東京のダーツ事情 その6 ★2 [無断転載禁止]©2ch.net

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています
1名無しの与一 転載ダメ©2ch.net (アウアウカー Saeb-sPnt)2017/06/07(水) 17:05:11.93ID:6QNnpxn3a
スレ立て時に↑をコピペして3行で書き込んでください

※前スレ
東京のダーツ事情 その6
http://hayabusa6.2ch.net/test/read.cgi/bullseye/1486483682/

by びんたん次スレ一発作成
VIPQ2_EXTDAT: checked:vvvvv:1000:512:----: EXT was configured

207名無しの与一 (ワッチョイ 47f6-Qng4)2018/10/05(金) 21:05:31.01ID:I2857aDx0
NPB復帰を目指して独立リーグのルートインBCリーグの栃木ゴールデンブレーブスでプレーしている
村田修一(37)が1日、栃木・小山市内のホテルで記者会見を行い、NPBへの挑戦をあきらめる決意と、
現役続行の考えがない、ことを明らかにした。
ただ「引退という言葉は使いたくないし、皆さん(メディア)にも使って欲しくない」と、正式な引退表明は行わなかった。
村田はスーツ姿で5か月前に入団会見を行った同じホテルの同じ壇上に座った。
その表情は晴れやかとは言えない険しいものだった。
昨年10月13日に巨人を戦力外になった村田は、オフの間に他球団のオファーを待ったがなく、
今春から独立リーグでプレーしながら、NPBの復帰を待つという選択をした。
だが、大型補強の時代から若手育成に舵を切った球界トレンドの犠牲になり、
移籍期限が切れる運命の日にも電話はならなかった。
「NPBに帰るのであれば、僕の中での期限が、昨日。お誘いがなかったので、区切りをつけるために8月1日に会見を開くと決断した。
★(結果を)受け止めて前へ進まないといつまでも後ろを向いていても自分のやってきた野球人生を否定することになる」
NPBへの決別の意味で7月31日の移籍期限の翌日に会見を設定したという。
「怪我したのも事実で、なかなかチームに貢献できなかったが、NPBに帰って野球ができる状態まできていたと思っている」
だが、このオフ、或いは、来年、もう一度,NPBを狙うという考えはもうない。
さらに1年待ったからと言って若手育成重視の各球団共通とも言える方針が劇的に変わるとは考えにくいからだろう。
「来年、復帰できるかも定かではない。確率の低いものを追いかけても次へ進めない。
(来シーズンの復帰をめざして)体制を整えることはない」
ハッキリとそう言った。
さらに「来年ユニホームを着て、どこかで野球を続けるのは考えにくい」と、
事実上、今季限りで現役引退する考えを明かしたが、
「今日、ここで引退の二文字は使いたくないし、皆さんにも使って欲しくない」と声のトーンを高めた。
9月9日にホームの小山運動公園野球場で行われる群馬ダイヤモンド・ペガサスとの最終戦まで
栃木で「チーム勝利のため全力でプレーする」村田にとって、
その2文字を口にするのは、最終戦が終わってから。
最後のワンアウトまで全力でプレーを続けるのが、村田の信念であり、
まだ試合が残っている段階で、引退の2文字を口にするのはチームメイトやファンへの失礼にあたる、
という村田の去り際の美学なのだろう。
そういう美学を村田に抱かせたのは、単身赴任で過ごした栃木の日々だ。
「NPBへ帰ることを考えてやってきたが、若い選手と一緒にプレーして野球の素晴らしさと、NPBとの違いを感じることができた、移動も大変。
NPBは3連戦が普通だが、ここはバスの移動がものすごく大変、若い人とともに移動して足腰が強くなったと思う(笑)」
純粋にNPBでのプレーを夢見て、独立リーグで戦う若い選手の姿に村田は新鮮な刺激を受けた。
横浜、巨人時代は、「僕もプロ。(若手が成長して)働き場がなくなると困るので、アドバイスは最低限に」という姿勢だったが、
栃木では、ほぼ兼任コーチとして若手に持ち得る知識を余すことなく伝え、選手の疑問や質問にも真剣に答えた。
「彼らは、本当に野球が好きだけど、野球をまだ勉強していない。教えてあげないと。コーチの肩書きはなかったが、辻監督と共にアドバイスを送った。
一緒に野球をやって新鮮なものがあった。僕はNPBに帰る可能性はなくなったが、彼らはドラフトにかかる可能性もある。一人でも多くNPBにいくことを望んでいる」
村田は、BCリーグでプレーする中でNPB復帰のためだけにという思いが薄れたという。
「試合を重ねながら、NPBにアピールするために野球をやる感じはなかった。栃木のファン、BCリーグファンのためにやった。
その姿を見て、感動してくれて、野球を好きになってもらい、村田みたいにと、目標になれるようなプレーをした。それは昔から変わらないが」
「小3から野球を30年間続けてきた、その集大成をみなさんにお見せしたい。体も万全の状態。いいパフォーマンスを最後まで見せたい」
男・村田は終わっていない。
「この時点で引退するという発言はない。最後まで野球をする。共に戦ってきたみんなのために最後まで」
だから引退の2文字を口にしたくはなかったのだ。
村田は、中日の松坂大輔から「まだやめて欲しくない」とエールを贈られたが、その数時間前に、彼も同じメッセージを松坂世代のリーダーに残していた。
「20年、大輔の背中を追いかけてきた。同級生とやれて幸せ。松坂達には長くプレーを続けて欲しい」
彼は「感謝こそあれ悔いはない」と言った。

208名無しの与一 (ワッチョイ 47f6-Qng4)2018/10/05(金) 21:05:46.03ID:I2857aDx0
NPB復帰を目指して独立リーグのルートインBCリーグの栃木ゴールデンブレーブスでプレーしている
村田修一(37)が1日、栃木・小山市内のホテルで記者会見を行い、NPBへの挑戦をあきらめる決意と、
現役続行の考えがない、ことを明らかにした。
ただ「引退という言葉は使いたくないし、皆さん(メディア)にも使って欲しくない」と、正式な引退表明は行わなかった。
村田はスーツ姿で5か月前に入団会見を行った同じホテルの同じ壇上に座った。
その表情は晴れやかとは言えない険しいものだった。
昨年10月13日に巨人を戦力外になった村田は、オフの間に他球団のオファーを待ったがなく、
今春から独立リーグでプレーしながら、NPBの復帰を待つという選択をした。
だが、大型補強の時代から若手育成に舵を切った球界トレンドの犠牲になり、
移籍期限が切れる運命の日にも電話はならなかった。
「NPBに帰るのであれば、僕の中での期限が、昨日。お誘いがなかったので、区切りをつけるために8月1日に会見を開くと決断した。

209名無しの与一 (ワッチョイ 47f6-Qng4)2018/10/05(金) 21:05:49.18ID:I2857aDx0
NPB復帰を目指して独立リーグのルートインBCリーグの栃木ゴールデンブレーブスでプレーしている
村田修一(37)が1日、栃木・小山市内のホテルで記者会見を行い、NPBへの挑戦をあきらめる決意と、
現役続行の考えがない、ことを明らかにした。
ただ「引退という言葉は使いたくないし、皆さん(メディア)にも使って欲しくない」と、正式な引退表明は行わなかった。
村田はスーツ姿で5か月前に入団会見を行った同じホテルの同じ壇上に座った。
その表情は晴れやかとは言えない険しいものだった。
昨年10月13日に巨人を戦力外になった村田は、オフの間に他球団のオファーを待ったがなく、
今春から独立リーグでプレーしながら、NPBの復帰を待つという選択をした。
だが、大型補強の時代から若手育成に舵を切った球界トレンドの犠牲になり、
移籍期限が切れる運命の日にも電話はならなかった。
「NPBに帰るのであれば、僕の中での期限が、昨日。お誘いがなかったので、区切りをつけるために8月1日に会見を開くと決断した。
★(結果を)受け止めて前へ進まないといつまでも後ろを向いていても自分のやってきた野球人生を否定することになる」
NPBへの決別の意味で7月31日の移籍期限の翌日に会見を設定したという。
「怪我したのも事実で、なかなかチームに貢献できなかったが、NPBに帰って野球ができる状態まできていたと思っている」
だが、このオフ、或いは、来年、もう一度,NPBを狙うという考えはもうない。
さらに1年待ったからと言って若手育成重視の各球団共通とも言える方針が劇的に変わるとは考えにくいからだろう。
「来年、復帰できるかも定かではない。確率の低いものを追いかけても次へ進めない。
(来シーズンの復帰をめざして)体制を整えることはない」
ハッキリとそう言った。
さらに「来年ユニホームを着て、どこかで野球を続けるのは考えにくい」と、
事実上、今季限りで現役引退する考えを明かしたが、
「今日、ここで引退の二文字は使いたくないし、皆さんにも使って欲しくない」と声のトーンを高めた。
9月9日にホームの小山運動公園野球場で行われる群馬ダイヤモンド・ペガサスとの最終戦まで
栃木で「チーム勝利のため全力でプレーする」村田にとって、
その2文字を口にするのは、最終戦が終わってから。
最後のワンアウトまで全力でプレーを続けるのが、村田の信念であり、
まだ試合が残っている段階で、引退の2文字を口にするのはチームメイトやファンへの失礼にあたる、
という村田の去り際の美学なのだろう。
そういう美学を村田に抱かせたのは、単身赴任で過ごした栃木の日々だ。
「NPBへ帰ることを考えてやってきたが、若い選手と一緒にプレーして野球の素晴らしさと、NPBとの違いを感じることができた、移動も大変。
NPBは3連戦が普通だが、ここはバスの移動がものすごく大変、若い人とともに移動して足腰が強くなったと思う(笑)」
純粋にNPBでのプレーを夢見て、独立リーグで戦う若い選手の姿に村田は新鮮な刺激を受けた。
横浜、巨人時代は、「僕もプロ。(若手が成長して)働き場がなくなると困るので、アドバイスは最低限に」という姿勢だったが、
栃木では、ほぼ兼任コーチとして若手に持ち得る知識を余すことなく伝え、選手の疑問や質問にも真剣に答えた。
「彼らは、本当に野球が好きだけど、野球をまだ勉強していない。教えてあげないと。コーチの肩書きはなかったが、辻監督と共にアドバイスを送った。
一緒に野球をやって新鮮なものがあった。僕はNPBに帰る可能性はなくなったが、彼らはドラフトにかかる可能性もある。一人でも多くNPBにいくことを望んでいる」
村田は、BCリーグでプレーする中でNPB復帰のためだけにという思いが薄れたという。
「試合を重ねながら、NPBにアピールするために野球をやる感じはなかった。栃木のファン、BCリーグファンのためにやった。
その姿を見て、感動してくれて、野球を好きになってもらい、村田みたいにと、目標になれるようなプレーをした。それは昔から変わらないが」
「小3から野球を30年間続けてきた、その集大成をみなさんにお見せしたい。体も万全の状態。いいパフォーマンスを最後まで見せたい」
男・村田は終わっていない。
「この時点で引退するという発言はない。最後まで野球をする。共に戦ってきたみんなのために最後まで」
だから引退の2文字を口にしたくはなかったのだ。
村田は、中日の松坂大輔から「まだやめて欲しくない」とエールを贈られたが、その数時間前に、彼も同じメッセージを松坂世代のリーダーに残していた。
「20年、大輔の背中を追いかけてきた。同級生とやれて幸せ。松坂達には長くプレーを続けて欲しい」
彼は「感謝こそあれ悔いはない」と言った。

210名無しの与一 (ワッチョイ 47f6-Qng4)2018/10/05(金) 21:06:04.50ID:I2857aDx0
NPB復帰を目指して独立リーグのルートインBCリーグの栃木ゴールデンブレーブスでプレーしている
村田修一(37)が1日、栃木・小山市内のホテルで記者会見を行い、NPBへの挑戦をあきらめる決意と、
現役続行の考えがない、ことを明らかにした。
ただ「引退という言葉は使いたくないし、皆さん(メディア)にも使って欲しくない」と、正式な引退表明は行わなかった。
村田はスーツ姿で5か月前に入団会見を行った同じホテルの同じ壇上に座った。
その表情は晴れやかとは言えない険しいものだった。
昨年10月13日に巨人を戦力外になった村田は、オフの間に他球団のオファーを待ったがなく、
今春から独立リーグでプレーしながら、NPBの復帰を待つという選択をした。
だが、大型補強の時代から若手育成に舵を切った球界トレンドの犠牲になり、
移籍期限が切れる運命の日にも電話はならなかった。
「NPBに帰るのであれば、僕の中での期限が、昨日。お誘いがなかったので、区切りをつけるために8月1日に会見を開くと決断した。
★(結果を)受け止めて前へ進まないといつまでも後ろを向いていても自分のやってきた野球人生を否定することになる」
NPBへの決別の意味で7月31日の移籍期限の翌日に会見を設定したという。
「怪我したのも事実で、なかなかチームに貢献できなかったが、NPBに帰って野球ができる状態まできていたと思っている」
だが、このオフ、或いは、来年、もう一度,NPBを狙うという考えはもうない。
さらに1年待ったからと言って若手育成重視の各球団共通とも言える方針が劇的に変わるとは考えにくいからだろう。
「来年、復帰できるかも定かではない。確率の低いものを追いかけても次へ進めない。
(来シーズンの復帰をめざして)体制を整えることはない」
ハッキリとそう言った。
さらに「来年ユニホームを着て、どこかで野球を続けるのは考えにくい」と、
事実上、今季限りで現役引退する考えを明かしたが、
「今日、ここで引退の二文字は使いたくないし、皆さんにも使って欲しくない」と声のトーンを高めた。
9月9日にホームの小山運動公園野球場で行われる群馬ダイヤモンド・ペガサスとの最終戦まで
栃木で「チーム勝利のため全力でプレーする」村田にとって、
その2文字を口にするのは、最終戦が終わってから。
最後のワンアウトまで全力でプレーを続けるのが、村田の信念であり、
まだ試合が残っている段階で、引退の2文字を口にするのはチームメイトやファンへの失礼にあたる、
という村田の去り際の美学なのだろう。
そういう美学を村田に抱かせたのは、単身赴任で過ごした栃木の日々だ。
「NPBへ帰ることを考えてやってきたが、若い選手と一緒にプレーして野球の素晴らしさと、NPBとの違いを感じることができた、移動も大変。
NPBは3連戦が普通だが、ここはバスの移動がものすごく大変、若い人とともに移動して足腰が強くなったと思う(笑)」
純粋にNPBでのプレーを夢見て、独立リーグで戦う若い選手の姿に村田は新鮮な刺激を受けた。
横浜、巨人時代は、「僕もプロ。(若手が成長して)働き場がなくなると困るので、アドバイスは最低限に」という姿勢だったが、
栃木では、ほぼ兼任コーチとして若手に持ち得る知識を余すことなく伝え、選手の疑問や質問にも真剣に答えた。
「彼らは、本当に野球が好きだけど、野球をまだ勉強していない。教えてあげないと。コーチの肩書きはなかったが、辻監督と共にアドバイスを送った。
一緒に野球をやって新鮮なものがあった。僕はNPBに帰る可能性はなくなったが、彼らはドラフトにかかる可能性もある。一人でも多くNPBにいくことを望んでいる」
村田は、BCリーグでプレーする中でNPB復帰のためだけにという思いが薄れたという。
「試合を重ねながら、NPBにアピールするために野球をやる感じはなかった。栃木のファン、BCリーグファンのためにやった。
その姿を見て、感動してくれて、野球を好きになってもらい、村田みたいにと、目標になれるようなプレーをした。それは昔から変わらないが」
「小3から野球を30年間続けてきた、その集大成をみなさんにお見せしたい。体も万全の状態。いいパフォーマンスを最後まで見せたい」
男・村田は終わっていない。
「この時点で引退するという発言はない。最後まで野球をする。共に戦ってきたみんなのために最後まで」
だから引退の2文字を口にしたくはなかったのだ。
村田は、中日の松坂大輔から「まだやめて欲しくない」とエールを贈られたが、その数時間前に、彼も同じメッセージを松坂世代のリーダーに残していた。
「20年、大輔の背中を追いかけてきた。同級生とやれて幸せ。松坂達には長くプレーを続けて欲しい」
彼は「感謝こそあれ悔いはない」と言った。

211名無しの与一 (ワッチョイ 47f6-Qng4)2018/10/05(金) 21:06:07.78ID:I2857aDx0
NPB復帰を目指して独立リーグのルートインBCリーグの栃木ゴールデンブレーブスでプレーしている
村田修一(37)が1日、栃木・小山市内のホテルで記者会見を行い、NPBへの挑戦をあきらめる決意と、
現役続行の考えがない、ことを明らかにした。
ただ「引退という言葉は使いたくないし、皆さん(メディア)にも使って欲しくない」と、正式な引退表明は行わなかった。
村田はスーツ姿で5か月前に入団会見を行った同じホテルの同じ壇上に座った。
その表情は晴れやかとは言えない険しいものだった。
昨年10月13日に巨人を戦力外になった村田は、オフの間に他球団のオファーを待ったがなく、
今春から独立リーグでプレーしながら、NPBの復帰を待つという選択をした。
だが、大型補強の時代から若手育成に舵を切った球界トレンドの犠牲になり、
移籍期限が切れる運命の日にも電話はならなかった。
「NPBに帰るのであれば、僕の中での期限が、昨日。お誘いがなかったので、区切りをつけるために8月1日に会見を開くと決断した。
★(結果を)受け止めて前へ進まないといつまでも後ろを向いていても自分のやってきた野球人生を否定することになる」
NPBへの決別の意味で7月31日の移籍期限の翌日に会見を設定したという。
「怪我したのも事実で、なかなかチームに貢献できなかったが、NPBに帰って野球ができる状態まできていたと思っている」
だが、このオフ、或いは、来年、もう一度,NPBを狙うという考えはもうない。
さらに1年待ったからと言って若手育成重視の各球団共通とも言える方針が劇的に変わるとは考えにくいからだろう。
「来年、復帰できるかも定かではない。確率の低いものを追いかけても次へ進めない。
(来シーズンの復帰をめざして)体制を整えることはない」
ハッキリとそう言った。
さらに「来年ユニホームを着て、どこかで野球を続けるのは考えにくい」と、
事実上、今季限りで現役引退する考えを明かしたが、
「今日、ここで引退の二文字は使いたくないし、皆さんにも使って欲しくない」と声のトーンを高めた。
9月9日にホームの小山運動公園野球場で行われる群馬ダイヤモンド・ペガサスとの最終戦まで
栃木で「チーム勝利のため全力でプレーする」村田にとって、
その2文字を口にするのは、最終戦が終わってから。
最後のワンアウトまで全力でプレーを続けるのが、村田の信念であり、
まだ試合が残っている段階で、引退の2文字を口にするのはチームメイトやファンへの失礼にあたる、
という村田の去り際の美学なのだろう。
そういう美学を村田に抱かせたのは、単身赴任で過ごした栃木の日々だ。
「NPBへ帰ることを考えてやってきたが、若い選手と一緒にプレーして野球の素晴らしさと、NPBとの違いを感じることができた、移動も大変。
NPBは3連戦が普通だが、ここはバスの移動がものすごく大変、若い人とともに移動して足腰が強くなったと思う(笑)」
純粋にNPBでのプレーを夢見て、独立リーグで戦う若い選手の姿に村田は新鮮な刺激を受けた。
横浜、巨人時代は、「僕もプロ。(若手が成長して)働き場がなくなると困るので、アドバイスは最低限に」という姿勢だったが、
栃木では、ほぼ兼任コーチとして若手に持ち得る知識を余すことなく伝え、選手の疑問や質問にも真剣に答えた。
「彼らは、本当に野球が好きだけど、野球をまだ勉強していない。教えてあげないと。コーチの肩書きはなかったが、辻監督と共にアドバイスを送った。
一緒に野球をやって新鮮なものがあった。僕はNPBに帰る可能性はなくなったが、彼らはドラフトにかかる可能性もある。一人でも多くNPBにいくことを望んでいる」
村田は、BCリーグでプレーする中でNPB復帰のためだけにという思いが薄れたという。
「試合を重ねながら、NPBにアピールするために野球をやる感じはなかった。栃木のファン、BCリーグファンのためにやった。
その姿を見て、感動してくれて、野球を好きになってもらい、村田みたいにと、目標になれるようなプレーをした。それは昔から変わらないが」
「小3から野球を30年間続けてきた、その集大成をみなさんにお見せしたい。体も万全の状態。いいパフォーマンスを最後まで見せたい」
男・村田は終わっていない。
「この時点で引退するという発言はない。最後まで野球をする。共に戦ってきたみんなのために最後まで」
だから引退の2文字を口にしたくはなかったのだ。
村田は、中日の松坂大輔から「まだやめて欲しくない」とエールを贈られたが、その数時間前に、彼も同じメッセージを松坂世代のリーダーに残していた。
「20年、大輔の背中を追いかけてきた。同級生とやれて幸せ。松坂達には長くプレーを続けて欲しい」
彼は「感謝こそあれ悔いはない」と言った。

212名無しの与一 (ワッチョイ 47f6-Qng4)2018/10/05(金) 21:06:22.97ID:I2857aDx0
NPB復帰を目指して独立リーグのルートインBCリーグの栃木ゴールデンブレーブスでプレーしている
村田修一(37)が1日、栃木・小山市内のホテルで記者会見を行い、NPBへの挑戦をあきらめる決意と、
現役続行の考えがない、ことを明らかにした。
ただ「引退という言葉は使いたくないし、皆さん(メディア)にも使って欲しくない」と、正式な引退表明は行わなかった。
村田はスーツ姿で5か月前に入団会見を行った同じホテルの同じ壇上に座った。
その表情は晴れやかとは言えない険しいものだった。
昨年10月13日に巨人を戦力外になった村田は、オフの間に他球団のオファーを待ったがなく、
今春から独立リーグでプレーしながら、NPBの復帰を待つという選択をした。
だが、大型補強の時代から若手育成に舵を切った球界トレンドの犠牲になり、
移籍期限が切れる運命の日にも電話はならなかった。
「NPBに帰るのであれば、僕の中での期限が、昨日。お誘いがなかったので、区切りをつけるために8月1日に会見を開くと決断した。

213名無しの与一 (ワッチョイ 47f6-Qng4)2018/10/05(金) 21:06:26.28ID:I2857aDx0
NPB復帰を目指して独立リーグのルートインBCリーグの栃木ゴールデンブレーブスでプレーしている
村田修一(37)が1日、栃木・小山市内のホテルで記者会見を行い、NPBへの挑戦をあきらめる決意と、
現役続行の考えがない、ことを明らかにした。
ただ「引退という言葉は使いたくないし、皆さん(メディア)にも使って欲しくない」と、正式な引退表明は行わなかった。
村田はスーツ姿で5か月前に入団会見を行った同じホテルの同じ壇上に座った。
その表情は晴れやかとは言えない険しいものだった。
昨年10月13日に巨人を戦力外になった村田は、オフの間に他球団のオファーを待ったがなく、
今春から独立リーグでプレーしながら、NPBの復帰を待つという選択をした。
だが、大型補強の時代から若手育成に舵を切った球界トレンドの犠牲になり、
移籍期限が切れる運命の日にも電話はならなかった。
「NPBに帰るのであれば、僕の中での期限が、昨日。お誘いがなかったので、区切りをつけるために8月1日に会見を開くと決断した。
★(結果を)受け止めて前へ進まないといつまでも後ろを向いていても自分のやってきた野球人生を否定することになる」
NPBへの決別の意味で7月31日の移籍期限の翌日に会見を設定したという。
「怪我したのも事実で、なかなかチームに貢献できなかったが、NPBに帰って野球ができる状態まできていたと思っている」
だが、このオフ、或いは、来年、もう一度,NPBを狙うという考えはもうない。
さらに1年待ったからと言って若手育成重視の各球団共通とも言える方針が劇的に変わるとは考えにくいからだろう。
「来年、復帰できるかも定かではない。確率の低いものを追いかけても次へ進めない。
(来シーズンの復帰をめざして)体制を整えることはない」
ハッキリとそう言った。
さらに「来年ユニホームを着て、どこかで野球を続けるのは考えにくい」と、
事実上、今季限りで現役引退する考えを明かしたが、
「今日、ここで引退の二文字は使いたくないし、皆さんにも使って欲しくない」と声のトーンを高めた。
9月9日にホームの小山運動公園野球場で行われる群馬ダイヤモンド・ペガサスとの最終戦まで
栃木で「チーム勝利のため全力でプレーする」村田にとって、
その2文字を口にするのは、最終戦が終わってから。
最後のワンアウトまで全力でプレーを続けるのが、村田の信念であり、
まだ試合が残っている段階で、引退の2文字を口にするのはチームメイトやファンへの失礼にあたる、
という村田の去り際の美学なのだろう。
そういう美学を村田に抱かせたのは、単身赴任で過ごした栃木の日々だ。
「NPBへ帰ることを考えてやってきたが、若い選手と一緒にプレーして野球の素晴らしさと、NPBとの違いを感じることができた、移動も大変。
NPBは3連戦が普通だが、ここはバスの移動がものすごく大変、若い人とともに移動して足腰が強くなったと思う(笑)」
純粋にNPBでのプレーを夢見て、独立リーグで戦う若い選手の姿に村田は新鮮な刺激を受けた。
横浜、巨人時代は、「僕もプロ。(若手が成長して)働き場がなくなると困るので、アドバイスは最低限に」という姿勢だったが、
栃木では、ほぼ兼任コーチとして若手に持ち得る知識を余すことなく伝え、選手の疑問や質問にも真剣に答えた。
「彼らは、本当に野球が好きだけど、野球をまだ勉強していない。教えてあげないと。コーチの肩書きはなかったが、辻監督と共にアドバイスを送った。
一緒に野球をやって新鮮なものがあった。僕はNPBに帰る可能性はなくなったが、彼らはドラフトにかかる可能性もある。一人でも多くNPBにいくことを望んでいる」
村田は、BCリーグでプレーする中でNPB復帰のためだけにという思いが薄れたという。
「試合を重ねながら、NPBにアピールするために野球をやる感じはなかった。栃木のファン、BCリーグファンのためにやった。
その姿を見て、感動してくれて、野球を好きになってもらい、村田みたいにと、目標になれるようなプレーをした。それは昔から変わらないが」
「小3から野球を30年間続けてきた、その集大成をみなさんにお見せしたい。体も万全の状態。いいパフォーマンスを最後まで見せたい」
男・村田は終わっていない。
「この時点で引退するという発言はない。最後まで野球をする。共に戦ってきたみんなのために最後まで」
だから引退の2文字を口にしたくはなかったのだ。
村田は、中日の松坂大輔から「まだやめて欲しくない」とエールを贈られたが、その数時間前に、彼も同じメッセージを松坂世代のリーダーに残していた。
「20年、大輔の背中を追いかけてきた。同級生とやれて幸せ。松坂達には長くプレーを続けて欲しい」
彼は「感謝こそあれ悔いはない」と言った。

214名無しの与一 (ワッチョイ 47f6-Qng4)2018/10/05(金) 21:06:41.43ID:I2857aDx0
NPB復帰を目指して独立リーグのルートインBCリーグの栃木ゴールデンブレーブスでプレーしている
村田修一(37)が1日、栃木・小山市内のホテルで記者会見を行い、NPBへの挑戦をあきらめる決意と、
現役続行の考えがない、ことを明らかにした。
ただ「引退という言葉は使いたくないし、皆さん(メディア)にも使って欲しくない」と、正式な引退表明は行わなかった。
村田はスーツ姿で5か月前に入団会見を行った同じホテルの同じ壇上に座った。
その表情は晴れやかとは言えない険しいものだった。
昨年10月13日に巨人を戦力外になった村田は、オフの間に他球団のオファーを待ったがなく、
今春から独立リーグでプレーしながら、NPBの復帰を待つという選択をした。
だが、大型補強の時代から若手育成に舵を切った球界トレンドの犠牲になり、
移籍期限が切れる運命の日にも電話はならなかった。
「NPBに帰るのであれば、僕の中での期限が、昨日。お誘いがなかったので、区切りをつけるために8月1日に会見を開くと決断した。

215名無しの与一 (ワッチョイ 47f6-Qng4)2018/10/05(金) 21:06:45.36ID:I2857aDx0
NPB復帰を目指して独立リーグのルートインBCリーグの栃木ゴールデンブレーブスでプレーしている
村田修一(37)が1日、栃木・小山市内のホテルで記者会見を行い、NPBへの挑戦をあきらめる決意と、
現役続行の考えがない、ことを明らかにした。
ただ「引退という言葉は使いたくないし、皆さん(メディア)にも使って欲しくない」と、正式な引退表明は行わなかった。
村田はスーツ姿で5か月前に入団会見を行った同じホテルの同じ壇上に座った。
その表情は晴れやかとは言えない険しいものだった。
昨年10月13日に巨人を戦力外になった村田は、オフの間に他球団のオファーを待ったがなく、
今春から独立リーグでプレーしながら、NPBの復帰を待つという選択をした。
だが、大型補強の時代から若手育成に舵を切った球界トレンドの犠牲になり、
移籍期限が切れる運命の日にも電話はならなかった。
「NPBに帰るのであれば、僕の中での期限が、昨日。お誘いがなかったので、区切りをつけるために8月1日に会見を開くと決断した。
★(結果を)受け止めて前へ進まないといつまでも後ろを向いていても自分のやってきた野球人生を否定することになる」
NPBへの決別の意味で7月31日の移籍期限の翌日に会見を設定したという。
「怪我したのも事実で、なかなかチームに貢献できなかったが、NPBに帰って野球ができる状態まできていたと思っている」
だが、このオフ、或いは、来年、もう一度,NPBを狙うという考えはもうない。
さらに1年待ったからと言って若手育成重視の各球団共通とも言える方針が劇的に変わるとは考えにくいからだろう。
「来年、復帰できるかも定かではない。確率の低いものを追いかけても次へ進めない。
(来シーズンの復帰をめざして)体制を整えることはない」
ハッキリとそう言った。
さらに「来年ユニホームを着て、どこかで野球を続けるのは考えにくい」と、
事実上、今季限りで現役引退する考えを明かしたが、
「今日、ここで引退の二文字は使いたくないし、皆さんにも使って欲しくない」と声のトーンを高めた。
9月9日にホームの小山運動公園野球場で行われる群馬ダイヤモンド・ペガサスとの最終戦まで
栃木で「チーム勝利のため全力でプレーする」村田にとって、
その2文字を口にするのは、最終戦が終わってから。
最後のワンアウトまで全力でプレーを続けるのが、村田の信念であり、
まだ試合が残っている段階で、引退の2文字を口にするのはチームメイトやファンへの失礼にあたる、
という村田の去り際の美学なのだろう。
そういう美学を村田に抱かせたのは、単身赴任で過ごした栃木の日々だ。
「NPBへ帰ることを考えてやってきたが、若い選手と一緒にプレーして野球の素晴らしさと、NPBとの違いを感じることができた、移動も大変。
NPBは3連戦が普通だが、ここはバスの移動がものすごく大変、若い人とともに移動して足腰が強くなったと思う(笑)」
純粋にNPBでのプレーを夢見て、独立リーグで戦う若い選手の姿に村田は新鮮な刺激を受けた。
横浜、巨人時代は、「僕もプロ。(若手が成長して)働き場がなくなると困るので、アドバイスは最低限に」という姿勢だったが、
栃木では、ほぼ兼任コーチとして若手に持ち得る知識を余すことなく伝え、選手の疑問や質問にも真剣に答えた。
「彼らは、本当に野球が好きだけど、野球をまだ勉強していない。教えてあげないと。コーチの肩書きはなかったが、辻監督と共にアドバイスを送った。
一緒に野球をやって新鮮なものがあった。僕はNPBに帰る可能性はなくなったが、彼らはドラフトにかかる可能性もある。一人でも多くNPBにいくことを望んでいる」
村田は、BCリーグでプレーする中でNPB復帰のためだけにという思いが薄れたという。
「試合を重ねながら、NPBにアピールするために野球をやる感じはなかった。栃木のファン、BCリーグファンのためにやった。
その姿を見て、感動してくれて、野球を好きになってもらい、村田みたいにと、目標になれるようなプレーをした。それは昔から変わらないが」
「小3から野球を30年間続けてきた、その集大成をみなさんにお見せしたい。体も万全の状態。いいパフォーマンスを最後まで見せたい」
男・村田は終わっていない。
「この時点で引退するという発言はない。最後まで野球をする。共に戦ってきたみんなのために最後まで」
だから引退の2文字を口にしたくはなかったのだ。
村田は、中日の松坂大輔から「まだやめて欲しくない」とエールを贈られたが、その数時間前に、彼も同じメッセージを松坂世代のリーダーに残していた。
「20年、大輔の背中を追いかけてきた。同級生とやれて幸せ。松坂達には長くプレーを続けて欲しい」
彼は「感謝こそあれ悔いはない」と言った。

216名無しの与一 (ワッチョイ 47f6-Qng4)2018/10/05(金) 21:07:00.44ID:I2857aDx0
NPB復帰を目指して独立リーグのルートインBCリーグの栃木ゴールデンブレーブスでプレーしている
村田修一(37)が1日、栃木・小山市内のホテルで記者会見を行い、NPBへの挑戦をあきらめる決意と、
現役続行の考えがない、ことを明らかにした。
ただ「引退という言葉は使いたくないし、皆さん(メディア)にも使って欲しくない」と、正式な引退表明は行わなかった。
村田はスーツ姿で5か月前に入団会見を行った同じホテルの同じ壇上に座った。
その表情は晴れやかとは言えない険しいものだった。
昨年10月13日に巨人を戦力外になった村田は、オフの間に他球団のオファーを待ったがなく、
今春から独立リーグでプレーしながら、NPBの復帰を待つという選択をした。
だが、大型補強の時代から若手育成に舵を切った球界トレンドの犠牲になり、
移籍期限が切れる運命の日にも電話はならなかった。
「NPBに帰るのであれば、僕の中での期限が、昨日。お誘いがなかったので、区切りをつけるために8月1日に会見を開くと決断した。

217名無しの与一 (ワッチョイ 47f6-Qng4)2018/10/05(金) 21:07:04.10ID:I2857aDx0
NPB復帰を目指して独立リーグのルートインBCリーグの栃木ゴールデンブレーブスでプレーしている
村田修一(37)が1日、栃木・小山市内のホテルで記者会見を行い、NPBへの挑戦をあきらめる決意と、
現役続行の考えがない、ことを明らかにした。
ただ「引退という言葉は使いたくないし、皆さん(メディア)にも使って欲しくない」と、正式な引退表明は行わなかった。
村田はスーツ姿で5か月前に入団会見を行った同じホテルの同じ壇上に座った。
その表情は晴れやかとは言えない険しいものだった。
昨年10月13日に巨人を戦力外になった村田は、オフの間に他球団のオファーを待ったがなく、
今春から独立リーグでプレーしながら、NPBの復帰を待つという選択をした。
だが、大型補強の時代から若手育成に舵を切った球界トレンドの犠牲になり、
移籍期限が切れる運命の日にも電話はならなかった。
「NPBに帰るのであれば、僕の中での期限が、昨日。お誘いがなかったので、区切りをつけるために8月1日に会見を開くと決断した。
★(結果を)受け止めて前へ進まないといつまでも後ろを向いていても自分のやってきた野球人生を否定することになる」
NPBへの決別の意味で7月31日の移籍期限の翌日に会見を設定したという。
「怪我したのも事実で、なかなかチームに貢献できなかったが、NPBに帰って野球ができる状態まできていたと思っている」
だが、このオフ、或いは、来年、もう一度,NPBを狙うという考えはもうない。
さらに1年待ったからと言って若手育成重視の各球団共通とも言える方針が劇的に変わるとは考えにくいからだろう。
「来年、復帰できるかも定かではない。確率の低いものを追いかけても次へ進めない。
(来シーズンの復帰をめざして)体制を整えることはない」
ハッキリとそう言った。
さらに「来年ユニホームを着て、どこかで野球を続けるのは考えにくい」と、
事実上、今季限りで現役引退する考えを明かしたが、
「今日、ここで引退の二文字は使いたくないし、皆さんにも使って欲しくない」と声のトーンを高めた。
9月9日にホームの小山運動公園野球場で行われる群馬ダイヤモンド・ペガサスとの最終戦まで
栃木で「チーム勝利のため全力でプレーする」村田にとって、
その2文字を口にするのは、最終戦が終わってから。
最後のワンアウトまで全力でプレーを続けるのが、村田の信念であり、
まだ試合が残っている段階で、引退の2文字を口にするのはチームメイトやファンへの失礼にあたる、
という村田の去り際の美学なのだろう。
そういう美学を村田に抱かせたのは、単身赴任で過ごした栃木の日々だ。
「NPBへ帰ることを考えてやってきたが、若い選手と一緒にプレーして野球の素晴らしさと、NPBとの違いを感じることができた、移動も大変。
NPBは3連戦が普通だが、ここはバスの移動がものすごく大変、若い人とともに移動して足腰が強くなったと思う(笑)」
純粋にNPBでのプレーを夢見て、独立リーグで戦う若い選手の姿に村田は新鮮な刺激を受けた。
横浜、巨人時代は、「僕もプロ。(若手が成長して)働き場がなくなると困るので、アドバイスは最低限に」という姿勢だったが、
栃木では、ほぼ兼任コーチとして若手に持ち得る知識を余すことなく伝え、選手の疑問や質問にも真剣に答えた。
「彼らは、本当に野球が好きだけど、野球をまだ勉強していない。教えてあげないと。コーチの肩書きはなかったが、辻監督と共にアドバイスを送った。
一緒に野球をやって新鮮なものがあった。僕はNPBに帰る可能性はなくなったが、彼らはドラフトにかかる可能性もある。一人でも多くNPBにいくことを望んでいる」
村田は、BCリーグでプレーする中でNPB復帰のためだけにという思いが薄れたという。
「試合を重ねながら、NPBにアピールするために野球をやる感じはなかった。栃木のファン、BCリーグファンのためにやった。
その姿を見て、感動してくれて、野球を好きになってもらい、村田みたいにと、目標になれるようなプレーをした。それは昔から変わらないが」
「小3から野球を30年間続けてきた、その集大成をみなさんにお見せしたい。体も万全の状態。いいパフォーマンスを最後まで見せたい」
男・村田は終わっていない。
「この時点で引退するという発言はない。最後まで野球をする。共に戦ってきたみんなのために最後まで」
だから引退の2文字を口にしたくはなかったのだ。
村田は、中日の松坂大輔から「まだやめて欲しくない」とエールを贈られたが、その数時間前に、彼も同じメッセージを松坂世代のリーダーに残していた。
「20年、大輔の背中を追いかけてきた。同級生とやれて幸せ。松坂達には長くプレーを続けて欲しい」
彼は「感謝こそあれ悔いはない」と言った。

218名無しの与一 (ワッチョイ 47f6-Qng4)2018/10/05(金) 21:07:19.26ID:I2857aDx0
NPB復帰を目指して独立リーグのルートインBCリーグの栃木ゴールデンブレーブスでプレーしている
村田修一(37)が1日、栃木・小山市内のホテルで記者会見を行い、NPBへの挑戦をあきらめる決意と、
現役続行の考えがない、ことを明らかにした。
ただ「引退という言葉は使いたくないし、皆さん(メディア)にも使って欲しくない」と、正式な引退表明は行わなかった。
村田はスーツ姿で5か月前に入団会見を行った同じホテルの同じ壇上に座った。
その表情は晴れやかとは言えない険しいものだった。
昨年10月13日に巨人を戦力外になった村田は、オフの間に他球団のオファーを待ったがなく、
今春から独立リーグでプレーしながら、NPBの復帰を待つという選択をした。
だが、大型補強の時代から若手育成に舵を切った球界トレンドの犠牲になり、
移籍期限が切れる運命の日にも電話はならなかった。
「NPBに帰るのであれば、僕の中での期限が、昨日。お誘いがなかったので、区切りをつけるために8月1日に会見を開くと決断した。

219名無しの与一 (ワッチョイ 47f6-Qng4)2018/10/05(金) 21:07:22.72ID:I2857aDx0
NPB復帰を目指して独立リーグのルートインBCリーグの栃木ゴールデンブレーブスでプレーしている
村田修一(37)が1日、栃木・小山市内のホテルで記者会見を行い、NPBへの挑戦をあきらめる決意と、
現役続行の考えがない、ことを明らかにした。
ただ「引退という言葉は使いたくないし、皆さん(メディア)にも使って欲しくない」と、正式な引退表明は行わなかった。
村田はスーツ姿で5か月前に入団会見を行った同じホテルの同じ壇上に座った。
その表情は晴れやかとは言えない険しいものだった。
昨年10月13日に巨人を戦力外になった村田は、オフの間に他球団のオファーを待ったがなく、
今春から独立リーグでプレーしながら、NPBの復帰を待つという選択をした。
だが、大型補強の時代から若手育成に舵を切った球界トレンドの犠牲になり、
移籍期限が切れる運命の日にも電話はならなかった。
「NPBに帰るのであれば、僕の中での期限が、昨日。お誘いがなかったので、区切りをつけるために8月1日に会見を開くと決断した。
★(結果を)受け止めて前へ進まないといつまでも後ろを向いていても自分のやってきた野球人生を否定することになる」
NPBへの決別の意味で7月31日の移籍期限の翌日に会見を設定したという。
「怪我したのも事実で、なかなかチームに貢献できなかったが、NPBに帰って野球ができる状態まできていたと思っている」
だが、このオフ、或いは、来年、もう一度,NPBを狙うという考えはもうない。
さらに1年待ったからと言って若手育成重視の各球団共通とも言える方針が劇的に変わるとは考えにくいからだろう。
「来年、復帰できるかも定かではない。確率の低いものを追いかけても次へ進めない。
(来シーズンの復帰をめざして)体制を整えることはない」
ハッキリとそう言った。
さらに「来年ユニホームを着て、どこかで野球を続けるのは考えにくい」と、
事実上、今季限りで現役引退する考えを明かしたが、
「今日、ここで引退の二文字は使いたくないし、皆さんにも使って欲しくない」と声のトーンを高めた。
9月9日にホームの小山運動公園野球場で行われる群馬ダイヤモンド・ペガサスとの最終戦まで
栃木で「チーム勝利のため全力でプレーする」村田にとって、
その2文字を口にするのは、最終戦が終わってから。
最後のワンアウトまで全力でプレーを続けるのが、村田の信念であり、
まだ試合が残っている段階で、引退の2文字を口にするのはチームメイトやファンへの失礼にあたる、
という村田の去り際の美学なのだろう。
そういう美学を村田に抱かせたのは、単身赴任で過ごした栃木の日々だ。
「NPBへ帰ることを考えてやってきたが、若い選手と一緒にプレーして野球の素晴らしさと、NPBとの違いを感じることができた、移動も大変。
NPBは3連戦が普通だが、ここはバスの移動がものすごく大変、若い人とともに移動して足腰が強くなったと思う(笑)」
純粋にNPBでのプレーを夢見て、独立リーグで戦う若い選手の姿に村田は新鮮な刺激を受けた。
横浜、巨人時代は、「僕もプロ。(若手が成長して)働き場がなくなると困るので、アドバイスは最低限に」という姿勢だったが、
栃木では、ほぼ兼任コーチとして若手に持ち得る知識を余すことなく伝え、選手の疑問や質問にも真剣に答えた。
「彼らは、本当に野球が好きだけど、野球をまだ勉強していない。教えてあげないと。コーチの肩書きはなかったが、辻監督と共にアドバイスを送った。
一緒に野球をやって新鮮なものがあった。僕はNPBに帰る可能性はなくなったが、彼らはドラフトにかかる可能性もある。一人でも多くNPBにいくことを望んでいる」
村田は、BCリーグでプレーする中でNPB復帰のためだけにという思いが薄れたという。
「試合を重ねながら、NPBにアピールするために野球をやる感じはなかった。栃木のファン、BCリーグファンのためにやった。
その姿を見て、感動してくれて、野球を好きになってもらい、村田みたいにと、目標になれるようなプレーをした。それは昔から変わらないが」
「小3から野球を30年間続けてきた、その集大成をみなさんにお見せしたい。体も万全の状態。いいパフォーマンスを最後まで見せたい」
男・村田は終わっていない。
「この時点で引退するという発言はない。最後まで野球をする。共に戦ってきたみんなのために最後まで」
だから引退の2文字を口にしたくはなかったのだ。
村田は、中日の松坂大輔から「まだやめて欲しくない」とエールを贈られたが、その数時間前に、彼も同じメッセージを松坂世代のリーダーに残していた。
「20年、大輔の背中を追いかけてきた。同級生とやれて幸せ。松坂達には長くプレーを続けて欲しい」
彼は「感謝こそあれ悔いはない」と言った。

220名無しの与一 (ワッチョイ 47f6-Qng4)2018/10/05(金) 21:07:37.97ID:I2857aDx0
NPB復帰を目指して独立リーグのルートインBCリーグの栃木ゴールデンブレーブスでプレーしている
村田修一(37)が1日、栃木・小山市内のホテルで記者会見を行い、NPBへの挑戦をあきらめる決意と、
現役続行の考えがない、ことを明らかにした。
ただ「引退という言葉は使いたくないし、皆さん(メディア)にも使って欲しくない」と、正式な引退表明は行わなかった。
村田はスーツ姿で5か月前に入団会見を行った同じホテルの同じ壇上に座った。
その表情は晴れやかとは言えない険しいものだった。
昨年10月13日に巨人を戦力外になった村田は、オフの間に他球団のオファーを待ったがなく、
今春から独立リーグでプレーしながら、NPBの復帰を待つという選択をした。
だが、大型補強の時代から若手育成に舵を切った球界トレンドの犠牲になり、
移籍期限が切れる運命の日にも電話はならなかった。
「NPBに帰るのであれば、僕の中での期限が、昨日。お誘いがなかったので、区切りをつけるために8月1日に会見を開くと決断した。
★(結果を)受け止めて前へ進まないといつまでも後ろを向いていても自分のやってきた野球人生を否定することになる」
NPBへの決別の意味で7月31日の移籍期限の翌日に会見を設定したという。
「怪我したのも事実で、なかなかチームに貢献できなかったが、NPBに帰って野球ができる状態まできていたと思っている」
だが、このオフ、或いは、来年、もう一度,NPBを狙うという考えはもうない。
さらに1年待ったからと言って若手育成重視の各球団共通とも言える方針が劇的に変わるとは考えにくいからだろう。
「来年、復帰できるかも定かではない。確率の低いものを追いかけても次へ進めない。
(来シーズンの復帰をめざして)体制を整えることはない」
ハッキリとそう言った。
さらに「来年ユニホームを着て、どこかで野球を続けるのは考えにくい」と、
事実上、今季限りで現役引退する考えを明かしたが、
「今日、ここで引退の二文字は使いたくないし、皆さんにも使って欲しくない」と声のトーンを高めた。
9月9日にホームの小山運動公園野球場で行われる群馬ダイヤモンド・ペガサスとの最終戦まで
栃木で「チーム勝利のため全力でプレーする」村田にとって、
その2文字を口にするのは、最終戦が終わってから。
最後のワンアウトまで全力でプレーを続けるのが、村田の信念であり、
まだ試合が残っている段階で、引退の2文字を口にするのはチームメイトやファンへの失礼にあたる、
という村田の去り際の美学なのだろう。
そういう美学を村田に抱かせたのは、単身赴任で過ごした栃木の日々だ。
「NPBへ帰ることを考えてやってきたが、若い選手と一緒にプレーして野球の素晴らしさと、NPBとの違いを感じることができた、移動も大変。
NPBは3連戦が普通だが、ここはバスの移動がものすごく大変、若い人とともに移動して足腰が強くなったと思う(笑)」
純粋にNPBでのプレーを夢見て、独立リーグで戦う若い選手の姿に村田は新鮮な刺激を受けた。
横浜、巨人時代は、「僕もプロ。(若手が成長して)働き場がなくなると困るので、アドバイスは最低限に」という姿勢だったが、
栃木では、ほぼ兼任コーチとして若手に持ち得る知識を余すことなく伝え、選手の疑問や質問にも真剣に答えた。
「彼らは、本当に野球が好きだけど、野球をまだ勉強していない。教えてあげないと。コーチの肩書きはなかったが、辻監督と共にアドバイスを送った。
一緒に野球をやって新鮮なものがあった。僕はNPBに帰る可能性はなくなったが、彼らはドラフトにかかる可能性もある。一人でも多くNPBにいくことを望んでいる」
村田は、BCリーグでプレーする中でNPB復帰のためだけにという思いが薄れたという。
「試合を重ねながら、NPBにアピールするために野球をやる感じはなかった。栃木のファン、BCリーグファンのためにやった。
その姿を見て、感動してくれて、野球を好きになってもらい、村田みたいにと、目標になれるようなプレーをした。それは昔から変わらないが」
「小3から野球を30年間続けてきた、その集大成をみなさんにお見せしたい。体も万全の状態。いいパフォーマンスを最後まで見せたい」
男・村田は終わっていない。
「この時点で引退するという発言はない。最後まで野球をする。共に戦ってきたみんなのために最後まで」
だから引退の2文字を口にしたくはなかったのだ。
村田は、中日の松坂大輔から「まだやめて欲しくない」とエールを贈られたが、その数時間前に、彼も同じメッセージを松坂世代のリーダーに残していた。
「20年、大輔の背中を追いかけてきた。同級生とやれて幸せ。松坂達には長くプレーを続けて欲しい」
彼は「感謝こそあれ悔いはない」と言った。

221名無しの与一 (ワッチョイ 47f6-Qng4)2018/10/05(金) 21:07:41.56ID:I2857aDx0
NPB復帰を目指して独立リーグのルートインBCリーグの栃木ゴールデンブレーブスでプレーしている
村田修一(37)が1日、栃木・小山市内のホテルで記者会見を行い、NPBへの挑戦をあきらめる決意と、
現役続行の考えがない、ことを明らかにした。
ただ「引退という言葉は使いたくないし、皆さん(メディア)にも使って欲しくない」と、正式な引退表明は行わなかった。
村田はスーツ姿で5か月前に入団会見を行った同じホテルの同じ壇上に座った。
その表情は晴れやかとは言えない険しいものだった。
昨年10月13日に巨人を戦力外になった村田は、オフの間に他球団のオファーを待ったがなく、
今春から独立リーグでプレーしながら、NPBの復帰を待つという選択をした。
だが、大型補強の時代から若手育成に舵を切った球界トレンドの犠牲になり、
移籍期限が切れる運命の日にも電話はならなかった。
「NPBに帰るのであれば、僕の中での期限が、昨日。お誘いがなかったので、区切りをつけるために8月1日に会見を開くと決断した。
★(結果を)受け止めて前へ進まないといつまでも後ろを向いていても自分のやってきた野球人生を否定することになる」
NPBへの決別の意味で7月31日の移籍期限の翌日に会見を設定したという。
「怪我したのも事実で、なかなかチームに貢献できなかったが、NPBに帰って野球ができる状態まできていたと思っている」
だが、このオフ、或いは、来年、もう一度,NPBを狙うという考えはもうない。
さらに1年待ったからと言って若手育成重視の各球団共通とも言える方針が劇的に変わるとは考えにくいからだろう。
「来年、復帰できるかも定かではない。確率の低いものを追いかけても次へ進めない。
(来シーズンの復帰をめざして)体制を整えることはない」
ハッキリとそう言った。
さらに「来年ユニホームを着て、どこかで野球を続けるのは考えにくい」と、
事実上、今季限りで現役引退する考えを明かしたが、
「今日、ここで引退の二文字は使いたくないし、皆さんにも使って欲しくない」と声のトーンを高めた。
9月9日にホームの小山運動公園野球場で行われる群馬ダイヤモンド・ペガサスとの最終戦まで
栃木で「チーム勝利のため全力でプレーする」村田にとって、
その2文字を口にするのは、最終戦が終わってから。
最後のワンアウトまで全力でプレーを続けるのが、村田の信念であり、
まだ試合が残っている段階で、引退の2文字を口にするのはチームメイトやファンへの失礼にあたる、
という村田の去り際の美学なのだろう。
そういう美学を村田に抱かせたのは、単身赴任で過ごした栃木の日々だ。
「NPBへ帰ることを考えてやってきたが、若い選手と一緒にプレーして野球の素晴らしさと、NPBとの違いを感じることができた、移動も大変。
NPBは3連戦が普通だが、ここはバスの移動がものすごく大変、若い人とともに移動して足腰が強くなったと思う(笑)」
純粋にNPBでのプレーを夢見て、独立リーグで戦う若い選手の姿に村田は新鮮な刺激を受けた。
横浜、巨人時代は、「僕もプロ。(若手が成長して)働き場がなくなると困るので、アドバイスは最低限に」という姿勢だったが、
栃木では、ほぼ兼任コーチとして若手に持ち得る知識を余すことなく伝え、選手の疑問や質問にも真剣に答えた。
「彼らは、本当に野球が好きだけど、野球をまだ勉強していない。教えてあげないと。コーチの肩書きはなかったが、辻監督と共にアドバイスを送った。
一緒に野球をやって新鮮なものがあった。僕はNPBに帰る可能性はなくなったが、彼らはドラフトにかかる可能性もある。一人でも多くNPBにいくことを望んでいる」
村田は、BCリーグでプレーする中でNPB復帰のためだけにという思いが薄れたという。
「試合を重ねながら、NPBにアピールするために野球をやる感じはなかった。栃木のファン、BCリーグファンのためにやった。
その姿を見て、感動してくれて、野球を好きになってもらい、村田みたいにと、目標になれるようなプレーをした。それは昔から変わらないが」
「小3から野球を30年間続けてきた、その集大成をみなさんにお見せしたい。体も万全の状態。いいパフォーマンスを最後まで見せたい」
男・村田は終わっていない。
「この時点で引退するという発言はない。最後まで野球をする。共に戦ってきたみんなのために最後まで」
だから引退の2文字を口にしたくはなかったのだ。
村田は、中日の松坂大輔から「まだやめて欲しくない」とエールを贈られたが、その数時間前に、彼も同じメッセージを松坂世代のリーダーに残していた。
「20年、大輔の背中を追いかけてきた。同級生とやれて幸せ。松坂達には長くプレーを続けて欲しい」
彼は「感謝こそあれ悔いはない」と言った。

222名無しの与一 (ワッチョイ 47f6-Qng4)2018/10/05(金) 21:07:56.74ID:I2857aDx0
NPB復帰を目指して独立リーグのルートインBCリーグの栃木ゴールデンブレーブスでプレーしている
村田修一(37)が1日、栃木・小山市内のホテルで記者会見を行い、NPBへの挑戦をあきらめる決意と、
現役続行の考えがない、ことを明らかにした。
ただ「引退という言葉は使いたくないし、皆さん(メディア)にも使って欲しくない」と、正式な引退表明は行わなかった。
村田はスーツ姿で5か月前に入団会見を行った同じホテルの同じ壇上に座った。
その表情は晴れやかとは言えない険しいものだった。
昨年10月13日に巨人を戦力外になった村田は、オフの間に他球団のオファーを待ったがなく、
今春から独立リーグでプレーしながら、NPBの復帰を待つという選択をした。
だが、大型補強の時代から若手育成に舵を切った球界トレンドの犠牲になり、
移籍期限が切れる運命の日にも電話はならなかった。
「NPBに帰るのであれば、僕の中での期限が、昨日。お誘いがなかったので、区切りをつけるために8月1日に会見を開くと決断した。

223名無しの与一 (ワッチョイ 47f6-Qng4)2018/10/05(金) 21:08:00.09ID:I2857aDx0
NPB復帰を目指して独立リーグのルートインBCリーグの栃木ゴールデンブレーブスでプレーしている
村田修一(37)が1日、栃木・小山市内のホテルで記者会見を行い、NPBへの挑戦をあきらめる決意と、
現役続行の考えがない、ことを明らかにした。
ただ「引退という言葉は使いたくないし、皆さん(メディア)にも使って欲しくない」と、正式な引退表明は行わなかった。
村田はスーツ姿で5か月前に入団会見を行った同じホテルの同じ壇上に座った。
その表情は晴れやかとは言えない険しいものだった。
昨年10月13日に巨人を戦力外になった村田は、オフの間に他球団のオファーを待ったがなく、
今春から独立リーグでプレーしながら、NPBの復帰を待つという選択をした。
だが、大型補強の時代から若手育成に舵を切った球界トレンドの犠牲になり、
移籍期限が切れる運命の日にも電話はならなかった。
「NPBに帰るのであれば、僕の中での期限が、昨日。お誘いがなかったので、区切りをつけるために8月1日に会見を開くと決断した。
★(結果を)受け止めて前へ進まないといつまでも後ろを向いていても自分のやってきた野球人生を否定することになる」
NPBへの決別の意味で7月31日の移籍期限の翌日に会見を設定したという。
「怪我したのも事実で、なかなかチームに貢献できなかったが、NPBに帰って野球ができる状態まできていたと思っている」
だが、このオフ、或いは、来年、もう一度,NPBを狙うという考えはもうない。
さらに1年待ったからと言って若手育成重視の各球団共通とも言える方針が劇的に変わるとは考えにくいからだろう。
「来年、復帰できるかも定かではない。確率の低いものを追いかけても次へ進めない。
(来シーズンの復帰をめざして)体制を整えることはない」
ハッキリとそう言った。
さらに「来年ユニホームを着て、どこかで野球を続けるのは考えにくい」と、
事実上、今季限りで現役引退する考えを明かしたが、
「今日、ここで引退の二文字は使いたくないし、皆さんにも使って欲しくない」と声のトーンを高めた。
9月9日にホームの小山運動公園野球場で行われる群馬ダイヤモンド・ペガサスとの最終戦まで
栃木で「チーム勝利のため全力でプレーする」村田にとって、
その2文字を口にするのは、最終戦が終わってから。
最後のワンアウトまで全力でプレーを続けるのが、村田の信念であり、
まだ試合が残っている段階で、引退の2文字を口にするのはチームメイトやファンへの失礼にあたる、
という村田の去り際の美学なのだろう。
そういう美学を村田に抱かせたのは、単身赴任で過ごした栃木の日々だ。
「NPBへ帰ることを考えてやってきたが、若い選手と一緒にプレーして野球の素晴らしさと、NPBとの違いを感じることができた、移動も大変。
NPBは3連戦が普通だが、ここはバスの移動がものすごく大変、若い人とともに移動して足腰が強くなったと思う(笑)」
純粋にNPBでのプレーを夢見て、独立リーグで戦う若い選手の姿に村田は新鮮な刺激を受けた。
横浜、巨人時代は、「僕もプロ。(若手が成長して)働き場がなくなると困るので、アドバイスは最低限に」という姿勢だったが、
栃木では、ほぼ兼任コーチとして若手に持ち得る知識を余すことなく伝え、選手の疑問や質問にも真剣に答えた。
「彼らは、本当に野球が好きだけど、野球をまだ勉強していない。教えてあげないと。コーチの肩書きはなかったが、辻監督と共にアドバイスを送った。
一緒に野球をやって新鮮なものがあった。僕はNPBに帰る可能性はなくなったが、彼らはドラフトにかかる可能性もある。一人でも多くNPBにいくことを望んでいる」
村田は、BCリーグでプレーする中でNPB復帰のためだけにという思いが薄れたという。
「試合を重ねながら、NPBにアピールするために野球をやる感じはなかった。栃木のファン、BCリーグファンのためにやった。
その姿を見て、感動してくれて、野球を好きになってもらい、村田みたいにと、目標になれるようなプレーをした。それは昔から変わらないが」
「小3から野球を30年間続けてきた、その集大成をみなさんにお見せしたい。体も万全の状態。いいパフォーマンスを最後まで見せたい」
男・村田は終わっていない。
「この時点で引退するという発言はない。最後まで野球をする。共に戦ってきたみんなのために最後まで」
だから引退の2文字を口にしたくはなかったのだ。
村田は、中日の松坂大輔から「まだやめて欲しくない」とエールを贈られたが、その数時間前に、彼も同じメッセージを松坂世代のリーダーに残していた。
「20年、大輔の背中を追いかけてきた。同級生とやれて幸せ。松坂達には長くプレーを続けて欲しい」
彼は「感謝こそあれ悔いはない」と言った。

224名無しの与一 (ワッチョイ 47f6-Qng4)2018/10/05(金) 21:08:15.21ID:I2857aDx0
NPB復帰を目指して独立リーグのルートインBCリーグの栃木ゴールデンブレーブスでプレーしている
村田修一(37)が1日、栃木・小山市内のホテルで記者会見を行い、NPBへの挑戦をあきらめる決意と、
現役続行の考えがない、ことを明らかにした。
ただ「引退という言葉は使いたくないし、皆さん(メディア)にも使って欲しくない」と、正式な引退表明は行わなかった。
村田はスーツ姿で5か月前に入団会見を行った同じホテルの同じ壇上に座った。
その表情は晴れやかとは言えない険しいものだった。
昨年10月13日に巨人を戦力外になった村田は、オフの間に他球団のオファーを待ったがなく、
今春から独立リーグでプレーしながら、NPBの復帰を待つという選択をした。
だが、大型補強の時代から若手育成に舵を切った球界トレンドの犠牲になり、
移籍期限が切れる運命の日にも電話はならなかった。
「NPBに帰るのであれば、僕の中での期限が、昨日。お誘いがなかったので、区切りをつけるために8月1日に会見を開くと決断した。

225名無しの与一 (ワッチョイ 47f6-Qng4)2018/10/05(金) 21:08:18.37ID:I2857aDx0
NPB復帰を目指して独立リーグのルートインBCリーグの栃木ゴールデンブレーブスでプレーしている
村田修一(37)が1日、栃木・小山市内のホテルで記者会見を行い、NPBへの挑戦をあきらめる決意と、
現役続行の考えがない、ことを明らかにした。
ただ「引退という言葉は使いたくないし、皆さん(メディア)にも使って欲しくない」と、正式な引退表明は行わなかった。
村田はスーツ姿で5か月前に入団会見を行った同じホテルの同じ壇上に座った。
その表情は晴れやかとは言えない険しいものだった。
昨年10月13日に巨人を戦力外になった村田は、オフの間に他球団のオファーを待ったがなく、
今春から独立リーグでプレーしながら、NPBの復帰を待つという選択をした。
だが、大型補強の時代から若手育成に舵を切った球界トレンドの犠牲になり、
移籍期限が切れる運命の日にも電話はならなかった。
「NPBに帰るのであれば、僕の中での期限が、昨日。お誘いがなかったので、区切りをつけるために8月1日に会見を開くと決断した。
★(結果を)受け止めて前へ進まないといつまでも後ろを向いていても自分のやってきた野球人生を否定することになる」
NPBへの決別の意味で7月31日の移籍期限の翌日に会見を設定したという。
「怪我したのも事実で、なかなかチームに貢献できなかったが、NPBに帰って野球ができる状態まできていたと思っている」
だが、このオフ、或いは、来年、もう一度,NPBを狙うという考えはもうない。
さらに1年待ったからと言って若手育成重視の各球団共通とも言える方針が劇的に変わるとは考えにくいからだろう。
「来年、復帰できるかも定かではない。確率の低いものを追いかけても次へ進めない。
(来シーズンの復帰をめざして)体制を整えることはない」
ハッキリとそう言った。
さらに「来年ユニホームを着て、どこかで野球を続けるのは考えにくい」と、
事実上、今季限りで現役引退する考えを明かしたが、
「今日、ここで引退の二文字は使いたくないし、皆さんにも使って欲しくない」と声のトーンを高めた。
9月9日にホームの小山運動公園野球場で行われる群馬ダイヤモンド・ペガサスとの最終戦まで
栃木で「チーム勝利のため全力でプレーする」村田にとって、
その2文字を口にするのは、最終戦が終わってから。
最後のワンアウトまで全力でプレーを続けるのが、村田の信念であり、
まだ試合が残っている段階で、引退の2文字を口にするのはチームメイトやファンへの失礼にあたる、
という村田の去り際の美学なのだろう。
そういう美学を村田に抱かせたのは、単身赴任で過ごした栃木の日々だ。
「NPBへ帰ることを考えてやってきたが、若い選手と一緒にプレーして野球の素晴らしさと、NPBとの違いを感じることができた、移動も大変。
NPBは3連戦が普通だが、ここはバスの移動がものすごく大変、若い人とともに移動して足腰が強くなったと思う(笑)」
純粋にNPBでのプレーを夢見て、独立リーグで戦う若い選手の姿に村田は新鮮な刺激を受けた。
横浜、巨人時代は、「僕もプロ。(若手が成長して)働き場がなくなると困るので、アドバイスは最低限に」という姿勢だったが、
栃木では、ほぼ兼任コーチとして若手に持ち得る知識を余すことなく伝え、選手の疑問や質問にも真剣に答えた。
「彼らは、本当に野球が好きだけど、野球をまだ勉強していない。教えてあげないと。コーチの肩書きはなかったが、辻監督と共にアドバイスを送った。
一緒に野球をやって新鮮なものがあった。僕はNPBに帰る可能性はなくなったが、彼らはドラフトにかかる可能性もある。一人でも多くNPBにいくことを望んでいる」
村田は、BCリーグでプレーする中でNPB復帰のためだけにという思いが薄れたという。
「試合を重ねながら、NPBにアピールするために野球をやる感じはなかった。栃木のファン、BCリーグファンのためにやった。
その姿を見て、感動してくれて、野球を好きになってもらい、村田みたいにと、目標になれるようなプレーをした。それは昔から変わらないが」
「小3から野球を30年間続けてきた、その集大成をみなさんにお見せしたい。体も万全の状態。いいパフォーマンスを最後まで見せたい」
男・村田は終わっていない。
「この時点で引退するという発言はない。最後まで野球をする。共に戦ってきたみんなのために最後まで」
だから引退の2文字を口にしたくはなかったのだ。
村田は、中日の松坂大輔から「まだやめて欲しくない」とエールを贈られたが、その数時間前に、彼も同じメッセージを松坂世代のリーダーに残していた。
「20年、大輔の背中を追いかけてきた。同級生とやれて幸せ。松坂達には長くプレーを続けて欲しい」
彼は「感謝こそあれ悔いはない」と言った。

226名無しの与一 (ワッチョイ 47f6-Qng4)2018/10/05(金) 21:08:33.74ID:I2857aDx0
NPB復帰を目指して独立リーグのルートインBCリーグの栃木ゴールデンブレーブスでプレーしている
村田修一(37)が1日、栃木・小山市内のホテルで記者会見を行い、NPBへの挑戦をあきらめる決意と、
現役続行の考えがない、ことを明らかにした。
ただ「引退という言葉は使いたくないし、皆さん(メディア)にも使って欲しくない」と、正式な引退表明は行わなかった。
村田はスーツ姿で5か月前に入団会見を行った同じホテルの同じ壇上に座った。
その表情は晴れやかとは言えない険しいものだった。
昨年10月13日に巨人を戦力外になった村田は、オフの間に他球団のオファーを待ったがなく、
今春から独立リーグでプレーしながら、NPBの復帰を待つという選択をした。
だが、大型補強の時代から若手育成に舵を切った球界トレンドの犠牲になり、
移籍期限が切れる運命の日にも電話はならなかった。
「NPBに帰るのであれば、僕の中での期限が、昨日。お誘いがなかったので、区切りをつけるために8月1日に会見を開くと決断した。

227名無しの与一 (ワッチョイ 47f6-Qng4)2018/10/05(金) 21:08:36.63ID:I2857aDx0
NPB復帰を目指して独立リーグのルートインBCリーグの栃木ゴールデンブレーブスでプレーしている
村田修一(37)が1日、栃木・小山市内のホテルで記者会見を行い、NPBへの挑戦をあきらめる決意と、
現役続行の考えがない、ことを明らかにした。
ただ「引退という言葉は使いたくないし、皆さん(メディア)にも使って欲しくない」と、正式な引退表明は行わなかった。
村田はスーツ姿で5か月前に入団会見を行った同じホテルの同じ壇上に座った。
その表情は晴れやかとは言えない険しいものだった。
昨年10月13日に巨人を戦力外になった村田は、オフの間に他球団のオファーを待ったがなく、
今春から独立リーグでプレーしながら、NPBの復帰を待つという選択をした。
だが、大型補強の時代から若手育成に舵を切った球界トレンドの犠牲になり、
移籍期限が切れる運命の日にも電話はならなかった。
「NPBに帰るのであれば、僕の中での期限が、昨日。お誘いがなかったので、区切りをつけるために8月1日に会見を開くと決断した。
★(結果を)受け止めて前へ進まないといつまでも後ろを向いていても自分のやってきた野球人生を否定することになる」
NPBへの決別の意味で7月31日の移籍期限の翌日に会見を設定したという。
「怪我したのも事実で、なかなかチームに貢献できなかったが、NPBに帰って野球ができる状態まできていたと思っている」
だが、このオフ、或いは、来年、もう一度,NPBを狙うという考えはもうない。
さらに1年待ったからと言って若手育成重視の各球団共通とも言える方針が劇的に変わるとは考えにくいからだろう。
「来年、復帰できるかも定かではない。確率の低いものを追いかけても次へ進めない。
(来シーズンの復帰をめざして)体制を整えることはない」
ハッキリとそう言った。
さらに「来年ユニホームを着て、どこかで野球を続けるのは考えにくい」と、
事実上、今季限りで現役引退する考えを明かしたが、
「今日、ここで引退の二文字は使いたくないし、皆さんにも使って欲しくない」と声のトーンを高めた。
9月9日にホームの小山運動公園野球場で行われる群馬ダイヤモンド・ペガサスとの最終戦まで
栃木で「チーム勝利のため全力でプレーする」村田にとって、
その2文字を口にするのは、最終戦が終わってから。
最後のワンアウトまで全力でプレーを続けるのが、村田の信念であり、
まだ試合が残っている段階で、引退の2文字を口にするのはチームメイトやファンへの失礼にあたる、
という村田の去り際の美学なのだろう。
そういう美学を村田に抱かせたのは、単身赴任で過ごした栃木の日々だ。
「NPBへ帰ることを考えてやってきたが、若い選手と一緒にプレーして野球の素晴らしさと、NPBとの違いを感じることができた、移動も大変。
NPBは3連戦が普通だが、ここはバスの移動がものすごく大変、若い人とともに移動して足腰が強くなったと思う(笑)」
純粋にNPBでのプレーを夢見て、独立リーグで戦う若い選手の姿に村田は新鮮な刺激を受けた。
横浜、巨人時代は、「僕もプロ。(若手が成長して)働き場がなくなると困るので、アドバイスは最低限に」という姿勢だったが、
栃木では、ほぼ兼任コーチとして若手に持ち得る知識を余すことなく伝え、選手の疑問や質問にも真剣に答えた。
「彼らは、本当に野球が好きだけど、野球をまだ勉強していない。教えてあげないと。コーチの肩書きはなかったが、辻監督と共にアドバイスを送った。
一緒に野球をやって新鮮なものがあった。僕はNPBに帰る可能性はなくなったが、彼らはドラフトにかかる可能性もある。一人でも多くNPBにいくことを望んでいる」
村田は、BCリーグでプレーする中でNPB復帰のためだけにという思いが薄れたという。
「試合を重ねながら、NPBにアピールするために野球をやる感じはなかった。栃木のファン、BCリーグファンのためにやった。
その姿を見て、感動してくれて、野球を好きになってもらい、村田みたいにと、目標になれるようなプレーをした。それは昔から変わらないが」
「小3から野球を30年間続けてきた、その集大成をみなさんにお見せしたい。体も万全の状態。いいパフォーマンスを最後まで見せたい」
男・村田は終わっていない。
「この時点で引退するという発言はない。最後まで野球をする。共に戦ってきたみんなのために最後まで」
だから引退の2文字を口にしたくはなかったのだ。
村田は、中日の松坂大輔から「まだやめて欲しくない」とエールを贈られたが、その数時間前に、彼も同じメッセージを松坂世代のリーダーに残していた。
「20年、大輔の背中を追いかけてきた。同級生とやれて幸せ。松坂達には長くプレーを続けて欲しい」
彼は「感謝こそあれ悔いはない」と言った。

228名無しの与一 (ワッチョイ 47f6-Qng4)2018/10/05(金) 21:08:53.59ID:I2857aDx0
NPB復帰を目指して独立リーグのルートインBCリーグの栃木ゴールデンブレーブスでプレーしている
村田修一(37)が1日、栃木・小山市内のホテルで記者会見を行い、NPBへの挑戦をあきらめる決意と、
現役続行の考えがない、ことを明らかにした。
ただ「引退という言葉は使いたくないし、皆さん(メディア)にも使って欲しくない」と、正式な引退表明は行わなかった。
村田はスーツ姿で5か月前に入団会見を行った同じホテルの同じ壇上に座った。
その表情は晴れやかとは言えない険しいものだった。
昨年10月13日に巨人を戦力外になった村田は、オフの間に他球団のオファーを待ったがなく、
今春から独立リーグでプレーしながら、NPBの復帰を待つという選択をした。
だが、大型補強の時代から若手育成に舵を切った球界トレンドの犠牲になり、
移籍期限が切れる運命の日にも電話はならなかった。
「NPBに帰るのであれば、僕の中での期限が、昨日。お誘いがなかったので、区切りをつけるために8月1日に会見を開くと決断した。

229名無しの与一 (ワッチョイ 47f6-Qng4)2018/10/05(金) 21:08:57.11ID:I2857aDx0
NPB復帰を目指して独立リーグのルートインBCリーグの栃木ゴールデンブレーブスでプレーしている
村田修一(37)が1日、栃木・小山市内のホテルで記者会見を行い、NPBへの挑戦をあきらめる決意と、
現役続行の考えがない、ことを明らかにした。
ただ「引退という言葉は使いたくないし、皆さん(メディア)にも使って欲しくない」と、正式な引退表明は行わなかった。
村田はスーツ姿で5か月前に入団会見を行った同じホテルの同じ壇上に座った。
その表情は晴れやかとは言えない険しいものだった。
昨年10月13日に巨人を戦力外になった村田は、オフの間に他球団のオファーを待ったがなく、
今春から独立リーグでプレーしながら、NPBの復帰を待つという選択をした。
だが、大型補強の時代から若手育成に舵を切った球界トレンドの犠牲になり、
移籍期限が切れる運命の日にも電話はならなかった。
「NPBに帰るのであれば、僕の中での期限が、昨日。お誘いがなかったので、区切りをつけるために8月1日に会見を開くと決断した。
★(結果を)受け止めて前へ進まないといつまでも後ろを向いていても自分のやってきた野球人生を否定することになる」
NPBへの決別の意味で7月31日の移籍期限の翌日に会見を設定したという。
「怪我したのも事実で、なかなかチームに貢献できなかったが、NPBに帰って野球ができる状態まできていたと思っている」
だが、このオフ、或いは、来年、もう一度,NPBを狙うという考えはもうない。
さらに1年待ったからと言って若手育成重視の各球団共通とも言える方針が劇的に変わるとは考えにくいからだろう。
「来年、復帰できるかも定かではない。確率の低いものを追いかけても次へ進めない。
(来シーズンの復帰をめざして)体制を整えることはない」
ハッキリとそう言った。
さらに「来年ユニホームを着て、どこかで野球を続けるのは考えにくい」と、
事実上、今季限りで現役引退する考えを明かしたが、
「今日、ここで引退の二文字は使いたくないし、皆さんにも使って欲しくない」と声のトーンを高めた。
9月9日にホームの小山運動公園野球場で行われる群馬ダイヤモンド・ペガサスとの最終戦まで
栃木で「チーム勝利のため全力でプレーする」村田にとって、
その2文字を口にするのは、最終戦が終わってから。
最後のワンアウトまで全力でプレーを続けるのが、村田の信念であり、
まだ試合が残っている段階で、引退の2文字を口にするのはチームメイトやファンへの失礼にあたる、
という村田の去り際の美学なのだろう。
そういう美学を村田に抱かせたのは、単身赴任で過ごした栃木の日々だ。
「NPBへ帰ることを考えてやってきたが、若い選手と一緒にプレーして野球の素晴らしさと、NPBとの違いを感じることができた、移動も大変。
NPBは3連戦が普通だが、ここはバスの移動がものすごく大変、若い人とともに移動して足腰が強くなったと思う(笑)」
純粋にNPBでのプレーを夢見て、独立リーグで戦う若い選手の姿に村田は新鮮な刺激を受けた。
横浜、巨人時代は、「僕もプロ。(若手が成長して)働き場がなくなると困るので、アドバイスは最低限に」という姿勢だったが、
栃木では、ほぼ兼任コーチとして若手に持ち得る知識を余すことなく伝え、選手の疑問や質問にも真剣に答えた。
「彼らは、本当に野球が好きだけど、野球をまだ勉強していない。教えてあげないと。コーチの肩書きはなかったが、辻監督と共にアドバイスを送った。
一緒に野球をやって新鮮なものがあった。僕はNPBに帰る可能性はなくなったが、彼らはドラフトにかかる可能性もある。一人でも多くNPBにいくことを望んでいる」
村田は、BCリーグでプレーする中でNPB復帰のためだけにという思いが薄れたという。
「試合を重ねながら、NPBにアピールするために野球をやる感じはなかった。栃木のファン、BCリーグファンのためにやった。
その姿を見て、感動してくれて、野球を好きになってもらい、村田みたいにと、目標になれるようなプレーをした。それは昔から変わらないが」
「小3から野球を30年間続けてきた、その集大成をみなさんにお見せしたい。体も万全の状態。いいパフォーマンスを最後まで見せたい」
男・村田は終わっていない。
「この時点で引退するという発言はない。最後まで野球をする。共に戦ってきたみんなのために最後まで」
だから引退の2文字を口にしたくはなかったのだ。
村田は、中日の松坂大輔から「まだやめて欲しくない」とエールを贈られたが、その数時間前に、彼も同じメッセージを松坂世代のリーダーに残していた。
「20年、大輔の背中を追いかけてきた。同級生とやれて幸せ。松坂達には長くプレーを続けて欲しい」
彼は「感謝こそあれ悔いはない」と言った。

230名無しの与一 (ワッチョイ 47f6-Qng4)2018/10/05(金) 21:09:12.46ID:I2857aDx0
NPB復帰を目指して独立リーグのルートインBCリーグの栃木ゴールデンブレーブスでプレーしている
村田修一(37)が1日、栃木・小山市内のホテルで記者会見を行い、NPBへの挑戦をあきらめる決意と、
現役続行の考えがない、ことを明らかにした。
ただ「引退という言葉は使いたくないし、皆さん(メディア)にも使って欲しくない」と、正式な引退表明は行わなかった。
村田はスーツ姿で5か月前に入団会見を行った同じホテルの同じ壇上に座った。
その表情は晴れやかとは言えない険しいものだった。
昨年10月13日に巨人を戦力外になった村田は、オフの間に他球団のオファーを待ったがなく、
今春から独立リーグでプレーしながら、NPBの復帰を待つという選択をした。
だが、大型補強の時代から若手育成に舵を切った球界トレンドの犠牲になり、
移籍期限が切れる運命の日にも電話はならなかった。
「NPBに帰るのであれば、僕の中での期限が、昨日。お誘いがなかったので、区切りをつけるために8月1日に会見を開くと決断した。
★(結果を)受け止めて前へ進まないといつまでも後ろを向いていても自分のやってきた野球人生を否定することになる」
NPBへの決別の意味で7月31日の移籍期限の翌日に会見を設定したという。
「怪我したのも事実で、なかなかチームに貢献できなかったが、NPBに帰って野球ができる状態まできていたと思っている」
だが、このオフ、或いは、来年、もう一度,NPBを狙うという考えはもうない。
さらに1年待ったからと言って若手育成重視の各球団共通とも言える方針が劇的に変わるとは考えにくいからだろう。
「来年、復帰できるかも定かではない。確率の低いものを追いかけても次へ進めない。
(来シーズンの復帰をめざして)体制を整えることはない」
ハッキリとそう言った。
さらに「来年ユニホームを着て、どこかで野球を続けるのは考えにくい」と、
事実上、今季限りで現役引退する考えを明かしたが、
「今日、ここで引退の二文字は使いたくないし、皆さんにも使って欲しくない」と声のトーンを高めた。
9月9日にホームの小山運動公園野球場で行われる群馬ダイヤモンド・ペガサスとの最終戦まで
栃木で「チーム勝利のため全力でプレーする」村田にとって、
その2文字を口にするのは、最終戦が終わってから。
最後のワンアウトまで全力でプレーを続けるのが、村田の信念であり、
まだ試合が残っている段階で、引退の2文字を口にするのはチームメイトやファンへの失礼にあたる、
という村田の去り際の美学なのだろう。
そういう美学を村田に抱かせたのは、単身赴任で過ごした栃木の日々だ。
「NPBへ帰ることを考えてやってきたが、若い選手と一緒にプレーして野球の素晴らしさと、NPBとの違いを感じることができた、移動も大変。
NPBは3連戦が普通だが、ここはバスの移動がものすごく大変、若い人とともに移動して足腰が強くなったと思う(笑)」
純粋にNPBでのプレーを夢見て、独立リーグで戦う若い選手の姿に村田は新鮮な刺激を受けた。
横浜、巨人時代は、「僕もプロ。(若手が成長して)働き場がなくなると困るので、アドバイスは最低限に」という姿勢だったが、
栃木では、ほぼ兼任コーチとして若手に持ち得る知識を余すことなく伝え、選手の疑問や質問にも真剣に答えた。
「彼らは、本当に野球が好きだけど、野球をまだ勉強していない。教えてあげないと。コーチの肩書きはなかったが、辻監督と共にアドバイスを送った。
一緒に野球をやって新鮮なものがあった。僕はNPBに帰る可能性はなくなったが、彼らはドラフトにかかる可能性もある。一人でも多くNPBにいくことを望んでいる」
村田は、BCリーグでプレーする中でNPB復帰のためだけにという思いが薄れたという。
「試合を重ねながら、NPBにアピールするために野球をやる感じはなかった。栃木のファン、BCリーグファンのためにやった。
その姿を見て、感動してくれて、野球を好きになってもらい、村田みたいにと、目標になれるようなプレーをした。それは昔から変わらないが」
「小3から野球を30年間続けてきた、その集大成をみなさんにお見せしたい。体も万全の状態。いいパフォーマンスを最後まで見せたい」
男・村田は終わっていない。
「この時点で引退するという発言はない。最後まで野球をする。共に戦ってきたみんなのために最後まで」
だから引退の2文字を口にしたくはなかったのだ。
村田は、中日の松坂大輔から「まだやめて欲しくない」とエールを贈られたが、その数時間前に、彼も同じメッセージを松坂世代のリーダーに残していた。
「20年、大輔の背中を追いかけてきた。同級生とやれて幸せ。松坂達には長くプレーを続けて欲しい」
彼は「感謝こそあれ悔いはない」と言った。

231名無しの与一 (ワッチョイ 47f6-Qng4)2018/10/05(金) 21:09:15.68ID:I2857aDx0
NPB復帰を目指して独立リーグのルートインBCリーグの栃木ゴールデンブレーブスでプレーしている
村田修一(37)が1日、栃木・小山市内のホテルで記者会見を行い、NPBへの挑戦をあきらめる決意と、
現役続行の考えがない、ことを明らかにした。
ただ「引退という言葉は使いたくないし、皆さん(メディア)にも使って欲しくない」と、正式な引退表明は行わなかった。
村田はスーツ姿で5か月前に入団会見を行った同じホテルの同じ壇上に座った。
その表情は晴れやかとは言えない険しいものだった。
昨年10月13日に巨人を戦力外になった村田は、オフの間に他球団のオファーを待ったがなく、
今春から独立リーグでプレーしながら、NPBの復帰を待つという選択をした。
だが、大型補強の時代から若手育成に舵を切った球界トレンドの犠牲になり、
移籍期限が切れる運命の日にも電話はならなかった。
「NPBに帰るのであれば、僕の中での期限が、昨日。お誘いがなかったので、区切りをつけるために8月1日に会見を開くと決断した。
★(結果を)受け止めて前へ進まないといつまでも後ろを向いていても自分のやってきた野球人生を否定することになる」
NPBへの決別の意味で7月31日の移籍期限の翌日に会見を設定したという。
「怪我したのも事実で、なかなかチームに貢献できなかったが、NPBに帰って野球ができる状態まできていたと思っている」
だが、このオフ、或いは、来年、もう一度,NPBを狙うという考えはもうない。
さらに1年待ったからと言って若手育成重視の各球団共通とも言える方針が劇的に変わるとは考えにくいからだろう。
「来年、復帰できるかも定かではない。確率の低いものを追いかけても次へ進めない。
(来シーズンの復帰をめざして)体制を整えることはない」
ハッキリとそう言った。
さらに「来年ユニホームを着て、どこかで野球を続けるのは考えにくい」と、
事実上、今季限りで現役引退する考えを明かしたが、
「今日、ここで引退の二文字は使いたくないし、皆さんにも使って欲しくない」と声のトーンを高めた。
9月9日にホームの小山運動公園野球場で行われる群馬ダイヤモンド・ペガサスとの最終戦まで
栃木で「チーム勝利のため全力でプレーする」村田にとって、
その2文字を口にするのは、最終戦が終わってから。
最後のワンアウトまで全力でプレーを続けるのが、村田の信念であり、
まだ試合が残っている段階で、引退の2文字を口にするのはチームメイトやファンへの失礼にあたる、
という村田の去り際の美学なのだろう。
そういう美学を村田に抱かせたのは、単身赴任で過ごした栃木の日々だ。
「NPBへ帰ることを考えてやってきたが、若い選手と一緒にプレーして野球の素晴らしさと、NPBとの違いを感じることができた、移動も大変。
NPBは3連戦が普通だが、ここはバスの移動がものすごく大変、若い人とともに移動して足腰が強くなったと思う(笑)」
純粋にNPBでのプレーを夢見て、独立リーグで戦う若い選手の姿に村田は新鮮な刺激を受けた。
横浜、巨人時代は、「僕もプロ。(若手が成長して)働き場がなくなると困るので、アドバイスは最低限に」という姿勢だったが、
栃木では、ほぼ兼任コーチとして若手に持ち得る知識を余すことなく伝え、選手の疑問や質問にも真剣に答えた。
「彼らは、本当に野球が好きだけど、野球をまだ勉強していない。教えてあげないと。コーチの肩書きはなかったが、辻監督と共にアドバイスを送った。
一緒に野球をやって新鮮なものがあった。僕はNPBに帰る可能性はなくなったが、彼らはドラフトにかかる可能性もある。一人でも多くNPBにいくことを望んでいる」
村田は、BCリーグでプレーする中でNPB復帰のためだけにという思いが薄れたという。
「試合を重ねながら、NPBにアピールするために野球をやる感じはなかった。栃木のファン、BCリーグファンのためにやった。
その姿を見て、感動してくれて、野球を好きになってもらい、村田みたいにと、目標になれるようなプレーをした。それは昔から変わらないが」
「小3から野球を30年間続けてきた、その集大成をみなさんにお見せしたい。体も万全の状態。いいパフォーマンスを最後まで見せたい」
男・村田は終わっていない。
「この時点で引退するという発言はない。最後まで野球をする。共に戦ってきたみんなのために最後まで」
だから引退の2文字を口にしたくはなかったのだ。
村田は、中日の松坂大輔から「まだやめて欲しくない」とエールを贈られたが、その数時間前に、彼も同じメッセージを松坂世代のリーダーに残していた。
「20年、大輔の背中を追いかけてきた。同級生とやれて幸せ。松坂達には長くプレーを続けて欲しい」
彼は「感謝こそあれ悔いはない」と言った。

232名無しの与一 (ワッチョイ 47f6-Qng4)2018/10/05(金) 21:09:30.77ID:I2857aDx0
NPB復帰を目指して独立リーグのルートインBCリーグの栃木ゴールデンブレーブスでプレーしている
村田修一(37)が1日、栃木・小山市内のホテルで記者会見を行い、NPBへの挑戦をあきらめる決意と、
現役続行の考えがない、ことを明らかにした。
ただ「引退という言葉は使いたくないし、皆さん(メディア)にも使って欲しくない」と、正式な引退表明は行わなかった。
村田はスーツ姿で5か月前に入団会見を行った同じホテルの同じ壇上に座った。
その表情は晴れやかとは言えない険しいものだった。
昨年10月13日に巨人を戦力外になった村田は、オフの間に他球団のオファーを待ったがなく、
今春から独立リーグでプレーしながら、NPBの復帰を待つという選択をした。
だが、大型補強の時代から若手育成に舵を切った球界トレンドの犠牲になり、
移籍期限が切れる運命の日にも電話はならなかった。
「NPBに帰るのであれば、僕の中での期限が、昨日。お誘いがなかったので、区切りをつけるために8月1日に会見を開くと決断した。

233名無しの与一 (ワッチョイ 47f6-Qng4)2018/10/05(金) 21:09:34.23ID:I2857aDx0
NPB復帰を目指して独立リーグのルートインBCリーグの栃木ゴールデンブレーブスでプレーしている
村田修一(37)が1日、栃木・小山市内のホテルで記者会見を行い、NPBへの挑戦をあきらめる決意と、
現役続行の考えがない、ことを明らかにした。
ただ「引退という言葉は使いたくないし、皆さん(メディア)にも使って欲しくない」と、正式な引退表明は行わなかった。
村田はスーツ姿で5か月前に入団会見を行った同じホテルの同じ壇上に座った。
その表情は晴れやかとは言えない険しいものだった。
昨年10月13日に巨人を戦力外になった村田は、オフの間に他球団のオファーを待ったがなく、
今春から独立リーグでプレーしながら、NPBの復帰を待つという選択をした。
だが、大型補強の時代から若手育成に舵を切った球界トレンドの犠牲になり、
移籍期限が切れる運命の日にも電話はならなかった。
「NPBに帰るのであれば、僕の中での期限が、昨日。お誘いがなかったので、区切りをつけるために8月1日に会見を開くと決断した。
★(結果を)受け止めて前へ進まないといつまでも後ろを向いていても自分のやってきた野球人生を否定することになる」
NPBへの決別の意味で7月31日の移籍期限の翌日に会見を設定したという。
「怪我したのも事実で、なかなかチームに貢献できなかったが、NPBに帰って野球ができる状態まできていたと思っている」
だが、このオフ、或いは、来年、もう一度,NPBを狙うという考えはもうない。
さらに1年待ったからと言って若手育成重視の各球団共通とも言える方針が劇的に変わるとは考えにくいからだろう。
「来年、復帰できるかも定かではない。確率の低いものを追いかけても次へ進めない。
(来シーズンの復帰をめざして)体制を整えることはない」
ハッキリとそう言った。
さらに「来年ユニホームを着て、どこかで野球を続けるのは考えにくい」と、
事実上、今季限りで現役引退する考えを明かしたが、
「今日、ここで引退の二文字は使いたくないし、皆さんにも使って欲しくない」と声のトーンを高めた。
9月9日にホームの小山運動公園野球場で行われる群馬ダイヤモンド・ペガサスとの最終戦まで
栃木で「チーム勝利のため全力でプレーする」村田にとって、
その2文字を口にするのは、最終戦が終わってから。
最後のワンアウトまで全力でプレーを続けるのが、村田の信念であり、
まだ試合が残っている段階で、引退の2文字を口にするのはチームメイトやファンへの失礼にあたる、
という村田の去り際の美学なのだろう。
そういう美学を村田に抱かせたのは、単身赴任で過ごした栃木の日々だ。
「NPBへ帰ることを考えてやってきたが、若い選手と一緒にプレーして野球の素晴らしさと、NPBとの違いを感じることができた、移動も大変。
NPBは3連戦が普通だが、ここはバスの移動がものすごく大変、若い人とともに移動して足腰が強くなったと思う(笑)」
純粋にNPBでのプレーを夢見て、独立リーグで戦う若い選手の姿に村田は新鮮な刺激を受けた。
横浜、巨人時代は、「僕もプロ。(若手が成長して)働き場がなくなると困るので、アドバイスは最低限に」という姿勢だったが、
栃木では、ほぼ兼任コーチとして若手に持ち得る知識を余すことなく伝え、選手の疑問や質問にも真剣に答えた。
「彼らは、本当に野球が好きだけど、野球をまだ勉強していない。教えてあげないと。コーチの肩書きはなかったが、辻監督と共にアドバイスを送った。
一緒に野球をやって新鮮なものがあった。僕はNPBに帰る可能性はなくなったが、彼らはドラフトにかかる可能性もある。一人でも多くNPBにいくことを望んでいる」
村田は、BCリーグでプレーする中でNPB復帰のためだけにという思いが薄れたという。
「試合を重ねながら、NPBにアピールするために野球をやる感じはなかった。栃木のファン、BCリーグファンのためにやった。
その姿を見て、感動してくれて、野球を好きになってもらい、村田みたいにと、目標になれるようなプレーをした。それは昔から変わらないが」
「小3から野球を30年間続けてきた、その集大成をみなさんにお見せしたい。体も万全の状態。いいパフォーマンスを最後まで見せたい」
男・村田は終わっていない。
「この時点で引退するという発言はない。最後まで野球をする。共に戦ってきたみんなのために最後まで」
だから引退の2文字を口にしたくはなかったのだ。
村田は、中日の松坂大輔から「まだやめて欲しくない」とエールを贈られたが、その数時間前に、彼も同じメッセージを松坂世代のリーダーに残していた。
「20年、大輔の背中を追いかけてきた。同級生とやれて幸せ。松坂達には長くプレーを続けて欲しい」
彼は「感謝こそあれ悔いはない」と言った。

234名無しの与一 (ワッチョイ 47f6-Qng4)2018/10/05(金) 21:09:49.17ID:I2857aDx0
NPB復帰を目指して独立リーグのルートインBCリーグの栃木ゴールデンブレーブスでプレーしている
村田修一(37)が1日、栃木・小山市内のホテルで記者会見を行い、NPBへの挑戦をあきらめる決意と、
現役続行の考えがない、ことを明らかにした。
ただ「引退という言葉は使いたくないし、皆さん(メディア)にも使って欲しくない」と、正式な引退表明は行わなかった。
村田はスーツ姿で5か月前に入団会見を行った同じホテルの同じ壇上に座った。
その表情は晴れやかとは言えない険しいものだった。
昨年10月13日に巨人を戦力外になった村田は、オフの間に他球団のオファーを待ったがなく、
今春から独立リーグでプレーしながら、NPBの復帰を待つという選択をした。
だが、大型補強の時代から若手育成に舵を切った球界トレンドの犠牲になり、
移籍期限が切れる運命の日にも電話はならなかった。
「NPBに帰るのであれば、僕の中での期限が、昨日。お誘いがなかったので、区切りをつけるために8月1日に会見を開くと決断した。

235名無しの与一 (ワッチョイ 47f6-Qng4)2018/10/05(金) 21:09:52.45ID:I2857aDx0
NPB復帰を目指して独立リーグのルートインBCリーグの栃木ゴールデンブレーブスでプレーしている
村田修一(37)が1日、栃木・小山市内のホテルで記者会見を行い、NPBへの挑戦をあきらめる決意と、
現役続行の考えがない、ことを明らかにした。
ただ「引退という言葉は使いたくないし、皆さん(メディア)にも使って欲しくない」と、正式な引退表明は行わなかった。
村田はスーツ姿で5か月前に入団会見を行った同じホテルの同じ壇上に座った。
その表情は晴れやかとは言えない険しいものだった。
昨年10月13日に巨人を戦力外になった村田は、オフの間に他球団のオファーを待ったがなく、
今春から独立リーグでプレーしながら、NPBの復帰を待つという選択をした。
だが、大型補強の時代から若手育成に舵を切った球界トレンドの犠牲になり、
移籍期限が切れる運命の日にも電話はならなかった。
「NPBに帰るのであれば、僕の中での期限が、昨日。お誘いがなかったので、区切りをつけるために8月1日に会見を開くと決断した。
★(結果を)受け止めて前へ進まないといつまでも後ろを向いていても自分のやってきた野球人生を否定することになる」
NPBへの決別の意味で7月31日の移籍期限の翌日に会見を設定したという。
「怪我したのも事実で、なかなかチームに貢献できなかったが、NPBに帰って野球ができる状態まできていたと思っている」
だが、このオフ、或いは、来年、もう一度,NPBを狙うという考えはもうない。
さらに1年待ったからと言って若手育成重視の各球団共通とも言える方針が劇的に変わるとは考えにくいからだろう。
「来年、復帰できるかも定かではない。確率の低いものを追いかけても次へ進めない。
(来シーズンの復帰をめざして)体制を整えることはない」
ハッキリとそう言った。
さらに「来年ユニホームを着て、どこかで野球を続けるのは考えにくい」と、
事実上、今季限りで現役引退する考えを明かしたが、
「今日、ここで引退の二文字は使いたくないし、皆さんにも使って欲しくない」と声のトーンを高めた。
9月9日にホームの小山運動公園野球場で行われる群馬ダイヤモンド・ペガサスとの最終戦まで
栃木で「チーム勝利のため全力でプレーする」村田にとって、
その2文字を口にするのは、最終戦が終わってから。
最後のワンアウトまで全力でプレーを続けるのが、村田の信念であり、
まだ試合が残っている段階で、引退の2文字を口にするのはチームメイトやファンへの失礼にあたる、
という村田の去り際の美学なのだろう。
そういう美学を村田に抱かせたのは、単身赴任で過ごした栃木の日々だ。
「NPBへ帰ることを考えてやってきたが、若い選手と一緒にプレーして野球の素晴らしさと、NPBとの違いを感じることができた、移動も大変。
NPBは3連戦が普通だが、ここはバスの移動がものすごく大変、若い人とともに移動して足腰が強くなったと思う(笑)」
純粋にNPBでのプレーを夢見て、独立リーグで戦う若い選手の姿に村田は新鮮な刺激を受けた。
横浜、巨人時代は、「僕もプロ。(若手が成長して)働き場がなくなると困るので、アドバイスは最低限に」という姿勢だったが、
栃木では、ほぼ兼任コーチとして若手に持ち得る知識を余すことなく伝え、選手の疑問や質問にも真剣に答えた。
「彼らは、本当に野球が好きだけど、野球をまだ勉強していない。教えてあげないと。コーチの肩書きはなかったが、辻監督と共にアドバイスを送った。
一緒に野球をやって新鮮なものがあった。僕はNPBに帰る可能性はなくなったが、彼らはドラフトにかかる可能性もある。一人でも多くNPBにいくことを望んでいる」
村田は、BCリーグでプレーする中でNPB復帰のためだけにという思いが薄れたという。
「試合を重ねながら、NPBにアピールするために野球をやる感じはなかった。栃木のファン、BCリーグファンのためにやった。
その姿を見て、感動してくれて、野球を好きになってもらい、村田みたいにと、目標になれるようなプレーをした。それは昔から変わらないが」
「小3から野球を30年間続けてきた、その集大成をみなさんにお見せしたい。体も万全の状態。いいパフォーマンスを最後まで見せたい」
男・村田は終わっていない。
「この時点で引退するという発言はない。最後まで野球をする。共に戦ってきたみんなのために最後まで」
だから引退の2文字を口にしたくはなかったのだ。
村田は、中日の松坂大輔から「まだやめて欲しくない」とエールを贈られたが、その数時間前に、彼も同じメッセージを松坂世代のリーダーに残していた。
「20年、大輔の背中を追いかけてきた。同級生とやれて幸せ。松坂達には長くプレーを続けて欲しい」
彼は「感謝こそあれ悔いはない」と言った。

236名無しの与一 (ワッチョイ 47f6-Qng4)2018/10/05(金) 21:10:07.53ID:I2857aDx0
NPB復帰を目指して独立リーグのルートインBCリーグの栃木ゴールデンブレーブスでプレーしている
村田修一(37)が1日、栃木・小山市内のホテルで記者会見を行い、NPBへの挑戦をあきらめる決意と、
現役続行の考えがない、ことを明らかにした。
ただ「引退という言葉は使いたくないし、皆さん(メディア)にも使って欲しくない」と、正式な引退表明は行わなかった。
村田はスーツ姿で5か月前に入団会見を行った同じホテルの同じ壇上に座った。
その表情は晴れやかとは言えない険しいものだった。
昨年10月13日に巨人を戦力外になった村田は、オフの間に他球団のオファーを待ったがなく、
今春から独立リーグでプレーしながら、NPBの復帰を待つという選択をした。
だが、大型補強の時代から若手育成に舵を切った球界トレンドの犠牲になり、
移籍期限が切れる運命の日にも電話はならなかった。
「NPBに帰るのであれば、僕の中での期限が、昨日。お誘いがなかったので、区切りをつけるために8月1日に会見を開くと決断した。

237名無しの与一 (ワッチョイ 47f6-Qng4)2018/10/05(金) 21:10:10.89ID:I2857aDx0
NPB復帰を目指して独立リーグのルートインBCリーグの栃木ゴールデンブレーブスでプレーしている
村田修一(37)が1日、栃木・小山市内のホテルで記者会見を行い、NPBへの挑戦をあきらめる決意と、
現役続行の考えがない、ことを明らかにした。
ただ「引退という言葉は使いたくないし、皆さん(メディア)にも使って欲しくない」と、正式な引退表明は行わなかった。
村田はスーツ姿で5か月前に入団会見を行った同じホテルの同じ壇上に座った。
その表情は晴れやかとは言えない険しいものだった。
昨年10月13日に巨人を戦力外になった村田は、オフの間に他球団のオファーを待ったがなく、
今春から独立リーグでプレーしながら、NPBの復帰を待つという選択をした。
だが、大型補強の時代から若手育成に舵を切った球界トレンドの犠牲になり、
移籍期限が切れる運命の日にも電話はならなかった。
「NPBに帰るのであれば、僕の中での期限が、昨日。お誘いがなかったので、区切りをつけるために8月1日に会見を開くと決断した。
★(結果を)受け止めて前へ進まないといつまでも後ろを向いていても自分のやってきた野球人生を否定することになる」
NPBへの決別の意味で7月31日の移籍期限の翌日に会見を設定したという。
「怪我したのも事実で、なかなかチームに貢献できなかったが、NPBに帰って野球ができる状態まできていたと思っている」
だが、このオフ、或いは、来年、もう一度,NPBを狙うという考えはもうない。
さらに1年待ったからと言って若手育成重視の各球団共通とも言える方針が劇的に変わるとは考えにくいからだろう。
「来年、復帰できるかも定かではない。確率の低いものを追いかけても次へ進めない。
(来シーズンの復帰をめざして)体制を整えることはない」
ハッキリとそう言った。
さらに「来年ユニホームを着て、どこかで野球を続けるのは考えにくい」と、
事実上、今季限りで現役引退する考えを明かしたが、
「今日、ここで引退の二文字は使いたくないし、皆さんにも使って欲しくない」と声のトーンを高めた。
9月9日にホームの小山運動公園野球場で行われる群馬ダイヤモンド・ペガサスとの最終戦まで
栃木で「チーム勝利のため全力でプレーする」村田にとって、
その2文字を口にするのは、最終戦が終わってから。
最後のワンアウトまで全力でプレーを続けるのが、村田の信念であり、
まだ試合が残っている段階で、引退の2文字を口にするのはチームメイトやファンへの失礼にあたる、
という村田の去り際の美学なのだろう。
そういう美学を村田に抱かせたのは、単身赴任で過ごした栃木の日々だ。
「NPBへ帰ることを考えてやってきたが、若い選手と一緒にプレーして野球の素晴らしさと、NPBとの違いを感じることができた、移動も大変。
NPBは3連戦が普通だが、ここはバスの移動がものすごく大変、若い人とともに移動して足腰が強くなったと思う(笑)」
純粋にNPBでのプレーを夢見て、独立リーグで戦う若い選手の姿に村田は新鮮な刺激を受けた。
横浜、巨人時代は、「僕もプロ。(若手が成長して)働き場がなくなると困るので、アドバイスは最低限に」という姿勢だったが、
栃木では、ほぼ兼任コーチとして若手に持ち得る知識を余すことなく伝え、選手の疑問や質問にも真剣に答えた。
「彼らは、本当に野球が好きだけど、野球をまだ勉強していない。教えてあげないと。コーチの肩書きはなかったが、辻監督と共にアドバイスを送った。
一緒に野球をやって新鮮なものがあった。僕はNPBに帰る可能性はなくなったが、彼らはドラフトにかかる可能性もある。一人でも多くNPBにいくことを望んでいる」
村田は、BCリーグでプレーする中でNPB復帰のためだけにという思いが薄れたという。
「試合を重ねながら、NPBにアピールするために野球をやる感じはなかった。栃木のファン、BCリーグファンのためにやった。
その姿を見て、感動してくれて、野球を好きになってもらい、村田みたいにと、目標になれるようなプレーをした。それは昔から変わらないが」
「小3から野球を30年間続けてきた、その集大成をみなさんにお見せしたい。体も万全の状態。いいパフォーマンスを最後まで見せたい」
男・村田は終わっていない。
「この時点で引退するという発言はない。最後まで野球をする。共に戦ってきたみんなのために最後まで」
だから引退の2文字を口にしたくはなかったのだ。
村田は、中日の松坂大輔から「まだやめて欲しくない」とエールを贈られたが、その数時間前に、彼も同じメッセージを松坂世代のリーダーに残していた。
「20年、大輔の背中を追いかけてきた。同級生とやれて幸せ。松坂達には長くプレーを続けて欲しい」
彼は「感謝こそあれ悔いはない」と言った。

238名無しの与一 (ワッチョイ 47f6-Qng4)2018/10/05(金) 21:10:26.12ID:I2857aDx0
NPB復帰を目指して独立リーグのルートインBCリーグの栃木ゴールデンブレーブスでプレーしている
村田修一(37)が1日、栃木・小山市内のホテルで記者会見を行い、NPBへの挑戦をあきらめる決意と、
現役続行の考えがない、ことを明らかにした。
ただ「引退という言葉は使いたくないし、皆さん(メディア)にも使って欲しくない」と、正式な引退表明は行わなかった。
村田はスーツ姿で5か月前に入団会見を行った同じホテルの同じ壇上に座った。
その表情は晴れやかとは言えない険しいものだった。
昨年10月13日に巨人を戦力外になった村田は、オフの間に他球団のオファーを待ったがなく、
今春から独立リーグでプレーしながら、NPBの復帰を待つという選択をした。
だが、大型補強の時代から若手育成に舵を切った球界トレンドの犠牲になり、
移籍期限が切れる運命の日にも電話はならなかった。
「NPBに帰るのであれば、僕の中での期限が、昨日。お誘いがなかったので、区切りをつけるために8月1日に会見を開くと決断した。

239名無しの与一 (ワッチョイ 47f6-Qng4)2018/10/05(金) 21:10:29.71ID:I2857aDx0
NPB復帰を目指して独立リーグのルートインBCリーグの栃木ゴールデンブレーブスでプレーしている
村田修一(37)が1日、栃木・小山市内のホテルで記者会見を行い、NPBへの挑戦をあきらめる決意と、
現役続行の考えがない、ことを明らかにした。
ただ「引退という言葉は使いたくないし、皆さん(メディア)にも使って欲しくない」と、正式な引退表明は行わなかった。
村田はスーツ姿で5か月前に入団会見を行った同じホテルの同じ壇上に座った。
その表情は晴れやかとは言えない険しいものだった。
昨年10月13日に巨人を戦力外になった村田は、オフの間に他球団のオファーを待ったがなく、
今春から独立リーグでプレーしながら、NPBの復帰を待つという選択をした。
だが、大型補強の時代から若手育成に舵を切った球界トレンドの犠牲になり、
移籍期限が切れる運命の日にも電話はならなかった。
「NPBに帰るのであれば、僕の中での期限が、昨日。お誘いがなかったので、区切りをつけるために8月1日に会見を開くと決断した。
★(結果を)受け止めて前へ進まないといつまでも後ろを向いていても自分のやってきた野球人生を否定することになる」
NPBへの決別の意味で7月31日の移籍期限の翌日に会見を設定したという。
「怪我したのも事実で、なかなかチームに貢献できなかったが、NPBに帰って野球ができる状態まできていたと思っている」
だが、このオフ、或いは、来年、もう一度,NPBを狙うという考えはもうない。
さらに1年待ったからと言って若手育成重視の各球団共通とも言える方針が劇的に変わるとは考えにくいからだろう。
「来年、復帰できるかも定かではない。確率の低いものを追いかけても次へ進めない。
(来シーズンの復帰をめざして)体制を整えることはない」
ハッキリとそう言った。
さらに「来年ユニホームを着て、どこかで野球を続けるのは考えにくい」と、
事実上、今季限りで現役引退する考えを明かしたが、
「今日、ここで引退の二文字は使いたくないし、皆さんにも使って欲しくない」と声のトーンを高めた。
9月9日にホームの小山運動公園野球場で行われる群馬ダイヤモンド・ペガサスとの最終戦まで
栃木で「チーム勝利のため全力でプレーする」村田にとって、
その2文字を口にするのは、最終戦が終わってから。
最後のワンアウトまで全力でプレーを続けるのが、村田の信念であり、
まだ試合が残っている段階で、引退の2文字を口にするのはチームメイトやファンへの失礼にあたる、
という村田の去り際の美学なのだろう。
そういう美学を村田に抱かせたのは、単身赴任で過ごした栃木の日々だ。
「NPBへ帰ることを考えてやってきたが、若い選手と一緒にプレーして野球の素晴らしさと、NPBとの違いを感じることができた、移動も大変。
NPBは3連戦が普通だが、ここはバスの移動がものすごく大変、若い人とともに移動して足腰が強くなったと思う(笑)」
純粋にNPBでのプレーを夢見て、独立リーグで戦う若い選手の姿に村田は新鮮な刺激を受けた。
横浜、巨人時代は、「僕もプロ。(若手が成長して)働き場がなくなると困るので、アドバイスは最低限に」という姿勢だったが、
栃木では、ほぼ兼任コーチとして若手に持ち得る知識を余すことなく伝え、選手の疑問や質問にも真剣に答えた。
「彼らは、本当に野球が好きだけど、野球をまだ勉強していない。教えてあげないと。コーチの肩書きはなかったが、辻監督と共にアドバイスを送った。
一緒に野球をやって新鮮なものがあった。僕はNPBに帰る可能性はなくなったが、彼らはドラフトにかかる可能性もある。一人でも多くNPBにいくことを望んでいる」
村田は、BCリーグでプレーする中でNPB復帰のためだけにという思いが薄れたという。
「試合を重ねながら、NPBにアピールするために野球をやる感じはなかった。栃木のファン、BCリーグファンのためにやった。
その姿を見て、感動してくれて、野球を好きになってもらい、村田みたいにと、目標になれるようなプレーをした。それは昔から変わらないが」
「小3から野球を30年間続けてきた、その集大成をみなさんにお見せしたい。体も万全の状態。いいパフォーマンスを最後まで見せたい」
男・村田は終わっていない。
「この時点で引退するという発言はない。最後まで野球をする。共に戦ってきたみんなのために最後まで」
だから引退の2文字を口にしたくはなかったのだ。
村田は、中日の松坂大輔から「まだやめて欲しくない」とエールを贈られたが、その数時間前に、彼も同じメッセージを松坂世代のリーダーに残していた。
「20年、大輔の背中を追いかけてきた。同級生とやれて幸せ。松坂達には長くプレーを続けて欲しい」
彼は「感謝こそあれ悔いはない」と言った。

240名無しの与一 (ワッチョイ 47f6-Qng4)2018/10/05(金) 21:10:44.88ID:I2857aDx0
NPB復帰を目指して独立リーグのルートインBCリーグの栃木ゴールデンブレーブスでプレーしている
村田修一(37)が1日、栃木・小山市内のホテルで記者会見を行い、NPBへの挑戦をあきらめる決意と、
現役続行の考えがない、ことを明らかにした。
ただ「引退という言葉は使いたくないし、皆さん(メディア)にも使って欲しくない」と、正式な引退表明は行わなかった。
村田はスーツ姿で5か月前に入団会見を行った同じホテルの同じ壇上に座った。
その表情は晴れやかとは言えない険しいものだった。
昨年10月13日に巨人を戦力外になった村田は、オフの間に他球団のオファーを待ったがなく、
今春から独立リーグでプレーしながら、NPBの復帰を待つという選択をした。
だが、大型補強の時代から若手育成に舵を切った球界トレンドの犠牲になり、
移籍期限が切れる運命の日にも電話はならなかった。
「NPBに帰るのであれば、僕の中での期限が、昨日。お誘いがなかったので、区切りをつけるために8月1日に会見を開くと決断した。
★(結果を)受け止めて前へ進まないといつまでも後ろを向いていても自分のやってきた野球人生を否定することになる」
NPBへの決別の意味で7月31日の移籍期限の翌日に会見を設定したという。
「怪我したのも事実で、なかなかチームに貢献できなかったが、NPBに帰って野球ができる状態まできていたと思っている」
だが、このオフ、或いは、来年、もう一度,NPBを狙うという考えはもうない。
さらに1年待ったからと言って若手育成重視の各球団共通とも言える方針が劇的に変わるとは考えにくいからだろう。
「来年、復帰できるかも定かではない。確率の低いものを追いかけても次へ進めない。
(来シーズンの復帰をめざして)体制を整えることはない」
ハッキリとそう言った。
さらに「来年ユニホームを着て、どこかで野球を続けるのは考えにくい」と、
事実上、今季限りで現役引退する考えを明かしたが、
「今日、ここで引退の二文字は使いたくないし、皆さんにも使って欲しくない」と声のトーンを高めた。
9月9日にホームの小山運動公園野球場で行われる群馬ダイヤモンド・ペガサスとの最終戦まで
栃木で「チーム勝利のため全力でプレーする」村田にとって、
その2文字を口にするのは、最終戦が終わってから。
最後のワンアウトまで全力でプレーを続けるのが、村田の信念であり、
まだ試合が残っている段階で、引退の2文字を口にするのはチームメイトやファンへの失礼にあたる、
という村田の去り際の美学なのだろう。
そういう美学を村田に抱かせたのは、単身赴任で過ごした栃木の日々だ。
「NPBへ帰ることを考えてやってきたが、若い選手と一緒にプレーして野球の素晴らしさと、NPBとの違いを感じることができた、移動も大変。
NPBは3連戦が普通だが、ここはバスの移動がものすごく大変、若い人とともに移動して足腰が強くなったと思う(笑)」
純粋にNPBでのプレーを夢見て、独立リーグで戦う若い選手の姿に村田は新鮮な刺激を受けた。
横浜、巨人時代は、「僕もプロ。(若手が成長して)働き場がなくなると困るので、アドバイスは最低限に」という姿勢だったが、
栃木では、ほぼ兼任コーチとして若手に持ち得る知識を余すことなく伝え、選手の疑問や質問にも真剣に答えた。
「彼らは、本当に野球が好きだけど、野球をまだ勉強していない。教えてあげないと。コーチの肩書きはなかったが、辻監督と共にアドバイスを送った。
一緒に野球をやって新鮮なものがあった。僕はNPBに帰る可能性はなくなったが、彼らはドラフトにかかる可能性もある。一人でも多くNPBにいくことを望んでいる」
村田は、BCリーグでプレーする中でNPB復帰のためだけにという思いが薄れたという。
「試合を重ねながら、NPBにアピールするために野球をやる感じはなかった。栃木のファン、BCリーグファンのためにやった。
その姿を見て、感動してくれて、野球を好きになってもらい、村田みたいにと、目標になれるようなプレーをした。それは昔から変わらないが」
「小3から野球を30年間続けてきた、その集大成をみなさんにお見せしたい。体も万全の状態。いいパフォーマンスを最後まで見せたい」
男・村田は終わっていない。
「この時点で引退するという発言はない。最後まで野球をする。共に戦ってきたみんなのために最後まで」
だから引退の2文字を口にしたくはなかったのだ。
村田は、中日の松坂大輔から「まだやめて欲しくない」とエールを贈られたが、その数時間前に、彼も同じメッセージを松坂世代のリーダーに残していた。
「20年、大輔の背中を追いかけてきた。同級生とやれて幸せ。松坂達には長くプレーを続けて欲しい」
彼は「感謝こそあれ悔いはない」と言った。

241名無しの与一 (ワッチョイ 47f6-Qng4)2018/10/05(金) 21:10:47.89ID:I2857aDx0
NPB復帰を目指して独立リーグのルートインBCリーグの栃木ゴールデンブレーブスでプレーしている
村田修一(37)が1日、栃木・小山市内のホテルで記者会見を行い、NPBへの挑戦をあきらめる決意と、
現役続行の考えがない、ことを明らかにした。
ただ「引退という言葉は使いたくないし、皆さん(メディア)にも使って欲しくない」と、正式な引退表明は行わなかった。
村田はスーツ姿で5か月前に入団会見を行った同じホテルの同じ壇上に座った。
その表情は晴れやかとは言えない険しいものだった。
昨年10月13日に巨人を戦力外になった村田は、オフの間に他球団のオファーを待ったがなく、
今春から独立リーグでプレーしながら、NPBの復帰を待つという選択をした。
だが、大型補強の時代から若手育成に舵を切った球界トレンドの犠牲になり、
移籍期限が切れる運命の日にも電話はならなかった。
「NPBに帰るのであれば、僕の中での期限が、昨日。お誘いがなかったので、区切りをつけるために8月1日に会見を開くと決断した。
★(結果を)受け止めて前へ進まないといつまでも後ろを向いていても自分のやってきた野球人生を否定することになる」
NPBへの決別の意味で7月31日の移籍期限の翌日に会見を設定したという。
「怪我したのも事実で、なかなかチームに貢献できなかったが、NPBに帰って野球ができる状態まできていたと思っている」
だが、このオフ、或いは、来年、もう一度,NPBを狙うという考えはもうない。
さらに1年待ったからと言って若手育成重視の各球団共通とも言える方針が劇的に変わるとは考えにくいからだろう。
「来年、復帰できるかも定かではない。確率の低いものを追いかけても次へ進めない。
(来シーズンの復帰をめざして)体制を整えることはない」
ハッキリとそう言った。
さらに「来年ユニホームを着て、どこかで野球を続けるのは考えにくい」と、
事実上、今季限りで現役引退する考えを明かしたが、
「今日、ここで引退の二文字は使いたくないし、皆さんにも使って欲しくない」と声のトーンを高めた。
9月9日にホームの小山運動公園野球場で行われる群馬ダイヤモンド・ペガサスとの最終戦まで
栃木で「チーム勝利のため全力でプレーする」村田にとって、
その2文字を口にするのは、最終戦が終わってから。
最後のワンアウトまで全力でプレーを続けるのが、村田の信念であり、
まだ試合が残っている段階で、引退の2文字を口にするのはチームメイトやファンへの失礼にあたる、
という村田の去り際の美学なのだろう。
そういう美学を村田に抱かせたのは、単身赴任で過ごした栃木の日々だ。
「NPBへ帰ることを考えてやってきたが、若い選手と一緒にプレーして野球の素晴らしさと、NPBとの違いを感じることができた、移動も大変。
NPBは3連戦が普通だが、ここはバスの移動がものすごく大変、若い人とともに移動して足腰が強くなったと思う(笑)」
純粋にNPBでのプレーを夢見て、独立リーグで戦う若い選手の姿に村田は新鮮な刺激を受けた。
横浜、巨人時代は、「僕もプロ。(若手が成長して)働き場がなくなると困るので、アドバイスは最低限に」という姿勢だったが、
栃木では、ほぼ兼任コーチとして若手に持ち得る知識を余すことなく伝え、選手の疑問や質問にも真剣に答えた。
「彼らは、本当に野球が好きだけど、野球をまだ勉強していない。教えてあげないと。コーチの肩書きはなかったが、辻監督と共にアドバイスを送った。
一緒に野球をやって新鮮なものがあった。僕はNPBに帰る可能性はなくなったが、彼らはドラフトにかかる可能性もある。一人でも多くNPBにいくことを望んでいる」
村田は、BCリーグでプレーする中でNPB復帰のためだけにという思いが薄れたという。
「試合を重ねながら、NPBにアピールするために野球をやる感じはなかった。栃木のファン、BCリーグファンのためにやった。
その姿を見て、感動してくれて、野球を好きになってもらい、村田みたいにと、目標になれるようなプレーをした。それは昔から変わらないが」
「小3から野球を30年間続けてきた、その集大成をみなさんにお見せしたい。体も万全の状態。いいパフォーマンスを最後まで見せたい」
男・村田は終わっていない。
「この時点で引退するという発言はない。最後まで野球をする。共に戦ってきたみんなのために最後まで」
だから引退の2文字を口にしたくはなかったのだ。
村田は、中日の松坂大輔から「まだやめて欲しくない」とエールを贈られたが、その数時間前に、彼も同じメッセージを松坂世代のリーダーに残していた。
「20年、大輔の背中を追いかけてきた。同級生とやれて幸せ。松坂達には長くプレーを続けて欲しい」
彼は「感謝こそあれ悔いはない」と言った。

242名無しの与一 (ワッチョイ 47f6-Qng4)2018/10/05(金) 21:11:03.30ID:I2857aDx0
NPB復帰を目指して独立リーグのルートインBCリーグの栃木ゴールデンブレーブスでプレーしている
村田修一(37)が1日、栃木・小山市内のホテルで記者会見を行い、NPBへの挑戦をあきらめる決意と、
現役続行の考えがない、ことを明らかにした。
ただ「引退という言葉は使いたくないし、皆さん(メディア)にも使って欲しくない」と、正式な引退表明は行わなかった。
村田はスーツ姿で5か月前に入団会見を行った同じホテルの同じ壇上に座った。
その表情は晴れやかとは言えない険しいものだった。
昨年10月13日に巨人を戦力外になった村田は、オフの間に他球団のオファーを待ったがなく、
今春から独立リーグでプレーしながら、NPBの復帰を待つという選択をした。
だが、大型補強の時代から若手育成に舵を切った球界トレンドの犠牲になり、
移籍期限が切れる運命の日にも電話はならなかった。
「NPBに帰るのであれば、僕の中での期限が、昨日。お誘いがなかったので、区切りをつけるために8月1日に会見を開くと決断した。

243名無しの与一 (ワッチョイ 47f6-Qng4)2018/10/05(金) 21:11:06.64ID:I2857aDx0
NPB復帰を目指して独立リーグのルートインBCリーグの栃木ゴールデンブレーブスでプレーしている
村田修一(37)が1日、栃木・小山市内のホテルで記者会見を行い、NPBへの挑戦をあきらめる決意と、
現役続行の考えがない、ことを明らかにした。
ただ「引退という言葉は使いたくないし、皆さん(メディア)にも使って欲しくない」と、正式な引退表明は行わなかった。
村田はスーツ姿で5か月前に入団会見を行った同じホテルの同じ壇上に座った。
その表情は晴れやかとは言えない険しいものだった。
昨年10月13日に巨人を戦力外になった村田は、オフの間に他球団のオファーを待ったがなく、
今春から独立リーグでプレーしながら、NPBの復帰を待つという選択をした。
だが、大型補強の時代から若手育成に舵を切った球界トレンドの犠牲になり、
移籍期限が切れる運命の日にも電話はならなかった。
「NPBに帰るのであれば、僕の中での期限が、昨日。お誘いがなかったので、区切りをつけるために8月1日に会見を開くと決断した。
★(結果を)受け止めて前へ進まないといつまでも後ろを向いていても自分のやってきた野球人生を否定することになる」
NPBへの決別の意味で7月31日の移籍期限の翌日に会見を設定したという。
「怪我したのも事実で、なかなかチームに貢献できなかったが、NPBに帰って野球ができる状態まできていたと思っている」
だが、このオフ、或いは、来年、もう一度,NPBを狙うという考えはもうない。
さらに1年待ったからと言って若手育成重視の各球団共通とも言える方針が劇的に変わるとは考えにくいからだろう。
「来年、復帰できるかも定かではない。確率の低いものを追いかけても次へ進めない。
(来シーズンの復帰をめざして)体制を整えることはない」
ハッキリとそう言った。
さらに「来年ユニホームを着て、どこかで野球を続けるのは考えにくい」と、
事実上、今季限りで現役引退する考えを明かしたが、
「今日、ここで引退の二文字は使いたくないし、皆さんにも使って欲しくない」と声のトーンを高めた。
9月9日にホームの小山運動公園野球場で行われる群馬ダイヤモンド・ペガサスとの最終戦まで
栃木で「チーム勝利のため全力でプレーする」村田にとって、
その2文字を口にするのは、最終戦が終わってから。
最後のワンアウトまで全力でプレーを続けるのが、村田の信念であり、
まだ試合が残っている段階で、引退の2文字を口にするのはチームメイトやファンへの失礼にあたる、
という村田の去り際の美学なのだろう。
そういう美学を村田に抱かせたのは、単身赴任で過ごした栃木の日々だ。
「NPBへ帰ることを考えてやってきたが、若い選手と一緒にプレーして野球の素晴らしさと、NPBとの違いを感じることができた、移動も大変。
NPBは3連戦が普通だが、ここはバスの移動がものすごく大変、若い人とともに移動して足腰が強くなったと思う(笑)」
純粋にNPBでのプレーを夢見て、独立リーグで戦う若い選手の姿に村田は新鮮な刺激を受けた。
横浜、巨人時代は、「僕もプロ。(若手が成長して)働き場がなくなると困るので、アドバイスは最低限に」という姿勢だったが、
栃木では、ほぼ兼任コーチとして若手に持ち得る知識を余すことなく伝え、選手の疑問や質問にも真剣に答えた。
「彼らは、本当に野球が好きだけど、野球をまだ勉強していない。教えてあげないと。コーチの肩書きはなかったが、辻監督と共にアドバイスを送った。
一緒に野球をやって新鮮なものがあった。僕はNPBに帰る可能性はなくなったが、彼らはドラフトにかかる可能性もある。一人でも多くNPBにいくことを望んでいる」
村田は、BCリーグでプレーする中でNPB復帰のためだけにという思いが薄れたという。
「試合を重ねながら、NPBにアピールするために野球をやる感じはなかった。栃木のファン、BCリーグファンのためにやった。
その姿を見て、感動してくれて、野球を好きになってもらい、村田みたいにと、目標になれるようなプレーをした。それは昔から変わらないが」
「小3から野球を30年間続けてきた、その集大成をみなさんにお見せしたい。体も万全の状態。いいパフォーマンスを最後まで見せたい」
男・村田は終わっていない。
「この時点で引退するという発言はない。最後まで野球をする。共に戦ってきたみんなのために最後まで」
だから引退の2文字を口にしたくはなかったのだ。
村田は、中日の松坂大輔から「まだやめて欲しくない」とエールを贈られたが、その数時間前に、彼も同じメッセージを松坂世代のリーダーに残していた。
「20年、大輔の背中を追いかけてきた。同級生とやれて幸せ。松坂達には長くプレーを続けて欲しい」
彼は「感謝こそあれ悔いはない」と言った。

244名無しの与一 (ワッチョイ 47f6-Qng4)2018/10/05(金) 21:11:22.04ID:I2857aDx0
NPB復帰を目指して独立リーグのルートインBCリーグの栃木ゴールデンブレーブスでプレーしている
村田修一(37)が1日、栃木・小山市内のホテルで記者会見を行い、NPBへの挑戦をあきらめる決意と、
現役続行の考えがない、ことを明らかにした。
ただ「引退という言葉は使いたくないし、皆さん(メディア)にも使って欲しくない」と、正式な引退表明は行わなかった。
村田はスーツ姿で5か月前に入団会見を行った同じホテルの同じ壇上に座った。
その表情は晴れやかとは言えない険しいものだった。
昨年10月13日に巨人を戦力外になった村田は、オフの間に他球団のオファーを待ったがなく、
今春から独立リーグでプレーしながら、NPBの復帰を待つという選択をした。
だが、大型補強の時代から若手育成に舵を切った球界トレンドの犠牲になり、
移籍期限が切れる運命の日にも電話はならなかった。
「NPBに帰るのであれば、僕の中での期限が、昨日。お誘いがなかったので、区切りをつけるために8月1日に会見を開くと決断した。

245名無しの与一 (ワッチョイ 47f6-Qng4)2018/10/05(金) 21:11:25.30ID:I2857aDx0
NPB復帰を目指して独立リーグのルートインBCリーグの栃木ゴールデンブレーブスでプレーしている
村田修一(37)が1日、栃木・小山市内のホテルで記者会見を行い、NPBへの挑戦をあきらめる決意と、
現役続行の考えがない、ことを明らかにした。
ただ「引退という言葉は使いたくないし、皆さん(メディア)にも使って欲しくない」と、正式な引退表明は行わなかった。
村田はスーツ姿で5か月前に入団会見を行った同じホテルの同じ壇上に座った。
その表情は晴れやかとは言えない険しいものだった。
昨年10月13日に巨人を戦力外になった村田は、オフの間に他球団のオファーを待ったがなく、
今春から独立リーグでプレーしながら、NPBの復帰を待つという選択をした。
だが、大型補強の時代から若手育成に舵を切った球界トレンドの犠牲になり、
移籍期限が切れる運命の日にも電話はならなかった。
「NPBに帰るのであれば、僕の中での期限が、昨日。お誘いがなかったので、区切りをつけるために8月1日に会見を開くと決断した。
★(結果を)受け止めて前へ進まないといつまでも後ろを向いていても自分のやってきた野球人生を否定することになる」
NPBへの決別の意味で7月31日の移籍期限の翌日に会見を設定したという。
「怪我したのも事実で、なかなかチームに貢献できなかったが、NPBに帰って野球ができる状態まできていたと思っている」
だが、このオフ、或いは、来年、もう一度,NPBを狙うという考えはもうない。
さらに1年待ったからと言って若手育成重視の各球団共通とも言える方針が劇的に変わるとは考えにくいからだろう。
「来年、復帰できるかも定かではない。確率の低いものを追いかけても次へ進めない。
(来シーズンの復帰をめざして)体制を整えることはない」
ハッキリとそう言った。
さらに「来年ユニホームを着て、どこかで野球を続けるのは考えにくい」と、
事実上、今季限りで現役引退する考えを明かしたが、
「今日、ここで引退の二文字は使いたくないし、皆さんにも使って欲しくない」と声のトーンを高めた。
9月9日にホームの小山運動公園野球場で行われる群馬ダイヤモンド・ペガサスとの最終戦まで
栃木で「チーム勝利のため全力でプレーする」村田にとって、
その2文字を口にするのは、最終戦が終わってから。
最後のワンアウトまで全力でプレーを続けるのが、村田の信念であり、
まだ試合が残っている段階で、引退の2文字を口にするのはチームメイトやファンへの失礼にあたる、
という村田の去り際の美学なのだろう。
そういう美学を村田に抱かせたのは、単身赴任で過ごした栃木の日々だ。
「NPBへ帰ることを考えてやってきたが、若い選手と一緒にプレーして野球の素晴らしさと、NPBとの違いを感じることができた、移動も大変。
NPBは3連戦が普通だが、ここはバスの移動がものすごく大変、若い人とともに移動して足腰が強くなったと思う(笑)」
純粋にNPBでのプレーを夢見て、独立リーグで戦う若い選手の姿に村田は新鮮な刺激を受けた。
横浜、巨人時代は、「僕もプロ。(若手が成長して)働き場がなくなると困るので、アドバイスは最低限に」という姿勢だったが、
栃木では、ほぼ兼任コーチとして若手に持ち得る知識を余すことなく伝え、選手の疑問や質問にも真剣に答えた。
「彼らは、本当に野球が好きだけど、野球をまだ勉強していない。教えてあげないと。コーチの肩書きはなかったが、辻監督と共にアドバイスを送った。
一緒に野球をやって新鮮なものがあった。僕はNPBに帰る可能性はなくなったが、彼らはドラフトにかかる可能性もある。一人でも多くNPBにいくことを望んでいる」
村田は、BCリーグでプレーする中でNPB復帰のためだけにという思いが薄れたという。
「試合を重ねながら、NPBにアピールするために野球をやる感じはなかった。栃木のファン、BCリーグファンのためにやった。
その姿を見て、感動してくれて、野球を好きになってもらい、村田みたいにと、目標になれるようなプレーをした。それは昔から変わらないが」
「小3から野球を30年間続けてきた、その集大成をみなさんにお見せしたい。体も万全の状態。いいパフォーマンスを最後まで見せたい」
男・村田は終わっていない。
「この時点で引退するという発言はない。最後まで野球をする。共に戦ってきたみんなのために最後まで」
だから引退の2文字を口にしたくはなかったのだ。
村田は、中日の松坂大輔から「まだやめて欲しくない」とエールを贈られたが、その数時間前に、彼も同じメッセージを松坂世代のリーダーに残していた。
「20年、大輔の背中を追いかけてきた。同級生とやれて幸せ。松坂達には長くプレーを続けて欲しい」
彼は「感謝こそあれ悔いはない」と言った。

246名無しの与一 (ワッチョイ 47f6-Qng4)2018/10/05(金) 21:11:40.41ID:I2857aDx0
NPB復帰を目指して独立リーグのルートインBCリーグの栃木ゴールデンブレーブスでプレーしている
村田修一(37)が1日、栃木・小山市内のホテルで記者会見を行い、NPBへの挑戦をあきらめる決意と、
現役続行の考えがない、ことを明らかにした。
ただ「引退という言葉は使いたくないし、皆さん(メディア)にも使って欲しくない」と、正式な引退表明は行わなかった。
村田はスーツ姿で5か月前に入団会見を行った同じホテルの同じ壇上に座った。
その表情は晴れやかとは言えない険しいものだった。
昨年10月13日に巨人を戦力外になった村田は、オフの間に他球団のオファーを待ったがなく、
今春から独立リーグでプレーしながら、NPBの復帰を待つという選択をした。
だが、大型補強の時代から若手育成に舵を切った球界トレンドの犠牲になり、
移籍期限が切れる運命の日にも電話はならなかった。
「NPBに帰るのであれば、僕の中での期限が、昨日。お誘いがなかったので、区切りをつけるために8月1日に会見を開くと決断した。

247名無しの与一 (ワッチョイ 47f6-Qng4)2018/10/05(金) 21:11:43.42ID:I2857aDx0
NPB復帰を目指して独立リーグのルートインBCリーグの栃木ゴールデンブレーブスでプレーしている
村田修一(37)が1日、栃木・小山市内のホテルで記者会見を行い、NPBへの挑戦をあきらめる決意と、
現役続行の考えがない、ことを明らかにした。
ただ「引退という言葉は使いたくないし、皆さん(メディア)にも使って欲しくない」と、正式な引退表明は行わなかった。
村田はスーツ姿で5か月前に入団会見を行った同じホテルの同じ壇上に座った。
その表情は晴れやかとは言えない険しいものだった。
昨年10月13日に巨人を戦力外になった村田は、オフの間に他球団のオファーを待ったがなく、
今春から独立リーグでプレーしながら、NPBの復帰を待つという選択をした。
だが、大型補強の時代から若手育成に舵を切った球界トレンドの犠牲になり、
移籍期限が切れる運命の日にも電話はならなかった。
「NPBに帰るのであれば、僕の中での期限が、昨日。お誘いがなかったので、区切りをつけるために8月1日に会見を開くと決断した。
★(結果を)受け止めて前へ進まないといつまでも後ろを向いていても自分のやってきた野球人生を否定することになる」
NPBへの決別の意味で7月31日の移籍期限の翌日に会見を設定したという。
「怪我したのも事実で、なかなかチームに貢献できなかったが、NPBに帰って野球ができる状態まできていたと思っている」
だが、このオフ、或いは、来年、もう一度,NPBを狙うという考えはもうない。
さらに1年待ったからと言って若手育成重視の各球団共通とも言える方針が劇的に変わるとは考えにくいからだろう。
「来年、復帰できるかも定かではない。確率の低いものを追いかけても次へ進めない。
(来シーズンの復帰をめざして)体制を整えることはない」
ハッキリとそう言った。
さらに「来年ユニホームを着て、どこかで野球を続けるのは考えにくい」と、
事実上、今季限りで現役引退する考えを明かしたが、
「今日、ここで引退の二文字は使いたくないし、皆さんにも使って欲しくない」と声のトーンを高めた。
9月9日にホームの小山運動公園野球場で行われる群馬ダイヤモンド・ペガサスとの最終戦まで
栃木で「チーム勝利のため全力でプレーする」村田にとって、
その2文字を口にするのは、最終戦が終わってから。
最後のワンアウトまで全力でプレーを続けるのが、村田の信念であり、
まだ試合が残っている段階で、引退の2文字を口にするのはチームメイトやファンへの失礼にあたる、
という村田の去り際の美学なのだろう。
そういう美学を村田に抱かせたのは、単身赴任で過ごした栃木の日々だ。
「NPBへ帰ることを考えてやってきたが、若い選手と一緒にプレーして野球の素晴らしさと、NPBとの違いを感じることができた、移動も大変。
NPBは3連戦が普通だが、ここはバスの移動がものすごく大変、若い人とともに移動して足腰が強くなったと思う(笑)」
純粋にNPBでのプレーを夢見て、独立リーグで戦う若い選手の姿に村田は新鮮な刺激を受けた。
横浜、巨人時代は、「僕もプロ。(若手が成長して)働き場がなくなると困るので、アドバイスは最低限に」という姿勢だったが、
栃木では、ほぼ兼任コーチとして若手に持ち得る知識を余すことなく伝え、選手の疑問や質問にも真剣に答えた。
「彼らは、本当に野球が好きだけど、野球をまだ勉強していない。教えてあげないと。コーチの肩書きはなかったが、辻監督と共にアドバイスを送った。
一緒に野球をやって新鮮なものがあった。僕はNPBに帰る可能性はなくなったが、彼らはドラフトにかかる可能性もある。一人でも多くNPBにいくことを望んでいる」
村田は、BCリーグでプレーする中でNPB復帰のためだけにという思いが薄れたという。
「試合を重ねながら、NPBにアピールするために野球をやる感じはなかった。栃木のファン、BCリーグファンのためにやった。
その姿を見て、感動してくれて、野球を好きになってもらい、村田みたいにと、目標になれるようなプレーをした。それは昔から変わらないが」
「小3から野球を30年間続けてきた、その集大成をみなさんにお見せしたい。体も万全の状態。いいパフォーマンスを最後まで見せたい」
男・村田は終わっていない。
「この時点で引退するという発言はない。最後まで野球をする。共に戦ってきたみんなのために最後まで」
だから引退の2文字を口にしたくはなかったのだ。
村田は、中日の松坂大輔から「まだやめて欲しくない」とエールを贈られたが、その数時間前に、彼も同じメッセージを松坂世代のリーダーに残していた。
「20年、大輔の背中を追いかけてきた。同級生とやれて幸せ。松坂達には長くプレーを続けて欲しい」
彼は「感謝こそあれ悔いはない」と言った。

248名無しの与一 (ワッチョイ 47f6-Qng4)2018/10/05(金) 21:11:58.60ID:I2857aDx0
NPB復帰を目指して独立リーグのルートインBCリーグの栃木ゴールデンブレーブスでプレーしている
村田修一(37)が1日、栃木・小山市内のホテルで記者会見を行い、NPBへの挑戦をあきらめる決意と、
現役続行の考えがない、ことを明らかにした。
ただ「引退という言葉は使いたくないし、皆さん(メディア)にも使って欲しくない」と、正式な引退表明は行わなかった。
村田はスーツ姿で5か月前に入団会見を行った同じホテルの同じ壇上に座った。
その表情は晴れやかとは言えない険しいものだった。
昨年10月13日に巨人を戦力外になった村田は、オフの間に他球団のオファーを待ったがなく、
今春から独立リーグでプレーしながら、NPBの復帰を待つという選択をした。
だが、大型補強の時代から若手育成に舵を切った球界トレンドの犠牲になり、
移籍期限が切れる運命の日にも電話はならなかった。
「NPBに帰るのであれば、僕の中での期限が、昨日。お誘いがなかったので、区切りをつけるために8月1日に会見を開くと決断した。

249名無しの与一 (ワッチョイ 47f6-Qng4)2018/10/05(金) 21:12:01.83ID:I2857aDx0
NPB復帰を目指して独立リーグのルートインBCリーグの栃木ゴールデンブレーブスでプレーしている
村田修一(37)が1日、栃木・小山市内のホテルで記者会見を行い、NPBへの挑戦をあきらめる決意と、
現役続行の考えがない、ことを明らかにした。
ただ「引退という言葉は使いたくないし、皆さん(メディア)にも使って欲しくない」と、正式な引退表明は行わなかった。
村田はスーツ姿で5か月前に入団会見を行った同じホテルの同じ壇上に座った。
その表情は晴れやかとは言えない険しいものだった。
昨年10月13日に巨人を戦力外になった村田は、オフの間に他球団のオファーを待ったがなく、
今春から独立リーグでプレーしながら、NPBの復帰を待つという選択をした。
だが、大型補強の時代から若手育成に舵を切った球界トレンドの犠牲になり、
移籍期限が切れる運命の日にも電話はならなかった。
「NPBに帰るのであれば、僕の中での期限が、昨日。お誘いがなかったので、区切りをつけるために8月1日に会見を開くと決断した。
★(結果を)受け止めて前へ進まないといつまでも後ろを向いていても自分のやってきた野球人生を否定することになる」
NPBへの決別の意味で7月31日の移籍期限の翌日に会見を設定したという。
「怪我したのも事実で、なかなかチームに貢献できなかったが、NPBに帰って野球ができる状態まできていたと思っている」
だが、このオフ、或いは、来年、もう一度,NPBを狙うという考えはもうない。
さらに1年待ったからと言って若手育成重視の各球団共通とも言える方針が劇的に変わるとは考えにくいからだろう。
「来年、復帰できるかも定かではない。確率の低いものを追いかけても次へ進めない。
(来シーズンの復帰をめざして)体制を整えることはない」
ハッキリとそう言った。
さらに「来年ユニホームを着て、どこかで野球を続けるのは考えにくい」と、
事実上、今季限りで現役引退する考えを明かしたが、
「今日、ここで引退の二文字は使いたくないし、皆さんにも使って欲しくない」と声のトーンを高めた。
9月9日にホームの小山運動公園野球場で行われる群馬ダイヤモンド・ペガサスとの最終戦まで
栃木で「チーム勝利のため全力でプレーする」村田にとって、
その2文字を口にするのは、最終戦が終わってから。
最後のワンアウトまで全力でプレーを続けるのが、村田の信念であり、
まだ試合が残っている段階で、引退の2文字を口にするのはチームメイトやファンへの失礼にあたる、
という村田の去り際の美学なのだろう。
そういう美学を村田に抱かせたのは、単身赴任で過ごした栃木の日々だ。
「NPBへ帰ることを考えてやってきたが、若い選手と一緒にプレーして野球の素晴らしさと、NPBとの違いを感じることができた、移動も大変。
NPBは3連戦が普通だが、ここはバスの移動がものすごく大変、若い人とともに移動して足腰が強くなったと思う(笑)」
純粋にNPBでのプレーを夢見て、独立リーグで戦う若い選手の姿に村田は新鮮な刺激を受けた。
横浜、巨人時代は、「僕もプロ。(若手が成長して)働き場がなくなると困るので、アドバイスは最低限に」という姿勢だったが、
栃木では、ほぼ兼任コーチとして若手に持ち得る知識を余すことなく伝え、選手の疑問や質問にも真剣に答えた。
「彼らは、本当に野球が好きだけど、野球をまだ勉強していない。教えてあげないと。コーチの肩書きはなかったが、辻監督と共にアドバイスを送った。
一緒に野球をやって新鮮なものがあった。僕はNPBに帰る可能性はなくなったが、彼らはドラフトにかかる可能性もある。一人でも多くNPBにいくことを望んでいる」
村田は、BCリーグでプレーする中でNPB復帰のためだけにという思いが薄れたという。
「試合を重ねながら、NPBにアピールするために野球をやる感じはなかった。栃木のファン、BCリーグファンのためにやった。
その姿を見て、感動してくれて、野球を好きになってもらい、村田みたいにと、目標になれるようなプレーをした。それは昔から変わらないが」
「小3から野球を30年間続けてきた、その集大成をみなさんにお見せしたい。体も万全の状態。いいパフォーマンスを最後まで見せたい」
男・村田は終わっていない。
「この時点で引退するという発言はない。最後まで野球をする。共に戦ってきたみんなのために最後まで」
だから引退の2文字を口にしたくはなかったのだ。
村田は、中日の松坂大輔から「まだやめて欲しくない」とエールを贈られたが、その数時間前に、彼も同じメッセージを松坂世代のリーダーに残していた。
「20年、大輔の背中を追いかけてきた。同級生とやれて幸せ。松坂達には長くプレーを続けて欲しい」
彼は「感謝こそあれ悔いはない」と言った。

250名無しの与一 (ワッチョイ 47f6-Qng4)2018/10/05(金) 21:12:27.62ID:I2857aDx0
NPB復帰を目指して独立リーグのルートインBCリーグの栃木ゴールデンブレーブスでプレーしている
村田修一(37)が1日、栃木・小山市内のホテルで記者会見を行い、NPBへの挑戦をあきらめる決意と、
現役続行の考えがない、ことを明らかにした。
ただ「引退という言葉は使いたくないし、皆さん(メディア)にも使って欲しくない」と、正式な引退表明は行わなかった。
村田はスーツ姿で5か月前に入団会見を行った同じホテルの同じ壇上に座った。
その表情は晴れやかとは言えない険しいものだった。
昨年10月13日に巨人を戦力外になった村田は、オフの間に他球団のオファーを待ったがなく、
今春から独立リーグでプレーしながら、NPBの復帰を待つという選択をした。
だが、大型補強の時代から若手育成に舵を切った球界トレンドの犠牲になり、
移籍期限が切れる運命の日にも電話はならなかった。
「NPBに帰るのであれば、僕の中での期限が、昨日。お誘いがなかったので、区切りをつけるために8月1日に会見を開くと決断した。

251名無しの与一 (ワッチョイ 47f6-Qng4)2018/10/05(金) 21:12:42.81ID:I2857aDx0
NPB復帰を目指して独立リーグのルートインBCリーグの栃木ゴールデンブレーブスでプレーしている
村田修一(37)が1日、栃木・小山市内のホテルで記者会見を行い、NPBへの挑戦をあきらめる決意と、
現役続行の考えがない、ことを明らかにした。
ただ「引退という言葉は使いたくないし、皆さん(メディア)にも使って欲しくない」と、正式な引退表明は行わなかった。
村田はスーツ姿で5か月前に入団会見を行った同じホテルの同じ壇上に座った。
その表情は晴れやかとは言えない険しいものだった。
昨年10月13日に巨人を戦力外になった村田は、オフの間に他球団のオファーを待ったがなく、
今春から独立リーグでプレーしながら、NPBの復帰を待つという選択をした。
だが、大型補強の時代から若手育成に舵を切った球界トレンドの犠牲になり、
移籍期限が切れる運命の日にも電話はならなかった。
「NPBに帰るのであれば、僕の中での期限が、昨日。お誘いがなかったので、区切りをつけるために8月1日に会見を開くと決断した。

252名無しの与一 (ワッチョイ 47f6-Qng4)2018/10/05(金) 21:12:46.15ID:I2857aDx0
NPB復帰を目指して独立リーグのルートインBCリーグの栃木ゴールデンブレーブスでプレーしている
村田修一(37)が1日、栃木・小山市内のホテルで記者会見を行い、NPBへの挑戦をあきらめる決意と、
現役続行の考えがない、ことを明らかにした。
ただ「引退という言葉は使いたくないし、皆さん(メディア)にも使って欲しくない」と、正式な引退表明は行わなかった。
村田はスーツ姿で5か月前に入団会見を行った同じホテルの同じ壇上に座った。
その表情は晴れやかとは言えない険しいものだった。
昨年10月13日に巨人を戦力外になった村田は、オフの間に他球団のオファーを待ったがなく、
今春から独立リーグでプレーしながら、NPBの復帰を待つという選択をした。
だが、大型補強の時代から若手育成に舵を切った球界トレンドの犠牲になり、
移籍期限が切れる運命の日にも電話はならなかった。
「NPBに帰るのであれば、僕の中での期限が、昨日。お誘いがなかったので、区切りをつけるために8月1日に会見を開くと決断した。
★(結果を)受け止めて前へ進まないといつまでも後ろを向いていても自分のやってきた野球人生を否定することになる」
NPBへの決別の意味で7月31日の移籍期限の翌日に会見を設定したという。
「怪我したのも事実で、なかなかチームに貢献できなかったが、NPBに帰って野球ができる状態まできていたと思っている」
だが、このオフ、或いは、来年、もう一度,NPBを狙うという考えはもうない。
さらに1年待ったからと言って若手育成重視の各球団共通とも言える方針が劇的に変わるとは考えにくいからだろう。
「来年、復帰できるかも定かではない。確率の低いものを追いかけても次へ進めない。
(来シーズンの復帰をめざして)体制を整えることはない」
ハッキリとそう言った。
さらに「来年ユニホームを着て、どこかで野球を続けるのは考えにくい」と、
事実上、今季限りで現役引退する考えを明かしたが、
「今日、ここで引退の二文字は使いたくないし、皆さんにも使って欲しくない」と声のトーンを高めた。
9月9日にホームの小山運動公園野球場で行われる群馬ダイヤモンド・ペガサスとの最終戦まで
栃木で「チーム勝利のため全力でプレーする」村田にとって、
その2文字を口にするのは、最終戦が終わってから。
最後のワンアウトまで全力でプレーを続けるのが、村田の信念であり、
まだ試合が残っている段階で、引退の2文字を口にするのはチームメイトやファンへの失礼にあたる、
という村田の去り際の美学なのだろう。
そういう美学を村田に抱かせたのは、単身赴任で過ごした栃木の日々だ。
「NPBへ帰ることを考えてやってきたが、若い選手と一緒にプレーして野球の素晴らしさと、NPBとの違いを感じることができた、移動も大変。
NPBは3連戦が普通だが、ここはバスの移動がものすごく大変、若い人とともに移動して足腰が強くなったと思う(笑)」
純粋にNPBでのプレーを夢見て、独立リーグで戦う若い選手の姿に村田は新鮮な刺激を受けた。
横浜、巨人時代は、「僕もプロ。(若手が成長して)働き場がなくなると困るので、アドバイスは最低限に」という姿勢だったが、
栃木では、ほぼ兼任コーチとして若手に持ち得る知識を余すことなく伝え、選手の疑問や質問にも真剣に答えた。
「彼らは、本当に野球が好きだけど、野球をまだ勉強していない。教えてあげないと。コーチの肩書きはなかったが、辻監督と共にアドバイスを送った。
一緒に野球をやって新鮮なものがあった。僕はNPBに帰る可能性はなくなったが、彼らはドラフトにかかる可能性もある。一人でも多くNPBにいくことを望んでいる」
村田は、BCリーグでプレーする中でNPB復帰のためだけにという思いが薄れたという。
「試合を重ねながら、NPBにアピールするために野球をやる感じはなかった。栃木のファン、BCリーグファンのためにやった。
その姿を見て、感動してくれて、野球を好きになってもらい、村田みたいにと、目標になれるようなプレーをした。それは昔から変わらないが」
「小3から野球を30年間続けてきた、その集大成をみなさんにお見せしたい。体も万全の状態。いいパフォーマンスを最後まで見せたい」
男・村田は終わっていない。
「この時点で引退するという発言はない。最後まで野球をする。共に戦ってきたみんなのために最後まで」
だから引退の2文字を口にしたくはなかったのだ。
村田は、中日の松坂大輔から「まだやめて欲しくない」とエールを贈られたが、その数時間前に、彼も同じメッセージを松坂世代のリーダーに残していた。
「20年、大輔の背中を追いかけてきた。同級生とやれて幸せ。松坂達には長くプレーを続けて欲しい」
彼は「感謝こそあれ悔いはない」と言った。

253名無しの与一 (ワッチョイ 47f6-Qng4)2018/10/05(金) 21:13:01.57ID:I2857aDx0
NPB復帰を目指して独立リーグのルートインBCリーグの栃木ゴールデンブレーブスでプレーしている
村田修一(37)が1日、栃木・小山市内のホテルで記者会見を行い、NPBへの挑戦をあきらめる決意と、
現役続行の考えがない、ことを明らかにした。
ただ「引退という言葉は使いたくないし、皆さん(メディア)にも使って欲しくない」と、正式な引退表明は行わなかった。
村田はスーツ姿で5か月前に入団会見を行った同じホテルの同じ壇上に座った。
その表情は晴れやかとは言えない険しいものだった。
昨年10月13日に巨人を戦力外になった村田は、オフの間に他球団のオファーを待ったがなく、
今春から独立リーグでプレーしながら、NPBの復帰を待つという選択をした。
だが、大型補強の時代から若手育成に舵を切った球界トレンドの犠牲になり、
移籍期限が切れる運命の日にも電話はならなかった。
「NPBに帰るのであれば、僕の中での期限が、昨日。お誘いがなかったので、区切りをつけるために8月1日に会見を開くと決断した。

254名無しの与一 (ワッチョイ 47f6-Qng4)2018/10/05(金) 21:13:05.22ID:I2857aDx0
NPB復帰を目指して独立リーグのルートインBCリーグの栃木ゴールデンブレーブスでプレーしている
村田修一(37)が1日、栃木・小山市内のホテルで記者会見を行い、NPBへの挑戦をあきらめる決意と、
現役続行の考えがない、ことを明らかにした。
ただ「引退という言葉は使いたくないし、皆さん(メディア)にも使って欲しくない」と、正式な引退表明は行わなかった。
村田はスーツ姿で5か月前に入団会見を行った同じホテルの同じ壇上に座った。
その表情は晴れやかとは言えない険しいものだった。
昨年10月13日に巨人を戦力外になった村田は、オフの間に他球団のオファーを待ったがなく、
今春から独立リーグでプレーしながら、NPBの復帰を待つという選択をした。
だが、大型補強の時代から若手育成に舵を切った球界トレンドの犠牲になり、
移籍期限が切れる運命の日にも電話はならなかった。
「NPBに帰るのであれば、僕の中での期限が、昨日。お誘いがなかったので、区切りをつけるために8月1日に会見を開くと決断した。
★(結果を)受け止めて前へ進まないといつまでも後ろを向いていても自分のやってきた野球人生を否定することになる」
NPBへの決別の意味で7月31日の移籍期限の翌日に会見を設定したという。
「怪我したのも事実で、なかなかチームに貢献できなかったが、NPBに帰って野球ができる状態まできていたと思っている」
だが、このオフ、或いは、来年、もう一度,NPBを狙うという考えはもうない。
さらに1年待ったからと言って若手育成重視の各球団共通とも言える方針が劇的に変わるとは考えにくいからだろう。
「来年、復帰できるかも定かではない。確率の低いものを追いかけても次へ進めない。
(来シーズンの復帰をめざして)体制を整えることはない」
ハッキリとそう言った。
さらに「来年ユニホームを着て、どこかで野球を続けるのは考えにくい」と、
事実上、今季限りで現役引退する考えを明かしたが、
「今日、ここで引退の二文字は使いたくないし、皆さんにも使って欲しくない」と声のトーンを高めた。
9月9日にホームの小山運動公園野球場で行われる群馬ダイヤモンド・ペガサスとの最終戦まで
栃木で「チーム勝利のため全力でプレーする」村田にとって、
その2文字を口にするのは、最終戦が終わってから。
最後のワンアウトまで全力でプレーを続けるのが、村田の信念であり、
まだ試合が残っている段階で、引退の2文字を口にするのはチームメイトやファンへの失礼にあたる、
という村田の去り際の美学なのだろう。
そういう美学を村田に抱かせたのは、単身赴任で過ごした栃木の日々だ。
「NPBへ帰ることを考えてやってきたが、若い選手と一緒にプレーして野球の素晴らしさと、NPBとの違いを感じることができた、移動も大変。
NPBは3連戦が普通だが、ここはバスの移動がものすごく大変、若い人とともに移動して足腰が強くなったと思う(笑)」
純粋にNPBでのプレーを夢見て、独立リーグで戦う若い選手の姿に村田は新鮮な刺激を受けた。
横浜、巨人時代は、「僕もプロ。(若手が成長して)働き場がなくなると困るので、アドバイスは最低限に」という姿勢だったが、
栃木では、ほぼ兼任コーチとして若手に持ち得る知識を余すことなく伝え、選手の疑問や質問にも真剣に答えた。
「彼らは、本当に野球が好きだけど、野球をまだ勉強していない。教えてあげないと。コーチの肩書きはなかったが、辻監督と共にアドバイスを送った。
一緒に野球をやって新鮮なものがあった。僕はNPBに帰る可能性はなくなったが、彼らはドラフトにかかる可能性もある。一人でも多くNPBにいくことを望んでいる」
村田は、BCリーグでプレーする中でNPB復帰のためだけにという思いが薄れたという。
「試合を重ねながら、NPBにアピールするために野球をやる感じはなかった。栃木のファン、BCリーグファンのためにやった。
その姿を見て、感動してくれて、野球を好きになってもらい、村田みたいにと、目標になれるようなプレーをした。それは昔から変わらないが」
「小3から野球を30年間続けてきた、その集大成をみなさんにお見せしたい。体も万全の状態。いいパフォーマンスを最後まで見せたい」
男・村田は終わっていない。
「この時点で引退するという発言はない。最後まで野球をする。共に戦ってきたみんなのために最後まで」
だから引退の2文字を口にしたくはなかったのだ。
村田は、中日の松坂大輔から「まだやめて欲しくない」とエールを贈られたが、その数時間前に、彼も同じメッセージを松坂世代のリーダーに残していた。
「20年、大輔の背中を追いかけてきた。同級生とやれて幸せ。松坂達には長くプレーを続けて欲しい」
彼は「感謝こそあれ悔いはない」と言った。

255名無しの与一 (ワッチョイ 47f6-Qng4)2018/10/05(金) 21:13:20.46ID:I2857aDx0
NPB復帰を目指して独立リーグのルートインBCリーグの栃木ゴールデンブレーブスでプレーしている
村田修一(37)が1日、栃木・小山市内のホテルで記者会見を行い、NPBへの挑戦をあきらめる決意と、
現役続行の考えがない、ことを明らかにした。
ただ「引退という言葉は使いたくないし、皆さん(メディア)にも使って欲しくない」と、正式な引退表明は行わなかった。
村田はスーツ姿で5か月前に入団会見を行った同じホテルの同じ壇上に座った。
その表情は晴れやかとは言えない険しいものだった。
昨年10月13日に巨人を戦力外になった村田は、オフの間に他球団のオファーを待ったがなく、
今春から独立リーグでプレーしながら、NPBの復帰を待つという選択をした。
だが、大型補強の時代から若手育成に舵を切った球界トレンドの犠牲になり、
移籍期限が切れる運命の日にも電話はならなかった。
「NPBに帰るのであれば、僕の中での期限が、昨日。お誘いがなかったので、区切りをつけるために8月1日に会見を開くと決断した。

256名無しの与一 (ワッチョイ 47f6-Qng4)2018/10/05(金) 21:13:24.04ID:I2857aDx0
NPB復帰を目指して独立リーグのルートインBCリーグの栃木ゴールデンブレーブスでプレーしている
村田修一(37)が1日、栃木・小山市内のホテルで記者会見を行い、NPBへの挑戦をあきらめる決意と、
現役続行の考えがない、ことを明らかにした。
ただ「引退という言葉は使いたくないし、皆さん(メディア)にも使って欲しくない」と、正式な引退表明は行わなかった。
村田はスーツ姿で5か月前に入団会見を行った同じホテルの同じ壇上に座った。
その表情は晴れやかとは言えない険しいものだった。
昨年10月13日に巨人を戦力外になった村田は、オフの間に他球団のオファーを待ったがなく、
今春から独立リーグでプレーしながら、NPBの復帰を待つという選択をした。
だが、大型補強の時代から若手育成に舵を切った球界トレンドの犠牲になり、
移籍期限が切れる運命の日にも電話はならなかった。
「NPBに帰るのであれば、僕の中での期限が、昨日。お誘いがなかったので、区切りをつけるために8月1日に会見を開くと決断した。
★(結果を)受け止めて前へ進まないといつまでも後ろを向いていても自分のやってきた野球人生を否定することになる」
NPBへの決別の意味で7月31日の移籍期限の翌日に会見を設定したという。
「怪我したのも事実で、なかなかチームに貢献できなかったが、NPBに帰って野球ができる状態まできていたと思っている」
だが、このオフ、或いは、来年、もう一度,NPBを狙うという考えはもうない。
さらに1年待ったからと言って若手育成重視の各球団共通とも言える方針が劇的に変わるとは考えにくいからだろう。
「来年、復帰できるかも定かではない。確率の低いものを追いかけても次へ進めない。
(来シーズンの復帰をめざして)体制を整えることはない」
ハッキリとそう言った。
さらに「来年ユニホームを着て、どこかで野球を続けるのは考えにくい」と、
事実上、今季限りで現役引退する考えを明かしたが、
「今日、ここで引退の二文字は使いたくないし、皆さんにも使って欲しくない」と声のトーンを高めた。
9月9日にホームの小山運動公園野球場で行われる群馬ダイヤモンド・ペガサスとの最終戦まで
栃木で「チーム勝利のため全力でプレーする」村田にとって、
その2文字を口にするのは、最終戦が終わってから。
最後のワンアウトまで全力でプレーを続けるのが、村田の信念であり、
まだ試合が残っている段階で、引退の2文字を口にするのはチームメイトやファンへの失礼にあたる、
という村田の去り際の美学なのだろう。
そういう美学を村田に抱かせたのは、単身赴任で過ごした栃木の日々だ。
「NPBへ帰ることを考えてやってきたが、若い選手と一緒にプレーして野球の素晴らしさと、NPBとの違いを感じることができた、移動も大変。
NPBは3連戦が普通だが、ここはバスの移動がものすごく大変、若い人とともに移動して足腰が強くなったと思う(笑)」
純粋にNPBでのプレーを夢見て、独立リーグで戦う若い選手の姿に村田は新鮮な刺激を受けた。
横浜、巨人時代は、「僕もプロ。(若手が成長して)働き場がなくなると困るので、アドバイスは最低限に」という姿勢だったが、
栃木では、ほぼ兼任コーチとして若手に持ち得る知識を余すことなく伝え、選手の疑問や質問にも真剣に答えた。
「彼らは、本当に野球が好きだけど、野球をまだ勉強していない。教えてあげないと。コーチの肩書きはなかったが、辻監督と共にアドバイスを送った。
一緒に野球をやって新鮮なものがあった。僕はNPBに帰る可能性はなくなったが、彼らはドラフトにかかる可能性もある。一人でも多くNPBにいくことを望んでいる」
村田は、BCリーグでプレーする中でNPB復帰のためだけにという思いが薄れたという。
「試合を重ねながら、NPBにアピールするために野球をやる感じはなかった。栃木のファン、BCリーグファンのためにやった。
その姿を見て、感動してくれて、野球を好きになってもらい、村田みたいにと、目標になれるようなプレーをした。それは昔から変わらないが」
「小3から野球を30年間続けてきた、その集大成をみなさんにお見せしたい。体も万全の状態。いいパフォーマンスを最後まで見せたい」
男・村田は終わっていない。
「この時点で引退するという発言はない。最後まで野球をする。共に戦ってきたみんなのために最後まで」
だから引退の2文字を口にしたくはなかったのだ。
村田は、中日の松坂大輔から「まだやめて欲しくない」とエールを贈られたが、その数時間前に、彼も同じメッセージを松坂世代のリーダーに残していた。
「20年、大輔の背中を追いかけてきた。同級生とやれて幸せ。松坂達には長くプレーを続けて欲しい」
彼は「感謝こそあれ悔いはない」と言った。

257名無しの与一 (ワッチョイ 47f6-Qng4)2018/10/05(金) 21:13:39.22ID:I2857aDx0
NPB復帰を目指して独立リーグのルートインBCリーグの栃木ゴールデンブレーブスでプレーしている
村田修一(37)が1日、栃木・小山市内のホテルで記者会見を行い、NPBへの挑戦をあきらめる決意と、
現役続行の考えがない、ことを明らかにした。
ただ「引退という言葉は使いたくないし、皆さん(メディア)にも使って欲しくない」と、正式な引退表明は行わなかった。
村田はスーツ姿で5か月前に入団会見を行った同じホテルの同じ壇上に座った。
その表情は晴れやかとは言えない険しいものだった。
昨年10月13日に巨人を戦力外になった村田は、オフの間に他球団のオファーを待ったがなく、
今春から独立リーグでプレーしながら、NPBの復帰を待つという選択をした。
だが、大型補強の時代から若手育成に舵を切った球界トレンドの犠牲になり、
移籍期限が切れる運命の日にも電話はならなかった。
「NPBに帰るのであれば、僕の中での期限が、昨日。お誘いがなかったので、区切りをつけるために8月1日に会見を開くと決断した。
★(結果を)受け止めて前へ進まないといつまでも後ろを向いていても自分のやってきた野球人生を否定することになる」
NPBへの決別の意味で7月31日の移籍期限の翌日に会見を設定したという。
「怪我したのも事実で、なかなかチームに貢献できなかったが、NPBに帰って野球ができる状態まできていたと思っている」
だが、このオフ、或いは、来年、もう一度,NPBを狙うという考えはもうない。
さらに1年待ったからと言って若手育成重視の各球団共通とも言える方針が劇的に変わるとは考えにくいからだろう。
「来年、復帰できるかも定かではない。確率の低いものを追いかけても次へ進めない。
(来シーズンの復帰をめざして)体制を整えることはない」
ハッキリとそう言った。
さらに「来年ユニホームを着て、どこかで野球を続けるのは考えにくい」と、
事実上、今季限りで現役引退する考えを明かしたが、
「今日、ここで引退の二文字は使いたくないし、皆さんにも使って欲しくない」と声のトーンを高めた。
9月9日にホームの小山運動公園野球場で行われる群馬ダイヤモンド・ペガサスとの最終戦まで
栃木で「チーム勝利のため全力でプレーする」村田にとって、
その2文字を口にするのは、最終戦が終わってから。
最後のワンアウトまで全力でプレーを続けるのが、村田の信念であり、
まだ試合が残っている段階で、引退の2文字を口にするのはチームメイトやファンへの失礼にあたる、
という村田の去り際の美学なのだろう。
そういう美学を村田に抱かせたのは、単身赴任で過ごした栃木の日々だ。
「NPBへ帰ることを考えてやってきたが、若い選手と一緒にプレーして野球の素晴らしさと、NPBとの違いを感じることができた、移動も大変。
NPBは3連戦が普通だが、ここはバスの移動がものすごく大変、若い人とともに移動して足腰が強くなったと思う(笑)」
純粋にNPBでのプレーを夢見て、独立リーグで戦う若い選手の姿に村田は新鮮な刺激を受けた。
横浜、巨人時代は、「僕もプロ。(若手が成長して)働き場がなくなると困るので、アドバイスは最低限に」という姿勢だったが、
栃木では、ほぼ兼任コーチとして若手に持ち得る知識を余すことなく伝え、選手の疑問や質問にも真剣に答えた。
「彼らは、本当に野球が好きだけど、野球をまだ勉強していない。教えてあげないと。コーチの肩書きはなかったが、辻監督と共にアドバイスを送った。
一緒に野球をやって新鮮なものがあった。僕はNPBに帰る可能性はなくなったが、彼らはドラフトにかかる可能性もある。一人でも多くNPBにいくことを望んでいる」
村田は、BCリーグでプレーする中でNPB復帰のためだけにという思いが薄れたという。
「試合を重ねながら、NPBにアピールするために野球をやる感じはなかった。栃木のファン、BCリーグファンのためにやった。
その姿を見て、感動してくれて、野球を好きになってもらい、村田みたいにと、目標になれるようなプレーをした。それは昔から変わらないが」
「小3から野球を30年間続けてきた、その集大成をみなさんにお見せしたい。体も万全の状態。いいパフォーマンスを最後まで見せたい」
男・村田は終わっていない。
「この時点で引退するという発言はない。最後まで野球をする。共に戦ってきたみんなのために最後まで」
だから引退の2文字を口にしたくはなかったのだ。
村田は、中日の松坂大輔から「まだやめて欲しくない」とエールを贈られたが、その数時間前に、彼も同じメッセージを松坂世代のリーダーに残していた。
「20年、大輔の背中を追いかけてきた。同級生とやれて幸せ。松坂達には長くプレーを続けて欲しい」
彼は「感謝こそあれ悔いはない」と言った。

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています