世界の甲冑武器術・柔術 [転載禁止]©2ch.net

1某研究者2015/03/11(水) 15:19:00.50ID:BDsSA2a40
日本や西欧に拘らず
世界で使用された甲冑を装備して行う武器術・柔術に関して
議論や情報提供をして貰いたい訳だが

2某研究者2015/03/11(水) 15:23:46.36ID:BDsSA2a40
柳生心眼流甲冑兵法
http://www.nihonkobudokyoukai.org/martialarts/068/
>柳生心眼流兵術初意位、柳生心眼流兵術中意位、柳生心眼流兵法甲冑免許、柳生心眼流兵法小具足免許、題柳生心眼流兵法書、柳生心眼流兵法五行伝、九字十字之巻、柳生心眼流兵法龍之巻虎之巻、天長地久巻、柳生心眼流兵法総之巻、ほか。

上の伝書は全て甲冑組討術が載っているのかどうかだが

3某研究者2015/03/11(水) 15:36:00.82ID:BDsSA2a40
起倒流
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%B5%B7%E5%80%92%E6%B5%81
>技術的特徴として、技は鎧組討で用いるための投げ技が中心である。
>伝承の中心は『人巻』の中の表十四本裏七本の鎧組討を想定した形であり、そのほとんどが最後に捨て身技(分れ)か自分の片膝を地面に着けて(片膝を折敷いて)相手を後ろに倒すかで表される。

>また、水野忠通『柔道秘録』によれば、甲冑を実際に身に着けて行なう組討の形が五つあり、相手を組み敷き短刀で首を取る形や組み敷かれた時に短刀で反撃する方法の伝承もあったことがわかる。

組み敷かれた時に短刀で反撃と言うのは
西欧の甲冑柔術には無かったと言う事だっただろうか

4某研究者2015/03/11(水) 15:48:58.52ID:BDsSA2a40
九鬼神伝流 鎧組討・半棒術・仕込杖
https://www.youtube.com/watch?v=Rr7-PKJN2Dg
http://www.queststation.com/products/DVD/SPD-7031.html
折れた槍での戦闘を想定してか鎧装備の半棒術も有るが
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B9%9D%E9%AC%BC%E7%A5%9E%E4%BC%9D%E6%B5%81
此れは上を見る限り古い物なのかどうかだが

5某研究者2015/03/11(水) 16:04:28.84ID:BDsSA2a40
http://shinobinoshu.the-ninja.jp/kojutsu.html
>帰農した百姓の家守の芸として考案されたため、武家の武術とは一線を画した特殊なものになっています。殊に薙鎌とよばれる草刈鎌の術、二丁鎌・出刃包丁の類を使った双手鎌術等、江戸期の農民が生活用具として所持していた得物を巧妙に使うところに特色があります。

足軽がこの様な物を使用した可能性はどうなのかだが

6某研究者2015/03/17(火) 12:31:08.30ID:PgDuwJq70
筋力を増やしてもスピードはある時点迄しか増えず
下手をすると低下する可能性も有るだろうが
スピードが最大値と成る程度の筋力が有る者が
敵の武器よりスピードが低下しない範囲で
重い武器を装備するのは合理的なのかどうかだが

7某研究者2015/03/18(水) 15:09:14.85ID:SrfLFfkN0
ハルバードも通常の腕力では
騎馬武者の素槍のスピードに対抗は可能なのかだが

8某研究者2015/03/18(水) 15:17:29.55ID:SrfLFfkN0
ハルバード兵も騎馬武者の十文字槍で装甲の無い脚や腕等を突き斬られて
瞬殺される可能性も有るのかだが
ツヴァイハンダーも重い訳だろうし
騎馬武者の槍を容易に切断とは行くのかだが
スイスのバスタードソードならどうなのかだが
通常の2mも無い様なハルバードのリーチでは
刀を持つ徒武者の踏み込みにも対抗可能なのかだが
足軽の刀や槍では対抗困難な可能性も有るのかだが
雑魚兵では無い弓足軽や精鋭鉄砲射手ならどうなのかだが

9某研究者2015/03/18(水) 15:38:24.89ID:SrfLFfkN0
スイスのバスタードソードを使用して槍を斬る兵は
photozou.jp/photo/show/1849954/212201234
上の様に装甲はほぼ無いから
足軽の槍は兎も角騎馬武者の槍は斬れるのかどうかだが

10某研究者2015/03/18(水) 16:39:55.09ID:SrfLFfkN0
http://world4.eu/renaissance-german-lance-soldiers-costumes/
妙に巨大なハルバードが有るが
此れは実戦用なのかどうかだが

11某研究者2015/03/21(土) 09:12:38.27ID:kzN9vADw0
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%A7%E7%9F%B3%E7%A8%AE%E6%AC%A1
大石種次は約161cmの竹刀の片手突きで白井亨以外には勝利したと言うが
此れはポーランドの長い片手剣を使う剣術に似ているが
甲冑相手には何処迄有効だったのかだが 
胸甲や兜以外は打撃を与えられたのかだが

ja.wikipedia.org/wiki/%E7%99%BD%E4%BA%95%E4%BA%A8
白井亨は60cm以下の片手打用の竹刀で大石の161cmの竹刀に勝利したのかだが
此れは具足相手でも兜・胴以外に有効なのかどうかだが

白井亨・大石種次が竹刀で園部秀夫の薙刀と対戦したら何れが勝つのかどうかだが
槍にも果たして勝てるのかどうかだが

12某研究者2015/03/21(土) 15:56:50.03ID:kzN9vADw0
白井亨の様に短い剣を主武器として使用する兵と言えば
ローマ兵やロデレロが有るが
彼等も盾は装備した方が強いのかどうかだが
騎兵で短剣のみ使用と言うのは見ない訳だろうか

13某研究者2015/03/21(土) 16:03:54.12ID:kzN9vADw0
ローマ騎兵も剣はグラディウスより長いスパタだろうが
騎乗した状態では長い剣で無いと
相手に届き難いからなのかだが
馬上組討では短い剣が使用される例も有る訳だろうか

14某研究者2015/03/22(日) 13:45:02.48ID:cDBnp4il0
グラディウス
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B0%E3%83%A9%E3%83%87%E3%82%A3%E3%82%A6%E3%82%B9_(%E6%AD%A6%E5%99%A8)
>材質には、銑鉄と軟鉄が交ざった状態の合金鉄材を使用し、両方の優れた特性を得て、それ以前の同サイズの鉄剣と比べ破損しにくく切れ味が向上した。

此れは刃だけ強く焼入れした
日本刀に似た構造なのかどうかだが

>スペイン式の剣が死体にどれほどの傷を負わせたかをマケドニア軍が見たときに、彼らを襲った戦意喪失について記している。多くの場合、剣は四肢を切り離し、死体の首をはねた。

グラディウスの様な片手小剣でも
この様な威力が有るのかだが

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%AD%E6%9D%A1%E6%B5%81
小太刀術の有る中条流は14世紀から有る様だが
戦場で槍や薙刀に対して
小太刀でのみ戦っていた者は居るのかどうかだが

15某研究者2015/03/22(日) 13:51:21.75ID:cDBnp4il0
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%9C%92%E9%83%A8%E7%A7%80%E9%9B%84
園部秀夫も薙刀で槍に勝っているが
現実の薙刀は茎や刃の長さを考えると試合用の薙刀より可成り重いかも知れぬし
槍のスピードに対抗出来ぬ可能性も有るのかだが

16名無しさん@一本勝ち2015/03/22(日) 18:39:32.76ID:d1CQMWt4O
>>15
園部さんとは別の薙刀の先生は雑誌のインタビューで
「薙刀の天敵は槍」みたいに言ってた記憶がある。

やはり武器としては槍>薙刀ではないかと思われます。

17某研究者2015/03/24(火) 09:26:45.76ID:4ykOApQG0
>>16
矢張り先端の重量も重くリーチもやや短いのでは
同じ腕力で繰り出される槍の攻撃を防ぐ事は困難である訳だろうか

18某研究者2015/03/24(火) 09:27:41.43ID:4ykOApQG0
http://page17.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/v394665382?al=13
上の槍の様に太刀打の長さが茎の倍程度有る槍も有るが
太刀打の茎の無い部分の打撃力はどうなのかだが

19某研究者2015/03/24(火) 09:39:42.70ID:4ykOApQG0
日本の槍も小札鎧相手には鎧の上から突いていた可能性も有るのかだが
薄い足軽胴や騎馬武者の草摺・佩楯に対しても同様の可能性は無いのかだが
管槍や大身槍は騎馬武者の厚目の胸甲に対しても突いていた可能性も有るのかだが

20某研究者2015/03/24(火) 09:57:34.48ID:4ykOApQG0
http://www.mirai.ne.jp/~wakita/simadu/simazu.htm
島津豊久の鎧には槍の跡が有るが
隙間を狙った物が外れた訳では無く
小札部分を狙って突いた物と言う事だろうか
(丁番が無い所を見ると此れは最上胴では無く
 小札を使用した胴丸である訳だろうか)

21某研究者2015/03/24(火) 10:20:15.44ID:4ykOApQG0
●善●時代・鉄地黒漆塗鎖籠手・佩楯・二具
http://page11.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/n147653754
裏籠手は下腕部の後部だけ総鎖が有る見ないタイプだが
前部を総鎖とした方が防御力は向上しないのかだが
其の場合の動作性はどうなのかだが

22某研究者2015/03/26(木) 13:25:06.61ID:9meGPnLi0
越中具足の佩楯は多数の鉄篠が入るから
打撃に対する防御力は通常の鎖や皮の佩楯より向上していると言う事かも知れぬが
どの程度使われたのかだが
此れには鎖や篠の無い隙間が有るから刀や槍の突きで
可成りやられていた可能性も有るのかどうかだが

23某研究者2015/03/29(日) 10:48:02.40ID:oYTf+v/d0
戦国期で左右非対称の籠手・佩楯・脛当を装備していた例は有るのかどうかだが
今の所全く見ない訳だが

24某研究者2015/03/29(日) 19:33:37.88ID:oYTf+v/d0
短刀の抜刀術と言うのは果たして何処迄使われたのかだが
1刀から二刀への短刀の抜刀術を用いての移行と言うのは有ったのかどうかだが

25某研究者2015/04/01(水) 12:02:16.78ID:+fv9cwvY0
*諸刃の男持、大薙刀52.5センチ・拵え付・研ぎ身・武具*
http://page6.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/f151960389

先端部が両刃の薙刀は他に見ないが
先端部の耐久性はどうなのかだが

26某研究者2015/04/01(水) 20:12:28.21ID:+fv9cwvY0
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BA%8C%E5%88%80%E6%B5%81
>珍しいものでは二振りの脇差を使う、二刀小太刀術(柳生心眼流、天道流など) 

此れは大石進を破った白井亨等の一刀小太刀術より
必ずしも強いのかだが

27某研究者2015/04/02(木) 11:09:41.58ID:loSLNJRN0
脇差が出る前は此れより短い短刀の一刀・二刀流が有ったのかだが
此れで刀や槍に対抗するのは果たして可能なのかだが

28某研究者2015/04/02(木) 11:29:37.41ID:loSLNJRN0
黒田鉄山先生 小太刀
Tetsuzan Kuroda: https://youtu.be/bmhqnW2YrDU

小太刀もこのスピードなら
大石進等もやられると言う事なのかだが

29某研究者2015/04/02(木) 12:50:47.31ID:loSLNJRN0
二刀小太刀術の基本の構えが分からないが
http://musashikai.jp/content03/page01.html
上の二天一流の中段の構えに似ているのかどうかだが

30某研究者2015/04/02(木) 16:46:31.55ID:loSLNJRN0
小太刀術も介者剣術の場合は
構えが低く成ると言う事なのかだが

31名無しさん@一本勝ち2015/04/02(木) 20:41:38.37ID:Fc8fVXPWO
>>30
軍事板のミサイルスレにいる人と同一人?

32某研究者2015/04/02(木) 20:50:56.18ID:loSLNJRN0
>>31
其の通りだが
熟練者の小太刀術が一番強いとしても雑魚兵が小太刀と大刀で戦ったら
後者が勝つ可能性も高いのかどうかだが

33某研究者2015/04/03(金) 20:18:47.86ID:KhPUgEmu0
介者剣術だと組討に持ち込まれた際に倒されぬ様に
低く構えていると言う事だったかも知れぬが
素肌剣術でも組討有りなら低く構える必要は無いのかどうかだが

34某研究者2015/04/04(土) 08:09:06.05ID:YyQkCvck0
小太刀術で示現流の斬撃や
管槍の突きを回避出来るのかどうかだが

35某研究者2015/04/04(土) 19:26:49.24ID:YyQkCvck0
小太刀術では 騎乗している馬を狙われると防護出来ない訳だろうし
足軽等の馬を狙って来る相手には
小太刀術を使用する者も槍を使用した可能性も有るのかだが

36某研究者2015/04/05(日) 14:29:51.98ID:n9ab9wRa0
https://twitter.com/inuchochin/status/556001902605783040
上の二刀流は長刀二刀を使用する物なのかだが
剣道の剣術では無いから組討を意識して半身で姿勢は低いのかだが

37某研究者2015/04/05(日) 14:40:59.32ID:n9ab9wRa0
組討有りの剣術の脚の構えは
http://www.kogatoshihiko.jp/yawara_004.htm
上の右自護体と同様なのかだが

38某研究者2015/04/05(日) 14:45:22.43ID:n9ab9wRa0
現実の槍術も2.7m程度の騎馬武者用槍を使用するなら
間合いは1.4m程度しか無いから組討を想定して
組討を想定した剣術同様に低く構えて居る可能性も有るのかだが
此れは柔道のhttp://www.kogatoshihiko.jp/yawara_004.htm
上の左自護体と同様なのかだが

39某研究者2015/04/05(日) 15:15:30.93ID:n9ab9wRa0
http://park1.aeonnet.ne.jp/~yari-iai/index.htm
上の佐分利流槍術の槍は騎馬武者の槍と同様の九尺(約2.7m)であるから
基本的に騎馬武者用の槍術と言う事なのかだが
https://www.youtube.com/watch?v=6mFtmNMJ6zY
上を見ると組討を想定してか可成り低い構えである訳だが

40某研究者2015/04/07(火) 19:25:10.30ID:J3GO93+W0
一名で多人数と同時に戦うには小太刀術より槍術が有効と言う事は無いのかだろうし
小太刀術だけ出来ても戦場では通用するのかどうかだが

41某研究者2015/04/09(木) 14:45:44.82ID:G29IKVaT0
photozou.jp/photo/show/1849954/221016446
此の兜は槍が鍬形台の背後の眉庇迄貫通していると言うが
通常の突きで其処迄貫通するのかだが
兜上部にも刀でやられた傷が有る様だが
着用者は出血しているが死亡していないと言う見方の様だが

42某研究者2015/04/10(金) 13:54:16.42ID:DjqbNczQ0
根飛・微塵の二刀流と言うのは果たして有るのかどうかだが
有ったとしても防御面に問題は出ないのかだが

43某研究者2015/04/10(金) 13:55:26.97ID:DjqbNczQ0
鎖分銅・根飛・微塵単体でも防御には問題が出る可能性も有るだろうが
此れ等が刀等と併用された可能性は有るのかだが

44某研究者2015/04/10(金) 18:02:46.63ID:DjqbNczQ0
根飛・微塵も攻撃は片手だが
ディフェンスは両手で分銅鎖の様にやると言う可能性も有るのかだが

45某研究者2015/04/16(木) 14:23:32.73ID:WLzLANIf0
剣道では兎も角
組討有りなら白井亨の小太刀術が一番強いのかどうかだが

46某研究者2015/04/16(木) 14:54:04.82ID:WLzLANIf0
富田勢源と白井亨の小太刀術は前者の方が上なのかだが
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%AF%8C%E7%94%B0%E9%87%8D%E6%94%BF
上の中条流の冨田重政は戦場で小太刀術を使用した可能性は有るのかだが

47某研究者2015/04/20(月) 19:42:39.48ID:wV8C9pXy0
http://blog.livedoor.jp/foufif/archives/35152553.html
>思うけど幕末期の剣士が一番強いと思う 日常的に刀で戦ってた訳だし   

剣だけなら此れのみを鍛えた幕末の剣士は戦国期の者より強いのかだが
卜伝や武蔵等も槍は訓練して居たのかどうかだが

48名無しさん@一本勝ち2015/04/21(火) 10:52:43.11ID:/8drQ3dJ0
某研究者は先端科学技術大学院大学の学生が作った人工無能です。
ネット上のリソースからレスを自動生成してるんです。
このスレで人間が入力したのは、なんとスレタイと>>31の本文・メール欄と当レスだけ!
>>31のメール欄すら、クッキーに残ってただけなら人が入力したとは言わんけどな。
俺がどうしてこんな事知ってるかというと、俺も某研究者開発プロジェクトの学生の一人も同じ光優会OBだからです。
某研究者はゴミAIです。
何世代も前からプロトタイピングを繰り返してますが、いまだに仕様が変わっていません。
そのうちウィキ系の自動生成の変なジョークコンテンツに追い抜かれると思います。

49某研究者2015/04/22(水) 18:03:10.02ID:1A37Ey5O0
打刀や脇差だけでは無く
古い太刀や短刀の抜刀術と言うのも恐らく有るだろうが
太刀は打刀より高速な抜刀は可能なのかだが
天神差しの打刀は太刀と抜刀速度は大差無い可能性も有るのかだが

50某研究者2015/04/22(水) 18:03:56.40ID:1A37Ey5O0
二刀小太刀術の小太刀の装備位置だが
片方は脇差の位置に装備し
もう片方は通常の打刀の位置に差すのかどうかだが
騎馬武者の場合は此れは天神差しに成るのかだが

51某研究者2015/04/22(水) 18:27:18.94ID:1A37Ey5O0
http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1302763/1
月岡芳年も漫画的な構図が多いと言うが
左は現実の薙刀術・剣術に基づいた構図なのかどうかだが

52某研究者2015/04/22(水) 22:14:45.01ID:1A37Ey5O0
60cmの片手持ち小太刀では
70cm程度の両手持ち打刀より剣速は遅いかも知れぬが
組討の優位等で勝てるのかどうかだが

53某研究者2015/04/23(木) 14:32:59.71ID:YSQgsMMY0
戦場では鎖鎌の分銅を横方向に回転させるスペースは無いと言う事かも知れぬが
縦方向に回転する分銅でも
https://www.youtube.com/watch?v=NPSm_Sf3F94
上を見る限り敵の剣は拘束出来る様だが
槍は拘束出来るのかどうかだが

54某研究者2015/04/23(木) 15:51:37.30ID:YSQgsMMY0
http://japanbujut.exblog.jp/23374983/
>最近の古流の多くは古伝の趣を失い、みな全剣連剣道形と同じ高腰構えになってしまったのは何とも残念である。  

http://dailynewsagency.com/2012/06/12/manuel-de-combat-a-lepee-1500-wwz/
上のドイツ剣術の構えも必ずしも高く無いが
組討には強いのかだが

55某研究者2015/04/23(木) 16:06:09.68ID:YSQgsMMY0
http://blogs.yahoo.co.jp/mokunosuke01/12659643.html
>戦場では全員重く頑丈な鎧を着ている。小手先の剣は一切通用しない。鎧がはね返してくれる。だから防備は
>鎧に委せ、ひたすら攻撃に専念すればいい。疾走で勢いをつけ、出来る限りの早さで剣を振るう。なるべく鎧に
>蔽われていない部分に打ちおろす。斬り損じても体当たりで相手をはねとばせばいい。 そのために疾走するの
>である。

等と有るし
疾走しながら剣を振るう描写は長谷堂合戦図等に確かに有る様に見えるが
組討で走るのは果たして有効なのかだが

56某研究者2015/04/23(木) 16:26:28.81ID:YSQgsMMY0
http://webarchives.tnm.jp/imgsearch/show/C0090835
上の十二類合戦絵巻や
http://www.yvc.or.jp/gallery.html
上の長谷堂合戦図の様に
刀だけでは無く槍や薙刀も疾走しながら
使用されて居たのかどうかだが

57某研究者2015/04/23(木) 16:41:34.45ID:YSQgsMMY0
https://twitter.com/boukenkyuu/status/591144594244378624
此れは長谷堂合戦図の一部だが
双方共走りながら槍や刀を振るっているのかだが
そうでは無い構図も多いし
互いに走りながらの攻撃は最初の1回だけと言う可能性も有るのかだが

58某研究者2015/04/23(木) 20:40:08.17ID:YSQgsMMY0
30cmの短い分銅鎖も有る様だが
此れは持つ部分を考えると実質20cm程度では無いのかだが
鎖鎌の鎖で20cmの物は有るのかどうかだが

59某研究者2015/04/24(金) 17:27:09.83ID:of8psm4l0
http://photozou.jp/photo/show/1849954/221614189
此れは一部文字が見えないが
2の千段巻部分の胴金は太刀を受けた際の滑り止め等と有るが
槍の胴金も同様の事を意図して居るのかどうかだが
西欧の武器で同様の事を考慮した物は有るのかどうかだが

60名無しさん@一本勝ち2015/04/24(金) 19:42:16.59ID:InXu77Zt0
>>48
某研究者が>48に全く反応してない。
どうやら、それ本当だな。

生駒の奈良先端科学技術大学院大学か?
2chに自動投稿する機能の方を商品化した方が良いと忠告してあげなされ。

61某研究者2015/04/27(月) 17:13:17.28ID:gsVhJcHh0
鎖鎌や分銅鎖で自己の武器を拘束された後
別の武器を使うか組討に移行して勝利した例と言うのは有るのかどうかだが

62某研究者2015/04/28(火) 08:13:17.41ID:2ZW9B9jN0
パワーをスピードが最大限と成るレベル迄増して
軽い武器を使うと言うのが
一番強いと言う事なのかどうかだが

63某研究者2015/04/28(火) 08:14:05.98ID:2ZW9B9jN0
スピードを最大限増してもテクニックが無ければ
遅い者に敗れる可能性は有る訳だろうか

64某研究者2015/04/28(火) 13:03:14.62ID:2ZW9B9jN0
装甲は熱が溜まる問題も有るから
放熱を考慮した物を装備する方が強いのかどうかだが
武器は此れを打ち破れる物か
隙間を狙う物どちらが有利なのかどうかだが

65某研究者2015/04/29(水) 15:16:28.95ID:HqH+Jxys0
足軽の長柄槍に対抗するには騎馬武者の短い槍よりは
刀で柄を斬る方が有効の可能性は無いのかだが
騎馬武者の槍で薙ぎ払って突入した方が良い可能性も有るのかだが
西欧でもツヴァイハンダーやバスタードソードでの槍切断より
ハルバードで槍を薙ぎ払っての突入の方が
17世紀では有効と見たと言う可能性も有るのかだが

66某研究者2015/04/29(水) 15:17:41.58ID:HqH+Jxys0
騎馬武者と長柄足軽ではパワーや反応速度の差も有る訳だろうし
長柄足軽が多少多く共騎馬武者は下馬し騎槍で長柄槍を払って
突入していた可能性も有るのかだが
ハルバードは重く槍を払うには適さない可能性も有るのかどうかだが

67某研究者2015/04/29(水) 15:25:52.74ID:HqH+Jxys0
ランスを持つ14−16世紀の下馬騎士と
騎槍を持つ下馬した騎馬武者が戦えば何れが勝つのかだが
ランスの方がリーチは長いのかも知れぬが
槍の操作性や鎧の放熱性の差で騎馬武者が勝つ可能性も有るのかだが

68某研究者2015/04/29(水) 16:39:36.56ID:HqH+Jxys0
一心流長柄鎖鎌
https://youtu.be/NjJPivqQfxY
他に見ない長柄鎖鎌の動画だが
柄の反応性は槍より低下して居るのかどうかだが

69某研究者2015/04/29(水) 16:57:50.43ID:HqH+Jxys0
正木流鎖鎌術
https://youtu.be/wGdthxPvR_E

鎖鎌もこの動画の様に頂部に鎖が付いている方が
ディフェンスはし易い様に見えるが
攻撃はどうなのかだが

70某研究者2015/04/29(水) 17:24:20.77ID:HqH+Jxys0
鎖鎌の鎖も必ずしも太く無いが
実戦での切断と言うのは有ったのかだが

71某研究者2015/04/30(木) 10:09:34.24ID:48za6hRs0
無敵艦隊も同時代の日本の船に
大鉄砲・大筒でアウトレンジされる可能性も有るだろうが
白兵戦では何れが強いのかだが
スペイン軍は海上戦でもパイク兵が主体だったのかどうかだが
日本側はどうなのかだが
騎兵槍を持つ騎馬武者が戦闘の主体なら
スペインで1対1でまともな白兵戦が出来るのは
極一部の重騎兵とハルバード兵だけで
ピストル騎兵は剣もまともに使えたのかどうかだが

72某研究者2015/04/30(木) 10:19:29.05ID:48za6hRs0
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AC%E3%83%91%E3%83%B3%E3%83%88%E3%81%AE%E6%B5%B7%E6%88%A6#.E6.88.A6.E9.97.98.E3.81.AE.E7.B5.8C.E9.81.8E
>一方のオスマン艦隊のシロッコも槍に胸を貫かれ戦死した。 

此れはパイク或いはハルバードでやられたのかだが
少数のラーンサの騎兵槍でやられた可能性も有るのかだが

73某研究者2015/04/30(木) 10:27:24.50ID:48za6hRs0
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%86%E3%83%AB%E3%82%B7%E3%82%AA#.E7.B7.A8.E6.88.90
テルシオのハルバードを持つ士官は
最大でも1/20程度と言う事かも知れぬし
日本側の騎馬武者と同等程度有るかも知れぬが
騎馬武者程の集中運用はされて居るのかどうかだが

74某研究者2015/04/30(木) 10:29:22.37ID:48za6hRs0
集中運用されて居る士大将の護衛の徒武者でも
ハルバード兵には対抗可能かも知れぬが
槍騎兵ラーンサ相手にはどうなのかだが
ラーンサは16世紀末では非常に数は少ない訳だろうか

75某研究者2015/04/30(木) 10:50:15.96ID:48za6hRs0
>テルシオのハルバードを持つ士官は
>最大でも1/20程度と言う事かも知れぬし

オランダ式大隊でもハルバード兵は2%しか居ないし
テルシオのハルバード兵は此れより少ないかも知れぬが
此れでは備の1割居る騎馬武者に対抗は出来ない訳だろうが
スウェーデン式大隊ではハルバードを持つ士官は1割を超えている訳だろうか

76某研究者2015/04/30(木) 14:19:00.00ID:48za6hRs0
スウェーデン式大隊のハルバード兵も集中運用されて居ないから
比率は同等としても騎馬武者には対抗出来ぬ可能性も有る訳だろうが
スウェーデン式大隊の騎兵は白兵戦能力は有り集中運用されて居るが
槍も無く装甲は余り無い訳だろうし数はどうなのかだが

77某研究者2015/05/01(金) 18:27:36.74ID:YetvPCDX0
介者剣術も鎧で防御可能な攻撃は鎧で受けると言うが
一部の板金の胴や籠手以外では何処迄攻撃を受けられるのかどうかだが
西欧甲冑では安全に受けられる面は増すだろうが
攻撃は態と受けていたのかどうかだが

78某研究者2015/05/02(土) 14:49:25.48ID:qhPyDNX+0
十文字槍 越後守藤原正国 拵全長2メートル
http://page18.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/w119825866

この構造は実用性は有るのかだが
鍵が先端付近に有るのは
この様な短い槍に限定されると言う可能性も有るのかだが

79名無しさん@一本勝ち2015/05/02(土) 16:21:45.62ID:Az6LNWFE0
自分世界の武術に興味があるため、毎回ここで勉強させていただいてます。ありがとうございます。

80某研究者2015/05/04(月) 09:26:31.42ID:EI3oxlO60
槍も太刀打で殴ると目釘部分で折れると言う記述も有るが
此れはどの様な頻度で起こるのかだが

81名無しさん@一本勝ち2015/05/04(月) 10:26:42.71ID:8OCGnehR0
野口一成
http://iiwarui.blog90.fc2.com/blog-entry-969.html
ほんまにいたんかね?
戦場なら技術より戦法?

82某研究者2015/05/04(月) 15:29:28.10ID:EI3oxlO60
photozou.jp/photo/show/1849954/101075280
上に有る様な大太刀も
photozou.jp/photo/show/1849954/202125062
上を見る限り馬上では片手で使用された例も有るのかどうかだが
刃長2m等の物はどうなのかだが

83某研究者2015/05/04(月) 15:34:21.40ID:EI3oxlO60
>野口一成は自分の屋敷に兵法家を招くと、具足櫃の中からある物を取り出してみせた。
>左手に嵌める、頑丈な鋼鉄の篭手だった。無数の太刀疵痕が残っている。

>野口一成>>楯の代用として、特に念入りに筋金を入れさせた。俺の戦場流儀は、いつもこうだった。

等と有るが
http://www.asahi.com/articles/photo/AS20141111003869.html
上の野口一成の具足の籠手は太刀を受けられる構造なのかどうかだが

84某研究者2015/05/04(月) 17:48:12.91ID:EI3oxlO60
長い大太刀も馬の速度を加えれば片手でも
有効打は可能だったと言う事なのかどうかだが

85某研究者2015/05/05(火) 13:06:43.08ID:rk7ePAD90
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%86%E3%82%A3%E3%83%A0%E3%83%BC%E3%83%AB#/media/File:Behzad_timur_egyptian.jpg
ティムール或いはマムルークの騎兵も
日本の様に馬上で槍を両手持ちで使用して居るが
モンゴルやトルコも同様なのかどうかだが

86某研究者2015/05/05(火) 13:33:50.14ID:rk7ePAD90
西欧軍とティムールが戦えば
ティムール騎兵の両手持ち槍で騎士のランスが弾かれ
一方的に撃破された可能性は有るのかどうかだが

87某研究者2015/05/05(火) 13:36:05.00ID:rk7ePAD90
ティムール騎兵の槍も騎馬武者の槍より
長い可能性も有るだろうが
日本の槍の様に打撃は出来たのかだが

88名無しさん@一本勝ち2015/05/05(火) 14:08:29.97ID:W40XOjZMO
古代中国の戈を扱う技術は高等なものと聞いたことがありますが、円運動で敵を殺傷するのみだったんですか?

89某研究者2015/05/05(火) 15:14:37.43ID:rk7ePAD90
中国武術の本が手元に無いから良く分からないが
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%88%88
>両手で柄を持って用い、戦車どうしがすれ違う時に、敵に打ち込んで突き刺したり戦車から転落させる、引っ掛けて首などを斬るといった用法で戦った。
>戦車戦においては矛のような突く武器よりも、戈のような切りつける武器の方が命中の確率や打ち合いによる防御性が高く、戦車の突撃力によって武器を敵に打ち込んだときの衝撃が、
>不安定な疾走する戦車の上に立っている使用者を戦車から突き落とす危険が少なかったからである。この衝撃はむしろ、斬りつけられた敵戦士の体の上を戈の刃が滑っていくように働き、
>効果的に敵戦士の体に切り傷を与えることができた。
>こうした戦術は不安定な戦車上で立った状態での乗車、弓術、操車術、すれ違いざまの戈による斬りあいのいずれをとっても、日常の高度な訓練を必要とし、労働時間に代えてこうした戦闘訓練に専念できる、
>都市国家社会に君臨する貴族階級でなければ身につけることは困難なものばかりであった。

基本的に円運動の様だが
動いている戦車上で敵に的確に当てるのが難しかったと言う事だろうか

90名無しさん@一本勝ち2015/05/05(火) 16:09:54.25ID:W40XOjZMO
ありがとうございます
やはり戦車での戦闘では円運動なのでしょうね
歩兵や騎兵も時に装備していたようならどんな使い方したのか興味がありました

91某研究者2015/05/06(水) 12:52:51.16ID:TUSGI0tc0
二丁十手術等も有るが
此れは刀や槍に対して優位に戦える物なのかどうかだが

92名無しさん@一本勝ち2015/05/06(水) 16:43:16.97ID:x7FMWS5N0
「だが」なんやねんw

93名無しさん@一本勝ち2015/05/06(水) 16:46:27.92ID:QUkG1xsVO
>>91
戦闘で槍や刀を使う人はいても十手で戦う人は聞いた事が無いですね。

つまり「無理」って事じゃないですか?

94名無しさん@一本勝ち2015/05/06(水) 16:55:37.49ID:x7FMWS5N0
十手は戦争用じゃ無くて普段の護身用じゃない?

95名無しさん@一本勝ち2015/05/06(水) 17:05:27.21ID:i/D8LlilO
似てるもので沖縄古武術の釵があるけれど、あれも沖縄の警官が使っていた事がありますね
攻めるものではなく、受け流したり制したりするもの

96某研究者2015/05/06(水) 18:00:59.67ID:TUSGI0tc0
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8D%81%E6%89%8B
室町期から十手術は有ると言うが
此れは果たして捕物専用なのかだが

>圓明實手流と類戚関係にある鉄人實手流の伝書には右手に太刀、左手に實手を持った絵図面が載せられている。

此れは捕物用の装備では無いと言う事かも知れぬが
室町期には有ったのかどうかだが

>手練の剣士と相対峙する場合や対長柄武器、大捕り物では対刀剣用での60 - 115cm程度の長さの打ち払い十手と呼ばれるものが貸与された。

此れと同様の物が戦場で使用された可能性は有るのかどうかだが

97名無しさん@一本勝ち2015/05/07(木) 00:22:14.97ID:TKYZeAa50
>>96
見れへんで

98名無しさん@一本勝ち2015/05/07(木) 00:23:19.87ID:TKYZeAa50
>>96
すまん見れたわ

99名無しさん@一本勝ち2015/05/07(木) 00:33:36.96ID:TKYZeAa50
倭寇討伐にロウセンってあったらしいな
長めの横枝付いた棒ってのは有効だったのかもな

100某研究者2015/05/07(木) 12:55:25.93ID:qnTMRG6k0
ロウセンも日本軍の槍には何処迄
対抗出来たのかだろうし
竹は動画を見ると日本刀で容易に両断されている訳だろうか

新着レスの表示
レスを投稿する