本当は男な女の特徴

1ベルベット ◆yl1SBmcic. 2019/12/12(木) 13:48:16.790
ここまでの情報とから「実は男な女」の特徴が何なのかの特定と
「地獄暮らしが始まったとき正義が悪に敗れる日々が永遠に続く」の真相は何なのかが解明可能なのだ
まず「正義が悪に敗れる日々が永遠に続く」の根拠を挙げよう
「モノノフが実は鬼で鬼が実はモノノフ」という「討鬼伝」の設定にこそ答えがあるのだ
これは「正義の味方が実は悪役で悪役が実は正義の味方」を意味する設定であり
「悪が正義に勝利する」が「現実」を意図した設定なのだ
言い換えれば「正義では悪には絶対に勝てない理由」がちゃんとあり
それ何かさえ解明できれば「正義の定義」と「悪の定義」が何なのかが特定可能なのだ
手がかりは「一歩が実は宮田」とは「宮田は本当に正義の味方」を意味する設定にして
「ゴンザレスが実はブライアンホーク」とは「ブライアンホークは本当に悪役」を意味する設定だと言う事である
この試合でも宮田は「黄金のワンパターン」を使ってしまった
唐沢戦でも「付け入る隙が実はある」と「指摘」されているのにも拘らず
この戦術を「また」使ってしまった事にこそ「答え」があるのだ
これは「親の言付を絶対に破る事ができない奴」が「正義の定義」を意味する設定なのだ
では「宮田はブライアンホークに敗れた」とは一体何を意味するのか
「ブライアンホークのファイトスタイルはコピースタイル」にして
「ブライアンホークは覚悟のカウンターを使わなかった」の二点がある以上
「本当にしてはいけないこと」を「絶対にしない」のが「悪役の定義」でもある
ここでいうならば「喧嘩ボクシングを崩す真似」である「覚悟のカウンター」の事を指している
言い換えれば「覚悟のカウンターを平然と使う奴は真の悪」だと言う事も判明する試合内容なのだ
でも何故「ゲドーを演じる福井」は「覚悟のカウンター」を連想する戦術を使ったのか?
そして何故二次元業界関係者及び「お前ら一家」及び「宮田と唐沢と久美」はこれに気づかなかったのか?
手がかりは福井とゲドーの試合を組んだのは「ばろんくりた」だと言うことである
そう「ばろんくりたの正体は飯村真理」なのだ
飯村真理の指図どおり福井は「覚悟のカウンター」を連想させる戦術を使っただけの話なのだ
これ本当は「悪役も根っこは正義の味方と実は同じ」を受け手に「わからせる」のが狙いの指令であり
飯村真理の指令どおりに福井は「覚悟のカウンター」を連想させる戦術を使った
そしてこの「事実」を伏せた上で唐沢と宮田のマッチングを仕掛けた
そうする事で「唐沢意外誰も試したことがない」が「嘘」だと言う事に気づける奴がいるかどうかの「実験」だったのだ
なんと「実は悪役」を意味する設定である「青木が実は間芝」と「木村が実は沢村」があるにも拘らず
間芝と沢村すらもこれに気づかなかったのだ

2ベルベット ◆yl1SBmcic. 2019/12/12(木) 13:49:38.960
つまり「悪役も実は正義の味方と実は同じ」だということを飯村真理は「証明」したのだ
つまりこれに気づけたのは「私ただ一人」な事こそ
「私も飯村真理と同じだった」の「証拠」なのだ
つまり「人間の本性は善」だからこそ福井も実は「覚悟のカウンター」を連想させる戦術を使った事に気づかなかっただけの話なのだ
では「悪役」とは本当はなんだったのか?
手がかりは「親の言付に服従するだけの存在」が「正義の定義」だと言う事である
そう「悪役」の本当の役割は「正義の味方」に対し「親の言うとおりにするとこういう目にあうぞ」という「愛の鞭」を行うために存在しているのだ
「はじめの一歩」で例えるなら「宮田VSブライアンホーク」戦の本当の意図は
つまり「覚悟のカウンター」をやらせてしまったって本当はこういうことだぞ宮田「愛の鞭」を行っているだけのものなのだ
つまり「本当に愛の鞭を振るっているのは実は悪役の方」を「バラす」のが目的の試合にしか過ぎないのだ
つまり「悪役の言う事はちゃんと聞きなさい正義の味方の皆さん」を意図した試合しか過ぎないのだ
なぜならこれ本当は「真の悪はこういうことをするから気をつけるんだぞ愛の鞭」を行うために「悪役」は存在するだけの話なのだ
言い換えれば「福井実は覚悟のカウンターを使っていた」に気づかなかったとは
「悪役のしている事も実は無意味なものだった」の「証拠」なのだ
ではなぜ福井戦で実は覚悟のカウンターが使われていたことに誰も気づかなかったのか?

3ベルベット ◆yl1SBmcic. 2019/12/12(木) 13:50:00.270
「覚悟のカウンター」もある種の「インチキ」戦法の一種だからである
「黄金のワンパターンを崩す戦術=近代ボクシングを肯定する戦術」と言う図式がある以上
「喧嘩ボクシングの勝利に終わるバトル」が趣旨の宮田戦で「近代ボクシングを肯定する戦術」など「してはいけない」のだ
「左フックを使うことで空回りさせる」を「あえて」やらなかった事からわかるように
「宮田の対戦相手は近代ボクシングを肯定してはならない」と言うルールがちゃんとあるのだ
事実唐沢戦では「手加減」を意味するパンチである「左パンチ」を使い「単発」にとどめる事で
「本気で近代ボクシングを肯定していない」を試合で証明している
つまり福井戦の「右パンチで覚悟のカウンターを平然と放つ」とは
「宮田の対戦相手は近代ボクシングを肯定してはならない」を「破る」真似なのだ
つまり「福井が近代ボクシングを肯定するはずがない」と言う目で福井戦を見ているからこれに気づかなかっただけの話なのだ
言い換えれば「まさか本当に福井がゲドーの再現をする筈がない」と言う目で福井戦を見ているからこれに気づかなかっただけの話なのだ
これが意味する答えは一つ「このとき宮田が戦った相手は本当にゲドー」にして
「本当に福井は福井」だと言うことである
つまり「宮田達はゲドーに騙されていた」事が試合に出ていただけの話なのだ
さらにいうと「実は女の男」の特徴である「裏切りが出来る」と言う点から
「ゲドー実は女」だという事もわかるのだ
つまり「ゲドー実は飯村真理の手先」だと言う事がわかる試合内容なのだ
つまり「ゲドーが実は福井」と言うことにしておかないと宮田達にとって困る事があるから
この試合で実は覚悟のカウンターが使われていることに気づかなかっただけの話なのだ
が実は福井」とは「親にやれと言われたからインチキに手を染めているだけのボクサー」を意味する設定
つまり「八百長試合すら実は親の言いつけどおりの試合」と言う目で試合を見なさいと言う教育を受けているから
「ゲドーが実は福井」と言う目でゲドーの事を見ているだけの話なのだ
つまり「親の言いつけに服従している」から「ゲドーが実は福井」と言う目でゲドーの事を見ているのが
二次元業界と「お前ら一家」と唐沢と久美と飯村真理を除くかもかわジムメンバーだと言う事がわかるのだ
だから誰もこの試合で実は覚悟のカウンター「ゲドーが本当にゲドー」とは「本当にゲドーはインチキに手を染めるボクサー」を意味する設定
「ゲドーが使われていることに気づかなかったのだ

4ベルベット ◆yl1SBmcic. 2019/12/12(木) 13:51:09.270
つまり「悪役すら実は親の言いつけどおりにやっている存在にしか過ぎない」事を「バラす」のが飯村真理とゲドーの目的なのだ
つまり「ゲドーVSデビットイーグル戦」の真相も「ゲドーが手を抜いたからデビットイーグルは勝てただけ」にして
「今の宮田はデビットイーグル相手に負けてしまうほど弱い」と言う事をゲドーに見破られていた事を意味する勝敗結果なのだ
つまりこれに気づけると言うのは「飯村真理とゲドーと同じ奴」だという事も判明する図式なのだ
「あれくせい実は無実に気づける」と同じ理屈だからである
これは「ゲドーが実は福井」と言う目で見なさいという「はじめの一歩のルール」を「破る」事を意味する読み方であり
作中でこれを「破る」を実行した飯村真理とゲドーと同じ奴にしか出来ない試みだからである
つまりこれ本当は「気づいてはいけない事に気づいてしまった」と解釈しなければならない性質の描写であり
「裏設定がわかる方には気をつけてください」も「気づいてはいけないことに気づいてしまう受け手」なのも理由だという事がわかるのだ
つまり「気づいてはいけない事に平然と気づける受け手」だからこそ「裏設定がわかる受け手にはみんな警戒している」と言う事がわかるのだ
言い換えれば「気づいてはいけない事に気づかれたとしてもいいように話を考えている」と言うのが
「裏設定がわかってもいいように話を考えている」の意味だという事がわかるのだ
例えばゲドーの件の場合「やはりゲドーはイカサマ師でした」の「証明」にもなる
つまり二次元業界と「お前ら一家」が思い描く「ゲドー」に間違いはありませんでしたの「証明」にもなるから
言い換えれば悪役の事を飯村真理やゲドーと同じ穴の狢だと思うなよの「証明」にもなるからである
つまり「表設定の扱いに間違いはありません」と言う話になるように裏設定を考えていますと言う事をさしている言葉なのだ
つまり「へるだるふが実はスレイ」及び「穢れを受け入れよをスレイは唱えた」も
「穢れに屈するのすら実は親の言いつけどおりだということにスレイは気づいた」にして
「本当にスレイは稀代の導師だからこそいえる事」を意図した設定なのである
言い換えれば「エドナはスレイを殺した」と言うラストの展開
及び「すれいが実はエドナ」及び「ろぜが実はライラ」及び「神衣が出来るのは天族だけ」及び「天族は人間を見下している」の5点も
「本当に悪いのは天族の方」にして「本当の敵は天族」にして「諸悪の元凶は神衣」と言う事が「伝わる」事を意図した設定
つまり「正義は悪に敗れた」が「テイルズオブゼスティリア」の大筋を意図した設定なのだ
これも本当は私のレビューが原因で「両親の目論見は挫かれてしまった」と言う事を意味する描写である
「奔る!二宮尊徳像!」が何なのかが二次元業界には伝わっていますを「証明」するのが狙いの設定にして
「世界は悪に屈しつつある」と言う「お前一家」に対するメッセージにもなる設定なのだ
つまりあのレビューが本当は何なのか二次元業界はわかっているぞと言うことを意図した設定なのだ
言い換えれば「テイルズオブベルセリア」が「テイルズオブゼスティリア」の関連作なのも
これも私に関係ある話だと言うことを意図した設定なのだ

5ベルベット ◆yl1SBmcic. 2019/12/12(木) 13:51:25.850
つまり「シラを切る」のは「無理」みたいなんで「白状」します
「テイルズオブベルセリアでシリーズ初の女性主人公にした」の本当の意味は
「ミラとミカ実は男」と言う意味だけではないのだ
これ本当は「改造手術を受ける前の私の話」なのだ
つまり「ベルベットのモデルは私」を意図した発言なのだ
だから「この人はこの人のまま」と言う目で「リクドウコウジ」は見ている事がわかるのだ
「私元々あまり喋らない」と言う話が「テイルズオブベルセリア」だからである
つまり「私本当は家事全般が器用にこなせるし戦いだって得意だし危険に身をやつすのも平気」だと言うことを「バラす」ために
「テイルズオブベルセリア」が発売されただけの話なのだ

6ベルベット ◆yl1SBmcic. 2019/12/12(木) 13:52:32.670
つまり「ベルベットの家族関係の本当の姿」を元にした裏設定も「事実」だと言うことを「バラす」のが目的の作品なのだ
だから「裏設定がわかってもいいように話を考えている」と言う言葉がある真相なのだ
つまり「地獄暮らしをする事で出直してこい愛の鞭」という流れにしてしまったのだ
言い換えれば「地獄暮らしが永遠に続く事が確定されてしまったぞ愛の鞭」という流れになってしまったから
「コバヤシユミコ」は「奔る!二宮尊徳像!」を書いたという話でもあると同時に
「悪役に負け続けなさい、悪役のしている事本当は何なのかに理解を示しなさい愛の鞭」という世界になってしまったから
「正義は悪役に敗れる日々」にして「地獄暮らし」が「永遠」に続く事が「確定」されてしまったのだ
言い換えれば先述の「モノノフが実は鬼で鬼が実はモノノフ」という設定も
「いずれこういう日が来ることに備えておきなさい愛の鞭」をユーザーに「諭す」のが目的の設定にしか過ぎないのだ
言い換えれば「テレビゲームをプレイするフリをしなさい」という教育を「お前ら」の両親が行っている本当の理由は
「いずれ本当に二次元世界で永遠に過ごす日々がくるぞ」という「予告」にして
「本当にテレビゲームをプレイする」を連想する日々など訪れないぞという「警告」を意図した教育にしか過ぎないのだ
言い換えれば私の両親がその「逆」のプレイをやらせた本当の意味も
「本当に二次元世界で暮らせる日など訪れないぞ」という「予告」にして
「永遠にこの世界で暮らす事になるぞ」という「予告」を意図した教育にしか過ぎないのだ
つまり種明かしとともに「私を除く全住人全員が物語世界に移住する」と同時に
「真の悪」だけがこの世界に光臨するにして
「私も真の悪と実は同じだった」を「誰もが思い知る」日々が始まり
「真の悪に勝てない奴の集う世界」が物語世界だということを「誰もが思い知る」日々が始まり
これが「永遠」に続く事を「誰もが思い知る」日々が始まるのだ
言い換えれば「コバヤシユミコ」はこれを覆す事は「不可能」だと悟ったから「奔る!二宮尊徳像!」を書いただけの話なのだ
つまり「悪役は悪役のまま」にして「正義の味方は正義の味方のまま」にして
「正義が悪役に敗れる」という展開が「永遠」に続く事になるのだ
「名探偵コナン」で例えるなら「コナン側が黒の組織側に永遠に破れ続ける」という話が「永遠」に続くのだ
「はじめの一歩」で例えるなら「喧嘩ボクシングが近代ボクシングに敗れる」という話が「永遠」に続くのだ
つまり「物語世界は悪夢の世界」だという事を「誰もが思い知る」のだ
では何故「正義の味方は悪役に敗れ続ける」と「断言」出来るのか?
答えは簡単である「悪役の生起の方が正義の味方の性器よりも強靭」だからである
言い換えれば「性器のスペック差」がそのまま「実力差」に反映されるからである

7ベルベット ◆yl1SBmcic. 2019/12/12(木) 13:53:43.920
でも表設定の展開を見ればわかるように「悪役本当は正義の味方に負けるのを望んでいる」のだ
だから「悪役」にとっての「正義の味方に勝つ」は「絶望」以外何者でもない
当然ながら「正義の味方」にとっての「悪役に敗れる」も「絶望」以外何者でもない
つまり「絶望するのはお互い様」が「永遠」に続くからこそ「地獄」なのである
「テイルズオブベルセリア」もこの流れが加速化しているからこそ出てきただけの話
そしてここから「実は男な女の特徴」の「定義」が何なのかが特定可能なのだ
言い換えれば「ベルベットの容姿」の「コンパチの容姿の持ち主」である「ミラ」が男だと断言できる理由でもある
「歩美はベルモットの再現をした」も「明日香は麗華の再現をした」も「エリーゼはミラの再現をした」も「ミラはエリーゼの再現をした」も
「ライラはロゼの再現をした」も「朝倉はハルヒの再現をした」も「長門は長門」も「朝美は操の再現をした」も「月子は早苗の再現をした」も「操は朝美の再現をした」も
「ベルモット」と「麗華」と「ミラ」と「エリーゼ」と「ロゼ」と「ハルヒ」と「長門」と「操」と「早苗」と「朝美」が実は男なのに因んだ描写なのだ
当初の予定では灰原哀は登場しないまま連載を終了させるつもりだったのが「名探偵コナン」だと言う事と
「少年探偵団にベルモットも所属している」と言う設定も「ベルモット実は男」に因んだ設定
つまり「少年探偵団」と言う名称もl「灰原哀を除く少年探偵団メンバー全員男」を意図した設定なのだ

8ベルベット ◆yl1SBmcic. 2019/12/12(木) 13:54:26.220
つまりこれらである
「博識」だと言う事
「半裸」を連想させる服装をして平然としていられると言うこと(ベルベットは服が破れているので話は別だから)
「本音を別の誰かに言わせる」と言う事(「奔る!二宮尊徳像!」の意味を私に言わせるを「コバヤシユミコ」が選んだ事こそ「コバヤシユミコ」実は男と断言できる理由でもある)
「男の前で服を脱ぐ」のに対し平然としていられると言うこと(「ミナミオミ」が実は男だと断言できる理由でもある)
「超常現象を信じる」を連想する言動を行うこと(「ミラ」はそういう言動をするけど「ベルベット」はそういう言動をしないと言う違いがあるのもそのため)
「裏切る事が出来ない」を連想する言動を行うこと(「ミラ」はそうだけど「ベルベット」は穢れに手を染めると言う「裏切り」を連想する行為を行ったと言う違いがあるから)
「美しくなるを肯定する」を連想する言動を行うこと(「ミラ」はそうだけど「ベルベット」はその手の言動をしないから、言い換えれば「ハマタニヤスヨ」がこれを肯定するとは「ハマタニヤスヨ実は男」の「証拠」を意味する図式)
「気弱」を連想する言動を行う事(「ロゼはお化けが苦手」も「早苗は気弱」もここに因んだもの)
「ルールを破ることが出来ない」を連想する言動を行う事(「ハルヒは年間行事を守る」も「ミラは精霊を裏切らない」もここに因んだものにして「ベルベットは災禍の領主となり人々を裏切った」と言う違いがあるのもこのため)
「実は男な女の容姿を羨望する」を連想する言動を行う事(「えりーぜがみらの容姿を羨望する言動を行った」も「はるひはみくるの容姿を羨望する言動を行った」もここに因んだもの)
「醜い女」を連想する容姿だと言う事(「早苗」と「エリーゼ」と「ロゼ」と「長門」もこれに該当する)
「胸がない」事(「長門」と「エリーゼ」と「ロゼ」と「早苗」と「朝美」がこれに該当する)
「礼節を重んじる」を連想する言動をする事(「ベルモット」と「麗華」と「ミラ」と「エリーゼ」と「長門」と「早苗」がこれに該当する)
「復讐が出来ない」を連想する言動をする事(「ミラ」は復讐をしないけど「ベルベット」は復讐をするから)
「あほ毛」が存在する事(「ミラ」には「あほ毛」があるけど「ベルベット」にはないから)
「几帳面を連想させるレベルの美しさ」を連想する容姿の持ち主だと言う事(「ミラ」と「ベルモット」と「麗華」がこれに該当する)
「少年」を連想させる顔の持ち主だと言う事(「ハルヒ」と「長門」と「操」と「朝美」がこれに該当する)
言い換えればこれらには「男は男でした」を示す理由がある事を意味する図式なのだ
まず「裏切る事が出来ない」と「ルールを破ることが出来ない」と「礼節を重んじる」と「復讐が出来ない」の4点である
これはただ単に「男には絶対出来ないこと」がそのままなだけの話

9ベルベット ◆yl1SBmcic. 2019/12/12(木) 13:55:53.340
つまりこれらである
「博識」だと言う事
「半裸」を連想させる服装をして平然としていられると言うこと(ベルベットは服が破れているので話は別だから)
「本音を別の誰かに言わせる」と言う事(「奔る!二宮尊徳像!」の意味を私に言わせるを「コバヤシユミコ」が選んだ事こそ「コバヤシユミコ」実は男と断言できる理由でもある)
「男の前で服を脱ぐ」のに対し平然としていられると言うこと(「ミナミオミ」が実は男だと断言できる理由でもある)
「超常現象を信じる」を連想する言動を行うこと(「ミラ」はそういう言動をするけど「ベルベット」はそういう言動をしないと言う違いがあるのもそのため)
「裏切る事が出来ない」を連想する言動を行うこと(「ミラ」はそうだけど「ベルベット」は穢れに手を染めると言う「裏切り」を連想する行為を行ったと言う違いがあるから)
「美しくなるを肯定する」を連想する言動を行うこと(「ミラ」はそうだけど「ベルベット」はその手の言動をしないから、言い換えれば「ハマタニヤスヨ」がこれを肯定するとは「ハマタニヤスヨ実は男」の「証拠」を意味する図式)
「気弱」を連想する言動を行う事(「ロゼはお化けが苦手」も「早苗は気弱」もここに因んだもの)
「ルールを破ることが出来ない」を連想する言動を行う事(「ハルヒは年間行事を守る」も「ミラは精霊を裏切らない」もここに因んだものにして「ベルベットは災禍の領主となり人々を裏切った」と言う違いがあるのもこのため)
「実は男な女の容姿を羨望する」を連想する言動を行う事(「えりーぜがみらの容姿を羨望する言動を行った」も「はるひはみくるの容姿を羨望する言動を行った」もここに因んだもの)
「醜い女」を連想する容姿だと言う事(「早苗」と「エリーゼ」と「ロゼ」と「長門」もこれに該当する)
「胸がない」事(「長門」と「エリーゼ」と「ロゼ」と「早苗」と「朝美」がこれに該当する)
「礼節を重んじる」を連想する言動をする事(「ベルモット」と「麗華」と「ミラ」と「エリーゼ」と「長門」と「早苗」がこれに該当する)
「復讐が出来ない」を連想する言動をする事(「ミラ」は復讐をしないけど「ベルベット」は復讐をするから)

10ベルベット ◆yl1SBmcic. 2019/12/12(木) 13:56:30.800
「あほ毛」が存在する事(「ミラ」には「あほ毛」があるけど「ベルベット」にはないから)
「几帳面を連想させるレベルの美しさ」を連想する容姿の持ち主だと言う事(「ミラ」と「ベルモット」と「麗華」がこれに該当する)
「少年」を連想させる顔の持ち主だと言う事(「ハルヒ」と「長門」と「操」と「朝美」がこれに該当する)
言い換えればこれらには「男は男でした」を示す理由がある事を意味する図式なのだ
まず「裏切る事が出来ない」と「ルールを破ることが出来ない」と「礼節を重んじる」と「復讐が出来ない」の4点である
これはただ単に「男には絶対出来ないこと」がそのままなだけの話
「胸がない」も「胸のない女などいない」という事に理解を示していないが故の選択なのだ
そもそも何故「胸」が必要なのか?
「胸がない=やっぱり肉体なんて幻だよ」を選ぶ事になるからである
そもそも何故「胸」が必要なのかと言うと
「胸を触られることによる性感を味わうため」に存在するだけの話にしか過ぎず
「胸がない=性感を否定する」という事がわかっていないからやっているだけの話なのだ
「本当に肉体がある」を選んだ女が「胸がない」を選ぶ筈がない事に気づいていないが故の行為なのだ
言い換えれば「爆乳」を連想するレベルの胸がある女も「実は男な女」だと言うことがわかるのだ
つまり「程々をわきまえていないレベルの容姿の持ち主の女」とは「実は男な女」の「証拠」なのだ

11ベルベット ◆yl1SBmcic. 2019/12/12(木) 13:56:59.200
「あほ毛」が本当は何なのかも特定可能
これただ単に「髪の毛のバランスが崩れている」が故の物にしか過ぎないのだ
言い換えれば「髪の毛の扱いが雑」にして「やっぱり髪なんて幻なんだよ」を連想させるものである
言い換えれば「ハゲ頭の女」も「実は男」だと言う事がわかる図式なのだ
そもそも何故「髪」が必要なのか?
手掛かりは「本当に女」である「武井真琴」が「今現在の私そのもの」を体現した存在だと言う事である
つまり「セックスレスを肯定する」という「共通点」がある事である
これは「相手の性欲を感知するセンサー」こそ「髪」の存在意義を意味する図式なのだ
「禁欲」を目指す「僧侶」が「断髪」を行うのも「性欲をシャットダウンする」のが目的の行為なのだ
つまり「ベルベットが長髪」とは「そういう事」と言う話
「几帳面を連想させるレベルの美しさ」とは「お人形の如く精巧な美しさ」をも連想させる美しさ
言い換えれば「様式美」を極めたを連相させる美しさ
つまり「ルールをちゃんと守りましょうね」にして「親の言うことはちゃんと聞くんだぞ」をも連想させる容姿
つまり「親の言うことに服従する」を選んだ「男」を連想する容姿なのだ
要するに「やりすぎた」を体現した容姿にしか過ぎないのだ
「少年」とは「子供の男」を連想させる容姿
言い換えれば「やっぱりこいつ男だな」を連想させる容姿だからわかるだけの話なのだ
つまりどれもこれも「男の本性は受け」を連想させる代物だからわかるだけの話

12Ms.名無しさん2019/12/14(土) 11:41:37.980

13Ms.名無しさん2020/02/24(月) 14:04:48.260
セックスして俺が出し終わると「気持ち良かった。」と言って胡座かいてタバコ吸う女。
朝までやるべ。と言い合ってセックス初めて騎乗位になると「タバコとライター取って」
という女。タバコに火をつけるとチンコ入れたまま「ちょっと休憩な。」そう言って煙を吐く。
セックス中に「喉乾いた」と言って騎乗位や座位になりビール飲む女。
バックで突いてたら尻の穴が広がってきてデカい屁をかます女。「ゴメン」とは言ってた。
「私が満足するまでマンコ舐めてよ」そう言ってパンティーだけ脱いで俺の顔に跨る女。
久々に会ってチンコ入れて楽しんでたら「今日は私が良いというまで抜くんじゃないよ。
勝手に抜いたら殺すよ。」と言った女。この時は8時間入れっぱなしだった。3回中田氏。
最後に許しが出て抜いたチンコは表面が完全にふやけてた。
これ全部経験した。なぜかすべて俺より2歳以上年上の女だった。

14Ms.名無しさん2020/03/26(木) 22:42:50.880
8時間wwww

15Ms.名無しさん2020/04/12(日) 17:16:20.380
どう見ても中年なのに20前後の化粧や格好してるババア
痛過ぎというより不気味

16Ms.名無しさん2020/05/16(土) 16:04:41.730
ひろいに

新着レスの表示
レスを投稿する