海・山にまつわる怖い話・不思議な話 3

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています
1本当にあった怖い名無し 2019/10/07(月) 13:04:27.98ID:cZ50g2gz0

「海・山にまつわる怖い話・不思議な話」
海や山にまつわる怪談・奇談を語っていきましょう。

※ここは実話のみのスレではなく昔話、伝聞何でもありです
※荒らしはスルーでよろしく>ALL



前スレ
海・山にまつわる怖い話・不思議な話 2
https://mao.5ch.net/test/read.cgi/occult/1535920044/l50
VIPQ2_EXTDAT: checked:default:1000:512:: EXT was configured

2本当にあった怖い名無し2019/10/07(月) 13:05:43.53ID:cBJfI9L20
「海にまつわる怖い話・不思議な話」過去スレ

海岸・海にまつわる怖い話
http://piza.2ch.net/test/read.cgi/occult/960745043/
海にまつわる恐い話ないすか?
http://piza.2ch.net/test/read.cgi/occult/985014512/
♪♪♪ 海にまつわる怖い話し ♪♪♪
http://curry.2ch.net/test/read.cgi/occult/993135319/

海にまつわる怖い話・不思議な話
01 http://hobby2.2ch.net/test/read.cgi/occult/1038436656/
02 http://hobby3.2ch.net/test/read.cgi/occult/1047792337/
03 http://hobby4.2ch.net/test/read.cgi/occult/1053794685/
04 http://hobby7.2ch.net/test/read.cgi/occult/1091387941/
05 http://hobby7.2ch.net/test/read.cgi/occult/1107440616/
06 http://hobby7.2ch.net/test/read.cgi/occult/1127861597/
07 http://hobby7.2ch.net/test/read.cgi/occult/1141474316/
08 http://hobby7.2ch.net/test/read.cgi/occult/1147078909/
09 http://hobby7.2ch.net/test/read.cgi/occult/1152148974/
10 http://hobby9.2ch.net/test/read.cgi/occult/1176173395/
11 http://hobby11.2ch.net/test/read.cgi/occult/1188718576/
12 http://anchorage.2ch.net/test/read.cgi/occult/1216281333/
13 http://anchorage.2ch.net/test/read.cgi/occult/1240640601/
14 http://toki.2ch.net/test/read.cgi/occult/1251652787/
15 http://toki.2ch.net/test/read.cgi/occult/1281999285/
16 http://toki.2ch.net/test/read.cgi/occult/1312078296/
17 http://toro.2ch.net/test/read.cgi/occult/1321840179/
18 http://toro.2ch.net/test/read.cgi/occult/1334474705/
19 http://maguro.2ch.net/test/read.cgi/occult/1360142443/
20 http://hayabusa6.2ch.net/test/read.cgi/occult/1410138957/
21 http://mao.5ch.net/test/read.cgi/occult/1502541708/

3本当にあった怖い名無し2019/10/07(月) 13:06:09.53ID:cBJfI9L20
「山にまつわる怖い・不思議な話」過去スレ

山にまつわる怖い話
http://piza.2ch.net/test/read.cgi/occult/992979322/
♪♪♪ 山にまつわる怖い話し ♪♪♪
http://curry.2ch.net/test/read.cgi/occult/993262583/
登山・雪山にまつわる怖い話
http://curry.2ch.net/test/read.cgi/occult/1011626214/

山にまつわる怖い・不思議な話
01 http://hobby2.2ch.net/test/read.cgi/occult/1039622601/
02 http://hobby3.2ch.net/test/read.cgi/occult/1052747268/
03 http://hobby4.2ch.net/test/read.cgi/occult/1053937529/
04 http://hobby4.2ch.net/test/read.cgi/occult/1069829791/
05 http://hobby4.2ch.net/test/read.cgi/occult/1071631841/
06 http://hobby4.2ch.net/test/read.cgi/occult/1074434150/
07 http://hobby4.2ch.net/test/read.cgi/occult/1077204044/
08 http://hobby5.2ch.net/test/read.cgi/occult/1080228330/
09 http://hobby5.2ch.net/test/read.cgi/occult/1084366168/
10 http://hobby5.2ch.net/test/read.cgi/occult/1087736948/
11 http://hobby7.2ch.net/test/read.cgi/occult/1090772011/
12 http://hobby7.2ch.net/test/read.cgi/occult/1093403309/
13 http://hobby7.2ch.net/test/read.cgi/occult/1095902251/
14 http://hobby7.2ch.net/test/read.cgi/occult/1098907962/
15 http://hobby7.2ch.net/test/read.cgi/occult/1102945918/
16 http://hobby7.2ch.net/test/read.cgi/occult/1103926014/
17 http://hobby7.2ch.net/test/read.cgi/occult/1105610395/
18 http://hobby7.2ch.net/test/read.cgi/occult/1107404112/
19 http://hobby7.2ch.net/test/read.cgi/occult/1113524875/
20 http://hobby7.2ch.net/test/read.cgi/occult/1118674955/
20 http://hobby7.2ch.net/test/read.cgi/occult/1121734649/ (実質21)
22 http://hobby7.2ch.net/test/read.cgi/occult/1124567579/

4本当にあった怖い名無し2019/10/07(月) 13:06:28.82ID:cBJfI9L20
23 http://hobby7.2ch.net/test/read.cgi/occult/1129644145/
24 http://hobby7.2ch.net/test/read.cgi/occult/1134399217/
25 http://hobby7.2ch.net/test/read.cgi/occult/1141220480/
26 http://hobby7.2ch.net/test/read.cgi/occult/1146525531/
27 http://hobby7.2ch.net/test/read.cgi/occult/1151517198/
28 http://hobby7.2ch.net/test/read.cgi/occult/1154876146/
29 http://hobby7.2ch.net/test/read.cgi/occult/1157438374/
30 http://hobby7.2ch.net/test/read.cgi/occult/1160736081/
31 http://hobby9.2ch.net/test/read.cgi/occult/1164769091/
32 http://hobby9.2ch.net/test/read.cgi/occult/1170588039/
33 http://hobby9.2ch.net/test/read.cgi/occult/1175434477/
34 http://hobby9.2ch.net/test/read.cgi/occult/1180412998/
35 http://hobby10.2ch.net/test/read.cgi/occult/1188165789/
36 http://hobby10.2ch.net/test/read.cgi/occult/1199061066/
37 http://hobby11.2ch.net/test/read.cgi/occult/1202267701/
38 http://gimpo.2ch.net/test/read.cgi/occult/1211105490/
39 http://anchorage.2ch.net/test/read.cgi/occult/1221180219/
40 http://anchorage.2ch.net/test/read.cgi/occult/1230025511/
41 http://anchorage.2ch.net/test/read.cgi/occult/1235422020/
41 http://anchorage.2ch.net/test/read.cgi/occult/1237004679/ (実質42)
41 http://anchorage.2ch.net/test/read.cgi/occult/1240987818/ (実質43)
44 http://anchorage.2ch.net/test/read.cgi/occult/1244550475/
45 http://anchorage.2ch.net/test/read.cgi/occult/1247854835/
46 http://anchorage.2ch.net/test/read.cgi/occult/1249814444/
47 http://anchorage.2ch.net/test/read.cgi/occult/1252684612/
48 http://anchorage.2ch.net/test/read.cgi/occult/1259830292/
49 http://anchorage.2ch.net/test/read.cgi/occult/1269794990/
50 http://toki.2ch.net/test/read.cgi/occult/1278313466/
51 http://toki.2ch.net/test/read.cgi/occult/1285202248/
52 http://toki.2ch.net/test/read.cgi/occult/1290092361/
53 http://toki.2ch.net/test/read.cgi/occult/1300881353/

5本当にあった怖い名無し2019/10/07(月) 13:06:54.94ID:cBJfI9L20
54 http://toki.2ch.net/test/read.cgi/occult/1302850900/
55 http://toki.2ch.net/test/read.cgi/occult/1307193418/
56 http://toki.2ch.net/test/read.cgi/occult/1310494082/
56 http://toki.2ch.net/test/read.cgi/occult/1310517658/ (実質57)
57 http://toro.2ch.net/test/read.cgi/occult/1317707298/ (実質58)
58 http://toro.2ch.net/test/read.cgi/occult/1323137386/ (実質59)
60 http://toro.2ch.net/test/read.cgi/occult/1329163799/
61 http://toro.2ch.net/test/read.cgi/occult/1332579831/
62 http://toro.2ch.net/test/read.cgi/occult/1337753866/
63 http://toro.2ch.net/test/read.cgi/occult/1341559719/
64 http://toro.2ch.net/test/read.cgi/occult/1345167294/
65 http://toro.2ch.net/test/read.cgi/occult/1351381985/
66 http://toro.2ch.net/test/read.cgi/occult/1356309352/
67 http://toro.2ch.net/test/read.cgi/occult/1359643494/
68 http://toro.2ch.net/test/read.cgi/occult/1364289681/
69 http://toro.2ch.net/test/read.cgi/occult/1368015729/
70 http://toro.2ch.net/test/read.cgi/occult/1374330663/
71 http://toro.2ch.net/test/read.cgi/occult/1377875509/
72 http://toro.2ch.net/test/read.cgi/occult/1387078371/
73 http://maguro.2ch.net/test/read.cgi/occult/1394721222/
74 http://maguro.2ch.net/test/read.cgi/occult/1403468618/
75 http://hayabusa6.2ch.net/test/read.cgi/occult/1410191336/
76 http://hayabusa6.2ch.net/test/read.cgi/occult/1417618340/
77 http://hayabusa6.2ch.net/test/read.cgi/occult/1432382677/
78 http://hayabusa6.2ch.net/test/read.cgi/occult/1437535517/
79 http://hayabusa6.2ch.net/test/read.cgi/occult/1449443522/
79 http://hayabusa6.2ch.net/test/read.cgi/occult/1456036738/ (実質80)

6本当にあった怖い名無し2019/10/07(月) 13:08:33.85ID:cBJfI9L20
スレが途絶えてしまったので立ててみた

7本当にあった怖い名無し2019/10/07(月) 13:09:36.51ID:cZ50g2gz0
スレ落ち防止のための書き込みが続く

8本当にあった怖い名無し2019/10/07(月) 13:10:10.08ID:cZ50g2gz0
>>6
が立てたのかえ?

9本当にあった怖い名無し2019/10/07(月) 13:10:48.04ID:cBJfI9L20
まあ、なんというか・・・
>>1

10本当にあった怖い名無し2019/10/07(月) 13:11:35.33ID:cBJfI9L20
レス10で大丈夫?

11本当にあった怖い名無し2019/10/07(月) 13:17:34.58ID:cZ50g2gz0
20までいったほうがいいんじゃないか?

12本当にあった怖い名無し2019/10/07(月) 13:49:19.38ID:cBJfI9L20
船に乗って、海を見てると怖いよね
黒青緑色で、引き込まれそうで
飢餓海峡のラストを思い出すとね

13本当にあった怖い名無し2019/10/07(月) 13:53:51.06ID:cBJfI9L20
休憩時間終わるので、これで消えます

14本当にあった怖い名無し2019/10/07(月) 13:55:13.78ID:cZ50g2gz0
>>13

15本当にあった怖い名無し2019/10/07(月) 19:35:03.65ID:cZ50g2gz0
山で行方不明になって、そのあと出てこない、というは怖いね

16本当にあった怖い名無し2019/10/07(月) 23:14:23.08ID:Hm+Xs3TH0
>>1
乙。石じじいの人来ないかな(´・ω・`)

17本当にあった怖い名無し2019/10/08(火) 00:42:07.40ID:MXioqO/S0
>>1
なんだかんだ石じじい読めないと寂しい

18本当にあった怖い名無し2019/10/08(火) 00:47:28.86ID:JPEJwgr20
(・ω・)どれぐらい放置されるとスレ落ちするの?落とさないためにネタなくても時々なんぞ書かなかんのぅ。

19本当にあった怖い名無し2019/10/08(火) 01:07:57.39ID:JPEJwgr20
(・ω・)先月、御嶽の山小屋に泊まって夜中の賽の河原歩いたけど人魂おらなんだ。
西丸震哉氏がむかし人魂捕獲作戦したんや。まーおびただしく人魂が飛び交う場所なんぞあるわけないやろ思いつつ前々から行ってみたかったんや。

20本当にあった怖い名無し2019/10/08(火) 06:02:17.06ID:JBTU9+jI0
ニュー即の山梨女子スレで
山小屋の小屋番が女性の宿泊客レイプしまくってた話読んでびびったわ
そんなニュース知らんかった

21本当にあった怖い名無し2019/10/08(火) 07:21:01.71ID:OIC+WbAw0
そんなの即捕まらないの?

22本当にあった怖い名無し2019/10/08(火) 10:22:51.81ID:KLIs2L6C0
石じじい カモーン!

23本当にあった怖い名無し2019/10/08(火) 14:31:29.09ID:RIaat6Gl0
石じじいは専用スレでも建ててそっちでやれよ
スレを占拠してうざい

24本当にあった怖い名無し2019/10/09(水) 00:54:12.29ID:xmzYceML0
俺は自己評価が低いのに周りからは過大評価されてるから褒められても疑っちゃうわ。

入社したてのころに尊敬してた先輩と仕事以外も面倒みてもらって能力を盗んだけど今じゃ俺のほうが上になっちまって張り合いがない

よく周りから言われるのは『お前変わったな』だ

25本当にあった怖い名無し2019/10/09(水) 01:57:13.23ID:pdMawz4W0
https://www.toritemi.com/sayamako

行ってはいけない地図にない場所?埼玉県狭山湖付近の心霊検証まとめ - 略してとりてみ

26本当にあった怖い名無し2019/10/09(水) 02:11:52.48ID:TeY4t5Sv0
しばらく見ないうちに前スレ落ちてたのか
石じじいの話もっと聞きたいわ

27本当にあった怖い名無し2019/10/09(水) 06:28:54.05ID:RjmWSj690
>>21
捕まってる

28本当にあった怖い名無し2019/10/09(水) 09:32:29.71ID:7iIJww800
(・ω・)ソロの山ガールとか度胸あるのぅ。男でも熊とか道迷いとか予想外のアクシデントで日没間近にまだ山中ひとりきりなんて怖いのに、その上に人の居らん場所で変質者と遭遇もあり得るからのぅ。きっと格闘技有段者なんやろ。

29本当にあった怖い名無し2019/10/09(水) 11:52:39.91ID:PoQ0M4x50
石じじいじゃない人もカモーン!

30本当にあった怖い名無し2019/10/09(水) 14:05:21.11ID:vwQoehqm0
宿泊客レイプなんてよくやれるなw

31本当にあった怖い名無し2019/10/09(水) 16:36:22.95ID:Rp8CES4Z0
富士見平小屋殺人事件でググってくれ

32本当にあった怖い名無し2019/10/09(水) 16:57:38.98ID:cWvH0fzF0
>>28
比叡山女子大生殺人事件というのがあった
山は怖いわ

33本当にあった怖い名無し2019/10/14(月) 02:25:09.79ID:QSHKx0hD0
わわ

34本当にあった怖い名無し2019/10/14(月) 12:50:51.09ID:sZygrUY00
過疎ってるけど


もう落とさないでね 〜(m--)m

35本当にあった怖い名無し2019/10/14(月) 16:05:49.67ID:WjcSQtke0
わわわ

石じじいの話です。

メモから海の話をいくつかまとめました。
じじいは海で活動したことはありません。石を探して海岸を歩くことはありましたが。
海岸で遭遇した怪異についてはいくつかの話を書きました。
じじいには漁村に友人が多かったので、遊びに行ったり作業を手伝いにいったことは多くあり、その時に見聞した海の話をしてくれたことがあります。
それらの話の中から、友人の漁師さんが話してくれたものです。

舟で漁をしていると、突然、濃い腐敗臭が漂ってきたそうです。
ものすごく臭く、甲板で嘔吐しました。
海面を見ると、近くに大きな網が漂っていたそうです。
それは非常に大きな網で、中に魚やイルカの死体がいっぱい詰まっていました。
それが強烈な悪臭を放っている。
こんな大きな網をトロールする船など、その近海域にはいないはずです。
その網は、流れ去ったそうです。

夕方に漁をしているとき、西側から大きな波を舟に受けたそうです。
じじいの地方では、地理的に、近海で漁をする時は、東に陸地が西に海が広がっていたのです。
真っ赤な夕陽が舟を照らしていました。
非常に大きな波で、これは危険だということで波に向かって船首を向けました。
迫ってくる高波のなかを赤い夕陽が通して射して来た時、黒々とした巨大な魚の影が波を透けて見えたそうです。
それは、太刀魚のような長い形をしていました。
幸い、その巨大な魚は舟に衝突することはありませんでした。
その日は不漁だったそうです。

36本当にあった怖い名無し2019/10/15(火) 18:07:19.82ID:Zp08EYrE0
石じじいの話です。

海の話をつづいて。

朝方、漁から帰って着た時、濃霧にあって港に近づけず、晴れるのを待っていました。
霧の向こうから、黒い影が舟に近づいてくるのに気がつきました。
それは、黒いコートを着て、海面をふらふらのしながら歩いて来たそうです。
舟に乗っているわけではなく、海面に直接立っていました。
それがどんどん近づいて来ます。
声をかけることはためらわれました。
肝をつぶして待ち構えていましたが、それはブイ(浮き)だったそうです。
ブイにコート(服)がひっかかっていたので、人間のように見えたのです。
ほっとしたのですが、なぜブイにコートがかかっていたのか?と疑問におもったそうです。

船の周りを小さな鳥が数千羽がとり巻いて時計回りにとびまわったことがありました。
1時間ほどそれが続いたあと、鳥たちは次々に落下してきました。
ほとんどは海面に落ちて漂いましたが、甲板に落ちたものもたくさんいました。
皆死んでいて、動かなかったそうです。

漂流する筏に出会ったことがあったそうです。
それは竹を組んだもので、帆が立っていました。
粗末な木箱のようなものが積んでありましたが、人は乗っていませんでした。
10分ほどのできごとで、筏は流れに乗って船と行きすぎました。
「なんのために、あがいな筏で海に漕ぎ出したんやろ?のっとった人はどうがいなったんぞ?」

最後の話は、「メアリーセレスト号事件」のようですね。規模は小さいのですが。

37本当にあった怖い名無し2019/10/16(水) 09:53:32.54ID:Sh0Zj6zC0
先祖が帰って来る日、海岸に面した部屋に椅子を置いておく。誰も居ないその部屋に変化があると幽霊が居るという
(・ω・)♀ 思いがけず光るのは海の幽霊〜♪

38本当にあった怖い名無し2019/10/16(水) 14:05:45.00ID:6E6hybob0
>>36
石じじいの人待ってたよ
またメモ整理しておくれ

東京の五日市町にあるキャンプ場に行った時なんだけど
真ん中に事務所があって北側はバンガローで南側がキャンプ場なの
深夜にトイレに行きたくなってテントから出て歩いたんだだけど
トイレに行く途中に年配の夫婦と会って挨拶したの
でもキャンプスペースはわたしたちの貸し切りだったの
あの夫婦は深夜にどこに行ったんだろう…
振り返ったらいなかったしね

39本当にあった怖い名無し2019/10/16(水) 14:29:02.09ID:LvQd8Cal0
爺さんぽやろ

40本当にあった怖い名無し2019/10/16(水) 22:12:15.85ID:rvtqoYb40
>>38
その夫婦は 灯りを持っていたの?
服を逆に着てなかった?

41本当にあった怖い名無し2019/10/17(木) 08:20:37.06ID:TRQTBS8o0
石じじいの人、来てた!(´・ω・`)嬉しい。また面白いお話を聞かせて下さい。

42382019/10/17(木) 09:21:43.79ID:cukajwvW0
>>40
怖いこと言わないでよ
服は普通だったしわたしは懐中電灯持ってた夫婦は持ってなかった
その先わたしたちしかいないぞって思って振り向いたらいなかったってだけさ

43本当にあった怖い名無し2019/10/17(木) 21:43:20.45ID:2sTignTP0
>>42
灯りを持ってない、というのが怖いな
自分のテントに戻って開けたら、その夫婦がなかにいたりして
で、自分の家族はいなくなってる、と

44本当にあった怖い名無し2019/10/18(金) 22:21:20.72ID:Rnt+4CcG0
>>37
石じじいの話です。

おそらく、じじいから聞いた話だと思いますが、誰の話かメモに明確には記されていないので、もしかしたら違うかもしれません。

お盆に死んだ人の霊魂が戻ってきていることを確認する方法があったそうです。
お盆の、晴れた日の日没の前に、
お経(どんなお経かメモになし、おそらく般若心経)を書いた半紙を丸めて筒状にします。それをノリづけにして開いてしまわないようにする。
その中に、仏具の鈴を鈴台の上に置いて、入れておく。
お経など読まずに、喋らず動かず静かに半紙を見つめていると、ちょうど日没時に、その鈴が、ほんの少しチーンと鳴るのだそうです。
鳴ると、霊が戻ってきているのだ、と。

45本当にあった怖い名無し2019/10/19(土) 09:09:08.35ID:NlnLc8NX0
https://natalie.mu/music/pp/yonezukenshi14/page/2

(・ω・)この人の世界観て生者と死者が交錯する場があるんや。

46本当にあった怖い名無し2019/10/20(日) 02:58:24.03ID:EVaoISYk0
>>44
スレチだからやめてください

47本当にあった怖い名無し2019/10/21(月) 20:43:07.27ID:hhlZbxR60
石じじいの話です。

海の話を続いて。(じじいが友人の漁師から聞いた話です。)

海上で巨大な隕石が落下するのを見たことがあるそうです。
青空に白い煙を残して北から南に向かって全天を横切って飛び、水平線上に消えました。
音はしませんでしたが、その後に大きな波とやや強い風が、飛び去った方向から吹いて来たと言います。

霧が出た時に、空と海との境界が見えなくなり、他の船が空中に浮かんでいるようだったそうです。

漁をしている時に、網に人間の胴体だけがかかったことがありました。
それは、白いシャツを着て蝶ネクタイをしていましたが、頭、腕、脚は欠損していたそうです。
どこのだれかはわかりませんでした。

以下の話は、じじいが朝鮮にいる時に朝鮮人の漁民から聞いた話だということです。
鯨が死ぬ場に出会ったそうです。
鯨が一頭浮かんでいましたが、ほとんど動きません。
しかし、まだ呼吸をしていたそうです。
近づいてみると、その個体のまわりに他の鯨が何頭か浮かんでいて、鳴き声をあげていました。
その動かない鯨は、ほどなくして、まったく動かなくなり、潮を吹き上げなくなりました。
呼吸が止ったのです。
周りに寄り添っていた他の鯨は、すぐに泳ぎ去ったとのこと。
まるで、仲間の死を見届けて、できるだけ早く仲間の死体(死の穢れ)から離れるかのように。
鯨の葬式のようだったそうです。

48本当にあった怖い名無し2019/10/21(月) 20:52:18.78ID:hhlZbxR60
石じじいの話です。

さらに海の話を。(知り合いの漁師の話と朝鮮での話が混じっているかもしれません。)

船が20頭ほどの鯨に取り巻かれたことがありました。
その鯨たちは1時間ほど「歌」をうたっていましたが、それはとても不気味だったそうです。

直径1メートルほどのクラゲが何百匹も一斉に船の周りに浮かび上がってきたことがあり、これも不気味だったそうです。

霧にかこまれた時に、船の周りを、たくさんの船が取り巻いたことがあったそうです。
それらの船からは、人の声が聞こえて、灯りも見えたのですが、すぐに消え去りました。
港で尋ねても、その海域で漁をした船はいなかったのです。

車ほどもある大きな亀を見たことがあるそうです。
船の脇をゆうゆうと泳ぎ去ったと。

港の近くの海で、漂っている古い船に出会いましたが、そのマストから死体が吊り下がっていたそうです。
その死体は、随分腐っていたんでいました。
首吊りではなく、からだがロープで縛りつけられていました。
苦労して港まで曳航したそうです。
(その人物の身元についてはメモにありません。)

49本当にあった怖い名無し2019/10/22(火) 00:57:15.18ID:yyXIRNE50
鯨のお葬式(´・ω・`)彼らなら有り得そうだな。

50本当にあった怖い名無し2019/10/22(火) 01:22:45.30ID:6RnL3zr40
>>48
海で巨大な海洋生物に取り囲まれるってめちゃくちゃ怖いよな

51本当にあった怖い名無し2019/10/22(火) 03:44:32.65ID:HTLW7Qvl0
アフリカの野性動物なんかもそうだったような
動けない亡くなりそうな子のそばにいる群、亡くなったら移動を始めるの
母親が最後まで名残惜しそうにそばにいるけど群に従いやがて離れて行くの

52本当にあった怖い名無し2019/10/22(火) 08:09:06.58ID:QYjcuUdO0
>>51
(・ω・)ゾウのドキュメンタリー番組で如何にもありそうやの。

53本当にあった怖い名無し2019/10/22(火) 17:13:47.45ID:3HRYi+xp0
このスレはホッとするね。
最近オカ板殺伐としてるから。

54本当にあった怖い名無し2019/10/22(火) 21:25:11.31ID:xevYcoBH0
うん 石じじいの話すき

55本当にあった怖い名無し2019/10/23(水) 00:48:16.37ID:W0/U/pNR0
私も(´・д・`) 興味をそそられる。

56本当にあった怖い名無し2019/10/23(水) 03:55:49.78ID:gLb5hexQ0
日本一危険な防波堤が想像以上にやばかった↓↓

http://yoikopannda1031.livedoor.blog/archives/3931577.html

57本当にあった怖い名無し2019/10/23(水) 12:53:18.71ID:9zWN563q0
(・ω・)超難度の登山道や落ちたら死ぬ酷道は聞くけど恐ろしい釣り場もあるんやの、知らんかった。

58本当にあった怖い名無し2019/10/23(水) 14:19:22.19ID:/hGNSzmA0
>>56
そこワイドショーでも取り上げられてたな
釣場まで距離あるから自転車まで用意してる

59本当にあった怖い名無し2019/10/23(水) 23:09:27.19ID:wItBtYyg0
>>56
これは怖い!
命が危ないという意味で
海からぞろぞろと出てきて引き込まれてしまうという

60本当にあった怖い名無し2019/10/25(金) 15:42:09.36ID:xO0ipA120
>>56
この初日の出のやつほんと怖いよね。
波にさらわれた瞬間みんな笑ってんだけど徐々に死んじゃうよーって声が聞こえ始めるとこがリアル。

61本当にあった怖い名無し2019/10/25(金) 18:25:03.18ID:74/8HphU0
彼氏持ちの女も好きな人のいる女もみーんなワイに膣内(ナカ)射精(ダ)しされてワロタ

特にサークルの中でも1番のオシドリカップルを
男の目の前で抱いて妊娠させた時はアドレナリンガバガバやったで

穏やかに活動してた長い事続く伝統ある大学公認サークルが
外部からこんなショーもないヤリチン招き入れた結果
己の所属するサークルのメスをほぼ全員喰い散らかされて片っ端から妊娠させられるという惨状

もう何時ものように活動できるはずもなく敢え無く解散してて笑いが止まらん
ワイワイ楽しい大学生活なんてこのワイが許さんで
自分達のメスが蹂躙されてワイのデカチンのトリコになる様を唇噛みながら見とけや

さーて次はどこのサークルを喰い散らかして欲しいんや?

もしかしたら″お前の″おる大学の″お前の″サークルかもな

62本当にあった怖い名無し2019/10/25(金) 22:02:46.79ID:0cftMfaj0
>>60
サーファーが助けるところ、キレイな背景ですよね

63本当にあった怖い名無し2019/10/26(土) 01:04:31.25ID:weRbOdbA0
運転手のAさんは40代なのですが、とにかくシブくて格好いいんです。基本的に勤務は泊まりがけだから、2人で食事をしたりする機会も多くて、私はどんどん惹かれていってしまいました。
それである夜、思いきって告白しちゃったんです。
「Aさんのことが好きなんです。付き合ってください」
「いいけど、今日は酒を飲んじゃったから明日な」
そう言ってAさんは、さっさと自分の部屋に戻っていきました。体よく振られたのだと思い、翌日はガイドにも力が入りませんでした。で、いつものようにお客さんを宿に送り届けた後、掃除をするためにバスに戻ると、いきなりドアが閉まったんです。
「ちょっと付き合えよ」
そう言ってバスをしばらく走らせると、Aさんは観光地でもある崖の上にバスを停めました。昼間は観光客で賑わう場所ですが、交通の便が悪いこともあって、夜は誰もいません。
「俺のことが好きか?」
「はい。好きです」
私がそう答えると、Aさんは運転席から出てきてキスをしてくれました。そして唇を離すと、いきなりズボンを脱いで言うんです。
「気持ち良くしてくれよ」
もちろん、私は一生懸命フェラをしてあげました。
「よし、そろそろいいだろう。尻を出せ」
私にお尻を突き出させてスカートをめくり上げ、下着を下ろしたと思うと、Aさんはいきなりペニスを挿入してきました。
「あああん、すごいぃぃ!」
期待感ですでにヌルヌルになっていた私のアソコは、Aさんのペニスをズッポリ受け入れました。すると、抜き差しする動きに合わせて強烈な快感が押し寄せてくるんです。
そのままバスが揺れるほど激しく突き上げられていると、Aさんが苦しそうな声で言いました。
「うう、もう限界だ。発射オーライって言ってくれ」
「え? ど、どうして?」
「頼む。ああ、もう出る」
「ああん、発射オ〜ライ…」
「あうううっ」
低くうめいたAさんのペニスが、私の中でブワッと膨張するのが分かりました。そして次の瞬間、ビクンと激しく脈動し、熱い体液をほとばしらせたんです。
「俺、バスの運転手になってから、発射オーライの声と同時に射精するのを、ずっと妄想してたんだ。最高に興奮したよ」
うれしそうに言うAさんの顔を見て、私は一気に冷めてしまいました。

64本当にあった怖い名無し2019/10/26(土) 17:27:01.86ID:fjgzaQPk0
>50-60 >1-20
「ほんとうにあった怖い話」
2019年11月号の、ラストに掲載されていた、投稿エピソード 「机と海」。

「リサイクルショップで机を買ったら、
不幸が相次いだ。」
「霊能力者に霊視したら、机が厄い、といわれたので、
深夜の、九十九里浜で、
その、疫病神が付いた机を燃やした テヘッ」

うむ、これで、実は、関東地方、房総半島一帯に、ギガ厄災をもたらす、
テラ悪霊が、封印されていた机から、
燃やされて、解き放たれたじゃねえのw

令和 東京湾 台風 15号 フオクサイ
令和関東ギガブラックアウト
令和 東京湾大津波

令和関東大水害 台風19号 ハビギス

千葉県内 ゲリラ ギガレインで、
8人死亡 2人不明、十数の河川で氾濫
2019年10月26日

次は、速やかに、

房総半島沿岸で、M8後半クラスの、
<令和関東地獄地震、発生>

シンガポール ハノイ非核化宣言デイール テラ破綻から、
アメリカが北朝鮮を先制予防飽和核攻撃、令和アジア核戦争で、関東スリーピカドン
ここらなw

65本当にあった怖い名無し2019/10/27(日) 09:50:23.73ID:0o86uvDc0
山で奇妙な体験したんで話したいんだけどここでいいかな
キーワードとしては、熊本大分、水力発電所、稲荷神社、フェンスがない

66本当にあった怖い名無し2019/10/27(日) 10:01:36.69ID:0o86uvDc0
5年位前の話
九州をレンタカー借りてぐるぐる巡る旅をしてた。で、その最後、熊本方面から小国を通って東に抜ければやがて大分道にぶつかる
だろう そうすればそのまま高速使って福岡空港に向かえるな
ってことで適当に山道を走っていたわけ

そしたら良い雰囲気の集落が出てきて、ちょっと停まって写真でも撮ろうとしたんだ
年末だったんで、紅葉の季節だったらもっと良かっただろうなあと思いつつ

67本当にあった怖い名無し2019/10/27(日) 10:22:19.55ID:0o86uvDc0
なんかそのとき急に「この景色を上から俯瞰した写真が撮りたい」という欲求が湧いてきたんだ
まあ時間はたっぷりあるし、きょろきょろ見渡すと、ある畑の奥がちょっとした丘になってて
15mくらい高い位置まで行けそうだった
でそこまで登ってみたら確かにいい眺めだったんだけど、さらに奥が林になってて木々の隙間から
社のようなものがみえた
冬じゃなかったら林の中は草ぼーぼーできっと歩けたもんじゃなかっただろうけど、道はなくとも普通に
歩けた

68本当にあった怖い名無し2019/10/27(日) 10:37:54.67ID:0o86uvDc0
林の中を通り抜けて広いところにでたと思ったら、それは小さな稲荷神社の境内だった
(あとで詳しく書くけど、ここがもうすでにおかしいんだ)

で、ここを出たんだけどこの神社は普通の大きな道に面してた
よくわからなかったけど左に進んでみた  まあ大きい道路だし、方角的にさっきの集落のところにでるだろう
くらいに思ってたわけ

69本当にあった怖い名無し2019/10/27(日) 11:00:56.63ID:0o86uvDc0
そうしたら道の先に閉じたゲートが見えてきて、歩哨小屋っていうの?警備員が詰めているようなやつも
あった無人だったけど
行き止まりか〜、山の中になんかの研究施設とかあるのか〜 右に行ってりゃよかった
くらいに思って引き返した

で神社まで戻ってさらに今度は逆方面の道を歩いてみることにしたんだけど、歩いてすぐに
めちゃめちゃでかい要塞のような建物が目に飛び込んできたんだ

70本当にあった怖い名無し2019/10/27(日) 11:21:37.42ID:0o86uvDc0
直径5mはある太いパイプが何本も山中から突き出ていて巨大な建物と直結していて、さらにそのパイプは
崖下へと続いていた つまり水力発電所のてっぺんの施設だ

ここでようやく把握した
自分は、気づかぬうちに勝手に電力会社の敷地に不法侵入してしまっていたんだ
さっきみたゲートは「外部から施設内」へではなく「施設内から外部」への姿だった
あ〜やばい。どこかのモニタTVかなんかで侵入者警報かなんかが出てて捕まってしまうかも

とにかく神社の境内から林を通って戻ろう・・・としたんだけど

71本当にあった怖い名無し2019/10/27(日) 11:48:10.94ID:0o86uvDc0
どうも様子がおかしい
都合3回この神社を見るわけだけど、1、2回目はもっと新しいかんじの社だった
驚愕したのは、境内の奥にあったはずの林がかなりの範囲で削り取られてて 
フェンス で遮られていたこと
来た時と違う 嘘だろ??帰れないじゃん

しばし悩むが、これはもう怒られるの覚悟でさっきのゲートへ行くしかないと思って歩いて行った
ゲートはやはり無人で、脇に人が通り抜けられる隙間が用意されていた
(これは、もしかすると近隣の人がこの稲荷神社を参拝できるための措置か?)
そこをさっとすり抜けて進むと、初めの集落へとすんなり着いた

72本当にあった怖い名無し2019/10/27(日) 12:07:26.38ID:0o86uvDc0
九州電力さん、勝手に立ち入ってスミマセン
冷静に考えると、その防止のためにすべてのエリアにフェンスを張ってあるのが正しい姿・・・だと
すると、あのときフェンスがなかったのはどういうこと?不思議でしかたがない
自分は、”まだフェンスなど存在しなかった時代の境内”をたまたま通り抜けてしまったってことなのか
なあ

73本当にあった怖い名無し2019/10/27(日) 13:20:32.00ID:eEp3yaF00
たまとおり君が行く

74本当にあった怖い名無し2019/10/30(水) 01:45:00.01ID:mbwQJU4x0
保守(´・ω・`)

75本当にあった怖い名無し2019/10/30(水) 07:56:35.97ID:uz8kXhrH0
http://chubu.env.go.jp/shinetsu/emergency/2019/10/post-10.html
下の廊下もかなりヤバい
(・ω・)これでも一般登山道

76本当にあった怖い名無し2019/10/30(水) 08:34:41.04ID:Trt4jAF30
稲荷神社がお前に来て欲しかったんでないの
んでいい写真撮れたん?

77本当にあった怖い名無し2019/10/31(木) 15:33:18.59ID:jeH3B16h0
近所に200M位の山がある。階段登って頂上に着いたから、お握りを食べてコーヒを飲もうとするけど急に眠くなりうとうとした。
凄く心地の良い女性の声「日が暮れるよ」
目を覚ますと魔法瓶の中のコーヒが半分位残ってたはずなのに全部無くなってた。
今考えると山の神様が飲んだのかなと思う。

78本当にあった怖い名無し2019/10/31(木) 20:54:59.35ID:xKcznscB0
>>77
記憶喪失になったんじゃないのか。
声はわからんw

79本当にあった怖い名無し2019/10/31(木) 21:16:09.08ID:5lW5TICp0
釣り初心者です。昔やってましたがほぼ初心者。
釣り、散策、ホラー、アウトドアのブログを書いたブログ。事故物件に住む後輩など

http://yoikopannda1031.livedoor.blog

80本当にあった怖い名無し2019/11/01(金) 00:09:44.79ID:+O7UiD6X0
>>77
よくある話だから何も不思議ではない

81本当にあった怖い名無し2019/11/01(金) 03:11:14.88ID:J70evQhm0
先日、彼が目の下にクマを作って私の家に来ました。夜になるほど目が冴えるらしく、「これはうつ病の前兆じゃないか?」って、心配するんです。
「それを一発で知る方法があるよ。試してみようか?」
「うん。早く知りたい」
私は彼のスボンを下ろして、タマをさすりながら右手で軽く溝の部分を撫でました。するとそこは、どんどん形を変えていきます。
「うつの人はみんなここがダメになって性欲なんて起こらない。だから大丈夫!」
「それもそうだな。じゃあ、眠くなるまでしようか? 今晩はデスマッチだ。どちらかが倒れるまでやるぞ」
彼は覆面レスラーみたいにパンストを被った変顔で私を組み伏せ、パンティーを足先まで下げて半裸状態にします。
まるで、強姦されるみたいな状況ですが、そんな特殊性が普段よりずっと私の性欲を高めます。
すぐに入れて欲しかったけど、わざと逃げたら腰を押さえつけられ、そこから一気にペニスを押し込まれたんです。
実は、以前からレイプ願望があり、犯される期待感からオシッコを漏らしたように濡れていたので、痛みもなくピッチャッという音が挿入時に響きました。
「なんだ、こんなに飢えたメス状態じゃ、レイプにならないな。この好き者が!」
腰の動きはどんどん早くなり、私は正気を失って全身の痙攣が始まりました。
「あああ! 私、もうどうにかなっちゃう!!」
彼は私の足を大きく広げてM字開脚された瞬間、今までにないほどの気持ちよさで意識が飛び、目の前が真っ暗になりました。
視界が再び明るくなった時は、バックから責められていて、「うあ〜っ、もう死ぬぅ〜」と声が枯れるまで叫んで前に倒れ、完全なKO負け。
ビンタされても起き上がることができず、しばらくグッタリ。でも、負けず嫌いな私は頑張ってフェラ攻撃を仕掛け、射精寸前まで高めることに成功します。
続いて、必殺技「男殺し」で勝負。それは愛液で濡らした指をアナルに入れて前立腺を刺激する手法です。
やがて彼は仰向けになったまま「ううっ〜、漏れる」と叫んで、白い液体を噴水のように飛ばしました。
結局、激しいエッチで疲れたのか、周りが明るくなってきた頃、彼はスヤスヤと寝息を立てながら、腕枕して深い眠りに落ちました。

82本当にあった怖い名無し2019/11/04(月) 12:09:45.48ID:N+l6szqJ0
海はくらげがいるからいや

83本当にあった怖い名無し2019/11/05(火) 03:42:03.81ID:wn1uB30+0
>>82
シンプルな理由やの(笑)
浮き輪につかまって浮いていると見えない海面下に海蛇や鮫がいるかもと怖くなることはあるけど

84本当にあった怖い名無し2019/11/07(木) 08:35:35.90ID:5R1mdoPQ0
私は体育会系運動部だったので、体力にだけは自信があります。だから普通の男性だと、1週間も持たずに逃げ出しちゃうんです。
どこかに私より体力のある男はいないかと思ってたら、友達がトライアスロンの選手である河島さんを紹介してくれました。
彼は見るからに絶倫そうな顔をしているんで、私はつい露骨な質問をしてしまいました。
「河島さんはあっちのほうもスゴイんですか?」
「まあ、持久力だけは自信があるよ。咲恵さんは?」
「私は“鉄マン”なので、何時間でもOKです」
そんな下ネタを交わしているうちに私も河島さんも興奮してきて、近くのラブホに直行しちゃいました。
脱いだら河島さんのペニスはまさに筋肉隆々なんです。それを見た私のアソコは、一気に濡れ濡れです。
「もう入れてちょうだい」
私が懇願すると、河島さんはすぐにペニスを挿入してくれました。そこからはもう想像以上でした。いきなりすごい勢いでペニスを抜き差しし始めたんです。
一流のマラソン選手は、一般人が全力疾走しているようなスピードで、ずっと走り続ける感じらしいのですが、河島さんのセックスは、まさに一般人のラストスパートの勢いなんです。
「す、すごい! イク!」
私はすぐにイッてしまいましたが、河島さんはまだ同じペースで腰を振り続けるんです。
「本番はこれからだよ」
激しいピストン運動で、私は何度もイキまくりです。
「風呂に入ろうか?」
インターバルのつもりで、お風呂にお湯を溜めて入浴することに。だけど、そのお湯の中でも河島さんは、ずっとペニスを抜き差しし続けるんです。もちろん私は、そこでもイキまくり。
そしてお風呂から出ると、河島さんはロデオマシーンに跨って、背面座位で私を刺し貫きました。
「これ、バイクの代わりね」
機械の振動でアソコの中を掻き回し、またベッドへ移動して激しく抜き差しし、お風呂でハメまくり…。まさにセックストライアスロンです。気がつくとカーテンの隙間から朝日が差し込んできていたのでした。
「ああ、またイク!」
「おお、もう出る!」
私が何回目か分からない絶頂に上り詰めるのと同時に、河島さんはようやく射精。
さすがに私の鉄マンも最後には悲鳴を上げちゃいました。
でも、鉄人レースならぬ鉄人セックスを経験できて、最高の気分でした。

85本当にあった怖い名無し2019/11/07(木) 13:42:53.95ID:jK609H7L0
石じじいの話です。

以前、鍾乳洞にはいったら、人間のかたちの鍾乳石?を見つけた:という話を書いたことがあります。

じじいのホームグラウンドにはカルスト台地があって、そこには鍾乳洞が発達していました。
じじいの部落の近くの山にもありました。
洞窟の中には昔の動物の骨の化石が残っていることがあります。
そのような骨は売っても安い値しかつかなかったのですが、鍾乳石は高価で取引されていたことがあり、その時は採集されていたそうです。
じじいも、新しい鍾乳洞がないかさがして山を歩いたことがありました。
ある山で、谷から急斜面を登ったところで、それらしきものを見つけたそうです。
洞窟探索の準備をしていたので、それを装着してもぐりました。
入り口は狭く、痩せたジジイがやっと通れるくらいでした。
そこを抜けると、広い通路が続き、数十メートルの距離を上り下りしながら行くと広間にでたそうです。
天井までの高さが2メートルほどで4畳半くらい。
壁面を懐中電灯で照らしていると、突然、複数の人間の顔が照らし出されました。
(つづく)

86本当にあった怖い名無し2019/11/07(木) 13:43:23.77ID:jK609H7L0
>>85
(つづき)
じじいは腰をぬかさんばかりに驚きました。
ハンマーを抱えて見直すと、それは乾いた壁面に描かれた岩絵だったのです。
黒い顔料で描かれた墨絵のようで写実的なものでした。
4つほどあり、全員女性と思われたそうです。
他にも絵は描かれていたようですが、何の絵かはわかりませんでした。
文字のようなものもあったそうですが、かすれて汚れていて読めなかったと。
それほど古いものではないような気がしたそうです。
広間の床面をよく見てみると、人工物がちらばっていました。
円摩された河原の石、陶器皿、ひどく錆びた金属の棒、など。
それらは皆、砂で覆われていました。
また、骨の破片が多くあったそうです。
破片だったのでどんな動物のものなのかは同定できなかったのです。
これらのものが、その岩絵を描いた人が持ち込んだものかどうかはわかりません。
めぼしいものがないので、じじいはそのまま立ち去りました。
洞窟の入り口にも、広間まで続く横穴にもかなりの土砂が堆積していたので、長い間、人が入ったことはなかったようです。
「なかなか、じょうずな絵やったで。みんなこっちむいて笑うろうとったわい」

洞窟の岩絵としてはラスコー洞窟やアルタミラ洞窟のものが有名です。
それらは石器時代の人類が残したものです。

87本当にあった怖い名無し2019/11/07(木) 13:46:43.50ID:jK609H7L0
石じじいの話です。

山の中で「聖歌隊」の歌が聞こえることがあったそうです。
じじいのいた朝鮮では、キリスト教が比較的盛んだったので、その歌には聞き覚えがありました。
風が岩にかすれて出す音だと思ったのですが、非常にはっきりとした音程にのった「歌」だったということです。
山伏たちに会った時に尋ねたところ、
自分たちも聞いたことがある、
あれは、なにか魔物であろう、
ということでした。
ただ、じじいは山伏を信用していなかったので、まゆつばものだと言っていました。

88本当にあった怖い名無し2019/11/07(木) 13:59:25.27ID:z6l/JCw30
ラスコーリニコフ

89本当にあった怖い名無し2019/11/07(木) 17:30:52.67ID:s4NZKjz+0
ニコ生で富士山登山中に滑落した動画で、7:14に生気のない女性の声で「こっちに来ないで〜〜」
https://www.youtube.com/watch?v=4JkBXP_3qQA

↑これは概出?

90本当にあった怖い名無し2019/11/08(金) 03:31:50.82ID:M0JBeqX60
>>87
何の本だったか忘れたけど、自然の中で聞こえる綺麗な音楽の話は2冊くらいで見たな
催眠術っぽい感じになるって描写だったけど、歩いてる内に瞑想状態になってナーダ音とかを聞いてるのかもって考えた
しかし自分ではどっちも聞いたことないから分からない…

91本当にあった怖い名無し2019/11/08(金) 11:27:35.62ID:W6ct37Xw0
(・ω・)子供の頃、砂浜でキス釣りをしててじ〜っと当たりを待っとる時に波と微かな風の音が混じってゆったりしたコーラスに聴こえたことがある。穏やかな日の海なら今でも聴けるか知れんぞよ。

92本当にあった怖い名無し2019/11/09(土) 00:01:48.75ID:T+qSaC+S0
石じじいは出て行けよ
なんで専用スレ立てないんだ?
待望レスはどうせ自演だろ
出て行け!石じじい!

93本当にあった怖い名無し2019/11/09(土) 02:13:46.81ID:fDH/a9B00
そうは言っても石じじいいないと落ちるよこのスレ

94本当にあった怖い名無し2019/11/09(土) 07:39:14.57ID:EDczBl1A0
石じじい以外でスレ趣旨に沿った投稿ほぼ無いだろ。

95本当にあった怖い名無し2019/11/09(土) 07:49:21.25ID:ytwin+j50
そもそも石じじいのネタが全部同じ人が書いてると思ってるやついるだろ

96本当にあった怖い名無し2019/11/09(土) 13:36:19.07ID:sjRSm/CT0
>>64 >1
【警報:和製巨神兵 巨大妖怪 がしゃどくろ、2020年春から夏、東京都心部に、復活へ】
今月完成の新国立競技場に187人分の人骨[2019/11/08 12:14]

2020年 東京オリンピック新国立競技場、他の、東京都心部の大型再開発現場から1000人分以上の、江戸時代ごろの人骨が、大量に見つかる 
元々、大型墓場だった模様。

【ネクロポリス トーキョー 死霊都市 <東京>】

映画「ゲゲゲの鬼太郎 千年呪い歌」
後半

鎌倉時代、武士、鎌倉幕府に、実権を奪われた上方の公家らが、
権力をトリモロそうとする、邪霊降臨の儀式をした。

怨念、憎悪を、大飢饉、源平戦乱などで、大量に、ギガパンデミックした、
無数の遺体の骸骨群に憑依させ、
うんだ呪術大量破壊兵器、
対武家政権、鎌倉幕府打倒決戦最終兵器>1-30和製巨神兵、巨大妖怪、「がしゃどくろ」クルーー!

2020年の、春から夏、東京オリンピック直前、

令和 関東大震災 令和東京湾巨大津波

露中イスラムチョン枢軸同盟機構
ユニオン圏 エルジア圏 汎大陸同盟機構圏との、令和ユーラシア マゲドン複合大乱アジア核戦争

東京スタンピード巨大暴動、東京都心部、ギガ炎上
ここらクルー

97本当にあった怖い名無し2019/11/10(日) 11:44:29.52ID:MAt0TiRG0
ヒヒじじいの話です

ヒヒじじいがある日、愛用の斧を持って木を伐りにでかけました。
午前中いっぱい木を伐り、明るい沼のほとりで昼の弁当を使って一服。
沼に向かって立小便をしたとき、あやまって自分のチンコを水に落としてしまいました。
ああ、たいへん、今夜からばあさんを喜ばせられなくなると思っていると、
沼の水面が不気味に泡立ち、女神様が出てきたんです。
女神様は全裸で、イメクラ嬢のような雰囲気をしていました。

じじいが驚いていると、女神様は「これ、じじい。今お前が落としたのはこれか?」
そう言って、35cmはあろうかという黒人チンコを見せました。
じじいは「滅相もございません、わしの持ち物はもっと粗末で」と答えたんです。
女神様は「そうか、では、これか」今度は25cmほどの白人チンコを出しました。
「それも違います」とじじい。「じゃあこれなのか」
最後に女神様が出したのは12cmの平均チンコ。

「ああ、それです」とじじいが喜ぶと、女神様は
「お前は正直者だから、この3つ全部やろう」
そしてじじいのチンコは元の場所に、黒人チンコは額に、
白人チンコは尾てい骨のところにつけてくれたんです。
その日から、じじいは3本のチンコを自在に操り
4Pをしては動画をpornhubに投稿するようになりました。
おわりです。

98本当にあった怖い名無し2019/11/11(月) 11:36:43.62ID:lc/q1DQk0
ヒヒじじいの話です

ヒヒじじいがまだ若い20代の頃は登山が趣味だったんです。
そのときも中央アルプスの空木岳を登っていて、
ガレ場を超えて山荘のある鞍部に出ました。
すると、そこにたくさん人がいたんです。だいたい20人近くだったといいます。
しかもその人たちは初冬にもかかわらず、全員が白褌一丁でした。
褌男たちはみなじじいより年上の40代くらいで、
競輪選手のように筋肉隆々だったそうです。

じじいが唖然としていると、リーダーらしき人が「整列!」と号令をかけ、
褌男たちはジジイの前に2列横隊に並び、声をそろえて
「君を待ってたんだよ〜〜〜〜〜 レロレロレロレロ ヨロレイヒ〜」と歌い、
誘うように両手を広げました。

見事なヨーデルでしたが、怖ろしくなったじじは後退りし、
そのまま登頂を諦めて下山したということでした。
おわりです。

99本当にあった怖い名無し2019/11/12(火) 12:18:20.18ID:ZlqNxhIV0
ヒヒじじいは「褌のおっさんたちのヽ( ;゚Д゚)ノユ〜レイヒ〜♪」とヨーデルを歌いながら逃げてきたという

100本当にあった怖い名無し2019/11/12(火) 12:41:16.62ID:CLUKIh740
>>95
同じ人が書いてると思ったが違うのか?
文体を真似るだけならともかく内容はなかなか真似出来なさそうな気もするが...そうでもないのか?

101本当にあった怖い名無し2019/11/12(火) 18:35:25.72ID:l/Xv2b960
ワイ「喉が渇いたので聖水が飲みたいです!」

M性感嬢「一滴もこぼすなよ」

ワイ「うまうま!器官に」ぶはっ!

M性感嬢「お前、何やってるんだよ!」

102本当にあった怖い名無し2019/11/12(火) 21:23:13.86ID:oCgI3aaq0
ヒヒじじいの話です

ヒヒじじいは30代のころ、蛇とりの仕事をしていました。
これはマムシをつかまえて業者に売るかなり危険なものでしたが、
そのぶんいいお金になりました。

その日もじじいがナタと蛇カゴを持って山に入ると、ヤブの奥で
シャーという水の音が聞こえました。
繁みを倒して入っていくと、若い女が切株の上にしゃがみ込み、
こちらに尻を向けて小便をしていました。

それを見たまだ若い頃のじじいは欲情し
走り寄って尻を両手でがっしとつかみました。
すると女は「夫の仇!」と叫んで女陰から尖った木の枝を発射、
それはじじいの腹に刺さったんです。
女は「ケーン」と叫んで逃げていき、そのときじじいは
3日前に雄のキツネをナタで殴り殺したことを思い出したそうです。

幸い、木の枝は腸には達しておらず
町医者に縫ってもらっただけで済んだということでした。
おわりです。

103本当にあった怖い名無し2019/11/12(火) 22:02:51.43ID:TVMQpeF00
ん?ん?

104本当にあった怖い名無し2019/11/12(火) 22:09:45.42ID:TVMQpeF00
ん?ん?

105本当にあった怖い名無し2019/11/13(水) 02:59:42.34ID:VzH2w++o0
狐ってチョコチョコチョコピョ〜ンチョコチョコチョコピョ〜ンと数歩置きにジャンプを交えて走るのがユーモラスで可愛い。10数年前に伝染病が流行ってうちらの地域では絶滅したと言われたけどまた復活してきて最近はよく見るようになった。
昼間はどこに居るのかわからないけど夜になると住宅街でも見る。

106本当にあった怖い名無し2019/11/13(水) 20:24:41.90ID:q8lKPStK0
ヒヒじじいの話です

これはヒヒじじいがまだ20代前半で
慈恵医大で医学を学んでいた頃のことだそうです。
その日は解剖実習があり、自分の部屋へ戻ったじじいは
明星チャルメラを食べてすぐに寝てしまいました。

そして夢を見たそうです。夢の中でのじじいは10歳くらいで
背中にランドセルを背負って見知らぬ野を歩いていました。
あちこちにタンポポの花が咲き、春らしいのどかな光景だったということです。
でも、じじいはその場所がどこかわからず
どうしたら家に帰れるか不安な気持ちもありました。

すると、一人の中年の男がじじいの前に満面の笑みを浮かべてやってきました。
中年男は「ぼうや、わたしの名は はまだしょうきち だよ」と「言い
じじいがその人に「こんにちは」と挨拶をすると、
「ぼうやはお腹が空いたろう」とおむすびをくれたんです。

じじいは腹が減ってたので「ありがとうと」手を出しましたが
おむすびはころころと転げ、地面の穴に入ってしまいました。
中年男が「手を入れて取ればいい」そう言ったので
じじいは穴に手をつっ込み・・・・

107本当にあった怖い名無し2019/11/13(水) 20:25:42.97ID:q8lKPStK0
「ぐえあああああっ!」そこで目が覚めたそうです。
じじいは布団をはね上げ、仰向けで両足を上に高くあげた格好で
自分の肛門に右手を手首までつっ込んでいたということです。
じじいは「はまだしょうきち」という名前を覚えていたので
翌日実家の母親に電話して聞いてみました。

母親はその名を聞いて息をのみ「お前、どうしてそれ知ったの?」
それ、お前が小学生の頃に、このあたりで男子小学生を専門にねらってた変質者だよ。
お前もじつは危ないところで近所の人に助けられたの。
そいつ、刑務所を出て一人暮らししてたけど、最近首吊って死んだみたいよ」
こんなことを言ったんです。
おわりです。

108本当にあった怖い名無し2019/11/14(木) 09:13:23.90ID:mvxi6feD0
海で大人が一抱えするぐらいのオタマジャクシ見たことある
しばらく追いかけたんだが見失ったな

109本当にあった怖い名無し2019/11/14(木) 10:25:38.69ID:lAMOujlx0
それエイ

110本当にあった怖い名無し2019/11/14(木) 10:54:12.10ID:6C23FLds0
ビクニンじゃないかな

111本当にあった怖い名無し2019/11/14(木) 11:00:17.93ID:6C23FLds0

112本当にあった怖い名無し2019/11/14(木) 20:30:37.41ID:mvxi6feD0
>>111
形はそっくりだけど、黒かったんだよね〜

113本当にあった怖い名無し2019/11/15(金) 00:50:56.76ID:lFiK5kta0
私が勤めている会社の近くには、夜遅くても出前をしてくれる中華料理屋があるので、外に食べに出るのが面倒な時には、よく頼むんです。
その日も私1人で残業をしていて、回鍋肉定食を出前してもらうことにしました。でも全然来なくて、1時間ほど経ってからようやくバイトらしき若い男性が届けにきました。
「遅くなってすみません。初めてだったので、どのビルか分からなくて…」
しかも、スープはちゃんとラップされてなかったようで、ほとんどこぼれてしまってたんです。
「こんなの受け取れないわ! キャンセルよ!」
私がキレると、彼はいきなり土下座しました。
「キャンセルされたら、僕のバイト代から引かれるんです。なんでもしますんで、許してください!」
彼は、よく見ると可愛い顔をしてるんです。残業で疲れていた私は、彼に自分でも信じられない要求をしてしまいました。
「それなら今からここで私とエッチして、満足させてくれたら許してあげるわ」
「いいですよ。喜んで!」
彼は即答し、ズボンを脱ぎ始めるんです。
「えっ、いいの?」
「だってお姉さん、美人だし、一目見た瞬間からヤリたいなって思ったんです」
出前のミスを許してもらいたいだけかもしれませんが、そんなふうに言われていやな気はしません。それに彼のペニスはもうビンビンに勃起しているんです。
「そんなものをむき出しにして…。まずは、あなたが私に奉仕するのよ」
「はい、分かりました!」
元気よく返事をすると、私を机の上に仰向けにしてパンティーを脱がし、いきなりオマ○コに食らいついてきました。そして穴の奥まで舐め回してくるんです。
実は私、オフィスでエッチする妄想でいつもオナニーをしていたんで、それが現実になって、むちゃくちゃ興奮してしまいました。
「ああん、クンニはもういいからチ○ポを入れて!」
「はい、喜んで!」
私の言葉を待ちわびていた彼は、素早く自分も机の上に上がってペニスを突き刺し、強烈なピストン運動で私をエクスタシーへと連れて行ってくれたんです。
数日後、また残業の時に出前を頼んだら、違う人が来ました。彼のことを訊ねてみると、ミスばっかりするからクビになったそうなんです。せっかくいいセフレが見つかったと思ったのに…、残念です。

114本当にあった怖い名無し2019/11/15(金) 02:09:09.57ID:EuFFTeou0

115本当にあった怖い名無し2019/11/21(木) 10:41:37.05ID:sEVBC8Z60
ヽ(の_の)今度は落とさないでね

116本当にあった怖い名無し2019/11/22(金) 16:03:58.25ID:pdUI/PT40
あいあい

117本当にあった怖い名無し2019/11/22(金) 21:44:30.29ID:Q63N0iTD0
石じじいの話です。

山の上に、「財宝が隠されている屋敷」があるという噂があったそうです。
その財宝は、昔の武将が隠したものだとか、遊芸する山岳民が隠したものだとか。
かなり深い山だったそうですが、じじいは、そのあたりをよく歩いたことがありました。
それなので、そんな宝は、その山にはないし、そのような財宝を隠すような山岳民もいない、ということは知っていました。
それを人々に説明したそうですが、「あんたがしらんだけよ!」と言われてしまったそうです。
まあ、そうかもしれません。
しかし、「昔の武将の埋蔵金」というのは信じがたい・・・
ある時、その財宝を探しに数名の男性が野営もできるような装備を持って山に登って行ったそうです。
しかし、いつまでたっても、彼らは帰ってきませんでした。
麓の他の村に下りたという話もない。
山狩りをしましたが、何の痕跡も見つからない。
ただ、山頂(かなり高い山だったと)付近に、くずれた石垣の一部があったそうです。
まあ、例の屋敷の一部と言えないこともありません。
結局、彼らは見つからず、捜索は終了。
しかし、半年ほどたってから、捜索時に探したはずの谷の斜面に、彼らが着用していたと思われる衣類が散乱していたそうです。
上着、下着、ズボン、ベルト、靴などが、まとまった場所に打ち捨てられていたとか。
長い間雨ざらしになっていたはずですが、それほど風化していませんでした。
名前のタグが縫い付けられた衣服があったので、彼らのものだと判明したのです。

118本当にあった怖い名無し2019/11/23(土) 23:11:22.17ID:6jbWvG6Q0
今回の富士山滑落事故で、私は何故かあるブログで紹介された30年前の不思議な写真を思い出した。
見ればみるほど不思議な解明されなかった謎の人物だけど、軽装備の登山家だとすれば今回の彼に通ずるものが有るかも。
それにしても、この写真の主は生きた人間なんだろうか…

http://naturelog.main.jp/kitan-syashin.html

119本当にあった怖い名無し2019/11/23(土) 23:18:17.54ID:Ubfo3sG90
>>118
いいね
面白いものを貼ってくれてありがとう

120本当にあった怖い名無し2019/11/23(土) 23:20:40.24ID:KAEYintH0
例の富士山滑落の7分7秒マジでこないでーて聞こえるな

121本当にあった怖い名無し2019/11/24(日) 04:47:47.08ID:2vA9QSDu0
>>119
こちらこそありがとう。山に佇む謎の男性、なかなか不思議だよね。見解をお聞かせ下さいw

122本当にあった怖い名無し2019/11/24(日) 04:53:46.61ID:b5AnV2kh0
>>118
いいホームページだ

123本当にあった怖い名無し2019/11/25(月) 01:28:56.80ID:mHpWI5W50
叔父さんが別荘の畑でサツマイモを栽培しているんですが、「腰を痛めて寝込んでいるから、収穫をお願いできないか?」と電話がありました。
霜が降りると芋が腐ってしまうので、すぐに掘らないとまずいんだとか。
そこで彼といっしょに掘り起こした後、すぐにエッチタイムになりました。
まるで別荘のオーナーになったような高揚した気分になり、2人の性欲に火がついたんです。
最初はシックスナインをすることになり、全裸で互いの性器を舐め合っていたとき、彼のアナルは薪ストーブの炎に照らされていたんです。
眠っていたSっ気がここで目覚め、つい指を入れたくなった私。濡れた私のアソコで中指をたっぷり濡らして、少しずつお尻の穴に挿入してみました。
このとき、彼は「うっ」と声を漏らします。
「どんな感じなの?」
「女の子になったみたい。挿入されるって、こんな気持ちだったんだ」
彼が知っている快感はまだ序の口。実は元彼に前立腺の刺激方法を散々叱られながら学んでいました。
アナルに指を入れたまま、ある部分を少し圧迫していると、どんな男性でものたうち回るくらい感じます。私は男のGスポットを知っているんです。
「ああっ、変になってしまいそう。あん、恥ずかしい」
大学まで柔道をやっていた屈強な彼が、今私に征服されようとしています。
「どうする? 限界を超えてみようか?」
彼は両手で顔を隠しながらうなずくので、ペニスをしごきながら前立腺を圧迫します。
しばらくすると「ううっ、イッたぁ」と叫び、胎児のような格好をしながら果てました。
「オカマ掘られるって、こんな感じなのかな?」
目をウルウルさせながらこう言われたときは、私の征服感が完全に満たされました。
ところが、別荘から帰ったら「熟練のテクニックに前の男の影が見えた。俺以外の男とあんなことをやっていたのが許せない」と別れのメールが…。
なんてケツの穴の小さい奴なんでしょう。今まで結婚を夢見て、猫を被っていた私は何だったんだろうと涙が出ました。
よし、今度出会う相手には、最初から思いっきり女王様のように振る舞ってやるからな!

124本当にあった怖い名無し2019/11/26(火) 03:28:08.29ID:sMB7nweQ0

125本当にあった怖い名無し2019/11/28(木) 21:39:29.66ID:ZbAjCb4r0
石じじいの話です。

小話三題

山の中で、赤い川が流れているのに行き当たったことがあったそうです。
水が真っ赤だったと。
恐る恐る顔を近づけてみたが、無臭だったそうです。
さすがに飲みはしなかったと。

火事で家が焼けたとき、焼け跡で若い女性の遺体が見つかりました。
骨まで黒焦げになって炭状態でしたが、顔だけは全く焼けておらず綺麗なものだったそうです。

裸の幽霊が出たそうです。
少し前に川で水死した男の子の「幽霊」が、夜に、溺れ死んだ場所の近くにかかっている橋を走って渡っていくのが目撃されました。
目撃した男性は、声をかけましたが、聞こえないようなふうで走り続ける。
不審に思って走って追いかけましたが、男の子は暗闇に消えてしまいました。
服や靴には霊魂がないだろうから、男の子のあの幽霊は、はだかだったんだろうか、と皆で話し合ったそうです。
理屈に合っているのか。

126本当にあった怖い名無し2019/11/29(金) 03:48:14.10ID:taMrenzW0
岐阜県の白川町(白川郷とは別の白川があるんや)には白川、黒川、赤河と三つの飛騨川に注ぐ支流がある。名前の由来は知らん。

火事「顔はやめときな、ボディだけにしときな、ボディだけに!」

霊が見えるという風俗嬢に聞いた話「生きた人間と違って霊には色がない。昔のモノクロ映像のようにグレーっぽい色の濃淡だけ。服装や身につけている物も全てモノクロ」

127本当にあった怖い名無し2019/11/29(金) 08:01:40.94ID:ng1FDt2y0
>>121
山に対して人影がやたらと大きいような気がする(´・ω・`)

128本当にあった怖い名無し2019/11/29(金) 08:52:40.57ID:TsIZfThn0
ヤンキー娘「はあ!?コスプレ!?」
オタク達「お、お願いだよ…」
ヤンキー娘「こ、こういうポーズでいいのかよ…」

オタク達「あーいいですぞ(ここで媚薬をひとつまみ…w)」

オタク達「あれ?もしかして濡れてますかな?w」

ヤンキー娘「…ん、んにゃわけ♥」

オタク達「ひひひ、大事な衣装を汚した責任はとってもらいましょうかw」

──────────
───────
────

ヤンキー娘「てめぇら…昨日はよくも…💢」

オタク達「ひー!許して!」

ヤンキー娘「……………今日は?」

オタク達「え?」

ヤンキー娘「今日は………何着りゃいいんだよ…///」

129本当にあった怖い名無し2019/12/01(日) 01:23:19.72ID:mbRRDaC20
>>127
これって縮尺で大き過ぎるから話題になったはずだよね。

130本当にあった怖い名無し2019/12/01(日) 01:59:56.93ID:E7tAWeE00
ヒヒじいさんの話楽しみなんだけど最近来てないな

131本当にあった怖い名無し2019/12/02(月) 00:32:48.87ID:orzlOvtO0
石じじいの話です。

和歌山といえば高野山。そこらで経験した話だとか。
場所はあたらずも遠からずということでしょう。

この話は、じじいが何回も話してくれたものらしく、複数のメモノートに書き残されています。
記録されている話は、その一部だったり、微妙に異なる部分もあるのですが、おそらく同じ出来事でしょう。
まとめた上で、ここに書きのこします。
ただ、ある部分は、ちょっと明記することを、はばかれますので、その部分は伏せます。
そのような内容(部分)を、じじいがこどもの私に話したのかどうかは不明です。
もしかしたら、話を聞いたときに、私が勝手に想像して書き加えてしまったのかもしれません。
(前置き長くなってしまいました。)

じじいが、石探し遠征で紀伊半島を訪れた時、新宮の方から山を通って和歌山(市?)のほうへ抜けたことがありました。
当時は、道路もあまり整備されておらず、山深いので大変だったそうです。
道中で幾晩か野営したのですが、ある夜、ガサガサと山から音がします。
その音が近づいていくる。
獣か!と思って身構えたのですが、やって来たのは、じじいよりも年上と思われる老人だったそうです。
じじいは、その男性を怪しみましたが、夜だし、人家から遠い山中のことなので、腹をくくりました。
焚き火をかこんで、その男性と話をはじめました。
その人物をみきわめたかったからです。
話をしていると、危害も加えてこないだろう、とも思ったのです。
(つづく)

132本当にあった怖い名無し2019/12/02(月) 00:33:07.44ID:orzlOvtO0
>>131
(つづき)
男性は、あたりさわりのない話をしていましたが、お酒を飲んでいると、少しづつ身の上を話しはじめたそうです。
彼は、ひと様に顔向けのできないことを生業としていると。
若い時は馬喰をしていたが、牛の取引相手であった農家の奥さんと関係を持ってしまい、その地方から逃げた。
その後、日雇いの生活や香具師のような生活をしていたが、酒に溺れたためコジキ(ママ)に身をやつしてしまった。
女コジキ(実質的な妻)と一緒に放浪生活をしていたが、少しのもらいの分配で喧嘩になって、彼女を半殺しにしてしまいました。
それから、彼は泥棒になったのです。(彼女がその後どうなったかの記述無し)
臆病なので強盗はせず、空き巣を生業にしていました。昔は、留守中に錠などかけなかったし、食べ物も庭先や畑にふんだんに転がっていたのです。
ある時、空き巣に入った家で、病気で寝込んでいた少女と鉢合わせをしてしまいました。
顔を見られたXXXXX、その少女XXXXXXXXXだそうです。
彼女が寝ていたと思われる部屋の布団の横に薬瓶や吸い口などがあったので、彼女が病気でふせっていたとわかったと。
その男はXXXXXXXなって、それでも、金目のものを盗んで逃げ去りました。
これで、強XXX犯となったわけです。
その後、男は、逃げに逃げて、名古屋のあたりで「黒い仕事」をして生活しました。
官憲の手が伸びることもなく生活を送っていましたが、労咳を病んでしまいます。
じじいに話をしている間も、彼はゲホゲホと咳をし続けたそうです。
(つづく)

133本当にあった怖い名無し2019/12/02(月) 00:34:00.89ID:orzlOvtO0
>>132
(つづき)
老境に入り、昔XXXXXXXX弔ってやるか、と思い立ち、こうして高野山に向かっているのだ、と。
彼は、じじいと同じ真言宗の宗徒だと言っていました。
しかし、その態度からは、自分の悪行をそれほど反省しているふうもなかったそうです。
じじいは、「おーとろしや、がいなことしよったもんよのう!」と、関わり合いになるのも怖いな、と思ったのです。
しかも、目的地が同じだ。一緒に行こうと言われたらどがいしょ、と。
しばらくして、彼は、焚き火にあたらせくれたこと、酒をくれたことを謝して、暗闇に消えて行ったそうです。
咳の音が暗闇に遠のいていきました。
次の日から、じじいは、もし、あの男が隠れていて襲ってきたらどうしよう、と思いながら、大きな道を迂回したりして警戒しながら高野山に向かいました。
無事、高野山について金剛峯寺にお参りしたのですが、ここで、あの男に出会ってしまうのではないか?と心配で、ゆっくりと拝んでもいられなかったそうです。
宿にもどると、人々が騒いでいます。墓の近くの森で男が首をつっていたということでした。
「高野山で首つりとは罰当たりな!」と怒っている人もいました。
その首つりをした人物は、語られる身なりや特徴から、じじいが山中で会った男であると思われました。
もちろん見て確認などしていないのですが、まず間違いない。
死んだ男の心に、何が起きたのかはわからなかったのです。

134本当にあった怖い名無し2019/12/02(月) 00:59:07.95ID:h9upTEVD0
夫婦仲は決して悪くはないのですが、さすがに結婚して3年も経つと、どうしてもセックスの回数が減ってきてしまうんですよね。
もちろん私は我慢せずに「ねえ、シタくなっちゃった」って旦那に甘え、旦那もそれに応えて私を抱いてくれるのですが、昔に比べれば時間も精液の量も少ないんです。
そこで旦那をどうすれば興奮させられるかと考え、内緒でナース服を購入して着替え、いつものように帰宅した夫を「本日はどうなされましたか?」と出迎えたのでした。
その瞬間、旦那は部屋を間違えたのではと驚いたようでしたが、そういうプレイだと気付くと、とたんに鼻の下を伸ばして、「ちょっと体が怠くって…」と話を合わせるんです。
だから私は旦那をソファに座らせ、シャツを脱がして聴診器で肺の音を聴くふりをして「少しゼエゼエしてますね。風邪かもしれませんよ」と言ってあげました。
すると夫は「本当ですか? 一応、看護婦さんの肺の音も聴かせてくださいよ」と聴診器を奪い取り、私の胸元をはだけさせて、剥き出しのオッパイに聴診器を当てるんです。
それだけでも十分変なシチュエーションなのに、「異音が混ざってますね。念のためアソコの音も聴いておきましょう」と、私のパンティーを剥ぎ取り、そのままソファの上でM字開脚をさせ、アソコに聴診器を当ててくるのでした。
聴診器の冷たさが気持ちいいし、変態チックなことをされている興奮から、私のアソコはすぐにグッショリ。夫は「いけない! 悪い液体が出てきた! 僕が吸い取ってあげましょう!」と、私のアソコに唇を押し付けて、ズズズズ…と音を鳴らして愛液を啜るの。
もう我慢できなくなった私は、ここで言うんです。
「お薬を上げるので協力してください。コレをあなたのオマ×コに挿れて気持ち良くしてくれれば白い液体が出ます。それを飲めば、あなたの病気は完治するはずです」
そしてペニスをズブリ。
その後はいろんな体位でハメ続け、最後は私の口の中にたっぷりと射精してくれたのでした。大事なお薬なので、もちろん全部飲み干したのは言うまでもありません(笑)。
予想以上にコスプレは効果があったので、今後はCAやファストフードの店員など、いろいろ試してみようと思っています。

135本当にあった怖い名無し2019/12/02(月) 12:57:50.32ID:cjiBqRWI0
赤い靴履いてた女の子〜ひい爺さん釣れられて逝っちゃった〜♪

136本当にあった怖い名無し2019/12/05(木) 20:29:24.83ID:aTyAbNLj0
石じじいの話です。

じじいの話には、ため池がよく出てきます。
じじいの住んでいた地方はため池がたくさんあったからでしょう。
また、満々と青黒い水をたたえた池は、何かいそうでちょっと怖い感じです。
今までの話で、山から続く終わりのない綱が池に入ってつながっていた;とか、池で仏像が泳いでいた;というのがありましたね。

今回は、「呪いのネックレス」のような話です。
ある山村のため池に、ある日、着物の帯が長く伸びて浮かんでいました。
ただ、帯だけが水面に蛇のようにうねうねと。
見つけた人は、池に入って、それを拾いあげ持ち帰りました。
帯の端が少し泥で汚れている以外は、きれいなものでした。
ただ、もう水に浸かったものなので捨てようということになりました。
一応洗ってみると、なかなか品物が良い。
西陣のものかもしれないと思われるほど品質が良かったのです。
模様は派手なので、若い女性用の帯ではないかと。
洗ったら泥もよく落ちたので、これは、売り物になるのではないか?と発見者はスケベ心を出したのです。
乾かすために、夕方になってから表の庭先の物干し竿にかけておきました。
次の朝、発見者の男性は、裏庭の柿の木に、その帯をかけて首をつって絶命していたそうです。
その後の展開についてのメモはありません。
どのように処分されたのかどうかも不明です。
まあ、そのような因縁物なので、売られることなく廃棄されたと思うのですが。

137本当にあった怖い名無し2019/12/06(金) 12:31:38.50ID:sDmbj+H20
iup.2ch-library.com/s/i2031148-1575602062.jpg

138本当にあった怖い名無し2019/12/07(土) 06:34:28.99ID:tC1LJtlW0

139本当にあった怖い名無し2019/12/09(月) 18:27:08.17ID:kAMD7KY00
石じじいの話です。

この話は、聞き取りの末期に聞いた話です。
何回かに分けて聞いた話らしく、メモノートの最後の分冊のあちこちに分散していたものをまとめてみました。
この頃は、かなり聞き取りに慣れていたので、疑問点についてじじいに尋ねて答えをえていたらしく、全体としては長い詳しい(笑)ものとなっています。
ただし、その場で書きとったものではなく、家に帰って覚えていることだけを書き残したものでしょう。
皆さんは、『推背図』という書物をご存知ですか?
これは、昔の中国で著された予言書です。
ノストラダムスの予言書『百詩篇』も日本でブームになりました。
また、全ての個人の運命を記述したという『アガスティアの葉』というものも一部で有名になったようです。
インチキらしいのですが。
そのようなことを彷彿とさせる話です。
(つづく)

140本当にあった怖い名無し2019/12/09(月) 18:27:26.66ID:kAMD7KY00
>>139
(つづき)
ある寺に、変な過去帳がありました。
その過去帳は、非常に古いもので(江戸時代の初め頃から、とか)、保存が悪く虫食いだらけでした。
なんども災害に遭ったようで、水に濡れて乾いてでぼろぼろ。
その過去帳には、死ぬ人の名前、戒名、享年が非常に遠い未来まで記されていたそうです。
「予言過去帳」のページの途中からは、元号の記入はなくなり、死ぬ人の名前その他が羅列されていました。
非常に多くの名前がのせられていて、書物は分厚く、また、3巻もあったそうです。
筆跡が異なった部分が含まれていたので、複数の人間が書いたのだろうと。
つまり、同じ筆跡で人名が続いて記入された後、次に、異なった筆跡で記述が続く、また筆跡が変わる、と続く。
多くの人によって書き継がれていたのだろう、ということでした。
では、どうしてその過去帳が未来の死亡者を予言しているということがわかるのか?
(つづく)

141本当にあった怖い名無し2019/12/09(月) 18:27:51.81ID:kAMD7KY00
>>140
(つづき)
それは、現在までの実用されている過去帳と対照してみると、双方に同じ名前が出てきて、予言過去帳に記されている享年、死亡年月日が一致するのです。
もちろん、他へ移住した人や他から移入してきた人もいるので、そのような人の名前は予言過去帳にはありません。
ある時、地元の郷土史家が、それをどうしても見て調べたいと言ってきましたが、その寺の住職は、部外者に見せることを非常に嫌がりました。
予言過去帳にのっている人々のいわゆる「出自」が明らかになる、ことを恐れたのでしょう。また、あまりに荒唐無稽なオカルト的なもので人の生活に害するものだ、という認識もあったのでしょう。
しかし、郷土史家はしつこく迫って、その予言過去帳を調べることとなったそうです。
地元の有力者のつてをたよったとか。
彼は、予言過去帳と実用過去帳とを比較して、ある筆跡によって書かれた死んだ人の数と、その人々が死んだ年代の長さがだいたい比例することを発見しました。
つまり、三十年ほどの死亡者を一人(ひとつの筆跡)が予言しているのです。
こうして編年していくと、その調査時から、さらに六十年ほど後の未来の死亡者を予言していることがわかりました。
じじいが言うには、最後の人名は、だいたい昭和40年代頃に死ぬ人だったと。
(つづく)

142本当にあった怖い名無し2019/12/09(月) 18:28:20.18ID:kAMD7KY00
>>141
(つづき)
そして、その郷土史家は、その予言過去帳に自分の名前を見つけました。(このたぐいの話の定番ですね)
その時から数年後と思われる死亡年でした。
もちろん、彼は、その予言通りに死にました。
その後、その予言過去帳は、箱にしまわれて厳重に封をされて寺に保管されることになったのです。
じじいが、この話を聞いた時、その寺の住職(もちろん、調査時の住職ではなく、のちの代の人)は、「あんた、見てみるかな?自分の名前があるかもしれんで。」とじじいにいたすらっぽく言ったそうです。
そんなたいへんなものを、他人に見せてもいいのか?今まで厳重にしまわれていたのに、とじじいは彼に尋ねたそうですが、
「かまうかい、もう、だいぶ時間が経っとるけんな。それに、この過去帳の予言が終わるのももうすぐやけんな。」と。
しかし、じじいは、その過去帳を読むことはありませんでした。
その後、その住職が、山に山菜採り?に行って崖から落ちて死んだそうですが、それとこれとの関係はもちろん不明。
この話をじじいがしてくれたときは、その予言過去帳の予言期間が終わるかどうか、という時代だったと思います。
「なんで過去帳を見んかったん?おもしろいやん。」
「そがいないなげなもん見て、もし自分の名前があったらおそろしかろう。そがいなったらな、その予言が当たるように生きていくはめになるかもしれんが。」
その寺の名前はメモにはありません。
じじいが教えてくれたのに私が書き忘れたか、それとも、教えてくれなかったのか?
その予言過去帳は、3巻目の綴りが一度ほどけてしまったらしく、最後の方のページは失われていたそうです。
実際は、もうすこし将来まで予言が書かれていたのでしょうか?
あるいは、「4巻目」などのように、つづきの巻があったのでしょうか?

143本当にあった怖い名無し2019/12/10(火) 01:27:16.99ID:mIhwfxSw0
なかなか面白い

144本当にあった怖い名無し2019/12/10(火) 20:50:12.15ID:fIZV7OYI0
テスト

145本当にあった怖い名無し2019/12/10(火) 22:04:42.57ID:waFZeUL80
師走なのでやはり書いておきたくて。

enigmaスレ part104にて「廃坑になった山」とエントリーされてる者です。
enigmaスレは夢の話はダブーらしいのでこちらに。
まとめサイトの不思議ネットさんにもその後の話を投稿したのですが、前後もなく書いたのでよければ聞いてください。

話はある廃坑の山で牛の首をみた話なのですが、その後すぐ父方の実家のある関東に移り住みました。
関西から関東に移り住んで地元は盆と正月すぎに帰るのが恒例でした。
当時は仕事をやめてバイトで貯めた金で遊んでました。
地元は宝塚だったのですが、いつも夜半から明け方にかけて六甲山の展望台で夜景をみて、神戸市街から帰るルートが定番でした。
1995年は帰れなかった。祖母が亡くなったから。
阪神大震災の日 は祖母の葬式当日でした。
正月に倒れてそのまんま亡くなったんです。
朝早く親戚一同でTVみてパニックになりました。

146本当にあった怖い名無し2019/12/10(火) 22:05:17.66ID:waFZeUL80
不思議な話はその前年の師走、つまり1994年の暮れのこと、祖母の動きがおかしかった。
「来年はこっちに居なさい、こっちで過ごしなさい」としつこく言ってました。
自分は祖母の運転手役で、普段は寝てる夜の10時くらいの遅い時間に親戚まわりさせたり、また違う日に突然お墓の掃除に行く言い出して
「おばあちゃんもいつか入るから」とか言ったり。
「不吉なこと言わんといて」って会話してました。

次の年の1月4日に変な夢をみました。
海辺にたくさんの日本兵の遺体が並んで寝てました。
一人一人の頭に立ってイスラム系の服を着た男性が祈りを捧げてる。
空が夏の夕暮れより真っ赤に染まってて、海の遥か遠くに黒い島影がみえるんです。
なぜかここは中国であの黒い島影は日本と思いました。
海辺に佇ずんでその光景みてたら、ああこの人たちは日本に帰りたいんだと、とても悲しい気持ちで目が覚めました。

目覚めたら夢うつつで胸がザワザワしてました。
そして二階の部屋から下に降りたら祖父がおろおろしてました
「ばあちゃんが頭痛いと言ってる」と
急いで救急車を呼びました。
祖母は脳動脈瘤で意識をかえすことなく亡くなりました。
滅多にないですが、なにか大変なことがあると正月4日は奇妙な夢を見ます。

147本当にあった怖い名無し2019/12/13(金) 03:04:07.35ID:/ZrbXs7nO
>>145
>enigmaスレ part104にて「廃坑になった山」とエントリーされてる者です。

このお話ですかね?
  ↓
96 :本当にあった怖い名無し@無断転載は禁止 [sage] 2017/09/14(木) 19:08:05.41 ID:nHj4KHCn0
奇妙なってことでここに書き込みます。

随分と前に、友人2人と俺と3人で廃坑になった山に行った時のことです。
真っ昼間で季節は今くらいでした。車で中程まで入れるんですが、ちょっと広くなった場所があって、そこに車とめて
「少し探索しよう」ってことになりました。
納屋みたいな建物があって一人で探索していました。扉の隙間から覗いたりとか、ちょっとした農具みたいのが置いてました。で、
横切ったとき何かの視線を感じて、
ハッと下をみたら壁に穴があって牛が首だけ出してて上目遣いで、まさに白目をギョロっと向く感じでジーッと見上げてました。
モーとも鳴かずたぶん何十秒、目が合った状態の時、
友人らが呼ぶので戻って「いま牛が…」って状況を伝えたら「じゃ、そろそろ帰ろうか」と
いや、今、牛が、牛が、、ってなぜか聞いてくれませんでした。
最近、その話すると「あーそういうこともあったっけw」で終わりました。
未だによく分からない話です。もしかして暑さでやられてたのしれないな('A`)
‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐
勝手にコピペしてすみません
山での話なので強ちスレチではないっていうのと
元スレで件(くだん)に言及していた人がいたので
もしかしたら>>145-146の夢に何か関係があるのかも…?
と思い貼らせてもらいました

148本当にあった怖い名無し2019/12/13(金) 03:25:11.60ID:/ZrbXs7nO
>>145-146
違ってたらすみません
もしかして百…スレに夢の話を投稿してくださった方ですか?

お祖母様は虫の知らせのようなものがあったんでしょうかねえ
投稿者さんの夢も虫の知らせだったのか それともお祖母さまが知らせたのか

夢の内容も
そういう映像作品などを観たばかりであるとか
以前観て印象に残っていたなどでなければ
もしかしたらお祖母様の思いが投稿者さんに伝わってきたのかも…
とちょっとそんな風に思ったりしました

149本当にあった怖い名無し2019/12/13(金) 07:55:19.74ID:3XFuafEe0
上司「かもーねかもね♪ミラクルかもね♪」
ワイ「作ってミミカナンバーワン!」
新人「え?え?」

上司「…もういいわお前」

ワイ「はぁ…」

新人「…」

150本当にあった怖い名無し2019/12/13(金) 18:48:25.60ID:Q3ehW3mS0
>>147-148
構いませんよ、両方とも合ってます。
わざわざありがとうございます。スレチでなくてよかった。
>>145の夢や祖母の行動は虫の知らせだったのではないか。と思ってます

百……のあの話はそれから暫く1999〜2000年正月4日の話です。
そのときはキリストでしたが、前回のイスラムといい全く関わりのない形で出てくるのが不思議です。

151本当にあった怖い名無し2019/12/13(金) 20:02:17.55ID:iZFkVvIA0
アフィカスは来るな

152本当にあった怖い名無し2019/12/20(金) 17:12:14.03ID:M3cJuRNL0
保守

153本当にあった怖い名無し2019/12/20(金) 23:08:32.29ID:7zPuQxqM0
石じじいの話です。

以前、クジラの埋葬の話がありましたが、似たような話です。
同じ話からの別バージョンかもしれません。

これは、じじいが朝鮮にいた時に自分が経験した話だそうです。
じじいは、朝鮮人の漁民たちといっしょに船で海に出たことがありました。
その時、じじいたちが乗った船が数匹のクジラに遭遇しました。
大きなクジラのうちの一頭が動かない小さな個体を、押しながら泳いでいます。
その小さなクジラは死んでいるようでした。
じじいたちは、おそらく親クジラと死んだコドモだろうと考えました。
親クジラは、子クジラから離れず泳ぎます。
子クジラの死体は、放っておくと沈んでいくので、親クジラはたえず下から持ち上げて海面まで押し上げています。
子クジラの体には、大きく深い切り傷がありました。
おそらく、船のスクリューに引っかけられて死んだのでしょう。
親が子を助けようとしているのではないか、とじじいと朝鮮人漁民たちは考えました。
漁民たちは、泣きながら般若心経を唱えていました。
韓国にも般若心経(반야심경:綴り不正確でしょう)があるのだとか。
クジラは、いつ果てるとも知れず行動を繰り返しました。

154本当にあった怖い名無し2019/12/21(土) 00:45:37.11ID:yGr652hy0
仕事が忙しくて、デートを何度もドタキャンしてたら、「俺より仕事のほうが大事なんだな」って、彼氏にフラれちゃったんです。
それもこれも、課長がギリギリになってから無理やり「これ、明日の朝までによろしくね」と、仕事を押しつけてきたからです。
その鬱憤が溜まっていた私は、忘年会でお酒を飲んで悪酔いして、課長にからんでしまいました。
「課長! どう責任をとってくれるんですか!」
私は叫びながら襲いかかりました。座敷席だったので課長は仰向けに倒れ、私は馬乗りになって猫パンチの雨を降らせました。
それでも課長は、何だかうれしそうにしているんです。それでふと気づくと、馬乗りになった私の股間が課長の股間にグリグリ押しつけられてて、そこには硬い棒状のモノがピクピクと痙攣しているのでした。
「課長、すみません!」
とっさに私は、課長の上から降りて謝りました。
すでに周りのみんなも泥酔状態で大騒ぎしているので、私と課長に注目している人は誰もいません。
「いいんだ。確かに僕が悪かったよ。だから償わせてくれ。じゃあ、こっちへ」
課長は私の手をつかんで座敷を出て行くんです。そして、2人でトイレの個室に入りました。
「彼氏よりも僕のモノのほうが気持ちいいはずだよ」
課長がズボンを下ろすと、極太のペニスが飛び出しました。しかも、キノコみたいに大きく笠が開いてるんです。こんなモノで中を擦られたら…と考えただけで、私の子宮はキュンキュン疼いてしまいました。
「ほら、さっさと脱いで。邪魔が入らないうちにさ」
課長は私のパンティーを引っ張り下ろし、スカートをめくってバックから挿入してきました。そして、いきなり激しく抜き差しするのですが、想像以上の気持ちよさです。
「ああ、ダメぇ。す、すごいです、課長のオチ○チン」
私は壁に手をついてお尻を突き出し続けました。極太ペニスに掻き出されるようにして、足下にマン汁がポタポタ滴り落ちるんです。それがちょっとした水溜まりなった頃、私はもう限界に達しました。
「あっ、もうダメ、イク!」
「おっ…僕ももう…うう!」
課長もほぼ同時に果てて、私たちはすっかり和解。今では残業を言いつけられるのが楽しみなんです。だって、課長は後でちゃんと償ってくれるんですもの。

155本当にあった怖い名無し2019/12/23(月) 23:07:01.05ID:JJIlUnye0
石じじいの話です。

剥製といえば、昔は理科教室にもありました。
じじいが山を歩いていると、山中に剥製屋があったそうです。
剥製屋は普通は街中にあります。
いろいろな珍奇な動物の剥製を作って売るので、動物園などの供給元とマーケットに近い方が良いのです。
その山中の剥製屋では、まわりの山の動物の剥製が主で、イノシシ、さる、しか、うさぎ、など。犬、猫もありました。
にわとりや、こじゅけい、カラスやサギなどもあったそうです。
全国の学校に理科教材として売っているということでした。
店主は、作り方を教えてくれたそうです。
剥製は、胴体の骨は取り除いて捨ててしまうのだ。
頭骨と指の骨は使う。その部分は人工で作ると嘘くさくなってしまうし、手間がかかる。
眼球も使わない。乾燥するとしぼんでしまうので使えない。
眼球は溶かしたガラスにインクを垂らしてつくるのだそうです。
動物の種類によって様々な形の目があるので、それぞれをそれらしく作るのがテクニックなのだということでした。
剥製製作のときに余ったと思われる骨が、家の裏の山につづく畑にうず高く積み上げられていたそうです。
下の方は長期間、雨にさらされて灰色になって風化していました。
上の方は、まだ肉片がある生々しいものがありました。
骨に混じって、壊れたメガネや櫛、靴などが捨ててありました。ゴミ捨て場ですね。
皮を剥いだ後、いらない部位は肉つきで放置しても良いのだが、そうすると肉が腐って臭うので、できるだけ削ぎ取って肉は地中に埋めるのだと。
(つづく)

156本当にあった怖い名無し2019/12/23(月) 23:08:07.00ID:JJIlUnye0
>>155
(つづき)
仕事場には、さまざまな道具があり、特に注意を引いたのは皮を剥ぎ、骨格をバラすためのさまざまな刃物でした。
じじいが、それを見ていると、こういうのは自作するのだ、と店主が教えてくれたそうです。
死体をバラバラにする刃物は売っとりませんけんね、と。
その男性には、奥さんも子供もいるということでしたが、姿を見ませんでした。
庭先には、子供用の自転車があり(当時は珍しかった)、物干し竿には女性ものの洋服が干してありました。
店主によると、「町に買い物にいっとるんでしょう」ということでした。
町はかなり離れているのでそれは大変だろうとじじいは思ったそうです。
原材料や製品を運ぶトラックは家に置いてあったからです。
じじいはその家を後にしたが、ちょっとして振り向くと、庭先に、その男性と、その脇に女性と男の子(のように見えたらしいのですが)が立って、じじいをみおくっていたそうです。
じじいは手を振りましたが、男性だけが手を振り返しました。
少し歩いてまた振り返ると、男性はいなくなっていて、女性と子供が立ってこっちを見ている。
興味をもったじじいは、持っていた小さな軍用単眼鏡をポケットからとりだして見てみると、彼らはじっと立っています。
微動だにしませんが、べつにじじいを見ているわけではないようです。
すると、男性が家から出てきたので、なぜか、じじいは慌てて双眼鏡をしまい、そこを足早に立ち去りました。
「そ、それは、そ、その人らは、はくせいやったん?」
「わからん。そやけど、もう二度と、あそこらへんにはよういかなんだい。はくせいにされたらおおごとやけんな」

157本当にあった怖い名無し2019/12/24(火) 00:14:47.99ID:sN1z242M0
単眼鏡が双眼鏡に変わったところが怖いとこ

158本当にあった怖い名無し2019/12/24(火) 11:22:43.65ID:BefuAZec0
>>156
>>157
その時の双眼鏡、もとい単眼鏡はこれです(たぶん)。
じじいから生前贈与を受けました。
小さくて便利です。
わりと新しく、戦争中に使われた、というような古いものではないと思います。
https://i.imgur.com/jqEOr00.jpg

159本当にあった怖い名無し2019/12/25(水) 14:09:50.35ID:Ei3EEsYp0
忘年会でイイ感じに酔っ払って電車に乗ったら、いつの間にか眠って、気づいたら終点の駅だったんです。
おまけに、それが終電で、電車はもうありません。しかもド田舎で、周りは真っ暗。宿泊施設なんかどこにもなさそうなんです。
「朝まで待合室を使ってもらってもいいですよ」
駅員はそれだけ言うと、さっさと立ち去ってしまいました。仕方なくホームの端にある待合室に行くと、先客がいました。同じように寝すごして、ここにたどり着いたサラリーマンです。
「飲みすぎちゃって」
彼は頭をかきながら苦笑しているんです。
「本当、お酒は怖いですね」
私は彼と向かい合うように座りました。一応、風はしのげるものの暖房はないんです。すぐに寒さで体がガタガタ震えてきました。
「暖めましょうか?」
サラリーマンの彼が下卑た笑みを浮かべながら言いました。普段なら絶対に相手にしないはずなのですが、本当に寒かったし、酔うとエッチな気分になってしまう私は、彼の申し出を受け入れちゃいました。
「お願いしてもいい?」
「よろこんで!」
居酒屋の店員のように元気な返事をすると、彼は私の横に移動し、体を抱きしめてくれました。だけど、服の上からだと体温が伝わってこないんです。
「直接暖めて…」
私は服をはだけさせて、上半身を剥き出しにしました。すると、彼も同じようにシャツをはだけて、私の体に胸を押しつけてくるんです。肌と肌が触れ合うと、一気に暖かくなりました。と同時に、下腹部が熱くなってくるんです。
「まだ寒いわ。擦ったら暖かくなるかもしれないわ」
「これで擦ってあげます」
彼はズボンを下ろして、ペニスを剥き出しにしました。それに呼応して、私はパンティーを脱いでスカートをめくり上げました。そして正面から抱き合い、立ったままペニスをオマ○コに挿入してもらったんです。
「ああ、すごい!」
「おおぉ、気持ちいい!」
私たちは立った状態で激しく腰を動かし続けました。暖まるどころか暑いぐらいです。そのまま待合所の窓ガラスが白く曇るぐらい激しくハメまくり、気がつくと辺りが明るくなってきていました。
そろそろ始発が動く時間です。慌てて後始末を始めた時にはもう完全に酔いが覚めていて、何だかすごく気まずい雰囲気でした。

160本当にあった怖い名無し2019/12/25(水) 18:14:00.11ID:NEcBjmX90
ソルソル

161本当にあった怖い名無し2019/12/31(火) 14:26:53.27ID:jjUQQF0Y0
石じじいの話です。

じじいが、住んでいた朝鮮から満州へ旅行した時に、列車で同席になった日本人旅行者(満州国在住)から聞いた話だそうです。
朝鮮総督府鉄道から南満州鉄道で、奉天を経由して新京まで行くのですが、途中で、線路脇に「幽霊」が立つという話がありました。
その「幽霊」は、数十名の男女で、線路脇に並んで立っている。
幽霊の常套手段で、彼らは黄昏時に出てくるのだそうです。
危ないので警笛をならしても、微動だにしない。
列車のほうも、最初は緊急停止したそうですが、そのうち、徐行だけで停車はしなくなりました。
そうしているうちに、警笛を鳴らして、普通に通過するだけとなりました。
現れる場所は決まっているわけではなく、安東駅から数十キロ行ったあたりでまちまちだったそうです。
近くに、五龍背?という温泉地があったとか。
着ている服装から、おそらく朝鮮人だろう、ということでしたが、彼らの中には洋服を着ているものもいたし民族衣装のものもいたのです。
緊急停車すると、いなくなっていました。
(つづく)

162本当にあった怖い名無し2019/12/31(火) 14:27:07.28ID:jjUQQF0Y0
>>161
(つづき)
これは、サボタージュではないか?ということで鉄道公安関係者や警察が周辺をパトロール・調査しましたが、それらしき人間は見つからない。
そして、パトロール隊がいないところに出る。
その辺りに、幽霊となって出るような轢死事件もなかった。
多くの人々が一度に亡くなったという事故や事件もなかった。
と。
じじいは、その同乗者に尋ねました。
 今も出るのか?ーーー出る。
 見たのか?ーーーーー見たことはない。
じじいが乗った時は昼間だったので出なかったそうです。
じじいの死後もらった「じじい箱」の中に、この話に関連しそうなものがありました。
満州鉄道図、ぼろぼろです。
https://i.imgur.com/8YcZojE.jpg
https://i.imgur.com/3oLnqpW.jpg
https://i.imgur.com/7wpwDGw.jpg
じじいはこれを持って満州を旅したのでしょうか。

163本当にあった怖い名無し2019/12/31(火) 14:51:15.32ID:jjUQQF0Y0
石じじいの話です。

彼が朝鮮に住んでいた時の話です。
現在のソウルの近く、黄海に面した海岸は遠浅だそうで、当時は、沿岸部に広大な葦原が広がっていたそうです。
ある日、ある葦原の近くの船着場で海鳥が「人間の手首」をついばんでいるのを漁師が発見しました。
その近くの葦原は、非常に広く密に葦がはえているので、船で中に入っては行くことはできません。
また、地面が柔らかいので、歩いて深く入っていくのも難しいので、地元の人は入らない場所だったそうです。
どうも、その鳥は、人体の他の部位も、その葦原の中から持ってくるらしい。
地元の日本人と朝鮮人が調べようということになりました。
その葦原の中には、比較的乾いた硬い地面の島のような場所が、点々とあったそうです。
そこを苦労して渡り歩いていると、
ある、「島」に、大量の骨がありました。
人骨です。
全部が、完全に白骨化していて、バラバラになっていたそうです。
ほぼ全身の体の部位の骨がありました。
距骨(くるぶしの骨)の数を数えると、50体ほどあったらしいのです。
犯罪性があるので、医科大学の法医学教室で調べたところ、
それらは、老若男女のものが含まれている;
骨の表面がかなり風化しているので、長い間地表面に放置してあったのだろう;
しかし、全部の遺体が一度に死んだのかどうかは不明だ;
骨の表面の風化状態に違いが見られるから、異なった年代のものが混じっている可能性が高い;
ということでした。
(つづく)

164本当にあった怖い名無し2019/12/31(火) 14:52:07.62ID:jjUQQF0Y0
>>163
(つづき)
骨の表面に、傷はありませんでした。
衣類などの遺留品は、まったく無かったそうです。
頭骨を調べると、ほとんど全部が、アジア人(シナ人、朝鮮人、日本人)と思われました。
ただ、1つだけ、若年の頭骨で、コーカソイド(白人)の女性と思われるものがあり、その後頭部には刃傷が残っていたそうです。
ナタのような厚い刃のもので、強く殴られたのだろうと。
ただ、これが致命傷かどうかは不明だが、このような傷を受けて生存するのは難しい、ということでした。
このような、白人?を含む多くの人間が、近くの村で行方不明になったというようなことはない。
また、鳥がついばんでいた「肉つきの手首」が、その「島」から運ばれて来たのかもわからない。
よく、わからない出来事だったそうです。
葦原の場所は、京城府の北で、黒鉛鉱山が近くにあったそうです。
黒鉛(炭素の塊)は兵器などの機械に使われ、また、現在では、原発に減速材としても使われています。

じじい箱には、こんなものもありました。
https://i.imgur.com/wfsLeA1.jpg
https://i.imgur.com/lBqqnUD.jpg
https://i.imgur.com/n6VDyZZ.jpg

165本当にあった怖い名無し2020/01/01(水) 00:42:38.48ID:Jql0gDz60
私は貧乏学生なので、田舎に帰省する交通費もなく、ボロアパートで悲惨な年越しを過ごしています。
家賃は3万円でトイレとお風呂は共同。しかも、12畳の部屋を薄いベニヤ板一枚で二つに分けただけなのです。
だから、いつもひっそりと息を殺すような生活でした。もちろん、私にだって普通に性欲はありますから、隣の人にわからないように一人エッチをします。必死に声が出そうになるのを我慢するんですが、呼吸の乱れとティッシュを取る音でバレるんじゃないかと常にドキドキ。
だけど、大晦日は開放感もあり、お酒を飲んだせいか我慢できず「ああっ」て声が出ちゃって…。
すると隣の部屋から、「気持ちいい?」って聞かれたんです。無視していると、「僕も一人でしごいているよ。いつもあなたをおかずにしてました」っだって。
隣の人とは何度か挨拶したことはあるけど、かなりのイケメンなんです。大家さんに聞いたら、彼は俳優の卵なんだって。
酔った勢いが勇気を与え、「だったら、こっちに来ます?」って誘いました。彼は「えっ、嬉しいな。大晦日の一人エッチは寂しかったから」と言うと、すぐにドアをノックしたの。
彼はジャージの下がモッコリしていて、私も十分なマン濡れ状態。目と目が合った瞬間、すごくしたい気分でした。
タイプの人だったから、彼に抱かれることを想像しながら、激しくオナっていたこともあったしね。まさか大晦日に夢が叶うなんて…。私たちはきつく抱き合い、熱いキスを交わしました。
寒い部屋で顔を真っ赤にしている私の欲情を悟ったのか、彼は無言で私のセーターを脱がします。部屋ではいつもノーブラなので、脱いだ途端にEカップの胸がブルルンと揺れました。
その視覚的興奮で、彼のアレは限界まで上を向き、畳に私を押し倒しながらすぐに挿れてきたんです。
「ああっ、本物はいい!」
「やっぱ、オナニーよりセックスでしょ!」
こう言いながら、長いペニスがゆっくりと奥に到達すると、全身が硬直し、彼の背中に爪を立てながら天に召されちゃった。
今までの人生、なんにもいいことなかったけど、やっと運気が上向いてきたのかなって思いました。新年のエッチ運は、かなり期待できるかも!

166本当にあった怖い名無し2020/01/01(水) 22:35:00.78ID:uCzeSpwJ0
石じじいの話です。

石友人と一緒に山を歩いているときに、急に変な音が聞こえてきたことがあったそうです。
二人で藪漕ぎをしてブッシュから出たとき、周辺に何とも言えない圧迫感のある静寂が広がりました。
そして、「うねるような」大きな音が聞こえ始めました。
それは、15分ほど続いてやみました。
単調な藪漕ぎをした後の幻覚か?とも思いましたが、二人とも同時にその音を聴いている。
まあ、二人ともいっしょにおかしくなることもあるか?と話し合っていると、再び同じ音が。
今度は、さらに大音量で、圧力を感じて体全体が震えました。
全身に鳥肌が立ったそうです。
すぐに、二人はその場を去りましたが、その後は音はしませんでした。
その後、1年ほどは、そのことを思い出すと体調が悪くなったそうです。

167本当にあった怖い名無し2020/01/02(木) 15:19:13.03ID:yBik2Aa20
石じじいの話です。

ある夜、ゴミ捨て場の近くで野営したそうです。
テントを設営していると、ゴミ捨て場の管理人が来て、もう少し離れたところに野営しろと言いました。
「もう少したって、夕方になったら、火つけて、ゴミを焼くけんね、あぶないで」
ゴミ捨て場からは臭いもなく、ちょうど平地だったので適地だったのですが、じじいは、より山側に移動しました。
その人は、ゴミに火をつけて、ゴミ捨て場は長い間赤々と燃えていました。
夜になって、じじいがテントの中でくつろいでいると、急にガサガサとテント布を擦るような音が。
じじいがテントから顔を出すと、たくさんの黒影がうごめいています。
懐中電灯で照らして見ると、ネズミの群れが地面を覆い、テントにも真っ黒になってかきついていました。
じじいは、急いでテントの入り口を閉じて、内側からテント布を叩いて、ネズミを振り落とし続けました。
大群にテントに入ってこられたら大変なので必死だったそうです。
時間が経って、ネズミがいなくなったらしいので、じじいはテントからおそるおそる顔を出しました。
ネズミはいなくなっていました。
怖くて、その夜は眠れなかったそうです。
ネズミを避けるためにテントの周りに枯れ木を積んで火を焚きつづけたました。
うす明るくなるとすぐにテントをたたんで、その場をあとにしたそうです。

168本当にあった怖い名無し2020/01/02(木) 15:19:38.31ID:yBik2Aa20
石じじいの話です。

山では目的の石以外にも、いろいろなものを発見しました。
以前お話しした、洞窟の中の岩絵と道具などのように。
そんな話です。
山の斜面を歩いていると、樹木の幹に古い猟銃?が突き刺さっているのを見つけました。
よく見ると、樹木が成長して銃身の一部を飲み込んでいたのです。木製のストックはぼろぼろでした。
かなり昔にそこに放置されたのでしょう。
注意深く歩いて行くと、小さな岩屋を見つけました。ほとんど洞窟です。
内部を見ると、そこにかつて住んでいたと思われる人の持ち物を見つけました。
未開封の食品の缶が3つ、
錆びた鋳鉄の鍋、
包丁?
風化したウールの毛布がありました。
じじいは毛布をひろげて見ました。ひろげるというよりも掘ったという感じだったとか。
中には、真っ黒な斑点(血痕?)がべったりとついた、穴の開いたくしゃくしゃになっている服がありました。
この穴あきの血痕服を着ていた人は、その森で撃たれて殺されたのでは?
と、シャーロックホームズじじいは推理して恐怖したそうです。

169本当にあった怖い名無し2020/01/02(木) 15:20:50.98ID:yBik2Aa20
石じじいの話です。

これも野営中に遭遇した怪異です。
東北地方に石探しにいったときのできごとだとか。
林の近くにある牧場の敷地で野営しました。
周りに農家は見当たりません。
じじいはテントを建て、夕食を食べ、火を焚いてリラックスしていました。
すると、突然なにか生き物の気配が。
振り向くと、暗闇の中で何かが動く音がしました。
二度目にその音を聞いたとき、音はより大きくなりました。近づいてきたのです。
しかも、音源は複数であることに気づきました。
目をこらして見ると、焚き火の弱い光が反射して、たくさんの目が光っています。
それはかなり大きな生き物で、キツネのような小動物ではないのです。
光っている目の高さが地面からかなり高いのです。
それが、集団でゆらゆらと体を震わせて立っている。
近づいてこないで、じっとこちらを見ています。
じじいは、刺激するとかえってまずいと思い、枯れ枝をもって身構えました。
そのうち、焚き火が弱まって暗くなってきたのです。
万事窮す、です。
目が暗闇に慣れてくると、馬の群れがじじいを興味深そうに見つめていたそうです。

170本当にあった怖い名無し2020/01/02(木) 20:01:10.84ID:HyIYdTvu0
 石じじいさん。
連投をありがとう。

171本当にあった怖い名無し2020/01/04(土) 10:55:27.84ID:dL0/Sfp50
なんだ、UMAだったのか

172本当にあった怖い名無し2020/01/04(土) 21:52:09.46ID:lsnyPI5c0
石じじいの話です。

じじいは、石を探して海岸も歩きました。
海岸は岩盤が露出していて探しやすいのだとか。
海岸の近くで野営した時です。
じじいは、酒をかっくらってテントに寝転がり、穏やかな波が浜に打ち寄せる音を聞きながら眠りに落ちました。
しかし、真夜中にションベンをしたくなって目覚めたところ、波の音がしません。完全な静寂です。
じじいはテントから出て懐中電灯で海岸を照らしましたが、そこには波打ち際がありませんでした。
遠くまで照らしても無いのです。
海岸端まで降りてみましたが、懐中電灯が届かない沖合まで海底が広がっていました。
じじいは、沖に向かって海底を少し歩いて見ましたが、それでも海水は全くない。
ふいに、じじいは、津波が襲う直前には海水が引くことを思い出しました。
じじいは、怖くなってテントをたてたまま山側に逃げました。
山に向かって10メートルも行かないうちに、急に波の音が戻ってきました。
そら!津波が来た!と思って、じじいは走りつづけました。
途中で何度も転んだそうです。
かなり走って立ち止まった時、あたりは静寂に包まれていて遠くで波の音がするだけだということに気がつきました。
じじいは恐る恐る海岸に近づくと、まったく普通の状態です。
近くの地面は全く濡れておらず、海岸は元のままで小さな波が洗っていたそうです。

173本当にあった怖い名無し2020/01/05(日) 10:31:59.51ID:EhhYUYYt0
ふと思ったんだが東日本の津波の時に海水が引く現象って起こらなかったんだろか?

174本当にあった怖い名無し2020/01/05(日) 12:23:19.69ID:VGqGS44+0
引き潮があった地域と、目に見えるような引き潮がなかった地域がある
後者はそのせいで犠牲者が多くなった

津波が来る前には「必ず潮が引く」ってわけではないのに、いまだにそう誤信してる人が多い

175本当にあった怖い名無し2020/01/05(日) 15:13:05.56ID:pV8HDj3J0
>>171まじでコーヒー吹きそうになった

石じじいの話面白い
ありがとう

176本当にあった怖い名無し2020/01/06(月) 22:53:22.85ID:cjPRYAL60
石じじいの話です。

晩秋に林道を歩いているときに、道を少し離れた樹木の幹に「看板」が設置されているのを見つけたそうです。
秋になって葉っぱが落ちて見通しがよくなったので、それを見つけることができたのでした。
近寄って見てみると、それはかなり古いものでしたが、墨で文字が書いてあるのが読めました。
「来て見つけてください」と読めました。
それは三角形の板で、二本の釘で幹に打ち付けられていました。
おそらくその三角形の鋭角の方へ行くのだろうと思い、森の中をその方向に進んでみました。
あたりの樹木はほとんどが落葉樹で、すっかり葉が落ちて見通しはよかったそうです。
少し歩くと、また看板が。
さっきの看板と同じものでした。
「来て見つけてください」
矢印(三角形の方向)に向かって進みます。
看板がまたありました。
「来て見つけてください」
今度の看板は、板が少し割れて、一本の釘を中心にして回転して下を向いていました。
しかし、それを元に戻すと指していた方向はわかります。
その方向に進みました。
そこから、看板が見つからなくなりました。
何度も行きつ戻りつして周りを探しましたが見当たりません。
看板を探している途中で、落ち葉に埋もれた石積みを見つけたそうです。
そこには、人工物はまったくありませんでした。
その看板は、この石積みを見つけて欲しくて設置されていのか?
すでに、それに従って誰かが訪れていたのか?
全くわからなかったと。
じじいは、意味がよくわかりませんでしたが、いちおうお経を唱えてその場を立ち去ったそうです。

よく、落葉して森の見通しが良くなると、森の中で自殺している人が見つかることがあります。
経験があります。

177本当にあった怖い名無し2020/01/06(月) 22:54:02.91ID:cjPRYAL60
石じじいの話です。

これは、じじいが子供の頃に、村の古老(笑)から聞いた話です。
ある村の山寺の井戸から大量の死体が見つかったことがあるそうです。
そこは無住でしたが、お墓まいりに来た人が、使われていなかった井戸から変な臭いがするので、中をのぞいて見ました。
つるべで水を汲み上げる方式でしたが、もうそのような装置も壊れてしまって取り払われていました。
中をのぞいてみると、水面の反射は見えず、何か大きなものが浮いているような。
よくみると、どうも人の手のようなものが。
その人は、おどろいて村人を呼びました。
井戸に降りてみると、水の中に死体が立ったような状態でありました。
腐っていて、一部が白骨化していたそうです。
悪臭の中我慢して、その死体を引き上げると、その横にもう一体。
それを引き上げると、その下から、さらにもう一体。
棒をつかって探ると、まだまだある。
結局、五体の死体が、その井戸から引き上げられました。
全部、同じような腐敗状態だったので、同時に井戸に入ったのだろうということでした。
大きな死体が三体、小さな死体が二体。小さなものは、おそらく子供でしょう。
男性と女性が混じっていました。
長い髪の毛が塊になって水の中を漂っていたのです。
警察による調査が行われましたが、それが自殺か?他殺か?も、身元もわからなかったようです。
井戸に入って、死体を引き上げる作業をした人は、その後も、悪臭と腐乱死体の記憶に悩まされたそうです。

この話を聞いたあと、じじいは自宅や他の家の井戸水を飲むのが怖かったそうです。

178本当にあった怖い名無し2020/01/07(火) 01:18:04.40ID:yYNTXHL50
>>176
最後の看板は回転していたのではなく下を指していたのでは?

179本当にあった怖い名無し2020/01/07(火) 22:57:37.09ID:niAO2NVu0
石じじいの話です。

初夏、天気の良い夜にテントを立てずにじじいが野営していると、谷の対岸を二十ほどの松明の行列が進んでいたそうです。
明るいうちに見たときには、対岸にそのような道があるようには見えなかったのですが。
その行列からは話し声もせず、松明のあかりがちらちらと、粛々と進んで行きました。
普通、こんな夜中に山を歩くことはないだろうに。
山狩りでもしているのだろうか?
しかし、いくらこんな山中の辺鄙なところでも、今どき松明はないだろう。
カンテラや懐中電灯を使うだろう。
なにか、このあたりに、お祭りか、宗教的な風習があるのだろうか?
じじいは、その松明行列を見送りました。
松明たちは谷の上流に消えて行きましたが、翌朝その対岸を見ても、道などは無かったそうです。

180本当にあった怖い名無し2020/01/08(水) 08:09:48.00ID:KdVN/buc0
みんまじゃね

181本当にあった怖い名無し2020/01/08(水) 08:40:21.14ID:U3rpMCZo0
石じじいは荒らし
専用スレを立ててそっちでやれよ
つまらない創作を連投されても誰も読まない

182本当にあった怖い名無し2020/01/08(水) 10:36:47.16ID:PGqUqGMa0
>>181
スレチな事言って荒らしなのはお前だよお前
投下されたネタが気に入らないなら読み飛ばせば良い
アホ以外はそうやって興味のある物を読むし読みたくない物は読み飛ばしてる
石じじいのネタもそうでダラダラと長文のやつは読まないしすぐ上にあるような読みやすいネタは読む

お前は自分の興味に沿う物ばかり投下しろって思ってるのか?
そもそもオカルトネタなんかほとんど創作だろ
有名になって映画化されるような面白いネタもあるけどもしかして真実だと思ってる?
お前もしそうなら純粋とかいうレベルじゃ無くオツムとか精神がちょっとヤバイよ
掲示板覗いてはぶつぶつ文句書き込むヒマがあるならカウンセリングでも受けた方が将来の糧になると思うがな

アホみたいなワガママ言いたくなる気持ちはわかるけどアホじゃなければワガママは飲み込め
言うな

183本当にあった怖い名無し2020/01/08(水) 11:25:01.93ID:gHnKgkGr0
面白い人が面白いことをする

面白いから凡人が集まってくる

住み着いた凡人が居場所を守るために主張し始める←今ココ

面白い人が見切りをつけて居なくなる

残った凡人が面白くないことをする

184本当にあった怖い名無し2020/01/08(水) 11:51:41.61ID:BntvmyH50
阿呆どもが

ここはアフィリエイトまとめ様がお話をパクりとる狩場なんだぞ

どんな話でもないよりはあったほうがいい

5ちゃんはアフィリエイトまとめ様のためにあるんだ

話を投下しないで文句ばかり言ってるやつは死ねよ

アフィリ様は生活がかかってるんだからな

185本当にあった怖い名無し2020/01/08(水) 18:11:25.46ID:UiZ1JziT0
>>181
 「石じじい」さんを超える投稿を君に期待するよ。

186本当にあった怖い名無し2020/01/08(水) 18:52:57.79ID:HGf7MV3b0
石じじいの投稿が楽しみ

187本当にあった怖い名無し2020/01/08(水) 21:18:39.19ID:YUxa3Yyd0
>>171
誰がUMAいこと言えと

188本当にあった怖い名無し2020/01/09(木) 00:38:10.39ID:KzvWHB2c0
石爺様スレに改名しよう

189本当にあった怖い名無し2020/01/09(木) 12:23:05.85ID:3oH9znBe0
>>178
それなんか怖い
ゾッとした

190本当にあった怖い名無し2020/01/09(木) 17:40:33.31ID:FVy/3uRL0
いや文字の向きで上下ぐらい分かるだろ

191本当にあった怖い名無し2020/01/09(木) 20:32:21.19ID:KxoLRHND0
石じじいの話です。

>>180
そうかもしれません。

「みんま正月」の風習は、じじいの故郷にもありました。
私が子供の頃には、もう絶えていましたが。
12月の夜(あるいは、日が昇る前の早朝)に、前年に亡くなった人の墓の前に親族が集まって餅を食う:というものです。(地方によって違いがあるかもしれません)
そのときには、お坊さんをよびませんでした。
じじいが若い頃(戦前でしょう)、夜、通りががかった墓から、たくさんの人の読経が聞こえてきたので肝を潰した、と聞いたことがあります。
私が大人になって、村の住職に、みんま正月について尋ねたところ、「あれは、仏教の事ではなく、おそらく神道のほうのものだろう」と。
その寺では、その行事にまったく関与していない、ということでした。
たしかに、しめ縄を飾ったりしますからね。
また、死の穢れがどうのこうのと、神道的なことを言ってる人もいました。

192本当にあった怖い名無し2020/01/09(木) 23:32:52.53ID:SFpF791Q0
>>191
俺んところでは寺が関与して坊主の金儲けになってる

193本当にあった怖い名無し2020/01/09(木) 23:40:01.00ID:8M8PoxBW0
たぶんもともとは仏教でも神道でもなく
陰陽五行説、四国に多い民間陰陽道だと思う

194本当にあった怖い名無し2020/01/10(金) 10:25:26.71ID:/+r3lmxH0
神仏習合の名残なのでは?

195本当にあった怖い名無し2020/01/10(金) 12:00:35.16ID:czFWl8GT0
一年の計は元旦にあり、と言います。
新年1発目が夫の自分勝手で下手くそなセックスだと、その年は最悪なものになりそうな気がするんです。
だから夫に姫初めをされないように、高齢の両親が心配だからと、私は大晦日に実家に帰りました。
夫は私の両親のことが苦手なので、「俺は用事があって一緒に行けないけど、ご両親によろしくな」なんて言ってました。
でも、姫初めをする相手のアテがあったわけではありません。
だから、実家に着いた私は、どこかにいい男はいないかと、近所をうろついていたんです。
「あれ? 春美ちゃん?」
声をかけてきたのは、近所に住んでいる3歳年上の裕也クンでした。
子供の頃はよく一緒に遊んだのですが、裕也クンが中学に入った頃から疎遠になっていました。
「ずいぶん久しぶりだな」
そう言った裕也クンの視線が、私の左手の薬指に向けられるのが分かりました。
「結婚したの。でも、1人で帰省してきちゃった」
そう言って意味ありげに見つめると、裕也クンは察してくれたようです。
「そうだ、俺んち来ないか。昔はよく遊びに来ただろ」
私は、喜んでついて行きました。
「オヤジもおふくろも、もう死んじゃったんだ」
ということは、私たちの邪魔をする人は、もう誰もいません。
実は、私が幼稚園生の頃に裕也クンとお医者さんごっこをしているのを見つかり、無茶苦茶怒られたことがあったんです。
「どれぐらい大人になったか、久しぶりに診察してやろうか」
「裕也クンのエッチ!」
「さあ、お胸を開いて」
裕也クンは私の服を脱がし、
「大きくなったな」とオッパイを揉みしだき、
「毛が生えてるぞ!」と私のアソコをのぞき込みました。
「裕也クンのも見せて。うわっ、皮が剥けてるわ!」
昔はまだ完全包茎だったのに、今の裕也君のペニスはズル剥け。しかも、すごく大きいんです。
私たちはお互いの成長を確認し、その成長した部分でつながり合いました。
「すげえ気持ちいいよ」
「はあぁあん、私もぉ…」
私たちはそのまま腰を振り続け、何度も果て、射精し、また果て、
また射精しと、時間を忘れてお互いを求め合い、気がついたらもう年が変わっていました。
元旦に最高のセックスができたので、今年はいい年になりそうです。

196本当にあった怖い名無し2020/01/10(金) 16:01:48.52ID:PZlS3O/G0
淡泊柏木

197本当にあった怖い名無し2020/01/10(金) 21:43:02.87ID:IXB1YmF20
石じじいの話です。

じじいの話には、いろいろなまじないや迷信についての話もありました。
山奥だけで信じられていたものもあるでしょうし、朝鮮のものも混じっているかもしれませんが。
抜き出して見ます。

毎年、八月の辰の日(2020年では、8月5, 17, 29です)に一銭の施しをすれば、全てにおいて利得がある、と。

家で失せ物ものを見つけるには、
以下↓のようなお札を書いて、釜の底に敷いておけば、必ず見つかる、と。
https://i.imgur.com/yacdVcg.png

外で、狂犬に出会って噛まれそうになったら、左手の指を折って、
「とういんてきていりゅうぼうんりゅうふうこごうふくもうじゅう」と念じれば、その犬は噛みつくことなく、すぐに逃げ去る、と。

犬に噛まれた時は、
一升桝に清水をいっぱい入れて、その上から火打ち石で火をうちかけて清めて、「富士大菩薩」と口の中で三回となえて、桝の角から噛まれたところに水を注ぎかければ、自然と痛みもとまって傷口も癒える、と。

割れてしまった石をつなぐ(くっつける)ためには、
楡の木の皮の汁をとって、それを接着剤とすると、よくつく、と。
また、
春蘭(ほくり、と呼ばれる蘭の一種だとか)の根を生の状態ですりつぶして、それで接着すれば、よくつく。
その蘭の根を干して乾燥させてすりつぶして粉にしておいて保存しておいて、使うときに、水で練って接着剤として使えば良い。割れた陶器も接着できる、と。

じじい!ほんとかいな?
試すときは自己責任でお願いします。

198本当にあった怖い名無し2020/01/11(土) 10:06:30.74ID:p4KVmUor0
年末年始は、夫の実家に帰省するのが習慣です。今年もいつものように帰省し、義理の両親と義弟の秋雄さんと5人で年越ししようと思っていたら、秋雄さんが風邪で寝込んでいたんです。秋雄さんは30歳でニートのため、家族は誰も心配しないので、可哀想でした。
結局、秋雄さん以外で年越しそばを食べて紅白を見て、例年通り除夜の鐘を撞きに近所のお寺に行くことになりました。でも、病気の秋雄さんを1人にするのが不安だったので、私は家に残ることにしました。
みんなが出掛けた後に部屋を覗いたら、ベッドで寝ている秋雄さんは顔に汗をかいてるんです。私がハンカチで拭いてあげると、秋雄さんが目を覚ましました。
「義姉さん、ありがとう」
「汗を拭かないと風邪が悪化しちゃうわ」
体の汗も拭いてあげようと布団をめくった私は、ハッと息を飲みました。なんと、秋雄さんは全裸だったんです。もちろん股間も剥き出し。しかも、勃起しているんです。
「な、なんなの?」
「きっと義姉さんは家に残ると言ってくれると思って、仮病を使ったんだ」
「どうしてそんなことを?」
「義姉さんと2人っきりになりたかったからさ。義姉さんが好きなんだ!」
秋雄さんは挑発するように勃起ペニスをピクンピクンと動かしました。しかも、先端からは先走りの汁が滲み出ているんです。そんなものを見せられて、私はもう自分を抑えきれません。
「嘘をつくなんて、ひどい人ね。だけど、私を思ってこんなに硬くなってくれているなんて、うれしいわ」
私は、ビンビンのペニスにむしゃぶりつきました。
「ううっ…。義姉さん、僕にも舐めさせてくれよ」
秋雄さんは、私のお尻を自分の顔のほうへ引き寄せました。そして、下着を脱がして舐め始めたんです。
「ああん、いやぁ。はあ…」
「も…もう入れていい?」
秋雄さんは私の上になり、ペニスを挿入してきました。そして、力いっぱい膣奥を突き上げてくるんです。まるで除夜の鐘を撞くような力強さです。
さらに108回ぐらい突き上げて私を絶頂に導き、自分も大量に射精したのでした。
夫たちが帰ってくると、秋雄さんは爽やかな顔で新年の抱負を語りました。
「今年は就職するよ。義姉さんに、立派な弟だと思ってもらえるようにね」
私とのセックスで立ち直ってくれたのです。本当に最高の年明けでした。

199本当にあった怖い名無し2020/01/12(日) 13:45:21.21ID:itSJcwAD0
石じじいの話です。

じじいから教わった、まじないの続きです。
万が一、試すときは自己責任で

飲み物に毒が入っているかどうかを知るには、そこに自分の影が映らなければ毒が入っている、と。

禿山に樹木を生やすには、米の入っていた俵をたくさん山に敷き詰めておくと良い、と。

歯が痛いときには、以下のような呪文を清潔な(この場合は、穢れのない、という意味でしょう:書き込み者注)紙に書いて、水で飲むと口の中の病(虫歯だけではなく)は治る、と。

https://i.imgur.com/DOhlg7y.png

鳥目を治すには、鯛の塩辛か、ヤツメウナギか赤エビのはらわたを煮て食べればよい、と。
これには、バリエーションがあって、ヤツメウナギを醤油につけて焼いて食えばよい、と。
また、
日が暮れるときに、スズメのお宿(どこ?)に行って、「すずめ、すずめ、おまえの目を返すから、私の目を返しておくれ」と毎日(!)唱えれば治る、と。

200本当にあった怖い名無し2020/01/13(月) 02:03:41.23ID:axIoupCR0
>>199
ヤツメウナギはビタミンAが多いから鳥目に効く
経験からなんだろうか今でも通じる漢方とかのこういうやつあるよね

201本当にあった怖い名無し2020/01/13(月) 17:09:17.48ID:zvY/PZ0I0
ハゲ山に米俵も俵に潜り込んだ米粒やヌカの匂い、藁の下を好むミミズや虫に釣られて鳥や獣が寄ってきて未消化の種をクソと一緒に落としていくっていうやり方だな
これをまじないと思うほど昔の人は知識が無かったんだろうな

202本当にあった怖い名無し2020/01/14(火) 20:55:55.15ID:80Tobuo30
石じじいの話です。

朝鮮での話を二題。

山村で窃盗事件があったときには、村中が集まって、釜に熱湯をたぎらしておいて、そこに生きている猫を放り込んで煮て殺して、その湯を一同で回し飲みをします。
そのときに、村の長老が一同の顔色をうかがっていて、もし顔色の変わった者があると、「貴様が犯人だ!」と、その人物を指さす。
すると、その者が「にゃー」といって恐れ入るという。
日本の探湯に似ています。

妻女が精神病にかかったとき、夫の老母は、「私鬼」という悪魔のせいだと信じて、二人の盲人の祈祷屋に依頼して、その私鬼退治をしてもらったそうです。
まず、二週間ほど嫁を一睡もさせず、私鬼去れ、私鬼去れ、と叫びながら桃の木の棒で、嫁の体中を所構わず打擲したのです。
そのため、彼女は、病気は回復するどころか衰弱して死んでしまいました。
このことが発覚して、老母は検挙されて七年の刑に処せられたそうです。

203本当にあった怖い名無し2020/01/15(水) 19:40:06.89ID:16g5iJjr0
今年も「怖い話まとめブログ」をよろしくお願いします

204本当にあった怖い名無し2020/01/15(水) 23:45:01.66ID:0K+4/yJv0
石じじいの話です。

じじいの海の友人が話してくれた海の話です。
以前、腐った魚でいっぱいの網が海を漂っていた、という話を書いたことがあります。それと似ています。
漁に出て網を引き上げた時に、それがものすごく重いのです。
引き上げられないほど重い。船がひっくり返ってしまうほどです。
海面まで引き上げたところ、その網の中は魚でいっぱいでした。
大量です。
しかし、よく見ると、知った魚が一匹もいない。
網の中は、見たこともない魚?でいっぱいでした。
そこには、魚のような生き物以外にも、エビのような生き物、クラゲのような生き物、が含まれていました。
「のような」というのは、どれも形が異様なのです。
ヒレば全く無いものや、逆にたくさんあるもの、たくさんの鋭い歯を持つもの、手足のある大きなイモリのようなもの、殻を持つヒトデ(原文はこうなっています)のようなものなど、など。
網の中からは、ギリギリ、というような音(鳴き声)もしてきます。
船にあげたくないものばかりです。
これは、とても持って帰れないと思いました。
儲かるかどうかわからないものに金をかけられないし、何か不吉です。
全部捨てて帰ったそうです。
あんなにたくさんの生き物が網にかかったこともなかったし、あんな奇怪な生き物を見たこともなかったのです。
深海魚かとも思ったそうですが、まったく見たこともないし、水圧の違いで膨れてもいなかった。
次の漁の時に、お寺からお札をもらって、沖でお経を唱えて流したそうです。

205本当にあった怖い名無し2020/01/16(木) 00:05:38.24ID:Ot8H/xhX0
異界の化け物的な怪魚でも怖いけど
太古の生物とかでも不思議だよね
見てみたいわーそんな怪奇

206本当にあった怖い名無し2020/01/16(木) 08:31:43.60ID:XB8DpWnE0
ほんのり怖いかすらわからないけど

今年は旅先の伊賀の山奥で正月を迎えた
宿泊先の友人家族は早々に眠りについたため
夜中に1人で近くの神社に初詣に行った

かなり山奥の田舎なので、年越しとはいえ夜中の2時を回ると参拝者はもうおらず、着いたときには神社の方々も帰るところだった

何だ俺1人かと思いながらも参拝前に焚き火にあたり暖まっていた

土を丸く掘った焚き火場では大きな木と破魔矢?のようなものが燃えており、月と書かれている御札?があった

参拝を終え、焚き火に戻ってタバコを吸おうと思い、焚き火場を見ると先ほどの御札がまだ燃えずに残っていた
見ると月と書かれているはずの御札の文字が陽に変わっていた

あれっ?と思いながらもタバコに火を付けると同時に御札は燃えてなくなってしまった

怖くはないし、気のせいかもしれないけど不思議な体験

207本当にあった怖い名無し2020/01/16(木) 13:56:05.44ID:7ji/U4Mm0
>>206
神社の人たちが帰ろうとしていたのに、焚き火が燃えていたの?

208本当にあった怖い名無し2020/01/16(木) 13:57:37.39ID:0wUxs2AC0
>>204
名状しがたい、冒涜的な…という某神話のフレーズを思い出した。

209本当にあった怖い名無し2020/01/16(木) 17:35:33.59ID:7Vs+G2zB0
>>207
燃えていたよ
俺も消さずにそのまま帰ったよ

210本当にあった怖い名無し2020/01/16(木) 21:06:24.57ID:Xb89/ecV0
石じじいの話です。

じじいから聞いた呪い(まじない)の続きです。

外出した時の災難を避けるためには、以下のような歌を心のなかで唱えると良い、とか。
「きしひこそたつかみきはにことのねのとこにははるをまつぞこいしき」

子供を孕むためには、二月の丁亥の日に、杏の花と桃の花を採って陰干しにして粉末にして、戌子の日に、汲みたての水にひとさじずつ溶かして1日に三度に分けて飲むと妊娠する、とか。

子供をもうけるためには、婦人がしだれ柳の葉をとって、陰干しにして粉末にして白湯で飲んだ後に性交すれば子が授かる、とか。(上と似たような処方です。)

流行病にかからないようにするためには、五月五日によもぎで紙の人形をくくって、門柱にかけておいて、「ゆう光れい鬼」(正確な漢字不明:ノートにこう書いてある)と唱えていれば大丈夫、とか。

自己責任で。

211本当にあった怖い名無し2020/01/16(木) 21:27:57.88ID:Xb89/ecV0
石じじいの話です。

ある山で、石を運び上げている人に出会ったそうです。
その男性は、一抱えもある石を背負って、山を登っていました。
行き当たったじじいは、挨拶をして、二人は山道の脇でいっしょに休憩することにしました。
何のために、そのような大きな石を、どこに運んでいるのか?と尋ねたら、その男性は、
この山の山頂まで、運び上げて「かんのんとう」(観音塔?あるいは観音堂の聞きまちがい?)を作るのだ、と。
そこは険しい山だったので、じじいはその労力の大きさに驚きました。
どのくらい続けているのだ?と問うと。
もう、二十年以上になる、と。
男性は、この「かんのんとう」ができると、世界が平和になって、みんなが幸福になるのだ:と言います。
このように大言壮語をする男性は、ちょっと頭がおかしいのではないか?とじじいは疑いました。
男性が運んでいる石は、山の麓の河原にしか無い白い流紋岩で、表面に墨で文字が書かれていたそうです。
休んだ後、ふたりとも先を行くことになり、男性は石を背負おうとします。
大変そうだったので、じじいはそれを手伝ってやりました。
男性は、自分はゆっくりとしか登れないから、先に行ってくれというので、じじいは、その男性と別れて先を急ぎました。
じじいは、山頂を訪れる予定はありませんでしたが、男性の話に興味を持ったので、山頂まで行って見ることにしました。
山頂には、石積みがありました。
かなりの高さに積み上げられていて、これは大変な仕事量です。
どこまで積み上げたら「完成」するのか?
この石を積み上げたら、完成なのか?これは単なる石材にすぎないのか?
じじいは呆れたと同時に、その男性の崇高(?)な意志にちょっと感動しました。
まだ、戦争の記憶と爪痕が残っていた時代だったのです。
じじいは、持っていたミカンをその石積みの前に供えて、山頂を後にしたそうです。

212本当にあった怖い名無し2020/01/17(金) 01:08:53.79ID:ikT3aanW0
貧乏が当たり前で医者にかかれない頃はいろんな民間療法があったようだ

俺のかみさんは幼い頃イボができて婆ちゃんに連れられてお地蔵さんにお参りに行った
地蔵から線香の灰を頂きイボに塗って婆ちゃんが念仏を唱えると治ったんだと

友達は幼い頃癇の虫の治療に呪い師から手に灸を据えられたんだと
指先から線虫のような物がウネウネと出てきて出てきたそばからシュワーと蒸発して消えたらしい

俺の幼い頃の体験談としては椎茸栽培をする祖父母に着いて奥深い山に入った
ウンコしたくなった俺は婆ちゃんに足を抱えてもらって用を足す
尻を拭いてもらう時婆ちゃんがちり紙にたっぷりとツバを塗ると少ない回数でスッキリと拭き取れた

僻地には色んなまじないがある

213本当にあった怖い名無し2020/01/17(金) 07:06:39.04ID:vloGIDEZ0
石じじいさん、いつもどうも
あなたのお話も「怖い話まとめブログ」が持っていきます

214本当にあった怖い名無し2020/01/17(金) 19:37:32.74ID:ogTkjTYD0
チンコがくさい

215本当にあった怖い名無し2020/01/17(金) 19:38:03.40ID:ogTkjTYD0
チンコが臭い、なんか白いのがたまってるんだけど

216本当にあった怖い名無し2020/01/17(金) 19:38:22.43ID:ogTkjTYD0
>>212
チンコは?

217本当にあった怖い名無し2020/01/17(金) 19:38:41.16ID:ogTkjTYD0
>>211
チンカスね?

218本当にあった怖い名無し2020/01/17(金) 19:39:00.60ID:ogTkjTYD0
>>210
チンカス食べれるのかな?

219本当にあった怖い名無し2020/01/17(金) 19:39:22.13ID:ogTkjTYD0
>>206
チンカスってくせになるよね

220本当にあった怖い名無し2020/01/17(金) 19:39:45.06ID:ogTkjTYD0
>>204
けどチンカスはくさいww

221本当にあった怖い名無し2020/01/18(土) 15:18:06.57ID:bz1ZPF0p0
>>211その「かんのんとう」は出来たのかな
どのあたりの話か分かるなら行ってみたいな

22225歳まんこ2020/01/18(土) 20:45:54.68ID:dXfFBqHX0
>>212
戦後、皆保険制度が整備されるまで西洋医学にかかれるのは富裕な人だけであったので庶民は民間療法が一般的だったようですね
例えば『銀の匙』という漫画作品の作者は、彼女のエッセイの中で幼少期のエピソードを紹介しているようです
(私はその漫画とエッセイを読んだことはなく、何年か前に医療ジャーナルで引用されているのを見ただけなので細部は間違っているかも)

事故で兄の手の中指が第一関節から切断されかけ、皮一枚で繋がってる状態なのを、父親が薬草を塗りしばらく包帯をしていたら再び繋がり治癒したといいます

223本当にあった怖い名無し2020/01/18(土) 21:28:40.17ID:EnYb9QDk0
石じじいの話です。

山奥で信じられていた、病気快癒関係の呪いをまた少し。真似しない方がいいかと。

黄疸を治すには、三月上巳の日に、もぐさとツル青花を採って、それを煎じて飲めば治る、と。

寝汗をかかないようにするには、ミョウバンを粉にして、おはぐろのふしと等分に混ぜて、当人の唾液で練ってヘソへ入れておく、または、ヘソの下に塗るとよい、と。

熱病を治すには、三月の中頃の日にお茶を炒って保存しておいて、それを煎じて飲めば、その年には熱病にかからず、他の病気も治る、と。

酒を飲んだ後に血を吐くのを治すには、故障の粉末を白湯に溶かして飲むと即座に治る、と。
↑おいおい、早く病院に行った方が・・・手遅れにならんうちに

224本当にあった怖い名無し2020/01/18(土) 21:43:04.06ID:Pv/fEPG80
最後わろた

225本当にあった怖い名無し2020/01/18(土) 21:54:30.59ID:aHkQkfSv0
山で変な人?を見たんだが知識を借りたい

226本当にあった怖い名無し2020/01/18(土) 22:00:10.90ID:EnYb9QDk0
>>223
>故障の粉末
正しくは、
胡椒の粉末
です。

227本当にあった怖い名無し2020/01/18(土) 22:00:45.39ID:EnYb9QDk0
石じじいの話です。

じじいの話の聞き取り末期の記録です。詳しい内容になっています。

願いをかなえてくれる家があったそうです。
マヨイガのようですね。
その家は廃屋で山の中にあります。
奥の間に祭壇があって、その前で一心に祈ると、自分の願い事が叶う、と。
その祭壇は仏壇でもなく神棚のようなものでもなかったそうです。
何もお供えをしなくても良い。
ただ行って、その前に伏して願えば良い。
願い事を口に出しても構わないし、念じるだけでも良い。
まあ、あやしい話なので、ほとんどの人は信用しませんでした。
ただ、ある男性は、それを行なって願いがかなったらしく、他人に、熱心にその効能を吹聴していました。
彼が言うには、その家にまっすぐ行くのではなく、あるルートを巡って行かなければならない。
それは、遠回りなのですが、そうしないといけないのだ。
この方法は、ある人が教えてくれた、ということでした。
しかし、教えてくれた人が誰か?また、その家に行く道順も教えてくれなかったので、他の人は全く信用しなかったのです。
当然でしょう。
変わり者の嘘つきだ、という悪い噂さえたったようです。
(つづく)

228本当にあった怖い名無し2020/01/18(土) 22:01:04.71ID:EnYb9QDk0
>>227
(つづき)
その村に、女の子がいました。
彼女の母親が若くして亡くなり、少女はとても悲しみました。
ひどく落ち込んで外出もなかなかできない状態が続きました。
少女をかわいそうに思った、その男性は、少女に、その家に行く方法を教えたのです。
そこに行って、お母さんに会えるように祈ってみては?ということだったそうです。
 もうおわかりでしょう。
願い事がかなって、死んだお母さんが「魔物」となって少女のもとに帰ってくる、という「ペットセメタリー的」な話で・・・
もう少し待ってください。
少女は教えられた通りの道順でその家に行って、一心に願いました。
お母さんに会わせてくれと、できれば生き返らせてくれと。
翌朝、少女の枕元にはたくさんのおもちゃが置かれていたそうです。
欲しかったおもちゃが。
父親にずいぶん叱られたそうです。どこから盗んできたのか?友達の家か?店屋からか?
しかし、そんな高級な珍しいおもちゃを持っているともだちはいなかったし、店屋など遠くて子供が容易にいけるはずもない。そんな田舎では売ってもいない。
父親は、その少女を見守るようになりましたが、仕事があるのでいつもというわけにはいきません。
そのうち、少女は、隙を見て再び家に行って祈りました。
「今度こそ、おかあちゃんに会わせてださい、もどしてください」
翌日、少女の枕元にはたくさんのおもちゃが置かれていました。前のものとは別の。
(つづく)

229本当にあった怖い名無し2020/01/18(土) 22:01:26.98ID:EnYb9QDk0
>>228
(つづき)
父親にさらに厳しく詰問されましたが、少女には答えるすべがありません。
その日から、少女はますます暗く鬱々と落ち込んでいきました。
そして、二度、自殺をこころみたそうです。
家族の者たちは、少女を遠くの町の脳病院(ママ)に入れました。
一年ほどいて、少女は回復したそうです。
その後、少女は学校を終えるとすぐ、進学することなく、家族の反対を押し切って仏門に入りました。
「こわいことです、こわいことです。」
老齢の庵主さまは、そう、じじいに言ったそうです。
「今の私が、あの家で、母を求めたら、何を得るのでしょうか?」
「こわいことです。あなたも、山を行かれる人ですから、その家に行き当たることもありましょうが。よくお考えください。」

230本当にあった怖い名無し2020/01/19(日) 22:12:26.11ID:W48+rlqR0
>>225
話しを聞かせてくれ

231本当にあった怖い名無し2020/01/21(火) 11:15:44.76ID:HxfHpHTP0
石ガイジ邪魔

232本当にあった怖い名無し2020/01/21(火) 19:00:47.14ID:VHPJ6c4B0
子供の頃夏休みに裏山でよくカブトムシやクワガタをとって遊んでいた頃の思い出

山道の端が斜面になっていてそこを下まで下ると小川が流れていたのだが、
そのちょうど中間点くらいに樹液が出ていてカブトやクワガタがよく集まるクヌギの木を見つけた。

そんな斜面の場所だから落ち葉が厚く積もっているんだけど、落ち葉で埋もれて頭のところだけが見えるようにお地蔵さんがあった

最初気づかずになんだこれ?と思い落ち葉を除けてみると50センチくらいのお地蔵さんがでてきた

毎日ラジオ体操が始まる前に裏山に行ってカブトムシを採るのだが、落ち葉を除かした次の日からお地蔵さんに花が供えてあった

あんな道なんてない斜面の中腹に誰が花を供えるのか?
8月のお盆前くらいにはカブトムシ採りに飽きて行かなくなったけど、それまでは毎日新しい花が供えてあった

誰が花を供えていたのだと思うが、あんな場所で落ち葉に埋もれて忘れられていたようなお地蔵さんに誰が?と不思議に思った

233本当にあった怖い名無し2020/01/21(火) 20:11:59.72ID:Ref/rIwK0
>>228
チンカスって臭いよ

234本当にあった怖い名無し2020/01/21(火) 20:12:17.37ID:Ref/rIwK0
>>229
チンカスって臭いだろ

235本当にあった怖い名無し2020/01/21(火) 20:12:55.95ID:Ref/rIwK0
げきアマゾーン

236本当にあった怖い名無し2020/01/24(金) 10:32:48.49ID:o5hVWQYi0
新年早々、マスコミ講座で講師をしていたオヤジが、「おめでたい話がある」とメールしてきました。
実はこの男、某テレビ局の幹部経験者で、「仕事を世話する」と生徒に声をかけては、泥酔させてレイプする最低なヤツなんです。
親友の美佳も餌食になっていたので、泣き寝入りした彼女の敵を討とうと、ひそかに気のあるふりをして挑発していたの。
個室居酒屋に案内され、彼は始終ベタベタ。腰に手を回しながら「リポーターに推薦してやる」と、スケベ丸出しで迫ってきます。
うんざりしてトイレに立つと、戻った時にはワイングラスに少しだけ白い粉が溶けずに残っていました。おそらく何か薬が入っていると察し、乾杯する寸前に肘で引っかけたふりをして、全部こぼしちゃった。
ガッカリする様子を見て、笑いをこらえ観察しながら、「酔ったみたい」と彼に寄りかかりました。
「近くにホテルを取ってあるんだ。少し休もうか?」
誘われるままにふらつく演技をしながら、部屋に入るなり彼はスカートの中へ潜り込みます。
「ああっ、好きだよ、この香り。パンツちょうだい」
「いいよ。左ストレート、右フック、ボディー!」
「パンツって言ったのに、なぜパンチなの…」
彼は情けない顔でこう言うと、鼻血を滴らせながらベッドのマットへ沈みました。
護身のため、ボクシングジムで3年間訓練していた私にとって、素人を倒すなんてチョロすぎます。
さっきまで偉そうにしていた男が、涙を流しながら「助けて」と哀願。バッグから取り出した黒いペニスバンドを腰に付ける姿が、よほど怖かったんでしょう。
ここで腹部にパンチを打ち、転げまわって苦しむところを狙って、肛門にぺニバンを挿入しました。
「ギャーッ、裂けるぅ」
女の子みたいな叫び声を聞きながら、私は異常な性的快感に酔いしれました。続いて、顔面騎乗でお尻を乗せて鼻と口を塞ぎ、窒息の恐怖を味わってもらいます。最後は酸素不足で、あっという間に失神して…。
ついに私は親友の仇を取りました。念のため「警察に言ったら、今の写真をバラまいて、美佳には被害届を出させる」と脅して…。
新春の姫始めは逆レイプ。暴力で脳内麻薬のドーパミンが大量に出たせいか、その日は5回もオナニーしてイキまくりました。

237本当にあった怖い名無し2020/01/25(土) 11:53:00.78ID:oByTVF/z0
石じじいの話です。

ノートから、教えてもらった呪いをいくつか。

風邪をひかないようにするためには、
毎月、朔日(ついたち)の朝に梅干しを一つお茶に入れて食べて、その実を口から紙の上に吐き出して風の当たらないように何重にも包んで、箱の中にしまっておくと良い、と。

寒い日でも手足が凍えないようにするためには、
しきみの実を清酒に三日間浸しておいて、陰干しにして粉末にして、その粉を足に塗りつけておけば良い、と。
ただし、しきみの実には毒があるので、それを浸しておいた酒を飲んではいけないし、その粉を口に入れてはいけない、と。

川を渡るときに遭難しない(溺れない)ようにするには、筆で紙に「土」という字を書いて、それを懐に入れておけば大丈夫、と。
その字は、指を使って書いても良いし、朱で書いても良い、と。

大根の苦味を取り去るには、
銀杏を一緒に入れて煮ると苦味がなくなって美味しくなる、と。
↑これは、呪いではないでしょう。

238本当にあった怖い名無し2020/01/26(日) 00:33:24.77ID:1LOR5/3F0
私は資産家の家に生まれ、1人娘のせいか散々甘やかされて育ち、人生すべてが思い通りになっていました。両親を筆頭に、生活に関わる誰もが私に従いますが、どこか満たされない思いがあったんです。そんなとき知り合ったのが、庭師の北島君です。
去年の夏にシャワーを貸してあげたとき、細マッチョな体を見たときから、胸がときめきました。だけど、彼は使われる側なので、どこか見下していたんです。
やがて私の横柄さが伝わったのか、北島君はだんだん不機嫌に…。そんなある日、植木の手入れが気に入らず、些細なことで怒鳴ってしまったの。
最初は恐縮しながら謝っていたけど、なぜか急に無口になりました。それから「お嬢さんは男の本当の怖さっていうのを知らないみたいだね」と言い、こっちをジロリと睨んだんです。
 「はっ? 私、全然怖くないんですけど…」
彼は初めて逆らった下僕でした。激怒した私は「じゃあ、怖がらせてみなさいよ」と挑発。
無言で部屋に上がり込んだ彼は、私の手を引いて奥の和室に向かいます。
 「やめて! 警察呼ぶわよ」
 「逮捕覚悟で、俺はあんたの性根を叩き直すんだ」
どんなに抵抗しても、男の力に勝てるはずもありません。和室に入るなり、いきなり唇を奪われました。
ここで彼はスカートとパンティーを下ろし、体を押さえつけて抵抗できないようにしながら性器をゆっくり舐めました。やがて意思とは裏腹に顔が真っ赤になり、頭がボーッとします。
 「ああっ、やめて…」
 「本当にやめるのか?」
 「意地悪…」
もう完全に彼のペースにハマっていました。それから足を開いたまま抱えられ、鏡台の前でこれでもかとグロテスクな自分の女性器を見せられたのです。
「どんなにセレブでもほら、濡れているだろう?」
乱暴に畳に転がされて熱い肉棒を挿入された途端、私は「気持ちいい」を連発していました。
 「やめる? どうする?」
 「ダメぇ、もっと動いてよ」
完全に私の負けでした。快楽に溺れながら何度も高まりを迎え、完全に私は征服されたのです。
着飾る服を脱いでしまえば男女はみんな平等です。女とは、自分より強い者に従いたい生き物だと初めて知ったのでした。

239本当にあった怖い名無し2020/01/30(木) 03:49:27.15ID:2kQZJX6o0
夏の深夜に付近に民家ない山ん中の道を運転しとったら捕虫タモを持った小学生ぐらいの子供が歩いとった。
((・ω・))こんな深夜の山ん中に子供が一人で歩いとるはずない、この世のもんやない。ゾ〜ッとしてしばらく走ったら
お婆さんともう一人の子供も歩いとった。
夜中にカブトムシを捕りに来とった兄弟と付き添いの婆さんやったか、と自分を納得させた。

240本当にあった怖い名無し2020/02/05(水) 10:30:48.36ID:R4knv3n70
止まっている....

241本当にあった怖い名無し2020/02/07(金) 19:58:27.83ID:RXDtBtZn0
石じじいの話です。

じじいの教えてれた呪いをノートから。

ノミやシラミを防ぐには、清潔な紙に「欠我青州木瓜銭」と7文字を書いて、それを寝床の下に入れておけば、ノミやシラミはわかず、すでにいたものは逃げ去る、と。

口が臭いのを治すには、毎月一日の日の出の頃に、水を口に含んで東のほうから7歩あるいて立ち止まって、後ろに向かって口の中の水を7回吐くと良い、と。

厄病を避けるには、大晦日に山椒を21粒を、人と口をきくことなく井戸の中に投げ入れて、後を振り返らずに家の中に入ると良い、と。

待っている人を早く来させるには、うなぎを焼いたあとの串を壁に刺して、待つ人の名前を心の中で唱えていると、きっと来る、と。

上記のバリアントで、芸者や娼妓(原文はもっと露骨ですが、これに変えました)が客を呼ぶときには、客へ送る手紙の中に、白紙を2寸四方に切って二つに折って、これをまた白紙で包んで、入れておけばよい、と。

これらの呪いを試すには、くれぐれも自己責任で。

242本当にあった怖い名無し2020/02/07(金) 20:14:34.03ID:RXDtBtZn0
石じじいの話です。

じじいの住んでいる村の近くの大きな町には、縄文時代前期の遺跡があります。
その遺跡から、戦前に、土器片に混じって、子供(男子、とノートにありますが、どうやって性別が判明したのか不明)の骨格と金属の隕石(隕鉄?)が出土したそうです。のちに、その隕石は紛失したということです。
同じ町には、「星」の名前がつく神社があり、その御神体が隕石らしいのです。
その御神体を見ると目が潰れると言われていて、また女性は触れることはおろか近づいてもいけない、と。
ただ、特別な者は拝観できるということですw
ある郷土史家が調査した時には、御神体は「こぶし4つ分の大きさの、円筒形の鉄のような石だが、見ることはできない」と関係者から言われたそうです。
この御神体と、遺跡から出土して失われた隕石との関連性は不明です。出現時代に整合性がないように思われます。まあ、その神社の御神体が新しいものなのかもしれません。
また、近くの漁村での言い伝えに、
村の近くの海岸に見たこともない珍しい石が空から落ちてきた。
子供たちが、面白がってそれを転がしたり川に投げ込んで遊んでいると、大人たちは、バチが当たると心配した。
そのうち悪い病気が流行りだしたので、これはその星神さまのお怒りだとして、神社に祀った、と。
これと、上記の御神体との関係性も不明です。

243本当にあった怖い名無し2020/02/07(金) 20:26:03.75ID:RXDtBtZn0
石じじいの話です。

場違いのものの存在は恐怖をもたらします。
深夜に、刃物を持って歩く老女、深夜に遊ぶ子供や白いワンピースの若い女性w、山中の立派な屋敷など。
そのような話を書き込んだことがあったと思います。
じじい曰く「夜は、おなごに会うのがいちばん怖いわい。昼間はええけどな。」

じじいが山を歩いていると、小さな祠の前に土下座して突っ伏している男性がいたそうです。
その男性は、額を祠の前の石にすりつけるようにして微動だにしません。
この人は死んでいるのでは?と思って近づきながら声をかけましたが、まったく反応がない。
注意深く近づいて様子を見ても、まったく動かない。
その人の脇にしゃがみ込んで、顔をのぞきながら話しかけました。
体調が悪くて動けないのかもしれないと思ったからです。
しかし、その男性は、まったく動かず、ただ、消え入るような声で、「このままにしておいてください」
じじいには、その男性の口元がわずかに微笑んでいるように見えたそうです。
じじいは、そのままにして、そこを離れました。
「なんかの修行やったんかのう?あがいなふうなもんは見たことも聞いたこともなかったがのう。」

244本当にあった怖い名無し2020/02/08(土) 10:34:14.94ID:QQph79Kt0
>>243
最初は狐・狸に?と思ったが自覚はしてるのか.....

245本当にあった怖い名無し2020/02/08(土) 12:33:23.47ID:PUCEirr90
>>244
じじいは、「狐・狸によってたぶらかされる」ということを信じていなかったので、彼の経験談にはほとんど出てきません。

246本当にあった怖い名無し2020/02/08(土) 12:37:54.22ID:PUCEirr90
石じじいの話です。

朝鮮にいた時の話ということです。
朝鮮では、生まれた子供の性別を「符号」であらわすのだそうです。
そして、玄関の上に縄を張って、男子ならば唐辛子と炭を挟んでおく。
女子であれば松の枝と墨を挟む。
第一回の誕生日に親戚たちが集まって、子供の将来を祝福して、筆、墨、餅、弓、糸、千字文、金銭などを贈ります。
それらを大きなお盆にのせて、子供の前に供えます。
その子供には新調した服を着せて、前途を占うのです。
子供が、最初に筆か墨をとると、名筆家となる。
千字文をとると学者に、
弓をとると軍人に、
糸をとると長生きし、
米か金銭をとると富貴になる。
あるところで、その儀式をしたところ、その子は、くるっと振り返って、そこに置いてあった刃物をとろうとしたそうです。
それは、子供が選ぶ対象ではなかったのですが。
あぶないので、父親が慌てて、その刃物を取り上げましたが、その子は火がついたように泣き叫びました。
その子は、普通に育ちましたが、長じて愛国の志強くなり、ある日、逐電したそうです。

247本当にあった怖い名無し2020/02/08(土) 23:27:07.54ID:PUCEirr90
石じじいの話です。

じじいの故郷は、犬神憑きの本場です。
この犬神憑きに対抗する手段は、ほとんど無いということですが、ある種の祈祷師や、ある地方の呪禁師がそれを祓うことができる、という話もあります。
じじいの話にも、犬神憑きの一家に泊めてもらって歓待された、という話がありましたね。
山を歩くじじいは、この犬神憑きの話を聞くこともあり、また、そのような家系の人たちと近く接することもあったようです。
犬神憑きの話も、いろいろとしてくれました。
ノートから、犬神についての話を抜き出してみました。
*以下の話は、ノートでの表現や単語を変えている部分があります。
また、この書き込みは、現在における犬神憑きの存在を主張するものではなく、また、差別を助長することを目的としていません。

▶︎犬神憑きというのは、その技を使うことができる家系(血統:憑きもの筋)があり、それによって、自分の財を蓄えたり、ほかの人間を害する、ということらしいです。
▶︎どのように犬神憑きになるかというと:犬神憑きの家の者の前で、その人物の欲しいと思うものを人からもらったり、嫌なことをしたりすると取り憑かれる。
とりつかれた人は、狂人状態になって病みつき、その犬神憑きの家の者と同じ振る舞いをしたり、同じ声になったりして騒ぐ、と。これを治すには、「専門の祈祷師」に調伏してもらうのだとか。
▶︎犬神の他に、蛇神というものもあったようです。
(つづく)

248本当にあった怖い名無し2020/02/08(土) 23:27:25.13ID:PUCEirr90
>>247
(つづき)
▶︎山の人間がじじいにしてくれた話には、こんなものもありました:曰く、犬神とはえた・非人(ママ)のたぐいかもしれない。
 ハンセン氏病患者や結核、肺病などの患者を出した家は地域から嫌われ、「あそこの家は・・・」と噂される。
▶︎また曰く:犬神持ちは、裕福な家庭が多かったが、一般の家とは縁遠い。
▶︎また曰く:犬神は、生まれながらに血が濁っていたり、ぶつぶつが出たりする人たちだ。
▶︎また曰く:今でも(じじいが話を聞いた当時)犬神を嫌っている人がいる。彼らとは結婚するものではない。しかし現在では(同上)結婚で混じり合っている。
▶︎また曰く:犬神の人が住んでいる場所が、あちこちにあった。落人部落のようなものでは?つき合いはしなかった。
▶︎また曰く:犬神どうしでは結婚する。犬神のものと結婚したら離縁された。犬神の人を「悪い方」、犬神でない人を「良い方」という言い方がある。
▶︎また曰く:私の祖先は犬神だったらしい。ほかの人から犬神だ!と言われたことがある。その家系が犬神だということは、嫁に来た時に旦那さんから聞いた。
 しかし、義理の両親は、そのことについて死ぬまで一言もふれなかった。
▶︎また曰く:十字路やT字路を通ると憑かれるのだ。
▶︎また曰く:犬神憑きを落とす神社(名前は伏せます)がある。そこに拝み屋が「患者」を連れてくることが多い。

まあ、裕福な家庭へのやっかみとか、(ある意味)政治的な対立における攻撃手段、「被差別部落問題」が関連したりしているものなのでしょう。
犬神憑きという風習(考え)は、現在では、まったく絶えていると思います。

249本当にあった怖い名無し2020/02/10(月) 03:55:40.44ID:l8OBPOUI0
(・ω・)新田次郎の「きつねもち」を思い出すのぅ。山陰に伝わる話を題材にしたこの短編のストーリーでは戦後の頃でもその家系を理由に婚姻が認められん解消されることもあったそうな。
憑き物系というより閉ざされた村内の家系差別が読み取れた。

250本当にあった怖い名無し2020/02/10(月) 17:43:53.13ID:wLIeUyhq0

251本当にあった怖い名無し2020/02/10(月) 23:51:29.32ID:9oxjgONi0
石じじいの話です。

教えてもらった呪い、まだありました。

歩いているときにカラスのフンが服などにかかったら、災難に遭う前兆だ。このとき、災いを防ぐには、
以下のお札を常に懐中に忍ばしていれば大丈夫、と。
https://i.imgur.com/Ar3LRri.png

子供の寝小便を治すには、赤い紙に馬の形を切り抜いて、それを寝床(布団)の下に入れて一週間敷いておくと良い、と。

また、半紙一枚を寝床の下に敷いて、これを黒く焼いて、その灰に甘草の粉を混ぜて飲ませるとよい、と。

また、柿のヘタを4匁目集めて、それを1合5勺の水に入れて、一合の量までに煎じつめて7日間服用すれば効果がある、と。

やはり寝小便は、深刻な問題のようです。
自己責任で試してください。

252本当にあった怖い名無し2020/02/11(火) 15:37:12.76ID:BX9GAkww0
>>32
30年ぐらい前だったかな

253本当にあった怖い名無し2020/02/12(水) 16:25:58.58ID:9dcgCTx20
https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1434802604

(・ω・)へぇ知らなんだ。呪いと祝いはもともと同じ?

254本当にあった怖い名無し2020/02/19(水) 03:59:31.02ID:4c/l5Q090
(・ω・)どちらも見えざる者へアクセスする手続きいうことかの

255本当にあった怖い名無し2020/02/19(水) 10:30:37.11ID:X+j5boR50
じゃあ例の「祝ってやる」も間違いじゃないのか

256本当にあった怖い名無し2020/02/21(金) 21:42:30.81ID:HNmstWGl0
石じじいの話です。

じじいが教えてくれたまじないをノートから。

蟻が出てくるのを防ぐには、以下の歌を書いた紙をアリの出るところに貼っておけば、出てこなくなる、と
「虫へんに義理の義の字は蟻ながら人の座敷へ案内もなく」
- うまいっ!w

頭のできものを治すには、以下の歌を三回唱えて頭を撫でれば良い、と。
「春の日のながきに草もかりすてんとくかりつくせ庭のなつくさ」
- 聞き取りに失敗したのか、ちょっと意味不明なところがあります。

酒に酔わないようにするには、熟したみのうがき(美濃柿?)をヘソの上に当てておくと飲んでも酔わない、と。
- 今度やってみます。

顔が美しい子を産むには、帯祝いのころから、毎朝トイレの掃除を怠らないようにしたら必ず、可愛い子が生まれる、と。
ただし、この掃除を他人に代わりにやらせたら効果は全くない、と。
- なんだかねw

試すには、自己責任でお願いします。

257本当にあった怖い名無し2020/02/24(月) 17:54:37.63ID:kn7bCllS0
石じじいの話です。

じじいは、警察関係者の知り合いも多かったようです。
以前、「自作の拷問マシーンで自分の首を絞めて楽しんでいたら、誤動作して事故死した男性」の話を書いたことがあると思います。
げに恐ろしきは、変態のこだわりです。

以下は、警察関係者からじじいが聞いた話だそうです。
ある時、畑から4〜5個の下顎が発見されました。
数年間使っていなかった畑を耕していた時です。
見つかったのは下顎だけで、からだの他の部位はありませんでした。
土葬時代の昔の墓のあとだったということも考えられましたが、そこに、そんな記録はない。
これは、怪しいということで、警察沙汰になりました。
死体遺棄事件として警察は捜査しました。
なんらかの事件に関係しているかもしれませんでした。
それらの下顎の骨は割と新鮮で、古いものではない、ということでした。
ただ、明治維新の直後に、それまで仏教の火葬だったものが、廃仏毀釈運動で葬儀も神式になって一時、土葬になった、ということもあったので、その時の埋葬遺体の可能性もあったのですが。

遺骨の鑑定の結果は、捜査陣を当惑させるものでした。
それらの下顎は全て同一人物のものだったのです。
下顎骨の大きさも形も同じ。
歯の形も同じでした。
抜けている歯があったのですが、その位置も同じだったそうです。
この件は、迷宮入りとなりました。
そのようなことは、形質人類学的にあり得なかったからです。
遺骨は、その後、ある旧帝国大学の解剖学教室に警察から移管されたそうです。

258本当にあった怖い名無し2020/02/25(火) 12:38:44.50ID:0xJwi7DR0
細胞再生研究所でもあったんやろか。
(・ω・)スタッブ細胞はありますってどうなったんやろ?

259本当にあった怖い名無し2020/02/25(火) 23:57:12.34ID:SfQg9X+R0
畑で栽培してたんだな

260本当にあった怖い名無し2020/02/28(金) 13:15:07.51ID:bpsvRSwY0
>>255
違うぞ
原理が同じだけで感情は異なる

261本当にあった怖い名無し2020/02/29(土) 18:00:35.58
                              /   |  |l: | | | |
                              /    |  |l:::| | | |
                               /    |  ||:::| | | |
                                /    |  |l | | | li
                            /      :|  || | | | ||
                __            /       |  |l . | | | l:|
             ∠_,/        /         |  |l. | | | |:|
              ( ‘j’)      /          |  ||. | | | l |          ,ィッッッ
             r'ムl>~~]二ニ'了            |  |l  | |‐'| | |       -=彡‘j’ )rー''ニ々、
            /_,i   |  /              |  ||  | | | l :|       .ィ", ム ,r'"´  彡(;)(;)
           ノノ Ll__レ>                 |  ||.. | | | |! |   _///   /   ...
          r' (   「   |               |  |l.  | | | l| :| ∠r-'′,ノ===〈     .
            `'´  | ハ  j          .   |  ||.  | | | l:l :|     /  .-、. ヽ     
            く ^ヽ }-{  |"|        _..._   |  |l   | |‐'| |:| :|    /_/  `、`、      '
          __爪\,,ノ|_|  r‐r--―=‐'''''´,... --   |  ||   | | | | | :|   /.ノ      |__j
       / '"  `! ノ_|  |_厂|二二二二二二二二l_...'-┐ | |'二二⊃ _,/7:―――‐( |――――――;
      /´    ,.ィ └‐厂⌒厂⌒厂⌒厂⌒厂⌒厂⌒| _,,.. | | |〉    〈'--┘       L\    _.. -‐'" !
     〈,ハ  ズ~  ̄ノノ  ノ   ,ノ  /  ノ  ノ  ,ノ|   ,,|;;_|..!、____,ノ          `´-‐''"  _.. -''"
      | ト、/ヽ 〜ー‐〜ー〜ー〜ー〜ー〜‐''"┴'''"                _.. -‐''" _.. - '' l:|
  r┬'''⌒r┬''''" ノ                                _.. -‐''"  _.. ‐''"\|  |:!  その時土曜日が動いた
 ̄|_厂 ̄ノノ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄:!  _.. -‐''"    \,|  |:!       糸冬
――――――――――┬―┬―──――――――――‐┬―┬┬┴'''"/         |      ---------------
                    │  │                    |  || /               企画・実行 どようび

262本当にあった怖い名無し2020/03/06(金) 21:19:13.39ID:WOhKYirv0
保守

263本当にあった怖い名無し2020/03/07(土) 02:21:44.80ID:0E6c/4kH0
夫に私の初体験を話しました。
私も夫も23の結婚1年目の夫婦です。以前エッチの後の会話で、つい初体験の話をしちゃいました。
その相手が夫の現在の上司の方です。夫はまだ入社2年ですので夫と出会う前になります。
私は18歳で入社して、その頃同じ部署の51歳の上司に誘われてホテルについていき、夫と出会うまで3年ほど関係を持ちました。
普段から下ネタで盛り上がったりしていたので、軽い気持ちでその事を話したんです。

すると夫の顔が急に凄い青ざめてきてトイレに駆け込んで食べたものを吐き戻したんです。
最初はどこか具合が悪くなったのかと思ったのですが、突然びっくりするほど号泣しだしました。息も荒くなってガタガタ震えたりと、本当に発作かなにかかと思ったんです。
なんであんなヤツに、と呟いていたのが頭に残っています。
どうしたのかと聞いたら、しばらく1人にしてくれと言われました。

翌朝、昨日はゴメン、って言って何事も無かったようにしていたのですが、その日以来エッチをしなくなりました。
2回だけ求めてきたことがあったのですが、途中でまた顔色が悪くなり中断してしまいました。
それ以外は普通に優しく接してくれます。仲が悪くなったわけではないのですが・・・・・・

似たような体験をされた方いらっしゃいますか?解決策など教えてください。

264本当にあった怖い名無し2020/03/07(土) 13:44:16.99ID:dNjAvPE60
石じじいの話です。

じじいが、戦争中、朝鮮にいた時の話だとか。
朝鮮に、不思議な博物館があったそうです。
場所は、大邱だったとか。
そこには、珍しい高麗青磁に混じって、いろいろな奇妙な生物の剥製が展示してありました。
非常に大きな人間の頭部のミイラがあったそうです。
それは毛深く、大きな歯がむき出しになっていたと。
また、一つ目の赤ん坊のミイラとか。これは奇形として珍しくはありませんが。
人魚のミイラもあったそうです。
魚の胴体に猿の上半身を合体させた小型のものが日本で大昔に作られたそうで、外国人へのお土産品だったとか。
しかし、その朝鮮の博物館に展示されていたものは、非常に大きく、人間の等身大だったそうです。
胴体が鱗のない魚で、サメのもののようでした。
上半身は、まさに女で髪の毛が長く赤い髪で、まさに西洋のマーメイドの姿。
日本の絵画で見られるような不気味な女の姿ではありませんでした。
眼球は剥製にすると潰れてしまうので、青い色の球形の焼き物らしきものがはめ込まれていたそうです。
じじいが、博物館の学芸員(笑)に尋ねたところ、このような人魚は、ごく稀に「東海=日本海」で獲れる。
漁民は、それを食べることもあるし、肉を乾物にして行商人が大邱まで持って来ることもある、と。

265本当にあった怖い名無し2020/03/07(土) 13:47:42.82ID:dNjAvPE60
石じじいの話です。

ノートから短い話をいくつか。
これらの話についての詳しい情報がノートの別のところにあるかもしれませんが、探している時間がありませんでした。

- 光の色が変わるホタルがいたそうです。
それは、人が死ぬと黄色い色に変わるのだそうです。
夏の初めに大量のホタルが乱舞するのですが、その時に人が死ぬと、それらが発する色が、一斉に変わるのだ、と。
ホタルの時期にうまく?人が死なないと、その色の変化は見られないのですが、死ぬと必ず色が変わったそうです。

- 催眠術にかけられて人が死ぬことがあったそうです。
ある人物に催眠術にかけられると、かけられた人は自殺してしまったそうです。
警察はその催眠術者を調べましたが、犯罪にはとわれなかったと。

- 家の窓をいつも開けて、三年前に死んだ夫を待ち続ける未亡人がいたそうです。
(もっと詳しいストーリーだったのでしょうが、ノートには、これだけしか書かれていませんでした。)

- どんな望みを実現できる秘術があったそうです。それを体得した人が曰く。
「その秘術を体得するためには、まず、欲望を捨てることだ」
一休さんのトンチかっ!?

266本当にあった怖い名無し2020/03/07(土) 13:59:28.89ID:dNjAvPE60
石じじいの話です。

じじいの教えてくれたまじないをいくつか。

母乳を飲まない赤ちゃんに飲ませるには、「我は北傳」という文字を心に念じて、以下の歌をよめばよい、と。
「山は三つ石は九つこれやこの鬼の住みいる岩屋なりけり」
こう唱えるとよく母乳を飲むようになる、と。

強い嫉妬心を止めるには、鶯の死体を塩漬けにしておいて、それを煮て、嫉妬心の強い人に食べさせれば、嫉妬心は自然と無くなって温厚な性質になる、と。

目覚めて、二度寝を防ぐには、以下の歌をきっちりと三回唱えたら、きりっと目がさめる、と。
「人丸やまこと明石の浦ならば我にも見せよ人丸の塚」
  実用的ですね。

流行り病にかからないようにするためには、五月五日に先祖の墓の土をひとかたまりとってきて、小さな瓶に入れて、家の門のところに埋めておくと、病にかからない、と。
  これは、まさに今、使えますね。自己責任で。

267本当にあった怖い名無し2020/03/07(土) 20:49:10.89ID:tb2BATid0
仲良しの女子グループでスキーに行ったんですが、私だけが初心者で、全然滑れないんです。なのに友人たちは「じゃあ、頑張ってね」と、私を残して颯爽と滑っていってしまいました。
残された私は、何度も尻餅をつきながら、何とか滑ろうと努力したのですが、すぐに挫折。その後は男たちを品定めすることに時間を費やしました。
そうしたら、だんだん動体視力がよくなってきて、すごいスピードで滑ってくる男性にロックオン、その彼の前に飛び出しました。
「危ない!」
彼が叫んで直前でターンをしたものの、ほんの少しだけ体が触れて、私はその場に倒れてしまいました。
「大丈夫ですか!?」
ゴーグルを外して私の顔を覗き込むのは、まさにイケメン! 自分の動体視力に、感心しちゃいました。
「ええ、平気です。でも、足をくじいちゃったかも」
「僕の責任だ。ホテルまで背負っていきますよ」
その言葉通り、彼は重い私の体を背負って、私が宿泊しているホテルまで運んでくれました。
その間、スキーウエア越しですが、2人の体が密着し続けていたために、部屋に着いた時には、彼はかなり興奮している様子です。
「鼻息が荒いけど、大丈夫ですか?」
「はい、平気です。元気が有り余ってるだけなんで」
そう言って、ふくらんだ股間を撫でるんです。
「じゃあ、せっかくスキーに来たのに滑れなくなった私を楽しませて」
「…どうやって?」
「私の体の上でスキーをしてみせて」
「任せておいてください」
元気に返事をすると、彼は私のウエアを脱がしてオッパイの斜面を指先でなぞり、股間の谷間を舌で入念に舐め回してくれました。
「ああん、ダメだわ。スピードが出すぎてる。ストックを使ってみて!」
「これのことかい?」
裸になると、彼のストックはビンビンです。それの先端を私の白い肌の上に滑らせ、そして雪解けのぬかるみの中に、ズブリと突き刺してくれました。
「あああん、気持ちいい!」
「お、俺も! あうう!」
彼は、もうスキーの設定など忘れて激しくペニス
;を抜き差しし、私を天国まで連れて行ってくれたんです。
帰りの車の中で、友達は1人で残していった私に恐縮しきりでしたが、その間に楽しいことをいっぱいしていたのは秘密です。

268本当にあった怖い名無し2020/03/07(土) 20:53:15.76ID:rEIJglTw0
朗読したらすごく恥ずかしかった

269本当にあった怖い名無し2020/03/07(土) 21:07:02.18ID:sJ12BMpb0
だからエロテロはいらねーつってんの・・・

270本当にあった怖い名無し2020/03/07(土) 21:38:37.32ID:KMtWPGZx0
表現が昭和だしこれ貼ってるのジジイじゃね?

271本当にあった怖い名無し2020/03/13(金) 03:12:54.99ID:swWnmOcG0
ぺニス柏木

272本当にあった怖い名無し2020/03/13(金) 17:58:41.40ID:KYqusvj+0
>>270
昭和と言っても戦後間もないぐらいの感じだな
ヒロポンが非合法になったぐらいの時期

273本当にあった怖い名無し2020/03/15(日) 18:50:25.71ID:EUo2Dy8z0
よくある話だが。
もう十数年前、山を歩くのが好きだったので仲間と近くの山をよく歩いた。
そんなある時、偶然にも、木にぶら下がった人生の果てる姿を見つけた。
蛆がこぼれ、見た事もないような大きな昆虫が体内から湧き出ていた。
数人の仲間を残して近くの交番まで届けに行った。
往復で30分ほどその場を離れただけだった。

時刻は夕方に近付いてはいたけど、まだ暗いとまではいかない
夕暮れ程度だった。警察官と一緒に現場に戻ると、仲間の女が泣き
男の子も震えていた。俺は何度か見ていたので怖いとは思わなかったが
彼等には恐怖だったのかもと思ったが、俺が出発の時には
「大丈夫!少し離れてるからw」と笑っていたのに。
発見当時の事を数人の警察官に分かれて聞かれた我々は
暗くなる前にと警察官の誘導で麓の駅まで送ってもらった。

明るい駅に着いてやれやれと思っていると、一緒に警官を呼びに行った仲間が
「あいつらおかしくない?」と聞いてくる。ふと見ると、残した男女三人がまだ
何かに怯えるように小刻みに震えている。その様子から、今はまだ
何も聞ける状態じゃないと感じて、そのまま家まで帰ることになった。
後日、その日の事を仲間の男の子に聞く事ができた。

274本当にあった怖い名無し2020/03/15(日) 18:52:56.30ID:EUo2Dy8z0
あの日、俺達が警官を呼びに行った後、本当に少し離れた場所で
彼等はその木を遠巻きに見ていたらしい。女を挟むように座って
遺骸に背を向けて座っていると、どこからか足音が聞こえたのだという。
カサ、カサ、カサ、カサ。こちらに向かって歩いてくる。
それがどこから歩いてくるのか全員がすぐに解った。
一人の男の子が意を決して振り返ると、現場はそのままだった。
でも、何か変だった。気のせいだろうと安心して座っていると
カサ、カサ、カサ、カサ。また足音がするのだという。
また振り返ると、また何事とも無い。でも何かおかし。

何がおかしいのかよく解らなかったのだが、はっきりとは見ないようにしていた
その木の方に恐る恐る目をやると、その理由が解った。
近付いている。さっきの違和感はこれだった。最初に座った位置より
かなり近付いている。確実にその木の方向に向かって。
それを黙っていようと思い、他の仲間に声をかけようとした時
「近付いてるよね?」女が気づいたようだ。「気のせいだよ。」
そうは言ったものの、やはり近付いているのは確かだと思えたので
「やっぱり立って待ってよう。」と言って立ち上がると、女が卒倒して倒れた。

確かに少し離れた位置に居たはずなのに、立ち上がった場所のすぐ後ろの木に
それがぶら下がっていたのだ。気を失いそうになるのをこらえて女を抱き
その場から少し離れて女を起こしたところに俺達が戻ったのだという。
女はその後しばらくは入院するほど衰弱し、どうにか回復して学校に戻った。

長い間、寂しい山の中でたった一人で居たのだ。人が自分を見てるのが解り、
無視するように背を向けているのだから、自分から近付くか、呼び寄せるのか。
ただ恐怖心からそういう幻覚に襲われたのか。それは定かではないが、
そういう事もたまに起こるのが山という場所なのかも知れない。

275本当にあった怖い名無し2020/03/16(月) 03:50:31.91ID:9KOOUdTz0
面白かった
首吊り死体のセルフだるまさんが転んだってとこか

276本当にあった怖い名無し2020/03/16(月) 07:31:39.10ID:8VDCWbVa0
首つり見つけると良いことがある

277本当にあった怖い名無し2020/03/17(火) 00:43:38.49ID:Ob6YOZCf0
最近デートしたとき、「今春から社会人になるんだし、もう避妊は卒業しよう」って、真面目な顔で彼に言われました。付き合って4年になるけど、生理が不規則だったので一度も中出しさせたことはありません。
姉が高校生のとき中絶して親を泣かせたので、恐怖心もあって妊娠にはナーバスになっていたんです。
当然、これからも避妊は必ずしようと思っていたけど、先日「出来ちゃった婚でもいい」と言われて…。
これは間違いなく私へのプロポーズ。あまりの感激で大泣きしちゃったほどです。このとき、中で射精されたらどんな感じなんだろうってすぐに想像し、「じゃあ、早くして。私、来年に赤ちゃん産みたいから」とおねだりしました。
「そうだね。早く子どもを作ったほうが老後も楽だしな。じゃあ、イクぞ!」
さっそくお互い下着を脱いで素っ裸になり、ギュッと抱き合いました。キスしながら「早くお嫁さんにしてね」と言い、手で彼のアソコをしごきます。濡れやすい私はキスと胸を揉まれただけで、タラタラとエッチなお汁がお尻の穴めがけて滴り落ちました。
「今日は俺たちの中出し記念日にしよう。最後の1滴まで受け止めてね」
「待って! 最初の共同作業は私が上になりたい」
正常位でしようとした彼を制止し、自ら跨ってカチカチになったペニスを手で掴みながら挿入しました。
「ああっ、やっぱり奥がいい。深いの好きなの」
4年の間にすっかりエッチな体に改造され、貪欲な女になっていたのです。ナマセックスはどんなに激しく動いても、ゴムの摩擦とは違ってすごく気持ちよかった。
「ああっ、出るよ…。もうダメ、イッていい?」
「いいよ。私もイキそう。いっぱいちょうだい。イク、イクっ、早く来てぇ」
「ううっ、出たよ」
体内に温かい液体が流れるのを感じ、私はペニスを抜いてグッタリと横たわりました。
「ほら、これが中出しだよ。すごいでしょう?」
彼は大きな鏡の前で私を開脚させました。膣の収縮と一緒にドクンドクンと白い液体が大量に流れ落ちました。
4年の間にすっかりエッチな体に改造され、貪欲な女になっていたのです。ナマセックスはどんなに激しく動いても、ゴムの摩擦とは違ってすごく気持ちよかった。
「ああっ、出るよ…。もうダメ、イッていい?」
「いいよ。私もイキそう。いっぱいちょうだい。イク、イクっ、早く来てぇ」
「ううっ、出たよ」
体内に温かい液体が流れるのを感じ、私はペニスを抜いてグッタリと横たわりました。
「ほら、これが中出しだよ。すごいでしょう?」
彼は大きな鏡の前で私を開脚させました。膣の収縮と一緒にドクンドクンと白い液体が大量に流れ落ちました。
ゴムがないぶん、普段より彼は3倍も早くイッたけど、その後、初中出しに興奮して何度もしてもらったから許しちゃう。

278本当にあった怖い名無し2020/03/17(火) 00:48:15.33ID:FtCHOhnR0
それは怖いですね

279本当にあった怖い名無し2020/03/17(火) 01:51:38.73ID:DAC+l+i00
古典コピペ

280本当にあった怖い名無し2020/03/17(火) 02:38:07.55ID:2n2CDwCS0
ペニス柏木

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています