好き好きゴールデンハムスター Part60

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています
1黒ムツさん2017/11/18(土) 01:04:09.78ID:lnLk4sYQ
<前スレ>
好き好きゴールデンハムスター Part59 [無断転載禁止]2ch.net
http://mao.5ch.net/test/read.cgi/pet/1500957070/

<注意事項>
・ゴルハムでマターリ。ペットは多様です。お互い尊重し合いましょう。
・虐待を誘発させるような発言・描写・画像等は禁止です。
・質問はageて、回答者はsage推奨。
・荒らし、煽り、アンチは無視。それらに反応する者は厨房と同じです。
・荒らし、煽り、レッテル張りに対しては専用ブラウザのNGワード機能等で各自自衛する事。
・初心者には優しくしましょう。「過去ログ嫁」の一言で撥ねつけずにマターリと。
※次スレは>>950が立てて下さい。立てられない場合はレス番を指定すること。

<質問する前に>
・まずは飼育サイトで調べて下さい。大抵の事は解決します。
・様子がおかしい、病気かな?と思ったら、ここでどうしよう?ときくより即病院へ連れて行きましょう。
※夜間、休日での診療を受け付けている病院を事前に調べておいたり、応急処置の方法等を勉強しておく事も大事です。

252名も無き飼い主さん2018/01/13(土) 00:53:30.26ID:ZDmiVvbA
個人的には黒ムツ師匠の最高傑作と思うので転載しる

今回の小道具はベルトサンダーを使用します。
モーターにインバーターを接続し、プラケの底を切り抜いてちょうどお昼良いサイズのカバーを取り付けます。
ペーパーの上に置かれたハムちゃんは不安そうに周囲の臭いをかぎ、壁に手を掛けて立ち上り落ち着かない様子です。
ギリギリの低速でスタートしますと丸くなってキョロキョロしながら壁へ押し付けられます。
エンドレスのペーパーは余り粒度が高いのが無いので容赦なくハムちゃんの足の裏が削られ出血します。
何度か驚いたように飛び上がり、ひっくり返っては全身に擦り傷を作った後、ようやく期待通りに走り始めます。
周波数を調整してギリギリハムちゃんが位置をキープ出来ずに徐々に壁の方へ流れるようにします。
周波数から計算しますとだいたい時速5Km位がロボちゃんの最高速度のようです。
目を見開いて必死に走る姿を楽しんでいますと壁に押し付けられそうになるので寸前で速度を調整します。
こうやってハムちゃんと楽しく遊べるのは信頼関係(大爆笑)ができているからでしょうねwwwwww
5分ほどで体力の限界が訪れたようでよたよたと何度か転びそうになりついに壁に押し付けられてしまいます。
ヂーヂー、ここではじめてサウンドを発しながら何度も起き上がろうとしたり跳び跳ねてみたりします。

253名も無き飼い主さん2018/01/13(土) 00:54:28.78ID:ZDmiVvbA
ペーパーで全身に擦り傷が付けられて出血し、目尻から血を流し目を細めて悶え、手足は真っ赤になってしまいます。
ここで少し速度を落としてあげると何とか持ちなおし、よろよろと歩き始めます。
目を細めて舌を突きだし喘ぐように体を震わせながら歩き続けるハムちゃんのカッツに免じて楽にして上げる事にします。
少し大きめの木片を投げ込むと驚いたことに機敏な動きでかわしてしまいました。
まだまだ頑張れそうなので再びスピードを上げると必死の形相で背後で音を立てて暴れる木片から逃げています。
その痛々しい姿に珍しく仏心が沸いてきたので一気にスピードを上げます。
木片と壁に何度も何度も挟まれペーパーで全身を傷つけられたハムちゃんは泣き叫ぶ事も出来なくなったようです。
スイッチを切って観察すると四肢はへし折れ何度もねじられたのか真っ赤な紐のようになってこの子はもう歩くことも出来ないでしょう。
目を細めて横たわる全身の毛皮はボロボロになり全身の無数の擦り傷からの出血で赤くそまっています。
こんなに小さな体でここまで楽しませてくれたハムちゃんへの感謝を込めて一気に締め上げて止めを刺します。
しかし、驚いたことに絞め上げると動かないお手てを微かに動かして抵抗し、口を開け舌を突きだして酸素を求めます。
こんなにボロボロになっても生き延びようと必死な小さくても尊い命に感動してしまいましたwww
更に1時間の首絞めを楽しんだあとこの子はお空へ帰っていきました。

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています