【フェデナダ】史上最強議論【レーバーボルグ】Part.8

1名無しさん@エースをねらえ! (ワッチョイ 93db-c97c [58.91.44.7])2018/04/30(月) 16:23:49.11ID:LEZi295C0


GS20勝・一位在位総週308週・ツアー通算1100勝突破のフェデラーか
MS31勝・全仏10勝・キャリアゴールデンスラム達成のナダルか
男女合わせて史上唯一の年間グランドスラム2回達成のレーバーか
GS勝率89%超・4年連続年間勝率90%超・3年連続全仏WB制覇のボルグか


サンプラス?ジョコビッチ?誰ですかそれ


※前スレ
【フェデラー】史上最強議論【ナダル】 Part.7
https://mao.5ch.net/test/read.cgi/tennis/1519578929/


※過去スレ
【フェデで】史上最強議論終結の知らせ【異論なし】
http://hayabusa6.2ch.net/test/read.cgi/tennis/1485694992/
【フェデで】史上最強議論終結【異論なし】 Part.2
http://hayabusa6.2ch.net/test/read.cgi/tennis/1486424580/
【フェデか】史上最強議論【ナダルか】 Part.3
http://hayabusa6.2ch.net/test/read.cgi/tennis/1497523047/
【フェデラー】史上最強議論【ナダル】 Part.4
http://mao.2ch.net/test/read.cgi/tennis/1498829183/
【フェデラー】史上最強議論【ナダル】 Part.5
http://mao.5ch.net/test/read.cgi/tennis/1501227475/
【フェデラー】史上最強議論終結【史上最強】Part.6
https://mao.5ch.net/test/read.cgi/tennis/1517670331/
VIPQ2_EXTDAT: default:vvvvvv:1000:512:----: EXT was configured

2名無しさん@エースをねらえ! (ワッチョイ 83b8-patk [114.187.184.236])2018/04/30(月) 16:30:17.64ID:anrGJeks0
重複していますこちらへ
http://mao.5ch.net/test/read.cgi/tennis/1525052490/l50

>>2
ワッチョイなしの糞スレ

4名無しさん@エースをねらえ! (ワッチョイ db4e-R0DR [122.26.245.65])2018/04/30(月) 23:08:12.96ID:RtOfWUXg0
ワッチョイなしの糞スレよりこっち

5名無しさん@エースをねらえ! (ワッチョイ c632-VZ/W [153.169.167.205])2018/05/01(火) 21:18:19.65ID:u9TdUB8K0
ボルグはどうかと思うが、
論理的に破綻した奴が言いたい放題の
あっちよりはまし。

ボルグはフレンチオープンで4連覇6回の優勝。
ウィンブルドンで5連覇5回の優勝。25歳までの間にこれだけ勝ちました。
今と違ってサーフェス差の大きい時代に成し遂げた記録であるというのがとんでもないですね。

コナーズやマッケンロー、それにビラスあたりも時代を代表するすごい選手ですが、
彼らをもってしてもフレンチでもウィンブルドンでも勝ちまくるというのは無理でした、勝てたのはどちらか1つだけ。
それが普通です。
唯一人ボルグだけがどちらでも勝ち続けた。
フレンチではベースラインに張りつき、ウィンブルドンではファーストサーブにおいては前に突撃して頑張りました。

USオープンのことを指摘されると、そこはまあ弱点ですけどね。
アメリカ人ライバルのコナーズとマッケンローが、5回、4回とそれぞれ優勝しています。牙城を守りました。
この時代のUSオープンは11年間連続で、左打ちが優勝したことで有名ですね。
74年から84年まで、コナーズ、マッケンローと、ビラス、それにオランテスの4人の左打ちで勝ち続けました。
75年から77年までが、グリーンクレーのサーフェスだったので、ボルグが優勝できるチャンスがそこは十分あったかもしれません。
グリーンクレー、ハートルーは速めのサーフェスではありますが。
クレーコーターのオランテスと、ビラスは、この3年間の間にコナーズに勝ってしっかり優勝しました。
ボルグも決勝には出ましたが、ボルグだけがコナーズに叩かれた。
ハードコートになっても、マッケンロー相手の決勝でフルセットまで頑張った年もあったはず。
チャンスゼロではなかっただけに。全米は惜しかったですね。準優勝4回が最高成績でした。
準優勝4回で優勝なしというと、他にはウィンブルドンのローズウォールが有名ですけど。
全豪のマレーは5回でしたっけ?準優勝。辛いですねえ。

7名無しさん@エースをねらえ! (スプッッ Sd4a-CBfA [49.98.12.146])2018/05/13(日) 23:21:49.57ID:tgURX9gMd
ボルグって80年代後半以降のパワーテニスに対応出来たのかな
コナーズやマッケンローは85年くらいまでは通用してたけどそれ以降は通じなかったことを考えるとやっぱ厳しいかな

その選手の能力が高ければ、多少時代が進んでも通用するんじゃないかと考えています。

ベッカーやレンドルのイメージで80年代後半は「パワーテニス到来」、って印象がありましたけど
エドバーグやビランデルなどはどちらかというと技で勝負するタイプでしたし、
パワーテニスが圧倒的に優位ってわけでもなかったですからね。
85年といえばコナーズはすでに33歳、引退を視野に入れる年齢でしたし
マッケンローは引退宣言をするなどテニスへの情熱が衰えたころでしたから(テータム・オニールの影響と言われた)。

「○○のテニスは古い、だから通用しなくなった」、と、どうしてもそのように、語られがちでしたが
「テニスのスタイルが古すぎて通用しなくなった」という例は、実際のところあまりないように思われます。
ケガなり加齢なりモチベの低下なり、何らかの理由で「その選手が弱くなった」というケースがほとんどだと、個人的には思っています。
強い選手は多少の変化には大抵、適応できるものです。
フェデラーやナダルは時代の恩恵もある程度あるでしょうが、フィジカルメンタル面ともにうまくケアしてやっているのがすごいと思いますね^^

ボルグはウッドラケットで復帰し惨敗したので、「古すぎて通用しない」というイメージに拍車をかけたかもしれません。
道具は古い、歳は取っている、あの復帰は成功するはずもありませんでした。

74年はコナーズがグランドスラムタイトル3冠、残る全仏はボルグが取り、この年以降はコナーズ、ボルグ、マッケンロー…と時代が続いていくので^^
オープン化後の68年〜73年の6年間について、軽くまとめておきました。


【1968年〜1973年四大大会男子シングルス優勝者 (※1968豪はオープン化前)】

1968-06-08土 全仏オープン ケン・ローズウォール 33歳219日 土
1968-07-05金 ウィンブルドン ロッド・レーバー 29歳331日 芝
1968-09-09月 全米オープン アーサー・アッシュ 25歳061日 芝

1969-01-27月 全豪オープン ロッド・レーバー 30歳171日 芝
1969-06-07土 全仏オープン ロッド・レーバー 30歳302日 土
1969-07-05土 ウィンブルドン ロッド・レーバー 30歳330日 芝
1969-09-08月 全米オープン ロッド・レーバー 31歳030日 芝    ※オープン時代唯一の年間グランドスラム(レーバー自身は2回目)

1970-01-27火 全豪オープン アーサー・アッシュ 26歳201日 芝
1970-06-06土 全仏オープン ヤン・コデシュ 24歳097日 土
1970-07-04土 ウィンブルドン ジョン・ニューカム 26歳042日 芝
1970-09-13日 全米オープン ケン・ローズウォール 35歳315日 芝 ※オープン時代最年長優勝記録(全米)

1971-03-14日 全豪オープン ケン・ローズウォール 36歳132日 芝
1971-06-06日 全仏オープン ヤン・コデシュ 25歳097日 土
1971-07-03土 ウィンブルドン ジョン・ニューカム 27歳041日 芝
1971-09-15水 全米オープン スタン・スミス 24歳275日 芝

1972-01-03月 全豪オープン ケン・ローズウォール 37歳062日 芝 ※オープン時代最年長優勝記録(全豪・四大大会)
1972-06-04日 全仏オープン アンドレス・ヒメノ 34歳306日 土    ※オープン時代最年長優勝記録(全仏)
1972-07-09日 ウィンブルドン スタン・スミス 25歳208日 芝
1972-09-10日 全米オープン イリ・ナスターゼ 26歳053日 芝

1973-01-01月 全豪オープン ジョン・ニューカム 28歳223日 芝
1973-06-05火 全仏オープン イリ・ナスターゼ 26歳321日 土
1973-07-07土 ウィンブルドン ヤン・コデシュ 27歳128日 芝
1973-09-09日 全米オープン ジョン・ニューカム 29歳109日 芝

6年間で23個のグランドスラムタイトルがあり(英4 米4 仏4 豪3)

5勝レーバー(オーストラリア)(英2 米1 仏1 豪1)

4勝ニューカム(オーストラリア)(英2 米1 豪1) (のち、75年に豪優勝)
4勝ローズウォール(オーストラリア)(米1 仏1 豪2)

3勝コデシュ(チェコ)(英1 仏2)

2勝スミス(アメリカ)(英1 米1)
2勝ナスターゼ(ルーマニア)(米1 仏1)
2勝アッシュ(アメリカ)(米1 豪1) (のち、75年に英優勝)
1勝ヒメノ(スペイン)(仏1)

8人で分け合いました。オーストラリアのBIG3が強いですね^^

特徴としては、23歳以下の優勝者がいません。ほぼ20代後半、30代の優勝者ばかりです。
今の時代と少し似ているかもしれません。
70年全米のローズウォール、72年全豪のローズウォール、72年全仏のヒメノは
それぞれオープン時代最年長優勝記録となります(72全豪ローズウォールは、四大大会全体でオープン時代最年長)。
ウィンブルドンは、2017年のフェデラーがオープン時代最年長優勝記録です(それまでの75年アッシュの最年長記録を塗り替えました)。
フェデラーが最年長でウィンブルドン優勝するまでは、四大大会の最年長優勝記録は4つとも70年〜75年の6年間に集中していました。

一方でオープン時代の四大大会最年少優勝記録は、ウィンブルドンが85年ベッカー、全米が90年サンプラス、
全仏が89年チャン、全豪が83年ビランデルとなっており、83年〜90年の8年間に未だ集中しています。
時代ごとにベテラン選手が活躍しやすい、若い選手が活躍しやすいという傾向みたいなものがあるようです。
今の感じだと年少記録はしばらく、更新されないでしょうか。どうなるかは分かりませんが。

8人のチャンピオンの年齢分布です。

【34年度】(ルーホード、マルコムアンダーソンほか)
1934年11月02日生まれ ケン・ローズウォール(オーストラリア)(68仏、70米、71豪、72豪 優勝)(53豪仏、55豪、56米 優勝)

【35年度】(アレックスオルメドほか)

【36年度】(ロイエマーソン、アシュレークーパーほか)

【37年度】
1937年08月03日生まれ アンドレス・ヒメノ(スペイン)(72仏 優勝)

【38年度】(マニュエルサンタナ、フレッドストール、ラファエルオスナほか)
1938年08月09日生まれ ロッド・レーバー(オーストラリア)(68英、69豪仏英米 優勝)(60豪、61英、62豪仏英米 優勝)

【39年度】

【40年度】(チャックマッキンリーほか)

【41年度】

【42年度】

【43年度】(トムオッカーほか)
1943年07月10日生まれ アーサー・アッシュ(アメリカ)(68米、70豪、75英 優勝)

【44年度】
1944年05月23日生まれ ジョン・ニューカム(オーストラリア)(70英、71英、73豪米、75豪 優勝)(67英米 優勝)

【45年度】(トニーローチほか)
1946年03月01日生まれ ヤン・コデシュ(チェコ)(70仏、71仏、73英 優勝)

【46年度】
1946年07月19日生まれ イリ・ナスターゼ(ルーマニア)(72米、73仏 優勝)
1946年12月14日生まれ スタン・スミス(アメリカ)(71米、72英 優勝)

ナスターゼが小学校1年生(7歳)の頃、ローズウォールが大学1年生(19歳)という感じです^^
コナーズが1952年度生まれなので、1歳ですね。ローズウォールとコナーズは74年にウィンブルドンと全米オープンの決勝で戦います(18歳差)。
現代ではフェデラーとシャポバロフが、18歳差のようです。

当時の有力選手たち10人でまとめました。四大大会(68年仏〜73米の23大会)出場・欠場です^^
このころは今と違い、所属する団体などの方針で四大大会を普通に欠場します。
より賞金の高い、稼げる興業に参加したりする時代でした。

NTL(National Tennis League)系
レーバー 23大会中13大会に出場 (優勝 OP時代 68英 69豪 69仏 69英 69米 / OP時代前 60豪 61英 62豪 62仏 62英 62米)
68豪-- 68仏○ 68英○ 68米○ 69豪○ 69仏○ 69英○ 69米○ 70豪× 70仏× 70英○ 70米○
71豪○ 71仏× 71英○ 71米× 72豪× 72仏× 72英× 72米○ 73豪× 73仏× 73英× 73米○

ローズウォール 23大会中15大会に出場 (優勝 OP時代 68仏 70米 71豪 72豪 / OP時代前 53豪 53仏 55豪 56米)
68豪-- 68仏○ 68英○ 68米○ 69豪○ 69仏○ 69英○ 69米○ 70豪× 70仏× 70英○ 70米○
71豪○ 71仏× 71英○ 71米× 72豪○ 72仏× 72英× 72米○ 73豪○ 73仏× 73英× 73米○

ヒメノ 23大会中15大会に出場 (優勝 OP時代 72仏)
68豪-- 68仏○ 68英○ 68米○ 69豪○ 69仏○ 69英○ 69米○ 70豪× 70仏× 70英○ 70米○
71豪○ 71仏× 71英○ 71米× 72豪× 72仏○ 72英○ 72米○ 73豪× 73仏× 73英× 73米○

エマーソン 23大会中12大会に出場 (優勝 OP時代前 61豪 61米 63豪 63仏 64豪 64英 64米 65豪 65英 66豪 67豪 67仏)
68豪-- 68仏○ 68英○ 68米○ 69豪○ 69仏○ 69英○ 69米○ 70豪× 70仏× 70英○ 70米○
71豪○ 71仏× 71英○ 71米× 72豪× 72仏× 72英× 72米○ 73豪× 73仏× 73英× 73米×


他豪勢
ニューカム 23大会中17大会に出場 (優勝 OP時代 70英 71英 73豪 73米 75豪 / OP時代前 67英 67米)
68豪-- 68仏× 68英○ 68米○ 69豪○ 69仏○ 69英○ 69米○ 70豪○ 70仏× 70英○ 70米○
71豪○ 71仏× 71英○ 71米○ 72豪○ 72仏× 72英× 72米○ 73豪○ 73仏○ 73英× 73米○

ローチ 23大会中11大会に出場 (優勝 OP時代前 66仏)
68豪-- 68仏× 68英○ 68米○ 69豪○ 69仏○ 69英○ 69米○ 70豪○ 70仏× 70英○ 70米○
71豪○ 71仏× 71英○ 71米× 72豪× 72仏× 72英× 72米× 73豪× 73仏× 73英× 73米× ※テニス肘で離脱



米勢 ※米重視
スミス 23大会中17大会に出場 (優勝 OP時代 71米 72英)
68豪-- 68仏× 68英○ 68米○ 69豪× 69仏○ 69英○ 69米○ 70豪○ 70仏○ 70英○ 70米○
71豪× 71仏○ 71英○ 71米○ 72豪× 72仏○ 72英○ 72米○ 73豪× 73仏○ 73英× 73米○

アッシュ 23大会中16大会に出場 (優勝 OP時代 68米 70豪 75英)
68豪-- 68仏× 68英○ 68米○ 69豪× 69仏○ 69英○ 69米○ 70豪○ 70仏○ 70英○ 70米○
71豪○ 71仏○ 71英○ 71米○ 72豪× 72仏× 72英× 72米○ 73豪× 73仏○ 73英× 73米○


東欧勢 ※欧州(仏英)重視
コデシュ 23大会中16大会に出場 (優勝 OP時代 70仏 71仏 73英)
68豪-- 68仏○ 68英○ 68米× 69豪× 69仏○ 69英○ 69米○ 70豪× 70仏○ 70英○ 70米×
71豪× 71仏○ 71英○ 71米○ 72豪× 72仏○ 72英○ 72米○ 73豪× 73仏○ 73英○ 73米○

ナスターゼ 23大会中15大会に出場 (優勝 OP時代 72米 73仏)
68豪-- 68仏○ 68英× 68米× 69豪× 69仏○ 69英○ 69米○ 70豪× 70仏○ 70英○ 70米×
71豪× 71仏○ 71英○ 71米○ 72豪× 72仏○ 72英○ 72米○ 73豪× 73仏○ 73英○ 73米○

上記の10人中、各四大大会に何人が出場したかまとめます。

68豪 0人(アマ大会なので全員欠場。優勝はウィリアム・ボウリー)

68仏 6人
68英 9人
68米 8人

69豪 6人
69仏 10人
69英 10人
69米 10人

70豪 4人
70仏 4人
70英 10人
70米 8人

71豪 7人
71仏 4人
71英 10人
71米 5人

72豪 2人
72仏 4人
72英 4人
72米 9人

73豪 2人
73仏 6人
73英 2人 (ニコラピリッチ問題により多くのトップ選手が大会をボイコット)
73米 7人

10人は当時のトップ選手なので、多くの選手が出ている大会は層が厚い大会、あまり出ていないと層の薄い大会ということになります。
その他、パンチョ・ゴンザレスやフレッド・ストールは、レーバーらと同じような出欠です(NTL系)。
トム・オッカーの出欠はニューカムやローチと似ています。

各四大大会に、上記のトップ選手10人が何人出場したか、でまとめました。
多く出ていれば層の厚い大会、少なければ層の薄い大会ということになります。

10人
69仏(レーバー) 69英(レーバー) 69米(レーバー) 70英(ニューカム) 71英(ニューカム)

9人
68英(レーバー) 72米(ナスターゼ)

8人
68米(アッシュ) 70米(ローズウォール)

7人
71豪(ローズウォール) 73米(ニューカム)

6人
68仏(ローズウォール) 69豪(レーバー) 73仏(ナスターゼ)

5人
71米(スミス)

4人
70豪(アッシュ) 70仏(コデシュ) 71仏(コデシュ) 72仏(ヒメノ) 72英(スミス)

2人
72豪(ローズウォール) 73豪(ニューカム) 73英(コデシュ)




68仏〜73米
レーバー5勝 68英(9人) 69豪(6人) 69仏(10人) 69英(10人) 69米(10人)

ニューカム4勝 70英(10人) 71英(10人) 73豪(2人) 73米(7人) のちに75豪で優勝

ローズウォール4勝 68仏(6人) 70米(8人) 71豪(7人) 72豪(2人)

コデシュ3勝 70仏(4人) 71仏(4人) 73英(2人)

ナスターゼ2勝 72米(9人) 73仏(6人)

アッシュ2勝 68米(8人) 70豪(4人) のちに75英で優勝

スミス2勝 71米(5人) 72英(4人)

ヒメノ1勝 72仏(4人)

層の厚い大会で優勝を重ねているレーバーはやはり、間違いのない存在ということになります。
逆にコデシュは比較的、層の薄い大会で勝っています。
選手を評価するときには若干、これらの要素を考慮する必要があります。

さすがレーバー。
まとめおつ。

新着レスの表示
レスを投稿する