X



【日本】高城剛6【脱出中】

0488名無しさん@お腹いっぱい。
垢版 |
2023/02/26(日) 07:43:45.28ID:bMsDP/MW
今週は、インドのコインバトール(コーヤンブットゥール)にいます。

インド南部のタミル・ナードゥ州都チェンナイに次ぐ第2の都市コインバトールは、かつては「南インドのマンチェスター」という異名を持つほど、周辺の綿花畑に支えられた一大繊維産業集積地でしたが、その後、インドの自動車部品製造の中心地へと大きくシフト。
インドを代表する自動車メーカーであるタタ・モーターズは、現在、自動車部品の30%をこの地から調達しています。
また、ものづくり都市からの脱却のため、国内外のIT企業を数多く誘致し、未来へ向けてソフトウェア産業やITアウトソーシング産業の街へと急速に脱皮しつつあります。

州の名称タミル・ナードゥとは、「タミル人の国」やインド先住民「ドラヴィダ人の地」の意味を持ち、彼らドラヴィダ人が世界四大文明のひとつであるインダス文明を作り上げましたが、森林の乱伐等で発生した気候変動により文明が崩壊。
この時、イラン高原から移住してきたアーリア人に押し出され、それ以降、古くからの文化を保持するドラヴィダ民族は南インドで定住するようになりました。

こうしてインドに大きな南北間隔差が生まれ、今日まで続きます。

イラン北部からインドに移住してきたアーリア人は、背が高く、色が白いのが特徴です。祖先の霊魂を崇拝する原始宗教を発展させバラモン教を形成してカースト制度を作り、ヒンディーを話し支配者層に収まります。

一方、人類がアフリカを出てインドに居住した先住民族ドラヴィダ人は、肌の色が黒く、背が低くて手足が長く、縮毛なのが特徴です。
タミル語を話し、カラフルで極彩色のヒンドゥー寺院はドラヴィダ文化の象徴の1つですが、アーリア人流入後は被支配者層となりました。

この両者は数千年の間に幾度となく争い、それを避けるためにドラヴィダ人は海外へと脱出します。
そのひとりが、4世紀の熊野に流れ着いた行者「裸形上人」です。

熊野三山にある青岸渡寺や補陀落山寺は、ドラヴィダ人「裸形上人」によって開山した寺として有名ですが、「裸形上人」は那智大滝において修行を積み、瀧壷で八寸の観音菩薩を感得。これがのちの修験道となります。
そしてこの時、「裸形上」人がインド式「行」と共に日本へもたらしたものが、アーユルヴェーダだったのです。

世界最古の医療アーユルヴェーダは、5000年前にヒマラヤで生まれ、北部の支配的なアーリア人を避け、聖仙ダンヴァリや聖仙アガスティアが秘伝を持って南下し、南インドのタミル・ナードゥでシッダ医学と習合して昇華しました。

アーユルヴェーダは、人間の体質を三つの性質(ドーシャ)=カッパ(水)、ヴァータ(風)、ピッタ(火)とその組み合わせにわけ、五行と共にこれを整えることで、その人の病を治しました。 
今日も主にドラヴィダ語は南インドとスリランカで話されていることから、アーユルヴェーダもこのふたつの地域で根付き発展します。

「超訳古事記」などで知られる作家鎌田東二は、ドラヴィダ人の行者が海外へ転出し、知見が日本の熊野に伝えられた歴史を鑑み、「修験道とアーユルヴェーダを同じもの」と話します。
古代に実在した役小角(役行者)を開祖とし、「裸形上人」がもたらした山岳修行をベースに、仏教や神祇信仰、陰陽道が習合して形成された修験道。
特定の霊場寺社に拠点をもちつつも、各地の霊山を渡り歩く「旅する修行者」たちは、訪れた村々で病に苦しむ人たちも助けました。

コインバトールの街から数時間離れ、どこかで見たような大自然豊かなインドの険しい山間部を走ると、熊野同様、かつてはここも行者の修行地だったのかもしれないな、と思う今週です。
0490名無しさん@お腹いっぱい。
垢版 |
2023/03/16(木) 00:27:50.04ID:ayLGmJiX
ウクライナ行ってほしい
0491名無しさん@お腹いっぱい。
垢版 |
2023/03/25(土) 13:21:20.02ID:0sGPfxb2
>>490
悪意あるね〜。高城さんを殺す気か
0492名無しさん@お腹いっぱい。
垢版 |
2023/03/29(水) 16:10:36.25ID:iYOCm9m2
>>491
高城さんだから行ってほしいんだよ
日本のメディアのニュースしか知らないから
たぶん偏ってるだろ知らんけど
0493名無しさん@お腹いっぱい。
垢版 |
2023/04/08(土) 08:31:03.78ID:k2MafeGG
今週は、パナマのダビデにいます。

いまから十年ほど前、この地域から「21世紀の黄金」が出て大騒ぎになったことがあります。
その黄金の名前は「ゲイシャ」。
いままでになかったコーヒーの新種が、史上最高値で取引されたのです。 

ゲイシャは、アラビカコーヒーの遺伝子多様性の世界的な貯蔵庫と言われるエチオピア南西部カファ地方にて、1931年にゲシャ山周辺で発見された品種です。
その後、検分のためタンザニアのTengeru(現Lyamungu)コーヒー研究ステーションに送られ、1953年にはリャムングでVC-496として栽培に成功したコーヒーノキがコスタリカのCATIE(Centro Agronomico Tropical de Investigacion y Ensenanza)に持ち込まれます。
これを当時パナマ農業省の職員がパナマに持ち帰り、パナマでゲイシャの栽培が始まりました。
しかし、ゲイシャは栽培と商業的な困難さのため、しばらくは放置されることになりました。

それもそのはず、ゲイシャは相当高度な地で育てなければ味を引き出すことができません(当時は知られていませんでした)。
その上、一般的な商用栽培品種のアラビカコーヒー種のコーヒーに比べて収量も半分程度しか獲れません。
こうして、長らく見捨てられた状態が続きました。

しかし、21世紀に入ると、スターバックスに代表されるチェーン店のコーヒーとは違う、本当のコーヒーの味を求める人たちが急増。
このムーブメントにあわせて、1960年代にバンク・オブ・アメリカの元社長ルドルフ・ピーターソンが買い取ったエスメラルダ農園の3代目ダニエル・ピーターソンが、ゲイシャを再栽培し、独特な味を引き出すことに成功します。
2004年にコーヒーの国際品評会である「ベスト・オブ・パナマ」にて当時の落札最高額の世界記録を更新して優勝し、一躍脚光を浴びるようになりました。

一見、ゲイシャと聞くと日本の芸者を連想しますが、実は縁も所縁もありません。
原産地だったエチオピアのカファ(コーヒーの語源)では、1990年代まで文字を持っていなかったため、発掘された地域「Gesha」が訛って伝わり「ゲイシャ」になりました。 

一般的にゲイシャコーヒーは、花の香り、ジャスミン、チョコレート、蜂蜜、紅茶などの甘い香りを持つことで知られていますが、繊細でデリケートなことから、栽培だけでなく管理もしっかりしなければ、せっかくの風味が損なわれてしまいます。

価格は高値で取引されており、事実上パナマゲイシャに特化しているコーヒーの品評会「ベスト・オブ・パナマ」のオークションで1ポンド (450 g)あたりの生豆の価格が、エスメラルダ農園(Hacienda La Esmeralda )からゲイシャが出品された2004年は21ドル、2006年に50ドル、2007年に130ドル、2013年に350ドル、2017年に601ドル、2018年に803ドル、2019年に1,029ドル、2020年に1,300ドル、2021年には2,568ドルと年々高騰。
まさに「21世紀の黄金」なのです。

ちなみに、カリフォルニア等娯楽大麻合法地域のリテール大麻価格が、およそ10gあたり日本円にしておよそ1万5000円。
ベスト・オブ・パナマで落札したパナマ・ゲイシャは、コーヒー1杯10gあたり2万円程度のリテール価格で提供され、いまや大麻価格の値段を上回り、消費量が多いことから総売上高は娯楽大麻の比ではありません。
モチロン、世界中で合法です。

史上最高値をつける21世紀の農産物。
スペシャリティ・コーヒーの明るい未来は、もう少し続きそうです。
0495名無しさん@お腹いっぱい。
垢版 |
2023/04/14(金) 16:52:34.85ID:w9xgFuj7
今週は、コロンビアのボゴタにいます。 

都市圏人口1000万人を超えるメガシティであるボゴタは、アンデス山脈に囲まれた標高2640メートルに位置しており、赤道が近いにもかかわらず、気候は高山気候性に入るため、雨季である現在は暑くないどころか寒い日が続きます。

かつて、北部にあるグアタビータ湖では首長が全身に金粉を塗って水中に奉納品を沈める儀礼など「金」に纏わる祭事が多かったため、このあたりは「エル・ドラード」(黄金郷)と呼ばれていました。
先史時代からこの地を支配していたのはコロンビアの先住民族ムイスカ族でしたが、黄金郷の噂を聞きつけたスペイン人が、16世紀に次々と来襲。
ゴンサロ・ヒメネス・デ・ケサーダ率いる探検隊が大西洋岸のサンタ・マルタから南下してこの地にたどりつき、ムイスカ族を征服して、植民都市サンタ・フェ・デ・ボゴタを建設しました。これが、いまのボゴタの原型となります。

このような由来から年間4000万人近い旅行者が利用するボゴタ国際空港も「エル・ドラード国際空港」(Aeropuerto Internacional El Dorado)と名付けられています。

そして現在、パナマのコーヒー「ゲイシャ」のように、21世紀の黄金を求めて、この地に多くのハンターたちが訪れるようになりました。
その黄金の名は、「ユーゲニオイデス」。
コロンビアでしか栽培されない超希少品種のコーヒーです。

一般的にコーヒーの種類は、「アラビカ種」「カネフォラ種」「リベリカ種」の三種だと言われますが、「リベリカ種」は栽培地や生産量も限られていてほぼ流通していないため、実質的に「アラビカ種」「カネフォラ種」が、コーヒーの二大種です。

繊細で慎重に育てなくてはならないけど美味しい「アラビカ種」は、「ブルボン」「ティピカ」「ゲイシャ」など、その土地に適した品種が栽培され、高級コーヒーの代名詞と目されてきました。

一方、病気に強く頑丈な「カネフォラ種」は、アラビカ種ほど品種が多いわけではなく、その多くが「ロブスタ」なことから、一般的に「カネフォラ種」=「ロブスタ」と考えられていますが、最近は「ファイン・ロブスタ」と呼ばれる高級「カネフォラ種」も登場しています。

そんな中、人間の遺伝子解析で用いられていた次世代シーケンサーを活用してコーヒー豆の遺伝子を深く追いかけると、実は「アラビカ種」は原種ではなく自然交配種である、つまり親品種があるということが判明したのです。

では一体、世界中でエチオピア原種の超高級品だと思われていた「アラビカ種」の父と母は、どこのどの種なのでしょうか?

遺伝子解析研究によれば、父方=「カネフォラ種」と母方=「ユーゲニオイデス種」だと判明。
「ユーゲニオイデス種」はブルンジ、ルワンダ、コンゴ、ケニア、タンザニアなどに生息していましたが、樹高5mにまで成長するので収穫が困難な上に、1本の木からたった150gしか実をつけないこともあって、長年放置状態でした。

この栽培に挑戦したのがコロンビアのいくつかの農園で、長年かけて「実」を結びました。
こうして収穫された希少な「ユーゲニオイデス種」に目をつけた世界中のバリスタが、かつてのスペイン人同様いち早く黄金を求めようと、この数年、続々とエル・ドラード目指して訪れました。

そして、2021年開催の「ワールド・バリスタ・チャンピオンシップ」では、なんとトップ3位までのバリスタ全員が「ユーゲニオイデス種」を使って入賞を果たしたのです。

さて、僕がコロンビアまで来て飲んだ「ユーゲニオイデス種」のコーヒーには、なんとも言えない甘味がありました。
その上、カフェインが少ないことから何倍も飲めてしまう不思議なコーヒーでした。
ただし、現地価格でも一杯5000円以上します。

21世紀の黄金とも言うべきあたらしいコーヒーの巡る冒険。
僕の旅は、まだまだ続きます。
0496名無しさん@お腹いっぱい。
垢版 |
2023/04/15(土) 06:45:06.69ID:tQb/MruG
僕なら大脳新皮質の進化について、徹底的に考察します。
人は、「動物や植物、虫」と違い、自分たちのことを俯瞰的に考えることが出来る地球唯一の生命体です。
デカルトの言う「コギト・エルゴ・スム」(我思うゆえに我あり)は、まさにこの点にあります。
しかし、俯瞰的に物事を見れなかったり、時には自分を見失うことも多々あります。
これは、もはや動物に戻ることができずヒトがヒトとして生きるため、つまりは前頭葉を駆使して社会を構成する上で「自制心」を学ばねばなりませんが、環境、特に食環境が悪化する現代社会において自分を見失う人が多く、これではとても「やさしい未来」は訪れないと考えます。
また、社会や人間の進歩(進化)のためには、適宜難題が必要だとも感じています。
これが永遠に続くのです、たとえ「資本主義」が壊れたとしても。
だからと言って、悲観的になっているわけではありません。
おそらくそう遠くない先に、強烈な難題が人類に襲いかかった時、生き残る(進化する)人とそうでない人に大きく二極化するかでしょう。
僕は、皆さんと共に前者でありたいと常に願っており、残った人たちで次の社会が作られ、これこそが大きな「循環」と考えています。
人が成長するよう、社会も環境も進化を求められるのです、なにかによって。
0498名無しさん@お腹いっぱい。
垢版 |
2023/04/17(月) 01:00:08.41ID:jw6BzedN
高城さんはコロナワクチンにはどういう立場でしたか
0499名無しさん@お腹いっぱい。
垢版 |
2023/04/23(日) 11:21:06.36ID:Hinq06zF
今週は、ラスベガスにいます。 

コロナ禍も去って世界中でイベントや展示会も開催されはじめ、「コンベンションの街」ラスベガスにも少しづつ活気が戻ってきました。

ラスベガスがカジノの街から「コンベンションの街」へと変貌した1990年代。
当時LAに住んでいた僕は、頻繁に開催されたコンベンションへ通うと同時に、この町の変貌を目の当たりにしてきました。

80年代までは典型的なギャンブラーのためのカジノの街でしたが、家族向けエンターテイメントとビジネスのためのコンベンション・シティへと脱却を計ります。
この背景には、カジノライセンスを厳格化したことで、仕切っていたマフィアを追い出し、代わりに大企業を招き入れ、資金提供は当時バブル経済真っ只中だった日本の金融機関の後押しによる取り組みがありました。
他ならぬ「長銀」(1998年破綻)もそのひとつです。

こうして、マフィアのボスに代わって日本から資金提供を受けた大企業がホテル、カジノ、ナイトクラブを所有するメガリゾート時代がスタートします。
これが今日、日本のIRの原型となります。

あわせて、ラスベガスではビジネス客を呼び込むために、コンベンションを充実させようと誘致に励みました。
そして、ラスベガス最大のコンベンションに成長したのが、コンピュータの展示会「COMDEX(Computer Dealer's Exhibition)」です。
のちに、この展示会を日本のソフトバンクに売却し、大きな資金を得た主催のシェルドン・アデルソンは、ラスベガスの古いホテル「サンズ」を買収し、跡地にメガリゾート「ザ・ベネチアン」を開業します。
そして、アデルソンは「サンズ」のブランドを、マカオ、シンガポールへと拡充し、「ラスベガスのグローバルチェーン化」を進めるのです。

こうして長年に渡って日本の資金に支えられながら、ラスベガスは街づくりを行って拡大してきました。

1990年には20万人強だった人口は、この30年でおよび三倍まで膨れ上がり、特に若い世代の流入が目立ちます。
あわせて不動産価格も上昇。
2018年9月にラスベガスの住宅価格は前年同期比13.5%増となり、全米平均の2倍以上となりました(シアトルに並んで全米第2位)。

一方、交通渋滞も増えてきましが、昨年、イーロン・マスクがつくった専用地下トンネルを専用車両が通り人々を運ぶという新しい交通システム「Vegas Loop(ベガスループ)」が誕生。
現在はコンベンション期間中にコンベンション参加者しか利用できませんが、やがては空港と街の中心地を結ぶ「50年計画の新型都市交通網になる」と発表し、今後の街づくりにも余念がありません。

コロナ禍も去ったこともあって、以前に増して活気付くラスベガスですが、景気の荒波を一番先に受けやすいのも事実で、ドナルド・トランプを資金面で最も支えてきた共和党の大口献金者であり、日本のIR法案成立等、安倍政権に多大な影響を与えたあった件のラスベガスの立役者シェルドン・アデルソンも一昨年にお亡くなりになりました。
アデルソンは、マカオを通じて中国共産党にも影響力を持っていたことから、中国と折り合いをつけるよう各国政権に働きかけていた存在でもありました。

そして、コンベンションもオンライン化が進む今日。
1990年代同様、いまラスベガスは大きな方向転換に迫られているのではないか、と考える今週です。
それにしても日中は暑い。
もともと何もない砂漠だけあって。
0501名無しさん@お腹いっぱい。
垢版 |
2023/04/28(金) 18:23:53.07ID:4RsBYO6l
今週は、シアトルにいます。 

この一ヶ月ほど、ニューヨーク、マイアミ、LA、ラスベガス、ポートランドを回りましたが、この街が一番コロナ以前と以後に大きな違いがあります。

数年前まで「Amazonの城下町」と呼ばれ活況を呈していたダウンタウンに、現在、まったく人がいません。
コロナ禍が明けても戻る人たちはごくわずかで、鳴物入りの「無人コンビニ」と話題になった「Amazon Goストア」も次々閉店。街そのものが、無人に向かっています。

2016年、シアトル・ダウンタウン本社近くに初のレジなし店舗を開業した「Amazon Goストア」は、わずか数年でシアトル、サンフランシスコ、ニューヨークで無人ストアを次々とオープンしました。
しかし、時代はあっという間に変わり、今月初旬に全米各地にあった8店舗を永久に閉店すると発表。
昨年もシアトルにあったリアルな書店「Amazon Books」他、米国と英国で68の実店舗型小売店を閉じた大規模閉店に続く動きです。

今年の第一四半期の時点でシアトル中心部のオフィスビルの空室率は25%を超え、依然としてテック企業は従業員を解雇しており、Amazon、Twitter、Metaはいずれもオフィス面積を縮小しています。
かくありまして商業不動産の空室急増に歯止めが効きません。
事実、平日の日中に街中を歩いても人がおらず、オフィスタワーの5本に1本が暗くなっているような状況です。

北米のダウンタウンの回復状況を調査した最新レポートによりますと、シアトルは主要62都市のうち56位にランク。
ちなみに、ポートランドとサンフランシスコはそれぞれ60位と62位と、栄華を誇ったテックの街が大きく変わっているのがわかります。

この背景にはリモートによる勤務体系の変化もありますが、それだけではありません。
米国では、ロックダウンやBLM運動を機に街の荒廃が加速し、昨年の発表では、シアトルが「全米治安悪化都市ワースト1位」に躍り出ました。
Amazon本社でも独自の警備員を配置しているものの、治安の悪化を理由にシアトル中心街にあるオフィスの閉鎖に踏み切りました。

恐らく、対面式のオフィスワークは、もう元には戻りません。
オフィスタワーを埋め尽くし、コーヒーショップやサラダバー、ハッピーアワー・スポットを支え、近隣に快適さと安全性をもたらす活気ある街並みを提供していた都市型勤務体系は過去の話。

そこで、市長や商工会議所はシアトルのホワイトカラー労働者が週5日ダウンタウンに来るという未来はもう望めないと決断し、あたらしい街づくりに舵を切りました。
そのひとつが、ダウンタウンを住居、公園、チャイルドケアセンター、学校、レストラン、食料品店などのアメニティがよりよく混ざり合った「都市村」に作り変えるというアイデアです。
すでにダウンタウンのオフィスビルを住居に変える不動産業者が続出しており、果たしてこれが功を奏すか不明です。

あらゆるものがオンラインに傾倒し、リアルなゴッサムシティとなったシアトル中心街。
ジョーカーの登場は、そう遠くないように思えてなりません。
0503名無しさん@お腹いっぱい。
垢版 |
2023/05/11(木) 22:17:55.02ID:cf3tLN8T
今週は、東京にいます。 

薫風香る(Sweetest days of May)日本ですが、中南米での劣悪な食事が続いたため、次の渡航までの数週間に食事を選べる東京で立て直ししなければなりません。

一見、デトックスに励み、正しい食事をする事がなにより大切のように思えますが、実はそれ以前に脳内を再構築する必要があります。
と申しますのも、劣悪な食事によって神経伝達物質のコントロールが甘くなってしまっているのを自覚しているからです。
癖になってしまったパターンを断ち切らねばなりません。

いままでも何度かお伝えしておりますように、荒れた食生活による糖中毒やついつい見てしまうソーシャル・メディア、過度な飲酒にギャンブル、そしてアルゴリズムによる課金ゲームに上がり下りの激しい仮想通貨やFXまで、これらは現代ビジネスの基本中の基本「人をドーパミン中毒にさせる」ことが本質にあります。

本来、人間は動物と違い、目の前の餌や美味しい話に飛びつかない「理性」を兼ね備える生き物です。
しかし、ちょっと気を揺るしてしまい、脳の側坐核が放出されたドーパミンを受け取る癖がついてしまうと(中南米で荒れた食事にかまけていると)、本来はブレーキの役割を果たすGABAを抑制します。
このパターンが海馬に記憶され、次に同じようなパターンを脳が少しでも認識すれば、いち早くドーパミンを放出するようになり、もっともっとと際限なく求めるようになってしまいます。
この結果、癖がついてしまったドーパミンが枯渇してしまうと、疲労や倦怠感に襲われ、解消のためにさらにドーパミンを求め興奮状態に陥ります。
その後、攻撃的になり、なにかの依存状態になって、冷静な判断が出来なくなってしまうのです。

この依存は、次のみっつに集約されます。
それが、物質的依存、プロセス的依存、人間関係的依存です。

物質的依存は糖をはじめ、合法非合法の薬物、酒などで、プロセス的依存はスマートフォンを通じた課金ゲームやパチンコ、FXに代表される賭け事全般に見られます。
そして、人間関係的依存は、恋愛やソーシャルだけでなく、過度な子供の教育(期待)なども含まれます。

これらに依存してしまうと、常にドーパミンを過剰に求めるようになり、結果、なにしても満足できないことから不安症に陥り、妄想、時間と記憶の喪失、やがて幻覚や鬱などへと進むのです。

つまり、現代社会を上手に楽しく生きるコツは、ドーパミン・ビジネスのカモにならないかどうか(距離を置けるかどうか)にかかっていると言っても過言ではありません。
そこでひとつの手段として、計画を立てることで自分と向き合って冷静になるという「ドーパミンからの脱却法」を適宜オススメしている次第です。

しかし、「計画を立てられません!」というご質問を毎週のように頂戴します。
理由は、明らか。
前述したように目の前の餌や美味しい話に飛びついてばかりいて、脳がその癖を忘れられないからに他なりません。
また、ストレスから安易に逃げるためにも、ドーパミンを求める人が絶えません。

このようなドーパミン中毒がもう少し進むと、ご自身では気が付かないかもしれませんが、時間と記憶の喪失がはじまり、冷静な判断はもとより、報告することもままならなくなってしまいます。
なにしろ、目の前の餌を食べてドーパミンが出てしまえば、あとはどうでもよくなるからです。
そして、不安、妄想、鬱へと進みますが、当人に自覚はありません。

僕が様々な事例を見る限り、また自己の経験からも激しいドーパミン中毒から脱するのに2年はかかります。
この間、次々と襲ってくるストレスと戦いながら、糖を落とし、「マイクロ欲望」やそれをもたらす人間関係を整理し、読書や研究に勤しみながら、自らの使命を真摯に考える。
これを、「自分と向き合う」とよくお話しします。

結果、ある時から物事を俯瞰的に見られるようになって、まともな計画を立てられるようになるのです。
これが本当の意味でのスタートアップ!

さて、GAFAMをはじめとする大企業があなたの脳に仕組んだ「ドーパミン奴隷装置」の餌食になって一生を過ごすのか?
それとも、そこから脱却して自由を得るのか?

あなたの人生を幸せにするかどうかは、まだ今ならあなたが決められるのです、と考え、あらゆる刺激から距離を置く今週です。
0505名無しさん@お腹いっぱい。
垢版 |
2023/05/12(金) 18:37:02.92ID:kaEgmA7a
今週も、東京にいます。

いよいよ本格的なデトックス・シーズンに突入したこともありまして、この数年、僕が提唱している「脳のオイル交換」に関する質問を多数頂戴いたしております。
なにに取り組むにも、まずは脳を変えること=集中力を高めるようにすることが第一歩です!
やる気が起きなかったり、挫折してしまったら元も子もありません。

そこで、今回は最新の「脳のオイル交換」について、お話ししたいと思います。
自著「BIO HACKING」にも記しましたように、個人的な体感からもっとも効果的だったと実感したのが、僕が言うところの「脳のオイル交換」です。

ステップは、次の通り。
まず、フリースタイルリブレを用い、グルコース・モニタリングして血糖値の波のピークを作らず平準化したあと、Ketstixを使ってセルフ尿検査、もしくはフリースタイルリブレを発売しているAbbott社の血中ケト濃度を測るケトストリップを用いて「ケトン値」を測ります。
4ミリモルを目指しますが、厳しいと感じたら2ミリモルで次のステージに進んで構いません。
こうして第一目標に達したら、MCTオイルから抽出された良質なC8オイル=カプリル酸(リキッド or パウダー)を増量します(ここまで到達する過程で、お飲みになっていただいても構いません)。
この時の摂取量は個々によって異なりますので、お腹の調子をみながら適量を飲み続けます。

一般的にココナッツオイルや中鎖脂肪酸(MCTオイル)は体に良いとされますが、MCTオイルに含まれる中鎖脂肪酸にはC8(カプリル酸)、C10(カプリン酸)、C12(ラウリン酸)があり、ケトン体を素早く作り、エネルギー効率が良くて頭にしっかり届くのは主にC8で(お腹に負担も少ないので)、それゆえC8をたっぷり含んだ製品は、「Brain XXX」などと名付けられています。
なかでも、手軽に入手できるのは、Bulletproofの「Brain Octane」ですが、最近は国産でも良質なC8オイルが登場し、パウダータイプも増えてきました。

さて、他の栄養素との摂取割合は各人によって異なる遺伝子(SNPs)次第なのですが、糖質1、たんぱく質2、脂質3とした場合、たんぱく質は体重の1.2~2倍程度必要ですので、体重50kgの僕の場合は、最低でも1日あたりたんぱく質60g、糖質30g、脂質90gがひとつの目安になります。
脂質90gというと大変な量だとお感じかもしれませんが、C8オイルに限らず、グラスフェッド・ギーからフィッシュオイル、さらにはステーキなどの脂質も加味すれば、そこまで難しくありません。
場合によっては(各人のSNPsによっては)、タンパク質と脂質の割合が1:1でも構いません。

これで4~8ミリモルになかなか達しない場合、糖質20g、タンパク質60g、脂質120gなど割合を変えるか、この段階で数日間ファスティングすれば、まず、目的の数値に達します。
そして8ミリモルに達したと同時に、C8オイルをさらに多めにとると「脳のオイル交換」が本格的にはじまります。
こうして、脳を動かすエンジンを糖ではなくケトンに変えるのです。

機序としては、脳のエネルギーがケトン体中心になると、脳内の星状膠細胞、アストロサイト、 髄鞘をつくるオリゴデンドロサイト、希突起膠細胞などの様々な種類の細胞をグリア細胞がよりしっかりと固定するようになり、病原体を破壊および死んだニューロンを取り除く速度が高まります。
このクリーナップ機能を持つグリア細胞を活性化するのがケトン体で、脳血管の周囲に形成した配管システム=グリンパティック(グリア細胞+リンパ)システムを動かし、脳組織に脳脊髄液(CSF)が浸透するとブレインフォグが拭われ、驚くほどに頭がクリアになるのです。
これが、脳のデトックス=脳のオイル交換の仕組みです。

さて、続ける期間は糖中毒の程度次第ですが、ここまで来ると自分で頭の回転が早くなっているのを実感できるようになりますので、まず、気分が上がります!
結果、ずっと続けたいと思うかもしれません。

しかし、この過程で糖新生が起き、一時的に疲れるかもしれませんし、僕が「ケトフルエンザ」と呼ぶインフルエンザに近い症状が2~3日出ることもあります。
これは、体内と脳の毒素を出す過程で起きる一時的現象ですが、このヤマを超えると不思議とあらゆる欲欲望が減り、本来の自分を見つけ出せることから、「本当にやらなくてはいけないこと」を感じるようになるのです。

徹底すれば短期間で別人です!

発汗作用が高まり、本格的デトックスシーズン突入した今。
機会あれば、ぜひ、お取り組みくださいませ。
0508名無しさん@お腹いっぱい。
垢版 |
2023/05/20(土) 07:04:02.81ID:bPYoXoLl
今週は、福岡にいます。

主要駅、空港、港が5km圏内にあり、都市圏人口がおよそ250万人程度と理想的なサイズ感から、いつしか日本を代表するコンパクトシティと呼ばれるようになった福岡。

コンパクトシティとは、都市的土地利用の郊外への拡大を抑制すると同時に中心市街地の活性化が図られた、生活に必要な諸機能が近接した効率的で持続可能な都市、もしくはそれを目指した都市政策のことで、環境問題などの近代都市特有の問題から都市のあり方を再定義する過程で生まれた概念です。
今後、急速に人口が減少する日本では、地方インフラが維持できないことが懸念となり、首都圏に人が固まって生活する人口動態が予測されますが、そのサイズ感があらゆる面から検討されてきました。

米国ではニューアーバニズム、新都市主義、英国ではアーバンビレッジなどとも呼ばれ、自動車中心の郊外住宅開発に意を唱え、鉄道やバスなど公共交通を基本とした都市構造を目指す、21世紀の都市のあり方として世界中で議論されているのがコンパクトシティです。

しかし、福岡がコンパクトシティになったのは、政策による賜物でも偶然でもありません。
この背景には、福岡ならではの日本式システム「七社会」の存在がありました。

福岡の「七社会」とは、文字通り、7つの会社で構成されている非公式の任意団体で、政治や経済の領域で圧倒的な力を持っている組織です。
具体的には、九州電力、福岡銀行、西日本シティ銀行、西部ガス、西日本鉄道、九電工、JR九州の7社で、いまや福岡県のみならず、九州全体の政治・経済に圧倒的な影響を持っています。

例えば、交通インフラを握る西日本鉄道を見てみましょう。
福岡での移動手段は電車よりもバス(西鉄バス)のほうがメジャーで、あらゆる方面に路線が張り巡らされ、保有バス台数は約2800台と日本一を誇ります。
普段、福岡の路線バスに乗り慣れてないとバスが突然高速道路に入っていく異様な光景に驚きますが、実は西鉄バスは国の規制緩和を受けて、特例中の特例として都市高速での走行を許可されています。

この独占事業のバス交通網を壊させないため、日々数万人が訪れるドーム球場へのアクセスも地下鉄の乗り入れを絶対に許しません。
現在、博多駅からドーム球場最寄駅(唐人町)までの時間より、駅を降りてからドームに着くまでのほうが時間が長く、1キロ以上歩かなくてはならないことから多くの人たちはバスを利用します。
こうして、交通インフラが周辺に拡大することはなく、結果的に福岡はコンパクトに成らざるを得ないのです。

また、鉄道のハブとなる天神一帯を事実上独占する西鉄は、空港からの近さから航空法による高さ制限を受けるため、博多駅周辺と同様に見上げるような超高層ビルはありませんでした。

しかし、第2次安倍内閣が成長戦略の柱の一つとして掲げ、国家戦略特別区域法により容積率を最大で800%から1400%程度に緩和したため、現在、西鉄本社をはじめ50棟あまりものビルが建て替えが行われ、九州一の繁華街である天神の景観が今後一変します。
この福岡大改造(通称「天神ビッグバン」)も、基本的に七社会が多くの利権を握ります。

このように、福岡は古いシステムの力学によっていまも支配されている地域で、利権を守るために街の構造的変化を認めず、結果的にコンパクトシティという名の「ムラ社会」が出来上がりました。
移住者が多い福岡ですが、実は高齢層の転入が多く、若年層はむしろ転出が増えつつあります。
何しろスタートアップに適したオフィス・スペースがありません。

路線バスが幅を利かせているため、外に向けての街の拡大は望めず、街(と新規事業)はこれ以上大きくなることは無い、結果としてのコンパクトシティ。
デジタル・テクノロジーを活用して、都市インフラ・施設や運営業務等を最適化し、企業や生活者の利便性・快適性の向上を目指す「スマートシティ」へ果たして脱却できるのか。

ポテンシャリティと既得権の間に、福岡は大きく揺れていると感じる今週です。
0510名無しさん@お腹いっぱい。
垢版 |
2023/06/03(土) 16:31:06.27ID:PAWRTH55
高城さんおそらくピーターティール好きだよね?リバタリアンの話が度々出てくる。でピーターティールの会社、データ分析企業のパランティアはヤバい会社のイメージがあるんよな。具体的に知りたい人はググってくれ。データ分析会社で顧客には米国政府、CIAの名も
0511名無しさん@お腹いっぱい。
垢版 |
2023/06/09(金) 05:45:13.55ID:+2YJSTPQ
今週は、フロリダ州オーランドにいます。

あまり知られていませんが、この街にあるディズニーワールドは、長年、治外法権同然でした。正式名称「ウォルト・ディズニー・ワールド・リゾート」は、6パークを有する世界最大のテーマパークとして知られており、総面積122平方キロメートルと北海道夕張市より大きな敷地を誇り、山手線内面積の1.5倍もの敷地があります。
従業員数だけで6万人を超え、まさにマジック・キングダムなのです。

歴史を振り返ると、1950年代の終り、カリフォルニアのディズニーランドの集客に成功したウォルト・ディズニーは、次の理想郷を作ろうと巨大な土地を探しました。
そこで、湿地帯ばかりで誰も手をつけないオーランドに目をつけ、州と条件付き契約を結び開発に着手します。
この条件とは、のちにディズニー法と呼ばれる「リディー・クリーク改善法」で成立した特別区の設置による、事実上の自治権の承認でした。
その自治権には、土地利用の規制と計画、建築基準法、地表水管理、排水、廃棄物処理、公共事業、道路、橋、消防、救急医療サービス、環境サービスなどのサービスなどが含まれ、さらには警察、事業免許等の交付、病院等の設置、アルコールの製造・販売の規制権限等も有し、上下水道、道路などの建設・管理・運営などを含む、司法と教育権を除く広範な特別権限があり、地区が郡や州に提出しなければならない唯一の分野は、固定資産税とエレベーター検査だけでした。
このような状況が21世紀に入っても続いていたのです。

しかし、「ミニ・トランプ」と呼ばれるロン・デサンティスがフロリダ州知事に当選してから事態は、急変します。
海軍出身のデサンティスは、2012年に下院議員に当選後、リバタリアン議員が集まる「ハウス・フリーダム・コーカス」を創設。
ティーパーティーを主導し、ここでドナルド・トランプと昵懇になりました。
その後、2018年にフロリダ州知事選に僅差で当選。
昨年11月のフロリダ州選挙で再戦を果たし、地盤を盤石なものとしました。
いまでは、来年の大統領選への出馬まで囁かれています。

現在の後ろ盾は、世界ヘッジファンドの創業来利益ランキング1位「シタデル」の創業者兼CEOで、ビルダーバーグ会議のメンバーであるケネス・グリフィン(年収5000億円!)です。
「シタデル」は、大手投資銀行を押しのけて米国全体の株式取引の25%、個人投資家だけに限れば40%を占めるため、米国最大のマーケットメーカーとして君臨します。

グリフィンのような超富裕層急進保守派に後押しされ、保守陣営から大きな支持を得ることに成功したデサンティスは、州立学校で性的少数者に関する教育の制限に乗り出します(州立大学でジェンダー研究や批判的人種理論を禁止)。
ところが、これにディズニーが猛反対して両者が対立。
今年の2月、州議会でディズニーに対する報復措置として、特別区域の監督機関の委員5人を知事が指名できる法案を可決し、事実上の自治権を剥奪したのです。

フロリダ州最大の雇用主であるディズニー・カンパニーを、あまりにも「覚醒している」という理由で処罰したデサンティス。

今後、保守とリベラル戦争に巻き込まれ、魔法が解けた「マジックキングダム」は、夢から「目覚めた」普通の国になるのかもしれません。
0512名無しさん@お腹いっぱい。
垢版 |
2023/06/10(土) 07:36:46.18ID:ox6waImY
今週は、ベルリンにいます。

現在、ドイツ全土で金融緩和とウクライナ紛争の影響から、高いインフレ率やエネルギー料金の驚くほどの高騰が見られます。

先月のインフレ率は+6.1%、エネルギー消費者価格+6.8%、食料品消費者価格17.2%と国民の生活を直撃しており、デモが増え、不満が高まっているのが街角でもわかるほど緊張が漂います。

また、街を歩いてもコロナ後の目に見える大きな変化を感じないかもしれませんが、引き続きリモートワークが続いていることから、鉄道に乗る人が激減。
リストラなどもあって、ドイツ鉄道のサービスが著しく悪化し、かつては正確さを誇ったドイツ鉄道ですが、いまでは定刻通りに走ることの方が稀になってきました。
同じく、空港やフライト便数の減少による混乱も続きます。

このような背景には、「出社」や「出張」というビジネス業態が大きく変化したことや、企業側がインフレ社会に対応すべく「徹底したコストカット」等が挙げられますが、勤務形態を変化することができず、インフレによって賃金交渉が難航する病院や学校では、ストライキが多発しています。
今週、ベルリンでは3日間も教員組合によるストライキがあり、大半の学校が閉鎖しました。

治安も悪化しています。
外国人が関わる重大犯罪が後を絶たず、大量移民のコストももはや無視できなくなってきていますが、ドイツ政府は国の予算を節約し、あたらしい労働力によって年金を支払うために大量移民が必要だと主張しています。
しかし、2023年だけでも、移民のための住宅や社会保障が年金支給額を上回る360億ユーロほど費やす予定であり、政府の主張は大きく崩れていると報道されています。

また、数年前にドイツが掲げた無人化政策「インダストリー4.0」(第四次産業革命)は着実に進んでおり、コロナ x インフレ x 人手不足 x AIの急速な進歩により、情報産業に限らず、全産業の自動化が進んでいることから、移民はもういらないと本来はリベラル寄りだったIT産業に従事している人たちも考え始めました。

このような現状および国民生活レベルが著しく下がっているため、現政権に対する不満が高まっており、あたらしい右派と目される「ドイツのための選択肢(AfD)」の支持率が急速に上がりつつあります。

先週公開された独公共放送ARDの世論調査によりますと、反移民政策を掲げる「ドイツのための選択肢」の支持率は18%と記録的な数字を叩き出し、ショルツ首相率いる社会民主党と同率の2位に急浮上しました。
現在、ドイツ経済は2四半期連続でマイナス成長ですが、「ドイツのための選択肢」は、移民排斥によって既存国民の生活を安定させることと、既得権を壊して成長することを掲げて人気を博しています。
AfDのクルパラ共同党首は、「(国民の)利益を最重視するわれわれの方針が認められた」とコメントしています。

一方、シュルツ首相が所属するSPDの祭典では、ウクライナ戦争支援反対の聴衆から「盗賊、嘘つき」と罵声を浴びせられ、退却する事態に追い込まれました。

今週公開されたBild紙世論調査データによりますと、人口の18%(1090万人)がAfDに投票することを示し、人口の26%(1570万人)が、AfDに投票することに前向きであると答えていることが判明。
あわせて、ウクライナを支持する人が激減し、ロシアを支持する人が急増中です。

政党支持率の最新の世論を地域毎に色分けした地図を見ると、黒系が中道右派のキリスト教民主同盟、赤系が中道左派の社会民主党、青系がAfD(ドイツのための選択肢)ですが、明らかに新連邦州(旧東ドイツ)で青系が優勢になっているのが分かります。
元々東に属するベルリンも他ではありません。

いま、ドイツ国民の多極分断化、いや右傾化は急速に進んでいるように見える今週です。
気候はいいんですけど、それもあって街角はデモやストばかりですが。
0514名無しさん@お腹いっぱい。
垢版 |
2023/06/11(日) 07:48:52.64ID:YTMnfrgM
乙です
0515名無しさん@お腹いっぱい。
垢版 |
2023/06/16(金) 17:31:42.80ID:6aJvaS76
今週は、サンセバスチャンにいます。

いまから十年以上前に出版した自著「人口18万の街がなぜ美食世界一になれたのか─ スペイン サン・セバスチャンの奇跡」は、年々版を重ね、おかげさまでいまも売れ続けている一冊です。
当時スペインに住んでいた僕は頻繁にこの街に通い、観光資源のない街がたった10年で変われた理由を独自の視点でまとめました。

なにしろ車で10分もあれば一周できる小さな円の中に、ミシュランの星は16個もあるような街は世界中どこにもありません(次点は京都)。
アルサック、アケラレ、マルティン・ベラサテギなどの三つ星レストトラン、ムガリッツ、アメリアはミシュランの2つ星、ココチャ、アラメダ、エルカノは1つ星を獲得していました。
さらにこの十年で、サンセバスチャンは欧州のみならず、世界的な美食の街としての名声を確かなものにしましたが、新型コロナウィルス感染拡大以降、いまは様相が少し変わっています。

まず、トータルで19個もあったミシュランの星は、残念ながら2023年度版ミシュランガイドではミラドール・デ・ウリアの一つ星が失われて、スベロアとエメ・デ・ガロテがコロナ禍を乗り切れず、2022年末をもって閉店してしまったので、星の数が少なくなっています。
一昨年の2022年にアメリアのシェフ、パウロ・アイラウドがミシュラン2つ星を獲得しましたが、実はサンセバスティアンでの2つ星は16年前にムガリッツが獲得して以来のことで、正直、サンセバスティアンのレストランのピークは過ぎ去った感が否めません。
この背景には、新型コロナウィルス感染拡大だけではなく、この15年間サンセバスチャンを牽引してきたトップシェフたちの高齢化問題もあります(三ツ星シェフ3人のうち二人が70代)。

また、「美食の街」の看板を狙って、世界的なチェーンも進出。
今年、ロバート・デ・ニーロが出資することでも有名な「NOBU」ホテル&レストランがラ・コンチャ湾を見渡すサンセバスチャンの一等地にオープン予定で、「ラグジュアリーなファストフード」と揶揄されながらも「環境に配慮した食の提供」を謳い、大きなトピックとなっています。

一方、バルは活況です。

コロナ禍のなか、苦境で喘ぐバルを助けるために地元の人たちが足繁く通い、2020年度の多くのバルの売り上げは、驚くことに過去最高の売り上げを記録しました。
また、美食を目的にきた観光客もサンセバスチャンの流儀を理解し、レストランよりバル廻りを楽しむようになってきたのも近年の特徴で、こうしたことから、サンセバスチャンではレストランよりバル巡りをするのが定着しています。

しかし、反動もあります。
それが、あまりに人が増えすぎた観光公害=オーバーツーリズムです。

もともと小さな街ですが、近年は明らかなキャパオーバーとなり、事実、地元の人たちは観光客でごった返す旧市街の小さなバルに行くのを避けるようになりました。
先週末、ラグビーの試合が開催されたこともあって、人口20万人に満たない街に8万人以上のフランス人が押しかけ、旧市街は事実上「占拠」される事態が発生。

このような現状と賃料が年々高くなるのと相まって、バルの中心地がグロス地区へと移行しています。
ムガリッツのシェフ、アンドニが「Muka」と「Topa Sukalderia」という2軒のバルをオープンするなど、グロス地区には続々と意欲的な新店がオープン。
個人的には、三つ星レストラン「アケラレ」ラボの人たちが、趣味同然で手がける「MATALAUVA」は、特筆すべき一店だと思います。
わずかな食材だけを使って、火を一切使わず、素晴らしい一皿を作り上げています!
食材は、「アケラレ」と同じ。
これぞ、サンセバスチャンという一店です。

高齢化したシェフが率いるレストランからバル巡りへ。
オーバーツーリズムにより、意欲的なバルは旧市街からグロス地区へ。

来客数とレストランがピークを超えたサンセバスチャンは、いま、大きくかわりつつあると感じる今週です。
0519名無しさん@お腹いっぱい。
垢版 |
2023/06/23(金) 18:36:50.81ID:gP2hizP3
今週は、バルセロナにいます。

いまから5年ほど前、まだ新型コロナウィルス感染拡大する以前のバルセロナでは、サンセバスチャン同様、オーバーツーリズムが大きな問題になっていました。
その後、新型コロナウィルス感染拡大によって、観光都市バルセロナは大打撃を受けましたが、この春の観光客数はコロナの反動もあって以前に増した人々が押し寄せるようになりました。

あわせて、形を潜めていた外国人観光客を標的にした排斥運動が広がっています。
なにしろ今年の予測値だと、人口160万人に対して1800万人の観光客が訪れると予測されているからです。

この背景には、航空運賃や宿泊施設のデフレ化があります。
LCCと呼ばれるローコストキャリア航空会社は、バルセロナ空港が欧州最多発着便数を誇り、コロナ以前の1年間で空港に降り立ったLCC乗客数は、首都マドリードの約2倍となる1100万人を超えるまでに膨れ上がりました。

また、総ホテル客室数が不足していたところにエアーB&Bが跋扈し、不動産会社は空き部屋をお金の無いバルセロナ市民に貸し出すよりも、お金を持つ外国人観光客に短期レンタルするほうが利益につながると判断。
エアーB&Bおよび外国人向け短期サブレントが急増し、市内全体の家賃が高騰します。
近年は、なんと年平均4000人が立ち退きを迫られる事態に発展しています。
こうして、外国人観光客を標的にした排斥運動が再び燃え上がるようになりました。

スペインのセビリア大学の経済学調査チームは、こうした格安ビジネスが「ロークオリティーカスタマー」(LCC)を招いたと示唆。
ではいったい、どのようにして「ロークオリティーカスタマー」を減らせばいいのでしょうか?

そこで市政府が導入したのが、観光税です。
いまから十年ほど前に導入したバルセロナの観光税ですが、本年後半から大幅に値上げが予定されています。
実は、バルセロナ以外にもアムステルダムをはじめ、オーバーツーリズムに苦心している欧州主要都市が多いことから、今年の11月からEU全体で観光税を本格的に導入します。
その他、バルセロナやヴェネツィアなどの各都市ごとにも観光税を導入。
こうして1日ごとの滞在に、大幅に滞在費=税金がかかることになる予定です。

また、バルセロナ中心部での新規のホテルの出店禁止と厳しい民泊の取り締まりも強化しています。
このような動きは、移民排斥と似ており、バルセロナのオーバーツーリズムの行方は、そのまま欧州が抱える移民問題の未来に思えてなりません。

フラりと通い慣れたボケリア市場に出向けば、観光客ばかりか、観光客用の値段に設定され、正直、年々安価だから楽しいバルセロナらしさが失われているように実感します。

グローバル時代ならではのビジネスと言われた観光業。
世界の先頭を走る成功例として知られたバルセロナは、欧州全体の右傾化同様、選民的になってきたと感じる今週です。
0522名無しさん@お腹いっぱい。
垢版 |
2023/06/30(金) 17:00:17.37ID:GtsvrpnE
今週は、アテネにいます。

リーマンショックからはじまった世界的金融危機により、事実上、国家財政破綻したギリシャは、通貨ユーロ全体の足をひっぱりながらも、EU政府の財政支援により徐々に復活。
2018年には、EUからの金融支援も終了し、少しづつ健全財政を取り戻すようになりますが、この中心的政策が観光業でした。

数字を見ると、2010年に年間観光客数1500万人ほどでしたが、その後、急成長して2018年には倍以上の3200万人を突破。
ギリシャ経済全体の成長率2%に対して観光分野は6.9%の伸びを見せ、収入総額はGDPの20.6%まで高まって、観光関連雇用は全就業者の4分の1を占めるまでになりました。

こうして数字だけ見ると素晴らしい業績のように見えますが、実はこの間、不動産から土産物、そして企業の株式まで、あらゆるものの叩き売りが行われていました。
通貨はユーロでも、依然としてギリシャ人の平均給与は月900ユーロ程度で、ドイツの2.5分の1程度しかなく、他国から見るとあらゆるものが割安です。

当然、物価差によるオーバーツーリズムも深刻です。
特にエーゲ海の離島に人が殺到し、最大の人気を誇るサントリーニ島では、宿泊客が2012年330万人が2019年には700万人近くまで増大。
クルーズ客は1日で1万8000人に達し、島内の古いシステムに縛らたタクシーの台数が増えないことから、せっかく訪れても移動がままなりません。
この様相は、いまから十年近く前に取材した自著「人生を変える南の島々。<ヨーロッパ編>」でもいち早くお伝えしました。

今週は、まだ夏の旅行シーズンのピーク前ですが、すでにアテネ最大の観光地パルテノン神殿に事実上の入場規制がかかっています。
午前中に行くと炎天下のなかで2時間以上待ちの長蛇の列で、翌日9時開館前を睨んで朝7時から並びはじめても、もう満杯。
これから本格的なサマーシーズンが訪れることを考えると(8月15日の聖母被昇天祭がピーク)、せっかくアテネに訪れても観光地に入れないゲストが相当数になると考えられます。
しかも、中国政府の入出国規制が完全解禁されていないことから、中国人は以前に比べて圧倒的に少数です。また、経済成長にあわせてインド人観光客は急増中。
今後、以前と同様に中国人が大挙して観光地を訪れ、いまや中国を抜いて世界一の人口になったインド人が観光地を次々と訪れはじめると、世界的な大問題に発展するでしょう。

この背景には、LCCやAirB&Bだけでなく、SNSの「映え文化」も問題として上がっています。
アテネの神殿や欧州で人気の観光地である各地の大聖堂の中で、音楽を鳴らしながら踊る人たちを撮影し、それを見た人たちが同じように音楽を鳴らしながら踊って撮影するような「悪いソーシャル・ループ」が巻き起こり、現在、大きな社会問題になっています。
巡礼者が訪れる場所で大音量で音楽を流して撮影する迷惑行為が頻発していることから、場所によっては「Tiktok禁止」「Instagram禁止」と書かれた看板が目立つようになってきました。

また、ギリシャ料理の要であるオリーブオイル不足も深刻です。
世界でもっとも消費量が多いギリシャで、コロナ禍による金融緩和の反動でインフレが加速し、気候変動や高値で買う観光客の買い占めなどから、オリーブオイル不足が起きています。
原価がこの二年で二倍以上になっており、レストランに出向いても、以前は机上にボトルで提供されていたのが小皿にとりわけられて供給されるようになっており、ギリシャ名物のオリーブオイルが存分に楽しめません。

いま、世界中に広がるポストパンデミックな現実。
グローバリゼーションやシェア、そして大観光時代の終焉。

もはや、日本も他ではありません。
0525名無しさん@お腹いっぱい。
垢版 |
2023/07/08(土) 01:07:51.86ID:1xMznSWo
今週は、オスロ、イビサ、フォルメンテーラ、ロンドン、フランクフルト、東京、那覇、阿嘉島と移動しています。

現在、沖縄では那覇への国際線本格乗り入れと本島北部本部港へのクルーズ船寄港が始まったこともありまして、昨年比3.5倍のオーバーツーリズムが顕著になっています。

県内唯一の公共交通手段である空港発のモノレール(ゆいレール)では、朝のラッシュ時に場所を取るスーツケースを持った旅行客が車内の出入口周辺にとどまってしまい、満員でないにもかかわらず、他の利用客が乗車できません。
朝の通勤時間と空港へ向かう旅行客が重なる午前9時前後の那覇市中心市街地の駅で乗車待ちの客を乗せられない「乗り残し」が頻繁に起き、事実、僕自身もあまりの混雑ぶりに辟易して一便パスしました。
市内のゴミ箱は入り切らず周囲に溢れ出したため、自動販売機周辺のゴミ箱は撤去され、ガラガラだった離島への船は満員になり、地元の人たちが帰島できなくなっています。
かつては誰もいなかった阿嘉島もインバウンドに占拠されてしまって宿がなく、平日でも連泊できませんでした。

また、人材不足やサービス欠如も深刻です。
コロナ禍で飲食店から離職した従業員が戻らず、レンタカー業者も廃業したこともあって、観光客の6割以上がレンタカーを利用するにも台数がコロナ前の約2万2000台から約1万5000台と約30%も減少。
一方、タクシーもドライバーの高齢化や台数の減少により、需要に応えられていない状況が続いています。

こうして、あらゆるモノと場所の取り合いが起きていますが、対処にあたろうとする県や市の観光課のスピードでは、もはや爆発するオーバーツーリズムの速度に対応できません。

先月、世界一の観光大国であるフランス観光相のオリビア・グレゴワールは、同国が長い間迎え入れてきた旅行者の数を減らす戦略をとることをついに発表。
この政策について「悪化した環境、地元の人々の生活の質」に対応するものであると述べました。

これを受け、マルセイユのカランク国立公園では、有名なスギトンの入り江への1日の訪問者をわずか400人に制限する予約システムを導入。
ブルターニュのブレハ島は、1日の訪問者数の上限を4700人に設定しました。

ここ数週間お伝えしておりますように、ポスト・パンデミックにおける顕著な話題として、世界各国でオーバーツーリズムが深刻で、時間も金もあまり使わない客で観光地があふれかえっていることが世界各国で問題視されています。
その結果、地域社会が観光業からの恩恵を十分受けられず、経済力を失い、社会システムの崩壊に直面していることが大きな課題として急浮上しているのです。 

なかには、市民生活が破綻する恐れがあることから、世界遺産を返上する可能性も取り沙汰されている地域があるほどです。
例えば、竹富島では住民329人に対し観光客は年間50万人を超え、特に環境破壊への影響が高く、大きく掲げていたサステナブル・ツーリズムと反する状況に陥ってしまっています。

モノから体験へとシフトした現在の観光業。

世界をまわって痛感するのは、過去四半世紀に渡ったグローバリゼーションの影が、いま、急速に世界中の観光地を覆っているように思えてなりません。
0528名無しさん@お腹いっぱい。
垢版 |
2023/07/09(日) 05:08:39.31ID:ZAqso0q1
世界中のコーヒー農園を回っていると、日本から買い付けや視察に来た「コーヒーロースター」の皆さんとよくお会いします。
同じ「豪州のコーヒーロースターで」長年「焙煎師として働いて」、少し前に大阪で小さな店を開業した「バリスタマップ・コーヒーロースター」の方々とも、先日パナマでお会いしました。
その前にはコロンビアにも行かれていたようで、「一箇所に縛られ動けなくなる」ような職種ではないと思いますよ。
ただ、ロースターにもAI化の波が押し寄せていまして、先日オスロでお目にかかったTrond Simonse率いる「ROEST」が開発中の大型次世代Aiロースターは、業界を揺るがすものになるでしょう。
この観点から考えると、コーヒー業界は明るいですよね。
「手に職」を持った人たちへの高額な人件費がかからないビジネスになりますので。
一方、ロースターの方々には脅威ですが、無人化の波には逆らえません。
時代は、とっくに「個人の時代」から「無人の時代」へとシフトしたのですから。
それを踏まえ、7年後のご自身をご想像ください。
きっと、大切なことは「スキル」ではないとお気づきになるでしょう(茶の道の基本です!)。
0531名無しさん@お腹いっぱい。
垢版 |
2023/08/17(木) 16:04:36.22ID:JKm/Zqm+
Kindleで新刊出たね
レビュー見てると迷える子羊さんが多いこと
自己投資こそノーリスクノーリターンとか書いてる頭おかしい人もいるし
高城さんの視点や取り組みは参考にしたいけどメルマガ会員とは絶対に関わりたくないわw
0534名無しさん@お腹いっぱい。
垢版 |
2023/10/28(土) 13:56:36.04ID:HVdV3rl4
>>525
苦しみ抜いて死ね
0536名無しさん@お腹いっぱい。
垢版 |
2023/12/20(水) 00:22:23.08ID:o+Junejq
誰それ?
0537名無しさん@お腹いっぱい。
垢版 |
2024/06/15(土) 21:50:07.45ID:MHfUn/HX
>>533
年かもね
レスを投稿する


ニューススポーツなんでも実況