法律の根源は宗教にある。アメリカ先住民でも民族と掟は結びつき、民族の掟がユダヤ教であり、タルムードが詳細である。

民主主義の憲法も、民主主義と言う統治を信じる宗教であり、根源はそれを「信じる」所が出発点だ。

歴史的に宗教対立は解釈から起きている様で権力闘争で分裂する。