尾木ママの炎上商法 [転載禁止]©2ch.net

1氏名トルツメ2015/10/15(木) 11:01:36.85
しっかり反省し、ファンに誠実であれば「失敗」は生きるんですよ
http://ameblo.jp/oginaoki/entry-12041414326.html
http://daily.2ch.net/test/read.cgi/idolplus/1435037548/34
http://netallica.yahoo.co.jp/news/20150622-00000013-irorio
昨日のブログ
「炎上」!?

ひょっとしたら、アイドルの謝罪について率直につぶやき過ぎたのかしら?

タブーに触れたのかしら?

そのアクセス件数の多さに

びっくり仰天(;゜∇゜)

大成している一流の人は
皆さん
失敗をしっかり教訓化

飛躍しているのですよ…

4日前発売の

「尾木ママの7つの人生力」のなかでも強調して書いています

89氏名トルツメ2016/05/10(火) 19:33:47.47
はぁ?ケンカ売ってんのかお前
俺の底知れない性欲の対象にするぞコラ

90氏名トルツメ2016/06/04(土) 17:20:11.27
デイリースポーツ 5月21日(土)23時18分配信

 東京都小金井市で21日午後5時ごろ、20代女性が男に刃物で刺され、
病院に搬送された。警視庁によると冨田さんは意識不明の重体。女性は現場近くの
劇場に出演予定だったアイドル活動を行っている冨田真由さんみられる。
 冨田さんのツイッターには今年1月中旬ごろから、特定のアカウントから、
断続的に不審なストーカー行為ともとれる内容のコメントが投稿されていた。
 1月中旬に冨田さんに宛てて「真由ちゃんがTwitterフォローしてよと言ったから
フォローしてます。たまには返信してちょうだい」と一般的なファンのような
コメントだったが、次第に「君はタメ息が出るほどステキだけれど、もう優しくしない。」
「愛情なんていとも簡単に憎悪に変わっちゃうけれど、僕は普通にトミーさんのこと
好きですよ」と内容に変化がみられた。
 2月には「あなたに見下されたこと一生忘れないから」「君の人生、誰のもの?」
「トミーさんは不誠実だねぇ」などと非難するかのようなコメントを執ように送っていた。
 ゴールデンウィーク以降は投稿が減っていた。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160521-00000115-dal-ent

↑より
>フォローしてます。たまには返信してちょうだい
>君はタメ息が出るほどステキだけれど、もう優しくしない。
>あなたに見下されたこと一生忘れないから
>トミーさんは不誠実だねぇ

去年、尾木ママから柏木由紀へ (http://daily.2ch.net/test/read.cgi/idolplus/1435037548/31-41より)
>「謝罪しろ」と書き、さらに人格を否定するような言葉が並んでいました
http://daily.2ch.net/test/read.cgi/idolplus/1435037548/39
>「バカにしているように思えてしまいますね…」
http://daily.2ch.net/test/read.cgi/idolplus/1435037548/37
>『無視』スルーほど失礼 いや 人の心を傷つける行為はありません…ちょうど『いじめ』の無視の辛さと同じですね ファンの存在をないものとするのと同じですから
http://daily.2ch.net/test/read.cgi/idolplus/1435037548/1

91氏名トルツメ2016/06/04(土) 17:21:55.39
>>90


去年、尾木ママは柏木由紀に対してキレてブログ等でさんざんディズっていたが、
それと小金井の容疑者の言っていることは物凄く似ている
尾木ママの柏木由紀へやっていたこともストーカー行為だな

92氏名トルツメ2016/06/05(日) 13:29:31.50
40才近くなっても童貞で漫画家志望者やってるバカ

ネットウォッチ板
【アラフォー漫画家志望】犬面犬ウォッチスレ【ひきこもり】5

http://yomogi.2ch.net/test/read.cgi/net/1464863520/

93氏名トルツメ2016/06/26(日) 20:11:49.71
尾木ママ 舛添知事は「腐ったミカン」 周囲に悪影響「急いで棄てましょう」


1日に開会した東京都議会で謝罪しながら説明はいっさいなかった舛添知事を、
教育評論家の尾木ママこと尾木直樹氏がブログで「腐ったミカン」にたとえた。

 尾木ママは、都議の間で持ち上がっている、
舛添知事が辞任した際に次々回都知事選が東京五輪直前になることを理由に辞任回避しようという考えを
「みみっちい舛添さん発想」と決めつけ、「腐ったミカン 急いで棄てましょう」と訴えた。

 このまま舛添知事が都政を預かった場合、「『腐ったミカン』を我慢して持っていると 
周りのミカン 次々と腐り始めます」と周囲に及ぼす悪影響を心配し、「オリンピック前の選挙 新鮮でいいですね…」と、
都議会に舛添弾劾を求めた。


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160602-00000039-dal-ent

94氏名トルツメ2016/06/26(日) 20:12:56.40
>>93
デイリースポーツ 6月2日 10時33分配信

 1日に開会した東京都議会で謝罪しながら説明はいっさいなかった舛添知事を、教育評論家の尾木ママこと
尾木直樹氏がブログで「腐ったミカン」にたとえた。

 尾木ママは、都議の間で持ち上がっている、舛添知事が辞任した際に次々回都知事選が東京五輪直前に
なることを理由に辞任回避しよういう考えを「みみっちい舛添さん発想」と決めつけ、
「腐ったミカン 急いで棄てましょう」と訴えた。

 このまま舛添知事が都政を預かった場合、「『腐ったミカン』を我慢して持っていると 周りのミカン 
次々と腐り始めます」と周囲に及ぼす悪影響を心配し、「オリンピック前の選挙 新鮮でいいですね…」と、
都議会に舛添弾劾を求めた。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160602-00000039-dal-ent

95氏名トルツメ2016/06/26(日) 20:14:17.14
>>93-94
J-CASTニュース 6月3日 13時41分配信

 「教育評論家の発言とは思えない」「もう喋らない方が良い」――。北海道七飯町の山林で行方不明と
なっていた小学2年の男児(7)が2016年6月3日朝に発見されたことを受け、「尾木ママ」こと教育評論家の
尾木直樹氏に対するバッシングがネット上で加熱している。

 これまで尾木氏は、「(本当に置き去りなのか)疑いたくなってしまいます」「間違いなく逮捕される」
などと親への批判をブログで繰り返していた。男児の発見後には「良かった!見つかりました!」と喜びを
爆発させた尾木氏だが、ツイッターやネット掲示板には「両親への謝罪が先では」といった批判が殺到している。

■「置き去りそのものが真実なのか失礼ながら疑いたく...」

 「良かった、良かった!! 見つかりましたよ!見つかりました!」。男児発見のニュースが流れた3日朝、
尾木氏はこんなタイトルのブログを更新。本文では、「こんなにほっとしたことも珍しい!合同捜査本部解散の
ニュースに落ち込んでいた尾木ママ いきなり元気 元気!! 」と喜びを爆発させていた。

 だが、尾木氏はこれまで、同じブログ上で「両親に対する厳しい批判」を繰り返し綴っていた。男児を
放置した親の行動を「虐待です」との批判ではおさまらず、「しつけのお仕置きで7歳を山中に放置するでしょうか!? 」
(5月30日)と事件性を疑うような記述まで見つかる。

 5月31日には、「北海道の放置親に同情する方々に問いたい」と切り出し、両親への批判を展開。最終的には、
保護責任者遺棄罪などを踏まえてなのか、「(両親は)警察にも間違いなく逮捕されることでしょうね」とも
断言していた。

 尾木氏の「放言」はまだ止まらない。男児の発見を喜んだブログ記事を更新する約8時間前、6月3日未明
には「(自衛隊の捜索でも見つからないなんて)はっきりいってあり得ない」と持論を展開。
「置き去りそのものが真実なのか失礼ながら疑いたくなってしまいます...」と疑問を投げかけていた。

「教育評論家の発言とは思えない」

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160603-00000003-jct-soci&

96氏名トルツメ2016/06/26(日) 20:15:35.70
>>95のつづき

 尾木氏の一連の発言について、ネット上では「両親へ謝罪しろ」「反省した方がいい」といった批判が
殺到。ツイッターなどには、

  「有名人が憶測でブログなどにのせるのは教育評論家のすることではない!ご両親に謝るべき!
口を出し過ぎ!」
   「父親に謝れよ。変な勘ぐりをして、実のないコメントをしたんだからな」
   「発言の無責任さに閉口する。何が教育評論家だ」

といった投稿が秒単位で上がっており、まさに「炎上状態」となっている。

 今回の件だけではなく、尾木氏の「放言ブログ」をめぐっては過去に幾度も騒動が起きている。

 15年8月の「五輪エンブレム騒動」の際には、デザインの盗用が疑われた佐野研二郎氏が、デザイン料などで
「200億円」を受け取る予定などと、事実と異なる内容のブログを投稿。「デマを拡散した」と大きな批判を受け、
ブログに謝罪文を掲載。その中で尾木氏は、

  「未知の世界の問題は もっともっと慎重に学んでから しっかり事実理解してから 自分の見解 
発信しようと思います…」

と反省の弁を述べていた。

 つい最近では、政治資金の「公私混同」問題に揺れる東京都の舛添要一知事に対する猛批判を展開中。
16年6月1日には舛添知事を「腐ったミカン」と表現し、「急いで棄てましょうよ」と呼びかけていた。
この投稿に対しても、ネット上では「教育評論家の発言とは思えない」「教育に携わる人間でいながら
この表現を使うとは」との批判が出ていた。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160603-00000003-jct-soci&

97氏名トルツメ2016/07/02(土) 00:56:36.00
>>95-96
尾木ママ、置き去りは「真実なのか」


教育評論家の尾木ママこと尾木直樹氏が3日、ブログを更新し、北海道で小2男児が行方不明となっている事件について、
両親が訴える“置き去り”が「真実なのか」と、いよいよ疑問を呈し始めた。

 男児が行方不明になって6日を過ぎ、自衛隊なども投入しても手がかりが一切ない状態に尾木ママは、
「どうもおかしい?!自衛隊の1メートル間隔のローラー作戦でも見つからない?」のタイトルでブログをアップ。
タイトルの直後に「はっきりいってあり得ない」「日本の警察も自衛隊の災害救助隊も極めてレベル高いです。
あれば探せないはずないのではないでしょうか!?」と断言。

 「置き去りそのものが真実なのか 失礼ながら疑いたくなってしまいます… それほどあり得ないことだと思います」と、
両親が本当に山中に置き去りにしたのかという“原点”について疑問を投げかけ、
「それとも科学では解明出来ない『神隠し』でしょうか!?」と記した。

http://www.daily.co.jp/newsflash/gossip/2016/06/03/0009146882.shtml

 尾木ママは今回の行方不明事件について、何度もブログで意見を述べており
「悪い躾の見本です…虐待です。虐待とは 子どものためといいながら、親の気持ちを満足させるため」などと、
親の取った行動を批判していた。


http://www.daily.co.jp/newsflash/gossip/2016/06/03/0009146882.shtml?pg=2

98氏名トルツメ2016/07/02(土) 00:58:20.42
>>95-97
尾木ママ「良かった!」男児発見に喜び


北海道の不明男児が無事発見されたニュースに、教育評論家の尾木ママこと尾木直樹氏が3日、
いち早くブログを更新し、「良かった、良かった」と喜びを伝えた。
尾木ママはつい8時間前、両親が訴える“置き去り”が「真実なのか」と、疑問を呈していた。

 不明男児が見つかったテレビなどの報道に、尾木ママの反応は早かった。
「良かった、良かった!!大和君が見つかりましたよ!見つかりました!」とのタイトルで、
「こんなにほっとしたことも珍しい!合同捜査本部解散のニュースに落ち込んでいた尾木ママ いきなり元気 元気!!」
と弾むような文章を連ねた。

 尾木ママは約8時間前、自衛隊のローラー作戦でも発見されなかったことに業を煮やし、
3日未明のブログで「はっきりいってあり得ない」「置き去りそのものが真実なのか 失礼ながら疑いたくなってしまいます…」と、
両親の置き去りそのものに疑問を投げかけていた。


http://www.daily.co.jp/newsflash/gossip/2016/06/03/0009147323.shtml

99氏名トルツメ2016/07/02(土) 01:00:37.42
>>95-98
尾木ママ、大和君を「丁寧にカウンセリングして」


北海道七飯町の林道で行方不明になっていた小学2年、田野岡大和君(7)が3日朝、
約6キロ離れた鹿部町の陸上自衛隊演習場内の宿営施設で無事保護された。


尾木ママこと教育評論家の尾木直樹氏(69)は、自身の公式ブログを更新。
早朝に「良かった!! 見つかりました!!」と喜んだ。午後1時過ぎには、
「家族全員の心のケア体制を」と見出しを付けた記事を掲載。
「大和君の親への不信感は、いかばかりでしょうか。
お姉さんの動揺、ご両親のケアと子育て指南、おばあちゃんのケア。
丁寧にカウンセリングしてほしいです」と訴えた。


http://nhk.2ch.net/test/read.cgi/nhk/1332154261/413

100氏名トルツメ2016/07/02(土) 01:04:03.13
>>95-99
尾木ママ、置き去り騒動について謝罪「完全に行き過ぎ、失礼でした」
スポニチアネックス 6月5日(日)13時39分配信

尾木ママこと教育評論家の尾木直樹氏(69)が5日、自身のブログを更新。
しつけとして父親に北海道七飯町の林道に置き去りにされて行方不明となっていた
小学2年の男児が3日に保護された事件について、ブログでの行き過ぎた発言を謝罪した。

この日のエントリーでは冒頭で「皆さんに大変なご心配おかけしたこと まずはお詫びいたします」
と謝罪。事件についての尾木ママのこれまでの発言がネット上で批判されていることを理解した上で
「事件発生当初から 心配のあまり その時々の大事な問題や率直な心情を毎日のようにブログに綴って来ました」と説明。
さらに、男児が発見された際には「読者の皆さんに一刻も早くお知らせしたく 発見の一報も直ぐにコメントしました」と明かした。

しかし、ネットでは「今まで散々親を虐待だと批判しておきながら発見を単純に喜ぶとは何事か」という批判が巻き起こり、
父親への謝罪を求める怒りの声も寄せられた。
これに対し、尾木ママは「あまりに発見出来ないことからお父さんのことを本当なのか疑念を抱いたことは
完全に行き過ぎ、失礼でした…これは率直にお詫びいたします!」と過ちを認めて謝罪。

その上で「これまでの尾木ママブログの本文を5月下旬からお読み下されば、虐待防止と男児の早期救出を
どんなに願って書いているかわかっていただけるのではないでしょうか。お父さんも含めたご家族の今後のケアも
お願いしています」とツイッターなどで自らの発言が部分的に拡散してしまったと説明した。
最後は「ネット社会で正確に全体伝えることは大変難しいと学びましたが…極めて大切なツールです」
としてブログを締めくくった。


http://m.sponichi.co.jp/entertainment/news/2016/06/05/kiji/K20160605012725350.html

101氏名トルツメ2016/07/02(土) 01:09:13.29
>>95-100
 脳科学者の茂木健一郎氏(53)が、北海道七飯町で一時行方不明になり、6日ぶりに保護された
小学2年田野岡大和君の事件に関する発言で批判を受けた尾木ママこと教育評論家の
尾木直樹氏(69)について「子どもを尊重しよう、とおっしゃっているのだと思います」と私見を述べた。

 尾木氏はこの事件に強い関心を寄せ、ブログで自身の見解を発信してきた。大和君を心配すると同時に、
大和君の両親が“しつけ”として置き去りにしたことについて「明らかにネグレクト!虐待です!」と批判。
さらに大和君がなかなか発見されない状況に「置き去りそのものが真実なのか失礼ながら疑いたく
なってしまいます」と両親を疑うような発言もあった。

 尾木氏は批判を受け、5日に更新したブログで「大和君の心配と子どもとの向き合い方を
発信し続けたつもりですが…皆さんに大変なご心配おかけしたことまずはお詫びいたします…」と謝罪。
大和君の両親に対しても「あまりに発見出来ないことからお父さんのことを本当なのか疑念を抱いたことは
完全に行き過ぎ、失礼でした…これは率直にお詫びいたします!」と謝罪した。

 尾木氏は6日放送のTBS系「白熱ライブ ビビット」に生出演し、今回の騒動でブログに100件を
超える批判が寄せられたことを明かした。茂木氏は同日ブログを更新し、尾木氏について
「尾木ママの言葉は、時に、過激かもしれないし、ご本人もおっしゃっているように、言い過ぎのところも 
あるかもしれません。でも、尾木ママは、一貫して、子どもを尊重しよう、とおっしゃっているのだと思います」と擁護した。

 茂木氏は尾木氏との会話で忘れられない言葉として、「たとえ失敗しても、子どもが自分で選んだ道ならば、
そこから学んで、自己肯定感に結びつけることができる」と紹介。「今の時代、親御さんや先生が、
子どもたちにこうしなさい、と押し付けることが、多すぎるのではないでしょうか。子どもが自分で考えて、
自ら選び取っていく、そんな自由をもっと大切にしたいと思います」と自身の考えを示した。

日刊スポーツ 6月6日(月)13時8分配信
http://www.nikkansports.com/entertainment/news/1659083.html

102氏名トルツメ2016/07/02(土) 01:10:59.95
>>95-101
教育評論家の尾木ママこと尾木直樹氏(69)が6日、TBS系「白熱ライブビビット」
(月〜金、午前8時)に出演し、北海道の「男児置き去り」に関するブログでの発言を謝罪した経緯を
説明した。

 この日は金沢でも起きた「7歳男児置き去り」を伝え、「どこまでがしつけか?」をテーマに展開した。
冒頭、尾木ママは「当初からものすごく心配で、1日2回くらいブログを更新してきたんです。
(男児が)見つかって大喜びして書いたら『今まで親のことを虐待だ、と書いていたのに喜ぶのは何事か!』
『まず親に謝れ』と炎上したんです。2日で100万件を超えたんです」と説明した。謝罪については
「(ブログから引用した)言葉は間違いではない。いくつかのブログからつまみ食いされたものが
ツイッターで拡散された。私の言いたいテーマと違う、全く別物が作られてしまった。ただ、
言い過ぎた部分があったので、そこはおわびしました」と、真意が曲げられたことを強調した。

 番組では「口で優しく諭す」から「山に置き去りにする」までのボードが掲示され、どこまでが
「しつけ」と「虐待」の境界線が議論された。尾木ママは「しつけというのは、自分でコントロールする力を
つけるのが目的。どの方法でも間違いではないが、体罰とか人権無視になるのはまずい。できれば
『口で優しく諭す』『お小遣いなし』が妥当かなと思う。ただ、“優しい”ではなくてきつい言葉でも
いいんです」と持論を展開した。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160606-00000001-tospoweb-ent

103氏名トルツメ2016/07/02(土) 01:12:32.06
>>95-102
 教育評論家の尾木ママこと尾木直樹氏(69)が6日、TBS系「白熱ライブ ビビット」に出演。
小2男児の親をブログで疑い、発見されて一転「良かった!」と喜んだことでブログが大炎上したことを明かした。
しかし5日深夜の更新では、応援投稿が多かったことに感謝する記述を書き込んでいた。

 尾木ママは5日昼更新のブログで「完全に行き過ぎ」などと謝罪した。
そして同夜には「まさかこんなにも理解していただけるとは こんなにも応援、励ましいただけるとは思いもしませんでした!!」と書き込んだ。

 実際、尾木ママのブログでは謝罪のエントリーに寄せられた投稿138件が紹介されているが、
「尾木先生は間違ったこと言ってないと思います」「謝る必要はない」などと理解を示すものがほとんど。
100万件を超えたという批判、攻撃の投稿はいっさい紹介されていなかった。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160606-00000043-dal-ent

104氏名トルツメ2016/07/02(土) 19:24:08.32
>>95-103
<尾木ママのブログはただの暴力?>なぜ尾木直樹氏のブログは炎上するのか  http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160608-00010000-mediagong-ent
藤本貴之[東洋大学 准教授・博士(学術)/メディア学者]


北海道でおきた「小学生置き去り・行方不明騒動」に関し、尾木ママこと教育評論家・尾木直樹氏が炎上している。
両親がしつけのために子供を「置き去り」にし、その結果、行方不明になった経緯を、
事件発生当初から両親の行為は虐待であり「警察にも間違いなく逮捕される」とブログで批判。加えて、

 「置き去りそのものが 真実なのか 失礼ながら 疑いたくなってしまいます」

とまで述べ、陰謀論的犯罪性をも想起させる情報を発信した。
結果的に、児童は自衛隊内施設にいたところを保護され事なきを得たが、
この騒動をめぐる小学生の親に対する尾木氏からの「断罪」とも取れる一連の発言に、
「無責任」「児童の父親に謝罪しろ」「教育評論家あるまじき言動」といった批判が集中した。

これまでも尾木氏の舌禍事件や「炎上」は少なくない。

五輪エンブレム騒動において、デザイン業界や五輪利権を批判する素材として、
「(旧)エンブレムのデザイナー・佐野研二郎氏が200億円受け取る」といった事実とは異なる情報を自身のブログを通して流布し、
謝罪に至ったことは記憶に新しい。

尾木氏は「とんでもないデマ情報」を流しただけでなく、(佐野氏とエンブレム騒動の是非はさておき)佐野氏への名誉毀損も著しい。
本来であれば謝罪して済むレベルの話ではない。

今回の「憶測デマ」に関しても、殺到する批判に対して尾木氏はブログでただちに謝罪をした。
もちろん、その立ち位置が「個人のブログにすぎない(けど、今後は気をつけます。ネットって怖いよね)」
といったものであることは伝わってくる。

しかしながら、個人ブログのレベルを超えている多くのアクセス数と影響力を持つ尾木ママのブログを考えれば、
尾木ママ公式ブログは、もはやテレビや新聞とかわらない、いわば「メディア」である。

105氏名トルツメ2016/07/02(土) 19:25:33.41
>>104のつづき
<尾木ママのブログはただの暴力?>なぜ尾木直樹氏のブログは炎上するのか  
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160608-00010000-mediagong-ent



つまり、尾木氏は、自分の一存でコントロールできる影響力のある「メディア」を使って、
小学生の両親の社会生命を脅かしかねない糾弾をし、それを流布したことになる。

オークションサイト詐欺で、ステマ行為、詐欺幇助的行為をした多くのタレントが
非難されたことで記憶に新しい「ペニオク事件」を思い出してほしい。
「影響力のある著名人」が「メディア化したブログ」上で展開していることは、
ほぼ公的なメッセージとして信頼性を持ってしまう。
多くの消費者が、それを真実である、客観的な情報である、と信じてしまいがちなのだ。

消費者のメディアリテラシー能力の必要性云々の議論はさておき、それが現実だ。
ましてや、教育評論家として著名で、教育を専門とする大学教授である尾木直樹氏であれば、その信ぴょう性はとんでもなく高い。
それがデマや誤認、間違いであると思う人の方が少ないのではないか。

そう考えれば、尾木ママが、(個人ブログの形をした)影響力のある商業メディアを使って、何の権限や正しい情報があるわけでもないのに、
陰謀論レベルの判断で「逮捕される」とか「200億円の利権を受け取る」などと発言することには、いわば「暴力」だ。

商業メディアが持つ暴力性を不当に利用すれば、1人や2人の社会生命を奪うことぐらい容易だろう。
もちろん、それを「所詮、個人のブログですから」という認識で、公然と行使し続けるのであれば、それはもはや「公開リンチ」だ。

少なくとも、反論の術を持たない「行方不明児童の両親」に対して、「絶対に逮捕される」などと明言することは、
発言力を持つ尾木氏による一方的な「暴力」であり、強者から弱者への「虐待」ではないのか。
騒動が解決した今もなお、「あの父親、何かやってんじゃない?」という印象はどこかで残り続ける。

106氏名トルツメ2016/07/02(土) 19:26:54.95
>>104-105のつづき
<尾木ママのブログはただの暴力?>なぜ尾木直樹氏のブログは炎上するのか  
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160608-00010000-mediagong-ent



もし、尾木氏が、大手新聞や地上波のテレビニュースやらで「尾木ママこと尾木直樹氏、名誉毀損で逮捕確実」と憶測で報じられたらどうだろうか。「メディアによる個人のよる暴力だ」と反駁するはずだ。
ただし、それでも尾木氏に断罪された「行方不明児童の両親」よりはマシかもしれない。少なくとも、尾木氏は反論する術とメディアを持っているからだ。

以上を踏まえ、「尾木ママのブログ」はなぜ炎上するのか、について考えてみる。

その理由は簡単だ。教育者として暴力やイジメを否定し、その問題解決に取組んでいるはずの尾木ママ自身が、自分のメディアを使った暴力や虐待には、無頓着であるからだ。

しかも、尾木ママ公式ブログの言動が、世論誘導さえしかねない強い暴力性をもっていることに、多くの人たちが気がついてしまっているからではないだろうか。
悲しいかな、それに気がついていないのは、尾木ママ本人だけなのかもしれない。この尾木氏の矛盾を理解してくれるような人は多くはあるまい。

今回の騒動、小2児童の置き去りという「しつけ」は明らかに、行き過ぎている。両親は「心理的虐待」として函館児童相談所に通告されたというが、それも致し方がないことだろう。
両親の行き過ぎを擁護することはできない。
それでもなお、それ以上に行き過ぎていた「虐待」が、尾木ママの言動だったことに間違いはない。

尾木ママは自身のブログで次のように書いている。

 「虐待とは『子どものためといいながら、親の気持ちを満足させるため』
 (2016-05-30 14:19:13)

この言葉は、尾木ママ自身の言動にも当てはまる。「子ども」を「社会」に、「親」を「尾木ママ」に置き換えてみてほしい。

尾木氏もメディアの暴力性は十分理解しているはずだ。だからこそ、自分自身のメディアの暴力性にも気づくべきだろう。

藤本貴之[東洋大学 准教授・博士(学術)/メディア学者]

107氏名トルツメ2016/07/02(土) 19:28:58.50
>>95-106
尾木ママのブログって、読んでなくても何かニュースや事件が起きると「尾木ママがブログでこう書いていた」と流れてくる。
そこで確かめてみると、書かれた内容はひどく煽情的な内容だったりする。

最近話題になったのは、北海道の子ども置き去り事件に関する発言。
まだ行方不明のとき「置き去りそのものが真実なのか失礼ながら疑いたくなってしまいます」とブログで書いて話題になりすぎた。
ほかにも何か起きるたびにすぐに見解を述べる。そんな尾木ママをみて思うことは「どんな分野のことでも瞬時に答えることができる人は、逆に怪しい。」ということだ。

これは尾木ママ個人の話だけでなく「自分もそんな感情的な振る舞いをしてしまう可能性はないか?」
と、己を戒める教訓にもなっている。「尾木ママ=リアル・反面教師説」である。

尾木ママはどうしてこうなってしまったのか。もうひとつ痛感するのは、報じる側の共犯説である。
尾木ママのブログをチェックしておけば、何か起きるたびに「尾木ママがこんなこと言ってる!」と書いて1本ニュースができる。

そしてズルいことにいくら刺激的な見出しをつけても、リスクは尾木ママにぶん投げることができる。
報じる側にとってはめちゃくちゃありがたい存在ではないか。尾木ママはその期待に応えているだけなのかもしれない。

事実、こうして私もいま尾木ママのことを書いている。あの手の煽情的なやり方には「見ない、聞かない、アクセスしない」が有効だと思っていたのに……。





デイリーニュースオンライン / 2016年6月12日 13時5分
http://news.infoseek.co.jp/article/dailynewsonline_1144423/

108氏名トルツメ2016/07/02(土) 19:30:16.88
>>107のつづき




尾木ママはどうしてこうなってしまったのか。最後は「公と私」について。実は尾木ママの言う「杜撰な憶測」や「感情的な物言い」は、
酒場などでささやかれる「私」の言説と同種である。でも大抵の人は公の場では言わない。なぜなら秘密の空間だからこそゆるされる杜撰な言葉であることを知っているからだ。
その場限りの、大人の密やかなガス抜きであることを承知しているからだ。

しかし尾木ママはブログで公に発信してしまう。これは「公と私」の区別がかなり曖昧になっているとしか考えられない。
そういう間違いをよく犯す人って誰だろう? 他に該当する人は? そう考えると「酔っぱらったオッサン」が思い浮かぶ。

結論。尾木ママは酒を飲んで酔っぱらってブログを書いている。以上が私の憶測である。

デイリーニュースオンライン / 2016年6月12日 13時5分
http://news.infoseek.co.jp/article/dailynewsonline_1144423/

109氏名トルツメ2016/07/02(土) 19:32:42.36
>>95-108
北海道・男児置き去りで大炎上の“プロブロガー”尾木ママ「100万件批判」発言で激怒ビジネス絶好調!?  http://news.livedoor.com/article/detail/11616937/

 教育評論家の「尾木ママ」こと尾木直樹氏が、北海道七飯町で起きた男児置き去り騒動で「間違いなく逮捕される」などと男児の両親を強く非難していたことで、批判を浴びている。
ただ、6月6日の情報番組で本人が「2日間で(ブログに)100万件の批判が殺到した」と言っていたことについては、ネットの専門家らが「100万なんてコメント数はありえない」と懐疑的だ。

「この話が出たときに尾木さんの公式ブログを確認したところ、コメントは100件にも満たなかった。批判的なコメントを掲載していなかったとしても、掲載数が少なすぎます。
電話やメールなど、届いた批判の声をすべて合わせても、2日で100万件なんて数字はまずありえない。
もしそんなことが起こったら、ネット掲示板やTwitterなどはそれ以上に意見があふれていないとおかしいし、ブログのシステムに不具合が出るレベル。
この件よりもっと騒がれている舛添都知事の件ですら、2日で100万件のコメントなんて批判は見られないのですから。
正直、1万件でも疑わしいぐらい」(ネットセキュリティ業者)

 ある大手ブログサービスの広報に聞いてみても、過去ひとつのブログに寄せられたコメント数で最高だったのは、不祥事を起こした著名人に対する1日8,000件だという。

「アクセス数なら2日で100万件は珍しくないですが、コメントなどの投稿でその数字だと、平均して1時間2万件、まずありえないでしょう」

 同様にネット上でも「話を盛りすぎ」と疑う声は出ているが、その尾木ママは近年、ブログのアクセス集めが本業になりつつあるという声も。
民放テレビ局のネット部門を任されているディレクターによると「タレントのブログビジネスを分析している広告代理店からもらったデータでは、
尾木ママは数年前から過激な発言をブログでするようになって広告収入が何十倍にも膨れ上がり、
その額は炎上ブロガーとして知られるタレントの辻希美にも匹敵するレベル」だという。

 辻のブログは月500万円の広告収入があると伝えられており、最近やたらとブログ発言が話題になる尾木ママも、これに続く額を得ているとみられるわけだ。

110氏名トルツメ2016/07/02(土) 19:34:37.07
>>109のつづき

北海道・男児置き去りで大炎上の“プロブロガー”尾木ママ「100万件批判」発言で激怒ビジネス絶好調!?
http://news.livedoor.com/article/detail/11616937/



 確かに、この3年ぐらいの尾木ママ絡みのニュースを振り返っても、そのほとんどが「尾木ママ激怒」という見出しのものばかりで、
時事ネタに絡んで対象者にかみつくというのがパターン。そのたびにネットニュース化してアクセス数を集めており、尾木ママ自身が何かにつけ激怒しているようにすら見える。
中には、収録した映像が使われなかったというだけの教育とは無関係な話で激怒し、ニュースになったケースもあった。

 尾木ママは10年ほど前、テレビ番組内で共演者の橋下徹弁護士が子育てで体罰をしてきた話をしたときに猛反論。
このあたりから“怒り芸”が取り上げられるようになったが、当初は教育システムに関連した激怒だったところが、近年は分野外のことでも怒っている。

「最近では五輪エンブレムの盗作騒動のとき、デザイナーの佐野研二郎氏が200億円を受け取ったとか、
ありもしない話をでっちあげてアクセス数を高めました。
根拠のない大げさな話をすれば儲かるのがわかっているので、100万件なんて話も、その流れではないでしょうか」(前出ディレクター)

 まさにお手本のような炎上商法だが、激怒ありきの発言だからか、その内容が一貫していないという突っ込みもある。
橋下弁護士が大阪市長だった頃、学力の低い小中学生の留年案について
「留年させても府民の子どもの力をつけてもらう、という案を橋下さんが出してきたら、僕は大喝采します」と言っていたが、
実際にその案が出されると「日本ではいじめなどデリケートな問題もある」と否定していた。
このときは、さすがにネット上でも「尾木ママは権利や義務といった言葉を相手に押し付けるわりに、批判ばかりで自身に対案がない」という厳しい意見が飛び交った。

 いずれにしても、その言動が話題になればなるほど儲かるのであれば、激怒しながらも内心、笑いが止まらないだろう。
実際、メディアでのコメントのほか、講演や著書の価値は高騰中。
もはや評論家というより、教育をネタにしたオネエタレントのようだ。
(文=ハイセーヤスダ/NEWSIDER Tokyo)

111氏名トルツメ2016/07/03(日) 19:54:19.90
>>95-110
尾木ママ「山の中に置き去りは虐待」 改めて体罰反対訴える

教育評論家の尾木ママこと尾木直樹氏(69)が14日、自身のブログで改めて体罰反対を訴え、
「もちろん山の中に置き去りお仕置きも虐待です」と自身の考えを再度示した。

 尾木ママは深夜番組で、視聴者の87%が体罰を容認していることに「正直ここまでひどいとは」と驚きを隠せない様子。
その上で「親などの虐待によるわが子の命奪った事件の親たちは誰もが『愛のムチ』『躾のつもり』だったと供述していますよ」と苦言を呈した。
さらに「山の中に置き去りお仕置きも虐待です。わが子への愛はもっと安全安心できる方法で愛を伝える努力したいと思います」とキッパリ。
「言葉の力をもっと信じてくださいね 体罰依存性から脱出したいですね 体罰連鎖日本にしないために」と訴えた。

 小2男児“置き去り”の件で、尾木ママはブログで親を批判し、大炎上。「置き去りそのものが真実なのか」
「疑いたくなってしまいます」などと親の説明を疑う発言を繰り返していたことに対し、5日のブログで「完全に行き過ぎ、失礼でした。
これは率直にお詫びいたします!」と謝罪。批判コメントが2日で100万件を超えた一方で、
バッシングに対しては「これまでの批判文言の厳しい表現部分だけ『つなぎ合わせ』てツィッターで広がったようです」と
「つなぎあわせ」による誤解だと釈明している。

 だが尾木ママはそれらの批判を受け止めた上で、改めて「『家庭内の愛のムチは許される』という考えは間違い」と記した。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160614-00000024-dal-ent

112氏名トルツメ2016/07/03(日) 19:55:30.40
>>95-111
橋下氏、“つまみ食い”されてブログ炎上の尾木ママに「教育者としてダメ」


前大阪市長の橋下徹氏(46)が20日、テレビ朝日系「橋下×羽鳥の新番組(仮)」(月曜後11・15)で
“尾木ママ”こと教育評論家の尾木直樹氏(69)のブログ炎上について追及。
「教育者としてダメ」などと、厳しい言葉で批判した。

 番組では「橋下が斬る!尾木ママブログ炎上の真相」と題したテーマで尾木氏のブログでの発言について言及。
尾木氏は自身のブログで、しつけと称して小学2年の男児を林道に置き去りにした父親に対し批判ともとれるような発言をした。
その後男児が見つかった際には喜んだものの、「喜ぶ前に親に詫びるべきだろ」との批判を受け、ブログが炎上した。

 この件に橋下氏は「あれは尾木さん、教育者としてはダメです」とコメント。
尾木氏はこれに自分の作った文章ではなく、使った言葉で“つまみ食い”されたと反論したが、
橋下氏は「僕らの立場ってのは、つまみ食いで批判されて仕方がない。だからブログにしたって何にしたって、社会的に発信力のある人は当然つまみ食いされる」と話し、
責任ある立場の人としては絶対やってはダメと厳しく指摘した。

 さらに橋下氏は尾木氏が「ご意見番」になっていることは間違いないとし、
「公に発信して注目されているということであれば、政治家と同じような倫理観が求められてしまうわけですよ」と、発言は慎重にするべきと続けた。
これには尾木氏も今回の件が勉強になったようで、「今回、身に染みて感じました。だからそれ以降のブログ、見て下さいよ。ものすごく丁寧」と反省していた。


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160621-00000526-sanspo-ent
https://www.youtube.com/watch?v=C_Ett8zJaOA https://www.youtube.com/watch?v=WHBEaCBbZQc

113氏名トルツメ2016/07/03(日) 19:56:39.58
>>95-112
尾木氏、ブログ炎上問題改めて謝罪「その後は丁寧につづっています」


教育評論家で法大教授の尾木ママこと尾木直樹氏(69)が20日放送のテレビ朝日系「橋下×羽鳥の新番組(仮)」(月曜・後11時15分)に出演し、
5月に発生した北海道児童山中置き去り騒動で、ブログが炎上したことを改めて謝罪した。

 尾木氏は、子供の捜索が続く中、放置した親の行為に対して「厳しく批判されるべきです。警察にも間違いなく逮捕されることでしょうね」などとコメント。
しかし3日になって無事に発見されると、一転して「こんなにほっとしたのも珍しい」などと、喜びの気持ちをアップした。これに対して、
手のひらを返したなどと批判が相次ぎブログが炎上した。

 尾木氏は、今回の問題点は「コメントのつまみ食いが原因だった」と説明。騒動に関したブログを5日間で13回更新をしたが、
「逮捕される可能性」について触れた言葉だけが、ピックアップされてしまったという。

 しかし、MCの前大阪市長の橋下徹氏(46)は「発信力のある人間が発言のつまみ食いを嘆くのはおかしい」と語り、
「適切、不適切で考えたら不適切」と厳しく指摘。ただ、ご意見番として意見を発している尾木氏に、
「政治家ではないが、政治家のような倫理観をもって活躍してほしい」とフォローした。
尾木氏は「今回のことが身にしみ、以後のブログは注意し、丁寧にブログをつづっている」と明かした。

 尾木氏は5日のブログで「投稿した記事で皆さんに大変なご心配おかけしたこと、まずはお詫びいたします…。
ツイッターで拡散されている『文面』や『文言』だけ見ると疑問や怒り感じられるのもよくわかります…」と謝罪している。


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160621-00000019-sph-ent

114氏名トルツメ2016/07/03(日) 19:58:00.12
>>95-113
橋下氏 尾木直樹氏の炎上騒動を説教 教育者としてだめ、高度な倫理観求められる


前大阪市長の橋下徹氏が20日深夜にテレビ朝日系で放送された「橋下×羽鳥の新番組仮」に出演し、
ゲスト出演した教育評論家・尾木直樹氏の「ブログ炎上騒動」を厳しく追及した。

 同番組によると、北海道で起きた男児置き去り騒動における尾木氏の記述が炎上した。5月31日の発生当初、
尾木氏は「こんな状況においた親は厳しく批判されるべき。警察にも間違いなく逮捕されることでしょうね」と記述。
6月3日の男児発見直前には「置き去りそのものが真実なのか失礼ながら疑いたくなってしまいます」と記述。
同日に男児が発見された直後には「今朝見つかりました!こんなにほっとしたことも珍しい」と主張が一転したことから多くの批判が殺到した。

 尾木氏は「反論が多くて驚いた」と述べ、橋下氏は「あれは尾木さんだめです。教育者としてだめです」とレッドカードを突きつけた。
尾木氏は「コメントのつまみ食いなんです。僕は発生からずっと書いてきた」と批判が自身の記述の一部をつまみ取ったものだと主張した。
尾木氏は5日間で13回更新しており、「置き去りじゃなくて事件に巻き込まれたのでは」と思ったことを訴えた。

 橋下氏は「僕らの立場ではつまみ食いで批判されるんです」と述べ、
「疑わしきは罰せず。推定無罪が近代国家の大原則。ああいうところでお父さんに疑いをかけるような発言を責任のある人がすべきではない」と批判した。

 尾木氏は置き去りは心理的虐待であり、アメリカなら逮捕されるようなことであることを警告したと述べた。
橋下氏は「(尾木氏が)ご意見番になっているのは間違いない。公に発信して注目されているのだから政治家と同じような倫理観が求められる」と尾木氏に注意喚起。
尾木氏は「身にしみて感じました。今のブログはものすごく丁寧よ」と炎上して変わったことを述べた。


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160621-00000086-dal-ent

115氏名トルツメ2016/07/03(日) 19:59:41.67
>>95-114
尾木ママ拙速決めつけ評論の大罪   八幡 和郎  http://agora-web.jp/archives/2019582.html

北海道不明児発見で、尾木ママへの批判が燃え上がっているが、これは、
テレビなどでありがちな拙速で一方的な時事評論の落とし穴であり、猛省を促すものだ。

「しつけのお仕置きで7歳を山中に放置するでしょうか!? 」
「北海道の放置親に同情する方々に問いたい」
「(両親は)警察にも間違いなく逮捕されることでしょうね」
「(自衛隊の捜索でも見つからないなんて)はっきりいってあり得ない」
「置き去りそのものが真実なのか失礼ながら疑いたくなってしまいます…」
と尾木ママはブログで言いたい放題だったようだ。

私はこの人の手法にはかねてから疑問を持ってきた。この人は、まず、誰が悪者か決めつけ、一方的に責め、
その人や組織の肩を少しでも持つ人までも社会が排撃するように仕向けて正義の味方として喝采を浴びてきた。
テレビの世界ではそういうのが受けるのである。

しかし、家庭でのいじめでも教育現場で起きる事件でも、誰かが一方的に悪いということは珍しい。
最終的に不幸な目に遭った人にも、なにも落ち度がなかったとは限らない。
相手や周囲の他の人に落ち度があったとしても、暴力やいじめが許されないというのは当然だが、
それと、その人だけが悪いかどうかは別だし。
いじめ糾弾がリンチ同様のいじめになってしまっていることも多々ある。

また、事件の直後は、公平で中立的な立場で検証したり、証言を得ることは難しいことも多い。
私はかねてから、こうした案件に限らず、日本社会にはびこる拙速主義を批判している。
拙速であることは、間違いなく質を著しく低下させるからだ。

たとえば、いま誰かが死ぬとか、取り返しのつかない傷を残すことを防ぐためなら拙速主義もおおいにけっこうだ。

116氏名トルツメ2016/07/03(日) 20:00:51.33
>>115のつづき
 
尾木ママ拙速決めつけ評論の大罪   八幡 和郎  http://agora-web.jp/archives/2019582.html



しかし、原因究明とか再発防止策は、あわてても意味はないし、それどころか間違いを起こしたり不公正になる。
むしろ、少し時間をおいて冷静にみんなが対処できるときになってからの方が良いと思う。
これは、もちろん、教育や子育てに関してだけでなく、企業の不正でも政治問題でもそうだ。

企業や組織にとっては、被害を少なくするために迅速対応をするほうがリンチを避けるためによいのは事実だが、
それは、世論が誤った圧力をかけるのを避けるための損切りに過ぎないのであって、本来はよいことではないし、
組織の都合で個人が不当な汚名を背負うjことも多い。

今回、尾木ママに限らないが、両親について突っ込みすぎる疑念を表明することを急ぐ理由は何もなかったのである。

これを機に日本社会全体にはびこる拙速主義を反省するべき時だ。

117氏名トルツメ2016/07/03(日) 20:02:28.46
>>95-116
デマと炎上が売り?尾木ママ”批判100万件”ブログのお寒い中身


無事保護された結末に、日本中が安堵した北海道・七飯町で起きた小2男児置き去り事件。
しかしこの報道を巡って物議を醸す事態も起きている。
とりわけ問題視されたのは、“尾木ママ”こと教育評論家・尾木直樹氏(69)がブログで発信した内容だろう。

 以前より、ブログで親子不全や虐待問題についても綴っていた尾木ママは、
男児置き去り事件についても事件発生後から何度も投稿してきた。
男児が無事保護される前の5月30日には、男児の親に対し「警察にも間違いなく逮捕されることでしょうね」と断言。
男児の捜索が長引く中、さらに過激な推測を披露している。

「探せないはずがない」
「これは置き去りそのものが真実なのか失礼ながら疑いたくなってしまいます…」
「科学では解明出来ない『神隠し』でしょうか!?」

 男児が発見されないことに焦れたのだろう、両親を疑うかのような投稿を連発したのだ。

 なお、男児は6月3日朝に無事保護され、尾木ママもいち早く喜びのコメントを投稿している。
男児の身を案じる気持ちが強いあまりの投稿だったのだろう。とはいえ、行き過ぎとの批判が起こったのだ。

 案の定、尾木ママの一連の発言には「憶測で断定している」「無責任」といった批判が殺到した。
これを受けて、尾木ママは5日、ブログで男児の父親を疑ったことに対し、「完全に行き過ぎ、失礼しました」と謝罪した。
6月6日に生出演した『白熱ライブ ビビット』(TBS系)では、2日間で批判が100万件寄せられたことを明かした。


http://dailynewsonline.jp/article/1142411/

118氏名トルツメ2016/07/03(日) 20:03:48.62
>>117のつづき

デマと炎上が売り?尾木ママ”批判100万件”ブログのお寒い中身


■”佐野研二郎”問題でもデマを飛ばした過去

 “オネエ言葉”で語るキャラクターがテレビでブレイクした尾木ママだが、柔らかい物腰の一方で、歯に衣着せぬコメントが売りだ。
ブログではさらに思ったままを書くがゆえ、これまでも炎上するケースがあった。

 特に話題となったのは、2015年8月、東京五輪の一度目のエンブレム決定でのこと。
当選した佐野研二郎氏(43)に対し、「エンブレムデザイナーにはいるお金200億」というデマをブログに綴った。
後に誤りに気づいた尾木ママは謝罪し、再発防止を誓っている。

 多くの人に影響を与える立場にある尾木ママが、獲物を追いかけるが如く時事ネタに首を突っ込み、推測や感情だけで物を語り続ける。
そんな姿に、ブログ読者たちも不信感を持たざるを得ない。
清原和博被告(48)の覚せい剤使用について、再犯の可能性を大いに疑う発言もしている尾木ママだが、自身の失言についてもぜひ、再発防止に務めてほしい。


文・佐々木浩司(ささき・こうじ)
※1980年群馬県生まれ。スポーツ誌の契約記者を経てフリーに。現在は主に、週刊誌やビジネス誌で活動中。
得意分野は芸能、プロ野球、サッカーなど。主な著書に『洗脳のすべて』(宝島社)など。


http://dailynewsonline.jp/article/1142411/?page=2

119氏名トルツメ2016/07/06(水) 01:12:07.45
>>112
https://www.youtube.com/watch?v=WHBEaCBbZQc   より



尾木「僕は昔はそう(橋下の人間性が悪いと)思っていましたよ」
尾木「言い方がキツいしね、上から目線だしね」
尾木「こうやって番組で(橋下と)会うようになって、こんなに人間性が豊かだと思わなかった」
羽鳥「会ってから、なんで(橋下の印象が)急に変わったんですか?」
尾木「憎たらしい顔して(橋下が)喋ってましたよ」




尾木ママは、テレビで見た印象だけで人間性を判断している証拠
憎たらしい顔に見えるのは、尾木ママがその人のことを憎たらしいと思っているから

120氏名トルツメ2016/07/06(水) 01:13:48.67
>>95-119
最近の尾木ママはおかしい!嫌いになるのも納得のブログ発言とは?  http://natu2.red/1876.html


教育評論家で尾木ママの愛称で知られる尾木直樹氏ですが、最近は評判が変わってきているようです。
最近の尾木ママについては、おかしい、嫌い、痛いといったネガティブな評判がネット上で目立ってきています。
その理由は、過去のブログでの発言を見れば何となく納得です。


北海道での置き去り事件に対して

5月28日に行方不明となり、6月3日に無事発見された田野岡大和くんの”置き去り事件”ですが、
尾木ママは大和くんの両親について、自身のブログで以下のように語っていました。
「置き去りそのものが真実なのか」
「疑いたくなってしまいます」
「親元ではなく児童相談所預かりにして」
「警察にも間違いなく逮捕されるでしょうね」
出典:http://ameblo.jp/oginaoki/

この発言に対し、ネット上では批判が殺到。

・発言が無責任
・有名人が憶測でブログに載せるべきではない
・父親に謝れ

これらの批判を受け、尾木ママは謝罪し、「置き去りそのものが真実なのか」「疑いたくなってしまいます」といった、
いかにも父親が犯罪者であるかのような発言を削除しています
また、尾木ママは過去にもブログで誤った発言をし、何度か謝罪しています。

121氏名トルツメ2016/07/06(水) 01:15:15.44
>>120のつづき

最近の尾木ママはおかしい!嫌いになるのも納得のブログ発言とは?  http://natu2.red/1876.html


自殺のあった学校を勘違い

今年2月、仙台市の中学校で2年生の生徒が自殺した事件について、
尾木ママは2年前にもいじめが原因で生徒が自殺した学校だと勘違いし、
再発防止できなかったことを激しく非難していました。
しかし、後に別の中学校であることが発覚し、訂正のうえ、謝罪しました。


東京五輪のデザイン料を勘違い

2015年8月、東京五輪の佐野研二郎氏によるエンブレムが揉めに揉めていたころ、
尾木ママはエンブレムの著作権で発生する200億もの概算額がすべて佐野氏の懐に入ると勘違いし、ブログに記載しました。
しかし、実際に佐野氏に入るお金は賞金の100万のみ。
事実確認を怠った尾木ママは謝罪し、ブログを訂正しました。

有名人で影響力のある方ですから、もう少し慎重に発言を行うべきですよね。

122氏名トルツメ2016/07/06(水) 01:16:54.88
>>120-121のつづき

最近の尾木ママはおかしい!嫌いになるのも納得のブログ発言とは?  http://natu2.red/1876.html



SEALSを褒め称えて炎上

さらに、尾木ママはSEALSの奥田氏について、

「民主主義の体現者」
「誇りに思います」
出典:http://ameblo.jp/oginaoki/
と発言し、さらには安保法案の採決について、

「子供には見せられない」
出典:http://ameblo.jp/oginaoki/
とブログに記載しました。

この発言により、もちろんブログは炎上。
著名人が政治について発言すると、思想の合わない人から嫌われるのは当然のことですか、
個人的には、SEALSが民主主義の体現者という発言でドン引きしました。


最後に

テレビに出始めた当初は、教育評論家らしく、教育について素晴らしい持論を語っていたイメージでしたが、
少々多方面に首を突っ込みすぎな気がします。
表面上は柔らかいオネエ口調ですが、ブログを見る限り、あまり自身の発言の影響を考えないようです。
(尾木ママ自身も思ったことを書いてしまうと話していますが・・・)
最近の変な目立ち方に世間は違和感を感じているのかもしれませんね。

123氏名トルツメ2016/07/06(水) 01:18:45.47
>>95-122
6月28日、教育評論家の尾木直樹氏が自身のブログで「間違えたら、
勘違いあれば、『ごめんなさい』って謝るのは大事なこと。恥ずかしいことじゃありません」とつづった。

尾木氏は6月、ブログで北海道の児童行方不明騒動で両親を批判し、2日間で100万件を超える批判が寄せられ、
「完全に行き過ぎ、失礼でした」と謝罪。また、息子3人を東大に合格させた佐藤亮子氏を週刊誌上で批判。後にテレビ番組で謝罪している。

「尾木氏の意見に対して、ネット上では『謝らなくちゃいけないことをしないほうが大事』『謝る側が言うことではない』
『影響力のある人は謝るだけでは済まないこともある』といった批判や苦言が多く見られます。
また、教育評論家という肩書きですが、何にでも口を挟んでいるように受け取られているようで、視聴者には食傷気味のようですね」(芸能ライター)

おネエキャラの教育評論家として、芸能界で唯一無二の存在感を示してきた“尾木ママ”。
若者からも絶大な人気を誇っていたが、何やら風向きが変わったようだ。

http://dailynewsonline.jp/article/1154298/
2016.06.30 09:58 アサジョ

124氏名トルツメ2016/10/01(土) 14:21:49.07
春香クリスティーン、橋下徹&尾木ママに見せ付けられた言論人としての格の違い


政治オタクをアピールしているタレントの春香クリスティーンが、まさに政治家を見習ったかのようなコメントだ。
4月18日放送の「橋下×羽鳥の新番組(仮)」(テレビ朝日系)において、
週刊誌の報道合戦に対して「それに騒ぐ世間がおかしい」と断じたのである。
 この日はゲストのみのもんたが、2013年に次男が起こした窃盗容疑事件(のちに不起訴処分)を巡って
「息子と自分は関係ない」と発言し、週刊誌からの強烈なバッシングにより全番組を降板した経緯を説明。
この話を受け、「週刊誌が本人に関係ないことまで記事にすること」の是非を尋ねたところ、
春香から冒頭のコメントが飛び出したのである。テレビ誌のライターが説明する。
「政治をライフワークにしている春香が『世間がおかしい』と口にした時には耳を疑いました。
この発言は政治家や大手メディアが一般市民をないがしろにする態度と一緒で、民主主義の否定にも繋がりかねません。
彼女はさらに『何も建設的じゃない』とも語っていましたが、週刊誌の記事が建設的かどうかを決めるのも世間の役目。
これらの発言からは春香が“世間”というものを軽視しているように感じられてなりません」
 そんな春香に対して、レギュラー出演者の橋下徹は「報道の自由は腹立つんだけど最大限守らなきゃならない」との正論を提示。
ゲスト出演した“尾木ママ”こと尾木直樹も「テレビでよくコメントしている人やMCをやる人は公人と同じ」とコメントし、週刊誌を擁護する態度を示した。
 その橋本は実際に首長として行政を担った元政治家で、尾木ママはメディアで積極的に発言する教育評論家。いずれも週刊誌で格好のネタにされる立場であり、
今回の放送ではそんな言論人たちと政治家に興味を持っているだけのタレントとの違いを見せつける形になったようだ。


http://www.excite.co.jp/News/entertainment_g/20160421/Asagei_56813.html

125氏名トルツメ2016/12/12(月) 19:57:12.27
関係ないのに嘆いてる尾木ママ

尾木ママって一体何者?
このおかま言葉で話す尾木ママこと教育評論家の尾木直樹氏が俺は大嫌い。
まぁ別に俺に嫌われようが、この人は別に気にもしないだろう。面識もないしね。

東京オリンピックエンブレム問題の時もそうだが、この人はなんかずれてる。
関係ないのに勝手に怒ってる。そしてその内容を批判されたりされたら頓珍漢なコメントしてる。
デザインの専門家でもないのに佐野さんのデザインをパクリだ、それをかばうデザイン業界もおかしいって。
これについては以前も書いたが、とにかくなんか、関係ないのにまるで被害者のようにコメントする。

何様?

今回キングオブコメディの高橋君が捕まった件。
女子生徒の制服などを盗んだとして警視庁に窃盗の疑いで逮捕された。
ファンが失望したのならわかる。
相方や売れない頃から苦楽を共にしてきたコメディアン仲間が、嘆いたり呆れたりするのもわかる。
所属事務所の人力舎やTV、ラジオ、演芸場、そして関係者などが、後始末に追われたり謝罪したり、迷惑被って怒るのもわかる。
だけど、なんで関係ない尾木ママがわざわざ自身のブログで怒ってるのか?全くわからない。

「そんな性犯罪者のキンコメのお笑いコント、五年前には優勝していたのですから、どれだけバカにされたのでしょうか!?」
尾木はこのキングオブコントの審査員だったのか?
キンコメを優勝に選んだ審査員たちは、「まさか20年も制服などを盗んでたようなやつを、
俺たちはなぜ優勝に選んでしまったんだぁ」って思ってると言いたいのか?
コントが面白いから優勝したんであって、そいつが捕まったからと言って誰がいったい馬鹿にされたと言うのか?

「なんだか怒りより悔しいのです!!」
なんでお前がそう思うのかが全くわからん。
ファンだったのか?後援会でもしてたのか?友人だったのか?売れるまで面倒見てあげてたのか?

http://blog.goo.ne.jp/gokigenradio/e/85ce761aa21ea0b9fdb3e9844397613a

126氏名トルツメ2016/12/12(月) 20:00:04.56
>>125のつづき

関係ないのに嘆いてる尾木ママ


そしていつもの常套句。
「子どもたちになんていえばいいかな!?悩みます!!」
誰の子供?ってのもそうだが、いつだってこいつは子どもをダシに批判する。佐野さんのエンブレム問題の時もそうだった。
「どれだけの子供ががっかりしたでしょう」
言わせてもらう。子供達はそんなに深く考えない。だって意味がわかってないもの。
なんか大変なことをこの人はしたんだなって、大人の会話やTVのニュースで思うだけだ。
自分の将来に多大なる影響を与える事件だなどとは思うわけもない。

子供たちがって言えば、同情や賛同が得れると思ってるのか?
安保や沖縄基地、地球温暖化や国際情勢、高齢化社会と年金問題、TPPや国の借金。
それらと同じくらい今回のキンコメ高橋の逮捕は子供達の将来に影響するものだというのか?


http://blog.goo.ne.jp/gokigenradio/e/85ce761aa21ea0b9fdb3e9844397613a

127氏名トルツメ2016/12/12(月) 20:02:39.52
>>125-126のつづき

関係ないのに嘆いてる尾木ママ


こんなに尾木が嫌いなら、嫌ならブログを読まへんかったらええのにって言われるかもしれないが、
読まれて批判されるのが嫌なら書くなと反論させてもらう。
TVやメディアに出てコメントする人は、その言葉やコメントが色々な人に影響を与えるんだから、軽々しく言うな。書くなと言いたい。

おネェ口調で喋る芸能人やタレントは基本的に嫌いだ。
LGBTの人たちを差別したり偏見を持って接したりはしないし、ピーター、おすぎとピーコ、マツコデラックス、はるな愛など面白い人もいる。
でも、何の芸もない、面白くもないコメントをする、おかまを売りにしてるだけでTVに出てるやつが嫌い。
ゲイバーやニューハーフのお店で話してるんじゃないんだ。芸人なら芸を売ってくれ。
ゲイでもニューハーフでもおかまでもホモでも性同一障害でもないのにおネェ言葉で喋るこの自称教育評論家。
教育評論家なら、この事件を元に、どうしたら性的犯罪者にならないように教育できるかを語るか、
異常性癖常習者をどう教育して更生させれるかを語ってくれ。
いつも論点がずれてるよ。


http://blog.goo.ne.jp/gokigenradio/e/85ce761aa21ea0b9fdb3e9844397613a

128氏名トルツメ2016/12/12(月) 20:08:25.05
尾木ママが嫌いだ 3 ごまかそうとしても無駄だぞ


尾木ママって人が嫌いだ。
このブログですでに何回か書いてるが、ホンマこの人だけは嫌いだ。
普段テレビで芸能人の暴言やコメンテーターと呼ばれる人たちの的外れな見解などを見るたびに、
「この人はなんもわかってないなぁ」よりも「番組を盛り上げるために言わされてるのかな」なんて思ってしまうのだが、
この尾木ママのコメントだけはいつもむかつくだけで「なぜテレビ局はこんな人を使うんだろう」としか思えない。

この尾木ママこと尾木直樹氏は、いつも的外れで自分主義のことしか言わない馬鹿。
だから毎度のことなんだが、今回の北海道での自動行方不明事件。これもまたひどかったな。
事件の経緯は何度も報道されてるから知ってるだろうから省くが、簡単に言えば悪さをする子供を怒り、反省さすために車から降ろして、
5分くらいですぐ戻ったんだが行方不明になった。
行方がわからないで捜索する段階でこの尾木ママ
「どんな理由があるにしろ、置き去りにするなんて」
という教育評論家とやらの定番の“しつけ”の是非、そして親の教育方針として間違ってる論を展開。
「これはしつけの名を借りた虐待です」とまで言い出した。
この時点で「この人は相変わらずだなぁ」と思うった。
教育関係者とやらは指導やしつけで殴ったり叩いたりしたらすぐに「体罰だ」「虐待だ」って言うからね。
「あぁ今回も尾木は教育関係者っていうステレオタイプのコメントね」ってスルーしてた。
悪いことをして態度を改めない我が子への教育が、この方法でいいのか悪いのかは後で議論すりゃいいやん。
今は無事かどうかを祈るしかないのにね。

が、数日経つと今度はこの尾木バカ(尾木ママと打とうとしたら間違えてこう打っちゃったけど、訂正しなくていいや。
だってバカだから)、「事件は親の狂言ではないか?」みたいなこと言い出した。
おいおい、今度は探偵ごっこか?シャーロックホームズか金田一耕助になったつもり?
「じっちゃんばっちゃんの名にかけて」って推理ごっこは勝手にしてくれてもいいが、今それを言ったら(書いたら)ダメだろうよ。


http://blog.goo.ne.jp/gokigenradio/e/289b7a250b2c7c6da498c71339542376

129氏名トルツメ2016/12/12(月) 20:13:07.74
>>128のつづき
尾木ママが嫌いだ 3 ごまかそうとしても無駄だぞ


「ひょっとしたら・・・」「もしかして・・・」
って思ったのは、テレビの前でこのニュース、この事件の経緯を見(守っ)てる人の中にも多いだろう。
千と千尋の神隠しじゃないが、忽然と山道から男の子が消えた。
あれだけの捜査人数が総出で探しても、行方どころか事故の痕跡も何も見つからない。

これで「熊に襲われたのでは」とか「誰かが保護したのでは?」と想像するのならまだわかるが、
「しつけのお仕置きで7歳を山中に放置するでしょうか」
って、5月30日にはもう親を犯人扱いしてた。
これでこの馬鹿(もう漢字でいいや)は、心配するフリはしてたけど、
やっぱり心配などこれっぽっちもしてないのがチョンバレだなって思った。

さらに5月31日には、「北海道の放置親に同情する方々に問いたい」と切り出して両親への批判を展開。
これもこの尾木ママの常套手段。自分の意見は正しい、私の意見に耳をかたむけろ、そして賛同しろよ。って
「私は教育評論家だからね。素人のあなた方に教えてあげるのよ」って感じの、根拠も何もないのに上から目線。
大きなお世話だよ。
そして
「(両親は)警察にも間違いなく逮捕されることでしょうね」
と、ついに明智小五郎(古いな)が乗り移ったかのような断言までしやがった。
子供の安否や、親の憔悴を心配するどころか、まるで探偵ごっこ。2時間サスペンスドラマの見過ぎじゃないか?
「北の山道で消えた小学生 失踪か誘拐か狂言か 木を隠すなら森の中 エセ教育評論家が暴く驚愕の真実」ってタイトルで
片平なぎさと船越英一郎さんに演じてもらうか。まだまだ肌寒い風すさぶ崖の上で、親が真実を告白する絵がこの尾木ママの頭にはできてるんだろうな。厨二病かお前は。

6月3日未明頃には「はっきりいってあり得ない」とエスカレートして持論展開。
多分、これだけの人数と自衛隊まで導入された捜索でも見つからないなんて、ってことは・・・ほら、私が言った通りじゃない?やはり狂言でしょって言いたかったんだろうな。



http://blog.goo.ne.jp/gokigenradio/e/289b7a250b2c7c6da498c71339542376

130氏名トルツメ2016/12/12(月) 20:19:44.91
>>125-126のつづき

尾木ママが嫌いだ 3 ごまかそうとしても無駄だぞ


だけどやっぱり神様っているんだね。その数時間後には男児発見の報が入った。
目立った怪我もないとのことで「見つかってよかったね」と思いながらも、「どうすんだ尾木よ」って思ったよ。
「置き去りそのものが真実なのか失礼ながら疑いたくなってしまいます...」と疑問を投げかけていたから、
「ザマァみろ!この赤っ恥野郎」と思ったのも束の間、この馬鹿今度は
「良かった、良かった!! 見つかりましたよ!見つかりました!」だって。何だこの変わり身の早さは。
時代劇の悪徳代官でもここまで露骨じゃないぞ。

さらに
「こんなにほっとしたことも珍しい!合同捜査本部解散のニュースに落ち込んでいた尾木ママ いきなり元気 元気!!」
って。逆だろ?
「こんなにあっちゃーって思ったのは久しぶり。見つかったニュースに落ち込んでしまう尾木ママ いきなり奈落の底 穴があったら入りたいです」 
が正しくないか?
お前のどこに喜ぶ資格がある?勝手に元気になるのはいいが、まず両親に謝罪しろよ。
「ごめんなさい、疑ってしまいました」って。
テメェは佐野さん盗作疑惑事件をはじめ、疑惑や不祥事・事件があるたびに関係ないのにしゃしゃり出て、「謝罪しろ」って言ってるのにな。
舛添知事の政治資金問題では「腐ったミカン」と、金八先生世代には聞きたくもない言葉を、教育関係者のくせに公然と言い放ったのにな。
人の失言や行動には徹底的に叩くのに、自分の場合は釈明もしない。舛添知事もお前も大差ないな。一緒だ。そんなに頭をさげるのが嫌なら、人にも下げさせるな。

何が「元気!」だよ。魔法の粉でも打ったのか?陰気に落ち込んで反省しろよ、この馬鹿。


http://blog.goo.ne.jp/gokigenradio/e/289b7a250b2c7c6da498c71339542376

131氏名トルツメ2016/12/12(月) 20:22:58.16
>>128-130のつづき

尾木ママが嫌いだ 3 ごまかそうとしても無駄だぞ


勝手に推測したり批判するのは、一般人がSNSやブログでするのと、TVやマスコミ・メディアに露出してる人では違う。
一般人の言葉に責任は伴わないが(一部を除く)、尾木ママは言葉の責任を取らなければならない立場だろうよ。
それともあれだけ「テレビに出てる人はアイドルであろうがコンサルタント(ショーンK)だろうが公人」だとかなんとか言っておいて、
今更「私は一個人、公人じゃありません」などと言う気じゃないだろうな。

確かに今回の行方不明事件、無事見つかって良かったものの不可解な点が多いのも事実。
コナン君じゃなくても「妙だな」って思う点がいっぱいある。
「誰か通りすがりの人が保護したのでは?」
と俺は考えたし、見つかった今もそう思ってる。
俺も勝手に事件の真相を推理、っていうか妄想したが、これは次回のブログで書く。読まなくても結構です。そのうちテレビで真相発表するだろうしね。

尾木ママに限らず教育関係者って人たちのコメントは、いつも「おい、本気(正気)で言ってるのか?」と思うことが多い。
「親はもっと子供に愛情を注げ」
「子供も一個人の人間として考えろ」
「親は優しく同じ目線で」
「どんだけ腹がたっても暴力はダメ!言葉で解決を」・・・。

それぞれもっともな意見なんだが、
「お前らが言うとおりにしてたらとんでもない子供達が出来上がらないか?」
って思う。
本当にそれでいいのかな。それで社会に出た時困らない、一般的に通用する常識を持った子供に育つのかな。
しつけは悪で、暴力は非道行為で、礼儀作法は強制で、って誰が決めたのだろう。


http://blog.goo.ne.jp/gokigenradio/e/289b7a250b2c7c6da498c71339542376

132氏名トルツメ2016/12/12(月) 20:25:06.51
>>128-131のつづき

尾木ママが嫌いだ 3 ごまかそうとしても無駄だぞ


で、言うんだろう?近頃の若い者はって。
俺は今回の放置した親が悪いとは思えないのよ。しつけとはいえ、とんでもないことしてしまったって反省してるだろうし、
いろいろな人に迷惑かけたと思ってるだろうからね、俺たち部外者があれこれ言っても仕方ないだろう。
でもさ、無事保護されて良かったとはいえ、このガキの行動は非難されるべきだろう?
親の言うこと聞かない、勝手にいなくなる、そして一言も謝らない。
そりゃ右も左もまだわかってない子供には無理なことかもしれないだろうし、今は無事見つかったことを歓迎してあげるべきなのもわかる。
が、報道は「おにぎりが美味しかったと言ってる」とか、親が「ごめんね」って謝ってるところばかり報道することは果たして大事なのかね。
無事に保護された今からこそ、親の躾とか、教育とかはどうあるべきなのかとかを語るべきではないのかね。

ネットや世論で特定の人を執拗に攻撃する人や、不謹慎厨、謝罪強制オタは嫌いなんだが、今回の尾木ママの暴言、
そして偉そうに机上の教育論を語る教育評論家とか有識者に対しては、俺は責めたい。
今回ばかりは同じ穴の狢(ムジナ)と言われてもいい。
尾木ママよ、ごまかそうとしても無駄だぞ。ちゃんと謝罪して、さっさとテレビから消えてくれ。


http://blog.goo.ne.jp/gokigenradio/e/289b7a250b2c7c6da498c71339542376

133氏名トルツメ2016/12/14(水) 19:33:57.13
尾木ママ、業界内での悪評…すぐ感情的になり暴言、おネエ系と真逆


「尾木ママ」こと、教育評論家の尾木直樹氏が批判に晒されている。

 尾木氏は自身のブログで、北海道の小学2年生、田野岡大和君が行方不明になった事件について、父親に対し次のように批判の記述を繰り返した。

「7歳の子どもを北海道の山中に車で放置するとは! なんという虐待!?」(5月29日)

「こんな状況に置いた親は厳しく批判されるべきです。警察にも間違いなく逮捕されることでしょうね!」(同31日)

「これは置き去りそのものが真実なのか。失礼ながら疑いたくなってしまいます…」(6月3日)

 これらの辛辣な発言をめぐってインターネット上で炎上し、尾木氏は謝罪に追い込まれた。

 尾木氏がブログ上に並べた大和君の父親を非難するコメントは、普段テレビ番組で披露するおネエ系のトークとはまったく異なる。
その違いに驚きの声も上がったが、尾木氏は熱くなると表現が過剰になる“瞬間湯沸かし器”の素顔を持っているという。

「直情型というか、よく言えば正義感が強いというか。我々が尾木ママに取材を求めると、辛辣なコメントをすることがあって、『これを報道していいですか?』と尋ねると、
尾木ママは『やっぱり……』と一気にトーンダウンすることがあります」(テレビ局関係者)

 たとえば、2012年の夏の高校野球の大会期間中、出場校の栃木・作新学院高校の部員が暴行と強盗で逮捕、
広島・広島工業高校の部員が強制わいせつで逮捕される前代未聞の事件が起きたときのことだ。

「あるメディアが尾木ママに取材したところ、『甲子園大会自体を中止にすべきだわね!』とコメント。それを報道していいか尋ねると、『それはちょっと……』と言い過ぎたことを反省して、
別のコメントに替えたことがあったそうです。確かに出場校の部員による事件は前代未聞の不祥事ですが、だからといって関係のない部員、他の出場校まで巻き込んで全体責任を問うて、
大会自体を中止にすべきと提言するのはいかがなものでしょうか」(別のテレビ局関係者)



http://news.livedoor.com/article/detail/11695244/

134氏名トルツメ2016/12/14(水) 19:35:42.79
>>133のつづき

尾木ママ、業界内での悪評…すぐ感情的になり暴言、おネエ系と真逆


●敬遠の姿勢を見せている番組も

 ほかにも、あるメディアが別件の教育問題で尾木氏に取材しようと電話したところ、「今忙しい!」と即刻断られてしまったこともあるという。

「テレビ番組で見せるおネエ系の言動とは違ったので、そのメディア側はビックリしたそうです。ときに感情的になり、暴走してしまう素顔を知っているメディア関係者は、
北海道の事件で尾木ママが謝罪したことに『やっちゃったか』『案の定』と妙に納得したのではないでしょうか」(同)

 尾木氏は20日に放送された『橋本×羽鳥の新番組(仮)』(テレビ朝日系)で、前大阪市長の橋下徹氏から「あれは尾木さん、教育者としてはダメです」と批判された。
尾木氏は謝罪し、「あの後の私のブログ、ものすごく丁寧です」と反省を示した。

「テレビ局関係者の間では、『教育評論家としてどうなの?』と疑問を抱き始め、敬遠の姿勢を見せている番組もあります。口は災いのもとですね」(同)

 特異なキャラクターで親しまれているだけに、自らの舌禍で価値を下げてはもったいない。
(文=編集部)


http://news.livedoor.com/article/detail/11695244/

135氏名トルツメ2016/12/16(金) 19:57:01.27
尾木ママは「もういい加減黙る」べきなのか 不明男児親への批判を「完全に行き過ぎ」と謝罪


「尾木ママ」こと教育評論家の尾木直樹氏が、北海道の男児「置き去り」騒動をめぐる公式ブログの記事について、「完全に行き過ぎだった」と謝罪した。

尾木氏は男児発見前まで、「間違いなく逮捕される」などと男児の両親を強く批判。発見の一報が伝わるや「落ち込んでいた尾木ママいきなり元気元気」
と喜びの声を上げたものの、これまで自身が行った批判には一切触れていなかった。

「お父さんも含めた」家族のケアを求める

尾木氏は2016年6月5日のブログで「あまりに発見出来ないことからお父さんのことを本当なのか疑念を抱いたことは完全に行き過ぎ、失礼でした...これは率直にお詫びいたします!」
と謝罪し、「お父さんも含めたご家族の今後のケアもお願いしています」と男児の父親を気遣った。

「置き去り」騒動に関し、尾木氏は男児の両親を批判し続けていた。5月30日のブログで、「置き去り」の行為自体を「虐待です」と一刀両断。
5月31日には「(両親は)警察にも間違いなく逮捕されることでしょうね」と断言した。男児が発見される8時間前の6月3日未明にも「置き去りそのものが真実なのか失礼ながら疑いたくなってしまいます...」と疑問を投げかけた。
しかし、男児発見後初めて投稿した3日朝のブログでは一転、「良かった、良かった!!」「落ち込んでいた尾木ママいきなり元気元気」などと「親批判」に触れることなく、素直に喜んだ。
こうした流れをうけ、ネット上で「両親への謝罪が先では」との指摘も飛び出し、尾木氏へのバッシングが強まっていた。

5日のブログで、ネット上の批判に答えた尾木氏。一方で、「これまでの尾木ママブログの本文を5月下旬からお読み下されば、虐待防止と大和君の早期救出をどんなに願って書いているかわかっていただける」
「これまでの批判文言の厳しい表現部分だけ『つなぎ合わせ』てツィッターで広がった」(原文ママ)と納得していない様子も見せている。
1年前にも「事実理解してから自分の見解発信する」と反省



http://www.j-cast.com/2016/06/05268793.html?p=all

136氏名トルツメ2016/12/16(金) 19:58:33.78
>>135のつづき

尾木ママは「もういい加減黙る」べきなのか 不明男児親への批判を「完全に行き過ぎ」と謝罪


最後には「ネット社会で正確に全体伝えることは大変難しいと学びましたが...極めて大切なツールで今後は更に自覚して丁寧に発信して行こうと思います」と結んでいる。

尾木氏の謝罪をうけ、ツイッターでは「また、失言がありそう」「もういい加減黙って欲しい」といった批判の声、「言ってること間違ってない」「疑念を抱いても不思議ではない」といった擁護の声が飛び交っている。

ある対象を強く批判した後、批判の根拠が間違いだと気付いて謝罪する。そんな一件が2015年にもあった。東京五輪の「エンブレム」をめぐる騒動で、盗作疑惑の渦中にあったデザイナー・佐野研二郎氏が200億円のライセンス料を手にする、などと指摘。
しかし、これが後に100万円の誤りだと分かった。

その時はブログで「未知の世界の問題は もっともっと慎重に学んでから しっかり事実理解してから 自分の見解 発信しようと思います...」(15年8月18日)と誓っていた。


http://www.j-cast.com/2016/06/05268793.html?p=all

137氏名トルツメ2017/05/26(金) 16:29:37.49
尾木ままん

138氏名トルツメ2017/07/21(金) 18:33:34.85
子育て中の母親を不安がらせて、いけすかないオカマ

139氏名トルツメ2018/02/11(日) 15:04:24.67
中学生でもできる確実稼げるガイダンス
時間がある方はみてもいいかもしれません
グーグル検索⇒『金持ちになりたい 鎌野介メソッド』

CLG5B

新着レスの表示
レスを投稿する