2016年 東京国医、東京一工、東京一工医スレ [無断転載禁止]©2ch.net

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています
1実名攻撃大好きKITTY2016/03/19(土) 22:35:26.35ID:Bbb0C7Dn0
東大スレはあくまで東大なので

東京国医
東京一工
東京一工医

なんかのランキングやりたい人はこちらで。

東大と一工、東大と駅弁医は全くレベルが違います。

同列にランキングしたい人は東大スレじゃなくてこちらでどうぞ。

394実名攻撃大好きKITTY2018/04/19(木) 14:02:42.32ID:60ZGt67i0
.

395実名攻撃大好きKITTY2018/04/19(木) 14:02:57.47ID:60ZGt67i0
果たしてツーウェイ・センセーションの大谷翔平は全米を沸かせているのか。
カル・リプケンJr.は1978年に投手としてオリオールズにドラフトされるも、プロとしては一度もマウンドに上がったことはなく、
メジャーで投手と外野手としてプレーしたリック・アンキールも、同一シーズンに二刀流としてプレーした経験はない。
その上で、オリオールズGMの
「大谷は比類ない個人だと思います。あのような選手は、そう見られるものではありません。
とは言え、各チームはこれから選手たちを少し違った見方で見るようになると思います」
というコメントを引用。
さらに「恐らく投手、そして打者としての能力を持っている若手には、もっと機会を与えるようになるのではないかと思います。
少なくとも、これまでよりその機会は増えるはずです」という発言で、大谷効果による今後の可能性を示唆した。
記事によると、現在、大谷以外では2017年にドラフト1位でレイズに入団したブレンダン・マッカイが、一塁手兼投手のツーウェイでプレー中とのこと。
もっとも、マッカイはマイナーリーグでプレーしており、昨年はシングルAで打者として出場した36試合で、打率2割3分3厘、4本塁打、22打点を記録し、
投手としては6試合に登板し、防御率1.80、WHIP(投球回あたり与四球被安打合計数)0.750という数字を残している。
「オオタニ、マッカイ、そして、その他の若いツーウェイの選手たちがこのスポーツを変えることができるかどうかは誰にも分からない。
しかし、大谷はその技能に対する関心を大いに高めた。彼は打席でもマウンド上でも関心事なのである」。
そして今週、「レッドソックスは彼の才能に対処する方法を見つけなければならない」というのが、この記事の末尾なのであるが、
これが書かれたのは大谷が登板予定だったロイヤルズ戦が延期となる前であり、レッドソックスは打者・大谷とのみ対峙することを前提としていた。
しかし、大谷の先発が現地火曜のレッドソックス戦にずれ込んだことで(登板翌日の水曜を挟み、木曜は打者として出場する可能性が高いため)、
レッドソックスは正しく大谷の二刀流を相手に試合をすることになった。
果たして大谷は投打でレッドソックス関係者を脅かすことができるのか。
元祖ツーウェイのベーブ・ルースが投打で名を馳せたチームに、現代のベーブ・ルースが立ち向かう。

396実名攻撃大好きKITTY2018/04/19(木) 14:03:12.52ID:60ZGt67i0
果たしてツーウェイ・センセーションの大谷翔平は全米を沸かせているのか。
カル・リプケンJr.は1978年に投手としてオリオールズにドラフトされるも、プロとしては一度もマウンドに上がったことはなく、
メジャーで投手と外野手としてプレーしたリック・アンキールも、同一シーズンに二刀流としてプレーした経験はない。
その上で、オリオールズGMの
「大谷は比類ない個人だと思います。あのような選手は、そう見られるものではありません。
とは言え、各チームはこれから選手たちを少し違った見方で見るようになると思います」
というコメントを引用。
さらに「恐らく投手、そして打者としての能力を持っている若手には、もっと機会を与えるようになるのではないかと思います。
少なくとも、これまでよりその機会は増えるはずです」という発言で、大谷効果による今後の可能性を示唆した。
記事によると、現在、大谷以外では2017年にドラフト1位でレイズに入団したブレンダン・マッカイが、一塁手兼投手のツーウェイでプレー中とのこと。
もっとも、マッカイはマイナーリーグでプレーしており、昨年はシングルAで打者として出場した36試合で、打率2割3分3厘、4本塁打、22打点を記録し、
投手としては6試合に登板し、防御率1.80、WHIP(投球回あたり与四球被安打合計数)0.750という数字を残している。
「オオタニ、マッカイ、そして、その他の若いツーウェイの選手たちがこのスポーツを変えることができるかどうかは誰にも分からない。
しかし、大谷はその技能に対する関心を大いに高めた。彼は打席でもマウンド上でも関心事なのである」。
そして今週、「レッドソックスは彼の才能に対処する方法を見つけなければならない」というのが、この記事の末尾なのであるが、
これが書かれたのは大谷が登板予定だったロイヤルズ戦が延期となる前であり、レッドソックスは打者・大谷とのみ対峙することを前提としていた。
しかし、大谷の先発が現地火曜のレッドソックス戦にずれ込んだことで(登板翌日の水曜を挟み、木曜は打者として出場する可能性が高いため)、
レッドソックスは正しく大谷の二刀流を相手に試合をすることになった。
果たして大谷は投打でレッドソックス関係者を脅かすことができるのか。
元祖ツーウェイのベーブ・ルースが投打で名を馳せたチームに、現代のベーブ・ルースが立ち向かう。

397実名攻撃大好きKITTY2018/04/19(木) 14:03:27.84ID:60ZGt67i0
果たしてツーウェイ・センセーションの大谷翔平は全米を沸かせているのか。
カル・リプケンJr.は1978年に投手としてオリオールズにドラフトされるも、プロとしては一度もマウンドに上がったことはなく、
メジャーで投手と外野手としてプレーしたリック・アンキールも、同一シーズンに二刀流としてプレーした経験はない。
その上で、オリオールズGMの
「大谷は比類ない個人だと思います。あのような選手は、そう見られるものではありません。
とは言え、各チームはこれから選手たちを少し違った見方で見るようになると思います」
というコメントを引用。
さらに「恐らく投手、そして打者としての能力を持っている若手には、もっと機会を与えるようになるのではないかと思います。
少なくとも、これまでよりその機会は増えるはずです」という発言で、大谷効果による今後の可能性を示唆した。
記事によると、現在、大谷以外では2017年にドラフト1位でレイズに入団したブレンダン・マッカイが、一塁手兼投手のツーウェイでプレー中とのこと。
もっとも、マッカイはマイナーリーグでプレーしており、昨年はシングルAで打者として出場した36試合で、打率2割3分3厘、4本塁打、22打点を記録し、
投手としては6試合に登板し、防御率1.80、WHIP(投球回あたり与四球被安打合計数)0.750という数字を残している。
「オオタニ、マッカイ、そして、その他の若いツーウェイの選手たちがこのスポーツを変えることができるかどうかは誰にも分からない。
しかし、大谷はその技能に対する関心を大いに高めた。彼は打席でもマウンド上でも関心事なのである」。
そして今週、「レッドソックスは彼の才能に対処する方法を見つけなければならない」というのが、この記事の末尾なのであるが、
これが書かれたのは大谷が登板予定だったロイヤルズ戦が延期となる前であり、レッドソックスは打者・大谷とのみ対峙することを前提としていた。
しかし、大谷の先発が現地火曜のレッドソックス戦にずれ込んだことで(登板翌日の水曜を挟み、木曜は打者として出場する可能性が高いため)、
レッドソックスは正しく大谷の二刀流を相手に試合をすることになった。
果たして大谷は投打でレッドソックス関係者を脅かすことができるのか。
元祖ツーウェイのベーブ・ルースが投打で名を馳せたチームに、現代のベーブ・ルースが立ち向かう。

398実名攻撃大好きKITTY2018/04/19(木) 14:03:42.95ID:60ZGt67i0
果たしてツーウェイ・センセーションの大谷翔平は全米を沸かせているのか。
カル・リプケンJr.は1978年に投手としてオリオールズにドラフトされるも、プロとしては一度もマウンドに上がったことはなく、
メジャーで投手と外野手としてプレーしたリック・アンキールも、同一シーズンに二刀流としてプレーした経験はない。
その上で、オリオールズGMの
「大谷は比類ない個人だと思います。あのような選手は、そう見られるものではありません。
とは言え、各チームはこれから選手たちを少し違った見方で見るようになると思います」
というコメントを引用。
さらに「恐らく投手、そして打者としての能力を持っている若手には、もっと機会を与えるようになるのではないかと思います。
少なくとも、これまでよりその機会は増えるはずです」という発言で、大谷効果による今後の可能性を示唆した。
記事によると、現在、大谷以外では2017年にドラフト1位でレイズに入団したブレンダン・マッカイが、一塁手兼投手のツーウェイでプレー中とのこと。
もっとも、マッカイはマイナーリーグでプレーしており、昨年はシングルAで打者として出場した36試合で、打率2割3分3厘、4本塁打、22打点を記録し、
投手としては6試合に登板し、防御率1.80、WHIP(投球回あたり与四球被安打合計数)0.750という数字を残している。
「オオタニ、マッカイ、そして、その他の若いツーウェイの選手たちがこのスポーツを変えることができるかどうかは誰にも分からない。
しかし、大谷はその技能に対する関心を大いに高めた。彼は打席でもマウンド上でも関心事なのである」。
そして今週、「レッドソックスは彼の才能に対処する方法を見つけなければならない」というのが、この記事の末尾なのであるが、
これが書かれたのは大谷が登板予定だったロイヤルズ戦が延期となる前であり、レッドソックスは打者・大谷とのみ対峙することを前提としていた。
しかし、大谷の先発が現地火曜のレッドソックス戦にずれ込んだことで(登板翌日の水曜を挟み、木曜は打者として出場する可能性が高いため)、
レッドソックスは正しく大谷の二刀流を相手に試合をすることになった。
果たして大谷は投打でレッドソックス関係者を脅かすことができるのか。
元祖ツーウェイのベーブ・ルースが投打で名を馳せたチームに、現代のベーブ・ルースが立ち向かう。

399実名攻撃大好きKITTY2018/04/19(木) 14:03:58.03ID:60ZGt67i0
.

400実名攻撃大好きKITTY2018/04/19(木) 14:04:12.98ID:60ZGt67i0
.

401実名攻撃大好きKITTY2018/04/19(木) 14:04:29.16ID:60ZGt67i0
果たしてツーウェイ・センセーションの大谷翔平は全米を沸かせているのか。
カル・リプケンJr.は1978年に投手としてオリオールズにドラフトされるも、プロとしては一度もマウンドに上がったことはなく、
メジャーで投手と外野手としてプレーしたリック・アンキールも、同一シーズンに二刀流としてプレーした経験はない。
その上で、オリオールズGMの
「大谷は比類ない個人だと思います。あのような選手は、そう見られるものではありません。
とは言え、各チームはこれから選手たちを少し違った見方で見るようになると思います」
というコメントを引用。
さらに「恐らく投手、そして打者としての能力を持っている若手には、もっと機会を与えるようになるのではないかと思います。
少なくとも、これまでよりその機会は増えるはずです」という発言で、大谷効果による今後の可能性を示唆した。
記事によると、現在、大谷以外では2017年にドラフト1位でレイズに入団したブレンダン・マッカイが、一塁手兼投手のツーウェイでプレー中とのこと。
もっとも、マッカイはマイナーリーグでプレーしており、昨年はシングルAで打者として出場した36試合で、打率2割3分3厘、4本塁打、22打点を記録し、
投手としては6試合に登板し、防御率1.80、WHIP(投球回あたり与四球被安打合計数)0.750という数字を残している。
「オオタニ、マッカイ、そして、その他の若いツーウェイの選手たちがこのスポーツを変えることができるかどうかは誰にも分からない。
しかし、大谷はその技能に対する関心を大いに高めた。彼は打席でもマウンド上でも関心事なのである」。
そして今週、「レッドソックスは彼の才能に対処する方法を見つけなければならない」というのが、この記事の末尾なのであるが、
これが書かれたのは大谷が登板予定だったロイヤルズ戦が延期となる前であり、レッドソックスは打者・大谷とのみ対峙することを前提としていた。
しかし、大谷の先発が現地火曜のレッドソックス戦にずれ込んだことで(登板翌日の水曜を挟み、木曜は打者として出場する可能性が高いため)、
レッドソックスは正しく大谷の二刀流を相手に試合をすることになった。
果たして大谷は投打でレッドソックス関係者を脅かすことができるのか。
元祖ツーウェイのベーブ・ルースが投打で名を馳せたチームに、現代のベーブ・ルースが立ち向かう。

402実名攻撃大好きKITTY2018/04/19(木) 14:04:56.39ID:60ZGt67i0
果たしてツーウェイ・センセーションの大谷翔平は全米を沸かせているのか。
カル・リプケンJr.は1978年に投手としてオリオールズにドラフトされるも、プロとしては一度もマウンドに上がったことはなく、
メジャーで投手と外野手としてプレーしたリック・アンキールも、同一シーズンに二刀流としてプレーした経験はない。
その上で、オリオールズGMの
「大谷は比類ない個人だと思います。あのような選手は、そう見られるものではありません。
とは言え、各チームはこれから選手たちを少し違った見方で見るようになると思います」
というコメントを引用。
さらに「恐らく投手、そして打者としての能力を持っている若手には、もっと機会を与えるようになるのではないかと思います。
少なくとも、これまでよりその機会は増えるはずです」という発言で、大谷効果による今後の可能性を示唆した。
記事によると、現在、大谷以外では2017年にドラフト1位でレイズに入団したブレンダン・マッカイが、一塁手兼投手のツーウェイでプレー中とのこと。
もっとも、マッカイはマイナーリーグでプレーしており、昨年はシングルAで打者として出場した36試合で、打率2割3分3厘、4本塁打、22打点を記録し、
投手としては6試合に登板し、防御率1.80、WHIP(投球回あたり与四球被安打合計数)0.750という数字を残している。
「オオタニ、マッカイ、そして、その他の若いツーウェイの選手たちがこのスポーツを変えることができるかどうかは誰にも分からない。
しかし、大谷はその技能に対する関心を大いに高めた。彼は打席でもマウンド上でも関心事なのである」。
そして今週、「レッドソックスは彼の才能に対処する方法を見つけなければならない」というのが、この記事の末尾なのであるが、
これが書かれたのは大谷が登板予定だったロイヤルズ戦が延期となる前であり、レッドソックスは打者・大谷とのみ対峙することを前提としていた。
しかし、大谷の先発が現地火曜のレッドソックス戦にずれ込んだことで(登板翌日の水曜を挟み、木曜は打者として出場する可能性が高いため)、
レッドソックスは正しく大谷の二刀流を相手に試合をすることになった。
果たして大谷は投打でレッドソックス関係者を脅かすことができるのか。
元祖ツーウェイのベーブ・ルースが投打で名を馳せたチームに、現代のベーブ・ルースが立ち向かう。

403実名攻撃大好きKITTY2018/04/19(木) 14:05:11.62ID:60ZGt67i0
果たしてツーウェイ・センセーションの大谷翔平は全米を沸かせているのか。
カル・リプケンJr.は1978年に投手としてオリオールズにドラフトされるも、プロとしては一度もマウンドに上がったことはなく、
メジャーで投手と外野手としてプレーしたリック・アンキールも、同一シーズンに二刀流としてプレーした経験はない。
その上で、オリオールズGMの
「大谷は比類ない個人だと思います。あのような選手は、そう見られるものではありません。
とは言え、各チームはこれから選手たちを少し違った見方で見るようになると思います」
というコメントを引用。
さらに「恐らく投手、そして打者としての能力を持っている若手には、もっと機会を与えるようになるのではないかと思います。
少なくとも、これまでよりその機会は増えるはずです」という発言で、大谷効果による今後の可能性を示唆した。
記事によると、現在、大谷以外では2017年にドラフト1位でレイズに入団したブレンダン・マッカイが、一塁手兼投手のツーウェイでプレー中とのこと。
もっとも、マッカイはマイナーリーグでプレーしており、昨年はシングルAで打者として出場した36試合で、打率2割3分3厘、4本塁打、22打点を記録し、
投手としては6試合に登板し、防御率1.80、WHIP(投球回あたり与四球被安打合計数)0.750という数字を残している。
「オオタニ、マッカイ、そして、その他の若いツーウェイの選手たちがこのスポーツを変えることができるかどうかは誰にも分からない。
しかし、大谷はその技能に対する関心を大いに高めた。彼は打席でもマウンド上でも関心事なのである」。
そして今週、「レッドソックスは彼の才能に対処する方法を見つけなければならない」というのが、この記事の末尾なのであるが、
これが書かれたのは大谷が登板予定だったロイヤルズ戦が延期となる前であり、レッドソックスは打者・大谷とのみ対峙することを前提としていた。
しかし、大谷の先発が現地火曜のレッドソックス戦にずれ込んだことで(登板翌日の水曜を挟み、木曜は打者として出場する可能性が高いため)、
レッドソックスは正しく大谷の二刀流を相手に試合をすることになった。
果たして大谷は投打でレッドソックス関係者を脅かすことができるのか。
元祖ツーウェイのベーブ・ルースが投打で名を馳せたチームに、現代のベーブ・ルースが立ち向かう。

404実名攻撃大好きKITTY2018/04/19(木) 14:05:30.21ID:60ZGt67i0
果たしてツーウェイ・センセーションの大谷翔平は全米を沸かせているのか。
カル・リプケンJr.は1978年に投手としてオリオールズにドラフトされるも、プロとしては一度もマウンドに上がったことはなく、
メジャーで投手と外野手としてプレーしたリック・アンキールも、同一シーズンに二刀流としてプレーした経験はない。
その上で、オリオールズGMの
「大谷は比類ない個人だと思います。あのような選手は、そう見られるものではありません。
とは言え、各チームはこれから選手たちを少し違った見方で見るようになると思います」
というコメントを引用。
さらに「恐らく投手、そして打者としての能力を持っている若手には、もっと機会を与えるようになるのではないかと思います。
少なくとも、これまでよりその機会は増えるはずです」という発言で、大谷効果による今後の可能性を示唆した。
記事によると、現在、大谷以外では2017年にドラフト1位でレイズに入団したブレンダン・マッカイが、一塁手兼投手のツーウェイでプレー中とのこと。
もっとも、マッカイはマイナーリーグでプレーしており、昨年はシングルAで打者として出場した36試合で、打率2割3分3厘、4本塁打、22打点を記録し、
投手としては6試合に登板し、防御率1.80、WHIP(投球回あたり与四球被安打合計数)0.750という数字を残している。
「オオタニ、マッカイ、そして、その他の若いツーウェイの選手たちがこのスポーツを変えることができるかどうかは誰にも分からない。
しかし、大谷はその技能に対する関心を大いに高めた。彼は打席でもマウンド上でも関心事なのである」。
そして今週、「レッドソックスは彼の才能に対処する方法を見つけなければならない」というのが、この記事の末尾なのであるが、
これが書かれたのは大谷が登板予定だったロイヤルズ戦が延期となる前であり、レッドソックスは打者・大谷とのみ対峙することを前提としていた。
しかし、大谷の先発が現地火曜のレッドソックス戦にずれ込んだことで(登板翌日の水曜を挟み、木曜は打者として出場する可能性が高いため)、
レッドソックスは正しく大谷の二刀流を相手に試合をすることになった。
果たして大谷は投打でレッドソックス関係者を脅かすことができるのか。
元祖ツーウェイのベーブ・ルースが投打で名を馳せたチームに、現代のベーブ・ルースが立ち向かう。

405実名攻撃大好きKITTY2018/04/19(木) 14:05:45.44ID:60ZGt67i0
果たしてツーウェイ・センセーションの大谷翔平は全米を沸かせているのか。
カル・リプケンJr.は1978年に投手としてオリオールズにドラフトされるも、プロとしては一度もマウンドに上がったことはなく、
メジャーで投手と外野手としてプレーしたリック・アンキールも、同一シーズンに二刀流としてプレーした経験はない。
その上で、オリオールズGMの
「大谷は比類ない個人だと思います。あのような選手は、そう見られるものではありません。
とは言え、各チームはこれから選手たちを少し違った見方で見るようになると思います」
というコメントを引用。
さらに「恐らく投手、そして打者としての能力を持っている若手には、もっと機会を与えるようになるのではないかと思います。
少なくとも、これまでよりその機会は増えるはずです」という発言で、大谷効果による今後の可能性を示唆した。
記事によると、現在、大谷以外では2017年にドラフト1位でレイズに入団したブレンダン・マッカイが、一塁手兼投手のツーウェイでプレー中とのこと。
もっとも、マッカイはマイナーリーグでプレーしており、昨年はシングルAで打者として出場した36試合で、打率2割3分3厘、4本塁打、22打点を記録し、
投手としては6試合に登板し、防御率1.80、WHIP(投球回あたり与四球被安打合計数)0.750という数字を残している。
「オオタニ、マッカイ、そして、その他の若いツーウェイの選手たちがこのスポーツを変えることができるかどうかは誰にも分からない。
しかし、大谷はその技能に対する関心を大いに高めた。彼は打席でもマウンド上でも関心事なのである」。
そして今週、「レッドソックスは彼の才能に対処する方法を見つけなければならない」というのが、この記事の末尾なのであるが、
これが書かれたのは大谷が登板予定だったロイヤルズ戦が延期となる前であり、レッドソックスは打者・大谷とのみ対峙することを前提としていた。
しかし、大谷の先発が現地火曜のレッドソックス戦にずれ込んだことで(登板翌日の水曜を挟み、木曜は打者として出場する可能性が高いため)、
レッドソックスは正しく大谷の二刀流を相手に試合をすることになった。
果たして大谷は投打でレッドソックス関係者を脅かすことができるのか。
元祖ツーウェイのベーブ・ルースが投打で名を馳せたチームに、現代のベーブ・ルースが立ち向かう。

406実名攻撃大好きKITTY2018/04/19(木) 14:06:00.48ID:60ZGt67i0
果たしてツーウェイ・センセーションの大谷翔平は全米を沸かせているのか。
カル・リプケンJr.は1978年に投手としてオリオールズにドラフトされるも、プロとしては一度もマウンドに上がったことはなく、
メジャーで投手と外野手としてプレーしたリック・アンキールも、同一シーズンに二刀流としてプレーした経験はない。
その上で、オリオールズGMの
「大谷は比類ない個人だと思います。あのような選手は、そう見られるものではありません。
とは言え、各チームはこれから選手たちを少し違った見方で見るようになると思います」
というコメントを引用。
さらに「恐らく投手、そして打者としての能力を持っている若手には、もっと機会を与えるようになるのではないかと思います。
少なくとも、これまでよりその機会は増えるはずです」という発言で、大谷効果による今後の可能性を示唆した。
記事によると、現在、大谷以外では2017年にドラフト1位でレイズに入団したブレンダン・マッカイが、一塁手兼投手のツーウェイでプレー中とのこと。
もっとも、マッカイはマイナーリーグでプレーしており、昨年はシングルAで打者として出場した36試合で、打率2割3分3厘、4本塁打、22打点を記録し、
投手としては6試合に登板し、防御率1.80、WHIP(投球回あたり与四球被安打合計数)0.750という数字を残している。
「オオタニ、マッカイ、そして、その他の若いツーウェイの選手たちがこのスポーツを変えることができるかどうかは誰にも分からない。
しかし、大谷はその技能に対する関心を大いに高めた。彼は打席でもマウンド上でも関心事なのである」。
そして今週、「レッドソックスは彼の才能に対処する方法を見つけなければならない」というのが、この記事の末尾なのであるが、
これが書かれたのは大谷が登板予定だったロイヤルズ戦が延期となる前であり、レッドソックスは打者・大谷とのみ対峙することを前提としていた。
しかし、大谷の先発が現地火曜のレッドソックス戦にずれ込んだことで(登板翌日の水曜を挟み、木曜は打者として出場する可能性が高いため)、
レッドソックスは正しく大谷の二刀流を相手に試合をすることになった。
果たして大谷は投打でレッドソックス関係者を脅かすことができるのか。
元祖ツーウェイのベーブ・ルースが投打で名を馳せたチームに、現代のベーブ・ルースが立ち向かう。

407実名攻撃大好きKITTY2018/04/19(木) 14:06:15.64ID:60ZGt67i0
.

408実名攻撃大好きKITTY2018/04/19(木) 14:06:30.96ID:60ZGt67i0
.

409実名攻撃大好きKITTY2018/04/19(木) 14:06:45.99ID:60ZGt67i0
果たしてツーウェイ・センセーションの大谷翔平は全米を沸かせているのか。
カル・リプケンJr.は1978年に投手としてオリオールズにドラフトされるも、プロとしては一度もマウンドに上がったことはなく、
メジャーで投手と外野手としてプレーしたリック・アンキールも、同一シーズンに二刀流としてプレーした経験はない。
その上で、オリオールズGMの
「大谷は比類ない個人だと思います。あのような選手は、そう見られるものではありません。
とは言え、各チームはこれから選手たちを少し違った見方で見るようになると思います」
というコメントを引用。
さらに「恐らく投手、そして打者としての能力を持っている若手には、もっと機会を与えるようになるのではないかと思います。
少なくとも、これまでよりその機会は増えるはずです」という発言で、大谷効果による今後の可能性を示唆した。
記事によると、現在、大谷以外では2017年にドラフト1位でレイズに入団したブレンダン・マッカイが、一塁手兼投手のツーウェイでプレー中とのこと。
もっとも、マッカイはマイナーリーグでプレーしており、昨年はシングルAで打者として出場した36試合で、打率2割3分3厘、4本塁打、22打点を記録し、
投手としては6試合に登板し、防御率1.80、WHIP(投球回あたり与四球被安打合計数)0.750という数字を残している。
「オオタニ、マッカイ、そして、その他の若いツーウェイの選手たちがこのスポーツを変えることができるかどうかは誰にも分からない。
しかし、大谷はその技能に対する関心を大いに高めた。彼は打席でもマウンド上でも関心事なのである」。
そして今週、「レッドソックスは彼の才能に対処する方法を見つけなければならない」というのが、この記事の末尾なのであるが、
これが書かれたのは大谷が登板予定だったロイヤルズ戦が延期となる前であり、レッドソックスは打者・大谷とのみ対峙することを前提としていた。
しかし、大谷の先発が現地火曜のレッドソックス戦にずれ込んだことで(登板翌日の水曜を挟み、木曜は打者として出場する可能性が高いため)、
レッドソックスは正しく大谷の二刀流を相手に試合をすることになった。
果たして大谷は投打でレッドソックス関係者を脅かすことができるのか。
元祖ツーウェイのベーブ・ルースが投打で名を馳せたチームに、現代のベーブ・ルースが立ち向かう。

410実名攻撃大好きKITTY2018/04/19(木) 14:07:12.20ID:60ZGt67i0
果たしてツーウェイ・センセーションの大谷翔平は全米を沸かせているのか。
カル・リプケンJr.は1978年に投手としてオリオールズにドラフトされるも、プロとしては一度もマウンドに上がったことはなく、
メジャーで投手と外野手としてプレーしたリック・アンキールも、同一シーズンに二刀流としてプレーした経験はない。
その上で、オリオールズGMの
「大谷は比類ない個人だと思います。あのような選手は、そう見られるものではありません。
とは言え、各チームはこれから選手たちを少し違った見方で見るようになると思います」
というコメントを引用。
さらに「恐らく投手、そして打者としての能力を持っている若手には、もっと機会を与えるようになるのではないかと思います。
少なくとも、これまでよりその機会は増えるはずです」という発言で、大谷効果による今後の可能性を示唆した。
記事によると、現在、大谷以外では2017年にドラフト1位でレイズに入団したブレンダン・マッカイが、一塁手兼投手のツーウェイでプレー中とのこと。
もっとも、マッカイはマイナーリーグでプレーしており、昨年はシングルAで打者として出場した36試合で、打率2割3分3厘、4本塁打、22打点を記録し、
投手としては6試合に登板し、防御率1.80、WHIP(投球回あたり与四球被安打合計数)0.750という数字を残している。
「オオタニ、マッカイ、そして、その他の若いツーウェイの選手たちがこのスポーツを変えることができるかどうかは誰にも分からない。
しかし、大谷はその技能に対する関心を大いに高めた。彼は打席でもマウンド上でも関心事なのである」。
そして今週、「レッドソックスは彼の才能に対処する方法を見つけなければならない」というのが、この記事の末尾なのであるが、
これが書かれたのは大谷が登板予定だったロイヤルズ戦が延期となる前であり、レッドソックスは打者・大谷とのみ対峙することを前提としていた。
しかし、大谷の先発が現地火曜のレッドソックス戦にずれ込んだことで(登板翌日の水曜を挟み、木曜は打者として出場する可能性が高いため)、
レッドソックスは正しく大谷の二刀流を相手に試合をすることになった。
果たして大谷は投打でレッドソックス関係者を脅かすことができるのか。
元祖ツーウェイのベーブ・ルースが投打で名を馳せたチームに、現代のベーブ・ルースが立ち向かう。

411実名攻撃大好きKITTY2018/04/19(木) 14:07:27.43ID:60ZGt67i0
果たしてツーウェイ・センセーションの大谷翔平は全米を沸かせているのか。
カル・リプケンJr.は1978年に投手としてオリオールズにドラフトされるも、プロとしては一度もマウンドに上がったことはなく、
メジャーで投手と外野手としてプレーしたリック・アンキールも、同一シーズンに二刀流としてプレーした経験はない。
その上で、オリオールズGMの
「大谷は比類ない個人だと思います。あのような選手は、そう見られるものではありません。
とは言え、各チームはこれから選手たちを少し違った見方で見るようになると思います」
というコメントを引用。
さらに「恐らく投手、そして打者としての能力を持っている若手には、もっと機会を与えるようになるのではないかと思います。
少なくとも、これまでよりその機会は増えるはずです」という発言で、大谷効果による今後の可能性を示唆した。
記事によると、現在、大谷以外では2017年にドラフト1位でレイズに入団したブレンダン・マッカイが、一塁手兼投手のツーウェイでプレー中とのこと。
もっとも、マッカイはマイナーリーグでプレーしており、昨年はシングルAで打者として出場した36試合で、打率2割3分3厘、4本塁打、22打点を記録し、
投手としては6試合に登板し、防御率1.80、WHIP(投球回あたり与四球被安打合計数)0.750という数字を残している。
「オオタニ、マッカイ、そして、その他の若いツーウェイの選手たちがこのスポーツを変えることができるかどうかは誰にも分からない。
しかし、大谷はその技能に対する関心を大いに高めた。彼は打席でもマウンド上でも関心事なのである」。
そして今週、「レッドソックスは彼の才能に対処する方法を見つけなければならない」というのが、この記事の末尾なのであるが、
これが書かれたのは大谷が登板予定だったロイヤルズ戦が延期となる前であり、レッドソックスは打者・大谷とのみ対峙することを前提としていた。
しかし、大谷の先発が現地火曜のレッドソックス戦にずれ込んだことで(登板翌日の水曜を挟み、木曜は打者として出場する可能性が高いため)、
レッドソックスは正しく大谷の二刀流を相手に試合をすることになった。
果たして大谷は投打でレッドソックス関係者を脅かすことができるのか。
元祖ツーウェイのベーブ・ルースが投打で名を馳せたチームに、現代のベーブ・ルースが立ち向かう。

412実名攻撃大好きKITTY2018/04/19(木) 14:07:42.68ID:60ZGt67i0
果たしてツーウェイ・センセーションの大谷翔平は全米を沸かせているのか。
カル・リプケンJr.は1978年に投手としてオリオールズにドラフトされるも、プロとしては一度もマウンドに上がったことはなく、
メジャーで投手と外野手としてプレーしたリック・アンキールも、同一シーズンに二刀流としてプレーした経験はない。
その上で、オリオールズGMの
「大谷は比類ない個人だと思います。あのような選手は、そう見られるものではありません。
とは言え、各チームはこれから選手たちを少し違った見方で見るようになると思います」
というコメントを引用。
さらに「恐らく投手、そして打者としての能力を持っている若手には、もっと機会を与えるようになるのではないかと思います。
少なくとも、これまでよりその機会は増えるはずです」という発言で、大谷効果による今後の可能性を示唆した。
記事によると、現在、大谷以外では2017年にドラフト1位でレイズに入団したブレンダン・マッカイが、一塁手兼投手のツーウェイでプレー中とのこと。
もっとも、マッカイはマイナーリーグでプレーしており、昨年はシングルAで打者として出場した36試合で、打率2割3分3厘、4本塁打、22打点を記録し、
投手としては6試合に登板し、防御率1.80、WHIP(投球回あたり与四球被安打合計数)0.750という数字を残している。
「オオタニ、マッカイ、そして、その他の若いツーウェイの選手たちがこのスポーツを変えることができるかどうかは誰にも分からない。
しかし、大谷はその技能に対する関心を大いに高めた。彼は打席でもマウンド上でも関心事なのである」。
そして今週、「レッドソックスは彼の才能に対処する方法を見つけなければならない」というのが、この記事の末尾なのであるが、
これが書かれたのは大谷が登板予定だったロイヤルズ戦が延期となる前であり、レッドソックスは打者・大谷とのみ対峙することを前提としていた。
しかし、大谷の先発が現地火曜のレッドソックス戦にずれ込んだことで(登板翌日の水曜を挟み、木曜は打者として出場する可能性が高いため)、
レッドソックスは正しく大谷の二刀流を相手に試合をすることになった。
果たして大谷は投打でレッドソックス関係者を脅かすことができるのか。
元祖ツーウェイのベーブ・ルースが投打で名を馳せたチームに、現代のベーブ・ルースが立ち向かう。

413実名攻撃大好きKITTY2018/04/19(木) 14:07:57.81ID:60ZGt67i0
果たしてツーウェイ・センセーションの大谷翔平は全米を沸かせているのか。
カル・リプケンJr.は1978年に投手としてオリオールズにドラフトされるも、プロとしては一度もマウンドに上がったことはなく、
メジャーで投手と外野手としてプレーしたリック・アンキールも、同一シーズンに二刀流としてプレーした経験はない。
その上で、オリオールズGMの
「大谷は比類ない個人だと思います。あのような選手は、そう見られるものではありません。
とは言え、各チームはこれから選手たちを少し違った見方で見るようになると思います」
というコメントを引用。
さらに「恐らく投手、そして打者としての能力を持っている若手には、もっと機会を与えるようになるのではないかと思います。
少なくとも、これまでよりその機会は増えるはずです」という発言で、大谷効果による今後の可能性を示唆した。
記事によると、現在、大谷以外では2017年にドラフト1位でレイズに入団したブレンダン・マッカイが、一塁手兼投手のツーウェイでプレー中とのこと。
もっとも、マッカイはマイナーリーグでプレーしており、昨年はシングルAで打者として出場した36試合で、打率2割3分3厘、4本塁打、22打点を記録し、
投手としては6試合に登板し、防御率1.80、WHIP(投球回あたり与四球被安打合計数)0.750という数字を残している。
「オオタニ、マッカイ、そして、その他の若いツーウェイの選手たちがこのスポーツを変えることができるかどうかは誰にも分からない。
しかし、大谷はその技能に対する関心を大いに高めた。彼は打席でもマウンド上でも関心事なのである」。
そして今週、「レッドソックスは彼の才能に対処する方法を見つけなければならない」というのが、この記事の末尾なのであるが、
これが書かれたのは大谷が登板予定だったロイヤルズ戦が延期となる前であり、レッドソックスは打者・大谷とのみ対峙することを前提としていた。
しかし、大谷の先発が現地火曜のレッドソックス戦にずれ込んだことで(登板翌日の水曜を挟み、木曜は打者として出場する可能性が高いため)、
レッドソックスは正しく大谷の二刀流を相手に試合をすることになった。
果たして大谷は投打でレッドソックス関係者を脅かすことができるのか。
元祖ツーウェイのベーブ・ルースが投打で名を馳せたチームに、現代のベーブ・ルースが立ち向かう。

414実名攻撃大好きKITTY2018/04/19(木) 14:08:12.95ID:60ZGt67i0
果たしてツーウェイ・センセーションの大谷翔平は全米を沸かせているのか。
カル・リプケンJr.は1978年に投手としてオリオールズにドラフトされるも、プロとしては一度もマウンドに上がったことはなく、
メジャーで投手と外野手としてプレーしたリック・アンキールも、同一シーズンに二刀流としてプレーした経験はない。
その上で、オリオールズGMの
「大谷は比類ない個人だと思います。あのような選手は、そう見られるものではありません。
とは言え、各チームはこれから選手たちを少し違った見方で見るようになると思います」
というコメントを引用。
さらに「恐らく投手、そして打者としての能力を持っている若手には、もっと機会を与えるようになるのではないかと思います。
少なくとも、これまでよりその機会は増えるはずです」という発言で、大谷効果による今後の可能性を示唆した。
記事によると、現在、大谷以外では2017年にドラフト1位でレイズに入団したブレンダン・マッカイが、一塁手兼投手のツーウェイでプレー中とのこと。
もっとも、マッカイはマイナーリーグでプレーしており、昨年はシングルAで打者として出場した36試合で、打率2割3分3厘、4本塁打、22打点を記録し、
投手としては6試合に登板し、防御率1.80、WHIP(投球回あたり与四球被安打合計数)0.750という数字を残している。
「オオタニ、マッカイ、そして、その他の若いツーウェイの選手たちがこのスポーツを変えることができるかどうかは誰にも分からない。
しかし、大谷はその技能に対する関心を大いに高めた。彼は打席でもマウンド上でも関心事なのである」。
そして今週、「レッドソックスは彼の才能に対処する方法を見つけなければならない」というのが、この記事の末尾なのであるが、
これが書かれたのは大谷が登板予定だったロイヤルズ戦が延期となる前であり、レッドソックスは打者・大谷とのみ対峙することを前提としていた。
しかし、大谷の先発が現地火曜のレッドソックス戦にずれ込んだことで(登板翌日の水曜を挟み、木曜は打者として出場する可能性が高いため)、
レッドソックスは正しく大谷の二刀流を相手に試合をすることになった。
果たして大谷は投打でレッドソックス関係者を脅かすことができるのか。
元祖ツーウェイのベーブ・ルースが投打で名を馳せたチームに、現代のベーブ・ルースが立ち向かう。

415実名攻撃大好きKITTY2018/04/19(木) 14:08:31.82ID:60ZGt67i0
.

416実名攻撃大好きKITTY2018/04/19(木) 14:08:47.70ID:60ZGt67i0
.

417実名攻撃大好きKITTY2018/04/19(木) 14:09:02.82ID:60ZGt67i0
果たしてツーウェイ・センセーションの大谷翔平は全米を沸かせているのか。
カル・リプケンJr.は1978年に投手としてオリオールズにドラフトされるも、プロとしては一度もマウンドに上がったことはなく、
メジャーで投手と外野手としてプレーしたリック・アンキールも、同一シーズンに二刀流としてプレーした経験はない。
その上で、オリオールズGMの
「大谷は比類ない個人だと思います。あのような選手は、そう見られるものではありません。
とは言え、各チームはこれから選手たちを少し違った見方で見るようになると思います」
というコメントを引用。
さらに「恐らく投手、そして打者としての能力を持っている若手には、もっと機会を与えるようになるのではないかと思います。
少なくとも、これまでよりその機会は増えるはずです」という発言で、大谷効果による今後の可能性を示唆した。
記事によると、現在、大谷以外では2017年にドラフト1位でレイズに入団したブレンダン・マッカイが、一塁手兼投手のツーウェイでプレー中とのこと。
もっとも、マッカイはマイナーリーグでプレーしており、昨年はシングルAで打者として出場した36試合で、打率2割3分3厘、4本塁打、22打点を記録し、
投手としては6試合に登板し、防御率1.80、WHIP(投球回あたり与四球被安打合計数)0.750という数字を残している。
「オオタニ、マッカイ、そして、その他の若いツーウェイの選手たちがこのスポーツを変えることができるかどうかは誰にも分からない。
しかし、大谷はその技能に対する関心を大いに高めた。彼は打席でもマウンド上でも関心事なのである」。
そして今週、「レッドソックスは彼の才能に対処する方法を見つけなければならない」というのが、この記事の末尾なのであるが、
これが書かれたのは大谷が登板予定だったロイヤルズ戦が延期となる前であり、レッドソックスは打者・大谷とのみ対峙することを前提としていた。
しかし、大谷の先発が現地火曜のレッドソックス戦にずれ込んだことで(登板翌日の水曜を挟み、木曜は打者として出場する可能性が高いため)、
レッドソックスは正しく大谷の二刀流を相手に試合をすることになった。
果たして大谷は投打でレッドソックス関係者を脅かすことができるのか。
元祖ツーウェイのベーブ・ルースが投打で名を馳せたチームに、現代のベーブ・ルースが立ち向かう。

418実名攻撃大好きKITTY2018/04/19(木) 14:09:17.90ID:60ZGt67i0
果たしてツーウェイ・センセーションの大谷翔平は全米を沸かせているのか。
カル・リプケンJr.は1978年に投手としてオリオールズにドラフトされるも、プロとしては一度もマウンドに上がったことはなく、
メジャーで投手と外野手としてプレーしたリック・アンキールも、同一シーズンに二刀流としてプレーした経験はない。
その上で、オリオールズGMの
「大谷は比類ない個人だと思います。あのような選手は、そう見られるものではありません。
とは言え、各チームはこれから選手たちを少し違った見方で見るようになると思います」
というコメントを引用。
さらに「恐らく投手、そして打者としての能力を持っている若手には、もっと機会を与えるようになるのではないかと思います。
少なくとも、これまでよりその機会は増えるはずです」という発言で、大谷効果による今後の可能性を示唆した。
記事によると、現在、大谷以外では2017年にドラフト1位でレイズに入団したブレンダン・マッカイが、一塁手兼投手のツーウェイでプレー中とのこと。
もっとも、マッカイはマイナーリーグでプレーしており、昨年はシングルAで打者として出場した36試合で、打率2割3分3厘、4本塁打、22打点を記録し、
投手としては6試合に登板し、防御率1.80、WHIP(投球回あたり与四球被安打合計数)0.750という数字を残している。
「オオタニ、マッカイ、そして、その他の若いツーウェイの選手たちがこのスポーツを変えることができるかどうかは誰にも分からない。
しかし、大谷はその技能に対する関心を大いに高めた。彼は打席でもマウンド上でも関心事なのである」。
そして今週、「レッドソックスは彼の才能に対処する方法を見つけなければならない」というのが、この記事の末尾なのであるが、
これが書かれたのは大谷が登板予定だったロイヤルズ戦が延期となる前であり、レッドソックスは打者・大谷とのみ対峙することを前提としていた。
しかし、大谷の先発が現地火曜のレッドソックス戦にずれ込んだことで(登板翌日の水曜を挟み、木曜は打者として出場する可能性が高いため)、
レッドソックスは正しく大谷の二刀流を相手に試合をすることになった。
果たして大谷は投打でレッドソックス関係者を脅かすことができるのか。
元祖ツーウェイのベーブ・ルースが投打で名を馳せたチームに、現代のベーブ・ルースが立ち向かう。

419実名攻撃大好きKITTY2018/04/19(木) 14:09:33.17ID:60ZGt67i0
果たしてツーウェイ・センセーションの大谷翔平は全米を沸かせているのか。
カル・リプケンJr.は1978年に投手としてオリオールズにドラフトされるも、プロとしては一度もマウンドに上がったことはなく、
メジャーで投手と外野手としてプレーしたリック・アンキールも、同一シーズンに二刀流としてプレーした経験はない。
その上で、オリオールズGMの
「大谷は比類ない個人だと思います。あのような選手は、そう見られるものではありません。
とは言え、各チームはこれから選手たちを少し違った見方で見るようになると思います」
というコメントを引用。
さらに「恐らく投手、そして打者としての能力を持っている若手には、もっと機会を与えるようになるのではないかと思います。
少なくとも、これまでよりその機会は増えるはずです」という発言で、大谷効果による今後の可能性を示唆した。
記事によると、現在、大谷以外では2017年にドラフト1位でレイズに入団したブレンダン・マッカイが、一塁手兼投手のツーウェイでプレー中とのこと。
もっとも、マッカイはマイナーリーグでプレーしており、昨年はシングルAで打者として出場した36試合で、打率2割3分3厘、4本塁打、22打点を記録し、
投手としては6試合に登板し、防御率1.80、WHIP(投球回あたり与四球被安打合計数)0.750という数字を残している。
「オオタニ、マッカイ、そして、その他の若いツーウェイの選手たちがこのスポーツを変えることができるかどうかは誰にも分からない。
しかし、大谷はその技能に対する関心を大いに高めた。彼は打席でもマウンド上でも関心事なのである」。
そして今週、「レッドソックスは彼の才能に対処する方法を見つけなければならない」というのが、この記事の末尾なのであるが、
これが書かれたのは大谷が登板予定だったロイヤルズ戦が延期となる前であり、レッドソックスは打者・大谷とのみ対峙することを前提としていた。
しかし、大谷の先発が現地火曜のレッドソックス戦にずれ込んだことで(登板翌日の水曜を挟み、木曜は打者として出場する可能性が高いため)、
レッドソックスは正しく大谷の二刀流を相手に試合をすることになった。
果たして大谷は投打でレッドソックス関係者を脅かすことができるのか。
元祖ツーウェイのベーブ・ルースが投打で名を馳せたチームに、現代のベーブ・ルースが立ち向かう。

420実名攻撃大好きKITTY2018/04/19(木) 14:09:48.35ID:60ZGt67i0
果たしてツーウェイ・センセーションの大谷翔平は全米を沸かせているのか。
カル・リプケンJr.は1978年に投手としてオリオールズにドラフトされるも、プロとしては一度もマウンドに上がったことはなく、
メジャーで投手と外野手としてプレーしたリック・アンキールも、同一シーズンに二刀流としてプレーした経験はない。
その上で、オリオールズGMの
「大谷は比類ない個人だと思います。あのような選手は、そう見られるものではありません。
とは言え、各チームはこれから選手たちを少し違った見方で見るようになると思います」
というコメントを引用。
さらに「恐らく投手、そして打者としての能力を持っている若手には、もっと機会を与えるようになるのではないかと思います。
少なくとも、これまでよりその機会は増えるはずです」という発言で、大谷効果による今後の可能性を示唆した。
記事によると、現在、大谷以外では2017年にドラフト1位でレイズに入団したブレンダン・マッカイが、一塁手兼投手のツーウェイでプレー中とのこと。
もっとも、マッカイはマイナーリーグでプレーしており、昨年はシングルAで打者として出場した36試合で、打率2割3分3厘、4本塁打、22打点を記録し、
投手としては6試合に登板し、防御率1.80、WHIP(投球回あたり与四球被安打合計数)0.750という数字を残している。
「オオタニ、マッカイ、そして、その他の若いツーウェイの選手たちがこのスポーツを変えることができるかどうかは誰にも分からない。
しかし、大谷はその技能に対する関心を大いに高めた。彼は打席でもマウンド上でも関心事なのである」。
そして今週、「レッドソックスは彼の才能に対処する方法を見つけなければならない」というのが、この記事の末尾なのであるが、
これが書かれたのは大谷が登板予定だったロイヤルズ戦が延期となる前であり、レッドソックスは打者・大谷とのみ対峙することを前提としていた。
しかし、大谷の先発が現地火曜のレッドソックス戦にずれ込んだことで(登板翌日の水曜を挟み、木曜は打者として出場する可能性が高いため)、
レッドソックスは正しく大谷の二刀流を相手に試合をすることになった。
果たして大谷は投打でレッドソックス関係者を脅かすことができるのか。
元祖ツーウェイのベーブ・ルースが投打で名を馳せたチームに、現代のベーブ・ルースが立ち向かう。

421実名攻撃大好きKITTY2018/04/19(木) 14:10:03.52ID:60ZGt67i0
果たしてツーウェイ・センセーションの大谷翔平は全米を沸かせているのか。
カル・リプケンJr.は1978年に投手としてオリオールズにドラフトされるも、プロとしては一度もマウンドに上がったことはなく、
メジャーで投手と外野手としてプレーしたリック・アンキールも、同一シーズンに二刀流としてプレーした経験はない。
その上で、オリオールズGMの
「大谷は比類ない個人だと思います。あのような選手は、そう見られるものではありません。
とは言え、各チームはこれから選手たちを少し違った見方で見るようになると思います」
というコメントを引用。
さらに「恐らく投手、そして打者としての能力を持っている若手には、もっと機会を与えるようになるのではないかと思います。
少なくとも、これまでよりその機会は増えるはずです」という発言で、大谷効果による今後の可能性を示唆した。
記事によると、現在、大谷以外では2017年にドラフト1位でレイズに入団したブレンダン・マッカイが、一塁手兼投手のツーウェイでプレー中とのこと。
もっとも、マッカイはマイナーリーグでプレーしており、昨年はシングルAで打者として出場した36試合で、打率2割3分3厘、4本塁打、22打点を記録し、
投手としては6試合に登板し、防御率1.80、WHIP(投球回あたり与四球被安打合計数)0.750という数字を残している。
「オオタニ、マッカイ、そして、その他の若いツーウェイの選手たちがこのスポーツを変えることができるかどうかは誰にも分からない。
しかし、大谷はその技能に対する関心を大いに高めた。彼は打席でもマウンド上でも関心事なのである」。
そして今週、「レッドソックスは彼の才能に対処する方法を見つけなければならない」というのが、この記事の末尾なのであるが、
これが書かれたのは大谷が登板予定だったロイヤルズ戦が延期となる前であり、レッドソックスは打者・大谷とのみ対峙することを前提としていた。
しかし、大谷の先発が現地火曜のレッドソックス戦にずれ込んだことで(登板翌日の水曜を挟み、木曜は打者として出場する可能性が高いため)、
レッドソックスは正しく大谷の二刀流を相手に試合をすることになった。
果たして大谷は投打でレッドソックス関係者を脅かすことができるのか。
元祖ツーウェイのベーブ・ルースが投打で名を馳せたチームに、現代のベーブ・ルースが立ち向かう。

422実名攻撃大好きKITTY2018/04/19(木) 14:10:18.71ID:60ZGt67i0
果たしてツーウェイ・センセーションの大谷翔平は全米を沸かせているのか。
カル・リプケンJr.は1978年に投手としてオリオールズにドラフトされるも、プロとしては一度もマウンドに上がったことはなく、
メジャーで投手と外野手としてプレーしたリック・アンキールも、同一シーズンに二刀流としてプレーした経験はない。
その上で、オリオールズGMの
「大谷は比類ない個人だと思います。あのような選手は、そう見られるものではありません。
とは言え、各チームはこれから選手たちを少し違った見方で見るようになると思います」
というコメントを引用。
さらに「恐らく投手、そして打者としての能力を持っている若手には、もっと機会を与えるようになるのではないかと思います。
少なくとも、これまでよりその機会は増えるはずです」という発言で、大谷効果による今後の可能性を示唆した。
記事によると、現在、大谷以外では2017年にドラフト1位でレイズに入団したブレンダン・マッカイが、一塁手兼投手のツーウェイでプレー中とのこと。
もっとも、マッカイはマイナーリーグでプレーしており、昨年はシングルAで打者として出場した36試合で、打率2割3分3厘、4本塁打、22打点を記録し、
投手としては6試合に登板し、防御率1.80、WHIP(投球回あたり与四球被安打合計数)0.750という数字を残している。
「オオタニ、マッカイ、そして、その他の若いツーウェイの選手たちがこのスポーツを変えることができるかどうかは誰にも分からない。
しかし、大谷はその技能に対する関心を大いに高めた。彼は打席でもマウンド上でも関心事なのである」。
そして今週、「レッドソックスは彼の才能に対処する方法を見つけなければならない」というのが、この記事の末尾なのであるが、
これが書かれたのは大谷が登板予定だったロイヤルズ戦が延期となる前であり、レッドソックスは打者・大谷とのみ対峙することを前提としていた。
しかし、大谷の先発が現地火曜のレッドソックス戦にずれ込んだことで(登板翌日の水曜を挟み、木曜は打者として出場する可能性が高いため)、
レッドソックスは正しく大谷の二刀流を相手に試合をすることになった。
果たして大谷は投打でレッドソックス関係者を脅かすことができるのか。
元祖ツーウェイのベーブ・ルースが投打で名を馳せたチームに、現代のベーブ・ルースが立ち向かう。

423実名攻撃大好きKITTY2018/04/19(木) 14:10:34.18ID:60ZGt67i0
.

424実名攻撃大好きKITTY2018/04/19(木) 14:10:49.29ID:60ZGt67i0
.

425実名攻撃大好きKITTY2018/04/19(木) 14:11:04.50ID:60ZGt67i0
果たしてツーウェイ・センセーションの大谷翔平は全米を沸かせているのか。
カル・リプケンJr.は1978年に投手としてオリオールズにドラフトされるも、プロとしては一度もマウンドに上がったことはなく、
メジャーで投手と外野手としてプレーしたリック・アンキールも、同一シーズンに二刀流としてプレーした経験はない。
その上で、オリオールズGMの
「大谷は比類ない個人だと思います。あのような選手は、そう見られるものではありません。
とは言え、各チームはこれから選手たちを少し違った見方で見るようになると思います」
というコメントを引用。
さらに「恐らく投手、そして打者としての能力を持っている若手には、もっと機会を与えるようになるのではないかと思います。
少なくとも、これまでよりその機会は増えるはずです」という発言で、大谷効果による今後の可能性を示唆した。
記事によると、現在、大谷以外では2017年にドラフト1位でレイズに入団したブレンダン・マッカイが、一塁手兼投手のツーウェイでプレー中とのこと。
もっとも、マッカイはマイナーリーグでプレーしており、昨年はシングルAで打者として出場した36試合で、打率2割3分3厘、4本塁打、22打点を記録し、
投手としては6試合に登板し、防御率1.80、WHIP(投球回あたり与四球被安打合計数)0.750という数字を残している。
「オオタニ、マッカイ、そして、その他の若いツーウェイの選手たちがこのスポーツを変えることができるかどうかは誰にも分からない。
しかし、大谷はその技能に対する関心を大いに高めた。彼は打席でもマウンド上でも関心事なのである」。
そして今週、「レッドソックスは彼の才能に対処する方法を見つけなければならない」というのが、この記事の末尾なのであるが、
これが書かれたのは大谷が登板予定だったロイヤルズ戦が延期となる前であり、レッドソックスは打者・大谷とのみ対峙することを前提としていた。
しかし、大谷の先発が現地火曜のレッドソックス戦にずれ込んだことで(登板翌日の水曜を挟み、木曜は打者として出場する可能性が高いため)、
レッドソックスは正しく大谷の二刀流を相手に試合をすることになった。
果たして大谷は投打でレッドソックス関係者を脅かすことができるのか。
元祖ツーウェイのベーブ・ルースが投打で名を馳せたチームに、現代のベーブ・ルースが立ち向かう。

426実名攻撃大好きKITTY2018/04/19(木) 14:11:19.73ID:60ZGt67i0
果たしてツーウェイ・センセーションの大谷翔平は全米を沸かせているのか。
カル・リプケンJr.は1978年に投手としてオリオールズにドラフトされるも、プロとしては一度もマウンドに上がったことはなく、
メジャーで投手と外野手としてプレーしたリック・アンキールも、同一シーズンに二刀流としてプレーした経験はない。
その上で、オリオールズGMの
「大谷は比類ない個人だと思います。あのような選手は、そう見られるものではありません。
とは言え、各チームはこれから選手たちを少し違った見方で見るようになると思います」
というコメントを引用。
さらに「恐らく投手、そして打者としての能力を持っている若手には、もっと機会を与えるようになるのではないかと思います。
少なくとも、これまでよりその機会は増えるはずです」という発言で、大谷効果による今後の可能性を示唆した。
記事によると、現在、大谷以外では2017年にドラフト1位でレイズに入団したブレンダン・マッカイが、一塁手兼投手のツーウェイでプレー中とのこと。
もっとも、マッカイはマイナーリーグでプレーしており、昨年はシングルAで打者として出場した36試合で、打率2割3分3厘、4本塁打、22打点を記録し、
投手としては6試合に登板し、防御率1.80、WHIP(投球回あたり与四球被安打合計数)0.750という数字を残している。
「オオタニ、マッカイ、そして、その他の若いツーウェイの選手たちがこのスポーツを変えることができるかどうかは誰にも分からない。
しかし、大谷はその技能に対する関心を大いに高めた。彼は打席でもマウンド上でも関心事なのである」。
そして今週、「レッドソックスは彼の才能に対処する方法を見つけなければならない」というのが、この記事の末尾なのであるが、
これが書かれたのは大谷が登板予定だったロイヤルズ戦が延期となる前であり、レッドソックスは打者・大谷とのみ対峙することを前提としていた。
しかし、大谷の先発が現地火曜のレッドソックス戦にずれ込んだことで(登板翌日の水曜を挟み、木曜は打者として出場する可能性が高いため)、
レッドソックスは正しく大谷の二刀流を相手に試合をすることになった。
果たして大谷は投打でレッドソックス関係者を脅かすことができるのか。
元祖ツーウェイのベーブ・ルースが投打で名を馳せたチームに、現代のベーブ・ルースが立ち向かう。

427実名攻撃大好きKITTY2018/04/19(木) 14:11:34.92ID:60ZGt67i0
果たしてツーウェイ・センセーションの大谷翔平は全米を沸かせているのか。
カル・リプケンJr.は1978年に投手としてオリオールズにドラフトされるも、プロとしては一度もマウンドに上がったことはなく、
メジャーで投手と外野手としてプレーしたリック・アンキールも、同一シーズンに二刀流としてプレーした経験はない。
その上で、オリオールズGMの
「大谷は比類ない個人だと思います。あのような選手は、そう見られるものではありません。
とは言え、各チームはこれから選手たちを少し違った見方で見るようになると思います」
というコメントを引用。
さらに「恐らく投手、そして打者としての能力を持っている若手には、もっと機会を与えるようになるのではないかと思います。
少なくとも、これまでよりその機会は増えるはずです」という発言で、大谷効果による今後の可能性を示唆した。
記事によると、現在、大谷以外では2017年にドラフト1位でレイズに入団したブレンダン・マッカイが、一塁手兼投手のツーウェイでプレー中とのこと。
もっとも、マッカイはマイナーリーグでプレーしており、昨年はシングルAで打者として出場した36試合で、打率2割3分3厘、4本塁打、22打点を記録し、
投手としては6試合に登板し、防御率1.80、WHIP(投球回あたり与四球被安打合計数)0.750という数字を残している。
「オオタニ、マッカイ、そして、その他の若いツーウェイの選手たちがこのスポーツを変えることができるかどうかは誰にも分からない。
しかし、大谷はその技能に対する関心を大いに高めた。彼は打席でもマウンド上でも関心事なのである」。
そして今週、「レッドソックスは彼の才能に対処する方法を見つけなければならない」というのが、この記事の末尾なのであるが、
これが書かれたのは大谷が登板予定だったロイヤルズ戦が延期となる前であり、レッドソックスは打者・大谷とのみ対峙することを前提としていた。
しかし、大谷の先発が現地火曜のレッドソックス戦にずれ込んだことで(登板翌日の水曜を挟み、木曜は打者として出場する可能性が高いため)、
レッドソックスは正しく大谷の二刀流を相手に試合をすることになった。
果たして大谷は投打でレッドソックス関係者を脅かすことができるのか。
元祖ツーウェイのベーブ・ルースが投打で名を馳せたチームに、現代のベーブ・ルースが立ち向かう。

428実名攻撃大好きKITTY2018/04/19(木) 14:11:50.03ID:60ZGt67i0
果たしてツーウェイ・センセーションの大谷翔平は全米を沸かせているのか。
カル・リプケンJr.は1978年に投手としてオリオールズにドラフトされるも、プロとしては一度もマウンドに上がったことはなく、
メジャーで投手と外野手としてプレーしたリック・アンキールも、同一シーズンに二刀流としてプレーした経験はない。
その上で、オリオールズGMの
「大谷は比類ない個人だと思います。あのような選手は、そう見られるものではありません。
とは言え、各チームはこれから選手たちを少し違った見方で見るようになると思います」
というコメントを引用。
さらに「恐らく投手、そして打者としての能力を持っている若手には、もっと機会を与えるようになるのではないかと思います。
少なくとも、これまでよりその機会は増えるはずです」という発言で、大谷効果による今後の可能性を示唆した。
記事によると、現在、大谷以外では2017年にドラフト1位でレイズに入団したブレンダン・マッカイが、一塁手兼投手のツーウェイでプレー中とのこと。
もっとも、マッカイはマイナーリーグでプレーしており、昨年はシングルAで打者として出場した36試合で、打率2割3分3厘、4本塁打、22打点を記録し、
投手としては6試合に登板し、防御率1.80、WHIP(投球回あたり与四球被安打合計数)0.750という数字を残している。
「オオタニ、マッカイ、そして、その他の若いツーウェイの選手たちがこのスポーツを変えることができるかどうかは誰にも分からない。
しかし、大谷はその技能に対する関心を大いに高めた。彼は打席でもマウンド上でも関心事なのである」。
そして今週、「レッドソックスは彼の才能に対処する方法を見つけなければならない」というのが、この記事の末尾なのであるが、
これが書かれたのは大谷が登板予定だったロイヤルズ戦が延期となる前であり、レッドソックスは打者・大谷とのみ対峙することを前提としていた。
しかし、大谷の先発が現地火曜のレッドソックス戦にずれ込んだことで(登板翌日の水曜を挟み、木曜は打者として出場する可能性が高いため)、
レッドソックスは正しく大谷の二刀流を相手に試合をすることになった。
果たして大谷は投打でレッドソックス関係者を脅かすことができるのか。
元祖ツーウェイのベーブ・ルースが投打で名を馳せたチームに、現代のベーブ・ルースが立ち向かう。

429実名攻撃大好きKITTY2018/04/19(木) 14:12:23.24ID:60ZGt67i0
.

430実名攻撃大好きKITTY2018/04/19(木) 14:12:38.33ID:60ZGt67i0
.

431実名攻撃大好きKITTY2018/04/19(木) 14:12:53.57ID:60ZGt67i0
.

432実名攻撃大好きKITTY2018/04/19(木) 14:13:08.92ID:60ZGt67i0
果たしてツーウェイ・センセーションの大谷翔平は全米を沸かせているのか。
カル・リプケンJr.は1978年に投手としてオリオールズにドラフトされるも、プロとしては一度もマウンドに上がったことはなく、
メジャーで投手と外野手としてプレーしたリック・アンキールも、同一シーズンに二刀流としてプレーした経験はない。
その上で、オリオールズGMの
「大谷は比類ない個人だと思います。あのような選手は、そう見られるものではありません。
とは言え、各チームはこれから選手たちを少し違った見方で見るようになると思います」
というコメントを引用。
さらに「恐らく投手、そして打者としての能力を持っている若手には、もっと機会を与えるようになるのではないかと思います。
少なくとも、これまでよりその機会は増えるはずです」という発言で、大谷効果による今後の可能性を示唆した。
記事によると、現在、大谷以外では2017年にドラフト1位でレイズに入団したブレンダン・マッカイが、一塁手兼投手のツーウェイでプレー中とのこと。
もっとも、マッカイはマイナーリーグでプレーしており、昨年はシングルAで打者として出場した36試合で、打率2割3分3厘、4本塁打、22打点を記録し、
投手としては6試合に登板し、防御率1.80、WHIP(投球回あたり与四球被安打合計数)0.750という数字を残している。
「オオタニ、マッカイ、そして、その他の若いツーウェイの選手たちがこのスポーツを変えることができるかどうかは誰にも分からない。
しかし、大谷はその技能に対する関心を大いに高めた。彼は打席でもマウンド上でも関心事なのである」。
そして今週、「レッドソックスは彼の才能に対処する方法を見つけなければならない」というのが、この記事の末尾なのであるが、
これが書かれたのは大谷が登板予定だったロイヤルズ戦が延期となる前であり、レッドソックスは打者・大谷とのみ対峙することを前提としていた。
しかし、大谷の先発が現地火曜のレッドソックス戦にずれ込んだことで(登板翌日の水曜を挟み、木曜は打者として出場する可能性が高いため)、
レッドソックスは正しく大谷の二刀流を相手に試合をすることになった。
果たして大谷は投打でレッドソックス関係者を脅かすことができるのか。
元祖ツーウェイのベーブ・ルースが投打で名を馳せたチームに、現代のベーブ・ルースが立ち向かう。

433実名攻撃大好きKITTY2018/04/19(木) 14:13:24.17ID:60ZGt67i0
果たしてツーウェイ・センセーションの大谷翔平は全米を沸かせているのか。
カル・リプケンJr.は1978年に投手としてオリオールズにドラフトされるも、プロとしては一度もマウンドに上がったことはなく、
メジャーで投手と外野手としてプレーしたリック・アンキールも、同一シーズンに二刀流としてプレーした経験はない。
その上で、オリオールズGMの
「大谷は比類ない個人だと思います。あのような選手は、そう見られるものではありません。
とは言え、各チームはこれから選手たちを少し違った見方で見るようになると思います」
というコメントを引用。
さらに「恐らく投手、そして打者としての能力を持っている若手には、もっと機会を与えるようになるのではないかと思います。
少なくとも、これまでよりその機会は増えるはずです」という発言で、大谷効果による今後の可能性を示唆した。
記事によると、現在、大谷以外では2017年にドラフト1位でレイズに入団したブレンダン・マッカイが、一塁手兼投手のツーウェイでプレー中とのこと。
もっとも、マッカイはマイナーリーグでプレーしており、昨年はシングルAで打者として出場した36試合で、打率2割3分3厘、4本塁打、22打点を記録し、
投手としては6試合に登板し、防御率1.80、WHIP(投球回あたり与四球被安打合計数)0.750という数字を残している。
「オオタニ、マッカイ、そして、その他の若いツーウェイの選手たちがこのスポーツを変えることができるかどうかは誰にも分からない。
しかし、大谷はその技能に対する関心を大いに高めた。彼は打席でもマウンド上でも関心事なのである」。
そして今週、「レッドソックスは彼の才能に対処する方法を見つけなければならない」というのが、この記事の末尾なのであるが、
これが書かれたのは大谷が登板予定だったロイヤルズ戦が延期となる前であり、レッドソックスは打者・大谷とのみ対峙することを前提としていた。
しかし、大谷の先発が現地火曜のレッドソックス戦にずれ込んだことで(登板翌日の水曜を挟み、木曜は打者として出場する可能性が高いため)、
レッドソックスは正しく大谷の二刀流を相手に試合をすることになった。
果たして大谷は投打でレッドソックス関係者を脅かすことができるのか。
元祖ツーウェイのベーブ・ルースが投打で名を馳せたチームに、現代のベーブ・ルースが立ち向かう。

434実名攻撃大好きKITTY2018/04/19(木) 14:13:39.47ID:60ZGt67i0
.

435実名攻撃大好きKITTY2018/04/19(木) 14:13:54.65ID:60ZGt67i0
.

436実名攻撃大好きKITTY2018/04/19(木) 14:14:10.49ID:60ZGt67i0
.

437実名攻撃大好きKITTY2018/04/19(木) 14:14:25.53ID:60ZGt67i0
.

438実名攻撃大好きKITTY2018/04/19(木) 14:14:40.76ID:60ZGt67i0
.

439実名攻撃大好きKITTY2018/04/19(木) 14:14:56.00ID:60ZGt67i0
.

440実名攻撃大好きKITTY2018/04/19(木) 14:15:11.40ID:60ZGt67i0
.

441実名攻撃大好きKITTY2018/04/19(木) 14:15:26.78ID:60ZGt67i0
.

442実名攻撃大好きKITTY2018/04/19(木) 14:15:44.96ID:60ZGt67i0
.

443実名攻撃大好きKITTY2018/04/19(木) 14:17:07.40ID:60ZGt67i0
.

444実名攻撃大好きKITTY2018/04/19(木) 14:17:37.96ID:60ZGt67i0
                  ______,,,,,,,,,,,,,,,,______
             ,,,,:::::::゙゙゙゙、-‐‐-、::::::::-‐‐-、゙゙゙゙::::::,,,,
           ,,::"::::::::::::::/    ヽ/    ヽ:::::::::::::"::,,
          /::::::::::::::::;;;;l    ●|●    l;;;;::::::::::::::::\
        /:::::::::::: ''"   ヽ.   ,.-‐-、   ノ  "'' ::::::::::::\
       /::::::::::/  ー-、,,,_   ̄´l::::::::::::l` ̄  _,,,、-‐ \:::::::::ヽ
       i':::::,、-‐-、.     `'''‐- `‐-‐' -‐'''´    ,.-‐-、::::::::i,
       i'::::/      ──-----  |  -----──     ヽ:::::::i,
      i':::::{.     -----‐‐‐‐‐  │  ‐‐‐‐‐-----    }::::::::i
     .|:::::i ヽ.,         _____,,,,,,,,|,,,,,,,_____         ,ノ i:::::::|
     .|::::|   `'t‐----‐''''''´         `''''''‐---‐t''´  |::::::i
      i::::i    i                      i    i:::::i'
      .'i:::i    i                      i    i::::i'
  , -‐‐- 、::i,    ヽ.                     /   /::i'
 /     ヽi,    ヽ   /゙゙゙゙゙゙゙"'‐--‐'"゙゙゙゙゙\  /    /:i'
 {      } ヽ     \ /             i/    ./'´
 ヽ     ノ:::::::\     `''‐-、,,,,,,,,,_______,,,,,,,、-‐'´    /
  `'''''''''t":::::::::::::::::\,,,,__               __,,,,,/
       \::::::::::::::/;,,,,,,,,"""'''''''''''''ゝ‐-、''''''''''''''""",,,,,,,},,,,,,,,____, -‐- 、
        \::::::/:::::::::::"""'''''''''''''{===}'''''''''''''"""::::::::::::::::::::/     ヽ

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています