【ネタバレ】週刊少年マガジン速報スレッド 16号 [無断転載禁止]©2ch.net

レス数が1000を超えています。これ以上書き込みはできません。
1メディアみっくす☆名無しさん2017/03/24(金) 17:09:45.80ID:???
マガジンの速報やニュース記事を交換し合うスレッドです。
雑誌の早売り情報やネタバレも歓迎!

前スレ
【ネタバレ】週刊少年マガジン速報スレッド 15号 [転載禁止](c)2ch.net
http://hayabusa6.2ch.net/test/read.cgi/comicnews/1416825025/

2メディアみっくす☆名無しさん2017/03/25(土) 03:52:20.45ID:???
>>1

3メディアみっくす☆名無しさん2017/03/28(火) 16:18:16.03ID:???
FT
骸となったエルザ母を尚も踏みつけるアクノロギア
やめろと言うエルザに対してこの女と同じ匂いがするなと近付く
その際にウェンディに気付き、ドラゴンスレイヤーと感づかれ、襲ってくる
ウェンディたちから守ったのはジェラールだった
超高位魔法を次々と放つジェラールだが、アクノロギアはガブガブと魔法を食っていく
アクノロギアによると自分は属性の無いドラゴンで魔を食えるというチート
私がやらなきゃと言うウェンディだが、空からブルーペガサスのクリスティーナがアクノロギアに特攻
早く乗れと言われ間一髪乗ったエルザたちは一緒にクリスティーナで逃げる
一夜はある女性に「とある場所に誘導」しろと言われたためそこにクリスティーナでアクノロギアを誘導するように逃げる
その女性とは・・・?

529話:先生

4メディアみっくす☆名無しさん2017/03/30(木) 20:57:42.94ID:???
先生 先生 それは先生

5週刊少年マガジン18号は本日発売!2017/03/31(金) 16:23:56.58ID:3vFj5Qfr
.

6メディアみっくす☆名無しさん2017/04/02(日) 18:38:50.66ID:???
長澤翔 遊戯王 不審者 ニトロ箱 変質者 レイプ アンネの日記 人身売買 少年院
長澤翔 猫に熱湯 真犯人 知的障害 下着泥棒 森友学園 マネーロンダリング 食糞 クレジットカード不正利用
長澤翔 前科持ち 破天荒 中国マフィア 麻薬 脱糞 シールズ 大麻 遺棄罪
長澤翔 軍艦 元公安 クラッシュ・バンディクー 創価学会 P2P 罪状 朝鮮 ガイジーヌ
長澤翔 シンナー 資金洗浄 イスラム教徒 韓国人 ヘッポコ丸 詐欺 ドルオタ ソフトン

7メディアみっくす☆名無しさん2017/04/04(火) 08:48:21.81ID:???
FT
先生と呼ばれる女子に話しかけられたウェンディ。先生はウェンディを知っているようだがウェンディは「???」な顔
しかしウェンディは思い出して、その女性を「アンナ先生」と呼び、アンナは自分は「ルーシィの先祖」と話す
ウェンディを抱きしめたアンナは、ナツたちに言葉や文化を教えていた教師で、ドラスレと共にエクリプスを通り、この時代に来たという

その頃ルーシィ側
ルーシィはエンドの書を握り、「この本がナツの命だなんて・・・ナツだって普通の男の子なのに」と涙を流す

場面はナツ側
ナツを「ENDィィィィ」と叫ぶゼレフに対しナツは「俺はナツだー!」と叫び特攻

場面はまたエルザ側
アンナは「400年前のアクノロギアに対抗する術がなく、ドラゴンたちが未来に希望を託すことにしてドラゴンスレイヤーたちの体内に入ったと話す
この時代に来たのはゼレフが扉を作って、その扉をアンナが開いたという
ゼレフはずっと時の研究をしていた。でもあの頃は彼の望みだった過去へ行くことはできなかった。ただ未来へ希望も持っていたとも話す
そしてこの時代へと繋いだのがルーシィの母親。この時代へとドラゴンスレイヤーを導いたのはいいが、それぞれバラバラになってしまい、探すのに5年かかった
アンナはナツたちを探す過程でとんでも無いものを見つけたという
何が原因かは不明だが、「それ」と呼ばれるものは存在していた。「それ」は危険な力もしくは概念

アンナ「時の狭間。アクノロギアを封じ・・・無に還せる唯一の希望」

第530話:ネオ・エクリプス

8メディアみっくす☆名無しさん2017/04/05(水) 20:00:15.29ID:???
16号の巻末読み切りが最高だった
たった3ページの中に、特大の萌えが凝縮されている

9週刊少年マガジン19号は本日発売!2017/04/07(金) 11:16:39.56ID:f+hi7F4l
.

10メディアみっくす☆名無しさん2017/04/07(金) 15:13:37.09ID:???
これから、16号は大事に保管しておきたい

11メディアみっくす☆名無しさん2017/04/07(金) 17:40:52.49ID:???
今回の読み切りは、物凄くほのぼのした雰囲気だった
本当に、マガジンを立ち読みで済ませずに、定価で買って良かった!

12メディアみっくす☆名無しさん2017/04/09(日) 20:43:23.76ID:???
あの読み切りは知る人ぞ知る良作だと思う

13メディアみっくす☆名無しさん2017/04/11(火) 06:34:15.96ID:???
金田一少年、31号より25周年記念シリーズ連載開始
あっと驚くビッグプロジェクトの発表もあり

14メディアみっくす☆名無しさん2017/04/13(木) 19:52:43.65ID:???
金田一ってコナンよりも長いのか

15メディアみっくす☆名無しさん2017/04/14(金) 15:23:13.03ID:???
香坂という苗字の女キャラに原則悪人はいない

16メディアみっくす☆名無しさん2017/04/14(金) 17:34:31.50ID:???
わかる
純真で可愛らしくて好感が持てるよね

17メディアみっくす☆名無しさん2017/04/14(金) 19:13:57.24ID:???
久しぶりに本気で惚れた女キャラ
地味なのに目が離せない、そこが大きな魅力と言えよう

18週刊少年マガジン20号は本日発売2017/04/15(土) 15:09:23.99ID:a56YxuQX
.

19メディアみっくす☆名無しさん2017/04/19(水) 12:05:41.05ID:???
香坂さんのふわふわした髪の毛可愛すぎる

20メディアみっくす☆名無しさん2017/04/19(水) 12:37:01.37ID:???
香坂さんのおどおどした話し方可愛すぎる

21メディアみっくす☆名無しさん2017/04/19(水) 12:56:39.67ID:???
香坂さんの優しげな笑顔可愛すぎる

22メディアみっくす☆名無しさん2017/04/20(木) 09:56:03.26ID:???
誰?

23メディアみっくす☆名無しさん2017/04/20(木) 21:06:17.75ID:???
マガジン16号の巻末近くに掲載された3ページ漫画の女キャラ

24週刊少年マガジン21・22合併号は本日発売!2017/04/21(金) 17:22:29.42ID:e5tpz0FA
.

25メディアみっくす☆名無しさん2017/04/24(月) 19:53:52.97ID:???
次回のFTは

・メイビス、あっさり捕まりフェアリーハートを奪われる
・ジェラールがアクノロギアに時間稼ぎで挑む
・ゼレフが無限の魔力、時をも超える神の力を得る

の三本です

26週刊少年マガジン23号は本日発売!2017/05/02(火) 12:12:02.71ID:7xDinDe+
.

27メディアみっくす☆名無しさん2017/05/03(水) 09:52:35.83ID:???
ここに、とあるお話があります。

ある週刊漫画雑誌「M」は、販売数が伸び悩んでいました。
売り上げとしては高い方なのですが、ライバル誌である
同じ週刊漫画誌の「J」には、どうしてもかないませんでした。
そこで、「M」は一計を案じました。
「このままやっても勝てないなら、『J』のおいしいところだけを盗んで
誌面構成に役立てればいいじゃないか!」というものでした。
そこで、そのために「アンケート」が利用されました。
といっても、普通のアンケートではありません。
普通のアンケートでは、単なる人気投票以上でも以下でもなかったのです。
では、普通とどう違ったのでしょうか?
それは、「他の売れているライバル誌の動向を読者の視点から視察してもらう」
という意味で行われたアンケートでした。
そして、この方法で「M」は「J」との戦いに勝利しました。
「J」は、アンケートを万能だと思い続けて、衰退していきました。
「M」は、アンケートは単なる作家説得の一つと捉えていました。
「J」は当然、アンケートは「人気投票」にすぎないと思いこんでいました。
そして、そのアンケートを万能だと思っていたわけです。
しかし、それが間違いだったことが「M」の成功によってわかったわけです。
このように、アンケートにはいろいろな使い道があるのです。

28メディアみっくす☆名無しさん2017/05/09(火) 01:22:57.76ID:GhJ4e+pb
プレミア見れない
ブンデス見れない
CLEL見れない
代表も見れねえちきしょう
結果知らされて見れねえちきしょうクソったれ同和のクソ野郎地獄へ落ちろ
音楽聞けねえちきしょう
テレビ見れねえちきしょう
オシムは考えて走るサッカー
アンデションズはよく(十分に)考えて(タイミング計って)車のドア閉めて車(バイク)で通る嫌がらせ
同和のクズ共死ねクソ共がざまあみろ気違い共
ほれ気違い共もっともっとドア閉めろ通れ
それしか能のない能無し共がざまあみろ地獄に落ちろ。悔しいか、ざまあみろくたばれクソ同和
お前らの恐ろしさをもっと見せてみろ。そんなんじゃなんともねえぞ
袋とじ見たぞ。悔しいか、ざまあみろくたばれクソ同和
生きる権利もねえクズ共が藁地獄へ落ちろ
嫌がらせがエスカレートするのが楽しみでしょうがない。今それだけが楽しみだ。俺の生き甲斐藁。それだけ怒ってるってことだもんな藁
ラブホ行ったのがそんなに悔しいかざまあみろチンカス共が藁。思う存分楽しんでくるぞあばよ
椎名茉莉、知っちゃったよ。ラブホに来なければ知らなかったはずだけどな。サンキューお前ら藁
超美形。嬉しくてたまらん。お前らどうしてくれる?藁ほれ赤字分を取り返すために必死になれ
ピザ食ったぞ。羨ましいだろう?藁ざまあみろ
音楽聞いたぞざまあみろ
非人が美人
お前ら音楽聞かせてくれてサンキュー。それもお前らがドア閉めて通ってくれたおかげだ
テレビも見たぞざまあみろ
同和の悪口書けば書くほどドア閉めるってことは嫌がらせしてるのは同和だって証だ
とにかくドア閉めるクソ同和藁(とにかく明るい安村風)
深谷市東方の西と高橋Dかとバカチョン南も死ね
サッカーの動画見たぞざまあみろ
気違いなのを常識化させるのが集ストの狙い。多いほうが正しいと考える日本人に漬け込んだわけだ。例え悪いことしてても多いんだから正しいと錯覚するように。上手く法律の盲点を突いた嫌がらせだな。法律で取り締まれないことをイイことにやりたい放題
ラルクがライブやるのが悔しいかざまあみろ
メル友出来たぞざまあみろ悔しがれクソ野郎共藁
射精する時毎回ドア閉めやがってこのインポ野郎どもが藁俺の元気なチンポが羨ましいか?ざまあみろ藁なんならやってる最中ずっと閉めてろ
フライデーの岡田さやかでヌイたぞざまあみろ藁
気持ち良かったよ藁それもこれもお前らが閉めてくれたおかげだサンキュー藁
ユナイテッド戦アーセナルが買ったぞ悔しいかざまあみろ藁悔しかったらもっとドア閉めたらどうだ?藁ヘへざまあ藁

29メディアみっくす☆名無しさん2017/05/13(土) 22:48:57.55ID:???
FT
・ルーシィがナツに空いた穴を抜けた文字を付けたして塞ぐがそのルーシィに異変
・ジェラール、アクノロギアに捨て身の特攻で時空の穴に押しやろうと奮闘。しかし捕まってバキボキ
・ナツの攻撃が神ゼレフに通じはじめる。互いに殴り合いが始まる

30週刊少年マガジン25号は本日発売!2017/05/19(金) 14:08:56.90ID:4UqQrg5H
.

31メディアみっくす☆名無しさん2017/05/19(金) 23:13:37.70ID:???
FT
・ナツとゼレフが一撃に賭けた拳同士をぶつけ合う。ナツの右腕が凄まじい威力でボロボロになっていく
・その頃エルザ側。クリスティーナがボロボロで沈没しかけるが一夜と先生がクリスティーナを浮上させ捨て身の突撃
・その結果、時空の狭間にアクノロギアを封じ込めることに成功?
・その頃ナツ側は、神化したゼレフの力がどんどんナツに押されついにナツはゼレフをぶん殴る。ナツの腕はもうボロボロ
・ナツの一撃に倒れたゼレフに目を覚ましたメイビスが近づく

次号:生命の力

32メディアみっくす☆名無しさん2017/05/22(月) 22:00:39.07ID:???
マガジンヒロイン総選挙にない作品は近々終わるって事?

33メディアみっくす☆名無しさん2017/05/23(火) 21:00:29.15ID:???
リアアカはAV女優でおはようなんとかは電車女で
不滅はフシでヒロイン選挙にエントリーしてるのな

34週刊少年マガジン26号は本日発売!2017/05/26(金) 14:48:43.53ID:kPrLuJAM
.

35メディアみっくす☆名無しさん2017/05/28(日) 09:27:55.28ID:???
FT
・メイビス、ゼレフに馬乗りになって泣きながらボコスカ
・それでも情があるのか、メイビスは仰向けになってるゼレフの上に寄り添う形で寝る
・なにやら二人で魔法を発動して消えた瞬間、死んだはずのマカロフが目を覚まし生き返った

538話:炎消える時

36メディアみっくす☆名無しさん2017/05/28(日) 21:54:37.75ID:???
また死ぬ死ぬ詐欺だったか…真島ヒロはストーリー考えることから引退しろよ

37週刊少年マガジン27号は本日発売!2017/06/02(金) 12:03:02.24ID:U0R7Hqij
.

38メディアみっくす☆名無しさん2017/06/02(金) 16:46:35.48ID:???
FT(最終回まで残り8話)
ENDの書の書き換えが終わったルーシィ。すると力尽きたように後ろに倒れかかるとグレイが受けとめる
そこにヒタヒタと笑顔で歩いてくるナツがいた
ゼレフは倒したと言い、みんなと合流するため3人と1匹で今まで起きたことを思い出のように語り歩く
しかし・・・ルーシィがナツの名前を呼んだが反応が無い。後ろを振り返るとナツの姿が無い
まるでそこに最初から誰もいなかったかのように・・・

場面が変わり、ウェンディたち
空を見上げると空の一部にヒビが・・・

539話:世界崩壊

39週刊少年マガジン28号は本日発売!2017/06/09(金) 13:48:55.14ID:SGrTS3I+
.

40メディアみっくす☆名無しさん2017/06/10(土) 08:47:35.63ID:???
FT(残り7話)
空にヒビが・・・そこから現れたのは当然アクノロギア。
すると突然大地に向かって無数の光弾をぶつける。
エルザが逃げろーと言うが成す術もなく大地が破壊されエルザ自身が海に沈む。
気を振り絞り海から顔を上げると、ウェンディがドラゴンボ〇ルの魔封波のようにアクノロギアに吸収されてしまっていた。
するとなにやら発動したアクノロギアが、他のドラゴンスレイヤーのガジルらまで光に包んで吸収。
ガジルらが吸収され泣き叫ぶ面々とナツが消えてしまったことに悲しむルーシィたち。

場面が変わり消えたはずのナツ視点
極寒の謎の地?で人間バージョンのアクノロギアと対峙

■今こそ・・・世界を決める”滅竜”の刻!!

540話「調和」に続く

41メディアみっくす☆名無しさん2017/06/12(月) 22:08:43.83ID:???
新連載また神様相手にデスゲームかよ

42週刊少年マガジン29号は本日発売!2017/06/16(金) 11:22:33.35ID:zo1xsOqg
.

43メディアみっくす☆名無しさん2017/06/17(土) 17:59:21.27ID:???
FT(残り6話)
別世界にワープさせられたナツ。その周りで氷柱に入れられたウェンディたちがいた。
その頃エルザ側。空のヒビからアンナと一夜が落ちて来ていた
介抱した後、アンナから人間Verのアクノロギアがドラゴンスレイヤーを別世界に連れて行った?的な話を聞かされる
エルザはいてもたってもいられず泳いでルーシィたちと合流しようとするがそこにワープ使いの仲間が現れ一気に移動する

その頃ナツ側。徐々にナツも氷柱の中に閉じ込められようとしていた
しかしナツの左右から氷を破壊する者が現れる。氷柱から抜け出したドラゴンスレイヤーたちだった

次号
541話:希望の魔法

44メディアみっくす☆名無しさん2017/06/19(月) 11:09:52.31ID:???
せっかく格好良く散ったはずなのに実は生きてましたー
酷い展開

45メディアみっくす☆名無しさん2017/06/19(月) 11:31:43.42ID:???
いつものことだろ

46メディアみっくす☆名無しさん2017/06/21(水) 07:47:13.94ID:???
なんだこのアクマゲームと神様のいうとおりを混ぜたようなデスゲームは

47週刊少年マガジン30号は本日発売!2017/06/23(金) 10:04:16.91ID:0pwDDpBC
.

48メディアみっくす☆名無しさん2017/06/24(土) 21:43:58.08ID:???
FT(残り5話)
人間アクノロギアVS7人のドラゴンスレイヤー
連携で攻撃を仕掛けるがまったく効かず
それどころかやはり押されっぱなしのナツたち
アクノロギア「何故我が竜王と呼ばれたか教えてやろう」

ルーシィ側
我が物顔で竜のアクノロギアが地を見下ろしている
もう打つ手なしかと思いきやルーシィがなにやら思いついた様子
するとその直後にアクノロギアの攻撃が始まりルーシィたちは避難する
避難しながらルーシィの思いついた策を話す
天狼島でナツたちが全員で手を繋いで発動した「妖精の球」を使うという
アクノロギア級の敵を倒すにはフェアリーテイルのメンバーだけじゃ不完全
そこで散り散りに他のギルドのもとへ飛び協力を申し出にいく

次号
542話「本能」

49メディアみっくす☆名無しさん2017/06/27(火) 08:28:36.71ID:???
金田一少年ネタバレ
次号予告より


「金田一二三誘拐殺人事件」連載スタート
実在する駅名も登場
25周年企画
鉄道2社×金田一少年の事件簿のコラボ
謎解きイベント開催

50メディアみっくす☆名無しさん2017/06/27(火) 15:27:25.29ID:???
>>49
ようやく新シリーズにフミ出るのかw
レギュラーメンバーでフミだけどんだけ引っ張んたんだ

51メディアみっくす☆名無しさん2017/06/27(火) 21:51:07.87ID:???
誘拐殺人事件って
二三が殺されるタイトルみたいでいやだなw

52メディアみっくす☆名無しさん2017/06/28(水) 00:50:21.40ID:???
速水玲香誘拐殺人事件が既にあったのに何を言ってる

53メディアみっくす☆名無しさん2017/06/28(水) 16:27:46.38ID:???
そんな事件あったな
一緒に誘拐された男が嫁に過去の恨みで殺されたんだっけ

54週刊少年マガジン31号は本日発売!2017/06/30(金) 16:25:27.32ID:LWYvC2me
.

55メディアみっくす☆名無しさん2017/07/02(日) 16:09:06.87ID:???
FT(残り4話)
・FT本部で妖精の球についての書物探し
・グレイたちは各地を回り協力を申し出に行く
・セイバートゥースたちはアクノロギア竜に対抗しようとするも防戦一方
・別世界ではナツたちVSアクノロギア人間。こちらも攻撃が効かずフルボッコされる
・現実世界ではアクノロギア龍の砲撃でFT本部が半壊。その影響で多数の書物がいっせいに崩れ落ちるがルーシィが書物発見
・急いでみんなを集めて手を繋ぎ、妖精の球を発動しようとするも、アクノロギア龍にばれてしまい全方位に向けて砲撃
・辺り一面焼け野原になってしまい愕然とする一同

■意思無き絶望が 希望を凌駕する時 悪魔の微笑が人類を照らす・・・!!

次回
543話「繋がる心」

56メディアみっくす☆名無しさん2017/07/02(日) 17:18:29.09ID:???
残り話数なんて出したおかげで
絶望とか圧倒的不利な状況描かれてもあとちょっとでフルボッコされるの確定してて
・・・うん

57メディアみっくす☆名無しさん2017/07/04(火) 01:04:08.03ID:???
金田一
お着替え中のフミが襲われる

58メディアみっくす☆名無しさん2017/07/04(火) 17:30:17.84ID:???
薄い本ネタかな

59メディアみっくす☆名無しさん2017/07/18(火) 21:42:45.45ID:???
FT(残り1話)
・別世界でのナツにルーシィたちの力も届き、現実世界のアクノロギア龍を魔力の塊に封じ込めることに成功
・ルーシィが力の使い過ぎで倒れそうになるも仲間たちの手助けで魔力が繋がる
・世界中の人々が手を掲げると手を繋ぎ合ったルーシィたちに魔力が届く(普通に元気玉)
・そして発動する妖精の球でアクノロギア龍は完全に動けなくなる
・すると別世界での人間のアクノロギアに異変。完全に動きが停止
・そこにナツが他の6人のドラゴンスレイヤーの全魔力を託され、巨大な炎の腕でアクノロギア粉砕し砕け散る
・すると現実世界のアクノロギア龍も消えて無くなった
・歓喜に舞うルーシィたちや民衆たち。そこに空が割れてその空間からナツたちドラゴンスレイヤーたちが降ってきた
・何故かナツがルーシィ(ハッピー含め)を押し倒している形に

最終話:「かけがえのない仲間たち」に続く

60メディアみっくす☆名無しさん2017/07/21(金) 20:52:23.18ID:???
FT最終話
・月日が経ち、ルーシィは小説家としてデビューし賞を受賞。その会見中にFTメンバーたちが食ったり飲んだり騒ぐ
・どうやらガジルとレビィは結婚?してガジルに耳打ちでひそひそ。それを聞いたガジル赤面。どうやら赤ちゃんが出来たと言ったらしい
・それが聞こえたのか、ルーシィとウェンディも顔を真っ赤にさせる
・その他も、グレイとジュビアらが二人抜け出してジュビアが胸の谷間を晒し、グレイが赤面したりいい感じになったりと・・・
・するとルーシィたちが何やら発見。FTの初代とゼレフと瓜二つの子供が仲良さそうにしている。一瞬ざわっとするがなにもなく二人はどこかへ消えて逝った
・受賞パーティーも終わり翌日布団の中で目が覚めるルーシィ。夢オチ?と思ったがちゃんとトロフィーがあった
・目が覚めるとナツとハッピーが勝手に飲んだり食ったりくつろいでいた。昨夜は酔いつぶれたルーシィをナツがおぶって連れ帰ったらしい
・するとなにやらルーシィの記憶がフラッシュバック。ナツがもう行くわって発言から1話で出会ったころからこれまでの記憶を思い出し涙
・どうやらナツとハッピーが修行に行くときにルーシィは置いて行かれたことにショックだったようで今度は連れて行ってと抱き付く
・当たり前だ!と言わんばかりにルーシィを連れて外へ。するとそこにはグレイ、エルザ、ウェンディ、シャルルらが待っていた

そして依頼をこなすため仕事に出たナツたち
終わり

ジュビアも連れて行けよグレイ
そしてガジルとレビィはやることやってたw

61メディアみっくす☆名無しさん2017/07/22(土) 20:30:29.36ID:???
七つの大罪
・メラスキュラの罠でメリオダスの負のエネルギーが死霊たちに渡り、パワーアップしていく
・徐々に推され気味になる七つの大罪。バンは背後から胸を貫かれ倒れる
・しかし余裕をこくのが強者の特権とエスカノールが死霊たちをなぎ倒していく
・そして1体残った死霊に対してメリオダスの負のエネルギーが渡るがその膨大なエネルギーに耐えられず憤死
・しかしそこでマーリンが異変に気付く。死霊たちの怨念の塊により、周りが黒く染まる
・マーリンが意識を強く持て!身体を乗っ取られるぞ!と助言するがなんとディアンヌが身体を乗っ取られキングたちに牙をむいた
・様子が一変したことでエレインがそれを感じ取り動こうとするが立てない。しかしエレインに肩を貸した人物がいた。エリザベスが目覚めていた

62メディアみっくす☆名無しさん2017/07/22(土) 20:31:30.74ID:???
炎炎ノ消防隊
・バーンズからお前の覚悟はそんなものか、そんなのはロウソクの火だなと馬鹿にされたシンラ
・しかし俺はこんなものじゃねえとシンラの攻撃がようやく届く
・何を聞いても後悔しないか?とバーンズ。真実を知るために消防隊になったとシンラ

「あの火災、真実、お前の知る物とは違う」
「お前が戦った伝道者の一味は十二年前に既に動いていた」とバーンズ

過去回想
男「ハウメア何か感じるか?」
ハウメア「伝道者はこの辺だって言ったんだろ?」「生まれるよ?新しいアドラバースト」「ひきき♪」「キタコレ!」

バーンズ「伝道者は事前にあの火事が起きることを知っていた」
シンラ「知っていた?じゃああの火事を起こしたのはやっぱり伝道者と連中が・・・(いたんだ俺たち家族以外にツノの生えた焔ビトが・・・)」
バーンズ「あの火事の出火原因ははっきりしていた・・・お前じゃない」
シンラ「そうです!鬼がいたんです!」
バーンズ「・・・・・」

過去回想
ハウメア「歓迎するぜ♪3人目だ」
目が覚めたシンラ母の上でショウが炎を纏い浮かんでいた

シンラ母「ショウ!」
周りが炎に包まれシンラ母がどんどん焔ビト化

シンラ母「シンラ!ショウ!」
母親の叫びに駆け付けたシンラ

シンラ「お母さん!ショウ!」
母の方を見たシンラ「!」
母「シンラ!早く逃げなさい!」
母「早く!!ああっ・・・あぁ・・・」「はやく・・・逃げ・・・て・・・」と母親の頭から「ツノ」が生えていく

シンラ「お母さん!どこ!?」
母親の姿を見たシンラ
シンラ「鬼・・・ああ・・・」とシンラの両足に炎が移り噴射状態になり扉に激突し気絶

バーンズ「十二年前の-----あの火事の原因はお前の弟のショウ・・・」

シンラ母(鬼)「ショウ!ショウ!」

バーンズ「ショウのアドラバーストの影響でお前は第三世代に目覚め・・・」
ショウの姿を見たシンラ母(鬼)「あああぁああああああ」

男「俺たちが目を隠している理由はわかってるな」
ハウメア「当たり前だろ」「太陽は直接見ると目が焼かれるからね♪」
男「太陽は輝けど人の子には見えず 神界に近づきたくば心でただ感じよ」

バーンズ「お前が見たというツノの焔ビトは・・・」
シンラ「そんな・・・あの角の生えた焔ビトは・・・・・・母さん・・・?」
「俺はあの焔ビトを探すために・・・殺すために・・・これまでやってきたのに・・・」

ショウを抱く鬼化したシンラ母の図

煽り
鬼の正体は最愛の母!!
一つの絶望が明かされ、悲劇は尚も続いて行く・・・!

63週刊少年マガジン35号は本日発売!2017/07/28(金) 13:31:56.86ID:R2qbbEfu
.

64メディアみっくす☆名無しさん2017/07/28(金) 18:08:07.14ID:YCqFwfHS
+++++++++++++++++++++++++


日本の民主主義が崩壊するぞ!

安倍の憲法改正案は 日本人の人権と言論の自由を
奪い 中国みたいな独裁政権にすることだった!

http://www.data-max.co.jp/280503_ymh_1/

マスコミは 9条以外の安倍自民案の本当に怖い部分、
日本の民主主義を破壊する部分を まったく報道しない。

https://www.youtube.com/watch?v=h9x2n5CKhn8

上の安倍、稲田など自民の不気味な憲法改正の誓いで
日本人に基本的人権は必要ない と言っている。

万が一の国民投票に備えて ネットなどで 安倍自民案の
9条以外が いかに恐ろしいか広めてほしい。


+++++++++++++++++++++++

65メディアみっくす☆名無しさん2017/07/30(日) 11:51:15.87ID:???
炎炎ノ消防隊
・出火原因がショウで俺が見た角の焔ビトが母だった。それなら俺の母はどうなったんですかという問いにバーンズは

過去回想
(燃えるシンラ家を見て)

バーンズ「生存者は!?何故消火活動をしない!」
隊員「この炎、普通じゃない!放水でまったく弱回らないんだ!」
(シンラ家の扉が開きシンラが這いずり出て来る)
隊員「生存者だ!」
シンラ「離せ!まだ中には母さんとショウが・・・まだ中に悪い鬼がいるんだ・・・!」
バーンズ「(消えない炎・・・鬼・・・嫌な予感しかしない・・・)」

男「母親に見せかける死体はセットした」「ハウメアどうだ?操れたか?」
ハウメア「・・・」
男が何度もハウメアに話しかけハウメアは激怒。だったら返事しろという問いに
ハウメア「返事したら手伝ってくれんのか!?できねえだろ!?だったら黙ってアホ面、風に靡かせてろ」とまくしたてる

バーンズは燃え盛る家の中に入り、ショウを抱く鬼化した母親を目撃。そしてハウメアに操られた鬼は家の中からショウを連れて逃げた
家の中にいるのはもう危険なので脱出したバーンズはシンラに向かって仕方なくショウと母親は死んだと嘘を告げた

今になって嘘とわかったシンラは何故あの時嘘をついたと聞くとバーンズは
「踏み込ませないためだ。お前もいつか奴らに狙われるかもしれなかった」
「お前が炎を恐れ嫌うように嘘を吹き込んだ」
「炎を恐れれば発火能力を使うことを避け、この世界に入っては来ないだろうと考えたからだ」
シンラ「嫌いですよ・・・今でも!炎が全てを狂わせたんだ。好きになれるわけがない!」
バーンズ「だがお前はその炎を使いここまで来た。」という発言にシンラは無言
ここに今日来たのは以上だと去ろうとするバーンズにシンラは
「バーンズ大隊長は”アドラリンク”をしてあの地獄を見たんですか?」と問う
するとバーンズは右の眼帯を外し、「見たから目が焼き焦げた」と右目を見せる
シンラ「(なら地下で”アドラリンク”した時のあの鬼は母さんだったんじゃ・・・)」「その後母はどこへ行ったんですか」と問うが
「その後を見た者はいない」とバーンズは終わらせた
立ち去るバーンズの背中を見送りシンラは「アドラリンクをすればもう一度あの焔ビトに会える・・・母さんにもう一度・・・」
でもどうやってアドラリンクをまたすればと悩むシンラはアドラリンクした時に第4特殊消防隊のアーグ中隊長を見たことを思い出す
アーグ中隊長に似てる!とメガネ女子ナース。そのメガネ女子はアーグ中隊長の孫娘だった

第8特殊消防隊に戻ってきたシンラはメガネ女子から
「アドラバーストのことですか?その頃から祖父は人が変わってしまった」と発言し、一応頼んでみますとも言った

そしてシンラが戻った先で何故か身体を鍛えている男共

隊長「今年もやってきたんだよ。特殊消防隊のヌードカレンダー」
シンラ「はあぁあぁぁぁぁぁぁぁぁ?」

■筋肉乱舞!ヌード回到来!って”アドラリンク”は!?

66メディアみっくす☆名無しさん2017/07/30(日) 21:15:54.72ID:???
炎炎バレありがたい

67メディアみっくす☆名無しさん2017/07/31(月) 01:28:13.19ID:???
次号のリアアカで教師が小学生に告白するシーンあるけど実際にさいたま市でニュースあった直後で大丈夫なのか

68メディアみっくす☆名無しさん2017/07/31(月) 03:31:45.08ID:???
>>65
乙です

69メディアみっくす☆名無しさん2017/07/31(月) 23:00:03.18ID:???
新連載
五等分の花嫁36.37合併号から
寄宿学校のジュリエット43号から

70週刊少年マガジン36・37号は本日発売!2017/08/04(金) 13:08:25.64ID:svOypfM1
.

71メディアみっくす☆名無しさん2017/08/05(土) 23:24:50.19ID:???
七つの大罪:エリザベスが目覚めたことでメリオダスの力が暴走。次回、最凶(メリオダス)VS最強(エスカノール)

生徒会役員共:母のかんろく、ぐうたら生活、オプション、ふれあい広場、ゆるゆる生活、現在位置、シノメーター

炎炎ノ消防隊
「わがまま胸筋」「強気な腹筋」「慎ましい背筋」「説明する上腕二頭筋」
今では女性の働く職場で飾りたいカレンダーベスト10に子犬カレンダーと張り合うほど人気の特殊消防隊のヌードカレンダー
ちなみに第8特殊消防隊は最下位で去年のカレンダーをめくっていくと不動の第1位はレッカがいた第1特殊消防隊
別場面では第2特殊消防隊はジャガーノートがオラ脱げ!と強制的に脱がされている
第3特殊消防隊はジョバンニ。もしかしたら中身が見れるかもとめくるとがちむちのジョバンニがいた。完全に作り物だろとシンラ
そういえば第5特殊消防隊の火華大隊長もヌードなのかなとゴクリするシンラ。しかしめくると誰だよてめえっていう感じのモブ男3人だった
露骨にガッカリしているシンラの背後からシスターが呆れ顔でヌードは男性のみですよと言う
そして姉さんもシスターなのでヌードとか興味ありませんと一蹴。しかしそんな火華はというと

火華「あぁシンラの裸ァ〜・・・あぁ〜シンラのカレンダーは見たい・・・見たい・・・見たいけど・・・しかし・・・見つかってしまう」
   「シンラの魅力に世間が気が付てしまう・・・そうなれば私だけのシンラではなくなってしまう・・・」
   「でもそれは必然・・・受け入れるしかないのか・・・」

と涙を流し嘆いていた
場面はまたシンラ側。第7特殊消防隊は興味無いだろうなと言うシンラに結構な人気メンだぞと隊長
「エェ〜?新門大隊長が?人気になるのはわかりますけどそもそもこんな企画に出ないでしょ」
と7月のカレンダーをめくると明らかに風呂に入っている新門の盗撮写真だった
しかもその写真を撮ったのは紺炉中隊長だったという

最下位の第8特殊消防隊の隊長ら二人が載っているカレンダーのポーズがなんか第8の女性陣に大ウケ
「力(ちから) コブラ」をやってみせた隊長。しかし何故かマキとシスターはうぷぷと笑っている
そして去年の雪辱を果たすため隊長が考えた新たなポーズ

「力 コブラ」
「からの」
「ツインコブラ」
シンラ含めた新人3人が前、隊長と中隊長が後ろでダブルコブラポーズ

結局最下位に終わった

■この男、ノリノリである。次回こそアドラリンクの話!・・・のはず?

第92話:”中隊長改造計画”に続く

72週刊少年マガジン38号は本日発売!2017/08/17(木) 11:01:49.90ID:X7h/A2Ft
.

73メディアみっくす☆名無しさん2017/08/26(土) 12:13:01.18ID:???
.

74週刊少年マガジン39号は本日発売!2017/08/26(土) 12:13:28.97ID:OFoRnFdf
.

75メディアみっくす☆名無しさん2017/08/26(土) 23:00:53.75ID:???
炎炎ノ消防隊
・アーグ大隊長との面会にアサコアーグ中隊長も同行
・第4特殊消防所、特殊消防官訓練所。アサコ中隊長から第4特殊消防署に入ったことはあるか聞かれたシンラは無いと答える
・第4は一般消防隊を始まりとする組織。シンラは第4に配属されると思ってたが今では第8で良かったという
・訓練中、バーン教官に再会。そこで親殺しめと暴言を吐くモブ男。いきなり胸倉を掴まれたのでシンラは足払いで投げ飛ばす
・その光景を見た一般モブ共は更にシンラに詰め寄るが、ドレッドヘアーのオグンに制裁される
・オグンと再会し、オグンは第4でシンラは第8で頑張っている
・バーン教官に案内されたシンラとアサコ。バーンから何の用でうちの大隊長に?と聞かれたシンラ
・アサコが「祖父から顔に傷を負ってから人が変わったことの話を聞きたい」と話した。
・バーンから「アーグ大隊長は一般消防隊員から特殊消防隊員になって活躍した第一人者で俺たちはみんなあの人を尊敬している」と話す
・そして扉の先にアーグ大隊長はいると案内されたシンラとアサコだが、シンラだけが合うことになる
・扉をコンコンと叩き、中に入るシンラ。敬礼しアーグ大隊長に自己紹介。するとアーグ大隊長から衝撃の一言

アーグ大隊長「待ってたよ。まずは早速だが、君の炎をが見たくてね」

「私 を 焼 い て く れ な い か ? 」

シンラ「(きめえ・・・)」

■不穏!アーグ大隊長の発言、その真意とは!?

76メディアみっくす☆名無しさん2017/09/02(土) 09:36:34.19ID:???
炎炎ノ消防隊
・焼いてくれと迫るアーグ大隊長。すると謎の声がシンラを襲う

??『そうだ!そいつの思い通り焼いてやれ!』
シンラ「!?」
『焼け』『焼け』『焼け』『焼け』『焼き殺せ・・・』
『焼けよ』『焼け!!』『煮え滾ってんだろ?』『もう我慢するのはやめろ』

するとシンラの目が赤く?

謎の声『あの憎い鬼を殺せ!ぶっ殺してやるんだよ』
シンラ「あの鬼は母さんだったんだ。殺せるわけないだろ(汗」
謎の声『だったらお前十二年間の殺意はどこに行くんだ?そうそう消えるわけねえよな?え?』
モブ『悪魔』『気持ち悪い』『親殺し』
謎の声『クソみてえな雑魚好き放題言われても あの鬼さえぶっ殺せばスカッとすると思って我慢して来たんだろ』
    『もういいだろう 鬱憤を爆発させろよ!溜まりに溜まった怒りをごまかすつもりか?焼いてハッキリさせろ』
    『”そうだ 俺はお前らの言う通り悪魔だよ”ってな』
    『不本意か?そうだったな お前はヒーローになりたかったんだ でも もうどうでもよくねえか?』
    『こんな世界全部嘘ばっかなんだよ ハナから何が正しくて何が悪いなんてないんだよ そんな世界でヒーローもクソモねえだろ』
    『はははっ やっぱ今一番ぶっ殺しねえのはあいつだよな』
    『全部隠して 勝手に決めて あいつのせいでおかしくなった』
    『焼こうぜ 焼いてハッキリさせろ』『全部』『もう自由いしてやれよ』『その怒りを全部』
シンラ「シスター・・・?」

シスターに似た女性が全てシンラに話していた。

シスター?「全部 お前の炎に沈めてしまえ」
シンラ「違う・・・シスターじゃない 誰だお前・・・」

現実に戻り、尚アーグ大隊長は「焼いてくれ」だの「先っちょだけでもいいから」とか言っているがシンラは

シンラ「今のは・・・”アドラリンク”」
アドラリンクという言葉に反応したアーグ大隊長は暗い部屋に陽の光りを入れるべくブラインドを上げる
自分との接触が引き金にアドラリンクしたことに気付いたアーグ大隊長は
シンラからアドラリンクのことについて聞きたいと言われ「あれは素晴らしい体験だった」と話す
バーンズ大隊長は代償として目を焼かれ、アーグ大隊長は顔の傷。その顔の傷は聖痕だと豪語
アーグ大隊長はなにやら新しい宗教を作り出そうとしているらしい。すると部屋の外からアサコの叫び声が
部屋の扉が開け放たれると、着ぐるみを着た「119(ワンワンニャイン)」の3人が現れ突然襲い掛かってくる
アーグ大隊長が左手で襲い掛かってきた着ぐるみの首をもぐ様に中身の人間を明らかにすると
中にいたのは先週シンラに投げ飛ばされたモブ男の火鱗だった

火鱗「シンラ 日下部 殺す」
シンラ「さっきぶん投げられたことがそんなに悔しかったのか?」

シスターに似た女性『ちょうどいいじゃん 向こうがその気なら 殺してやりなよ』

アーグ大隊長「様子がおかしい」

シスターに似た女性『ちょうどいい ぶつける対象が できた』『殺せ』『殺せ』『お前の怒りを』『思い切り』
シンラ「すべて 燃やせ・・・」
アーグ大隊長「日下部君?」
シスターに似た女性『さぁやっちまおうぜ』
シンラ「全て 燃やす」

シンラの背後に両足から出た翼なのか死神の鎌なのかわからないものが無数に表れた

■シンラ、暴走!?謎の女性に119(ワンワンニャイン)、混乱は激化していく!

77週刊少年マガジン40号は本日発売!2017/09/02(土) 16:46:16.19ID:kt+7PLGk
.

78週刊少年マガジン41号は本日発売!2017/09/08(金) 15:54:37.31ID:74Zv2Bad
.

79週刊少年マガジン42号は本日発売!2017/09/15(金) 14:51:49.66ID:coKatXND
.

80メディアみっくす☆名無しさん2017/09/17(日) 22:36:46.97ID:???
金田一■犯人は永倉新八

81週刊少年マガジン43号は本日発売!2017/09/21(木) 13:19:44.28ID:NFEStND3
.

82メディアみっくす☆名無しさん2017/09/23(土) 09:52:10.28ID:qGoSKeI8
+++++++++++++++++++++++


悪の自民党に絶対に投票するな。 

卑劣な安倍は憲法改正で国民主権と基本的人権
を奪うつもりだ。← 民主主義の崩壊

http://www.data-max.co.jp/280113_ymh_02/

↑ マスコミは 9条しか報道しないが 自民案
の真の怖さは21条など言論の自由を奪うこと

自民案が通ると 政府批判しただけで逮捕されるぞ!

http://blog.goo.ne.jp/kimito39/e/ec37220f64a8e1d6ed732dd0ab95cbf0

↑超危険な緊急事態条項で人権無視の内閣独裁に!

https://www.youtube.com/watch?v=h9x2n5CKhn8

上のビデオで 自民党は 国民に基本的人権
は必要ないと怖いことを平気で言う。

http://xn--nyqy26a13k.jp/archives/31687

↑ 都民ファーストも安倍と同じく 憲法改正で 人権
無視の大日本帝国憲法に戻すつもりだから
絶対に投票してはだめだ。 民主主義が崩壊する

http://www.mdsweb.jp/doc/1488/1488_03f.html

↑”9条自衛隊明記”は 9条無効化だった!

http://blog.goo.ne.jp/ngc2497/e/8899f65988fe0f35496934dc972e2489

↑ ネトウヨ= 安倍サポーター工作員はネットで国民を騙す。

http://buzzap.jp/news/20170830-predict-missile/

↑ 北朝鮮緊急時に解散 ? ← 安倍はミサイル騒動で北朝鮮と
グルで支持率アップ。国会で不正追及逃れのためだけの解散

https://dot.asahi.com/aera/2016071100108.html?page=3
http://blog.goo.ne.jp/kimito39/e/c0dd73d58121b6446cf4165c96ebb674

↑ 安倍自民を操るカルト右翼「日本会議」は国民主権否定。
国民投票や選挙では自民党、維新、小池新党に絶対に入れるな。


+++++++++++++++++++++

83メディアみっくす☆名無しさん2017/09/23(土) 15:23:03.50ID:???

84メディアみっくす☆名無しさん2017/09/25(月) 12:30:23.96ID:8cYRb8Zv
書き込みテスト

85メディアみっくす☆名無しさん2017/09/25(月) 16:46:18.48ID:8cYRb8Zv
ダイヤのA
第95話/飛躍の時
青道(西東京)6対0小峠(東東京)
勝 降谷→九鬼
負 港川→小林→五木
降谷
6回92球
被安打0
四死球6
奪三振10
九鬼
3回40球
被安打3
四死球0
奪三振4

U18日本代表監督東小(ひがしお)氏が視察
二試合後に片岡監督に接触
沢村は片付け後に監督室に来るよう言い渡される
外野の評価は概ね降谷優勢沢村劣勢
やはり甲子園での実績がモノを言っている
監督室には片岡・落合・部長・礼ちゃん・東小が勢揃い
東小の口から直接沢村にU18日本代表選手入りが通知
今度の日米高校野球親善試合に投手として参加するよう言い渡された
驚く沢村は片岡を見る
監督は厳しい顔のままこちらでも確認済みだと伝える
(T^T)ウルウル顔で沢村を祝福する礼ちゃん
冷や汗だらだらの部長
これも自分の指導の賜物とどや顔落合
きっかけは代表候補選手だった美馬と王野を視察した白龍対青道の試合
夕食前に知らされた青道選手達は上から下への大騒ぎ

柱書き 沢村、今こそ飛躍の時、大きく羽ばたけ!

86週刊少年マガジン44号は本日発売!2017/09/29(金) 12:15:27.44ID:K02MLSX5
.

87週刊少年マガジン45号は本日発売!2017/10/05(木) 14:14:24.19ID:PleeFgpr
.

88週刊少年マガジン46号は本日発売!2017/10/13(金) 12:27:53.16ID:hes+ZJiE
.

89週刊少年マガジン47号は本日発売!2017/10/20(金) 15:30:49.49ID:eChpW5WV
.

90週刊少年マガジン48号は本日発売!2017/10/27(金) 12:11:35.36ID:a2IcVxny
.

91週刊少年マガジン49号は本日発売!2017/11/02(木) 21:36:21.19ID:N4w3LiRL
.

92メディアみっくす☆名無しさん2017/11/05(日) 07:07:13.91ID:z0axL5oS
a

93週刊少年マガジン50号は本日発売!2017/11/15(水) 20:08:59.92ID:dzrRETVh
.

94週刊少年マガジン51号は本日発売!2017/11/17(金) 17:37:52.67ID:1EzW23A/
.

95週刊少年マガジン52号は本日発売!2017/11/24(金) 16:30:11.34ID:0NPXrM3M
.

96週刊少年マガジン新年1号は本日発売!2017/12/01(金) 09:53:12.26ID:640+YL3P
.

97メディアみっくす☆名無しさん2017/12/03(日) 23:08:35.08ID:???
佐倉綾音、五等分の花嫁のキャラのコスプレをしてグラビア

98週刊少年マガジン新年2・3号は本日発売!2017/12/08(金) 12:53:38.31ID:+sNWQ0BL
.

99週刊少年マガジン新年4・5号は本日発売!2017/12/21(木) 13:18:20.61ID:g7jJH3bi
.

100週刊少年マガジン新年6号は本日発売!2017/12/30(土) 13:55:53.14ID:XCsZJO+E
.

101週刊少年マガジン新年7号は本日発売!2018/01/12(金) 16:19:43.94ID:7zGVkA72
.

102メディアみっくす☆名無しさん2018/01/16(火) 12:52:30.53ID:QrMm+tx8
高額商材無料でやるわww

http://peraichi.com/landing_pages/view/6x37d

103週刊少年マガジン新年8号は本日発売!2018/01/19(金) 13:26:59.87ID:u1B/1FCb
.

104メディアみっくす☆名無しさん2018/01/21(日) 12:39:26.27ID:Z2pIZGWG
【警察による国民監視衛星の悪用】
◎電磁波を使った国民に対する人体実験・虐待・拷問・性犯罪

『未分類 電磁波による拷問と性犯罪 Archive. is』の記事を御覧ください。
http://archive.fo/sFWAh

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

【告発者】イエローハウス高橋(葛飾区青戸6)
◎日本全国にたくさんの被害者がいます。
@私、イエローハウス高橋のオヤジはこのような犯罪を絶対に認めないし絶対に許さない!!
A私、イエローハウス高橋のオヤジはこの犯罪の撲滅のために最後まで闘い抜くことを誓います!!
B私、イエローハウス高橋のオヤジは邪悪な警察権力に対して敢然と立ち向かうことを皆様にお約束します!!
C私、イエローハウス高橋のオヤジは被害者に代わり自らが電磁波による人体への攻撃を受ける覚悟でいます!!
D私、イエローハウス高橋のオヤジはたとえ古女房・息子・娘が電磁波攻撃にさらされようとも闘い続けます!!
E私、イエローハウス高橋のオヤジはもし愛人が電磁波攻撃にさらされた場合には即時にこの闘いを終了します!!

105週刊少年マガジン9号は本日発売!2018/01/26(金) 11:12:54.71ID:yi2CsouW
.

106メディアみっくす☆名無しさん2018/01/27(土) 08:36:24.25ID:PoxWhuq2
アニメ・漫画ニュース速報のように金が即入ってくる方法
グーグルで検索⇒『羽山のサユレイザ』

G17UF

107メディアみっくす☆名無しさん2018/01/27(土) 09:30:03.70ID:PoxWhuq2
スターフォックスみたいに狙って稼げるかもしれない方法
グーグルで検索⇒『羽山のサユレイザ』

PRY72

108週刊少年マガジン10号は本日発売!2018/02/02(金) 14:41:32.31ID:3F/fr9aW
.

109週刊少年マガジン11号は本日発売!2018/02/08(木) 10:11:51.92ID:SAFMEAAv
.

110週刊少年マガジン12号は本日発売!2018/02/16(金) 11:18:34.33ID:fgXqtOik
.

111メディアみっくす☆名無しさん2018/02/23(金) 10:10:49.38ID:???
111

112週刊少年マガジン13号は本日発売!2018/02/23(金) 10:11:16.65ID:g6CH3xgN
.

113週刊少年マガジン14号は本日発売!2018/03/02(金) 11:02:56.33ID:kA0BxEjw
.

114秘密2018/03/03(土) 17:39:45.48ID:k4zFtUB6
「秘密」を告白します!!

ネットを使って、みなさんに「真実」を告白します!!
「安倍総理」の正体は・・・「ユダヤのスパイ」なのです!!
「安倍総理」も「小泉元総理」も「竹中平蔵」も
「ユダヤの洗脳」」をうけた「ユダヤのスパイ」です!
「ユダヤ人」たちは、ヨーロッパ・アメリカ・日本を完全に支配するために
「ユダヤのスパイ」を世界中に送り込んでいるのです!)

〇ユダヤの計画
「全人類に数字をつけて、コンピューターで全人類を支配する」
「日本人をユダヤの奴隷(どれい)にする」(労働者ハケン法)
(労働者ハケン法の文章をつくったのはユダヤ人です!!)
「日本人の知的レベルを下げる」(ネットゲーム・SNS)
「サラリーマンに「過重労働」においこみ、自殺者を増やし淘汰する」
「マスコミに「ユダヤのスパイ」を、大量に送り込み、
テレビを使って、国民を洗脳する」(ユダヤを批判しないマスコミ)
「竹中平蔵のような、あやしげな経済学者を世界各国に送り込み、
「経済」をコントロールし、労働者を奴隷化する!!」
「憲法9条を改悪して、日本人とイスラム教徒を戦わせ、殺し合いをさせる」

私は、「自分の言葉」に命をかける!!この言葉は「真実」だ!!!!
今、「安倍総理」は、「サラリーマン」や「労働者」を完全に奴隷化しようと
たくらんでいます!!ユダヤのスパイ」にだまされるな!!
「ユダヤ」 「計画」   「検索」してください!!
                      ユダヤの陰謀を暴露する軍師

115メディアみっくす☆名無しさん2018/03/06(火) 08:36:42.86ID:Kt7NRYIb

116週刊少年マガジン15号は本日発売!2018/03/09(金) 11:05:17.42ID:RF9OWJYH
.

117週刊少年マガジン16号は本日発売!2018/03/16(金) 11:48:19.61ID:DNRL3fGi
.

118週刊少年マガジン17号は本日発売!2018/03/23(金) 14:33:59.56ID:ZqBA+YcL
.

119週刊少年マガジン18号は本日発売!2018/03/30(金) 15:07:36.38ID:0gOIRmxb
.

120週刊少年マガジン19号は本日発売!2018/04/06(金) 10:47:47.57ID:Taqd6egd
.

121メディアみっくす☆名無しさん2018/04/10(火) 17:08:27.54ID:???
炎炎ノ消防隊
シンラにリンクしてきた一柱は「天照」疑惑。夢の中で出て来てシンラには一瞬泣いているように見えたという
リヒト、天照の中に人がいるとなると聖陽教の教え”聖典”に矛盾が発生すると言う

序章〜大災害〜
はるか昔、人類は星の怒りに触れ世界は炎に包まれた。大災害の日である。
炎は猛々しく燃え上がり、人類の住む地 語る言葉 積み上げた文化を燃やし尽くさん勢いであった。

一章〜聖火〜
灰に覆われた世界に一人の男が現れる。後に”ラフルス一世”と称される方である。
ラフルスは使徒を連れ、光を求めて旅たたれた。
旅の果て、ラフルスは”穢れなき炎”を見つけ、人類を救う光をもたらされた。

二章〜天照〜
ラフルスと使徒たちは太陽神の賜れた炎と人類の培った科学技術で”天照”をお造りになった。
”天照”の聖なる炎は人々の生命を潤し、極東の地に国家を築くことになった

天照を今になって破壊しようとする聖陽教に疑問が生じシンラは第8にこのことを報告。
そしてリヒトは一人で、アーサーが暴いた数字の羅列を円周率と言ったことでこれを確定し、ここからは乱暴に行く宣言。

その頃、ベニマルと邂逅している人物がいた。それは自称ダークヒーロー”ジョーカー”
ジョーカーはベニマルに聖陽教が怪しいからお礼参りしようぜと協力をもちかけていた

■最強(ベニマル)と無頼者(ジョーカー)、出会う!男二人、国を相手の大喧嘩だ!!

122週刊少年マガジン20号は本日発売!2018/04/13(金) 16:38:42.05ID:eZIVj2WZ
.

123メディアみっくす☆名無しさん2018/04/13(金) 20:19:35.17ID:???
【マイトLーヤの出番ですね】 映画「火垂るの墓」の節子の死の真相公開。実は栄養失調ではなかった!!
http://rosie.5ch.net/test/read.cgi/liveplus/1523583225/l50

124メディアみっくす☆名無しさん2018/04/16(月) 19:29:43.08ID:???
炎炎ノ消防隊
リヒトの過去話。灰島重工本社に勤めていた頃に人体発火についての論文にどうやったらそんな論文書けるか聞かれたリヒトは
「ぼくはただ正解を求めているだけです」と言った。
何が正しいか正しくないか正解が知りたいリヒトに接触したのがジョーカーだった。

第7消防隊の詰所でベニマルに接触してきたジョーカー、聖陽教にお礼参りしようぜと案を持ち込む。
その頃第8消防隊では、発覚した事実を公表できないという上からのお達しが来たという
混乱を生まないように真実を明かすのに「三年」かかるということらしい。それを知らされたリヒトが動く

その頃ベニマルはジョーカーの案に乗り、聖陽教を襲撃
無双していたが、突如現れた坊ちゃん狩りの大男の能力

125メディアみっくす☆名無しさん2018/04/16(月) 19:30:48.83ID:???
炎炎ノ消防隊
リヒトの過去話。灰島重工本社に勤めていた頃に人体発火についての論文にどうやったらそんな論文書けるか聞かれたリヒトは
「ぼくはただ正解を求めているだけです」と言った。
何が正しいか正しくないか正解が知りたいリヒトに接触したのがジョーカーだった。

第7消防隊の詰所でベニマルに接触してきたジョーカー、聖陽教にお礼参りしようぜと案を持ち込む。
その頃第8消防隊では、発覚した事実を公表できないという上からのお達しが来たという
混乱を生まないように真実を明かすのに「三年」かかるということらしい。それを知らされたリヒトが動く

その頃ベニマルはジョーカーの案に乗り、聖陽教を襲撃
無双していたが、突如現れた坊ちゃん狩りの大男の能力?によりベニマルが突然倒れる

■紅丸、敗北!?
神をも恐れぬ二人の前に、怒れる使徒が立ちはだかる!!

126週刊少年マガジン21・22合併号は本日発売!2018/04/20(金) 12:44:59.83ID:V21kXNEK
.

127メディアみっくす☆名無しさん2018/04/25(水) 20:29:43.40ID:???
炎炎ノ消防隊
おかっぱ頭の大男が放ったのは能力ではなく猛毒の吹き矢
昏倒したかと思われたベニマルだが、あっさり起き上がって大男を1発で昏倒させる。ベニマル曰く、毒が効かないらしい
そしてどこに向かうか問う紅丸に地下だと答えるジョーカー。そこには仮面?を被った謎の戦士?が数体待ち構えていた。

128週刊少年マガジン23号は本日発売!2018/05/02(水) 09:16:52.24ID:+DsDbO4G
.

129メディアみっくす☆名無しさん2018/05/02(水) 17:25:57.28ID:q4pfyWtx
なんと「北斗の拳」は311後のジャップが舞台だった!

・ケンシロウ = 原子炉
・「お前はもう死んでいる」 = 311で大量に被爆した今のジャップ。
 ジャップ中に致死量のプルトニウムがばら撒かれている。
・北斗神拳は、体を内部から崩壊させる = 放射能の内部被曝
・敵は「ケンオウ」=「テンノウ」
・北斗の拳の舞台は、核戦争後の世界 = フクイチ爆発後の今のジャップ

さらに・・・・
・「北」斗の拳の「北」。
 北朝鮮の国旗と、ケンシロウの服の配色は同じ。
http://i.imgur.com/RXxtUwV.jpg
・北斗の拳のチンピラは、まさにアジアでのジャップ軍そのもの。
・「拳」は反日の象徴でもある。ジャップの「空手」に対する、中華の「拳法」。
 ブルース・リーの映画「怒りの拳」は、戦争中のジャップの横暴な空手道場を、
 ブルース・リーが拳法で叩き潰す痛快な話。同じテーマで「怒りの拳2」
 という映画が、ジャッキー・チェンでも撮られている。
・ケンシロウのモデルはどうみても、ブルース・リー。
・なおブルース・リーを殺害したのはジャップの可能性大(最期の映画を見ろ)。

そう「北斗の拳」は、北朝鮮や中国が、ジャップに核で報復する物語なのでした。
だからはやったとも言える。
そしてその望みはみごと311で叶えられたわけです。めでたし。めでたし。
感動ですね!(∩´∀`)∩ワーイ

トンキンはほぼ全員、致死量のプルトニウムを吸ってる。

「お前はもう死んでいる」

の「お前」は、そこのジャップ、お前のことだったんだよ w

よかったな w

130週刊少年マガジン24号は本日発売!2018/05/14(月) 21:05:39.82ID:WuQxsMqc
.

131メディアみっくす☆名無しさん2018/05/14(月) 21:18:01.76ID:JQ/m1Jqd
【マンモグラフィー】おっぱい挟んで癌検査…必要?
http://egg.5ch.net/test/read.cgi/bio/1517115639/l50
【ペットフード】告発したら3人組に棍棒で襲われた
http://egg.5ch.net/test/read.cgi/hosp/1517110484/l50
【アマルガム】水銀を歯に? 厚労省『暴動が怖い』
http://mao.5ch.net/test/read.cgi/doctor/1517058870/l50

132週刊少年マガジン25号は本日発売!2018/05/19(土) 10:13:49.67ID:tXOu9oFb
.

133メディアみっくす☆名無しさん2018/05/23(水) 11:47:34.29ID:o34M7rae?2BP(1000)

134メディアみっくす☆名無しさん2018/05/23(水) 15:12:50.07ID:wgcX6EjI
ネタぼれ反対…w
https://goo.gl/YCzZv5

135週刊少年マガジン26号は本日発売!2018/06/06(水) 21:37:07.63ID:nvl0psR2
.

136メディアみっくす☆名無しさん2018/06/07(木) 15:33:51.55ID:mFZdRPgu
☆☆関西最大級店☆☆
選べる勤務地!神戸・和歌山!!
初めて・経験者の女の子がそれぞれ活躍!!
すぐに初めて確実に高収入が可!!
最大保証10万円 ※面接にて判断
住宅補助あり
お仕事はシフト制で月1回・週1回からOK
関西圏ならどこでもOKの交通費補助あり
その他、完全日払い制・講習あり・掛け持ち可・短期バイト可
社会保証制度完備!!!!
引き出物無し雑費0円!!!
興味のある方は、「びぎなーず 求人」で検索♪

137週刊少年マガジン27号は本日発売!2018/06/08(金) 13:20:07.69ID:eGAHSn9y
.

138週刊少年マガジン28号は本日発売!2018/06/10(日) 14:30:34.01ID:LHsnybSD
.

139週刊少年マガジン29号は本日発売!2018/06/15(金) 13:46:32.92ID:+k3MUozV
.

140週刊少年マガジン30号は本日発売!2018/06/22(金) 17:08:31.18ID:NP1HHG5N
.

141週刊少年マガジン31号は本日発売!2018/06/29(金) 15:13:51.27ID:hcpHQ+9F
.

142週刊少年マガジン32号は本日発売!2018/07/07(土) 21:02:32.86ID:+YoYeGBS
.

143週刊少年マガジン33号は本日発売!2018/07/13(金) 16:01:31.05ID:KTPyMIgY
.

144週刊少年マガジン34号は本日発売!2018/07/20(金) 17:13:17.09ID:j+lIwPsU
.

145週刊少年マガジン35号は本日発売!2018/07/28(土) 13:38:48.66ID:7C3Lv2QY
.

146週刊少年マガジン36・37合併号は本日発売!2018/08/03(金) 15:45:30.89ID:Sad+IpZi
.

147週刊少年マガジン38号は本日発売!2018/08/16(木) 17:18:06.75ID:MY6lzv1E
ℓ

148週刊少年マガジン39号は本日発売!2018/08/24(金) 17:57:35.25ID:FutV2OB7

149週刊少年マガジン40号は本日発売!2018/08/31(金) 18:21:38.72ID:dUjKoymA

150週刊少年マガジン41号は本日発売!2018/09/07(金) 15:35:03.05ID:uPX5f2/r

151メディアみっくす☆名無しさん2018/09/07(金) 20:20:41.49ID:???
ラピス・コンダーグ 「???」

152メディアみっくす☆名無しさん2018/09/07(金) 20:20:58.48ID:???
レイナス・オレイクス「ふむ・・・・・・」

153メディアみっくす☆名無しさん2018/09/07(金) 20:21:15.60ID:???
ラピス・コンダーグ 「ねえ? だれかいないの?」

154メディアみっくす☆名無しさん2018/09/07(金) 20:21:32.20ID:???
レイナス・オレイクス「・・・・・・」

155メディアみっくす☆名無しさん2018/09/07(金) 20:21:46.01ID:???
ラピス・コンダーグ 「ねえってば?」

156メディアみっくす☆名無しさん2018/09/07(金) 20:22:02.58ID:???
ラピス・コンダーグ 「・・・・・・」

157メディアみっくす☆名無しさん2018/09/07(金) 20:22:17.34ID:???
ラピス・コンダーグ 「ねえ・・・・・・だれかぁ・・・・・・」

158メディアみっくす☆名無しさん2018/09/07(金) 20:22:32.78ID:???
ラピス・コンダーグ 「やだよぉ・・・・・・」

159メディアみっくす☆名無しさん2018/09/07(金) 20:22:48.99ID:???
ラピス・コンダーグ 「・・・・・・」

160メディアみっくす☆名無しさん2018/09/07(金) 20:23:11.85ID:???
ラピス・コンダーグ 「ぐすん・・・・・・」

161メディアみっくす☆名無しさん2018/09/07(金) 20:23:28.47ID:???
ラピス・コンダーグ 「ZZZ・・・・・・」

162メディアみっくす☆名無しさん2018/09/07(金) 20:23:44.89ID:???
ラピス・コンダーグ 「ZZZ・・・・・・」

163メディアみっくす☆名無しさん2018/09/07(金) 20:24:05.11ID:???
レイナス・オレイクス「ふっ・・・・・・面白い生き物だな」

164メディアみっくす☆名無しさん2018/09/07(金) 20:24:27.03ID:???
ラピス・コンダーグ 「・・・・・・あっ?」

165メディアみっくす☆名無しさん2018/09/07(金) 20:24:41.69ID:???
レイナス・オレイクス「やあ、お目覚めかい」

166メディアみっくす☆名無しさん2018/09/07(金) 20:24:56.97ID:???
ラピス・コンダーグ 「うん・・・・・・」

167メディアみっくす☆名無しさん2018/09/07(金) 20:25:21.68ID:???
ラピス・コンダーグ 「・・・・・・君は、だれ?」

168メディアみっくす☆名無しさん2018/09/07(金) 20:25:39.55ID:???
レイナス・オレイクス「うむ。余の名は、レイナス・オレイクス」

169メディアみっくす☆名無しさん2018/09/07(金) 20:25:58.62ID:???
レイナス・オレイクス「この国の王だ」

170メディアみっくす☆名無しさん2018/09/07(金) 20:26:15.47ID:???
ラピス・コンダーグ 「ふーん。じゃあ、僕のパパと一緒だね」

171メディアみっくす☆名無しさん2018/09/07(金) 20:26:34.04ID:???
レイナス・オレイクス「そうだな」

172メディアみっくす☆名無しさん2018/09/07(金) 20:26:49.65ID:???
ラピス・コンダーグ 「・・・・・・」

173メディアみっくす☆名無しさん2018/09/07(金) 20:27:04.62ID:???
レイナス・オレイクス「どうした?」

174メディアみっくす☆名無しさん2018/09/07(金) 20:27:31.99ID:???
ラピス・コンダーグ 「もしかして、僕の国に攻めてきたのって・・・・・・」

175メディアみっくす☆名無しさん2018/09/07(金) 20:27:49.66ID:???
レイナス・オレイクス「うむ。余の部下だ」

176メディアみっくす☆名無しさん2018/09/07(金) 20:28:04.99ID:???
ラピス・コンダーグ 「・・・・・・」

177メディアみっくす☆名無しさん2018/09/07(金) 20:28:20.71ID:???
レイナス・オレイクス「・・・・・・」

178メディアみっくす☆名無しさん2018/09/07(金) 20:28:35.37ID:???
ラピス・コンダーグ 「僕を、どうするつもり?」

179メディアみっくす☆名無しさん2018/09/07(金) 20:28:55.10ID:???
レイナス・オレイクス「どうするって・・・・・・」

180メディアみっくす☆名無しさん2018/09/07(金) 20:29:09.42ID:???
レイナス・オレイクス「・・・・・・どうすると思う?」

181メディアみっくす☆名無しさん2018/09/07(金) 20:29:23.84ID:???
ラピス・コンダーグ 「・・・・・・わかんない」

182メディアみっくす☆名無しさん2018/09/07(金) 20:29:42.52ID:???
レイナス・オレイクス「そうか。そうだな・・・・・・」

183メディアみっくす☆名無しさん2018/09/07(金) 20:29:59.62ID:???
レイナス・オレイクス「まずは、今回の行為について説明させてもらおうか」

184メディアみっくす☆名無しさん2018/09/07(金) 20:30:16.79ID:???
レイナス・オレイクス「今回の行為は、決して侵略ではない」

185メディアみっくす☆名無しさん2018/09/07(金) 20:30:30.01ID:???
ラピス・コンダーグ 「???」

186メディアみっくす☆名無しさん2018/09/07(金) 20:30:48.31ID:???
レイナス・オレイクス「あなたの国は、この大陸で一番の小国だ。兵士も勇猛ではない」

187メディアみっくす☆名無しさん2018/09/07(金) 20:31:03.16ID:???
ラピス・コンダーグ 「だ、だって・・・・・・僕たちは、戦争なんて・・・・・・」

188メディアみっくす☆名無しさん2018/09/07(金) 20:31:20.28ID:???
レイナス・オレイクス「そう。だからこそ近隣の国々に領土を奪われ、今のような状態になってしまった」

189メディアみっくす☆名無しさん2018/09/07(金) 20:31:33.80ID:???
レイナス・オレイクス「昔は、広い領土を有していたというのに」

190メディアみっくす☆名無しさん2018/09/07(金) 20:31:51.26ID:???
ラピス・コンダーグ 「う、うん・・・・・・そうだって、パパが言っていたよ」

191メディアみっくす☆名無しさん2018/09/07(金) 20:32:07.46ID:???
レイナス・オレイクス「今の領土も、いつ他の国に奪われるかわからない」

192メディアみっくす☆名無しさん2018/09/07(金) 20:32:28.45ID:???
ラピス・コンダーグ 「で、でも・・・・・・」

193メディアみっくす☆名無しさん2018/09/07(金) 20:32:43.52ID:???
レイナス・オレイクス「コンダーグと隣接している国は、複数存在する」

194メディアみっくす☆名無しさん2018/09/07(金) 20:32:59.15ID:???
レイナス・オレイクス「それらの国は、いつかコンダーグを侵略しようと、お互いに牽制し合っていた」

195メディアみっくす☆名無しさん2018/09/07(金) 20:33:11.83ID:???
レイナス・オレイクス「どこかの国がコンダーグに攻め込む・・・・・・」

196メディアみっくす☆名無しさん2018/09/07(金) 20:33:27.04ID:???
レイナス・オレイクス「そうすると、その国が他の国に攻め込まれてしまう・・・・・・」

197メディアみっくす☆名無しさん2018/09/07(金) 20:33:41.36ID:???
レイナス・オレイクス「だから、ここ数年は侵略の危機にさらされることもなかった・・・・・・わかるかい?」

198メディアみっくす☆名無しさん2018/09/07(金) 20:33:54.60ID:???
ラピス・コンダーグ 「う、うん・・・・・・」

199メディアみっくす☆名無しさん2018/09/07(金) 20:34:10.03ID:???
レイナス・オレイクス「だが、情勢は変化しつつある」

200メディアみっくす☆名無しさん2018/09/07(金) 20:34:31.08ID:???
レイナス・オレイクス「コンダーグと隣接している国の中で、もっとも強い国・・・・・・」

201メディアみっくす☆名無しさん2018/09/07(金) 20:34:50.28ID:???
レイナス・オレイクス「・・・・・・サベンスカという国を知っているかな?」

202メディアみっくす☆名無しさん2018/09/07(金) 20:35:04.60ID:???
ラピス・コンダーグ 「う、うん・・・・・・この間も・・・・・・」

203メディアみっくす☆名無しさん2018/09/07(金) 20:35:18.95ID:???
レイナス・オレイクス「降服を勧めにきた?」

204メディアみっくす☆名無しさん2018/09/07(金) 20:35:35.68ID:???
レイナス・オレイクス「そして、コンダーグの王はそれを断った。そうだろ?」

205メディアみっくす☆名無しさん2018/09/07(金) 20:35:49.96ID:???
ラピス・コンダーグ 「うん・・・・・・どうして、知ってるの?」

206メディアみっくす☆名無しさん2018/09/07(金) 20:36:10.10ID:???
レイナス・オレイクス「それぞれの国の武力バランスを計算すれば、そういう答えが出るからさ」

207メディアみっくす☆名無しさん2018/09/07(金) 20:36:30.16ID:???
レイナス・オレイクス「今のサベンスカには、それだけの力がある」

208メディアみっくす☆名無しさん2018/09/07(金) 20:36:44.97ID:???
ラピス・コンダーグ 「・・・・・・」

209メディアみっくす☆名無しさん2018/09/07(金) 20:36:59.20ID:???
レイナス・オレイクス「さて。とにかく、あなたの国は危機的な状況にあったというのは理解してもらえたかな?」

210メディアみっくす☆名無しさん2018/09/07(金) 20:37:13.18ID:???
ラピス・コンダーグ 「う、うん・・・・・・なんとなく」

211メディアみっくす☆名無しさん2018/09/07(金) 20:37:26.65ID:???
レイナス・オレイクス「そして、コンダーグには自国を守る力も無いこともわかるな?」

212メディアみっくす☆名無しさん2018/09/07(金) 20:37:39.59ID:???
ラピス・コンダーグ 「・・・・・・」

213メディアみっくす☆名無しさん2018/09/07(金) 20:37:52.49ID:???
レイナス・オレイクス「そこで、余の国の出番となる」

214メディアみっくす☆名無しさん2018/09/07(金) 20:38:07.77ID:???
ラピス・コンダーグ 「どういうこと?」

215メディアみっくす☆名無しさん2018/09/07(金) 20:38:28.56ID:???
レイナス・オレイクス「もし、あなたが余の側室となれば・・・・・・」

216メディアみっくす☆名無しさん2018/09/07(金) 20:38:42.78ID:???
レイナス・オレイクス「コンダーグにとって、とてつもなく強大な後ろ盾が誕生する・・・・・・そういうことだ」

217メディアみっくす☆名無しさん2018/09/07(金) 20:38:57.30ID:???
ラピス・コンダーグ 「・・・・・・わかんないよぉ」

218メディアみっくす☆名無しさん2018/09/07(金) 20:39:13.40ID:???
レイナス・オレイクス「そうか・・・・・・」

219メディアみっくす☆名無しさん2018/09/07(金) 20:39:28.43ID:???
ラピス・コンダーグ 「うん」

220メディアみっくす☆名無しさん2018/09/07(金) 20:39:43.56ID:???
レイナス・オレイクス「まあ、わかりやすく説明すると・・・・・・」

221メディアみっくす☆名無しさん2018/09/07(金) 20:39:58.49ID:???
ラピス・コンダーグ 「説明すると?」

222メディアみっくす☆名無しさん2018/09/07(金) 20:40:55.34ID:???
レイナス・オレイクス「つまり・・・・・・」

223メディアみっくす☆名無しさん2018/09/07(金) 20:41:12.59ID:???
ラピス・コンダーグ 「あっ・・・・・・」

224メディアみっくす☆名無しさん2018/09/07(金) 20:41:40.89ID:???
レイナス・オレイクス「ふふん。獣人とするのは初めてだ。楽しみだな」

225メディアみっくす☆名無しさん2018/09/07(金) 20:42:00.25ID:???
ラピス・コンダーグ 「あっ、やん・・・・・・」

226メディアみっくす☆名無しさん2018/09/07(金) 20:42:38.68ID:???
ラピス・コンダーグ 「あっ・・・・・・ダメ・・・・・・」

227メディアみっくす☆名無しさん2018/09/07(金) 20:42:55.19ID:???
レイナス・オレイクス「なら、抵抗すればいい」

228メディアみっくす☆名無しさん2018/09/07(金) 20:43:12.45ID:???
ラピス・コンダーグ 「だ、だって・・・・・・」

229メディアみっくす☆名無しさん2018/09/07(金) 20:43:26.00ID:???
レイナス・オレイクス「あなたの努力しだいで、コンダーグは永遠の自由を手に入れることができる」

230メディアみっくす☆名無しさん2018/09/07(金) 20:43:44.76ID:???
レイナス・オレイクス「どのような国も、二度とコンダーグを脅かすことはない」

231メディアみっくす☆名無しさん2018/09/07(金) 20:44:03.13ID:???
レイナス・オレイクス「即ちそれは、余に喧嘩を売るということだから」

232メディアみっくす☆名無しさん2018/09/07(金) 20:44:19.81ID:???
ラピス・コンダーグ 「・・・・・・」

233メディアみっくす☆名無しさん2018/09/07(金) 20:44:36.04ID:???
ラピス・コンダーグ 「・・・・・・」

234メディアみっくす☆名無しさん2018/09/07(金) 20:45:17.53ID:???
レイナス・オレイクス「どうする?」

235メディアみっくす☆名無しさん2018/09/07(金) 20:45:31.06ID:???
ラピス・コンダーグ 「えっと・・・・・・」

236メディアみっくす☆名無しさん2018/09/07(金) 20:45:46.17ID:???
レイナス・オレイクス「嫌なら、やめてもいいぞ。すぐにでも国に戻してやろう」

237メディアみっくす☆名無しさん2018/09/07(金) 20:46:01.09ID:???
ラピス・コンダーグ 「あの・・・・・・その・・・・・・」

238メディアみっくす☆名無しさん2018/09/07(金) 20:46:20.29ID:???
レイナス・オレイクス「そうか・・・・・・」

239メディアみっくす☆名無しさん2018/09/07(金) 20:46:37.16ID:???
レイナス・オレイクス「なら、無理強いは・・・・・・」

240メディアみっくす☆名無しさん2018/09/07(金) 20:46:58.24ID:???
ラピス・コンダーグ 「あっ・・・・・・違うの!」

241メディアみっくす☆名無しさん2018/09/07(金) 20:47:16.81ID:???
ラピス・コンダーグ 「そうじゃなくて・・・・・・」

242メディアみっくす☆名無しさん2018/09/07(金) 20:47:39.05ID:???
ラピス・コンダーグ 「だから・・・・・・」

243メディアみっくす☆名無しさん2018/09/07(金) 20:47:56.88ID:???
ラピス・コンダーグ 「あのね・・・・・・」 

244メディアみっくす☆名無しさん2018/09/07(金) 20:48:12.36ID:???
レイナス・オレイクス「いいのかい?」

245メディアみっくす☆名無しさん2018/09/07(金) 20:48:27.22ID:???
ラピス・コンダーグ 「うん・・・・・・」

246メディアみっくす☆名無しさん2018/09/07(金) 20:49:07.87ID:???
レイナス・オレイクス「本当に?」

247メディアみっくす☆名無しさん2018/09/07(金) 20:49:29.88ID:???
ラピス・コンダーグ 「・・・・・・うん」

248メディアみっくす☆名無しさん2018/09/07(金) 20:49:49.65ID:???
レイナス・オレイクス「よしよし。いい子だ」

249メディアみっくす☆名無しさん2018/09/07(金) 20:50:07.17ID:???
後ろから、ラピスの首筋にキスをする。

250メディアみっくす☆名無しさん2018/09/07(金) 20:50:23.48ID:???
ラピス・コンダーグ 「うぁ・・・・・・」

251メディアみっくす☆名無しさん2018/09/07(金) 20:50:37.90ID:???
そして、彼女の小さな胸を手の平で転がすように愛撫する。

252メディアみっくす☆名無しさん2018/09/07(金) 20:51:08.59ID:???
心地よい弾力。

253メディアみっくす☆名無しさん2018/09/07(金) 20:51:26.84ID:???
ラピス・コンダーグ 「あっ、やだぁ・・・・・・」

254メディアみっくす☆名無しさん2018/09/07(金) 20:51:57.78ID:???
レイナス・オレイクス「そうか? じゃあ、これはどうかな?」

255メディアみっくす☆名無しさん2018/09/07(金) 20:52:23.95ID:???
親指と人差し指の間に彼女の乳首を挟み、ほんの少しだけ力を込め、キュッと積み上げる。

256メディアみっくす☆名無しさん2018/09/07(金) 20:58:12.82ID:???
ラピス・コンダーグ 「んっ! はぁぁ・・・・・・」

257メディアみっくす☆名無しさん2018/09/07(金) 20:58:47.31ID:???
レイナス・オレイクス「どうかな?」

258メディアみっくす☆名無しさん2018/09/07(金) 20:59:10.14ID:???
ラピス・コンダーグ 「痛いよぉ・・・・・・そんなことしたら・・・・・・」

259メディアみっくす☆名無しさん2018/09/07(金) 20:59:27.57ID:???
レイナス・オレイクス「そうか。なら・・・・・・」

260メディアみっくす☆名無しさん2018/09/07(金) 20:59:42.34ID:???
レイナス・オレイクス「そうか。なら・・・・・・」

261メディアみっくす☆名無しさん2018/09/07(金) 21:00:00.65ID:???
ラピス・コンダーグ 「んっ、あっ・・・・・・やだぁ・・・・・・」

262メディアみっくす☆名無しさん2018/09/07(金) 21:00:36.48ID:???
ラピス・コンダーグ 「くすぐったいよぉ・・・・・・」

263メディアみっくす☆名無しさん2018/09/07(金) 21:00:54.51ID:???
レイナス・オレイクス「なら、もっとくすぐったくしてあげよう・・・・・・」

264メディアみっくす☆名無しさん2018/09/07(金) 21:01:12.27ID:???
彼女の大きな耳に、そっと息を吹き掛ける。

265メディアみっくす☆名無しさん2018/09/07(金) 21:01:29.32ID:???
ラピス・コンダーグ 「いやぁん・・・・・・そこは・・・・・・」

266メディアみっくす☆名無しさん2018/09/07(金) 21:01:51.63ID:???
レイナス・オレイクス「さて。こっちは・・・・・・」

267メディアみっくす☆名無しさん2018/09/07(金) 21:02:09.81ID:???
彼女の股間に手をやる。

268メディアみっくす☆名無しさん2018/09/07(金) 21:02:26.49ID:???
薄い茂み。その奥には、堅く閉ざされた門がある。

269メディアみっくす☆名無しさん2018/09/07(金) 21:02:42.11ID:???
ラピス・コンダーグ 「あっ、ダメだよ!」

270メディアみっくす☆名無しさん2018/09/07(金) 21:03:01.87ID:???
ラピス・コンダーグ 「そこは・・・・・・」

271メディアみっくす☆名無しさん2018/09/07(金) 21:03:17.81ID:???
レイナス・オレイクス「いじったことは無いのかい?」

272メディアみっくす☆名無しさん2018/09/07(金) 21:03:35.25ID:???
ラピス・コンダーグ 「えっ?」

273メディアみっくす☆名無しさん2018/09/07(金) 21:03:50.97ID:???
レイナス・オレイクス「ここを、自分でいじったことは無いのかい?」

274メディアみっくす☆名無しさん2018/09/07(金) 21:04:20.45ID:???
ラピス・コンダーグ 「そんなことしないよぉ・・・・・・」

275メディアみっくす☆名無しさん2018/09/07(金) 21:05:03.57ID:???
レイナス・オレイクス「そうか・・・・・・」

276メディアみっくす☆名無しさん2018/09/07(金) 21:05:19.05ID:???
レイナス・オレイクス「まあ、この手じゃな・・・・・・」

277メディアみっくす☆名無しさん2018/09/07(金) 21:05:36.83ID:???
レイナス・オレイクス「・・・・・・」

278メディアみっくす☆名無しさん2018/09/07(金) 21:05:51.77ID:???
ちょっと考えてから、ラピスの手に触れてみる。

279メディアみっくす☆名無しさん2018/09/07(金) 21:06:09.06ID:???
ラピス・コンダーグ 「あっ・・・・・・」

280メディアみっくす☆名無しさん2018/09/07(金) 21:06:36.67ID:???
レイナス・オレイクス「温かいな。きみの手は」

281メディアみっくす☆名無しさん2018/09/07(金) 21:06:53.50ID:???
それに、プニプニとした手の平の触覚が心地よい。

282メディアみっくす☆名無しさん2018/09/07(金) 21:07:08.20ID:???
ラピス・コンダーグ 「うん・・・・・・あなたの手って、冷たいね」

283メディアみっくす☆名無しさん2018/09/07(金) 21:07:25.66ID:???
レイナス・オレイクス「レイナスだ」

284メディアみっくす☆名無しさん2018/09/07(金) 21:07:44.44ID:???
ラピスの手の弾力を楽しみながら囁く。

285メディアみっくす☆名無しさん2018/09/07(金) 21:07:59.94ID:???
ラピス・コンダーグ 「えっ?」

286メディアみっくす☆名無しさん2018/09/07(金) 21:08:18.18ID:???
レイナス・オレイクス「二人っきりの時は、レイナスって呼ぶんだ」

287メディアみっくす☆名無しさん2018/09/07(金) 21:08:33.21ID:???
レイナス・オレイクス「それ以外の時は、陛下と呼べ」

288メディアみっくす☆名無しさん2018/09/07(金) 21:08:49.76ID:???
ラピス・コンダーグ 「うん・・・・・・わかった」

289メディアみっくす☆名無しさん2018/09/07(金) 21:09:03.86ID:???
レイナス・オレイクス「よし。それじゃあ・・・・・・」

290メディアみっくす☆名無しさん2018/09/07(金) 21:09:47.76ID:???
ラピスの割れ目に、そっと指を這わせる。

291メディアみっくす☆名無しさん2018/09/07(金) 21:10:09.73ID:???
ラピス・コンダーグ 「あっ!? ダメぇ・・・・・・」

292メディアみっくす☆名無しさん2018/09/07(金) 21:10:27.11ID:???
レイナス・オレイクス「ダメじゃない。そのままジッとしていろ」

293メディアみっくす☆名無しさん2018/09/07(金) 21:10:44.20ID:???
ラピス・コンダーグ 「でもぉ・・・・・・」

294メディアみっくす☆名無しさん2018/09/07(金) 21:11:00.68ID:???
レイナス・オレイクス「いいから・・・・・・」

295メディアみっくす☆名無しさん2018/09/07(金) 21:11:17.62ID:???
ラピスの入り口は、しっかりと閉じられている。

296メディアみっくす☆名無しさん2018/09/07(金) 21:12:00.08ID:???
だが、他の箇所に比べて、そこは確実に熱くなっている。

297メディアみっくす☆名無しさん2018/09/07(金) 21:12:24.70ID:???
そして、静かに濡れている。

298メディアみっくす☆名無しさん2018/09/07(金) 21:12:41.51ID:???
ラピス・コンダーグ 「グスッ・・・・・・」

299メディアみっくす☆名無しさん2018/09/07(金) 21:12:57.57ID:???
レイナス・オレイクス「わかるか? これがなにか?」

300メディアみっくす☆名無しさん2018/09/07(金) 21:13:39.84ID:???
ラピスに、彼女が感じている証拠をみせつける。

301メディアみっくす☆名無しさん2018/09/07(金) 21:13:57.03ID:???
ラピス・コンダーグ 「僕・・・・・・僕ぅ・・・・・・」

302メディアみっくす☆名無しさん2018/09/07(金) 21:14:13.18ID:???
レイナス・オレイクス「感じているんだ。そうだろ?」

303メディアみっくす☆名無しさん2018/09/07(金) 21:14:31.81ID:???
ラピス・コンダーグ 「・・・・・・」

304メディアみっくす☆名無しさん2018/09/07(金) 21:14:47.59ID:???
ラピスが小さく頷く。

305メディアみっくす☆名無しさん2018/09/07(金) 21:15:49.62ID:???
レイナス・オレイクス「もっと、気持ちよくしてやろうか?」

306メディアみっくす☆名無しさん2018/09/07(金) 21:16:08.29ID:???
ラピス・コンダーグ 「・・・・・・本当?」

307メディアみっくす☆名無しさん2018/09/07(金) 21:16:28.22ID:???
レイナス・オレイクス「ああ。本当だ」

308メディアみっくす☆名無しさん2018/09/07(金) 21:16:50.67ID:???
ラピス・コンダーグ 「う、うん・・・・・・」

309メディアみっくす☆名無しさん2018/09/07(金) 21:17:09.48ID:???
レイナス・オレイクス「・・・・・・」

310メディアみっくす☆名無しさん2018/09/07(金) 21:17:25.68ID:???
ラピスの最も敏感な箇所を人差し指の腹で、円を描くように擦る。

311メディアみっくす☆名無しさん2018/09/07(金) 21:17:48.11ID:???
ラピス・コンダーグ 「んっ! あっ・・・・・・」

312メディアみっくす☆名無しさん2018/09/07(金) 21:18:04.44ID:???
レイナス・オレイクス「どうだ?」

313メディアみっくす☆名無しさん2018/09/07(金) 21:18:34.08ID:???
ラピス・コンダーグ 「あっ、んん・・・・・・」

314メディアみっくす☆名無しさん2018/09/07(金) 21:18:50.39ID:???
喘ぎ声を出すたびに、ラピスの尻尾がピクピクと震える。

315メディアみっくす☆名無しさん2018/09/07(金) 21:19:11.27ID:???
レイナス・オレイクス「ふふっ・・・・・・」

316メディアみっくす☆名無しさん2018/09/07(金) 21:19:27.42ID:???
彼女の尻尾を、ギュッと掴む。

317メディアみっくす☆名無しさん2018/09/07(金) 21:19:45.98ID:???
ラピス・コンダーグ 「ひぃっ!?」

318メディアみっくす☆名無しさん2018/09/07(金) 21:20:03.01ID:???
レイナス・オレイクス「どうした?」

319メディアみっくす☆名無しさん2018/09/07(金) 21:20:18.29ID:???
ラピス・コンダーグ 「ダメぇ・・・・・・」

320メディアみっくす☆名無しさん2018/09/07(金) 21:20:34.06ID:???
ラピス・コンダーグ 「そこは、そこはダメなのぉ・・・・・・」

321メディアみっくす☆名無しさん2018/09/07(金) 21:20:51.36ID:???
レイナス・オレイクス「気持ちいいのか?」

322メディアみっくす☆名無しさん2018/09/07(金) 21:21:09.17ID:???
ラピス・コンダーグ 「わ、わかんない・・・・・・」

323メディアみっくす☆名無しさん2018/09/07(金) 21:21:29.03ID:???
ラピス・コンダーグ 「でもぉ・・・・・・変だよぉ・・・・・・」

324メディアみっくす☆名無しさん2018/09/07(金) 21:23:42.83ID:???
レイナス・オレイクス「・・・・・・」

325メディアみっくす☆名無しさん2018/09/07(金) 21:24:14.43ID:???
尻尾から手を放し、ラピスの大事な部分を探る。

326メディアみっくす☆名無しさん2018/09/07(金) 21:24:31.85ID:???
ラピス・コンダーグ 「あっ? やぁ・・・・・・」

327メディアみっくす☆名無しさん2018/09/07(金) 21:24:48.51ID:???
レイナス・オレイクス「ふふっ・・・・・・さっきよりも濡れているぞ」

328メディアみっくす☆名無しさん2018/09/07(金) 21:25:08.21ID:???
ラピス・コンダーグ 「だ、だってぇ・・・・・・」

329メディアみっくす☆名無しさん2018/09/07(金) 21:25:24.17ID:???
レイナス・オレイクス「どうした?」

330メディアみっくす☆名無しさん2018/09/07(金) 21:25:39.43ID:???
ラピス・コンダーグ 「・・・・・・」

331メディアみっくす☆名無しさん2018/09/07(金) 21:25:57.66ID:???
レイナス・オレイクス「気持ちよかったんだろ?」

332メディアみっくす☆名無しさん2018/09/07(金) 21:26:22.60ID:???
ラピス・コンダーグ 「う、うん・・・・・・」

333メディアみっくす☆名無しさん2018/09/07(金) 21:26:38.53ID:???
レイナス・オレイクス「もう、止めてあげようか?」

334メディアみっくす☆名無しさん2018/09/07(金) 21:26:55.28ID:???
ラピス・コンダーグ 「・・・・・・」

335メディアみっくす☆名無しさん2018/09/07(金) 21:27:08.10ID:???
レイナス・オレイクス「それとも、止めないでほしい?」

336メディアみっくす☆名無しさん2018/09/07(金) 21:27:42.66ID:???
ラピス・コンダーグ 「うん・・・・・・」

337メディアみっくす☆名無しさん2018/09/07(金) 21:27:56.90ID:???
レイナス・オレイクス「なら、自分の口でそう言ってごらん」

338メディアみっくす☆名無しさん2018/09/07(金) 21:28:15.33ID:???
ラピス・コンダーグ 「・・・・・・」

339メディアみっくす☆名無しさん2018/09/07(金) 21:28:34.12ID:???
レイナス・オレイクス「・・・・・・」

340メディアみっくす☆名無しさん2018/09/07(金) 21:28:52.11ID:???
ラピス・コンダーグ 「お願いです、レイナス」

341メディアみっくす☆名無しさん2018/09/07(金) 21:29:12.68ID:???
ラピス・コンダーグ 「気持ちいいから・・・・・・止めないでください」

342メディアみっくす☆名無しさん2018/09/07(金) 21:29:34.24ID:???
レイナス・オレイクス「うんうん。愛いやつだ」

343メディアみっくす☆名無しさん2018/09/07(金) 21:29:53.33ID:???
ラピスの頭をなでてから、行為を再開する。

344メディアみっくす☆名無しさん2018/09/07(金) 21:30:10.75ID:???
左手で彼女の乳房を、右手であそこを、そして唇で首筋や耳を刺激する。

345メディアみっくす☆名無しさん2018/09/07(金) 21:30:27.37ID:???
できることなら、お尻の穴に指を入れ、直腸をかき回してあげたかったのだが・・・・・・あいにくと腕の数が足りない。

346メディアみっくす☆名無しさん2018/09/07(金) 21:30:44.70ID:???
ラピス・コンダーグ 「あぁっ!」

347メディアみっくす☆名無しさん2018/09/07(金) 21:31:06.81ID:???
レイナス・オレイクス「可愛い声だ。もっと聞かせておくれ・・・・・・」

348メディアみっくす☆名無しさん2018/09/07(金) 21:31:27.87ID:???
ささやきながら、彼女の乳首を強く擦る。

349メディアみっくす☆名無しさん2018/09/07(金) 21:31:45.62ID:???
ラピス・コンダーグ 「んっ! はぁ・・・・・・ああぁっ!!」

350メディアみっくす☆名無しさん2018/09/07(金) 21:32:12.75ID:???
ラピスが、キュッと股を閉じた。

351メディアみっくす☆名無しさん2018/09/07(金) 21:32:30.12ID:???
彼女の全身がこわばっているのがわかる。

352メディアみっくす☆名無しさん2018/09/07(金) 21:32:51.10ID:???
レイナス・オレイクス「そう。そのまま・・・・・・」

353メディアみっくす☆名無しさん2018/09/07(金) 21:33:09.07ID:???
ラピスの耳の付け根を唇で噛む。

354メディアみっくす☆名無しさん2018/09/07(金) 21:33:29.45ID:???
同時に包皮の少し上方をギュッと圧迫した。

355メディアみっくす☆名無しさん2018/09/07(金) 21:33:45.70ID:???
ラピス・コンダーグ 「はぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁっ!!」

356メディアみっくす☆名無しさん2018/09/07(金) 21:34:03.17ID:???
そしてラピスは生まれて初めての絶頂に達した。

357メディアみっくす☆名無しさん2018/09/07(金) 21:34:34.78ID:???
レイナスはその様子を見て性的興奮を高める。

358メディアみっくす☆名無しさん2018/09/07(金) 21:34:54.72ID:???
レイナス・オレイクス「さて。今度は・・・・・・」

359メディアみっくす☆名無しさん2018/09/08(土) 12:30:29.84ID:???
最大限まで勃起したそれを、彼女の背中に押し当てる。

360メディアみっくす☆名無しさん2018/09/08(土) 12:30:53.73ID:???
ラピス・コンダーグ 「あっ・・・・・・?」

361メディアみっくす☆名無しさん2018/09/08(土) 12:31:19.64ID:???
レイナス・オレイクス「わかるか? 今度は、こっちを気持ちよくしてもらうぞ」

362メディアみっくす☆名無しさん2018/09/08(土) 12:32:09.52ID:???
ラピス・コンダーグ 「う、うん・・・・・・」

363メディアみっくす☆名無しさん2018/09/08(土) 12:32:52.54ID:???
ラピス・コンダーグ 「あっ、やだぁ!?」

364メディアみっくす☆名無しさん2018/09/08(土) 12:33:23.34ID:???
レイナス・オレイクス「心配するな。落としたりしないから」

365メディアみっくす☆名無しさん2018/09/08(土) 12:34:00.09ID:???
ラピス・コンダーグ 「で、でも・・・・・・」

366メディアみっくす☆名無しさん2018/09/08(土) 12:34:32.57ID:???
レイナス・オレイクス「それにしても、随分と軽い身体だな」

367メディアみっくす☆名無しさん2018/09/08(土) 12:34:59.33ID:???
ラピス・コンダーグ 「そ、そうかなぁ?」

368メディアみっくす☆名無しさん2018/09/08(土) 12:36:17.77ID:???
レイナス・オレイクス「ああ。もうちょっと肉をつけた方がいい」

369メディアみっくす☆名無しさん2018/09/08(土) 12:36:38.32ID:???
ラピス・コンダーグ 「どうして?」

370メディアみっくす☆名無しさん2018/09/08(土) 12:37:13.65ID:???
レイナス・オレイクス「うん。その方が、食いでがあるからな」

371メディアみっくす☆名無しさん2018/09/08(土) 12:37:35.48ID:???
ラピス・コンダーグ 「く、食うって・・・・・・」

372メディアみっくす☆名無しさん2018/09/08(土) 12:37:55.87ID:???
レイナス・オレイクス「いいから、目の前のそれを口にくわえるんだ」

373メディアみっくす☆名無しさん2018/09/08(土) 12:38:23.73ID:???
ラピス・コンダーグ 「えっ?」

374メディアみっくす☆名無しさん2018/09/08(土) 12:39:01.88ID:???
レイナス・オレイクス「早くしろ。早くしないと、本当に食べてしまうぞ」

375メディアみっくす☆名無しさん2018/09/08(土) 12:39:18.53ID:???
ラピス・コンダーグ 「う、うん・・・・・・」

376メディアみっくす☆名無しさん2018/09/08(土) 12:39:56.17ID:???
ラピスが目の前にある肉塊を、その小さな口に含む。

377メディアみっくす☆名無しさん2018/09/08(土) 12:40:36.80ID:???
レイナス・オレイクス「うぉ・・・・・・」

378メディアみっくす☆名無しさん2018/09/08(土) 12:41:01.32ID:???
ラピス・コンダーグ 「えっ?」

379メディアみっくす☆名無しさん2018/09/08(土) 12:41:22.16ID:???
レイナス・オレイクス「気持ちいいぞ。もっとしてくれ」

380メディアみっくす☆名無しさん2018/09/08(土) 12:41:51.04ID:???
ラピス・コンダーグ 「う、うん・・・・・・」

381メディアみっくす☆名無しさん2018/09/08(土) 12:43:12.67ID:???
レイナス・オレイクス「・・・・・・」

382メディアみっくす☆名無しさん2018/09/08(土) 12:43:50.64ID:???
拙い舌技が、なんとも気持ちいい。

383メディアみっくす☆名無しさん2018/09/08(土) 12:44:22.59ID:???
ラピス・コンダーグ 「あっ、ピクピクしてる・・・・・・」

384メディアみっくす☆名無しさん2018/09/08(土) 12:44:44.42ID:???
レイナス・オレイクス「そうだな。お前のここも、ヒクヒクしているぞ」

385メディアみっくす☆名無しさん2018/09/08(土) 12:50:13.36ID:???
レイナス・オレイクス「それに、割れ目から汁が溢れてきた」

386メディアみっくす☆名無しさん2018/09/08(土) 12:51:20.54ID:???
ラピス・コンダーグ 「そ、そんな・・・・・・僕・・・・・・」

387メディアみっくす☆名無しさん2018/09/08(土) 12:51:54.90ID:???
レイナス・オレイクス「ふふ・・・・・・」

388メディアみっくす☆名無しさん2018/09/08(土) 12:52:21.57ID:???
ラピス・コンダーグ 「あっ、やだ! そんなところ舐めたら・・・・・・」

389メディアみっくす☆名無しさん2018/09/08(土) 12:52:47.99ID:???
レイナス・オレイクス「遠慮するな」

390メディアみっくす☆名無しさん2018/09/08(土) 12:54:02.69ID:???
ラピス・コンダーグ 「あっ、あぁ・・・・・・やだぁ、やだぁ・・・・・・」

391メディアみっくす☆名無しさん2018/09/08(土) 12:54:36.76ID:???
レイナスの舌が、ラピスの大切な部分を刺激する。

392メディアみっくす☆名無しさん2018/09/08(土) 12:59:57.68ID:???
その度にラピスは、可愛い鳴き声を上げた。

393メディアみっくす☆名無しさん2018/09/08(土) 13:00:34.21ID:???
ラピス・コンダーグ 「あはぁ・・・・・・あっ・・・・・・」

394メディアみっくす☆名無しさん2018/09/08(土) 13:01:00.84ID:???
レイナス・オレイクス「こらこら。自分だけ気持ちよくなってどうする」

395メディアみっくす☆名無しさん2018/09/08(土) 13:01:28.84ID:???
ラピス・コンダーグ 「あっ・・・・・・?」

396メディアみっくす☆名無しさん2018/09/08(土) 13:02:28.10ID:???
レイナス・オレイクス「これを・・・・・・」

397メディアみっくす☆名無しさん2018/09/08(土) 13:03:32.14ID:???
怒張したそれで、彼女の顔をピタピタと叩く。

398メディアみっくす☆名無しさん2018/09/08(土) 13:03:49.00ID:???
ラピス・コンダーグ 「・・・・・・」

399メディアみっくす☆名無しさん2018/09/08(土) 13:04:06.39ID:???
レイナス・オレイクス「さっきと同じようにするんだ」

400メディアみっくす☆名無しさん2018/09/08(土) 13:05:12.21ID:???
ラピス・コンダーグ 「はい・・・・・・」

401メディアみっくす☆名無しさん2018/09/08(土) 13:06:14.11ID:???
ラピス・コンダーグ 「ん・・・・・・」

402メディアみっくす☆名無しさん2018/09/08(土) 13:06:35.78ID:???
ラピス・コンダーグ 「んぁ・・・・・・あっ・・・・・・」

403メディアみっくす☆名無しさん2018/09/08(土) 13:07:06.86ID:???
ラピス・コンダーグ 「んぐ・・・・・・んっ、ん・・・・・・」

404メディアみっくす☆名無しさん2018/09/08(土) 13:08:42.02ID:???
レイナス・オレイクス「よしよし。いい感じだぞ」

405メディアみっくす☆名無しさん2018/09/08(土) 13:09:45.00ID:???
ラピス・コンダーグ 「うぁ・・・・・・あっ、苦しいよぉ・・・・・・」

406メディアみっくす☆名無しさん2018/09/08(土) 13:10:03.78ID:???
レイナス・オレイクス「そうか? 余は気持ちいいぞ」

407メディアみっくす☆名無しさん2018/09/08(土) 13:10:38.84ID:???
ラピス・コンダーグ 「で、でもぉ・・・・・・」

408メディアみっくす☆名無しさん2018/09/08(土) 13:11:26.39ID:???
レイナス・オレイクス「仕方がない。それでは・・・・・・」

409メディアみっくす☆名無しさん2018/09/08(土) 13:12:11.15ID:???
ラピス・コンダーグ 「あっ?」

410メディアみっくす☆名無しさん2018/09/08(土) 13:13:16.34ID:???
レイナス・オレイクス「それでは、お前の処女を捧げてもらおうか」

411メディアみっくす☆名無しさん2018/09/08(土) 16:57:13.27ID:???
ラピスのあそこは、先程よりもほんの少しだけ開いている。

412メディアみっくす☆名無しさん2018/09/08(土) 16:57:36.96ID:???
レイナスは、その門の前に自分の一物を置いた。

413メディアみっくす☆名無しさん2018/09/08(土) 16:58:15.65ID:???
ラピス・コンダーグ 「???」

414メディアみっくす☆名無しさん2018/09/08(土) 16:58:33.08ID:???
レイナス・オレイクス「かなり痛いと思うが、我慢するんだぞ」

415メディアみっくす☆名無しさん2018/09/08(土) 16:58:50.82ID:???
ラピス・コンダーグ 「・・・・・・僕、痛いのキライ・・・・・・」

416メディアみっくす☆名無しさん2018/09/08(土) 16:59:05.90ID:???
レイナス・オレイクス「我慢するんだ」

417メディアみっくす☆名無しさん2018/09/08(土) 16:59:23.93ID:???
ラピス・コンダーグ 「でもぉ・・・・・・」

418メディアみっくす☆名無しさん2018/09/08(土) 17:00:00.28ID:???
レイナス・オレイクス「我慢すれば、後でもう一回気持ちよくしてあげるからさ」

419メディアみっくす☆名無しさん2018/09/08(土) 17:00:34.04ID:???
ラピス・コンダーグ 「本当に?」

420メディアみっくす☆名無しさん2018/09/08(土) 17:01:04.03ID:???
レイナス・オレイクス「もちろん」

421メディアみっくす☆名無しさん2018/09/08(土) 17:01:18.51ID:???
ラピス・コンダーグ 「痛いって・・・・・・どのくらい?」

422メディアみっくす☆名無しさん2018/09/08(土) 17:01:43.28ID:???
レイナス・オレイクス「さて・・・・・・」

423メディアみっくす☆名無しさん2018/09/08(土) 17:02:25.74ID:???
レイナス・オレイクス「余にその経験は無いからな。答えようがない」

424メディアみっくす☆名無しさん2018/09/08(土) 17:02:48.36ID:???
ラピス・コンダーグ 「・・・・・・」

425メディアみっくす☆名無しさん2018/09/08(土) 17:03:05.33ID:???
レイナス・オレイクス「だが、死ぬほどじゃないだろう・・・・・・」

426メディアみっくす☆名無しさん2018/09/08(土) 17:03:25.70ID:???
レイナス・オレイクス「人の体は、そういうことができるようになっているのだから」

427メディアみっくす☆名無しさん2018/09/08(土) 17:03:54.54ID:???
ラピス・コンダーグ 「やっぱり・・・・・・」

428メディアみっくす☆名無しさん2018/09/08(土) 17:04:13.46ID:???
ラピス・コンダーグ 「やだなぁ・・・・・・僕・・・・・・」

429メディアみっくす☆名無しさん2018/09/08(土) 17:04:32.61ID:???
レイナス・オレイクス「とにかく・・・・・・」

430メディアみっくす☆名無しさん2018/09/08(土) 17:04:51.11ID:???
レイナス・オレイクス「入れるぞ!」

431メディアみっくす☆名無しさん2018/09/08(土) 17:05:07.92ID:???
ラピス・コンダーグ 「あっ!?」

432メディアみっくす☆名無しさん2018/09/08(土) 17:05:25.38ID:???
強引に、彼女の中に挿入する。

433メディアみっくす☆名無しさん2018/09/08(土) 17:05:44.00ID:???
ラピス・コンダーグ 「あぁぁぁぁぁっ!!」

434メディアみっくす☆名無しさん2018/09/08(土) 17:05:59.64ID:???
レイナス・オレイクス「うむ・・・・・・」

435メディアみっくす☆名無しさん2018/09/08(土) 17:06:24.63ID:???
レイナス・オレイクス「これは、かなり・・・・・・」

436メディアみっくす☆名無しさん2018/09/08(土) 17:06:40.95ID:???
想像していた以上にラピスの中はきつくできている。

437メディアみっくす☆名無しさん2018/09/08(土) 17:06:56.93ID:???
秘肉の弾け千切れるような音を感じながら、レイナスは挿入を続けた。

438メディアみっくす☆名無しさん2018/09/08(土) 17:07:15.85ID:???
ラピス・コンダーグ 「あっ・・・・・・あっ・・・・・・」

439メディアみっくす☆名無しさん2018/09/08(土) 17:07:33.68ID:???
ラピスが、苦しみながら喘ぐ。

440メディアみっくす☆名無しさん2018/09/08(土) 17:07:49.44ID:???
だが、こちらもかなり痛い。

441メディアみっくす☆名無しさん2018/09/08(土) 17:08:08.90ID:???
レイナス・オレイクス「もう少し・・・・・・我慢してくれ」

442メディアみっくす☆名無しさん2018/09/08(土) 17:08:22.83ID:???
ラピス・コンダーグ 「やだぁ・・・・・・もう・・・・・・僕・・・・・・」

443メディアみっくす☆名無しさん2018/09/08(土) 17:08:58.37ID:???
レイナス・オレイクス「いいから・・・・・・」

444メディアみっくす☆名無しさん2018/09/08(土) 17:09:16.74ID:???
逃げようとするラピスの体を、無理矢理自分の方に引き寄せる。

445メディアみっくす☆名無しさん2018/09/08(土) 17:09:36.06ID:???
彼女の体重が挿入の助けとなるように、お互いに位置をコントロールする。

446メディアみっくす☆名無しさん2018/09/08(土) 17:09:56.51ID:???
ラピス・コンダーグ 「うぁっ、あぁっ!!」

447メディアみっくす☆名無しさん2018/09/08(土) 17:10:14.13ID:???
レイナス・オレイクス「ふぅ・・・・・・」

448メディアみっくす☆名無しさん2018/09/08(土) 17:10:31.32ID:???
さすがに全てを埋没させるには至らない。

449メディアみっくす☆名無しさん2018/09/08(土) 17:10:52.15ID:???
ラピス・コンダーグ 「やだぁ・・・・・・もう、やだよぉ・・・・・・」

450メディアみっくす☆名無しさん2018/09/08(土) 17:11:11.88ID:???
レイナス・オレイクス「そんなに痛いのか?」

451メディアみっくす☆名無しさん2018/09/08(土) 17:11:32.87ID:???
ラピス・コンダーグ 「ぐすっ・・・・・・痛い・・・・・・」

452メディアみっくす☆名無しさん2018/09/08(土) 17:11:53.17ID:???
レイナス・オレイクス「そうか。すまなかったな」

453メディアみっくす☆名無しさん2018/09/08(土) 17:12:11.32ID:???
ラピス・コンダーグ 「どうして、こんなひどいことをするの?」

454メディアみっくす☆名無しさん2018/09/08(土) 17:12:31.16ID:???
レイナス・オレイクス「それは・・・・・・」

455メディアみっくす☆名無しさん2018/09/08(土) 17:12:52.63ID:???
レイナス・オレイクス「こうすることで、余が気持ちよくなれるからだな」

456メディアみっくす☆名無しさん2018/09/08(土) 17:13:10.34ID:???
ラピス・コンダーグ 「・・・・・・」

457メディアみっくす☆名無しさん2018/09/08(土) 17:13:27.34ID:???
レイナス・オレイクス「さて。それでは、動かさせてもらうぞ」

458メディアみっくす☆名無しさん2018/09/08(土) 17:13:44.30ID:???
ラピス・コンダーグ 「えっ?」

459メディアみっくす☆名無しさん2018/09/08(土) 17:14:05.43ID:???
ラピス・コンダーグ 「きゃっ!? あぁっ・・・・・・」

460メディアみっくす☆名無しさん2018/09/08(土) 17:14:28.83ID:???
ラピスの腰を固定してピストン運動を開始する。

461メディアみっくす☆名無しさん2018/09/08(土) 17:14:47.70ID:???
レイナス・オレイクス「くっ・・・・・・」

462メディアみっくす☆名無しさん2018/09/08(土) 17:15:08.00ID:???
ギチギチと締め付ける秘肉の中、戻るも進むもかなりの苦労だ。

463メディアみっくす☆名無しさん2018/09/08(土) 17:15:26.46ID:???
ゆっくりと、少しずつ・・・・・・

464メディアみっくす☆名無しさん2018/09/08(土) 17:15:42.03ID:???
ラピス・コンダーグ 「んっ・・・・・・」

465メディアみっくす☆名無しさん2018/09/08(土) 17:15:59.78ID:???
レイナス・オレイクス「つっ・・・・・・」

466メディアみっくす☆名無しさん2018/09/08(土) 17:16:22.03ID:???
少しずつ腰を押しつけ、ゆっくりと引く・・・・・・

467メディアみっくす☆名無しさん2018/09/08(土) 17:16:38.05ID:???
その行為を繰り返すと、次第にラピスの中の滑りがよくなってきた。

468メディアみっくす☆名無しさん2018/09/08(土) 17:16:54.90ID:???
レイナス・オレイクス「どうだ?」

469メディアみっくす☆名無しさん2018/09/08(土) 17:17:09.59ID:???
ラピス・コンダーグ 「・・・・・・えっ?」

470メディアみっくす☆名無しさん2018/09/08(土) 17:17:28.00ID:???
レイナス・オレイクス「まだ、痛い?」

471メディアみっくす☆名無しさん2018/09/08(土) 17:17:49.38ID:???
ラピス・コンダーグ 「・・・・・・うん・・・・・・痛いよ」

472メディアみっくす☆名無しさん2018/09/08(土) 17:18:05.22ID:???
レイナス・オレイクス「そうか・・・・・・」

473メディアみっくす☆名無しさん2018/09/08(土) 17:18:22.99ID:???
ラピス・コンダーグ 「でも、これなら・・・・・・」

474メディアみっくす☆名無しさん2018/09/08(土) 17:18:41.28ID:???
ラピス・コンダーグ 「我慢できるよ・・・・・・僕」

475メディアみっくす☆名無しさん2018/09/08(土) 17:18:57.85ID:???
レイナス・オレイクス「そうか。なら、我慢してもらうぞ」

476メディアみっくす☆名無しさん2018/09/08(土) 17:19:13.00ID:???
ラピス・コンダーグ 「うん・・・・・・レイナス」

477メディアみっくす☆名無しさん2018/09/08(土) 17:19:30.54ID:???
レイナス・オレイクス「・・・・・・」

478メディアみっくす☆名無しさん2018/09/08(土) 17:19:50.44ID:???
ラピスの言葉に甘え、腰を動かすスピードを早める。

479メディアみっくす☆名無しさん2018/09/08(土) 17:20:11.59ID:???
ラピス・コンダーグ 「んっ・・・・・・あはぁ・・・・・・あぁ・・・・・・」

480メディアみっくす☆名無しさん2018/09/08(土) 17:20:30.68ID:???
レイナス・オレイクス「・・・・・・」

481メディアみっくす☆名無しさん2018/09/08(土) 17:20:55.00ID:???
先程のように相手を気づかうのではなく、自分の快楽だけを求めて腰を動かす。

482メディアみっくす☆名無しさん2018/09/08(土) 17:21:16.43ID:???
竿の部分では強烈な圧迫感を楽しみ、先端は、奥に存在するザラザラとした壁に擦りつける。

483メディアみっくす☆名無しさん2018/09/08(土) 17:21:34.70ID:???
ラピス・コンダーグ 「うぁっ、あぁぁっ!」

484メディアみっくす☆名無しさん2018/09/08(土) 17:21:51.39ID:???
レイナス・オレイクス「よしよし・・・・・・」

485メディアみっくす☆名無しさん2018/09/08(土) 17:22:07.62ID:???
ラピス・コンダーグ 「はぁぁ・・・・・・あぁっ・・・・・・ダメ・・・・・・僕・・・・・・」

486メディアみっくす☆名無しさん2018/09/08(土) 17:22:21.70ID:???
レイナス・オレイクス「どうした?」

487メディアみっくす☆名無しさん2018/09/08(土) 17:22:38.69ID:???
ラピス・コンダーグ 「やだぁ・・・・・・僕・・・・・・」

488メディアみっくす☆名無しさん2018/09/08(土) 17:23:03.11ID:???
ラピス・コンダーグ 「また・・・・・・あぁっ!!」

489メディアみっくす☆名無しさん2018/09/08(土) 17:23:18.75ID:???
どうやら、痛みよりも快感の方が強くなってきたらしい。

490メディアみっくす☆名無しさん2018/09/08(土) 17:23:37.21ID:???
レイナス・オレイクス「そうか。それなら、こちらも・・・・・・」

491メディアみっくす☆名無しさん2018/09/08(土) 17:23:59.53ID:???
さらに腰の動きを早める。

492メディアみっくす☆名無しさん2018/09/08(土) 17:24:47.18ID:???
射精の感覚は、すでにそこまで来ている。

493メディアみっくす☆名無しさん2018/09/08(土) 17:25:07.27ID:???
熱い快感が管の中に充満し、解き放たれる瞬間を待ち焦がれる・・・・・・

494メディアみっくす☆名無しさん2018/09/08(土) 17:25:24.20ID:???
ラピス・コンダーグ 「あぁぁぁぁっ!! もう、もう・・・・・・」

495メディアみっくす☆名無しさん2018/09/08(土) 17:25:39.09ID:???
レイナス・オレイクス「よしっ!!」

496メディアみっくす☆名無しさん2018/09/08(土) 17:26:10.28ID:???
(ラピス・コンダーグ、処女喪失)

497メディアみっくす☆名無しさん2018/09/08(土) 17:26:30.96ID:???
できるだけ奥深くまで突き刺し、そしてレイナスは射精した。

498メディアみっくす☆名無しさん2018/09/08(土) 17:26:53.92ID:???
ラピス・コンダーグ 「うわぁ、あぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁっ!!」

499メディアみっくす☆名無しさん2018/09/08(土) 17:27:09.16ID:???
レイナスが絶頂に達するその瞬間を感じながら、ラピス・コンダーグも二度目の絶頂を経験した。

500メディアみっくす☆名無しさん2018/09/08(土) 17:27:28.42ID:???
レイナス・オレイクス「ふぅ・・・・・・」

501メディアみっくす☆名無しさん2018/09/08(土) 17:27:47.55ID:???
ラピス・コンダーグ 「レイナス・・・・・・まだ、ビュクビュクいってるよぉ・・・・・・」

502メディアみっくす☆名無しさん2018/09/08(土) 17:28:17.63ID:???
(後日、ラピス・コンダーグの妊娠が判明)

503メディアみっくす☆名無しさん2018/09/08(土) 21:12:59.96ID:???
レイナス・オレイクス「初めまして。ダイクンの姫君」

504メディアみっくす☆名無しさん2018/09/08(土) 21:13:37.88ID:???
アリシア・ダイクン  「あっ・・・・・・」

505メディアみっくす☆名無しさん2018/09/08(土) 21:14:20.85ID:???
アリシア・ダイクン  「アリシアです。陛下」

506メディアみっくす☆名無しさん2018/09/08(土) 21:15:06.78ID:???
アリシア・ダイクン  「アリスと呼んでください」

507メディアみっくす☆名無しさん2018/09/08(土) 21:16:53.16ID:???
レイナス・オレイクス「わかった。アリス」

508メディアみっくす☆名無しさん2018/09/08(土) 21:17:38.78ID:???
アリシア・ダイクン  「はい」

509メディアみっくす☆名無しさん2018/09/08(土) 21:18:22.31ID:???
レイナス・オレイクス「・・・・・・」

510メディアみっくす☆名無しさん2018/09/08(土) 21:18:58.52ID:???
アリシア・ダイクン  「あ、あの・・・・・・」

511メディアみっくす☆名無しさん2018/09/08(土) 21:19:31.24ID:???
レイナス・オレイクス「なにかな?」

512メディアみっくす☆名無しさん2018/09/08(土) 21:20:05.93ID:???
アリシア・ダイクン  「ダイクンは・・・・・・」

513メディアみっくす☆名無しさん2018/09/08(土) 21:20:46.03ID:???
アリシア・ダイクン  「こ、これから・・・・・・どうなるんでしょうか?」

514メディアみっくす☆名無しさん2018/09/08(土) 21:21:15.69ID:???
レイナス・オレイクス「・・・・・・」

515メディアみっくす☆名無しさん2018/09/08(土) 21:22:01.63ID:???
アリシア・ダイクン  「アリスの国は・・・・・・」

516メディアみっくす☆名無しさん2018/09/08(土) 21:22:23.26ID:???
アリシア・ダイクン  「その・・・・・・」

517メディアみっくす☆名無しさん2018/09/08(土) 21:22:57.05ID:???
アリシア・ダイクン  「とても、弱い国です・・・・・・」

518メディアみっくす☆名無しさん2018/09/08(土) 21:23:21.51ID:???
アリシア・ダイクン  「だから・・・・・・」

519メディアみっくす☆名無しさん2018/09/08(土) 21:23:48.75ID:???
アリシア・ダイクン  「・・・・・・」

520メディアみっくす☆名無しさん2018/09/08(土) 21:25:08.50ID:???
レイナス・オレイクス「心配するな。これからは、余の帝国がダイクンの盾となろう」

521メディアみっくす☆名無しさん2018/09/08(土) 21:25:52.54ID:???
アリシア・ダイクン  「ほ、本当ですか?」

522メディアみっくす☆名無しさん2018/09/08(土) 21:26:54.86ID:???
レイナス・オレイクス「うむ。すでにチュルボには兵を送ってある」

523メディアみっくす☆名無しさん2018/09/08(土) 21:27:47.59ID:???
アリシア・ダイクン  「で、でも・・・・・・チュルボは・・・・・・」

524メディアみっくす☆名無しさん2018/09/08(土) 21:28:33.02ID:???
レイナス・オレイクス「強国だ」

525メディアみっくす☆名無しさん2018/09/08(土) 21:29:14.18ID:???
レイナス・オレイクス「だが、余の敵では無い」

526メディアみっくす☆名無しさん2018/09/08(土) 21:30:07.72ID:???
アリシア・ダイクン  「そうですね。陛下の帝国にかなうものなど・・・・・・」

527メディアみっくす☆名無しさん2018/09/08(土) 21:30:55.20ID:???
レイナス・オレイクス「そうそう。だから、もっと楽にしてくれ」

528メディアみっくす☆名無しさん2018/09/08(土) 21:31:27.24ID:???
アリシア・ダイクン  「はい・・・・・・」

529メディアみっくす☆名無しさん2018/09/08(土) 21:32:11.86ID:???
レイナス・オレイクス「それはそうと・・・・・・」

530メディアみっくす☆名無しさん2018/09/08(土) 21:32:58.81ID:???
アリシア・ダイクン  「はい?」

531メディアみっくす☆名無しさん2018/09/08(土) 21:34:19.31ID:???
レイナス・オレイクス「国を守る見返りといってはなんだが・・・・・・」

532メディアみっくす☆名無しさん2018/09/08(土) 21:34:50.37ID:???
アリシア・ダイクン  「はい・・・・・・」

533メディアみっくす☆名無しさん2018/09/08(土) 21:35:21.96ID:???
アリシア・ダイクン  「承知しています」

534メディアみっくす☆名無しさん2018/09/08(土) 21:36:05.26ID:???
レイナス・オレイクス「よし。それじゃあ・・・・・・」

535メディアみっくす☆名無しさん2018/09/08(土) 21:36:47.01ID:???
アリシア・ダイクン  「はい。お任せください」

536メディアみっくす☆名無しさん2018/09/09(日) 11:24:37.65ID:???
レイナス・オレイクス「おっ? これは、なかなか・・・・・・」

537メディアみっくす☆名無しさん2018/09/09(日) 11:24:51.78ID:???
アリシア・ダイクン  「んっ、あはぁ・・・・・・んっ・・・・・・」

538メディアみっくす☆名無しさん2018/09/09(日) 11:25:05.95ID:???
レイナス・オレイクス「うまいな。初めてじゃないのか?」

539メディアみっくす☆名無しさん2018/09/09(日) 11:25:18.69ID:???
アリシア・ダイクン  「初めてです・・・・・・んっ、本物でするのは・・・・・・」

540メディアみっくす☆名無しさん2018/09/09(日) 11:25:48.00ID:???
レイナス・オレイクス「本物で? うぉっ・・・・・・そこは・・・・・・」

541メディアみっくす☆名無しさん2018/09/09(日) 11:26:09.79ID:???
アリシア・ダイクン  「こういう時の為に・・・・・・んぐっ、んっ・・・・・・」

542メディアみっくす☆名無しさん2018/09/09(日) 11:26:23.44ID:???
アリシア・ダイクン  「本と張型で勉強しました・・・・・・うふっ、こんなふうにすると・・・・・・」

543メディアみっくす☆名無しさん2018/09/09(日) 11:26:52.55ID:???
アリシアの舌が、先端の敏感な箇所を舐める。

544メディアみっくす☆名無しさん2018/09/09(日) 11:27:27.58ID:???
かすかに触れるか触れないか、絶妙な加減でレイナスの皮膚は刺激された

545メディアみっくす☆名無しさん2018/09/09(日) 11:27:50.99ID:???
かすかに触れるか触れないか、絶妙な加減でレイナスの皮膚は刺激された。

546メディアみっくす☆名無しさん2018/09/09(日) 11:28:07.95ID:???
レイナス・オレイクス「そ、そこは・・・・・・」

547メディアみっくす☆名無しさん2018/09/09(日) 11:29:59.55ID:???
アリシア・ダイクン  「気持ちいいですか? 陛下?」

548メディアみっくす☆名無しさん2018/09/09(日) 11:30:44.03ID:???
レイナス・オレイクス「あっ、ああ・・・・・・凄いぞ」

549メディアみっくす☆名無しさん2018/09/09(日) 11:31:29.84ID:???
不思議な感覚・・・・・・

550メディアみっくす☆名無しさん2018/09/09(日) 11:32:12.51ID:???
直接的な刺激とは、何かが違う。

551メディアみっくす☆名無しさん2018/09/09(日) 11:32:44.89ID:???
シルクの布で軽く擦られるような、揮発性の薬を塗られたような・・・・・・とにかく形容しがたい快感。

552メディアみっくす☆名無しさん2018/09/09(日) 11:34:11.02ID:???
アリシア・ダイクン  「よかった・・・・・・」

553メディアみっくす☆名無しさん2018/09/09(日) 11:34:28.89ID:???
レイナス・オレイクス「ほ、本当に・・・・・・初めてなんだな?」

554メディアみっくす☆名無しさん2018/09/09(日) 11:35:34.16ID:???
アリシア・ダイクン  「はい・・・・・・んっ、本当です・・・・・・」

555メディアみっくす☆名無しさん2018/09/09(日) 11:35:50.79ID:???
アリシア・ダイクン  「アリスはまだ・・・・・・」

556メディアみっくす☆名無しさん2018/09/09(日) 11:37:19.37ID:???
アリシア・ダイクン  「その・・・・・・」

557メディアみっくす☆名無しさん2018/09/09(日) 11:37:40.32ID:???
アリシア・ダイクン  「アリスはまだ・・・・・・処女です・・・・・・」

558メディアみっくす☆名無しさん2018/09/09(日) 11:38:22.40ID:???
レイナス・オレイクス「くぅぅ・・・・・・」

559メディアみっくす☆名無しさん2018/09/09(日) 11:39:21.96ID:???
レイナス・オレイクス「凄い処女もいたものだ」

560メディアみっくす☆名無しさん2018/09/09(日) 11:39:34.81ID:???
レイナス・オレイクス「よし! 余がこの目で確かめてやろう」

561メディアみっくす☆名無しさん2018/09/09(日) 11:40:52.94ID:???
アリシア・ダイクン  「あっ、まだ・・・・・・」

562メディアみっくす☆名無しさん2018/09/09(日) 11:41:13.23ID:???
アリシア・ダイクン  「あっ!? ダメ、ダメです・・・・・・」

563メディアみっくす☆名無しさん2018/09/09(日) 11:41:26.49ID:???
レイナス・オレイクス「ダメ?」

564メディアみっくす☆名無しさん2018/09/09(日) 11:41:53.42ID:???
レイナス・オレイクス「余を拒むというのか?」

565メディアみっくす☆名無しさん2018/09/09(日) 11:42:30.17ID:???
アリシア・ダイクン  「あっ・・・・・・」

566メディアみっくす☆名無しさん2018/09/09(日) 11:43:29.34ID:???
レイナス・オレイクス「そうか。拒むのか・・・・・・」

567メディアみっくす☆名無しさん2018/09/09(日) 11:44:05.65ID:???
アリシア・ダイクン  「い、いいえ。違います!」

568メディアみっくす☆名無しさん2018/09/09(日) 11:44:26.41ID:???
アリシア・ダイクン  「どうぞ・・・・・・ご覧になってください」

569メディアみっくす☆名無しさん2018/09/09(日) 11:44:41.52ID:???
レイナス・オレイクス「・・・・・・」

570メディアみっくす☆名無しさん2018/09/09(日) 11:45:59.18ID:???
アリシア・ダイクン  「お、お願いです・・・・・・アリスの、いやらしいあそこを見てください」

571メディアみっくす☆名無しさん2018/09/09(日) 11:46:47.85ID:???
レイナス・オレイクス「ふふっ・・・・・・」

572メディアみっくす☆名無しさん2018/09/09(日) 11:47:04.26ID:???
レイナス・オレイクス「いいだろう。そこまで言うのなら・・・・・・」

573メディアみっくす☆名無しさん2018/09/09(日) 11:47:18.63ID:???
アリシア・ダイクン  「んっ・・・・・・」

574メディアみっくす☆名無しさん2018/09/09(日) 11:48:12.26ID:???
レイナス・オレイクス「匂うな。実にいやらしい匂いだ」

575メディアみっくす☆名無しさん2018/09/09(日) 11:48:24.67ID:???
アリシア・ダイクン  「あっ・・・・・・そ、そんな・・・・・・」

576メディアみっくす☆名無しさん2018/09/09(日) 11:49:14.26ID:???
レイナス・オレイクス「それに、濡れている」

577メディアみっくす☆名無しさん2018/09/09(日) 11:49:30.67ID:???
レイナス・オレイクス「感じていたのか?」

578メディアみっくす☆名無しさん2018/09/09(日) 11:49:46.39ID:???
アリシア・ダイクン  「は、はい・・・・・・」

579メディアみっくす☆名無しさん2018/09/09(日) 11:50:00.53ID:???
アリシア・ダイクン  「陛下にお会いしたその時から・・・・・・」

580メディアみっくす☆名無しさん2018/09/09(日) 11:50:14.65ID:???
アリシア・ダイクン  「アリスのあそこは、濡れていました」

581メディアみっくす☆名無しさん2018/09/09(日) 11:50:27.72ID:???
レイナス・オレイクス「ふふっ・・・・・・いい子だ」

582メディアみっくす☆名無しさん2018/09/09(日) 11:50:40.91ID:???
アリシア・ダイクン  「あっ・・・・・・」

583メディアみっくす☆名無しさん2018/09/09(日) 11:50:55.77ID:???
レイナス・オレイクス「さて。それでは中を調べさせてもらおうか」

584メディアみっくす☆名無しさん2018/09/09(日) 11:55:29.65ID:???
指で、アリシアの女性器を広げる。

585メディアみっくす☆名無しさん2018/09/09(日) 11:56:31.92ID:???
ピンク色の、テラテラと濡れ光る花弁。

586メディアみっくす☆名無しさん2018/09/09(日) 12:03:27.16ID:???
アリシア・ダイクン  「んっ・・・・・・あっ、はぁ・・・・・・」

587メディアみっくす☆名無しさん2018/09/09(日) 12:03:46.82ID:???
レイナス・オレイクス「ふふっ、丸見えだぞ」

588メディアみっくす☆名無しさん2018/09/09(日) 12:04:01.41ID:???
アリシア・ダイクン  「あぁっ・・・・・・恥ずかしいです・・・・・・」

589メディアみっくす☆名無しさん2018/09/09(日) 12:04:22.06ID:???
レイナス・オレイクス「どっちの穴も、使ったことはないんだな?」

590メディアみっくす☆名無しさん2018/09/09(日) 12:04:52.94ID:???
少しずつ指を差しこむ。

591メディアみっくす☆名無しさん2018/09/09(日) 12:05:09.21ID:???
アリシア・ダイクン  「んっ・・・・・・あっ・・・・・・」

592メディアみっくす☆名無しさん2018/09/09(日) 12:05:27.85ID:???
レイナス・オレイクス「どうなんだ?」

593メディアみっくす☆名無しさん2018/09/09(日) 12:05:47.99ID:???
アリシア・ダイクン  「は、はい・・・・・・使ったことはありません」

594メディアみっくす☆名無しさん2018/09/09(日) 12:05:59.47ID:???
レイナス・オレイクス「男のものだけじゃなく、おもちゃもか?」

595メディアみっくす☆名無しさん2018/09/09(日) 12:06:15.73ID:???
アリシア・ダイクン  「はい・・・・・・大切なものですから・・・・・・」

596メディアみっくす☆名無しさん2018/09/09(日) 12:06:31.20ID:???
レイナス・オレイクス「そうみたいだな。ちゃんと、その印がある」

597メディアみっくす☆名無しさん2018/09/09(日) 12:06:44.03ID:???
アリシア・ダイクン  「あっ・・・・・・ダメです。そんな奥まで・・・・・・」

598メディアみっくす☆名無しさん2018/09/09(日) 12:06:59.66ID:???
レイナス・オレイクス「だが、指ぐらいは入れたことがあるんだろ?」

599メディアみっくす☆名無しさん2018/09/09(日) 12:07:14.65ID:???
アリシア・ダイクン  「そ、それは・・・・・・」

600メディアみっくす☆名無しさん2018/09/09(日) 12:07:28.52ID:???
レイナス・オレイクス「こんな風に、自分で自分を慰めたことはあるな?」

601メディアみっくす☆名無しさん2018/09/09(日) 12:08:54.45ID:???
アリシア・ダイクン  「んっ・・・・・・いやぁ・・・・・・言わないで」

602メディアみっくす☆名無しさん2018/09/09(日) 12:09:10.67ID:???
アリシア・ダイクン  「そんなことを言われると、アリスは、アリスは・・・・・・」

603メディアみっくす☆名無しさん2018/09/09(日) 12:09:26.51ID:???
レイナス・オレイクス「ふふっ・・・・・・」

604メディアみっくす☆名無しさん2018/09/09(日) 12:09:52.66ID:???
レイナス・オレイクス「そろそろ、おまえの処女を頂くぞ」

605メディアみっくす☆名無しさん2018/09/09(日) 12:10:07.31ID:???
レイナス・オレイクス「いいな?」

606メディアみっくす☆名無しさん2018/09/09(日) 12:10:24.74ID:???
アリシア・ダイクン  「は、はい・・・・・・」

607メディアみっくす☆名無しさん2018/09/09(日) 12:10:45.67ID:???
アリシア・ダイクン  「どうか、アリスの処女をもらってください」

608メディアみっくす☆名無しさん2018/09/09(日) 12:10:59.17ID:???
レイナス・オレイクス「よしよし」

609メディアみっくす☆名無しさん2018/09/09(日) 12:11:38.22ID:???
アリシア・ダイクン  「あっ、あぁぁぁぁぁぁっ!!」

610メディアみっくす☆名無しさん2018/09/09(日) 12:12:12.97ID:???
アリシア・ダイクン  「あっ、あぁぁぁぁぁぁっ!!」

611メディアみっくす☆名無しさん2018/09/09(日) 12:15:41.48ID:???
遠慮なくアリシアの処女を破る。

612メディアみっくす☆名無しさん2018/09/09(日) 12:15:57.34ID:???
レイナス・オレイクス「ふふっ・・・・・・」

613メディアみっくす☆名無しさん2018/09/09(日) 12:16:20.00ID:???
アリシア・ダイクン  「はぁ、あ・・・・・・痛い・・・・・・」

614メディアみっくす☆名無しさん2018/09/09(日) 12:16:34.61ID:???
レイナス・オレイクス「そうか? 余は気持ちがいいぞ」

615メディアみっくす☆名無しさん2018/09/09(日) 12:16:49.93ID:???
アリシア・ダイクン  「う、嬉しいです・・・・・・」

616メディアみっくす☆名無しさん2018/09/09(日) 12:17:39.77ID:???
アリシア・ダイクン  「あん・・・・・・陛下に喜んでいたたげれば・・・・・・アリスは、幸せです・・・・・・あぁっ!」

617メディアみっくす☆名無しさん2018/09/09(日) 12:17:57.40ID:???
レイナス・オレイクス「いい子だ。それなら・・・・・・」

618メディアみっくす☆名無しさん2018/09/09(日) 12:18:10.99ID:???
できるだけ深く、激しくピストン運動を繰り返す。

619メディアみっくす☆名無しさん2018/09/09(日) 12:18:44.77ID:???
アリシア・ダイクン  「あっ、あぁっ! 死ぬ・・・・・・死んじゃう!」

620メディアみっくす☆名無しさん2018/09/09(日) 12:19:01.25ID:???
苦痛に歪むアリシアの表情。

621メディアみっくす☆名無しさん2018/09/09(日) 12:20:03.83ID:???
それがまた興奮を高める。

622メディアみっくす☆名無しさん2018/09/09(日) 12:20:23.31ID:???
レイナス・オレイクス「どうした。締まりが悪いぞ」

623メディアみっくす☆名無しさん2018/09/09(日) 12:21:21.65ID:???
アリシア・ダイクン  「あっ、あっ、あっ・・・・・・で、でもぉ・・・・・・」

624メディアみっくす☆名無しさん2018/09/09(日) 12:21:35.71ID:???
レイナス・オレイクス「ここに力を込めるんだ。もっと、余を喜ばせてみろ!」

625メディアみっくす☆名無しさん2018/09/09(日) 12:22:04.11ID:???
アリシアの鳩尾に拳をあて、グッとそれを押しつける。

626メディアみっくす☆名無しさん2018/09/09(日) 12:22:17.92ID:???
アリシア・ダイクン  「うぇっ・・・・・・あっ、ぐ・・・・・・」

627メディアみっくす☆名無しさん2018/09/09(日) 12:22:37.88ID:???
アリシア・ダイクン  「は、はい・・・・・・」

628メディアみっくす☆名無しさん2018/09/09(日) 12:23:01.89ID:???
アリシア・ダイクン  「こうですか・・・・・・陛下?」

629メディアみっくす☆名無しさん2018/09/09(日) 12:23:20.02ID:???
レイナス・オレイクス「もっとだ!」

630メディアみっくす☆名無しさん2018/09/09(日) 12:23:38.95ID:???
レイナス・オレイクス「これでは、とても満足できんぞ!」

631メディアみっくす☆名無しさん2018/09/09(日) 12:24:04.32ID:???
アリシア・ダイクン  「は、はい・・・・・・んっ!」

632メディアみっくす☆名無しさん2018/09/09(日) 12:24:20.83ID:???
レイナス・オレイクス「よし・・・・・・」

633メディアみっくす☆名無しさん2018/09/09(日) 12:25:06.09ID:???
レイナス・オレイクス「いいぞ。これなら・・・・・・」

634メディアみっくす☆名無しさん2018/09/09(日) 12:25:23.55ID:???
さらに激しく腰を動かす。

635メディアみっくす☆名無しさん2018/09/09(日) 12:25:38.44ID:???
アリシア・ダイクン  「うぁ、あっ・・・・・・」

636メディアみっくす☆名無しさん2018/09/09(日) 12:25:54.26ID:???
レイナス・オレイクス「くっ・・・・・・」

637メディアみっくす☆名無しさん2018/09/09(日) 12:26:08.87ID:???
レイナス・オレイクス「んっ!」

638メディアみっくす☆名無しさん2018/09/09(日) 12:26:32.88ID:???
(処女喪失)

639メディアみっくす☆名無しさん2018/09/09(日) 12:27:19.54ID:???
(アリシア・ダイクン、処女喪失)

640メディアみっくす☆名無しさん2018/09/09(日) 12:27:37.96ID:???
レイナス・オレイクス「んっ!」

641メディアみっくす☆名無しさん2018/09/09(日) 12:28:05.98ID:???
アリシア・ダイクン  「あっ・・・・・・こんなに・・・・・・嬉しいです・・・・・・」

642メディアみっくす☆名無しさん2018/09/09(日) 12:29:03.05ID:???
(後日、アリシア・ダイクンの妊娠が判明)

643メディアみっくす☆名無しさん2018/09/10(月) 15:43:50.09ID:???
レイナス・オレイクス「初めまして。ヒスイ姫」

644メディアみっくす☆名無しさん2018/09/10(月) 15:44:59.79ID:???
ヒスイ・ヤマモト    「あなたが、レイナス・オレイクスですか?」

645メディアみっくす☆名無しさん2018/09/10(月) 15:45:31.21ID:???
レイナス・オレイクス「ええ」

646メディアみっくす☆名無しさん2018/09/10(月) 15:46:34.20ID:???
ヒスイ・ヤマモト    「あなたに、伝えたいことがあります」

647メディアみっくす☆名無しさん2018/09/10(月) 15:47:01.11ID:???
レイナス・オレイクス「ふむ」

648メディアみっくす☆名無しさん2018/09/10(月) 15:49:06.01ID:???
ヒスイ・ヤマモト    「周囲に邪悪なものの影が見えます、髪の長い女性の姿をした・・・・・・」

649メディアみっくす☆名無しさん2018/09/10(月) 15:50:14.33ID:???
ヒスイ・ヤマモト    「あれは、一体・・・・・・」

650メディアみっくす☆名無しさん2018/09/10(月) 15:51:55.40ID:???
レイナス・オレイクス「・・・・・・ヒスイ姫、その話は後ほど・・・・・・」

651メディアみっくす☆名無しさん2018/09/10(月) 15:53:17.82ID:???
ヒスイ・ヤマモト    「・・・・・・」

652メディアみっくす☆名無しさん2018/09/10(月) 15:53:58.35ID:???
レイナス・オレイクス「・・・・・・」

653メディアみっくす☆名無しさん2018/09/10(月) 15:54:40.25ID:???
ヒスイ・ヤマモト    「・・・・・・これで、満足ですか?」

654メディアみっくす☆名無しさん2018/09/10(月) 15:55:35.46ID:???
レイナス・オレイクス「いや、もっと深くくわえてもらいましょう」

655メディアみっくす☆名無しさん2018/09/10(月) 16:03:49.46ID:???
そう言って、ヒスイの顔を自分の腰に押しつける。

656メディアみっくす☆名無しさん2018/09/10(月) 16:04:23.85ID:???
ヒスイ・ヤマモト    「んっ・・・・・・」

657メディアみっくす☆名無しさん2018/09/10(月) 16:05:28.28ID:???
ヒスイの表情が、少しだけ歪む。

658メディアみっくす☆名無しさん2018/09/10(月) 16:06:55.70ID:???
それを楽しみながら、彼女の頭をゆっくりと前後に動かす。

659メディアみっくす☆名無しさん2018/09/10(月) 16:08:36.30ID:???
深く、浅く、ヒスイの舌や喉で自らの分身をしごくように。

660メディアみっくす☆名無しさん2018/09/10(月) 16:09:07.69ID:???
ヒスイ・ヤマモト    「あう・・・・・・んっ・・・・・・」

661メディアみっくす☆名無しさん2018/09/10(月) 16:09:57.65ID:???
レイナス・オレイクス「苦しいですか? 嫌なら・・・・・・」

662メディアみっくす☆名無しさん2018/09/10(月) 16:10:31.74ID:???
ヒスイ・ヤマモト    「別に・・・・・・」

663メディアみっくす☆名無しさん2018/09/10(月) 16:10:51.27ID:???
レイナス・オレイクス「・・・・・・」

664メディアみっくす☆名無しさん2018/09/10(月) 16:11:44.82ID:???
ヒスイ・ヤマモト    「楽しいですか? こんなことをして?」

665メディアみっくす☆名無しさん2018/09/10(月) 16:12:04.67ID:???
レイナス・オレイクス「・・・・・・」

666メディアみっくす☆名無しさん2018/09/10(月) 16:12:35.43ID:???
ヒスイ・ヤマモト    「・・・・・・」

667メディアみっくす☆名無しさん2018/09/10(月) 16:21:32.34ID:???
レイナス・オレイクス「ちっ・・・・・・」

668メディアみっくす☆名無しさん2018/09/10(月) 16:22:50.80ID:???
コミュニケーションをとるのは諦め、ヒスイの口を道具として用いることにする。

669メディアみっくす☆名無しさん2018/09/10(月) 16:26:35.09ID:???
ヒスイの頭をしっかりと両手で押さえ、それを前後に動かす。

670メディアみっくす☆名無しさん2018/09/10(月) 16:27:13.15ID:???
そこまでは、先程と同じだ。

671メディアみっくす☆名無しさん2018/09/10(月) 16:28:46.24ID:???
だが、今度は激しく・・・・・・ヒスイが苦しむように行為を行った。

672メディアみっくす☆名無しさん2018/09/10(月) 16:29:43.65ID:???
ヒスイ・ヤマモト    「ん・・・・・・んぐっ・・・・・・」

673メディアみっくす☆名無しさん2018/09/10(月) 16:30:11.25ID:???
レイナス・オレイクス「ふっ・・・・・・」

674メディアみっくす☆名無しさん2018/09/10(月) 16:30:56.63ID:???
苦しむヒスイの表情が、なんとも楽しい。

675メディアみっくす☆名無しさん2018/09/10(月) 16:32:07.17ID:???
そして、その表情をさらに歪めようと、彼女の頭をより激しく動かした。

676メディアみっくす☆名無しさん2018/09/10(月) 16:32:55.48ID:???
ヒスイ・ヤマモト    「うぇっ・・・・・・んっ・・・・・・んんっ・・・・・・」

677メディアみっくす☆名無しさん2018/09/10(月) 16:33:37.32ID:???
レイナス・オレイクス「・・・・・・出すぞ」

678メディアみっくす☆名無しさん2018/09/10(月) 16:35:43.04ID:???
(ヒスイ・ヤマモト、処女喪失)

679メディアみっくす☆名無しさん2018/09/10(月) 16:37:41.96ID:???
ヒスイ・ヤマモト    「んっ!?」

680メディアみっくす☆名無しさん2018/09/10(月) 16:38:09.85ID:???
レイナス・オレイクス「ふぅ・・・・・・」

681メディアみっくす☆名無しさん2018/09/10(月) 16:39:02.97ID:???
ヒスイ・ヤマモト    「・・・・・・」

682メディアみっくす☆名無しさん2018/09/10(月) 16:39:44.63ID:???
レイナス・オレイクス「どうだ? うまいか?」

683メディアみっくす☆名無しさん2018/09/10(月) 16:40:15.58ID:???
ヒスイ・ヤマモト    「汚らわしい・・・・・・」

684メディアみっくす☆名無しさん2018/09/10(月) 16:40:42.28ID:???
レイナス・オレイクス「やれやれ・・・・・・」

685メディアみっくす☆名無しさん2018/09/10(月) 16:41:34.40ID:???
レイナス・オレイクス「女は、もう少し可愛くあるべきだ」

686メディアみっくす☆名無しさん2018/09/10(月) 16:43:11.09ID:???
レイナス・オレイクス「可愛い鳴き声のひとつでもあげてくれれば、それだけで男は愛することができるというのに」

687メディアみっくす☆名無しさん2018/09/10(月) 16:43:44.61ID:???
ヒスイ・ヤマモト    「別に・・・・・・」

688メディアみっくす☆名無しさん2018/09/10(月) 16:45:42.77ID:???
ヒスイ・ヤマモト    「あなたに愛されたいとは思いませんから」

689メディアみっくす☆名無しさん2018/09/10(月) 16:46:20.59ID:???
レイナス・オレイクス「ふむ・・・・・・」

690メディアみっくす☆名無しさん2018/09/10(月) 16:47:39.77ID:???
ヒスイ・ヤマモト    「何を?」

691メディアみっくす☆名無しさん2018/09/10(月) 16:50:51.35ID:???
レイナス・オレイクス「鳴かせてみるのさ。そなたを」

692メディアみっくす☆名無しさん2018/09/10(月) 16:51:39.86ID:???
ヒスイ・ヤマモト    「・・・・・・猫の鳴きまねでもしましょうか?」

693メディアみっくす☆名無しさん2018/09/10(月) 16:52:48.72ID:???
レイナス・オレイクス「いや。必要無い」

694メディアみっくす☆名無しさん2018/09/10(月) 16:53:27.71ID:???
ヒスイの胸にキスをする。

695メディアみっくす☆名無しさん2018/09/10(月) 16:54:42.37ID:???
薄い、少年のような胸。

696メディアみっくす☆名無しさん2018/09/10(月) 16:55:47.52ID:???
微かな隆起の上にある桜色の乳首。

697メディアみっくす☆名無しさん2018/09/10(月) 16:56:39.94ID:???
それを吸い、舌で転がし、歯を立てる。

698メディアみっくす☆名無しさん2018/09/10(月) 16:57:13.44ID:???
レイナス・オレイクス「どうだ?」

699メディアみっくす☆名無しさん2018/09/10(月) 16:57:52.14ID:???
レイナス・オレイクス「ここを、このように・・・・・・」

700メディアみっくす☆名無しさん2018/09/10(月) 16:58:28.69ID:???
ヒスイ・ヤマモト    「・・・・・・気持ち悪い」

701メディアみっくす☆名無しさん2018/09/10(月) 17:17:46.53ID:???
レイナス・オレイクス「ムッ・・・・・・」

702メディアみっくす☆名無しさん2018/09/10(月) 17:18:53.15ID:???
ヒスイ・ヤマモト    「こんなことで、他の女性は喜ぶのですか?」

703メディアみっくす☆名無しさん2018/09/10(月) 17:20:00.68ID:???
レイナス・オレイクス「そんなことを言っても、ここはしっかりと硬くなっているぞ」

704メディアみっくす☆名無しさん2018/09/10(月) 17:20:29.71ID:???
ヒスイ・ヤマモト    「・・・・・・」

705メディアみっくす☆名無しさん2018/09/10(月) 17:21:19.61ID:???
レイナス・オレイクス「ふっ・・・・・・感じているのだろ?」

706メディアみっくす☆名無しさん2018/09/10(月) 17:21:43.94ID:???
ヒスイ・ヤマモト    「別に・・・・・・」

707メディアみっくす☆名無しさん2018/09/10(月) 17:22:45.37ID:???
ヒスイ・ヤマモト    「目にゴミが入れば自然と涙が出ます。それと同じことです」

708メディアみっくす☆名無しさん2018/09/10(月) 17:23:18.13ID:???
レイナス・オレイクス「減らず口を・・・・・・」

709メディアみっくす☆名無しさん2018/09/10(月) 17:23:59.08ID:???
ヒスイ・ヤマモト    「事実を述べただけです」

710メディアみっくす☆名無しさん2018/09/10(月) 17:24:36.89ID:???
レイナス・オレイクス「・・・・・・」

711メディアみっくす☆名無しさん2018/09/10(月) 17:25:15.46ID:???
レイナス・オレイクス「わかったわかった!」

712メディアみっくす☆名無しさん2018/09/10(月) 17:26:00.89ID:???
レイナス・オレイクス「こんな無駄なことはやめだ!」

713メディアみっくす☆名無しさん2018/09/10(月) 17:26:25.87ID:???
ヒスイ・ヤマモト    「・・・・・・」

714メディアみっくす☆名無しさん2018/09/10(月) 17:26:58.49ID:???
レイナス・オレイクス「さっさとやることをやって・・・・・・」

715メディアみっくす☆名無しさん2018/09/10(月) 17:27:45.10ID:???
レイナス・オレイクス「それで終わりだ!」

716メディアみっくす☆名無しさん2018/09/10(月) 17:28:27.87ID:???
ヒスイ・ヤマモト    「あっ・・・・・・」

717メディアみっくす☆名無しさん2018/09/10(月) 17:29:20.27ID:???
ヒスイの体を突き飛ばし、ベッドの上に置く。

718メディアみっくす☆名無しさん2018/09/10(月) 17:30:04.80ID:???
レイナス・オレイクス「ほら、わかるか?」

719メディアみっくす☆名無しさん2018/09/10(月) 17:31:22.23ID:???
レイナス・オレイクス「お前の中に、余の一物が入ろうとしているのが」

720メディアみっくす☆名無しさん2018/09/10(月) 17:31:57.08ID:???
ヒスイ・ヤマモト    「くっ・・・・・・」

721メディアみっくす☆名無しさん2018/09/10(月) 17:33:02.40ID:???
レイナス・オレイクス「まだ先っぽだけ・・・・・・」

722メディアみっくす☆名無しさん2018/09/10(月) 17:34:50.35ID:???
レイナス・オレイクス「入り口は微かに裂けているが、処女膜はまだ無傷だ」

723メディアみっくす☆名無しさん2018/09/10(月) 17:35:21.33ID:???
ヒスイ・ヤマモト    「・・・・・・」

724メディアみっくす☆名無しさん2018/09/10(月) 17:36:25.21ID:???
レイナス・オレイクス「それに、こんな獣のような格好で・・・・・・」

725メディアみっくす☆名無しさん2018/09/10(月) 17:36:45.78ID:???
ヒスイ・ヤマモト    「別に・・・・・・」

726メディアみっくす☆名無しさん2018/09/10(月) 17:37:20.69ID:???
ヒスイ・ヤマモト    「好きにすればいいじゃないですか」

727メディアみっくす☆名無しさん2018/09/10(月) 17:38:29.85ID:???
少しも表情を変えず、ヒスイはそう言い放った。

728メディアみっくす☆名無しさん2018/09/10(月) 17:39:10.08ID:???
しかし、その体はゆっくりと前に逃げようとしている。

729メディアみっくす☆名無しさん2018/09/10(月) 17:39:46.82ID:???
レイナス・オレイクス「ふっ・・・・・・」

730メディアみっくす☆名無しさん2018/09/10(月) 17:49:36.51ID:???
ヒスイのそのような行為を喜びながら、レイナスは彼女の脚と腰を押さえた。

731メディアみっくす☆名無しさん2018/09/10(月) 17:50:20.41ID:???
そして、自分の方に引き寄せる。

732メディアみっくす☆名無しさん2018/09/10(月) 17:50:49.66ID:???
ヒスイ・ヤマモト    「あっ・・・・・・」

733メディアみっくす☆名無しさん2018/09/10(月) 17:51:16.82ID:???
逃げることはできない。

734メディアみっくす☆名無しさん2018/09/10(月) 17:52:14.50ID:???
レイナスの分身が、さらに深くヒスイの中に入り込んだ。

735メディアみっくす☆名無しさん2018/09/10(月) 17:53:01.67ID:???
レイナス・オレイクス「少しだけ選択肢をやろう」

736メディアみっくす☆名無しさん2018/09/10(月) 17:53:27.98ID:???
ヒスイ・ヤマモト    「なっ・・・・・・」

737メディアみっくす☆名無しさん2018/09/10(月) 17:54:48.80ID:???
レイナス・オレイクス「一気に貫くのと、少しずつ、優しく処女を破るのと・・・・・・どっちがいい?」

738メディアみっくす☆名無しさん2018/09/10(月) 17:55:17.72ID:???
ヒスイ・ヤマモト    「・・・・・・」

739メディアみっくす☆名無しさん2018/09/10(月) 17:56:33.07ID:???
レイナス・オレイクス「答えろ」

740メディアみっくす☆名無しさん2018/09/10(月) 17:57:22.10ID:???
ヒスイ・ヤマモト    「嫌です」

741メディアみっくす☆名無しさん2018/09/10(月) 17:58:04.67ID:???
レイナス・オレイクス「そうか。なら・・・・・・」

742メディアみっくす☆名無しさん2018/09/10(月) 17:58:45.35ID:???
レイナスは一気にヒスイの処女を貫いた。

743メディアみっくす☆名無しさん2018/09/10(月) 17:59:19.01ID:???
ヒスイ・ヤマモト    「あっ・・・・・・!?」

744メディアみっくす☆名無しさん2018/09/10(月) 18:00:30.10ID:???
あまりの激痛に、悲鳴らしい悲鳴を上げることもできない。

745メディアみっくす☆名無しさん2018/09/10(月) 18:01:42.95ID:???
口をパクパクとさせ、それまで流すことの無かった涙を流してしまう。

746メディアみっくす☆名無しさん2018/09/10(月) 18:02:15.68ID:???
レイナス・オレイクス「くくくっ・・・・・・」

747メディアみっくす☆名無しさん2018/09/10(月) 18:02:44.10ID:???
ヒスイ・ヤマモト    「んっ・・・・・・」

748メディアみっくす☆名無しさん2018/09/10(月) 18:03:54.69ID:???
レイナス・オレイクス「悔しいか? 好きでもない男に純潔を奪われて」

749メディアみっくす☆名無しさん2018/09/10(月) 18:04:16.37ID:???
ヒスイ・ヤマモト    「別に・・・・・・」

750メディアみっくす☆名無しさん2018/09/10(月) 18:05:59.44ID:???
ヒスイ・ヤマモト    「今までに、この身を捧げたいと思うほどの男性に出会ったことはありません」

751メディアみっくす☆名無しさん2018/09/10(月) 18:06:43.12ID:???
ヒスイ・ヤマモト    「だから、誰に抱かれようと同じことです」

752メディアみっくす☆名無しさん2018/09/10(月) 18:07:10.43ID:???
レイナス・オレイクス「・・・・・・」

753メディアみっくす☆名無しさん2018/09/10(月) 18:08:08.22ID:???
ヒスイ・ヤマモト    「早く精を放ったらどうですか?」

754メディアみっくす☆名無しさん2018/09/10(月) 18:08:54.08ID:???
ヒスイ・ヤマモト    「それが、目的なんでしょ」

755メディアみっくす☆名無しさん2018/09/10(月) 18:09:26.89ID:???
レイナス・オレイクス「いいや・・・・・・」

756メディアみっくす☆名無しさん2018/09/10(月) 18:10:09.45ID:???
レイナス・オレイクス「まだだ。たとえば・・・・・・」

757メディアみっくす☆名無しさん2018/09/10(月) 18:11:05.87ID:???
そう言って、ヒスイの肛門に指を差し込む。

758メディアみっくす☆名無しさん2018/09/10(月) 19:45:09.18ID:???
ヒスイ・ヤマモト    「んっ!?」

759メディアみっくす☆名無しさん2018/09/10(月) 19:45:45.54ID:???
ヒスイ・ヤマモト    「あっ・・・・・・な、何を?」

760メディアみっくす☆名無しさん2018/09/10(月) 19:46:11.88ID:???
レイナス・オレイクス「・・・・・・」

761メディアみっくす☆名無しさん2018/09/10(月) 19:47:08.64ID:???
ヒスイ・ヤマモト    「んっ・・・・・・あっ、やぁ・・・・・・」

762メディアみっくす☆名無しさん2018/09/10(月) 19:48:12.97ID:???
レイナス・オレイクス「ここか・・・・・・」

763メディアみっくす☆名無しさん2018/09/10(月) 19:49:25.16ID:???
ヒスイ・ヤマモト    「あっ!? ああっ・・・・・・」

764メディアみっくす☆名無しさん2018/09/10(月) 19:50:32.84ID:???
レイナス・オレイクス「ここを、こうすると・・・・・・」

765メディアみっくす☆名無しさん2018/09/10(月) 19:52:02.90ID:???
ヒスイ・ヤマモト    「だ、だめ・・・・・・そこは・・・・・・」

766メディアみっくす☆名無しさん2018/09/10(月) 19:52:54.90ID:???
レイナス・オレイクス「なるほど。ここが弱点だったわけだ」

767メディアみっくす☆名無しさん2018/09/10(月) 19:53:28.72ID:???
ヒスイ・ヤマモト    「べ、別に・・・・・・」

768メディアみっくす☆名無しさん2018/09/10(月) 19:54:32.08ID:???
レイナス・オレイクス「いい声だ。もっと余を楽しませてくれ」

769メディアみっくす☆名無しさん2018/09/10(月) 19:55:54.16ID:???
ヒスイ・ヤマモト    「はぁぁ・・・・・・あっ、だめ・・・・・・だめ・・・・・・」

770メディアみっくす☆名無しさん2018/09/10(月) 19:56:29.87ID:???
ヒスイ・ヤマモト    「それ以上は・・・・・・」

771メディアみっくす☆名無しさん2018/09/10(月) 19:58:54.97ID:???
レイナス・オレイクス「そうだな。ここを指で刺激すると・・・・・・」

772メディアみっくす☆名無しさん2018/09/10(月) 19:59:36.47ID:???
ヒスイ・ヤマモト    「ひぃぃっ・・・・・・」

773メディアみっくす☆名無しさん2018/09/10(月) 20:03:06.66ID:???
レイナス・オレイクス「んっ・・・・・・こっちの締めつけがよくなる」

774メディアみっくす☆名無しさん2018/09/10(月) 20:04:12.32ID:???
レイナス・オレイクス「これが続くと、さすがの余も・・・・・・」

775メディアみっくす☆名無しさん2018/09/10(月) 20:05:02.66ID:???
ヒスイ・ヤマモト    「だめ・・・・・・だめぇ・・・・・・」

776メディアみっくす☆名無しさん2018/09/10(月) 20:05:43.71ID:???
ヒスイ・ヤマモト    「出ちゃう・・・・・・出ちゃう・・・・・・」

777メディアみっくす☆名無しさん2018/09/10(月) 20:06:35.22ID:???
レイナス・オレイクス「ああ・・・・・・その通りだ。余も・・・・・・」

778メディアみっくす☆名無しさん2018/09/10(月) 20:09:10.63ID:???
ヒスイ・ヤマモト    「いやっ!? あっ、あぁぁぁぁっ・・・・・・」

779メディアみっくす☆名無しさん2018/09/10(月) 20:10:00.54ID:???
(ヒスイ・ヤマモト、処女喪失)

780メディアみっくす☆名無しさん2018/09/10(月) 20:10:46.22ID:???
レイナス・オレイクス「んっ!」

781メディアみっくす☆名無しさん2018/09/10(月) 20:14:00.03ID:???
レイナスは、ヒスイの中に自分の精を放出した。

782メディアみっくす☆名無しさん2018/09/10(月) 20:14:27.67ID:???
そして、同時に・・・・・・

783メディアみっくす☆名無しさん2018/09/10(月) 20:15:21.74ID:???
シャァァァァァァァァ・・・・・・・

784メディアみっくす☆名無しさん2018/09/10(月) 20:16:16.84ID:???
ヒスイの股間から、熱い飛沫が溢れ出す。

785メディアみっくす☆名無しさん2018/09/10(月) 20:17:12.61ID:???
ヒスイ・ヤマモト    「あっ、あぁ・・・・・・」

786メディアみっくす☆名無しさん2018/09/10(月) 20:18:11.25ID:???
レイナス・オレイクス「うぉっ!?」

787メディアみっくす☆名無しさん2018/09/10(月) 20:18:40.64ID:???
静寂・・・・・・

788メディアみっくす☆名無しさん2018/09/10(月) 20:20:08.74ID:???
室内には、ただヒスイが熱い液体を放出する音だけが響いている。

789メディアみっくす☆名無しさん2018/09/10(月) 20:20:41.14ID:???
ヒスイ・ヤマモト    「・・・・・・」

790メディアみっくす☆名無しさん2018/09/10(月) 20:21:36.86ID:???
レイナス・オレイクス「・・・・・・」

791メディアみっくす☆名無しさん2018/09/10(月) 20:22:06.98ID:???
レイナス・オレイクス「くっ・・・・・・」

792メディアみっくす☆名無しさん2018/09/10(月) 20:22:26.02ID:???
レイナス・オレイクス「くくくっ・・・・・・」

793メディアみっくす☆名無しさん2018/09/10(月) 20:23:11.00ID:???
ヒスイ・ヤマモト    「うっ・・・・・・ぅぅ・・・・・・」

794メディアみっくす☆名無しさん2018/09/10(月) 20:23:35.70ID:???
レイナス・オレイクス「くくくっ・・・・・・」

795メディアみっくす☆名無しさん2018/09/10(月) 20:24:36.11ID:???
レイナス・オレイクス「参ったな。これでは、別のベッドを探さないといけない」

796メディアみっくす☆名無しさん2018/09/10(月) 20:24:58.58ID:???
ヒスイ・ヤマモト    「・・・・・・」

797メディアみっくす☆名無しさん2018/09/10(月) 20:25:46.66ID:???
レイナス・オレイクス「いやぁ、困った困った」

798メディアみっくす☆名無しさん2018/09/10(月) 20:26:14.55ID:???
ヒスイ・ヤマモト    「・・・・・・」

799メディアみっくす☆名無しさん2018/09/10(月) 20:26:55.89ID:???
心底楽しそうに、レイナスは部屋を出た。

800メディアみっくす☆名無しさん2018/09/10(月) 20:27:54.67ID:???
そして、城の廊下にレイナスの大きな笑い声が響き渡る。

801メディアみっくす☆名無しさん2018/09/11(火) 14:50:43.45ID:???
レイナス・オレイクス「ヒスイ?」

802メディアみっくす☆名無しさん2018/09/11(火) 14:51:14.33ID:???
ヒスイ・ヤマモト    「あっ・・・・・・」

803メディアみっくす☆名無しさん2018/09/11(火) 14:51:50.68ID:???
レイナス・オレイクス「・・・・・・」

804メディアみっくす☆名無しさん2018/09/11(火) 14:52:14.26ID:???
ヒスイ・ヤマモト    「・・・・・・」

805メディアみっくす☆名無しさん2018/09/11(火) 14:53:01.25ID:???
レイナス・オレイクス「なにをしている。 こんなところで」

806メディアみっくす☆名無しさん2018/09/11(火) 14:53:42.83ID:???
ヒスイ・ヤマモト    「別に・・・・・・」

807メディアみっくす☆名無しさん2018/09/11(火) 14:54:13.10ID:???
レイナス・オレイクス「・・・・・・」

808メディアみっくす☆名無しさん2018/09/11(火) 14:55:30.51ID:???
ヒスイ・ヤマモト    「貴方こそ、なにをしているんですか?」

809メディアみっくす☆名無しさん2018/09/11(火) 14:57:25.84ID:???
レイナス・オレイクス「うむ。 少し、考え事をな」

810メディアみっくす☆名無しさん2018/09/11(火) 14:58:27.72ID:???
ヒスイ・ヤマモト    「例の、魔物についてですね」

811メディアみっくす☆名無しさん2018/09/11(火) 15:00:06.53ID:???
ヒスイ・ヤマモト    「そうだ。以前に、気になることを言っていたな」

812メディアみっくす☆名無しさん2018/09/11(火) 15:01:19.61ID:???
ヒスイ・ヤマモト    「はい」

813メディアみっくす☆名無しさん2018/09/11(火) 15:02:53.60ID:???
レイナス・オレイクス「もう少し、詳しいことを教えてくれ」

814メディアみっくす☆名無しさん2018/09/11(火) 15:03:35.90ID:???
ヒスイ・ヤマモト    「なにを今さら・・・・・・」

815メディアみっくす☆名無しさん2018/09/11(火) 15:09:07.01ID:???
レイナス・オレイクス「そうだな。だが、聞かねばなるまい」

816メディアみっくす☆名無しさん2018/09/11(火) 15:13:02.60ID:???
ヒスイ・ヤマモト    「・・・・・・」

817メディアみっくす☆名無しさん2018/09/11(火) 15:14:00.73ID:???
レイナス・オレイクス「そうだ。以前に、気になることを言っていたな」

818メディアみっくす☆名無しさん2018/09/11(火) 15:14:28.23ID:???
ヒスイ・ヤマモト    「はい」

819メディアみっくす☆名無しさん2018/09/11(火) 15:14:47.03ID:???
レイナス・オレイクス「もう少し、詳しいことを教えてくれ」

820メディアみっくす☆名無しさん2018/09/11(火) 15:15:27.80ID:???
ヒスイ・ヤマモト    「なにを今さら・・・・・・」

821メディアみっくす☆名無しさん2018/09/11(火) 15:16:07.90ID:???
レイナス・オレイクス「そうだな。だが、聞かねばなるまい」

822メディアみっくす☆名無しさん2018/09/11(火) 15:16:53.46ID:???
ヒスイ・ヤマモト    「・・・・・・」

823メディアみっくす☆名無しさん2018/09/11(火) 15:17:55.21ID:???
レイナス・オレイクス「答えてはくれないのか?」

824メディアみっくす☆名無しさん2018/09/11(火) 15:18:47.10ID:???
ヒスイ・ヤマモト    「いいえ・・・・・・」

825メディアみっくす☆名無しさん2018/09/11(火) 15:20:27.55ID:???
ヒスイ・ヤマモト    「今の立場を考えれば、答えない訳にはいかないでしょう」

826メディアみっくす☆名無しさん2018/09/11(火) 15:21:39.02ID:???
レイナス・オレイクス「そうか。それで、例の魔物はいったいなんなんだ?」

827メディアみっくす☆名無しさん2018/09/11(火) 15:44:27.49ID:???
ヒスイ・ヤマモト    「わかりません」

828メディアみっくす☆名無しさん2018/09/11(火) 15:45:10.33ID:???
レイナス・オレイクス「おいおい・・・・・・」

829メディアみっくす☆名無しさん2018/09/11(火) 15:49:12.83ID:???
ヒスイ・ヤマモト    「ただ、あれが邪悪な存在であることは確かです」

830メディアみっくす☆名無しさん2018/09/11(火) 15:49:59.86ID:???
ヒスイ・ヤマモト    「そして、あの女性も・・・・・・」

831メディアみっくす☆名無しさん2018/09/11(火) 15:55:22.79ID:???
レイナス・オレイクス「おっと。これ以上は口にしない方がいい」

832メディアみっくす☆名無しさん2018/09/11(火) 15:56:57.85ID:???
ヒスイ・ヤマモト    「・・・・・・ですが!!」

833メディアみっくす☆名無しさん2018/09/11(火) 16:23:27.01ID:???
レイナス・オレイクス「しつこい女だな。本当に・・・・・・」

834メディアみっくす☆名無しさん2018/09/11(火) 16:23:56.94ID:???
ヒスイ・ヤマモト    「・・・・・・」

835メディアみっくす☆名無しさん2018/09/11(火) 16:27:34.08ID:???
レイナス・オレイクス「もう一度、自分の立場というものをわからせてやろう」

836メディアみっくす☆名無しさん2018/09/11(火) 16:28:18.70ID:???
ヒスイ・ヤマモト    「あっ・・・・・・」

837メディアみっくす☆名無しさん2018/09/11(火) 16:29:17.60ID:???
ヒスイ・ヤマモト    「いや・・・・・・来ないで・・・・・・」

838メディアみっくす☆名無しさん2018/09/11(火) 16:29:58.57ID:???
レイナス・オレイクス「フフッ・・・・・・」

839メディアみっくす☆名無しさん2018/09/11(火) 16:30:46.41ID:???
ヒスイ・ヤマモト    「あ、ああ・・・・・・」

840メディアみっくす☆名無しさん2018/09/11(火) 16:31:38.03ID:???
ヒスイ・ヤマモト    「ああぁぁぁっ!!」

841メディアみっくす☆名無しさん2018/09/11(火) 16:42:43.79ID:???
前戯も無く、ヒスイの女陰を貫く。

842メディアみっくす☆名無しさん2018/09/11(火) 16:44:11.73ID:???
ヒスイ・ヤマモト    「うぁ・・・・・・ぁあ・・・・・・痛い・・・・・・」

843メディアみっくす☆名無しさん2018/09/11(火) 16:44:47.91ID:???
レイナス・オレイクス「くぅぅ・・・・・・」

844メディアみっくす☆名無しさん2018/09/11(火) 16:45:27.13ID:???
レイナス・オレイクス「相変わらずいい締まりだな」

845メディアみっくす☆名無しさん2018/09/11(火) 17:01:47.96ID:???
ヒスイの中に入るのは、彼女の処女を奪って以来だ。

846メディアみっくす☆名無しさん2018/09/11(火) 17:02:36.48ID:???
ヒスイ・ヤマモト    「はぁぁ・・・・・・あっ・・・・・・いや・・・・・・」

847メディアみっくす☆名無しさん2018/09/11(火) 17:03:53.13ID:???
レイナス・オレイクス「フフッ・・・・・・もっといい声で鳴いてみろ」

848メディアみっくす☆名無しさん2018/09/11(火) 17:04:49.39ID:???
ヒスイ・ヤマモト    「い、いや・・・・・・やめて・・・・・・」

849メディアみっくす☆名無しさん2018/09/11(火) 17:05:31.78ID:???
ヒスイ・ヤマモト    「こんな所で・・・・・・」

850メディアみっくす☆名無しさん2018/09/11(火) 17:07:11.06ID:???
レイナス・オレイクス「そうだな。誰かに見られるかもしれない」

851メディアみっくす☆名無しさん2018/09/11(火) 17:10:31.83ID:???
レイナス・オレイクス「だが、それがいい」

852メディアみっくす☆名無しさん2018/09/11(火) 17:11:12.21ID:???
ヒスイ・ヤマモト    「そ、そんな・・・・・・」

853メディアみっくす☆名無しさん2018/09/11(火) 17:12:00.90ID:???
ヒスイ・ヤマモト    「んっ・・・・・・ダメ・・・・・・」

854メディアみっくす☆名無しさん2018/09/11(火) 17:13:03.63ID:???
レイナス・オレイクス「よし。だいぶ滑りがよくなってきたな」

855メディアみっくす☆名無しさん2018/09/11(火) 17:13:33.05ID:???
ヒスイ・ヤマモト    「あっ・・・・・・」

856メディアみっくす☆名無しさん2018/09/11(火) 17:14:33.58ID:???
レイナス・オレイクス「そろそろ、本気でいかせてもらうぞ」

857メディアみっくす☆名無しさん2018/09/11(火) 17:15:28.72ID:???
腰を大きく引き、勢いよく叩きつける。

858メディアみっくす☆名無しさん2018/09/11(火) 17:16:11.87ID:???
先程よりも、さらに深く激しく。

859メディアみっくす☆名無しさん2018/09/11(火) 17:16:58.47ID:???
ヒスイ・ヤマモト    「あっ!? あぁぁぁっ!!」

860メディアみっくす☆名無しさん2018/09/11(火) 17:17:51.50ID:???
レイナス・オレイクス「ふっ、そうやって喘いでいる姿は可愛いのにな」

861メディアみっくす☆名無しさん2018/09/11(火) 17:32:49.90ID:???
ヒスイ・ヤマモト    「あぁっ、あぁぁぁっ!」

862メディアみっくす☆名無しさん2018/09/11(火) 17:33:38.65ID:???
レイナス・オレイクス「なあ、ヒスイ・・・・・・」

863メディアみっくす☆名無しさん2018/09/11(火) 17:34:34.89ID:???
ヒスイ・ヤマモト    「あっ・・・・・・あぁ?」

864メディアみっくす☆名無しさん2018/09/11(火) 17:35:34.28ID:???
レイナス・オレイクス「もし、誰かが来たらどうする?」

865メディアみっくす☆名無しさん2018/09/11(火) 17:38:24.38ID:ptZKogqR
レイナス・オレイクス「誰かに、こんな姿を見られたら・・・・・・」

866メディアみっくす☆名無しさん2018/09/11(火) 17:39:22.85ID:???
レイナス・オレイクス「そう考えるだけで、ゾクゾクしないか?」

867メディアみっくす☆名無しさん2018/09/11(火) 17:40:03.47ID:???
ヒスイ・ヤマモト    「いや・・・・・・そんなの・・・・・・」

868メディアみっくす☆名無しさん2018/09/11(火) 17:40:39.25ID:???
レイナス・オレイクス「ふふっ・・・・・・」

869メディアみっくす☆名無しさん2018/09/11(火) 17:41:32.43ID:???
レイナス・オレイクス「そんなに締めつけると、もう・・・・・・」

870メディアみっくす☆名無しさん2018/09/11(火) 17:42:32.48ID:???
レイナス・オレイクス「出すぞ。しっかりと受け止めるんだ」

871メディアみっくす☆名無しさん2018/09/11(火) 17:42:59.91ID:???
ヒスイ・ヤマモト    「いや・・・・・・いや・・・・・・」

872メディアみっくす☆名無しさん2018/09/11(火) 17:43:33.65ID:???
レイナス・オレイクス「んっ!」

873メディアみっくす☆名無しさん2018/09/11(火) 17:44:27.07ID:???
ヒスイ・ヤマモト    「いやぁぁぁぁぁ!!」

874メディアみっくす☆名無しさん2018/09/11(火) 17:45:10.76ID:???
ヒスイ・ヤマモト    「・・・・・・」

875メディアみっくす☆名無しさん2018/09/11(火) 17:45:45.84ID:???
ヒスイ・ヤマモト    「わかりません。貴方という人が」

876メディアみっくす☆名無しさん2018/09/11(火) 17:46:14.26ID:???
レイナス・オレイクス「そうか?」

877メディアみっくす☆名無しさん2018/09/11(火) 17:57:31.13ID:???
ヒスイ・ヤマモト    「どうして、私は・・・・・・」

878メディアみっくす☆名無しさん2018/09/11(火) 17:58:13.05ID:???
レイナス・オレイクス「ん?」

879メディアみっくす☆名無しさん2018/09/11(火) 17:58:32.89ID:???
ヒスイ・ヤマモト    「・・・・・・」

880メディアみっくす☆名無しさん2018/09/11(火) 17:58:56.03ID:???
レイナス・オレイクス「・・・・・・」

881メディアみっくす☆名無しさん2018/09/11(火) 17:59:41.56ID:???
レイナス・オレイクス「やはり、わかりません」

882メディアみっくす☆名無しさん2018/09/11(火) 18:00:15.96ID:???
ヒスイ・ヤマモト    「やはり、わかりません」

883メディアみっくす☆名無しさん2018/09/11(火) 18:02:29.59ID:???
ヒスイ・ヤマモト    「貴方という人が・・・・・・」

884メディアみっくす☆名無しさん2018/09/11(火) 18:03:17.31ID:???
レイナス・オレイクス「そうだな・・・・・・」

885メディアみっくす☆名無しさん2018/09/11(火) 18:04:22.99ID:???
レイナス・オレイクス「余たちは、一生・・・・・・わかりあえることはないだろう」

886メディアみっくす☆名無しさん2018/09/11(火) 18:04:51.22ID:???
ヒスイ・ヤマモト    「はい・・・・・・」

887メディアみっくす☆名無しさん2018/09/11(火) 18:08:39.87ID:???
レイナス・オレイクス「いいじゃないか。それで」

888メディアみっくす☆名無しさん2018/09/11(火) 18:09:56.47ID:???
ヒスイ・ヤマモト    「・・・・・・」

889メディアみっくす☆名無しさん2018/09/11(火) 18:11:58.66ID:???
レイナス・オレイクス「じゃあ、また・・・・・・」

890メディアみっくす☆名無しさん2018/09/11(火) 18:12:28.05ID:???
ヒスイ・ヤマモト    「はい・・・・・・」

891メディアみっくす☆名無しさん2018/09/11(火) 20:21:15.95ID:???
(後日、ヒスイ・ヤマモトの妊娠が判明)

892メディアみっくす☆名無しさん2018/09/12(水) 13:28:19.02ID:???
レイナス・オレイクス「初めまして。ヒスイ姫」

893メディアみっくす☆名無しさん2018/09/12(水) 13:28:44.80ID:???
ヒスイ・ヤマモト    「あなたが、レイナス・オレイクスですか?」

894メディアみっくす☆名無しさん2018/09/12(水) 13:35:06.45ID:???
レイナス・オレイクス「ええ」

895メディアみっくす☆名無しさん2018/09/12(水) 13:35:19.61ID:???
ヒスイ・ヤマモト    「あなたに、伝えたいことがあります」

896メディアみっくす☆名無しさん2018/09/12(水) 13:35:37.10ID:???
レイナス・オレイクス「ふむ」

897メディアみっくす☆名無しさん2018/09/12(水) 13:35:51.68ID:???
ヒスイ・ヤマモト    「周囲に邪悪なものの影が見えます、髪の長い女性の姿をした・・・・・・」

898メディアみっくす☆名無しさん2018/09/12(水) 13:36:16.48ID:???
ヒスイ・ヤマモト    「あれは、一体・・・・・・」

899メディアみっくす☆名無しさん2018/09/12(水) 13:36:29.66ID:???
レイナス・オレイクス「・・・・・・ヒスイ姫、その話は後ほど・・・・・・」

900メディアみっくす☆名無しさん2018/09/12(水) 13:36:39.05ID:???
ヒスイ・ヤマモト    「・・・・・・」

901メディアみっくす☆名無しさん2018/09/12(水) 13:38:21.20ID:???
レイナス・オレイクス「・・・・・・」

902メディアみっくす☆名無しさん2018/09/12(水) 13:38:42.27ID:???
ヒスイ・ヤマモト    「・・・・・・これで、満足ですか?」

903メディアみっくす☆名無しさん2018/09/12(水) 13:38:55.00ID:???
レイナス・オレイクス「いや、もっと深くくわえてもらいましょう」

904メディアみっくす☆名無しさん2018/09/12(水) 13:39:07.89ID:???
そう言って、ヒスイの顔を自分の腰に押しつける。

905メディアみっくす☆名無しさん2018/09/12(水) 13:39:28.53ID:???
ヒスイ・ヤマモト    「んっ・・・・・・」

906メディアみっくす☆名無しさん2018/09/12(水) 13:39:44.27ID:???
ヒスイの表情が、少しだけ歪む。

907メディアみっくす☆名無しさん2018/09/12(水) 13:39:57.79ID:???
それを楽しみながら、彼女の頭をゆっくりと前後に動かす。

908メディアみっくす☆名無しさん2018/09/12(水) 13:40:10.14ID:???
深く、浅く、ヒスイの舌や喉で自らの分身をしごくように。

909メディアみっくす☆名無しさん2018/09/12(水) 13:40:23.93ID:???
ヒスイ・ヤマモト    「あう・・・・・・んっ・・・・・・」

910メディアみっくす☆名無しさん2018/09/12(水) 13:40:37.04ID:???
レイナス・オレイクス「苦しいですか? 嫌なら・・・・・・」

911メディアみっくす☆名無しさん2018/09/12(水) 13:40:48.48ID:???
ヒスイ・ヤマモト    「別に・・・・・・」

912メディアみっくす☆名無しさん2018/09/12(水) 13:41:01.47ID:???
レイナス・オレイクス「・・・・・・」

913メディアみっくす☆名無しさん2018/09/12(水) 13:41:18.66ID:???
ヒスイ・ヤマモト    「楽しいですか? こんなことをして?」

914メディアみっくす☆名無しさん2018/09/12(水) 13:41:32.03ID:???
レイナス・オレイクス「・・・・・・」

915メディアみっくす☆名無しさん2018/09/12(水) 13:41:42.27ID:???
ヒスイ・ヤマモト    「・・・・・・」

916メディアみっくす☆名無しさん2018/09/12(水) 13:41:55.29ID:???
レイナス・オレイクス「ちっ・・・・・・」

917メディアみっくす☆名無しさん2018/09/12(水) 13:42:08.98ID:???
コミュニケーションをとるのは諦め、ヒスイの口を道具として用いることにする。

918メディアみっくす☆名無しさん2018/09/12(水) 13:42:21.91ID:???
ヒスイの頭をしっかりと両手で押さえ、それを前後に動かす。

919メディアみっくす☆名無しさん2018/09/12(水) 13:42:32.76ID:???
そこまでは、先程と同じだ。

920メディアみっくす☆名無しさん2018/09/12(水) 13:42:46.35ID:???
だが、今度は激しく・・・・・・ヒスイが苦しむように行為を行った。

921メディアみっくす☆名無しさん2018/09/12(水) 13:43:22.67ID:???
ヒスイ・ヤマモト    「ん・・・・・・んぐっ・・・・・・」

922メディアみっくす☆名無しさん2018/09/12(水) 13:43:49.43ID:???
レイナス・オレイクス「ふっ・・・・・・」

923メディアみっくす☆名無しさん2018/09/12(水) 13:44:58.11ID:???
苦しむヒスイの表情が、なんとも楽しい。

924メディアみっくす☆名無しさん2018/09/12(水) 13:46:00.42ID:???
そして、その表情をさらに歪めようと、彼女の頭をより激しく動かした。

925メディアみっくす☆名無しさん2018/09/12(水) 13:46:14.42ID:???
ヒスイ・ヤマモト    「うぇっ・・・・・・んっ・・・・・・んんっ・・・・・・」

926メディアみっくす☆名無しさん2018/09/12(水) 13:47:05.00ID:???
レイナス・オレイクス「・・・・・・出すぞ」

927メディアみっくす☆名無しさん2018/09/12(水) 13:47:38.56ID:???
(ヒスイ・ヤマモトの膣内に射精)

928メディアみっくす☆名無しさん2018/09/12(水) 13:49:00.17ID:???
ヒスイ・ヤマモト    「んっ!?」

929メディアみっくす☆名無しさん2018/09/12(水) 13:49:52.93ID:???
レイナス・オレイクス「ふぅ・・・・・・」

930メディアみっくす☆名無しさん2018/09/12(水) 13:50:10.16ID:???
ヒスイ・ヤマモト    「・・・・・・」

931メディアみっくす☆名無しさん2018/09/12(水) 13:50:27.28ID:???
レイナス・オレイクス「どうだ? うまいか?」

932メディアみっくす☆名無しさん2018/09/12(水) 13:50:44.55ID:???
ヒスイ・ヤマモト    「汚らわしい・・・・・・」

933メディアみっくす☆名無しさん2018/09/12(水) 13:50:59.62ID:???
レイナス・オレイクス「やれやれ・・・・・・」

934メディアみっくす☆名無しさん2018/09/12(水) 13:51:16.68ID:???
レイナス・オレイクス「女は、もう少し可愛くあるべきだ」

935メディアみっくす☆名無しさん2018/09/12(水) 13:52:00.48ID:???
レイナス・オレイクス「可愛い鳴き声のひとつでもあげてくれれば、それだけで男は愛することができるというのに」

936メディアみっくす☆名無しさん2018/09/12(水) 13:52:37.64ID:???
ヒスイ・ヤマモト    「別に・・・・・・」

937メディアみっくす☆名無しさん2018/09/12(水) 13:52:52.72ID:???
ヒスイ・ヤマモト    「あなたに愛されたいとは思いませんから」

938メディアみっくす☆名無しさん2018/09/12(水) 13:53:36.04ID:???
レイナス・オレイクス「ふむ・・・・・・」

939メディアみっくす☆名無しさん2018/09/12(水) 13:54:35.13ID:???
ヒスイ・ヤマモト    「何を?」

940メディアみっくす☆名無しさん2018/09/12(水) 13:55:05.22ID:???
レイナス・オレイクス「鳴かせてみるのさ。そなたを」

941メディアみっくす☆名無しさん2018/09/12(水) 13:56:59.83ID:???
ヒスイ・ヤマモト    「・・・・・・猫の鳴きまねでもしましょうか?」

942メディアみっくす☆名無しさん2018/09/12(水) 13:57:16.52ID:???
レイナス・オレイクス「いや。必要無い」

943メディアみっくす☆名無しさん2018/09/12(水) 13:57:49.69ID:???
ヒスイの胸にキスをする。

944メディアみっくす☆名無しさん2018/09/12(水) 13:58:07.01ID:???
薄い、少年のような胸。

945メディアみっくす☆名無しさん2018/09/12(水) 13:58:31.71ID:???
微かな隆起の上にある桜色の乳首。

946メディアみっくす☆名無しさん2018/09/12(水) 13:58:44.78ID:???
それを吸い、舌で転がし、歯を立てる。

947メディアみっくす☆名無しさん2018/09/12(水) 13:58:59.28ID:???
レイナス・オレイクス「どうだ?」

948メディアみっくす☆名無しさん2018/09/12(水) 13:59:13.74ID:???
レイナス・オレイクス「ここを、このように・・・・・・」

949メディアみっくす☆名無しさん2018/09/12(水) 13:59:28.38ID:???
ヒスイ・ヤマモト    「・・・・・・気持ち悪い」

950メディアみっくす☆名無しさん2018/09/12(水) 14:00:10.36ID:???
レイナス・オレイクス「ムッ・・・・・・」

951メディアみっくす☆名無しさん2018/09/12(水) 14:00:46.81ID:???
ヒスイ・ヤマモト    「こんなことで、他の女性は喜ぶのですか?」

952メディアみっくす☆名無しさん2018/09/12(水) 14:00:58.12ID:???
レイナス・オレイクス「そんなことを言っても、ここはしっかりと硬くなっているぞ」

953メディアみっくす☆名無しさん2018/09/12(水) 14:01:35.14ID:???
ヒスイ・ヤマモト    「・・・・・・」

954メディアみっくす☆名無しさん2018/09/12(水) 14:02:00.50ID:???
レイナス・オレイクス「ふっ・・・・・・感じているのだろ?」

955メディアみっくす☆名無しさん2018/09/12(水) 14:02:22.19ID:???
ヒスイ・ヤマモト    「別に・・・・・・」

956メディアみっくす☆名無しさん2018/09/12(水) 14:02:43.80ID:???
ヒスイ・ヤマモト    「目にゴミが入れば自然と涙が出ます。それと同じことです」

957メディアみっくす☆名無しさん2018/09/12(水) 14:03:00.25ID:???
レイナス・オレイクス「減らず口を・・・・・・」

958メディアみっくす☆名無しさん2018/09/12(水) 14:03:15.86ID:???
ヒスイ・ヤマモト    「事実を述べただけです」

959メディアみっくす☆名無しさん2018/09/12(水) 14:03:33.63ID:???
レイナス・オレイクス「・・・・・・」

960メディアみっくす☆名無しさん2018/09/12(水) 14:03:51.66ID:???
レイナス・オレイクス「わかったわかった!」

961メディアみっくす☆名無しさん2018/09/12(水) 14:04:55.39ID:???
レイナス・オレイクス「こんな無駄なことはやめだ!」

962メディアみっくす☆名無しさん2018/09/12(水) 14:05:44.66ID:???
ヒスイ・ヤマモト    「・・・・・・」

963メディアみっくす☆名無しさん2018/09/12(水) 14:06:07.23ID:???
レイナス・オレイクス「さっさとやることをやって・・・・・・」

964メディアみっくす☆名無しさん2018/09/12(水) 14:06:19.26ID:???
レイナス・オレイクス「それで終わりだ!」

965メディアみっくす☆名無しさん2018/09/12(水) 14:06:37.74ID:???
ヒスイ・ヤマモト    「あっ・・・・・・」

966メディアみっくす☆名無しさん2018/09/12(水) 14:07:04.81ID:???
ヒスイの体を突き飛ばし、ベッドの上に置く。

967メディアみっくす☆名無しさん2018/09/12(水) 14:07:26.70ID:???
レイナス・オレイクス「ほら、わかるか?」

968メディアみっくす☆名無しさん2018/09/12(水) 14:07:39.74ID:???
レイナス・オレイクス「お前の中に、余の一物が入ろうとしているのが」

969メディアみっくす☆名無しさん2018/09/12(水) 14:07:54.06ID:???
ヒスイ・ヤマモト    「くっ・・・・・・」

970メディアみっくす☆名無しさん2018/09/12(水) 14:08:10.58ID:???
レイナス・オレイクス「まだ先っぽだけ・・・・・・」

971メディアみっくす☆名無しさん2018/09/12(水) 14:08:45.44ID:???
レイナス・オレイクス「入り口は微かに裂けているが、処女膜はまだ無傷だ」

972メディアみっくす☆名無しさん2018/09/12(水) 14:09:02.18ID:???
ヒスイ・ヤマモト    「・・・・・・」

973メディアみっくす☆名無しさん2018/09/12(水) 14:09:17.89ID:???
レイナス・オレイクス「それに、こんな獣のような格好で・・・・・・」

974メディアみっくす☆名無しさん2018/09/12(水) 14:09:32.53ID:???
ヒスイ・ヤマモト    「別に・・・・・・」

975メディアみっくす☆名無しさん2018/09/12(水) 14:09:49.79ID:???
ヒスイ・ヤマモト    「好きにすればいいじゃないですか」

976メディアみっくす☆名無しさん2018/09/12(水) 14:10:01.73ID:???
少しも表情を変えず、ヒスイはそう言い放った。

977メディアみっくす☆名無しさん2018/09/12(水) 14:10:49.15ID:???
しかし、その体はゆっくりと前に逃げようとしている。

978メディアみっくす☆名無しさん2018/09/12(水) 14:11:06.08ID:???
レイナス・オレイクス「ふっ・・・・・・」

979メディアみっくす☆名無しさん2018/09/12(水) 14:11:43.11ID:???
ヒスイのそのような行為を喜びながら、レイナスは彼女の脚と腰を押さえた。

980メディアみっくす☆名無しさん2018/09/12(水) 14:12:05.78ID:???
そして、自分の方に引き寄せる。

981メディアみっくす☆名無しさん2018/09/12(水) 14:12:57.49ID:???
ヒスイ・ヤマモト    「あっ・・・・・・」

982メディアみっくす☆名無しさん2018/09/12(水) 14:13:18.24ID:???
逃げることはできない。

983メディアみっくす☆名無しさん2018/09/12(水) 14:13:35.22ID:???
レイナスの分身が、さらに深くヒスイの中に入り込んだ。

984メディアみっくす☆名無しさん2018/09/12(水) 14:13:54.81ID:???
レイナス・オレイクス「少しだけ選択肢をやろう」

985メディアみっくす☆名無しさん2018/09/12(水) 14:14:14.90ID:???
ヒスイ・ヤマモト    「なっ・・・・・・」

986メディアみっくす☆名無しさん2018/09/12(水) 14:14:30.45ID:???
レイナス・オレイクス「一気に貫くのと、少しずつ、優しく処女を破るのと・・・・・・どっちがいい?」

987メディアみっくす☆名無しさん2018/09/12(水) 14:14:58.27ID:???
ヒスイ・ヤマモト    「・・・・・・」

988メディアみっくす☆名無しさん2018/09/12(水) 14:15:20.63ID:???
レイナス・オレイクス「答えろ」

989メディアみっくす☆名無しさん2018/09/12(水) 14:15:35.69ID:???
ヒスイ・ヤマモト    「嫌です」

990メディアみっくす☆名無しさん2018/09/12(水) 14:15:54.22ID:???
レイナス・オレイクス「そうか。なら・・・・・・」

991メディアみっくす☆名無しさん2018/09/12(水) 14:16:20.73ID:???
レイナスは一気にヒスイの処女を貫いた。

992メディアみっくす☆名無しさん2018/09/12(水) 14:16:35.77ID:???
ヒスイ・ヤマモト    「あっ・・・・・・!?」

993メディアみっくす☆名無しさん2018/09/12(水) 14:17:22.90ID:???
あまりの激痛に、悲鳴らしい悲鳴を上げることもできない。

994メディアみっくす☆名無しさん2018/09/12(水) 14:17:38.65ID:???
口をパクパクとさせ、それまで流すことの無かった涙を流してしまう。

995メディアみっくす☆名無しさん2018/09/12(水) 14:17:54.99ID:???
レイナス・オレイクス「くくくっ・・・・・・」

996メディアみっくす☆名無しさん2018/09/12(水) 14:18:06.17ID:???
ヒスイ・ヤマモト    「んっ・・・・・・」

997メディアみっくす☆名無しさん2018/09/12(水) 14:18:22.08ID:???
レイナス・オレイクス「悔しいか? 好きでもない男に純潔を奪われて」

998メディアみっくす☆名無しさん2018/09/12(水) 14:18:36.42ID:???
ヒスイ・ヤマモト    「別に・・・・・・」

999メディアみっくす☆名無しさん2018/09/12(水) 14:19:04.54ID:???
ヒスイ・ヤマモト    「今までに、この身を捧げたいと思うほどの男性に出会ったことはありません」

1000メディアみっくす☆名無しさん2018/09/12(水) 14:19:24.89ID:???
ヒスイ・ヤマモト    「だから、誰に抱かれようと同じことです」

10011001Over 1000Thread
このスレッドは1000を超えました。
新しいスレッドを立ててください。
life time: 536日 21時間 9分 40秒

10021002Over 1000Thread
5ちゃんねるの運営はプレミアム会員の皆さまに支えられています。
運営にご協力お願いいたします。


───────────────────
《プレミアム会員の主な特典》
★ 5ちゃんねる専用ブラウザからの広告除去
★ 5ちゃんねるの過去ログを取得
★ 書き込み規制の緩和
───────────────────

会員登録には個人情報は一切必要ありません。
月300円から匿名でご購入いただけます。

▼ プレミアム会員登録はこちら ▼
https://premium.5ch.net/

▼ 浪人ログインはこちら ▼
https://login.5ch.net/login.php

レス数が1000を超えています。これ以上書き込みはできません。