【筋力】追い込まないトレーニング実践スレ【筋量】

1前スレの1 (ワッチョイ f261-CPv/)2017/10/22(日) 10:47:38.11ID:q1tI4pcV0
週のトータルボリュームという視点から筋肉の発達に効果的なトレーニング方法を考えてみるスレです
頻度・セット数・強度など変化をつけてみることで一層の伸びが期待できるかもしれません

追い込む:できるだけ速やかに深く筋肉を疲れさせることを目指す・連日行うことは無理な強度
追い込まない:なるべく疲れないように練習量(ボリューム)を稼ぐことを目指す・高頻度が可能

低頻度:同じ部位を週1〜2回(=分割法)
    追い込むのが基本・良い仕上がりを狙う、十分な回復日数を設けて超回復を狙う
高頻度:同じ部位を週3回〜(=エブリトレ・エブリベンチ等)
    追い込まないのが基本・次回までに回復が間に合う強度で継続的な伸びを狙う、週5以上は超高頻度とも

高重量:6RM以下(単に重いのを高重量とは呼ばない)
高強度トレ:高重量・短インターバル・チートなどで負荷を高めて速やかに筋肉疲労のピークを狙うトレ

低レップ:1〜5回 ※10RMで5レップも「低レップ」 ・中レップ:8〜12回 ・高レップ:13回〜

追い込むVS追い込まない 比較実験 (※リンク先はどれも単なる参考です)
http://www.dnszone.jp/magazine/2015/0721-001.php

高頻度トレーニングの計画の立て方(英語)
https://www.muscleandstrength.com/articles/high-frequency-training

週単位の筋タンパク質の合成量からトレーニング頻度をデザインする
http://www.rehabilimemo.com/entry/2017/06/04/141146

超回復理論 vs フィットネス−疲労理論
http://kawamorinaoki.jp/?p=175794028

前スレ
追い込みやトレ頻度など議論するスレ
https://mao.5ch.net/test/read.cgi/muscle/1505826854/
VIPQ2_EXTDAT: checked:vvvvv:1000:512:----: EXT was configured

638無記無記名 (ワッチョイ 97b8-Tkpd)2018/02/20(火) 01:51:18.05ID:i1AElC1x0
>>637
のが多いわけではないが遅筋の比率が有意に高い
速筋だけでなく遅筋も含めて筋肥大を狙う

639前95 (ワッチョイ ffb6-d45T)2018/02/20(火) 03:39:18.94ID:2tzUKAXg0
仕事前の今日の1回終わり

640無記無記名 (ワッチョイ ffa6-T3WU)2018/02/20(火) 06:36:11.79ID:BmJ3jw9B0
>>638
ボディビルダーは遅筋のが多い
彼らのトレーニングは速筋よりも遅筋を鍛えてるんだ

https://goo.gl/9zvYBp

641無記無記名 (ワッチョイ 37ec-LGHr)2018/02/20(火) 06:54:56.65ID:K+dDViph0
>>635
>筋肥大の遅さや疲労は分割法自体の問題
>>550も含めて分割法に問題あると書いてるように読めるが?

642無記無記名 (ワッチョイ 97b8-Tkpd)2018/02/20(火) 07:04:02.29ID:32tH1hyI0
>>641
どんなトレーニングプランでもメリットもデメリットもあるだろ

643無記無記名 (ワッチョイ 97b8-lRW4)2018/02/20(火) 07:07:43.94ID:zsb2da6v0
>>637
遅筋が50数%というだけでビルダーが一般人より特別多いなんてことは全くないし、
速筋と遅筋の線維数比率がボディービルのトレーニングによって変化することもない

ビルダーは遅筋を鍛えているというのは都市伝説

644無記無記名 (オッペケ Sr0b-Tkpd)2018/02/20(火) 07:14:25.47ID:kIjx3zwFr
>>643
お前…

645無記無記名 (ワッチョイ 97b8-lRW4)2018/02/20(火) 07:16:20.83ID:zsb2da6v0
>>644
ちゃんと反論しなよ

646無記無記名 (オッペケ Sr0b-Tkpd)2018/02/20(火) 07:23:45.60ID:kIjx3zwFr
ボディビルのトレーニングが遅筋をターゲットにしているなんて言ってるのは一部の馬鹿だけだろ
疲労が強く残るほどの追い込みトレーニングが遅筋に入りやすいってだけで
ボディビルのトレーニングは追い込みトレーニングだけじゃないし

馬鹿の釣り意見に過剰に反応するってことは同レベルの知性ってことだ

647無記無記名 (ワッチョイ 9773-YgHJ)2018/02/20(火) 11:26:58.27ID:pzLtDc0t0
ビルダー下げてリフター上げるのがこのスレの伝統だからしゃーない

648無記無記名 (ワッチョイ 9f61-whYe)2018/02/20(火) 12:28:46.54ID:EK+yPpsV0
>>636
速筋の持久力ってことか!
筋量狙い・筋肥大狙い・持久力狙いっていう分け方に疑問を感じるばかりで掘り下げが足りなかったなあ
高レップトレで伸ばしてもそのままMAXに反映されないのは感じてたけど、自力でそれとつなげることは出来なかった

実際1〜30RMの重さの範囲だと重いほど筋力メイン〜軽くなるほど筋量メインに成果の比率が変化してるように思う
何か一気にスッキリしてしまった、ありがとう

649無記無記名 (ササクッテロレ Sp0b-9ISd)2018/02/20(火) 12:40:42.24ID:hd81oYh/p
>>646
過剰に反応して噛み付いてるのどっちだよw

650無記無記名 (ワッチョイ 9f61-whYe)2018/02/20(火) 12:41:22.65ID:EK+yPpsV0
>>641
こっちは論争したいわけじゃなくてトレ効率や考え方の精度を高めたいんだよ
で、どうするの?
初回トライアルで一応の結果と感想を得たと、それをトレにフィードバックして進化を試みるのか、最終結論にしちゃうのか

651無記無記名 (ワッチョイ 17b8-LGHr)2018/02/20(火) 12:47:54.54ID:U1ZIeoX00
>>642
勿論だよ。ただ1はやり方次第で分割法、高頻度関係なくでる問題を分割法だけのデメリットと解釈してるようだから、突っ込みいれてるんだわ。

652無記無記名 (ワッチョイ 9f61-whYe)2018/02/20(火) 19:01:40.21ID:EK+yPpsV0
>>651
論点:問題発生を最小限に抑える努力をしつつ比べた場合に高頻度と分割法ではどうなのか?
588氏の答え:やり方次第で方法に関係なく問題が出る、という意見を言ってる俺は正しい

経験談を書いてくれたのは参考になったしありがたいけど、その先を求めないなら残念だけどスレチ
高頻度は時間が…ってのも必要とあれば解決可能だからまた実践する時に難しいと思ったら書き込んでよ

653無記無記名 (ワッチョイ 37ec-LGHr)2018/02/20(火) 19:09:01.95ID:K+dDViph0
>>652
>>632読んで反論できずその答えかw
相変わらず自分の説に都合の悪い話はスルーだなぁw

654無記無記名 (ワッチョイ 37ec-LGHr)2018/02/20(火) 19:27:53.78ID:K+dDViph0
高頻度で怪我した→やり方が悪い
分割法で怪我した→分割法自体の問題
だからねぇw

655無記無記名 (ワッチョイ 9f61-whYe)2018/02/20(火) 19:29:51.76ID:EK+yPpsV0
>>653
都合が悪い?こっちに?588氏がやり方を間違った結果ケガをしたってだけの話だから反論も何もないんだけど

656無記無記名 (ワッチョイ 9f61-whYe)2018/02/20(火) 19:39:08.79ID:EK+yPpsV0
>>654
高頻度で怪我した→588氏が間違った高頻度トレで怪我した
分割法で怪我した→分割法は負荷が分散せず負担が大きくなるので怪我しやすい

実践したっていうから議論を楽しみにしてたけどスレチだよ、訂正も面倒

657無記無記名 (ワッチョイ 37ec-LGHr)2018/02/20(火) 19:39:58.27ID:K+dDViph0
俺が怪我したかどうかじゃなく
>関節や神経系の疲労ってのは明らかな体感ってのは難しい。
(神経系の疲労は使用重量が下がったりで多少は分かるが)
分割法では1日で追い込むが種目後半に関節の負担の少ない種目を持ってきて怪我のリスクを抑える。その後数日あけることによって関節、神経系の回復をさせる事が出来る。
だが高頻度でトレーニングをすると知らず知らずのうちに関節、神経系に疲労がたまり怪我に繋がる。
これについては?

658無記無記名 (ワッチョイ 9f61-whYe)2018/02/20(火) 19:52:44.96ID:EK+yPpsV0
>>657
>知らず知らずのうちに
知ってたでしょ?明らかに高強度化してるんだから

自分だって「毎日やれ」とだけ言われたから訳も分からず7セットを5セットにして毎日限界までとかやってて怪我したりしたよ
追い込まないとかも知らなかったとこから手探りで調整してきたし、そういうのは分割法でも一緒でしょ?
疲れが溜まるのを自覚しにくいって分かってるんだったら、じゃあどうやるべきかって具体的に考えるんだよ
プログラムが3週やって1週休むとかなってる万人向けにマージン取った方法だと思うから、最初はそういうのでもいいし

659無記無記名 (ワッチョイ 37ec-LGHr)2018/02/20(火) 20:13:20.01ID:K+dDViph0
>>658
明らかに分かるような疲労(ダメージ)なら普通に休息取るだけだわな。
ちょっと前のレスだが

ダルビッシュが異議を唱える100球制限の根拠PAPとは何か?

「中4日は絶対に短い。球数はほとんど関係ないです。120球、140球を投げても、中6日あれば靱帯の炎症も全部クリーンにとれる」

660無記無記名 (スップ Sd3f-V/O1)2018/02/20(火) 20:15:32.40ID:D57mVPy6d
「間違ったやり方だったから怪我したんだ」って何でも言えてしまうじゃんw
何が正しいのか言わなければ、ただの論点先取

661無記無記名 (ワッチョイ 9f61-whYe)2018/02/20(火) 20:32:50.57ID:EK+yPpsV0
>>659
>疲れが溜まるのを自覚しにくいって分かってるんだったら、じゃあどうやるべきかって具体的に考えるんだよ
アップセットのボリューム増とインターバルが短くなったのが原因って自分で言ってるじゃん
日々体の状態に意識を向け注意を払うのも練習のうち、それにどこまでなら大丈夫かを探るのは分割法も同じ
588氏はダルビッシュじゃないんだろう?だったら自分スペシャルを考え出すしかないじゃんか

662無記無記名 (ワッチョイ 37ec-LGHr)2018/02/20(火) 20:34:07.39ID:K+dDViph0
>>661
俺の話じゃなく一般論としての話してるんだけど?

663無記無記名 (ワッチョイ 9f61-whYe)2018/02/20(火) 20:37:45.47ID:EK+yPpsV0
>>661
一般論は関係ないんだよ
588氏は最初につまづいてそれが高頻度トレだと思い込んでるんだから語れる段階にない

664無記無記名 (ワッチョイ ffa6-T3WU)2018/02/20(火) 20:40:35.96ID:BmJ3jw9B0
>遅筋が50数%というだけで

ボディビルダーは遅筋の方が多いということになるんだが

>疲労が強く残るほどの追い込みトレーニングが遅筋に入りやすい

遅筋を鍛える気がない人にとっては追い込みトレーニングは非効率的なもの

だけどボディビルダーは遅筋を鍛えたいんだろう?だったら追い込めばいいだけの話なのに、どうして追い込まないトレーニングのスレに来て悪態つくんだよ
遅筋を鍛えたい!!だから追い込むトレをする!!って言ってる人たちを馬鹿にしたり、追い込むのやめろなんて誰も言ってないのに
ビルダーを下げてる!!って被害妄想だろう

665無記無記名 (ワッチョイ bf21-C0Eg)2018/02/20(火) 22:13:46.70ID:9CbgiM6i0
ウエリフパワリフビルダー、それぞれトップクラスは何かしら怪我は必ずと言っていいほど
あるが致命的なまでにやってるのはビルダーが一番多いと思うな
日常生活まで怪我で身体がいうこときかないって人もいるし

666無記無記名 (ワッチョイ 97b8-lRW4)2018/02/20(火) 23:05:38.39ID:zsb2da6v0
>>646
追い込みトレーニングは遅筋を鍛えてるわけじゃない
追い込みで感じるバーンは速筋が解糖系で発生させる水素イオンによるもの

>>648
どういたしまして

>>664
>多いから遅筋を鍛えている
意味不明

667無記無記名 (ワッチョイ 9f61-whYe)2018/02/21(水) 00:34:16.39ID:XZJbz1Kj0
趣味のトレーニーなら各競技の良いとこ取りで怪我しにくいトレを目指したいね、追い込みは必須でもないし

ところで筋肉は全力を出しても働いてるのは一部で他は休んでるみたいな話があったと思うんだけど
これも筋肥大には絡んでくるんじゃないかなと
一定時間それなりの負荷がかかり続けるという状況を作ると、仕事の交代要員を増やすような意味合いでの筋肥大がありそうな
瞬間最大出力系の競技者は強くても筋肉量が多くない人も居るってとこからしても…
まあ何かソースとかあるわけじゃなく単なる思い付きの話なんだけどね

668無記無記名 (ワッチョイ ffa6-T3WU)2018/02/21(水) 03:22:27.20ID:rhvLgsoR0
>>666
意味不明ねぇ
事実から目を逸らしたところで現実は変わらないぞ
バーンがどうとかほざいたところで速筋よりも遅筋が鍛えられてるんだよ
結果が出てるんだから

https://goo.gl/9zvYBp

669前95 (ワッチョイ ffb6-d45T)2018/02/21(水) 03:46:45.23ID:z9EldtsI0
仕事前の今日の1回終わり

670無記無記名 (ワッチョイ 37ec-LGHr)2018/02/21(水) 05:51:42.01ID:UAy6IO7D0
>>663
分割法も同じって言っちゃったんだw
ようやく怪我をするのは分割法自体の問題じゃないのが理解してもらえたのかな?

671無記無記名 (ワッチョイ 97b8-lRW4)2018/02/21(水) 07:04:39.38ID:BNmCRdOo0
>>668
リンク先読んだけど「遅筋が」鍛えられてるという結果はどこにも書いてないよ
酸欠を経験していない群に対して「普段と全く違う刺激」を与えることができると書いてあるだけ

ブログ読むだけじゃなくて解糖系について少しは勉強してみたら?

672無記無記名 (ワッチョイ ffa6-T3WU)2018/02/21(水) 07:30:17.95ID:rhvLgsoR0
>>671
ボディビルダーが遅筋の方が多いのは、遅筋が鍛えられてるから、と考えるのが自然だろう

>なお意外かもしれませんが、ボディビルダーは遅筋繊維が速筋繊維よりも多いのです。


追い込んだところで、そりゃあ速筋も使われてるだろうよ
しかし、だからと言って遅筋が鍛えられてないとする根拠にはなり得ない

>疲労が強く残るほどの追い込みトレーニングが遅筋に入りやすい

追い込まなければ遅筋の出番は少ないが、追い込めば追い込むほど遅筋が鍛えられる

ボディビルダーは遅筋を鍛えてる

673無記無記名 (ワッチョイ 37ec-LGHr)2018/02/21(水) 07:53:21.40ID:UAy6IO7D0
同じ山本義徳の記事だが
http://www.cbtmag.com/backno/issue005/article02.html
参考までに

674無記無記名 (ワッチョイ ffa6-T3WU)2018/02/21(水) 08:18:40.40ID:rhvLgsoR0
>>673
お前、はじめてマシな投稿したなw

>筋繊維は大まかに遅筋(タイプT)と速筋(タイプUA、タイプUB)とに分けられます。またタイプUBの方がより速筋としての性格を持っているため、タイプUAは中間筋と呼ばれることもあります。

>ただし、意外に語られていない事実として「トレーニングによって、これら筋繊維タイプ間による移行が起こる」ことがわかっています。

ちなみに解糖系が得意な>>643氏は「速筋と遅筋の線維数比率がボディービルのトレーニングによって変化することもない」と言ってる


>とりわけ完全に明らかになっているものとして、持久的トレーニングにより「タイプUB→タイプUA→タイプT」への移行が起こるということ。
>これは複数の実験によって証明されていますし、適応という身体の反応について考えてみれば実験するまでも無く推察可能な合目的現象です。

>ボディビルダーを対象に調べた結果、ウェイトリフティングなどの選手に比べると遅筋繊維の比率がはるかに多かったということが解っています。

つまり、ボディービルダーは遅筋を鍛えてるってことだわな

675無記無記名 (ワッチョイ ffa6-T3WU)2018/02/21(水) 08:35:30.10ID:rhvLgsoR0
>さて、ボディビルダーに遅筋繊維が多い原因を考えてみましょう。通常のボディビルトレーニングは1セット5回〜12回程度で行われます。
>そして大抵のボディビルダーは、各セットしっかりと限界に近い状態まで追い込むようなトレーニングをしているでしょう。

>さて、その時に筋肉はどのような状態になっているか。一言で表すと「最大に近い張力で長い時間の筋収縮が起こっている」。これは他のスポーツと一線を画す現象です。

>筋肉が強い張力を発揮している状態では筋細胞の体積が大きくなり、それに伴って血管が押しつぶされます。すると酸素を筋細胞内に運び込むことができなくなるため、
>筋肉は少ない酸素を効率的に使おうとします。具体的にはミトコンドリア活性の上昇、ミオグロビンの増加などです。

>これは遅筋繊維の特徴であり、ボディビルダーのトレーニングにおいてタイプUA→タイプTへの移行が起こりやすいという可能性を示しているのです。


遅筋を鍛えたい!!って人が追い込むトレーニングをするのは理に適ってる
ここでは誰もそれを咎めたりしてない

676無記無記名 (ワッチョイ 37ec-LGHr)2018/02/21(水) 09:18:44.12ID:UAy6IO7D0
遅筋を鍛えてるんじゃなく、遅筋も鍛えてるな。
速筋だけ鍛えたいとかそこそこ良いからだで十分な奴が無理にビルダーの真似事をする必要はない。
それに毎日やらなくても週3ビッグ3をやって体重にもよるがトータル450kg扱えるぐらいになりゃそこそこ良いからだにはなるだろ。
ちゅうかNGし損ねてたわw

677無記無記名 (ワッチョイ 37ec-LGHr)2018/02/21(水) 09:22:04.37ID:UAy6IO7D0
週3と書いたがデッドは頻度慎重に決めた方がいいな。

678無記無記名 (ワッチョイ 9f61-whYe)2018/02/21(水) 12:59:40.78ID:XZJbz1Kj0
>>670
588氏がやり方の問題点について理解しないことは理解した
仮にも実践したという人がここで的外れ過ぎることを言い続けるのは忍びないと思ったけど、もういいよ

679無記無記名 (オッペケ Sr0b-LGHr)2018/02/21(水) 14:14:52.04ID:pQlEn+pir
>>678
別に今は別のやり方で高頻度やってんだけどね。
ピリオダイゼーションを組み入れてね。
それについても書き込みたいが、一つ一つ問題点をクリアしないとそうやってすぐごまかすからなぁw

680無記無記名 (ワッチョイ 9f61-whYe)2018/02/21(水) 15:20:24.68ID:XZJbz1Kj0
>>679
>>652の通り
読む人が誤解しかねないような書き込みがあればコメントだけさせてもらおう、後は読む人の判断に任せる

681無記無記名 (ワッチョイ 37ec-LGHr)2018/02/21(水) 15:44:16.60ID:UAy6IO7D0
まあ改めて前スレ張っとくわ。
https://mao.5ch.net/test/read.cgi/muscle/1505826854/
議論から逃げて実践スレにしちゃったもんなw

682無記無記名 (ワッチョイ 37ec-LGHr)2018/02/21(水) 16:16:44.27ID:UAy6IO7D0
改めて読み直すとさ1も最初は初心者には分割法は向かないって主張なのな。
それならむしろ賛同してる立場なのだが。

>それとは別に1が自分と違う意見を「排除」する性格が不快極まりないから議論にすらならないし支持率を下げている。

こんな事言われてるが自覚ないんだろうなw

683無記無記名 (ワッチョイ 37ec-LGHr)2018/02/21(水) 16:39:11.12ID:UAy6IO7D0
>高頻度で怪我した→588氏が間違った高頻度トレで怪我した
分割法で怪我した→分割法は負荷が分散せず負担が大きくなるので怪我しやすい

とりあえずこの理屈は頭悪すぎだからw
恥ずかしくならない?

684無記無記名 (ワッチョイ 9f61-whYe)2018/02/21(水) 21:16:03.68ID:XZJbz1Kj0
山本氏の(に限らないけど)記事を読む時は注意ね

「数々の科学的根拠から考えるとこのようなトレーニングが理想的と考えられます、実際…」みたいな論調
そして「事実・解っています・証明されています・調べたところ〜ということです、〜とする実験も」みたいなワードが並ぶ
「ボディビルダーを対象に調べた結果」とか書いてる横には内容と全く関係ないムキムキの選手の写真

これ一見説得力がありそうだけど、実はあいまいな推測もシレッと紛れ込んで根拠として使われてるのが分かる
「無酸素運動で速筋タイプUA→遅筋タイプTへの移行が起こりやすい」なんて「可能性」であるとしても違和感が強いし
それに「ボディビルダー」もこっちは写真に釣られて勝手に想像しちゃうけど、実際はどんな人たちだったのか?

研究で正しいとされた説も常に覆ってるし、そんなものを根拠にしてる時点で理論の信憑性は無いのも同じ
そしてまさにそのやり方で「理想のトレ法」とされてるものこそが「筋肥大狙いの分割法」だね

>通常のウェイトトレーニングでは低回数・爆発的運動のほうが筋肥大には効果的だという結論になります。

もしそうなら特定部位の筋量はビルダーよりリフターの方が勝るはずでは?(ナチュラル同士の場合)

>プロビルダーなどで低重量高回数のトレーニングをやっている人が多いのはなぜか
>選手寿命を長くするために怪我を恐れてしまっているということがあります。

これも勝つために体ボロボロにしながらやってる人達からすれば納得しがたい意見だと思う
言い方を変えれば「アマチュアが怪我を恐れてこれを真似る必要はない、選手生命などないんだから」ってことにもなるし

こんな風で現実からズレまくりのトンデモ理論がボディビル系には多数存在してる
「他人は正解を与えてくれない、自己検証し続けるのみ」せっかくの努力を無意味なものにするトレーニーが減ることを願う

685無記無記名 (オッペケ Sr0b-Tkpd)2018/02/21(水) 21:24:28.48ID:k7H9rJPEr
>>684
すくなくともお前の妄想よりかは信憑性があるな

686無記無記名 (ワッチョイ 9773-YgHJ)2018/02/21(水) 21:44:52.29ID:2bPMNYHH0
結局は持論を押し通したいだけなのよね
理解のあるポーズは取ってみるけどすぐボロが出ちゃう

687無記無記名 (ワッチョイ 97b8-lRW4)2018/02/21(水) 21:57:00.91ID:BNmCRdOo0
>>672
http://gooday.nikkei.co.jp/atcl/column/15/040200001/041300027/?ST=exercise&P=2
ヒトを対象にした研究では、遅筋線維と速筋線維との間にはどうしても越えられない溝があるといわれています。
例えば、スタミナの必要なトレーニングをすれば、IIxはよりI型に近いIIaにシフトしていきます。
しかし、IIaがI型にシフトするかというと、今のところそうはならないとされています。
I型とII型とには決定的な差異があり、速筋線維→遅筋線維、遅筋線維→速筋線維という変化はヒトの場合は起こらないというのが定説となっているのです。
コミ(Komi)という生理学者が1976年に発表した有名な論文では、「一卵性双生児は全く同じ筋線維組成をしている」という研究結果が報告されています。
この論文も、I型とII型との比は遺伝子によって決定していて、運動で大きく変わるものではない、という説を後押ししています。

688無記無記名 (ワッチョイ ffa6-T3WU)2018/02/21(水) 22:20:29.58ID:rhvLgsoR0
>>687
続きはどうした?都合が悪い話は無視かよ

>動物実験ではI型←→II型のシフトが起こる

>動物で実験をすると、II型からI型への移行が容易に起こってしまいます。

>動物実験で起こったことは、ヒトでも起こる可能性が高いと考えるのが自然でしょう。
>ですから、ヒトで筋線維の変化が起こるかどうかという問題も、本当のところは結論が出ていないといえます。
>2〜3ヵ月という範囲では変化しないかもしれませんが、5年、10年というスパンで本格的なトレーニングを続ければ、
>目に見える変化が起こるかもしれません。

>遅筋線維が多いマラソン選手も、必ずしも生まれつきそうだったという保証はなく、
>長年のトレーニングのたまものである可能性もあります。ですから、自分は生まれつき
>マラソンが苦手なんだと諦めてはいけない。努力によって、筋線維組成が変わっていく可能性はあるのです。


今のところ有力とされている説では、速筋→遅筋は起こり得るが、遅筋→速筋はない

ボディービルダーは遅筋が多い
ボディービルダーは遅筋を鍛えてる

新着レスの表示
レスを投稿する