはです。
0253創る名無しに見る名無し
垢版 |
2023/04/27(木) 23:26:26.62ID:HsCzZAJv
「確かね、それでニッキョーソ先生っ
て出番ないわよね」
「この前ナガノの間のことで問題起こ
してたけれどね」
「物凄く久し振りに出てね」
「それからまたね」
「出番ないのよね」
二人でお話します、ニホンちゃん達も
ニッキョーソ先生のことをお話します、
そして五年地球組の殆どの子がニッキ
ョーソ先生をずっと見ていません。出
番が出ないということもあってでしょ
うか。

皆もそう思いましたがフラメンコ先生
はどうかといいますと。
職員室の空いている席を見てそのうえ
でハプスブルグ先生に尋ねました。
「ニッキョーソ先生今度は何時来るの
かしら」
「またまたまた停職ですからね」
ハプスブルグ先生も応えます。
「今度はビールの値段を誤魔化して」
「買う時にね」
「その前は飲酒運転で」
そちらで問題を起こしたのです。
0254創る名無しに見る名無し
垢版 |
2023/04/27(木) 23:26:52.62ID:HsCzZAJv
「今度はそうですね」
「問題ばかり起こす人よね」
「よくクビになりませんね」
「設定上ね、ただね」
それでもとです、フラメンコ先生はそ
の空いている席を見つつさらにお話し
ました。
「停職の間お給料はなしよね」
「はい、全額カットです」
「一年の間三百六十五日は停職だから」
この作品世界についても一年は三百六
十五日です。

「事実上無職ね」
「そうですよね」
「つまりキッチョム君と同じね」
その立場はです。
「そうね」
「そう言われるとそうですね」
「あの子は引き篭もりでね」
そこは相変わらずです。
「生活出来ていないけれど」
「そのキッチョム君と同じですね」
「二人共首領様が好きだけれど」
あの謎の人です。
0255創る名無しに見る名無し
垢版 |
2023/04/27(木) 23:27:32.44ID:HsCzZAJv
「あの人が好きだとどうしようもない
人になるのかしら」
「あの首領様の言っていることもおか
しいですね」
「おかしな人のおかしな主張を聞くと
ね」
そうすると、とです。フラメンコ先生
は思いました。
「やっぱりおかしくなるわね」
「そうですね、ただニッキョーソ先生
は子供にいいことしないので」
それも一切です。

「もう学校でもです」
「厄介者だしね」
「おられなくていいですね」
「そうなのよね、ニホンちゃんにはや
けに辛くあたってカンコ君にだけ優し
かったりするから」
「言われてることも行いも酷いですか
ら」
「いなくてもいいのよね」
「本当にね」
こうお話するのでした、そしてニッキ
ョーソ先生は今も停職中なのでした。
0256創る名無しに見る名無し
垢版 |
2023/04/27(木) 23:28:06.04ID:HsCzZAJv
     「王蛇よりまし」
今クラスの皆はタイラン家で遊んでい
ます、その中で。
カンコ君はおトイレに行きたくなりま
したがここでタイラン君に尋ねました。
「お家の中野おトイレ空いているニダ
な」
「今お庭にいるから外のおトイレ使っ
たらいいじゃない」
「そうよね」
タイラン君だけなくサワディーちゃん
も言ってきました、別に何でもないと
いう態度で。

「何でも皆使わないけれど」
「遠慮しなくていいのよ」
「そう言うお前等も使っていないニダ
な」
カンコ君はこのことを指摘しました。
「それはなじぇニダか」
「決まってるじゃない、だってうちの
お庭のおトイレ水洗じゃなくてね」
タイラン君はカンコ君の質問に明るく
答えました。
「中から時々蛇が出て来るんだよね」
「いやあ、前は少し驚いたわ」
サワディーちゃんも明るい感じです。
0257創る名無しに見る名無し
垢版 |
2023/04/27(木) 23:28:40.18ID:HsCzZAJv
「あたしもおトイレから蛇が出て来て
ね」
「下手をすればお尻噛まれるね」
「ニシキヘビだと大きいから丸呑みか
もね」
「明るく言うなニダ、そんなおトイレ
使う位ならニダ」
カンコ君は大真面目に言いました。
「昔のウリナラやイン堂の家にあった
おトイレの方がましニダ」
「ああ、あの下に豚さんがいるおトイ
レだね」
タイラン君はこれまた明るく応えます。

「チューゴのお家にあったね」
「あのおトイレの方がましニダ」
「そうかな。大して変わらないと思う
けれど」
「全く違うニダ、豚さんは精々お尻を
舐める位ニダ」
おトイレからお顔を出してもです。
「それ位ニダ、しかし蛇には毒があっ
たりするニダ」
「うちキングコブラもいるのよね」
サワディーちゃんは何気にとんでもな
い事実をお話します、あの毒蛇の中の
毒蛇が。
0258創る名無しに見る名無し
垢版 |
2023/04/27(木) 23:29:21.41ID:HsCzZAJv
「これが」
「ニシキヘビはニシキヘビで丸呑みニ
ダな」
「そんな大きいの滅多にいないよ」
「滅多にいなくても出るニダ、そんな
おトイレ絶対に使いたくないニダ。お
トイレをしている時に丸呑みなんて誰
でも嫌過ぎるニダ」
あくまでこう言ってでした。
カンコ君はタイラン君のお家の中に入
ってでした。
そのうえでおトイレを借りました、そ
のうえで戻って来てまた言いました。


「全く、普通のおトイレであって欲し
いニダよ」
「気にし過ぎじゃないかな、カンコも」
「そうよね」
あくまで明るくかつ平然としているタ
イラン君とサワディーちゃんです、そ
うしてカンコ君にさらに言いました。
「まあおトイレは済ませたしいいわね」
「そうだね」
「くっ、マイペンライはケンチャナヨ
以上ニダか」
少なくとも他の人のクレームにはかな
り強いです。

「キングコブラが出てもそうとはとん
でもないことニダ」
「まあまあ気にしない気にしない」
「人間小さなことにこだわってはいけ
ないわよ」
本当にマイペンライなタイラン家の子
達です、ですが。
ここでそのお庭のおトイレからでした。
タイトル回収そのままに紫の契約モン
スターを三匹持っているライダーの人
が出て来てでした、首を横に動かしつ
つ言いました。
0259創る名無しに見る名無し
垢版 |
2023/04/27(木) 23:29:48.82ID:HsCzZAJv
「トイレは借りた、いらいらしていな
い」
「・・・・・・・・・」
皆けだるそうに出て来て去っていくそ
の人をドン引きして見ました、それで
タイラン君もサワディーちゃんも引い
て言いました。
「このおトイレ使用禁止だね」
「それがいいわね」
「やっとわかったニダか、しかしあん
な人が使うとなるとこんな怖いおトイ
レはないニダな」
カンコ君も思いました、そしてさっき
のライダーの人にはミラーワールドの
おトイレを使って欲しいとも思いまし
た。

ソースは某おーぷんで
0260創る名無しに見る名無し
垢版 |
2023/04/29(土) 21:52:01.01ID:Lkbre9kZ
    「その頃そうだったのか」
日之本家では毎年一年かけて歴史のお
芝居が行われます、これはトウエイさ
んのライダーや戦隊とはまた別です。
それで今年はイエヤスさんが主役のお
芝居なのですが。
それを観てです、ニホンちゃんはどう
かというお顔になってウヨ君に言いま
した。
「どうもね」
「ああ、あのイエヤスさんのお芝居だ
ね」
ウヨ君も応えます。

「俺もあれはね」
「おかしいわよね」
「あの頃のうちってあんなに女の人出
てないよね」
「ええ、そうよ」
今度はニホンちゃんがウヨ君に答えま
した。
「男の人が殆どでね」
「そうだったよね」
「それでイエヤスさんと喧嘩したチャ
チャさんがね」
ヒデヨリさんのお母さんだったこの人
がというのです。
0261創る名無しに見る名無し
垢版 |
2023/04/29(土) 21:52:52.89ID:Lkbre9kZ
「女の人なのにってね」
「言われてたね」
「最後負けたけれどね」
「随分評判悪いしね、あの人」
ミヤギの間を立派にしたことで有名な
マサムネさんもお手紙で随分書いてい
ます。
「何もわかっていなくて色々間違えた
ってね」
「これまでのお芝居でも何かと出て来
たけれどね」
「まあ今回も最後の方で出るね」
イエヤスさんを主役にするとです。

「あの人もそう言われてたし」
「女の人がそうそう前に前に出る風か
っていうと」
「違ったのは間違いないよ」
「それであんなに出すなんて」
どうかとです、ニホンちゃんも思うの
でした。
「どうもね」
「おかしいね」
「本当にね」
二人でこんなことをお話します、これは
二人のご両親も同じでして。
0262創る名無しに見る名無し
垢版 |
2023/04/29(土) 21:53:48.65ID:Lkbre9kZ
ニホンパパさんとニホンママさんもお芝
居を観て思いました。
「何でもかんでも男の人と女の人を平等
だってしたら」
「かえってお芝居がおかしくなるのよね」
「これが女性化ならいいけれど」
それでもというのです。
「お芝居で女の人を時代考証を考えない
で沢山出しても」
「おかしくなるだけよ。これがアニメと
かライトノベルだと」
ニホンママさんは首を傾げさせながらお
話しました。

「あなたの言う通り女性化特に美少女に
してね」
「女性声優さんに声をあててもらったら
いいけれど」
「お芝居だとね」
「女の人前に前に出すとかえっておかし
くなるのよね」
「このお芝居何度か首を傾げる演出とか
あるね」
ニホンパパさんはこのこともお話しまし
た。今回だけのことではなかったりしま
す。
0263創る名無しに見る名無し
垢版 |
2023/04/29(土) 21:54:56.68ID:Lkbre9kZ
「ゴウさん達三姉妹のお話だってね」
「ああ、あの作品もね」
まさにとです、ニホンママさんも頷きま
す。
「どんな場面でも出て来て」
「その時こんな外見だったかなっていう
風でね」
「女優さんが演じている役の子供時代ま
でやっていて」
「物凄く無理があったし」
「あのシリーズおかしな演出がこれまで
も何度もあったわね」
本当にと思うニホンママさんでした。

「つくづくね」
「それで今回もだね」
「時代考証は完全にとは言わないけれど」
「おかし過ぎるのはどうかってなるね」
「そうね、今回のお芝居は何かと話題に
なっているけれど」
それでもとです、ニホンママさんは思う
のでした。
「気になるところがあるわね」
「最後までには改善して欲しいね」
「そうよね」
お二人もこうしたお話をするのでした、
幾ら男女平等でも時代考証は守って欲し
いとです。
0265創る名無しに見る名無し
垢版 |
2023/05/01(月) 22:50:11.41ID:ci6Zm/d5
   「これで元先生」
実はポッポおじさんは元々は学校の先
生でした、ですが誰もこの人をまとも
な意味で頭がいいとは思っていません。
「あの人おかしなことばかり言うわね」
「そもそも自分の責任をわかっている
とは思えないね」
ニホンママさんもニホンパパさんもこ
う言います。
「あの人は」
「そうよね」
「あらゆることについてまともな見方
が出来ていないよ」
ニホンパパさんはこう指摘しました。

「僕も大学で研究して学生さん達にも
のを教えているからね」
「そう言えるわね。わたしもね」
ニホンママさんにしてもです。
「さくらに武士、にーに母親として色
々なことを教えていて」
「何かとわかるね」
「あの人はまともじゃないわ」
「どう見てもね」
「元学校の先生でもニッキョーソ先生
と同じだけおかしいわ」
問題しか起こさないこの人と、という
のです。
0266創る名無しに見る名無し
垢版 |
2023/05/01(月) 22:54:29.55ID:ci6Zm/d5
「あの人は」
「つくづくあの人をうちの会社の社長
さんにしたことは間違いだったわね」
「カンさんにしてもね」
夫婦でこんなことをお話します、兎角
です。
ポッポおじさんはおかしなことしか言
わないことであまりにも有名です、そ
のポッポおじさんがまた言いました。
「日之本家の売り上げは町の四パーセ
ント位にまで落ちているのに何で皆う
ちの会社の経営陣交代させないのかな」
こんなことを言いました。

「イズミさんやオカダさんを応援しな
いのはどうしてか」
「この人町全体が大きくなっているこ
とわかっていないのかな」
「そうよね」
ニホンパパさんとニホンママさんはま
ずはこのことを疑問に思いました。
「簡単に言ったらどのお家も大きくな
っていて」
「うちが小さくなった訳じゃないよ」
「何か田中ガイエさんみたいね」
伝説の糞ライトノベル創竜伝十三巻み
たいなことを言っているというのです。
0267創る名無しに見る名無し
垢版 |
2023/05/01(月) 22:55:06.16ID:ci6Zm/d5
「あそこまでいくと」
「ガイエさんが酷いのかあの人が酷い
のか」
「ガイエさんも地に落ちたけれど」
その創竜伝十三巻で、です。そして今
連載作品を終わらせていっていますが
どうも評価は芳しくない様です。
「あの人はかなり前からね」
「ああでね」
「元先生なのに」
「そんなこともわかっていないのかな」
「それに」
ニホンママさんは今度は呆れ返って言
いました。

「あの人が前に何したか」
「カンさんもね」
「そのことを皆はっきりと覚えている
から」
だからだというのです。
「もうね」
「二度と会社の経営任せないよ」
「あの時冗談抜きで会社が大変なことに
なったから」
「あんなこと忘れられないよ」
日之本家の人達はです、あまりにも酷か
ったので。
0268創る名無しに見る名無し
垢版 |
2023/05/01(月) 22:55:41.23ID:ci6Zm/d5
「とてもね」
「けれどあの人は全く自覚しないわね」
「ある意味凄いね」
「そうね、そうしてあのまま生きていく
のね」
「幸せだと思うよ」
ニホンパパさんは皮肉抜きに思いました。
「ああして生きていられたら」
「責任を感じないで好き勝手なこをとし
て言っていられたら」
「うん、ただもう誰もあの人の言うこと
もすることも信じないし敬意も払うこと
はないよ」
こうも言うニホンパパさんでした。

「絶対にね」
「ええ、それはね」
ニホンママさんも頷くことでした。
「間違いないわね」
「それでも気付かないのならこんなに
幸せなことはないよ」
「どれだけ馬鹿にされても信用されな
くなっても感じないならね」
その能力も人格も肯定されなくてもそ
れでもというのです。
お二人で思いました、そんなポッポお
じさんを見て。
0270創る名無しに見る名無し
垢版 |
2023/05/03(水) 21:13:31.95ID:kMCVRBE8
    「やっぱり面白い」
先日声優さん達の交代が話題になった
日之本家のバスケ漫画のアニメ映画に
ついてです、カンコ君はクラスでニホ
ンちゃんに言いました。
「ウリは賛成だということは何度も言
うニダ」
「やっぱり年代が違うとね」
「そうニダ、そもそもお亡くなりにな
ってしまった方もおられるニダ」
カンコ君はこのことをとても残念そう
に言いました。梁田清之さんのご冥福
を祈ります。

「そのことを考えてもニダ」
「最初の声優さん達だと今は無理があ
るのね」
「そうニダ、旧作は旧作新作は新作で
声優さん達の演技を楽しむニダ」
「カンコの言う通りだYO、僕も素直
に楽しめたYO」
他ならぬバスケの本場であるアメリー
家のアメリー君も言ってきました。
「作画も動きもよかったし良作と言っ
ていいんじゃないかな」
「アメリー君はそこを観ているニダな、
ウリは声優さんからニダ」
カンコ君はアメリー君にも応えました。
0271創る名無しに見る名無し
垢版 |
2023/05/03(水) 21:14:20.43ID:kMCVRBE8
「世代を考えて欲しいニダ、野沢雅子
さんみたいな人は声優さんでも特別ニ
ダ」
「あの、あの人はまた別格じゃないか
しら」
ニホンちゃんが見てもです。
「流石にね」
「だから特別と言ったニダよ」
「まああのシリーズはは基本声優さん
変わらないけれどな」
アメリー君はこのことを言います、こ
の作品についてはお亡くなりにならな
い限り変わりません。

「世代があるのは確かだYO」
「そうニダ、そうしたところはちゃん
とわかって欲しいニダ」
「まあ僕は作画と動きの方に注目して
るけれどな」
そこは変わらないアメリー君です、そ
んなことをお話していますと。
今度はチューゴ君が来てです、三人に
言いました。
「すずめと一緒に楽しませてもらった
あるよ」
「チューゴ君も観たのね」
少し意外となったニホンちゃんでした。
0272創る名無しに見る名無し
垢版 |
2023/05/03(水) 21:15:33.45ID:kMCVRBE8
「そうなのね」
「僕の家もバスケしているあるからな、
あの漫画のことは前から知っていたあ
るし」
チューゴ君はニホンちゃんに答えてお
話をします。
「僕は全体的に満足しているあるよ」
「声優さんも作画もなのね」
「キャラクターもある」
「そうなのよね、あの作品キャラクタ
ーが魅力的なのよね」
そもそもです。

「主人公もチームメイトも先生もね」
「ヒロインもあるな」
「そうなのよね」
「何しろ原作者さんの画力が凄いんだ
YO」
アメリー君はそこからだというのでし
た。
「もうな」
「連載最初からね」
「それをアニメでは忠実に再現したら」
アニメには作画崩壊ということもあり
ますが。
0273創る名無しに見る名無し
垢版 |
2023/05/03(水) 21:16:22.54ID:kMCVRBE8
「大丈夫だYO]
「映画では出来たし」
「そうある、あの作品は原作者さんの
画力も凄いある」
チューゴ君も認めることです。
「動きの描写もある、映画でもそのク
オリティだったあるからな」
「チューゴ君も満足なのね」
「それで声優さんもよかったから言う
ことなしある」
「全く、旧作を懐かしむことはいいこ
とニダが」
今度はこう言うカンコ君でした。

「作画の技術も旧作とは違うニダ、だ
から尚更新作は新作で楽しむべきニダ
よ」
「それはそうだけれどカンコはアニメ
とか特撮になると正論言うな」
「いつもの調子ではないあるな」
「いや、ウリが見ても一部のアニヲタ
や特ヲタは酷いから言うニダ」
実際にそうした関連の県ではかなり酷
い人がいます。
「そうした人達は自重汁ニダ」
「実際カンコ君がそう言う位酷い人い
るのよね」
ニホンちゃんも否定しませんでした、
後の二人もそれはと頷き放課後四人で
そのアニメを観るのでした。
0275創る名無しに見る名無し
垢版 |
2023/05/05(金) 22:33:04.49ID:WKNjNqHo
    「敗因も調べない」
とある人こうした場所で出しても訴え
そうなので出せないとある人やヤマグ
チの間でトーイツと言ったことのこと
が響いてです。
イズミさんやオカダさんの組合は会社
の人事の選挙について負けてしまいま
した、それも全敗です。ニホンちゃん
はその状況を見て言いました。
「全敗も凄いわね」
「いや、凄くないよ」
ウヨ君はお姉さんに横からこう言いま
した。

「だってあんな有様じゃね」
「そうね、ここに出しただけで訴える
とか言いそうな人とかトーイツとかで
ね」
「キョーサンにしてもシイさんのこと
で言ったお友達を委員会みたいな排除
したからね」
「委員会の人達ってやっぱりああした
感じの人達だったのね」
「くま安崎さんが赤軍派みたいとか言
ったのも当たってたね」
ウヨ君はこうも言いました。
0276創る名無しに見る名無し
垢版 |
2023/05/05(金) 22:33:43.23ID:WKNjNqHo
「カンコみたいとも言った人いたけれ
どね」
「そんな人達が国際風刺それもハング
ル県でって」
「聞いて呆れるよね」
「盗作もカンコ君のパクリと同じじゃ
ないかしら」
「謝罪するどころか黙っていろとか泣
き寝入りしろだしね」
「本当にああした人達みたいだったの
ね」
ニホンちゃんもウヨ君も委員会のこと
も振り返りました。

そうしてです、あらためてイズミさん
達を見ますと。
責任者のお一人だったオカダさんがフ
ンガーと叫んでからこんなことを言い
ました。
「接戦で負けたということで」
「何で負けたかが問題よね」
今度ははっきり言い切ったニホンちゃ
んでした。
「もうね」
「接戦でも負けは負けだよ、どうして
負けたかをね」
ウヨ君も言います。
0277創る名無しに見る名無し
垢版 |
2023/05/05(金) 22:34:51.57ID:WKNjNqHo
「ちゃんとね」
「検証して反省しないとね」
「接戦、惜しかったで終わったら」
「何にもならないわね」
「あの人達の駄目なところはね」
ウヨ君は皆のしらけ切った視線を受け
ているオカダさんを見つつお姉さんに
お話しました。
「全く勉強しないで反省もしない」
「その反省しないところが完全に出た
わね」
ニホンちゃんも頷きます。

「今回も」
「そう、今回もだからね」
「負けるのも当然ね」
「こんなのだと次もでそれからもずっ
とだよ」
「実際連敗続きだしね」
「勝てる筈がないよ」
ウヨ君はまた言いました。
「全く成長していないって言葉のまま
だからね」
「そうよね」
「負けるのも当然で」
そしてというのです。
0278創る名無しに見る名無し
垢版 |
2023/05/05(金) 22:35:49.64ID:WKNjNqHo
「これからもね」
「負け続けるのね」
「絶対にね、それにオカダさんってあ
のグループで何度もまとめ役してるけ
れど」
今度はオカダさんについて言いました。
「あの人能力ないよね」
「全くね」
ニホンちゃんもこう言うしかありませ
んでした。
「他のところじゃあそこまでなれない
わ」
「そんな人が何度もだよ」
それこそ昔からです。

「トップとかまとめ役とか」
「人がいないのね」
「うん、そんなグループに未来がある
とかね」
「絶対にないわね」
「そうだよ、人間もグループもああな
ったら終わりだよ」
ウヨ君はオカダさんを見ながらニホン
ちゃんに言いました、見ればです。
オカダさんは今も言い訳をしています。
そして皆そんなオカダさんをしらけ切
った目で見続けています。
0280創る名無しに見る名無し
垢版 |
2023/05/07(日) 20:18:49.82ID:YmMuUHZr
   「うしろの百太郎参照」
今クラスでコロンビアちゃんが幽霊を
招こうとしています、ですが。
それを見てです、ニホンちゃんがどう
かというお顔でそのコロンビアちゃん
に言いました。
「あまりそうしたことしない方がいい
と思うけれど」
「いや、面白そうだからやってるけれ
ど」
「そうしたことで幽霊呼び寄せたらね」
ニホンちゃんはコロンビアちゃんにそ
のお顔でそれでもと言いました。

「危ないのよ」
「まさか。別におかしな幽霊とか来な
いでしょ」
「来るのよ」
「はい、こうしたことで幽霊を呼び寄
せることは危険です」
ハイチちゃんも言ってきました。
「今すぐ止めるべきです」
「二人とも心配性ね。別に悪霊とか怨
霊とか来ないでしょ」
「いや、来ることあるから」
ニホンちゃんはまさにと答えました。
0281創る名無しに見る名無し
垢版 |
2023/05/07(日) 20:19:32.93ID:YmMuUHZr
「質の悪い幽霊来るから。本当に止め
てね」
「またまた。ニホンちゃんもハイチも
心配しなくていいわよ」
コロンビアちゃんは笑って言ってでし
た、二人が止めるのも聞かずそのうえ
で続けました、すると。
そこに何か黒い不気味なもやが出て来
てでした。
コロンビアちゃんの方に来ました、ハ
イチちゃんはその黒いもやを見てすぐ
にでした。

お塩を出してもやにかけました、そし
てニホンちゃんも瞬時に巫女の恰好に
なってです。
お祓いをしました、こうしてもやは消
えましたが。
コロンビアちゃんは今のもやを見て二
人に尋ねました。
「今のってまさか」
「はい、間違いありません」
「質の悪い霊よ」
二人でコロンビアちゃんに答えます、
二人共かなり強張った表情になってい
ます。
0282創る名無しに見る名無し
垢版 |
2023/05/07(日) 20:20:48.16ID:YmMuUHZr
「若し憑かれたら」
「大変なことになっていました」
「あのね、うちにもああした遊びがあ
るけれど」
それでもと言うニホンちゃんでした。
「色々よくないことが起こりやすの」
「そう言ってたわね、さっき」
「だから止めたの、これからもね」
ニホンちゃんはさらに言いました。
「こうしたことはね」
「しないことね」
「ええ、気を付けてね」
心から忠告するニホンちゃんでした。

「こうしたことは」
「霊を呼ぶにあたっては軽々しくし
てはいけないです」
ハイチちゃんも言います。
「若し私がお塩を持っていなくてニ
ホンちゃんが除霊のスキルを出して
いなかったらどうなっていたか」
「憑かれていたわね」
「そうなっていました、ですから」
「これからも注意することね」
「そうして下さい」
くれぐれもというのです。
0283創る名無しに見る名無し
垢版 |
2023/05/07(日) 20:21:28.89ID:YmMuUHZr
「確かに私はこうしたことには詳し
くかつお塩等も常時持っていますが」
「うちのクラスって特殊スキル持っ
てる子多くてわたし以外にも除霊出
来る子いるけれど」
ニホンちゃんも再び言います、まだ
巫女さんの衣装です。
「うちのクラスってかなり特殊なク
ラスだからね」
「そうしたことも覚えておいて下さ
い」
「よくわかったわ」
心から反省して頷くハイチちゃんで
した。

見ればクラスの皆もそうしたことは
しません、それはクラスのお騒がせ
人物カンコ君もそうで。
「そんなことはうしろの百太郎を読
むとわかるニダ、つのだじろう先生
の作品を熟読して霊の怖さを思い知
るニダ」
「うわっ、本当に滅茶苦茶怖いわ」
コロンビアちゃんは実際に読んでさ
らにわかりました、質の悪い霊がど
れだけ怖いものであるかということ
を。
0285創る名無しに見る名無し
垢版 |
2023/05/09(火) 21:53:57.97ID:c6NrqaEr
    「だから作ってなかった」
今日クラスの皆はニホンちゃんのお家
のカゴシマの間で集まって楽しんでい
ます、そこでニホンちゃんのお家の人
のサツマさんのお料理を振舞ってもら
っていますが。
「薩摩芋と豚肉使ったお料理多いから
な」
「カゴシマの間のお料理も美味しいあ
る」
アメリー君もチューゴ君も他のクラス
の皆もサツマさんのお料理を楽しんで
います。

「さつま揚げにきびなごもいいある」
「ラーメンだってな」
「いや、最初ラーメンはチューゴ家の
ものと思っていたでごわす」
そのサツマさんが言ってきました。
「それが違うと知っておいもびっくり
したでごわすよ」
「サツマさんもですよね」
今回サツマさんのお手伝いをしている
ニホンちゃんが応えました。
「そう思っていましたね」
「そうでごわす、まさかでごわしたよ」
「それよく言われるあるが」
チューゴ君がお二人のお話に応えて言
ってきました。
0286創る名無しに見る名無し
垢版 |
2023/05/09(火) 21:54:36.88ID:c6NrqaEr
「違うある、うちは確かに麺は本場で
色々なものがあるあるが」
「それでもでごわすな」
「ラーメンはまた違うのよね」
「そうある、もっと言えばこの前サツ
マさんに言われたあるが」
チューゴ君はそのカゴシマラーメンを
食べつつお話します。
「エビチリもうちにはないある」
「そうでごわすな、このことも驚いた
でごわす」
サツマさんはチューゴ君に正直に答え
ました。

「もっと言えばエビマヨもでごわす」
「そうした料理って多いんだYOな」
アメリー君も横から言ってきました。
「何かチンチャオロースもチューゴの
お家には最初なくて」
「あれはアメリーのお家でだったと僕
は記憶しているある」
チューゴ君はアメリー君にも応えまし
た。
「うちのお料理じゃないお料理がうち
のお料理になっていることが見受けら
れるある」
「そうだYOな」
アメリー君も応えます。
0287創る名無しに見る名無し
垢版 |
2023/05/09(火) 21:55:18.99ID:c6NrqaEr
「これが」
「特にニホンちゃんのお家ではラーメ
ンあるな、もっと言えば餃子もでこっ
ちでは水餃子あるが」
「点心だと蒸し餃子でな」
「それが焼き餃子になっているある、
こっちはトチギの間で有名あるが」
「ニホンちゃんのお家だとそうしたお
料理が他のお家より目立つんだな」
「僕もそうしたお料理を見てその度に
驚いているある」
チューゴ君自身もというのです。

「うちのお料理以外にも洋食でそうし
たものが多いあるな」
「ナポリタンとか海老フライとかオム
ライスとか?」
ニホンちゃんが応えました。
「そうよね」
「そうある、ニホンちゃんのお家のお
料理はそのお家のお料理だと言っても
何か違うものが本当に多いある」
「わたしも言われて気付いたわ、何か
とね」
「ではでごわす」
ここで、でした。
0288創る名無しに見る名無し
垢版 |
2023/05/09(火) 21:55:56.73ID:c6NrqaEr
サツマさんはしろくま、これを出して
そのうえで皆に尋ねました。
「これは何処のお料理でごわすか」
「それはもうサツマさんのオリジナル
ですよね」
「ニホンちゃんのお家でも他のお部屋
じゃ見ないしな」
「もうサツマさんのものとしか言うし
かないある」
「そうでごわすか、このお部屋は暑い
でごわすからな」
特に夏はです。

「作ってみたでごわすが」
「美味しいですね」
「普通に豪勢な感じがして」
「盛り付けも可愛いある」
「そうでごわす、おいのオリジナルな
ら嬉しいでごわす、なら皆最後はこれ
を食べて欲しいでごわす」
こう言ってでした。
サツマさんは皆にしろくまも振る舞い
ました、そして皆はこの食べものにも
舌鼓を打つのでした。とても冷たくて
美味しいと。
0290創る名無しに見る名無し
垢版 |
2023/05/11(木) 22:16:35.68ID:OcLIBvIO
    「それ使えるのか」
プーチンさん達がウクライナちゃんの
お部屋で暴れ回る様になって残念なが
ら結構な時間が経っています、その間
プーチンさん達はあちこち怪我をして
ラジコンを壊されてBB弾を消耗して
です。
お金も使って何もかもが大変な状況に
なっています、自業自得と言えばそれ
までですが。
この状況で、です。ロシアノビッチ君
と仲のいいキッチョム君に対してでし
た。

彼を操る首領様がこんなことを言いま
した。
「プーチンさんを助けるのだ」
「ウリがニダな」
「そうだ、我々はロシアノビッチ家と
はお友達だからな」
実は首領様はかつてソレン家にいたこ
とあるそうです、このことは確かなこ
とはわかっていなくてあくまであるそ
うで、なのです。
それでソレン家からカンコ家に入って
きて今に至るそうですが。
0291創る名無しに見る名無し
垢版 |
2023/05/11(木) 22:17:18.36ID:OcLIBvIO
その首領様がです、キッチョム君に対
してお話するのでした。
「BB弾を送るのだ」
「ウリが持っているそれをニダか」
「そうだ、いいな」
「首領様が言われるならニダ」
キッチョム君も頷きました、そうして
なのでした。
キッチョム君はこっそりとロシアノビ
ッチ家に自分のBB弾を送りました、
そうして使ってもらうことにしますが
そこでなのでした。

BB弾を貰ったロシアノビッチ家のガ
ードマンの人達は眉を曇らせてそのう
えで言いました。
「キッチョム家のBB弾なんて使える
のか?」
「首領様が俺達の味方だってことは知
ってるけどな」
「チューゴ家に近い様で実はうちの方
の人だってな」
このことも首領様がソレン家にいたか
らだと言われています、だからソレン
家があった頃はかなり親しかったです。
0292創る名無しに見る名無し
垢版 |
2023/05/11(木) 22:17:57.59ID:OcLIBvIO
「聞いてるけれどな」
「町内の集会でも絶対にうちのことを
支持してくれるし」
「それ見たらな」
「味方だってわかるけれどな」
「あの人ってな」
首領様ご自身はというのです。
「お金も何もなくてな」
「キッチョムだって殆ど何も食ってな
いからな」
キッチョム君が欠食児童であることは
この人達も知っています。

「使ってるラジコンとかモデルガンも
どうしようもない古いもので」
「俺達だってもう使っていない様な代
物ばかりで」
「そんなとこのものなんてまともに使
えるのかね」
「それ以前にまともに使えるのか?」
「というかうちって今そんなにやばい
のか?」
ここでこんな声も出ました。
「あそこに助けてもらう様な」
「そうだよな」
そのお言葉に誰もがでした。
0293創る名無しに見る名無し
垢版 |
2023/05/11(木) 22:19:17.89ID:OcLIBvIO
これまで不安そうだったお顔をさらに
暗いものにさせました、そうしてお話
をするのでした。
「あそこはな」
「今話したけれど何もないぞ」
「食いものすらない」
「全部花火に注ぎ込むなんて馬鹿なこ
ともして」
「身の回りのものは全部ポンコツなん
てものじゃなくて」
「今話しているBB弾だってそうだしな」
本当に深刻なお顔でお話します。

「そんな人に助けてもらうなんて」
「俺達そんなにやばいか?」
「町で一番碌でもない状況だろあの人な
んて」
「どうなんだ俺達」
「冗談抜きで大丈夫なのかよ」
こうお話します、そしてでした。
ロシアノビッチ家の人達はこの日もウク
ライナちゃんのお部屋で怪我をします、
そしてあらためて思うのでした。
「やばいぞ」
「どんどんまずい状況になってないか?」
こう思うのでした、怪我をしてものがど
んどんなくなる中で。
0295創る名無しに見る名無し
垢版 |
2023/05/13(土) 21:38:28.99ID:upUUUqLz
     「生ものなので」
この日ニホンちゃんはフクイの間にい
てそこで皆と一緒に釣りを楽しんでい
ました、メンバーはニホンちゃんにウ
ヨ君、チンソー君にヲタ君にドキュソ
ちゃんです。
五人で釣りを楽しんでいます、その中
でドキュソちゃんが笑顔で言いました。
「釣りが終わったら皆で釣ったお魚食
べるといい感じ?」
「いいですね、放課後ていぼう倶楽部
みたいで」
ウヨ君が応えました。

「新鮮なお魚を作って」
「そう、これ最高な感じ?」
「じゃあ釣りが終わったらそうしまし
ょう」
「そうしようね」
こうお話してでした。
皆でそれぞれ釣りをしていきます、そ
うしてでした。
五人共それぞれ立派なお魚を釣ってそ
うしてです。
その後で釣ったお魚を調理しようとし
ますが。
0296創る名無しに見る名無し
垢版 |
2023/05/13(土) 21:39:06.92ID:upUUUqLz
ヲタ君がです、ここで皆にこんなこと
を言いました。
「ちょっと待って」
「あっ、そうね」
ニホンちゃんが応えました。
「お魚はね」
「釣りたての新鮮なものって確かに美
味しいけれどね」
「生で食べると危ないよ」
「そうなのよね」
「生で食べる場合は」
お刺身にしてです、ここにいる皆お刺
身が大好きです。

「ちゃんとしないとね」
「冷凍させるかね」
「捌いて細かく切ってね」
「寄生虫を処理しないとね」
「駄目よね」
「ああ、そうだったな」
チンソー君も二人のお話を聞いて頷き
ました。やんちゃな子ですがニホンち
ゃんの言うことは絶対に聞く子なので
す。
「そのことを気をつけないとな」
「ええ、じゃあね」
ニホンちゃんはまた言いました。
0297創る名無しに見る名無し
垢版 |
2023/05/13(土) 21:39:44.80ID:upUUUqLz
「ここはね」
「ちゃんとしような」
「そうしよう」
「ニホンちゃんがそう言うならいい感
じ?」
ドキュソちゃんもニホンちゃんの言う
こととには絶対に頷きます、それこそ
胡蝶しのぶさんには逆らわない伊之助
君みたいです。
こうしてです、五人でそれぞれ釣った
お魚を調理しますがお刺身はかなり薄
く切ってでした。

お魚によっては細かい切り身も入れま
した、そうして食べますと。
「美味しいわ」
「そうだね」
ウヨ君はニホンちゃんの言葉に笑顔で
頷きました。
「焼いたのも揚げたのもね」
「それでお刺身もね」
「それで虫の心配もね」
「ないわ、ちゃんとね」 
それこそとです、ニホンちゃんもウヨ
君に言います。
0298創る名無しに見る名無し
垢版 |
2023/05/13(土) 21:40:38.52ID:upUUUqLz
「処理したから」
「そうだね」
「お魚の虫って怖いから」
ニホンちゃんもこのことはよくわかっ
ています。
「生で食べる場合はね」
「気をつけないといけないですね」
「じっくりと凍らせるか」
「今回みたいに細かく切って」
「そうしてね」 
その様にしてというのです、ニホンち
ゃんも真面目にお話します。

「食べないと駄目よ」
「そうだよね」
「全くだよな」
「ニホンちゃんの言う通りだよ」
「そうしないと後で大変なことになる
しね」
チンソー君とヲタ君、ドキュソちゃん
も頷きます。
「ニホンちゃんの言うこと聞かないと」
「間違えたこと言わないから」
「そうしないとな」
ここで三人共怒ると凄く怖いとは言い
ませんでした、そのうえで仲良く食べ
るのでした。
0300創る名無しに見る名無し
垢版 |
2023/05/15(月) 13:37:20.25ID:siOF9HgF
    「暴れるのは駄目」
日之本家ではかつてサヨックおじさん
に近い人達がカクメイだとか喚いて暴
れていました、ヘルメットを被って布
でお顔を覆って棒を振り回してそんな
ことをしていました。
この人達はまだいてそれでイズミさん
達を応援していますが。
こうした人達は日之本家以外にもいた
りします、それで暴れたりとんでもな
く過激なことを言ったりします、何か
と困った人達です。

そんな人達はフランソワーズ家にもい
ますが。
「あの、何ていうか」
「パリは燃えているかですわね」
ニホンちゃんとエリザベスちゃんはお
話を聞いてパリの間に来てです。
騒動を見てそのうえで言いました。見
れば本当に日之本家で暴れ回っていた
サヨックおじさんの周りの人達そっく
りの人達がです。
そのままの感じで暴れ回っています、
それを見てでした。
0301創る名無しに見る名無し
垢版 |
2023/05/15(月) 13:37:55.47ID:siOF9HgF
ニホンちゃんもエリザベスちゃんもど
うかというお顔になってそれで言うの
でした。
「あの、このまま放っておいたらね」
「よくないですわよ」
「何するかわからないから」
「わたくし達も心配になりますわ」
「ええ、お父様とお母様がお家のガー
ドマンの方々にお話すると思いますわ」
フランソワーズちゃんも心配になって
います、普段のおすまし顔も今はあり
ません。

「すぐにでも」
「だったらいいけれどね。ああした人
達って放っておいたらね」
ニホンちゃんは自分のお家のことから
お話します。
「エスカレートしていって」
「サヨックさんの周りの人達みたいに
なりますわね」
「アサマの時はとんでもないことにな
ったから」
この時のこともです、ニホンちゃんは
思い出してしまいました。
0302創る名無しに見る名無し
垢版 |
2023/05/15(月) 13:38:25.69ID:siOF9HgF
「あんな酷いことにもなるし」
「貴女のお家ではこうしたことが結構
ありますし」
エリザベスちゃんはフランソワーズち
ゃんのお家の昔のことからお話しまし
た。
「ユゴーさんのお話にも出ていますし
コミューンも」
「ええ、ですからわたくしも不安にな
っていますの」
本当に普段のおすましがないフランソ
ワーズちゃんです。

「この状況については」
「それじゃあね」
「早く何とかすることですわ」
「今お願いしますわ」
フランソワーズちゃんはニホンちゃん
とエリザベスちゃんを連れて安全な場
所にまで避難してです。
そのうえですぐにお父さんとお母さん
に対して暴れている人達を何とかして
くれる様にお願いしました、するとお
二人も事情を察していてそのうえでな
のでした。
0303創る名無しに見る名無し
垢版 |
2023/05/15(月) 13:38:58.16ID:siOF9HgF
フランソワーズ家のガードマンの人達
が出て来てでした。
暴れている人達を抑えて連れて行きま
した、その数はあまりにも多くてです。
連れて行かれるまでを見たニホンちゃ
んは一緒に見ているエリザベスちゃん
とフランソワーズちゃんにお話しまし
た。
「自由って何をしてもいいっていうの
じゃないからね」
「それは無法でしてよ」
他ならぬフランソワーズちゃんが答え
ました。

「バイクに乗って暴れるモヒカンさん
達と同じですわ」
「そうよね」
「ああした人達を野放しにしますと」
エリザベスちゃんも言います。
「大変なことになりますわ」
「こうした時は強硬にするしかありま
せんわ」
「ええ、うちは今もああした人達がい
るからわかるわ」
フランソワーズちゃんにも言われてで
した。
ニホンちゃんは頷きました、こうした
人達は野放しにしてはいけないと。
0305創る名無しに見る名無し
垢版 |
2023/05/17(水) 20:20:35.57ID:ocLPoAFB
   「空からは」
最近カメラを付けたラシコンでお空か
ら撮影したりすることが流行っていま
す、それで日之本家でもです。
お家の中を撮っていたりします、その
中で、でした。
ニホンパパさんはある写真を見てふと
言いました。
「あれっ、こうした撮り方ってうちで
いいのかな」
「よくないの?」
「うん、そうじゃないかってね」
ニホンパパさんはニホンママさんに答
えました。

「写真があるよ」
「そうなの」
「こうしたことって何でもない様でね」
それでいてというのです。
「実は何かとね」
「家訓でよかったり駄目だったりするの
ね」
「うん、僕も家訓を全部知ってる訳じゃ
ないけれど」
この町の特徴の一つとしてそれぞれのお
家の家訓はどのお家のものもかなり多く
て複雑です、ですからそれぞれのお家に
家訓を専門にする人がいます。
0306創る名無しに見る名無し
垢版 |
2023/05/17(水) 20:21:14.76ID:ocLPoAFB
そうした人達をベンゴシさんといいます
が。
「ちょっと弁護士さんに聞いてみるね」
「そうするのね」
「今からね」
こうお話してでした。
ニホンパパさんは実際にお家のベンゴシ
さんにその写真を見せて聞いてみました、
するとでした。
「あの写真やっぱりね」
「家訓で駄目だったの」
「そうした写真だったよ」
こうニホンママさんにお話します。

「これがね」
「そうだったのね」
「いや、本当にね」
ニホンパパさんはさらに言いました。
「僕もね」
「ひょっとしてって思ったのね」
「撮ったのはうちの会社の床を担当する
人達で」
そういったお仕事をというのです。
「床を撮った写真だから」
「ラジコンを飛ばして上からね」
ニホンママさんも言います。
0307創る名無しに見る名無し
垢版 |
2023/05/17(水) 20:21:59.48ID:ocLPoAFB
「それだったらね」
「問題ないと思っても」
「これがなのね」
「思わぬね」
こう言うのでした。
「抜けがあってね」
「専門の人達でも」
「撮るにあたっても」
それでもというのです。
「家訓に触れることもね」
「あるのね」
「そうなるね」
ニホンパパさんは言いました。

「これが」
「家訓って本当に多くてしかも難しい
から」
「そういったお仕事をしていてもね」
そうであってもというのです。
「全部知っているかっていうと」
「家訓の専門家の人でもないと」
「難しいところがあるよ」
「そういうことね」
「家訓は本当に多くて難しいよ」
ニホンパパさんはこのことについても
思うのでした。
0308創る名無しに見る名無し
垢版 |
2023/05/17(水) 20:22:37.95ID:ocLPoAFB
「どのお家でもね」
「中にはこんなものがあるのっていう
のもあるわね」
「このこともどのお家でもだね」
「何かと大変ね」
「けれど家訓がないと」
若しそうなると、とです。ニホンパパ
さんはその場合についても言いました。
「大変だよ」
「悪い人を取り締まれないし決まりが
ないと何をしていいかわからないわ」
ニホンママさんも言います。

「もうね」
「だからだよ」
まさにというのでした。
「家訓は必要だよ」
「多くて難しくても覚えていないとね」
「まあおかしいんじゃないかとかいら
ないんじゃないかっていう家訓は変えた
りなくしたらいいし」
「そうしたこともやっていくことね」
「うん、家訓についてはね」
こう夫婦でお話するのでした、今回のこ
とから。
0310創る名無しに見る名無し
垢版 |
2023/05/19(金) 22:41:45.82ID:d4Rp8g5s
     「これが美味しい」
日之本家ではお魚のお料理が何かと多
いです。
有名なお寿司やお刺身もそうですし他
には天麩羅や焼き魚や煮魚、干物とか
もあります。
そしてお家の皆で食べていますが。
カンコ君はクラスの皆でそのニホンち
ゃんのお家に来た時に出してもらった
食べもののうちの一つを見て言いまし
した。
「前もこのフライなかったニダか?」
「ええ、そうよ」
ニホンちゃんも否定しません。

「最近このお魚のフライがお家で人気
だからね」
「それでニダか」
「前に皆に来てもらった時も出したし」
そしてというのです。
「今回もね」
「色々作ってニダか」
「そのうちの一つに入れたの」
「そうニダか」
「だから楽しんでね」
「何かね」
今度はタイワンちゃんが言ってきました。
0311創る名無しに見る名無し
垢版 |
2023/05/19(金) 22:42:24.39ID:d4Rp8g5s
「このフライ急に人気出て来たわね」
「そうなの、フクオカの間からね」
ニホンちゃんはタイワンちゃんにも答え
ました。
「そうなったの」
「そうよね、ニホンちゃんのお家だと普
通に食べるものだけれど」
それでもと言うタイワンちゃんでした。
「最近本当にね」
「急に人気が出て来たわね」
「そうよね」
ニホンちゃんに応えつつです。

タイワンちゃんは考えるお顔になってそ
のうえでニホンちゃんに言いました。
「こうした時って何か火付けの人がいる
んじゃないかって思うけれど」
「それ何かよくあるのよね」
また応えるニホンちゃんでした。
「うちってね」
「ほら、今運動会でお金がどうとかで揉
めている」
「あの人達がしたとかね」
「壁新聞組が何かしているとか」
サンケー君達のことです。
0312創る名無しに見る名無し
垢版 |
2023/05/19(金) 22:43:02.67ID:d4Rp8g5s
「言われるけれど」
「今回もかしら」
「そうじゃないの?」
「若しかしたらニダ」
カンコ君はふと怖い考えになってしまいま
した。
「水星の能登ママさんみたいな人が裏でと
かないニダな」
「いや、それ幾ら何でも考え過ぎでしょ」
タイワンちゃんはそのカンコ君に突っ込み
を入れました、そのうえでこうも言ったの
でした。

「陰謀論はよくないでしょ」
「それやったらトランプさんになってしま
うニダか」
「トランプさんをいいっていう人達ともね」
「タイワンあの人好きでなかったニダか?」
「うちでそんな人達がいるだけであたしは
胡散臭いって思ってるわ」
どうもトランプさんを好きな人にはある種
の特徴があるみたいです。
「だからね」
「そう言うニダか」
「それでね」
そのうえでというのです。
0313創る名無しに見る名無し
垢版 |
2023/05/19(金) 22:46:11.76ID:d4Rp8g5s
「あんたにも言うのよ」
「そうニダか」
「そんなこと言ったらトンデモ本とかのお
話になるし」
「考え過ぎないことニダか」
「まあ壁新聞組がこうしたこと考えたりす
るのは有り得るかもね」
この可能性は否定しないタイワンちゃんで
した。
「けれどよ」
「考え過ぎないことニダか」
「そうよ」
カンコ君に言いました。

「いいわね」
「わかったニダよ」
「まあ色々考えるけれど美味しいならね」
ニホンちゃんが言ってきました。
「いいとも考えられるし」
「それもそうニダな」
「何かと考えるけれどね」
「わたしもだけれどね、それでも食べまし
ょう」
こうお話してでした。
皆でそのお魚のフライを食べます、味自体
はとても美味しかったです。
0315創る名無しに見る名無し
垢版 |
2023/05/21(日) 20:57:09.30ID:2tBIzncz
   「つまらないし的外れ」
最近プーチンさんの行動のせいで町全
体が大変なことになっています、それ
でなのでした。
日之本家でもこれからどうしようかと
いうお話になっていてそうしてなので
した。
アソウさんがです、こう言いました。
「今までと違う喧嘩も出来るジエイタ
イさん達になって欲しいな」
「そうですね」
ウヨ君はアソウさんのそのお言葉に頷
きました。

「今の状況を見ますと」
「ウヨ君もそう思うよな」
「はい、ジエイタイさん達には頑張っ
てもらいたいです」
リクジさん、カイジさん、クウジさん
にはというのです。
「是非」
「うちの為にな」
「そう思います」
こうしたお話をしました、ですがアソ
ウさんのこの発言を聞いてあるお笑い
の人がでした。
0316創る名無しに見る名無し
垢版 |
2023/05/21(日) 20:57:46.89ID:2tBIzncz
物凄く不満そうにです、こんなことを
言いました。
「喧嘩出来るジエイタイさん達じゃな
いだろ、まず記憶を忘れない嘘を吐か
ない差別発言をしないあんたがそうな
るべきだろ」
こうしたことを言うのでした。
ですがウヨ君はその発言にこう言った
のでした。
「いや、全然面白くないし」
「あの、アソウさんはそんなこと言っ
てないでしょ」
ニホンちゃんも言います。

「何か酷い勘違いしてない?」
「そうだよね、何かお笑いの人でね」
ウヨ君はニホンちゃんにどうかという
お顔で応えました。
「よくね」
「こんなこと言う人いるわね」
「そうだよね、こうした人に限ってお
笑いはね」
肝心のこちらはというのです。
「全くね」
「面白いないのよね」
ニホンちゃんが見てもです。
0317創る名無しに見る名無し
垢版 |
2023/05/21(日) 20:58:27.42ID:2tBIzncz
「わたしが見てもね」
「誰が見てもだと思うよ」
「ネタがね」
「何か全くなんだよね」
「面白くなくて」
「それでああしたこと言うとね」
「物凄い的外れで」
そうしたものでというのです。
「人として間違ってる様な」
「そんなことにもなってるね」
「あの、別にね」
ニホンちゃんは首を傾げさせて考える
お顔になって言いました。

「何を言ってもいいけれど」
「お笑いの人はまずお笑いが面白くあ
って欲しいね」
「それでああしたことを言っても」
「まともであって欲しいね」
「両方駄目だと」
それならといいますと。
「もう聞いていてもね」
「笑えるどころかね」
ウヨ君も言います。
「もうそれこそ」
「何言ってるのって思って」
そうなってしまってというのです。
0318創る名無しに見る名無し
垢版 |
2023/05/21(日) 20:59:30.00ID:2tBIzncz
「何も笑えないのよね」
「全くだよ、というかそうした発言がむ
しろ主になってね」
ウヨ君もそうしたお顔になって言ってい
ます。
「お笑いはね」
「二の次よね」
「あの人も学校の名前好きな人も女の人
がどうとかいう人も」
「そうしたことばかり言って」
「お笑いは?で」
本職の筈がです。

「そっちが主でまたそのいう琴が何もか
もね」
「出鱈目でね」
「電波で最悪人の不幸喜んで」
「人間として間違ってるからね」
「ああなったらね」
「駄目だよ、お笑いを磨いてからだよ」
「そしてちゃんと常識を弁えてね」
「言って欲しいよ」
 こうお話するのでした、そして当の言
われたアソウさんはといいますと。
全く気にしないでお仕事をしています、
そんなお話でした。
0320創る名無しに見る名無し
垢版 |
2023/05/23(火) 13:46:21.76ID:oeL/0OUG
    「実際に着ると」
地球町全体で根強い人気を誇る聖闘士
の漫画ですが。
カンコ君は実物それも自分達が着るの
に合わせた模型を造ってみて言いまし
た。
「苦労したニダ・・・・・・」
「あんたよくこんなの造ったわね」
タイワンちゃんはメタルのそれを見て
本気で驚きました、見れば皆もそうな
っています。
「フルスクラッチのプラモデルでも凄
いのに」
「エアリエル造ったにだ」
今度はそっちを出すカンコ君でした。

「どうニダか」
「かなりいい出来じゃない、つくづく
あんたって変に色々出来るわね」
「変には余計ニダ、それで聖衣の出来
はどうニダか」
「うわ、クロスって入れたら変換出来
るじゃない」
このことはサープリスと入れてもです。
聖闘士星矢そして車田正美先生は偉大
です。
「凄いわね」
「それで出来どうニダか」
カンコ君はあらためて尋ねました。
0321創る名無しに見る名無し
垢版 |
2023/05/23(火) 13:47:03.35ID:oeL/0OUG
「ウリの力作ニダ」
「これはいいわよ」
タイワンちゃんは素直に答えました。
「聖衣の出来はね」
「そうニダか、造ったかいがあったニ
ダ」
「けれどね、サイヤ人の漫画もだけれ
どね」
ここでこうも言ったタイワンちゃんで
した。
「このシリーズ必殺技も特徴でしょ」
「なっ、待つニダ」
そう言われてでした、カンコ君は咄嗟
に言いました。

「あんなもの再現出来ないニダよ」
「それでもあのシリーズはそうでしょ」
「そっちの再現は無理ニダ、ウリが出
来るのは聖衣だけニダ」
「まあそっちも凄いけれどね」
「無茶言うなニダ、CGの人に任せる
ニダ」
こう言ってそっちのことは逃げるカン
コ君でした、ですが。
実際に着てみるとです、カンコ君はあ
らためて言いました。
「これじゃない感じがするニダ」
「あの、カンコ君」
今度はニホンちゃんが言ってきました。
0322創る名無しに見る名無し
垢版 |
2023/05/23(火) 13:47:40.57ID:oeL/0OUG
「それで動いてね」
「待つニダ、ウリが着ているのは金属
ニダよ」
下に着るシャツとズボンも再現してい
ます。
「動きにくいニダ」
「これで音速黄金の人になると光速に
なるから」
「だからそんなことはCGの人に言え
ニダ」
「あれっ、カンコ君そっちも出来なか
った?」
さりげなく容赦ない突っ込みを入れる
ニホンちゃんでした。

「だったらね」
「今回聖衣で力尽きたニダ、これだけ
でどれだけ苦労すると思ったニダか」
「そうなのね」
「ええい、お前もトウエイさんの作品
の脚本にずっと関わってきているのな
らわかれニダ」
靖子にゃんバージョン横手さんバージ
ョンが多いでしょうか。
「これは実写無理ニダ」
「ってしたし」
「いや、よくやったわね」
横から聞いたタイワンちゃんも他の皆
もびっくりでした。
0323創る名無しに見る名無し
垢版 |
2023/05/23(火) 13:48:13.18ID:oeL/0OUG
「これはCGでも難しいでしょ」
「ヤサイの人のシリーズどころか悪魔
の人で懲りてないニダか」
カンコ君禁断の作品にまで言及しまし
た。
「トウエイさんある意味において恐ろ
しいニダ」
「あの、ヒットしてる?」
タイワンちゃんはニホンちゃんにかな
りダイレクトに尋ねました。
「それで」
「それがね」
ニホンちゃんは困ったお顔で答えまし
た。

「小宇宙燃えて欲しいなって」
「そういうことね」
「よくわかったニダ」
二人だけでなく皆もそう聞いただけで
わかりました。
「まあそうなるニダな」
「こうした超絶格闘ものの実写は難し
いわね」
「アニメのままでいた方がよかったか
しら。ただ原作者さんがして欲しかっ
たのよね」
こんなことも言うニホンちゃんでした、
ですがカンコ君が造った聖衣は皆から
好評でした。
0325創る名無しに見る名無し
垢版 |
2023/05/25(木) 23:08:06.65ID:EQxJHaE0
 「女の子がシューキューしても」
五年地球組では多くの子達がシューキ
ューをしています。
ですがふとマカロニーノ君がクラスで
こんなことを言いました。
「僕達が実際にグランドでやるシュー
キューって基本男の子がやるものって
なってるね」
「いや、女の子もしているぞ」
すぐにゲルマッハ君が言ってきました。
「これはボーキューもだな」
「だからどっちかっていうとだよ」
こう返すマカロニーノ君でした。

「あくまでね」
「そういうことか」
「アニメでもボーキューだとシンデレ
ラナインとか球詠あるしシューキュー
だとさよならわたしのがあるし」
「シューキューの話が第一なのに何故
そちらが後になる?」
「だってこの作品T橋N子さんが関わ
っているから」
「そ、そうか。それは仕方ないな」
ゲルマッハ君もこのお名前を聞いてわ
かりました、転生貴族は今のところま
しみたいですが。
0326創る名無しに見る名無し
垢版 |
2023/05/25(木) 23:08:43.48ID:EQxJHaE0
「あの人ならな」
「色々やらかしてるからね、あの人」
「日常系はいいのだがな」
「封神演義とキューティーハニーとう
どんの国がね」
「スマホ太郎も一期がな」
「どうにかならないかなあの人」
「どうにかならないから問題だ」
ゲルマッハ君もこう言います、こうし
たお話をしてです。
二人で女の子とそうしたスポーツのお
話をしていますとその二人の横で。

ニホンちゃんはアーリアちゃんとシュ
ーキューのボードで遊んでいます、そ
うしながらニホンちゃんはこんなこと
を言いました。
「シューキュー楽しいね」
「そうだな、こうして練習でやってみ
るものもだ」
「楽しいよね、最近わたしボーキュー
が一番楽しいけれど」
「オオタニカードがあるからか」
「あんなカードが出て来るなんて」
投打二刀流でどちらも超一流の能力で
しかも足も守備もいいです。
0327創る名無しに見る名無し
垢版 |
2023/05/25(木) 23:09:48.90ID:EQxJHaE0
「ムラカミカードもロウキカードもい
いし」
「だからだな」
「最近こっちが一番楽しいけれど」
「シューキューもだな」
「面白くてね」
アーリアちゃんににこりと笑ってお話
します。
「よくやってるの」
「そうか、なら二人でだ」
「楽しくやろうね」
二人でこんなことをお話してでした。

楽しくシューキューのゲームをしてい
ます、マカロニーノ君はそんな二人を
見て今度はこう言いました。
「ううん、ボードゲームならね」
「カードを使ってな」
「それならね」
「誰も何も言わないな」
「考えてみたら僕達最初からこのゲー
ムしてるよ」
マカロニーノ君はメタ発言も入れまし
た。
「それじゃあね」
「こうしたことを言ってもな」
ゲルマッハ君も応えます。
0328創る名無しに見る名無し
垢版 |
2023/05/25(木) 23:10:45.21ID:EQxJHaE0
「別にな」
「いいね」
「そうだな、男女差別はやはりよくは
ないしだ」
「設定を考えるとね」
「そうなる、ならだ」
ゲルマッハ君はマカロニーノ君にあら
ためて言いました。
「誰がしてもいいということでな」
「納得しようね」
「そうだな、ではマカロニーノ」
ここでゲルマッハ君はアーリアちゃん
を見てマカロニーノ君に言いました。

「ニホン君の次にアーリアと勝負して
くれるか」
「いいよ、けれど何か皆特にゲルマッ
ハってやたら僕とアーリア一緒にさせ
ようとしていない?」
「気のせいだ、じゃあいいな」
「まあ気のせいならね」
ゲルマッハ君は一瞬視線を逸らしまし
たがマカロニーノ君は気付きませんで
した、そしてです。
マカロニーノ君はニホンちゃんの次に
アーリアちゃんと遊びました、すると
ゲームの間アーリアちゃんのお顔はず
っと真っ赤になりました。
0330創る名無しに見る名無し
垢版 |
2023/05/27(土) 22:04:41.32ID:zCu1V0oK
   「どういうことか」
ピクシブさんのサイトでは結構色々な
作品が投稿されています、その中には
二次創作と言われる作品も多いですが。
ですが急にです、他の創作者さんに対
して真似ている様な作品は駄目だと言
ってきました。
それを聞いてドキュソちゃんは首を傾
げさせてしまいました。
「何これ、ピクシブさんでこんなこと
言ったら成り立たない感じ?」
「そうだよな」
チンソー君もおかしいと思いました。

「それこそ昔から今までの色々な作品
のキャラ描いてな」
「オッケーなとこなのにね」
「そこで誰かの作品真似たら駄目って
言ったらな」
「ピクシブさんとこ潰れない?」
「そうならねえか?」
二人で首を傾げさせました、ですがそ
れでもです。
ここでヲタ君が真面目なお顔で二人の
ところに来てです、こんなことを言い
ました。
0331創る名無しに見る名無し
垢版 |
2023/05/27(土) 22:05:26.02ID:zCu1V0oK
「ああ、それ二次創作自体はいいと思
うよ」
「そうなの?」
「大丈夫なのかよ」
「例えばルフィを描いても問題はない
よ」
某ワンピースのこのキャラクターをで
す。
「それ自体はね、けれどね」
「けれど?」
「けれどって何だよ」
「誰かが描いたルフィをね」
そのイラスト自体をというのです。

「AIで真似る」
「ああ、それね」
「最近言われてるな」
「こうしたことはね」
こう二人に言うのでした。
「駄目なんだよ」
「そういうことね」
「成程な」
「これやったらもうイラスレーターの
人達はとんでもなく困るから」
だからだとです、ヲタ君は二人にさら
にお話します。
0332創る名無しに見る名無し
垢版 |
2023/05/27(土) 22:06:26.40ID:zCu1V0oK
「それへの対策だよ」
「いや、問題になってることに早速取
り掛かるってことね」
「二次創作特にイラストがウリのサイ
トだけあってか」
「二次創作は色々言われているけれど
線引きがあると思うよ」
ヲタ君はこのことについても真面目な
お顔でお話しました。
「オリジナルの作品へのリスペクトが
ね」
「そんなAIでやられたらね」
ドキュソちゃんはここまでお話を聞い
て思いました。

「困るわね」
「そうだよな、自分で参考にして描く
のはよくても盗作は駄目でな」
チンソー君も言います。
「ましてやAIでコピーみたいにして
はい完成とかな」
「駄目よね」
「そうだよな」
「そう、本当に問題になりはじめてい
てキシダさん達も家訓で禁止しようっ
て言いはじめてるみたいだしね」
そうしたお話にもなってきているとい
うのです。
0333創る名無しに見る名無し
垢版 |
2023/05/27(土) 22:07:24.21ID:zCu1V0oK
「だからね」
「それじゃあね」
「今回のピクシブさんもそっちのこと
か」
「そうだと思うよ、それで僕達もね」
ヲタ君は二人にこうも言いました。
「こうしたことはね」
「したら駄目ね」
「だよな、こんなことしたらな」
「マジ委員会?」
「あの連中と同じだな」
盗作になるからです。

「幾ら何でもあいつ等と同じになった
らな」
「マジ終わってるしね」
「感じじゃなくてな」
「もう風刺する資格もないし」
「そうだよ、委員会とも同じになるし
ね」
ヲタ君もこう言います。
「こうしたことはね」
「ピクシブさんも考えて」
「そのうえでのことだな」
こうお話して納得しました、そして三
人でヲタ君の言う通りであってそして
そうなって欲しいと思うのでした。
0335創る名無しに見る名無し
垢版 |
2023/05/29(月) 22:09:33.49ID:3XrtglNy
   「最近シューキューは」
オオタニカードの有り得ないレベルで
の活躍もあってニホンちゃんは町のボ
ーキュー大会で優勝することが出来ま
した、勿論オオタニカードは大人気で
す。
「バ、バケモノカードがさらに凄くな
んったニダよ」
「有り得ないでしょ、どうなってるの
よ」
かつてオオタニカードが熊チームにあ
った頃にペナントで負けた鷹チームを
持っているザイちゃんとタイワンちゃ
んはといいますと。

オオタニカードが活躍する度にその時
のことを思い出して頭を抱えてそのう
えで言っています。
「あの時十一ゲーム差ひっくり返され
たのよ」
「あの時からさらに凄くなるとか思い
もしなかったニダ」
「ううん、二人共まだ忘れられないの
ね」
ニホンちゃんはフクオカの間でラーメ
ンも明太子も手につかない二人を見て
どうしたものかしらとなっています。
0336創る名無しに見る名無し
垢版 |
2023/05/29(月) 22:10:09.16ID:3XrtglNy
「一番ピッチャーでプレイボールホー
ムラン打たれたりクライマックスの最
後で一六五キロ投げられたのが今でも
なのね」
「あの時は私も驚いたわ」
その熊チームを持っているアイヌちゃ
んが言ってきました。
「まさかここまでってね」
「アイヌちゃんもなのね」
「ええ、ただね」
アイヌちゃんはニホンちゃんにどうにも
というお顔になってこんなことを言って
きました。

「最近ニホンちゃんシューキューの方は
あまりしてないわね」
「そう言われたら」
確かにとです、ニホンちゃんも否定しま
せんでした。
「そうね」
「最近ボーキューばかりしてるわね」
「やっぱりボーキュー大会で優勝したか
らね」
だからだとです、ニホンちゃんはアイヌ
ちゃんに答えました。そのうえでこうも
言いました。
0337創る名無しに見る名無し
垢版 |
2023/05/29(月) 22:11:09.45ID:3XrtglNy
「オオタニカードの活躍も凄かったしね」
「やっぱりね、町全体でボーキューの人
気も上がってるし」
何とかボーキューには疎かったEU丁の
子達も遊ぶ時間が増えている位です。
「優勝したニホンちゃんは尚更ね」
「ヌートバーカードもダルビッシュカー
ドもヨシダカードも活躍してくれたしね」
オオタニカードだけではありませんでした、
確かにこのカードは有り得ないレベルの
活躍をしてくれましたがボーキューも一
枚のカードだけでは出来ないのです。

「だからね」
「ボーキューばかりして」
「それでシューキューの方はね」
最近はというのです。
「あまりね」
「そうよね」
「またしたくなったらね」
ニホンちゃんはあっさりとした口調で言い
ました。
「やると思うけれど」
「今はなのね」
アイヌちゃんも言います。
0338創る名無しに見る名無し
垢版 |
2023/05/29(月) 22:11:47.06ID:3XrtglNy
「そういうことね」
「そう、今はボーキューがしたいの」
「そういうことね。まあ私も今熊チームが
新しいボードに移ってね」
サッポロボードはもう誰も見なくなってい
るとのことです。
「チームもよくなってきて」
「熊チームどんどん強くなってるわね」
「今はボーキューよ、そしてあの二人もね」
ここでザイちゃんとタイワンちゃんを見ま
すと。二人は鷹チームのカード達を手にし
てお話しています。

「今シーズンは負けないニダ」
「ミネイカード、オスナカード、コンドウ
カードもゲットしたのよ」
「これまでのカードもパワーアップさせる
ニダ」
「コーチのカズミカードもいいわ」
「あの二人もだしね、まあ暫くはボーキュ
ーね」
「うちはね、またシューキュー大会があれ
ばね」
その時はとお話するアイヌちゃんとニホン
ちゃんでした、今日之本家は皆でボーキュ
ーに励んでいます。
0340創る名無しに見る名無し
垢版 |
2023/05/31(水) 20:17:10.91ID:PFOcaVOj
    「何その言葉」
「ぬるぽニダ」
「ガッ、よ」
カンコ君がこう言うとタイワンちゃん
がすぐに応えました。
「全く、ハングル県のスレを思い出し
たわね」
「懐かしいニダな、このネタはもう数
えきれない位やったニダ」
「それで事実上ネタとか雑談になって
たのよね」
「今あちらはどうなっているニダか」
こんなことも言うカンコ君でした。

「一体」
「まあこの言葉は知らない人いないわよ
ね」
「そうニダな、不滅の言葉ニダ」
カンコ君は笑ってこうも言いました。
「若し知らない奴がいたら水星の魔女の
お母さんを集めた動画を観てやるニダ」
「あんたそんなの観たら怖くて髪の毛三
日は真っ白になるわよ」
「だからこう言うニダ、この言葉を知ら
ない奴なんていないニダ」
「それもそうね」
タイワンちゃんも笑って言います、兎角
です。
0341創る名無しに見る名無し
垢版 |
2023/05/31(水) 20:18:49.82ID:PFOcaVOj
二人はこの言葉は常識レベルで皆が知っ
ていると確信していました、ですが。
アメリー君が二人のところに来て信じら
れないといったお顔で言ってきました。
「うちのまだ小学校に行ってない子は知
らない子がいたYO」
「えっ、子供でも知っている言葉ニダよ」
「そんな言葉なのに?」
これにはカンコ君もタイワンちゃんもび
っくりでした、そして。
今度はチューゴ君がやっぱり信じられな
いといったお顔で来て言ってきました。

「うちでもあるよ、何それという子がい
るあるよ」
「信じられないニダ」
「あたし達幼稚園で覚えたわよ」
「皆そうではないニダか」
「それが違うの」
二人は唖然となりました、そしてカンコ
君は項垂れつつ言いました。
「言ったことを守らないとヲチにならな
いニダ、ここは観るニダ」
「あんた死ぬかも知れないわよ」
タイワンちゃんはそのカンコ君に言いまし
た。
0342創る名無しに見る名無し
垢版 |
2023/05/31(水) 20:19:36.15ID:PFOcaVOj
「言うけれど僕の心のや江戸前の能登さん
とは違うわよ」
「地獄少女とか戦国の能登さんだろ」
「怖いよの能登さんあるぞ7
アメリー君とチューゴ君もカンコ君に真剣
に言います。
「その中でもあのお母さんは極めつけある
ぞ」
「その総集編なんて見たら本当に髪の毛三
日は真っ白になるあるぞ」
「というか普段やばくなったら逃げるのに
何でこうした時だけ逃げないのよ」
タイワンちゃんは普段のカンコ君から言い
ました。

「フラグ立てた時は」
「さもないとヲチにならないかニダ、三人
供ここはウリの生き様を見るニダ」
「仕方ねえな、毎回毎回」
「じゃあ今日お家に帰ったら観るよろし」
「どうなっても知らないからね」
三人はそんなカンコ君にやれやれとなって
応えました、こうしてです。
カンコ君はお家に帰ると能登怖いよ能登を
堪能することになりましたが。
観た時は恐怖で絶叫し夜寝ても悪夢にうな
されてしまいました。
0343創る名無しに見る名無し
垢版 |
2023/05/31(水) 20:21:00.21ID:PFOcaVOj
「アイゴオオオオオオ!台詞の一つ一つが
怖過ぎるニダ!こんなお姑さん見るだけで
嫌過ぎるニダ!」
「だから言っただろ、見るなってな」
「他の家まで聞こえてくるあるぞ」
「こうなるってわかってたでしょうが」
三人はそんなカンコ君にベッドの中で思い
ました、勿論他の皆もです。
そして翌朝カンコ君は髪の毛を真っ白にさ
せて登校してきましたが。
ドクターストーンの主人公のコスプレにな
っています、その恰好で言うのでした。

「髪の毛が白くなったからこの際このキャ
ラになってみたニダ」
「ちょうど今第三期やってるしな」
「連載終わってもタイムリーあるな」
「そういうことね」
「そうニダ、科学も面白いニダ」
開き直ったかの様に言うカンコ君でした。
「怖くても石化しなかったらいいニダ」
「転んでもただじゃ起きないその心意気は
認めるわ」
タイワンちゃんも他の皆も突っ込みを入れ
ました、そうしてそのコスプレで三日間過
ごすカンコ君を生暖かい目で見守るのでし
た。
0345創る名無しに見る名無し
垢版 |
2023/06/02(金) 22:28:06.57ID:FaUZgEQH
    「二つの違いは何か」
今日は皆でビーチで遊んでいます、当
然水着になっていますが。
マカロニーノ君は泣きそうな顔になっ
てこんなことを言いました。
「何で皆半ズボンタイプの水着なのか
な、こんなの水着じゃないよ」
「女神のカフェテラス仕様ですの」
「残念でしたわね」
エリザベスちゃんとフランソワーズち
ゃんがそのマカロニーノ君に笑って言
いました。

「上はビキニですけれど」
「下は半ズボンですわ」
「どうしてもと見たいのでしたら二人
きりになったらですわ」
「半ズボンを脱いで差し上げますわよ」
「待て、それを言うなら私がだ」
アーリアちゃんは二人がマカロニーノ
君に誘いをかけてきたのを見て慌てて
やって来ました、この娘も上はビキニ
で下は半ズボンの女神のカフェテラス
海の家仕様です。マカロニーノ君にそ
の恰好で言うのでした。
0346創る名無しに見る名無し
垢版 |
2023/06/02(金) 22:28:47.13ID:FaUZgEQH
「見せる、私の水着姿が見たいのなら
仕方がないな」
「いや、無理して見せなくていいよ」
マカロニーノ君はそのアーリアちゃん
に笑顔で言いました。
「僕女の子に仕方なくなんてさせない
から」
「そうか、だが見たくなったら何時で
も言うのだ」
アーリアちゃんはマカロニーノ君にそ
れでもと言いました。
「何ならビーチでなくとも着替えてだ」
「だからそこまでしなくていいよ」
爽やかな笑顔で言うマカロニーノ君で
した。

「本当にね」
「まあお前がそう言うならいいがな」
「うん、しかし水着って考えてみたら
下着だよね」
ここでこんなことを言ったマカロニー
ノ君でした。
「そうだよね」
「あっ、そうね。お肌に直接着けるも
のだから」
ニホンちゃんはマカロニーノ君のその
言葉に頷きました。そのうえでこう言
いました。
0347創る名無しに見る名無し
垢版 |
2023/06/02(金) 22:29:46.69ID:FaUZgEQH
「水着って下着と同じよね」
「そうですわね、ですが水着ですと」
「見られても恥ずかしくありませんわ」
エリザベスちゃんとフランソワーズち
ゃんは二人の指摘に同意したうえでこ
う言いました。
「水着でしたら」
「むしろこれはという相手にはどうで
して、ですわ」
「どうでしてって僕確かに女の子が好
きでそうした格好も大好きだけれど」
マカロニーノ君は二人に笑って応えま
した。


「これはという相手ってね。僕女の子
が好きだけれどもてないからね」
「あれっ、その割にはマカロニーノ君
って女の子のお友達多くない?」
気付いていないマカロニーノ君に加え
てもっと気付いていないニホンちゃん
が続きました。
「どうしてかな」
「お友達としては人気あるのかな。そ
れは嬉しいけれどね」
「・・・・・・・・・」
そんな二人に皆呆れます、特に今回ア
タックした三人は。
0348創る名無しに見る名無し
垢版 |
2023/06/02(金) 22:34:19.92ID:FaUZgEQH
思い切りへこんだ時のアスキーアート
みたいになってそのうえで言うのでし
た。
「いや、マカロニーノは自分ではと思
ってますし」
「ニホンさんはこうしたことは全くで
すけれど」
「流石に今はですわ」
「ないですわ」
さしものエリザベスちゃんとフランソ
ワーズちゃんもへたれ込んでいて特に
アーリアちゃんはです。

この世の終わりみたいなお顔になって
います、マカロニーノ君はそんな三人
を見て言いました。
「あれっ、どうしたの三人共」
「何か失恋したみたいだけれど。何か
あったの?」
ニホンちゃんも言います、そんな二人
にさらに落ち込む三人でした、ですが。
一番わかっていない娘は皆にそっと別
の場所に案内されてマカロニーノ君は
今日は三人と一緒にいる様に厳命され
てそうしました、すると三人も何とか
機嫌を戻してビーチで彼と遊びました。
0350創る名無しに見る名無し
垢版 |
2023/06/04(日) 20:22:06.67ID:U9XhlGpB
    「日之本家には思えない」
キューバちゃんは今ザイちゃんそれに
タイワンちゃんとお話しています、ど
ういったお話かといいますと。
「いや、まさかね」
「デスパイネカードもう一度とはキュ
ーバさんも思わなかったニダな」
「そうよね」
「ええ、ベネズエラから借りたアスト
ゥディーヨカードが全く打たなくてよ
ね」
「今ウリ達の鷹チームは伸び悩んでい
るニダ」
「今年絶対に優勝したいのにね」
二人でキューバちゃんに言います。

「それがよ」
「今鷹チームは得点が思ったより入っ
ていないニダ」
「だからね」
「パワーのあるデスパイネカードをま
た借りたいニダ」
「事情はわかったわ」
キューバちゃんは二人の言葉に頷いて
言いました。
「鷹チームのね、じゃあ今から詳しい
お話をしましょう」
「それは有り難いニダ」
キューバちゃんの返事を受けてでした。
0351創る名無しに見る名無し
垢版 |
2023/06/04(日) 20:22:43.23ID:U9XhlGpB
ザイちゃんはぱっと明るい笑顔になり
ました、そのうえで言いました。
「正直鷹チームが絶対に優勝するには
右のパワーヒッターのカードが必要ニ
ダ」
「ちょっとリチャードカードもマサキ
カードも伸び悩んでるのよね、安定して
打ってくれるカードは揃ってるのに」
タイワンちゃんも言います。
「長打が欲しいのよ」
「デスパイネカードは古くなってきてい
るけれどまだ期待出来るニダ」
こうも言うキューバちゃんでした。

「それならニダ」
「お願いするわね」
「これからそのお話をしましょう。しか
しね」
キューバちゃんはここで、でした。
少し首を傾げさせてどうにもというお顔
になってでした、ザイちゃんとタイワン
ちゃんに言いました。
「あたし達今ニホンちゃんのお家のフク
オカの間にいるけれど」
「鷹チームの本拠地ニダ」
ザイちゃんが答えます。
0352創る名無しに見る名無し
垢版 |
2023/06/04(日) 20:23:23.31ID:U9XhlGpB
「それがどうかしたニダか?」
「いや、あんたといいタイワンといいあ
たしといいね」
キューバちゃんはそのザイちゃんに言う
のでした。
「ザイはニホンちゃんのお家に住んでる
けれど元々カンコの家の子だしタイワン
にしてもね」
「ああ、そのことニダか」
「あたし達ニホンちゃんのお家の生まれ
じゃないのよね」
「まあタイワンのお家ってニッテイさん
の頃は日之本家だったけれどね」
その頃はそうでした。

「その縁で兎チームにいて今は鷹チーム
なのよね」
「オウカードと一緒にね」
「あたし達三人共ニホンちゃんのお家の
人かっていうとね」
キューバちゃんとタイワンちゃんは他の
お家の娘でザイちゃんは日之本家の家族
でも生まれはカンコ家だからだというの
です。
「どうにもでニホンちゃんのお家でニホ
ンちゃんのボーキューチームのお話をす
るなんてね」
「そう言ってもニダよ」
ザイちゃんは今度はそれでもというお顔
で応えました。
0353創る名無しに見る名無し
垢版 |
2023/06/04(日) 20:24:07.28ID:U9XhlGpB
「ウリが鷹チーム持ってるのは成り行き
でニダよ」
「最初オオサカの間で鉄道模型作ってる
人が持ってたわね」
「それからスーパーの店長さんが持って
ニダ」
「今はあんたよね」
「そうニダ、ウリのアボジが携帯電話の
お店をやっていて儲かっていてニダ」
そうしてというのです。
「ウリが今持っているニダから」
「成り行きね、しかしここでこうしてあ
足した地でお話するなんて」
お話を聞いて納得してもそれでもと返す
キューバちゃんでした。

「ニホンちゃんのお家でこの顔触れでお
話それもニホンちゃんのボーキューチー
ムのことでってね」
「だから成り行きでしょ、兎に角デスパ
イネカード宜しくね」
「というかあんた達のことだからもっと
新しい打つカード欲しがってない?」
「あったら欲しいかもニダ」
「勿論他のカードも見せてもらうわ」
さらっと返す二人でした、そして三人で
フクオカの間で日之本家のボーキューチ
ームのお話をしていくのでした。
0355創る名無しに見る名無し
垢版 |
2023/06/06(火) 22:41:48.57ID:9VKsu5yM
   「メアリー=ポピンズならず」
今三年地球組の皆でチューゴ家のコナ
ンの間でアニメを観ています、ラスカ
ちゃんはそのアニメを観て言いました。
「傘を使ってお空を飛ぶのって素敵よ
ね」
「そういえばアメリー家には傘でお空
を飛ぶシッターさんんがいたな」
「そうそう、メアリー=ポピンズさん
ね」
ラスカちゃんはウヨ君に言われて頷き
ました。ちょっと怖い鼠の人達が関わ
っているシリーズだったりします。

「あの人魔法使うのよね」
「そうだったな」
「あのシリーズだとね」 
「メアリーさんは傘でお空を飛んで移
動するからな」
「今観ているアニメ観て思い出したな」
「そうよね」
「いや、若しかしたらね」
マカオ君は二人にそのアニメを観て笑
顔で言いました。
「本当に出来るかもね」
「いや、だからアニメだぞ」
ウヨ君は真顔で答えました。
0356創る名無しに見る名無し
垢版 |
2023/06/06(火) 22:42:28.06ID:9VKsu5yM
「こんなことは現実に出来るか」
「メアリーさんだって魔法を使ってな
のよ」 
ラスカちゃんも言います。
「流石に傘でお空飛ぶとか」
「パラダシス銀河のアニメでもないん
だからな」
光GENJIの名曲です、ジャケット
のピンクのラメ入り衣装が物凄いセン
スでした。
「無理だぞ」
「いやいや、ひょっとしたら」
それでもと言うマカオ君でした。

「出来るかも知れないよ、ものは試し
でね」
「待て、まさかと思うが」
「マカオ実際にやってみるつもり?」
「この作品にはプリティラスカもあっ
たじゃない」
メタ発言も言うマカオ君でした、それ
も他ならぬラスカちゃんの前で。
「魔法も使えるしね、若しかしたらだ
よ」
「お前が魔法と使える設定はなかった
筈だが」
ウヨ君は真顔で突っ込みを入れました。
0357創る名無しに見る名無し
垢版 |
2023/06/06(火) 22:43:12.58ID:9VKsu5yM
「大丈夫か」
「僕は仙人さんだったり」
「それはヘタ○アの中国さんじゃなかっ
た?」
「そうだな、まあ仙術と魔法はかなり似
ているがな」
「ちょっとね」
「マカオでは無理じゃないのか」
「まずはやってみる、とりあえずお部屋
の窓から飛び降りてみるよ」
マカオ君は笑顔で言ってでした。
傘を出して皆が見守る中窓からその傘を
開いて飛び降りましたが。

「いやあ、駄目だったね」
「当たり前だ、アニメはアニメ映画は映
画だ」
ウヨ君は窓から落ちてちょっと汚れて帰
ってきたマカオ君に言いました。
「実際に魔法を使えでもしないと出来る
ことじゃない」
「そもそもマカオってギャンブル系キャ
ラで魔法とは縁がないのよね」
ラスカちゃんもメタ発言をします。
「だからね」
「いやあ、若しかしてね」
またこう言うマカオ君でした。
0358創る名無しに見る名無し
垢版 |
2023/06/06(火) 22:43:55.34ID:9VKsu5yM
「出来るかもと思ったけれど」
「そんな筈がないだろう、そもそも二階
の窓から飛び降りて少し汚れただけで済
むのはこの作品世界だからだ」
「普通怪我してるよね」
「下手したら怪我どころで済まないぞ、
だからこうしたことは今後はしないこと
だ」
「そうだよね」
「ギャンブルと無謀や勘違いは違うな」
マカオ君がギャンブル系キャラであるこ
とからも言います。

「カイジ参照だな」
「そうだね、じゃあこれからはこうした
ことはしないよ」
「そうすることだ、じゃあ汚れを取って
からな」
「またアニメ観ましょう」
ウヨ君だけでなくラスカちゃんも言って
きました。
「そうしよう」
「あらためてな」
「うん、それじゃあね」
マカオ君も頷いてでした。
傘は収めてまたアニメを観ました、この
日からマカオ君は傘でお空を飛ぼうとは
しなくなりました。
0360創る名無しに見る名無し
垢版 |
2023/06/08(木) 22:25:57.46ID:R4y5gGKt
    「じゃあ耳栓でもしてろ」
日之本家に貼られた張り紙の一つを見
てでした。
ニホンちゃんは最初我が目を疑いまし
た、それでヲタ君達のところに行って
その張り紙のことをお話しました。
「皆どう思うかしら」
「いや、何て言ったらいいのかな」
「有り得ねえだろ」
「マジおかしいって感じ?」
ヲタ君もチンソー君もドキュソちゃん
もです、三人共ニホンちゃんのお話に
唖然となりました。

「田んぼの蛙の鳴き声が五月蠅い?」
「それで田んぼの持ち主さんに文句っ
てな」
「無茶苦茶過ぎないかな」
「そうよね、そんなこと言ったらね」
ニホンちゃんもどうかというお顔で言
います。
「もうね」
「田んぼにはお水があってね」
「そこに蛙がいるのも当然だろ」
「何なのかなその人」
四人で首を傾げさせます。
0361創る名無しに見る名無し
垢版 |
2023/06/08(木) 22:26:35.78ID:R4y5gGKt
そしてです、チンソー君は腕を組み眉
を顰めさせて言いました。
「確かに大勢いたら五月蠅いって時は
あるけれどな」
「風情あるわよね」
「ああ、おおむねな」
「というか田んぼに蛙がいるのは普通
って感じ?」
そもそもと言うドキュソちゃんでした。
「それに文句言うってマジ有り得ない
けど」
「わたしもそう思うわ」
ニホンちゃんもです。

「お水のところにね」
「あの、そういうこと言う人って注意
した方がいいよ」
ヲタ君は本気で言いました。
「自分が嫌だからってどんなことでも
する人だから」
「田んぼに毒撒くとか」
「そんなこと普通にやりかねないよ」
「そうよね、学校や公園で遊ぶ声が五
月蠅いとかね」
ナガノの間であったことです、こうし
たことが実際に起こっているのです。
0362創る名無しに見る名無し
垢版 |
2023/06/08(木) 22:27:07.56ID:R4y5gGKt
「言ってね」
「一人がそんなこと言ってな」
「公園とか学校で遊べなくなったりね」
「除夜の鐘だってそうだし」
「おかしな人って自分が絶対で」
そして他の人はどうでもいいのです、
ニホンちゃんはさらに言います。
「スーパーとかお店でもやたらめった
らクレーム言うのよね」
「ああ、目吊り上がらせな」
「お口尖らせてね」
「物凄く偉そうに言うね」
三人共心当たりがあります。

「そんな人達で」
「それでよね」
「自分だけなんだよな」
「それじゃあ委員会よね」
ニホンちゃんはかつて自分達にとんで
もないことをした連中のことを思いだ
しました。
「本当に」
「ああ、マジで同じだな」
「そんな人達ってね」
「委員会と同じだね」
「そうよね、委員会もね」
この連中もというのです。
0363創る名無しに見る名無し
垢版 |
2023/06/08(木) 22:28:17.47ID:R4y5gGKt
「自分達だけが全てで」
「とんでもねえことしまくってくれた
な」
「しかも一切責任取らなくて」
「碌でもない結果になってるよ」
「ああした人達と同じだから」
それでと言うニホンちゃんでした。
「気をつけないとね」
「そう考えるとな」
「こうしたこと言う人ってマジ注意し
ないとね」
「碌でもないことするよ」
そうだというのです。

「だからね」
「こんな人達の言うことは一切スルー
してね」
「そのうえで注意して見ないとな」
「委員会と同じって思ったら」
この作品世界の誰もが思うことです、
あの一連のやりたい放題のことはどう
しても忘れられないからです。
「本当にそう思えるわね」
「そうだよな」
「マジクズって思うとね」
「馬鹿なことをする前に止めないとね」
四人でお話します、今回のことで。
0365創る名無しに見る名無し
垢版 |
2023/06/10(土) 22:14:13.73ID:BEZCe7Di
     「花火を使うぞ」
プーチンさんがガードマンの人達を連
れてそのうえでウクライナちゃんのお
部屋で暴れ回る様になって結構経ちま
した、その間プーチンさん達はどうも
逆に追い詰められてです。
かえって自分達が苦しい状況に追い詰
められていっています、そんな中で、
です。
メドベージェフさん、プーチンさんの
第一の側近でこの人に一時代わってロ
シアノビッチ家の会社の社長さんだっ
た人がです。

すごんで、です。こんなことを言いま
した。
「若しアメリー家やEU丁が花火をウ
クライナちゃんに渡したらこっちが先
に花火を使うぞ」
「言いましたわね」
「ええ、確かに」
エリザベスちゃんとフランソワーズち
ゃんお家に花火があるEU丁の娘達が
その発言を聞いて呆れて言いました。
「聞きましたわ」
「そうですわね」
二人で言います。
0366創る名無しに見る名無し
垢版 |
2023/06/10(土) 22:14:42.81ID:BEZCe7Di
「頭の中に保存しましたわ」
「わたくしもですわ、しかし」
ここでエリザベスちゃんはやれやれと
なってこんなことを言いました。
「今の発言ときたら」
「キッチョムそっくりですわね」
「おわかりですわね、貴女も」
「わからない筈がありませんわ、今も
ですから」
ここで二人はカンコ家のキッチョムの
間の前にトウエイワープをして移動し
ました。

するとです、キッチョム君の声が聞こ
えてきました。
「何かあったら花火を使うニダ!無慈
悲な反撃ニダ!」
「こうですから」
フランソワーズちゃんはキッチョム君
の声が聞こえてくる扉を見ながらエリ
ザベスちゃんに応えます。
「もうですわ」
「わからない筈がありませんわね」
「そうですわ」
こう言うのでした。
0367創る名無しに見る名無し
垢版 |
2023/06/10(土) 22:15:16.04ID:BEZCe7Di
「メドベージェフさんのお言葉がキッ
チョムそっくりになってきているとい
うことを。何故なら」
「ええ、首領様が」
キッチョム君を操っている正体不明の
人です。
「実は、と言われていますわね」
今度はエリザベスちゃんが言いました。
「カンコ家にずっといたのではなく」
「ソレン家かつてのロシアノビッチ家
に逃れてましたわね」
フランソワーズちゃんも言います。

「そうでしたわね」
「ニッテイさんに追い立てられて」
「そしてヨシフおじさんの下で働いて
いて」
「第二次町内喧嘩が終わった時にカン
コ家に送り込まれていますわね」
「まあ真相はわかりませんわ」
そうではないかと言われているだけで
す。
「ですが若しそれが正しいなら」
「それならですわね」
「もう、ですわ」
それこそというのです。
0368創る名無しに見る名無し
垢版 |
2023/06/10(土) 22:15:47.62ID:BEZCe7Di
「キッチョムを操っている首領様がソ
レン家今のロシアノビッチ家仕込みで
あるのなら」
「それならですわね」
「もうですわ」
「ロシアノビッチ家の人がそう言っても
何ら不思議ではありませんわ」
「そうですわね」
二人でお話します。
「そんなことを言っても」
「自然ですわ
驚くに値しないとです、二人でお話しま
す。

そしてあらためてキッチョム君の言葉を
聞きますと。
「先に何かしたら喧嘩を売られたとみな
すニダ!」
「やっぱりですわね」
「同じですわね」
「キッチョムとメドベージェフさんは」
「そうとしか思えませんわね」
こう二人でお話します、そうして帰る時
にでした。
二人はカンコ君にお邪魔しましたわと言
いました、事情を聞いたカンコ君もそう
いうことならと納得しました。
0370創る名無しに見る名無し
垢版 |
2023/06/12(月) 22:00:24.80ID:3z+sxCtj
    「ポジティブシンキング」
最近ニホンちゃんが本来の調子を出せ
ていないと言われています、そう言わ
れて久しく。
キシダさんも異次元の再生案と言って
います、ニホンちゃんを兎角元気にし
ようというのです。
それでよく美味しいものを食べさせた
りお勉強やスポーツに頑張ってもらい
ますが。
ここで、です。ニホンちゃんはクラス
であることに気付きました。その気付
いたことはといいますと。

「マカロニーノ君っていつも調子いい
わね」
「うん、僕は前向きで明るいことしか
考えないからね」
マカロニーノ君はニホンちゃんに明る
く笑って答えました。
「かえってね」
「調子がいいのね」
「そうなんだ、明るいとね」
それならというのです。
「何をしてもね」
「そうなのね、それで」
ニホンちゃんは今度はです。
0371創る名無しに見る名無し
垢版 |
2023/06/12(月) 22:00:55.47ID:3z+sxCtj
ノルウェー君を見ますすると彼は。
「何かいつもね」
「調子出ないのね」
「ほら、僕っていつも後ろ向きでね」
ノルウェー君自身からニホンちゃんに
お話します。
「駄目かもって思うから」
「それでなのね」
「自分でもわかってるんだ」
ノルウェー君は暗いお顔になってニホ
ちゃんにさらに言いました。
「これじゃあ駄目たって」
「それでもなのね」
「ついついね」
これがというのです。

「性分なんだろうね」
「後ろ向きになのね」
「考えてしまって」
それでというのです。
「駄目なんだ」
「そうなのね」
「やっぱりね」
「気の持ちようね」
「後ろ向きだとね」
そうした考えだと、というのです。
「何をしてもね」
「本来の調子が出ないのね」
ニホンちゃんも言いました。
0372創る名無しに見る名無し
垢版 |
2023/06/12(月) 22:01:26.99ID:3z+sxCtj
「そうなのね」
「そうだと思うよ」
こう言うのでした、そしてです。
そうしたお話をしてからです、ニホン
ちゃんはキシダさんにお話しますと。
キシダさんもです、こう言いました。
「やっぱり前向きにかな」
「考えないと駄目ですか」
「考えてみるとね」
キシダさんはニホンちゃんのお話を聞
きながらさらに言いました、聞く力を
発揮しながらでしょうか。

「ボーキューにしてもね」
「キシダさんやっておられましたし」
「今も好きだしね」
「そのボーキューでもですね」
「打たれるとか打てないとかエラーす
るとか思うと」
「よくないですね」
「そうなってたまるかってね」
その様にというのです。
「思ってこそだよ」
「ちゃんと出来ますね」
ニホンちゃんもそれはと応えました。
0373創る名無しに見る名無し
垢版 |
2023/06/12(月) 22:02:01.35ID:3z+sxCtj
「そうですね」
「うん、じゃあニホンちゃんにはね」
キシダさんはニホンちゃんに考えつつ
答えました。
「僕も他の人も出来るだけ明るく前向
きなことをね」
「言ってくれますか」
「そうしてね」
そのうえでというのです。
「ニホンちゃんには明るくなってもら
うよ」
「明るくなれば」
「ニホンちゃんもね」
実際にというのです。

「本来の調子を出せるね」
「マカロニーノ君みたいにですね」
「そうなるよ、よく壁新聞は後ろ向き
なことを書くけれど」
このことではアサヒちゃんとマイちゃ
んが定評があります、あとニッケイ君
も会社の調子が悪いとかなりそうなっ
てしまいます。
「僕達はそうしていくから」
「宜しくお願いします」
「ニホンちゃんの為にね」
ニホンちゃんに約束しました、これから
はそうしていくと。
0375創る名無しに見る名無し
垢版 |
2023/06/14(水) 15:10:00.71ID:fON0UTRn
    「九九でもあるので」
五年地球組の皆は五年生なので当然な
がら九九を言えます、その中でもイン
堂君はかなりのもので。
「僕十五まで言えるよ」
「九九どころかよね」
ニホンちゃんが応えます。
「イン堂君は」
「そうだよ、九の段だけじゃなくて」
「十五までね」
「そうなんだ、ただ九九位はね」
イン堂君はニホンちゃんにあらためて
言いました。

「言えないとね」
「駄目よね」
「そうだよ」
「その通りニダな、五年生になったら
ニダ」
カンコ君も言ってきました。
「九九はもうニダ」
「出来ないとね」
「駄目だね」
「そうニダ、ウリも九九はそらんじて
言えるニダ」
何かと言われることの多いカンコ君に
してもです。
0376創る名無しに見る名無し
垢版 |
2023/06/14(水) 15:10:45.06ID:fON0UTRn
「それはニダ」
「そうよね」
「しかしニダ」
ここでカンコ君はこんなことを言うの
でした。
「テストでニダが」
「どうしたの?」
「五×六は何ニダか」
「三十に決まってるじゃない」
イン堂君があっさりと答えました。
「言うまでもないよ」
「そうニダな」
カンコ君もそれはと答えます。

「九九でもあるニダ」
「そこで間違えると小学五年生として
は流石に恥ずかしいよ」
「では六×五は幾つニダ」
カンコ君は今度はこう言いました。
「一体」
「って同じじゃない」
今度はニホンちゃんが答えました。
「それじゃあ」
「三十ニダな」
「五×六と一緒じゃない」
ニホンちゃんも九九から言うのでした、
五の段と六の段です。
0377創る名無しに見る名無し
垢版 |
2023/06/14(水) 15:11:43.92ID:fON0UTRn
「もうね」
「それがニダ」
「それが?」
「先生によっては前者がマルで後者が
バツかよくてサンカクになるそうニダ
よ」
「いや、だから一緒じゃない」
イン堂君はここまで聞いてこう返しま
した。
「どっちも」
「だからそれがニダ」
「違うんだ」
「そうみたいニダ」
先生によってはです。

「どうもニダ」
「おかしなことだね」
「そうよね」
イン堂君もニホンちゃんも首を傾げさ
せてしまいました。
「数字が逆になってるだけでね」
「答え合ってるよ」
「五×六でも六×五でもね」
「それで六×五がバツかサンカクって
道理に合わないよ」
「それがニダよ」
カンコ君はまた言いました。
0378創る名無しに見る名無し
垢版 |
2023/06/14(水) 15:12:22.58ID:fON0UTRn
「そうなっているみたいニダ」
「その先生がおかしいよ」
イン堂君ははっきりと言いました。
「何処がどうおかしいのか僕には全く
わからないよ」
「まあニッキョーソ先生みたいな変な
先生ならね」
ニホンちゃんはあまりにも悪名高いこ
の先生のことを思い出しました。
「あるわね」
「ああ、あの先生ならね」
イン堂君も頷きます。

「あるね」
「そうよね」
「ウリにはやたら親切な先生ニダが」
それでもと言うカンコ君でした。
「流石にそうしたらおかしいニダよ」
「そうよね、何かね」
「数字の順番が違うだけで間違いにな
るなんてどうかしているよ」
三人でお話します、ですがこのクラス
ではフラメンコ先生は答えが合ってい
るのでマルをあげます。三人でそんな
フラメンコ先生に感謝するのでした。
0380創る名無しに見る名無し
垢版 |
2023/06/14(水) 15:15:04.01ID:fON0UTRn
「5×6」は〇で「6×5」は×、△にする教員も…半世紀にわたる掛け算の順
序論争 文科省は「先生の判断で」
「娘がテストで掛け算の式が逆だとしてバツになった」。東京都内の女性から
本紙「ニュースあなた発」にこんな訴えが届いた。掛け算の文章題で答えが合
っていても、式の順序が逆だと間違いなのか。その是非を巡っては50年前から
論争が続いているが、いまだ決着していない。近年は、採点が交流サイト
(SNS)で炎上するケースも散見される。学校現場や文部科学省を取材してみ
ると、変化の兆しも見られるが…。(瀬野由香)
 現在小学3年の娘が2年だったとき、算数テストで「車が6台。1台に5人乗る
と何人乗れるか」という設問があった。娘の書いた式は「6×5」だった。「6
台の車に1人ずつ乗せていくから6人で、それを5回繰り返す」と考えたからだ
が、バツが付けられた。
文科省の「小学校学習指導要領解説 算数編」によれば、小2で掛け算を教え
る際、「1つ分の数×幾つ分」の順で式を立てることになっている。例えば「4
人にみかん3個ずつ配ると何個?」の答えを求める場合、「1つ分=3個」×
「幾つ分=4人」となり、順序は「3×4」となる。
 娘の先生も「1台あたり5人」を1つ分の数ととらえて「5×6」だけを正解とし
たのだ。
ttps://www.tokyo-np.co.jp/article/254174

某おーぷんで書き込めないのでこっちでアク禁にならないといいな
0381創る名無しに見る名無し
垢版 |
2023/06/14(水) 15:16:23.30ID:fON0UTRn
「ポジティブシンキング」ソース

日本の最重要課題の1つである少子化問題。岸田総理が力を入れているのは児童
手当などの手厚い子育て支援。しかし、社会保障が充実している北欧でも、近
年は出生率が大きく低下しているという。日本の「異次元の少子化対策」は効
果]があるのか?
また、ノルウェーとイタリアを比較した研究がある。今後の経済状況について、
@「良くなる」と聞かせる、A「悪くなる」と聞かせる、B何も聞かせないの
3グループに分けて、出生意欲を調査した。
すると、Aの「経済状況が悪くなる」と聞かせたグループでは出生意欲が下が
り、2カ国を比較するとイタリアよりも経済状況が良いノルウェーの方が大きく
低下した。ttps://news.yahoo.co.jp/articles/0c7a1b1d38fe847adc579b2758a41ed7801a4d3a
0382創る名無しに見る名無し
垢版 |
2023/06/14(水) 15:17:12.68ID:fON0UTRn
「花火を使うぞ」ソース

西側がウクライナへ核兵器供与なら核の先制攻撃、ロシア前大統領
西側がウクライナへ核兵器を引き渡した場合、ロシアは先制の核攻撃に踏み切る
ざるを得ないと主張した。
「キエフへ提供される兵器がより破壊的であればあるほど、核の大災害が起きる
シナリオの可能性もそれだけ強まる」とも話した。
NATOは核兵器が使われた場合、「ロシアは深刻な結果に直面することになる」
と警告している。
ttps://news.yahoo.co.jp/articles/2259d48529a56441d974e1d6d4bd21dff68d8328
0383創る名無しに見る名無し
垢版 |
2023/06/16(金) 07:54:08.23ID:xvFf7DkG
https://i.imgur.com/pIJBDBm.jpg
https://i.imgur.com/G9gK1fb.jpg
https://i.imgur.com/rT2BzIX.jpg
https://i.imgur.com/AmpHRQy.jpg
https://i.imgur.com/Ba5C4ED.jpg
https://i.imgur.com/DmnWvfH.jpg
https://i.imgur.com/3uCyiD3.jpg
https://i.imgur.com/aryVND8.jpg
https://i.imgur.com/6vTWqav.jpg
https://i.imgur.com/zAV1Wq1.jpg
https://i.imgur.com/6bsy8wI.jpg
https://i.imgur.com/ZCVNu9z.jpg
https://i.imgur.com/MYi0Kbj.jpg
https://i.imgur.com/6NNwVmt.jpg
https://i.imgur.com/exRSTLI.jpg
https://i.imgur.com/RT3YYKc.jpg
https://i.imgur.com/2k8fTs1.jpg
https://i.imgur.com/5w8wGZk.jpg
0384創る名無しに見る名無し
垢版 |
2023/06/16(金) 21:55:07.89ID:tWwex+Xa
    「仁義なき喧嘩になるぞ」
日之本家ひいては地球町においては何
があっても言ってはいけないことがあ
ります、それは何かというと。
皆です、日之本家でお好み焼きを食べ
ながらニホンちゃんに言います。
「じゃあ僕オオサカでいくよ」
「私はヒロシマね」
こう言って自分達で焼いていきます、
カンコ君もそれは同じで。
今はヒロシマの間のものを食べていま
すがここで皆にこっそりと囁きました。
その囁くことはといいますと。

「皆見えるニダな」
「嫌でも見えているYO」
「滅茶苦茶怖いあるよ」
「正直ちょっとでも間違えたらって思
って気が気じゃないわよ」
アメリー君もチューゴ君もタイワンち
ゃんも小声です、そして周りを見ます
と。
どおくまんな人達とばっどぼーいずみ
たいな人達が控えています、正直その
人達がいるだけでも怖いです。しかも
です。
0385創る名無しに見る名無し
垢版 |
2023/06/16(金) 21:56:24.40ID:tWwex+Xa
その人達が凄まじい殺気を放っていま
す、カンコ君はその人達を見ながらさ
らに呟きました。
「熱笑!!花沢高校もばっどぼーいず
も普通に死人出る漫画だったニダな」
「ああ、どっちもな」
「洒落になってない抗争してたある」
「ばっどぼーいずなんて村越さんの頃
からじゃない」
三人共よく知っています、週刊少年チ
ャンピオンもヤングキングもチェック
しています。

「それにどっちもそっちの筋の人達が
多いわよね」
「仁義なき戦い名作だったある」
「オオサカの方もそうした映画や漫画
あったYOな」
「だからニダ、若し何とか焼きとか言
ったらニダ」
その時はどうなるか、カンコ君はさら
に小声になって囁きました。
「この部屋全体がまさに花沢高校かば
っどぼーずになるニダ」
「本当にそうなるからね」
他でもないニホンちゃんも言ってきま
した。
0386創る名無しに見る名無し
垢版 |
2023/06/16(金) 21:57:58.01ID:tWwex+Xa
「注意してね」
「美味しいニダが怖いニダ」
「何でお好み焼きこうなんだYO」
「僕達ですら怖いある」
「どちらの人達もお部屋から出て欲し
いわ」
四人だけでなく他の皆も緊張の極みの
中でニホンちゃんに応えます、見れば
お互いの人達は互いに睨み合っていて
です。
一触即発の状況です、そんな状況でな
のでした。

皆楽しく食べていてもです,周りに物
凄く気を使いながら食べました。何が
あっても何とか焼きとかは言わない様
にしました。
そして食べ終わってお家を出る時に皆
げっそりとしてニホンちゃんに言いま
した。
「あの、お好み焼きってどっちも美味
しいけれど」
「オオサカのとかヒロシマのとか付け
ないとね」
「オオサカ焼きとかヒロシマ焼きとか
言ったら」
こう言うのでした。
0387創る名無しに見る名無し
垢版 |
2023/06/16(金) 22:02:17.69ID:tWwex+Xa
「アウトってね」
「ちょっと辛過ぎるよ」
「食べてるとすぐにどっちのお部屋か
らも怖い人達が大勢来るし」
「それで変なこと言おうものなら仁義
なしだから」
「それね、わたしも思うけれど」
それでもと言うニホンちゃんでした。
「お好み焼きについてはね」
「譲れないものがあっても物騒過ぎる
ニダ」
カンコ君もげっそりとしています。

「怖過ぎて生きた心地がしないニダ」
「花沢高校もばっどぼーいずも怖いY
O」
「ナチュラルに死人出るのは勘弁ある」
「バイオレンスは止めて欲しいわ」
アメリー君もチューゴ君もタイワンち
ゃんも同じです、それで幾ら美味しい
ものでもです。
冗談抜きで譲れなくても物騒にはなっ
て欲しくない、皆ニホンちゃんにこう
言いますがこれはニホンちゃんもどう
にもなりませんでした。それがこだわ
りそしてプライドというものなので。
0388創る名無しに見る名無し
垢版 |
2023/06/16(金) 22:03:00.84ID:tWwex+Xa
G7広島サミットを経て、また新たな戦争が勃発しようとしている。お好み焼き
をめぐる戦争が、である。
きっかけはサミットで広島を訪れたイギリスのリシ・スナク首相が外交活動の
一環で、自身もお好み焼き作りに挑戦したことだ。これをイギリス大使館が公
式Twitterで紹介したところ、待ったをかけるリプライが殺到したのである。主
に関西圏の人々による、それはお好み焼きではないというものだ。
「広島焼き」はタブー扱いに
果たして「お好み焼き」の本場が広島か大阪かという問題はいったん置いてお
こう。ここで注意しなければならないのは関西派の人々が盛んに「それは広島
焼きである」と発言していることだ。
ttps://nikkan-spa.jp/1916810
0389創る名無しに見る名無し
垢版 |
2023/06/18(日) 21:26:19.81ID:t6ygWub+
 「歳を取らない作品世界なので」
カンコ君は言ってはいけないことを言
ってしまいました。
「ウリ達はもう二十年以上小学五年生
ニダな」
「お前それは言ってはいけないことだ
ぞ」
ウヨ君がそのカンコ君に真顔で突っ込
みを入れました。
「作品の設定だから仕方ないだろ」
「しかしクッキングパパも一応歳月は
流れているニダ」
ただし普通の半分位みたいです。

「ウリ達は作品がはじまってからずっ
と同じニダ、大河ドラマでも歳を取る
と男の人はお髭が生えるニダ」
「女の人は変わらないだろう、兎に角
そうしたメタ発言でも際どいものは言
わないことだ」
「ううむ、しかしニダ」
ここでカンコ君はあるお茶を飲みなが
らウヨ君に言いました。
「このお茶を発明した人が言うには人
は一四四歳まで生きられるニダ」
「待て、あの人か」
ウヨ君ははっとなって応えました。
0390創る名無しに見る名無し
垢版 |
2023/06/18(日) 21:27:00.61ID:t6ygWub+
「若しかしなくても」
「あの人ニダ、ナカマツさんニダ」
「あの人まだご健在だったのか」
ウヨ君はこのことにも驚きました。
「そうだったのか」
「というかお前の家の人ニダよ」
「だがご存命とは思わなかった、あの
人はうちでは結構なお騒がせの人だっ
たが」
ウヨ君が知っているナカマツさんはそ
んな人です。

「まさかまだご存命とはな」
「それでこのお茶ニダが。飲むニダか」
「くれるのか」
「腐れ縁ニダ、あと名前はミルキィホ
ームズの変態怪盗さんと同じ名前ニダ」
「二十の人か」
「何でも仲に色々二十種類位入れてい
るらしいニダ」
「そうなのか、では飲ませてくれ」
「煎れてやるニダ、感謝汁」
「ではな」
実に作品スタートからの腐れ縁らしい
やり取りで、でした。
0391創る名無しに見る名無し
垢版 |
2023/06/18(日) 21:27:28.07ID:t6ygWub+
ウヨ君はカンコ君からそのお茶を受け取
りました、そうして飲みますと。
「美味いな、しかも色々入っているな」
「チューゴ君のお家の薬がかなり入って
いるらしいニダ」
「それが合わせて二十種類か」
「だからそうした名前になっているらし
いニダ」
「成程な、ナカマツさんは確かにお騒が
せ人物だ」
このことをまた言うウヨ君でした、この
ことは言わずにはいられないことみたい
です。

「しかし悪意はない」
「ナカマツさんなりに頑張っているニダ
な」
「善意でな、そして明るい」
「陰湿さもないニダな」
「色々問題があることは事実だが」
それでもというのです。
「しかしな」
「それでもニダな」
「悪意はなくナカマツさんなりに町のこ
とも考えている」
町の人達のこともです。
0392創る名無しに見る名無し
垢版 |
2023/06/18(日) 21:28:06.06ID:t6ygWub+
「とんでもなくてお笑い扱いではあるが
な」
「それでもニダな」
「善意の人で害もないしな」
「ひたすら発明を続けているニダ」
「まだそれを続けているならお見事だ、
少なくともこのお茶は美味いしいいもの
だ」
「そうニダな、しかしウリ達は歳を取ら
ないニダ」
「だからそのメタ発言は止めろ」
お茶を飲みつつお話する二人でした、そ
してニホンちゃんとタイワンちゃんがそ
のお話を聞いてです。

そのお茶を飲んでこんなことをお話しま
した。
「身体にいいならね」
「ひょっとして胸も大きくなるかもね」
「だったらね」
「飲みましょう」
「・・・・・・ニホン達がこのお茶を飲
むことは全力で阻止するニダ」
「そうだな、胸が大きくなるなぞ言語道
断だ」
ここでも腐れ縁を発動する二人でした、
どうしても胸のことは看過出来ないので
した。
0393創る名無しに見る名無し
垢版 |
2023/06/18(日) 21:28:36.39ID:t6ygWub+
僕の理論上、僕は144歳まで生きられるんですよ
そう言いながら老紳士は本誌記者に薄い茶色のお茶を淹れた。「ドクター・
中松」こと、中松義郎氏(94)だ。
美味しいでしょう。このお茶も僕の発明品なんです。
『20TWEN TEA(トゥエンティー)』と言って、高麗人参やドクダミな
ど20種類の成分が入っています。がんを始めとする、様々な病気への免疫力を
高めるのに有効なのです」
中松氏は14歳の時に灯油ポンプの元となる「醤油チュルチュル」を発明。
以来、3800件を超えるアイデアを形にしてきた。’05年には「35年間にわ
たって自分の食事を毎回撮影し 食べた物が脳の働きや体調に与える影響を分析
し続けた成果」が認められ、″人を笑わせ、考えさせた研究″に与えられる「イ
グ・ノーベル賞」栄養学賞を受賞している。
ttps://news.yahoo.co.jp/articles/59a9a9036a404688c66c5b71bf00fc2a3dcee579
0394創る名無しに見る名無し
垢版 |
2023/06/20(火) 22:19:19.81ID:W42bXQMf
    「何処が同じだ」
カンコ家のネットの書き込みを見てで
す、流石のエリザベスちゃんも唖然と
なりました。
「・・・・・・わたくしもオオタニカ
ードのことは知っていますけれど」
「うちの書き込みか?何があった?」
そのエリザベスちゃんにコユンちゃん
が尋ねてきました。
「一体」
「この書き込みですわ」
エリザベスちゃんはカーソルでその書
き込みを指し示しました。

「これですわ」
「シューキューのソンカードとか」
「ニホンさんのお家のオオタニカード
が同じとありますわ」
「・・・・・・そのことについてこの
クラスについては最高の証人がいるが」
コユンちゃんはエリザベスちゃんに石
の様になったお顔で答えました。
「今呼ぼうか、うちの家の関係者だが
三年からも連れて来られる」
「お願いしますわ」
エリザベスちゃんは是非と頷きました。
0395創る名無しに見る名無し
垢版 |
2023/06/20(火) 22:19:56.47ID:W42bXQMf
コユンちゃんはそれを受けてタイワン
ちゃんとザイちゃんを呼びました、そ
して二人にオオタニカードのことを聞
きますと。
「あのね、あの時鷹チーム無敵だって
思ってたのよ」
「それがオオタニカードにひっくり返
されたニダ」
「あの絶望感忘れられないわよ」
「オオタニカードは本物のバケモノカ
ードニダ」
「これが証言だな」
コユンちゃんはその二人を見つつエリ
ザベスちゃんに答えました。

「ピッチャーとしてもバッターとして
も桁外れで守備も足もいい」
「カードの使いやすさもですわね
「優れている、それに対してな」
「ソンカードはやたらめったらトラブ
ルを起こしますわ」
エリザベス家のシューキューでは最早
完全に厄介者扱いです。
「能力もですわ」
「流石にオオタニカードと比べるとな」
「ボーキューとシューキューの違いが
ありましても」
それでもというのです。
0396創る名無しに見る名無し
垢版 |
2023/06/20(火) 22:20:51.97ID:W42bXQMf
「違い過ぎますわ」
「オオタニカードが自チームや相手チ
ームに対してトラブルを発動させるか」
「考えられませんわね」
「そうしたところも凄いカードだから
な」
「ええ、わたくしあそこまでのカードは
見たことがありませんわ」
ニホンちゃんのお家のそのカードはです。
「全く以て」
「そうだな、この書き込みはな」
コユンちゃんはあらためて言いました。

「流石にな」
「ないですわね」
「うちでは確かによくある種類の書き込
みだが」
それでもというのです。
「これは特に酷いな」
「貴女もそう思いますわね」
「全くだ、しかしオオタニカードは何処
まで凄くなるんだ」
コユンちゃんは今度はオオタニカードの
ことを考えました、そのうえで言うので
した。
0397創る名無しに見る名無し
垢版 |
2023/06/20(火) 22:22:12.27ID:W42bXQMf
「投げても打っても際立っている」
「その際立ちぶりが凄過ぎるのよ」
「敵としてあんな恐ろしいカードは見た
ことがないニダ」
ここでまた鷹チームの二人が頭を抱えて
言います。
「ボーキュー大会では味方であってよか
ったニダ」
「もう二度と敵に回って欲しくないわ。
何があってもね」
「この二人が負けた時よりもさらに凄く
なっている」
とんでもない事実を指摘するコユンちゃ
んでした。

「一体何処までそうなっていく」
「わかりませんわね、わたくしボーキュ
ーに興味を持って日が浅いですけれど」
エリザベスちゃんも応えて言います。
「しかしですわ」
「どんどん凄くなっていくのがわかるな」
「ええ、速球も変化球も桁外れで」
「打つ方も恐ろしいパワーヒッターだ」
「タイワンさんやザイさんが今も恐れる
のも当然ですわ」
「そうだな、あれだけのレベルでまだ進
化するとはな」
このこともお話するのでした、あまりに
も凄いカードを見ながら。
0398創る名無しに見る名無し
垢版 |
2023/06/20(火) 22:22:45.61ID:W42bXQMf
韓国メディアがイングランド・プレミアリーグで通算100得点を記録した同国代
表FW孫興民(ソン・フンミン=トットナム)と、ワールド・ベースボール・ク
ラシック(WBC)で侍ジャパンを世界一へ導いた大谷翔平投手(エンゼルス)の
共通点を指摘した。
同国メディア「インターフットボール」は、孫がプレミアリーグでアジア人史上
初となる通算100得点を決めたことを大々的に特集。「孫興民は韓国の枠を越え
てアジアの神だ」と称賛した。
孫はメモリアル弾を決めた後に、アジア全体の選手たちに対してメッセージを発
信。「私はすべてのアジア選手、特に韓国選手がこの業績を見て、彼らもできる
と信じてほしい。それはアジアのサッカーにとって良いことであり、若手の良い
手本になるために私には大きな責任がある。私はアジア選手がプレミアリーグで
素晴らしいことができると信じてほしい」と訴えた。
この内容に同メディアは「アジアのエースにふさわしい発言だ。孫は自らの歩み
がアジアサッカーの発展につながることを切望した。種目は違うが、今年のWBCで
日本が優勝した後、エースの大谷翔平が行った発言である『今回の優勝はアジア
の優勝』などとも相通じるものだ」と強調。サッカーと野球でともにアジアの歴
史を塗り替えるスーパースターとして、孫と大谷が似ていると分析した。
韓国では孫への注目度はもちろん、大谷への関心も非常に高いようだ。
ttps://news.yahoo.co.jp/articles/08bb6071db9dc43261cc7d3067a567e29c9bab52
0399創る名無しに見る名無し
垢版 |
2023/06/22(木) 22:36:35.80ID:S+S8ZiEf
     「カンコ君ですらか」
ユンさんがカンコ家の会社の社長さん
になってカンコ家は変わりました、ど
う変わったかといいますと。
「まともになってきたニダな」
「そうニダな」
カンコパパさんとカンコママさんが前
よりも明るい表情でお話しています、
顔色もましになってきていてカンコパ
パさんの髪の毛も戻ってきています。
「いいことニダ」
「全くニダ」
カンコママさんも応えます。

「今の状況はニダ」
「これまでムンさん達が出鱈目ばかり
してきてニダ」
「ウリナラは傾きに傾きまくっていた
ニダ」
「ウリ達の生活も日に日に切迫してい
ったニダ」
「そんな状況だったニダ」
「それがニダ」
カンコパパさんは戻ってきている髪の
毛に手をやって言いました、この人に
とってはこのことも嬉しいことです。
0400創る名無しに見る名無し
垢版 |
2023/06/22(木) 22:37:29.57ID:S+S8ZiEf
「とても嬉しいニダな」
「ユンさんはまともで何よりニダ」
「というかニダ」
カンコパパさんはこうも言いました。
「あの人日之本家に対して仲良くしよ
うとしているニダが」
「それもかなりニダな」
「それがニダよ」
この経営方針がというのです。
「かなりニダ」
「いいニダ」
もう断言しています、ムンさんが社長
さんだった頃を味わっただけに。

「このままいって欲しいニダ」
「そうニダな、しかしニダ」
ここでカンコママさんはふと気付いた
お顔になって言いました。
「別に日之本家を嫌って敵と思ってあ
れこれしなくていいニダ」
「そうニダな」
カンコパパさんも言われてそれで頷き
ました。
「言われてみればニダ」
「仲良くしていったらニダ」
それならというのです。

「負担がないならニダ」
「それに越したことはないニダ」
「今思うとこれまでずっと敵だ敵だと
嫌って仕掛けてニダ」
「無駄に力を使ってきたニダ、カンコ
にしてもニダ」
カンコパパさんは言わずと知れたこの
人二人の息子さんのことを思い出しま
した。
「作品の作風が変わってニダ」
「そういえば別にニホンちゃんにちょ
っかいかけなくなったニダ」
初期と違ってです。
0401創る名無しに見る名無し
垢版 |
2023/06/22(木) 22:38:12.67ID:S+S8ZiEf
「貧乳がどうとかアニメや特撮のネタ
ばかりになったニダ」
「そうなって随分と気楽な感じになっ
ているニダ」
尚カンコ君的にはそれぞれの作品のこ
とやファンの人達のマナーが気になっ
て仕方がありません、事実そうした世
界の人達はある意味かつてのカンコ君
よりもあれな人達は一杯いたりします。
これはこれで気楽なことではなかった
りします。
ですがそれでもとです、カンコパパさ
んとカンコママさんはお話しました。

「ではウリ達もニダ」
「これからは日之本家にあれこれ言わ
ない様にするニダ」
「ユンさんのやり方がいいニダ」
「これで暮らしも健康もよくならそれ
に越したことはないニダ」
夫婦でこんなことをお話しました、で
すがそんなお二人を見てソ先生が喚き
ました。
「日之本家のキョクジツ旗を忘れるな
ニダ!」
「しかしああした人もまだまだ多いニ
ダ」
カンコママさんはソ先生を見つつ言い
ました。
0402創る名無しに見る名無し
垢版 |
2023/06/22(木) 22:38:58.11ID:S+S8ZiEf
「ムンさんの部下だった人達も力を持
っているニダ」
「若しそうした人達がまた力を持った
らニダな」
「下手したら次のウリナラの会社の経
営陣の人達ニダ」
「返り咲きニダな」
「そうなるニダ」
「そうなったらニダ」
このことを想うだけで、でした。カン
コパパさんは。
顔色が一気に悪くなりました、そうし
て頭を抱えて言いました。

「また地獄に逆戻りニダ」
「そうニダ、あの地獄はもう忘れられ
ないニダ」
「文字通りの暗黒時代だったニダ」
「暗黒時代はボーキューでもシューキ
ューでも生活でも勘弁ニダ」
「だからもう復活して欲しくないニダ
よ」
「心からそう思うニダ」
夫婦でお話します、そしてです。
お二人でユンさんの考えでいくべきだ
と誓いました、自分達の暮らしの為に
も。
0403創る名無しに見る名無し
垢版 |
2023/06/22(木) 22:42:56.64ID:S+S8ZiEf
・韓国で「反日」が「オワコン化」してきた…!
現在、韓国で活動家として花開いた386世代、いわゆる60年代生まれの人たちが
時代の変化に取り残されつつあると指摘する声が出ている。
1980年5月に起きた光州事件以降、どっぷりとその思い出に浸る世代が386世代
で、文在寅政権によって国のあらゆる機関の権力を牛耳った世代でもある。
彼らは文在寅大統領を担ぎあげ、彼らの思想、理想に沿って活動を進めてきたが、
いまになって韓国国民はその思想、理想に「NO」を突きつけ始めているのだ。
振り返れば、何も考えず団結こそが正義(民主主義)とばかりに起きた見当違いな
「ローソク集会」は朴槿恵元大統領を退陣に追いやった。
これが成功したからこそ、386世代に「我々の理想は正義だった」と思わせてしまっ
たフシがある。
だが、文在寅政権が誕生して「反日、不買」によって窮屈さを感じると、じつは韓
国国民は「朴槿恵のほうがマシだった」と嘆き出していた。
大きな声では言わなかったが、それが深層心理だったのだ。
多分その頃から、少なくない数の韓国人は日本に対する「反日」を考え直し始めた
きっかけになったと思う。
・文在寅の「大失敗」
いまはネットに、海外旅行に、多国文化が入り混じる中、一つの思想、理想で国民
を束ねようというのは難しい。
それはまさに文在寅元大統領が証明したようなものだ。
それでも自分たちの思想、理想を盾に嘘を突き通す韓国の議員、活動家は、国民に
見透かされていることにいまだに気付いていない。
気付かない原因はシンプルで、その利権にまとわりつく支持者なのだが、
それが余計に結局「おカネ」な関係に見えてしまい、周囲から白けた視線で見られ
てしまう原因になっている。
もっと言えば、いま韓国では386世代が韓国を牛耳る中で、少なくない韓国国民
が386世代を「老害」と感じ始めている。
日本でのニュアンスとは少し違うように思えるが、文在寅政権誕生時に話していた
ことが本人たちにとっては理想であったが、
国民にとって苦痛だったとやっと国民も気づき始めたのだ。
・韓国で広がる「違和感」
それまで国民は「反日正義」を自然に受け入れて、言われるがままに「聖域」を守
って来た。
が、そのウラで起きていた不正や疑惑が毎日報道され続けるようになったことで、
さすがの韓国民も違和感、疑問を持ち始めているわけだ。
また、その不正の根源に北朝鮮の関与が指摘されるケースも浮上し、文在寅政権で
の従北姿勢を見守って来た国民ですら呆れ返っている。
私が文在寅政権誕生と同時に感じた、日本での学校時代や組織に属していた頃を韓
国でまた感じた事はここに来て正解だったと思える。
そうなると今後は次の段階である「きっかけ」なのかなと思える。
私が日本社会で接し、目覚めたように韓国民もいま、爆発的に訪れている日本で何
かきっかけをつかめることを祈りたい。
それが韓国にとって「反日思想(教育)」から抜け出る早道と私は思える。
ttps://news.yahoo.co.jp/articles/3650cac90e8f16550c930fdf2e6d109feec9aece
0404創る名無しに見る名無し
垢版 |
2023/06/24(土) 22:41:53.40ID:Np4SDYRd
     「花火を使うぞ」
プーチンさんがガードマンの人達を連
れてそのうえでウクライナちゃんのお
部屋で暴れ回る様になって結構経ちま
した、その間プーチンさん達はどうも
逆に追い詰められてです。
かえって自分達が苦しい状況に追い詰
められていっています、そんな中で、
です。
メドベージェフさん、プーチンさんの
第一の側近でこの人に一時代わってロ
シアノビッチ家の会社の社長さんだっ
た人がです。

すごんで、です。こんなことを言いま
した。
「若しアメリー家やEU丁が花火をウ
クライナちゃんに渡したらこっちが先
に花火を使うぞ」
「言いましたわね」
「ええ、確かに」
エリザベスちゃんとフランソワーズち
ゃんお家に花火があるEU丁の娘達が
その発言を聞いて呆れて言いました。
「聞きましたわ」
「そうですわね」
二人で言います。
0405創る名無しに見る名無し
垢版 |
2023/06/24(土) 22:42:24.47ID:Np4SDYRd
「頭の中に保存しましたわ」
「わたくしもですわ、しかし」
ここでエリザベスちゃんはやれやれと
なってこんなことを言いました。
「今の発言ときたら」
「キッチョムそっくりですわね」
「おわかりですわね、貴女も」
「わからない筈がありませんわ、今も
ですから」
ここで二人はカンコ家のキッチョムの
間の前にトウエイワープをして移動し
ました。

するとです、キッチョム君の声が聞こ
えてきました。
「何かあったら花火を使うニダ!無慈
悲な反撃ニダ!」
「こうですから」
フランソワーズちゃんはキッチョム君
の声が聞こえてくる扉を見ながらエリ
ザベスちゃんに応えます。
「もうですわ」
「わからない筈がありませんわね」
「そうですわ」
こう言うのでした。
0406創る名無しに見る名無し
垢版 |
2023/06/24(土) 22:43:02.78ID:Np4SDYRd
「メドベージェフさんのお言葉がキッ
チョムそっくりになってきているとい
うことを。何故なら」
「ええ、首領様が」
キッチョム君を操っている正体不明の
人です。
「実は、と言われていますわね」
今度はエリザベスちゃんが言いました。
「カンコ家にずっといたのではなく」
「ソレン家かつてのロシアノビッチ家
に逃れてましたわね」
フランソワーズちゃんも言います。

「そうでしたわね」
「ニッテイさんに追い立てられて」
「そしてヨシフおじさんの下で働いて
いて」
「第二次町内喧嘩が終わった時にカン
コ家に送り込まれていますわね」
「まあ真相はわかりませんわ」
そうではないかと言われているだけで
す。
「ですが若しそれが正しいなら」
「それならですわね」
「もう、ですわ」
それこそというのです。
0407創る名無しに見る名無し
垢版 |
2023/06/24(土) 22:43:39.74ID:Np4SDYRd
「キッチョムを操っている首領様がソ
レン家今のロシアノビッチ家仕込みで
あるのなら」
「それならですわね」
「もうですわ」
「ロシアノビッチ家の人がそう言っても
何ら不思議ではありませんわ」
「そうですわね」
二人でお話します。
「そんなことを言っても」
「自然ですわ
驚くに値しないとです、二人でお話しま
す。

そしてあらためてキッチョム君の言葉を
聞きますと。
「先に何かしたら喧嘩を売られたとみな
すニダ!」
「やっぱりですわね」
「同じですわね」
「キッチョムとメドベージェフさんは」
「そうとしか思えませんわね」
こう二人でお話します、そうして帰る時
にでした。
二人はカンコ君にお邪魔しましたわと言
いました、事情を聞いたカンコ君もそう
いうことならと納得しました。
0408創る名無しに見る名無し
垢版 |
2023/06/24(土) 22:55:16.08ID:Np4SDYRd
西側がウクライナへ核兵器供与なら核の先制攻撃、ロシア前大統領
西側がウクライナへ核兵器を引き渡した場合、ロシアは先制の核攻撃に踏み切る
ざるを得ないと主張した。
「キエフへ提供される兵器がより破壊的であればあるほど、核の大災害が起きる
シナリオの可能性もそれだけ強まる」とも話した。
NATOは核兵器が使われた場合、「ロシアは深刻な結果に直面することになる」
と警告している。
ttps://news.yahoo.co.jp/articles/2259d48529a56441d974e1d6d4bd21dff68d8328
0409創る名無しに見る名無し
垢版 |
2023/06/26(月) 13:36:24.21ID:rRMHii9J
     「日之本家だけじゃない」
エリザベスちゃんは自分のお家の壁新
聞を見て首を傾げさせました、そのう
えで言いました。
「ニホンさんのお家だけがいやらしい
かといいますと」
「そんなこと言うまでもありませんわ
よ」
今回も何だかんだで一緒にいるフラン
ソワーズちゃんが応えました。
「試しにアテナの昔のお話を読むこと
ですわ」
「神様達のですわね」
ゼウスやヘラのお話です。

「もう出て来る人どならもですわね」
「いやらしいですわね」
「本能に忠実ですわね」
「オーバーフローの元凶の方の様でし
てよ」
「ですからそんなことを言いましても」
「何処も同じですわ」
こうお話します、そしてです。
エリザベスちゃんはここで微妙なお顔
になってこんなことを言いました。
「ご本家の方々は」
「それを言うとわたくしのお家のもう
ないご本家もですわ」
フランソワーズちゃんもでした。
0410創る名無しに見る名無し
垢版 |
2023/06/26(月) 13:37:13.42ID:rRMHii9J
「もう代々の方が」
「女性問題ありましたわね」
「ルイさんの十四代目の方なぞ」
太陽とさえ言われたこの人はといいま
すと。
「どれだけの方とお付き合いしたか」
「そうですわね」
「それをニホンさんのみどうとか言う
ことは」
エリザベス家の壁新聞について言うの
でした。
「とんだ間違いですわ」
「そうですわね」
二人でお話します、そしてです。

ウヨ君もその壁新聞を見てそのうえで
お姉さんに言いました。
「こんなことを言ってもね」
「それでもよね」
「気にしたら負けだよ」
「人ってこうしたことって誰でもなの
よね」
ニホンちゃんもわかっています。
「わたしも昔はね」
「こうしたこと誰かが言ったら凄く気
にしてたね」
「うちの壁新聞いつもだし」
アサヒちゃんやマイ君達が特にです。
0411創る名無しに見る名無し
垢版 |
2023/06/26(月) 13:38:00.71ID:rRMHii9J
「うちはどうとかうちだけとかね」
「いつも書いてるしね」
「それこそずっとね」
そうだというのです。
「わたしも気にしていたけれど」
「これが調べるとね」
実際はどうかとです。
「何処もだったり事実と違っていたり」
「嘘だったりね」
「そんなことばかりだったから」
それでというのです、ニホンちゃんはウ
ヨ君に対してお話するのでした。

「わたしもわかってきたわ」
「人間あれこれと人やお家を貶めたい人
もいるよ」
「壁新聞書いている人達の中にもね」
「むしろ壁新聞を書いている人に多いん
じゃないかな」
ウヨ君が思うにです。
「うちに悪い感情を持っていてね」
「それってそのままアサヒちゃんとかマ
イ君?」
ニホンちゃん自身この子達のことを思い
出しました。
0412創る名無しに見る名無し
垢版 |
2023/06/26(月) 13:39:04.86ID:rRMHii9J
「そうよね」
「そうだよ、書いていることが本当かど
うか、そして書いている人がどういった
人かをね」
そうしたことまでというのです。
「ちゃんと見極めることだよ」
「それが大事よね」
「ただ書かれていることを鵜呑みにした
ら」
「駄目よね」
「書かれていることが果たして本当かど
うか」
そうしてというのです。

「さらにね」
「書いている人がどんな人か」
「そこまで見極めないとね」
「駄目ね」
「うん、うちもそうだし他のお家の壁新
聞でもね」
どういったものでもというのです。
「見極めることだよ」
「ちゃんとね」
「鵜呑みにするのが一番危険だよ」
こうニホンちゃんに言うウヨ君でした、
そしてニホンちゃんもその通りと頷くの
でした。
0413創る名無しに見る名無し
垢版 |
2023/06/26(月) 13:39:44.00ID:rRMHii9J
英国の公共放送BBCは先日、日本の「CHIKAN」について報道した。痴漢の取材に
1年をかけた。東京を主舞台に、時に鉄道警察隊に密着。被害者から話を聞いた。
被害を届け出る人は1割に過ぎない、とみる精神保健福祉士の話も聞いた。痴漢
動画をオンライン販売する中国人らのグループを追いかけた▼BBCは今年3月
、...(以下有料版で,残り426文字)
ttps://www.nishinippon.co.jp/sp/item/n/1099267/
0414創る名無しに見る名無し
垢版 |
2023/06/28(水) 15:27:06.60ID:1+k696iG
    「内輪揉めか」
プーチンさんと一緒にウウライナちゃ
んのお部屋で暴れている人達の中には
ロシアノビッチ家のガードマンさんの
人達だけでなくてです。
ワグネルさんというロシアノビッチ家
で自分でガードマンの代わりとして喧
嘩をするという人もいます、このワグ
ネルさんもウクライナちゃんのお部屋
で暴れ回っていたのですが。
「あれっ、最近ね」
「おかしいな」
ウヨ君は今の状況を見てウクライナち
ゃんに応えました。

「様子が」
「ワグネルさんこれまでプーチンさん
べったりだったけれど」
「それが変わってな」
「何かね」
「プーチンさんと揉めているな」
「内輪揉め?」
ウクライナちゃんはウヨ君に首を傾げ
させつつ言いました。
「ひょっとして」
「有り得るというかだ」
ウヨ君はウクライナちゃんの質問に真
剣な顔で答えました。
0415創る名無しに見る名無し
垢版 |
2023/06/28(水) 15:27:32.22ID:1+k696iG
「むしろな」
「兄さんのところじゃいつもだから」
「こうした時はな」
「内輪揉めが起こるのよ」
「そうだな、イワンさんが引退してだ
な」
ウヨ君はロシアノビッチ家の昔のこと
をお話しました。
「その後ボリス=ゴトゥノフさんが出
て」
「無茶苦茶になったでしょ」
ポーラ家から実は自分がご本家の当主
と言う人が出たりしてです。

「そうでしょ」
「そうだったな、大騒ぎだったな」
「ええ、それでね」
「ロシアノビッチ家ならか」
「内輪揉めはね」
「よくあることだな」
「これは他のお家でもそうだけれど」
あることだというのです。
「けれど兄さんのお家は」
「それが物騒だな」
「もう負けたら」
その内輪揉めにです。
0416創る名無しに見る名無し
垢版 |
2023/06/28(水) 15:28:09.74ID:1+k696iG
「物凄いお仕置きが待っているから」
「関係者全員にな」
「だからね」
それでというのです。
「洒落になっていないけれど」
「今回もか」
「そうしたことになるかも知れないわ」
「ソレン家になった時もそうだったし
な」
ロシアノビッチ家のご本家がなくなっ
てレーニンさん達が会社の社長さんに
なった時です。

「凄かったな」
「レーニンさん達に負けた人達へのお
仕置きもね」
「第二次町内喧嘩でもな」
「ナッチ会についた人達悲惨なことに
なったし」
「大抵トップの人が勝ってだ」
こうした時はです。
「トップの人がお仕置きを行う」
「そうよね」
「そうなるからな」
「これからが心配ね、ただ」
それでもとです、ウクライナちゃんは
言いました。
0417創る名無しに見る名無し
垢版 |
2023/06/28(水) 15:28:37.91ID:1+k696iG
「酷いことになるかも知れないけれど」
「ウクライナにとってはな」
「正直状況はよくなっても大変なこと
は変わっていないから」
だからだというのです。
「プーチンさんとワグネルさんが揉め
てくれるならね」
「助かるな」
「ええ、そうなっていることはね」
本当にというのです。
「助かるわ」
「そうだな」
「それでね」
さらに言うウクライナちゃんでした。

「早くね」
「この喧嘩が終わって欲しいな」
「喧嘩がはじまってから私もお家の皆
も傷が絶えないから」
だからだというのです。
「本音を言うとね」
「終わって欲しいな」
「早くね、今回のこともそうなってい
くなら」
「有り難いな」
「ロシアノビッチ家がどうなるかわか
らないけれど」
自分達のことを考えると、というので
す、本音も言うウクライナちゃんでし
た。
0418創る名無しに見る名無し
垢版 |
2023/06/28(水) 15:29:11.84ID:1+k696iG
ワグネルがロシア領ロストフ州ロストフ・ナ・ドヌ市のロシア連邦軍南部軍管区
司令部を戦車で包囲して制圧しました。軍事クーデターです。
ttps://news.yahoo.co.jp/profile/commentator/obiekt/comments/16875614080592.d46e.00045
0419創る名無しに見る名無し
垢版 |
2023/06/30(金) 22:24:11.84ID:SSPOjp27
      「減ってる」
日之本家は家族の人達がお年寄りにな
ってきていて人の数特に子供のそれが
減っていると言われています。
「まあそれを言うとだ」
「ウリナラはもっとニダよ」
コユンちゃんとチョゴリちゃんはその
日之本家のミヤギの間でニホンちゃん
に言います。
「物凄く困っているニダ」
「正直どうしたものか」
「他のお家でもこうしたお話よく聞く
し」
ニホンちゃんも言います。

「どのお家でもね」
「困っているな」
「そうしたお話ニダな」
「そうなのよね」
こうしたお話をします、そしてコユン
ちゃんはお部屋の中を見回してそのう
えで言いました。
「ここを見るとまだまだ大丈夫だな」
「そうニダ、賑やかニダよ」
「それがなのよ」
ニホンちゃんはミヤギの間の中を見回
して言った二人に言いました。
0420創る名無しに見る名無し
垢版 |
2023/06/30(金) 22:24:59.27ID:SSPOjp27
「これが実はね」
「どうしたんだ?」
「何かあるニダか?」
「ちょっと来て」
ニホンちゃんは二人をミヤギの間の周
りの他のトウホクの間に案内しました、
すると。
「前に来たよりもな」
「どのお部屋も寂しくなっているニダ
よ」
見ればそうなっていました。ミヤギの
間以外のトウホクとされる五つのお部
屋はです。

「それもかなりニダ」
「これは酷いな」
「この区画で賑やかなのはミヤギの間
位なの」
ニホンちゃんはその状況を確認して眉
を曇らせた二人にお話しました。
「他の五つの間はね」
「この通りか」
「何もかもが減ってるニダな」
「うち全体がそうなってるけれど」
それでもとです、ニホンちゃんはさら
にお話しました。
0421創る名無しに見る名無し
垢版 |
2023/06/30(金) 22:25:45.20ID:SSPOjp27
「トウホクはそうなの」
「これは深刻だな」
「そうニダな」
「うちもそうだが」
「ニホンさんのお家のこの辺りもニダ
な」
「この辺りは只でさえ寒いしね」
日之本家の中で、です。
「昔から条件厳しい方だけれど」
「それがか」
「もろに影響しているニダな」
コユンちゃんもチョゴリちゃんもそう
いうことかと頷きました。

「トウホクのことはウリ達も聞いてい
てニダ」
「何度もお邪魔していたbから知って
いるつもりだったが」
「最近はニダか」
「こうした状況か」
「本当にミヤギの間だけなの」
トウホクのお部屋の中でまだ大丈夫と
言っていいのはです。
「この通りね」
「こうした状況だとだ」
それならと言うコユンちゃんでした。
0422創る名無しに見る名無し
垢版 |
2023/06/30(金) 22:27:15.85ID:SSPOjp27
「ニホンちゃんが言うこともわかる」
「そうニダな」
チョゴリちゃんも頷きました。
「深刻になるのも当然ニダ」
「日之本家はうちに比べるとまだまだ
ましだと思っていたが」
「この辺りは深刻ニダな」
「そうなの、全体としてよくあって欲
しいから」
こう考えるのはバランス感覚がしっか
りしているニホンちゃんだからでしょ
うか。

「この辺りもね」
「本当に深刻だな」
「ミヤギの間以外のトウホクのお部屋
は何とかしないといけないニダ」
「しかもここにいる会社の人っておか
しな人もいるのよね」
オザワさんにエダノさんです、その他
にはミヤギの間ですがイシガキさんな
んていう人もいます。このことも気に
なってです。
ニホンちゃんはトウホクの間について
思うのでした、どうしたらいいのかと。
0423創る名無しに見る名無し
垢版 |
2023/06/30(金) 22:27:42.55ID:SSPOjp27
東北6県で2022年に生まれた子どもの数を四半世紀前の1997年と比べ
ると、宮城を除く5県が減少率の全国ワースト5を占めることが分かった。女
性1人が生涯に生む子どもの数を表す合計特殊出生率だけからは読み取れない
結果だった。専門家は「出生数の減少と、その背景にある未婚女性の流出にこ
そ注目するべきだ」…
ttps://kahoku.news/articles/20230622khn000055.html
0424創る名無しに見る名無し
垢版 |
2023/07/02(日) 21:16:55.66ID:f0Tcs5PP
    「濃く見えるので」
カンコパパさんは最近ストレスが減っ
て髪の毛が増えてきました。抜け毛が
止まって毛生え薬も効いてきたうえに
髪の毛自体が健康を取り戻して太くな
ってきました。
それで、です。上機嫌なのですが。
「まだ安心出来ないニダ」
「だからニダな」
「このスプレーを使うニダ」
カンコママさんにこう言ってです、ス
プレーを出しまして。

頭にかけます、カンコママさんはその
スプレーを見てカンコパパさんに尋ね
ました。
「毛生え薬ではないニダな」
「これは髪の毛に黒い粉を付けて一本
一本を太く見せるスプレーニダ」
カンコパパさんは今使ったスプレーが
どんなものかお話しました。
「毛生え薬とは別ニダよ」
「そうニダか、しかしアボジの髪の毛
は次第に健康を取り戻していっている
ニダよ」
カンコママさんはこのことを言うので
した。
0425創る名無しに見る名無し
垢版 |
2023/07/02(日) 21:17:37.39ID:f0Tcs5PP
「量も太さも戻ってきているニダ」
「それでもまだ細くて少ないニダ、だ
からニダ」
それでというのです。
「ウリはこうしたスプレーも使うニダ
よ」
「そういうことニダな」
「ウリ以外にも使っている人は多いと
思うニダ」
「男の人は皆大変ニダな」
「髪の毛は長い友達であって欲しいニ
ダよ」
こう言うカンコパパさんでした。

そうしてスプレーを使うのでした、で
すが。
そのお話を聞いたカンコ君は自分の髪
の毛をチェックしましたがそこでチョ
ゴリちゃんに言われました。
「兄さんは大丈夫ニダよ」
「子供だからニダか」
「それに兄さんの髪の毛は異常に多く
硬くて毛根もしぶといニダ」
それこそ何があっても瞬時に生えてく
る位です、毛根までとんでもない生命
力を持っているカンコ君です。
0426創る名無しに見る名無し
垢版 |
2023/07/02(日) 21:18:21.32ID:f0Tcs5PP
「だから何歳になっても絶対に禿げな
いニダ」
「そうニダか」
「むしろキッチョム兄さんニダよ」
この人の方が心配だというのです。
「いきなり黒電話な外見に変わるまで
は前と後ろ両方から来ていたニダな」
「太り過ぎでいつもお腹を空かしてい
たニダしな」
「そうした不健康な生活もあってニダ」
チョゴリちゃんもこのことはよくわか
っています。

「思い切り来ていたニダ」
「そうだったニダな」
「今もよく見たら前から来ているニダ」
その懐かしの黒電話な髪型のせいであ
まり目立ちませんが。
「そうなっているニダ」
「では兄さんは将来ニダか」
「あのスプレー使うかも知れないニダ」
「今は髪の毛が多そうニダが」
「あんな生活だと心配だし前はそうだ
ったからニダ」
それでというのです。
0427創る名無しに見る名無し
垢版 |
2023/07/02(日) 21:19:04.18ID:f0Tcs5PP
「危ないニダよ」
「そうニダか」
「兄さんとそこが違うニダ」
「ウリは大丈夫ニダな」
「大昔髪の毛が抜けるお話があったニ
ダがそのお話のことで基本は違うと思
うニダ」
公式設定がないのでこうしたこともか
なり変わったりします。
「だから安心するニダ」
「ならいいニダ」
カンコ君もそれならと頷きました、彼
についてはこれで終わりですが。

そのキッチョム君はといいますと。
「ウリは禿げていないニダ!将来も絶
対に大丈夫ニダ!」
「物凄く気にしているニダな」
「そうニダな」
カンコ君とチョゴリちゃんはキッチョ
ム君のお部屋の方を見て言いました。
「これはニダ」
「あのスプレーを使うことも有り得る
ニダな」
「キッチョム兄さんは使っててもそう
していないと言うに決まっているニダ
が」
「使う可能性はあるニダな」
こうお話するのでした、キッチョム君
の声を聞いて。
0428創る名無しに見る名無し
垢版 |
2023/07/02(日) 21:19:39.37ID:f0Tcs5PP
男性590人に調査をしたところ、20代の3人に1人が「ボリュームアップスプ
レー(黒い微粉末を髪に付着させることで、髪1本1本を太くボリュームアッ
プするスプレー式のヘアスタイリングアイテム)」を使用していることが分
かりました。
ttps://news.yahoo.co.jp/articles/d3bbe3b9fd700b60a56b4d9b56cbefa547ce0894
0429創る名無しに見る名無し
垢版 |
2023/07/04(火) 22:17:19.22ID:fsIcKiU5
    「これだけ高いと」
プーチンさんとロシアノビッチ家のガ
ードマンの人達がウクライナちゃんの
お部屋に殴り込みをかけて喧嘩になっ
てからでした。
地球町全体で大変なことになっていま
す、それは町の電気も同じで。
「何しろ電気の原料の油とかが高くな
ってしまってね」
「それでなのよね」
「もう今の町は電気がないと何も出来
ないからね」
ニホンパパさんはニホンママさんにお
家で言いました。

「だからね」
「うちも電気代が高くなったわね」
「それが問題だよ」
「そうよね」
「火薬を使って電気を起こそうにもね」
そうすればかなりの電力が生み出され
るのです。
「反対する人達が多いから」
「サヨックさんやアサヒちゃんが有名
だけれど」
「実は周りの人達の方がもっと大変だ
しね」
何かと反対して騒いでいる人達です。
0430創る名無しに見る名無し
垢版 |
2023/07/04(火) 22:17:55.55ID:fsIcKiU5
「暴れることもあるから」
「迂闊に火薬を使えないのよね」
「そのこともあってね」
そしてウクライナちゃんのお部屋での
ことがあってです」
「電気代が大変だよ」
「そうよね、だからね」
ニホンママさんはとても暗いお顔にな
ってニホンパパさんに答えました。
「うちも節約しないといけないから」
「だからだね」
ニホンパパさんもわかっています。

「無駄な電気は使わない」
「そうしないと駄目よ」
「今はね」
「そうしないと」
さもないと、とです。ニホンママさん
はさらに言いました。
「うちもやっていけないわ」
「そうだね」
こうお話してでした。
日之本家では電気を使うことに対して
何かと節約することにしました、それ
でなのでした。
0431創る名無しに見る名無し
垢版 |
2023/07/04(火) 22:19:11.91ID:fsIcKiU5
何かと電気を使わないことになりまし
た、それでそろそろ暑くなってくる季
節ではありますが。
「まずはね」
「うん、クーラーも出来るだけだよ」
ウヨ君はニホンちゃんに応えて言いま
した。
「あまりね」
「使わない様にしましょう」
「そうしないとね」
「電気代がかかるから」
ニホンパパさんとニホンママさんが言
ったことをわかって言うのでした。

「出来る限りね」
「使わない様にしないとね」
「窓を開けて」
ニホンちゃんは実際にそうしました。
「団扇もあるし」
「扇風機だってね」
「そうしたものを使って」
「クーラーは使わない様にしようね」
「そうね、ただあんまりにも暑い日だ
とね」
そうした日はとです、ニホンちゃんは
不安になってその思ったことを言いま
した。
0432創る名無しに見る名無し
垢版 |
2023/07/04(火) 22:20:09.67ID:fsIcKiU5
「そうも言っていられないわよね」
「真夏とかね」
「そんな日も節約とか言ったら」
「下手したら身体にくるよ」
「そうよね」
「それにね。こんなこと言いたくはな
いけれど」
それでもとです、ウヨ君はここでお顔
を曇らせてでした。
そのうえで、です。ニホンちゃんに対
してこんなことを言いました。
「あの、火薬を使って電気使うなって
言う人は」
「そうなのよね」
ニホンちゃんもそれはと答えます。

「そうした人達こそね」
「電気節約しないよね」
「そうなのよね」
「人にはあれこれ言って」
そうなのにです。
「自分は、なんだよね」
「それで違うんじゃって言ったら暴力
も辞さないし」
「そんな人の意見が通るのはね」
「それだけでおかしいわね」
「全くだよ」
最後にこうしたお話をしました、電気
代が高くなっているその中で。
0433創る名無しに見る名無し
垢版 |
2023/07/04(火) 22:21:39.06ID:fsIcKiU5
夏場でも3人に1人がエアコンを使用せず、その理由は電気代がもったいない
から―。空調大手のダイキンが 29日発表した調査で、こうした実態が明らか
になった。
調査は同社が熱中症対策への意識や、梅雨時や夏場のエアコンの使用実態など
を把握するため、 6月2〜6日に全国の20〜60代の男女を対象に実施、
有効回答は1046人だった。
その結果、梅雨の時期から夏場にかけ、なんらかの熱中症対策に取り組んでい
る人は87・9%に上り、 このうち「エアコンの使用」を挙げた人は梅雨時
が69・0%、夏場には78・9%だった。
ttps://news.yahoo.co.jp/articles/61433f64585590d61469f448a82ff9606391e5d3
0434創る名無しに見る名無し
垢版 |
2023/07/06(木) 16:46:28.44ID:ItgZ7i/g
    「住みやすいお部屋」
時々地球町のどのお家がおしてどのお
部屋が暮らしやすいかというお話にな
ります。
今回もそうしたお話になっていてその
トップはといいますと。
「あら私のお家なのね」
「そうなんですよね」
「いや、凄いダスよ」
デンマーク君とオージー君が相変わら
ずおっとりとしてかつ上品なハプスブ
ルク先生に応えました。そうして先生
に言うのでした。

「実際先生のお家のウィーンの間素敵
尚部屋ですし」
「いても凄く快適ダス」
「ですから」
「もう今回のことは当然ダス、それに
ダスよ」
ここで明るく笑って言うオージー君で
した。
「ワスは今回三位でダス」
「僕は二位なんですよね」
「シドニーの間がそうなったダス」
「コペンハーゲンの間がです」
二人で笑顔で言います。
0435創る名無しに見る名無し
垢版 |
2023/07/06(木) 16:47:13.69ID:ItgZ7i/g
「よかったですよ」
「本当にダス」
「ふん、どうせウリは圏外ニダ」
まるでファン投票の後のキン肉マンの
親子みたいにふてくされているカンコ
君が言ってきました。
「全く以て不愉快ニダ、しかもニホン
が十番で余計に嫌ニダ」
「だから何でそこでいつもニホンちゃ
んになるのかな」
「本心出し過ぎていてやれやれダス」
またかと返す二人でした。

「そこまで意識しているならさっさと
告白するダスよ」
「もっともニホンちゃんだと告白され
たことすら気付かないだろうね」
「ええい、ウリはニホンのことが嫌い
だと何度言えばわかるニダか」
クラスではニホンちゃん以外わかって
いることでも言うカンコ君です。
「だから怒っているニダ」
「カンコ君、キングオージャーの黒の
王様みたいに臭いお芝居はしない方が
いいわ」
さりげなく急所を衝くハプスブルク先
生でした。
0436創る名無しに見る名無し
垢版 |
2023/07/06(木) 16:47:53.41ID:ItgZ7i/g
「あの王様見ていて本心があからさま
だけれど」
「せ、先生それはちょっと」
「ダイレクトに言い過ぎダス」
デンマーク君もオージー君もそれはと
なります。
「もっともオブラートに包まないとダ
スよ」
「カンコも困りますよ」
「あら、けれどカンコ君がニホンちゃ
んをどう思ってるなんてそれこそニホ
ンちゃん先生のクラスだとウヨ君以外
わかってることだから」
おっとりと追い打ちをかける先生です。

「もう言っても」
「うう、最近のギーツの鬱展開並に堪
えたニダ」
最近の敵側にとんでもなく嫌な奴しか
いないことに本当に鬱になっているカ
ンコ君です。
「ウリは今回これで退散するニダ」
「ああ、養生するんだよ」
「後でキムチを差し入れるダス」
「その気持ち痛み入るニダ」
こう言って今回は立ち去るカンコ君で
した、本当に堪えているのがわかるお
顔です。
0437創る名無しに見る名無し
垢版 |
2023/07/06(木) 16:48:52.09ID:ItgZ7i/g
その後でハプスブルク先生はおっとり
としたまま言いました。
「それにしてもウィーンの間は昔から
皆さんに人気ですね」
「はい、本当に」
「そうダスな」
デンマーク君もオージー君もそれはと
頷きます。
「音楽も内装も素敵過ぎるダス」
「とてもいいお部屋ですよ」
「ずっと昔から手入れをしてきました
から」
その歴史たるや素晴らしいものがあり
ます。

「今もですね」
「僕達も今度行かせて下さい」
「そうさせて欲しいダス」
「では五年地球組の皆さんで。その時
はカンコ君はニホンちゃんの隣の席に
いてもらいますね」
ここでもおっとりと言う先生でした。
「そうしたらあの子も喜びますし」
「そうですね、今回はあいつもへこみ
ましたし」
「それがいいダス」
「タイワンちゃんと喧嘩しない様にし
まして」
このことも言う先生でした、そうして
五年地球組の皆を誘うのでした、その
返事は皆イエスでした。
0438創る名無しに見る名無し
垢版 |
2023/07/06(木) 16:50:29.13ID:ItgZ7i/g
オーストリアのウィーンは、世界で最も住みやすい都市の1位になった。
英エコノミスト紙の経済分析機関であるエコノミスト・インテリジェンス・ユ
ニット(EIU)は21日(現地時間)、「世界で最も住みやすい都市」報告書を
一部公開した。
この報告書によると、ウィーンはことし評価100点満点中98.4点を獲得し、173
の都市のうち1位となった。
つづいてデンマークのコペンハーゲン(98.0点)、オーストラリアのシドニー
(97.4点)、カナダのバンクーバー(97.3点)、スイスのチューリッヒ(97.1点)
などの順であった。アジアでトップ10に入ったのは、10位の大阪(97.0点)だけ
であった。
韓国のソウルとプサン(釜山)は80点台後半で、正確な順位は公開されていない
が、60位前後ではないかと推測されている。ttps://www.wowkorea.jp/news/korea/2023/0624/10400590.html
0439創る名無しに見る名無し
垢版 |
2023/07/08(土) 22:20:56.60ID:bZ68AMSg
    「体操服と半ズボン限定」
カンコ君はこの時クラスの教壇で皆に
言っていました。
「ブルマ復活ニダ!」
「はい、却下」
瞬時にタイワンちゃんの氷の様に冷た
い視線と声が炸裂しました。
「もうアニメでもないでしょうが」
「うう、うる星やつらはよかったニダ」
カンコ君は今度は血の涙を流しながら
言いました。
「ソプラノ漫画でもエトラちゃんは見
たでもモナリザの戯言でもないニダ」
「今時ある訳ないでしょ」
また言うタイワンちゃんでした。

「みつどもえの作者さんも出してない
でしょ」
「僕の心のやばいやつニダな」
「みつどもえではブルマだったでしょ」
「やばいやつでは半ズボンだったニダ」
「それで復活なんてある筈ないでしょ
うが」
「ええい、それでは現代風にニダ」
カンコ君の辞書に懲りるという言葉は
ありません、それで今度はこんなこと
を言いました。
「セパレートのユニフォームニダ」
「!?」
カンコ君のその言葉にです。
0440創る名無しに見る名無し
垢版 |
2023/07/08(土) 22:21:49.08ID:bZ68AMSg
皆はっとなりました、そして男組と女
組にはっきりと分かれてです。
ひそひそとお話をはじめました、そし
て男組はです。
「カンコいいこと言うなら」
「それありだよ」
「セパレートのユニフォーム最高だよ」
口々にカンコ君支持を言います、です
が女組は。
物凄く嫌そうにです、こう言うのでし
た。
「反対」
「有り得ないわ」
「何考えてるのよ」
こう言います。

「あれブルマと同じでしょ」
「っていうか水着よね」
「あれはないわ」
「いや、恰好いいよ」
「今はユニフォームだよ」
「動きやすいしね」
男組は物凄く嫌そうな女組に反論しま
す、クラスは完全に真っ二つになりま
した、そしてことの元凶のカンコ君も
言います。
「ブルマが時代遅れならユニフォーム
はいいニダな」
「駄目に決まってるでしょ」
タイワンちゃんがまた即座に反論しま
す。
0441創る名無しに見る名無し
垢版 |
2023/07/08(土) 22:22:27.18ID:bZ68AMSg
「あたし達に水着で普通の体育の授業
も出ろっていうの」
「水泳の時はそうではないニダか」
「水泳は水泳よ、グラウンドや体育館
で着られる訳ないでしょ」
「ブルマ以上に身体のラインが出るか
らいいニダ」
「本音出たわね、いやらしい目で見ら
れたくないから嫌よ」
真っ向から対立する両者でした、そし
てクラス全体で、です。
このお話は紛糾しました、ですが。

校長であるコクレン先生がこの件につ
いてこう言いました。
「うちの学校の体操服は上は白のシャ
ツで下は黒の膝までの半ズボンだよ、
男の子も女の子もね」
「なっ、校長先生が言ってはニダ」
さしものカンコ君もです。
黙るしかありませんでした、タイワン
ちゃんはそんなカンコ君に対してそれ
見たことかという顔になって言うので
した。ただ決して勝ち誇ったお顔では
ありません。
0442創る名無しに見る名無し
垢版 |
2023/07/08(土) 22:23:27.14ID:bZ68AMSg
「あんたもチョゴリちゃんがブルマと
かユニフォームとか着たらどうなのよ」
「あんないやらしい恰好は断じてさせ
ないニダよ、チョゴリが可哀想ニダ」
「そういうことよ、あんたもわかって
るじゃない」
妹さんのことになると無茶苦茶ムキに
なるカンコ君に言うのでした。
「女の子は誰だって思うわよ、そう考
えたらわかるでしょ」
「ではチョゴリあとウリナラの女の子
はめぐみんの学校のブルマニダ」
ブルマはブルマでもです。

「他のお家の女の子は今のブルマかユ
ニフォーム、校長先生に提案ニダ」
「全然わかってないわね、だから嫌だ
って言ってるのよ」
「お前は漢の浪漫がわかっていないニ
ダか」
「そんなのわかりたくもないわよ、だ
から体育の時いやらしい恰好は嫌だっ
て言ってるの」
また反論するタイワンちゃんでした。
そして二人の後ろにはそれぞれ男組と
女組がいます。浪漫を巡っての対決は
まだ続きそうです。
0443創る名無しに見る名無し
垢版 |
2023/07/08(土) 22:24:14.52ID:bZ68AMSg
《同じインターハイなのにマジでこの格好の差はなんなんだ…女子の親として
マジで陸上やらせたくねえ》(本文ママ)
“アスリート盗撮”が問題化
6月20日、こうしたツイート投稿が物議を醸した。
「該当のツイートでは、高校陸上部の男女のユニフォームの違いに憤りを覚え
ているという内容でした。文章と一緒にアップされた画像では、男子は上はノ
ースリーブで下は短パン姿ですが、女子はセパレート型ユニフォームといわれ
るビキニ水着のような格好。親目線で考えれば、ユニフォームとはいえティー
ンの女性が人前で肌を多く露出することに抵抗があるでしょうね」(ネットメ
ディア編集者、以下同)
ttps://news.yahoo.co.jp/articles/9bf19497cd997e48b4467f5708e3e0c39af8d661
0444創る名無しに見る名無し
垢版 |
2023/07/10(月) 21:59:16.96ID:53D1Q1QF
     「もう誰もが見放した」
アイヌちゃんは熊チームというボーキ
ューチームを持っています、元々はト
ウキョウの間で兎チームのボードを使
ってゲームをしていましたが。
ホッカイの間に移ってからアイヌちゃ
んのチームになりました、アイヌちゃ
んはこのチームをとても大事にしてい
ましたが。
熊チームのボードを持っていた人はと
ても意地悪でしかも欲の深い人でした、
それでアイヌちゃんに色々と要求した
りです。

自分だけが得をしてアイヌちゃんが損
をする様なことばかりしていました、
アイヌちゃんが何とかして欲しいと言
っても聞く耳を持ちませんでした。
「それじゃあ自分でボード持ったら?」
「えっ、何その言葉」
「それはないだろ」
ニホンちゃんもウヨ君もその人の言葉
に思わず眉を顰めさせてしまいました。
「アイヌちゃんがボード使ってこそな
のに」
「それはないだろ」
「そこまで言うなら」
アイヌちゃんも遂に怒りました。
0445創る名無しに見る名無し
垢版 |
2023/07/10(月) 22:00:00.43ID:53D1Q1QF
そうしてお小遣いを使って自分でボー
ドを作りました、そのうえでカントク
カードにシンジョウカードを迎え入れ
て言いました。
「今度からエスコンボードでゲームし
ていくから。もうサッポロボードは使
わないわ」
「えっ!?」
これに驚いたのはボードを持っていた
人でした、アイヌちゃんの動きは予想
していませんでした。

それで驚いてです、アイヌちゃんに必
死になって言いました。
「いや、うちで使ってもらわないと」
「もうボード作ったから。これ以上嫌
な思いしてボーキューしたくないの」
「そんな・・・・・・」
その人はアイヌちゃんの言葉に愕然と
なりました、そして実際にです。
アイヌちゃんは熊チームをエスコンボ
ードに移しました、そのうえで皆で楽
しくボーキューをする様になりました。
すると。
0446創る名無しに見る名無し
垢版 |
2023/07/10(月) 22:05:44.18ID:53D1Q1QF
熊チームはシンジョウカードの面白い
采配と若いカードがどんどん出て来て
強くなってきています、エスコンボー
ドも話題になっています。
「いいボードよね」
「そうだね」
ニホンちゃんとウヨ君も気に入りまし
た、そうしてです。
日之本家の人達はそのボードで楽しく
ボーキューをする様になりました、ホ
ッカイの間の人達からも人気です。

ですがそれとは見事なまでに正反対に
です。
サッポロボードは誰も顔さえ向けるこ
とはなくなりました、このボードを持
っている人はいよいよ焦りました。
「いいボードだよ、色々よくしていっ
ているし皆使ってくれないかな」
「遠慮します」」
「頼まれてもお断りです」
ニホンちゃんとウヨ君がお家の皆を代
表してその人に対して冷たい声で言う
のでした。
0447創る名無しに見る名無し
垢版 |
2023/07/10(月) 22:06:26.92ID:53D1Q1QF
「アイヌにしたことを思いますと」
「正直言って委員会の人達と同じだけ
信用出来ないです」
「何があっても使いませんから」
「そういうことで」
「そんな、このボード持っているだけ
でお金がかかるのに」
見ればボードからどんどん人が去って
いっています、そして。
ボードは最早その人にとって完全にお
荷物になりました、この人もこうなっ
てはお手上げでした。

「どうすればいいんだ」
「そんなこと知らないですから」
「勝手にして下さい」
また冷たく言うニホンちゃんとウヨ君
でした、そして。
「パリーグ面白いわね」
「熊チームもエスコンドームもね」
その人からもボードからも目を離して
アイヌちゃんの方に行きました、後に
は誰も顧みなくなったサッポロボード
を呆然として持っているだけの人がい
るだけでした。
0448創る名無しに見る名無し
垢版 |
2023/07/10(月) 22:07:06.62ID:53D1Q1QF
北海道日本ハムファイターズが新球場に移転した後の札幌ドーム。
 減収対策として導入された、客席を暗幕で仕切り中規模イベントに対応す
る「新モード」の利用が1件も決まっていません。
今後の行方はどうなるのでしょうか。
札幌市豊平区に札幌ドームが開業したのは2001年。2002年のサッカー日韓ワ
ールドカップの開催を見越して建設されました。
 その後、2004年にはファイターズが本拠地を東京から移転。2度の日本一
に輝くなど、北海道民に夢を与えてくれました。しかし…。
ttps://news.yahoo.co.jp/articles/11e162b75ba00de0fcdae5dba20a6e54564af8d5
0449創る名無しに見る名無し
垢版 |
2023/07/12(水) 19:44:53.22ID:IH0CY5uj
     「ぬいぐるみも奇麗に」
日之本家のナラの間は神棚や仏像がか
なりあります、そしてマスコットの様
に鹿のぬいぐるみも一杯あります。
「あの気持ち悪いゆるキャラもいるわ
ね」
「完全にナラの間に居ついたわね」
「そのゆるキャラのことは気にしない
でね」
ニホンちゃんはナラの間に来ているベ
トナちゃんとインドネシアちゃんに答
えました、見ればどうにもというお顔
になっています。

「わたしもあまり見ない様にしている
から」
「そうよね、気持ちはわかるわ」
「よくこんな気持ち悪いの置いてるわ
ね」
「その頃のお部屋の管理人さんがどう
してもって言ってしかも変に悪ノリし
た人も出て来て」
「それでなのね」
「定着しちゃったのね」
「そうなの。そのキャラよりもね」
ニホンちゃんは二人に言いました。
0450創る名無しに見る名無し
垢版 |
2023/07/12(水) 19:45:39.20ID:IH0CY5uj
「元々のマスコット見てね」
「ナラの間のマスコットと言えば」
「やっぱりこれよね」
二人で鹿のぬいぐるみを出して二人で
お話します。
「鹿のぬいぐるみ」
「これで決まりね」
「うん、本当にあのゆるキャラは何と
かしたいけれど」
兎に角こう思うしかないニホンちゃん
です、そのうえで二人に対してさらに
言うのでした。

「そのマスコットはね」
「これまでもこれからも」
「ナラの間にあるわね」
「ヤマトの間の頃からあったし」
日之本家が大改築をして今の様なお家
になる前の頃のことです。
「大事にしないとね」
「そうね。ただ」
ここでベトナちゃんはぬいぐるみを見
てあることに気付きました。
「奇麗になってるわね」
「そうね」
インドネシアちゃんも言われて気付き
ました。
0451創る名無しに見る名無し
垢版 |
2023/07/12(水) 19:46:44.18ID:IH0CY5uj
「前と比べて」
「お洗濯したの」
ニホンちゃんは二人に答えました。
「だってずっとそのままだとね」
「ぬいぐるみも汚れるから」
「それでなのね」
「時々でもね」
それでもというのです。
「お洗濯してるの」
「そこはニホンちゃんね」
「本当にね」
「お部屋もお掃除して」
そうしてというのです。

「ぬいぐるみもね」
「お洗濯して奇麗にする」
「時々でも」
「そうしてるの」
こう二人にお話するのでした、そうし
てでした。
三人で鹿のぬいぐるみを囲んでスマー
トフォンで写真も撮ります、ですがそ
の写真を学校で見せてもらってです。
三人と同じくアジアンガールズである
ブルネイちゃんはこんなことを言いま
した。
0452創る名無しに見る名無し
垢版 |
2023/07/12(水) 19:47:33.74ID:IH0CY5uj
「ここであのゆるキャラを囲んではな
らないのね」
「だって若し写真に撮ったら」
ニホンちゃんはブルネイちゃんにもど
うにもというお顔で答えました。
「何か呪われそうだし」
「そうね」
ブルネイちゃんも否定しませんでした。
「あのゆるキャラはね」
「普通に物凄く禍々しいもの放ってるか
ら」
「ハイチが見ても言いそうね」
あのゆるキャラには何かあるとです。

「このゆるキャラは呪われてるって」
「お家でも凄く評判悪いし」
可愛いとか言う人はほぼいないという位
です。
「だからわたしも皆もね」
「あのゆるキャラでは撮らないのね」
「ブルネイちゃんもでしょ」
「ええ、あんな気持ち悪いのは勘弁して
欲しいわ」
「そうでしょ。あのゆるキャラは気にし
ないで」
ブルネイちゃんにもこう言うのでした、
ナラの間のマスコットはあくまで鹿のぬ
いぐるみなのでした。
0453創る名無しに見る名無し
垢版 |
2023/07/12(水) 19:48:56.43ID:IH0CY5uj
奈良公園(奈良市)の鹿に大量のマダニがついているという投稿が話題です。
えねる(@enelusan)さんが奈良公園を訪れたところ、愛らしい鹿たちがすり寄
ってきました。
しかし毛並みの赤い点々をよく見てみると、マダニががっつり食い付いていま
した。
「冗談抜きで想像の100倍はマダニくっ付けてる」「鹿を触ることは、マダニを
触ると同義」と注意喚起したツイートは「怖い」
「知らなかった」と衝撃を与えました。
ttps://www.daily.co.jp/society/life/2023/06/28/0016523565.shtml
0454創る名無しに見る名無し
垢版 |
2023/07/14(金) 21:59:24.10ID:EPCrV6hX
    「白いご飯ばかりだと」
ジエイタイ三兄弟の人達はいつもお身
体それに頭を動かしているだけあって
かなり食べます、三食しっかり食べて
そのうえで日之本家の為に頑張ってい
ます。
そのお食事はいつも健康バランスをよ
く考えたものですが。
クウジさんは三人で食べている時にこ
んなことを言いました。
「白いご飯だけだとね」
「それだよ」
リクジさんがまさにと答えます、三人
の中で一番体格がいいです。

「よくないんだよな」
「栄養バランス悪いよね」
「白いご飯ばかり食ってるとな」
「そうなんだよね」
「このことは気を付けないといけない
よ」
カイジさんも言います。
「ちゃんとおかずを食べないとね」
「栄養バランス悪くなるからな、それ
に」
リクジさんは嫌そうなお顔で言いまし
た。
0455創る名無しに見る名無し
垢版 |
2023/07/14(金) 22:00:12.76ID:EPCrV6hX
「リクグンさんのこともあるからな」
「カイグンさんとも関係がありました
ね」
カイジさんが応えました。
「あの時は麦飯を食べました」
「おかずも積極的な」
「そうして充分動ける様になりました」
「あの時うちのお医者さんのモリさん
が白いご飯でいいって言ってな」
こればかり食べても問題ないと言い切
ったのです、ゲルマッハ家でお勉強し
てきてものを書く方でも評判でした。

「それでだったな」
「リクグンさんはニッシン喧嘩でもニ
チロ喧嘩でも白いご飯ばかり食べて」
ヤマガタさんやカツラさんがよくない
んじゃないかと言ってもモリさんがい
いと押し通したのです。
「充分に動けませんでしたね」
「そうしたことがあったからな」
「だからね」
クウジさんもこのことを知っていてそ
れで言うのでした、兎角モリさんは今
では評判が悪いです。
0456創る名無しに見る名無し
垢版 |
2023/07/14(金) 22:01:44.38ID:EPCrV6hX
「栄養バランスをしっかりと考えてそ
のうえで」
「たっぷり食わないとな」
「そうしないとね」
「俺達も満足に動けないからな」
「健康でなくなってね」
「まああれだ、白いご飯ばかり食うとよ
くないってことだ」
リクジさんは言い切りました、兎角この
ことに尽きます。
そしてリクジさんは今三人で食べている
カレーライスを食べて言うのでした。

「このカレーだってな」
「僕達三人共好きですね」
「お家の人達皆もね」
カイジさんとクウジさんも言います。
「沢山食べられてお肉やお野菜も入って
いて」
「元々健康も考えて作られたお料理です
しね」
「体格をよくする為にもな。白いご飯は
主食で確かに美味いさ」
このことは否定しないリクジさんです、
そしてカイジさんとクウジさんもこのこ
とは同じです。
0457創る名無しに見る名無し
垢版 |
2023/07/14(金) 22:02:22.00ID:EPCrV6hX
「けれどそればかり食わない」
「健康の為にも」
「何でもバランスよく食べないとね」
「さもないと身体を壊す、モリさんのこ
とはいい教訓だよ」
今となってはです。
「あの人のことも忘れないでな」
「しっかりとです」
「バランスよく食べていきましょう」
「そうしていこうな」
三人でこんなお話をします、そうしてな
のでした。

三人のお話を聞いたニホンちゃんはウヨ
君に言いました。
「モリさんって実はね」
「うん、舞姫のこともあるし」
「お子さん達のお名前のこともあるし」
「正直言って人間としてはね」
「ものを書くことはよかったけれど」
「最低と言ってよかったよ」
こうお話するのでした、モリさんのこと
を褒める人はもうお家の中でかなり減っ
たみたいです、一体どういった人だった
のか知れ渡って。
0458創る名無しに見る名無し
垢版 |
2023/07/14(金) 22:02:49.72ID:EPCrV6hX
「和食は健康的」は勘違いだった…アルツハイマー病と糖尿病を引き寄せてし
まう"和定食"の魔力
何よりいけないのがご飯です。炊きたての白米は本当に美味しいですが、イン
スリン抵抗性を起こす大きな原因となります。つまり、ご飯の多食は、アルツ
ハイマー病も糖尿病も引き寄せてしまうのです。
和食は総じて炭水化物(糖質)が多く、おすすめできません。
カロリー制限が必要だと主張する人たちの理論に従えば、肉や油を摂取するよ
り白米のほうが安全ということになります。しかし、実際には、血糖値を上げ
るのは肉でも油でもなく、白米だけです。
ttps://news.yahoo.co.jp/articles/b055f55e037caec87e8607aa25007211070cc1bf
0459創る名無しに見る名無し
垢版 |
2023/07/16(日) 20:56:01.01ID:6P8aFXa/
      「暑いお家がさらに」
夏になりました。当然暑いです。
「うちに暑いわ」
「いや、真冬ちゃん基準では暑いけれ
ど」
ニホンちゃんは真冬ちゃんにすぐに突
っ込みを入れました。
「他のお家の人からしてみたら」
「涼しい?」
「夏はね」
ちなみに他の季節では寒いです、寒さ
には定評のある真冬家です。その名前
は伊達ではありません。

「そうだと思うわ」
「じゃあ涼みに来てね。おもてなしす
るわ」
「そうしていい?」
ニホンちゃんがこう言った瞬間にでし
た。
ベトナちゃんにラオス君、タイラン君
といった東南アジア丁の子達が出て来
てそのうえでニホンちゃんと一緒に言
いました。真冬ちゃんはベトナちゃん
達を見て答えました。
「いいわよ」
「助かるわ。実はね」
ベトナちゃんが言いました。
0460創る名無しに見る名無し
垢版 |
2023/07/16(日) 20:56:52.37ID:6P8aFXa/
「私達のお家最近凄く暑くて」
「東南アジア丁は確かに暑いけれど」
「最近時になんだよね」
ラオス君とタイラン君も言ってきまし
た。
「暑さには慣れていても」
「ちょっとたまには涼みに行きたくな
る位なんだ」
「そんなに暑いの?だったらね」
真冬ちゃんは三人のお話を聞いて興味
を持ちました、それでこう言ったので
した。

「うちに来る前にベトナちゃんのお家
行かせて。どんなに暑いのか」
「溶けても知らないわよ」
「真冬だとそうなるんじゃないかな」
「寒いお家の子には耐えられないよ」
三人共真冬ちゃんの言葉に難色を示し
ました、そして三人とお付き合いの深
いニホンちゃんも言いました。
「ちょっとね、ベトナちゃん達が暑い
っていう位だから」
「私のお家いつも寒いからかえって暑
いのがいいのよ」
ですがこう返す真冬ちゃんでした。
0461創る名無しに見る名無し
垢版 |
2023/07/16(日) 20:57:43.94ID:6P8aFXa/
「だからね」
「どうしても行くの?止めた方がいい
と思うけれど」
「いいからいいから」
笑って言うばかりの真冬ちゃんでした、
そうしてです。
早速東南アジア丁に行ってみまいた、
するとです。
真冬ちゃんは瞬時に溶けてそうなって
しまったかき氷やアイスクリームみた
いになってしまいました、そのうえで
言いました。

「サウナみたいね」
「私達が言った通りね」
「暑いよね、今の東南アジア丁」
「こんな風なんだよ」
「ええ、この暑さは私には長い時間は
無理よ」 
真冬ちゃんはベトナちゃん達に溶けた
状態のまま答えました、もう頭まで溶
けていてお顔だけがわかります。
「よくわかったわ」
「それじゃあね」
ニホンちゃんがその真冬ちゃんに言い
ました。
0462創る名無しに見る名無し
垢版 |
2023/07/16(日) 21:00:41.43ID:6P8aFXa/
「あらためてね」
「うちに来てね」
「お邪魔させてもらうわ」
ニホンちゃんが四人を代表して応えて
でした。
今度は真冬家に来ました、すると。
東南アジア丁では溶けていた真冬ちゃ
んが元に戻っています、そのうえでニ
ホンちゃん達に尋ねました。
「涼しい?」
「かなりね」
ニホンちゃんはにこりと笑って答えま
した。

「快適よ」
「そう。じゃあまた来てね」
「そうさせてもらうわ」
「夏の暑さは慣れていても」
「限度があるよ」
「あくまである程度でないとね」
ベトナちゃん達も言います、そうして
でした。
皆真冬家のクーラーさえいらない涼し
さに癒されました、そして幾ら暑さに
慣れていてもそれが過ぎると駄目だと
いうことを認識したのでした。
0463創る名無しに見る名無し
垢版 |
2023/07/16(日) 21:01:36.42ID:6P8aFXa/
香港(CNN) 東南アジアの国々が先週末にかけ、軒並み最高気温の記録を更
新した。
同地域では数週間にわたる熱波が多くの人々を苦しめている。
ベトナムやラオス、タイの首都バンコクでは過去最高の気温を観測。高温がスモ
ッグの季節と重なり、汚染レベルが跳ね上がる結果ともなっている。
《中略》
ベトナムでは6日、北部のトゥオンズオン県の気温が44.2度に達した。気候
史家のマクシミリアーノ・エレラ氏によれば、これは同国観測史上の最高気温に
なる。
隣国ラオスのルアンパバーンでは6日に43.5度を記録。エレラ氏によれば、
先月に記録したばかりの過去最高気温42.7度を上回ったという。
首都ビエンチャンも、この週末は史上最高気温となる42.5度に達した。
タイの首都バンコクでも、6日は観測史上最高の41度を記録した。
同市を含むタイの大部分では3月下旬以降、30度台後半から40度台前半の気
温に見舞われている。
《中略》
昨年の研究が断定したところによれば、39.4度以上の危険な熱波が起きる頻
度は世紀の変わり目までに3〜10倍に増えるとみられている。
ttps://www.cnn.co.jp/fringe/35203489.html
0464創る名無しに見る名無し
垢版 |
2023/07/18(火) 22:29:16.41ID:1BD8KFzq
     「またあの先生が」
ソ先生はカンコ家の人達の多くの人が
辟易する位凄い人です、しかもいい意
味で凄くありません。
日之本家のカイジさんの旗というかそ
れに似た放射線を見ると条件反射とい
いますか発作的に喚きます、それをい
つもしています。
そんな人なのでカンコ君ですら辟易し
ています、そんなカンコ君がです。
ウヨ君がお家に来た時に物凄く不機嫌
そうに言いました。
「お前だけニダか」
「チョゴリに呼ばれたんだ」
ウヨ君はそのカンコ君に答えました。

「サーフィンを教えて欲しいとな」
「だからニホンは呼ばれていないか」
「そうだ、それで今からお前のお家の
プールを借りてな」
「チョゴリにサーフィンを教えるニダ
か」
「他に上手な人が大勢いると思うがど
うしても俺だと言われてな」
チョゴリちゃんにというのです。
「それでだ」
「仕方ないニダな、二人共サーフィン
ウェアでチョゴリに指一本触れないの
ならいいニダ」
それならと言うカンコ君でした。
0465創る名無しに見る名無し
垢版 |
2023/07/18(火) 22:30:20.83ID:1BD8KFzq
     「またあの先生が」
ソ先生はカンコ家の人達の多くの人が
辟易する位凄い人です、しかもいい意
味で凄くありません。
日之本家のカイジさんの旗というかそ
れに似た放射線を見ると条件反射とい
いますか発作的に喚きます、それをい
つもしています。
そんな人なのでカンコ君ですら辟易し
ています、そんなカンコ君がです。
ウヨ君がお家に来た時に物凄く不機嫌
そうに言いました。
「お前だけニダか」
「チョゴリに呼ばれたんだ」
ウヨ君はそのカンコ君に答えました。

「サーフィンを教えて欲しいとな」
「だからニホンは呼ばれていないか」
「そうだ、それで今からお前のお家の
プールを借りてな」
「チョゴリにサーフィンを教えるニダ
か」
「他に上手な人が大勢いると思うがど
うしても俺だと言われてな」
チョゴリちゃんにというのです。
「それでだ」
「仕方ないニダな、二人共サーフィン
ウェアでチョゴリに指一本触れないの
ならいいニダ」
それならと言うカンコ君でした。
0466創る名無しに見る名無し
垢版 |
2023/07/18(火) 22:33:00.94ID:1BD8KFzq
「間違ってもチョゴリの水着姿を見た
り触ってはいけないニダ」
「そんなことはしないが何故そこまで
ムキになっている」
ウヨ君はそんなカンコ君に尋ねました。
「訳がわからないぞ」
「というか兄さん邪魔ニダ」
チョゴリちゃんがお兄さんにムッとし
たお顔で言ってきました、お兄さんに
言われる前にサーフィンウェアを着て
います。
「早くどっかに行くニダ」
「いや、ここにいるニダ」
腕を組んでふんぞり返って言うカンコ
君でした。

「ウヨが変なことしないか見ておくニ
ダ、可愛い妹に何かあったら駄目ニダ」
「俺はそんなことはしない、そもそも
チョゴリは友達だ、友達に悪いことを
するものか」
「・・・・・・・・・」
ウヨ君の何もわかっていない発言にカ
ンコ君もチョゴリちゃんもまずは黙っ
てしまいました、そしてカンコ君がこ
れまでとは変わった調子でウヨ君に言
ってきました。
「・・・・・・ウヨ、お前は何時かわ
からせてやるニダ」
「?何をだ」
ウヨ君は全くわかっていないお顔で聞
き返しました。
0467創る名無しに見る名無し
垢版 |
2023/07/18(火) 22:33:59.79ID:1BD8KFzq
「一体」
「お前とニホン以外の誰もがわかって
いることニダ、兎に角ウリはここで監
督をしてやるニダ」
「それなら見ていろ」
「全く、仕方ないニダな」
ウヨ君は別にいい、チョゴリちゃんは
仕方ないという態度でそれぞれカンコ
君に応えました、そうしてです。
ウヨ君はサーフボードを出しましたが
カンコ君はそのボードを見てふーーん、
というお顔で言いました。

「あの旗の模様ニダか」
「チョゴリも抵抗がないしお前も特に
と聞いたからな」
「こんなもので一々言うのは石仮面を
被った吸血鬼か鬼位ニダ」
こう返すカンコ君でした。
「第七部のアニメと柱の修行編も楽し
みニダな、そもそも主人公のピアスを
見るニダ」
「そうだな、でははじめるか」
ウヨ君はそのボードをプールの水面の
上に置きました、すると。
0468創る名無しに見る名無し
垢版 |
2023/07/18(火) 22:35:05.03ID:1BD8KFzq
そのソ先生が急にやってきて騒ぎだし
ました。
「そのボードは何だ!あの旗か!」
「うわ、出て来たニダ」
「急にニダな」
カンコ君もチョゴリちゃんもソ先生を
見て思わずうわ、となりました。
「全く以て迷惑ニダ」
「というかこの人なじぇこの旗のお話
になると何処からでも出て来るニダ」
「使うな!日之本家は何を教えている
のだ!」
ソ先生だけが喚きます、ですが。

今日のプールの監視員はコユンちゃん
だったのでソ先生を確保して連れて行
ってしまいました。
「ええい離せ!」
「静かにして下さい」
暴れるソ先生を簀巻きにして転がして
プールの外に出します、かくして平和
は守られましたが。
「チョゴリに指一本も触れるなニダ」
「だから触れないと言っているだろう」
「兄さんは兄さんで鬱陶しいニダ」
カンコ君は残りました、その彼に辟易
するウヨ君とチョゴリちゃんでした。
0469創る名無しに見る名無し
垢版 |
2023/07/18(火) 22:35:44.31ID:1BD8KFzq
【07月01日 KOREA WAVE】韓国の人工サーフィン場で最近、日本の少年が旭日
旗の描かれたサーフボードに乗り、韓国側から抗議を受けるという出来事が
あった。これを誠信(ソンシン)女子大学のソ・ギョンドク教授が自身のフェ
イスブックに掲載し、広く拡散させた。ただ、韓国の一部では「韓国を訪れた
幼い観光客に対する過度な反応」という批判も出ている。その代表が観光業界だ。
問題は、日本人観光客(11歳)が6月15〜18日に京畿道(キョンギド)始興市
(シフンシ)の人工サーフィン場「ウェーブパーク」を訪れた時に起きた。旭
日旗模様のサーフボードを持参したところ、多数のサーファーから抗議を受け、
ウェーブパーク側から警告を受けた。翌日はボードに黒いマジックで旭日旗の
模様を一部隠して使おうとしたが、それも認められず、ウェーブパーク側はボ
ードを保管する措置を取り、18日の退場の際、返却したという。
ソ・ギョンドク教授はこれをネット上で拡散させながら「日本で旭日旗に関す
るまともな教育がなされていないという事実が改めて立証された」「即刻の抗
議と対応は非常に良い先例として残るだろう」「とても意味ある対処」と主張
した。
◇「観光業界にとって望ましくない」
一方、外国人観光客の誘致に力を入れている観光業界からは懸念の声が聞こえ
ている。今年に入って毎月50万人余りの韓国人観光客が日本を旅行し、日本か
らの訪韓観光客も増加している。訪韓観光客数で現在1位の日本人観光客を相
手に「旭日旗」問題などが繰り返されるのは両国の観光交流には全く役立たな
いと指摘されている。
ある自治体の観光関係者は「ムン・ジェイン(文在寅)前政権の時、反日不買
運動で両国関係が凍りつき、着実に増えていた両国の地方航空路線も停止し、
事実上観光客が途絶えた。その状態で新型コロナが発生し、観光業界は大きな
打撃を受けた。日本市場は最も大きな市場であり、訪韓観光客が増えている状
況なのに、子どもを相手にこんな問題が起きたことについては心配せざるを得
ない」と打ち明けた。
ある大学教授も「『旭日旗は戦犯旗だから使ってはならない』という主張は、
ソ・ギョンドク教授ら一部の無理な主張に過ぎない。それ以前は国内でも大き
く問題視したことはなく、国際社会で認められた主張でもない。太平洋戦争で
日本軍と戦って数十万人の死傷者を出した米軍も、日本駐留部隊で旭日旗を模
した部隊マークを使っており、旭日旗に対する反感が全くない」と説明している。
ある旅行会社トップも「旭日旗に書かれた昇る太陽は、日本文化で豊かさの象
徴などとしてよく使われているが、そのような模様を見るたびに韓国人が『そ
の服を脱げ』『その品を捨てろ』とは言えない。旭日旗論議が続くのは観光業
界にとって望ましくない」と懸念を示した。
ttps://www.afpbb.com/articles/-/3470629
0470創る名無しに見る名無し
垢版 |
2023/07/20(木) 23:58:35.98ID:ZHnEEX2d
   「自分で造らないのか」
オージー家は広いです、その広いお家
の中に鉄道模型を走らせていますが。
キャンベラちゃんも造っています、で
すがオージー君はそのキャンベラちゃ
んにこんなことを言いました。
「ワスは少し面倒臭くなった部分があ
るダス」
「鉄道模型で、でダスか
「そうダス、だからだす」
結構いい加減なところのあるオージー
君らしいといえばらしいということを
言うのでした。

「今度助っ人を頼むことにしたダス」
「助っ人?誰ダスか」
「今度それを選ぶダス」
こう言ってでした。
オージー君はクラスでこのことをお話
してそうして皆から助っ人を探しまし
ら、ですが。
数多くのクラスメイトから見事その座
を勝ち取ったのは。
「宜しく頼むダス」
「ケンチャナヨニダ」
カンコ君でした、この決定にオージー
君の無二の親友のニュージー君は唖然
となりました。
0471創る名無しに見る名無し
垢版 |
2023/07/20(木) 23:59:26.72ID:ZHnEEX2d
「こらあかんわ」
「絶対に大変なことになるわよ」
オージー君のご近所のパプワちゃんも
唖然となっています。
「これは」
「そやな」
「何でか知らないけれどオージーは大
丈夫だと思ってるけれど」
「こいつ時々いい加減なところがさら
にいい加減になるからな」
おおらかどころかです。
「そやからな」
「今回こうなったのね」
パプワちゃんも納得しました。

「これまでカンコが造るってなるとト
ラブルの元だったけれど」
「今度はこいつやな」
「というか止めないの?」
「止めてもこうした時のこいつって大
丈夫で終わらせるさかいな」
忠告が耳に入らないのです。
「そやからな」
「このままなのね」
「いくしかないわ」
こう言うのでした、かくしてカノコ君
はです。
0472創る名無しに見る名無し
垢版 |
2023/07/21(金) 00:00:20.99ID:nqu9o9Xj
オージー君のお家で彼の鉄道模型のお
手伝いをすることになりました、です
が。
そのカンコ君をお家で見てです、キャ
ンベラちゃんもドン引きしました。
「カ、カンコさんダスか」
「そうダス、これから二人でやってい
くダスよ」
「これは魔法戦争かバビロンみたいな
ことになるニダか」
二十クールに一作あるかどうかのあれ
な作品達を思い出すキャンベラちゃん
でした。

「怖ろしいニダ」
「いや、どっちも観終わったらどんな
温厚な人も切れるレベルの作品ダス」
オージー君が見てもです。
「そんなのと一緒にするなダス」
「ではこう言うダス、どうなってもワ
スは知らないダスよ」
「大丈夫ダスよ」
ニュージー君が言った通りの言葉を明
るく出すオージー君でした、そうして
二人で鉄道模型を線路や駅まで造って
いきますが。
キャンベラちゃんは不安で仕方がなく
てです。
0473創る名無しに見る名無し
垢版 |
2023/07/21(金) 00:01:41.46ID:nqu9o9Xj
こっそりとニュージー君とパプワちゃ
んに言いました。
「物凄く不安ダス」
「後で何が起こるかな」
「そうよね」
「鉄道模型で何かあっても大変なこと
になるダスよ」
他のことと同じくです。
「だから不安ダス」
「そうやな」
「私達も心配なのよ」
二人も不安と心配を隠さずキャンベラ
ちゃんに答えます。

「どうなるか」
「あいつのとこの鉄道模型がね」
「兄さんは時々ズボラ過ぎるニダ」
妹さんから見てもです。
「それが最悪の結果にならないといい
ダスが」
「ああ、ほんまな」
「こうなったら神様に祈るしかないけ
れどね」
「本当にお願いしたいダス、何も起こ
らないか起こっても些細なことで終わ
って欲しいダス」
こう言うばかりのキャンベラちゃんで
した、本当に心から願って。
0474創る名無しに見る名無し
垢版 |
2023/07/21(金) 00:02:29.00ID:nqu9o9Xj
韓国の現代ロテムがオーストラリアから1兆2000億ウォン(約1310億
円)規模の電車供給事業を受注した。現代ロテムは30日、オーストラリア・
クイーンズランド州政府が発注した「オーストラリアQTMP電車供給事業」で
現地の鉄道企業ダウナーとコンソーシアムを組んで電車製作企業に選定された
と公示した。事業総額は1兆2164億ウォンで、期間は2031年12月まで。
QTMPは、クイーンズランド州政府が今後10年間、ブリスベン市を中心に
増加する鉄道運送需要に対応し、地域製造業を活性化するために進める大型プロ
ジェクト。現地で電車を製作できるようクイーンズランド南東部に工場を設立す
る計画も含まれた。今回の事業の主体は現代ロテムとダウナーの合弁会社で、現
代ロテムとダウナーの出資比率はそれぞれ85.6%と14.4%。現代ロテム
は今回の事業で車両の設計と資材の購買、現地生産のための技術移転と品質、瑕
疵補修まで電車の納品に必要な全般的な業務を引き受けることになる。
納品される車両は2026年末から東南部クイーンズランド鉄道路線にも編成
され、ブリスベン市広域圏で出退勤する現地会社員の通勤に寄与するとみられる。
最終編成まですべて引き渡した直後の2032年にはブリスベン夏季オリンピッ
ク・パラリンピックで観光客の移動便宜を提供する見通しだ。
一方、現代ロテムは2016年にニューサウスウェールズ州政府が発注したシド
ニー2階建て電車供給事業を受注し、オーストラリア市場に進出した。2019
年と2021年には同じ電車を追加で供給する契約を結んだ。
ttps://japanese.joins.com/JArticle/306063
0475創る名無しに見る名無し
垢版 |
2023/07/22(土) 21:37:48.76ID:3kJ89Y4q
    「やってやる」
プーチンさんがロシアノビッチ家のガ
ードマンさん達を引き連れてウクライ
ナちゃんのお部屋で暴れる様になって
もう結構な時間が経っています。
最初はプーチンさんが勝ってすぐに終
わると思われていましたが。
ウクライナちゃんの頑張りとプーチン
さん達の失策によってです。
喧嘩は長期化してそのうえで何とウク
ライナちゃんの方がです。
優勢になってきました、それでウクラ
イナちゃんのお部屋の管理人さんであ
るセレンスキーさんが言いました。

「ガードマンは全部追い返してお部屋
を全部取り戻したうえで喧嘩を終わら
せるぞ!」
「それは大胆だな」
ウヨ君はそのお話を聞いて驚きました。
「お部屋を全部か」
「けれどそうしないとね」
ウクライナちゃんはウヨ君に必死のお
顔で言いました。
「私達としてはね」
「どうにもならないな」
「だってね」
それはどうしてかといいますと。
0476創る名無しに見る名無し
垢版 |
2023/07/22(土) 21:38:47.53ID:3kJ89Y4q
「これまで強引によ」
「プーチンさん達が割って入って来た
な」
「お部屋にね、そうしてきたから」
「ここでだな」
「お部屋をね」
何があってもという言葉でした。
「取り返さないとよ」
「お前もお部屋の人達も駄目だな」
「勿論セレンスキーさんもね」
「だからか、しかしな」
これまで特に最初の頃の見立てを思い
出して言うウヨ君でした。

「まさかここまでなるとはな」
「思わなかったのね」
「プーチンさんがあんな暴挙に出ると
も思わなかったがな」
それでもというのです。
「喧嘩の流れもな」
「こうなるともなのね」
「思わなかった、俺として頑張って欲
しい」
ウヨ君はウクライナちゃんに切実な声
で言いました。完全にウクライナちゃ
んの味方のお顔で。
0477創る名無しに見る名無し
垢版 |
2023/07/22(土) 21:40:01.54ID:3kJ89Y4q
「そしてだ」
「お部屋を全部取り返して」
「そのうえで喧嘩を終わらせて欲しい。
今街は大変なことになっているしな」
その喧嘩のせいで、です。
「尚更だ」
「それじゃあね」
「ただな」
こうも言うウヨ君でした。
「気をつけることがある」
「花火ね」
ウクライナちゃんも真剣なお顔で頷きま
した。

「プーチンさんが持ってる」
「ベラルーシの部屋にも置いたな」
「あの娘のお部屋の管理人さんプーチン
さんと仲いいから」
「それでだな」
「花火置いたのよ」
「花火は危険過ぎる」
ウヨ君は心から言いました。
「だからだ」
「あれには注意ね」
「何としてもな」
それこそとです、ウヨ君はさらに言いま
した。
0478創る名無しに見る名無し
垢版 |
2023/07/22(土) 21:41:05.31ID:3kJ89Y4q
「使わせないことだ」
「まずはね」
「そうだ、そのことはな」
くれぐれもというのです。
「注意してくれ」
「最初から使わせないことね」
「どんな状況でもな。だが」
それでもとです、ウヨ君は心の中にある
不安も言わずにはいられませんでした。
「あの人がこれまで以上におかしくなっ
てな」
「それでよね」
ウクライナちゃんも頷きます。

「使ったら」
「そうなるとな」
「ちょっとね」
「取り返しのつかないことになる」
「それが本当に心配ね」
「全くだな、そうしたことにならないと
いいが」
「勝ってもね」
そうなっては恐ろしいことになる、この
ことについてはです。
ウクライナちゃんもウヨ君もそして町の
他の皆もでした。
心配で仕方ありません、そんなウクライ
ナちゃんを巡る情勢です。
0479創る名無しに見る名無し
垢版 |
2023/07/22(土) 21:41:52.00ID:3kJ89Y4q
読売新聞オンライン
米紙ワシントン・ポストは6月30日、ウクライナが大規模な反転攻勢でロシ
ア軍から南・東部の広範囲にわたる領土を今秋までに奪還した上で、プーチン
露政権との停戦交渉を年内に始める計画を立てたと報じた。ウクライナのウォ
ロディミル・ゼレンスキー大統領はこれまでプーチン政権との交渉を拒否する
姿勢を強調しており、大きな方針転換となる。
同紙は複数の当局者の話として伝えた。同紙によると、米中央情報局(CIA)
のウィリアム・バーンズ長官が6月にウクライナを極秘訪問した際、ゼレンス
キー氏や情報機関トップらとの会談で計画について説明を受けたという。
 計画では、ウクライナ軍はロシアが2014年に一方的に併合した南部クリ
ミアを砲撃の射程圏内に収めるところまで領土を奪還する。東部ドネツク州の
要衝バフムト方面でも地上部隊を前進させて圧力をかけ、その上で停戦交渉に
入ろうとしている。
 ウクライナはクリミアの孤立化を実現し、有利な立場で交渉に臨みたい考え
だ。クリミアからの露軍撤退に持ち込む狙いとみられる。露軍の抵抗で反攻の
進展が想定より遅れているとゼレンスキー氏は認めており、計画通りに反攻が
成功するかが焦点となる。
 ゼレンスキー氏は30日、スペイン主要メディアのインタビューで、7月
11日に始まる北大西洋条約機構(NATO)首脳会議までに「(反攻の)成
果を出す必要がある」と述べ、武器を供与する米欧の支持を得ようと意識して
いることを示唆した。ttps://news.yahoo.co.jp/articles/2fe3cd2c9f5301d53f4f1885360e617387105606
0480創る名無しに見る名無し
垢版 |
2023/07/24(月) 23:10:54.63ID:JLCX0sMa
      「ヌンチャク使え」
チューゴ君はこの時学校の屋上で拳法
の練習をしていました、それはかなり
のもので。
見ていたクラスの皆も思わず拍手する
程でした。
「やっぱり拳法はチューゴ君よね」
「そうだYOな」
アメリー君はニホンちゃんの言葉に頷
きました。
「気功だって使えるしな」
「わたし達もそうだけれどね」
「いや、気を使うって難しいから」
タイラン君も言います。

「チューゴは僕達の中でもかなりそれ
が上手だからね」
「凄いわよね」
「僕もそう思うYO」
「いやいや、手足や気だけではないあ
るよ」
チューゴ君は皆に落ち着いたお顔で答
えました。
「チューゴ家の拳法は」
「そうそう、うちの武芸と同じで武器
を使うものもあるのよね」
ニホンちゃんはすぐにそれはと応えま
した。
0481創る名無しに見る名無し
垢版 |
2023/07/24(月) 23:13:39.61ID:JLCX0sMa
「チューゴ君のお家の拳法は」
「そうそう、武器の扱いも拳法にとっ
ては大事だYO」
「そうなんだよね」
アメリー君とタイラン君もそれはと言
います。
「チューゴのお家の拳法は」
「その武器も色々あるしな」
「そうニダ、その中でも一番有名なも
のがニダ」
ここで真打というかお笑い担当という
かカンコ君が出てきてそのうえで言っ
てきました。

「ヌンチャクニダな」
「あっ、それね」
ニホンちゃんもそれはとなりました。
「映画でもあったしね」
「そうニダ、これニダ」
言って早速ヌンチャクを出してきたカ
ンコ君でした。
「やっぱりこれニダ」
「おい、ここでお約束はするなYO」
アメリー君はカンコ君が何かする前に
突っ込みを入れました。ヌンチャクを
出すとです。
0482創る名無しに見る名無し
垢版 |
2023/07/24(月) 23:14:30.73ID:JLCX0sMa
「振り回して頭にぶつけるとかな」
「それヌンチャク使ってたら常だから
ね」
タイラン君も言います。
「特にカンコだとね」
「お約束ニダか」
「そうよね、カンコ君がヌンチャク持
って振り回すとね」
そうすると、とです。ニホンちゃんも
言います。
「もうそうなる未来が見えているわね」
「僕もそう思うある」
チューゴ君も言います。

「カンコならヌンチャクどころか丸太
が頭にぶつかっても平気あるが痛い思
いをする前に止めるある」
「ううむ、皆お約束通りになると思っ
ているニダか」
カンコ君はヌンチャクを手にしたまま
憮然として応えます。
「ウリは不愉快ニダ、何か余計に振り
たくなってきたニダ」
「だからぶつけるから」
ニホンちゃんはこの未来を予想したま
まカンコ君に返しました。
0483創る名無しに見る名無し
垢版 |
2023/07/24(月) 23:15:15.80ID:JLCX0sMa
「だからね」
「しない方がいいニダか」
「チューゴ君の言う通りカンコ君なら
丸太が頭にぶつかっても平気だけれど」
それでもというのです。
「痛いわよ」
「ええい、そこまで言うならやってや
るニダ」
カンコ君は皆に言われてムキになって
しまいました、そうしてです。
本当に両手に振って振り回しだしまし
た、すると。

ヌンチャクはすっぽ抜けて遥か彼方に
まで飛んでいきました、これは皆も予
想していなかったので。
「ああ、斜め上ね」
「流星みたいに飛んで行ったYO」
「そういえばヌンチャクって投げられ
るしね」
「こうしたこともあるあるな」
「・・・・・・今からヌンチャクを拾
いに行くニダ」
ヌンチャクは校庭のど真ん中に落ちま
した、そこまで行って憮然として拾っ
て返って手間がかかったと言うカンコ
君でした。
0484創る名無しに見る名無し
垢版 |
2023/07/24(月) 23:16:07.96ID:JLCX0sMa
ttps://www.sankei.com/resizer/yM1FJaNtKwHZlbNX139ZykjhhmQ=/730x0/smart/filters:quality(50)/cloudfront-ap-northeast-1.images.arcpublishing.com/sankei/RKUVFGZOUVJU7JKZEKCATE75HU.jpg
カンフー映画の世界的スター、ブルース・リー(中国名・李小龍)が香港で32歳の若さで死去してから20日で50年となった。
アジア系のイメージを刷新して中国武術を世界に知らしめ、香港では「世界中の人が初めて憧れたアジア人」との評価が定着。
リーの思想や言葉への共感は今も世界で広がっている。
香港ではリーの映画を見たことがない若者も増えているが、
ファンクラブ「李小龍会」の黄耀強会長は「リーの作品や思想を次世代につなげ
たい」と語った。
中国の伝統演劇の俳優を父に持つリーは米サンフランシスコで生まれた。
香港で学校に通った後、渡米して大学で哲学を専攻し、俳優や武術家として活動。
アジア系であることが影響し米映画で主演できない挫折を味わった。
香港に戻り主演した「ドラゴン危機一発」(1971年)がヒットし、「燃えよ
ドラゴン」(73年)などが世界で大人気となった。
映画界に与えた影響は絶大で、米映画の格闘シーンに変革をもたらした。
詠春拳という中国武術を基本にリーが考案したジークンドーを学んだ人々が米ア
クション界を引っ張っている。
「考えるな、感じろ」などリーが残した言葉は今も人々を引きつける。
香港の2019年の反政府デモでは「友よ、水になれ」という言葉が、形を自在
に変えて抵抗を続けるという意味のスローガンとなった。
黄氏は「リーの映画や思想を深く理解することが人生に良い影響をもたらす」と
力説する。香港文化博物館では特別展も開かれている。
日本ではリーを知らずにジークンドーを始める若者も増加。
ジークンドー団体、IUMA日本振藩國術館の中村頼永代表は、
漫画「名探偵コナン」の登場人物がジークンドーを使うことから始める人が少な
くないと説明。
「徐々にリーの思想や映画にも興味を持ってくれれば」と期待している。 
(共同)
0485創る名無しに見る名無し
垢版 |
2023/07/26(水) 11:54:04.75ID:cuMG6G35
     「暑いからこそ」
夏です、暑いです。
それで皆参っていますがタイワンちゃ
んはそんな中でニホンちゃんのお家に
半ズボンとティーシャツ姿で言いまし
た。
「暑いわね」
「そうよね、今年は町中特に暑いわよ
ね」
「あれでしょ、エルニーニョさんが頑
張ってるからね」
今年はとです、ニホンちゃんはタイワ
ンちゃんに応えました。ニホンちゃん
は膝丈の白のワンピース姿です。

「今年はね」
「暑いのよね」
「尚更ね。いや暑いと」
困ったお顔で一緒にクーラーで涼しい
お部屋の中で麦茶とアイスを楽しみつ
つ言います。
「こうしてね」
「夏は過ごしたいわね」
「そうよね。最近クーラーも電気代が
高いし」
このことも町全体のことです。
「こうして涼しいお部屋にいるのもね」
「後ろめたいのよね」
電気代がかかっているからです。
0486創る名無しに見る名無し
垢版 |
2023/07/26(水) 11:57:12.72ID:cuMG6G35
「どうも」
「そうよね」
二人でこんなお話をしていました、で
すがここで、です。
カンコ君が二人のいるお部屋にやって
来てこんなことを言ってきました。
「こんないい季節を嫌がるとは二人共
何ということニダか」
「あれっ、ニホンちゃんバカンコ呼ん
だの?」
「呼んでないけれど」
困ったお顔で応えるニホンちゃんでし
た。

「またなのよね」
「ああまたね」
タイワンちゃんもそれで納得しました。
「そういうことね」
「そうなのよ」
「ええい、兎に角来たからには言って
おくニダ」
カンコ君もシャツと半ズボン姿で言い
ます。
「夏は生地が薄くて露出も高いから最
高ニダ」
「あんたちょっとは隠しなさいよ」
タイワンちゃんは冷たい目で返しまし
た。
0487創る名無しに見る名無し
垢版 |
2023/07/26(水) 12:00:56.74ID:cuMG6G35
「本音ダイレクトで言ってるじゃない」
「何が悪いニダか、ウリはこうした時
はいつも本音を言うニダ」
「それがネタになるから?」
「そうニダ、暑いならそうなるからと
てもいいニダ」
生地が薄くて露出が高くてです。
「今のお前とニホン特にニホンがニダ」
「何でわたし?」
それがどうしてなのかはニホンちゃん
しかわかりません、それでこんなこと
を言うのでした。

「お約束だけれど」
「ああ、まあそれは気にしないことに
してね」
今度はやや呆れ顔で言うタイワンちゃ
んでした、それで地団駄踏みそうなカ
ンコ君に言うのでした。
「あんたは露出が多いならいいのね」
「そうニダ、しかし二人共ブラはちゃ
んとしてニダ」
「ライン見てるでしょ」
「薄くて白い生地なら当然ニダ」
そうなると返すカンコ君です。
0488創る名無しに見る名無し
垢版 |
2023/07/26(水) 12:02:19.51ID:cuMG6G35
「それなら厚着するニダ」
「出来る筈ないでしょ」
「それにタイワンもニホンも半ズボン
やスカートの下にスパッツを穿いてい
るニダな」
こちらも透けています。
「半ズボンタイプの。トモちゃんは女
の子ではないニダ」
「見えない為には凄くいいのよ、その
分暑いけれどね」
「暑ければ脱ぐニダ、ショーツのライ
ンや透けるのが夏の醍醐味ニダが」
また本音を言うカンコ君でした。

「二人共わかっていないニダ、全く以
て不愉快ニダ」
「暑い苦しいのにそう騒ぐ方が不愉快
よ、というか今ニホンちゃん西瓜切っ
てるけれど」
本当に切っています。
「どうするの?」
「貰ってやるニダ」
「夏に静かにしてもらうには涼しいお
部屋でアイスか西瓜ね」
切ってそれを出してから言うニホンち
ゃんでした、そうしてカンコ君と一緒
に三人で西瓜を食べて黙らせました。
0489創る名無しに見る名無し
垢版 |
2023/07/26(水) 12:03:53.86ID:cuMG6G35
地球温暖化とエルニーニョの影響で世界が史上最高の気温を見せている中、今
年より来年がもっと暑いだろうという観測が出ている。
米航空宇宙局(NASA)の気候科学者たちは20日(現地時間)、ワシント
ン本部で気候関連記者会見を開き、最大級の猛暑が今年に続き来年まで続くと
いう見通しを示した。
ゴダード宇宙研究所のギャビン・シュミット所長は、「今年末にピークに達す
ると見られるエルニーニョにより、来年は今年よりさらに暑い年になるだろう」
と予測した。
NASAが今年より来年の暑さがさらに激しくなると予想する理由は、今年の
猛暑はまだエルニーニョの影響を本格的に受けていないという分析のためだ。
エルニーニョとは、東太平洋の赤道付近の水温が平年より0.5度以上高くなる
現象が、5ヵ月以上続く状態だ。水温の上昇は、通常春〜夏に始まり、冬にピ
ークを迎え、その影響は翌年に続く。
今年の水温の上昇も3〜4月に始まり、まだエルニーニョが暑さに直接的な影
響を与えていない状態だ。
現在、世界の気温は、エルニーニョの影響が本格化していない状況でも史上最
高値を更新している。
NASAゴダード宇宙研究所の地球指標気温分析(GISTEMP)システム
によると、今年6月がこれまでの6月の中で最も暑い月と記録された。
欧州連合(EU)のコペルニクス気候変化サービスによると、15日までが
1940年観測以来最も暑かったことが分かった。
シュミット所長は、「今年が記録上、最も暑かった年になる可能性は半々だ」
と話した。
学界の一部からは、今年の水温の上昇が平年より2度以上高くなる「スーパー
エルニーニョ」が発生する可能性も予想している。
今年を除いて、史上最も暑い年と記録された2016年にも直前年度と該当年
度にスーパーエルニーニョ現象が起きた。
チョン・ナムヒョク記者 forward@donga.com
Posted July. 22, 2023 08:22, Updated July. 22, 2023 08:22
ttps://www.donga.com/jp/home/article/all/20230722/4306159/1
0490創る名無しに見る名無し
垢版 |
2023/07/28(金) 21:42:52.63ID:6FBIveGg
    「猫かミニブタか」
ゲルマッハ家のベルリンの間で今不穏
な噂が出ています。
「えっ、狂暴な猫ちゃんが出るの」
「そうだ、外見は恰好いいがな」
「あまりにも狂暴で放し飼い出来ない
位だ」
ベルリンの間に遊びに来たニホンちゃ
んにゲルマッハ君とアーリアちゃんが
答えました、見れば二人とも深刻なお
顔になっています。
そのうえで、です。ニホンちゃんにさ
らに言うのでした。

「このベルリンの間はよく皆が来るお
部屋だしな」
「私達も探している」
「それでニホン君には忍の術を使って
だ」
「探すことを手伝ってくれるか」
「わかったわ、それじゃあね」
ニホンちゃんもそれならと頷きました、
そうしてです。
すぐにくるりと一回転して上下黒い忍
者装束に着替えました、そうしてゲル
マッガ君とアーリアちゃんに協力して
です。
0491創る名無しに見る名無し
垢版 |
2023/07/28(金) 21:43:39.86ID:6FBIveGg
お部屋の中を探し回りました、そうし
ますと。
「猫ちゃんはいないわね」
「その様だな」
「私達が探してもだな」
見ればアーリアちゃんは全身タイツに
なっています、かつて工作員として育
てられたという設定がここで活きてい
ます。
「そうした猫はいない」
「どうもな」
「マタタビ出しても」
猫の大好きなです。

「別にね」
「来ないな」
「全くな」
「それで色々な術を使って探しても」
ニホンちゃん得意の忍術をです。
「見付からないし。けれどね」
「うむ、ミニブタが見付かった」
「先日脱走した子がな」
二人はこう言ってでした。
一匹のミニブタを出しました、見れば
ミニブタは随分と暴れていてケージの
中に入れられています。
0492創る名無しに見る名無し
垢版 |
2023/07/28(金) 21:44:23.64ID:6FBIveGg
「見付かった」
「どうしているかと思っていたがな」
「ここにいたな」
「そうね、そうした猫ちゃんはちゃん
とね」
ニホンちゃんはあらためて言いました。
「いるべき場所にいたし」
「ミニブタも見付かった」
「それならいいな」
「そうよね」
ニホンちゃんもそれならと頷いて応え
ました。

「無事見付かったし」
「それならよしだ」
「そうね。ただミニブタちゃんも実は。
なのよね」
ニホンちゃんは頑丈なケージの中でま
だ暴れているミニブタを見て言いまし
た、本当に狂暴そうです。
「元々は猪だし」
「これで結構だ」
「気が荒いからな」
二人も否定しません、そのミニブタを
見ながら。
0493創る名無しに見る名無し
垢版 |
2023/07/28(金) 21:45:14.13ID:6FBIveGg
「どうしてもな」
「気をつけないといけない」
「大人しい子もいるけれどね。けれど
ね」
あらためて言うニホンちゃんでした。
「こうしたお話ってやっぱり心配にな
るわね」
「全くだ」
ゲルマッハ君がその通りだと答えまし
た。
「大変なことだ」
「部屋にいる者にとっては気が気でな
い」
アーリアちゃんも言います。

「だからだ」
「それで見掛けたってお話があったら」
「その都度だ」
「こうして探すわね」
「懸命にな。幸いいなくてミニブタも
保護出来てよかった、だが」
それでもというのです。
「出来ればな」
「最初からこうした話はない方がいい」
ゲルマッハ君がまた言いました、そう
して三人でミニブタをあるべき場所に
戻しました。
0494創る名無しに見る名無し
垢版 |
2023/07/28(金) 21:45:47.12ID:6FBIveGg
(CNN) ドイツの首都ベルリン郊外で雌ライオンと思われる大型ネコ科動物
が目撃され、大勢の警官がヘリコプターやドローン、赤外線カメラを使って大掛
かりな捜索を続けている。
捜索が始まったのは現地時間の19日深夜。ベルリン郊外のクラインマハノーで、
大型ネコ科動物が野生のイノシシを追いかけているという目撃情報が相次ぎ、警
察が獣医師やハンターなど専門家の協力を得て対応に乗り出した。
クラインマハノーの当局者は20日の記者会見で「午後1時10分現在、まだラ
イオンは見つかっていない」と述べ、警察などが捜索に全力を挙げていると説明
した。
《後略》
全文はソース元でご覧ください
ベルリン郊外にライオン出没? 警官100人態勢で捜索、ヘリやドローンも
出動
CNN|2023.07.21 Fri posted at 11:36 JST
ttps://www.cnn.co.jp/world/35206834.html
0495創る名無しに見る名無し
垢版 |
2023/07/30(日) 21:23:43.68ID:aiJoW49d
    「ラケットが壊れる」
今日の放課後五年地球組の皆はマカロ
ニーノ家のベネトの間のお庭でテニス
をしています、この時チェコちゃんが
ニホンちゃんに言いました。
「私はどうとか言わないから」
「ボールが当たって泣いているとか」
「安心してね。フラメンコ先生もそん
なことしないし」
「というか学校じゃないからフラメン
コ先生いないしね」
こう突っ込むニホンちゃんでした、見
れば本当に先生はいません。

「そうだしね」
「うん、それでね」
チェコちゃんはさらに言います。
「今日はそういうことなしで楽しくね」
「テニスしようね」
「そうしようね」
「そうそう、テニスも楽しくすればい
いんだよ」
マカロニーノ家で遊んでいるのでマカ
ロニーノ君も当然います、皆と同じテ
ニスウェア姿です。勿論ラケットも持
っています。
0496創る名無しに見る名無し
垢版 |
2023/07/30(日) 21:24:32.24ID:aiJoW49d
「変なことしないで言わないでね」
「そうよね、全くあんなことして何に
なったのか」
チェコちゃんはお家の人がしたことに
ついてお口をへの字にさせて言いまし
た。
「わからないわ」
「どうしても勝ちたかったんだろうね、
だからそうしたお話はしないで」
そのチェコちゃんにです、マカロニー
ノ君は微笑んで言います。まるでフォ
ローする様に。

「楽しもうね」
「そうしようね」
ニホンちゃんも頷きます、そうしてな
のでした。
皆でテニスを楽しみます、ですがそう
する中で。
お天気が急に怪しくなってでした、そ
のうえで。
何かが降ってきました、それは何かと
いいますと。
「うわ、雹」
「それも大きくない?」
チェコちゃんもニホンちゃもその雹を
見て言います。
0497創る名無しに見る名無し
垢版 |
2023/07/30(日) 21:25:13.02ID:aiJoW49d
「これは危ないわね」
「もっと大きいの降ったら危ないね」
マカロニーノ君も言います、それで皆
お庭からお部屋に入りました、丁度夕
方だったのでいい頃合いと見てお部屋
の中に入ったところでテニスを終えま
した。
そして皆シャワーを浴びて着替えてす
っきりとしましたが。
お部屋の中から窓の外を見てでした。
皆うわ、と引いたお顔になって言いま
した。

「雹どんどん大きくなってない?」
「そうよね」
チェコちゃんはニホンちゃんの言葉に
頷きました。
「これはね」
「そうよね」
「テニスボール位になってるから」
「あんなの頭に受けたらとんでもない
ことになるわ」
「怪我するわ」
こうお話するのでした、そしてここで
なのでした。
0498創る名無しに見る名無し
垢版 |
2023/07/30(日) 21:25:55.70ID:aiJoW49d
マカロニーノ君もです、こんなことを
言いました。
「ちょっとラケットで打ち返せないね」
「お空から降ってるしね」
「それは無理ね」
ニホンちゃんもチェコちゃんもそれは
と答えました。
「流石にね」
「それに若し打ち返してもね」
「ラケット壊れるし」
ボールと氷の塊である雹は全く違うとい
うことです。

「だからね」
「それはないわね」
「そうだね、まあこの雹が止むまではお
部屋の中にいて」
それでと言うマカロニーノ君でした。
「それでね」
「そのうえでね」
「お家に帰りましょう」
「そうしようね」
こうお話してでした。
皆は雹が止んでからお家に帰りました、
そうしてまた明日となるのでした。
0499創る名無しに見る名無し
垢版 |
2023/07/30(日) 21:26:32.76ID:aiJoW49d
(CNN) イタリア北部ベネト州で19日夜にかけてテニスボールほどの大き
さのひょうが降り、少なくとも110人が負傷した。
現地の当局者によると、同州で降ったひょうは最大で直径10センチもあった。
市民保護当局によれば、器物の破損やけがなどで助けを求める通報は500件
を超え、救急隊が対応に追われた。
ひょうのために窓が割れて飛び散ったガラスの片づけや、大きな被害を受けた
樹木などの伐採作業が行われている。
《後略》
全文はソース元でご覧ください
イタリア北部でテニスボール大のひょう、100人以上負傷 
CNN|2023.07.21 Fri posted at 10:30 JST
https://www.cnn.co.jp/world/35206832.html
ttps://www.cnn.co.jp/storage/2023/07/21/f07cf01b05d39b46ee1fc64eadf24db4/t/768/432/d/230720144338-people-injured-hail-veneto-italy-super-169.jpg
0500創る名無しに見る名無し
垢版 |
2023/08/01(火) 21:29:26.97ID:OMD3Qu3+
     「いると確信しても」
アメリー君にはいささか困った病気がありま
してそれが今回発動しています。
「パツキン、クーロイ他の町にも人はいるん
だYO」
「そこでエックスファイルで止まったらいい
のにな」
「ここからMMRになるからね」
お話を聞くパツキン君とクーロイ君は困った
お顔になっています。
「そこまでいかないとね」
「いいけれどな」
「いや。あれはおかしいYO]
アメリー君が見てもあの漫画はです。

「何がどうあっても町が滅亡の序曲なんだか
らな」
「誰がとう見ても異常者だね」
「今も出て来たしな」
「話は聞いた!町の人達は滅亡する!」
ガラッと扉を開けてです、眼鏡をかけて髪の
毛のセットをした一見美形に見えない人も出
てきました。一発キャラもあれですがキバヤ
シさんにでもすべきでしょうか。
「だからだ!」
「あっ、警察あるか」
もうこの人のことはわかっているチューゴ君
が即座に通報しました。
0501創る名無しに見る名無し
垢版 |
2023/08/01(火) 21:33:50.80ID:OMD3Qu3+
「はい。あの人が出まして」
「わかりました」
町の警察の人がドンブラザースの人の脚本み
たいに瞬時に来てです。
眼鏡の人を拘束して連れていえ保護して連行
していきました。
「離せ!人類は他の町の生命体によって滅亡
するんだ!」
「うんうん、詳しいことは診察で言ってね」
お巡りさんもわかっています。
「そうしてね」
「俺はおかしくない!」
両脇をそれぞれ拘束されつつ喚きます。

「何で皆わからないんだ!」
「まともな人は誰もわからないと思うよ」
こうして日之本家のまともでない人はそのま
ま精神科に強制連行されて隔離病棟に入れら
れました。皆さもあらんと頷きました。
それでカンコ君は言いました。
「・・・・・・まああの人は置いてニダ」
「っていうかお前のお家の人でなくてもなん
だな」
「まあ止めないと果てしなく電波撒き散らす
人だしね」
「仕方ないけれどね」
ニホンちゃんが見てもです。
0502創る名無しに見る名無し
垢版 |
2023/08/01(火) 21:34:39.67ID:OMD3Qu3+
「あの人はね」
「そうニダな」
「けれど今回のお話は変わらないから」
このことはというのです。
「だからね」
「町の外に他の人達がいることはニダな」
「普通に鯖があって」
地球町とその他の町にもです。
「わたし達も存在しているけれど」
「昔は鯖がどんどん落ちてどうなるかわかっ
たものではなかったニダ」
初期のことです。

「それで総督府に移転したニダ」
「そんなこともあったわよね」
「そうニダな、あの時は大変だったニダよ」
その中で色々な人が頑張ってくれたのです。
「今では懐かしいニダ」
「そうよね、そうしたことも考えてね」
「考えていくべきニダな」
「他の町の人達ともね」
「まああれだYO]
アメリー君も言いました。
「さっきの人はノーカウントで」
「そうだよね」
「誰が見てもおかしいから」
パツキン君とクーロイ君も言います。
0503創る名無しに見る名無し
垢版 |
2023/08/01(火) 21:35:39.62ID:OMD3Qu3+
「スルーだね」
「そうしないとな」
「いや、他の町に人がいるのはわかるある
よ」
チューゴ君にしてもです。
「普通に空で見るあるからな」
「見間違いがっても」
ニホンちゃんも言います。
「飛ばしてるのとか人とかね」
「やっぱりいるあるよ、というかアメリー
達はあるよ」
チューゴ君は今度はアメリー君だけでなく
パツキン君とクーロイ君達を見て言いまし
た。

「この手のお話に反応し過ぎある」
「いや、攻めてきたら」
「そう思ってかな」
「僕達もね」
「それでも過ぎない?三人共自重して欲し
いわ」
「やっぱりまずは友好的ニダ、相手がどう
しようもないならニダ」
「別かYO」
「それでも最後の最後ニダよ」
こう言うカンコ君でした、今回はそれでお
話が収まりました。
0505創る名無しに見る名無し
垢版 |
2023/08/02(水) 20:17:37.82ID:bAUZpQuo
ティム・バーチェット下院議員(共和党・テネシー州)が20日の記者会見で
発表したところによると、米下院監視委員会は26日に通称UFOなどを含む「未
確認空中現象(UAP)」に関する公聴会を開催する予定している。
公聴会では「UAPに関する生の声」を提供し、この問題に関する連邦政府の透
明性と説明責任について議論すると、委員会は述べた。
バーチェットによると、委員会は、UFOを目撃したと主張する元海軍司令官デ
ビッド・ブレイバーと元海軍パイロットであるライアン・グレイブス、そして
米国政府が人間以外の起源を持つ乗り物を発見したと主張している元米国諜報
機関職員デビッド・グルーシュから話を聞く予定だ(グルーシュは、彼の主張
を裏づける証拠をまだ公にはしていない)。
委員会は、連邦政府はUFOの調査に何百万ドルも費やしているにもかかわらず、
何がわかっているのカ国民に明らかにすることを拒否していると主張した。

「このことが明るみに出ることを望まない人々が大勢いる」と、バーチェット
は、この公聴会について「非常に多くの反発がある」と述べた。
彼は、連邦政府がUFOに関する文書を公開することを望んでいると語った。
国防総省や米航空宇宙局(NASA)を含む政府機関は、政府が所有する非人間的
起源を持つ乗り物についてのグルーシュの主張を否定し、その証拠はないと
述べている。NASAは6月、ガーディアンに対して「NASAの重要な優先事項の1つ
は、宇宙のどこかで生命を探すことであるが、これまでのところ、地球外生命
体の信頼できる証拠を発見しておらず、UAPが地球外生命体と関連していると
いう証拠もない」と語っている。さらに、国防総省は6月、Foxニュースに対し
て「UAPに関する主張を立証する検証可能な情報はない」と述べた。
「UFOは存在するか、存在しないかのどちらかです」と、公聴会開催を発表し
た記者会見でバーシェットは語った。「政府はUFOは存在しないと言い続けて
いますが、UFOが存在することを証明する情報を入手する機会はことごとく妨
害されています。真実が何であろうと、我々はその真相を明らかにするつも
りです。隠蔽工作はもう終わりです」
(略)
※省略していますので全文はソース元を参照して下さい。

※関連リンク
National Security Subcommittee to Hold Hearing on Unidentified Anomalous Phenomena
ttps://oversight.house.gov/release/national-security-subcommittee-to-hold-hearing-on-unidentified-anomalous-phenomena%EF%BF%BC/
0507創る名無しに見る名無し
垢版 |
2023/08/03(木) 21:40:25.64ID:0sA8+JQl
      「背が低いのが何だ」
カンコ君は実はコンプレックスの塊で
す、その為ニホンちゃんとこの娘のお
家に何かと絡んでいますが。
「背が欲しいニダ」
「そんなのすぐに変えられるでしょ」
すぐに応えたのはタイワンちゃんでし
た。
「あんたにしても」
「それで八頭身でオオタニさんみたい
になってみたニダ」
実際に八頭身どころか一九三センチに
なったカンコ君でした。

「どうニダ」
「いやギャグ漫画のネタでしょ」
こう返すタイワンちゃんでした。
「もう」
「そうニダか」
「かえって背が高いとおかしいわよ」
「ウリの場合はニダか」
「他の皆もね、兎に角ね」
さらに言うタイワンちゃんでした。
「背のことは気にしない、そんなこと
言うとあたしもよ」
「そうニダな、思えばニダ」
ここであらぬ方にお話を持っていくカ
ンコ君でした。
0508創る名無しに見る名無し
垢版 |
2023/08/03(木) 21:41:19.59ID:0sA8+JQl
「ウリも作中色々身長が変わったニダ」
「マキナなんてニホンちゃんより低かっ
たでしょ」
イラストも描いていました。
「それで他の絵師さんもね」
「ウリはニホンより低かったニダな」
「こんなの何とでもなるから」
さりげなく長身でボン、キュッ、ボンと
なるタイワンちゃんでした。
「意味ないわよ」
「そうニダな」
「そうよ、背丈とか外見よりもね」
それよりもというのです。

「まずはね」
「中身ニダな」
「そうよ。あんたもね」
「よくわかったニダ」
このころは頷くカンコ君でした、です
がここでニホンちゃんも通りがかって
きたので言いました。
「しかし胸はニダ」
「またそのことね」
タイワンちゃんも応えます。
「あんたも変わらないわね」
「他のことは変わってもニダ」
それでもというのです。
0509創る名無しに見る名無し
垢版 |
2023/08/03(木) 21:42:05.41ID:0sA8+JQl
「胸はニダ」
「変わるなよね」
「そうニダ、それこそニダ」
カンコ君はさらに言います。
「胸はニダ」
「あたし達皆よね」
「却下ニダ、胸は成長したり変わるなニ
ダよ」
「あんたのそのことも変わらないわね」
やれやれとなるタイワンちゃんでした、
ですがそのお話を聞いてです。
ウヨ君は決意したお顔で弟さんににーち
ゃんに言いました。

「カンコのその考えはいい」
「胸のことは」
「そうだ、変わるべきところは変わって
だ」
そのうえでというのです。
「そしてだ」
「守るものは守る」
「そうしてこそだ」
まさにというのだ。
「家を、姉さんを守れる。だからな」
「カンコみたいに」
「これからもだ」
まさにというのです。
0510創る名無しに見る名無し
垢版 |
2023/08/03(木) 21:42:48.67ID:0sA8+JQl
「姉さんのあの徹底的に平たい胸を守る
できだ」
「確かに」
ニーちゃんも言います。
「僕も思う」
「そうだな、だからだ」
それ故にというのです。
「姉さんの胸はな」
「何があってもそのまま」
「そうするぞ」
兄弟でお話します、そうしてニホンちゃん
の胸が大きいならない様にあれこれと努力
しますが。

ウヨ君はふと気付いてニーちゃんに言いま
した。
「だが姉さんがそのままでいいというなら」
「僕達もいい」
「そうだな、姉さんの胸がずっと平たいな
らな」
「それでいい」
「そちらに努力しよう」
こうお話して二人で自己完結しました、で
すがニホンちゃんは。
胸が大きくなりたいのでした、この考えの
対立はさらに続きそうです。
0511創る名無しに見る名無し
垢版 |
2023/08/03(木) 21:43:25.29ID:0sA8+JQl
ソウル新林洞(シンリムドン)通り魔事件のチョ容疑者(33)が警察で「他
の人より背が低くて劣等感があった」という趣旨で話したことが分かった。
4人の死傷者が20、30代の男性だったことについて、チョ容疑者は「被害
者は知らない人だった」と話したが、警察はチョ氏がこうした劣等感のために
自分と年齢が近い男性を標的にしたとみている。
警察の測定と本人の言葉によると、チョ容疑者の身長は約168センチ。チョ
容疑者は特に職業もなく仁川(インチョン)の叔母の家とソウル衿川区禿山洞
(クムチョング・ドクサンドン)の祖母の家を行き来しながら生活した。
チョ容疑者は「当日、仁川の家を出る時から犯行を考えていた。最後に祖母を
見ようと禿山洞の家に寄ったが、よりによって『なぜそんな生活をするのか』
と言われてもっと腹が立った」と話した。当時、祖母はチョ容疑者が仕事をし
ないことを叱ったという。
警察はチョ容疑者の話から経済的・身体的な面に対するチョ容疑者の劣等感が
犯行の背景に作用したとみている。これに先立ちチョ容疑者は警察で「自分が
不幸なので他の人たちも不幸にさせたかった。怒りに満ちて犯行をした」と語
った。
警察は26日午前、チョ容疑者の同意を受け、前日に延期されたサイコパス診
断を始めた。チョ容疑者は前日午後1時30分ごろ、サイコパス診断を控え
「自白書を提出する時間がほしい」として診断の延期を要請し、自白書を書き
終えた後の午後7時25分にも「今日は感情が複雑」と言って診断を拒否し、
待機していたプロファイラーは結局引き上げた。
ソウル警察庁は26日午後に容疑者情報公開委員会を開き、チョ容疑者の名前
と年齢・写真など個人情報を公開するかどうか審議する。
チョ容疑者は21日午後2時7分ごろ、ソウル冠岳区(クァナクク)新林駅付
近の路上で通行人を刃物で刺して1人を殺害、3人にけがをさせた疑い(殺人
など)で、23日に拘束された。警察は28日にチョ容疑者を送検するという。
ttps://news.yahoo.co.jp/articles/193e44be63f3efe09e9f93f6c833d547e23029ee
0512創る名無しに見る名無し
垢版 |
2023/08/05(土) 21:50:16.52ID:6gObOWgk
    「何処が悪いんだ」
もう風邪の悪影響やら喧嘩やらもっと
言えばアフリカ丁のバッタのことがあ
ってでした。
「うちもね」
「家計苦しいね」
「正直言えばうちはまだずっとましな
のよ」
ニホンママさんはニホンパパさんに真
顔で答えました。
「けれどね」
「それでもだよね」
ニホンパパさんも状況を分かっていて
そのうえで応えます。

「家計はね」
「うちも苦しいから」
このことは事実でというのです。
「だからね」
「今はだね」
「あなたのお昼はね」
それはというのです。
「わたしが作るから」
「手作り弁当だね」
「それで外食はしないで」
あくまで節約するとです、ニホンママ
さんも言いました。
0513創る名無しに見る名無し
垢版 |
2023/08/05(土) 21:51:02.27ID:6gObOWgk
「その分ね」
「節約だね」
「そうしないと」
さもないと、というのです。
「今も苦しいし」
「これからもだね」
「プーチンさんウクライナちゃんのお
部屋の小麦やトウモロコシを入れたと
ころにも攻撃してるし」
ガードマンさん達と一緒にです、兎角
最近特にやけっぱちになっている感じ
のプーチンさんです。

「暫くはね」
「節約だね」
「そうしていってね」
そのうえでというのです。
「今はね」
「お弁当だね」
「駄目かしら」
「カンコ家ではあれこれ言ってもね」
何かと対面が大事なこのお家ではとい
うのです。
「けれどね」
「あなたは」
「いいよ」
笑顔での返事でした。
0514創る名無しに見る名無し
垢版 |
2023/08/05(土) 21:52:20.40ID:6gObOWgk
「むしろそれで君のお弁当、お料理が
お昼でも食べられるなら」
「いいのね」
「そうだよ」
にこりと笑って言うのでした。
「それでね」
「お弁当を名乗根」
「食べさせてもらうよ」
こう言ってです。
ニホンパパさんは喜んでニホンママさ
んが作ってくれたお弁当を勤務先の大
学まで持って行ってでした。

そのうえでにこにこと美味しく食べま
した、ニホンパパさんはとても幸せで
した。
ですがそれを見たカンコパパさんはこ
んなことを言いました。
「ウリナラではどうしてもニダ」
「面子というか見栄があるニダ」
カンコママさんも言ってきました。
「だからニダ」
「かなり無理をしてもニダな」
「そうニダ」
それでもというのです、カンコパパさ
んに対して言うのでした。
0515創る名無しに見る名無し
垢版 |
2023/08/05(土) 21:53:12.61ID:6gObOWgk
「外食ニダ」
「お弁当はないニダな」
「お弁当なんか作って食べるとニダ」
そうすると、というのです。
「ウリナラとしてはニダ」
「見栄に関わるニダな」
「そうニダ」
まさにというのです。
「だからしないニダ」
「そうニダな、家計大変ニダが」
「それでもニダよ」
見栄の為にはというのです、カンコマ
マさんは言いました。

「それがウリナラニダ」
「そういうことニダな」
「だから何処かで食べてくるニダよ」
カンコパパさんにお金を渡して言うの
でした。
「そうするニダ」
「わかったニダ、まあムンさんがウリ
ナラの会社の社長さんだった時よりウ
リナラもましになってるニダ」
「だからニダな」
「このままいくニダ」
くるしくてもとです、こう言ってお弁
当を作らないで外食となるのでした。
0516創る名無しに見る名無し
垢版 |
2023/08/05(土) 21:54:08.83ID:6gObOWgk
夫の昼食代節約のために弁当を作り始めたという都内在住の専業主婦・ユキ
さん(仮名、37歳)が、その経緯を語る。
「先日、夫から『お小遣いを上げてほしい』と要求されました。物価高の影
響もありランチ代は1回500〜1000円近くかかかるようで、毎月2万円のお小
遣いではかなり厳しいようです。私としてもアップしてあげたいのですが、
我が家の家計では5000円を捻出するのも厳しくて……。そこで提案したのが、
お弁当を持参することでした」(ユキさん、以下同)
ttps://news.yahoo.co.jp/articles/4ad1a5e293a69bff9d49c5387aee3aca47eb28df
0517創る名無しに見る名無し
垢版 |
2023/08/07(月) 22:19:40.14ID:ss1vqoS6
   「来て欲しい」
コユンちゃんがクラスでニホンちゃん
に暗いお顔で言ってきました。
「とりあえずカンコは今ギーツのクラ
イマックスやゾン100やしあわせな
結婚で色々あってだ」
「そちらに夢中で、なのね」
「君にとやかく言うことはないが」
それでもというのです。
「うちの人達には何としても君に来て
欲しい人達がいる」
「そう言われても」
それでもとです。

ニホンちゃんはコユンちゃんに対して
どうかというお顔で答えました。
「わたし色々行きたいところあるしそ
ちらだとわたしだけじゃなくてお家の
人ならだれでも来るなとかうちのもの
は買わないとか言う人いるし」
「ムンさん達だな、だがそうした人達
もな」
今はというのです。
「節操がないと言えばその通りだが」
「そうしてでもなのね」
「君とご家族に来て欲しいのだ」
そうだというのです。
0518創る名無しに見る名無し
垢版 |
2023/08/07(月) 22:20:36.05ID:ss1vqoS6
「うちは今苦しいからな」
「そういうことね」
「来るなら僕とチョゴリが一緒にいる
様にするしだ、来たくないならな」
「無理して来ることないのね」
「スルーしてくれ、いいだろうか」
「わかったわ」
ニホンちゃんもそれならと頷きました、
これでお二人のお話は終わりました。
ですがそれでもです。
そのお話を聞いても聞いていなくても
カンコ家のそうした人達は必死に言っ
て動くのでした。

「日之本家の人達にウリナラに来ても
らうニダ!」
「待っているニダ!」
「来たらおもてなしするニダ!」
「ウリナラは日之本家が大好きニダ!」
こんなことを言っています、ですがそ
んな光景を見てです。
チョゴリちゃんはやれやれとなってそ
のうえで言いました。
「ウリナラらしいニダが」
「見ていていいものじゃないな」
コユンちゃんはお家ではチョゴリちゃ
んに応えました。
0519創る名無しに見る名無し
垢版 |
2023/08/07(月) 22:21:30.19ID:ss1vqoS6
「本当に」
「そうニダな」
「ニホンちゃんは外に出るのも好きだ
からな」
それで町中に行ったことがあります、
こうしたことでも定評のあるニホンち
ゃんです。
「またな」
「ウリナラに来てくれるニダな」
「というかカンコがだ」
特撮やアニメに夢中な彼がです。
「今はるろうに剣心を観ているが」
「それでもニダな」
「全く」
こう前置きしてでした。

コユンちゃんは溜息混じりになってで
す、こんなことを言いました。
「僕の気も知らないで」
「本音出したら駄目ニダよ」
「まあ今回は許してくれ、それでカン
コはニホンちゃんが少し来ていないと
な」
カンコ家にです。
「ニホンちゃんを呼ぶからな」
「そうニダな」
「そのうち。明日にでも呼ぶからな」
何だかんだでニホンちゃんと一緒にい
たいカンコ君です。
0520創る名無しに見る名無し
垢版 |
2023/08/07(月) 22:22:17.98ID:ss1vqoS6
「あんなことをしなくてもな」
「ニホンさんは来てくれるニダ」
「そうだからな」
「意味がないニダ」
「僕もそう思う」
二人でこうお話した翌日まさにその
通りになりました。カンコ君はニホ
ンちゃんに面と向かって言いました。
「ニホン、今日はウリナラに呼んで
やるニダ、感謝汁」
「そ、そうなの」
「誰にも相手にされていないから仕
方なくニダ」
いつも通りこんなことを言ってでし
た。

ニホンちゃんをお家に呼びました、
クラスの皆も一緒ですがここでコユ
ンちゃんは言いました。
「こうなるから特にな」
「別に騒がなくてもいいニダな」
「カンコが特撮やアニメの合間に禁
断症状を起こす」
「ニホンさんにウリナラに来てもら
いたい病ニダ」
「そうなって呼ぶからな」
「ああしたことしても意味ないニダ」
「全くだ」
こんなことをお話するのでした、ニ
ホンちゃんの傍にいるカンコ君を見
ながら。
0521創る名無しに見る名無し
垢版 |
2023/08/07(月) 22:25:50.36ID:ss1vqoS6
【ソウル聯合ニュース】韓国文化体育観光部と韓国観光公社は2日、日
本の教職員と地方自治体の関係者ら100人を招いて3〜6日に修学旅
行モデルツアーを実施すると発表した。
モデルツアーでは韓国観光広報館「ハイカーグラウンド」、世界文字博
物館、松島セントラルパークの夜景遊覧船体験場などの人気スポットを
回る。
また、エコカーに乗って仁川市の旧日本人街、開港場通りを見学する「開
港場イー(e)ジーツアー」体験など、日本で関心の高い国連の持続可能
な開発目標(SDGs)に関するコンテンツも紹介する予定だ。
ソウルでは今月4日に「韓日未来世代観光交流活性化シンポジウム」も開
催される。  
1972年に日本で初めて訪韓修学旅行を実施した学校の一つである滋賀
県の近江兄弟社高校の教師と、新型コロナウイルス禍を経て今年3月に韓
国への修学旅行を再開した熊本県のルーテル学院高校の卒業生が修学旅行
の体験談を語る予定だ。
シンポジウムには日本の生徒との交流に関心のある韓国の29校の教職員
も参加する。七つの自治体と観光ベンチャー企業による訪韓修学旅行相談
会も開催される。
文化体育観光部は「2023年韓国訪問の年」を迎え、韓日の未来世代を
結ぶために訪韓修学旅行の誘致を積極的に推進する方針だ。  
今年2月から福岡、愛媛、静岡、宮城、香川で修学旅行説明会を開催した
ほか、日本の旅行業界と修学旅行プログラムを共同開発した。
また、日本の大学生を対象としたキャンペーンや「大学生韓国旅行アンバ
サダー」の選抜も行っている。 
文化体育観光部の朴宗沢(パク・ジョンテク)観光政策局長は、「日本の
未来世代が韓国に好感を持ち、良い思い出を持つようになれば中長期的に
韓国観光の潜在的な再訪問需要につながる可能性がある」として、若者の
訪韓が両国の未来世代の活発な交流につながるよう、両国の学校と地方自
治体、業界との協力ネットワークを強化すると述べた。
0522創る名無しに見る名無し
垢版 |
2023/08/09(水) 20:14:36.79ID:xczDZab5
   「眩しい看板」
皆あれこれと呟きます、そしてそのつ
ぶやきを書く場所がアメリー家にもあ
りまして。
チューゴ家のウェイポーという場所だ
けでなくこの場所今はエックスという
場所に皆行ってあれこれと呟く時があ
ります。
そのエックスという場所にこの場所の
管理人さんが看板を置きましたが。
「そういえばあの作品終わったあるか」
「アニメ版と映画版とゲーム版だと」
ニホンちゃんは一緒に看板を見ている
チューゴ君に答えました。

「終わってるわ」
「原作はまだあるか」
「今度単行本新たに出るけれど」
「終わらないあるか」
「多分ね。ツバサクロニクルにはお話
があっても」
エックス編です、この作品のターニン
グポイントとも言われています。
「原作はね」
「ううむ、終わって欲しいあるな」
「クランプさんの二大未完作品だから
ね」
こうしたお話をしながらです。
0523創る名無しに見る名無し
垢版 |
2023/08/09(水) 20:15:23.39ID:xczDZab5
皆その看板を見ています、そうしてな
のでした。
その看板を見ていますと皆の中からこ
んな意見が出てきました。
「何か眩しいよね」
「この看板ね」
「ちょっとどうにかならない?」
「そうかな。けれどそんな意見がある
なら」
アメリー君は皆のお話を聞いてすぐに
自分の携帯を出しました、そうしてで
した。
この場所の管理人さん、マスクさんの
次の人にです。

連絡しました、するとすぐにでした。
看板が外されました、皆このことには
驚きました。
「えっ、もう?」
「もう外すの」
「いや確かに眩しいって思ったけれど」
「それでも早いね」
「そうよね」
「いや、管理人さんがそれならってな
ってだYO」
アメリー君がその皆に答えます、この
子も落ち着いています。
0524創る名無しに見る名無し
垢版 |
2023/08/09(水) 20:16:12.52ID:xczDZab5
「それでなんだ」
「そうなんだ」
「それでもうなの」
「早いと思ったら」
「そうなんだ」
「まあそういうことでね」
今度はさばさばとしだしたアメリー君
でした。
「看板なくなったから」
「何っ、ではエックスネタはもう出来
ないあるぞ」
チューゴ君はそう聞いて眉を曇らせま
した。

「これは困ったある」
「そうよね、何時終わるのかって思っ
てるけれど」
ニホンちゃんも言います。
「それでもね」
「面白い作品あるからな」
「未完でもクランプ先生の代表作の一
つだしね」
「いや、あの漫画はトウキョウの間の
お話だから違うだろ」
アメリー君はこの作品に情熱を向ける
二人に突っ込みを入れます。
0525創る名無しに見る名無し
垢版 |
2023/08/09(水) 20:16:55.83ID:xczDZab5
「それ言ったらニホンパパさんが脚本
書いてた仮面ライダーでもYO」
「仮面ライダーエックスあるな」
「カイゾーグなのよね」
「水木一郎さんのOPが素敵ある」
「名作よね」
「何でかあのアルファベットは何かと
ネタになることが多いけれどさ」
模試かしたら一番多いかもしれません。
「それでもその漫画のネタはややこし
いだろ、それ言ったら僕も言いたいY
O」
その言いたいことはといいますと。

「東京バビロン何時やるんだYO」
「もう二年あるな」
「三年先かしら」
「何時か放送して欲しいある」
「折角だからね」
「そうだYO、まさか制作中止にとか
ならないYOな」
こんなことを言うアメリー君でした、
そのうえで皆でエックスの連載再開と
東京バビロンの放送を待つことにしま
した、ですがどちらも何時になるのか
誰もわかりませんでした。
0526創る名無しに見る名無し
垢版 |
2023/08/09(水) 20:17:28.62ID:xczDZab5
 SNS大手の旧ツイッターが本社に設置した「X」の看板がまぶしいと周辺
住民から苦情が相次いだ問題で、地元当局は罰金を科し、看板は撤去され
ました。
(略)
 地元当局は、無許可で看板を設置したことなどが市の条例に違反してい
るとしてX社に罰金を科し看板は31日に撤去されました。
罰金は、市当局の調査費用や看板の撤去費用に充てられるということです。
※省略していますので全文はソース元を参照して下さい。
※参考リンク
ttps://edition.cnn.com/2023/07/31/tech/x-sign-twitter-elon-musk/index.html
0527創る名無しに見る名無し
垢版 |
2023/08/11(金) 13:36:07.72ID:Y+AfQgt1
    「何かと思ったら」
オージー家の西の岸辺に何かが流れ着
きました、それが一体何なのかオージ
ー君は首を傾げさせました。
「うちのお家は東の方に何かと集中し
ているダスからな」
「家族も多いダスよ」
キャンベラちゃんも言います。
「だから西の方は人も少なくてダス」
「広いウエスタンオーストラリアの間
に皆広々と暮らしているダス」
オージー家のかなりの割合を占めてい
るお部屋ですが本当に人は少ないです。

そんなオージー家の西のイン堂湖の岸
辺に何かが流れ着いたのでオージー君
もキャンベラちゃんも首を傾げさせて
しまいました、ですが地球小学校五年
地球組オージー君もいるクラスには一
つの法則があります。
「困った時はダス」
「ニホンさんダスな」
「早速来てもらうダス」
こう言って早速ニホンちゃんを呼びま
した、オージー君がくしゃみをすると
です。
ニホンちゃんが早速来ました。
0528創る名無しに見る名無し
垢版 |
2023/08/11(金) 13:37:11.03ID:Y+AfQgt1
「あのわたしハクション大魔王さんじ
ゃないからね」
「くしゃみではなくてダスか」
「普通に呼んでね、あと欠伸も止めて
ね」
こちらもと言うニホンちゃんでした。
「今度からね」
「じゃあ携帯で呼ぶダス」
「そうしたら来るから」
何気にくしゃみでも来たことは何でも
ないといった感じで終わらせます、そ
してです。

ニホンちゃんはその流れ着いたものを
見ました、そしてすぐに言いました。
「これイン堂君のお家の言葉が書かれ
てるから」
「そうダスか?」
「見えないダスが」
「ここね」
流れ着いたものの端の方を指差すとそ
こにでした。
かなりうっすらとなっていますが確か
に何か書いています、オージー君もキ
ャンベラちゃんもよく見ました。
0529創る名無しに見る名無し
垢版 |
2023/08/11(金) 13:37:54.98ID:Y+AfQgt1
すると確かにです、そこにでした。
「書かれているダスな」
「本当ダス」
「これはイン堂家の文字ダス」
「よく見ればそうダス」
「後はイン堂君にお話を聞きましょう」
至って冷静に言うニホンちゃんでした、
余裕の微笑みさえそこにはあります。
「そうしましょう」
「それならダス」
オージー君はニホンちゃんの言葉に頷
いてでした。

今度は携帯でイン堂君を呼びました、
そうするとでした。
イン堂君もすぐにオージー家に来てで
した、オージー君にどうして呼んだの
か聞きました。そのうえでその流れ着
いたものを見て言いました。
「ああ、この前ペットボトルのおもち
ゃを飛ばしたからね」
「それがお池にダスか」
「落ちてね」
それでというのです、イン堂君はオー
ジー君に答えます。
0530創る名無しに見る名無し
垢版 |
2023/08/11(金) 13:39:11.78ID:Y+AfQgt1
「その一部だね」
「そうだったダスか」
「いや、何かと思ったダスが」
キャンベラちゃんは納得した様に頷い
て言いました。
「ペットボトルのおもちゃだったダ
スか」
「そういえばイン堂も作っているダス
な」
「僕もこうしたことは力を入れている
からね」
それでとです、イン堂君はオージー君
立に答えました。

「色々負けていられないから」
「チューゴとかにダスな」
「そうダスな」
「敢えて言わないけれどね、けれどま
たそっちに流れ着くかも知れないし」
「その時はダスな」
「よく見るとわかるダスな」
「うちの文字書いてあるからね」
こう言うのでした。
「宜しくね」
「これで一件落着ね」
最後にニホンちゃんが言いました、実
際に皆それで終わりとなりました。
0531創る名無しに見る名無し
垢版 |
2023/08/11(金) 13:39:47.43ID:Y+AfQgt1
(CNN) 先月オーストラリア西部の海岸に打ち上げられ、様々な臆
測を呼んでいた円筒型の物体は、インドが打ち上げたロケットの残骸と
断定された。
インド宇宙研究機関(ISRO)の責任者はCNNに、以前打ち上げた
「PSLV」ロケットの一部だと語った。
これに先立ち、オーストラリアの宇宙庁も7月31日のツイートで、物
体の調査を完了し、同様の結論に達したことを明らかにしていた。
物体は先月、西部の都市パースから北へ250キロ離れた町グリーンヘ
ッドの海岸で見つかり、地元住民らの注目を集めていた。人間の身長よ
り高く、円筒の一方の端が破損している。表面はフジツボで覆われ、長
期にわたって漂流していたことがうかがえる。
(略)
※省略していますので全文はソース元を参照して下さい。
※関連リンク
ttps://twitter.com/AusSpaceAgency/status/1685849338675646464
ttps://www.bbc.com/news/world-australia-66359381
ttps://twitter.com/5chan_nel (5ch newer account)
https://twitter.com/5chan_nel (5ch newer account)
0532創る名無しに見る名無し
垢版 |
2023/08/14(月) 23:37:47.61ID:+1wvbAUr
    「この人やっぱり」
シズオカの間の管理人さんになってい
るカワカツさんについては多くの人が
どうかというお顔で見ています。
「あの人何かとね」
「うん、おかしいよ」
ウヨ君はニホンちゃんに応えました、
二人共どうかというお顔になっていま
す。
「何かとね」
「リニアの鉄道模型でもそうだし」
「太陽光でもね、カンコ家にもべった
りだし」
それが過ぎると言われています。

「リューの間のデニーさんと同じ位だ
よ」
「おかしな人ね」
「うん、あんな人を選び続けてシズオ
カの間の人達は大丈夫なのかな」
こうも言うウヨ君でした、兎に角です。
カワカツさんについては疑問を持つ人
が日之本家には多いです、そしてそん
な中で、です。
町全体を襲った風邪のことでカワカツ
さんはお部屋の人達にも注射をする様
に言いましたが。
0533創る名無しに見る名無し
垢版 |
2023/08/14(月) 23:38:30.92ID:+1wvbAUr
ご自身はといいますと。
「いや、身体に悪いからね」
「えっ、お部屋の人には打つ様に言っ
てなの」
「そんなこと言うんだ」
ニホンちゃんもウヨ君もカワカツさん
のその発言には驚きました。
「お部屋の人達には打つ様に言ってる
のに」
「自分はっておかしいだろ」
「あの、しかも」
ニホンちゃんはこれはないというお顔
でさらに言いました。

「お部屋の管理人さんってお部屋の中
の人の前であれこれお話するし他のお
部屋にも行ったりするし」
「何かと人と会うよ」
「そんな中で風邪の注射していないと
ね」
「大変なことになるよ」
ウヨ君は深刻なお顔になって言いまし
た、今度はそうしたお顔になっていま
す。
「うつしてね」
「そうよね、これはね」
ニホンちゃんは心から言いました。
0534創る名無しに見る名無し
垢版 |
2023/08/14(月) 23:39:05.53ID:+1wvbAUr
「お部屋の管理人さんとしてないわ」
「有り得ないよ、自分がどうかじゃな
くてね」
「人にもお会いするなら」
「その人達にうつさない様にしないと
ね」
「そんな気配りが出来ないしようとも
しない人がお部屋の管理人さんなんて」
ニホンちゃんは本気で危ないものを感
じはじめました。
「大変なことよ」
「デニーさんも大変な時に平気でバー
ベキュー焼いたりしたけれど」
この人もかなり問題です。

「カワカツさんもね」
「負けてないわね」
「悪い意味でね、いやこれまでもかな
りどうかって思うことがあったけれど」
カワカツさんについてはです。
「今回のことはね」
「特に酷いわね」
「自分だけの人じゃないかな」
ウヨ君はかなり本気に思いました。
「カワカツさんって」
「そうみたいね」
ニホンちゃんも否定しませんでした。
0535創る名無しに見る名無し
垢版 |
2023/08/14(月) 23:39:58.15ID:+1wvbAUr
「どうも」
「そうだね、だから色々酷いことを言
ったりやったり出来るんだね」
「自分だけの人っていうとカンさんだ
けれど」
あのミスター最低人間と言われた人で
す。
「カワカツさんもね」
「そんな人だね」
「そうね、そんな人がお部屋の管理人
さんなんて」
ニホンちゃんは心から駄目なものを感
じて言いました。

「シズオカの間はこれからもとんでも
ないことになるわね」
「リューの間と一緒にね、あの人の後
どうなっているか」
ウヨ君は暗いものを感じずにいられま
せんでした。
「もうね」
「最悪のものしか考えられないわね」
「全くだよ、管理人さんもちゃんとし
た人を選ばないといけないよ」
こう言うのでした、そしてシズオカの
間に真っ黒いものを確認したのでした。
0536創る名無しに見る名無し
垢版 |
2023/08/14(月) 23:41:44.55ID:+1wvbAUr
コロナワクチンを「打てば確実に死ぬ」と発言…県民に接種を推奨する裏
で「反ワク」を貫く川勝知事の無責任 実は一度もワクチンを接種していな

— PRESIDENT Online / プレジデントオンライン
※7/31(月) 7:17配信
プレジデントオンライン
国や都道府県は新型コロナワクチンの接種を広く呼びかけている。静岡県
の川勝平太知事もその一人だが、実はワクチンを一度も接種していない。
ジャーナリストの小林一哉さんは「公人の立場で接種を推奨しながら自身
はワクチンを接種しないというのは無責任ではないか。川勝知事の呼びか
けでワクチンを接種し、後遺症に悩む患者からは怒りの声が上がっている」
という――。

日曜投稿出来なかったので今日投稿。
0537創る名無しに見る名無し
垢版 |
2023/08/15(火) 21:29:42.56ID:fyRS/zJM
     「同じ悩み」
日之本家の大広間があるトウキョウの
間は兎に角人が多いです、大広間があ
るだけに当然のことですが。
「家族だけじゃないのよね」
「他のお家の人だっていつも大勢いる
しね」
ウヨ君はニホンちゃんに応えて言いま
した。
「だからね」
「いつも人が多いのよね、それに最近
風邪が収まって」
町をずっと脅かしていたそれがです。

「他のお家の人も戻って来て」
「余計に人が増えたよ」
「そうよね、また賑やかになったと言
うべきかしら」
「またトウキョウの間の人が多くなり
過ぎて窮屈になったとも考えられるか
な」
二人でこんなことを言いました、兎角
です。
トウキョウの間には人が戻ってきてい
てです。
0538創る名無しに見る名無し
垢版 |
2023/08/15(火) 21:30:26.56ID:fyRS/zJM
窮屈になりそうな感じです、そしてこ
のことは日之本家だけではなく。
カンコ家でも同じでというかむしろで
す。
「ウリナラはソウルの間に家族の五人
に一人がいるニダ」
「うちは大体九人か十人に一人位なの
に」
ニホンちゃんはカンコ君に言いました、
今二人はソウルの間にいますが確かに
人が多いです。それで二人もやや窮屈
に感じています。

「五人に一人だとね」
「多過ぎニダな」
「やっぱりね」
「しかも周りのお部屋を入れたらニダ」
ソウルの間のというのです。
「二人に一人ニダ」
「そういえばわたしもカンコ君のお家
に来たら大抵ソウルの間かその周りの
お部屋で遊んでるわ」
ニホンちゃんも気付きました。
「そういえばね」
「そうニダな、ウリナラはそうした状
況だからニダ」
カンコ君は何時になく真剣なお顔でニ
ホンちゃんに答えました。
0539創る名無しに見る名無し
垢版 |
2023/08/15(火) 21:31:07.86ID:fyRS/zJM
「どうにかしようとして会社の人達を
他のお部屋に行ってもらっていったり
しているニダ」
「そうしてソウルの間と周りのお部屋
に人が多過ぎない様にしているのね」
「そうしているニダが」
それでもと言うカンコ君でした。
「これが中々ニダ」
「上手くいかないのね」
「思う様にはニダ」
これといってというのでした。
「いっていないニダ」
「そうなのね」
「人は集まるところには集まるニダ」
カンコ君は言いました。

「それは自然な流れニダからな」
「それね」
ニホンちゃんも否定しませんでした。
「やっぱり賑やかで便利なところに
ね」
「人は集まるニダな」
「そうなるから」
「ニホンの家のトウキョウの間には
人が集まるニダな」
「そして周りのお部屋にもね」
ニホンちゃんのお家もそうした事情
があります。
0540創る名無しに見る名無し
垢版 |
2023/08/15(火) 21:31:50.77ID:fyRS/zJM
「人が集まるわ」
「そうニダな」
「そのこともカンコ君のお家と同じ
なんだけれど」
「ウリナラは今言った通りもっと深
刻ニダよ」
強がり特にニホンちゃんに対しては
そうであるカンコ君も認めるしかな
いことです。
「だからかなり努力しているニダよ、
けれどニダ」
「そういうことね」
もうそこから言う必要がありません
でした。

「じゃあこれからも」
「何とかしていくニダよ」
「そうなのね。うちも何とかしない
とね」
ニホンちゃんは自分のお家のことも
思いました、そうせざるを得ません
でした。そうしてお家に戻ってウヨ
君にカンコ君とのやり取りをお話し
ました。
「うちもね」
「何とかしたいことだね」
二人でお話します、一つのお部屋に
人が集まり過ぎるのも考えものです。
0541創る名無しに見る名無し
垢版 |
2023/08/15(火) 21:32:24.61ID:fyRS/zJM
コロナ禍で東京を離れていた外国人が戻ってきている
東京の人口が2カ月連続で過去最高を記録した。都の公表データによると、6月
1日現在の推計人口は1409万347人。先月よりも5011人、昨年6月よりも6万621
人増えた。
総務省が7月26日に発表した人口動態調査結果(今年1月1日時点)では、日本
の総人口は前年比で約51万人の減少で、日本人に限っては47都道府県すべてで
減少となった。にもかかわらず、5月、6月と東京の人口は過去最高を更新し、
不気味な膨張を続けている実態が浮かび上がった。
今年に入ってからの東京都の人口(推計)の推移を見てみよう。
【1月】1403万4861人
【2月】1403万1030人
【3月】1402万8040人
【4月】1406万3564人
【5月】1408万5336人
【6月】1409万347人
3月こそ前月よりも減少したが、4月以降増加に転じ、5月、6月と過去最高を更
新した。日本人人口は1月に比べ2万9539人増加している。増加率は0.22%であ
る。一方、外国人の人口は2万5947人増で、増加率は4.47%。外国人人口の増
加率の高さが際立っている。コロナ禍で日本を離れていた外国人が再び戻って
きているということだ。
6月のデータをエリア別で比べると、23区は前年同期比6万1408人増、市部は73
人増、郡部・島部は860人減で、まさに「23区一極集中」の様相を示している。
新築マンションの平均価格が1億円を超える23区の人口だけが突出して増え続け
ている。再開発が進み、どんどん高層ビルが増殖する23区の吸引力、膨張力は
すさまじい。
(略)
“幸福都市”への移転を進める韓国の現状
 一極集中はお隣の韓国でも同じような事情を抱えている。
ソウルの人口は966万人で、韓国総人口約5100万人の5分の1が集まっている。
ソウル首都圏(ソウル特別市、仁川広域市全域と京畿道31市郡)には国全体の
半分、約2600万人が集積している。
過密都市ソウルを抱える韓国では、ソウル首都圏の諸機能の一極集中解消など
を目的に、2004年のノ・ムヒョン政権時代に、“首都移転”を目的とした「新
行政首都建設のための特別措置法」を制定。
その後、違憲判決が出たため、政府行政機関の一部を移転する「行政中心複合
都市建設特別法」を制定し直し、2012年から中部にある世宗(セジョン)特別
自治市の建設、整備が進められている。ソウルから120kmの世宗市は高速バス
で1時間30分だ。
全文はソースで
ttps://jbpress.ismedia.jp/articles/-/76305
0542創る名無しに見る名無し
垢版 |
2023/08/17(木) 21:44:33.82ID:6mlZJM4r
   「お菓子も苦くなる」
それぞれのお家に独特のスナック菓子
があって人気があります、それは日之
本家も同じです。
それで皆そうしたお菓子を食べて楽し
んでいますが。
「こうしたご時世だから」
「もう何でも高くなってるよね」
アイヌちゃんとリュー君が日之本家で
売られているジャガイモのスナック菓
子を一緒に食べつつ浮かないお顔でお
話しています。食べていても今一つ美
味しく感じていないみたいです。

「だからね」
「このお菓子だってね」
「どうなるか」
「こうしたお菓子も関係あるのね、ウ
クライナちゃんのお家でのことと」
「ない筈がないよ、だってお菓子作る
にも電気とか油使うけれど」
「そうしたものも喧嘩の影響で値上が
りしてるし」
「食用油作るのも電気いるから」
こうしたお菓子を作るのに欠かせない
こちらの油もです。
0543創る名無しに見る名無し
垢版 |
2023/08/17(木) 21:45:19.03ID:6mlZJM4r
「だからね」
「何でも高くなるのね」
「そういうことだよ」
リュー君は項垂れる様なお顔でアイヌ
ちゃんにお話しました。
「今僕達が食べているお菓子は今のと
ころそうしたことないけれど」
「何時どうなるかわらないわね」
「値上がりしてもね」
実際にと言うリュー君でした、そうし
てそんなお話をしながら食べていると
でした。

ニホンちゃんが来てです、それで言う
のでした。
「あっ、そのお菓子も値上がりするの
が出たのよ」
「そうなんだ」
「そんなことお話してたけれど」
リュー君とアイヌちゃんはニホンちゃ
んの言葉に項垂れて応えました。
「本当になのね」
「そうなるのね」
「残念だけれどね」
ニホンちゃんは心からその感情を出し
ています、誰も値上がりなんて好きな
筈がありません。
0544創る名無しに見る名無し
垢版 |
2023/08/17(木) 21:46:15.73ID:6mlZJM4r
「そうなるの」
「それで何が値上がりするのかな」
「丁度リュー君達が食べてるものよ」
ニホンちゃんはリュー君に暗いお顔で
答えました。
「リュー君のお部屋のタコライス味、
あと牛あん味とか手羽先味とかたこ焼
き味とか」
「地方のがなんだ」
「値上がりするの」
「ドンピシャだね」
そう聞いて思わず項垂れてしまったリ
ュー君でした。

「まさに」
「リュー君にとっては残念なことだけ
れど」
「うん、実際そのお話を聞いて僕も落
ち込んだよ」
リュー君はニホンちゃんにこの世の終わ
りみたいなお顔で応えました。
「残念だよ」
「そうよね」
「今回私のお部屋のお菓子は入っていな
いみたいだけれど」
アイヌちゃんも浮かないお顔になって応
えました。
0545創る名無しに見る名無し
垢版 |
2023/08/17(木) 21:47:02.74ID:6mlZJM4r
「けれどね」
「それでもよね」
「何時どうなるか」
このことはというのです。
「わからないわね」
「値上げはね」
「原因はわかってるけれど」
喧嘩であることは町の誰もがわかってい
ます、何しろ町中で起こっている出来事
なので。
「その原因がね」
「早く終わって落ち着いて欲しいわね」
ニホンちゃんも心から思うことでした。

「本当に」
「そうよね」
「全くだよ」
値上がりを受けたリュー君も言います。
「そして値下がりして欲しいよ」
「何でもかんでも値上がりして」
「お菓子もで」
「皆苦しいからね」
ニホンちゃんも項垂れています。
「早くね」
「喧嘩終わって欲しいね」
「お菓子のことでもね」
今度は三人で言います、とても暗いお
顔で。
0546創る名無しに見る名無し
垢版 |
2023/08/17(木) 21:47:33.00ID:6mlZJM4r
カルビーは、各地の土産店などで販売している地域限定のスナック菓子を
10月2日納品分から順次値上げすると発表した。「おみやげ じゃがりこ」
など35品目は5〜20%程度引き上げ、別に6品目は内容量を減らしてリニュ
ーアルする。食用油などの値上がりを受けた。
値上げするじゃがりこは6品目で、東北地方の牛たん味、長野県の野沢菜こ
んぶ味、中部地方と静岡県の手羽先味、近畿地方のたこ焼き味、九州地方
の明太子味、沖縄県のタコライス味。想定価格は950円前後から千円前後と
なる。
ttps://news.yahoo.co.jp/articles/a7235a140cbcd54e0191d9f41002f3145ac4504c
0547創る名無しに見る名無し
垢版 |
2023/08/19(土) 21:28:23.29ID:afM+Gso2
 「パティシェニホンちゃん」
ニホンちゃんはお菓子作りも得意です、
それで自分のお家に皆が来た時も振舞
ったりしますし他の子のお家に来た時
もです。
頼まれて作ったりもします、特に香ち
ゃんとシンガ君がお気に入りで。
「いつも美味しい思いさせてもらって
いるある」
「全くだね」
シンガ君は香ちゃんに笑顔で応えます、
今は二人でニホンちゃんの作るお菓子
が出来るのを待っています。

「ニホンちゃんは料理上手だけれど」
「お菓子もなのよね」
「そう言ってくれてわたしも嬉しいわ、
だったら腕によりをかけて作るわね」
「さっさと作るニダ」
ここでカンコ君も言ってきました。二
人と同じテーブルに着いています。
「食ってやるから感謝しる」
「あれっ、カンコさん誰か呼んだある
か」
「いつも通り呼ばれてもないのに来た
んだよ」
シンガ君はカンコ君の突然の登場に首
を傾げさせた香ちゃんに答えました。
0548創る名無しに見る名無し
垢版 |
2023/08/19(土) 21:29:06.69ID:afM+Gso2
「それでだよ」
「ああ、本当にいつも通りあるな」
「そうだよね」
「いつも通りではないニダ、ニホンが
作ったものなんて誰も食べないに決ま
ってるから仕方なくウリが食ってやる
ニダ」
「いや、私達ご馳走になる為に来てい
るあるよ」
「いきなりお話の本題スルーするって
流石に無理があるよ」
二人はそんなカンコ君に全く、という
お顔で突っ込みを入れました。

「しかもカンコ呼ばれてもないのに来
るし」
「しかもいつもあるよ」
「ええいうるしゃいニダ、兎に角ニホ
ンはさっさと作って食わせろニダ」
「いつもだからいいけれど何でカンコ
君ってわたしのところに何だかんだで
来るのかしら」
今回も気付かないニホンちゃんでした。
そんなニホンちゃんにぐぎぎとなるカ
ンコ君でしたが二人がそんなカンコ君
の両肩をそれぞれ叩いてドンマイと声
をかけました。