憲法改正は本来なら「信じる力」、国民がそれに反発する中で起こる事だが、この憲法改正をしたい連中は、そんな国民的議論がないのに、「国民的議論が必要だ」などと本末転倒の展開を見せる。

憲法改正の敷居を下げ、不正投票を行い、改正させて後に国民から「あなたのせい」と言って財産を奪う。