WWUどうすればドイツが勝利出来たか[無断転載禁止] [無断転載禁止]©2ch.net

1名無しさん@お腹いっぱい。2017/09/26(火) 04:01:05.87ID:OC9XhMfj
貴方がもし当時のドイツの総統ならどうしたか?どうすれば戦争に勝てたと思うか?

ソ連に手を出さなかった・・・、或いはイメージ的にも大義のためにも特定民族の
虐殺ホロコーストはしなかった・・・戦争の準備にもう少し時間を掛けた・・・等々、

当時の兵器開発・軍構成・国際関係・経済・等、様々な面から多種多様な意見があると思う、それらを自由に語って欲しい。

37名無しさん@お腹いっぱい。2018/06/09(土) 04:33:21.27ID:eMg2vMEf
ドイツも西欧も古い宗教のシガラミに絡まって縺れているのだ。
こうなったらイエス教とムハンマド教の横糸を抜いてバラバラにし、経糸の間違いごとあからさまにするのが良いだろう。

38名無しさん@お腹いっぱい。2018/06/13(水) 02:23:53.77ID:5Kzui0eE
そのきっかけを作ったのが第二次世界大戦と考えれば成功だったと言える。

39名無しさん@お腹いっぱい。2018/06/23(土) 16:53:22.10ID:lXcWNMf3
日本神道には経典があるような無いような。まるで縦糸と横糸をばらしてしまったようだ。
現実には伝統が浸透して全体に行き渡って日本文化を形作っている。逆に
努力研鑽して東西の学問に励んで、つい伝統がおろそかになったオエライさんが暴走して槍玉に挙げられる。槍玉にあげることを趣味にする野党、マスゴミは目的と手段を間違えている。

40名無しさん@お腹いっぱい。2018/06/23(土) 18:56:44.76ID:ybqA+nZI
【帝国きどり、軍産″】 マイトLーヤ『アメリカは侵略の過ちを認め、イスラエルは跪き許しを乞え』
http://rosie.5ch.net/test/read.cgi/liveplus/1529709983/l50


米朝会談では、軍産がトランプに敗北。
沖縄でも、軍産ポチの自民党は、サヨク活動家に負けるしかない。
土下座するか、自殺するかくらい、選ばせてやろう(笑)

41名無しさん@お腹いっぱい。2018/06/24(日) 22:21:29.08ID:DSNcqulp
マイトLーヤて何だよ。どんな哲学があるのか聞いたことないが。

42名無しさん@お腹いっぱい。2018/06/25(月) 01:38:24.79ID:s4shKRG6
西洋の性悪説を強調する妄想の産物 妄念

43名無しさん@お腹いっぱい。2018/06/30(土) 18:41:48.96ID:I8di+4lG
Myトレ-ヤって新興宗教の一種だろう。

44名無しさん@お腹いっぱい。2018/07/02(月) 03:18:04.39ID:YJn++XRF
そもそも戦争に(物理的に)勝ったとして、だからどうなんだよ。
結果が逆だったら世の中が滅茶苦茶になってしまうだろう。否、なってしまった。

45名無しさん@お腹いっぱい。2018/08/03(金) 05:05:52.32ID:elD+vl8t
MightLayerという偶像尊重は要らない子、というより悪である。
その真反対が、ドイツの職能制度だ。

46名無しさん@お腹いっぱい。2018/08/07(火) 03:54:05.11ID:dsapAWn5
>>1
ドイツは負けたけれど勝ったとも言える。
だって大日本帝国と組んだから西欧列強の植民地をことごとく独立させられて連合国側は植民地を失った。

47名無しさん@お腹いっぱい。2018/08/07(火) 05:36:25.27ID:vZ2sa7Tu
土人どもが時代の流れで教育が進んで自我が目覚めれば自立の道を歩むのは当然。
日本の介入なぞその混乱に乗じたに過ぎない。

48名無しさん@お腹いっぱい。2018/08/14(火) 05:08:43.31ID:TZlXlRM1
ドイツは伝統的な戦いをしたから、勝敗に関わらず再び戦いに巻き込まれる。

49名無しさん@お腹いっぱい。2018/08/19(日) 09:07:13.88ID:/bw13IYd
日本は、ドイツのような戦いの歴史を続けている国とは違う。
モノサシが全く違う。
その違いに人類が目覚めたとき地上に平和が近づく。

50∀東亜ピラニア軍:斥候隊”迷子癖有り2018/08/19(日) 21:30:57.20ID:WLAdULLO
(ФωФ)σ{ 先ず、ドイツはすんげぇ〜武器を後半開発してたから、時期が早かっただけ。開発しきってからやれば……あ…話しそれた?

私なら……先ずアメリカだけをフルボッコ、アメリカを先に抑えりゃ当時の他の国はなんちゃないでしょう。。

(`◇´)ただ、疲弊しまくり、なんちゃない他の国にヤられてしまう、で痔・END

51名無しさん@お腹いっぱい。2018/08/23(木) 05:07:32.70ID:9xOB2kh9
第一次世界大戦で負けて
第二次世界大戦で負けて
今回の中東戦争で難民を送り付けられてまた負けたドイツって何なのさ

52名無しさん@お腹いっぱい。2018/08/28(火) 08:52:37.11ID:vFs/A9fQ
戦勝国の反対勢力として歴史に名を残す、という手かもな。

53名無しさん@お腹いっぱい。2018/08/29(水) 03:37:11.62ID:eNyhD83i
経済的にも自由が手に入りたいなら「立木のボボトイテテレ」で検索すればいいと思う

ZTZ

54名無しさん@お腹いっぱい。2018/08/29(水) 06:48:48.72ID:lg2pWIc7
↑ マルチ

55名無しさん@お腹いっぱい。2018/09/02(日) 09:07:02.12ID:9blLe+nK
↑ マルチ はグローバリズム中国の宣教師だろう。

56名無しさん@お腹いっぱい。2018/09/03(月) 16:14:28.34ID:Rr95k/nH
もし勝てば、それも問題だから、古い価値観は改められるべきだろう。

57名無しさん@お腹いっぱい。2018/09/05(水) 12:04:28.14ID:N6nBwFXu
ドイツはまじめに負けてばかりいないで、も少し伝統のある良い国と協力するなり合体する宜し。

58名無しさん@お腹いっぱい。2018/09/09(日) 09:31:31.58ID:blSnWPFO
悪い伝統の長い国は最大限気を付けなきゃいけないのに、
小間使いになってどーするw

59名無しさん@お腹いっぱい。2018/09/13(木) 01:40:45.80ID:b8FgfAXh
v2に原爆積み込んで
一回どこかで実験でもいいから炸裂させたら連合国は手を出せなかっただろう

60名無しさん@お腹いっぱい。2018/09/14(金) 01:34:42.68ID:gznhHGK7
アルプス国家要塞
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%83%AB%E3%83%97%E3%82%B9%E5%9B%BD%E5%AE%B6%E8%A6%81%E5%A1%9E
まぁドイツが現実にオーストリア・アルプス山脈の地下深く戦前に周到に準備されてたなら一つの都市レベルの規模で
膨大な地下要塞だから様々な生活施設から軍事開発の工場や施設含めた重要施設は
地下要塞に作るわけだから戦況は変わっただろうな。>>59の言う原爆を地下要塞の軍事工場で開発できたなら
イギリスやソ連を脅すことも出来たし。スイスに抜けるトンネルも作って
逃げ込める様にも出来ただろうし。

61名無しさん@お腹いっぱい。2018/09/16(日) 00:16:06.40ID:l/MSMNeb
ヒトラーは小さかったから大物に憧れたんだろw

62名無しさん@お腹いっぱい。2018/09/18(火) 02:47:06.34ID:S4Yl1TsQ
>>60>「ヒトラーのアルプス要塞」という本が売り出された。本の内容は「国家要塞」は5年間の交戦を可能にする設計で、
>武装親衛隊4個師団20万人が立てこもる、ヒトラーらは戦犯として裁かれるので、最後まで要塞で戦うであろう

まぁ電気・ガス・水道・下水や食料の自給(農業・酪農、食品加工)病院・軍需開発工場等々のインフラも必要だし
兵士だけでなく兵士の家族や民間人の労働者や各分野の職人や技術者も必要になってくるし莫大な規模の計画だろうな。
実現できてたら凄い事になってただろうけど、戦争起こす数年前から計画して建設しておかないと無理。

63名無しさん@お腹いっぱい。2018/09/18(火) 03:11:20.58ID:3NvLeMSC
ドイツは補給戦でロシアにもアメリカにも負けた。
最強兵器に精鋭部隊を揃えても物量の前に押し負けた。
兵站が延び切る前に強固な国境防衛網を敷いて欧州帝国を永らえさせれば
ヒトラー三世の時代くらいには次なる世界征服への布陣も敷けたであろう。

そうなったらなったでイスラム国家との紛争を米国の代わりに引き受けなければ
ならないわけだが。

64名無しさん@お腹いっぱい。2018/09/18(火) 08:58:07.69ID:ETBocKYB
負けて勝ち、勝っては負ける繰り返し。
時計の針のようにぐるぐる繰り返すことが安定だと考える人種が海外には一杯いるようで

65名無しさん@お腹いっぱい。2018/09/18(火) 19:06:01.87ID:3NvLeMSC
犠牲者の方々には不謹慎ではあるが
日本は戦争しなくても自然災害でスクラップ&ビルドが進むからね。

66名無しさん@お腹いっぱい。2018/09/21(金) 04:03:07.93ID:jJwWmaSs
生きるべきか死ぬべきか、それが問題だ
変てこりんなセリフだが、ヨーロッパは昔から戦ってたのは、
贅沢な王の息子たちが、我も我もと領地を欲しがったからだろう。
こうして勝ち残った王の子孫が再び戦えば 勝率も高いだろうけど、兵隊に駆り出され巻き添えを食う民衆は「堪らん」とギロチンとか島流し、
勝っても、負けた相手から見れば悪い奴なので ハムレットのような迷いになる。
もしヒットラーが勝ち残るなら、周りは強かった敵の子孫だから殲滅作戦に出るしかなかった。
けれど既に時代遅れだったんだよね。ヒトラーが敵対視したユダヤの大化けの別の頭であるアメリカにやられた。
ユダヤは一歩先を進んでいたし、その後も変化し続けている。
時代が下ると我々を支配するものが何であるかはどんどん変化する。
だから、先々を一応は読んで貰わないと面白くない。

67名無しさん@お腹いっぱい。2018/09/25(火) 21:24:01.44ID:qYkxSOcw
ユダヤの支配を嫌ってドイツの支配にして何なのよ?
ユダヤは理想を見失ってないけど、ドイツはどした。
何とか言ってみろや。

68名無しさん@お腹いっぱい。2018/09/28(金) 18:44:23.02ID:8kZec1KD
イスラエルはやたら砂煙を巻き上げて走ってるけど正体が見えない。
むしろ「ノアの正統はパレスチナである」という主張に親近感を覚える。
んじゃ「シオニズムって何なのよ」だが、あれは全盛期の植民地大政策の一環で作ることになった「情報センターを兼ねた組織」ともいう。今や植民地をやってんのは他に中国を残すぐらいだけどw

69名無しさん@お腹いっぱい。2018/10/12(金) 13:00:03.76ID:5LRt5K8z
両国は批判されることを嫌って自己保存するが、下手をすると自己愛性パーソナリティ障害に自分がならずとも他者を巻き込んでしまう。
タルムードは見たことないけど、旧約を見る限りでは様々の人格を誘導するであろう、その中に光るのが最先端を目指すリーダーシップ精神だ。
それだけでは足りないから様々も有用なのだろう。しかしその他の様々を排除することが嫌われている。
2000年前に言われた「人々の目は瞑れているのだ」や、「目を開きなさい」は今も有効である。

70名無しさん@お腹いっぱい。2018/10/12(金) 13:11:39.56ID:5LRt5K8z
(ドイツは、その他の様々にされるのが悔しくて怒ったんだろうけど、
 嫉妬深い自己愛性がどうあれ 日本は気にしてないぜw)

71名無しさん@お腹いっぱい。2018/10/26(金) 07:13:24.57ID:4UcTFFsX
もはたEUは中心から外れたかも。真面目なドイツをそそのかしたのは誰か。それが問題だ。

72名無しさん@お腹いっぱい。2018/11/06(火) 17:55:10.69ID:IE6UgJZe
>>1
戦争の大目的と小目的があるが、そもそも何を目的におっぱじめたか それが問題で答えだ。

73名無しさん@お腹いっぱい。2018/11/11(日) 23:36:56.26ID:gctQcMeq
幾ら嫌いでも巧く
ユダヤ人を活用すればよかったのに
経済、科学者、技術者、職人、労働力として。
単に排斥・虐殺して大義名分にもならないし悪党呼ばわれだしな。
其のへんがナチスの単細胞的脳。敗因の根幹。

74名無しさん@お腹いっぱい。2018/11/15(木) 13:07:36.83ID:5hXvQL5O
ユダヤと組んだらドイツは兵卒になる。
それが嫌で中国と組んだら獄卒になる。

75名無しさん@お腹いっぱい。2018/11/17(土) 00:00:18.79ID:I8b1SOXZ
無計画過ぎる戦争、戦局が悪くなると最後 ベルリンの地下に籠もる状態も余りにも無計画で稚拙だし。
映画のヒトラー最期の?日間とかあるが観たが何かお笑い。無計画の上、無謀というか。
>>60で言われてるような展開もあれば未だ面白みもあるが。そういう準備すらせず
複数の大国を同時相手に戦争て自殺行為。
やはり戦局の行方(良し悪し)によっては様々な想定がなされるべきだっただろう。
兵器開発にしても良いものも在るが資源も乏しいのに、あらゆる物に手を出し無計画過ぎる
まぁヒトラーの思いつきも多々あったようだし。

76名無しさん@お腹いっぱい。2018/11/17(土) 03:49:39.42ID:MjqXOOey
富永恭次陸軍中将:
フィリピンで陸軍の航空特攻を指揮。マッカーサー軍が迫ってくると、司令部の許可なしに側近と芸者とウィスキー瓶のみを載せて台湾に逃亡。天寿を全うする。

菅原道大陸軍中将:
陸軍特攻の中心だった第六航空軍の司令官。10代の少年を特攻隊を次々を送り出し、エンジン不調などで戻ってくると「卑怯者!俺も後で行く!」と殴り倒した。
敗戦で部下が自決をすすめたが「死ぬのだけが責任を取る事ではない」と逃げ回り、96歳で天寿を全うした。

倉澤清忠陸軍少佐:
菅原道大の部下で第六航空軍の参謀。特攻隊を次々と送り出し、機体不良で戻ってきた搭乗員を監禁して毎日毎日
「死ねないようないくじなしは特攻隊の面汚しだ。国賊だ!」と罵り殴りまくった。悔しさのあまり自殺したものもいる。
戦後は元特攻隊員の復讐を恐れてピストルを持ち歩き、寝る時は枕元に日本刀を置いて寝た。天寿を全うする。

玉井浅一海軍大佐:
フィリピンで特攻隊員を次々と送り出す。
機体不良で戻ってきた特攻隊員たちが本土へ戻る事になると
「待て!お前は特攻隊で死んでもらう事になっている」と輸送機から引きずりおろし、自分が乗り込んで本土へ帰っていった。
戦後は僧侶になり、天寿を全うした。

黒島亀人海軍大佐:
残酷な人間魚雷「回天」を立案。「必ず脱出装置を付けます」と嘘をついて認可を得た。
戦後は会社社長として何不自由ない暮らしを送る。宇垣纒の戦争体験手記を遺族から借り出し、自身に都合の悪い部分を破棄した。天寿を全うする。

太田正一海軍大尉:
米軍コードネーム"BAKA"こと人間爆弾「桜花」の発案者。
「自分が乗るから開発させてくれ」と上層部に懇願して開発させたが、自身は「適性なし」として搭乗しなかった。
敗戦直後に逃亡し、名前と戸籍を変えて暮らす。天寿を全うした。

77名無しさん@お腹いっぱい。2018/11/18(日) 10:02:13.66ID:m9tjqntz
特攻は当時の最先端でまだトランジスターもなく当然ICもない時代にもし人工頭脳を作れば部屋いっぱいの真空管と
これまた大型の冷却システムを設置する必要があった誘導装置を爆弾につけることは不可能だった。
日本だけではないがこのアイデアが今日の赤外線追尾ミサイルやGPS誘導弾になって結実している。
と言っても「戦争目的だった」ということが問題なのであって、システム自体は宇宙衛星や惑星間ロケットにも応用されるのだから、当時の
日本の突撃装置も軍艦や戦闘機や爆弾などの改良型のアイデアを先取りするものだった 。ただ反日が正義の人は別の(平時の)基準を当てはめて日本悪者論に短絡する。
この人たちは危険である。
なぜなら戦時と平時をきっちり分けないから、平和の振りをして他者を欺いたり騙したり盗んだりして争いを作り出すからだ。
トランプ大統領はこれを心配して、先進文化を理解普及すべくあの手この手で示唆し、手助けしてるんだが、相手は知らず知らず戦闘モードに入って国家統制状態なので強い強制力で従わせなければ どーにもならん。

78名無しさん@お腹いっぱい。2018/11/19(月) 01:40:56.64ID:OVIRoLHO
戦局が悪くなってもドイツ南部に疎開しなかったのは疑問。ベルリンに拘る事も無いのに。

79名無しさん@お腹いっぱい。2018/11/19(月) 01:52:56.76ID:OVIRoLHO
司令部は戦局により転々と出来、
あとあそこまでの独裁者が最後の砦の軍集団や
兵器、人員、資源の温存を疎開先に怠ったのは大きい。
無計画と言えばそれまでだが。

80名無しさん@お腹いっぱい。2018/11/19(月) 05:47:51.03ID:1njza8/v
敗戦は人の死と同じく徐々に欠乏して最後は動く事もままならぬまま終焉を迎える。
全てが健全なままに「はい。負けました」と降伏するなどほぼ有り得ない。

81名無しさん@お腹いっぱい。2018/11/19(月) 06:46:45.22ID:mnGVUK3T
パナマ文書と3S政策のトルーマン 大統領と聖コルベ

諸国民を『虚実の自由』という名の檻で、我々が飼うのだ。
方法は、彼らに多少の贅沢さと便利さを与えるだけで良い。
そして、スポーツ、スクリーン、セックス(3S)を解放させる。
諸国民は、我々の家畜だからだ。そのために、長寿にさせなければならない。
(化学物質などで)病気にさせて、しかも生かし続けるのだ。
これによって、我々は収穫を得続けるだろう。これは、勝戦国の権限でもある。

メダルやノーベル賞がすべてではない  ラウル宣言

82名無しさん@お腹いっぱい。2018/11/19(月) 14:46:04.29ID:8aDhQGSD
当時のドイツは周辺国の強力な支配を撤回させたかったんだろ。
そして自由になりたかった。
まず西ドイツが自由になり、ついで東ドイツが ベルリンの壁崩壊で自由になって 戦争目的は達成されたから、ユダヤ問題は別にして
おおむね問題は解決した。おめでとう

83名無しさん@お腹いっぱい。2018/11/19(月) 16:31:57.36ID:Jb8aMVdX
>>23
既出だけれど、ソビエト攻撃の前に、イギリス上陸作戦を実施して占領しておくべきだった。
映画エニグマで指摘されているように、連合国側に暗号解読されて
情報が筒抜けになることはなかった。

84名無しさん@お腹いっぱい。2018/11/22(木) 06:28:09.55ID:aZv+rl6M
>>82
しかしメルケルが独裁者精神を発揮してもうたw

>>83
ヨーロッパはアングロサクソンを含め、昔から戦争が絶えなかった(今はアメリカが引き継いでいる)
しかし伝統は怖ろしいもので、今もふつふつと湧く想いによってEU内に対立感情が渦巻く。
これは日本人には理解しがたいが、彼らの戦争は(心の中では)終わっていない。

85名無しさん@お腹いっぱい。2018/12/06(木) 15:11:46.98ID:y3ELbuHA
フランスのマクロンやゴーンはまだ闘争精神が残っており、それを人種差別に転嫁してしまった。
もし日本の検察がこの問題にケリをつけたならWW2が一歩前進して
ついでにドイツの勝利、と言うか人類の勝利に近づく。

86名無しさん@お腹いっぱい。2018/12/06(木) 20:07:13.05ID:UqeHHa9F
よう!雑魚ども、元気で生きてるか?

ドイツビールで有名な北九州市小倉で、婦人警官がドイツ人にベンツ借りて
男漁りをしてるらしい。よほど学歴と容姿にあるのだろう、しかしまともな
市民には引かれぎみらしい。昔みたいに工藤会が元気だったら婦人警官の
不満も解消されるだろうが・・・がんばれ雑魚ども

87名無しさん@お腹いっぱい。2018/12/13(木) 17:08:05.32ID:pPcLC1hB
>>85
彼らの闘争精神は非存在である。

新着レスの表示
レスを投稿する