恭誠社その5 [無断転載禁止]©2ch.net

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています
1氏名トルツメ2017/07/26(水) 21:59:03.93
5です

315氏名トルツメ2018/08/25(土) 18:59:18.92
甲子園、100回目の夏...
その長き歴史を語り継いでいく中で、松坂大輔が出現した「1998年」を欠くわけにはいかない。
1998年夏の甲子園。
中田は、松坂が伝説を築いていくその瞬間を、目の当たりにしてきた。
「その内容もすごいよね。PL学園の試合は延長17回でしょ。
明徳義塾にはサヨナラ勝ち、最後は決勝でノーヒットノーラン。
それも、3日連続でしょ。もう、体力も桁外れだね」
それでも、甲子園での活躍ぶりとスター性に、球団内部からドラフト直前になって「松坂1位はどうだ?」と打診されたという。
中田は「無理です」と突っぱねたというが、その評価は「すごかったよ」と笑いながら明かしてくれた。
その逸材が、巡り巡って、あの夏から20年がたった今、中日へやって来た。
球速はない。理想のフォームでもない。
それでも「俗に言う経験、余力もあるよね。粘りというのかな。
勝てない人って、諦めるのよ。でも、松坂は勝ち切るでしょ?
今の自分の投球を、調子が悪くても、全うできるからね。それがたいしたもんなんですよ」
★もう一人、松坂のあの夏を見届けたスカウトの一人、
小川は現在、ソフトバンクの2軍監督を務めている。
九州はもちろん、全国に張り巡らせた独自の情報網から、
育成からWBC日本代表にまで成長した千賀、
身長170センチの小柄な捕手を他球団が敬遠する中、
育成で獲得し、いまやその強肩でレギュラーとなった甲斐ら、
原石ともいえる素材を発掘してきた小川の優れた目は、強いホークスの土台を築いたともいえる。
その小川は1998年当時、九州担当のスカウトを務めていた。
「その年、九州の高校生にいい選手が揃っていたんですよ。
だから、今年は忙しくなるなあ、と思ってところだったんです」
神宮で松坂が投げたのを見た瞬間、ネット裏の小川は
「ホントに、ビックリした」と、今でもその瞬間に受けた心の衝撃が忘れられないという。
「これは、評価をすべてやり直さないといけない。化け物だな。ホントに思ったよ」
先に挙げた選手でも、後にプロの一線級で活躍している。
その並み居る逸材たちと比べても、松坂の力は抜きん出ていた。
松坂が甲子園を席巻した20年前の夏には、まだ生まれていなかった球児たちが100回目の甲子園を彩っている2018年。
松坂の輝きは、今もなお、色あせることはない。

316氏名トルツメ2018/08/25(土) 18:59:34.26
甲子園、100回目の夏...
その長き歴史を語り継いでいく中で、松坂大輔が出現した「1998年」を欠くわけにはいかない。
1998年夏の甲子園。
中田は、松坂が伝説を築いていくその瞬間を、目の当たりにしてきた。
「その内容もすごいよね。PL学園の試合は延長17回でしょ。
明徳義塾にはサヨナラ勝ち、最後は決勝でノーヒットノーラン。
それも、3日連続でしょ。もう、体力も桁外れだね」
それでも、甲子園での活躍ぶりとスター性に、球団内部からドラフト直前になって「松坂1位はどうだ?」と打診されたという。
中田は「無理です」と突っぱねたというが、その評価は「すごかったよ」と笑いながら明かしてくれた。
その逸材が、巡り巡って、あの夏から20年がたった今、中日へやって来た。
球速はない。理想のフォームでもない。
それでも「俗に言う経験、余力もあるよね。粘りというのかな。
勝てない人って、諦めるのよ。でも、松坂は勝ち切るでしょ?
今の自分の投球を、調子が悪くても、全うできるからね。それがたいしたもんなんですよ」

317氏名トルツメ2018/08/25(土) 18:59:37.39
甲子園、100回目の夏...
その長き歴史を語り継いでいく中で、松坂大輔が出現した「1998年」を欠くわけにはいかない。
1998年夏の甲子園。
中田は、松坂が伝説を築いていくその瞬間を、目の当たりにしてきた。
「その内容もすごいよね。PL学園の試合は延長17回でしょ。
明徳義塾にはサヨナラ勝ち、最後は決勝でノーヒットノーラン。
それも、3日連続でしょ。もう、体力も桁外れだね」
それでも、甲子園での活躍ぶりとスター性に、球団内部からドラフト直前になって「松坂1位はどうだ?」と打診されたという。
中田は「無理です」と突っぱねたというが、その評価は「すごかったよ」と笑いながら明かしてくれた。
その逸材が、巡り巡って、あの夏から20年がたった今、中日へやって来た。
球速はない。理想のフォームでもない。
それでも「俗に言う経験、余力もあるよね。粘りというのかな。
勝てない人って、諦めるのよ。でも、松坂は勝ち切るでしょ?
今の自分の投球を、調子が悪くても、全うできるからね。それがたいしたもんなんですよ」
★もう一人、松坂のあの夏を見届けたスカウトの一人、
小川は現在、ソフトバンクの2軍監督を務めている。
九州はもちろん、全国に張り巡らせた独自の情報網から、
育成からWBC日本代表にまで成長した千賀、
身長170センチの小柄な捕手を他球団が敬遠する中、
育成で獲得し、いまやその強肩でレギュラーとなった甲斐ら、
原石ともいえる素材を発掘してきた小川の優れた目は、強いホークスの土台を築いたともいえる。
その小川は1998年当時、九州担当のスカウトを務めていた。
「その年、九州の高校生にいい選手が揃っていたんですよ。
だから、今年は忙しくなるなあ、と思ってところだったんです」
神宮で松坂が投げたのを見た瞬間、ネット裏の小川は
「ホントに、ビックリした」と、今でもその瞬間に受けた心の衝撃が忘れられないという。
「これは、評価をすべてやり直さないといけない。化け物だな。ホントに思ったよ」
先に挙げた選手でも、後にプロの一線級で活躍している。
その並み居る逸材たちと比べても、松坂の力は抜きん出ていた。
松坂が甲子園を席巻した20年前の夏には、まだ生まれていなかった球児たちが100回目の甲子園を彩っている2018年。
松坂の輝きは、今もなお、色あせることはない。

318氏名トルツメ2018/08/25(土) 18:59:52.60
甲子園、100回目の夏...
その長き歴史を語り継いでいく中で、松坂大輔が出現した「1998年」を欠くわけにはいかない。
1998年夏の甲子園。
中田は、松坂が伝説を築いていくその瞬間を、目の当たりにしてきた。
「その内容もすごいよね。PL学園の試合は延長17回でしょ。
明徳義塾にはサヨナラ勝ち、最後は決勝でノーヒットノーラン。
それも、3日連続でしょ。もう、体力も桁外れだね」
それでも、甲子園での活躍ぶりとスター性に、球団内部からドラフト直前になって「松坂1位はどうだ?」と打診されたという。
中田は「無理です」と突っぱねたというが、その評価は「すごかったよ」と笑いながら明かしてくれた。
その逸材が、巡り巡って、あの夏から20年がたった今、中日へやって来た。
球速はない。理想のフォームでもない。
それでも「俗に言う経験、余力もあるよね。粘りというのかな。
勝てない人って、諦めるのよ。でも、松坂は勝ち切るでしょ?
今の自分の投球を、調子が悪くても、全うできるからね。それがたいしたもんなんですよ」

319氏名トルツメ2018/08/25(土) 18:59:56.00
甲子園、100回目の夏...
その長き歴史を語り継いでいく中で、松坂大輔が出現した「1998年」を欠くわけにはいかない。
1998年夏の甲子園。
中田は、松坂が伝説を築いていくその瞬間を、目の当たりにしてきた。
「その内容もすごいよね。PL学園の試合は延長17回でしょ。
明徳義塾にはサヨナラ勝ち、最後は決勝でノーヒットノーラン。
それも、3日連続でしょ。もう、体力も桁外れだね」
それでも、甲子園での活躍ぶりとスター性に、球団内部からドラフト直前になって「松坂1位はどうだ?」と打診されたという。
中田は「無理です」と突っぱねたというが、その評価は「すごかったよ」と笑いながら明かしてくれた。
その逸材が、巡り巡って、あの夏から20年がたった今、中日へやって来た。
球速はない。理想のフォームでもない。
それでも「俗に言う経験、余力もあるよね。粘りというのかな。
勝てない人って、諦めるのよ。でも、松坂は勝ち切るでしょ?
今の自分の投球を、調子が悪くても、全うできるからね。それがたいしたもんなんですよ」
★もう一人、松坂のあの夏を見届けたスカウトの一人、
小川は現在、ソフトバンクの2軍監督を務めている。
九州はもちろん、全国に張り巡らせた独自の情報網から、
育成からWBC日本代表にまで成長した千賀、
身長170センチの小柄な捕手を他球団が敬遠する中、
育成で獲得し、いまやその強肩でレギュラーとなった甲斐ら、
原石ともいえる素材を発掘してきた小川の優れた目は、強いホークスの土台を築いたともいえる。
その小川は1998年当時、九州担当のスカウトを務めていた。
「その年、九州の高校生にいい選手が揃っていたんですよ。
だから、今年は忙しくなるなあ、と思ってところだったんです」
神宮で松坂が投げたのを見た瞬間、ネット裏の小川は
「ホントに、ビックリした」と、今でもその瞬間に受けた心の衝撃が忘れられないという。
「これは、評価をすべてやり直さないといけない。化け物だな。ホントに思ったよ」
先に挙げた選手でも、後にプロの一線級で活躍している。
その並み居る逸材たちと比べても、松坂の力は抜きん出ていた。
松坂が甲子園を席巻した20年前の夏には、まだ生まれていなかった球児たちが100回目の甲子園を彩っている2018年。
松坂の輝きは、今もなお、色あせることはない。

320氏名トルツメ2018/08/25(土) 19:00:11.27
甲子園、100回目の夏...
その長き歴史を語り継いでいく中で、松坂大輔が出現した「1998年」を欠くわけにはいかない。
1998年夏の甲子園。
中田は、松坂が伝説を築いていくその瞬間を、目の当たりにしてきた。
「その内容もすごいよね。PL学園の試合は延長17回でしょ。
明徳義塾にはサヨナラ勝ち、最後は決勝でノーヒットノーラン。
それも、3日連続でしょ。もう、体力も桁外れだね」
それでも、甲子園での活躍ぶりとスター性に、球団内部からドラフト直前になって「松坂1位はどうだ?」と打診されたという。
中田は「無理です」と突っぱねたというが、その評価は「すごかったよ」と笑いながら明かしてくれた。
その逸材が、巡り巡って、あの夏から20年がたった今、中日へやって来た。
球速はない。理想のフォームでもない。
それでも「俗に言う経験、余力もあるよね。粘りというのかな。
勝てない人って、諦めるのよ。でも、松坂は勝ち切るでしょ?
今の自分の投球を、調子が悪くても、全うできるからね。それがたいしたもんなんですよ」

321氏名トルツメ2018/08/25(土) 19:00:18.64
甲子園、100回目の夏...
その長き歴史を語り継いでいく中で、松坂大輔が出現した「1998年」を欠くわけにはいかない。
1998年夏の甲子園。
中田は、松坂が伝説を築いていくその瞬間を、目の当たりにしてきた。
「その内容もすごいよね。PL学園の試合は延長17回でしょ。
明徳義塾にはサヨナラ勝ち、最後は決勝でノーヒットノーラン。
それも、3日連続でしょ。もう、体力も桁外れだね」
それでも、甲子園での活躍ぶりとスター性に、球団内部からドラフト直前になって「松坂1位はどうだ?」と打診されたという。
中田は「無理です」と突っぱねたというが、その評価は「すごかったよ」と笑いながら明かしてくれた。
その逸材が、巡り巡って、あの夏から20年がたった今、中日へやって来た。
球速はない。理想のフォームでもない。
それでも「俗に言う経験、余力もあるよね。粘りというのかな。
勝てない人って、諦めるのよ。でも、松坂は勝ち切るでしょ?
今の自分の投球を、調子が悪くても、全うできるからね。それがたいしたもんなんですよ」

322氏名トルツメ2018/08/25(土) 19:00:33.86
甲子園、100回目の夏...
その長き歴史を語り継いでいく中で、松坂大輔が出現した「1998年」を欠くわけにはいかない。
1998年夏の甲子園。
中田は、松坂が伝説を築いていくその瞬間を、目の当たりにしてきた。
「その内容もすごいよね。PL学園の試合は延長17回でしょ。
明徳義塾にはサヨナラ勝ち、最後は決勝でノーヒットノーラン。
それも、3日連続でしょ。もう、体力も桁外れだね」
それでも、甲子園での活躍ぶりとスター性に、球団内部からドラフト直前になって「松坂1位はどうだ?」と打診されたという。
中田は「無理です」と突っぱねたというが、その評価は「すごかったよ」と笑いながら明かしてくれた。
その逸材が、巡り巡って、あの夏から20年がたった今、中日へやって来た。
球速はない。理想のフォームでもない。
それでも「俗に言う経験、余力もあるよね。粘りというのかな。
勝てない人って、諦めるのよ。でも、松坂は勝ち切るでしょ?
今の自分の投球を、調子が悪くても、全うできるからね。それがたいしたもんなんですよ」

323氏名トルツメ2018/08/25(土) 19:00:37.04
甲子園、100回目の夏...
その長き歴史を語り継いでいく中で、松坂大輔が出現した「1998年」を欠くわけにはいかない。
1998年夏の甲子園。
中田は、松坂が伝説を築いていくその瞬間を、目の当たりにしてきた。
「その内容もすごいよね。PL学園の試合は延長17回でしょ。
明徳義塾にはサヨナラ勝ち、最後は決勝でノーヒットノーラン。
それも、3日連続でしょ。もう、体力も桁外れだね」
それでも、甲子園での活躍ぶりとスター性に、球団内部からドラフト直前になって「松坂1位はどうだ?」と打診されたという。
中田は「無理です」と突っぱねたというが、その評価は「すごかったよ」と笑いながら明かしてくれた。
その逸材が、巡り巡って、あの夏から20年がたった今、中日へやって来た。
球速はない。理想のフォームでもない。
それでも「俗に言う経験、余力もあるよね。粘りというのかな。
勝てない人って、諦めるのよ。でも、松坂は勝ち切るでしょ?
今の自分の投球を、調子が悪くても、全うできるからね。それがたいしたもんなんですよ」
★もう一人、松坂のあの夏を見届けたスカウトの一人、
小川は現在、ソフトバンクの2軍監督を務めている。
九州はもちろん、全国に張り巡らせた独自の情報網から、
育成からWBC日本代表にまで成長した千賀、
身長170センチの小柄な捕手を他球団が敬遠する中、
育成で獲得し、いまやその強肩でレギュラーとなった甲斐ら、
原石ともいえる素材を発掘してきた小川の優れた目は、強いホークスの土台を築いたともいえる。
その小川は1998年当時、九州担当のスカウトを務めていた。
「その年、九州の高校生にいい選手が揃っていたんですよ。
だから、今年は忙しくなるなあ、と思ってところだったんです」
神宮で松坂が投げたのを見た瞬間、ネット裏の小川は
「ホントに、ビックリした」と、今でもその瞬間に受けた心の衝撃が忘れられないという。
「これは、評価をすべてやり直さないといけない。化け物だな。ホントに思ったよ」
先に挙げた選手でも、後にプロの一線級で活躍している。
その並み居る逸材たちと比べても、松坂の力は抜きん出ていた。
松坂が甲子園を席巻した20年前の夏には、まだ生まれていなかった球児たちが100回目の甲子園を彩っている2018年。
松坂の輝きは、今もなお、色あせることはない。

324氏名トルツメ2018/08/25(土) 19:00:52.10
甲子園、100回目の夏...
その長き歴史を語り継いでいく中で、松坂大輔が出現した「1998年」を欠くわけにはいかない。
1998年夏の甲子園。
中田は、松坂が伝説を築いていくその瞬間を、目の当たりにしてきた。
「その内容もすごいよね。PL学園の試合は延長17回でしょ。
明徳義塾にはサヨナラ勝ち、最後は決勝でノーヒットノーラン。
それも、3日連続でしょ。もう、体力も桁外れだね」
それでも、甲子園での活躍ぶりとスター性に、球団内部からドラフト直前になって「松坂1位はどうだ?」と打診されたという。
中田は「無理です」と突っぱねたというが、その評価は「すごかったよ」と笑いながら明かしてくれた。
その逸材が、巡り巡って、あの夏から20年がたった今、中日へやって来た。
球速はない。理想のフォームでもない。
それでも「俗に言う経験、余力もあるよね。粘りというのかな。
勝てない人って、諦めるのよ。でも、松坂は勝ち切るでしょ?
今の自分の投球を、調子が悪くても、全うできるからね。それがたいしたもんなんですよ」

325氏名トルツメ2018/08/25(土) 19:00:55.36
甲子園、100回目の夏...
その長き歴史を語り継いでいく中で、松坂大輔が出現した「1998年」を欠くわけにはいかない。
1998年夏の甲子園。
中田は、松坂が伝説を築いていくその瞬間を、目の当たりにしてきた。
「その内容もすごいよね。PL学園の試合は延長17回でしょ。
明徳義塾にはサヨナラ勝ち、最後は決勝でノーヒットノーラン。
それも、3日連続でしょ。もう、体力も桁外れだね」
それでも、甲子園での活躍ぶりとスター性に、球団内部からドラフト直前になって「松坂1位はどうだ?」と打診されたという。
中田は「無理です」と突っぱねたというが、その評価は「すごかったよ」と笑いながら明かしてくれた。
その逸材が、巡り巡って、あの夏から20年がたった今、中日へやって来た。
球速はない。理想のフォームでもない。
それでも「俗に言う経験、余力もあるよね。粘りというのかな。
勝てない人って、諦めるのよ。でも、松坂は勝ち切るでしょ?
今の自分の投球を、調子が悪くても、全うできるからね。それがたいしたもんなんですよ」
★もう一人、松坂のあの夏を見届けたスカウトの一人、
小川は現在、ソフトバンクの2軍監督を務めている。
九州はもちろん、全国に張り巡らせた独自の情報網から、
育成からWBC日本代表にまで成長した千賀、
身長170センチの小柄な捕手を他球団が敬遠する中、
育成で獲得し、いまやその強肩でレギュラーとなった甲斐ら、
原石ともいえる素材を発掘してきた小川の優れた目は、強いホークスの土台を築いたともいえる。
その小川は1998年当時、九州担当のスカウトを務めていた。
「その年、九州の高校生にいい選手が揃っていたんですよ。
だから、今年は忙しくなるなあ、と思ってところだったんです」
神宮で松坂が投げたのを見た瞬間、ネット裏の小川は
「ホントに、ビックリした」と、今でもその瞬間に受けた心の衝撃が忘れられないという。
「これは、評価をすべてやり直さないといけない。化け物だな。ホントに思ったよ」
先に挙げた選手でも、後にプロの一線級で活躍している。
その並み居る逸材たちと比べても、松坂の力は抜きん出ていた。
松坂が甲子園を席巻した20年前の夏には、まだ生まれていなかった球児たちが100回目の甲子園を彩っている2018年。
松坂の輝きは、今もなお、色あせることはない。

326氏名トルツメ2018/08/25(土) 19:01:10.56
甲子園、100回目の夏...
その長き歴史を語り継いでいく中で、松坂大輔が出現した「1998年」を欠くわけにはいかない。
1998年夏の甲子園。
中田は、松坂が伝説を築いていくその瞬間を、目の当たりにしてきた。
「その内容もすごいよね。PL学園の試合は延長17回でしょ。
明徳義塾にはサヨナラ勝ち、最後は決勝でノーヒットノーラン。
それも、3日連続でしょ。もう、体力も桁外れだね」
それでも、甲子園での活躍ぶりとスター性に、球団内部からドラフト直前になって「松坂1位はどうだ?」と打診されたという。
中田は「無理です」と突っぱねたというが、その評価は「すごかったよ」と笑いながら明かしてくれた。
その逸材が、巡り巡って、あの夏から20年がたった今、中日へやって来た。
球速はない。理想のフォームでもない。
それでも「俗に言う経験、余力もあるよね。粘りというのかな。
勝てない人って、諦めるのよ。でも、松坂は勝ち切るでしょ?
今の自分の投球を、調子が悪くても、全うできるからね。それがたいしたもんなんですよ」

327氏名トルツメ2018/08/25(土) 19:01:13.86
甲子園、100回目の夏...
その長き歴史を語り継いでいく中で、松坂大輔が出現した「1998年」を欠くわけにはいかない。
1998年夏の甲子園。
中田は、松坂が伝説を築いていくその瞬間を、目の当たりにしてきた。
「その内容もすごいよね。PL学園の試合は延長17回でしょ。
明徳義塾にはサヨナラ勝ち、最後は決勝でノーヒットノーラン。
それも、3日連続でしょ。もう、体力も桁外れだね」
それでも、甲子園での活躍ぶりとスター性に、球団内部からドラフト直前になって「松坂1位はどうだ?」と打診されたという。
中田は「無理です」と突っぱねたというが、その評価は「すごかったよ」と笑いながら明かしてくれた。
その逸材が、巡り巡って、あの夏から20年がたった今、中日へやって来た。
球速はない。理想のフォームでもない。
それでも「俗に言う経験、余力もあるよね。粘りというのかな。
勝てない人って、諦めるのよ。でも、松坂は勝ち切るでしょ?
今の自分の投球を、調子が悪くても、全うできるからね。それがたいしたもんなんですよ」
★もう一人、松坂のあの夏を見届けたスカウトの一人、
小川は現在、ソフトバンクの2軍監督を務めている。
九州はもちろん、全国に張り巡らせた独自の情報網から、
育成からWBC日本代表にまで成長した千賀、
身長170センチの小柄な捕手を他球団が敬遠する中、
育成で獲得し、いまやその強肩でレギュラーとなった甲斐ら、
原石ともいえる素材を発掘してきた小川の優れた目は、強いホークスの土台を築いたともいえる。
その小川は1998年当時、九州担当のスカウトを務めていた。
「その年、九州の高校生にいい選手が揃っていたんですよ。
だから、今年は忙しくなるなあ、と思ってところだったんです」
神宮で松坂が投げたのを見た瞬間、ネット裏の小川は
「ホントに、ビックリした」と、今でもその瞬間に受けた心の衝撃が忘れられないという。
「これは、評価をすべてやり直さないといけない。化け物だな。ホントに思ったよ」
先に挙げた選手でも、後にプロの一線級で活躍している。
その並み居る逸材たちと比べても、松坂の力は抜きん出ていた。
松坂が甲子園を席巻した20年前の夏には、まだ生まれていなかった球児たちが100回目の甲子園を彩っている2018年。
松坂の輝きは、今もなお、色あせることはない。

328氏名トルツメ2018/08/25(土) 19:01:29.01
甲子園、100回目の夏...
その長き歴史を語り継いでいく中で、松坂大輔が出現した「1998年」を欠くわけにはいかない。
1998年夏の甲子園。
中田は、松坂が伝説を築いていくその瞬間を、目の当たりにしてきた。
「その内容もすごいよね。PL学園の試合は延長17回でしょ。
明徳義塾にはサヨナラ勝ち、最後は決勝でノーヒットノーラン。
それも、3日連続でしょ。もう、体力も桁外れだね」
それでも、甲子園での活躍ぶりとスター性に、球団内部からドラフト直前になって「松坂1位はどうだ?」と打診されたという。
中田は「無理です」と突っぱねたというが、その評価は「すごかったよ」と笑いながら明かしてくれた。
その逸材が、巡り巡って、あの夏から20年がたった今、中日へやって来た。
球速はない。理想のフォームでもない。
それでも「俗に言う経験、余力もあるよね。粘りというのかな。
勝てない人って、諦めるのよ。でも、松坂は勝ち切るでしょ?
今の自分の投球を、調子が悪くても、全うできるからね。それがたいしたもんなんですよ」

329氏名トルツメ2018/08/25(土) 19:01:32.30
甲子園、100回目の夏...
その長き歴史を語り継いでいく中で、松坂大輔が出現した「1998年」を欠くわけにはいかない。
1998年夏の甲子園。
中田は、松坂が伝説を築いていくその瞬間を、目の当たりにしてきた。
「その内容もすごいよね。PL学園の試合は延長17回でしょ。
明徳義塾にはサヨナラ勝ち、最後は決勝でノーヒットノーラン。
それも、3日連続でしょ。もう、体力も桁外れだね」
それでも、甲子園での活躍ぶりとスター性に、球団内部からドラフト直前になって「松坂1位はどうだ?」と打診されたという。
中田は「無理です」と突っぱねたというが、その評価は「すごかったよ」と笑いながら明かしてくれた。
その逸材が、巡り巡って、あの夏から20年がたった今、中日へやって来た。
球速はない。理想のフォームでもない。
それでも「俗に言う経験、余力もあるよね。粘りというのかな。
勝てない人って、諦めるのよ。でも、松坂は勝ち切るでしょ?
今の自分の投球を、調子が悪くても、全うできるからね。それがたいしたもんなんですよ」
★もう一人、松坂のあの夏を見届けたスカウトの一人、
小川は現在、ソフトバンクの2軍監督を務めている。
九州はもちろん、全国に張り巡らせた独自の情報網から、
育成からWBC日本代表にまで成長した千賀、
身長170センチの小柄な捕手を他球団が敬遠する中、
育成で獲得し、いまやその強肩でレギュラーとなった甲斐ら、
原石ともいえる素材を発掘してきた小川の優れた目は、強いホークスの土台を築いたともいえる。
その小川は1998年当時、九州担当のスカウトを務めていた。
「その年、九州の高校生にいい選手が揃っていたんですよ。
だから、今年は忙しくなるなあ、と思ってところだったんです」
神宮で松坂が投げたのを見た瞬間、ネット裏の小川は
「ホントに、ビックリした」と、今でもその瞬間に受けた心の衝撃が忘れられないという。
「これは、評価をすべてやり直さないといけない。化け物だな。ホントに思ったよ」
先に挙げた選手でも、後にプロの一線級で活躍している。
その並み居る逸材たちと比べても、松坂の力は抜きん出ていた。
松坂が甲子園を席巻した20年前の夏には、まだ生まれていなかった球児たちが100回目の甲子園を彩っている2018年。
松坂の輝きは、今もなお、色あせることはない。

330氏名トルツメ2018/08/25(土) 19:01:47.44
甲子園、100回目の夏...
その長き歴史を語り継いでいく中で、松坂大輔が出現した「1998年」を欠くわけにはいかない。
1998年夏の甲子園。
中田は、松坂が伝説を築いていくその瞬間を、目の当たりにしてきた。
「その内容もすごいよね。PL学園の試合は延長17回でしょ。
明徳義塾にはサヨナラ勝ち、最後は決勝でノーヒットノーラン。
それも、3日連続でしょ。もう、体力も桁外れだね」
それでも、甲子園での活躍ぶりとスター性に、球団内部からドラフト直前になって「松坂1位はどうだ?」と打診されたという。
中田は「無理です」と突っぱねたというが、その評価は「すごかったよ」と笑いながら明かしてくれた。
その逸材が、巡り巡って、あの夏から20年がたった今、中日へやって来た。
球速はない。理想のフォームでもない。
それでも「俗に言う経験、余力もあるよね。粘りというのかな。
勝てない人って、諦めるのよ。でも、松坂は勝ち切るでしょ?
今の自分の投球を、調子が悪くても、全うできるからね。それがたいしたもんなんですよ」

331氏名トルツメ2018/08/25(土) 19:01:50.82
甲子園、100回目の夏...
その長き歴史を語り継いでいく中で、松坂大輔が出現した「1998年」を欠くわけにはいかない。
1998年夏の甲子園。
中田は、松坂が伝説を築いていくその瞬間を、目の当たりにしてきた。
「その内容もすごいよね。PL学園の試合は延長17回でしょ。
明徳義塾にはサヨナラ勝ち、最後は決勝でノーヒットノーラン。
それも、3日連続でしょ。もう、体力も桁外れだね」
それでも、甲子園での活躍ぶりとスター性に、球団内部からドラフト直前になって「松坂1位はどうだ?」と打診されたという。
中田は「無理です」と突っぱねたというが、その評価は「すごかったよ」と笑いながら明かしてくれた。
その逸材が、巡り巡って、あの夏から20年がたった今、中日へやって来た。
球速はない。理想のフォームでもない。
それでも「俗に言う経験、余力もあるよね。粘りというのかな。
勝てない人って、諦めるのよ。でも、松坂は勝ち切るでしょ?
今の自分の投球を、調子が悪くても、全うできるからね。それがたいしたもんなんですよ」
★もう一人、松坂のあの夏を見届けたスカウトの一人、
小川は現在、ソフトバンクの2軍監督を務めている。
九州はもちろん、全国に張り巡らせた独自の情報網から、
育成からWBC日本代表にまで成長した千賀、
身長170センチの小柄な捕手を他球団が敬遠する中、
育成で獲得し、いまやその強肩でレギュラーとなった甲斐ら、
原石ともいえる素材を発掘してきた小川の優れた目は、強いホークスの土台を築いたともいえる。
その小川は1998年当時、九州担当のスカウトを務めていた。
「その年、九州の高校生にいい選手が揃っていたんですよ。
だから、今年は忙しくなるなあ、と思ってところだったんです」
神宮で松坂が投げたのを見た瞬間、ネット裏の小川は
「ホントに、ビックリした」と、今でもその瞬間に受けた心の衝撃が忘れられないという。
「これは、評価をすべてやり直さないといけない。化け物だな。ホントに思ったよ」
先に挙げた選手でも、後にプロの一線級で活躍している。
その並み居る逸材たちと比べても、松坂の力は抜きん出ていた。
松坂が甲子園を席巻した20年前の夏には、まだ生まれていなかった球児たちが100回目の甲子園を彩っている2018年。
松坂の輝きは、今もなお、色あせることはない。

332氏名トルツメ2018/08/25(土) 19:02:09.52
甲子園、100回目の夏...
その長き歴史を語り継いでいく中で、松坂大輔が出現した「1998年」を欠くわけにはいかない。
1998年夏の甲子園。
中田は、松坂が伝説を築いていくその瞬間を、目の当たりにしてきた。
「その内容もすごいよね。PL学園の試合は延長17回でしょ。
明徳義塾にはサヨナラ勝ち、最後は決勝でノーヒットノーラン。
それも、3日連続でしょ。もう、体力も桁外れだね」
それでも、甲子園での活躍ぶりとスター性に、球団内部からドラフト直前になって「松坂1位はどうだ?」と打診されたという。
中田は「無理です」と突っぱねたというが、その評価は「すごかったよ」と笑いながら明かしてくれた。
その逸材が、巡り巡って、あの夏から20年がたった今、中日へやって来た。
球速はない。理想のフォームでもない。
それでも「俗に言う経験、余力もあるよね。粘りというのかな。
勝てない人って、諦めるのよ。でも、松坂は勝ち切るでしょ?
今の自分の投球を、調子が悪くても、全うできるからね。それがたいしたもんなんですよ」

333氏名トルツメ2018/08/25(土) 19:02:13.10
甲子園、100回目の夏...
その長き歴史を語り継いでいく中で、松坂大輔が出現した「1998年」を欠くわけにはいかない。
1998年夏の甲子園。
中田は、松坂が伝説を築いていくその瞬間を、目の当たりにしてきた。
「その内容もすごいよね。PL学園の試合は延長17回でしょ。
明徳義塾にはサヨナラ勝ち、最後は決勝でノーヒットノーラン。
それも、3日連続でしょ。もう、体力も桁外れだね」
それでも、甲子園での活躍ぶりとスター性に、球団内部からドラフト直前になって「松坂1位はどうだ?」と打診されたという。
中田は「無理です」と突っぱねたというが、その評価は「すごかったよ」と笑いながら明かしてくれた。
その逸材が、巡り巡って、あの夏から20年がたった今、中日へやって来た。
球速はない。理想のフォームでもない。
それでも「俗に言う経験、余力もあるよね。粘りというのかな。
勝てない人って、諦めるのよ。でも、松坂は勝ち切るでしょ?
今の自分の投球を、調子が悪くても、全うできるからね。それがたいしたもんなんですよ」
★もう一人、松坂のあの夏を見届けたスカウトの一人、
小川は現在、ソフトバンクの2軍監督を務めている。
九州はもちろん、全国に張り巡らせた独自の情報網から、
育成からWBC日本代表にまで成長した千賀、
身長170センチの小柄な捕手を他球団が敬遠する中、
育成で獲得し、いまやその強肩でレギュラーとなった甲斐ら、
原石ともいえる素材を発掘してきた小川の優れた目は、強いホークスの土台を築いたともいえる。
その小川は1998年当時、九州担当のスカウトを務めていた。
「その年、九州の高校生にいい選手が揃っていたんですよ。
だから、今年は忙しくなるなあ、と思ってところだったんです」
神宮で松坂が投げたのを見た瞬間、ネット裏の小川は
「ホントに、ビックリした」と、今でもその瞬間に受けた心の衝撃が忘れられないという。
「これは、評価をすべてやり直さないといけない。化け物だな。ホントに思ったよ」
先に挙げた選手でも、後にプロの一線級で活躍している。
その並み居る逸材たちと比べても、松坂の力は抜きん出ていた。
松坂が甲子園を席巻した20年前の夏には、まだ生まれていなかった球児たちが100回目の甲子園を彩っている2018年。
松坂の輝きは、今もなお、色あせることはない。

334氏名トルツメ2018/08/25(土) 19:02:28.31
甲子園、100回目の夏...
その長き歴史を語り継いでいく中で、松坂大輔が出現した「1998年」を欠くわけにはいかない。
1998年夏の甲子園。
中田は、松坂が伝説を築いていくその瞬間を、目の当たりにしてきた。
「その内容もすごいよね。PL学園の試合は延長17回でしょ。
明徳義塾にはサヨナラ勝ち、最後は決勝でノーヒットノーラン。
それも、3日連続でしょ。もう、体力も桁外れだね」
それでも、甲子園での活躍ぶりとスター性に、球団内部からドラフト直前になって「松坂1位はどうだ?」と打診されたという。
中田は「無理です」と突っぱねたというが、その評価は「すごかったよ」と笑いながら明かしてくれた。
その逸材が、巡り巡って、あの夏から20年がたった今、中日へやって来た。
球速はない。理想のフォームでもない。
それでも「俗に言う経験、余力もあるよね。粘りというのかな。
勝てない人って、諦めるのよ。でも、松坂は勝ち切るでしょ?
今の自分の投球を、調子が悪くても、全うできるからね。それがたいしたもんなんですよ」

335氏名トルツメ2018/08/25(土) 19:02:31.59
甲子園、100回目の夏...
その長き歴史を語り継いでいく中で、松坂大輔が出現した「1998年」を欠くわけにはいかない。
1998年夏の甲子園。
中田は、松坂が伝説を築いていくその瞬間を、目の当たりにしてきた。
「その内容もすごいよね。PL学園の試合は延長17回でしょ。
明徳義塾にはサヨナラ勝ち、最後は決勝でノーヒットノーラン。
それも、3日連続でしょ。もう、体力も桁外れだね」
それでも、甲子園での活躍ぶりとスター性に、球団内部からドラフト直前になって「松坂1位はどうだ?」と打診されたという。
中田は「無理です」と突っぱねたというが、その評価は「すごかったよ」と笑いながら明かしてくれた。
その逸材が、巡り巡って、あの夏から20年がたった今、中日へやって来た。
球速はない。理想のフォームでもない。
それでも「俗に言う経験、余力もあるよね。粘りというのかな。
勝てない人って、諦めるのよ。でも、松坂は勝ち切るでしょ?
今の自分の投球を、調子が悪くても、全うできるからね。それがたいしたもんなんですよ」
★もう一人、松坂のあの夏を見届けたスカウトの一人、
小川は現在、ソフトバンクの2軍監督を務めている。
九州はもちろん、全国に張り巡らせた独自の情報網から、
育成からWBC日本代表にまで成長した千賀、
身長170センチの小柄な捕手を他球団が敬遠する中、
育成で獲得し、いまやその強肩でレギュラーとなった甲斐ら、
原石ともいえる素材を発掘してきた小川の優れた目は、強いホークスの土台を築いたともいえる。
その小川は1998年当時、九州担当のスカウトを務めていた。
「その年、九州の高校生にいい選手が揃っていたんですよ。
だから、今年は忙しくなるなあ、と思ってところだったんです」
神宮で松坂が投げたのを見た瞬間、ネット裏の小川は
「ホントに、ビックリした」と、今でもその瞬間に受けた心の衝撃が忘れられないという。
「これは、評価をすべてやり直さないといけない。化け物だな。ホントに思ったよ」
先に挙げた選手でも、後にプロの一線級で活躍している。
その並み居る逸材たちと比べても、松坂の力は抜きん出ていた。
松坂が甲子園を席巻した20年前の夏には、まだ生まれていなかった球児たちが100回目の甲子園を彩っている2018年。
松坂の輝きは、今もなお、色あせることはない。

336氏名トルツメ2018/08/25(土) 19:02:46.73
甲子園、100回目の夏...
その長き歴史を語り継いでいく中で、松坂大輔が出現した「1998年」を欠くわけにはいかない。
1998年夏の甲子園。
中田は、松坂が伝説を築いていくその瞬間を、目の当たりにしてきた。
「その内容もすごいよね。PL学園の試合は延長17回でしょ。
明徳義塾にはサヨナラ勝ち、最後は決勝でノーヒットノーラン。
それも、3日連続でしょ。もう、体力も桁外れだね」
それでも、甲子園での活躍ぶりとスター性に、球団内部からドラフト直前になって「松坂1位はどうだ?」と打診されたという。
中田は「無理です」と突っぱねたというが、その評価は「すごかったよ」と笑いながら明かしてくれた。
その逸材が、巡り巡って、あの夏から20年がたった今、中日へやって来た。
球速はない。理想のフォームでもない。
それでも「俗に言う経験、余力もあるよね。粘りというのかな。
勝てない人って、諦めるのよ。でも、松坂は勝ち切るでしょ?
今の自分の投球を、調子が悪くても、全うできるからね。それがたいしたもんなんですよ」

337氏名トルツメ2018/08/25(土) 19:02:50.01
甲子園、100回目の夏...
その長き歴史を語り継いでいく中で、松坂大輔が出現した「1998年」を欠くわけにはいかない。
1998年夏の甲子園。
中田は、松坂が伝説を築いていくその瞬間を、目の当たりにしてきた。
「その内容もすごいよね。PL学園の試合は延長17回でしょ。
明徳義塾にはサヨナラ勝ち、最後は決勝でノーヒットノーラン。
それも、3日連続でしょ。もう、体力も桁外れだね」
それでも、甲子園での活躍ぶりとスター性に、球団内部からドラフト直前になって「松坂1位はどうだ?」と打診されたという。
中田は「無理です」と突っぱねたというが、その評価は「すごかったよ」と笑いながら明かしてくれた。
その逸材が、巡り巡って、あの夏から20年がたった今、中日へやって来た。
球速はない。理想のフォームでもない。
それでも「俗に言う経験、余力もあるよね。粘りというのかな。
勝てない人って、諦めるのよ。でも、松坂は勝ち切るでしょ?
今の自分の投球を、調子が悪くても、全うできるからね。それがたいしたもんなんですよ」
★もう一人、松坂のあの夏を見届けたスカウトの一人、
小川は現在、ソフトバンクの2軍監督を務めている。
九州はもちろん、全国に張り巡らせた独自の情報網から、
育成からWBC日本代表にまで成長した千賀、
身長170センチの小柄な捕手を他球団が敬遠する中、
育成で獲得し、いまやその強肩でレギュラーとなった甲斐ら、
原石ともいえる素材を発掘してきた小川の優れた目は、強いホークスの土台を築いたともいえる。
その小川は1998年当時、九州担当のスカウトを務めていた。
「その年、九州の高校生にいい選手が揃っていたんですよ。
だから、今年は忙しくなるなあ、と思ってところだったんです」
神宮で松坂が投げたのを見た瞬間、ネット裏の小川は
「ホントに、ビックリした」と、今でもその瞬間に受けた心の衝撃が忘れられないという。
「これは、評価をすべてやり直さないといけない。化け物だな。ホントに思ったよ」
先に挙げた選手でも、後にプロの一線級で活躍している。
その並み居る逸材たちと比べても、松坂の力は抜きん出ていた。
松坂が甲子園を席巻した20年前の夏には、まだ生まれていなかった球児たちが100回目の甲子園を彩っている2018年。
松坂の輝きは、今もなお、色あせることはない。

338氏名トルツメ2018/08/25(土) 19:03:05.08
甲子園、100回目の夏...
その長き歴史を語り継いでいく中で、松坂大輔が出現した「1998年」を欠くわけにはいかない。
1998年夏の甲子園。
中田は、松坂が伝説を築いていくその瞬間を、目の当たりにしてきた。
「その内容もすごいよね。PL学園の試合は延長17回でしょ。
明徳義塾にはサヨナラ勝ち、最後は決勝でノーヒットノーラン。
それも、3日連続でしょ。もう、体力も桁外れだね」
それでも、甲子園での活躍ぶりとスター性に、球団内部からドラフト直前になって「松坂1位はどうだ?」と打診されたという。
中田は「無理です」と突っぱねたというが、その評価は「すごかったよ」と笑いながら明かしてくれた。
その逸材が、巡り巡って、あの夏から20年がたった今、中日へやって来た。
球速はない。理想のフォームでもない。
それでも「俗に言う経験、余力もあるよね。粘りというのかな。
勝てない人って、諦めるのよ。でも、松坂は勝ち切るでしょ?
今の自分の投球を、調子が悪くても、全うできるからね。それがたいしたもんなんですよ」

339氏名トルツメ2018/08/25(土) 19:03:08.17
甲子園、100回目の夏...
その長き歴史を語り継いでいく中で、松坂大輔が出現した「1998年」を欠くわけにはいかない。
1998年夏の甲子園。
中田は、松坂が伝説を築いていくその瞬間を、目の当たりにしてきた。
「その内容もすごいよね。PL学園の試合は延長17回でしょ。
明徳義塾にはサヨナラ勝ち、最後は決勝でノーヒットノーラン。
それも、3日連続でしょ。もう、体力も桁外れだね」
それでも、甲子園での活躍ぶりとスター性に、球団内部からドラフト直前になって「松坂1位はどうだ?」と打診されたという。
中田は「無理です」と突っぱねたというが、その評価は「すごかったよ」と笑いながら明かしてくれた。
その逸材が、巡り巡って、あの夏から20年がたった今、中日へやって来た。
球速はない。理想のフォームでもない。
それでも「俗に言う経験、余力もあるよね。粘りというのかな。
勝てない人って、諦めるのよ。でも、松坂は勝ち切るでしょ?
今の自分の投球を、調子が悪くても、全うできるからね。それがたいしたもんなんですよ」
★もう一人、松坂のあの夏を見届けたスカウトの一人、
小川は現在、ソフトバンクの2軍監督を務めている。
九州はもちろん、全国に張り巡らせた独自の情報網から、
育成からWBC日本代表にまで成長した千賀、
身長170センチの小柄な捕手を他球団が敬遠する中、
育成で獲得し、いまやその強肩でレギュラーとなった甲斐ら、
原石ともいえる素材を発掘してきた小川の優れた目は、強いホークスの土台を築いたともいえる。
その小川は1998年当時、九州担当のスカウトを務めていた。
「その年、九州の高校生にいい選手が揃っていたんですよ。
だから、今年は忙しくなるなあ、と思ってところだったんです」
神宮で松坂が投げたのを見た瞬間、ネット裏の小川は
「ホントに、ビックリした」と、今でもその瞬間に受けた心の衝撃が忘れられないという。
「これは、評価をすべてやり直さないといけない。化け物だな。ホントに思ったよ」
先に挙げた選手でも、後にプロの一線級で活躍している。
その並み居る逸材たちと比べても、松坂の力は抜きん出ていた。
松坂が甲子園を席巻した20年前の夏には、まだ生まれていなかった球児たちが100回目の甲子園を彩っている2018年。
松坂の輝きは、今もなお、色あせることはない。

340氏名トルツメ2018/08/25(土) 19:03:24.07
甲子園、100回目の夏...
その長き歴史を語り継いでいく中で、松坂大輔が出現した「1998年」を欠くわけにはいかない。
1998年夏の甲子園。
中田は、松坂が伝説を築いていくその瞬間を、目の当たりにしてきた。
「その内容もすごいよね。PL学園の試合は延長17回でしょ。
明徳義塾にはサヨナラ勝ち、最後は決勝でノーヒットノーラン。
それも、3日連続でしょ。もう、体力も桁外れだね」
それでも、甲子園での活躍ぶりとスター性に、球団内部からドラフト直前になって「松坂1位はどうだ?」と打診されたという。
中田は「無理です」と突っぱねたというが、その評価は「すごかったよ」と笑いながら明かしてくれた。
その逸材が、巡り巡って、あの夏から20年がたった今、中日へやって来た。
球速はない。理想のフォームでもない。
それでも「俗に言う経験、余力もあるよね。粘りというのかな。
勝てない人って、諦めるのよ。でも、松坂は勝ち切るでしょ?
今の自分の投球を、調子が悪くても、全うできるからね。それがたいしたもんなんですよ」

341氏名トルツメ2018/08/25(土) 19:03:27.16
甲子園、100回目の夏...
その長き歴史を語り継いでいく中で、松坂大輔が出現した「1998年」を欠くわけにはいかない。
1998年夏の甲子園。
中田は、松坂が伝説を築いていくその瞬間を、目の当たりにしてきた。
「その内容もすごいよね。PL学園の試合は延長17回でしょ。
明徳義塾にはサヨナラ勝ち、最後は決勝でノーヒットノーラン。
それも、3日連続でしょ。もう、体力も桁外れだね」
それでも、甲子園での活躍ぶりとスター性に、球団内部からドラフト直前になって「松坂1位はどうだ?」と打診されたという。
中田は「無理です」と突っぱねたというが、その評価は「すごかったよ」と笑いながら明かしてくれた。
その逸材が、巡り巡って、あの夏から20年がたった今、中日へやって来た。
球速はない。理想のフォームでもない。
それでも「俗に言う経験、余力もあるよね。粘りというのかな。
勝てない人って、諦めるのよ。でも、松坂は勝ち切るでしょ?
今の自分の投球を、調子が悪くても、全うできるからね。それがたいしたもんなんですよ」
★もう一人、松坂のあの夏を見届けたスカウトの一人、
小川は現在、ソフトバンクの2軍監督を務めている。
九州はもちろん、全国に張り巡らせた独自の情報網から、
育成からWBC日本代表にまで成長した千賀、
身長170センチの小柄な捕手を他球団が敬遠する中、
育成で獲得し、いまやその強肩でレギュラーとなった甲斐ら、
原石ともいえる素材を発掘してきた小川の優れた目は、強いホークスの土台を築いたともいえる。
その小川は1998年当時、九州担当のスカウトを務めていた。
「その年、九州の高校生にいい選手が揃っていたんですよ。
だから、今年は忙しくなるなあ、と思ってところだったんです」
神宮で松坂が投げたのを見た瞬間、ネット裏の小川は
「ホントに、ビックリした」と、今でもその瞬間に受けた心の衝撃が忘れられないという。
「これは、評価をすべてやり直さないといけない。化け物だな。ホントに思ったよ」
先に挙げた選手でも、後にプロの一線級で活躍している。
その並み居る逸材たちと比べても、松坂の力は抜きん出ていた。
松坂が甲子園を席巻した20年前の夏には、まだ生まれていなかった球児たちが100回目の甲子園を彩っている2018年。
松坂の輝きは、今もなお、色あせることはない。

342氏名トルツメ2018/08/25(土) 19:03:42.29
甲子園、100回目の夏...
その長き歴史を語り継いでいく中で、松坂大輔が出現した「1998年」を欠くわけにはいかない。
1998年夏の甲子園。
中田は、松坂が伝説を築いていくその瞬間を、目の当たりにしてきた。
「その内容もすごいよね。PL学園の試合は延長17回でしょ。
明徳義塾にはサヨナラ勝ち、最後は決勝でノーヒットノーラン。
それも、3日連続でしょ。もう、体力も桁外れだね」
それでも、甲子園での活躍ぶりとスター性に、球団内部からドラフト直前になって「松坂1位はどうだ?」と打診されたという。
中田は「無理です」と突っぱねたというが、その評価は「すごかったよ」と笑いながら明かしてくれた。
その逸材が、巡り巡って、あの夏から20年がたった今、中日へやって来た。
球速はない。理想のフォームでもない。
それでも「俗に言う経験、余力もあるよね。粘りというのかな。
勝てない人って、諦めるのよ。でも、松坂は勝ち切るでしょ?
今の自分の投球を、調子が悪くても、全うできるからね。それがたいしたもんなんですよ」

343氏名トルツメ2018/08/25(土) 19:03:45.83
甲子園、100回目の夏...
その長き歴史を語り継いでいく中で、松坂大輔が出現した「1998年」を欠くわけにはいかない。
1998年夏の甲子園。
中田は、松坂が伝説を築いていくその瞬間を、目の当たりにしてきた。
「その内容もすごいよね。PL学園の試合は延長17回でしょ。
明徳義塾にはサヨナラ勝ち、最後は決勝でノーヒットノーラン。
それも、3日連続でしょ。もう、体力も桁外れだね」
それでも、甲子園での活躍ぶりとスター性に、球団内部からドラフト直前になって「松坂1位はどうだ?」と打診されたという。
中田は「無理です」と突っぱねたというが、その評価は「すごかったよ」と笑いながら明かしてくれた。
その逸材が、巡り巡って、あの夏から20年がたった今、中日へやって来た。
球速はない。理想のフォームでもない。
それでも「俗に言う経験、余力もあるよね。粘りというのかな。
勝てない人って、諦めるのよ。でも、松坂は勝ち切るでしょ?
今の自分の投球を、調子が悪くても、全うできるからね。それがたいしたもんなんですよ」
★もう一人、松坂のあの夏を見届けたスカウトの一人、
小川は現在、ソフトバンクの2軍監督を務めている。
九州はもちろん、全国に張り巡らせた独自の情報網から、
育成からWBC日本代表にまで成長した千賀、
身長170センチの小柄な捕手を他球団が敬遠する中、
育成で獲得し、いまやその強肩でレギュラーとなった甲斐ら、
原石ともいえる素材を発掘してきた小川の優れた目は、強いホークスの土台を築いたともいえる。
その小川は1998年当時、九州担当のスカウトを務めていた。
「その年、九州の高校生にいい選手が揃っていたんですよ。
だから、今年は忙しくなるなあ、と思ってところだったんです」
神宮で松坂が投げたのを見た瞬間、ネット裏の小川は
「ホントに、ビックリした」と、今でもその瞬間に受けた心の衝撃が忘れられないという。
「これは、評価をすべてやり直さないといけない。化け物だな。ホントに思ったよ」
先に挙げた選手でも、後にプロの一線級で活躍している。
その並み居る逸材たちと比べても、松坂の力は抜きん出ていた。
松坂が甲子園を席巻した20年前の夏には、まだ生まれていなかった球児たちが100回目の甲子園を彩っている2018年。
松坂の輝きは、今もなお、色あせることはない。

344氏名トルツメ2018/08/25(土) 19:04:00.86
甲子園、100回目の夏...
その長き歴史を語り継いでいく中で、松坂大輔が出現した「1998年」を欠くわけにはいかない。
1998年夏の甲子園。
中田は、松坂が伝説を築いていくその瞬間を、目の当たりにしてきた。
「その内容もすごいよね。PL学園の試合は延長17回でしょ。
明徳義塾にはサヨナラ勝ち、最後は決勝でノーヒットノーラン。
それも、3日連続でしょ。もう、体力も桁外れだね」
それでも、甲子園での活躍ぶりとスター性に、球団内部からドラフト直前になって「松坂1位はどうだ?」と打診されたという。
中田は「無理です」と突っぱねたというが、その評価は「すごかったよ」と笑いながら明かしてくれた。
その逸材が、巡り巡って、あの夏から20年がたった今、中日へやって来た。
球速はない。理想のフォームでもない。
それでも「俗に言う経験、余力もあるよね。粘りというのかな。
勝てない人って、諦めるのよ。でも、松坂は勝ち切るでしょ?
今の自分の投球を、調子が悪くても、全うできるからね。それがたいしたもんなんですよ」

345氏名トルツメ2018/08/25(土) 19:04:04.57
甲子園、100回目の夏...
その長き歴史を語り継いでいく中で、松坂大輔が出現した「1998年」を欠くわけにはいかない。
1998年夏の甲子園。
中田は、松坂が伝説を築いていくその瞬間を、目の当たりにしてきた。
「その内容もすごいよね。PL学園の試合は延長17回でしょ。
明徳義塾にはサヨナラ勝ち、最後は決勝でノーヒットノーラン。
それも、3日連続でしょ。もう、体力も桁外れだね」
それでも、甲子園での活躍ぶりとスター性に、球団内部からドラフト直前になって「松坂1位はどうだ?」と打診されたという。
中田は「無理です」と突っぱねたというが、その評価は「すごかったよ」と笑いながら明かしてくれた。
その逸材が、巡り巡って、あの夏から20年がたった今、中日へやって来た。
球速はない。理想のフォームでもない。
それでも「俗に言う経験、余力もあるよね。粘りというのかな。
勝てない人って、諦めるのよ。でも、松坂は勝ち切るでしょ?
今の自分の投球を、調子が悪くても、全うできるからね。それがたいしたもんなんですよ」
★もう一人、松坂のあの夏を見届けたスカウトの一人、
小川は現在、ソフトバンクの2軍監督を務めている。
九州はもちろん、全国に張り巡らせた独自の情報網から、
育成からWBC日本代表にまで成長した千賀、
身長170センチの小柄な捕手を他球団が敬遠する中、
育成で獲得し、いまやその強肩でレギュラーとなった甲斐ら、
原石ともいえる素材を発掘してきた小川の優れた目は、強いホークスの土台を築いたともいえる。
その小川は1998年当時、九州担当のスカウトを務めていた。
「その年、九州の高校生にいい選手が揃っていたんですよ。
だから、今年は忙しくなるなあ、と思ってところだったんです」
神宮で松坂が投げたのを見た瞬間、ネット裏の小川は
「ホントに、ビックリした」と、今でもその瞬間に受けた心の衝撃が忘れられないという。
「これは、評価をすべてやり直さないといけない。化け物だな。ホントに思ったよ」
先に挙げた選手でも、後にプロの一線級で活躍している。
その並み居る逸材たちと比べても、松坂の力は抜きん出ていた。
松坂が甲子園を席巻した20年前の夏には、まだ生まれていなかった球児たちが100回目の甲子園を彩っている2018年。
松坂の輝きは、今もなお、色あせることはない。

346氏名トルツメ2018/08/25(土) 19:04:27.51
甲子園、100回目の夏...
その長き歴史を語り継いでいく中で、松坂大輔が出現した「1998年」を欠くわけにはいかない。
1998年夏の甲子園。
中田は、松坂が伝説を築いていくその瞬間を、目の当たりにしてきた。
「その内容もすごいよね。PL学園の試合は延長17回でしょ。
明徳義塾にはサヨナラ勝ち、最後は決勝でノーヒットノーラン。
それも、3日連続でしょ。もう、体力も桁外れだね」
それでも、甲子園での活躍ぶりとスター性に、球団内部からドラフト直前になって「松坂1位はどうだ?」と打診されたという。
中田は「無理です」と突っぱねたというが、その評価は「すごかったよ」と笑いながら明かしてくれた。
その逸材が、巡り巡って、あの夏から20年がたった今、中日へやって来た。
球速はない。理想のフォームでもない。
それでも「俗に言う経験、余力もあるよね。粘りというのかな。
勝てない人って、諦めるのよ。でも、松坂は勝ち切るでしょ?
今の自分の投球を、調子が悪くても、全うできるからね。それがたいしたもんなんですよ」

347氏名トルツメ2018/08/25(土) 19:04:32.08
甲子園、100回目の夏...
その長き歴史を語り継いでいく中で、松坂大輔が出現した「1998年」を欠くわけにはいかない。
1998年夏の甲子園。
中田は、松坂が伝説を築いていくその瞬間を、目の当たりにしてきた。
「その内容もすごいよね。PL学園の試合は延長17回でしょ。
明徳義塾にはサヨナラ勝ち、最後は決勝でノーヒットノーラン。
それも、3日連続でしょ。もう、体力も桁外れだね」
それでも、甲子園での活躍ぶりとスター性に、球団内部からドラフト直前になって「松坂1位はどうだ?」と打診されたという。
中田は「無理です」と突っぱねたというが、その評価は「すごかったよ」と笑いながら明かしてくれた。
その逸材が、巡り巡って、あの夏から20年がたった今、中日へやって来た。
球速はない。理想のフォームでもない。
それでも「俗に言う経験、余力もあるよね。粘りというのかな。
勝てない人って、諦めるのよ。でも、松坂は勝ち切るでしょ?
今の自分の投球を、調子が悪くても、全うできるからね。それがたいしたもんなんですよ」
★もう一人、松坂のあの夏を見届けたスカウトの一人、
小川は現在、ソフトバンクの2軍監督を務めている。
九州はもちろん、全国に張り巡らせた独自の情報網から、
育成からWBC日本代表にまで成長した千賀、
身長170センチの小柄な捕手を他球団が敬遠する中、
育成で獲得し、いまやその強肩でレギュラーとなった甲斐ら、
原石ともいえる素材を発掘してきた小川の優れた目は、強いホークスの土台を築いたともいえる。
その小川は1998年当時、九州担当のスカウトを務めていた。
「その年、九州の高校生にいい選手が揃っていたんですよ。
だから、今年は忙しくなるなあ、と思ってところだったんです」
神宮で松坂が投げたのを見た瞬間、ネット裏の小川は
「ホントに、ビックリした」と、今でもその瞬間に受けた心の衝撃が忘れられないという。
「これは、評価をすべてやり直さないといけない。化け物だな。ホントに思ったよ」
先に挙げた選手でも、後にプロの一線級で活躍している。
その並み居る逸材たちと比べても、松坂の力は抜きん出ていた。
松坂が甲子園を席巻した20年前の夏には、まだ生まれていなかった球児たちが100回目の甲子園を彩っている2018年。
松坂の輝きは、今もなお、色あせることはない。

348氏名トルツメ2018/08/25(土) 19:04:47.14
甲子園、100回目の夏...
その長き歴史を語り継いでいく中で、松坂大輔が出現した「1998年」を欠くわけにはいかない。
1998年夏の甲子園。
中田は、松坂が伝説を築いていくその瞬間を、目の当たりにしてきた。
「その内容もすごいよね。PL学園の試合は延長17回でしょ。
明徳義塾にはサヨナラ勝ち、最後は決勝でノーヒットノーラン。
それも、3日連続でしょ。もう、体力も桁外れだね」
それでも、甲子園での活躍ぶりとスター性に、球団内部からドラフト直前になって「松坂1位はどうだ?」と打診されたという。
中田は「無理です」と突っぱねたというが、その評価は「すごかったよ」と笑いながら明かしてくれた。
その逸材が、巡り巡って、あの夏から20年がたった今、中日へやって来た。
球速はない。理想のフォームでもない。
それでも「俗に言う経験、余力もあるよね。粘りというのかな。
勝てない人って、諦めるのよ。でも、松坂は勝ち切るでしょ?
今の自分の投球を、調子が悪くても、全うできるからね。それがたいしたもんなんですよ」

349氏名トルツメ2018/08/25(土) 19:04:50.37
甲子園、100回目の夏...
その長き歴史を語り継いでいく中で、松坂大輔が出現した「1998年」を欠くわけにはいかない。
1998年夏の甲子園。
中田は、松坂が伝説を築いていくその瞬間を、目の当たりにしてきた。
「その内容もすごいよね。PL学園の試合は延長17回でしょ。
明徳義塾にはサヨナラ勝ち、最後は決勝でノーヒットノーラン。
それも、3日連続でしょ。もう、体力も桁外れだね」
それでも、甲子園での活躍ぶりとスター性に、球団内部からドラフト直前になって「松坂1位はどうだ?」と打診されたという。
中田は「無理です」と突っぱねたというが、その評価は「すごかったよ」と笑いながら明かしてくれた。
その逸材が、巡り巡って、あの夏から20年がたった今、中日へやって来た。
球速はない。理想のフォームでもない。
それでも「俗に言う経験、余力もあるよね。粘りというのかな。
勝てない人って、諦めるのよ。でも、松坂は勝ち切るでしょ?
今の自分の投球を、調子が悪くても、全うできるからね。それがたいしたもんなんですよ」
★もう一人、松坂のあの夏を見届けたスカウトの一人、
小川は現在、ソフトバンクの2軍監督を務めている。
九州はもちろん、全国に張り巡らせた独自の情報網から、
育成からWBC日本代表にまで成長した千賀、
身長170センチの小柄な捕手を他球団が敬遠する中、
育成で獲得し、いまやその強肩でレギュラーとなった甲斐ら、
原石ともいえる素材を発掘してきた小川の優れた目は、強いホークスの土台を築いたともいえる。
その小川は1998年当時、九州担当のスカウトを務めていた。
「その年、九州の高校生にいい選手が揃っていたんですよ。
だから、今年は忙しくなるなあ、と思ってところだったんです」
神宮で松坂が投げたのを見た瞬間、ネット裏の小川は
「ホントに、ビックリした」と、今でもその瞬間に受けた心の衝撃が忘れられないという。
「これは、評価をすべてやり直さないといけない。化け物だな。ホントに思ったよ」
先に挙げた選手でも、後にプロの一線級で活躍している。
その並み居る逸材たちと比べても、松坂の力は抜きん出ていた。
松坂が甲子園を席巻した20年前の夏には、まだ生まれていなかった球児たちが100回目の甲子園を彩っている2018年。
松坂の輝きは、今もなお、色あせることはない。

350氏名トルツメ2018/08/25(土) 19:05:05.51
甲子園、100回目の夏...
その長き歴史を語り継いでいく中で、松坂大輔が出現した「1998年」を欠くわけにはいかない。
1998年夏の甲子園。
中田は、松坂が伝説を築いていくその瞬間を、目の当たりにしてきた。
「その内容もすごいよね。PL学園の試合は延長17回でしょ。
明徳義塾にはサヨナラ勝ち、最後は決勝でノーヒットノーラン。
それも、3日連続でしょ。もう、体力も桁外れだね」
それでも、甲子園での活躍ぶりとスター性に、球団内部からドラフト直前になって「松坂1位はどうだ?」と打診されたという。
中田は「無理です」と突っぱねたというが、その評価は「すごかったよ」と笑いながら明かしてくれた。
その逸材が、巡り巡って、あの夏から20年がたった今、中日へやって来た。
球速はない。理想のフォームでもない。
それでも「俗に言う経験、余力もあるよね。粘りというのかな。
勝てない人って、諦めるのよ。でも、松坂は勝ち切るでしょ?
今の自分の投球を、調子が悪くても、全うできるからね。それがたいしたもんなんですよ」

351氏名トルツメ2018/08/25(土) 19:05:09.06
甲子園、100回目の夏...
その長き歴史を語り継いでいく中で、松坂大輔が出現した「1998年」を欠くわけにはいかない。
1998年夏の甲子園。
中田は、松坂が伝説を築いていくその瞬間を、目の当たりにしてきた。
「その内容もすごいよね。PL学園の試合は延長17回でしょ。
明徳義塾にはサヨナラ勝ち、最後は決勝でノーヒットノーラン。
それも、3日連続でしょ。もう、体力も桁外れだね」
それでも、甲子園での活躍ぶりとスター性に、球団内部からドラフト直前になって「松坂1位はどうだ?」と打診されたという。
中田は「無理です」と突っぱねたというが、その評価は「すごかったよ」と笑いながら明かしてくれた。
その逸材が、巡り巡って、あの夏から20年がたった今、中日へやって来た。
球速はない。理想のフォームでもない。
それでも「俗に言う経験、余力もあるよね。粘りというのかな。
勝てない人って、諦めるのよ。でも、松坂は勝ち切るでしょ?
今の自分の投球を、調子が悪くても、全うできるからね。それがたいしたもんなんですよ」
★もう一人、松坂のあの夏を見届けたスカウトの一人、
小川は現在、ソフトバンクの2軍監督を務めている。
九州はもちろん、全国に張り巡らせた独自の情報網から、
育成からWBC日本代表にまで成長した千賀、
身長170センチの小柄な捕手を他球団が敬遠する中、
育成で獲得し、いまやその強肩でレギュラーとなった甲斐ら、
原石ともいえる素材を発掘してきた小川の優れた目は、強いホークスの土台を築いたともいえる。
その小川は1998年当時、九州担当のスカウトを務めていた。
「その年、九州の高校生にいい選手が揃っていたんですよ。
だから、今年は忙しくなるなあ、と思ってところだったんです」
神宮で松坂が投げたのを見た瞬間、ネット裏の小川は
「ホントに、ビックリした」と、今でもその瞬間に受けた心の衝撃が忘れられないという。
「これは、評価をすべてやり直さないといけない。化け物だな。ホントに思ったよ」
先に挙げた選手でも、後にプロの一線級で活躍している。
その並み居る逸材たちと比べても、松坂の力は抜きん出ていた。
松坂が甲子園を席巻した20年前の夏には、まだ生まれていなかった球児たちが100回目の甲子園を彩っている2018年。
松坂の輝きは、今もなお、色あせることはない。

352氏名トルツメ2018/08/25(土) 19:05:24.43
甲子園、100回目の夏...
その長き歴史を語り継いでいく中で、松坂大輔が出現した「1998年」を欠くわけにはいかない。
1998年夏の甲子園。
中田は、松坂が伝説を築いていくその瞬間を、目の当たりにしてきた。
「その内容もすごいよね。PL学園の試合は延長17回でしょ。
明徳義塾にはサヨナラ勝ち、最後は決勝でノーヒットノーラン。
それも、3日連続でしょ。もう、体力も桁外れだね」
それでも、甲子園での活躍ぶりとスター性に、球団内部からドラフト直前になって「松坂1位はどうだ?」と打診されたという。
中田は「無理です」と突っぱねたというが、その評価は「すごかったよ」と笑いながら明かしてくれた。
その逸材が、巡り巡って、あの夏から20年がたった今、中日へやって来た。
球速はない。理想のフォームでもない。
それでも「俗に言う経験、余力もあるよね。粘りというのかな。
勝てない人って、諦めるのよ。でも、松坂は勝ち切るでしょ?
今の自分の投球を、調子が悪くても、全うできるからね。それがたいしたもんなんですよ」

353氏名トルツメ2018/08/25(土) 19:05:27.92
甲子園、100回目の夏...
その長き歴史を語り継いでいく中で、松坂大輔が出現した「1998年」を欠くわけにはいかない。
1998年夏の甲子園。
中田は、松坂が伝説を築いていくその瞬間を、目の当たりにしてきた。
「その内容もすごいよね。PL学園の試合は延長17回でしょ。
明徳義塾にはサヨナラ勝ち、最後は決勝でノーヒットノーラン。
それも、3日連続でしょ。もう、体力も桁外れだね」
それでも、甲子園での活躍ぶりとスター性に、球団内部からドラフト直前になって「松坂1位はどうだ?」と打診されたという。
中田は「無理です」と突っぱねたというが、その評価は「すごかったよ」と笑いながら明かしてくれた。
その逸材が、巡り巡って、あの夏から20年がたった今、中日へやって来た。
球速はない。理想のフォームでもない。
それでも「俗に言う経験、余力もあるよね。粘りというのかな。
勝てない人って、諦めるのよ。でも、松坂は勝ち切るでしょ?
今の自分の投球を、調子が悪くても、全うできるからね。それがたいしたもんなんですよ」
★もう一人、松坂のあの夏を見届けたスカウトの一人、
小川は現在、ソフトバンクの2軍監督を務めている。
九州はもちろん、全国に張り巡らせた独自の情報網から、
育成からWBC日本代表にまで成長した千賀、
身長170センチの小柄な捕手を他球団が敬遠する中、
育成で獲得し、いまやその強肩でレギュラーとなった甲斐ら、
原石ともいえる素材を発掘してきた小川の優れた目は、強いホークスの土台を築いたともいえる。
その小川は1998年当時、九州担当のスカウトを務めていた。
「その年、九州の高校生にいい選手が揃っていたんですよ。
だから、今年は忙しくなるなあ、と思ってところだったんです」
神宮で松坂が投げたのを見た瞬間、ネット裏の小川は
「ホントに、ビックリした」と、今でもその瞬間に受けた心の衝撃が忘れられないという。
「これは、評価をすべてやり直さないといけない。化け物だな。ホントに思ったよ」
先に挙げた選手でも、後にプロの一線級で活躍している。
その並み居る逸材たちと比べても、松坂の力は抜きん出ていた。
松坂が甲子園を席巻した20年前の夏には、まだ生まれていなかった球児たちが100回目の甲子園を彩っている2018年。
松坂の輝きは、今もなお、色あせることはない。

354氏名トルツメ2018/08/25(土) 19:05:43.04
甲子園、100回目の夏...
その長き歴史を語り継いでいく中で、松坂大輔が出現した「1998年」を欠くわけにはいかない。
1998年夏の甲子園。
中田は、松坂が伝説を築いていくその瞬間を、目の当たりにしてきた。
「その内容もすごいよね。PL学園の試合は延長17回でしょ。
明徳義塾にはサヨナラ勝ち、最後は決勝でノーヒットノーラン。
それも、3日連続でしょ。もう、体力も桁外れだね」
それでも、甲子園での活躍ぶりとスター性に、球団内部からドラフト直前になって「松坂1位はどうだ?」と打診されたという。
中田は「無理です」と突っぱねたというが、その評価は「すごかったよ」と笑いながら明かしてくれた。
その逸材が、巡り巡って、あの夏から20年がたった今、中日へやって来た。
球速はない。理想のフォームでもない。
それでも「俗に言う経験、余力もあるよね。粘りというのかな。
勝てない人って、諦めるのよ。でも、松坂は勝ち切るでしょ?
今の自分の投球を、調子が悪くても、全うできるからね。それがたいしたもんなんですよ」

355氏名トルツメ2018/08/25(土) 19:05:46.11
甲子園、100回目の夏...
その長き歴史を語り継いでいく中で、松坂大輔が出現した「1998年」を欠くわけにはいかない。
1998年夏の甲子園。
中田は、松坂が伝説を築いていくその瞬間を、目の当たりにしてきた。
「その内容もすごいよね。PL学園の試合は延長17回でしょ。
明徳義塾にはサヨナラ勝ち、最後は決勝でノーヒットノーラン。
それも、3日連続でしょ。もう、体力も桁外れだね」
それでも、甲子園での活躍ぶりとスター性に、球団内部からドラフト直前になって「松坂1位はどうだ?」と打診されたという。
中田は「無理です」と突っぱねたというが、その評価は「すごかったよ」と笑いながら明かしてくれた。
その逸材が、巡り巡って、あの夏から20年がたった今、中日へやって来た。
球速はない。理想のフォームでもない。
それでも「俗に言う経験、余力もあるよね。粘りというのかな。
勝てない人って、諦めるのよ。でも、松坂は勝ち切るでしょ?
今の自分の投球を、調子が悪くても、全うできるからね。それがたいしたもんなんですよ」
★もう一人、松坂のあの夏を見届けたスカウトの一人、
小川は現在、ソフトバンクの2軍監督を務めている。
九州はもちろん、全国に張り巡らせた独自の情報網から、
育成からWBC日本代表にまで成長した千賀、
身長170センチの小柄な捕手を他球団が敬遠する中、
育成で獲得し、いまやその強肩でレギュラーとなった甲斐ら、
原石ともいえる素材を発掘してきた小川の優れた目は、強いホークスの土台を築いたともいえる。
その小川は1998年当時、九州担当のスカウトを務めていた。
「その年、九州の高校生にいい選手が揃っていたんですよ。
だから、今年は忙しくなるなあ、と思ってところだったんです」
神宮で松坂が投げたのを見た瞬間、ネット裏の小川は
「ホントに、ビックリした」と、今でもその瞬間に受けた心の衝撃が忘れられないという。
「これは、評価をすべてやり直さないといけない。化け物だな。ホントに思ったよ」
先に挙げた選手でも、後にプロの一線級で活躍している。
その並み居る逸材たちと比べても、松坂の力は抜きん出ていた。
松坂が甲子園を席巻した20年前の夏には、まだ生まれていなかった球児たちが100回目の甲子園を彩っている2018年。
松坂の輝きは、今もなお、色あせることはない。

356氏名トルツメ2018/08/25(土) 19:06:01.15
甲子園、100回目の夏...
その長き歴史を語り継いでいく中で、松坂大輔が出現した「1998年」を欠くわけにはいかない。
1998年夏の甲子園。
中田は、松坂が伝説を築いていくその瞬間を、目の当たりにしてきた。
「その内容もすごいよね。PL学園の試合は延長17回でしょ。
明徳義塾にはサヨナラ勝ち、最後は決勝でノーヒットノーラン。
それも、3日連続でしょ。もう、体力も桁外れだね」
それでも、甲子園での活躍ぶりとスター性に、球団内部からドラフト直前になって「松坂1位はどうだ?」と打診されたという。
中田は「無理です」と突っぱねたというが、その評価は「すごかったよ」と笑いながら明かしてくれた。
その逸材が、巡り巡って、あの夏から20年がたった今、中日へやって来た。
球速はない。理想のフォームでもない。
それでも「俗に言う経験、余力もあるよね。粘りというのかな。
勝てない人って、諦めるのよ。でも、松坂は勝ち切るでしょ?
今の自分の投球を、調子が悪くても、全うできるからね。それがたいしたもんなんですよ」

357氏名トルツメ2018/08/25(土) 19:06:05.04
甲子園、100回目の夏...
その長き歴史を語り継いでいく中で、松坂大輔が出現した「1998年」を欠くわけにはいかない。
1998年夏の甲子園。
中田は、松坂が伝説を築いていくその瞬間を、目の当たりにしてきた。
「その内容もすごいよね。PL学園の試合は延長17回でしょ。
明徳義塾にはサヨナラ勝ち、最後は決勝でノーヒットノーラン。
それも、3日連続でしょ。もう、体力も桁外れだね」
それでも、甲子園での活躍ぶりとスター性に、球団内部からドラフト直前になって「松坂1位はどうだ?」と打診されたという。
中田は「無理です」と突っぱねたというが、その評価は「すごかったよ」と笑いながら明かしてくれた。
その逸材が、巡り巡って、あの夏から20年がたった今、中日へやって来た。
球速はない。理想のフォームでもない。
それでも「俗に言う経験、余力もあるよね。粘りというのかな。
勝てない人って、諦めるのよ。でも、松坂は勝ち切るでしょ?
今の自分の投球を、調子が悪くても、全うできるからね。それがたいしたもんなんですよ」
★もう一人、松坂のあの夏を見届けたスカウトの一人、
小川は現在、ソフトバンクの2軍監督を務めている。
九州はもちろん、全国に張り巡らせた独自の情報網から、
育成からWBC日本代表にまで成長した千賀、
身長170センチの小柄な捕手を他球団が敬遠する中、
育成で獲得し、いまやその強肩でレギュラーとなった甲斐ら、
原石ともいえる素材を発掘してきた小川の優れた目は、強いホークスの土台を築いたともいえる。
その小川は1998年当時、九州担当のスカウトを務めていた。
「その年、九州の高校生にいい選手が揃っていたんですよ。
だから、今年は忙しくなるなあ、と思ってところだったんです」
神宮で松坂が投げたのを見た瞬間、ネット裏の小川は
「ホントに、ビックリした」と、今でもその瞬間に受けた心の衝撃が忘れられないという。
「これは、評価をすべてやり直さないといけない。化け物だな。ホントに思ったよ」
先に挙げた選手でも、後にプロの一線級で活躍している。
その並み居る逸材たちと比べても、松坂の力は抜きん出ていた。
松坂が甲子園を席巻した20年前の夏には、まだ生まれていなかった球児たちが100回目の甲子園を彩っている2018年。
松坂の輝きは、今もなお、色あせることはない。

358氏名トルツメ2018/08/25(土) 19:06:20.65
甲子園、100回目の夏...
その長き歴史を語り継いでいく中で、松坂大輔が出現した「1998年」を欠くわけにはいかない。
1998年夏の甲子園。
中田は、松坂が伝説を築いていくその瞬間を、目の当たりにしてきた。
「その内容もすごいよね。PL学園の試合は延長17回でしょ。
明徳義塾にはサヨナラ勝ち、最後は決勝でノーヒットノーラン。
それも、3日連続でしょ。もう、体力も桁外れだね」
それでも、甲子園での活躍ぶりとスター性に、球団内部からドラフト直前になって「松坂1位はどうだ?」と打診されたという。
中田は「無理です」と突っぱねたというが、その評価は「すごかったよ」と笑いながら明かしてくれた。
その逸材が、巡り巡って、あの夏から20年がたった今、中日へやって来た。
球速はない。理想のフォームでもない。
それでも「俗に言う経験、余力もあるよね。粘りというのかな。
勝てない人って、諦めるのよ。でも、松坂は勝ち切るでしょ?
今の自分の投球を、調子が悪くても、全うできるからね。それがたいしたもんなんですよ」

359氏名トルツメ2018/08/25(土) 19:06:24.03
甲子園、100回目の夏...
その長き歴史を語り継いでいく中で、松坂大輔が出現した「1998年」を欠くわけにはいかない。
1998年夏の甲子園。
中田は、松坂が伝説を築いていくその瞬間を、目の当たりにしてきた。
「その内容もすごいよね。PL学園の試合は延長17回でしょ。
明徳義塾にはサヨナラ勝ち、最後は決勝でノーヒットノーラン。
それも、3日連続でしょ。もう、体力も桁外れだね」
それでも、甲子園での活躍ぶりとスター性に、球団内部からドラフト直前になって「松坂1位はどうだ?」と打診されたという。
中田は「無理です」と突っぱねたというが、その評価は「すごかったよ」と笑いながら明かしてくれた。
その逸材が、巡り巡って、あの夏から20年がたった今、中日へやって来た。
球速はない。理想のフォームでもない。
それでも「俗に言う経験、余力もあるよね。粘りというのかな。
勝てない人って、諦めるのよ。でも、松坂は勝ち切るでしょ?
今の自分の投球を、調子が悪くても、全うできるからね。それがたいしたもんなんですよ」
★もう一人、松坂のあの夏を見届けたスカウトの一人、
小川は現在、ソフトバンクの2軍監督を務めている。
九州はもちろん、全国に張り巡らせた独自の情報網から、
育成からWBC日本代表にまで成長した千賀、
身長170センチの小柄な捕手を他球団が敬遠する中、
育成で獲得し、いまやその強肩でレギュラーとなった甲斐ら、
原石ともいえる素材を発掘してきた小川の優れた目は、強いホークスの土台を築いたともいえる。
その小川は1998年当時、九州担当のスカウトを務めていた。
「その年、九州の高校生にいい選手が揃っていたんですよ。
だから、今年は忙しくなるなあ、と思ってところだったんです」
神宮で松坂が投げたのを見た瞬間、ネット裏の小川は
「ホントに、ビックリした」と、今でもその瞬間に受けた心の衝撃が忘れられないという。
「これは、評価をすべてやり直さないといけない。化け物だな。ホントに思ったよ」
先に挙げた選手でも、後にプロの一線級で活躍している。
その並み居る逸材たちと比べても、松坂の力は抜きん出ていた。
松坂が甲子園を席巻した20年前の夏には、まだ生まれていなかった球児たちが100回目の甲子園を彩っている2018年。
松坂の輝きは、今もなお、色あせることはない。

360氏名トルツメ2018/08/25(土) 19:06:39.06
甲子園、100回目の夏...
その長き歴史を語り継いでいく中で、松坂大輔が出現した「1998年」を欠くわけにはいかない。
1998年夏の甲子園。
中田は、松坂が伝説を築いていくその瞬間を、目の当たりにしてきた。
「その内容もすごいよね。PL学園の試合は延長17回でしょ。
明徳義塾にはサヨナラ勝ち、最後は決勝でノーヒットノーラン。
それも、3日連続でしょ。もう、体力も桁外れだね」
それでも、甲子園での活躍ぶりとスター性に、球団内部からドラフト直前になって「松坂1位はどうだ?」と打診されたという。
中田は「無理です」と突っぱねたというが、その評価は「すごかったよ」と笑いながら明かしてくれた。
その逸材が、巡り巡って、あの夏から20年がたった今、中日へやって来た。
球速はない。理想のフォームでもない。
それでも「俗に言う経験、余力もあるよね。粘りというのかな。
勝てない人って、諦めるのよ。でも、松坂は勝ち切るでしょ?
今の自分の投球を、調子が悪くても、全うできるからね。それがたいしたもんなんですよ」

361氏名トルツメ2018/08/25(土) 19:06:42.26
甲子園、100回目の夏...
その長き歴史を語り継いでいく中で、松坂大輔が出現した「1998年」を欠くわけにはいかない。
1998年夏の甲子園。
中田は、松坂が伝説を築いていくその瞬間を、目の当たりにしてきた。
「その内容もすごいよね。PL学園の試合は延長17回でしょ。
明徳義塾にはサヨナラ勝ち、最後は決勝でノーヒットノーラン。
それも、3日連続でしょ。もう、体力も桁外れだね」
それでも、甲子園での活躍ぶりとスター性に、球団内部からドラフト直前になって「松坂1位はどうだ?」と打診されたという。
中田は「無理です」と突っぱねたというが、その評価は「すごかったよ」と笑いながら明かしてくれた。
その逸材が、巡り巡って、あの夏から20年がたった今、中日へやって来た。
球速はない。理想のフォームでもない。
それでも「俗に言う経験、余力もあるよね。粘りというのかな。
勝てない人って、諦めるのよ。でも、松坂は勝ち切るでしょ?
今の自分の投球を、調子が悪くても、全うできるからね。それがたいしたもんなんですよ」
★もう一人、松坂のあの夏を見届けたスカウトの一人、
小川は現在、ソフトバンクの2軍監督を務めている。
九州はもちろん、全国に張り巡らせた独自の情報網から、
育成からWBC日本代表にまで成長した千賀、
身長170センチの小柄な捕手を他球団が敬遠する中、
育成で獲得し、いまやその強肩でレギュラーとなった甲斐ら、
原石ともいえる素材を発掘してきた小川の優れた目は、強いホークスの土台を築いたともいえる。
その小川は1998年当時、九州担当のスカウトを務めていた。
「その年、九州の高校生にいい選手が揃っていたんですよ。
だから、今年は忙しくなるなあ、と思ってところだったんです」
神宮で松坂が投げたのを見た瞬間、ネット裏の小川は
「ホントに、ビックリした」と、今でもその瞬間に受けた心の衝撃が忘れられないという。
「これは、評価をすべてやり直さないといけない。化け物だな。ホントに思ったよ」
先に挙げた選手でも、後にプロの一線級で活躍している。
その並み居る逸材たちと比べても、松坂の力は抜きん出ていた。
松坂が甲子園を席巻した20年前の夏には、まだ生まれていなかった球児たちが100回目の甲子園を彩っている2018年。
松坂の輝きは、今もなお、色あせることはない。

362氏名トルツメ2018/08/25(土) 19:06:57.34
甲子園、100回目の夏...
その長き歴史を語り継いでいく中で、松坂大輔が出現した「1998年」を欠くわけにはいかない。
1998年夏の甲子園。
中田は、松坂が伝説を築いていくその瞬間を、目の当たりにしてきた。
「その内容もすごいよね。PL学園の試合は延長17回でしょ。
明徳義塾にはサヨナラ勝ち、最後は決勝でノーヒットノーラン。
それも、3日連続でしょ。もう、体力も桁外れだね」
それでも、甲子園での活躍ぶりとスター性に、球団内部からドラフト直前になって「松坂1位はどうだ?」と打診されたという。
中田は「無理です」と突っぱねたというが、その評価は「すごかったよ」と笑いながら明かしてくれた。
その逸材が、巡り巡って、あの夏から20年がたった今、中日へやって来た。
球速はない。理想のフォームでもない。
それでも「俗に言う経験、余力もあるよね。粘りというのかな。
勝てない人って、諦めるのよ。でも、松坂は勝ち切るでしょ?
今の自分の投球を、調子が悪くても、全うできるからね。それがたいしたもんなんですよ」

363氏名トルツメ2018/08/25(土) 19:07:12.58
甲子園、100回目の夏...
その長き歴史を語り継いでいく中で、松坂大輔が出現した「1998年」を欠くわけにはいかない。
1998年夏の甲子園。
中田は、松坂が伝説を築いていくその瞬間を、目の当たりにしてきた。
「その内容もすごいよね。PL学園の試合は延長17回でしょ。
明徳義塾にはサヨナラ勝ち、最後は決勝でノーヒットノーラン。
それも、3日連続でしょ。もう、体力も桁外れだね」
それでも、甲子園での活躍ぶりとスター性に、球団内部からドラフト直前になって「松坂1位はどうだ?」と打診されたという。
中田は「無理です」と突っぱねたというが、その評価は「すごかったよ」と笑いながら明かしてくれた。
その逸材が、巡り巡って、あの夏から20年がたった今、中日へやって来た。
球速はない。理想のフォームでもない。
それでも「俗に言う経験、余力もあるよね。粘りというのかな。
勝てない人って、諦めるのよ。でも、松坂は勝ち切るでしょ?
今の自分の投球を、調子が悪くても、全うできるからね。それがたいしたもんなんですよ」

364氏名トルツメ2018/08/25(土) 19:07:27.74
甲子園、100回目の夏...
その長き歴史を語り継いでいく中で、松坂大輔が出現した「1998年」を欠くわけにはいかない。
1998年夏の甲子園。
中田は、松坂が伝説を築いていくその瞬間を、目の当たりにしてきた。
「その内容もすごいよね。PL学園の試合は延長17回でしょ。
明徳義塾にはサヨナラ勝ち、最後は決勝でノーヒットノーラン。
それも、3日連続でしょ。もう、体力も桁外れだね」
それでも、甲子園での活躍ぶりとスター性に、球団内部からドラフト直前になって「松坂1位はどうだ?」と打診されたという。
中田は「無理です」と突っぱねたというが、その評価は「すごかったよ」と笑いながら明かしてくれた。
その逸材が、巡り巡って、あの夏から20年がたった今、中日へやって来た。
球速はない。理想のフォームでもない。
それでも「俗に言う経験、余力もあるよね。粘りというのかな。
勝てない人って、諦めるのよ。でも、松坂は勝ち切るでしょ?
今の自分の投球を、調子が悪くても、全うできるからね。それがたいしたもんなんですよ」

365氏名トルツメ2018/08/25(土) 19:07:31.14
甲子園、100回目の夏...
その長き歴史を語り継いでいく中で、松坂大輔が出現した「1998年」を欠くわけにはいかない。
1998年夏の甲子園。
中田は、松坂が伝説を築いていくその瞬間を、目の当たりにしてきた。
「その内容もすごいよね。PL学園の試合は延長17回でしょ。
明徳義塾にはサヨナラ勝ち、最後は決勝でノーヒットノーラン。
それも、3日連続でしょ。もう、体力も桁外れだね」
それでも、甲子園での活躍ぶりとスター性に、球団内部からドラフト直前になって「松坂1位はどうだ?」と打診されたという。
中田は「無理です」と突っぱねたというが、その評価は「すごかったよ」と笑いながら明かしてくれた。
その逸材が、巡り巡って、あの夏から20年がたった今、中日へやって来た。
球速はない。理想のフォームでもない。
それでも「俗に言う経験、余力もあるよね。粘りというのかな。
勝てない人って、諦めるのよ。でも、松坂は勝ち切るでしょ?
今の自分の投球を、調子が悪くても、全うできるからね。それがたいしたもんなんですよ」
★もう一人、松坂のあの夏を見届けたスカウトの一人、
小川は現在、ソフトバンクの2軍監督を務めている。
九州はもちろん、全国に張り巡らせた独自の情報網から、
育成からWBC日本代表にまで成長した千賀、
身長170センチの小柄な捕手を他球団が敬遠する中、
育成で獲得し、いまやその強肩でレギュラーとなった甲斐ら、
原石ともいえる素材を発掘してきた小川の優れた目は、強いホークスの土台を築いたともいえる。
その小川は1998年当時、九州担当のスカウトを務めていた。
「その年、九州の高校生にいい選手が揃っていたんですよ。
だから、今年は忙しくなるなあ、と思ってところだったんです」
神宮で松坂が投げたのを見た瞬間、ネット裏の小川は
「ホントに、ビックリした」と、今でもその瞬間に受けた心の衝撃が忘れられないという。
「これは、評価をすべてやり直さないといけない。化け物だな。ホントに思ったよ」
先に挙げた選手でも、後にプロの一線級で活躍している。
その並み居る逸材たちと比べても、松坂の力は抜きん出ていた。
松坂が甲子園を席巻した20年前の夏には、まだ生まれていなかった球児たちが100回目の甲子園を彩っている2018年。
松坂の輝きは、今もなお、色あせることはない。

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています