【フェデナダ】史上最強議論【レーバーボルグ】Part.8

1名無しさん@エースをねらえ! (ワッチョイ 93db-c97c [58.91.44.7])2018/04/30(月) 16:23:49.11ID:LEZi295C0


GS20勝・一位在位総週308週・ツアー通算1100勝突破のフェデラーか
MS31勝・全仏10勝・キャリアゴールデンスラム達成のナダルか
男女合わせて史上唯一の年間グランドスラム2回達成のレーバーか
GS勝率89%超・4年連続年間勝率90%超・3年連続全仏WB制覇のボルグか


サンプラス?ジョコビッチ?誰ですかそれ


※前スレ
【フェデラー】史上最強議論【ナダル】 Part.7
https://mao.5ch.net/test/read.cgi/tennis/1519578929/


※過去スレ
【フェデで】史上最強議論終結の知らせ【異論なし】
http://hayabusa6.2ch.net/test/read.cgi/tennis/1485694992/
【フェデで】史上最強議論終結【異論なし】 Part.2
http://hayabusa6.2ch.net/test/read.cgi/tennis/1486424580/
【フェデか】史上最強議論【ナダルか】 Part.3
http://hayabusa6.2ch.net/test/read.cgi/tennis/1497523047/
【フェデラー】史上最強議論【ナダル】 Part.4
http://mao.2ch.net/test/read.cgi/tennis/1498829183/
【フェデラー】史上最強議論【ナダル】 Part.5
http://mao.5ch.net/test/read.cgi/tennis/1501227475/
【フェデラー】史上最強議論終結【史上最強】Part.6
https://mao.5ch.net/test/read.cgi/tennis/1517670331/
VIPQ2_EXTDAT: default:vvvvvv:1000:512:----: EXT was configured

8人のチャンピオンの年齢分布です。

【34年度】(ルーホード、マルコムアンダーソンほか)
1934年11月02日生まれ ケン・ローズウォール(オーストラリア)(68仏、70米、71豪、72豪 優勝)(53豪仏、55豪、56米 優勝)

【35年度】(アレックスオルメドほか)

【36年度】(ロイエマーソン、アシュレークーパーほか)

【37年度】
1937年08月03日生まれ アンドレス・ヒメノ(スペイン)(72仏 優勝)

【38年度】(マニュエルサンタナ、フレッドストール、ラファエルオスナほか)
1938年08月09日生まれ ロッド・レーバー(オーストラリア)(68英、69豪仏英米 優勝)(60豪、61英、62豪仏英米 優勝)

【39年度】

【40年度】(チャックマッキンリーほか)

【41年度】

【42年度】

【43年度】(トムオッカーほか)
1943年07月10日生まれ アーサー・アッシュ(アメリカ)(68米、70豪、75英 優勝)

【44年度】
1944年05月23日生まれ ジョン・ニューカム(オーストラリア)(70英、71英、73豪米、75豪 優勝)(67英米 優勝)

【45年度】(トニーローチほか)
1946年03月01日生まれ ヤン・コデシュ(チェコ)(70仏、71仏、73英 優勝)

【46年度】
1946年07月19日生まれ イリ・ナスターゼ(ルーマニア)(72米、73仏 優勝)
1946年12月14日生まれ スタン・スミス(アメリカ)(71米、72英 優勝)

ナスターゼが小学校1年生(7歳)の頃、ローズウォールが大学1年生(19歳)という感じです^^
コナーズが1952年度生まれなので、1歳ですね。ローズウォールとコナーズは74年にウィンブルドンと全米オープンの決勝で戦います(18歳差)。
現代ではフェデラーとシャポバロフが、18歳差のようです。

当時の有力選手たち10人でまとめました。四大大会(68年仏〜73米の23大会)出場・欠場です^^
このころは今と違い、所属する団体などの方針で四大大会を普通に欠場します。
より賞金の高い、稼げる興業に参加したりする時代でした。

NTL(National Tennis League)系
レーバー 23大会中13大会に出場 (優勝 OP時代 68英 69豪 69仏 69英 69米 / OP時代前 60豪 61英 62豪 62仏 62英 62米)
68豪-- 68仏○ 68英○ 68米○ 69豪○ 69仏○ 69英○ 69米○ 70豪× 70仏× 70英○ 70米○
71豪○ 71仏× 71英○ 71米× 72豪× 72仏× 72英× 72米○ 73豪× 73仏× 73英× 73米○

ローズウォール 23大会中15大会に出場 (優勝 OP時代 68仏 70米 71豪 72豪 / OP時代前 53豪 53仏 55豪 56米)
68豪-- 68仏○ 68英○ 68米○ 69豪○ 69仏○ 69英○ 69米○ 70豪× 70仏× 70英○ 70米○
71豪○ 71仏× 71英○ 71米× 72豪○ 72仏× 72英× 72米○ 73豪○ 73仏× 73英× 73米○

ヒメノ 23大会中15大会に出場 (優勝 OP時代 72仏)
68豪-- 68仏○ 68英○ 68米○ 69豪○ 69仏○ 69英○ 69米○ 70豪× 70仏× 70英○ 70米○
71豪○ 71仏× 71英○ 71米× 72豪× 72仏○ 72英○ 72米○ 73豪× 73仏× 73英× 73米○

エマーソン 23大会中12大会に出場 (優勝 OP時代前 61豪 61米 63豪 63仏 64豪 64英 64米 65豪 65英 66豪 67豪 67仏)
68豪-- 68仏○ 68英○ 68米○ 69豪○ 69仏○ 69英○ 69米○ 70豪× 70仏× 70英○ 70米○
71豪○ 71仏× 71英○ 71米× 72豪× 72仏× 72英× 72米○ 73豪× 73仏× 73英× 73米×


他豪勢
ニューカム 23大会中17大会に出場 (優勝 OP時代 70英 71英 73豪 73米 75豪 / OP時代前 67英 67米)
68豪-- 68仏× 68英○ 68米○ 69豪○ 69仏○ 69英○ 69米○ 70豪○ 70仏× 70英○ 70米○
71豪○ 71仏× 71英○ 71米○ 72豪○ 72仏× 72英× 72米○ 73豪○ 73仏○ 73英× 73米○

ローチ 23大会中11大会に出場 (優勝 OP時代前 66仏)
68豪-- 68仏× 68英○ 68米○ 69豪○ 69仏○ 69英○ 69米○ 70豪○ 70仏× 70英○ 70米○
71豪○ 71仏× 71英○ 71米× 72豪× 72仏× 72英× 72米× 73豪× 73仏× 73英× 73米× ※テニス肘で離脱



米勢 ※米重視
スミス 23大会中17大会に出場 (優勝 OP時代 71米 72英)
68豪-- 68仏× 68英○ 68米○ 69豪× 69仏○ 69英○ 69米○ 70豪○ 70仏○ 70英○ 70米○
71豪× 71仏○ 71英○ 71米○ 72豪× 72仏○ 72英○ 72米○ 73豪× 73仏○ 73英× 73米○

アッシュ 23大会中16大会に出場 (優勝 OP時代 68米 70豪 75英)
68豪-- 68仏× 68英○ 68米○ 69豪× 69仏○ 69英○ 69米○ 70豪○ 70仏○ 70英○ 70米○
71豪○ 71仏○ 71英○ 71米○ 72豪× 72仏× 72英× 72米○ 73豪× 73仏○ 73英× 73米○


東欧勢 ※欧州(仏英)重視
コデシュ 23大会中16大会に出場 (優勝 OP時代 70仏 71仏 73英)
68豪-- 68仏○ 68英○ 68米× 69豪× 69仏○ 69英○ 69米○ 70豪× 70仏○ 70英○ 70米×
71豪× 71仏○ 71英○ 71米○ 72豪× 72仏○ 72英○ 72米○ 73豪× 73仏○ 73英○ 73米○

ナスターゼ 23大会中15大会に出場 (優勝 OP時代 72米 73仏)
68豪-- 68仏○ 68英× 68米× 69豪× 69仏○ 69英○ 69米○ 70豪× 70仏○ 70英○ 70米×
71豪× 71仏○ 71英○ 71米○ 72豪× 72仏○ 72英○ 72米○ 73豪× 73仏○ 73英○ 73米○

上記の10人中、各四大大会に何人が出場したかまとめます。

68豪 0人(アマ大会なので全員欠場。優勝はウィリアム・ボウリー)

68仏 6人
68英 9人
68米 8人

69豪 6人
69仏 10人
69英 10人
69米 10人

70豪 4人
70仏 4人
70英 10人
70米 8人

71豪 7人
71仏 4人
71英 10人
71米 5人

72豪 2人
72仏 4人
72英 4人
72米 9人

73豪 2人
73仏 6人
73英 2人 (ニコラピリッチ問題により多くのトップ選手が大会をボイコット)
73米 7人

10人は当時のトップ選手なので、多くの選手が出ている大会は層が厚い大会、あまり出ていないと層の薄い大会ということになります。
その他、パンチョ・ゴンザレスやフレッド・ストールは、レーバーらと同じような出欠です(NTL系)。
トム・オッカーの出欠はニューカムやローチと似ています。

各四大大会に、上記のトップ選手10人が何人出場したか、でまとめました。
多く出ていれば層の厚い大会、少なければ層の薄い大会ということになります。

10人
69仏(レーバー) 69英(レーバー) 69米(レーバー) 70英(ニューカム) 71英(ニューカム)

9人
68英(レーバー) 72米(ナスターゼ)

8人
68米(アッシュ) 70米(ローズウォール)

7人
71豪(ローズウォール) 73米(ニューカム)

6人
68仏(ローズウォール) 69豪(レーバー) 73仏(ナスターゼ)

5人
71米(スミス)

4人
70豪(アッシュ) 70仏(コデシュ) 71仏(コデシュ) 72仏(ヒメノ) 72英(スミス)

2人
72豪(ローズウォール) 73豪(ニューカム) 73英(コデシュ)




68仏〜73米
レーバー5勝 68英(9人) 69豪(6人) 69仏(10人) 69英(10人) 69米(10人)

ニューカム4勝 70英(10人) 71英(10人) 73豪(2人) 73米(7人) のちに75豪で優勝

ローズウォール4勝 68仏(6人) 70米(8人) 71豪(7人) 72豪(2人)

コデシュ3勝 70仏(4人) 71仏(4人) 73英(2人)

ナスターゼ2勝 72米(9人) 73仏(6人)

アッシュ2勝 68米(8人) 70豪(4人) のちに75英で優勝

スミス2勝 71米(5人) 72英(4人)

ヒメノ1勝 72仏(4人)

層の厚い大会で優勝を重ねているレーバーはやはり、間違いのない存在ということになります。
逆にコデシュは比較的、層の薄い大会で勝っています。
選手を評価するときには若干、これらの要素を考慮する必要があります。

さすがレーバー。
まとめおつ。

フェデラーは所詮レンドルに勝てない選手
芝以外で勝てるイメージが湧かない

そもそもレンドルがGSの決勝勝率が悪いからねぇ。

フェデラーは自分より強い選手には絶対勝てないという印象だな ジョコビッチとの対戦を見たらわかる

全盛期が10年離れてるのにその理論はさすがに無理がある
戦績もほぼ5:5だし、フェデジョコは双方ともツアーを支配した偉大な選手だわ
変わり種の土男ナダルがいたせいで全仏は1度しか取れなかったが

ジョコ13個目
土だけでタイトル数を伸ばしてるどっかのハゲとは違って本物だわ

21名無しさん@エースをねらえ! (ワッチョイ a3b8-8kmr [221.31.29.121])2018/07/20(金) 02:10:42.54ID:S7YgMDYU0
The 50 Greatest Players of the Open Era

1 フェデラー
2 レーバー
3 ナダル
4 サンプラス
5 ジョコビッチ
6 ボルグ
7 ローズウォール
8 レンドル
9 マッケンロー
10 コナーズ

http://www.tennis.com/tags/50-greatest-players-open-era/

Open Era GOAT List

890 フェデラー
720 ナダル
713 ジョコビッチ
614 レンドル
606 コナーズ
523 サンプラス
518 マッケンロー
499 ボルグ
417 アガシ
371 ベッカー

http://ultimatetennisstatistics.com/goatList

2018 TENNIS.COM

GREATEST OF ALL TIMES

1. ロジャー・フェデラー
2. ロッド・レーバー
3. ラファ・ナダル
4. ピート・サンプラス
5. ノヴァク・ジョコビッチ
6. ボルグ
7. ローズウォール
8.  レンドル
9. マッケンロー
10. コナーズ


http://www.tennis.com/tags/50-greatest-players-open-era/

四大大会シングルス優勝数 男子トップ10

計20 英08 米05 仏01 豪06 フェデラー(スイス) (英単独最多)(豪最多タイ)

計17 英02 米03 仏11 豪01 ナダル(スペイン) (仏単独最多)

計14 英07 米05 仏00 豪02 サンプラス(アメリカ)

計13 英04 米02 仏01 豪06 ジョコビッチ(セルビア) (豪最多タイ)

計12 英02 米02 仏02 豪06 エマーソン(オーストラリア) (豪最多タイ)

計11 英05 米00 仏06 豪00 ボルグ(スウェーデン)

計11 英04 米02 仏02 豪03 レーバー(オーストラリア) (年間グランドスラム2回)

計10 英03 米07 仏00 豪00 チルデン(アメリカ)(米最多タイ)

計08 英01 米02 仏01 豪04 アガシ(アメリカ)

計08 英00 米03 仏03 豪02 レンドル(チェコ→アメリカ)

計08 英02 米05 仏00 豪01 コナーズ(アメリカ)

計08 英00 米02 仏02 豪04 ローズウォール(オーストラリア)

計08 英03 米03 仏01 豪01 ペリー(イギリス)

年間勝率
1.マック 96.47% 1984 82-3

2.コナーズ 95.88% 1974 93-4

3.フェデラー 95.29% 2005 81-4

4.フェデラー 94.85% 2006 92-5

5.ボルグ 93.33% 1979 84-6

6.レンドル 92.50% 1986 74-6

6.フェデラー 92.50% 2004 74-6

8.レンドル 92.31% 1985 84-7

9.レンドル 92.17% 1982 106-9

10.ボルグ 92.11% 1980 70-6

10 ジョコビッチ 92.11% 2011 70-6

2018 TENNIS.COM  GREATEST OF ALL TIMES

1. ロジャー・フェデラー

2. ロッド・レーバー

3. ラファ・ナダル

4. ピート・サンプラス

5. ノヴァク・ジョコビッチ

6. ビョルン・ボルグ

7. ケン・ローズウォール

8. イワン・レンドル

9. ジョン・マッケンロー

10. ジミー・コナーズ



http://www.tennis.com/tags/50-greatest-players-open-era/

ATP WorldTour.com Fans' Favorite ファンの人気投票

2003 Roger Federer
2004 Roger Federer (2)
2005 Roger Federer (3)
2006 Roger Federer (4)
2007 Roger Federer (5)
2008 Roger Federer (6)
2009 Roger Federer (7)
2010 Roger Federer (8)
2011 Roger Federer (9)
2012 Roger Federer (10)
2013 Roger Federer (11)
2014 Roger Federer(12)
2015 Roger Federer(13)
2016 Roger Federer(14)


Edberg Sportsmanship Award Voted for by the players of the ATP.  ATP選手が選ぶスポーツマンシップ賞

2004 Roger Federer
2005 Roger Federer (2)
2006 Roger Federer (3)
2007 Roger Federer (4)
2008 Roger Federer (5)
2009 Roger Federer (6)
2011 Roger Federer (7)
2012 Roger Federer (8)
2013 Roger Federer (9)
2014 Roger Federer(10)
2015 Roger Federer(11)
2016 Roger Federer(12)

27名無しさん@エースをねらえ! (ワッチョイ a3b8-8kmr [221.31.29.121])2018/07/22(日) 16:32:58.78ID:Mntq7eWD0
ナダル

「個人的にサンプラスとゴランの試合は面白くない。またはそれらのような選手の試合。それは楽しくない。

それは本当のテニスではない。それはいくつかのラケットのスウィングだ。

誰もが今の我々のテニスをはるかに楽しんでいる。私は優れてると言ってない。もっと楽しめるテニスだと言っている。私にとって過去はただのサーブ、サーブ、サーブだ。 」


Nadal believes previous tennis eras cannot match the excitement generated by the current stars of the sport.

"Personally, to watch a Pete Sampras versus Goran Ivanisevic match, or one between those kind of players, is not enjoyable, It's not really tennis, it is a few swings of the racquet.
Everyone enjoys the tennis we play much more. I am not saying we are playing better tennis, just more enjoyable tennis. For me, in the past it was just serve, serve, serve." said Nadal.



pete-sampras-wasnt-fun-says-rafael-nadal-6415131.html

ナダル

「個人的にサンプラスとゴランの試合は面白くない。
またはそれらのような選手の試合。それは楽しくない。それは本当のテニスではない。

それはいくつかのラケットのスウィングだ。

誰もが今の我々のテニスをはるかに楽しんでいる。
私は優れてると言ってない。もっと楽しめるテニスだと言っている。

私にとって過去はただのサーブ、サーブ、サーブだ。 」


pete-sampras-wasnt-fun-says-rafael-nadal-6415131.html


ナダルが言ってるからサンプラス時代は糞

2017年 みんなで選ぶウィンブルドンレジェンド 投票結果(NHK)


1位 ロジャー・フェデラー
2位 ジョン・マッケンロー
3位 ビヨン・ボルグ
4位 ステファン・エドバーグ
5位 ラファエル・ナダル
6位 ピート・サンプラス
7位 松岡修造
8位 ジミー・コナーズ
9位 アンドレ・アガシ
10位 ボリス・ベッカー
11位 ゴラン・イバニセビッチ
12位 ロッド・レーバー
13位 レイトン・ヒューイット
14位 イワン・レンドル
15位 アンディ・マレー
16位 ノバク・ジョコビッチ

歴代2位の7回優勝してても日本でも不人気サンプラス雑魚

ボルグ/マッケンロー-氷の男と炎の男-〜1st Game
http://lavender.5ch.net/test/read.cgi/cinema/1532404942/


32名無しさん@エースをねらえ! (アウアウカー Sab7-RyCi [182.251.255.2])2018/08/04(土) 18:56:45.81ID:wymwqnUUa
このスレを再利用かな?

そやね。

元テニス部のわいが記録度外視してテニスの内容だけで見ると

サーブ フェデラー>ジョコ>ナダル
リターン ジョコ>>ナダル≧フェデラー
フォア フェデラー>ジョコ≧ナダル
バック ジョコ>>ナダル≧フェデラー
ボレータッチ フェデラー>>ナダル>>ジョコ
ネットプレーの得点率 フェデラー≧ジョコ≒ナダル
フットワーク ジョコ≒ナダル≒フェデラー
球際の強さ ジョコ(スライディング)>ナダル(スタミナお化け)>フェデラー
球の深さ ジョコ>>フェデラー≒ナダル
メンタル フェデラー≒ナダル≒ジョコ
総合 ジョコ≧フェデラー≒ナダル

フェデラーもナダルも、相手のエース級に対してはたいてい返球がかなり浅くなるから結局2球目でエースにされることがほとんど。
一方ジョコビッチはエース級に対して深く返球できる確率が異常に高い。これが本当に凄い。スライディングと体幹の強さが他2人より優れているからだと思う
そして相手がミスしたり、攻めが甘くなったところで逆襲に転じれる。
わかりやすいエースが減る分試合の見栄えは少し悪くなるけどジョコビッチのテニスが最強

ナダジョコのはフットワークとは言いづらいなー。
コートカバーならわかるが。

37名無しさん@エースをねらえ! (アウアウカー Sab7-RyCi [182.251.255.3])2018/08/06(月) 20:17:06.23ID:XTdwqjYka
球際の強さにスライディング(フットワーク)含めてる時点で区分が適当すぎる。

38名無しさん@エースをねらえ! (スプッッ Sd9f-+clG [183.74.207.75])2018/08/06(月) 20:31:57.10ID:ysvtrZjtd
まあ大方同意やけど、メンタルに関してはナダルが>>>>>>>>>くらいでトップやと思うで
0-40からのキープ率とか無かったっけ?確か一位だった気がするんだけどな
個人的な感覚でもそういう場面を沢山見てるから尚更感じる、ジョコも大概だけど
フェデはいつぞやのジョコ戦のマッポ落としであんまいい印象はないな...

39名無しさん@エースをねらえ! (ワッチョイ f3b8-Yn04 [126.159.192.137])2018/08/06(月) 22:55:05.53ID:PpFcDbZ/0
フットワークと球際はフェデラーを推したい。ジョコナダのような遠くの球に追いつく守りのフットワークではなく、相手の球が少しでも浅く落ちた時にスッと前に出てライジングで引っ叩く、攻撃のためのフットワークはフェデラーにしかできない。

フェデラー全盛期は対戦相手がチープだったことをお忘れなく。

>>40
ジョコナダルはそのチープな相手にボコボコにされてたんだよなあ
フェデをメタって出てきたのがジョコナダルってだけ

ジョコはヒューイットに6-1、フォレーロに2-1、ロディックに4-5。全然ボコボコにされてないな。
ロディックみたいに上の世代で早い段階で引退したやつに負け越すのはまあ仕方ない。フェデラーもアガシが32歳になるまでの直対0-3だからね。33歳以降になって8勝積み上げたけど

30歳で引退とか別に早くないし
しかも4歳しか離れてないから、大きな年代ズレがあるわけでもない

>>40
壊れたレコードか?

環境要因も考慮した最強は錦織圭だと思う

他の最強候補は欧米やオーストラリアなどテニス先進国の出身
錦織はみんなが野球をやっている国
逆に言えば、MLBで欧州、オーストラリア人の選手はほとんどメジャーにいないし、
殿堂入りは一人もいない

錦織はそれまでの日本人最高の松岡が世界46位 韓国オープン優勝 WBQF1回
だけのところを
世界4位 全米準V1回 全GSQF達成 MS準V4回 500優勝4回 WTF進出3回 ATP選手年収4位

日本国内偏差値というものがあればテニス偏差値は100を優に超える

フェデラーやナダルやサンプラスはそれまでの自国のトッププレイヤーを多少超えただけだろう
しかし、錦織は日本のテニスを変えた

これからアジア戦略、アフリカ戦略を取る上でのキープレイヤー
そして順位に比例しない圧倒的な年収
錦織圭こそ最強プレイヤーである

>>45
500優勝6回ね

他の最強候補

インド亜大陸最強
・ビジャイ・アムリトラジ(インド)

純アフリカ人最強
・ヒシャム・アラジ(モロッコ)

両者と比較してもいかに錦織がテニス後進国でずば抜けているかわかると思う

フェデラー全盛期は対戦相手がチープだったことをお忘れなく

50名無しさん@エースをねらえ! (ワッチョイ 53b8-D694 [60.115.83.57])2018/08/13(月) 13:42:15.16ID:3efzrIRJ0
>>49
今年のWBフェデラーは普通に弱かったね
フェデラー倒して決勝行ったアンダーソンはジョコにあっさり負けたし

51名無しさん@エースをねらえ! (ワッチョイ f347-+VWP [220.147.153.239])2018/08/13(月) 14:58:07.97ID:wEqeP9q30
そいつbotやぞ

BIG3は
フェデラー:全豪6、全仏1、全英9、全米6、合計22
ナダル:全豪2、全仏13、全英3、全米3、合計21
ジョコ:全豪7、全仏3、全英6、全米4、合計20
くらいでキャリアを終えそう

ジョコあと7つね。んー。

>>52
ジョコがGS20超えると思ってるやつは頭が痛くおかしい

明日ジョコビッチが勝てば全マスターズ制圧。ジョコビッチがGOATで問題ないでしょう


レンドルもやってる。

グランドスラム20勝すればジョコがGOATだよ

レンドルはCGSしてないからな。
これでジョコビッチがシンシナティ取ればCGSとCGM成し遂げた唯一の選手。GOAT確定

GS20勝してないからダメ

フェデラーが唯一ジョコビッチに勝てるコートでボコられめでたくゴールデンマスターズ達成!

これにて最強議論はジョコビッチで結論がでました。お疲れ様ですm(_ _)m

ヤーマン「ダメです」

新着レスの表示
レスを投稿する