出口クリスタ

1名無しさん@お腹いっぱい。2011/08/19(金) 09:13:07.83ID:8qoXMBP0
かわいい!

201名無しさん@お腹いっぱい。2017/09/12(火) 03:11:51.21ID:BUh4o7el
いよいよ3年ぶりの国際大会となるGSアブダビに出場するのか
カナダ代表で

202名無しさん@お腹いっぱい。2017/09/12(火) 21:06:14.28ID:4uBF1SRq
柔道みたいなモッサリしたのよりMMAやればいいのに

203名無しさん@お腹いっぱい。2017/09/13(水) 03:01:54.97ID:VpPaLjG7
GSPのファンらしいけど

204名無しさん@お腹いっぱい。2017/09/17(日) 02:40:55.68ID:k9PaZU5s
カナダ人はだいたいGSPファンだから。どれほどの熱量なのか

205名無しさん@お腹いっぱい。2017/09/17(日) 21:25:38.01ID:Uriexmmu
ボーシュマンが63に戻るのか
もともと津金なんかと対戦してた奴だからな
となるとカナダでのライバルはクリムカイトだけ
今のクリスタはどの程度の力あるのか
大分前ドルジスレンに一方的に勝ってたが、
あの時と今ではドルジスレンのレベルが全然違うからな

206sony好き…2017/09/25(月) 12:42:23.89ID:u8mglvc9
乃木坂46「ウチの先輩、最高かよ!〜白石麻衣 MousePro篇〜」
https://www.youtube.com/watch?v=StI7k-zvJpQ


乃木坂46「マウスダンス サマーウス」篇 フルバージョン
齋藤飛鳥、白石麻衣、西野七瀬、生田絵梨花、生駒里奈
https://www.youtube.com/watch?v=ThbYdycSE28

乃木坂46 CMスペシャルサイト
http://www.mouse-jp.co.jp/campaign/nogizaka46/

207名無しさん@お腹いっぱい。2017/10/01(日) 22:11:36.88ID:YUEfy6BG
女子57キロ級の出口は危なげなく勝ち進み、決勝でも竹内を終始攻め続けた。残り15秒、大外刈りで技ありを奪って優勢勝ち。
「きょうは楽しもうと思って、気楽にできた。素直にうれしい」。山梨学院大の4年生。大学名を背負って戦う最後の大会に勝って、笑みがこぼれた。
父の母国カナダと日本の国籍を持つ。2013年のグランドスラム東京で3位に入るなど経験を積んできたが、3年後の東京五輪はカナダ代表で
の出場を目指すという。「第二の故郷のカナダで初の金メダルを取ることが目標」と夢を語った。

出口「カナダで金を」=全日本学生体重別柔道
https://www.jiji.com/jc/article?k=2017100100469

柔道の13年グランドスラム(GS)東京大会女子57キロ級銅メダルの出口クリスタ(21=山梨学院大)がGS東京(12月1〜3日、東京体育館)に
カナダ代表として出場することが30日、分かった。
カナダ人の父と日本人の母を持つ出口は今年1月、カナダ代表として20年東京五輪を目指すことを決意。日本よりも代表入りの可能性が高い
カナダ国籍を選択した。ライバルとなる日本の同階級には、ロンドン五輪金メダルの松本薫や17年世界選手権銀メダルの芳田司らがいる。
来春の卒業後には実業団の日本生命に進み、同大を拠点に国際大会に出場するという。

柔道女子の出口クリスタ カナダ代表でGS東京出場 - 柔道
https://www.nikkansports.com/sports/news/201709300000884.html

女子57キロ級は出口が気迫あふれる闘いで頂点に立った。決勝では得意の大外刈りで技ありを奪い、勝利を引き寄せた。「苦し紛れだったが、
相手の背中が畳につくまで追えたので良かった」と相好を崩した。
長野県松本市で生まれ育ち、カナダ人の父を持つ。2020年東京五輪はカナダ代表として目指す意思を固めている。世界選手権2位の芳田
(コマツ)らがひしめく日本の激しい代表争いを避ける狙いがあり「まず出なければ話にならない」と語る。卒業後は実業団の日本生命に進み、
引き続き日本で稽古する。「目標は五輪で金メダル」と端正な顔を引き締めた。

出口、カナダ代表で東京五輪目指す「目標は金メダル」/柔道
http://www.sanspo.com/sports/news/20171001/jud17100119130004-n1.html

柔道の全日本学生体重別選手権は最終日の1日、東京・日本武道館で男女各3階級を行い、女子57キロ級では出口クリスタ(山梨学院大4年)が
2連覇を果たした。決勝では竹内鈴(東海大2年)を相手に優勢な展開を演じ、最後は得意の大外刈りで技あり。学生生活最後の試合を締めくくった。
「2連覇のプレッシャーはありましたが、4年生最後の試合を楽しめてよかった」。美人として知られる柔道家は「4年間、勝ったり負けたりいろいろ
あったけれど、今日は平均的にいい試合ができたと思う」と納得の表情だ。
カナダ人の父と日本人の母を持つ。憧れの五輪の舞台に立つため、今年1月にカナダ国籍選択を決断。今夏には手続きを終えた。卒業後は実業団の
日本生命に入社、母校の山梨学院大を拠点に稽古とトレーニングを続ける。「これからは国際大会も増えてくる。日本人と外国人のギャップを埋める
練習をしていきたい」
3年後の東京五輪を見据えつつ、まずはカナダ代表として出場する10月末のグランドスラム・アブダビ大会、そして12月初旬の
グランドスラム東京大会に照準を合わせる。「グランドスラム東京では、久しぶりに日本人と国際試合を戦うことになる。少しでも自分にプラス
にする試合にできたら」と力を込めた。

カナダ国籍選択した美人柔道家の出口クリスタ、学生最後の試合制す/柔道
http://www.sanspo.com/sports/news/20171001/jud17100118190003-n1.html

208名無しさん@お腹いっぱい。2017/10/01(日) 23:32:18.76ID:YUEfy6BG
柔道の全日本学生体重別選手権最終日は1日、東京・日本武道館で男女各3階級が行われ、女子57キロ級は出口クリスタ(山梨学院大)が決勝で
竹内鈴(東海大)を下し、2連覇を果たした。同52キロ級は、先月の全日本ジュニア体重別選手権を制した古瀬舞(帝京大)、同48キロ級は
田中芽生(龍谷大)が初優勝。
男子100キロ超級決勝は日大勢の対決となり、佐藤和哉が一色勇輝を下して初制覇。同100キロ級は吉良儀城(国士舘大)、同90キロ級は
安達健太(東海大)が初めて制した。

出口が女子57キロ級連覇=全日本学生体重別柔道
https://www.jiji.com/jc/article?k=2017100100372

柔道の全日本学生体重別選手権最終日は1日、東京・日本武道館で男女各3階級が行われ、女子は57キロ級の出口クリスタ(山梨学院大)が
2連覇を果たした。52キロ級は古瀬舞(帝京大)、48キロ級は田中芽生(龍谷大)がいずれも初優勝した。
男子は100キロ超級を佐藤和哉(日大)、100キロ級は吉良儀城(国士舘大)、90キロ級は安達健太(東海大)がそれぞれ初めて頂点に立った。

女子57キロ級の出口が2連覇 全日本学生体重別選手権/柔道
http://www.sanspo.com/sports/news/20171001/jud17100117320002-n1.html

女子57キロ級の出口クリスタ(山梨学院大4年)が、決勝で竹内鈴(東海大2年)に優勢勝ちし、2連覇を達成した。
父がカナダ人で母が日本人の出口。両方の国籍を持っているが、東京五輪出場の可能性が日本より高いカナダを選択することをすでに決めている。
今月末のグランドスラム・アブダビにはカナダ代表として出場することになっており、同時期の全日本学生体重別団体優勝大会は欠場となる。
そのため、同大学の選手として出場する最後の大会となった。
「(決勝で)一本取って勝ちたかった」と悔しがったが、「でも、2連覇が(大会公式)プログラムに載るのはうれしい」と笑顔も見せた。来春の卒業後は、
実業団の日本生命入りする。容姿端麗だが、仮にモデルの仕事を頼まれとしても、「引き受けないですね」と笑った。「オリンピック優勝」だけを目指し、
歩んでいく。

出口クリスタが有終の2連覇…柔道全日本学生体重別選手権
http://www.hochi.co.jp/sports/etc/20171001-OHT1T50202.html

209名無しさん@お腹いっぱい。2017/10/04(水) 02:39:16.91ID:APqfqKEQ
全日本学生柔道体重別選手権大会 最終日 〜女子57s級出口クリスタ満足の2連覇達成〜
http://www.yguppr.net/171001jd_main.html

210名無しさん@お腹いっぱい。2017/10/24(火) 03:12:11.61ID:zRJoCyc/
Christa Deguchi to Don Canada’s Colours for the First Time | Judo Canada
http://www.judocanada.org/christa-deguchi-to-don-canadas-colours-for-the-first-time/

211名無しさん@お腹いっぱい。2017/10/27(金) 12:59:03.19ID:MjFd1iA7
ドルジスレンに負けたな
以前は圧勝してたけど、状況は変わった

212名無しさん@お腹いっぱい。2017/11/09(木) 22:12:28.49ID:21N+9+Vg
柔道女子57キロ級のホープ、山梨学院大の出口クリスタが、父の母国のカナダ代表として2020年東京五輪を目指す決意を固めた。
日本の厳しい代表争いを考慮し、悩んだ末に決断。「最終目標は五輪の優勝」と夢の大舞台へ邁進(まいしん)する。
母は日本人で、生まれも育ちも長野県。同県内で英語講師をする父が「護身術をさせたい」と思ったのがきっかけで、3歳で柔道を始めた。
切れ味鋭い大外刈りを武器とし、松商学園高1年時に52キロ級で全国高校総体を制覇。愛らしいルックスも相まって注目度が急上昇した。
山梨学院大に進学後は伸び悩み、今夏は57キロ級で同学年の芳田司(コマツ)が世界選手権で銀メダルに輝いた。日本代表への思いも強かったが
「まずは(五輪に)出ないと話にならない」と発想を転換。高校時代から誘われていたカナダ代表への道を選択した。
10月に全日本学生体重別選手権で2連覇を達成し、学生の大会は“卒業”。来春からは日本生命に進み、引き続き日本を拠点とする。
12月のグランドスラム東京大会はカナダ代表で出場を予定しており、山梨学院大の山部伸敏女子監督は「日本人の一番の敵になってほしい」と
エールを送る。
カナダ勢はこれまで男女とも五輪、世界選手権で金メダルがない。21歳の出口は「初の金を狙っていく」と強い決意を胸に抱き、新たな挑戦を始める。

カナダ代表で夢の大舞台へ 山梨学院、柔道女子・出口クリスタ新たな挑戦
http://www.iza.ne.jp/kiji/sports/news/171109/spo17110919000057-n1.html

213名無しさん@お腹いっぱい。2017/11/13(月) 16:32:18.93ID:PMfmbsDc
すぽるとで知ってからいつ上位に来るのかずっと気にしてたけど
何も音沙汰ないままこういう結末になったのか・・・
こうなった以上は国際大会で姿を見せてほしいもんだな

214名無しさん@お腹いっぱい。2017/11/19(日) 00:20:34.50ID:FlAu3N+T
GS東京に出るだろう

215名無しさん@お腹いっぱい。2017/11/27(月) 15:11:36.92ID:T4I42Phg
山梨学院大、楽しみながら史上初の4連覇へ 〜全日本学生柔道優勝大会〜
http://www.ninomiyasports.com/archives/68180 

216名無しさん@お腹いっぱい。2017/12/03(日) 01:12:53.96ID:EovcPOeF
雑魚にあっけなく一本負けかよ
学生の大会ではかなり目立っていたけど、この階級実業団と
学生レベルでは非常に差があるので

217名無しさん@お腹いっぱい。2018/01/22(月) 23:44:59.10ID:K8uIwxdQ
bhbhbg

218名無しさん@お腹いっぱい。2018/01/23(火) 11:39:50.12ID:MY015LNV
久松郁実「Non stop 193!」【ヤングマガジン51号】
ヤンマガch 講談社
https://www.youtube.com/watch?v=B5DF4G3K8zU

219名無しさん@お腹いっぱい。2018/02/11(日) 18:29:06.30ID:LYOHtIZM
すごい調子よさそうなんだけど
芳田はそんな苦手な相手ではないけど

220名無しさん@お腹いっぱい。2018/03/05(月) 21:31:04.63ID:I1TgXvci
柔道女子57キロ級の出口クリスタ(山梨学院大4年)が先月に行われた国際大会、グランドスラム(GS)パリで初優勝した。カナダ人の父と
日本人の母を持つ出口は昨年1月、カナダ国籍を選択。カナダ代表で2020年東京五輪の表彰台を目指す。日本人のうまさと、カナダ人の
強さを兼ね備える美人柔道家は「五輪決勝で日本代表と戦い、金メダルを取りたい」と宣言した。
夢の頂へ、出口が歩みを進めた。カナダ代表として3度目のGS挑戦となったパリで、決勝を含む5試合でオール一本勝ちした。
「(一度廃止された)合わせ技一本が復活したことが自分にとってはプラスになった。どんどん攻めてポイントを取ることができた」
パワーと瞬発力を武器に組んで投げ、一本を取りに行くのが出口の持ち味だ。ルール改正で、積極性がより勝利につながるようになった。
GSパリの前週に行われた欧州オープン・オディベーラス(ポルトガル)で優勝したことも追い風になった。
「(欧州オープンは)カナダ代表として初の優勝だった。(審判の)ポイントの取り方なども分かったので、自信を持ってパリに挑めた」
日本とカナダの二重国籍から、昨年1月、カナダ国籍を選択した。カナダ代表として東京五輪を目指す姿勢を表明した。
「決めるまではそれなりに時間がかかった。いろいろな人に相談したけど、最後に決めたのは自分。オリンピックでメダルを取りたいという夢を
一番に考えた時、カナダから(東京五輪に)出ようと決めた」
昨年夏、カナダのケベック州モントリオールにあるナショナルトレーニングセンター(NTC)で行われたカナダ代表の練習に約2週間、参加した。
日本生まれ、日本育ちの出口にとって、多くの刺激を受けたという。
「まずスタイルが自由。みんな髪の色や形も様々で、ピアスをつけたまま畳に上がる。日本じゃ考えられない(笑い)。彼らはNTCに集められ、
強化されますが、負け続けば外されます。結果を出し続けなければならないという日本人以上の強い気持ちがあった。日本とカナダ、それぞれの
いいところを身につけて自分の柔道をやればいいと思えた」
卒業後も拠点は山梨学院大とし、日本生命に籍を置いて甲府支社で勤務しながら練習を続ける。
「山部(伸敏)監督は技術だけでなく、気持ちの面でも支えていただいた存在だし、この仲間と一緒にもっと強くなりたい」
柔道部では副主将を務めた。同じ57キロ級には妹・ケリー(1年)もいる。
「妹を含め全員が仲間で家族のような感じ。今は全員妹みたいなもんです」
4月にはコスタリカで行われる大会に参加する予定。東京五輪に向けた戦いは続く。
「しっかりと勝ちきる柔道に磨きをかけ、全ての試合に勝ち続けたい。日本には強い選手がたくさんいます。(東京五輪の柔道会場の)
日本武道館の決勝で、日本代表と決勝を戦うのが夢。もちろん、私が勝ちたいです」

出口クリスタ、東京五輪では日本倒して金狙う
http://www.hochi.co.jp/sports/etc/20180305-OHT1T50039.html

221名無しさん@お腹いっぱい。2018/04/05(木) 18:02:39.73ID:l0TyXijv
クリスタにとって芳田は比較的やりやすい相手じゃないの
舟久保や玉置の方がやりにくい相手だと思う

222名無しさん@お腹いっぱい。2018/04/08(日) 02:29:15.49ID:AN4R5H/J
練習拠点は日本だったのか
すっかりカナディアンになってしまったと思っていた

223名無しさん@お腹いっぱい。2018/04/24(火) 22:51:07.83ID:L+UPpcfB
New York Giants Jackets (7 items)
http://www.nflshop.com/New_York_Giants_Jackets_Levis

Levi's
Search results: "new york"
https://www.levi.com/US/en_US/search/new%20york

224名無しさん@お腹いっぱい。2018/05/19(土) 01:42:08.55ID:WqWW693Z
Judo’s Dream Chasers - Part 1: Christa Deguchi
https://www.ijf.org/news/show/judo-s-dream-chasers-part-1-christa-deguchi

225名無しさん@お腹いっぱい。2018/05/25(金) 21:15:59.97ID:zOFA8oHD
何か最近圧倒的に強いな
落ち着いた試合運びでチャンスを見逃さない
玉置はやりにくい相手だったと思うが、それでもうまく仕留めた
かつて世界ジュニアの決勝でやられたのと同じような形で
リベンジした感じ

226名無しさん@お腹いっぱい。2018/06/23(土) 02:34:27.62ID:LofA3Pmw
g

227名無しさん@お腹いっぱい。2018/07/13(金) 22:53:37.32ID:+U2jGAJR

228名無しさん@お腹いっぱい。2018/07/28(土) 03:02:50.04ID:MkUPMGcv
誰も止めれそうにないな
あの大外はまだ対策されてないので

229名無しさん@お腹いっぱい。2018/08/03(金) 17:09:35.60ID:EbvdIv+5
やっぱり筋肉量が違うのかも 日本の選手より握力が10Kg以上強い 

230名無しさん@お腹いっぱい。2018/08/04(土) 00:33:47.63ID:4+Gt/Ixs
それを言ったら宇高の方がさらに10kgほど握力強い
組み手争いの最中からも絶妙なタイミングで技を繰り出せる点が強みになっているような
あの大外はケンカ四つの芳田にはかからないと思うけど
2年前の講道館杯で年下の村井に負けて、それがきっかけでカナダでやろうと思ったはずだが、
それからあそこまで強くなるとは予想外だった

231名無しさん@お腹いっぱい。2018/08/09(木) 21:25:00.83ID:wHxwg6qd
後悔はない−。柔道女子57キロ級カナダ代表の出口クリスタ(22=日本生命)が飛躍の兆しを見せている。今年2月の欧州オープン大会から国際大会で
5連勝中と波に乗る。父の母国の代表として、2020年東京五輪を目指す22歳の女性柔道家に迫った。
全柔連の強化指定を辞退
「大きな決断だったけど後戻りは出来ない。良い結果だろうが、悪い結果だろうが、カナダ代表に変えたことに後悔はない。育った日本は大好きだけど、
目標は五輪金メダル。全てが2年後のため」。出口は背筋を伸ばし、凜(りん)とした表情でこう言った。
昨年1月、母校の山梨学院大から寮への帰り道で自転車をこぎながら決断した「悩んでいても仕方ない。チャンスと捉えよう」。日本の女子57キロ級は、
17年世界選手権準優勝の芳田司(22=コマツ)や、12年ロンドン五輪金メダルの松本薫(30=ベネシード)らの強豪がひしめく激戦区だ。日本とカナダの
二重国籍から少しでも東京五輪に近づくために、日本代表からカナダ代表になることを決意した。全日本柔道連盟の強化指定も辞退した。
当初は、戸惑いと重圧があった。「出口はどこまで出来るのか」。周囲からそんな声も飛び交った。転機は、国際大会で2連敗後の2月の欧州オープン大会だった。
グランドスラム(GS)大会やグランプリ(GP)大会に比べたら規模は小さいが、カナダ代表として初優勝を飾った。「久々の優勝がとにかくうれしかった。プレッシャーから
開放された」。
そこから快進撃が始まった。GSパリ大会決勝では持ち前のパワーと瞬発力を武器に、同じ年の芳田に合わせ技で快勝。過去1勝3敗と分が悪かったライバルを
倒したことで「GS優勝よりも(芳田)司に勝てたことの方がうれしかった。これまで司には何も出来ずに負けていた。自分の柔道が出来たことが大きな自信になった」と
手応えをつかんだ。
その後、月1回のペースで国際大会に出場。経験値を上げ、急成長につなげた。現在、国際大会5連勝中で24戦一本勝ちが続く理由は、技術的な向上よりも、
柔道に対する「メンタル」の変化が大きかったという。
「日本は柔道のレベルが高い分、代表として出場した試合は『絶対に勝つ』『勝たないといけない』という気持ちが先行した。私の場合はガチガチになって良い結果
にならなかった。一方で、カナダは強化選手が少ない分、日本などの強豪に1回でも勝てば『すごいな』『調子いいじゃん、この調子』などと褒められる。気持ちも楽で、
両方経験した上で、性格的にもこっちの方が合ってるのかなと思った」
文化違えば化粧にピアス
文化が違えば、稽古も異なる。4月から日本生命の甲府支社で勤務しながら拠点を山梨学院大に置き、カナダの代表合宿に参加する。「最初は戸惑った。
髪の毛の色、化粧、ピアス、マスカラなどをして畳に上がる。日本では絶対に考えられない(笑い)。文化が違うと、ここまで違うのかとびっくりした。稽古も短期集中で、
乱取本数も日本の半分ぐらい。柔道着を着る時間も短い」。
9月の世界選手権(アゼルバイジャン)代表内定の連絡もなく、自身で確認した。戦績や世界ランキングの実績から「たぶん、出られるのでは…」という状態だった。
そんな中、6月上旬、地元長野の道場などから壮行会の話が急浮上した。
「不安になってコーチにメールで問い合わせたら『もちろん、出られるよ』と返信があった。日本みたいに会見や壮行会をやったり、所属がうちわやカレンダーを
製作することもないから戸惑った。『出られるよ』と聞いてうれしかったけど、跳びはねて喜ぶようなうれしさでもなかった。意外だったけど、それぐらい五輪が着実に
近づいているという実感と、今は五輪の前哨戦だと捉えている」
世界選手権の同階級の日本代表は初の世界女王を狙う芳田で、再びライバルとの対決を願う。「決勝で(芳田)司とやれたらと思うし、やりたい。顔ぶれは恐らく、
東京五輪へ出るメンバーとそれほど変わりはないかと思う。今年、優勝出来ればもっと自信になる」。
話を聞いて、出口のこの言葉が印象的だった。
「何が正解か不正解かは、20年にならないと分からない。結果が全て。私自身も2年後の答えを楽しみにしている」
美人柔道家とも称されるが、それ以上に“おとこ気”を感じた。格闘技好きらしい、まさに勝負師。好調な要因は精神面だけでなく、五輪に対しての思いと強い覚悟が、
今の結果につながっているのかもしれない。
20年7月27日の日本武道館。日本代表との決勝となれば、注目の一戦になることは間違いない。そんな日を心待ちにしている。

出口クリスタ、カナダ代表で狙う20年東京五輪の金
https://www.nikkansports.com/sports/column/we-love-sports/news/201808080000789.html

232名無しさん@お腹いっぱい。2018/08/11(土) 02:32:09.08ID:gxX1BWrU
26戦連続一本勝ちで止まった
3決ではかつて一蹴された宇高を大内で破ったが、
宇高も33歳になるロートルだからな

233名無しさん@お腹いっぱい。2018/08/11(土) 12:25:49.29ID:qXK2rqpd
まさかブラジルの選手に絞め技喰らうとわな…確かに寝るとあまり強くないのは不安材料だな

234名無しさん@お腹いっぱい。2018/08/11(土) 15:45:22.26ID:3y83ZCmJ
シルバなんて以前は寝技だと飛び十字しか能がなかった
最近絞め技も覚えたようだ
52のミランダも以前は寝技大したことなかったが、
あいつも最近は絞め技が得意になってきている
クリスタも以前よりは上達したと思うが、今回は無防備だったな

235名無しさん@お腹いっぱい。2018/08/13(月) 22:33:09.16ID:6s0ARYQH

236名無しさん@お腹いっぱい。2018/08/14(火) 23:27:29.59ID:6bPcsXzT
37

237名無しさん@お腹いっぱい。2018/09/18(火) 19:23:20.62ID:LpxGBcsX
20日からバクーで行われる柔道の世界選手権で22日に行われる女子57キロ級に、かつて日本代表として国際大会で活躍した出口クリスタ(22)が、
父の母国カナダの代表として初出場する。切れのある立ち技を武器に、前回銀メダルだった日本の芳田司(コマツ)の前にも立ちはだかりそうだ。
長野・松商学園高時代に2013年の全日本ジュニア選手権を制し、その年のグランドスラム東京大会で3位、グランプリ済州大会で優勝した。
山梨学院大に進学し、全日本学生優勝大会の女子5人制で毎年メンバー入りし、いずれも制覇に貢献。全日本学生体重別選手権で3、4年時に連覇し、
今春卒業した。
カナダ代表で国際大会に出場したのは昨年10月から。20年東京五輪の代表争いを考えると、激戦の日本より出場できる可能性が高い。「第二の故郷
のカナダで初の金メダルを取る」という思いで決断した。今年2月から快進撃を続け、8月に敗れるまで全て一本勝ちで国際大会26連勝。その間、
芳田ら日本勢を次々と破った。
今大会に向けて、日本の強化スタッフからも「一番の強敵」との声が上がっている。初の大舞台に向け、出口は「一試合でも多くやれば、
その分経験値が高くなる。結果的に優勝できればいい」。冷静に頂点を見据えている。

出口、カナダ代表で初出場=日本の「一番の強敵」に−世界柔道女子57キロ級
https://www.jiji.com/jc/article?k=2018091800935

238名無しさん@お腹いっぱい。2018/09/23(日) 11:01:29.78ID:wGWL9kwr
カナダ代表として初出場した出口が銅メダルを獲得した。芳田との準決勝は延長戦の末に敗れたが「日本人相手に負けたので、切り替えができた」。
3位決定戦は劣勢から逆転する執念を見せた。日本代表としても活躍したが、2020年東京五輪を見据え、父の母国、カナダ代表を選んだ。
「国旗は日本じゃないけど、出口クリスタを一人の柔道家として、
これからも応援してもらえたら」。日本のファンへメッセージを送った。

出口、カナダ代表で銅=世界柔道
https://www.jiji.com/jc/article?k=2018092300054

柔道・世界選手権第3日(22日、アゼルバイジャン・バクー)女子57キロ級で生まれも育ちも長野県の出口クリスタ(カナダ)が初出場で銅メダルを獲得。
準決勝で芳田に敗れたが、ドイツ選手との3位決定戦は土壇場の技ありで延長に持ち込み、逆転勝ちにつなげた。
悩んだ末に東京五輪出場を目指して父の母国を代表することに決めた。「負い目に感じず、プラスにできたら。(背負う)国旗は日本じゃないけど、一人の柔道家として
温かい目で応援してくれたら頑張れます」と笑顔で話した。

出口クリスタ、カナダ代表で「銅」 生まれも育ちも長野県/柔道
https://www.sanspo.com/sports/news/20180923/jud18092300570001-n1.html

239名無しさん@お腹いっぱい。2018/09/23(日) 17:26:42.02ID:OyaUVmmh
クリスタのwikiを見たがすぐに更新されてたな
吉田に敗れて3位になったわけじゃないんだけどな

240名無しさん@お腹いっぱい。2018/09/24(月) 10:46:12.94ID:yYGwg5R7
3位だったカナダ代表の出口クリスタ(22)の切り替えの速さは驚異的だ。
事実上の決勝となった準決勝で芳田司(22=コマツ)に延長の末、優勢負け。序盤は出口が優位だったが、延長40秒に芳田の跳ねるような内股で技ありを奪われ、
勝負あり。学生時代からのライバルだったこともあり出口は「優勝を狙っていただけに悔しい。司とは決勝でやりたかった。めちゃくちゃ研究されていた」と苦笑いした。
昨年1月にカナダ代表として20年東京五輪を目指すことを決意。月1回のペースで国際大会に出場し、今年は5連勝を果たすなど好調を維持していた。「美人柔道家」
とも称されるが、それ以上に“おとこ気”がある。
表彰式後には気持ちをすぐに切り替え「負けは負け。減量がきつかったので早くビール飲みたい!!」と笑顔を見せた。

出口クリスタ敗退も「早くビールを」驚異の切り替え - 柔道
https://www.nikkansports.com/sports/news/201809230000758.html

241名無しさん@お腹いっぱい。2018/09/24(月) 11:46:29.75ID:upxRt8lW
国籍変えたとこまでしか知らなかったから
いきなり世界選手権準決勝に出てきてビックリしたわ

242名無しさん@お腹いっぱい。2018/10/09(火) 15:38:47.52ID:WZkpJqqo

243名無しさん@お腹いっぱい。2018/11/23(金) 11:02:17.94ID:L2UgCa3X
凱旋なるか。日本生まれの女子柔道カナダ代表選手、出口クリスタが、11月24日に行なわれるグランドスラム大阪(57kg級)に出場する。
出口はカナダ人の父と日本人の母を持つ。1995年10月29日、長野県塩尻市で生まれ、3歳から柔道を始めた。地元・長野の松商学園高校に進むと、
1年生にしてインターハイ(52kg級)優勝。高3時には全日本ジュニア(57kg級)を制するなど、将来を嘱望される期待のホープだった。
そして高3の秋、2020年の東京五輪開催が決定する。出口は強く思った。
「オリンピックに、どうしても出たい」
しかし、現実は厳しかった。2014年の春、強豪の山梨学院大学に進学。大会に出場しても、まったく満足のいく成績を残せなくなった。
このままじゃまずい。オリンピックなんか絶対無理じゃん。不安と悩みを抱えながら、くすんだ鉛色の思いをかき消そうと一心に柔道に
打ち込んでも、一向に結果は出ず、心はいつまでも晴れなかった。
カナダ代表を選ぶという選択肢。
トドメは2年前、2016年11月の講道館杯だった。2回戦敗退。山梨学院大3年の出口は、龍谷大1年の村井惟衣に、小内刈による
有効で敗れた。ポイントは奪えずじまい。
オリンピックに出たい思いは変わらない。でも、自分には日本代表を背負うほどの実力はない。このままだと国内であっさり負けて
終わり。でも、強くなりたい気持ちは、以前より強い。やっぱり、諦めるなんてできない。どうしても、オリンピックに出たい。ならば――。
出口には選択肢があった。父の祖国、カナダ代表を選ぶことである。
「高校の時にカナダからお誘いは受けたことがあるんです。ちょっと迷ったっちゃあ迷ったけど、そんなシリアスに迷いませんでした。
まわりから『日本で一番になって、オリンピックで勝つから意味があるんじゃない? 』って言われて一理あるな、と。でも、20代で
講道館杯の2回戦で負けておいて、オリンピックなんて出られるわけないじゃないですか」
高校の時、カナダ側からスカウトされても、大して気に留めなかった。「自分には選択肢がある」という程度の認識で、それはずっと
心の奥底にしまっていた。
しかし、大学で不振に陥る最中、ちょうど講道館杯の半年ほど前、女子カナダ代表コーチのサーシャ・メーメドビッチが訪れ、
父と母を含めた四者面談を行なうと、出口の心は大きく揺れ動く。
カナダ、アリかも、と。
このまま日本か、それとも、父のルーツであるカナダか。悩み続ける。答えは出ない。
誰かに相談したい。でも、「日本orカナダ」の選択なんて、傍から見たら重すぎる。まわりに心配かけてもしょうがない。だから、
「どっちがいいと思います〜?」と、努めて明るく聞いてみることにした。ランチ、カレーにする? パスタにする? くらいのノリである。
意外な答えが返ってきた。
「20人かな、いや、30人くらい聞いたのかな。これまで自分を育ててくれた先生だったり、ずっと一緒に柔道やってきた先輩や同級生に。
9割以上が『絶対カナダのほうがいいよ』って。勝率というか、オリンピックに出ることを目標とした場合、カナダのほうがいい。みんなそう
言ってくれました」
ちなみに両親は「どっちでもいい。自分の好きなようにやりなさい。そこに私たちは口出ししない」と言ったという。
もう悩むのもめんどくさい。
それでも悩み、迷い続けた。今のままでいることのメリット・デメリット、カナダ代表になることのメリット・デメリット……何度も何度も
シミュレーションした。天秤は時にせわしなく、時に片方へと大きく揺れながら、止まることは決してない。
しかしある日、天秤が止まった。
悩めるだけ悩んだ。もうこれ以上、悩むのもめんどくさい――。
2回戦敗退した講道館杯から年が明けて2017年1月。出口は全日本柔道連盟に、強化指定選手の辞退届を提出。カナダ代表として
東京五輪出場を目指すことを選んだ。
出口は、カナダパスポート取得など諸々の事務手続きを済ませ、2017年の夏、はじめてカナダ代表合宿に参加した。
柔道を続けることに変わりはないが、何せ環境が一変した。
まず言葉。もともと父と母との会話は英語だったので、簡単な英会話ならできる。新しい仲間たちはフランス語訛りの英語
をしゃべっている。最初は向こうの話すスピードに追いつかなくて聞き取れなかったが、時間が経つに連れて慣れてきた。

244名無しさん@お腹いっぱい。2018/11/23(金) 11:02:36.50ID:L2UgCa3X
独特の柔道用語もあった。例えば「タイオ」。基本的な投げ技である「体落し」のことだ。「一本背負い」は「イッポン」に省略されていた。
しかし耳で感じたカルチャーショックより、目に入ってくる情報のインパクトのほうが、あまりにも強烈すぎた。
化粧したまま練習している子がいる。ヘッドギアをつけて練習している子がいる。なんでヘッドギアつけてるの? と聞けば、
「ピアスを安定させたいから」と返ってくる。寝技の練習をしていると、ヘソピをつけたままの子がいる……。
「最初は、はあ? ? ? の連続でした。でも、もう慣れちゃいました。コーチが何か指摘するわけでもないし、みんな普通
に練習してるし。ヘッドギアつけてピアス落ちないなら、まあいいかって」
出口の快進撃が始まった。
カナダ代表チームの一員として初めて臨んだ国際大会は、2017年10月のグランドスラム・アブダビだった。結果は初戦敗退。つづく
12月のグランドスラム東京も、初戦で逆転負けを喫した。
なお、この時点でまだ出口は正式にカナダ代表となったわけではない。「入賞すればカナダ代表」という、まだセレクションの段階だった。
「これはマジでヤバい……」と、出口は冷や汗をかいた。しかし、チーム側は至ってポジティブだった。「心配しなくても大丈夫。
グレードを下げて、次の大会に出てみよう」と。
そこから出口の快進撃が始まった。今年2月、ヨーロッパオープン・オディベーラスでオール一本勝ち。首脳陣は「これでパリに
出られるね!」と手放しで喜んだ。そして臨んだグランドスラム・パリでは、出口本人も驚きのオール一本勝ち。これで晴れて正式に
カナダ代表の看板を背負うことになった。
今春、大学を卒業した出口は、日本生命に所属した。オフィスは甲府支社。トレーニングの拠点は変わらず、母校・山梨学院大の
道場である。「なんか、大学5年生みたいですけどね」と笑う。会社の理解もあり、通常業務をこなしながら練習に励み、カナダ代表
としての試合があれば、それを優先することができる。
社会人になっても、出口の勢いは止まらなかった。その後も3大会連続でオール一本勝ち。国際大会連続一本勝ちは26にまで達した。
「今までこれだけ連戦を重ねて、しかも、いろんな国に行くこともなかった。試合をたくさんすることで、学べたものもたくさんありました。
移動や宿泊も含めて、知らない場所で試合をするのは大変でしたけど、逆に『やるしかない』と開き直ることもできた。その心の余裕を
持てたのも大きかったですね」
そして今年9月、初出場となった世界選手権(アゼルバイジャン)では、銅メダルを獲得した。3位決定戦の後の意外な光景が、出口の
脳裏に色濃く残されている。
「準決勝で同い年の芳田(司)に負けて、自分としてはものすごく悔しくて、3決で何とか勝ってホッとはしたけど、悔しさは全然消え
なかったんです。ああ、負けたってガックリしながらコーチのサーシャのところに行くと、満面の笑みなんです。『本当によく頑張った! 』っ
て。あれ? 銅でもよかったんじゃない? って思えてしまうのは、日本代表を目指していた時にはない感情でした」
カナダの超プラス思考が肌に合った。
カナダを選んで自身が好調の要因を、出口はこう分析している。
「カナダのチーム内ではすごく気持ちの切り替えが早くて、負けても怒られない。次、頑張ろう! って、超プラス思考なんです。
それが私の性分にウマが合ったというか。今これだけ結果が出てるのも、技術面よりも、メンタル面のほうが大きいと思います。
『負けてもいい』というスタンスが、すごくやりやすい。以前は『負けたらあとがない』でした。それが『負けても次がある』となれば、
必要以上に気負う必要もないし、だから、決勝に進出する確率も上がっているんだと思います」
現在、世界ランキングは6位。カナダ勢ではトップである。1年半後に控えた東京五輪に向けて、課題はいくつかある。ケンカ四つ
(相手が左組み)対策、技(特にかつぎ系)のレパートリーと組み手のパターンを増やす、等々。しかし、最重要課題は道場に行かずとも
改善に取り組むことができる。
それは、カナダ国歌『O Canada』の歌詞を覚えることである。

出口クリスタは東京五輪に出たい。カナダ柔道に出会い新境地を開拓。
https://number.bunshun.jp/articles/-/832603

245名無しさん@お腹いっぱい。2018/11/24(土) 23:16:06.36ID:PWzyjyOE
出オチクリスタになってしまう

246名無しさん@お腹いっぱい。2018/11/25(日) 11:15:47.36ID:A/EBancG
女子57キロ級では、富士吉田市出身で富士学苑高卒の世界ジュニア王者・舟久保遥香(20)=三井住友海上=が、大会初メダルを手にした。
準決勝で敗れたものの、3位決定戦で、山梨学院大出で世界選手権銅メダルのカナダ代表・出口クリスタ(23)=日本生命=との“山梨対決”を一本勝ちで制した。
女子70キロ級では、アジア大会覇者の新添左季(22)=山梨学院大4年=が3位に入った。
グランドスラムで初となるメダルを手にしても、舟久保に笑顔はなかった。「(2020年東京五輪に向けては)優勝しないと厳しい状態だったので悔しいですね」。
表彰台の頂点に届かなかったことに、悔しさが心の中を支配した。
 「舟久保固め」との別名を持つほど寝技を得意とする。ただ、準優勝だった今月初旬の講道館杯後、内股や大外刈りを中心とした立ち技を鍛えてきたという。
「時間がない中で、技を絞ってやった。まだまだシニアでの日本人相手には取りきれないので。寝技につなげるという意味で(立ち技を)練習してきた」と説明した。
だが、カナダ人選手との準決勝では両者決め手を欠き、延長戦に突入。背負い投げで痛恨の技ありを奪われて敗れた。「技をかけるべき場面を逃したのが大きい。
技の強化をしてきたが、全然出せなかった」と肩を落とした。
それでも出口との、山梨とゆかりがある同士の対決では、見せ場を作った。寝技からスムーズな動きで引き込み返し(ともえ投げのように頭越しに投げる)を
繰り出して一本勝ち。わずか35秒で決着をつけた。「しつこく寝技に行くところで取れたのが良かったかな」と手応えを口にした。
舟久保自身が話すように、東京五輪選考レースという意味では優勝したかった大会だった。それでもまだ、諦めてはいない。「出口さんとは、またどこかで
当たると思うので、勝てるように頑張りたい」と先を見据えた。東京五輪など、もっと大きな舞台での“山梨対決”を信じ、前に進み続ける。

舟久保遥香、出口クリスタと“山梨対決”制し銅
https://www.hochi.co.jp/sports/etc/20181124-OHT1T50216.html

247名無しさん@お腹いっぱい。2018/11/25(日) 23:35:35.73ID:4W6L2MpC
オリンピックに出たいがためにカナダに変えたのに
クリムカイトが立ちふさがりつつあるじゃないか
あいつ最近かなり力付けてるので、オリンピック代表も確実というわけにはいかない

248名無しさん@お腹いっぱい。2018/11/26(月) 11:52:58.83ID:/TRfa+dj
sl

249名無しさん@お腹いっぱい。2018/11/26(月) 11:53:16.31ID:/TRfa+dj
第二の故郷で切り拓く選択
新添とは違った道でオリンピックを目指す選手がいる。彼女の1学年上の先輩・出口クリスタ(山梨学院大4年)だ。ただ出口の場合は日の丸ではなく、カナダ代表として
東京五輪を目指している。父親がカナダ人、母親が日本人の彼女は今年1月に、その道を選んだ。
「日本で生まれましたし、日本で育ったのですが、家の中ではカナダだった。寂しい思いもありますが、カナダ代表としてでも応援してくれる人は応援してくれます。
その人たちの期待に応えられるようにカナダ代表でも頑張っていきたい」
すべてはオリンピックのために――。カナダから国籍選択の打診がきたのは高校2年の時からだ。「その時、自分は『日本でやります』と言っていたのですが、
日本の強化方針もはっきりしてきたので現実を見ました。自分の最終目標はオリンピックで優勝。日本で出られたら、それはそれで越したことはないですが、
まず出られなかったら話にならない。カナダは第二の故郷なので、マイナスなことではないです」
今後は国際大会に出場するため、今月末の全日本学生柔道体重別団体優勝大会には出場しない。山梨学院大の道着を着ての試合は全日本学生柔道体重別選手権
大会(全日本学生体重別)が最後となる。それだけに今大会にかける思いは並々ならぬものがある。
長野・松商学園から山梨学院大に進学した出口。高校1年時に全国高等学校総合体育大会(インターハイ)の52kg級で優勝しており、2年時には57kg級に階級を上げても
全国高等学校選手権大会を制した。3年時には全日本ジュニア体重別選手権大会で優勝を果たすなど順風満帆な選手生活を送ってきた。
大学入学後も団体戦で結果を残してきた。史上初の4連覇を達成した全日本学生優勝大会では1年時から主力として活躍。先鋒、次鋒を任され、同大会では4年間
1度も負けなかった。山部は「勝負所を逃さなかった」と勝負強さを褒めた上で、こう続けた。
「結果や強さでチームを引っ張ってくれた」
だが出口本人によれば、大学では壁にぶち当たったという。
「途中で気持ちが切れちゃったり、試合が嫌になっちゃうことも多かった」
個人戦では結果が出せず悩んだ時期もあった。「3年になって気持ちの面では改善できたのかなと思っています」。精神面での成長に手応えを感じている様子だ。

250名無しさん@お腹いっぱい。2018/11/26(月) 11:53:35.90ID:/TRfa+dj
山梨学院大卒業後は実業団の日本生命に進む。同社には過去に1人女子選手がいたものの、女子柔道部はない。「社会人になったら自分でできるようにならないと
いけない。人に管理されるのではなく、自分で自分を管理していけるところに身を置きたかった」。道なき道を切り拓くつもりだ。
就職しても練習の拠点は大学に置く。試合は全日本柔道連盟主催以外の大会や国際大会を中心にエントリーしていくという。12月のグランドスラム東京大会にはカナダ
代表として出場する予定だ。今後も彼女を指導していく山部は、課題をこう見ている。
「これからは日本人がライバルになるわけですから、日本人に勝たないといけません。女子57kg級は芳田選手を筆頭に社会人のレベルが高い。そこをどうクリアしていくかが大事です」
山部が指摘するように出口の57kg級はロンドン五輪金メダリストの松本薫(ベネシード)、今年の世界選手権銀メダリストの芳田司(コマツ)がいる激戦区だ。特に同学年の
芳田はジュニアの頃から凌ぎを削ってきたライバル。
「司の方が今は経験値を稼いでいるので、自分も負けないように追いついて追い越せるように頑張っていきたい」
身長160cmの出口の持ち味は本人によれば「キレ、瞬発力」だ。同期で主将の月野珠里が「組んで投げる正統派。力が強いです」と証言する。山部も同様の見方だ。
「この階級(57kg級)ではパワーがあり、下半身を刈る力も長けています」。出口は寝技も得意で、まさに“組んでよし、寝てよし”のオールラウンダーである。
3歳で始めた柔道。約20年、この道を歩み続けてきた。
「小さい時から教わってきたのは一本を取る柔道」。そのこだわりも時を経て、変化をしていった。「高校生の時は力の差もあったので、一本で勝てました。それで
うまくいっていたのが、大学になってからは力で勝てなくなった。それからは“何でもいいから勝とう”という気持ちになりました」。一本を取る姿勢がベースなのは変わりないが、
勝ちへの執着は格段に強くなった。
高校1年で初めて全国制覇を成し遂げてから、オリンピックを意識するようになった。
「漠然と“行けるかな”と思ったのは高1でインターハイを勝った時です。それが具体的になったのは今年の1月。カナダ代表になるって決めた時はオリンピックに出たいから
カナダを選んだので、一番意識したのはその頃ですね」
これまでカナダにオリンピックの柔道金メダリストはいない。男子は銀メダルが最高成績で、女子にいたってはメダリストすらいない。出口は「初の金を狙っていきたいです」と
意気込んでいる。

山梨学院大・新添&出口、それぞれが描く五輪への道 〜柔
https://www.ninomiyasports.com/archives/70733

251名無しさん@お腹いっぱい。2018/12/03(月) 13:34:01.32ID:BZHaa482

新着レスの表示
レスを投稿する