女子生徒には 一番危険です。

1実習生さん2018/01/01(月) 09:03:53.31ID:vjHfkDkS
 警察の警備・公安や生活安全課が一番危険

 今や、警察署は危なくて大金は置いて置けない所です。お金を置けば直ぐ
盗まれます。広島で8500万盗まれてまともな捜査もしていません。

若い女性は警察署に行ってはいけません。警備・公安や生活安全課(公安が常駐)
に目を付けられたら大変な事になります。
公安に目を付けられると、必ず自宅で寝ている間に性犯罪被害に遭います。
どんな鍵でも解錠侵入、寝たままガスで麻酔状態にされ強姦されてしまいます。

さらに、その後が大変です。「捜査だ」と公安の拠点アジトに連れていかれ
個室に入れられ担当の男と一夜を共にしなければなりません。
個室に入ったら最後、そこで眠らされ男達が次々とやって来て、一晩に20回も
されてしまいます。

坂口正芳ら幹部は銭を取り、現場の者には女を与えるのが今の警察。
若い女性には警察の警備・公安や生活安全課が一番危険です。

2実習生さん2018/01/01(月) 09:04:32.40ID:vjHfkDkS
 生活安全課を舞台にし若い女性を食い物にする警察庁『坂口正芳』と公安警察の野望

 生活安全課は警備課に次いで公安色の濃い部署で、現在は公安が女性の性を扱う現場窓口
として機能している。性犯罪の取り扱いが生活安全課に一本化された事により、事実上性犯罪
は公安の管轄となった。これにより公安は狙った女性を協力者にして活動に取り込む工作に
性犯罪を常套手段するようになった。
 
 その方法は、工作対象の女性を性犯罪被害に遭わせ、さらに生活安全課の警察官として
その事件の捜査を担当し、被害に遭った女性を行く先々に同行させたり、秘密拠点内の個室
に連れ込んで一夜を明かしたりすることで、その女性と深い関係になる。工作対象の女性を
性犯罪被害に遭わせるのはそのきっかけを作るのが目的。これは公安の常套手段だ。
 この様にして深い関係を結ぶ事で協力者となった女性はスパイとして、非合法工作要員と
してまた慰安婦として利用価値が極めて高い。公安にとって肉体関係前提の女性協力者の
獲得は最も高い活動成果となる。

 警察庁が性犯罪の取り扱いを生活安全課に一本化したのは、性犯罪被害に遭った女性の
プライバシーへの配慮を建前とするが、その目的は、公安が狙った女性を協力者にして活動
に取り込む工作を支援する事。公安の工作目的の性犯罪事件現場へ刑事鑑識などの介入を
阻止し、公安による工作を円滑に進めさせるのが狙いだった。

「公安警察に犯され、騙され、慰安婦にされ、女の全てを利用されてしまう若い女性を
警察庁『坂口正芳』と公安警察の野望から助けたい」これがこのスレ設置の目的です。 

3実習生さん2018/01/01(月) 09:05:42.39ID:vjHfkDkS
『催眠(ガス)強姦』

催眠ガス強姦は警視庁公安部など公安警察が、欲望処理を主目的にした常套的活動で、
狙った女性を催眠性ガス等で気絶させて強姦する公安警察の男たちのセックス方法。
これは対象者を眠らせて調査する公安警察の手法を応用したもので、女性を眠らせて調査
する際のいたずらが公安の主要活動になってしまったもの。

 <警視庁公安部が調査、強姦する女性を気絶させる方法>は
●狙った女性の家のドアポストなどから催眠ガス(注)を注入●開錠侵入技術で女性の家へ
侵入して催眠ガス散布装置をしかけて置き、帰宅したら遠隔操作で散布する●住居に侵入
し飲食物に薬品を仕掛ける等。催眠ガスを散布されると女性は麻酔状態がさめるまで何を
されても気付かない。 
 この方法により、全国に展開する公安警察の男たちは日夜、目をつけた女性を催眠強姦
して楽しんでいる。催眠強姦被害の中心は女子中高生。この年齢の性犯罪被害は表面化
しないと言う特徴があり、被害者数はすでに6000人を超えた。現在、国内で非常に憂慮
すべき事態が進行している。

(注)催眠ガス 各国の治安機関などが使用する特殊な催眠性神経ガスで高濃度で吸引すると
中枢神経が麻痺して死亡する。ロシアでテロ鎮圧に使用され人質を含め百数十人の死者を出
した事で知られる。日本では高等ガスと呼ばれ、主に警視庁公安部が使用する。
 警視庁公安部が使用する催眠ガスには、この他、衣類などに付着させて使用し、長時間
催眠効果が持続するものもある。いずれ無色無臭と言う特性がある。

 警視庁公安部は催眠強姦を2001年から主要活動に採用しほぼ全員参加で行っている。
歴代の警視総監が総責任者となって推進して来た理由は、警視庁公安部が非合法(犯罪)
を主要活動手段とする事から@眠性ガス等を用いた活動(犯罪)技能教育研修 A公安の女性
協力者獲得工作等の目的がある為。また、日本の警察には公安の活動は取り締まらない。
その活動内容は組織を挙げて秘匿すると言う大原則がある為、公安の男たちの好き放題
やり放題の状況となっている。

4実習生さん2018/01/01(月) 09:42:08.80ID:vjHfkDkS
***
日本の警察は「犯罪の実行」と「取り締まり」を同時に営む世界に類の無い
警察組織で犯罪の実行を取り締まりの上位に置く性格を持っている。

「強姦」や「殺し」が犯罪の取り締まりよりも、警察にとってはより重要度
の高い活動と言う事。

国民の多くがその事実を知らないのは警察の犯罪業務が秘密にされている為だ。
日本の報道機関は警察に支配されていて警察の秘密は決して報道しない。
マスコミ各社は「警察記者クラブから締め出す」と脅されるだけでビビってしまう。
日本のマスコミはこんな方法だけでも支配が可能だ。

警察で「犯罪の実行」を主に行うのが公安。だから警察は窃盗、強姦、殺し
何でも在りのれきっとした犯罪組織。しかも最大手だ。

広島中央署の金庫から8500万円が盗まれ、捜査は全く進展しない。犯人たちが
捜査をしているのだから捜査が進展しないのは当たり前。警察庁以下「お蔵入り」
を決め込んでいる。
警察署は危なくてお金は置いておけない所だ。
警察に娘を1人で行かせるなどもっての外だ。生活安全課に常駐する公安に
目を付けられたら大変な事になる。
若い女性は警察には出来るだけ近寄らない方が良い。.

5実習生さん2018/01/01(月) 10:06:06.42ID:PiE+bhqe
「警察は常に正しく、警察官は誤る事はない。警察は何時でも自分の安全を保障する」

皆さん、こんな事を、いったい誰に教わったのですか。
なぜ、警察官になったとたん、人間を全知全能の神にしてしまうのでか。

良く考えてみて下さい。そんな訳ないでしょ。

「警察には悪い事は出来ないはず」 
それは違います。警察だから悪い事ができるんです。

皆さん、警察ほど銭と女に意地汚い人たちはいません。
警察では地位が上になるほど多くの予算を着服横領できます。
署長にもなれば簡単に家が建つ程です。

「婦警にセクハラなどあり得ない」
とんでもない。慰安婦接待当たり前。わいせつ、レイプも日常茶飯事。
婦警は皆、フーゾクに行けば即戦力。

警察内部の事は秘密で外からは何も分からないのに、犯罪捜査は警察が
独占し、「警察は全知全能で常に正義」と一般の人々が思っているから、こんな事
をやっていられるのです。

警察だから悪い事ができるのです。

6実習生さん2018/01/03(水) 21:19:23.77ID:yKWayE3W
「国家に寄生し国民を食い物にする犯罪組織」
警視庁公安部の現在の主要活動はテロや過激派対策では無く女の「性」への工作。
すなわち、若い女性への性犯罪。

警視庁公安部の手口は、狙った女性を犯罪被害に遭わせ、捜査と称して同行させ連れ回し
ながら関係を求めたり、個室に連れ込み薬品で眠らせてあらゆる事をやりたい放題する。

その目的の為に、警視庁公安部は各地に活動拠点を作って監視対象者を設定している。
罪被害に遭わせた女性に、監視対象者をその犯罪の犯人と言う事してモニターを見せる為に
個室に連れ込む。
この方法で毎夜、女性を個室に連れ込み朝まで楽しむのが警視庁公安部の現在の主な活動内容。

この方法で個室に連れ込んで女とモニターを見ていれば「薬品は使わなくとも殆どの女をもの
にできる」と警視庁公安部の男達は豪語する。

国から給料を貰い、目を付けた女性を犯罪被害に遭わせて個室に連れ込みセックスをするのが
警視庁公安部の男達の工作と言う仕事の内容です。

警察庁や国家公務員の警察官僚達は全く、その様には考えませんが、
私の考えでは「国家に寄生し国民を食い物にする犯罪組織」これが警視庁公安部の最も正確な定義です。
皆さんは、どう思うでしょうか。 👀
Rock54: Caution(BBR-MD5:0be15ced7fbdb9fdb4d0ce1929c1b82f)

7実習生さん2018/01/03(水) 21:58:08.23ID:UecnLGED
公安が監視対象者を設定するのには治安上の目的は無い。
公安の監視対象の選定は「それが自分たちの欲望や組織(警視庁公安部や警察庁)の為にどれくらい役立つか」
と言う理由から決められる。

公安の活動内容は非合法活動、即ち犯罪。「監視対象者の仕業に見せかけて犯罪を行うのが警視庁公安部
創設以来の活動の大原則」であり、公安の活動は監視対象者を起点にしてその周囲で展開されている。 
 
 その内容は、盗聴盗撮、住居侵入はイロハのイ。窃盗強姦は中級者。殺しは上級かつ日常茶飯事。
それらの犯罪は皆、監視対象者の仕業に見せかけて行われ、事件処理は犯人自身が担当し未解決事件となる。
 警視庁公安部や警察庁は、それらの事件を予算請求や警察に都合の良い法案、政府役職の獲得、天下り
などに活用する。
 公安犯罪は現場と幹部が欲望と利徳を分かち合う警察の重要な犯罪利権を構成している。

8実習生さん2018/01/03(水) 21:58:33.78ID:UecnLGED
<公安警察の監視対象設定目的>
公安警察は、自身の活動拠点、活動根拠を確保する為に、それぞれの目的に適した、一般国民を監視
対象者に定めて活動を開始する。公安警察の監視対象者設定が承認されると、多額の予算、人員、機材
、拠点(監視に使用する賃貸マンション等)の設定、警察のヘリ、車両、施設等の優先使用が認められる。

警察組織特有の予算着服ぼったくり体質に輪をかけて、公安警察には、監視対象者が大きな利権となる。
ミスさえしなければ犯罪が公認されている身分は、それだけでも特権中の特権である。
その公安警察が、様々な活動を行う為の拠点を得る手段として、監視対象者が利用される。
したがって、公安警察の監視対象者の選定は、活動しやすく、そこで活動が長期に継続できることが
第一条件とされる。
例えば犯罪には縁のない単身サラリーマンなどで、なるべく弱そうな者が選ばれる。犯罪常習者などは
不適。
すぐ刑事などに現行犯逮捕されてしまっては、活動がそれで終わってしまう。それでは利権にならない。
本物のテロリストや危険人物では、公安自身にも危険が伴うし、仕事がハードになる。
しかし、長期に監視対象にし、出来るだけ多くの予算を得る為には、テロなどの特別な危険人物でなけれ
ばならない。そこで、平凡な一般人を偽装「第一級危険人物」に祭り上げる工作が行われる訳である。

そう言う理由から、公安の監視対象者の周囲では、公安警察官によるでっち上げ事件や、監視対象者の
仕業に見せかけて行なわれる事件が多発する。
この種の事件の特徴は、すべてが未解決事件となる。実際の刑事事件であっても刑事には捜査させない
ので(犯人自身が捜査を担当するのだから)解決する訳がない。
そもそも、公安警察の活動から、自身の欲望による犯罪を取り除いたとしても、現行憲法下では、合法的
な活動は、ほとんどない。
こうした事情から、偽装「第一級危険人物」の監視拠点では、公安自身の欲望処理や組織の利益の為の
犯罪が毎日のように行なわれているのである。公安の監視対象者設定の目的は、犯罪利権獲得である。

監視対象者を利用した公安警察の犯罪利権活動の主なものには『警視庁公安部の催眠ガス強姦』等がある。

9実習生さん2018/01/03(水) 21:59:15.76ID:UecnLGED
警察利権汚職・犯罪の中枢構造 

警察は、犯罪部隊の公安には女を与え、幹部たちは金を取る。犯罪部隊と幹部が美味しい利権を
分かち合う。公安犯罪と警察利権汚職は警察の秘密の中心。両方を一緒にして公安機密の中に隠し
込んである。これが警察利権汚職の中枢構造だ。

その結果、警視庁公安部によって「催眠強姦」が繰り広げられ女子中高生の被害者が6000人に達した。
警視庁公安部の「催眠強姦」による処女狩り、慰安婦狩りを警察幹部たちがあらゆる批判を無視し
、これを推進して来た理由は、公安予算が警察幹部の金蔓、警察利権の中枢だからだ。

10実習生さん2018/01/03(水) 22:00:10.18ID:UecnLGED
警察庁はこの様にして警察官に女を扱う専門性を身に付けさせている。
**************
<女性協力者獲得目的の催眠ガス強姦>
(警視庁公安部が催眠ガス強姦を最重要活動とする理由)
 
 催眠ガス強姦は、公安が女性への工作を行う上で極めて効果的な手段とされて来た。
公安では催眠強姦を身に着ける為の特別な教育プログラムが組まれている。

 公安警察が女性に仕掛ける工作内容はa公安の活動(監視)対象者と周囲の女性の分断工作
b女性協力者獲得工作c公安警察官の性欲処理に使う(慰安婦)獲得工作。
 公安警察が個人を活動対象にする場合は、治安のためなどではなく、公安自身の目的から
行われる。その為、対象者の周囲で活動しやすくする為の対象者孤立化の手段として、周囲
に女性がいる場合、その活動対象者の仕業に見せかけて強姦する。その際、公安警察官が女性
に顔、姿を見せての通常強姦では工作にならないので催眠ガスによる強姦が行われる。

 公安警察官が催眠ガス強姦を実行し、事件の捜査を担当する事で、強姦した女性の日常生活
に介入し男女関係を結ぶよう誘導し、さらに、その女性をセックスで支配する肉体関係前提の
女性協力者にする。こういう女性協力者は命令で誰とでも肉体関係を持つような女に教育される。
この様な肉体関係前提の女性協力者は、公安にとって、スパイとして、非合法工作要員として
また慰安婦としても利用価値が極めて高い。
セックスで支配できる女性協力者の獲得は、現在の公安警察にとって最も高い活動成果となる。  
こうした理由から、公安警察は活動対象者の周囲に女性がいれば、必ず催眠ガス強姦を行う。

 警察は催眠ガス強姦の方法で女性の私生活に介入し、肉体関係を結びその女性のセックスを
支配し、様々な目的で利用する事で成果を上げて来た。警察はこの過程で女性を取り扱うある
種の高い専門性を身に付けた。

警察庁の言う「性犯罪を取り扱う高い専門性」とはこの事を指している。

11実習生さん2018/01/09(火) 12:08:45.00ID:7scIr3Xs
公安警察の新規成長分野

 公安は高齢者ばかりの左翼や、クサイ野良オヤジばかりの右翼など団体から、活動妙味の
大きい個人の家庭へと近年、活動の軸足を移している。
 時代遅れの公安活動に替わる、新規成長分野を推進する為に警察庁に設置されたのが生活
安全局である。生活安全局は公安が管轄外であった新分野を取り扱う為に組織の衣替えを図った
のが設置の真意だ。即ち、性犯罪の取り扱いの現場窓口を生活安全課に一本化し、生活安全課に
公安が常駐する事で、事実上、性犯罪の取り扱いを公安の管轄に組み入れた。公安の狙いは個人
の家庭にいる若い女子だ。

 公安の男達とっては高齢者や野良オヤジばかりの団体より、若い娘のいる家庭を対象にし、性犯罪
を扱う方が、それだけでも比べ物にならないくらい美味しい。
 従って、生活安全課は警備課に次いで公安色の濃い部署で、現在は公安が女性の性を扱う現場
窓口として機能している。これにより公安は狙った女性を協力者にして活動に取り込むと言う
公安本来の目的の工作に生活安全課の警察業務を利用できるようになった。

12実習生さん2018/01/09(火) 12:09:05.48ID:7scIr3Xs
 その方法は、工作対象の女性を性犯罪被害に遭わせ、さらに生活安全課の警察官として
その事件の捜査を担当し、被害に遭った女性を行く先々に同行させたり、秘密拠点内の個室
に連れ込んで一夜を明かしたりすることで、その女性と深い関係になる。工作対象の女性を
性犯罪被害に遭わせるのは、そのきっかけを作るのが目的。これは公安の常套手段だ。
 この様にして深い関係を結ぶ事で公安の協力者となった女性はスパイとして、非合法工作
要員としてまた慰安婦として利用価値が極めて高い。現在の公安にとって肉体関係前提の女性
協力者の獲得は最も高い活動成果となる。

 警察庁が性犯罪の取り扱いを生活安全課に一本化したのは、性犯罪被害に遭った女性の
プライバシーへの配慮を建前とするが、その目的は、公安が狙った女性を協力者にして活動
に取り込む工作を支援する事。公安の工作目的の性犯罪事件現場へ刑事鑑識などの介入を
阻止し、公安による工作を円滑に進めさせるのが狙いだ。

 
 警察庁が生活安全局を設置し、活動の軸足を個人の家庭に写した目的は正にそこにある。
『坂口正芳』ら歴代の警察庁長官が公安の男達による催眠ガス強姦(注4)を目を細めて眺め
ているのもそこに理由がある。

 警察犯罪と利権汚職の中心にある警察庁が、防犯と言う名目で新成長分野の個人の家庭
に公安活動の軸足を移したのは、犯罪部隊の公安には女を与え、幹部たちは金を取る。
犯罪部隊と幹部が美味しい利権を分かち合うと言う警察庁の理想を実現する為だ。

13実習生さん2018/01/18(木) 11:46:47.30ID:OVmhbwSz
性犯罪被害に遭わせて、その捜査を担当して行う事

生活安全課に常駐する公安は生活安全課の肩書を使って、捜査と称して性犯罪被害者の娘を家から
連れ出し、監視用の拠点施設の個室に入れて監視活動を装い、隠しカメラのモニター映像を2人で
見ながら長時間2人きりで過ごす。一夜明かす事も多い。

犯人とする人物の様子をモニターで見る被害者の様子を観察しながら「あの男がここに来る
かも知れないよ」「怖いねー」などと言って抱きしめたりしながら、頃合いを見て組み敷いて
しまう。朝までに男女の関係になって家に送り返す。この様な女子は、また連れて来て性行為を
繰り返す事が出来るので彼らにとって1番の活動成功事例。

体を触ると直ちに拒絶する女子や、まだ若すぎて性行為に耐えられない女子の場合は、薬品入り
の飲み物を飲ませたり、催眠ガスを嗅がせたりして眠らせ、さらにガスで麻酔状態にして思う存分
、朝まで楽しむ。女子が気づかなければ何事も無かった振りをして家に送り返す。麻酔状態が醒め
て悲鳴を上げたり、泣き出す様な時は「また、あの男にやられてしまったー」と言って誤魔化す。
この場合、若い女の肉体を存分に楽しめるが、本人や両親への事後の対応に警視庁公安部生活安全班
のノウハウを活用するが、最初の事例よりは手間がかかる。

14実習生さん2018/01/18(木) 22:55:40.71ID:OVmhbwSz
しかし、個室で無理やり組み敷いた女子を家に送り返す時「この事は黙っていろ、人に言えば学校中
に知れ渡る」と言えば、殆どの女子が家に帰って何を聞かれても、下を向いて何も言わなくなる。
それが、女子中高生が一番、公安に狙われる理由だ。

15実習生さん2018/01/20(土) 06:36:32.17ID:XmiYWhzZ
「警察は常に正しく、警察官は誤る事はない。警察は何時でも自分の安全を保障する」

皆さん、こんな事を、いったい誰に教わったのですか。
なぜ、警察官になったとたん、人間を全知全能の神にしてしまうのでか。

良く考えてみて下さい。そんな訳ないでしょ。

「警察には悪い事は出来ないはず」 
それは違います。警察だから悪い事ができるんです。

皆さん、警察ほど銭と女に意地汚い人たちはいません。
警察では地位が上になるほど多くの予算を着服横領できます。
署長にもなれば簡単に家が建つ程です。

「婦警にセクハラなどあり得ない」
とんでもない。慰安婦接待当たり前。わいせつ、レイプも日常茶飯事。
婦警は皆、フーゾクに行けば即戦力。

警察内部の事は秘密で外からは何も分からないのに、犯罪捜査は警察が
独占し、「警察は全知全能で常に正義」と一般の人々が思っているから、こんな事
をやっていられるのです。

警察だから悪い事ができるのです。

16実習生さん2018/01/20(土) 07:05:55.01ID:XmiYWhzZ
警察の中で一番悪いのは公安の警備課と公安が常駐する生活安全課

この警察官たちは目を付けた女子を、わざとは犯罪被害に遭わせ、自分が捜査を担当します。
「事件の捜査です。娘さんに来てもらいます。捜査は朝までかかります」こう言って娘を連れて
行きます。
連れて行くのは個人住宅の様な拠点施設の個室や警察官の自宅宿舎。ここで被害に遭った娘は
係りの警察官と一夜を共にします。公安や生安は、人を眠らせる薬品を使います。
個室で意識を失ったら娘は男達のおもちゃです。

男がやって来て「娘さんが気に入ったから一晩貸してくれ」と言われて貸す親はいません。
しかし「警察、捜査」と言われると皆、「よろしくお願いします」と言って娘を預けてしまいます。
「娘が男に朝までもてあそばれる」などと誰も思わないのです。
これは警察の立場を利用するから出来るのです。

絶対に警察に娘を一人で行かせてはなりません。

17実習生さん2018/02/04(日) 08:12:02.20ID:p6ttdPpe
女子中高生を毒牙にかける犯罪組織公安警察(警視庁公安部)

「催眠ガス強姦」

@教育研修目的の催眠強姦(技術の実地訓練)

 警視庁公安部は催眠強姦を活動の基本にしている。警視庁公安部の催眠強姦には高度な技術
が使われている。催眠強姦はオートロックマンションも含めて、すべての家の鍵を開錠し誰に
も気付かれず侵入し、ほとんどの強姦被害者本人も気付かないまま行われている。
人は寝ている時でも、体をつつかれただけで半数は目を覚ます。さらに体を揺すられれば90%
は目を覚ます。下着を剥ぎ取られ強姦されれば100%が目を覚ます。しかし、警視庁公安部の
催眠強姦では目を覚ました人はほとんどいない。これは催眠ガスなどの薬剤が使われるからで
開錠技術と合わせ侵入工作の基本に据えられている。
 次に、催眠強姦の際、設置しておいた盗聴、監視装置を見ていて被害者が意識を回復すると
すぐに駆けつけて事件処理と証拠隠滅をする。事件は必ず自身が担当者となり処理する。
事件処理には、証拠用に予め採取しておいた特定人物の体液を使用し、警視庁公安部にプール
し事件は隠蔽する。被害者にはその場で、その特定人物を犯人と断定しておいて、告訴をしない
よう心理誘導をする。更に定期的にコンタクトをとりながら適した素材は女性協力者として公安
の活動に取り込む。催眠強姦でそのきっかけを作る。この一連の工作(犯行)を首尾よく実行
するとその研修者には一定の評価が与えられる。警察大学校における公安の実技研修は所属を秘
した上全員仮名で参加して行われる。催眠強姦と実行者は警察内で高度秘匿対象とされている。

18実習生さん2018/02/04(日) 08:13:11.87ID:p6ttdPpe
女子中高生を毒牙にかける犯罪組織公安警察(警視庁公安部)

「催眠ガス強姦」

A女性協力者獲得目的の催眠ガス強姦(警視庁公安部が催眠ガス強姦を最重要活動とする理由)

 警察幹部や自身が慰安婦に利用する為の女性協力者獲得工作
 催眠ガス強姦は公安が女性への工作を行う上で最も効果的な手段とされている。
その工作は a公安の活動対象者と周囲の女性の分断工作 b女性協力者獲得工作 
c公安警察官の性欲処理(慰安婦)獲得工作である。
 
 公安警察が個人を活動対象とする場合は、治安のためなどではなく公安自身の目的から行われる。
その為、活動対象者の周囲に女性がいる場合、必ずその女性にも工作が行われる。
その際、女性に顔、姿を見せての通常強姦では工作にならないので催眠ガス強姦が行われる。
 周囲の女性へ工作は、その内容を活動対象者に知られたら失敗する。そこで活動対象者と周囲の
女性の分断工作として、対象者の仕業に見せかけて催眠ガスで眠らせて強姦する。
b、強姦した女性を危険から守るなどの口実で接近し活動拠点の個室に誘導し一夜を明かす等して
肉体関係を前提とした協力者にする。協力者化に成功した女性は公安流の肉体調教を経て命令で誰と
でも関係を持つような女に教育される。
 肉体関係前提の女性協力者は公安にとって、スパイとして、非合法工作要員としてまた慰安婦と
しても利用価値が極めて高い。 セックスで支配できる女性協力者の獲得は公安にとって最も高い
活動成果となる。
こうした理由から、公安は活動対象者の周囲に女性がいれば、必ず催眠ガス強姦を行う。

19実習生さん2018/02/04(日) 08:14:42.75ID:p6ttdPpe
女子中高生を毒牙にかける犯罪組織公安警察(警視庁公安部)

「催眠ガス強姦」

B活動対象への攻撃目的
 公安の活動対象への攻撃は、公安警察官に人為的に形成されているサディズムの発動であって
明らかに自身の欲望追及に過ぎない目的で活動対象者を利用する際にも、常に何らかの攻撃を
行なう事を意図しながら利用する。公安は何らかの攻撃を行うことで自身が公務に従事している
事を自覚する。
 これは公安の通常活動である犯罪を躊躇なく実行できるよう、洗脳工作で人格にサディズムを
植えつけられている事が理由である。さらに公安のサディズム形成の洗脳工作は異常性欲の爆発的
増大と言う副作用を伴う。公安が組織的に活同する時に必ず行なわれる催眠強姦で、少女が最も
好まれるのも、婦警や女性協力者同伴で活動する時、必ず行なう強姦も、それらの女性への女性拷問
と言う暴走も、洗脳の副作用による異常性欲という公安型メンタリティの発動の結果だ。
 
 犯罪を本業とする公安警察は、何時でも躊躇無く犯罪を行えるよう洗脳により精神から人間性を
去勢する処置が施されている。洗脳された公安警察は女性を目にする時、催眠強姦や女性拷問など
、女性の肉体の猟奇的蹂躙を欲求する。公安警察の異常性欲、変質、変態性は公安の本業実行の為
に人間性を去勢処理(洗脳)によって形成されている。
 このような異常性欲、変質、変態性を形成する精神構造を分析すると、「人間の愛」に対する
「敵意、憎しみ」が根幹にある。公安の洗脳は「愛への敵意、憎しみ形成を条件設定」と言う特徴
を持つ。
したがって、公安は愛され慈しまれている者を見ると、これを踏みにじり破壊したくなる。これを
異常性欲、変質、変態性によって実行しようとするのが公安の本拠地、警視庁公安部にみる基本的
行動パターンであり、公安の異常性欲変態性の精神的背景である。
警視庁公安部の催眠ガス強姦の対象として、少女が最も好まれているのは「両親に慈しまれて
いる愛らしく、 性的に純白な少女を蹂躙し破壊したい」と言う、洗脳で人間性を去勢された公安に
は不可避の欲望なのだ。
警視庁公安部に代表される公安警察は日本国内に住む女性にとって最も危険な存在である。

20実習生さん2018/02/05(月) 11:19:28.77ID:uisk+Wlu
<警視庁公安部による催眠ガス強姦の研究>(1)

催眠ガス強姦は女性を眠らせて体を奪う強姦手口である。一般には、睡眠薬等で女性を眠らせ自由
を奪って強姦する犯罪手口として知られている。警視庁公安部の催眠ガス強姦は、主に自宅の寝室
で寝ている女性にガスを嗅がせ、目を覚まさないようにした上で強姦する方法で行なわれている。
催眠ガス強姦を行う理由は、女性に現場で抵抗されない事と犯人である警察官の顔、姿を見られない
事にある。
通常、強姦と言えば、性交を拒否し抵抗する女性を力ずくで犯すことである。強姦を行う者は、抵抗
する女性に無理やり行う事で性的興奮を高め、より高い満足得ることを好む。男性の性欲には確かに
そういう部分があるが、理性が働くので実行する者は少ない。
一方、催眠ガス強姦は意識が無く、まったく動かない状態にして行なわれるため、女性はダッチワイフ
と同じ状態であり(聞くところでは物理的性能なら今は人間よりダッチワイフのほうが上?)強姦本来
の満足感は無いと思われる。
男が性欲を満たそうとする時に、女が受け入れようと拒絶しようと、人間の女として行動してくれた
方が良いに決まっている。さらに言えば、愛する気持ちを高めて結び合ってこそ、人間の男女として
の営みに一層、満足が得られるというものだ。その意味で催眠ガス強姦は邪道中の邪道と言える。  
私見だが、催眠ガス強姦の為に侵入して、今まで会ったこともない女の又間を開いてみても、そこに美し
い物があるとは言えず、時には臭いもするだろうし、すぐに自分のやっている事が情けなくなるので
は無いだろうか。

21実習生さん2018/02/05(月) 11:20:06.98ID:uisk+Wlu
<警視庁公安部による催眠ガス強姦の研究>(2)

警視庁公安部は、活動拠点である「上尾拠点」において、これまで6000人の女性を催眠ガス強姦した。
人間の心を捨て去った者にしか公安警察は勤まらない。
性欲を満たす手段としては、下の下である催眠ガス強姦の利点を上げるとすれば、論理的に考えて最大
の利点は女性の意識が無い状態で行なわれる為、顔、姿を見られない事と、女性が何をされているか気付
かない状態で体を奪える。つまり「被害者に姿を見られず、かつ被害者自身が被害に遭ったことに気づか
ない」という完全犯罪を構成しうる点だろう。強姦ほど多くの物証の残る犯罪はない。理論的みて、催眠
ガス強姦する技術があって、それを実行する者なら、必ず完全犯罪を目指すはずである。

それでは、警視庁公安部の催眠ガス強姦について見てみよう。以前にも述べたが、警視庁公安部が行って
いる催眠ガス強姦は、高度な技術と組織の力を行使して実行されるから可能なのであり、一般人には絶対
真似できるものではない。警視庁公安部は、組織の力でこれまでに6000人の催眠ガス強姦をやってのけて
いる。警視庁公安部の催眠ガス強姦の特徴は、理論的に考えられる催眠ガス強姦とは明らかに異なる。
 @女子中高生が被害の中心A下着を引き裂く、全裸で放置する等、必ず被害に気付くようにしてある
 B必ず特定人物の精液が残されているC6000人の被害者について、すべて警視庁公安部が事件を管理下
  に置いている。
 C被害者に姿を見られない完全な催眠状態で強姦を行いながら、強姦で怪我をするであろう女子中高生
  、時には小学生まで対象にし、実際、多くの被害者に怪我を負わせている。
 Dさらに全裸で放置する等、必ず被害に気付くような状態にして現場を立ち去る。
 E被害者の体に特定人物の体液を残してある。つまり、明らかに特定人物を犯人とする強姦事件にする
  ことを最初から意図している。

22実習生さん2018/02/05(月) 11:20:58.62ID:uisk+Wlu
<警視庁公安部による催眠ガス強姦の研究>(3)

次に、この方法で催眠ガス強姦された被害者心理と行動について検証してみる。
眠っている間に、強姦された事を知った被害者は、先ず恐怖を感じる。姿の見えない犯人に被害者は恐怖
を募らせ、「また襲われる」「今度は何をされるか判らない」と言った恐怖心から、110番通報し警察を呼ぶ。
通常は、警察により事件の捜査が開始され、犯人検挙まで捜査が行なわれる。強姦ほど多くの物証の残る
犯罪は無い。犯人が一般人であれば、完全犯罪を目指すのでなければ催眠ガス強姦する意味が無い。他人の
体液を現場に持っていくのは、一般人には催眠ガス強姦よりも難しい。
一方、警視庁公安部による催眠ガス強姦の場合は、現場からの110番通報で、必ず自分たちが捜査員として
現場に行くことが出来る仕組みが出来ているため、今度は警察官として再度現場へ行き、事件の捜査を担当
し、自分たちの活動対象である特定人物を犯人として被害者に提示するという決まりの手順をたどる事が
出来る。
警察施設に行って警察から犯人だとして、その様子をモニターで見せられ「我々が監視しているので安心
してください」などと言われると、被害者は事件後の恐怖心が急に消え、安心する心理状態になる。
そうすると、次には隣近所や学校の人たちに「絶対この事を知られたくない」と言う女性心理が働き出す。
「傷物になった娘の事を世間に知られたくない」と言う親心も同様である。そして告訴手続きはせず一件落着
となる。
これが警視庁公安部が『発見した催眠ガス強姦被害者に共通の心理と行動パターン』である。
そこで、この決まった手順に従い、女性共通の心理と行動パターンに誘導すれば、催眠ガス強姦は決して
知れ渡る事は無く、また翌日には隣家の娘も催眠ガス強姦出来てしまう。
警視庁の組織力を行使しての事ではあるが、これが特定地域内で6000人もの女性を次々と強姦できた
『秘密』である。

23実習生さん2018/02/20(火) 10:41:28.77ID:ocEa/OYH
とても簡単なパソコン一台でお金持ちになれるやり方
暇な人は見てみるといいかもしれません
グーグル検索⇒『金持ちになりたい 鎌野介メソッド』

861Q8

24実習生さん2018/02/20(火) 16:11:16.42ID:DbMtXP8A
何この荒らし
川島和正だって.
f

新着レスの表示
レスを投稿する