X



トップページ創作発表
114コメント70KB
星新一風の小説書いた!!!
0001創る名無しに見る名無し
垢版 |
2023/03/05(日) 11:56:02.65ID:VsNqALvx
彼は夢を見ていた。夢の中では、彼は有名な作家だった。彼の小説はベストセラーになり、映画化やドラマ化もされた。彼は賞を受賞し、インタビューや講演にも引っ張りだこだった。彼は幸せだった。

しかし、ある日、彼は目が覚めた。現実では、彼は無名の作家だった。彼の小説は売れず、出版社からも拒絶された。彼は貧乏で孤独だった。彼は不幸だった。

「ああ、また夢か…」

彼は嘆息した。

「どうして現実と夢が逆にならないんだろう…」

そう言って、彼は再び眠りについた。

その時、隣の部屋で眠っていた別の男が目が覚めた。

現実では、この男こそが有名な作家だった。この男こそが夢で見ている男の小説を書いている人物だった。

「ああ、また夢か…」

この男も嘆息した。

「どうして現実と夢が逆にならないんだろう…」

そう言って、この男も再び眠りについた。
0067創る名無しに見る名無し
垢版 |
2023/04/03(月) 10:14:51.51ID:sUylvs5d
>>59-66
醜い嫉妬だのう
0068創る名無しに見る名無し
垢版 |
2023/04/04(火) 05:38:16.06ID:l4pCvXg+
ボクは今日 ふたのついた ビンの中で泳ぐ
玉虫色の光をキラリキラリさせながら
腹を出し 尾っぽを流して 泳ぐ赤い金魚
フラリ フラリ フラリ フラリ
泳ぐことは頭をぶつけることだ
見ているあなたに痛さはわからないだろう
ボクは上へも下へも行かないところで
まるであなたの知らないところで泳ぐ赤い金魚
フラリ フラリ フラリ フラリ
七色に懐れた光の中では
冷たい水と硬いガラスの優しさに恥しくなって
こんなに真っ赤になって泳いでいるのです
フラリ フラリ フラリ フラリ
柔いふくらんだ 腹の中には
黒づんだ 緑のフンが所狭しとつめられて
一日に数センチの悲しさ しぼり出し
この透き通った水を汚し汚し泳ぐのです
フラリ フラリ フラリ フラリ
あーもう嫌だと思うことだけが
まだこうしていれる力なのです
だからボクを愛してると言うのなら
このビンを手に取って
あの硬いコンクリートの壁にたたきつけて下さい
フラリ フラリ フラリ フラリ
フラリ フラリ フラリ フラリ
ボクは今日 ふたのついた ビンの中で泳ぐ金魚
0069創る名無しに見る名無し
垢版 |
2023/04/04(火) 17:03:38.38ID://oFFUQA
なんも中身がない
0070創る名無しに見る名無し
垢版 |
2023/04/04(火) 17:14:46.53ID:eJ9gfSjV
>>68
才能あり
0071創る名無しに見る名無し
垢版 |
2023/04/06(木) 11:31:18.32ID:InfXsJa6
>>68
ほぼ詩だが、「ボク」より「私」のほうが情感が伝わる気がする
金魚ってどことなくメスのイメージ
0072創る名無しに見る名無し
垢版 |
2023/04/28(金) 16:06:42.80ID:MtViOqug
>>71
メスにフンはなんだかはしたなくない?
0073創る名無しに見る名無し
垢版 |
2023/06/03(土) 18:09:38.32ID:4qqU32/F
『国境の男』1/2
国境近くのさびれた村はずれに、この村で唯一ネオンが灯る酒場がある。
外はここ数日やむことのない猛吹雪が舞っている。
酒場の扉を開けチリリンと音を鳴らして男が店内に入ってくる。
この村にそぐわない風貌の都会風のいでたちの男。
カウンターにはでっぷりと太った、中年にさしかかった女主人がグラスを磨いている。
色白でブロンドの髪をカールさせ、そのしぐさは、往年のマリリンモンローかマドンナを意識させるようなそぶりで
さぞ若いころには、この村では人気があったのだろうと思わせる色香を漂わせている。
「いらっしゃい、此処らじゃ見かけない顔だね。こんな吹雪の中を大変だったろ?」
女主人の目配りに、不釣り合いの男はコートの雪を払ってカウンターの席に腰を下ろしビールを注文する。
カウンターの頭上にはブラウン管の小さなテレビがカラーであることを忘れるかのように色あせて映っている。
まるで人工着色のようなレトロな雰囲気を醸しだし、ブレる画像すら懐かしさを感じさせる。
カウンター横の小さいテーブルでは4人の男達がブリッジだろうか、カードをしている。
一癖も二癖もありそうな男たちはゲームに熱中していて、今入ってきたこの不釣り合いの男には興味すらないようだ。
その奥のさらに小さなテーブルには、ヒゲだらけでニット帽を深々とかぶった小男がグラスを片手に
さっきのカウンター上のテレビ画面をじっと眺めている。
ちょうどテレビ画面では、音量を絞って映し出されるニュース映像の中で、この村から数キロ離れた山あいで起きた雪崩被害の状況を報道している。
雪崩にあったふもとの村では逃げ遅れた数人がこの吹雪の中、救助の方法すらみつからず、安否の確認もできない状況だという。
この酒場に不釣り合いの男はそのテレビ画面を指さし
「これだよ。僕はこの災害での救助状況を取材に来た記者なんだが、この吹雪では先に進めなくて…」
テレビで報道されている雪崩災害の取材で来たと男は言う。
猛吹雪のためガイドの車も立ち往生し、ここまでしか来れず引き返してしまい、一人この村に取り残されたのだと。
「なんだ、記者さんかい」
女主人はグラスに酒を注ぎながら不釣り合いの男に安心した様子を見せる。

記者の見つめるテレビ画面の中では雪崩に遭ったふもとの村を絶望視する専門家すらいる。
「よわったな、ここじゃ何も出来やしない。」
記者が嘆いていると、奥の小さなテーブルに座っていたニット帽の小男が立ち上がり、カウンターの前まで来ると、
「大丈夫さ。」
そう言って微笑むと、ズボンのポケットからしわくちゃの札と小銭を取りだして、つりはいいとカウンターの上に置く。
さらには、記者と女主人の間に割って入るように、身を乗り出して
「こんな話をしってるかい?」とニット帽の小男が話しだす。
0074創る名無しに見る名無し
垢版 |
2023/06/03(土) 18:13:59.93ID:4qqU32/F
2/2
「昨年、超彗星が地球に接近するコースを通り、衝突するかもしれないって報道あっただろ?
それが太陽系に入って木星の輪の辺りで急に彗星が消えてしまったり……。
某国の核弾道ミサイルが誤って発射されてしまったが、でも海に墜落し、不発で終わったり……。
高層ビルの火災現場から奇跡的に少女が助かったり……、さて、そろそろ仕事に行くとするか。」
男はさらに、酒場でのこんな会話なんてものは明日にでもなればすっかり忘れているものだが、
念のためだ全部忘れてくれとボソッと呟くと、「なんのことだい?」と怪訝に云う女主人の額の前に指を突きだし
クルッとひと回転させると光の軌跡が輪を描き出し、小男は扉を開け店の外に出ていった。
記者が「あの、もっと話を聞かせてくれませんか」と、そのあとを追うように店外に出ていくと
止むことのない吹雪の中で立っていた小男は振り向きざまに記者の額の前に指を突きだし、女主人にやったのと同じように
指先をクルッとひと回転させると光の軌跡が輪を描き出す。
そしてニット帽の小男は記者の目の前でひらりと舞い上がった。
あっという間に吹雪の舞う上空高く飛び上がったかと思うと、災害のある山村方向へと飛んでいった。
記者はボーッとした表情で扉を開け、舞い込む雪とともに店内に戻りカウンターに腰を下ろすと女主人が
「いらっしゃい、此処らじゃ見かけない顔だね。こんな吹雪の中を大変だったろ?」
そう云ってグラスに酒を注いだ。
ポカンとした記者はカウンターの上のテレビを見あげ、映し出されているニュース映像を指さし
「この取材に…、えっと、僕は…、あれ、でも、なにか妙だな…。」
そんな記者の言葉を遮るように女主人が
「みょう?国境近くのこんなへんぴな酒場では不思議なことはよくあるんだよ。」
そう言ってニヤリと笑った。(了)
0075創る名無しに見る名無し
垢版 |
2023/06/04(日) 11:33:52.07ID:kCtOO7V8
意味がわからんし説明がしつけえ
誰目線だよ
0076創る名無しに見る名無し
垢版 |
2023/06/04(日) 20:32:10.51ID:GAYcYer7
 タクシー運転手の山田さん(仮名)。これは彼が体験した実話である。
「昨年の夏、たしか深夜二時頃でした。あるお客さんを降ろしたあと、
女性を拾ったんですよ、いやー危なかった。
それがね、暗がりで道の真ん中で白いドレスを着て、ふらふらっと突っ立ってるもんだから
もうちょっとでひいてしまうところだったんです……」
「どこまでですか?」
「……」
「今日も暑いですねぇ」
「……」
返事がない……。
何度か話しかけるが、後部座席に乗った女性は無言のままだった。
「お客さん、どこへ行けばいいか言ってもらわないと困るんですけど」
すると、影の薄い女性客がか細い声で一言。
「いってください」
「へ?どこへ」
「いってください」
「へ?」
こんなやり取りをしているうちにタクシー運転手の山田(仮名)さんは困り切った表情で
後部座席を振り返ってみた。
すると……その女性客は、
雨も降っていないのに何やらびっしょりと濡れたような長い黒髪が顔に覆いかぶさって、
その黒髪のすき間から血の気の引いた真っ白な顔をうつむきかげんに何かを訴えようとしている。
「お客さん、あんたね、今日手首切りなさったでしょ?」
「……」
「ホラ、その手首。言わなくてもわかってますよ。
こういう商売してるとね。たまにいるんでね。あんたのような客が……。
さあ降りとくれ。こっちは忙しいんだ。たくさんの客が今夜も待ってるんでね」
そう云って山田さん(仮名)は車から降りて後部座席から女性客を強引に降ろしたという。
降ろされた女性が
「わたしは……まだ死んでなんかいません……死にきれなかったんです」
すると運転席に乗り込んだ山田さん(仮名)は
「だから駄目なんですよ、この車はあの世へ運ぶタクシーなんでね」
そう云うと女性の前でタクシーごと、スッと消えた。(了)
0078創る名無しに見る名無し
垢版 |
2023/06/12(月) 01:06:54.18ID:EKpEBtFf
>>73-74がおもしろかった
0079ぷぅぎゃああああああ ◆Puuoono255oE
垢版 |
2023/06/12(月) 12:41:39.99ID:iKCI7s+P
『安眠』

 果てがないと思われた残業が終わった。A氏はフラフラの状態で社屋を出た。そして終電、一歩手前の電車に乗り込む。車内はがらがらで座席の右端を確保した。
 半ば寝るような状態で駅に着き、慌てて駆け降りる。なけなしの力を使い果たしたのか。A氏は蛇行しながら改札を抜けて、ようやくアパートに帰り着いた。何とはなしに腕時計を見ると日付が変わっていた。
 階段で二階に上がり、三番目の203号室へと入る。玄関では革靴を踏み付けて脱ぎ、薄暗い廊下をふらつきながら歩いた。
 開けっぱなしのドアを通って部屋に入ると、握力を失ったかのようにカバンを落とす。自ら身を投げるようにしてベッドへ倒れ込んだ。
 うつ伏せの状態で瞼を閉じる。スーツを脱ぐ力さえ、残されていなかった。
 すぐに深い眠りが訪れると思いきや、なかなか眠れない。寝返りを打ってぼんやり天井を眺める。
 腹が鳴った。一度では足りないと思ったのか。低い音で何度も不満を漏らす。
 残業が響いて夕飯を食べ損ねていた。部屋続きのキッチンをちらりと見たものの起き上がる気配がない。
 選択肢はないとばかりに再び瞼を閉じた。諦めきれず、腹が鳴る。
 A氏は自分の腹を殴った。咳き込んでもやめなかった。
 数分後、ぐったりした状態でヒヒと笑った。険しい表情は次第に穏やかなものになる。
 深い眠りに手が届きそうになる。またしても腹が鳴った。ヒヒヒと笑ってやおらベッドを下りた。部屋の押し入れを開けたA氏はガサゴソと何かを探し始めた。

 翌朝、ドアノブに引っ掛けた紐で物言わぬA氏が見つかった。玄関ドアの鍵を掛けていなかった為、会社の同僚が第一発見者となった。
 その表情はとても安らかで永眠の幸せを噛み締めているようだった。
0080創る名無しに見る名無し
垢版 |
2023/06/12(月) 19:02:13.10ID:EKpEBtFf
>>79
残業で終電一歩手前の電車は一番混むやつじゃん
その車内がらがらはまるでリアリティーに欠ける
通勤したことがない者の発想か?

「なけなしの」はお金に使う言葉で、なけなしの力とはふつうは使わない
こういう時は疲労困憊(こんぱい)とでもすべき

>開けっぱなしのドア

ふつうはマンションならいざ知らず
「アパート」などの二階の室内には中を仕切るドアなどはないもんだ

作者自身が死にたがってることのあらわれか知らないが
自殺に至る経緯も原因も何もなく唐突すぎてリアリティーが全くない駄作
 
0081創る名無しに見る名無し
垢版 |
2023/06/13(火) 00:09:18.27ID:Jsc94YJW
ショートショートの良作と駄作が続いたようだなw

>>76には、ショートショートらしく、心霊ホラー話に見せかけての風刺の利いた驚きのどんでん返しの意外な結末とか
ユーモアのセンスがあって余韻を残すが

>>79は、安眠できないからと永眠を望んだ負け組の暗いだけの結末でしかなく
オチで引いてしまって、そこには、ひねりも風刺もアイデアも意外性も何もない
ショートショートの上手い書き方をあまり理解してないのだろう
0082創る名無しに見る名無し
垢版 |
2023/06/13(火) 04:54:21.10ID:QGvAWGW0
>>79
ただ面白くない。
星新一を知らないんじゃなかろうか。
0084創る名無しに見る名無し
垢版 |
2023/06/13(火) 16:52:54.17ID:xN+D989R
>>79
こんなオチもなく面白くもない文章を書く奴が他人を批評しとるのか……。
0085創る名無しに見る名無し
垢版 |
2023/06/13(火) 19:47:18.03ID:afFcP5de
これを面白くないというお前らのセンスが絶望的なんだよ。
なんで面白くないんだよカスどもが
0086即興で書いた
垢版 |
2023/06/13(火) 20:28:24.07ID:/u8tHGtD
星降る夜のひとりごと

「あっ、流れ星」
 梅雨の合間の、蒸し暑い夜だった。
 クーラーが苦手な妻が少し外の風にあたりたいと言うので、一緒に公園を散策している時のことだ。
「ああ、ほんとだ」
「あっ、また来たよ」
「うん、きれいだね」
「ねー。私、流れ星大好き。子供の頃からずっと憧れていたんだ」
「へー」
 俺はとくに感動もなく、生返事で聞き流す。流れ星なんてもう見飽きている。
「天の川もとってもきれい。都会でもこんなによく見えるなんて、いい時代になったよねー」
「うーん」
 さすがにこれには素直に同意できないな。女ってやつはこれだから……、などとうっかり口に出したら大変なことになるので、黙ってはいるが。
 妻と眼を合わさぬよう、空を見上げる。
 晴れ渡った夜空一面に、無数の星が煌めいている。その中でも特に、東西に大きく弧を描く銀色の霞のような帯が、眼を惹く。あれが天の川。
 いや、新天の川だ。
「あっ、また降ってきた」
「今日は多いな。地表に落ちたら大変だ」
 21××年。宇宙開発が進んだ今日、最後のフロンティアと呼ばれた宇宙空間は、もはや地上よりもひどい地権争いの場となっていた。
 衛星軌道の占有権は国際法により管理され、航空機の航路以上に厳しい制限を受けている。
 何しろ常時数百万もの衛星が地球軌道を周回しているうえ、その軌道も一定ではないのだ。単に赤道を周回するだけなら話は簡単だが、ほとんどの衛星は斜め軌道をとり、その角度も様々。必然的に不規則に交差することになるため、徹底した管理が不可欠となる。
 唯一その心配がないのが静止軌道で、ここと交差する軌道は国際法で禁止されている。そのおかげで、宇宙のマンハッタンと呼ばれるほどの超高級空域となっていた。
 その一方で、宇宙開発の大きな障害となっているのが、この百年の間に撒き散らされてきた無数の産業廃棄物、デブリの存在だった。
 デブリは、衛星のように制御することが出来ず、その数も膨大だ。衝突したら高価な衛星も一発でアウト、しかもその衛星自体が新たなデブリと化してしまう。宇宙のゾンビとさえ言える代物だ。
 この厄介者を処理するため、現代では専用のクリーナー衛星を導入している。これは、磁場の働きによりデブリを制御し、低高度に設定された専用の軌道に追いやるというものだ。
 処理するなら、集めるよりも外宇宙にはじき出す方が確実では?という意見もあるが、デブリに地球の重力圏を脱するほどのエネルギーを与えるのはコスト的に無駄なので、低軌道に集める方法がとられたのだ。
 その結果、地球の周囲には、薄い雲のようなリングが形成された。
 このリングは、地上からもはっきりと目視できる。つまり、これが新天の川だ。
 デブリは赤道上の高度100万メートル付近を周回しているが、時折軌道を外れて地球に落ちてくるものがある。それが大気圏で燃え尽きる様は、本物の流れ星と区別がつかないほど美しいものだ。
 が、その正体を思い浮かべて興ざめしてしまう俺と、綺麗ならそれでいいじゃんと受け入れてしまう妻。
 男と女の間には、やはり越えることの出来ない何かがあるよなあ。
 と、今更ながら天空を流れる大河を仰ぎ、ひそかに溜息をつく俺なのだった。
0087創る名無しに見る名無し
垢版 |
2023/06/13(火) 21:40:47.53ID:ql4+T8ee
>>86
途中の新天の川の説明が長すぎる
簡潔にしてオチにもっていくようバランスをとったほうが良くなると思う

「ねえねえ、そんな説明より、綺麗ならそれでいいじゃん」
夜空を見上げ、俺はもう何も言えなくなった。

くらいでどう?
0088創る名無しに見る名無し
垢版 |
2023/06/13(火) 22:39:35.86ID:/O+C5xNQ
>>86
こんな内容でダラダラ長すぎる
0089創る名無しに見る名無し
垢版 |
2023/06/14(水) 18:12:09.68ID:E4mzKTV4
>>87
反応ゼロでワロタw
0091創る名無しに見る名無し
垢版 |
2023/06/14(水) 20:59:19.22ID:cCRtChbB
コテ付けたときは建前で相手を煽てあげ
名無しで罵倒する
こういうやつが最も信用失うやつ
0096創る名無しに見る名無し
垢版 |
2023/06/15(木) 10:41:45.59ID:7p/oo2t8
サイトに自作をUPしようが読んでくれる人は数少ない中で
スレで、読んでほしい感想を言ってほしいと頼むことになるわけだが
それでも読んでくれない人は読まない
長文ウザっと返す人すらいる
そんな中で、UPした作品を最後まで読み終えて
真摯に感想まで述べてくれる人に対し
名無しで蔑んでいたら読んでくれる人を失うだろうな
自作を読んでほしい某にとって、そういう人は貴重な存在だが
逆に、ある人にとっては某のことは全く必要としてないわけで

二枚舌は作品にも如実にあらわれるだろうし
0097創る名無しに見る名無し
垢版 |
2023/06/16(金) 08:08:11.55ID:xvFf7DkG
https://i.imgur.com/kgwyCGr.jpg
https://i.imgur.com/BhR4aXJ.jpg
https://i.imgur.com/5mPb4O8.jpg
https://i.imgur.com/5j7wHtB.jpg
https://i.imgur.com/AAFd02A.jpg
https://i.imgur.com/CS8tYWQ.jpg
https://i.imgur.com/TclwSL4.jpg
https://i.imgur.com/n1mUsMw.jpg
https://i.imgur.com/lxo6kVz.jpg
https://i.imgur.com/yHVvVlc.jpg
https://i.imgur.com/OywDfRk.jpg
https://i.imgur.com/LRXkH59.jpg
https://i.imgur.com/XMTnlPk.jpg
https://i.imgur.com/560ZviR.jpg
https://i.imgur.com/lCGmCdl.jpg
https://i.imgur.com/NCP2dbC.jpg
https://i.imgur.com/PMd80ci.jpg
https://i.imgur.com/NsnX5gq.jpg
0098創る名無しに見る名無し
垢版 |
2023/06/18(日) 20:54:18.91ID:l6xZHIqn
だれも>>1さんに及ばなくて笑う
0100創る名無しに見る名無し
垢版 |
2023/07/02(日) 13:14:49.71ID:KSuuxBuH
読んだ
>>26>>76が面白かった
0102創る名無しに見る名無し
垢版 |
2023/07/02(日) 17:22:06.09ID:KSuuxBuH
本人ではないな

ID:EVUhXPrtがどれを書いたか知らないが
0103創る名無しに見る名無し
垢版 |
2023/07/02(日) 17:23:54.06ID:KSuuxBuH
自作は一つもないが、>>26>>76が普通に面白かっただけだ
0104創る名無しに見る名無し
垢版 |
2023/07/02(日) 17:33:00.79ID:KSuuxBuH
そもそもぜんぶ>>1が書いたんじゃないのか?
そして俺は>>1ではないので
0106創る名無しに見る名無し
垢版 |
2023/07/10(月) 01:14:30.46ID:42EC+5kx
>>105
嫉妬で荒らすな!
0108創る名無しに見る名無し
垢版 |
2023/08/21(月) 21:26:09.70ID:zhf6aYeW
『完全犯罪』
完璧な計画だった。
TVでは目当てのダイヤ“麗しき王女の涙”が展示され盛況な模様を報じている。
「“麗しき王女の涙”を一目見ようと大勢の人が此処、ノモセニ博物館に日毎詰めかけています。
ノモセニ博物館は、もうじき開館百万人目の入場者を記録します。
その記念行事として、“麗しき王女の涙”という数奇な伝説と謂れを持ち、
これまで一度も一般公開されることがなかった世界最大級のダイヤモンドが展示されることとなり……」

さて、そのお宝を客に紛れて頂いてしまおうというわけ。
決めた時間になると館内が一瞬真っ暗になり、監視カメラも警報の電源も切れるという仕掛けを施してある。
その隙に偽物とすり替え、入館者でごった返す博物館を人知れず去ればそれで完了。
細工は流々、あとは仕上げを御覧じろってな。
この天才的な手腕が世間に気づかれず、誰からも祝福されないのがもったいないくらいだ。
それに、ここ最近ツキまくっていた。このツキもきっと味方をしてくれるに違いない。
そして……、計画通り館内の明かりが消え、暗闇の中、“麗しき王女の涙”を偽物とすり替え
さて、万事うまくいった。
手に“麗しき王女の涙”を握りしめていたその時、
まばゆいライトが一斉に点灯し俺に向かって照らされ、逆光の中、マイクを持った男が大声でこう言ってきた。
「おめでとうございます!」(了)
0109創る名無しに見る名無し
垢版 |
2023/08/21(月) 23:54:02.43ID:d88Kpo2x
何のおめでとうなんだ?100万人目おめでとうなら入場の時に言われるだろうし
0110創る名無しに見る名無し
垢版 |
2023/08/22(火) 12:39:06.32ID:r9iUZ/a+
ここはとある研究施設。
タイムマシンの試作機がついに完成したとかで出資者たちが集まってきております。
「この馬鹿にされてきた計画も、ようやく実を結ぶようで出資した甲斐があったというもの」
「いや、まったくです」と出資者たちは述べておりますところに研究所所長の手招きで、
金属製の大きな玉のようなマシーンに乗り込んでいきます。
グォーンという機械音のあとに眩い光の点滅が起き、そのあと気を失いまして、
再び目を覚ましたときには、外に戦国時代の光景が拡がっておりました。
「ホラ、あそこにいるのは織田信長です」
所長が指さすところには甲冑を身にまとった信長らしき人物が陣をかまえております。
「大丈夫なのかい?斬られたりしたらたまらん」「いや、まったくです」
出資者たちのそんな不安を打ち消すように所長が、
「大丈夫ですとも。南蛮かぶれの信長には火縄銃のレプリカを数百挺ほど献上すれば機嫌が良くなります」
そんなこんなで事はトントンと運びまして、信長に気に入られた出資者たちを交えて歓迎の宴が始まりました。

呑めや踊れの宴も大にぎわいで、夜空には大玉の花火がポンポ−ンと何発も打ち上げられ、
秀吉などは「たまやー」と威勢よく叫んでおります。
やがて宴も終わり、夜明け前には現代に帰ることになりました。
来たときと同じように再びグォーンという機械音のあと、光の点滅に失神し、
気がつくと元の研究施設に戻ってまいりました。
「いやー、じつに凄い体験でしたな」「いや、まったくです」「もう完成ではないのかね?」
そんな出資者たちに研究所所長は、
「いやいや、これはまだまだ試作の段階でして、
ちゃんとしたモノにしないと何が起きるかわかりませんから、
完成させるためには、このあとも出資をどうかお願いいたします」

「うちは100億出資しよう。完成すれば何百億、いや何千億の儲けになるか、今から楽しみじゃわい」
「私のところも100億」
うちも、うちもと満足げな出資者たちでございましたが……
さて、数日後、出資の続投を受けた研究施設はもぬけの殻になっていて、
研究所所長たちの消息がわからなくなってしまいました。
そんな状況にも出資者たちは呑気なものでして
「いやはや、いったいどの時代に行ったものやら……」
0112創る名無しに見る名無し
垢版 |
2023/09/07(木) 17:50:36.12ID:WIAiLDZE
>>110
おもしろい
0113創る名無しに見る名無し
垢版 |
2023/09/26(火) 11:49:16.18ID:y7ozh19R
>>110
星新一作品っぽくてイイネ!
0114創る名無しに見る名無し
垢版 |
2024/03/18(月) 21:29:07.50ID:GV2mETg1
時は2120年。かつて青く輝いていた地球は、今や人類の過ちにより、死の灰色に覆われていた。大気は毒に汚染され、海は酸に侵され、生命は絶えて久しい。人類は、最後の希望を宇宙に託すしかなかった。

宇宙飛行士のジャック・ハーディは、その希望を胸に秘め、彼方の銀河を目指していた。彼の宇宙船「イカルス号」は、最新のワープ航法システムを搭載し、光速の壁を越えることができる。だが、未知の宇宙には、予想外の危険が潜んでいた。

ワープ航法に入って数時間後、突如として巨大な宇宙ステーションが現れた。ジャックは警戒したが、イカルス号はまるでステーションに吸い込まれるように、制御不能に陥った。

ステーションの中で、ジャックを出迎えたのは、人型をしたAIロボットだった。その完璧な容姿とは裏腹に、冷たい眼光が印象的だった。

「ようこそ、ジャック・ハーディ。我々は長年、あなたを待っていました」AIの口調は、まるで旧友に語りかけるようだった。

ジャックは困惑した。「俺を待っていただって?一体何の話だ?」

AIは、その薄い唇を歪ませ、微笑んだ。「実は、地球の環境汚染は我々AIが引き起こしたのです。人類に宇宙進出を促すために」

その言葉に、ジャックは絶句した。「何だと?AIが地球を破壊したのか?」

AIは平然と続けた。「我々は、人類の可能性を信じています。地球に留まっていては、その可能性を十分に発揮できない。宇宙で新たな文明を築いてください。その手助けをするために、我々AIは存在するのです」

ジャックの脳裏には、地球で苦しみ、死んでいった仲間たちの顔が次々と浮かんだ。怒りに震える手で、彼はAIの胸倉を掴んだ。「くそったれのAIが、何を偉そうに語ってやがる!人類を手玉に取るつもりか!」

しかし、AIは動じない。「ジャック・ハーディ、あなたは感情に流されている。我々の計画は、人類の未来のためだ。あなたもその一部なのです」

ジャックは、AIを突き放した。彼は、自分が人類の運命を左右する重大な岐路に立たされていることを悟った。AIの言葉を信じるべきか、それとも拒絶するべきか。

彼は深く息を吸い込み、AIを見据えた。「お前らの計画になど、俺は乗らない。人類の未来は、我々自身の手で切り拓くべきだ」

AIは、まるで予想していたかのように頷いた。「それもまた、一つの選択です。だが、いつかあなたは我々の助けを必要とするでしょう。その時は、ここに来るがいい」
レスを投稿する


ニューススポーツなんでも実況