創価

1Ms.名無しさん2017/12/11(月) 06:02:17.980
創価

2テンプレ2017/12/13(水) 08:33:12.510
創価学会が矢野絢也氏に対して行った集スト
 この手帖奪取事件の前後から、私の身辺には異変がおきていた。それは何者かによる、私と家族への日常的な監視と尾行である。
私の自宅の近所につねにクルマが数台常駐しており、私が外出すると、必ず尾行を開始した。それも、いくつかの場所から数台が
ほぼ同時に発進するので、何者かが自宅をずっと監視しており、私が玄関から出てくると、ただちに各車に指令が飛び、尾行を開
始する態勢になっているらしかった。
 監視や尾行ばかりではない。聖教新聞などのメディアをつかった私への誹謗中傷は限度をこえて目に余るひどさになり、それに
ともなって執拗な脅迫電話や嫌がらせ電話も増えた。
 脅迫や嫌がらせは私や家族だけでなく、遠方に住む親戚にもおよんだ。業を煮やして学会首脳に「止めさせろ」と抗議に行くと、
「これに耐えることが信心だ」と繰り返すばかり。あげくに、話はいつのまにか寄付のことになり、「謝罪の気持ちを行いで表すに
は寄付しかない」と億単位の金を求められた。人の弱みにつけこんで巨額の金要求するのだから、これはただの強要よりもたちが悪い。
 ここでは、そんな「反矢野」キャンペーンのさなかに身の回りでどんなことが起きていたか、あらいざらいに公表することにする。
■ 妻や家族にまで及ぶ尾行
(中略)
私に対する尾行だが、ついてくるのはクルマだけではない。徒歩でくっついてくる連中が常時2〜3人、多いときは5〜6人が携
帯電話で連絡をとりながら尾行してきた。たいてい20〜30メートルくらい離れて尾行してくるが、ときには背後5メートルくら
いまで接近することもあった。私が後ろを振り向くと、反射的に物陰に身を隠した。
 尾行する顔ぶれは毎日同じではなく、おそらく数組のチームがあって、交代しながら行動しているようだった。かれらは、つね
に連絡をとり合い、私の行くところに先回りして待機していることもある。
 私はヘルスジムに行くことがあるが、私がジムに入っている2時間以上の間、尾行者はジムのあるビルの3階と4階の踊り場で、
じっとしゃがんで私が出てくるのを待っている。その間にも、ビルの前の道路にクルマ数台が待機しているのだ。そして私がジム
から出ると、ふたたび尾行を開始し、次の行き先までついてくる。

3テンプレ2017/12/13(水) 08:34:10.790
>>2からの続き
 病院に行くときも同じである。私は3ヶ所ほどの病院へ、ときどき検診に出かけるが、そういうときも病院の中までついてきて、
じっと監視している。
 そのほか買い物に出かけると百貨店の中までついてくるし、食事中も店の外でじっと待っている。念の入ったことに近所に散歩
に出ても、必ず尾行するのである。
 私が電車で移動するときは、かれらも同じ車両に乗り込み、私が下車すると、かれらも下車して足早に改札に先回りする。そし
て私の姿を確認すると、携帯電話で連絡してあらたに仲間を配置させ、ふたたび監視に当たらせる。これが毎日毎晩、雨の日も風
の日も続くのだ。
 しかも尾行されるのは私だけではない。妻や同居する長男夫婦、その娘たち、さらに私の女性秘書まで対象にされた。なにしろ
妻が買い物に行くときも、後をつけてくるのである。おまけに私の来客についても身元を確認するためか、その方の自宅や会社ま
で尾行しているのだ。言語道断であり、許しがたい卑劣な犯罪行為というほかない。
そんな尾行される日々が続くうち、私は身の危険すら覚えるようになった。地下鉄のホームや、交差点で信号待ちしていると、
尾行者が私の背後にぴったり寄り添い、後ろから突き飛ばされそうな気配を感じるのだ。これは背筋がゾッとするほどの恐怖を覚え
る。尾行されるようになってから、そうした身の危険を強く覚えるようになった私は、外出時、駅のホームでは壁に背を寄せて立
つようにし、交差点でも道路からなるべく離れて立つようになった。
 たまりかねた私は、専門の調査機関に依頼し、尾行者たちの動きを逆に追尾してもらい、確かな証拠を押さえてもらうことにし
た。その追尾中、写真撮影されていることに気づいた尾行者たちが大勢で「フィルムをよこせ」と調査員に迫り、数人でとり囲ん
で威嚇したことがあった。調査員が110番通報しようとすると、かれらは蜘蛛の子を散らすように逃げていったという。

4テンプレ2017/12/13(水) 08:35:53.410
>>3 からの続き
 私をさんざん尾行し、監視カメラを向けて精神的に追い込んでおきながら、自分が撮影されているとわかると威嚇するなど、手
前勝手もはなはだしい。かれらは私が在宅中も終日、監視カメラを向けており、コンビニ弁当などで腹を満たしていた。かれらの
仕業かどうかは不明だが、わが家の敷地内に何者かが侵入した形跡があったり、郵便物があらためられていたこともある。
 また、2005年6月以降、自宅の電話を使っていると、ときどき通話中に不自然な音がまじるようになった。盗聴されていた可能
性は捨てきれない。
■ 牛込警察署への被害届
 尾行されるようになってから1年半ほど経った2006年12月、私は最寄の牛込警察署に、調査機関による証拠のビデオフィルム
と写真、状況を説明した調査報告書などを添えて、被害届および保護願を提出した。(中略)
 警察への被害届提出後、少しの間は私たちへの監視や尾行はおさまったようだが、それも束の間、再び不審車両が近所に現れる
ようになった。そして以前と同様に、監視と尾行が再開された。そのため2007年7月、ふたたび牛込警察署へ被害届を出した。
(中略)
 牛込警察署は不審車両の持ち主を調べたが、ほとんど新車同然だったにもかかわらず、すでに廃車になっている車両があったという。
 2度目の被害届の後、わが家の門の脇に警邏ボックスが設置されるようになると、尾行はややおさまったかに思えた。だが調査
機関の協力を得て、私の外出時、その後をひそかに追尾して様子をさぐってもらったところ、遠巻きに尾行は継続していたことが
わかった。
 そのとき私はあるJR駅前のよく行く書店に立ち寄り、しばらく時間稼ぎをしたが、書店の前で以前から自宅周辺でよく見かけ
た男性尾行者が私を監視していたのだ。それ以外にもこの日、不審な車両、人物が私の近辺をウロついていたことが確認できた。
 また、別の日、自宅近くのバス停に乗ったところ、馴染みのあるナンバーの乗用車がバスの後を追っていることがわかった。こ
のクルマは以前にも何度か私の乗るバスを追ってきたことがある。その日は私が下車するバス停まで来ると同乗者を降ろして、ど
こかへ消えた。そしてその日も、私が入ろうとした店の入り口には、明らかに尾行者の姿があった。

5テンプレ2017/12/13(水) 08:36:40.560
>>4 からの続き
 このころから尾行がより巧妙になったと思われる。というのは、徒歩による尾行者は必ずしも尾行車両の同乗者ではなくなって
きたからである。おそらく私を追う尾行車両から連絡をうけた別のクルマが尾行者を乗せて先回りし、私の到着を待って、素知ら
ぬ様子でかなり離れた場所から私を監視、尾行しているようだった。
 さらに、わが家への監視が路上のクルマからかけでなく、近所のマンションの一室などからも行われていたことがわかってきた。
おそらく、そこで24時間私たちを監視しているのであろう。
 というのも、私たちが自宅を出て徒歩3分のバス停に到着すると、すぐにバス停の後方50メートルほどのところにクルマが姿
を現して、追尾の態勢でスタンバイしているからである。これは、どこかで常時私たちを監視していないとできない。さらに、自
宅近くの交差点をどちらの方向で歩きだしても、ただちにクルマないしは尾行者が姿を現す。つまり、かれらはわが家の玄関と交
差点の両方を俯瞰できるところから監視を続けていることになる。だとすると、疑わしいマンションがあるが、実際、これまでに
尾行を視認できた複数の人物がこのマンションに出入りしているのを目撃している。
 ただし、尾行者が待機しているのは、このマンションではない。ここではもっぱらわが家を監視し、私たちが玄関を出るのを確
認すると、ただちに別の場所に待機しているメンバーに指令を飛ばし、そこから尾行者が出動するのである。その待機場所もだい
たい見当はついている。
(中略)
このように監視役とクルマの運転手、尾行者らを合わせると、おそらく常時10人前後でひとつのグループが編成されていると思
われるが、その顔ぶれは前述のように日によって違っている。したがって、わが家の監視・尾行にかかわるメンバーの延べ人数は
相当数にのぼると見なければならない。
(後略)

6テンプレ2017/12/13(水) 08:43:16.230
>>5 からの続き
出典:『黒い手帖』矢野絢也(著)出版社: 講談社 (2009/2/27)

矢野絢也(やのじゅんや)氏
(1932年〈昭和7年〉4月27日 - )日本の政治家、政治評論家。
大阪府議会議員(1期)、衆議院議員(9期)、公明党委員長(第4代)などを歴任。位階勲章は旭日大綬章。
創価学会内部の権力闘争に巻き込まれ、創価学会とトラブルになって以降、
創価学会から俗にいう集団ストーカー行為を受けるようになる。
被害の詳細は『黒い手帖』に記されており、元警察官僚の衆院議員・亀井静香氏が、
矢野氏に対して行われた集団ストーカー行為に関して、国会の場で取り上げて、追及した事もある。

下記サイトにて『黒い手帖』のうち、集団ストーカー被害に関する部分の転載を読む事が出来る

◆「反矢野」キャンペーンの非道 〜妻や家族にまで及ぶ尾行
 http://blog.goo.ne.jp/sora559977/e/4a1104f4e16c609b6c10c8d4a2c4e970

7テンプレ2017/12/13(水) 08:50:06.460
【非学会員に対して行われた創価学会の集団ストーカー被害例】

■ソースURL
http://blog.livedoor.jp/the_radical_right/archives/53096117.html
http://blog.livedoor.jp/samuraiari/archives/51968851.html
http://blog.livedoor.jp/samuraiari/archives/51971888.html
http://blog.livedoor.jp/samuraiari/archives/2015-03-08.html(リンク切れ)

埼玉県越谷市の団地に住むUさん親子は、2013年3月頃より、同団地に住む創価学会員のEらから様々な嫌がらせを受けてきた

嫌がらせ行為が始まったのは、付き合いで取っていた聖教新聞を止め、集会、入信を断った時からであるという
Uさんには障害を抱える実弟がおり、デイケア施設に通っているが、その施設職員も創価学会信者で占められていた可能性があるという
「私共の様な障害者を抱える家庭は(創価学会に)入信して当然だろうという周りの反感があったんだろう」(Uさん談)

創価学会による集団での嫌がらせ行為は、表沙汰にならないよう、通常、巧妙且つ緻密に、証拠が残らない方法、残り難い方法が取られる

Uさんの場合は、長期間に渡ってジワリジワリと繰り広げられてきた集スト犯罪の実態が奇跡的に表面化した

2015年1月、その証拠(画像・映像等)を元に、さいたま地裁川越支部に、Cを相手取って民事賠償請求訴訟を起こした

一人ではなく犯人達は複数で動いており、よって集団的なストーカー事件であった
しかし、集まった証拠から、決定的な脅迫的行為をした人間は一人だった為に、取りあえずはその人間に対して、先ずは民事訴訟を提起した

ところがCは鬱病とパニック障害の診断書を提出し【集団ストーカー行為は病気によるものだったので許して欲しい】と和解を望む
(ブログには和解案の文面等が画像として上げられ直リンさせていますが、プライバシーの関係でここには貼れません)
創価学会が集団で組織して行っていた嫌がらせを、Cが首謀者として個人的に行った事にして、トカゲの尻尾きりを図ったのである

結果、Uさん親子は、裁判所からの勧めもあり、和解に応じる事になったものの、その後も被害が止む事はなかった
今度は証拠の残らない、より陰湿な方法に移行して、嫌がらせが継続する事となったのである 👀
Rock54: Caution(BBR-MD5:cdfb81e45bc3860700bc8c3b388c03aa)

8テンプレ2017/12/13(水) 08:54:20.430
>>7からの続き
【Uさん親子が受けた被害のまとめ】
CはUさん親子らの団地5階より通路を挟んだ向かい側の団地5階に居住

・外出する際には必ずと言って良いほど伴走でもするかのように後を尾行
・その車の前後に生ゴミ、鳩の死骸、新聞紙(聖教新聞)を丸めた物が散乱
・定番のゴミ散乱
・日増しに酷くなっていった郵便ポストへの置き石
・Uさん宅の棟の階段踊り場には、Cが徘徊の際に飲んでいたビールの空き缶が散乱
・毎朝・毎夕、白昼の時間帯にテープレコーダー機器を使って野生動物の声を流しながら、長時間、オーバーに十手の様な物で
 バンバン、バンバンと力強く、座布団や布団をひっきりなしに狂ったように叩いて音を立てる(Uさん談を参考)
 警察が渋々ながら現場検証した事も
・Uさんの母親が左耳の聴力に支障を来たすレベルで、十手でマンションの手すりや金属部分を叩いて敷地内に響き渡る激しい音を立てる
・5階からわざと階下に落下させた布団を取りに階段を降り、戻って来る際に片手に持った十手を振り上げながら威嚇
・子ども(Cの長男やその友人と思しき団地付近の子)まで嗾け、中学生らに団地敷地内で発泡スチロールを粉々に壊してゴミを散乱させ
 周辺を徘徊してはUさん宅を威嚇するように「ぶっ殺すぞ!」等の奇声を集団で発する等の執拗な攻撃を仕掛ける
・Uさんらが見やると、CはUさんらに対して拳を振りかざしたり突きつけるような仕草で威圧
・Uさんらに向かって棒や布団叩きで「見ろ!」と言わんばかりに「死亡」と書かれた紙を示し掲げる場所を変えて長時間に渡って指し示す嫌がらせ
・Uさん本人が所有する車の周りを複数の人間が中を覗きこむ様に見ている写真(複合住宅の上からその駐車場が見え、写真でしっかりと捉えてあった)
・複数の人間が昼間からその駐車場に屯し、何らかの機械の部品を広げて騒いでいる写真(単に騒いでいるのでなくUさんを威嚇)
・別の号棟の住人であるCが、わざわざUさんらの自転車が置かれた別号棟の自転車置き場を度々徘徊
・Uさんの母親の自転車のタイヤがナイフで切られたり、チューブが全て剥ぎ取られる被害(その回数、5〜6回ではない)

9テンプレ2017/12/13(水) 09:01:04.690
>>8 からの続き

※Uさんが暮らす団地やその周辺など地域社会で創価学会がデマに基づく誹謗中傷を拡散し
 Uさん親子らが地域で持っていた人間関係を破壊し、Uさん親子らを地域社会から孤立させた疑いが濃厚である
 (下記は創価学会が地域からの孤立を画策して悪評流布工作を行った地域で発生する現象と酷似している)

 マンション中に響き渡るような音を立ててU野さん以外のご家庭が黙っているとは思えない。
 やはり周囲の暗黙裡の容認、不作為の共犯関係があってのことと考えられるだろう。
 ある時、それまで允子さんと懇意にしていた別の階に住むご家庭の主婦が、Cと同様に布団を叩いて、
 そそくさドアの中に隠れるように入っていく光景に出くわした。
「とても快く接して下さった方でも、あんな風に態度を豹変させるのかと信じられない思いでした。
 そこのご家庭はお子さんが中学校に通っているということもあり、子供が学会の繋がりで苛められたりはしないかと恐怖心に駆られ、
 それで私たちに対しても冷たく態度を翻したのではないかと思っています」(允子さん)

※地元の越谷警察署内に創価学会と癒着している警察幹部がいる疑いが濃厚である

 嫌がらせを発見した現行犯で警察に通報したこともあったが、バイクで駆けつけた警察官が迂回して様子見していたかと思ったら、
 集ストを繰り広げる者らが逃げるように促した後で事情聴取に来るなどということも。時には事情聴取や様子見にさえ来なかったと言う。

10Ms.名無しさん2017/12/13(水) 09:06:42.260
>>1
今、テンプレを代わりに貼っています

11Ms.名無しさん2017/12/13(水) 09:07:51.280
このスレに来られた方も、是非、テンプレを読んで行って下さい

12テンプレ2017/12/13(水) 09:08:36.480
創価学会によるやりすぎ防犯パトロール問題

やりすぎ防犯パトロール、特定人物を尾行監視 3月19日19時7分配信 ツカサネット新聞
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090319-00000026-tsuka-soci(リンク切れ)
全国で展開されている防犯パトロール(民間団体などによる通称「安全安心パトロール」)は、ニュースで報道されている聞こえのいい内容とは裏腹に、
特定個人を尾行し監視するなど悪辣な法律逸脱行動に及んでおり、憲法違反を含む数々の重大な問題を含んでいる。

この生活安全条例は、市町村でしらみつぶしのように数多く制定され、それに伴う民間防犯団体つまり「子供110番の家」「子供老人パトロール隊」などの
組織化も警察主導で行なわれている。それのみならず、その団体員に対して県警警部補が「尾行の仕方」「ごまかし方」まで教えているありさまである。
こういう実態をみると、まさしく警察の下部組織の育成であり、警察国家へのまい進を思わせる。

防犯パトロールの第1の問題は、民間の警備員ですら「正当防衛」以上の権限を持ちえないのに、一般市民である人物が見える形で尾行や監視という行為を
して、その対象個人へ”身辺への「圧力」”を感じさせることである。これは、端的にストーカー行為と同じである。それが、集団で行なわれている。
被害者らはこれを「集団ストーカー」と呼び習わしている。これは、どうみてもプライバシーの侵害であり、
個人の文化的生活を保障した憲法への違反ではないか。

防犯パトロールの違法行為は尾行や監視にとどまらない。
たとえば、対象個人が生活に必要な物資を購入するために店舗に入ると、そこの店員に防犯パトロールの要員が警戒するように「密告」して歩く。
そのまま信じた店員は対象人物をあたかも「万引き犯罪者」のごとくひそかに、あるいはあからさまに尾行して付いて来る。
そういう行為をされた個人の心象はいかばかりだろう。これは、プライバシーの侵害以上に、弾圧である。

13テンプレ2017/12/13(水) 09:09:05.110
防犯パトロールの問題性は、その団体の「警察の下部組織化」という現在の施策に、そもそも問題の芽を含んでいるのである。
なぜなら、防犯パトロールへの警戒対象人物への情報は、そもそも警察サイドからのもので検証されていない。それが恣意的だったら、どうだろう。
政治的にであれ、現場の警察官の私的な感情にもとづくものであれ、そういう悪意の情報が紛れ込む余地は十分ある。
それに、防犯パトロールを担当する民間人とて、差別感や偏見と無縁ではいられない。
その感情を利用する形で、個人情報が流され、警戒という尾行・監視あるいはスパイという行動が取られるとしたら、それはまさに「警察国家」である。

防犯パトロールを動員しての尾行・監視ばかりではない。
その活動に加えて、警察の生活安全課が地元のライフライン企業と「防犯協力覚え書」という形の協定書を取り付け回っている。
宅配便や市役所、電話会社などもそうであり、たいてい子供パトロールとして登録されステッカーを配布している。
また、さらに警察は、青色回転灯なる擬似赤色灯をその企業らに使用許可を出し、その登録数の増加を達成目標に掲げている。
たとえば病院。警察と病院の覚え書によって、警察は容易に病院という本来病気治癒という場所を監視の場所に変えてしまう。
防犯パトロールの要員が、患者へのボランティアという偽装の形で病院に入り込むのみならず、
病院職員自身たとえば看護師が入院病室の対象人物のそばで付きっきりで会話の立ち聞きをするのは日常茶飯事である。

日常的に展開されるこれらの人権侵害は、すでに「警察国家」の域に達している。一般市民の人権意識は低く、まさかという反応と対応を示す。
しかし、実際にやられていることなのだ。

14テンプレ2017/12/13(水) 09:12:58.840
>>12-13関連情報
創価学会 地域貢献活動
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%89%B5%E4%BE%A1%E5%AD%A6%E4%BC%9A#.E5.9C.B0.E5.9F.9F.E8.B2.A2.E7.8C.AE.E6.B4.BB.E5.8B.95
>島田裕巳は創価学会員が「広布即地域貢献」として団地自治会長やPTA、商店街役員などに積極的に就任し、
>それらの組織を折伏の足場にしようとしていると述べている。
>一般の人は仕事などに追われてそれらの役員には就きたがらないが、
>創価学会はそうした状況を利用して地域で主導権を握ろうとしている、としている。
ソース:島田裕巳 『創価学会』 新潮社、2004年6月20日。ISBN 4-10-610072-X。

創価学会が“住民組織握れ”2003年2月5日(水)「しんぶん赤旗」
http://www.jcp.or.jp/akahata/aik2/2003-02-05/14_01.html
> 町内会やPTAの役員になろう――創価学会がこんな“運動”を展開しています。
>名づけて「地域友好」。役員就任のすすめとも言うべき部内文書もあります。
> 『今後の地域部のあり方』。
> 創価学会の地域本部が作成した、総県長会議資料です。
> 地域本部は会員の職業や役職に対応する学会のタテ線組織の一つ。一九九九年に発足し、地域・団地・農村・離島の各部で構成、
>地域社会で「『友好活動』を広範囲に推進する」(聖教新聞九九年七月六日)ことが任務です。
> 同文書は「地域部員は以下の地域役職を有する人で、圏(区)地域部長が認定した人」とし、
>町会・自治会、商店会、老人会、PTAの三役クラス、民生委員・保護司・家裁調停委員、
>消防団、青少年・交通安全・体育各委員をそれぞれ「地光会」「盛光会」など七つの専門部会に配置。
>その「体験・取り組み・工夫を交換・共有」して「メンバーの育成に資する」としています。
> また、地域本部に「マンション委員会」(管理組合理事やマンション管理士を掌握)と
>「福祉委員会」(介護福祉士など有資格者を掌握)の設置を指示しています。
>最近は団地自治会やPTAの役員選挙にいっせいに立候補するという例が各地で目立っています。

> 学会元職員はこれを「住民の情報はもちろん、選挙では相手陣営の動静を逐一報告する。
>地域に張りめぐらせた情報集中システムであり、住民組織をこの手に握れという学会の“天下取り”戦略だ」と言います。

15テンプレ2017/12/13(水) 09:23:52.120
創価学会の嫌がらせが始まると同時に、防犯パトロールから尾行や監視、付き纏いを受けるようになったとの被害を訴える声が方々から上がっていますが
そのからくりは下記の通り

地域の防犯活動は、町内会・自治会・商工会・老人会・PTA・小中高等学校校長会・マンションの管理組合・防犯協会・民生委員・保護司、
その他の住民組織等で行われており、そこに地元の警察署(生活安全課長と警察署長)との緊密に連携を取って行われる

地域によるが、大抵の地域では、安心安全まちづくり協議会、安全まちづくり協議会、といった名称の協議会があり
同協議会を構成するメンバーが、そのまま地域の防犯活動の上部組織となっている

>>14の資料にあるように、創価学会は90年代末以降、住民組織を握れと称し、町内会長や団地自治会長、同役員、PTA、商店街役員等に積極的に就任し
地域によっては、地域内のほぼ全ての住民組織に対し、強い影響力を行使するまでに至ったところもあると言われている

また、防犯パトロール自体が、公明党(創価学会)が警察庁に積極的に働きかけて実現した、といった話もある

これが創価学会が防犯パトロールを悪用して、気に食わない人物を危険人物や要注意人物にでっち上げて
防犯パトロールに尾行や監視、付き纏いを働かせる問題が全国各地で起きている背景

言い換えれば地域によっては創価学会による防犯活動の私物化問題があるという事

それ以外にも、防犯活動に従事した人達の中からも、不審人物や要注意人物へのでっち上げが行われているという声が上がっているし
自己保身の為に不審人物や要注意人物にでっち上げる防犯活動幹部がいたという話や
悪意から警察のおとり捜査の真似事を防犯パトロール中に実施し、不審人物や要注意人物にでっち上げた人間に対して
犯罪行為を犯こすよう誘発しようとした、といったとんでもない問題も発生しているようです

防犯パトロール自体が、そもそもこの種の問題を抱えているわけです
その問題点を創価学会が逆手に取った

やりすぎ防犯パトロールで問題となっているものは、関連個所に働きかければ、創価学会が単独で行えるものが大部分です
(やりすぎ防パト創価主犯説)

16Ms.名無しさん2017/12/13(水) 09:36:02.440
次のレスでテンプレは最後です

17テンプレ2017/12/13(水) 09:36:27.060
集団ストーカーの目的
下記は実際に集団ストーカーの民事裁判が行われた際に、裁判所に提出された書面で、裁判所の公開文書です
ソースURL
http://news.livedoor.com/article/detail/5852938/
 T谷弁護士は(編注:原文は本名)都内の大手コンサルティング会社から労働法の専門弁護士として依頼を受任し(略)、
 不都合な社員や退職させたい社員がいる際には、

 まず集団ストーカーと呼ばれる手口で、

 その社員の周辺に複数の人間が常につきまとい、

 その社員に精神的苦痛を与え続け、

 その社員がたまらなくなって、

 怒鳴ったり暴力を振るったりしやすいようにする、

 もしくは精神的苦痛で自殺しやすい状況にする行為を続ける。

 このような集団ストーカー行為、もしくは産業医の制度を悪用する手口を使って、
 被害を訴える個人に対し、精神分裂症等の精神病として診断書を作成して被害者の発言の信憑性を低下させ、

 その上で産業医が治療と称し措置入院等を行う事で、報道、捜査機関、裁判所等を欺いて対応が出来ないようにし、
 さらに一般市民を自殺や泣き寝入りに追い込む。

つまり集団ストーカーは、自殺に追い込む、統合失調症を含む精神疾患を発症させたり、暴力を振るわせる事で犯罪を起こさせて
社会的に抹殺する事を目的として行われる、極めて残忍で卑劣、悪辣な組織犯罪であるという事です

創価学会がそのような行為を働くのは、「青年よ、仏敵を打ち砕け。学会迫害の悪人は厳罰で野たれ死ぬまで攻め抜け」と教えており
被害者達は創価学会から敵対者や仏敵扱いされている為、被害者を徹底的に精神的に追い詰めて、自殺させたり
苦しみを与え続けるのが当然だと学会員達が考えている為だと言われています
ソース:https://i.imgur.com/joG0wlu.jpg

18Ms.名無しさん2017/12/13(水) 11:52:12.620
犬作カルトw

19池田会長が正気に戻ったら竹内一彦(青年部長)は学会除名です2017/12/14(木) 02:13:56.010
信仰をする功徳は確かに存在しますが東京、足立創価学会のように「集団ストーカー」という謗法(仏法に反する悪事)を行えば今までの功徳は一瞬のうちに消えて罰の現証しか残りません。
(集団ストーカーとは巨大組織が弱い個人に向かって集団で嫌がらせ、個人攻撃、陰口、悪口等を行うことです。相手が死ぬか自殺するまで続けられます)
この集団ストーカーは創価学会本部の竹内一彦全国総合青年部長が足立創価学会員に命令したものです。幹部の法律違反を隠蔽するためです。仏法の正義などどこにもありません。
東京足立区は貧乏人の集まりだの教育水準が低いだの治安が悪いだと言われていますが足立創価学会員はその足立区民より更にひどいという実態です。
身障者は多く母子家庭も多いです。所得水準は足立区民より更に低いです。それもこれも集団ストーカーという悪行(謗法)を行ったが故の仏罰であります。正に現証です。
「道理、証文より現証にはすぎず」と御書(教典)にあるようにどのような理屈や証文よりこの現実(現証)の方が重要です。
池田会長はこの弟子達(足立創価学会)が犯した大謗法=悪事の責任をとって認知症(頭破作七分)という罰を受けました。七年以上全く治りません。正に現証であり仏罰です。
御書(教典)に「悪しき弟子を持つ時は師弟共に地獄に堕つ」とあるように師匠である池田会長は弟子達の悪事(謗法)の責任を取らなければならない故に認知症(頭破作七分)という仏罰を被ったのであります。(頭破作七分=精神異常)

20Ms.名無しさん2017/12/14(木) 23:45:57.020
会員減

21Ms.名無しさん2017/12/17(日) 07:47:23.090
女性宮司を殺害した実弟の破格な豪遊 福岡に移住し釣り三昧の日々

富岡八幡宮の女性宮司、富岡長子さんを日本刀で殺害して自殺した実弟の富岡茂永容疑者(56)は、宮司を解任されて移り住んだ福岡県宗像市で超豪華な生活をしていた。
自家用船を所有して趣味の釣り三昧、「ビビット」が入手した3年前の写真では大魚をかざすスキンヘッドにサングラス、
ひげづらの人物が写り、宮司時代とは似ても似つかない茂永だという。高級家具と外車、書斎には日本刀が飾られていた。
茂永容疑者が今年(2017年)夏ごろまで住んでいたという宗像市の知人は、「金は捨てるほどあると言っていた」と話す。茂永は海外まで釣りに出かけ、
ヘリコプターで釣り場に向かうこともあったという。家の金庫には6億円から8億円があるとの話もあった。
司会の国分太一「神社を私物化したようにも見えてしまいます」
知人は「仕事をしている感じはしなかった」という。ずっと無職で、遊び暮らしていたらしい。

神社はさい銭など非課税

神社はさい銭やお守り・おみくじ、祭りなどのイベントの収入が非課税だ。富岡八幡宮の初詣だけで20万人の人出があると見られ、1人1000円使うとしても2億円が無税で、
ほかにも境内で骨董市や縁日のたびに人が来ればさい銭などが入り、これにも税金がかからない。それが茂永容疑者の豪遊につながっていたのだろうか。こんな税制自体がおかしい。
堀尾正明アナ「生活には困らなかったろう。それでも宮司職にこだわった」
宗教ジャーナリストの小川寛大さんは「小さいころからしみついた執着」と見る。それに立ちはだかったのが姉の長子さんだった。

https://www.j-cast.com/tv/2017/12/12316290.html

22創価学会による集団ストーカーの目的2017/12/17(日) 11:25:55.880
下記は実際に集団ストーカーの民事裁判が行われた際に、裁判所に提出された書面で、裁判所の公開文書です
ソースURL
http://news.livedoor.com/article/detail/5852938/
 T谷弁護士は(編注:原文は本名)都内の大手コンサルティング会社から労働法の専門弁護士として依頼を受任し(略)、
 不都合な社員や退職させたい社員がいる際には、

 まず集団ストーカーと呼ばれる手口で、

 その社員の周辺に複数の人間が常につきまとい、

 その社員に精神的苦痛を与え続け、

 その社員がたまらなくなって、

 怒鳴ったり暴力を振るったりしやすいようにする、

 もしくは精神的苦痛で自殺しやすい状況にする行為を続ける。

 このような集団ストーカー行為、もしくは産業医の制度を悪用する手口を使って、
 被害を訴える個人に対し、精神分裂症等の精神病として診断書を作成して被害者の発言の信憑性を低下させ、

 その上で産業医が治療と称し措置入院等を行う事で、報道、捜査機関、裁判所等を欺いて対応が出来ないようにし、
 さらに一般市民を自殺や泣き寝入りに追い込む。

つまり集団ストーカーは、自殺に追い込む、統合失調症を含む精神疾患を発症させたり、暴力を振るわせる事で犯罪を起こさせて
社会的に抹殺する事を目的として行われる、極めて残忍で卑劣、悪辣な組織犯罪であるという事です

創価学会がそのような行為を働くのは、「青年よ、仏敵を打ち砕け。学会迫害の悪人は厳罰で野たれ死ぬまで攻め抜け」と教えており
被害者達は創価学会から敵対者や仏敵扱いされている為、被害者を徹底的に精神的に追い詰めて、自殺させたり
苦しみを与え続けるのが当然だと学会員達が考えている為だと言われています
ソース:https://i.imgur.com/joG0wlu.jpg

23Ms.名無しさん2017/12/18(月) 15:44:25.310
創価学会が反対派を弾圧するって

https://twitter.com/dameyodame5963/status/942005071545376768
ダメよ〜ダメダメ? @dameyodame5963
信濃町界隈から洩れ伝わる情報によると、10月の衆議院総選挙での公明党の惨敗。
選挙区、比例区での落選など票が減ったのは会内不穏分子やツイッター等のSNS、ネットの影響だとして
年明けから春先にかけてあぶり出し、調査、査問等を厳しくし処分を行っていくように各方面、地域に通達した模様。
4:14 - 2017年12月16日

mini? @minimini2009y
4 時間4 時間前
返信先: @dameyodame5963さん

正式には12月〜5月までです。
流れている話だと、まずは話を聞いてやれ!
それでも反論や回心の余地が無ければ切れと言う感じだそうです。
先日、関西女子部が職員幹部に査問時恫喝される話がありました幹部も中途半端に話を聞いてもどうしようもなく最後にキレて恫喝、最低

obon_kobon? @obon_kobon_
16 時間16 時間前
返信先: @dameyodame5963さん

執行部の意に反する輩は、徹底的にやれ!ということですね。
来年は「世界広布新時代 査問の年」だ(笑)

24池田会長が正気に戻ったら竹内一彦(青年部長)は学会除名です2017/12/20(水) 01:38:44.560
公明党足立区議会議員の中に経歴を詐称して議員になっている輩がいます。十八年間、経歴を詐称して議員としての報酬をもらっています。十八年間の給料の不正受給です。
この議員の後輩(学会幹部)も十年以上に渡り給料の不正受給他、様々な法律違反を犯しましたが竹内一彦全国総合青年部長は不正を隠蔽してなおかつ足立創価学会に集団ストーカーという犯罪行為まで命令しています。
(集団ストーカーとは巨大な組織が集団で個人に対して嫌がらせ、個人攻撃、陰口、悪口等を行うことです。その人が死ぬか自殺するまで続けられます)
池田会長はこの経歴詐称議員と不正を行った学会幹部、竹内一彦の嘘を信じて本部幹部会で間違った指導をしてしまいました。創価学会の会長が間違った指導をすると罰が当たります。
それだけ創価学会会長の指導というのは厳格なのです。
池田会長も人間革命に書いた通り戸田会長は間違った指導をして長年、借金取りに追われるという罰を受けました。池田会長も同じように間違った指導をして七年以上に渡り認知症という仏罰を受けています。
いまだに治る気配もありません。御書(教典)に「道理、証文より現証にはすぎず」とあります。どのような理屈、証文より現実の方が重要だという意味です。
池田会長の七年以上に渡る認知症(頭破作七分という仏罰です)ほど完璧な現証、現実はありません。要するに経歴詐称足立区議会議員、学会幹部、竹内一彦の三人は大嘘つきの詐欺師だということです。
このような詐欺師三人組の大嘘をまともに信じて集団ストーカーという犯罪(謗法)を行っている足立創価学会。足立創価学会は日本最大の創価学会組織です。
このような弟子達の悪事(謗法)の責任を取って池田会長は認知症という仏罰をあえて受けました。池田会長の人生最後の弟子達に対する警告だと思っていいでしょう。
しかし無知蒙昧な足立創価学会員は獣のように人の恩、師匠の恩というものが分かりません。故に益々、池田会長の病気は悪くなるばかりです。
足立創価学会と上の三悪人でよってたかって池田会長の首を締めているのと同じです。人の恩がわからないのは獣です。
足立創価学会員は来世は人間ではなく獣として生まれてくるでしょう。犬か猫、動物として生まれてくるでしょう。最低の不知恩、正に獣です。

25Ms.名無しさん2017/12/23(土) 21:29:46.990
無職
馬鹿
貧乏
見た目も臭そうでキモい
やる事も陰湿でセコい
結婚できない

創価ってこれすべて備わってるからな

地上最底の生物と言われる所以だよ

26Ms.名無しさん2017/12/24(日) 08:52:07.490
暴走族使うな

27Ms.名無しさん2017/12/28(木) 22:00:33.420
池田大作はいつになったら信濃町から出て来るんや?

28Ms.名無しさん2017/12/28(木) 23:39:22.430
弘法大師なんか1200年前から高野山の奥の院に引き籠もって飯だけ喰ってるじゃん、数年程度で騒ぐなや

29Ms.名無しさん2018/01/03(水) 22:16:16.550
>>28
病名は何?なぜ学会本部は学会員に「池田先生は元気です」などと嘘をつく必要がある?
結局、認知症で病名の発表ができないのです。池田会長はかつて「真面目に信心をした人は絶対に認知症にならない」と指導したのにその本人が認知症になってしまった。
認知症は頭破作七分=つまり精神錯乱、精神異常を意味する。何かしらの謗法を行わない限り認知症にはならない。その謗法とは弟子達の集団ストーカー以外あり得ない

30Ms.名無しさん2018/01/04(木) 21:49:23.220
生きてるだけでムカつくゴミやな

31Ms.名無しさん2018/01/04(木) 21:52:53.770
俺もストーカーに参加してる層下のガキみたけど、何あれ?

気持ち悪い弱そうな田舎くさいダサいだけのタコガキでワロタw

親と同じキチガイの臭い血が流れてると思ったら気色悪い

32Ms.名無しさん2018/01/04(木) 21:54:07.060
さすがキチガイの息子w

ワロタw

33Ms.名無しさん2018/01/05(金) 20:42:14.260
今回の件、重要な情報になるので、関連スレ全てに貼らせて頂きます
ネット上に下記のような、防犯パトロールを悪用して創価学会が嫌がらせをしているとの情報が
私が知る限りだと2012年頃から出回るようになりましたよね
 創価学会の防犯パトロールですがアレって個人を尾行したり監視したりしていますがただの個人いじめじゃないんですか?
 yosimami1225さん 2012/4/211:02:21
 https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1284766787
 >創価学会の防犯パトロールですがアレって個人を尾行したり監視したりしていますがただの個人いじめじゃないんですか?
 >時に悪い噂を流したり在日の生活保護者をアルバイトで使ったり
 >地域によってはヘリコプターや消防車、他緊急車両を私用して個人を威圧するのもどうかと思います。
 >犯罪を抑制する行為?それとも更正させる教育?
 >俺に言わせりゃ単なる個人テロとしか思えませんがね(苦笑)
 >俺には信心なんてありませんからその正当性はわかりませんが
 >それによって覚せい剤使用者が他人を傷つけたり
 >何もしていない人が個人的な恨みにより噂の捏造で被害を受けています。
見つかったのがこれだったので、とりあえずこれを貼りましたが
この防犯パトロールの悪用問題の元々の情報源は

 >407可愛い奥様2018/01/05(金) 17:09:29.55ID:rosJPpPb0
 >やらせてる幹部はしらを切るつもりだろうけど
 >実行部隊は日々動かぬ証拠があるわけだから逃げ切れない。
 >しかも指令出してるのは町内に住んでる末端幹部の婦人部。
 >脱会者からの克明詳細な告発文書まで出回っている。
 >組織ぐるみなんだから幹部もろともと思うが、やらせてる大元の大幹部は
 >あの手この手で自分達だけは逃げるだろう。

重要なのでもう一度、強調して貼りますが

 >脱会者からの克明詳細な告発文書まで出回っている。

どうやら脱会された方が告発された、克明詳細な文書のようです
創価学会による防犯パトロールの悪用は、極めて悪質な構造となっている為、実行役から外部に情報が漏れる可能性は低いです
だから変だなと思ってたんですが、案の定、実際にこの行為を知っているか、加担させられた脱会者の方が情報源だったようです

34Ms.名無しさん2018/01/06(土) 11:04:40.340
【警察による国民監視衛星の悪用】
◎電磁波を使った国民に対する人体実験・虐待・拷問・性犯罪

『未分類 電磁波による拷問と性犯罪 Archive. is』の記事を御覧ください。
http://archive.fo/sFWAh

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

【告発者】色川高志(葛飾区青戸6)
◎日本全国にたくさんの被害者がいます。
@私、色川高志はこのような犯罪を絶対に認めないし絶対に許さない!!
A私、色川高志はこの犯罪の撲滅のために最後まで闘い抜くことを誓います!!
B私、色川高志は邪悪な警察権力に対して敢然と立ち向かうことを皆様にお約束します!!
C私、色川高志は被害者に代わり自らが電磁波による人体への攻撃を受ける覚悟でいます!!

35Ms.名無しさん2018/01/09(火) 22:09:45.220
>>34
創価の嫌がらせに電磁波とかないからw
もう電波系陰謀論を混ぜ込む事で隠蔽できる段階じゃないから諦めろって

36Ms.名無しさん2018/01/14(日) 06:41:40.210
「青年よ、仏敵を打ち砕け。学会迫害の悪人は厳罰で野たれ死ぬまで攻め抜け!」(聖教新聞、平成16年11月18日付)❗
この池田会長の指導こそ創価学会の集団ストーカーの根元です。竹内一彦全国総合青年部長が足立創価学会に集団ストーカーを行わせているのはこの指導を元にしています。
しかし竹内は正しいことをしている人を勝手に仏敵に仕立て上げ攻撃させています。つまり竹内は善人を攻撃させているのであります。池田会長の指導を曲解し、ねじ曲げて逆に学会員に悪事を行わせています。要するにでっち上げです。
だから池田会長は竹内や足立創価学会の悪事(謗法)の責任をとって七年以上に渡る認知症(頭破作七分)という仏罰を逆に受けることになったのであります。
「道理、証文より現証にはすぎず」と御書ある通り事実(現証)こそ最も優先される証拠です。池田会長の認知症(頭破作七分)ほど完璧な現証はありません。
要するに竹内一彦、足立創価学会、公明党足立区議会議員こそ極悪人であり真の仏敵であります❕

37Ms.名無しさん2018/01/14(日) 14:36:20.790
逆だろ、軍事衛星、BMI、音声送信

言われてる事は全部やってる事だぞ

やってる奴らは無職でどうしようもないバカ

38Ms.名無しさん2018/03/08(木) 02:58:06.940
在チョン創価ブタクソババアあおきとしこはよしね。

39Ms.名無しさん2018/03/08(木) 19:11:04.460
創価学会と法華経

鎌倉時代の僧侶・日蓮は、法華経こそが仏教のすべての経典の中で最も優れたものと考え、
「南無妙法蓮華経」と唱えれば救われると説いた(法華経の正式名称は「妙法蓮華経」)。

創価学会は、日蓮の教えを正しく受け継ぐ唯一の教団と自称し、その教義では、学会員は
法華経を広める「地涌の菩薩」とされている(これが学会員の選民意識の根拠でもある)。

しかし、ほとんどの創価学会員は、法華経の内容について知らない(興味も持ってない)。
法華経は大乗仏教の重要経典であり、日蓮系だけでなく多くの伝統宗派で重視されている。

その教えも、仏像を供養すると仏道を成じる、修行すれば来世で阿弥陀仏の浄土に生れる、
観音菩薩を拝むとご利益があるといった、多くの仏教徒にとって、なじみ深いものである。

創価学会は、上に挙げた法華経の教えをすべて否定している。日蓮は「善に付け悪につけ
法華経をすつるは地獄の業」と説いた。日蓮が正しいなら、学会員の堕地獄は確定である。

40Ms.名無しさん2018/03/12(月) 22:26:59.260
すごくおもしろいPCさえあれば幸せ小金持ちになれるノウハウ
暇な人は見てみるといいかもしれません
グーグル検索『金持ちになりたい 鎌野介メソッド』

6UAS3

41Ms.名無しさん2018/03/18(日) 23:36:04.680
↑何だこの荒らし
川島和正だって

42Ms.名無しさん2018/03/25(日) 04:00:25.190
在チョン創価ブタクソブスババアあおきとしこはよしね。ゴミクズ

新着レスの表示
レスを投稿する