連続ドラマ小説「二ホンちゃん」63クール目

レス数が1000を超えています。これ以上書き込みはできません。
1創る名無しに見る名無し2019/07/04(木) 23:16:00.21ID:8DSmNZNs
本ドラマは全くのフィクションであり、実在の国家・指導者とは何の関係もありません。
前スレ:連続ドラマ小説「ニホンちゃん」62クール目
https://mao.5ch.net/test/read.cgi/mitemite/1545065002/
<丶`∀´>このスレのまとめページニダ
 目次+ログ 現在紛失中。
 1〜1095話 http://web.archive.org/web/20080604192332/http://funshei.at.infoseek.co.jp/index.html
 1072話〜  http://nihonchan.himegimi.jp/index.html
連続ドラマ小説「二ホンちゃん」補完・議論用スレ9
http://echo.2ch.net/test/read.cgi/bun/1436312372/

952創る名無しに見る名無し2020/07/01(水) 20:11:49.88ID:rn3S/zE/
      「麻雀は」
タイワンちゃんはクラスでニホンちゃ
んに尋ねました。
「ニホンちゃんのお家で麻雀やってそ
れで問題になってる人いるわね」
「うん、賭けていてね」
それでとです、ニホンちゃんもタイワ
ンちゃんに答えます。
「そうなってるわ」
「そうよね」
「まあ風邪が流行っている中で麻雀す
ること自体がね」
そもそもとです、ニホンちゃんはタイ
ワンちゃんにさらに言いました。

「問題よね」
「だから言われてるのね」
「しかも賭けてたし」
尚且つそうしたことを駄目と言う様な
人でした。
「だからなの」
「それは問題ね」
「麻雀って卓囲んでお顔を合わせてす
るものだから」
それでとです、ニホンちゃんはさらに
言いました。それはどうかというので
す。

953創る名無しに見る名無し2020/07/01(水) 20:13:31.57ID:rn3S/zE/
「今はね」
「しない方がいいわね」
「麻雀を出来ないとはまた嫌なことあ
るな」
麻雀大好きチューゴ君にとってはこの
ことは耐えられないことです。
「うちから風邪が出たからこう言うと
どうもあるが」
「気持ちはわかるわよ、あたしだって
ね」
タイワンちゃんにしてもです、この娘
も麻雀が大好きなので。

「我慢するのに必死よ」
「そうあるな」
「オンラインでするか」
「ゲームで、あるな」
「それしかないのよね」
「というか古いゲームだYOな、麻雀
って」
実はアメリー君も麻雀を知っています。
「僕もルールは知っているけれど」
「そう言うとわたしもだけれど」
ここでニホンちゃんはセーラー服にな
って言いました、昔ながらのデザイン
ですがスカートは見えそうな位です。

954創る名無しに見る名無し2020/07/01(水) 20:14:20.66ID:rn3S/zE/
「漫画もやってるし」
「ああ、その漫画ね」
「女の子も麻雀するあるな」
「それは中々斬新だYO」
「どうも展開が遅いけれど」
麻雀漫画自体がそうかも知れないです。
「麻雀のこともわかるしね」
「面白い漫画ね」
「初心者向けでもあるわね」
「入門にもなるわね」
タイワンちゃんはニホンちゃんに笑顔
で応えます。

そしてです、こんなことも言いました。
「ニホンちゃんのお家にはその漫画以
外にも麻雀漫画あるしね」
「雑誌もあるしね」
「ゲーム以外にも楽しめるわね」
「実際に打たなくてもね」
「そうあるな、色々な人が描いてきて
いるある」
チューゴ君はこう言ってあのざわざわ
となるお鼻が尖った漫画を出してきま
した。物凄く長く続いて実写化もした
作品です。

955創る名無しに見る名無し2020/07/01(水) 20:15:07.76ID:rn3S/zE/
「こうした漫画も存在するある」
「ああ、その漫画も面白いYO」
アメリー君もその漫画を見ます。
「僕はすーぱー何とかも好きだYO」
「あれもいいあるな」
「麻雀自体は出来なくてもね」
また言うニホンちゃんでした。
「色々と楽しめるわね」
「言われてる人もそこで我慢していれ
ばよかったわね」
「そうよね」
二人でこうお話しました。

そうしてそのうえで、でした。四人で
麻雀ゲームや麻雀漫画を読んで楽しむ
ことにしましたが。
ここでタイワンちゃんはこんなことを
言いました。
「こうしたのでも楽しめるから麻雀っ
ていいわね」
「そうよね、勉強にもなるしね」
「今は読んでプレイしてね」
「そうしていきましょう」
風邪が終わるまでとです、こう言って
今はそうしたことで楽しむのでした。

956創る名無しに見る名無し2020/07/01(水) 20:15:56.49ID:rn3S/zE/
ソースは某おーぷんで

957創る名無しに見る名無し2020/07/03(金) 08:58:44.29ID:28mKjKli
(  ゚д゚)またお前か!!
  ⊂彡☆))Д´)

958創る名無しに見る名無し2020/07/03(金) 22:17:24.58ID:lI+93w8c
      「昔懐かしカット」
カンコ君がスーツにギターそしてマッ
シュルームカットになって出てきまし
た、そうしてギターを物凄く上手に奏
でてです。
右手におもちゃの注射を刺してこんな
ことを言いました。
「もう弾けないニダな」
「それは六期のエリートを意識したと
思うが」
そのカンコ君にゲルマッハ君が突っ込
みを入れます。中の人は何とあの中尾
隆聖さんでした。

「髪型が違う」
「何っ、そうだったニダか」
「あの吸血鬼の上方は黒髪を短くして
真ん中で分けている」
このことは原作からです。
「そこが違う」
「むう、ウリは勘違いをしていたニダ
か」
「ギターの腕は見事だったが」
何気にこうしたことの才能はあるカン
コ君です。若しかすると結構多才なの
かも知れないです。
そしてゲルマッハ君はさらに言います。

959創る名無しに見る名無し2020/07/03(金) 22:18:27.92ID:lI+93w8c
「その音楽もその髪型だと違ってくる」
「というと」
「君もわかるな」
「あのグループニダか」
「そうだ、わかったな」
「わかったニダ、マッシュルームカッ
トといえばあのグループニダ」
カンコ君は納得したお顔でゲルマッハ
君に応えました。
「あのグループは凄かったニダ」
「それでだが」
今度はアーリアちゃんが出てきました。

そうしてカンコ君にグループの写真を
見せたのですが。
カンコ君はその写真を見て首を傾げさ
せてアーリアちゃんに聞きました。
「四人ではないニダよ」
「そうだ、これはデビュー前の写真だ」
アーリアちゃんはそのカンコ君にこの
ことをお話しました。
「この頃はだ」
「五人だったニダか」
「そうだった」
アーリアちゃんは冷静にお話します。

960創る名無しに見る名無し2020/07/03(金) 22:20:04.73ID:lI+93w8c
「私もずっと知らなかったがな」
「ううむ、今知った衝撃の事実ニダ」
「僕もその写真を見るまで知らなかっ
た」
ゲルマッハ君も言います。
「このグループは四人だな」
「もうそれは町の誰もが知っているこ
とニダからな」
伊達に自分達であの主の人よりも有名
と言った訳ではありません、当時はか
なり言われた言葉だった様です。とに
かくそこまで有名なグループでした。

「ウリは本当にこれまで四人でずっと
やっていたと思っていたニダ」
「実はあの四人編成になるまでに紆余
曲折があった」
ゲルマッハ君はカンコ君にこのことも
お話しました。
「ドラムの人についても交代している
しな」
「ううむ、どんどん知らなかったこと
を知っていくニダ」
「全くだな、しかし五人とはな」
アーリアちゃんは普段以上にシリアス
です。

961創る名無しに見る名無し2020/07/03(金) 22:23:24.65ID:lI+93w8c
「まさに衝撃の事実だ」
「今回はウリも非常に大きなことを知
ることが出来てよかったニダ」
「そう言って何よりだ。それはそうと
君はこのグループの曲も演奏出来るの
か」
ゲルマッハ君はカンコ君がマッシュル
ームカットのままであることから尋ね
ました。
「どうなのだ」
「何曲か出来るニダが」
「少し演奏してみてくれるか」
こうカンコ君に頼みました。

「それでは」
「ではニダ」
こうしてでした、カンコ君は何曲どこ
ろかグループのシングルを全曲演奏し
ました、しかもアルバムの曲までした
ので。
ゲルマッハ君もアーリアちゃんももう
充分と言って止めてカンコ君に言いま
した。
「君は普通にしていたら案外以上にい
けるな」
「全くだ」
「それは褒めているニダか」
こう返すカンコ君でした、ですがその
演奏自体は見事なものでした。

962創る名無しに見る名無し2020/07/03(金) 22:24:36.01ID:lI+93w8c
ソースは某おーぷんで

963創る名無しに見る名無し2020/07/05(日) 14:52:44.94ID:IYVAWMyX
     「奇麗になったのは」
風邪の騒動で皆の行き来がかなり減っ
ています、それでです。
ニホンちゃんも他のお家への行き来が
減っているというか殆どなくなってい
ます、遊ぶのはお家の中でということ
が多くなっています。
その中で、です。マカロニーノ君が皆
にこんなことを言いました。
「最近皆うちにも来られなくなってる
よね」
「全くだ、早くお前のお家に行って何
かとお前と回りたいのだが」
アーリアちゃん思い切りフライングし
ました。

「残念で仕方ない」
「けれど風邪だから」
ニホンちゃんだけが気付かないままそ
のアーリアちゃんに言います。
「我慢しないとね」
「全くだ、その時はマカロニーノに何
かと案内してもらう」
「あれっ、アーリアちゃんマカロニー
ノ君のこといつもだらしないとか弱い
とか言って怒るのに」
何があってもそうしたことには気付か
ないニホンちゃんです。ある意味凄い
です。

964創る名無しに見る名無し2020/07/05(日) 14:53:32.98ID:IYVAWMyX
「何だかんだでいつもマカロニーノ君
と一緒にいるわね」
「そ、それは幼馴染みで家も隣同士だ
から仕方なくだ」
「そうなの?」
「あっ、ニホンちゃんちょっと教えて
欲しいことがあるけれど」
これ以上お話するとややこしくなると
見てです、ニホンちゃんにデンマーク
君が言いました。勿論この子もアーリ
アちゃんの気持ちはわかっています。
というかクラスで気付いていないのは
ニホンちゃんとマカロニーノ君だけで
す。

「いいかな」
「何かな」
「算数のことでね」
教科書を開いてニホンちゃんに言って
そうしてでした。
ニホンちゃんをこの件から引き離しま
す、そうしてこうしたことについては
お邪魔虫さんに退場してもらってです。
マカロニーノ君も気付いていませんが
それでもお話を続けます、マカロニー
ノ君はお家のことをさらに言います。
「来る人がいなくなってね」
「どうなったのだ?」
アーリアちゃんが尋ねます。

965創る名無しに見る名無し2020/07/05(日) 14:54:32.75ID:IYVAWMyX
「それで」
「最近お家の中が奇麗なんだ」
「人が多く出入りするとそれだけゴミ
も出るしな」
「捨てたりしないといけないしお掃除
も追いつかなくなるから」
それでというのです。
「どうしても汚れていたけれど」
「それがか」
「本当に来る人が減ってお家の中が何
かと奇麗になってきたんだ」
そうなったというのです。

「これがね」
「そうだったのか」
「だから騒動が終わったら」
その時はといいますと。
「皆奇麗な僕のお家を楽しめるから来
てね」
「人が来るとまた汚れるがそれまでの
間は奇麗だな」
「その僅かな間を楽しんでね」
「わかった」
アーリアちゃんはマカロニーノ君のそ
の言葉に頷きました、そうしてまた言
いました。

966創る名無しに見る名無し2020/07/05(日) 14:55:42.58ID:IYVAWMyX
「ではその時はマカロニーノ、案内を
本当に頼む」
「僕でよかったらね」
「お前は見ておかないと危なくて仕方
ない」
アーリアちゃんはお顔を真っ赤にさせ
て言いました。
「だからだ、一緒にいさせてもらう」
「うん、こっちこそ宜しくね」
マカロニーノ君も笑顔で応えます、こ
うしてアーリアちゃんはマカロニーノ
君とのデートをゲットしました。

それでアーリアちゃんはほっとなって
いました、ですが。
皆こうしたことは全く気付かないお邪
魔虫さんがどうなったかと見ますと。
デンマーク君に真面目に算数のことを
教えています。
「そこはこうしてね」
「こうすればいいんだ」
「そうなの、あとここはね」
教科書を丸暗記している感じです、皆
そんなニホンちゃんを見て人には得手
不得手があるものだとわかりました。

967創る名無しに見る名無し2020/07/05(日) 14:56:33.26ID:IYVAWMyX
ソースは某おーぷんで

968創る名無しに見る名無し2020/07/07(火) 21:24:11.91ID:tTSB8RSU
      「田園で」
本当に町で風邪が流行して大変なこと
になっています。
それでマカロニーノ君は最近賑やかな
とことにはいません。
「やっぱり人が多い場所にいたらだよ」
「それならよね」
ニホンちゃんが応えます。
「その分風邪にかかりやすいわね」
「そうなんだよね、だからね」
それでというのです。
「僕としてはね」
「最近は」
またマカロニーノ君に応えます。

「人の多い賑やかなところにはいない
でなのね」
「静かな場所にいる様にして」
そしてというのです。
「お家でも過ごしているんだ」
「そうなのね」
「うん、それでね」
ここで、でした。
マカロニーノ君はニホンちゃんを自分
のお家に案内しました、一瞬でお家に
着くのは仕様です。
それでマカロニーノ家に着くとです、
そこはです。

969創る名無しに見る名無し2020/07/07(火) 21:25:15.73ID:tTSB8RSU
ローマの間やミラノの間の様な賑やか
な場所ではなく静かなお部屋でした、
そこに入ってです。
マカロニーノ君はニホンちゃんにあら
ためて言いました。
「最近はね」
「こうしたお部屋でなのね」
「よくいるんだ」
「こうした場所もいいわよね」
「そうだよね、僕もね」
マカロニーノ君自身もというのです、
穏やかなお部屋の中で言います。

「気に入っているんだ」
「そうなのね」
「だからね」
それでというのです。
「暫くはこうしたお部屋で過ごす様に
するよ」
「こうしたお部屋にいるのも悪くない
わよね」
ニホンちゃんも笑顔で応えます、それ
で皆マカロニーノ家に行くと静かなお
部屋にいる方が多くなりました。です
が。

970創る名無しに見る名無し2020/07/07(火) 21:26:05.36ID:tTSB8RSU
カンコ君は学校でマカロニーノ君にこ
んなことを言いました。
「先に行っておくニダ」
「仮面ライダーと戦隊の放送再開のこ
とかな」
「そんなものは文豪アルケミストとか
超電磁砲と一緒にチェック済みニダ」
だから違うというのです。
「とっくに観ているニダ」
「それはいいことだね」
「昨日お前のお家に行ったニダが」
勿論カンコ君も静かなお部屋に行きま
した。

「そうしたらそこにシチリアーノさん
がいたニダ」
「カンコって兄さんとの遭遇率高くな
い?」
「お会いしたくてのことではないニダ
よ」
そこは断るカンコ君でした。
「それで物凄く怖かったニダ」
「こっちから何もしないと兄さんも何
もしないよ」
「あの人はいるだけで怖いニダ」
伊達に町一の不良ではありません。

971創る名無しに見る名無し2020/07/07(火) 21:28:02.71ID:tTSB8RSU
「取り巻き大勢従えてデンと居座って
いるニダ」
「だって兄さんも家族だしね」
「普通にマカロニーノ家にいるニダな」
「というかそんなの言うまでもないん
じゃないかな」
「それでもお会いして一瞬ドン引きし
たニダ」
シチリアーノ君を見たその瞬間にとい
うのです。
「だから事前にシチリアーノさんがお
られる場所は言っておくニダ」
「だからこっちから何もしないと」
それならというのです。

「兄さんも何もしないよ」
「それでも怖いものは怖いニダ」
「仕方ないな、じゃあ今度から事前に
伝えておくね」
「今静かな場所にいたがるのはお前だ
けではないニダな」
「兄さんだってそうだよ」
「人は考えることは同じニダな」
カンコ君は今度はこう思うのでした、
そしてです。
以後マカロニーノ家にお邪魔する時は
事前にシチリアーノ君がいる場所を聞
くのでした、お会いすると怖いので。

972創る名無しに見る名無し2020/07/07(火) 21:28:45.29ID:tTSB8RSU
ソースは某おーぷんで

973創る名無しに見る名無し2020/07/09(木) 21:58:45.68ID:UjVlsTKU
  「無駄遣いをしないから」
無駄遣いをしてはいけないということ
は皆言われることです、これは勿論ニ
ホンちゃんも同じです。
ですが真面目なニホンちゃんはといい
ますと。
「いつも貯金してね」
「お金は置いているのね」
「そうしてるの」
こうベトナちゃんにお話します。
「いざって時に備えて」
「ニホンちゃんらしいわね」
ベトナちゃんも聞いて感心することで
す。

「そのことは」
「そう言ってくれるのね」
「ええ」
微かに口元だけで笑うベトナちゃん独
特の笑顔で応えます。
「本当にね」
「やっぱりね、いざって時とかあるか
らね」
「置いておくのね」
「無駄遣いせずにね」
「やっぱりそうあるべきね」
また言うベトナちゃんでした、そうし
てです。

974創る名無しに見る名無し2020/07/09(木) 21:59:29.06ID:UjVlsTKU
二人でそうしたお話をしているところ
にタイラン君が来ました、ここでこの
子とベトナちゃんの間に見えない火花
が散ります、お互いに何も言わないし
周りも言いませんが実はこの二人お家
単位でライバル関係だったりします。
ですがお互いが言わないのでまずは何
もなくです、タイラン君はニホンちゃ
んに言いました。
「貯金のお話しているんだ」
「そうなの」
ニホンちゃんもその通りだと答えます、
そうしてこうも言いました。

「無駄遣いはしないってね」
「うん、最近僕もね」
「貯金してるの」
「そうなんだ」
こうニホンちゃんに答えます。
「そうしているんだ」
「無駄遣いはよくないから」
「いや、こんなご時世だからね」
それでとです、タイラン君はニホンち
ゃんにどうかというお顔で応えました。
「お店も閉まってるから」
「ああ、それはね」
そう言われるとでした。

975創る名無しに見る名無し2020/07/09(木) 22:00:11.24ID:UjVlsTKU
ニホンちゃんも納得です、それでこう
言いました。
「どうしてもね」
「うん、だからね」
「お金も使わないのね」
「それで貯金が増えていっているんだ」
「使うことが出来ないとお金は貯まっ
ていくわ」
ベトナちゃんも言います。
「そうなるわ」
「当然ね」
タイラン君はベトナちゃんにも応えま
すふぁ。やっぱりお互い何も言わずに
火花が散ります。

ですが二人共それはないものとしてお
話を続けます。
「それで今は僕もだよ」
「いいことだと思うわ」
「そうだね、じゃあ機会が来たらその
時はね」
「使うのね」
「そうするよ、ベトナもそうするよね」
「ええ。しっかりとした使い方をした
いわ」
「そうだよね、お互い頑張っていこう
ね」
「そうしましょう」
二人共です。

976創る名無しに見る名無し2020/07/09(木) 22:00:53.69ID:UjVlsTKU
お互い負けないとか勝つとかは絶対に
言いません、ですが。
本当に火花が散ります、その激しさは
周りが見ていても剣呑なものを感じま
す、ですが。
ニホンちゃんは平気なお顔です、そし
てベトナちゃんもタイラン君は後でそ
れぞれこんなことを言いました。
「若し私達が喧嘩をしようものなら」
「ニホンちゃんが止めに入ることは確
実だからね」
「ニホンちゃんには勝てないわ」
「物凄く強いからね」
普段は穏やかでもです。

「本気になったらそれこそアメリーか
チューゴでないと相手にならないし」
「そんな娘が傍にいて喧嘩なんて出来
ないわ」
「まあ僕達ライバル意識はあってもそ
れでもお互いに何も言わないし」
「これからもそうしていくわ」
こうお話するのでした、勿論ニホンち
ゃん自身何かあれば二人を止めるつも
りです。
ですが林檎を軽々と握り潰してジュー
スに変えられる娘に間に入られたくな
い、そういうことなのです。

977創る名無しに見る名無し2020/07/09(木) 22:01:47.08ID:UjVlsTKU
ソースは某おーぷんで

978創る名無しに見る名無し2020/07/11(土) 14:19:47.93ID:4H9/tJW6
     「言われなくても」
風邪で大変なことになっていないお家
はありません、それはカンコ家でもで
す。
それでさしものコユンちゃんもクラス
でぼやきます。
「全く、大変なことだ」
「全くだ」
コユンちゃんと同じく真面目でクール
系ただし恋愛については除くのアーリ
アちゃんも応えます。
「色々やっているが」
「風邪になる人は出てだ」
そしてというのです。

「お家の会社の経営にも影響が出てし
まっている」
「本当に大変だ」
「うちはムンさんが成功していると常
に言うが」
コユンちゃんは若しかしてフラグ職人
かも知れないこの人のことを言います。
「しかしだ」
「それでもだな」
「実際はな」
これが、なのです。本当にムンさんが
言う度にです。

979創る名無しに見る名無し2020/07/11(土) 14:20:25.04ID:4H9/tJW6
「何かが起こる」
「そうなっているな、私のところも何
かとやっているが」
「それでもだな」
「苦労していることはだ」 
このことはというのです。
「否定出来ない」
「本当にどの家も大変だな」
「その中でだ」
ここで、でした。アーリアちゃんはク
ラスの中で、です。
ニホンちゃんを見てこう言うのでした。

「ニホンはかなりよくやっているな」
「そうだな、今回のこともな」
「患者さんになる人は随分と少ないし
だ」
「しかもすぐにお家の会社の経営が戻
っている」
「壁新聞の方はああだこうだと言って
いたみたいだが」
「マスゾエさんにしてもな」
この人に至っては言う度にどの面下げ
てちか言われていました、トウキョウ
の間の管理人だった時のことからです。

980創る名無しに見る名無し2020/07/11(土) 14:20:54.89ID:4H9/tJW6
「だがその実はだ」
「かなりよく出来ている」
「ずっと町でどうか言われてこなかっ
たが」
それがです。
「最近になってな」
「いいのではと言われているな」
二人でこうお話します、そうしたお話
をしながらです。
ニホンちゃんを見ているとニホンちゃ
んは人とお話する時も距離を置いてい
てそうしてです。
マスクはちゃんとしていてです。

しっかりと手を洗います、それを見て
です。
コユンちゃんは思わずニホンちゃんに
こう言いました。
「風邪のことで参考にさせてもらいた
い」
「わたしを?」
「うむ、ニホンちゃんの様にしていた
ら問題はないと思う」
「それでもムンさんが」
「あの人が言うことは正直フラグにし
かなっていない」
ニホンちゃんにも言います。

981創る名無しに見る名無し2020/07/11(土) 14:21:36.28ID:4H9/tJW6
「だからだ」
「それでなのね」
「あの人の言うことではなくてな」
この辺りコユンちゃんがカンコ家では
異端になっている理由です、チョゴリ
ちゃんと同じく日之本家のことをかな
り冷静に見て評価してお付き合いして
るのです。
「ニホンちゃんを見たい」
「わたしでよかったら」
「私もだ、参考にしてだ」
そしてとです、アーリアちゃんも言い
ます。

「もっとよくしていきたい、兄上にも
マカロニーノ君にも話したい」
「そうするのね。どうしてマカロニー
ノ君についてなのかは幼馴染みだから
よね」
「・・・・・・その話はしないでおい
てだ」
コユンちゃんもスルーです。
「とにかくニホンちゃんを参考にした
い」
「これからはな」
二人でこう言います、そして実際にニ
ホンちゃんをお手本にするのでした。

982創る名無しに見る名無し2020/07/11(土) 14:22:11.97ID:4H9/tJW6
ソースは某おーぷんで

983創る名無しに見る名無し2020/07/13(月) 21:55:41.60ID:URBsJwIa
      「コスプレしてみた」
カンコ君は何かあるとコスプレをしま
す、それで今回はです。
青い髪の毛で青と黒のファッションで
す、マレーシア君はその格好のカンコ
君に冷めた目で突っ込みを入れました。
「カンコ、文豪アルケミストの芥川さ
んは無理があるにも程があるよ」
「何っ、太宰治さんの方がよかったニ
ダか」
「太宰さんならまだストレイドッグス
の方がいいよ」
こちらの太宰治さんの方がいいという
のです。

「というか君その作品のキャラ全体に
合ってないよ」
「ううむ、そうニダか」
「正直君似合うキャラと似合わないキ
ャラがはっきりしてるから」
この辺りお笑い担当の辛いところでし
ょうか。
「だからね」
「ううむ、では中原中也さんもしよう
と思っていたニダが」
見れば後ろでクラスの女子達が全員な
いない、と手を横に振っています

984創る名無しに見る名無し2020/07/13(月) 21:56:53.51ID:URBsJwIa
「止めた方がいいニダか」
「だからその作品自体君には無理があ
るから」
どうしてもというのです、そうしたや
り取りをしていますと。
タイラン君も学校に来ました、見れば
タイラン君もコスプレをしていますが。
こちらはサワディーちゃんと一緒にプ
リンセスコネクトのコスプレをしてい
まして。
タイラン君は王冠に茶色のロングヘア
のキャラにサワディーちゃんは薄紫色
の癖のある髪の毛のキャラです。

二人共メイクもファッションもばっち
りでもうそのキャラになりきっていま
す、それでマレーシア君も言います。
「いい感じだね」
「うん、僕女装は得意だからね」
タイラン君はマレーシア君に笑顔で応
えました。
「だからやってみたけれど」
「いいと思うよ、そしてサワディーは
ね」
マレーシア君は今度はサワディーちゃ
んを見ます、この子はといいますと。

985創る名無しに見る名無し2020/07/13(月) 21:58:36.25ID:URBsJwIa
タイラン君以上になりきっています、
それでマレーシア君も思わずこう言っ
てしまいました。
「女の子がなってるみたいだよ」
「まあ性別のことは言わないでおいて
ね」
「本当に性別どっちなのかな」
マレーシア君にも他の誰にもわからな
いことです、そしてタイラン君はにこ
りと笑ってこうも言いました。
「こうしたご時世だし皆の心を解きほ
ぐしたいと思ってね」
「それで今日はなんだ」
サワディーちゃんも言います。

「コスプレして登校してみたけれど」
「皆どうかな」
「いいと思うよ」
皆笑顔で答えます。
「その心遣いが嬉しいよ」
「もう何といってもね」
「お陰で気持ちがほぐれたわ」
「確かにね」
皆笑顔で言います、そしてです。
カンコ君も二人にこう言います。
「二人共よくやったニダ、褒めてや
るニダ」
「それは嬉しいけれど」
サワディーちゃんが応えます。

986創る名無しに見る名無し2020/07/13(月) 21:59:59.89ID:URBsJwIa
「君その作品のそれもそのキャラは
全く似合ってないよ」
「というか今日は何でまたコスプレ
してるのかな」
「放送再開記念ニダ、スタッフの人
達に頑張れと言いたくて着てみたニ
ダよ」
鬘まで被ってです。
「本当に皆さんこうした時こそ頑張
って欲しいニダ」
「その気持ちならいいよ」
マレーシア君も言います。

「似合ってなくてもね」
「そうだね、カンコなりのエールだ
しね」
タイラン君も頷きます。
「それならいいよ、似合ってないけ
ど」
「そうね、カンコもカンコなりに皆
のことを考えているのね、似合って
ないけれど」
「似合っていないことだけ余計ニダ」
けれど今回はカンコ君もそれならと
皆に言ってもらいました、気持ちは
わかるので。

987創る名無しに見る名無し2020/07/13(月) 22:01:57.47ID:URBsJwIa
ソースは某おーぷんで

988創る名無しに見る名無し2020/07/15(水) 20:20:39.43ID:VzleYZ78
      「遠い場所まで」
ロシアノビッチ君はお家でモデルガン
を見ています、そうしてです。
真剣なお顔でこんなことを言いました。
「このモデルガンは特別なんだよ」
「というと?ライフルみたいだけれど」
「ああ、弾が遥か先まで届くんだよ」
こうシベリアちゃんにお話します。
「狙撃用のな」
「モデルガンなのね」
「モデルガンにも色々あるけれどな」
一口にそう言ってもです、その種類は
実に多彩なのです。

「このモデルガンはそうでな」
「先まで届いて」
「かなり先の的まで当てられるんだよ」
「それはいいことね」
「人に当てたら駄目だけれどな」
このことは言うまでもありません、モ
デルガンは人に向けて撃ってはいけま
せん。
「それでもな」
「青春×機関銃のお医者さんみたいに
は」
「するかよ」
それは絶対にというのです。

989創る名無しに見る名無し2020/07/15(水) 20:22:47.94ID:VzleYZ78
「っていうかあの主人公はともかくあ
の医者といい主人公と一緒にいる男と
いいな」
「わからない人達よね」
「ああ、何なんだよ」
ロシアノビっチ君はシベリアちゃんにど
うかというお顔でお話します。
「正直何だこれはっていうキャラとス
トーリーだな」
「アニメも原作も」
「屑でヘタレか?まああの漫画は置い
ておいてな」
そうしてというのです。

「あらためて言うけれどな」
「遠くの的に当てるのね」
「ああ、トーゴーさんみたいにな」
「あの人を目指すの」
「そうしたいな」
こんなことを言ってです。
ロシアノビッチ君はモデルガンを組み
立ててそのうえで実際に使ってもみま
した、そうしつつです。
遊んでいましたがそのロシアノビッチ
君を見てです。シベリアちゃんはクラ
スでお兄さんのお話をしますと。

990創る名無しに見る名無し2020/07/15(水) 20:26:04.20ID:VzleYZ78
ウヨ君がこんなことを言いました。
「そういえば第二次町内喧嘩でお前の
お家で物凄いモデルガンで狙撃をした
人がいたな」
「女の人で」
「そんな人がいたな、そしてだ」
ウヨ君はさらにお話します。
「フィンランさんのお家でもな」
「フィンランさんのお父さんが」
「あの人は実はかなり強いからな」
実はフィンラン家は粘る喧嘩は桁外れ
に強いです、ソレン家を退ける位に。

「最早百発百中のだ」
「最強のスナイパーだったわね」
「まさに鬼だった」
そう言っていいまでに強かったという
のです。
「あの人はな」
「そうだったわね」
「ロシアノビッチさんはそうした人達
を目指しているのか?」
「そうかも知れないわね」
シベリアちゃんも否定しませんでした、
ウヨ君の今のお話を。

991創る名無しに見る名無し2020/07/15(水) 20:28:57.56ID:VzleYZ78
「かなり意気込んでいるから」
「家同士の喧嘩にはモデルガンを使っ
ての狙撃も必要だし」
「トーゴーさんみたいな人もいるしな」
「それでなのね」
「あの人もそうかもな」
こうシベリアちゃんにお話してです、
ウヨ君はといいますと。
この日学校に帰ると狙撃の練習をしま
した、するとニホンちゃんがどうして
なのかと尋ねてきました。ウヨ君は普
段は武道の鍛錬をしていることが多い
ので。

「今日は狙撃の練習してるの」
「遠い場所を狙ってね」
「ライフルのモデルガンで」
「ちょっと思うところがあってね」
「そうなのね。うちで狙撃っていうと
リクジさんだけれど」
「リクジさんをいざっていう時に助け
られる様にね」
そのことを考えてというのです。
こう言ってこの日は狙撃の練習をする
ウヨ君でした、この日から度々する様
になりました。

992創る名無しに見る名無し2020/07/15(水) 20:33:40.20ID:VzleYZ78
ソースは某おーぷんで

993創る名無しに見る名無し2020/07/17(金) 22:00:10.74ID:R/l8y0iF
     「陛下たんのお付き合い」
陛下たんは日之本家のご本家としてや
るべきことが多いです。
それで他のお家のご本家ともお付き合
いをされていますが。
殿下たんが陛下たんにご本家のお屋敷
の中で困ったお顔でお話されました。
「最近他のお家戸のお付き合いのお仕
事もお家の中でのお仕事も出来ないこ
とが多くて困りますわね」
「うん、風邪のせいでね」
それでというのです、陛下たんも殿下
たんにお話されます。

「どうしてもね」
「困りましたわね」
「というか私達ってね」
ここで陛下たんが言われることはとい
いますと。
「久し振りに出たわね」
「ですわね、思えば」
「何か久し振りで緊張するわ」
「私達もです」
「久し振りですから」
側仕えたんも侍従たんも登場です、思
えば何クールぶりでしょうか。

994創る名無しに見る名無し2020/07/17(金) 22:00:58.46ID:R/l8y0iF
「ですが登場しましたし」
「それならお話を動かしましょう」
「そうしようね、それでだけれど」
陛下たんはあらためて言われました。
「メゾンリベリアのご本家の人とね」
「これからですね」
「お話をされますね」
「うん、ちょっとあちらのご本家でも
風邪のことが問題になっているし」
それでというのです、本当に最近ご本
家でも風邪のせいで殿下たんが言われ
た通りの事態になってしまっているの
です。

「だからね」
「お電話をされて、ですか」
「お話をされますか」
「そうしてみるわね」
こう言われてでした。
陛下たんは側仕えたんが出してくれた
電話を使ってメゾンリベリアのお家の
ご本家の人とお話をされました、その
お話の後で、です。
陛下たんはにこりとされました、です
がそれでもです。殿下たんがニホンち
ゃんに言われました。

995創る名無しに見る名無し2020/07/17(金) 22:01:40.18ID:R/l8y0iF
「私達もでしてよ」
「お話の内容は、ですか」
「ええ、秘密となっていますし」
「わたし達もですね」
「お話出来ませんわ」
こうお話されます。
「ですから申し訳ありませんけれど」
「はい、そうした事情でしたら」
ニホンちゃんは殿下たんににこりと笑
って応えました。
「わたし達も」
「そういうことで」
殿下たんも微笑んで言われます。

「宜しいですわね」
「ご本家同士のやり取りは」
「どうしても公に出来ないことがあり
ますの」
「そうですよね」
「このことはプライベートと同じです」
わね」
「はい、ですから」
それでというのです。殿下たんはさら
に言われました。
「それに当家は」
「そうですよね」
ニホンちゃんも頷きます。

996創る名無しに見る名無し2020/07/17(金) 22:02:19.34ID:R/l8y0iF
「ご本家は」
「古いお家だけありまして」
「もう門外不出のしきたりやお仕事が
ありますね」
「私も知らない様なことがありますの
よ」
ご存知なのは陛下たんお一人だったり
する様なことがです。
「ですから」
「そうしたことはですね」
「お話出来ませんわ」
どうしてもというのです、殿下たんで
すらご存知ないことまであって。

「そのことはニホンさんもご承知です
わね」
「はい、よく」
「ではこのことは」
「お話出来ないとうことで」
「ご理解下さいませ」
「わかりました」
ニホンちゃんも素直に頷きました、こ
うしてです。
陛下たんの今回のお話は門外不出とな
りました、この町にはこうしたお話も
あるのです。

997創る名無しに見る名無し2020/07/17(金) 22:03:10.23ID:R/l8y0iF
ソースは某おーぷんで

998創る名無しに見る名無し2020/07/19(日) 15:30:51.34ID:n2taeeJB
今後は62クールがあれがそっちで、なかったら次スレで。以後梅

999創る名無しに見る名無し2020/07/19(日) 15:31:34.56ID:n2taeeJB
5ちゃんの仕様変更は知らなかった

1000創る名無しに見る名無し2020/07/19(日) 15:32:10.56ID:n2taeeJB
1000

10011001Over 1000Thread
このスレッドは1000を超えました。
新しいスレッドを立ててください。
life time: 380日 16時間 16分 10秒

10021002Over 1000Thread
5ちゃんねるの運営はプレミアム会員の皆さまに支えられています。
運営にご協力お願いいたします。


───────────────────
《プレミアム会員の主な特典》
★ 5ちゃんねる専用ブラウザからの広告除去
★ 5ちゃんねるの過去ログを取得
★ 書き込み規制の緩和
───────────────────

会員登録には個人情報は一切必要ありません。
月300円から匿名でご購入いただけます。

▼ プレミアム会員登録はこちら ▼
https://premium.5ch.net/

▼ 浪人ログインはこちら ▼
https://login.5ch.net/login.php

レス数が1000を超えています。これ以上書き込みはできません。